KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • パワハラ
  • 中学時代
  • 山下泰裕
  • 旧制青森
  • 本名津島
  • 津島修治
  • さいたま市
  • マクドナルド
  • ワクチン
  • 全柔連会長

写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 社会
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
172,375
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
172,375
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    青森高で見つかった成績表 理系優秀も作文は低迷?

    青森高で見つかった、太宰治(本名・津島修治)が通った旧制青森中学時代の成績表

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    3年次の成績表 理系優秀も作文は低迷?

    青森高で見つかった、太宰治(本名・津島修治)3年次の旧制青森中学時代の成績表(他の生徒の氏名と成績を画像加工しています)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    山下泰裕会長 全柔連山下会長、辞任示唆

    前事務局長による職員へのパワハラ疑惑について、記者会見する全柔連の山下泰裕会長=26日、東京都文京区の講道館

    撮影: 26日、東京都文京区の講道館

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    接種を受ける関係者 「感染防止が最優先」

    新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける米軍岩国基地関係者=26日午前、山口県岩国市

    撮影: 26日午前、山口県岩国市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    山下泰裕氏 柔連でパワハラ疑惑

    山下泰裕・全柔連会長

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    吉野屋資料

    吉野家の看板=2021年

    撮影: 2021年

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    マクドナルド資料

    マクドナルドの看板=2021年、さいたま市

    撮影: 2021年、さいたま市

  • 2021年02月26日
    (2)竹箸で作った古建築模型河北省蠡県

    23日、自身が制作した模型の前で撮影に応じる張国忠さん。中国河北省保定市蠡(れい)県留史村に住む張国忠(ちょう・こくちゅう)さん(74)は、竹箸1万2千膳を使い、黄鶴楼や天壇など有名な建築物の模型を制作した。設計図を使わず、経験と感覚だけを頼りに作ったというが、実物そっくりの素晴らしい出来栄えとなっている。張さんは以前、古建築関連の会社に勤務しており、古建築の窓製作や木工、鉄工などが得意だったという。(保定=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (3)中国、国家郷村振興局を設置

    25日、国家郷村振興局の看板前で記念撮影する人々。中国北京市で25日、新たに設置された国家郷村振興局の看板除幕式が行われた。(北京=新華社記者/翟健嵐)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (1)中国、国家郷村振興局を設置

    25日、看板除幕式が行われた国家郷村振興局。中国北京市で25日、新たに設置された国家郷村振興局の看板除幕式が行われた。(北京=新華社記者/翟健嵐)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (10)竹箸で作った古建築模型河北省蠡県

    23日、箸で制作した古建築模型を手直しする張国忠さん。中国河北省保定市蠡(れい)県留史村に住む張国忠(ちょう・こくちゅう)さん(74)は、竹箸1万2千膳を使い、黄鶴楼や天壇など有名な建築物の模型を制作した。設計図を使わず、経験と感覚だけを頼りに作ったというが、実物そっくりの素晴らしい出来栄えとなっている。張さんは以前、古建築関連の会社に勤務しており、古建築の窓製作や木工、鉄工などが得意だったという。(保定=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (11)竹箸で作った古建築模型河北省蠡県

    23日、箸で制作した古建築模型を手直しする張国忠さん。中国河北省保定市蠡(れい)県留史村に住む張国忠(ちょう・こくちゅう)さん(74)は、竹箸1万2千膳を使い、黄鶴楼や天壇など有名な建築物の模型を制作した。設計図を使わず、経験と感覚だけを頼りに作ったというが、実物そっくりの素晴らしい出来栄えとなっている。張さんは以前、古建築関連の会社に勤務しており、古建築の窓製作や木工、鉄工などが得意だったという。(保定=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (8)竹箸で作った古建築模型河北省蠡県

    23日、自身が制作した模型を手にする張国忠さん。中国河北省保定市蠡(れい)県留史村に住む張国忠(ちょう・こくちゅう)さん(74)は、竹箸1万2千膳を使い、黄鶴楼や天壇など有名な建築物の模型を制作した。設計図を使わず、経験と感覚だけを頼りに作ったというが、実物そっくりの素晴らしい出来栄えとなっている。張さんは以前、古建築関連の会社に勤務しており、古建築の窓製作や木工、鉄工などが得意だったという。(保定=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (7)竹箸で作った古建築模型河北省蠡県

    23日、張国忠さんが箸で制作した作品。中国河北省保定市蠡(れい)県留史村に住む張国忠(ちょう・こくちゅう)さん(74)は、竹箸1万2千膳を使い、黄鶴楼や天壇など有名な建築物の模型を制作した。設計図を使わず、経験と感覚だけを頼りに作ったというが、実物そっくりの素晴らしい出来栄えとなっている。張さんは以前、古建築関連の会社に勤務しており、古建築の窓製作や木工、鉄工などが得意だったという。(保定=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (9)竹箸で作った古建築模型河北省蠡県

    23日、自身が制作した模型を紹介する張国忠さん。中国河北省保定市蠡(れい)県留史村に住む張国忠(ちょう・こくちゅう)さん(74)は、竹箸1万2千膳を使い、黄鶴楼や天壇など有名な建築物の模型を制作した。設計図を使わず、経験と感覚だけを頼りに作ったというが、実物そっくりの素晴らしい出来栄えとなっている。張さんは以前、古建築関連の会社に勤務しており、古建築の窓製作や木工、鉄工などが得意だったという。(保定=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (2)中国、国家郷村振興局を設置

