KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

写真・映像

絞り込み
  • 1年以内
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
442
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
442
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:43.21
    2021年01月04日
    Environmental Protection Project Freight Railway

    A freight train runs on the railway during the opening ceremony of the special freight railway for people‘s livelihood and environmental protection project. Zouping city, Shandong Province, China, December 31, 2020. After the special freight railway line is put into operation, the bulk goods will be transferred from road to railway transport.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:11.05
    2021年01月02日
    Cargo Throughput Along The Yangtze River Increase

    A cargo ship loaded with commercial cars passes by the Three Gorges of the Yangtze River in Yichang, Hubei Province, China, On January 2, 2021. In 2020, the cargo throughput of Yangtze River shipping will reach 3.06 billion tons, a year-on-year increase of more than 4.4%=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:16.96
    2020年12月29日
    Time-lapse Video Jinshanling Great Wall

    A time-lapse video is taken of the magnificent cloud scene at the Jinshanling Great Wall Scenic Area in Chengde, Hebei province, Dec. 29, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:36.91
    2020年12月27日
    Geminid Meteor Shower

    The Geminid meteor shower is seen in DAZHUANGKE Great Wall in Beijing, China, Dec. 13, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:40.28
    2020年12月27日
    Geminid Meteor Shower

    The Geminid meteor shower is seen in DAZHUANGKE Great Wall in Beijing, China, Dec. 13, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:46.37
    2020年12月23日
    China Winter Weather

    Fish scale clouds are seen in Congjiang County, Guizhou Province, China, Dec. 22, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 01:27.51
    2020年12月21日
    Dough Figurines Reproduce Frescoes of Liao Dynasty

    The liao Dynasty mural tomb group is especially abundant in mural paintings. Cheng Xueming, a dough sculpture artist, integrated the intangible cultural heritage of dough sculpture with the culture of his hometown, and embodied the figures and tea sets in the mural scenes in kind. Zhangjiakou, Hebei Province, China, December 10, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:13.13
    2020年12月14日
    Snow Scene of The Largest Cemetery of Red Army Martyrs in China

    Snow scenery of the Sichuan-Shaanxi Revolutionary Base Red Army Martyrs Cemetery, the largest red Army Martyrs Cemetery in China, located in Wangping Village, Shaxi Town, Tongjiang County, Bazhong City, Sichuan Province, China, Dec. 14, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 01:06.22
    2020年12月13日
    China Harbin Winter Night

    Photo taken on December 12, 2020 shows the warm and bright winter night in The Old Street of Harbin, Heilongjiang Province, China.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:57.75
    2020年12月10日
    「新華社」休み時間は児童ら400人で縄跳び河北省遷安市

    中国河北省遷安市扣荘(こうそう)郷西晒(せいさい)甲山村にある完全小学校では長い休み時間なると、400人の教師と児童が運動場で一斉に縄跳びを始める。まるで踊るように縄跳びをする児童たちを、校庭にあふれる光が温かく包み込んでいる。(記者/任麗穎)<映像内容>縄跳びをする児童たちの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:13.64
    2020年12月09日
    Gongs And Drums Rehearse

    Gongs and drums rehearse at the New Era Civilization Practice Square in Zouping city, Shandong Province, China, Dec. 4, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:22.16
    2020年12月07日
    Sunrise at jinshanling Great Wall

    Time-lapse video of sunrise at jinshanling Great Wall, Chengde City, Hebei Province, China, Dec. 4, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:20.35
    2020年12月07日
    Canyon Ice Waterfall

    Photo taken on Dec. 1, 2020 shows an ice waterfall in the Yanshan Mountain canyon in Zhangjiakou, North China‘s Hebei Province.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:25.60
    2020年12月07日
    Aerial Taoist Group Light Cave

    Hidden in the cliffs between the ravines of sanggan River is an exquisitely designed and carved “Aerial Taoist group“ light cave, in Zhangjiakou city, Hebei Province, China, Dec. 2, 2020. The light cave is a hillside dug along 28 caves, all embedded in the cliff more than 500 meters high.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 01:02.62
    2020年12月06日
    「新華社」四季折々の表情見せる「メタセコイアの王様」湖北省利川市

    中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州利川市謀道鎮の鳳凰山麓を流れる磨刀渓の岸辺に生えているメタセコイアは、樹齢600年以上、高さ35メートル、幹周り2・4メートル、樹冠幅22メートル。「メタセコイアの王様」と呼ばれており、世界最古で最大の胸高直径を持つメタセコイアの母樹としても知られる。1億4千万年余り前、メタセコイアは恐竜のように全盛期を迎えていたが、第四紀の氷河期になると、恐竜を含む動植物の大部分が絶滅した。メタセコイアはかつて、化石しか発見されておらず、1941年冬に「メタセコイアの王様」が発見されるまで、完全に絶滅したと考えられていた。1948年に中国の植物学者が論文を発表。「メタセコイアは絶滅した」という定説を覆し、世界の植物学界を驚かせた。(記者/譚元斌)<映像内容>磨刀渓の岸辺に生えているメタセコイア、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.96
    2020年12月05日
    「新華社」幻の都市「楼蘭」の遺跡で補強工事完了新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州にあり、古代シルクロードの幻の都市とされる楼蘭(ろうらん)の遺跡「楼蘭古城」でこのほど、6月から進められていた建築遺構の緊急補強工事が完了した。工事は日干しれんが造りの3部屋からなる「三間房」と仏塔、これらを支える台地を対象に実施。世界文化遺産の保護プロジェクトで多数の実績がある中鉄西北科学研究院が工事を請け負い、同社の周鵬(しゅう・ほう)氏率いる文化財保護スタッフ20人以上が近くに泊まり込んで進めていた。楼蘭遺跡は同州チャルクリク(若羌)県にあり、一帯では強風に見舞われる日が毎年少なくとも80日ある。県の文化財担当部門が昨年、遺跡の巡回調査で風食が進み深刻な状況にあることを確認。台地の下層部分は空洞を形成し、いつ崩壊してもおかしくない状態だった。周氏は工事について「遺跡周辺の台地の表層から採取した粘土で日干しれんがを作った。れんがは日陰の涼しい場所で14日間乾燥養生させてから、損傷部分の補修に使った」と語った。補強措置に加え、風速や湿度など気象要素を自動で収集するシステムを設置し、三間房と仏塔をレーザースキャンで3Dデータ化した。周氏は「何年かしてから遺跡を再びスキャンした時に今回のデータとの比較ができる。収集した気象データを組み合わせることで、気候環境と遺跡の風食との関係を研究することも可能だ。今後の楼蘭遺跡の保護に役立てば」と話している。(記者/張暁竜)<映像内容>楼蘭古城の緊急補強工事の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:44.20
    2020年12月05日
    「新華社」休み時間にノリノリで体操する小学生新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区クチャ(庫車)市の小学校では、休み時間に首を左右にスライドさせるユニークな体操が行われている。「扭脖子」と呼ばれる伝統舞踊を取り入れた動きで、児童たちは軽快なリズムに合わせて、首や肩を動かしながら楽しそうに踊っていた。(記者/高晗)<映像内容>小学校の休み時間に首を左右にスライドさせるユニークな体操をする生徒たち、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:21.48
    2020年12月04日
    「新華社」嫦娥5号、月面に中国の国旗掲揚国家航天局が画像公開

