KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 空撮資料
  • いじめ指導
  • オスプレイ
  • ワクチン
  • 佐藤敏郎
  • 宮城県石巻市
  • 山形県東根市
  • 山形空港
  • 広島駅南口
  • 建て替え

写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 社会
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
178,849
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
178,849
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    防災教育研修 新任教職員に防災教育研修

    宮城県石巻市の大川小で行われた防災教育研修で佐藤敏郎さん(右端)の話を聞く教職員ら=15日午前

    商品コード: 2021061513627

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    防災教育研修 新任教職員に防災教育研修

    宮城県石巻市の大川小で教職員を対象に行われた防災教育研修。奥中央は講師を務めた佐藤敏郎さん=15日午前

    商品コード: 2021061513623

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    河野行革相 自治体ワクチン配送中断も

    記者会見する河野行革相=15日午前、東京都千代田区

    商品コード: 2021061510628

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月14日
    着陸したオスプレイ 山形空港にオスプレイ2機

    山形空港に着陸した米軍横田基地の輸送機オスプレイ=14日午後7時24分、山形県東根市

    商品コード: 2021061406118

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月14日
    2機のオスプレイ 山形空港にオスプレイ2機

    山形空港に着陸した米軍横田基地の輸送機オスプレイ2機=14日午後7時15分、山形県東根市

    商品コード: 2021061406117

  • 2021年06月14日
    仙台市内の繁華街 宮城、時短要請を全面解除

    通常営業が始まった仙台市内の繁華街=14日夜

    商品コード: 2021061406039

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月14日
    講演する松本さん 自由と日常、拉致が奪った

    私立米子北斗高で生徒らを前に講演する松本孟さん=14日午後、鳥取県米子市

    商品コード: 2021061405861

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月14日
    講演する松本孟さん 自由と日常、拉致が奪った

    私立米子北斗高で生徒らを前に講演する松本孟さん=14日午後、鳥取県米子市

    商品コード: 2021061405862

  • 2021年06月14日
    郡上八幡城の御城印 岐阜の山城、熊本城を支援

    郡上八幡城の御城印

    商品コード: 2021061405814

  • 2021年06月14日
    郡上八幡城と小木曽匡さん 岐阜の山城、熊本城を支援

    郡上八幡城と御城印を紹介する小木曽匡さん=9日、岐阜県郡上市

    商品コード: 2021061405815

  • 2021年06月14日
    点火式典会場と通行人 聖火リレー北海道2日目

    公道での聖火リレーが中止となった北海道の札幌市中心部で行われた点火式典の会場。テントで囲われ、式典の様子を市民が見ることはできなかった。奧は道庁旧本庁舎=14日午後

    商品コード: 2021061405790

  • 2021年06月14日
    テントで囲われた式典会場 聖火リレー北海道2日目

    公道での聖火リレーが中止となった北海道の札幌市中心部で行われた点火式典の会場。テントで囲われ、式典の様子を市民が見ることはできなかった。奧は道庁旧本庁舎=14日午後

    商品コード: 2021061405793

  • 2021年06月14日
    居酒屋の看板 繁華街歓迎、懸念も強く

    「まんぼう解禁お祝い」と書かれた居酒屋の看板=14日午後、熊本市

    商品コード: 2021061405416

  • 2021年06月14日
    報告書の写し 当初はいじめ指導の方針

    第三者委員会の報告書の写し(画像の一部をモザイク加工しています)

    商品コード: 2021061405347

  • 2021年06月14日
    献花する母親 当初はいじめ指導の方針

    命日を前に息子の自殺現場に献花する母親=4月、長崎市

    商品コード: 2021061405348

  • 2021年06月14日
    予約なし接種の案内 予約なしでもワクチン接種

    予約なしの新型コロナウイルスワクチン接種について案内する、名古屋市の細川外科クリニックに設置された看板=9日午前

    商品コード: 2021061404478

  • 2021年06月14日
    広島駅南口 広島市・空撮資料

    駅ビルの建て替え工事が行われているJR広島駅南口=広島市(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2021061404471

  • 2021年06月14日
    広島市中区の繁華街 広島市・空撮資料

    広島市中区の繁華街。右は流川地区(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2021061404468