    25日、国家郷村振興局の看板前で記念撮影する人々。中国北京市で25日、新たに設置された国家郷村振興局の看板除幕式が行われた。(北京=新華社記者/翟健嵐)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (6)竹箸で作った古建築模型河北省蠡県

    23日、張国忠さんが箸で制作した作品。中国河北省保定市蠡(れい)県留史村に住む張国忠(ちょう・こくちゅう)さん(74)は、竹箸1万2千膳を使い、黄鶴楼や天壇など有名な建築物の模型を制作した。設計図を使わず、経験と感覚だけを頼りに作ったというが、実物そっくりの素晴らしい出来栄えとなっている。張さんは以前、古建築関連の会社に勤務しており、古建築の窓製作や木工、鉄工などが得意だったという。(保定=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (3)竹箸で作った古建築模型河北省蠡県

    23日、張国忠さんが箸で制作した天壇や黄鶴楼などの作品。中国河北省保定市蠡(れい)県留史村に住む張国忠(ちょう・こくちゅう)さん(74)は、竹箸1万2千膳を使い、黄鶴楼や天壇など有名な建築物の模型を制作した。設計図を使わず、経験と感覚だけを頼りに作ったというが、実物そっくりの素晴らしい出来栄えとなっている。張さんは以前、古建築関連の会社に勤務しており、古建築の窓製作や木工、鉄工などが得意だったという。(保定=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (1)竹箸で作った古建築模型河北省蠡県

    23日、箸で制作した古建築模型を手直しする張国忠さん。中国河北省保定市蠡(れい)県留史村に住む張国忠(ちょう・こくちゅう)さん(74)は、竹箸1万2千膳を使い、黄鶴楼や天壇など有名な建築物の模型を制作した。設計図を使わず、経験と感覚だけを頼りに作ったというが、実物そっくりの素晴らしい出来栄えとなっている。張さんは以前、古建築関連の会社に勤務しており、古建築の窓製作や木工、鉄工などが得意だったという。(保定=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (4)竹箸で作った古建築模型河北省蠡県

    23日、自身が制作した模型を手にする張国忠さん。中国河北省保定市蠡(れい)県留史村に住む張国忠(ちょう・こくちゅう)さん(74)は、竹箸1万2千膳を使い、黄鶴楼や天壇など有名な建築物の模型を制作した。設計図を使わず、経験と感覚だけを頼りに作ったというが、実物そっくりの素晴らしい出来栄えとなっている。張さんは以前、古建築関連の会社に勤務しており、古建築の窓製作や木工、鉄工などが得意だったという。(保定=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    丸山達也知事の記者会見 感染非拡大地域に支援要求

    記者会見する島根県の丸山達也知事=25日午後、東京都千代田区

    撮影: 25日午後、東京都千代田区

  • 2021年02月25日
    (Nicolas Schmit) ニコラス・シュミット

    ルクセンブルク、欧州委員会(EC)委員(雇用・社会権担当)、2020年11月18日撮影(ロイター=共同)

  • 2021年02月25日
    東北大の試験会場 国公立大2次試験始まる

    国公立大2次試験の前期日程に臨む受験生=25日午前、仙台市の東北大

    撮影: 25日午前、仙台市の東北大

  • 2021年02月25日
    東北大の試験会場 国公立大2次試験始まる

    国公立大2次試験の前期日程の会場に向かう受験生=25日午前、仙台市の東北大

    撮影: 25日午前、仙台市の東北大

  • 2021年02月25日
    東北大の試験会場 国公立大2次試験始まる

    マスクを着用し、国公立大2次試験前期日程に臨む受験生=25日午前、仙台市の東北大

    撮影: 25日午前、仙台市の東北大

  • 2021年02月25日
    東大の会場 国公立大2次試験始まる

    国公立大2次試験前期日程に臨む受験生=25日午前、東京都文京区の東大(代表撮影)

    撮影: 25日午前、東京都文京区の東大

  • 2021年02月25日
    受験生の確認をする試験官 国公立大2次試験始まる

    名古屋大の2次試験前期日程会場で受験生の確認をする試験官=25日午前、名古屋市

    撮影: 25日午前、名古屋市

  • 2021年02月25日
    名古屋大の前期試験会場 国公立大2次試験始まる

    国公立大2次試験前期日程に臨む受験生=25日午前、名古屋市の名古屋大

    撮影: 25日午前、名古屋市の名古屋大

  • 2021年02月25日
    名古屋大の試験会場 国公立大2次試験始まる

    国公立大2次試験前期日程に臨む受験生=25日午前、名古屋市の名古屋大

    撮影: 25日午前、名古屋市の名古屋大

  • 2021年02月25日
    2次試験に臨む受験生 国公立大2次試験始まる

    国公立大2次試験前期日程に臨む受験生=25日午前、東京都文京区の東大(代表撮影)

    撮影: 25日午前、東京都文京区の東大

  • 2021年02月25日
    2次試験に臨む受験生 国公立大2次試験始まる

    国公立大2次試験前期日程に臨む受験生=25日午前、東京都文京区の東大(代表撮影)