    中国国家航天局は4日、月探査機「嫦娥5号」が月面に中国の国旗を掲揚した様子を捉えた画像を公開した。(記者/楊志剛、胡喆)<映像内容>中国の月探査機「嫦娥5号」が国旗を掲揚、撮影日:2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.84
    2020年12月02日
    「新華社」嫦娥5号、試料の自動採取と密封完了

    中国の月探査機「嫦娥5号」は2日午後10時(日本時間同11時)、月面での19時間にわたる土壌など試料の自動採取作業を終え、予定通り上昇機の貯蔵装置に密封保存した。中国国家航天局が明らかにした。(記者/胡喆、楊志剛)<映像内容>月探査機「嫦娥5号」、月面での土壌など試料の自動採取作業の様子、撮影日:2020(令和2)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:47.88
    2020年12月01日
    「新華社」月探査機「嫦娥5号」が無事着陸月から映像送信

    中国の月探査機「嫦娥5号」が1日午後、月面着陸に成功した。着陸までの月面を捉えた映像は地球に送信された。(記者/楊志剛、胡喆)<映像内容>中国の月探査機「嫦娥5号」、月面を捉えた映像、撮影日:2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:47.69
    2020年12月01日
    「新華社」バスで大気汚染状況を監視河北省邯鄲市

    中国河北省邯鄲(かんたん)市魏県はこのほど、移動式の大気観測装置を搭載したバス20台を用いて、路上で大気汚染物質PM2・5、PM10のモニタリングとリアルタイムによる通報実験を行った。バスの天井に取り付けた約33センチ四方のマイクロエアモニターで、県内全域の路上の大気汚染状況を監視することで、固定的なモニタリングプラットフォームのデータ不足の空白を効果的に埋めた。移動監視システムのクラウドプラットフォームにより、バスの現在地とその区間の大気汚染の状況を詳しく知ることができる。各装置は3秒ごとに1組のデータをアップロードし、道路周辺における大気中の浮遊粒子状物質濃度の分布図を3時間ごとに1枚づつ作成できる。現在、これらのバスの1日当たりの走行距離は約6千キロに達し、同県都市部の自動車道の80%以上をカバーしている。<映像内容>大気観測装置を搭載したバス、大気汚染状況の調査、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:45.44
    2020年11月28日
    「新華社」西泠印社元社長・沙孟海の生誕120年記念催事、北京で開催

    中国北京市の中国美術館で28日、書家・篆刻家の沙孟海(さ・もうかい)の生誕120年を記念する一連の催しが開催された。記念催事は展覧会や記念式典、シンポジウムなど多岐にわたり、中でも中国美術館で開催された「沙孟海書法篆刻芸術大展・学術文献展」は、浙江省博物館や沙孟海書学院、西泠印社(せいれいいんしゃ、篆刻を中心とする学術団体)などが所蔵する沙孟海の書道・篆刻作品、自筆原稿、文献300点余りを展示している。沙孟海は浙江省鄞(ぎん)県(現在の寧波市鄞州区)出身。20世紀の中国書壇の泰斗であり、高等書道教育の先駆者でもある。西泠印社の社長(代表)や浙江博物館名誉館長、中国書法家協会副主席などを歴任した。<映像内容>書家・篆刻家の沙孟海、作品展示の様子、撮影日:2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.93
    2020年11月28日
    「新華社」有人深海潜水艇「奮闘者号」が帰港水深1万909メートルを記録

    中国海南省三亜市で28日午前8時半頃、任務を終えた科学調査船「探索1号」がいかりを下ろし、マリアナ海溝で水深1万909メートルの到達記録を達成した有人深海潜水艇「奮闘者号」も無事帰港した。マリアナ海溝の探査を含む深海科学研究は、当面の海洋研究における最先端分野の一つであり、科学者が深海生物や海底鉱床、海山火山岩の物質組成と起源について、また、気候調節における深海海溝の役割を理解するのに役立つ。「奮闘者号」は10月から、第2段階の1万メートル級潜水試験を実施。13回の潜水に成功し、うち8回は1万メートルを超えた。11月10日午前8時12分にはマリアナ海溝の海底到達に成功し、1万909メートルという中国有人深海潜水の新記録を樹立した。海洋試験では、多くの堆積物や岩石、海底生物のサンプルが得られた。(記者/周旋、郭良川)<映像内容>科学調査船「探索1号」と有人深海潜水艇「奮闘者号」が海南省三亜市に帰港、撮影日:2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.88
    2020年11月28日
    「新華社」傷ついたコハクチョウを救護湖南省沅江市

    中国湖南省にある南洞庭湖自然保護区の沅江(げんこう)市管理局はこのほど、南洞庭湖の湿地に傷ついたコハクチョウがいるという市民からの通報を受けた。同保護区の職員と同市環境保護ボランティアが直ちに現場に駆け付け、応急手当てを行って救護した。(記者/史衛燕)<映像内容>傷ついたコハクチョウを救護する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:29.52
    2020年11月27日
    「新華社」デザイン重視で「かばんの町」の発展を後押し河北省保定市

    「中国のかばんの町」と称される河北省保定市の白溝新城では、年間8億個余りのかばんが生産され、130余りの国や地域に出荷されている。白溝新城管理委員会はここ数年、かばん産業の質の高い発展を推進するため、デザイン向上により製品の競争力を高めるとともに、専用資金を確保して世界トップレベルのデザイン機関を誘致。世界の最新デザイン理念に合った製品を作れるようにすることで、地元企業のブランド化や国際化を後押ししている。(記者/趙鴻宇)<映像内容>かばんの生産の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.56
    2020年11月27日
    「新華社」長青自然保護区で赤外線カメラがヒョウを撮影、今回が6度目陝西省

    中国陝西省漢中市洋県内でこのほど、ジャイアントパンダ国家公園長青管理分局のパトロール中のモニタリングスタッフが、赤外線カメラ撮影による監視データを回収した際に、野外に設置している赤外線カメラがヒョウの活動する様子を捉えていたことを確認した。同保護区内での映像によるヒョウの活動記録確認は6度目となる。今回のヒョウの映像は、長青国家級自然保護区の中心エリア、大坪一帯の標高1980メートルの地点にあるグイマツの人工林内で撮影された。10秒間の映像は、健康そうな成年のヒョウがカメラの前で動く様子をはっきりと映していた。関係者は、これまでに撮影されたヒョウの体の模様から、複数の成体および亜成体のヒョウが確認でき、長青自然保護区内には、一つまたは複数の個体群が存在するとの見方を示した。(記者/都紅剛、劉彤)<映像内容>赤外線カメラが捉えた野生のヒョウの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:04.12
    2020年11月27日
    「新華社」冬の牧場へ、家畜17万頭余りが移動完了新疆アルタイ地区

