KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

IMAGELINK Picks
日米貿易の振り返り
2020年12月25日 更新

トランプ米大統領は5月に来日した際、日米貿易協定について8月に何らかの合意を発表する可能性があると表明しました。 両国の貿易問題は、第二次大戦後、日本経済が国際競争力を回復するにつれ、日本からアメリカへの輸出が増加しはじめたことにより政治問題化し、日米貿易摩擦とよばれるようになりました。 1950年代~1970年代は繊維製品、1960年代~1970年代は鉄鋼・カラーテレビ、1980年代~1990年代は自動車・半導体(テレビやコンピューターの部品)などを貿易摩擦の対象製品とし、激しい貿易摩擦を引き起こしました。本特集では、日米貿易摩擦の歴史を時系列で振り返ります。