    撮影: 25日午前、東京都文京区の東大

  • 2021年02月25日
    大阪大 国公立大2次試験始まる

    大阪大に向かう受験生ら=25日午前、大阪府豊中市

    撮影: 25日午前、大阪府豊中市

  • 2021年02月25日
    マスク姿で試験会場へ 国公立大2次試験始まる

    国公立大2次試験前期日程の会場へマスク姿で向かう受験生ら=25日午前、名古屋市の名古屋大

    撮影: 25日午前、名古屋市の名古屋大

  • 2021年02月25日
    国公立大2次試験始まる
  • 2021年02月25日
    会場に向かう受験生ら 国公立大2次試験始まる

    国公立大2次試験前期日程の会場に向かう受験生ら=25日午前、名古屋市の名古屋大

    撮影: 25日午前、名古屋市の名古屋大

  • 2021年02月25日
    試験会場に向かう受験生 国公立大2次試験始まる

    国公立大2次試験前期日程の会場に向かう受験生=25日午前、名古屋市の名古屋大

    撮影: 25日午前、名古屋市の名古屋大

  • 2021年02月25日
    国公立大2次試験始まる
  • 2021年02月25日
    国公立大2次試験始まる
  • 2021年02月25日
    国公立大2次試験始まる
  • 2021年02月25日
    会場に向かう受験生 国公立大2次試験始まる

    国公立大2次試験前期日程の会場に向かう受験生ら(奥)=25日午前、東京都文京区の東大

  • 2021年02月25日
    国公立大2次試験始まる
  • 2021年02月25日
    会場に向かう受験生 国公立大2次試験始まる

    国公立大2次試験前期日程の会場に向かう受験生=25日午前、東京都文京区の東大

    撮影: 25日午前、東京都文京区の東大

  • 2021年02月25日
    会場に向かう受験生 国公立大2次試験始まる

    国公立大2次試験前期日程の会場に向かう受験生=25日午前、東京都文京区の東大

    撮影: 25日午前、東京都文京区の東大

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (10)劇団が復活、春の空に響く銅鑼や太鼓の音色青海省海東市

    21日、本番前に化粧をする山荘村秦腔アマチュア劇団の陳玉成団長。中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県県城(県政府所在地)の南50キロメートルに位置する山荘村はかつて、高い山と深い谷に阻まれ交通が不便で、村民らはコムギやトウモロコシの栽培や出稼ぎで生計を立てていた。同村には民間伝統演劇「秦腔(しんこう)」を上演する劇団が数十年にわたり活動を続けてきたが、維持が困難になり解散していた。変化が訪れたのは2017年。地元は豊かな自然資源を頼りに農村観光に力を入れ、七里花海風景区などの観光地を建設、観光収入が増加して村民の生活はたちまち豊かになった。暮らし向きが良くなったことで、幼い頃祖父に付いて「秦腔」を学んでいた陳玉成(ちん・ぎょくせい)さんは、劇団の再結成を思いついた。この知らせが伝わるとすぐに、県や鎮、村全てが強力に支援した。20年12月、20人余りからなる山荘村秦腔アマチュア劇団が再結成された。劇団員らは春節の連休を利用して、稽古や本番に励んでいる。(海東=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (17)劇団が復活、春の空に響く銅鑼や太鼓の音色青海省海東市

    21日、衣装を整理する山荘村秦腔アマチュア劇団の陳玉成団長。中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県県城(県政府所在地)の南50キロメートルに位置する山荘村はかつて、高い山と深い谷に阻まれ交通が不便で、村民らはコムギやトウモロコシの栽培や出稼ぎで生計を立てていた。同村には民間伝統演劇「秦腔(しんこう)」を上演する劇団が数十年にわたり活動を続けてきたが、維持が困難になり解散していた。変化が訪れたのは2017年。地元は豊かな自然資源を頼りに農村観光に力を入れ、七里花海風景区などの観光地を建設、観光収入が増加して村民の生活はたちまち豊かになった。暮らし向きが良くなったことで、幼い頃祖父に付いて「秦腔」を学んでいた陳玉成(ちん・ぎょくせい)さんは、劇団の再結成を思いついた。この知らせが伝わるとすぐに、県や鎮、村全てが強力に支援した。20年12月、20人余りからなる山荘村秦腔アマチュア劇団が再結成された。劇団員らは春節の連休を利用して、稽古や本番に励んでいる。(海東=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (7)劇団が復活、春の空に響く銅鑼や太鼓の音色青海省海東市

    21日、山荘村秦腔アマチュア劇団の公演を鑑賞する村民。中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県県城(県政府所在地)の南50キロメートルに位置する山荘村はかつて、高い山と深い谷に阻まれ交通が不便で、村民らはコムギやトウモロコシの栽培や出稼ぎで生計を立てていた。同村には民間伝統演劇「秦腔(しんこう)」を上演する劇団が数十年にわたり活動を続けてきたが、維持が困難になり解散していた。変化が訪れたのは2017年。地元は豊かな自然資源を頼りに農村観光に力を入れ、七里花海風景区などの観光地を建設、観光収入が増加して村民の生活はたちまち豊かになった。暮らし向きが良くなったことで、幼い頃祖父に付いて「秦腔」を学んでいた陳玉成(ちん・ぎょくせい)さんは、劇団の再結成を思いついた。この知らせが伝わるとすぐに、県や鎮、村全てが強力に支援した。20年12月、20人余りからなる山荘村秦腔アマチュア劇団が再結成された。劇団員らは春節の連休を利用して、稽古や本番に励んでいる。(海東=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (3)劇団が復活、春の空に響く銅鑼や太鼓の音色青海省海東市