    中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州のアルタイ地区はここ数日、降雪と気温の低下に見舞われた。ジェミナイ(吉木乃)県では、牧畜民が家畜17万頭余りを冬季の牧場へ移動させる移牧を開始した。同県の牧畜局など関係部門は、家畜が無事に移動を終えられるよう専門技術者を同行させ、移動中の安全を確保している。新疆の牧場は気候や地形、牧草の生育状況によって、春、夏、秋、冬の四季ごとの牧場に分かれている。季節に応じて移牧することで、家畜に良質な牧草を与えることができ、家畜の成長と飼養頭数の増加に対応できる。同県の牧畜民556世帯、家畜17万頭余りがすでに冬季の牧場に到着した。牧場には、家畜が無事に冬を越せるように、十分な飼料と暖かい小屋が用意されている。(記者/阿曼)<映像内容>牧畜民が家畜を冬季の牧場へ移動させる様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.08
    2020年11月26日
    「新華社」巣湖湿地にコウノトリの群れが飛来安徽省

    中国安徽省の巣湖半島国家湿地公園では26日、100羽ほどのコウノトリの群れが飛来し、羽を休めたり、餌を探したりする姿が見られた。ここ数年、巣湖沿岸の湿地の生態環境が日増しに改善されるにつれて、同地で越冬する渡り鳥も増え続けている。(記者/戴威)<映像内容>巣湖湿地に飛来したコウノトリの群れの様子、撮影日:2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:41.73
    2020年11月25日
    Redwoods

    Aerial video view of redwoods in Wetland Park, Yantai city, Shandong Province, China, Nov. 24, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:03.49
    2020年11月25日
    「新華社」住民と警察が協力してクロヅルを保護内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区通遼市フレー旗白音花鎮の村民が25日、自宅の裏庭で大型の鳥を発見した。森林公安局の警察官が確認した結果、この鳥は国家二級保護動物に指定されているクロヅルであることが分かった。クロヅルは同日中にフレー旗森林公安局に救助された後、通遼市野生動物救助センターに移送、餌を与えられ大切に保護されている。現在、中国の北方地域は寒冷で、地面が凍結し、野外に食物が少ないため、現時点で自然に返すのは難しく、来年の渡り鳥の移動の季節を待って、自然に返すという。(記者/張晟)<映像内容>クロヅルの保護の様子、撮影日:2020(令和2)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:23.51
    2020年11月25日
    「新華社」70代が運転免許の取得に意欲、年齢制限の撤廃受け江蘇省揚州市

    中国公安部はこのほど、公安交通管理に関する改革をさらに推進するための12の措置を発表した。うち、普通自動車などの運転免許取得申請については70歳の年齢上限が撤廃された。これを受け、江蘇省揚州市在住の76歳の臧権同(ぞう・けんどう)さんが運転免許を取得しようと車両管理所を訪れ、記憶力や判断力、反応力などを試すテストに挑んだ。<映像内容>運転免許取得の年齢制限撤廃、76歳の臧権同さんが運転免許の取得をする様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:34.49
    2020年11月25日
    「新華社」地下変電所の点検にロボット導入、作業員の危険を軽減新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市にある地下変電所では、ケーブルの点検にロボットが導入されている。作業員の危険を軽減できるだけでなく、人に比べ25倍のスピードで点検する能力を持つ。地下ケーブルの点検と同時に、ワイヤレス技術によるリアルタイムのデータ送信も可能。地下での点検作業は人が行うと大変危険で、非常にコストもかかる。また、赤外線カメラと湿度・ガスセンサーを搭載しており、映像監視や赤外線熱イメージング、環境モニタリングなどの機能を備えている。<映像内容>地下変電所でケーブルの点検をするロボット、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.81
    2020年11月25日
    「新華社」標高5548メートル、天空の電線を守る人々チベット自治区

    中国の送電大手、国家電網傘下のチベット山南供電は山南チベット自治区ロカ(山南)市ナンカルツェ(浪卡子)県からロダク(洛扎)県への送電を担当している。同区間の送電線は全長100キロ以上、約270基の送・変電鉄塔が立つが、うち半数以上が標高4500メートル以上の場所にあり、中でも最も高い場所にある浪洛線197号鉄塔は標高5548メートルの地点に立つ。冷え込みが増す中、冬の厳しい状況下でも主要電線の安定した運用を確保するために、大雪で山が閉ざされる前に職員が今年最後の巡回点検に駆け回っている。(記者/唐弢、王炳坤)<映像内容>チベット自治区の送電線の点検の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:37.16
    2020年11月24日
    A 1,400-year-old Ginkgo Tree

    A 1,400-year-old ginkgo tree has yellow leaves in Shiyan city, Central China‘s Hubei Province, Oct. 27, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 01:10.59
    2020年11月23日
    「新華社」サンシュユ豊作、地元に恵み陝西省太白県

    秦嶺山脈の奥地に位置する中国陝西省宝鶏市太白県でサンシュユの実が赤く熟し、農家らが収穫や日干し作業に追われている。同県は豊かな環境資源を生かし、祭りなどの行事を通してサンシュユ関連産業と観光業の効果的な融合を実現してきた。地元住民にとってサンシュユ栽培は収入を増やし生活を豊かにするための新たな手段となっている。県内では現在、サンシュユの栽培面積が2万ムー(約1333ヘクタール)以上、年間生産量が200トンに達している。年間総収入は300万元(1元=約16円)を超え、世帯平均で3千元以上の収入増を実現している。(記者/都紅剛)<映像内容>サンシュユの実の収穫、日干しの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.66
    2020年11月23日
    「新華社」月探査機「嫦娥5号」、24日未明打ち上げへ

    中国国家航天局は、月探査機「嫦娥5号」を載せた運搬ロケット「長征5号遥5」の推進剤充填作業が23日午後6時半ごろから始まったと明らかにした。24日午前4~5時(日本時間同5~6時)の適切なタイミングでの打ち上げを予定している。<映像内容>「長征5号遥5」の推進剤充填作業開始、撮影日:2020(令和2)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.06
    2020年11月22日
    「新華社」ウインタースポーツを楽しむ旅の新モデル黒竜江省北安市

    中国黒竜江省北安市はここ数年、恵まれた地理的・気候的条件を生かし、雪や氷のイベントを積極的に開催するとともに、ウインタースポーツ人材の発掘に力を入れ、関連施設の建設にも投資してきた。2020中ロ国際アイスホッケー友好試合の会場となった市内のアイスホッケー場では、フィギュアスケートやショートトラックスピードスケート、カーリングなどの練習や試合も行うことができる。同市は旅行者がウインタースポーツを楽しめるようにすることで、スポーツ事業と旅行業の発展を目指している。(記者/孫暁宇)<映像内容>アイスホッケーなどウインタースポーツをする様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.04
    2020年11月21日
    「新華社」武当山に初雪湖北省十堰市