  • 2021年06月14日
    広島駅南口 広島市・空撮資料

    駅ビルの建て替え工事が行われているJR広島駅南口=広島市(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2021061404466

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月14日
    柳橋 柳北、子規が風趣を筆に

    関東大震災後に建設された現在の柳橋。東京都中央区から台東区に架かっている

    商品コード: 2021061404370

  • 2021年06月14日
    (8)ミャオ族の文化に触れる、蚩尤九黎城を空中散歩重慶市

    7日、空から見た蚩尤九黎城の風景。(小型無人機から)中国重慶市彭水ミャオ族トゥチャ族自治県にある蚩尤九黎城(しゆうきゅうれいじょう)は、ミャオ族の伝説上の始祖・蚩尤が築いたとされる蚩尤文化をメインに、40カ所以上の景観建築で構成されたテーマパークで、国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同自治県はここ数年、文化による観光の振興、文化と観光を融合させる戦略を積極的に推進。蚩尤九黎城の知名度や評判を高めることで、多くの観光客を引き付けている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061408708

  • 2021年06月14日
    (11)ミャオ族の文化に触れる、蚩尤九黎城を空中散歩重慶市

    7日、空から見た蚩尤九黎城。(小型無人機から)中国重慶市彭水ミャオ族トゥチャ族自治県にある蚩尤九黎城(しゆうきゅうれいじょう)は、ミャオ族始祖の蚩尤文化をメインに、40カ所以上の景観建築で構成されたテーマパークで、国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同自治県はここ数年、文化による観光の振興、文化と観光を融合させる戦略を積極的に推進。蚩尤九黎城の知名度や評判を高めることで、多くの観光客を引き付けている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061408733

  • 2021年06月14日
    (3)体育の授業に伝統のドラゴンボートを導入湖南省

    10日、湖南省岳陽市にある正則学校の体育館でドラゴンボートの授業を受ける生徒ら。中国湖南省北東部、汨羅江(べきらこう)のほとりにある岳陽市の正則学校では昨年9月以降、生徒らの心身の健康増進と伝統文化の継承のため、ドラゴンボートを体育の授業に取り入れている。(岳陽=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061404545

  • 2021年06月14日
    (3)ミャオ族の文化に触れる、蚩尤九黎城を空中散歩重慶市

    7日、空から見た蚩尤九黎城。(小型無人機から)中国重慶市彭水ミャオ族トゥチャ族自治県にある蚩尤九黎城(しゆうきゅうれいじょう)は、ミャオ族の伝説上の始祖・蚩尤が築いたとされる蚩尤文化をメインに、40カ所以上の景観建築で構成されたテーマパークで、国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同自治県はここ数年、文化による観光の振興、文化と観光を融合させる戦略を積極的に推進。蚩尤九黎城の知名度や評判を高めることで、多くの観光客を引き付けている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061408687

  • 2021年06月14日
    (5)ミャオ族の文化に触れる、蚩尤九黎城を空中散歩重慶市

    7日、空から見た蚩尤九黎城の風景。(小型無人機から)中国重慶市彭水ミャオ族トゥチャ族自治県にある蚩尤九黎城(しゆうきゅうれいじょう)は、ミャオ族の伝説上の始祖・蚩尤が築いたとされる蚩尤文化をメインに、40カ所以上の景観建築で構成されたテーマパークで、国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同自治県はここ数年、文化による観光の振興、文化と観光を融合させる戦略を積極的に推進。蚩尤九黎城の知名度や評判を高めることで、多くの観光客を引き付けている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061408693

  • 2021年06月14日
    (8)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の曹渓門に掛けられた寺額。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409941

  • 2021年06月14日
    (4)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の蔵経閣の傍らに立つ菩提樹。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409942

  • 2021年06月14日
    (21)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の雲板と木魚。雲板は合図のために打ち鳴らす雲形の打鳴器。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061410040

  • 2021年06月14日
    (18)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の五香亭と放生池。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061410026

  • 2021年06月14日
    (14)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の客堂。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409961

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:21.31
    2021年06月14日
    空撮 大観音像、来月から解体 所有者なく、淡路島