    21日、記念撮影をする山荘村秦腔アマチュア劇団の団員。中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県県城(県政府所在地)の南50キロメートルに位置する山荘村はかつて、高い山と深い谷に阻まれ交通が不便で、村民らはコムギやトウモロコシの栽培や出稼ぎで生計を立てていた。同村には民間伝統演劇「秦腔(しんこう)」を上演する劇団が数十年にわたり活動を続けてきたが、維持が困難になり解散していた。変化が訪れたのは2017年。地元は豊かな自然資源を頼りに農村観光に力を入れ、七里花海風景区などの観光地を建設、観光収入が増加して村民の生活はたちまち豊かになった。暮らし向きが良くなったことで、幼い頃祖父に付いて「秦腔」を学んでいた陳玉成(ちん・ぎょくせい)さんは、劇団の再結成を思いついた。この知らせが伝わるとすぐに、県や鎮、村全てが強力に支援した。20年12月、20人余りからなる山荘村秦腔アマチュア劇団が再結成された。劇団員らは春節の連休を利用して、稽古や本番に励んでいる。(海東=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (6)劇団が復活、春の空に響く銅鑼や太鼓の音色青海省海東市

    21日、青海省海東市民和回族トゥ族自治県古鄯鎮の山荘村。(小型無人機から)中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県県城(県政府所在地)の南50キロメートルに位置する山荘村はかつて、高い山と深い谷に阻まれ交通が不便で、村民らはコムギやトウモロコシの栽培や出稼ぎで生計を立てていた。同村には民間伝統演劇「秦腔(しんこう)」を上演する劇団が数十年にわたり活動を続けてきたが、維持が困難になり解散していた。変化が訪れたのは2017年。地元は豊かな自然資源を頼りに農村観光に力を入れ、七里花海風景区などの観光地を建設、観光収入が増加して村民の生活はたちまち豊かになった。暮らし向きが良くなったことで、幼い頃祖父に付いて「秦腔」を学んでいた陳玉成(ちん・ぎょくせい)さんは、劇団の再結成を思いついた。この知らせが伝わるとすぐに、県や鎮、村全てが強力に支援した。20年12月、20人余りからなる山荘村秦腔アマチュア劇団が再結成された。劇団員らは春節の連休を利用して、稽古や本番に励んでいる。(海東=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (14)劇団が復活、春の空に響く銅鑼や太鼓の音色青海省海東市

    21日、演技に合わせて伴奏を披露する山荘村秦腔アマチュア劇団の団員。中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県県城(県政府所在地)の南50キロメートルに位置する山荘村はかつて、高い山と深い谷に阻まれ交通が不便で、村民らはコムギやトウモロコシの栽培や出稼ぎで生計を立てていた。同村には民間伝統演劇「秦腔(しんこう)」を上演する劇団が数十年にわたり活動を続けてきたが、維持が困難になり解散していた。変化が訪れたのは2017年。地元は豊かな自然資源を頼りに農村観光に力を入れ、七里花海風景区などの観光地を建設、観光収入が増加して村民の生活はたちまち豊かになった。暮らし向きが良くなったことで、幼い頃祖父に付いて「秦腔」を学んでいた陳玉成(ちん・ぎょくせい)さんは、劇団の再結成を思いついた。この知らせが伝わるとすぐに、県や鎮、村全てが強力に支援した。20年12月、20人余りからなる山荘村秦腔アマチュア劇団が再結成された。劇団員らは春節の連休を利用して、稽古や本番に励んでいる。(海東=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (1)劇団が復活、春の空に響く銅鑼や太鼓の音色青海省海東市

    21日、本番に衣装を着ける山荘村秦腔アマチュア劇団の陳玉成団長(左から2番目)。中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県県城(県政府所在地)の南50キロメートルに位置する山荘村はかつて、高い山と深い谷に阻まれ交通が不便で、村民らはコムギやトウモロコシの栽培や出稼ぎで生計を立てていた。同村には民間伝統演劇「秦腔(しんこう)」を上演する劇団が数十年にわたり活動を続けてきたが、維持が困難になり解散していた。変化が訪れたのは2017年。地元は豊かな自然資源を頼りに農村観光に力を入れ、七里花海風景区などの観光地を建設、観光収入が増加して村民の生活はたちまち豊かになった。暮らし向きが良くなったことで、幼い頃祖父に付いて「秦腔」を学んでいた陳玉成(ちん・ぎょくせい)さんは、劇団の再結成を思いついた。この知らせが伝わるとすぐに、県や鎮、村全てが強力に支援した。20年12月、20人余りからなる山荘村秦腔アマチュア劇団が再結成された。劇団員らは春節の連休を利用して、稽古や本番に励んでいる。(海東=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (16)劇団が復活、春の空に響く銅鑼や太鼓の音色青海省海東市

    21日、演技を披露する山荘村秦腔アマチュア劇団の陳玉成団長。中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県県城(県政府所在地)の南50キロメートルに位置する山荘村はかつて、高い山と深い谷に阻まれ交通が不便で、村民らはコムギやトウモロコシの栽培や出稼ぎで生計を立てていた。同村には民間伝統演劇「秦腔(しんこう)」を上演する劇団が数十年にわたり活動を続けてきたが、維持が困難になり解散していた。変化が訪れたのは2017年。地元は豊かな自然資源を頼りに農村観光に力を入れ、七里花海風景区などの観光地を建設、観光収入が増加して村民の生活はたちまち豊かになった。暮らし向きが良くなったことで、幼い頃祖父に付いて「秦腔」を学んでいた陳玉成(ちん・ぎょくせい)さんは、劇団の再結成を思いついた。この知らせが伝わるとすぐに、県や鎮、村全てが強力に支援した。20年12月、20人余りからなる山荘村秦腔アマチュア劇団が再結成された。劇団員らは春節の連休を利用して、稽古や本番に励んでいる。(海東=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (2)劇団が復活、春の空に響く銅鑼や太鼓の音色青海省海東市