    中国湖北省十堰市の武当山で21日午後、初雪が降り、多くの観光客が冬景色を楽しんだ。武当山は道教の聖地として知られており、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されている。(記者/李偉)<映像内容>初雪が降った武当山の風景、観光客の様子、撮影日:2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:12.05
    2020年11月20日
    Time-lapse photography Above Penglai

    Time-lapse photography is taken above Penglai District, Yantai City, East China‘s Shandong Province, Nov. 20, 2020. The north wind above the sea level of 8, with the rising of the clouds, floating roll of clouds rolling over penglai.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:11.09
    2020年11月20日
    Time-lapse photography Above Penglai

    Time-lapse photography is taken above Penglai District, Yantai City, East China‘s Shandong Province, Nov. 20, 2020. The north wind above the sea level of 8, with the rising of the clouds, floating roll of clouds rolling over penglai.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:16.04
    2020年11月20日
    Time-lapse Photography The Eight Immortals Crossing The Sea Scenic

    Time-lapse photography taken over the Eight Immortals Crossing the Sea scenic Spot in Penglai District. Yantai city, Shandong Province, China, 20 November 2020. The north wind above the sea level of 8, with the rising of the clouds, floating roll of clouds rolling over penglai.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:23.06
    2020年11月20日
    Time-lapse Photography The Eight Immortals Crossing The Sea Scenic

    Time-lapse photography taken over the Eight Immortals Crossing the Sea scenic Spot in Penglai District. Yantai city, Shandong Province, China, 20 November 2020. The north wind above the sea level of 8, with the rising of the clouds, floating roll of clouds rolling over penglai.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:43.72
    2020年11月20日
    「新華社」文博会閉幕オンライン博覧会の新たな形を創造

    中国広東省深圳市で20日、新型コロナウイルスの影響により全面的にオンライン化された第16回中国国際文化産業博覧交易会(文博会)が閉幕した。文博会は開幕式、展示、投資誘致、契約、ビッグデータなどを世界各地の参加企業とクラウドを介して共有し、ディスプレー上で交流できるようにしたことで正確で効率的なマッチングを実現した。文博会組織委員会事務局によると、今回は計3243の企業(機関)が参加し、2万点以上を展示した。参加団体数は前回に比べ40%以上増加し、うち3割以上が初出展。展示品点数も倍増した。「クラウド文博会」訪問者数は20日午前12時時点で延べ1416万人に達したという。海外企業の参加は当初、困難視されていたが、オンライン開催になったことでフランスやギリシャ、オーストリア、トルコ、ベラルーシ、カナダ、アルゼンチン、ブラジル、韓国、日本、イランなど30カ国の文化関連企業と製品の出展があり、海外のバイヤー約1万人が商談を行った。(記者/李暁玲、李思佳)<映像内容>第16回中国国際文化産業博覧交易会(文博会)の様子、撮影日:2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.56
    2020年11月20日
    「新華社」古い送電線の撤去で船の安全を守る湖北省

    中国湖北省を流れる長江の南北両岸に位置する黄石市西塞山と黄岡市浠水(きすい)県散花鎮でこのほど、長江をまたぐ古い送電線の撤去作業が行われた。長江を航行する船に危険が及ぶのを防ぐのが目的で、作業員が110キロボルトの高圧線を撤去した。撤去された送電線は1963年、地域経済の発展に十分な電力を供給するため設置された。改革開放以降に6本の220キロボルト送電線が新設されたことから、古い送電線の利用は次第に減り、2014年に送電を停止していた。<映像内容>古い送電線の撤去作業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:27.35
    2020年11月20日
    「新華社」キンシコウ8家族陝西省仏坪県で穏やかな時間

    中国陝西省漢中市仏坪(ぶつへい)県に位置する仏坪国家級自然保護区で18日、キンシコウの活動の痕跡を探していた研究者が、60匹余りのキンシコウの群れに出合った。群れは8家族から成り、生後半年未満とみられる子ザルも含まれていた。(記者/孫正好)<映像内容>野生のキンシコウの群れの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

  • 00:38.23
    2020年11月19日
    Time-lapse Aerial video Li River And Xianggong Mountain

    Time-lapse Aerial video of the orderly arrangement of the peaks of Xianggong Mountain along the li River., Guilin City, Guangxi, China.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:38.23
    2020年11月19日
    Time-lapse Aerial video Li River And Xianggong Mountain

    Time-lapse Aerial video of the orderly arrangement of the peaks of Xianggong Mountain along the li River., Guilin City, Guangxi, China. August 12, 2019.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:43.11
    2020年11月19日
    「新華社」天津税関、密輸大麻2袋を押収

    中国天津税関所属の空港税関がこのほど、速達通関エリアに到着した速達小包の中から密輸された大麻を発見、押収した。検査に当たっていた職員がブロック玩具の小包に入った大麻2袋(計435・67グラム)を見つけた。同税関は地元公安局の麻薬取り締まり部門の協力の下、容疑者1人を逮捕した。現在、事件のさらなる調査が進められている。(記者/李帥)<映像内容>密輸された大麻を押収、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

  • 00:53.22
    2020年11月19日
    「新華社」2020中国5G・産業インターネット成果展、武漢で開催

    中国湖北省武漢市の中国光谷科技コンベンション・アンド・エキシビション・センターで19日から3日間の日程で、2020中国5G・産業インターネット大会が開催されている。同時開催の成果展では、ネットワーク、シーン、プラットフォーム、セキュリティーなど多方面における技術成果が重点的に展示されている。(記者/余国慶、潘志偉)<映像内容>2020中国5G・産業インターネット大会の様子、撮影日:2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.48
    2020年11月19日
    「新華社」上海市初の無人農場、試験段階入り

    中国上海市嘉定区外岡鎮でこのほど、同市初となる無人農場が試験的な立ち上げ段階に入った。既存の農業機械の無人化に取り組む。同鎮ではこれまでに、200ムー(約13・3ヘクタール)の水田で作業工程全てを無人化してきた。田植え機や自走式薬剤散布機、コンバインなどが対象で、田植えや水田の管理、稲刈りなどの作業を基本的に自動化したほか、異なる農機間の連携も図れるようになった。農機の無人化により、従来の農作業に比べ、播種量は1ムー(約667平方メートル)当たり2キロ余り削減でき、生産量は約10キロ増加できる。燃料費は50%余り、人件費は65%余り削減でき、土地利用率は0・5~1%向上できる。無人農場の実証エリアは2022年末までに1600ムー(約106・6ヘクタール)に拡大される見込み。<映像内容>無人の農業機械の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:19.08
    2020年11月19日
    「新華社」ミキサー車横転乗用車が巧みに回避

    19日午前8時38分(日本時間同9時38分)ごろ、中国安徽省阜陽市潁州(えいしゅう)区の潁淮(えいわい)大道と竹園路の交差点でコンクリートミキサー車が横転する事故があった。潁淮大道の高架橋を北に向かって走行していたミキサー車がやや高速で交差点に進入し、左折の際に前方車両を避けようと急に右へ車線変更してバランスを失い、横転した。交差点内でミキサー車と衝突しそうになった乗用車は加速して難を逃れた。現在、事故の処理が行われている。(記者/曹力)<映像内容>コンクリートミキサー車の横転事故発生時の様子、撮影日:2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.95
    2020年11月18日
    「新華社」湖南省汨羅市のレストランで爆発炎上34人負傷