    財務省近畿財務局は14日、兵庫県の淡路島にある高さ約100メートルの「世界平和大観音像(通称)」の解体工事に向けて、周囲に囲いを設けるなどの準備作業を開始した。所有者がおらず国の所有となっていたが、老朽化で壁の一部が落下するなど危険性が高まっていた。解体工事は大阪市の建設会社が8億8千万円で落札し、完了は2023年2月ごろとしている。観音像は1982年に兵庫県淡路市の海を望む高台に建てられた。観光スポットとして知られていたが、所有者死亡で2006年以降は閉鎖。昨年3月から国の所有となっている。 <映像内容>世界平和大観音像の空撮、撮影日:2021(令和3)年6月14日、撮影場所:兵庫県淡路市

    商品コード: 2021061513073

  • 2021年06月14日
    (12)ミャオ族の文化に触れる、蚩尤九黎城を空中散歩重慶市

    7日、空から見た蚩尤九黎城。(小型無人機から)中国重慶市彭水ミャオ族トゥチャ族自治県にある蚩尤九黎城(しゆうきゅうれいじょう)は、ミャオ族の伝説上の始祖・蚩尤が築いたとされる蚩尤文化をメインに、40カ所以上の景観建築で構成されたテーマパークで、国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同自治県はここ数年、文化による観光の振興、文化と観光を融合させる戦略を積極的に推進。蚩尤九黎城の知名度や評判を高めることで、多くの観光客を引き付けている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061408726

  • 2021年06月14日
    (9)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺近くを流れる曹渓河。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409957

  • 2021年06月14日
    (11)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の大雄宝殿の裏手。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409958

  • 2021年06月14日
    (10)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の大雄宝殿。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409959

  • 2021年06月14日
    (20)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の虚雲舎利塔。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061410028

  • 2021年06月14日
    (23)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の祖殿前から見た霊照塔。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061410038

  • 2021年06月14日
    (17)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の天王宝殿。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409997

  • 2021年06月14日
    (2)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の宝林門。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409927

  • 2021年06月14日
    (3)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の蔵経閣。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409929

  • 2021年06月14日
    (9)体育の授業に伝統のドラゴンボートを導入湖南省

    10日、湖南省岳陽市にある正則学校の体育館でドラゴンボートの授業を受ける生徒ら。(小型無人機から)中国湖南省北東部、汨羅江(べきらこう)のほとりにある岳陽市の正則学校では昨年9月以降、生徒らの心身の健康増進と伝統文化の継承のため、ドラゴンボートを体育の授業に取り入れている。(岳陽=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061404539

  • 2021年06月14日
    (13)ミャオ族の文化に触れる、蚩尤九黎城を空中散歩重慶市

    7日、空から見た蚩尤九黎城の風景。(小型無人機から)中国重慶市彭水ミャオ族トゥチャ族自治県にある蚩尤九黎城(しゆうきゅうれいじょう)は、ミャオ族の伝説上の始祖・蚩尤が築いたとされる蚩尤文化をメインに、40カ所以上の景観建築で構成されたテーマパークで、国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同自治県はここ数年、文化による観光の振興、文化と観光を融合させる戦略を積極的に推進。蚩尤九黎城の知名度や評判を高めることで、多くの観光客を引き付けている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061408731

  • 2021年06月14日
    (6)ミャオ族の文化に触れる、蚩尤九黎城を空中散歩重慶市

    8日、空から見た蚩尤九黎城。(小型無人機から)中国重慶市彭水ミャオ族トゥチャ族自治県にある蚩尤九黎城(しゆうきゅうれいじょう)は、ミャオ族の伝説上の始祖・蚩尤が築いたとされる蚩尤文化をメインに、40カ所以上の景観建築で構成されたテーマパークで、国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同自治県はここ数年、文化による観光の振興、文化と観光を融合させる戦略を積極的に推進。蚩尤九黎城の知名度や評判を高めることで、多くの観光客を引き付けている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061408692

  • 2021年06月14日
    (7)ミャオ族の文化に触れる、蚩尤九黎城を空中散歩重慶市

    7日、空から見た蚩尤九黎城の風景。(小型無人機から)中国重慶市彭水ミャオ族トゥチャ族自治県にある蚩尤九黎城(しゆうきゅうれいじょう)は、ミャオ族の伝説上の始祖・蚩尤が築いたとされる蚩尤文化をメインに、40カ所以上の景観建築で構成されたテーマパークで、国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同自治県はここ数年、文化による観光の振興、文化と観光を融合させる戦略を積極的に推進。蚩尤九黎城の知名度や評判を高めることで、多くの観光客を引き付けている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061408694