    21日、本番前に化粧をする山荘村秦腔アマチュア劇団の陳玉成団長(左から2番目)。中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県県城(県政府所在地)の南50キロメートルに位置する山荘村はかつて、高い山と深い谷に阻まれ交通が不便で、村民らはコムギやトウモロコシの栽培や出稼ぎで生計を立てていた。同村には民間伝統演劇「秦腔(しんこう)」を上演する劇団が数十年にわたり活動を続けてきたが、維持が困難になり解散していた。変化が訪れたのは2017年。地元は豊かな自然資源を頼りに農村観光に力を入れ、七里花海風景区などの観光地を建設、観光収入が増加して村民の生活はたちまち豊かになった。暮らし向きが良くなったことで、幼い頃祖父に付いて「秦腔」を学んでいた陳玉成(ちん・ぎょくせい)さんは、劇団の再結成を思いついた。この知らせが伝わるとすぐに、県や鎮、村全てが強力に支援した。20年12月、20人余りからなる山荘村秦腔アマチュア劇団が再結成された。劇団員らは春節の連休を利用して、稽古や本番に励んでいる。(海東=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (8)劇団が復活、春の空に響く銅鑼や太鼓の音色青海省海東市

    21日、衣装を整理する山荘村秦腔アマチュア劇団の団員。中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県県城(県政府所在地)の南50キロメートルに位置する山荘村はかつて、高い山と深い谷に阻まれ交通が不便で、村民らはコムギやトウモロコシの栽培や出稼ぎで生計を立てていた。同村には民間伝統演劇「秦腔(しんこう)」を上演する劇団が数十年にわたり活動を続けてきたが、維持が困難になり解散していた。変化が訪れたのは2017年。地元は豊かな自然資源を頼りに農村観光に力を入れ、七里花海風景区などの観光地を建設、観光収入が増加して村民の生活はたちまち豊かになった。暮らし向きが良くなったことで、幼い頃祖父に付いて「秦腔」を学んでいた陳玉成(ちん・ぎょくせい)さんは、劇団の再結成を思いついた。この知らせが伝わるとすぐに、県や鎮、村全てが強力に支援した。20年12月、20人余りからなる山荘村秦腔アマチュア劇団が再結成された。劇団員らは春節の連休を利用して、稽古や本番に励んでいる。(海東=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (13)劇団が復活、春の空に響く銅鑼や太鼓の音色青海省海東市

    21日、本番前の準備をする山荘村秦腔アマチュア劇団の陳玉成団長(左)。中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県県城(県政府所在地)の南50キロメートルに位置する山荘村はかつて、高い山と深い谷に阻まれ交通が不便で、村民らはコムギやトウモロコシの栽培や出稼ぎで生計を立てていた。同村には民間伝統演劇「秦腔(しんこう)」を上演する劇団が数十年にわたり活動を続けてきたが、維持が困難になり解散していた。変化が訪れたのは2017年。地元は豊かな自然資源を頼りに農村観光に力を入れ、七里花海風景区などの観光地を建設、観光収入が増加して村民の生活はたちまち豊かになった。暮らし向きが良くなったことで、幼い頃祖父に付いて「秦腔」を学んでいた陳玉成(ちん・ぎょくせい)さんは、劇団の再結成を思いついた。この知らせが伝わるとすぐに、県や鎮、村全てが強力に支援した。20年12月、20人余りからなる山荘村秦腔アマチュア劇団が再結成された。劇団員らは春節の連休を利用して、稽古や本番に励んでいる。(海東=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (5)劇団が復活、春の空に響く銅鑼や太鼓の音色青海省海東市

    21日、本番前にリハーサルをする山荘村秦腔アマチュア劇団の板胡(ばんこ)奏者。中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県県城(県政府所在地)の南50キロメートルに位置する山荘村はかつて、高い山と深い谷に阻まれ交通が不便で、村民らはコムギやトウモロコシの栽培や出稼ぎで生計を立てていた。同村には民間伝統演劇「秦腔(しんこう)」を上演する劇団が数十年にわたり活動を続けてきたが、維持が困難になり解散していた。変化が訪れたのは2017年。地元は豊かな自然資源を頼りに農村観光に力を入れ、七里花海風景区などの観光地を建設、観光収入が増加して村民の生活はたちまち豊かになった。暮らし向きが良くなったことで、幼い頃祖父に付いて「秦腔」を学んでいた陳玉成(ちん・ぎょくせい)さんは、劇団の再結成を思いついた。この知らせが伝わるとすぐに、県や鎮、村全てが強力に支援した。20年12月、20人余りからなる山荘村秦腔アマチュア劇団が再結成された。劇団員らは春節の連休を利用して、稽古や本番に励んでいる。(海東=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (12)劇団が復活、春の空に響く銅鑼や太鼓の音色青海省海東市

    21日、本番前に化粧をする山荘村秦腔アマチュア劇団の陳玉成団長(右)。中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県県城(県政府所在地)の南50キロメートルに位置する山荘村はかつて、高い山と深い谷に阻まれ交通が不便で、村民らはコムギやトウモロコシの栽培や出稼ぎで生計を立てていた。同村には民間伝統演劇「秦腔(しんこう)」を上演する劇団が数十年にわたり活動を続けてきたが、維持が困難になり解散していた。変化が訪れたのは2017年。地元は豊かな自然資源を頼りに農村観光に力を入れ、七里花海風景区などの観光地を建設、観光収入が増加して村民の生活はたちまち豊かになった。暮らし向きが良くなったことで、幼い頃祖父に付いて「秦腔」を学んでいた陳玉成(ちん・ぎょくせい)さんは、劇団の再結成を思いついた。この知らせが伝わるとすぐに、県や鎮、村全てが強力に支援した。20年12月、20人余りからなる山荘村秦腔アマチュア劇団が再結成された。劇団員らは春節の連休を利用して、稽古や本番に励んでいる。(海東=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    民間議員提言のポイント