    中国湖南省汨羅市新市鎮で18日、レストランが爆発炎上し、これまでに34人が負傷した。負傷者は病院で手当てを受けている。関係部門はガスボンベからのガス漏れが原因とみて、事件性は排除できるとしている。(記者/謝照、白田田、丁春雨)<映像内容>レストランが爆発炎上する瞬間、現場の様子、撮影日:2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.88
    2020年11月17日
    「新華社」青島港、新たなコンテナ輸送施設を建設

    中国山東省の青島港では、物流効率の向上と環境保護を目的とした新しいコンテナ輸送施設、スカイレールの建設を予定している。スカイレールは、青島港と中車長江車輌が共同で設計。完成後はトラックに代わる港内の主要輸送手段となり、輸送時間や物流コスト、排気の削減が期待される。全長9・5キロで、第1期区間は来年6月に利用開始予定となっており、全体の完成時には、年間で標準コンテナ150万個分の取り扱いが見込まれている。(記者/趙小羽)<映像内容>青島港がコンテナを輸送するスカイレールを建設、コンテナを運ぶ様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.74
    2020年11月17日
    「新華社」宋代の家族墓地から大量の磁器が出土陝西省西安市

    中国の陝西省考古研究院は17日、記者会見を開き、同省西安市長安区にある北宋時代(960~1127年)の孟氏家族墓地で、精美な磁器や日用品が大量に出土したと発表した。墓地は同区杜回村の南にあり、6~10月に実施された調査で北宋後期の墓葬5基を発掘した。関中地域(同省中部の渭水盆地一帯)で近年実施された宋代遺跡の発掘では重要な発見になるという。同研究院で発掘プロジェクトの執行リーダーを務める苗軼飛(びょう・いつひ)氏によると、被葬者は全て北宋時代の孟輗(もう・げい)と孟軏(もう・げつ)兄弟の子女と家族で、宣和5(1123)年9月23日に同地に改葬された。墓地は北宋後期の孟氏家族墓地とほぼ断定でき、早世した家族を改葬した場所と思われる。5基の墓葬のうち、北側の2基は盗掘され墓誌2点のみを残すのみだったが、南側の3基からは茶器や酒器、日用品の器、祭祀用礼器を含む耀州窯の青磁60点(組)余りが出土した。景徳鎮窯の青白釉磁器、銅鏡、宝石などの副葬品や硯(すずり)や墨などの文房具も見つかった。同墓地の発見は、北宋時代の関中地域の埋葬様式や副葬品を研究する上で新たな資料になるという。(記者/楊一苗、梁愛平)<映像内容>孟氏家族墓地で出土した磁器、撮影日:2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.20
    2020年11月16日
    「新華社」ハイテクフェアにロボットシェフが登場広東省深圳市

    中国広東省深圳市で11~15日の日程で第22回中国国際ハイテクフェア(CHTF)が開催され、オンラインも含め国内外から参加した3300社余りが革新的な技術を用いた製品約1万点を出展した。会場では、アイスクリームやハンバーガー、綿菓子などを自動で作り次々とふるまう「ロボットシェフ」が来場者の注目を集めた。(記者/霍思穎、李思佳、王瑞平)<映像内容>第22回中国国際ハイテクフェア(CHTF)の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.03
    2020年11月13日
    「新華社」野生パンダの親子が仲良く水を飲む姿の撮影に成功四川省雅安市

    中国四川省雅安(があん)市のシャイアントパンダ国家公園蜂桶寨エリアに設置された赤外線カメラがこのほど、野生のジャイアントパンダの親子が活動する貴重な映像を再び捉えていたことが分かった。昼間に撮影された映像では、2頭が仲良く水たまりの水を飲む様子が捉えられていた。身をかがめて水を飲む母パンダのそばで、子パンダが水面に口をつけている。最初は母パンダと同じ姿勢で飲もうとしたが、口が水面まで届かず、腹ばいになってようやく成功したようだ。夜間に撮影された映像でも、2頭が同じ場所で再び水を飲んでいた。映像を整理した担当者によると、子パンダの年齢は1歳半前後で、母パンダと行動を共にしていると考えられる。(記者/楊進)<映像内容>赤外線カメラが捉えた野生のパンダの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:24.19
    2020年11月13日
    「新華社」中国のロボットメーカー大手、新しいフィールドロボットを公開

    中国のロボットメーカー大手、新松機器人自動化は13日、遼寧省瀋陽市で開かれた2020産業用ロボット・スマート装備協同革新連盟大会で、新たなフィールドロボットを公開した。ロボットの耐荷重は100キロ、時速10キロで連続5時間の走行が可能。ナビゲーションシステムと偵察システムを搭載し、危険な環境下での作業を自動で行うことができる。<映像内容>2020産業用ロボット・スマート装備協同革新連盟大会、フィールドロボットの様子、撮影日:2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.47
    2020年11月12日
    「新華社」秋色に染まる「千年古城」の公園を満喫河北省盧竜県

    秋から冬への季節の変わり目を迎え、中国河北省秦皇島市盧竜(ろりゅう)県の孤竹(こちく)文化公園には、抜けるような青空の下、爽やかな風景が広がっている。同県は中国古代の国家、孤竹国の所在地で、「中国孤竹文化の里」の美称を持つ。同公園は、県内にある8カ所の歴史的観光スポット「盧竜古八景」の風景を再現することで、千年古城の独特な風情を表現している。(記者/秦婧)<映像内容>孤竹文化公園の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:37.78
    2020年11月11日
    Qingzhou Flower Planting Base

    Qingzhou Flower Planting Base in East China‘s Shandong Province, Oct. 28, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:13.37
    2020年11月10日
    「新華社」豊作を迎えたサジー産業パーク内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区赤峰市敖漢旗長勝鎮にあるサジー産業パークではこのところ、千ムー(約67ヘクタール)余りで栽培されているグミ科の果実サジーが豊作を迎えた。同パークで働く村民は、毎年2万元(1元=約16円)以上の出稼ぎ収入を得ている。(記者/魏婧宇)<映像内容>サジーの収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:10.10
    2020年11月07日
    「新華社」母から娘へ受け継がれるモンゴル族の伝統刺しゅう

    中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州デリンハ市に住むモンゴル族女性、達力瑪(ダリマ)さん(80)は、同省の省級無形文化遺産「海西モンゴル族刺しゅう」の代表的伝承者。8歳の頃から母親にモンゴル族刺しゅうを習い、十代の頃にはさまざまな針仕事がこなせるようになり、地元で有名な刺しゅう作家となった。ここ数年、伝統工芸に対する関心が高まりを見せる中、刺しゅうを学ぶモンゴル族女性が増えており、ダリマさんの長女、烏雲白力格(ウヨンハリグ)さんと孫の嫁の査生才其格(チャセイサイチグ)さんも刺しゅうを学んでいるという。(記者/趙玉和)<映像内容>モンゴル族刺しゅうをする親子の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:12.81
    2020年11月06日
    「新華社」綏芬河口岸を通じ、ロシア製品の輸入量増加黒竜江省

