KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • マスク姿
  • 感染状況
  • 新型コロナ

写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 社会
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
150,400
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
150,400
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月05日
    商店街を歩く人たち 大阪新型コロナ感染状況

    大阪・ミナミの商店街を歩くマスク姿の人たち=5日午後

    撮影: 5日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月05日
    マスク姿の人たち 大阪新型コロナ感染状況

    大阪・ミナミの商店街を歩くマスク姿の人たち=5日午後

    撮影: 5日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月05日
    (3)中国が模索する社会の「草の根ガバナンス」の新たな道

    4月30日、トラブルを訴えようとする市民の相談を聞く浙江省安吉県社会矛盾紛争調停センターの調停員、朱国炎(しゅ・こくえん)氏(左)。中国浙江省安吉県の謝瀾(しゃ・らん)さん(仮名)は、1年以上回収が滞っている債権の問題を抱えていたが、県の「社会矛盾紛争調停センター」(矛調センター)を通したところ、わずか10日間で納得のいく回答を得ることができた。矛調センターの沈高飛(しん・こうひ)副主任は、センターには信訪(陳情)、公安、裁判所、検察院、人力資源・社会保障など18部門が結集しており、何か問題があれば、まるで病院のように各部門の専門家が悩みや苦情を解決するための症状に合った「薬」を処方してくれると説明した。(安吉=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月05日
    (4)金沙江白鶴灘発電所、ダム放水口の通水開始7月にユニット稼働へ

    金沙江白鶴灘発電所の左岸地下工場。(1月23日撮影)中国の四川、雲南両省の省境を流れる金沙江で建設が進められている白鶴灘水力発電所でこのほど、ダムに設けられた最後の臨時排水口が閉じられ、七つの放水口が通水を開始した。7月には最初の発電ユニットを稼働させるという。同発電所は、世界で建設中の水力発電所の中で最大の設備容量を持つ。同発電所は、四川省涼山イ族自治州寧南県と雲南省昭通市巧家県の境を流れる金沙江主流の下流区間に建設されている。長江上流の開発と治水における重要プロジェクトであり、西部の電力を東部に送る中国のエネルギー戦略「西電東送」の主要送電源でもある。長江洪水防止システムを担う重要構成部分にもなっている。発電設備容量は1600万キロワットで、全ユニットの稼働は来年7月を見込む。(昆明=新華社記者/林碧峰)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    (3)解州関帝廟を訪ねて山西省運城市

    解州関帝廟の境内。(4月10日撮影)中国山西省運城市塩湖区解州鎮にある解州関帝廟は、現存する最大規模の宮殿式道教建築群と武廟で、創建は隋の開皇9(589)年。宋代や明代に拡張、改修され、「関廟の祖」「武廟の冠」と呼ばれている。現在の廟宇は南向きで、青々とした古木に囲まれている。(運城=新華社記者/柴婷)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    (8)解州関帝廟を訪ねて山西省運城市

    解州関帝廟の清代に建てられた亭。(4月10日撮影)中国山西省運城市塩湖区解州鎮にある解州関帝廟は、現存する最大規模の宮殿式道教建築群と武廟で、創建は隋の開皇9(589)年。宋代や明代に拡張、改修され、「関廟の祖」「武廟の冠」と呼ばれている。現在の廟宇は南向きで、青々とした古木に囲まれている。(運城=新華社記者/柴婷)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    (4)解州関帝廟を訪ねて山西省運城市

    解州関帝廟の御書楼。(4月10日撮影)中国山西省運城市塩湖区解州鎮にある解州関帝廟は、現存する最大規模の宮殿式道教建築群と武廟で、創建は隋の開皇9(589)年。宋代や明代に拡張、改修され、「関廟の祖」「武廟の冠」と呼ばれている。現在の廟宇は南向きで、青々とした古木に囲まれている。(運城=新華社記者/柴婷)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    (1)解州関帝廟を訪ねて山西省運城市

    解州関帝廟の雉門。造営は清の光緒年間。(4月10日撮影)中国山西省運城市塩湖区解州鎮にある解州関帝廟は、現存する中で最大規模の宮殿式道教建築群と武廟で、創建は隋の開皇9(589)年。宋代や明代に拡張、改修され、「関廟の祖」「武廟の冠」と呼ばれている。現在の廟宇は南向きで、青々とした古木に囲まれている。(運城=新華社記者/柴婷)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    (6)解州関帝廟を訪ねて山西省運城市