    脱炭素社会実現に向けた民間議員提言のポイント

  • 2021年02月24日
    民間議員提言のポイント

    脱炭素社会実現に向けた民間議員提言のポイント

  • 2021年02月24日
    経産省の有識者会議 経済界、原発の新増設要望

    「エネルギー基本計画」の改定に向けた経産省の有識者会議=24日、東京都千代田区

    撮影: 24日、東京都千代田区

  • 2021年02月24日
    リニア残土の処分場を計画

    JR東海が計画する岐阜県内のリニア工事の残土処分場(中津川市、御嵩町)

  • 2021年02月24日
    リニア残土の処分場を計画

    JR東海が計画する岐阜県内のリニア工事の残土処分場(中津川市、御嵩町)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月24日
    沢田精一さん 「隠れた被災者」ケアを

    自治体職員に実施したアンケートのファイルを手にする自治労福島県本部書記長の沢田精一さん=1月、福島市

    撮影: 1月、福島市

  • 2021年02月24日
    江川紹子氏 官僚の誇り奪う菅政治

    ジャーナリストの江川紹子氏

  • 2021年02月24日
    (2)福建省福州市で早春を彩る桜が満開

    21日、上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島で花見を楽しむ観光客。中国福建省福州市閩侯県上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島でこのほど、桜が見頃を迎え、早春の息吹を感じようと多くの観光客が訪れている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (6)都市を彩る古橋福建省福州市

    23日、福州市の古い街並み「三坊七巷(さんぼうしちこう)」の光禄吟台にある漾月橋(ようげつきょう)。中国福建省福州市は川が多く、水路が発達している。さまざまな造形の古橋が架かり、特別な都市景観を作り出している。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月24日
    (2)黒竜江省、都市と農村の居住環境改善の取り組みを強化

    貧困地区改造政策の恩恵を受け、築40年以上の古い家を離れ、賃貸住宅に仮住まいをしながら新しい家の完成を待つ黒竜江省ハルビン市道外区化工街道の李鳳芹(り・ほうきん)さん(65、右)。(2019年12月26日撮影)中国黒竜江省で開催中の第13期人民代表大会第5回会議で21日、同省の都市と農村の居住環境が一段と改善されたことが明らかになった。同省はここ数年、居住環境改善の取り組みを強化しており、都市の貧困地域の62万7千棟、古い居住区の51万9千戸、農村の倒壊の危険がある43万7千戸を改造した。(ハルビン=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (6)福建省福州市で早春を彩る桜が満開

    21日、上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島で花見を楽しむ観光客。中国福建省福州市閩侯県上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島でこのほど、桜が見頃を迎え、早春の息吹を感じようと多くの観光客が訪れている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (7)都市を彩る古橋福建省福州市

    23日、福州市の古い街並み「三坊七巷(さんぼうしちこう)」の光禄吟台にある漾月橋(ようげつきょう)。中国福建省福州市は川が多く、水路が発達している。さまざまな造形の古橋が架かり、特別な都市景観を作り出している。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    修復工事終了の黒島天主堂 黒島天主堂の修復完了

    修復工事が終了した黒島天主堂=23日午後、長崎県佐世保市

    撮影: 23日午後、長崎県佐世保市

  • 2021年02月23日
    黒島天主堂の記念ミサ 黒島天主堂の修復完了

    修復工事が終了した黒島天主堂で営まれた記念ミサ=23日午前、長崎県佐世保市

    撮影: 23日午前、長崎県佐世保市

  • 2021年02月23日
    黒島天主堂で記念ミサ 黒島天主堂の修復完了

    修復工事が終了した黒島天主堂で営まれた記念ミサ=23日午前、長崎県佐世保市

    撮影: 23日午前、長崎県佐世保市

  • 2021年02月23日
    トヨタが「未来の街」着工

    トヨタの先端技術都市建設地(静岡県裾野市)

  • 2021年02月23日
    トヨタが「未来の街」着工

    トヨタの先端技術都市建設地(静岡県裾野市)

  • 2021年02月23日
    トヨタが「未来の街」着工

    トヨタの先端技術都市建設地(静岡県裾野市)

  • 2021年02月23日
    トヨタが「未来の街」着工

    トヨタの先端技術都市建設地(静岡県裾野市)

  • 2021年02月23日
    試験に臨む受験生 あすから国公立大2次試験

    国公立大2次試験前期日程に臨む受験生=2020年2月、東京都文京区の東京大

    撮影: 2020年2月、東京都文京区の東京大

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月23日
    陸前高田市の仮設住宅 入居需要見誤り戸数不足に

    岩手県陸前高田市で建設中の仮設住宅=2011年3月

    撮影: 2011年3月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月23日
    仮設住宅の建設 入居需要見誤り戸数不足に

    岩手県陸前高田市で行われた仮設住宅の建設=2011年3月

    撮影: 2011年3月

  • 2021年02月23日
    設置された看板 上野公園、密避け片側通行

    新型コロナウイルス感染拡大防止策として、東京・上野公園に設置された片側通行を呼び掛ける看板=23日午前

    撮影: 23日午前

  • 2021年02月23日
    片側通行を呼び掛ける看板 上野公園、密避け片側通行

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、東京・上野公園に設置される片側通行を呼び掛ける看板=23日午前