  • 2021年06月14日
    (19)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の虚雲記念堂。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061410000

  • 2021年06月14日
    (13)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の伏虎亭。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409954

  • 2021年06月14日
    (15)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の霊照塔。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061410027

  • 2021年06月14日
    (10)ミャオ族の文化に触れる、蚩尤九黎城を空中散歩重慶市

    7日、空から見た蚩尤九黎城。(小型無人機から)中国重慶市彭水ミャオ族トゥチャ族自治県にある蚩尤九黎城(しゆうきゅうれいじょう)は、ミャオ族の伝説上の始祖・蚩尤が築いたとされる蚩尤文化をメインに、40カ所以上の景観建築で構成されたテーマパークで、国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同自治県はここ数年、文化による観光の振興、文化と観光を融合させる戦略を積極的に推進。蚩尤九黎城の知名度や評判を高めることで、多くの観光客を引き付けている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061408728

  • 2021年06月14日
    (4)体育の授業に伝統のドラゴンボートを導入湖南省

    10日、湖南省岳陽市にある正則学校の体育館でドラゴンボートの授業を受ける生徒ら。中国湖南省北東部、汨羅江(べきらこう)のほとりにある岳陽市の正則学校では昨年9月以降、生徒らの心身の健康増進と伝統文化の継承のため、ドラゴンボートを体育の授業に取り入れている。(岳陽=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061404547

  • 2021年06月14日
    (6)体育の授業に伝統のドラゴンボートを導入湖南省

    10日、湖南省岳陽市にある正則学校の体育館で行われたドラゴンボートの授業。中国湖南省北東部、汨羅江(べきらこう)のほとりにある岳陽市の正則学校では昨年9月以降、生徒らの心身の健康増進と伝統文化の継承のため、ドラゴンボートを体育の授業に取り入れている。(岳陽=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061404548

  • 2021年06月14日
    (8)体育の授業に伝統のドラゴンボートを導入湖南省

    10日、湖南省岳陽市にある正則学校の体育館でドラゴンボートの授業を受ける生徒ら。中国湖南省北東部、汨羅江(べきらこう)のほとりにある岳陽市の正則学校では昨年9月以降、生徒らの心身の健康増進と伝統文化の継承のため、ドラゴンボートを体育の授業に取り入れている。(岳陽=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061404541

  • 2021年06月14日
    (10)体育の授業に伝統のドラゴンボートを導入湖南省

    10日、湖南省岳陽市にある正則学校の体育館でドラゴンボートの授業を受ける生徒ら。中国湖南省北東部、汨羅江(べきらこう)のほとりにある岳陽市の正則学校では昨年9月以降、生徒らの心身の健康増進と伝統文化の継承のため、ドラゴンボートを体育の授業に取り入れている。(岳陽=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061404540

  • 2021年06月14日
    (1)ミャオ族の文化に触れる、蚩尤九黎城を空中散歩重慶市

    7日、空から見た蚩尤九黎城の風景。(小型無人機から)中国重慶市彭水ミャオ族トゥチャ族自治県にある蚩尤九黎城(しゆうきゅうれいじょう)は、ミャオ族の伝説上の始祖・蚩尤が築いたとされる蚩尤文化をメインに、40カ所以上の景観建築で構成されたテーマパークで、国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同自治県はここ数年、文化による観光の振興、文化と観光を融合させる戦略を積極的に推進。蚩尤九黎城の知名度や評判を高めることで、多くの観光客を引き付けている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061408684

  • 2021年06月14日
    (2)ミャオ族の文化に触れる、蚩尤九黎城を空中散歩重慶市

    7日、空から見た蚩尤九黎城の風景。(小型無人機から)中国重慶市彭水ミャオ族トゥチャ族自治県にある蚩尤九黎城(しゆうきゅうれいじょう)は、ミャオ族の伝説上の始祖・蚩尤が築いたとされる蚩尤文化をメインに、40カ所以上の景観建築で構成されたテーマパークで、国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同自治県はここ数年、文化による観光の振興、文化と観光を融合させる戦略を積極的に推進。蚩尤九黎城の知名度や評判を高めることで、多くの観光客を引き付けている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061408685