    中国黒竜江省最大の対ロシア鉄道口岸(通関地)を持つ綏芬河(すいふんが)市は、国境貿易が盛んなことから「国境商都」と呼ばれてきた。同市ではここ数年、多くの業者が雑貨や食品を中心としたロシア製品の取引を始めており、中国の一部都市の大型スーパーマーケットではすでに、外国製品専用棚の設置が当たり前となっている。中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」などのルートが継続的に通じるようになったことで、中国市場に輸入される外国製品はますます増加している。<映像内容>ロシア製品の輸入増加、中欧班列のコンテナ、列車の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:34.72
    2020年11月04日
    「新華社」準絶滅危惧種のマヌルネコが青海省ツァイダム盆地に出現

    中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州広播電視台(ラジオテレビ局)の記者、潮娃(ちょう・あい)さんがこのほど、ツァイダム盆地柏樹山地区での取材中、準絶滅危惧種に指定されているマヌルネコの姿をカメラに収めた。マヌルネコは太く短い胴体が特徴で、大きさは猫と同程度、寒く痩せた土地でも生息できる。岩の隙間やマーモットなどが掘った穴に単独で生息し、主にナキウサギを捕食している。(記者/趙玉和)<映像内容>野生のマヌルネコの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:30.18
    2020年11月03日
    「新華社」ヘシグテン旗に多くの渡り鳥内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区赤峰市ヘシグテン(克什克騰)旗では10月以降、越冬のため南に向かう渡り鳥の群れが飛来している。自然環境に恵まれた同旗では渡り鳥保護の取り組みが続けられた結果、渡りの途中で停留する鳥がますます増えている。(記者/賈立君、朱文哲)<映像内容>ヘシグテン旗の渡り鳥の群れの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.00
    2020年11月02日
    「新華社」中国家電メーカーのスマート工場を訪ねて広東省仏山市

    中国広東省仏山市順徳区ではこのところ、家電メーカーのスマート製造参入が相次いでいる。同区創業の生活家電大手、「ギャランツ(格蘭仕、Galanz)」のスマート工場には、四つのスマート製造ラインがある。各ラインにはロボットアームが17台あり、材料の投入から加工、組立までを全て行っている。これは家電製造のオートメーションとデジタル化が新たなトレンドとなっていることを示しており、平均するとわずか6・7秒で一つの家電製品が組み立てられるという。<映像内容>生活家電大手ギャランツのスマート工場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.12
    2020年11月02日
    「新華社」中国タイ鉄道協力事業、新たな契約に調印

    中国タイ鉄道協力事業第1期(バンコク-ナコーンラチャシーマー区間)工事の「2・3契約」調印式がこのほど、タイの首相府で行われた。在タイ中国大使館が明らかにした。楊欣(よう・きん)駐タイ中国臨時代理大使が国家発展改革委員会の委託を受け、タイのサックサヤーム運輸相と共に調印に立ち会い、プラユット首相、アヌティン副首相、アーコム財務相らが式典に出席した。中国タイ鉄道プロジェクトの第1期工事は2017年にスタートし、これまでに軌道下の路盤などの土木工事が行われてきた。今回、中国鉄路国際と中国鉄路設計集団の共同企業体がタイ国有鉄道(SRT)と交わした「2・3契約」は、プロジェクトの新たに大きな進展となる。契約の主な内容にはバンコク-ナコーンラチャシーマー区間の軌道、電気・信号通信システム、機関車車両の調達・各種設定・調整試験および関連の業務研修が含まれる。(記者/郭鑫恵)<映像内容>中国タイ鉄道協力事業の「2・3契約」調印式の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.91
    2020年10月31日
    「新華社」華北ヒョウ、個体数の増加続く

    中国の固有種で国家1級保護動物に指定されている華北ヒョウ(学名Pantherapardusfontanierii)は、華北地方の山地森林生態系で唯一の食物連鎖の頂点に立つ肉食動物となっている。現在、太行山脈や六盤山などに分布しており、山西省晋中市一帯には中国最大の個体群が生息している。山西鉄橋山省級自然保護区は2013年から、晋中市和順県西部で民間環境動物保護団体「猫盟CFCA」や「和順県生態保護協会」などと共同で、華北ヒョウおよび同一区域に生息する動物の赤外線カメラによるモニタリングを開始した。範囲は同保護区と周辺の山林、約500平方キロに及ぶ。猫盟のスタッフによると、8年にわたるモニタリングで華北ヒョウをはじめベンガルヤマネコ、アカギツネなど獣類12種が観測され、最近では国家1級保護動物のミミキジも発見された。2015年5月から今年6月までの間、華北ヒョウの成獣の個体数は累計89匹確認されており、群れは安定し、繁殖も順調に行われている。(記者/解園)<映像内容>華北ヒョウなど野生動物の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

  • 00:40.82
    2020年10月31日
    「新華社」国産ジェット旅客機C919、航空展示会に登場江西省南昌市

    中国江西省南昌市で10月31日、航空展示会「2020南昌飛行大会」が開幕し、国産ジェット旅客機C919が同市の瑶湖空港で航空ショーを行った。C919が展示会で航空ショーを行うのは初めて。同空港では、アクロバット飛行チームが1万人以上の観客に華麗なパフォーマンスを披露した。<映像内容>2020南昌飛行大会の様子、撮影日:2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.51
    2020年10月30日
    「新華社」塞北管理区に渡り鳥が飛来河北省張家口市

    中国河北省張家口市の塞北管理区では気温の低下に伴い、越冬のため飛来したオオハクチョウやハイイロガン、アカツクシガモなど渡り鳥の姿が見られるようになった。(記者/斉雷傑)<映像内容>塞北管理区の渡り鳥の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:27.92
    2020年10月30日
    「新華社」晩秋のリンゴ、実り豊か陝西省富平県

    中国陝西省渭南市富平県でこのほど、極晩生のリンゴ「ピンクレディー」が実りの季節を迎えた。ピンクレディーは果実に色つやが良く、爽やかな酸味があることから市場や消費者の人気が高い。同県のリンゴ栽培面積は22万ムー(約1万4600ヘクタール)。うち8万ムー(約5300ヘクタール)でピンクレディーを栽培し、6万ムー(4千ヘクタール)で実がなった。今年の生産量は9万トン、生産高は4億5千万元(1元=約16円)に達するとみられる。(記者/都紅剛)<映像内容>極晩生のリンゴ「ピンクレディー」が実る様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:37.41
    2020年10月29日
    「新華社」深圳市、ごみ収集にスマートロボット導入作業員の負担軽減