    撮影: 23日午前

  • 2021年02月23日
    (7)蘇州河畔で春を満喫上海市

    21日、春の日差しの下、蘇州河畔でくつろぐ人々。中国上海市ではこのところ気温が上昇し、多くの市民や観光客が屋外で日差しを浴びたり、花見を楽しんだりして春を満喫している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (4)絵から「脱出」したモナ・リザ、パリの街角に出現

    19日、「モナ・リザ」のグラフィティアートの前を通り過ぎる犬。フランス・パリの街角にこのほど、ルーブル美術館に所蔵されているレオナルド・ダビンチの名作「モナ・リザ」をテーマとしたグラフィティアートが登場した。作品は新型コロナウイルスの影響で美術館が閉館したため、謎めいた微笑みをやめて絵から抜け出し、近くの椅子に座って開館を待つモナ・リザを描いている。フランスでは感染拡大を封じ込める取り組みとして、博物館などの文化施設を昨年10月30日から閉鎖している。(パリ=新華社記者/高静)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (1)タングラ峠の道路補修班、天空の道を守り続けて67年

    国道109号線のタングラ山凍土対策試験区間を往来する車。(1月13日撮影)中国青海省西寧市とチベット自治区ラサ市を結ぶ青蔵公路の最高地点、タングラ(唐古拉)峠の標高は5231メートル。「天下一の道路補修班」と呼ばれる国道109号線補修班は、この峠の道を守り続けて67年になる。年間を通じて青蔵公路タングラ峠区間のスムーズな通行を確保している。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (7)上海市の小中学校で新学期スタート

    22日、上海市黄浦区にある盧湾第二中心小学校の1年生の教室で授業を受ける児童。中国上海市の小中学校は22日、2021年春の新学期が始まり、児童生徒150万人以上が登校した。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (社会)(5)重庆:一路繁花相送带你驶向春天

    新华社照片,重庆,2021年2月23日重庆:一路繁花相送带你驶向春天2月23日,在重庆轨道交通2号线佛图关段,一列单轨列车穿越花海奔驰而过。初春时节,重庆气温逐渐回暖,暖阳里的山城春意盎然。在重庆轨道交通2号线佛图关段,山城步道上的梅花簇簇绽放,单轨列车穿越花海,组成一幅赏心悦目的独特城市景观。新华社记者刘潺摄= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    撮影: 配信日: 2021

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月23日
    (1)白鶴梁水下博物館、改修工事終え営業再開重慶市

    21日、重慶白鶴梁水下博物館の地上展示館を見学する来館者。中国の三峡ダム区(三峡ダムの建設で水没または長江水位が上昇したエリア)に位置する重慶市涪陵(ふりょう)区の白鶴梁水下博物館がこのほど、4カ月にわたる改修工事を終え営業を再開した。白鶴梁は長江南岸水中にある天然の石梁で、三峡ダムが建設される以前は冬の渇水期に姿を現すことから、古代より水位観測の目安となっていた。歴代の文人による題字が多く残されており、水中碑林の異名を持つ。過去1200年余りの間に72回起きた渇水の記録を残す貴重な文化財でもある。三峡ダムの完成により水位が40メートル上昇すると完全に水没した。博物館はこれらの題字を保護するために建設され、2009年に落成した。水中の題字石刻全体をドームで覆い、ドーム内外の水を循環させることで水圧を相殺する「無圧容器」の原理を用い、遺跡を泥砂や川流から守っている。来館者は長さ88メートルのエスカレーターで水深40メートルの水中通路まで下り、見学窓から題字を直接目にすることができる。今回の改修工事では、主に地上と水中通路を結ぶエスカレーターを改良し、乗り心地と安全性を一段と向上させたという。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (5)絵から「脱出」したモナ・リザ、パリの街角に出現

    19日、パリの街角で「モナ・リザ」のグラフィティアートを撮影する女性。フランス・パリの街角にこのほど、ルーブル美術館に所蔵されているレオナルド・ダビンチの名作「モナ・リザ」をテーマとしたグラフィティアートが登場した。作品は新型コロナウイルスの影響で美術館が閉館したため、謎めいた微笑みをやめて絵から抜け出し、近くの椅子に座って開館を待つモナ・リザを描いている。フランスでは感染拡大を封じ込める取り組みとして、博物館などの文化施設を昨年10月30日から閉鎖している。(パリ=新華社記者/高静)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (1)上海市の小中学校で新学期スタート

    22日、上海市黄浦区にある盧湾第二中心小学校の教室に入る児童。中国上海市の小中学校は22日、2021年春の新学期が始まり、児童生徒150万人以上が登校した。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (2)蘇州河畔で春を満喫上海市

    21日、蘇州河畔でサイクリングをする人々。中国上海市ではこのところ気温が上昇し、多くの市民や観光客が屋外で日差しを浴びたり、花見を楽しんだりして春を満喫している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月23日
    (4)白鶴梁水下博物館、改修工事終え営業再開重慶市