    解州関帝廟の結義坊。造営は明の万暦年間。(4月10日撮影)中国山西省運城市塩湖区解州鎮にある解州関帝廟は、現存する最大規模の宮殿式道教建築群と武廟で、創建は隋の開皇9(589)年。宋代や明代に拡張、改修され、「関廟の祖」「武廟の冠」と呼ばれている。現在の廟宇は南向きで、青々とした古木に囲まれている。(運城=新華社記者/柴婷)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    (9)解州関帝廟を訪ねて山西省運城市

    解州関帝廟の四竜壁。造営は明の嘉靖年間。(4月10日撮影)中国山西省運城市塩湖区解州鎮にある解州関帝廟は、現存する最大規模の宮殿式道教建築群と武廟で、創建は隋の開皇9(589)年。宋代や明代に拡張、改修され、「関廟の祖」「武廟の冠」と呼ばれている。現在の廟宇は南向きで、青々とした古木に囲まれている。(運城=新華社記者/柴婷)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    (7)解州関帝廟を訪ねて山西省運城市

    解州関帝廟の扁額。(4月10日撮影)中国山西省運城市塩湖区解州鎮にある解州関帝廟は、現存する最大規模の宮殿式道教建築群と武廟で、創建は隋の開皇9(589)年。宋代や明代に拡張、改修され、「関廟の祖」「武廟の冠」と呼ばれている。現在の廟宇は南向きで、青々とした古木に囲まれている。(運城=新華社記者/柴婷)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    (8)千年の古城で各種イベント、2日間で11万人浙江省建徳市

    2日、上空から見た厳州古城の夜景。(小型無人機から)中国浙江省建徳市梅城鎮にある厳州古城では、1日から5日間の労働節(メーデー)連休中、「城壁キャンプ大会」「玉帯河ナイトツアー」「グルメフェスティバル」など、南宋時代の古城の雰囲気が楽しめる各種イベントが行われている。来場者は始めの2日間だけで延べ11万4千人。観光消費額は2千万元(1元=約17円)を超え、前年同期比2・8倍に増えた。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月05日
    (2)中国が模索する社会の「草の根ガバナンス」の新たな道

    4月22日、浙江省安吉県社会矛盾紛争調停センターの正面入り口。中国浙江省安吉県の謝瀾(しゃ・らん)さん(仮名)は、1年以上回収が滞っている債権の問題を抱えていたが、県の「社会矛盾紛争調停センター」(矛調センター)を通したところ、わずか10日間で納得のいく回答を得ることができた。矛調センターの沈高飛(しん・こうひ)副主任は、センターには信訪(陳情)、公安、裁判所、検察院、人力資源・社会保障など18部門が結集しており、何か問題があれば、まるで病院のように各部門の専門家が悩みや苦情を解決するための症状に合った「薬」を処方してくれると説明した。(安吉=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    (1)千年の古城で各種イベント、2日間で11万人浙江省建徳市

    2日、上空から見た厳州古城の夜景。(小型無人機から)中国浙江省建徳市梅城鎮にある厳州古城では、1日から5日間の労働節(メーデー)連休中、「城壁キャンプ大会」「玉帯河ナイトツアー」「グルメフェスティバル」など、南宋時代の古城の雰囲気が楽しめる各種イベントが行われている。来場者は始めの2日間だけで延べ11万4千人。観光消費額は2千万元(1元=約17円)を超え、前年同期比2・8倍に増えた。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    (2)解州関帝廟を訪ねて山西省運城市

    解州関帝廟の扁額。(4月10日撮影)中国山西省運城市塩湖区解州鎮にある解州関帝廟は、現存する最大規模の宮殿式道教建築群と武廟で、創建は隋の開皇9(589)年。宋代や明代に拡張、改修され、「関廟の祖」「武廟の冠」と呼ばれている。現在の廟宇は南向きで、青々とした古木に囲まれている。(運城=新華社記者/柴婷)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    (5)解州関帝廟を訪ねて山西省運城市