    中国広東省深圳市羅湖区はこのほど、作業員の負担を軽減するため、ごみの積み降ろしなどを行うスマート環境衛生ロボットを導入した。同区はごみ収集作業の自動化、スマート化を推進している。(記者/周穎)<映像内容>ごみの積み降ろしなどを行うスマート環境衛生ロボットの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:17.31
    2020年10月28日
    「新華社」中国初の火星探査機「天問1号」、3回目の軌道修正成功

    中国初の火星探査機「天問1号」は28日午後10時(日本時間同11時)ごろ、飛行管制チームによるコントロールで、8台の25Nエンジンを同時に点火し、3回目の軌道途中修正を無事に完了するとともに、軌道上で25Nエンジンの実際の性能を検証した。国家航天(宇宙)局が明らかにした。専門家の説明によると、3回目の軌道途中修正は深宇宙マヌーバ(DSM)の後の遷移軌道での再度の微調整で、探査機が予定の時間に火星と交差するようにする。「天問1号」はこれまでの飛行時間が97日で、地球からの現在の距離は約4400万キロ、飛行距離は約2億5600万キロ。探査機の各システムの状態は良好で、地上の各管制通信センター、ステーションによる追跡は正常に行われている。<映像内容>中国初の火星探査機「天問1号」、撮影日:2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:43.90
    2020年10月26日
    「新華社」【パンダフル】座右の銘は「泰然自若」

    中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で、1頭のパンダがむしゃむしゃとタケノコを食べている。その様子があまりにもおいしそうだと感じたのか、そばにいたもう1頭のパンダがタケノコを横取りして林の中に逃げ込んだ。しかし残されたパンダは、腹を立てることもなく黙々と残ったタケノコを食べ続けていた。(記者/パンダフル蕭永航)<映像内容>タケノコを食べるパンダの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.42
    2020年10月25日
    「新華社」国際パルクールマスターコンテストが閉幕浙江省寧波市

    中国浙江省寧波市で25日、2020「一帯一路」国際パルクールマスターコンテストが2日間の日程を終えて閉幕した。パルクールは走りながら障害物を登ったり跳び越えたりするスポーツ。中国、モロッコ、ジンバブエ、エリトリア、ベナンなどの国や地域の選手50人余りが技を競った。中国エクストリームスポーツ協会が主催する今回のコンテストは、中国国内で最大規模の本格的なパルクール大会の一つ。フリースタイル、スピードラン、チェイスタグ、スキルチャレンジ(フロー)の四つのカテゴリーが設けられている。中国の楊小強(よう・しょうきょう)選手は初日夜のチェイスタグに続き、個人スピードランでも23秒226の成績で優勝、同じく中国の李一奇(り・いつき)選手は3・1メートルの成績でスキルチャレンジ(フロー)のチャンピオンとなった。個人フリースタイルは中国の楊選手と高家雯(こう・かぶん)選手が1位、2位を独占した。(記者/顧小立)<映像内容>2020「一帯一路」国際パルクールマスターコンテストの様子、撮影日:2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.88
    2020年10月25日
    「新華社」天津港、コンテナターミナルを自動化

    中国の天津港がコンテナターミナルの自動化を実現した。同港は、コンテナ輸送時間を短縮するため、3D画像認識システムやGPSを利用したスマート技術を導入。自動運転トラックによるコンテナ運搬も行っている。(記者/李帥)<映像内容>天津港がコンテナターミナルの自動化を実現、コンテナターミナルの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:22.46
    2020年10月24日
    Time-lapse Video The Bund

    Time-lapse video of the lighting process of buildings on the Bund, Shanghai, China, October 20, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:11.10
    2020年10月23日
    IPhone 12 On Sale

    Customers queue up at Apple stores to experience the new iPhone 12. Hangzhou, Zhejiang Province, China, October 23, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:31.98
    2020年10月23日
    Tourists Watching Mount Everest

    The video time-lapse shooting shows tourists watching Mount Everest at Rongbu temple, which is 25 kilometers away from Mount Qomolangma. Dingri County, Tibet, China, August 23, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:59.15
    2020年10月23日
    「新華社」石だらけの山が実りの山に湖南省藍山県

    秋も深まり、中国湖南省永州市藍山県太平圩鎮桐木林村では600ムー(40ヘクタール)のニューホールネーブルオレンジ畑が初の収穫期を迎え、農家が収穫に勤しんでいる。同村の山はかつて石だらけだったが、土壌に豊富なミネラルを含んでいたことから、村人が機械で開墾し、石の隙間にニューホールネーブルオレンジ、皇帝柑(皇帝ミカン)、紅美人(紅まどんな)などの果樹の苗約20万株を植えた。最も早く栽培を開始したニューホールネーブルオレンジの木に昨年実がつき始め、今年初めて収穫ができるようになった。(記者/張格、程済安)<映像内容>ニューホールネーブルオレンジ畑の収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:34.48
    2020年10月21日
    「新華社」迫力に満ちた浸食地形の世界チベット自治区札達土林

    中国チベット自治区ガリ地区札達(ツァンダ)県には、「土林」という独特な地形がある。「土林」とは、古代の大きな湖沼が造山運動の影響により枯渇し隆起する過程で、湖底の堆積層が長期にわたる流水の浸食や風化を受けて形成された。(記者/田金文)<映像内容>浸食地形「土林」の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.41
    2020年10月20日
    「新華社」重機械大手の中国一重、地元企業との協力で産業チェーンを安定化

    中国の重機械大手、中国第一重型機械集団(黒竜江省チチハル市、中国一重)は今年以降、地元企業との共同イノベーションを通じて部品の現地調達率を引き上げ、地元中小企業の市場競争参加を促している。産業チェーンとサプライチェーンを安定させることで、市場が低迷する中でも業績を伸ばしてきた。データによると、今年上半期(1~6月)の売上高は前年同期比55・4%増、利益は92・3%増と大幅に増加した。同社はまた、チチハル市政府と共同で、設備製造業の高度化を足掛かりに大手企業や部品メーカー、大学、研究機関、金融機関を網羅する「ハイエンド大型設備製造業連盟」を設立。他地域にある設備製造企業十数社を同市に誘致し、市内での部品調達率を4割以上に高めた。(記者/馬暁成)<映像内容>中国一重の工場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.96
    2020年10月20日
    「新華社」粤港澳大湾区東部海域で大規模捜索救助演習を実施

    中国広東省の恵州大亜湾海域で20日、粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)東部海域で最大規模となる海上捜索救助総合演習が実施された。同省海上捜索救助センターと恵州市政府が共同で主催した。恵州市、広州市、深圳市などから26組織が参加し、船艇30隻と艦載ヘリコプター1機が出動した。演習は同海域での緊急対応能力と合同での作業能力の向上を目的に行われた。(記者/胡林果)<映像内容>粤港澳大湾区東部海域で海上捜索救助総合演習の様子、撮影日:2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.86
    2020年10月20日
    「新華社」武当山の金頂風景区に診療所を開設湖北省十堰市