  • 2021年06月14日
    (4)ミャオ族の文化に触れる、蚩尤九黎城を空中散歩重慶市

    8日、空から見た蚩尤九黎城の風景。(小型無人機から)中国重慶市彭水ミャオ族トゥチャ族自治県にある蚩尤九黎城(しゆうきゅうれいじょう)は、ミャオ族の伝説上の始祖・蚩尤が築いたとされる蚩尤文化をメインに、40カ所以上の景観建築で構成されたテーマパークで、国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同自治県はここ数年、文化による観光の振興、文化と観光を融合させる戦略を積極的に推進。蚩尤九黎城の知名度や評判を高めることで、多くの観光客を引き付けている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061408686

  • 2021年06月14日
    (5)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    曹渓文化広場と慧能大師の彫像。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409943

  • 2021年06月14日
    (6)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の曹渓講壇。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409945

  • 2021年06月14日
    (7)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の曹渓門。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409947

  • 2021年06月14日
    (1)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の宝林門から見た天王宝殿。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409925

  • 2021年06月14日
    (12)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の大雄宝殿内に安置されている誕生仏。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409960

  • 2021年06月14日
    (16)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の「六祖像碑」の碑刻。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409999

  • 2021年06月14日
    (22)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の祖殿。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061410037

  • 2021年06月12日
    人通りの少ない商店街 飲食店、にぎわいに期待

    人通りの少ない前橋市の商店街=12日午後

    商品コード: 2021061205828

  • 2021年06月12日
    死去を惜しむ田丸旭さん 「偉ぶらず気さくな人」

    「やまと根岸通り」に設置された柱と、根岸英一さんの死去を惜しむ地元の街づくり協議会元会長の田丸旭さん=12日午前、神奈川県大和市

    商品コード: 2021061204148

  • 2021年06月12日
    命名板と田丸旭さん 「偉ぶらず気さくな人」

    「やまと根岸通り」の命名板前で、根岸英一さんの死去を惜しむ地元の街づくり協議会元会長の田丸旭さん=12日午前、神奈川県大和市

    商品コード: 2021061204147

  • 01:01.92
    2021年06月12日
    「新華社」雲南省で北上するゾウの群れ、南西方向に移動

    中国雲南省で北上を続けている野生アジアゾウの群れは11日午後5時(日本時間同6時)現在、南西方向に8・12キロ移動し、同省玉渓市易門県十街郷で移動を続けている。群れを離れて6日目を迎えた1頭は、群れから約16キロ離れた同省昆明市八街街道の密林にいることが確認されている。安全警備活動を担当する省対策本部が明らかにした。(記者/孫敏) =配信日: 2021(令和3)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061204777

  • 2021年06月12日
    (3)雲南省で北上するゾウの群れ、南西方向に移動

    11日、雲南省玉渓市易門県で確認されたゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省で北上を続けている野生アジアゾウの群れは11日午後5時(日本時間同6時)現在、南西方向に8・12キロ移動し、同省玉渓市易門県十街郷で移動を続けている。群れを離れて6日目を迎えた1頭は、群れから約16キロ離れた同省昆明市八街街道の密林にいることが確認されている。安全警備活動を担当する省対策本部が明らかにした。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061204727

  • 2021年06月12日
    (2)雲南省で北上するゾウの群れ、南西方向に移動

    11日、雲南省玉渓市易門県で確認されたゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省で北上を続けている野生アジアゾウの群れは11日午後5時(日本時間同6時)現在、南西方向に8・12キロ移動し、同省玉渓市易門県十街郷で移動を続けている。群れを離れて6日目を迎えた1頭は、群れから約16キロ離れた同省昆明市八街街道の密林にいることが確認されている。安全警備活動を担当する省対策本部が明らかにした。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061204729