    解州関帝廟の崇寧殿。(4月10日撮影)中国山西省運城市塩湖区解州鎮にある解州関帝廟は、現存する最大規模の宮殿式道教建築群と武廟で、創建は隋の開皇9(589)年。宋代や明代に拡張、改修され、「関廟の祖」「武廟の冠」と呼ばれている。現在の廟宇は南向きで、青々とした古木に囲まれている。(運城=新華社記者/柴婷)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    (10)解州関帝廟を訪ねて山西省運城市

    解州関帝廟の四竜壁。造営は明の嘉靖年間。(4月10日撮影)中国山西省運城市塩湖区解州鎮にある解州関帝廟は、現存する最大規模の宮殿式道教建築群と武廟で、創建は隋の開皇9(589)年。宋代や明代に拡張、改修され、「関廟の祖」「武廟の冠」と呼ばれている。現在の廟宇は南向きで、青々とした古木に囲まれている。(運城=新華社記者/柴婷)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    記念撮影の親子連れ 連休後半、観光地に人出も

    東京タワーに飾られたこいのぼりを背に記念撮影する親子連れ。「息子が初節句なので見せられてよかった。人が多いことには驚いた」と話した=4日午後、東京都港区

    撮影: 4日午後、東京都港区

  • 2021年05月04日
    東京タワーのこいのぼり 連休後半、観光地に人出も

    東京タワーに掲げられた333匹のこいのぼり=4日午後、東京都港区

    撮影: 4日午後、東京都港区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月04日
    芝公園の人出と東京タワー 連休後半、観光地に人出も

    東京タワー近くの芝公園で休日を過ごす人たち。緊急事態宣言を受け芝生広場の利用は制限されていたが、その周りを散策したり休憩したりする人たちの姿があった=4日午後、東京都港区

    撮影: 4日午後、東京都港区

  • 2021年05月04日
    アメ横商店街 連休後半、観光地に人出も

    多くの買い物客らでにぎわう東京・上野のアメ横商店街=4日午後

    撮影: 4日午後

  • 2021年05月04日
    アメ横の買い物客 連休後半、観光地に人出も

    多くの買い物客などでにぎわう東京・上野のアメ横商店街=4日午後

    撮影: 4日午後

  • 2021年05月04日
    こいのぼり見る人たち 連休後半、観光地に人出も

    端午の節句に合わせて東京タワーに飾られたこいのぼり。タワーの高さにちなんだ333匹のこいのぼりが訪れた人たちの目を楽しませていた=4日午後、東京都港区

    撮影: 4日午後、東京都港区

  • 2021年05月04日
    こいのぼり楽しむ人たち 連休後半、観光地に人出も

    端午の節句に合わせて東京タワーに飾られたこいのぼり。タワーの高さにちなんだ333匹のこいのぼりが訪れた人たちの目を楽しませていた=4日午後、東京都港区

    撮影: 4日午後、東京都港区

  • 2021年05月04日
    こいのぼり楽しむ親子 連休後半、観光地に人出も

    東京タワーの下で、たくさんのこいのぼりに笑顔を見せる男の子。遠出を諦め、近郊から子連れで訪れた父親は「コロナウイルスとはうまく付き合っていくしかないかな」と話した=4日午後、東京都港区

    撮影: 4日午後、東京都港区

  • 2021年05月04日
    高齢者住宅、3割囲い込み

    ケアプランの主な問題点

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月04日
    赤色の通天閣 コロナ救命現場の思い詠む

    3度目の緊急事態宣言が出され、大阪・新世界の通天閣は展望台を休業し、赤色にライトアップされた=4月25日

    撮影: 4月25日

  • 2021年05月04日
    (2)中国初の国産アニメ・漫画デジタル観光区が開業浙江省

    4月30日、テスラコイル技術を駆使した演目を披露するパフォーマー。中国初となる「国産アニメ・漫画」をテーマにしたデジタル観光区が、労働節(メーデー)連休(今年は5月1~5日)の初日、浙江省杭州市臨安区河橋古鎮で一般公開された。伝統的な町並みを持つ古鎮景勝地とアニメ産業との「革新的な協力」の推進を目指す。同区では同日に公演が2回上演され、観客動員率はいずれも100%に達した。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (5)エルサレムで復活祭前の「聖火の奇跡」儀式