    中国湖北省十堰(じゅうえん)市武当山特区は8月15日から、同市にある道教の名山、武当山の山頂に位置する金頂風景区にある皇経堂の向かいに常設の診療所を開設している。地元の総合病院、十堰太和医院の武当山院区から毎日、医療スタッフ2人が派遣されている。運用開始から2カ月余りで、観光客20人以上が応急処置を受けた。診療所には、応急処置のためのさまざまな機器や薬品が備わっている。これまでは大型連休や祝日のたびに医療スタッフが同風景区に当直として派遣されていたが、今では「雲の上の診療所」が同風景区に定着している。(記者/李偉)<映像内容>武当山の金頂風景区の診療所、治療の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.49
    2020年10月19日
    Power Grid Inspection in Autumn

    Maintenance personnel at the maintenance site of 1000 kv line in autumn replace the line insulator. Taizhou City, Jiangsu Province, China, October 18, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:45.28
    2020年10月19日
    「新華社」天津税関、輸入貨物ルートから初めて知的財産権侵害品を押収

    中国の天津税関が管轄する新港税関はこのほど、サウジアラビアから輸入された自動車部品の中から商標権侵害の疑いのあるトヨタの高級車ブランド「レクサス」のエンブレム277点、2万1千元(1元=約16円)相当を発見、押収した。天津税関が輸入貨物ルートで知的財産権侵害物品を押収するのはこれが初めて。自動車のエンブレムは税関で登録され、知的財産権保護を受ける。しかし、着荷主および代理人はトヨタ自動車からの授権委託書などの資料を提出できなかった。税関は同エンブレムが同社の知的財産権を侵害していると確認の上、既に知的財産権税関保護の措置を発動、通関を差し止め、処理を行うため後続部門に引き渡している。(記者/李帥)<映像内容>天津税関が輸入貨物ルートで知的財産権侵害物品を押収、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:22.62
    2020年10月16日
    「新華社」警察が国家1級保護動物のビルマニシキヘビを保護海南省瓊海市

    中国海南省瓊海(けいかい)市博鰲(ボアオ)鎮北面村の村人が16日、自宅でニシキヘビを発見した。肉食で非常に攻撃的であることから、村人は同省公安庁海岸警察総隊瓊海支隊ボアオ派出所に助けを求めた。このヘビは長さ約2メートル、重さ12キロで、国家1級保護動物に指定されるビルマニシキヘビだったことが分かった。同派出所の人民警察官らは関係各所に連絡し、このヘビを市の自然資源・規画局に引き渡した。ヘビはその後、市内のヘビ園「蛇博園」に送られ保護されている。(記者/劉鄧)<映像内容>保護したニシキヘビの様子、撮影日:2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

  • 00:50.28
    2020年10月15日
    「新華社」太陽の周りに光の輪黒竜江省漠河市で「日暈」現象

    中国最北端に位置する黒竜江省漠河市で15日午前7時過ぎ、太陽の周りに光の輪ができる「日暈(ひがさ)」と、太陽の両側に光が見える「幻日(げんじつ)」が見られた。現象は約1時間半続いた後、次第に消えていった。(記者/馬暁成)<映像内容>日暈と幻日の様子、撮影日:2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:35.25
    2020年10月13日
    Sunflowers Bloom

    About 2000 square meters of sunflowers bloom in Jiangnan Park, Nanning City, Guangxi, China, October 11, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:51.46
    2020年10月13日
    Three Gorges

    Time-lapse video of the people‘s Home in the Three Gorges, Yichang City, Hubei Province, China, Oct. 6, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:31.21
    2020年10月13日
    Three Gorges

    Time-lapse video of the people‘s Home in the Three Gorges, Yichang City, Hubei Province, China, Oct. 6, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:20.01
    2020年10月13日
    The Seaside

    The sea is sparkling and clouds are rolling. Rizhao, Shandong Province, China, September 28, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:57.85
    2020年10月13日
    「新華社」キウイフルーツ農家に強い味方、「EV植物保護車」登場湖北省赤壁市

    中国湖北省赤壁市にある半島キウイフルーツ基地では、今年発明された電気自動車(EV)のキウイフルーツ植物保護車が「新たな目玉」になっている。この植物保護車は、農薬散布や高圧洗浄などの機能を備え、高さ1・7メートルのキウイフルーツ棚の下を自在に行き来できるため、従来のディーゼル植物保護車に比べ省エネとコスト削減が可能。1回4時間で、15キロワット時を充電。フル充電後は連続5時間の稼働が可能で、30ムー(2ヘクタール)のキウイフルーツ基地の農薬散布作業を完了できる。このためディーゼルでは1ムー当たり約4元(1元=約16円)かかっていた平均散布コストがわずか0・5元に抑えられる。キウイフルーツ基地では年8回の農薬散布が必要とされるため、年間の散布コストを5万8800元節約できる計算。また環境にも優しい。EV植物保護車は排ガスゼロで、ディーゼルのような燃料漏れも発生せず、キウイフルーツの品質を保証することができる。(記者/梁建強)<映像内容>EVのキウイフルーツ植物保護車の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:11.24
    2020年10月13日
    「新華社」職人が作る、本当に使える竹編み2次元バーコード福建省福州市

    中国福建省福州市永泰県の謝世仰(しゃ・せいぎょう)さん(65)は、同県にある竹細工会社で働く竹細工職人。謝さんは2018年から竹編み2次元バーコードの制作を開始。何度も試作、調整を重ね、1カ月かけて制作に成功し、多くの企業や団体からの注文を受けるようになった。2次元バーコードの模様は複雑で、竹の太さや厚さの調整も非常に難しい。13歳で竹編みを始めた謝さんは現在、この2次元バーコードを1時間で完成させることができる。永泰県の竹、トウ製品はここ数年、フランス、日本、イタリアなど海外で販売され、高級品を好む消費者の人気を集めている。(記者/林凱)<映像内容>竹細工で2次元バーコード制作の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.82
    2020年10月12日
    Urban And Rural Power Grid Transformation And Upgrading

    The service team members upgraded the rural power supply facilities to ensure that the local villagers have no worries about electricity use in winter. Chuzhou City, Anhui Province, China, October 12, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:33.44
    2020年10月11日
    Time-lapse Video Of Gongga Snow Mountain

    Time-lapse video of Gongga Snow Mountain. Ganzi Prefecture, Sichuan Province, China, October 2, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:10.60
    2020年10月11日
    The First Bay of The Yellow River

    Time-lapse Video shot of the first Bay of The Yellow River. Aba Prefecture, Sichuan Province, China, October 5, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:11.56
    2020年10月11日
    Zhagana

    Tourists visit the famous scenic spot zhagana in Gannan, Gansu Province, China, October 4, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:11.56
    2020年10月11日
    Time-lapse Video Of Zhagana

    Time lapse video of zhagana, a famous scenic spot in Gannan, Gansu Province, China, October 4, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:05.04
    2020年10月11日
    Time-lapse Video Of Zhagana

    Time lapse video of zhagana, a famous scenic spot in Gannan, Gansu Province, China, October 4, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:05.04
    2020年10月11日
    Time-lapse Video Of Zhagana

    Time lapse video of zhagana, a famous scenic spot in Gannan, Gansu Province, China, October 4, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5