    21日、重慶白鶴梁水下博物館の水中通路に設けられた見学窓から川底を見る来館者。中国の三峡ダム区(三峡ダムの建設で水没または長江水位が上昇したエリア)に位置する重慶市涪陵(ふりょう)区の白鶴梁水下博物館がこのほど、4カ月にわたる改修工事を終え営業を再開した。白鶴梁は長江南岸水中にある天然の石梁で、三峡ダムが建設される以前は冬の渇水期に姿を現すことから、古代より水位観測の目安となっていた。歴代の文人による題字が多く残されており、水中碑林の異名を持つ。過去1200年余りの間に72回起きた渇水の記録を残す貴重な文化財でもある。三峡ダムの完成により水位が40メートル上昇すると完全に水没した。博物館はこれらの題字を保護するために建設され、2009年に落成した。水中の題字石刻全体をドームで覆い、ドーム内外の水を循環させることで水圧を相殺する「無圧容器」の原理を用い、遺跡を泥砂や川流から守っている。来館者は長さ88メートルのエスカレーターで水深40メートルの水中通路まで下り、見学窓から題字を直接目にすることができる。今回の改修工事では、主に地上と水中通路を結ぶエスカレーターを改良し、乗り心地と安全性を一段と向上させたという。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月23日
    (2)白鶴梁水下博物館、改修工事終え営業再開重慶市

    21日、重慶白鶴梁水下博物館の地上展示館を見学する来館者。中国の三峡ダム区(三峡ダムの建設で水没または長江水位が上昇したエリア)に位置する重慶市涪陵(ふりょう)区の白鶴梁水下博物館がこのほど、4カ月にわたる改修工事を終え営業を再開した。白鶴梁は長江南岸水中にある天然の石梁で、三峡ダムが建設される以前は冬の渇水期に姿を現すことから、古代より水位観測の目安となっていた。歴代の文人による題字が多く残されており、水中碑林の異名を持つ。過去1200年余りの間に72回起きた渇水の記録を残す貴重な文化財でもある。三峡ダムの完成により水位が40メートル上昇すると完全に水没した。博物館はこれらの題字を保護するために建設され、2009年に落成した。水中の題字石刻全体をドームで覆い、ドーム内外の水を循環させることで水圧を相殺する「無圧容器」の原理を用い、遺跡を泥砂や川流から守っている。来館者は長さ88メートルのエスカレーターで水深40メートルの水中通路まで下り、見学窓から題字を直接目にすることができる。今回の改修工事では、主に地上と水中通路を結ぶエスカレーターを改良し、乗り心地と安全性を一段と向上させたという。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月23日
    (5)白鶴梁水下博物館、改修工事終え営業再開重慶市

    21日、長江の水深40メートルにある白鶴梁題字。中国の三峡ダム区(三峡ダムの建設で水没または長江水位が上昇したエリア)に位置する重慶市涪陵(ふりょう)区の白鶴梁水下博物館がこのほど、4カ月にわたる改修工事を終え営業を再開した。白鶴梁は長江南岸水中にある天然の石梁で、三峡ダムが建設される以前は冬の渇水期に姿を現すことから、古代より水位観測の目安となっていた。歴代の文人による題字が多く残されており、水中碑林の異名を持つ。過去1200年余りの間に72回起きた渇水の記録を残す貴重な文化財でもある。三峡ダムの完成により水位が40メートル上昇すると完全に水没した。博物館はこれらの題字を保護するために建設され、2009年に落成した。水中の題字石刻全体をドームで覆い、ドーム内外の水を循環させることで水圧を相殺する「無圧容器」の原理を用い、遺跡を泥砂や川流から守っている。来館者は長さ88メートルのエスカレーターで水深40メートルの水中通路まで下り、見学窓から題字を直接目にすることができる。今回の改修工事では、主に地上と水中通路を結ぶエスカレーターを改良し、乗り心地と安全性を一段と向上させたという。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (5)蘇州河畔で春を満喫上海市

    21日、蘇州河畔でサイクリングや散策を楽しむ人々。中国上海市ではこのところ気温が上昇し、多くの市民や観光客が屋外で日差しを浴びたり、花見を楽しんだりして春を満喫している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (10)蘇州河畔で春を満喫上海市

    21日、蘇州河畔でサイクリングをする人々。中国上海市ではこのところ気温が上昇し、多くの市民や観光客が屋外で日差しを浴びたり、花見を楽しんだりして春を満喫している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (2)上海市の小中学校で新学期スタート

    22日、春節(旧正月)の装飾が施された上海市黄浦区の盧湾第二中心小学校の教室。中国上海市の小中学校は22日、2021年春の新学期が始まり、児童生徒150万人以上が登校した。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (5)上海市の小中学校で新学期スタート

    22日、上海市黄浦区にある盧湾第二中心小学校の3年生の教室で、国旗掲揚式に参加する児童。中国上海市の小中学校は22日、2021年春の新学期が始まり、児童生徒150万人以上が登校した。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (1)蘇州河畔で春を満喫上海市

    21日、蘇州河畔を散策する人々。中国上海市ではこのところ気温が上昇し、多くの市民や観光客が屋外で日差しを浴びたり、花見を楽しんだりして春を満喫している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (4)蘇州河畔で春を満喫上海市

    21日、蘇州河畔を散策する人々。中国上海市ではこのところ気温が上昇し、多くの市民や観光客が屋外で日差しを浴びたり、花見を楽しんだりして春を満喫している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (9)蘇州河畔で春を満喫上海市

    21日、蘇州河畔でサイクリングや散策を楽しむ人々。中国上海市ではこのところ気温が上昇し、多くの市民や観光客が屋外で日差しを浴びたり、花見を楽しんだりして春を満喫している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (8)蘇州河畔で春を満喫上海市

    21日、明るい木漏れ日が差す蘇州河畔の歩道。中国上海市ではこのところ気温が上昇し、多くの市民や観光客が屋外で日差しを浴びたり、花見を楽しんだりして春を満喫している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...