    1日、エルサレムの旧市街にある聖墳墓教会で、ろうそくを手に「聖火の奇跡」の儀式に臨むキリスト教東方正教会の信者ら。中東のエルサレムで1日、キリスト教東方正教会の信者による「聖火の奇跡(HolyFire)」の儀式が行われた。翌日の2日は東方正教会の復活祭に当たる。(エルサレム=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (4)エルサレムで復活祭前の「聖火の奇跡」儀式

    1日、エルサレムの旧市街にある聖墳墓教会で、ろうそくを手に「聖火の奇跡」の儀式に臨むキリスト教東方正教会の信者。中東のエルサレムで1日、キリスト教東方正教会の信者による「聖火の奇跡(HolyFire)」の儀式が行われた。翌日の2日は東方正教会の復活祭に当たる。(エルサレム=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (3)エルサレムで復活祭前の「聖火の奇跡」儀式

    1日、エルサレムの旧市街にある聖墳墓教会で、ろうそくを手に「聖火の奇跡」の儀式に臨むキリスト教東方正教会の信者ら。中東のエルサレムで1日、キリスト教東方正教会の信者による「聖火の奇跡(HolyFire)」の儀式が行われた。翌日の2日は東方正教会の復活祭に当たる。(エルサレム=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (3)漢江で最高幅の橋、武漢漢江湾橋が開通湖北省

    1日、開通した武漢漢江湾橋。(小型無人機から)中国湖北省武漢市で1日、武漢漢江湾橋が開通した。「橋の都」と呼ばれる武漢にまた新たな橋が誕生した。主橋の長さは672メートル、主径間は408メートル。橋面幅は47メートルで、漢江に架かる橋の中で最も幅が広い。漢江は長江最大の支流で、武漢で長江に合流する。漢江湾橋は武漢知音橋と古田橋の間に位置し、道路橋としては同市で初めて建設に政府・社会資本協力モデルが採用された。(武漢=新華社配信/李翔)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (1)牛背山から四川省の名山を遠望

    1日、夕日に照らされた牛背山頂上のグランピング施設。(小型無人機から)中国四川省の雅安市滎経(えいけい)県とカンゼ・チベット族自治州瀘定(ろてい)県にまたがる牛背山(3660メートル)は、青衣江と大渡河の分水嶺となっている。頂上からはミニヤコンカ(貢嘎山)、峨眉山、瓦屋山、四姑娘山、夾金山など同省中部の名山や、滝雲や日の出、夕日の絶景を見ることができる。山頂では現在、360度の眺望を楽しめる展望台、駐車場、ロッジやグランピング施設などを備えた牛背山風景区の建設が急ピッチで進められている。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (4)牛背山から四川省の名山を遠望

    1日、牛背山の西に見えるミニヤコンカの群峰。中国四川省の雅安市滎経(えいけい)県とカンゼ・チベット族自治州瀘定(ろてい)県にまたがる牛背山(3660メートル)は、青衣江と大渡河の分水嶺となっている。頂上からはミニヤコンカ(貢嘎山)、峨眉山、瓦屋山、四姑娘山、夾金山など同省中部の名山や、滝雲や日の出、夕日の絶景を見ることができる。山頂では現在、360度の眺望を楽しめる展望台、駐車場、ロッジやグランピング施設などを備えた牛背山風景区の建設が急ピッチで進められている。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:22.64
    2021年05月04日
    「新華社」安九高速鉄道の廬山特大橋、箱桁架設完了

    中国の安徽省安慶市-江西省九江市間で建設中の安九高速鉄道でこのほど、廬山(ろざん)特大橋の最後の箱桁架設が完了した。同線は全線で箱桁架設を終え、引き続き線路敷設工事が実施される。同線が開通すると、安徽省の省都・合肥と九江がわずか1時間で結ばれる。江西、湖北、安徽3省の接続が大幅に強化され、地域間の経済協力などを促進する。(記者/黄和遜) =配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (5)牛背山から四川省の名山を遠望