  • 00:47.64
    2021年06月12日
    「新華社」北上するゾウの群れが通過した村雲南省昆明市

    中国雲南省で北上を続けている野生アジアゾウの群れがこのところ、社会の注目を集めている。ゾウの群れが通ったのは山や森だけでなく、多くの村もあった。村にもたらす影響や村民の対応はどうだったのか。同省昆明市晋寧区夕陽イ族郷高粱地村は、ゾウの群れが玉渓市易門県に入る前に通った昆明市の最後の村だった。群れが離れて1日余りが経過した同村では、至る所に野生ゾウの痕跡が見られた。群れを南下させるために置いたゾウの好物、トウモロコシも道路のあちこちで見られた。地元政府は群れを無事に通過させるため、早い段階から村民に対し、群れに危害を与えず危険を回避する方法を周知した。また、群れの移動中は防護柵の設置や土砂を積んだトラックで道をふさぐ、エサで誘導するなどの方法でゾウの群れを前進させ、村民に秩序立って避難するよう指示した。一部の村民が地元政府に協力し、自分の畑のトウモロコシを寄付した。(記者/孫敏) =配信日: 2021(令和3)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061205905

  • 2021年06月12日
    (1)雲南省で北上するゾウの群れ、南西方向に移動

    11日、雲南省玉渓市易門県で確認されたゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省で北上を続けている野生アジアゾウの群れは11日午後5時(日本時間同6時)現在、南西方向に8・12キロ移動し、同省玉渓市易門県十街郷で移動を続けている。群れを離れて6日目を迎えた1頭は、群れから約16キロ離れた同省昆明市八街街道の密林にいることが確認されている。安全警備活動を担当する省対策本部が明らかにした。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061204728

  • 2021年06月11日
    リニア静岡工区の予定地 リニア沿線、知事選注視

    リニア中央新幹線静岡工区の工事予定地の一部=2020年6月、静岡市

    商品コード: 2021061107105

  • 2021年06月11日
    リニア中央新幹線の車両 リニア沿線、知事選注視

    リニア中央新幹線の試験車両=山梨県都留市の山梨リニア実験センター

    商品コード: 2021061107044

  • 2021年06月11日
    (3)青海省の「火星村」、世界レベルの天文観測基地建設へ

    冷湖鎮賽什騰山の星空。(2019年3月21日撮影)中国青海チベット高原のツァイダム盆地北西端に位置する冷湖鎮(青海省海西モンゴル族チベット藏族自治州茫崖市)には、規模が大きく、さまざま表情を見せるヤルダン地形があり、異星の表面を思わせることから、国内外の観光客に「火星村」と呼ばれている。青海省政府と清華大学(北京市)はこのほど、冷湖鎮賽什騰山に「ワイドフィールド掃天望遠鏡(MUST)プロジェクト」を共同で建設する協力協定を締結した。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061105196

  • 2021年06月11日
    (4)青海省の「火星村」、世界レベルの天文観測基地建設へ

    冷湖鎮賽什騰山の星空。(2019年3月21日撮影)中国青海チベット高原のツァイダム盆地北西端に位置する冷湖鎮(青海省海西モンゴル族チベット藏族自治州茫崖市)には、規模が大きく、さまざま表情を見せるヤルダン地形があり、異星の表面を思わせることから、国内外の観光客に「火星村」と呼ばれている。青海省政府と清華大学(北京市)はこのほど、冷湖鎮賽什騰山に「ワイドフィールド掃天望遠鏡(MUST)プロジェクト」を共同で建設する協力協定を締結した。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061105200

  • 2021年06月11日
    (1)青海省の「火星村」、世界レベルの天文観測基地建設へ

    冷湖鎮賽什騰山の星空。(2019年3月21日撮影)中国青海チベット高原のツァイダム盆地北西端に位置する冷湖鎮(青海省海西モンゴル族チベット藏族自治州茫崖市)には、規模が大きく、さまざま表情を見せるヤルダン地形があり、異星の表面を思わせることから、国内外の観光客に「火星村」と呼ばれている。青海省政府と清華大学(北京市)はこのほど、冷湖鎮賽什騰山に「ワイドフィールド掃天望遠鏡(MUST)プロジェクト」を共同で建設する協力協定を締結した。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061105197

  • 2021年06月11日
    (2)青海省の「火星村」、世界レベルの天文観測基地建設へ

    冷湖鎮賽什騰山の星空。(2019年3月21日撮影)中国青海チベット高原のツァイダム盆地北西端に位置する冷湖鎮(青海省海西モンゴル族チベット藏族自治州茫崖市)には、規模が大きく、さまざま表情を見せるヤルダン地形があり、異星の表面を思わせることから、国内外の観光客に「火星村」と呼ばれている。青海省政府と清華大学(北京市)はこのほど、冷湖鎮賽什騰山に「ワイドフィールド掃天望遠鏡(MUST)プロジェクト」を共同で建設する協力協定を締結した。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061105195

  • 2021年06月10日
    東芝本社 統治強化の空虚さ浮き彫り

    東芝本社が入るビル=4月、東京都港区

    商品コード: 2021061011047

  • 2021年06月10日
    開かれた会議 都内再拡大「可能性高い」

    東京都庁で開かれた新型コロナウイルスの感染状況を分析するモニタリング会議=10日午後

    商品コード: 2021061009416

  • 2021年06月10日
    ジセラ・オルティスさん 強権政治、ペルー社会に影

    兄の写真を掲げるジセラ・オルティスさん=9日(共同)

    商品コード: 2021061007281

  • 2021年06月10日
    弁当を配送するドローン ドローンで牛丼ひとっ飛び

    牛丼弁当を運び、市民病院に到着したドローン=10日午後、神奈川県横須賀市

    商品コード: 2021061005424

  • 2021年06月10日
    遠ざかる夢のマイホーム

    米都市圏一戸建て中古住宅の中間販売価格

    商品コード: 2021061004819

  • 2021年06月10日
    遠ざかる夢のマイホーム

    米都市圏一戸建て中古住宅の中間販売価格

    商品コード: 2021061004818

  • 2021年06月10日
    遠ざかる夢のマイホーム

    米都市圏一戸建て中古住宅の中間販売価格

    商品コード: 2021061004815

  • 2021年06月10日
    遠ざかる夢のマイホーム

    米都市圏一戸建て中古住宅の中間販売価格

    商品コード: 2021061004814

  • 2021年06月10日
    体育の授業に伝統のドラゴンボートを導入湖南省

    10日、湖南省岳陽市にある正則学校の体育館でドラゴンボートをこぐ練習をする生徒ら。中国湖南省北東部、汨羅江(べきらこう)のほとりにある岳陽市の正則学校では昨年9月以降、生徒らの心身の健康増進と伝統文化の継承のため、ドラゴンボートを体育の授業に取り入れている。(岳陽=新華社記者/陳思汗)=2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061509495

  • 2021年06月09日
    「64歳以下」の接種拡大

    新型コロナワクチンの接種スケジュールと自治体などの対応

    商品コード: 2021060908206

  • 2021年06月09日
    「64歳以下」の接種拡大

    新型コロナワクチンの接種スケジュールと自治体などの対応

    商品コード: 2021060908203

  • 2021年06月09日
    「64歳以下」の接種拡大

    新型コロナワクチンの接種スケジュールと自治体などの対応

    商品コード: 2021060908201

  • 2021年06月09日
    「64歳以下」の接種拡大

    新型コロナワクチンの接種スケジュールと自治体などの対応

    商品コード: 2021060908198

  • 2021年06月09日
    取材に応じる吉村知事 「都市計画局」11月発足へ

    取材に応じる大阪府の吉村洋文知事=9日午後、大阪府庁

    商品コード: 2021060907362

  • 2021年06月09日
    記者会見する平山昇准教授 都立高男女別定員、廃止を

    記者会見する神奈川大の平山昇准教授=9日、東京都庁

    商品コード: 2021060906130

  • 2021年06月09日
    札幌チャレンジハーフマラソン

    キーワード:東京五輪、テスト大会、札幌チャレンジハーフマラソン、警備、沿道、新型コロナウイルス、新型肺炎、COVID-19、感染防止、看板、観戦自粛=2021(令和3)年5月5日、(ロイター=共同)

    商品コード: 2021061003103

  • 2021年06月09日
    (10)海南自由貿易港の重点産業パーク、江東新区を訪ねて

    4日、海口市江東新区の邁雅河大橋。(小型無人機から)中国海南省海口市にある江東新区は、海南自由貿易港に11カ所ある重点産業パークの一つで、2018年6月に正式に設立された。同区は海口市の東海岸区域に位置し、東は東寨港から、西は南渡江まで、北は東海岸線に臨み、南は環状高速道路第2期プロジェクトと省道212号に至る。江東新区の計画敷地面積は約298平方キロ、東部の生態機能区と西部の産業・都市融合区に分かれている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060909027