    2日、牛背山の東に見える山々。中国四川省の雅安市滎経(えいけい)県とカンゼ・チベット族自治州瀘定(ろてい)県にまたがる牛背山(3660メートル)は、青衣江と大渡河の分水嶺となっている。頂上からはミニヤコンカ(貢嘎山)、峨眉山、瓦屋山、四姑娘山、夾金山など同省中部の名山や、滝雲や日の出、夕日の絶景を見ることができる。山頂では現在、360度の眺望を楽しめる展望台、駐車場、ロッジやグランピング施設などを備えた牛背山風景区の建設が急ピッチで進められている。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (1)国道318号線の「高原の真珠」四川省巴塘県

    1日、巴塘県中心市街地の歩行者専用道を散策する地元の人々。中国四川省カンゼ・チベット族自治州西部に位置し、チベット自治区に接する巴塘(はとう)県の中心市街地は、日が暮れても人通りが絶えることがない。美しい夜景が広がり、中国最長の国道、318号線上に輝く「高原の真珠」となっている。同県は海抜が低く、気候も良いことから、318号線で四川-チベット間を旅する観光客の多くが食事や宿泊のために立ち寄る。ここ数年は地元政府が市街地の整備を進めており、景観向上や観光・商業施設の改良に取り組んでいる。(巴塘=新華社記者/陳燮)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (3)中国初の国産アニメ・漫画デジタル観光区が開業浙江省

    4月30日、杭州市臨安区にある河橋古鎮の夜景。中国初となる「国産アニメ・漫画」をテーマにしたデジタル観光区が、労働節(メーデー)連休(今年は5月1~5日)の初日、浙江省杭州市臨安区河橋古鎮で一般公開された。伝統的な町並みを持つ古鎮景勝地とアニメ産業との「革新的な協力」の推進を目指す。同区では同日に公演が2回上演され、観客動員率はいずれも100%に達した。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (2)牛背山から四川省の名山を遠望

    1日、牛背山の頂上に建てられたロッジとグランピング施設。中国四川省の雅安市滎経(えいけい)県とカンゼ・チベット族自治州瀘定(ろてい)県にまたがる牛背山(3660メートル)は、青衣江と大渡河の分水嶺となっている。頂上からはミニヤコンカ(貢嘎山)、峨眉山、瓦屋山、四姑娘山、夾金山など同省中部の名山や、滝雲や日の出、夕日の絶景を見ることができる。山頂では現在、360度の眺望を楽しめる展望台、駐車場、ロッジやグランピング施設などを備えた牛背山風景区の建設が急ピッチで進められている。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.42
    2021年05月04日
    「新華社」漢江で最高幅の橋、武漢漢江湾橋が開通湖北省

    中国湖北省武漢市で1日、武漢漢江湾橋が開通した。「橋の都」と呼ばれる武漢にまた新たな橋が誕生した。主橋の長さは672メートル、主径間は408メートル。橋面幅は47メートルで、漢江に架かる橋の中で最も幅が広い。漢江は長江最大の支流で、武漢で長江に合流する。漢江湾橋は武漢知音橋と古田橋の間に位置し、道路橋としては同市で初めて建設に政府・社会資本協力モデルが採用された。(記者/熊琦) =配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (1)漢江で最高幅の橋、武漢漢江湾橋が開通湖北省

    1日、開通した武漢漢江湾橋。(小型無人機から)中国湖北省武漢市で1日、武漢漢江湾橋が開通した。「橋の都」と呼ばれる武漢にまた新たな橋が誕生した。主橋の長さは672メートル、主径間は408メートル。橋面幅は47メートルで、漢江に架かる橋の中で最も幅が広い。漢江は長江最大の支流で、武漢で長江に合流する。漢江湾橋は武漢知音橋と古田橋の間に位置し、道路橋としては同市で初めて建設に政府・社会資本協力モデルが採用された。(武漢=新華社配信/李翔)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (6)牛背山から四川省の名山を遠望

    1日、牛背山山頂に続く完成間近の道路。(小型無人機から)中国四川省の雅安市滎経(えいけい)県とカンゼ・チベット族自治州瀘定(ろてい)県にまたがる牛背山(3660メートル)は、青衣江と大渡河の分水嶺となっている。頂上からはミニヤコンカ(貢嘎山)、峨眉山、瓦屋山、四姑娘山、夾金山など同省中部の名山や、滝雲や日の出、夕日の絶景を見ることができる。山頂では現在、360度の眺望を楽しめる展望台、駐車場、ロッジやグランピング施設などを備えた牛背山風景区の建設が急ピッチで進められている。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (3)牛背山から四川省の名山を遠望