  • 2021年06月09日
    (9)海南自由貿易港の重点産業パーク、江東新区を訪ねて

    4日、海口市江東新区で建設中の江東国際エネルギーセンター。(小型無人機から)中国海南省海口市にある江東新区は、海南自由貿易港に11カ所ある重点産業パークの一つで、2018年6月に正式に設立された。同区は海口市の東海岸区域に位置し、東は東寨港から、西は南渡江まで、北は東海岸線に臨み、南は環状高速道路第2期プロジェクトと省道212号に至る。江東新区の計画敷地面積は約298平方キロ、東部の生態機能区と西部の産業・都市融合区に分かれている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060909028

  • 2021年06月09日
    (6)造林や生態系の修復で荒れた山を緑化山西省太原市

    3日、太原市西山地区の玉泉山郊外森林公園の一角。(小型無人機から)中国山西省太原市の東山と西山地区は標高が非常に高く、同市の「生態障壁」となっている。両地区はかつて、採石などで植生がひどく破壊されたが、ここ数年、造林と生態系の修復に力を入れ、荒れた山の上に森林公園や観光道路などを建設した。生態環境が脆弱だった両地区は、今では緑豊かな生態文化観光地域になっている。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060909040

  • 2021年06月09日
    (5)海南自由貿易港の重点産業パーク、江東新区を訪ねて

    4日、海口市の江東新区で建設中のオフィスエリア。(小型無人機から)中国海南省海口市にある江東新区は、海南自由貿易港に11カ所ある重点産業パークの一つで、2018年6月に正式に設立された。同区は海口市の東海岸区域に位置し、東は東寨港から、西は南渡江まで、北は東海岸線に臨み、南は環状高速道路第2期プロジェクトと省道212号に至る。江東新区の計画敷地面積は約298平方キロ、東部の生態機能区と西部の産業・都市融合区に分かれている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060909011

  • 2021年06月09日
    (2)造林や生態系の修復で荒れた山を緑化山西省太原市

    3日、太原市の西山観光道路。(小型無人機から)中国山西省太原市の東山と西山地区は標高が非常に高く、同市の「生態障壁」となっている。両地区はかつて、採石などで植生がひどく破壊されたが、ここ数年、造林と生態系の修復に力を入れ、荒れた山の上に森林公園や観光道路などを建設した。生態環境が脆弱だった両地区は、今では緑豊かな生態文化観光地域になっている。(太原=新華社記者/柴婷)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060908923

  • 2021年06月09日
    (1)海南自由貿易港の重点産業パーク、江東新区を訪ねて

    4日、江東新区で実施された邁雅河地域の生態修復プロジェクト。(小型無人機から)中国海南省海口市にある江東新区は、海南自由貿易港に11カ所ある重点産業パークの一つで、2018年6月に正式に設立された。同区は海口市の東海岸区域に位置し、東は東寨港から、西は南渡江まで、北は東海岸線に臨み、南は環状高速道路第2期プロジェクトと省道212号に至る。江東新区の計画敷地面積は約298平方キロ、東部の生態機能区と西部の産業・都市融合区に分かれている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060908990

  • 2021年06月09日
    (4)造林や生態系の修復で荒れた山を緑化山西省太原市

    2日、太原市の東山地区にある森栖小鎮の一角。(小型無人機から)中国山西省太原市の東山と西山地区は標高が非常に高く、同市の「生態障壁」となっている。両地区はかつて、採石などで植生がひどく破壊されたが、ここ数年、造林と生態系の修復に力を入れ、荒れた山の上に森林公園や観光道路などを建設した。生態環境が脆弱だった両地区は、今では緑豊かな生態文化観光地域になっている。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060909029

  • 2021年06月09日
    (5)造林や生態系の修復で荒れた山を緑化山西省太原市

    3日、太原市西山地区の玉泉山郊外森林公園を散策する市民。中国山西省太原市の東山と西山地区は標高が非常に高く、同市の「生態障壁」となっている。両地区はかつて、採石などで植生がひどく破壊されたが、ここ数年、造林と生態系の修復に力を入れ、荒れた山の上に森林公園や観光道路などを建設した。生態環境が脆弱だった両地区は、今では緑豊かな生態文化観光地域になっている。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060909030

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...