    2日、朝日に照らされたミニヤコンカの峰。中国四川省の雅安市滎経(えいけい)県とカンゼ・チベット族自治州瀘定(ろてい)県にまたがる牛背山(3660メートル)は、青衣江と大渡河の分水嶺となっている。頂上からはミニヤコンカ(貢嘎山)、峨眉山、瓦屋山、四姑娘山、夾金山など同省中部の名山や、滝雲や日の出、夕日の絶景を見ることができる。山頂では現在、360度の眺望を楽しめる展望台、駐車場、ロッジやグランピング施設などを備えた牛背山風景区の建設が急ピッチで進められている。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (2)国道318号線の「高原の真珠」四川省巴塘県

    1日、巴塘県の中心市街地を通る国道318号線。中国四川省カンゼ・チベット族自治州西部に位置し、チベット自治区に接する巴塘(はとう)県の中心市街地は、日が暮れても人通りが絶えることがない。美しい夜景が広がり、中国最長の国道、318号線上に輝く「高原の真珠」となっている。同県は海抜が低く、気候も良いことから、318号線で四川-チベット間を旅する観光客の多くが食事や宿泊のために立ち寄る。ここ数年は地元政府が市街地の整備を進めており、景観向上や観光・商業施設の改良に取り組んでいる。(巴塘=新華社記者/陳燮)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (7)国道318号線の「高原の真珠」四川省巴塘県

    1日、巴塘県中心市街地の歩行者専用道を散策する女性。中国四川省カンゼ・チベット族自治州西部に位置し、チベット自治区に接する巴塘(はとう)県の中心市街地は、日が暮れても人通りが絶えることがない。美しい夜景が広がり、中国最長の国道、318号線上に輝く「高原の真珠」となっている。同県は海抜が低く、気候も良いことから、318号線で四川-チベット間を旅する観光客の多くが食事や宿泊のために立ち寄る。ここ数年は地元政府が市街地の整備を進めており、景観向上や観光・商業施設の改良に取り組んでいる。(巴塘=新華社記者/陳燮)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (1)エルサレムで復活祭前の「聖火の奇跡」儀式

    1日、エルサレムの旧市街にある聖墳墓教会で、ろうそくを手に「聖火の奇跡」の儀式に臨むキリスト教東方正教会の信者ら。中東のエルサレムで1日、キリスト教東方正教会の信者による「聖火の奇跡(HolyFire)」の儀式が行われた。翌日の2日は東方正教会の復活祭に当たる。(エルサレム=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (2)エルサレムで復活祭前の「聖火の奇跡」儀式

    1日、エルサレムの旧市街にある聖墳墓教会で、ろうそくを手に「聖火の奇跡」の儀式に臨むキリスト教東方正教会の信者ら。中東のエルサレムで1日、キリスト教東方正教会の信者による「聖火の奇跡(HolyFire)」の儀式が行われた。翌日の2日は東方正教会の復活祭に当たる。(エルサレム=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (4)国道318号線の「高原の真珠」四川省巴塘県

    1日、巴塘県中心市街地の夜景。(小型無人機から)中国四川省カンゼ・チベット族自治州西部に位置し、チベット自治区に接する巴塘(はとう)県の中心市街地は、日が暮れても人通りが絶えることがない。美しい夜景が広がり、中国最長の国道、318号線上に輝く「高原の真珠」となっている。同県は海抜が低く、気候も良いことから、318号線で四川-チベット間を旅する観光客の多くが食事や宿泊のために立ち寄る。ここ数年は地元政府が市街地の整備を進めており、景観向上や観光・商業施設の改良に取り組んでいる。(巴塘=新華社記者/陳燮)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (6)国道318号線の「高原の真珠」四川省巴塘県

    1日、巴塘県中心市街地の歩行者専用道を歩く地元の人。中国四川省カンゼ・チベット族自治州西部に位置し、チベット自治区に接する巴塘(はとう)県の中心市街地は、日が暮れても人通りが絶えることがない。美しい夜景が広がり、中国最長の国道、318号線上に輝く「高原の真珠」となっている。同県は海抜が低く、気候も良いことから、318号線で四川-チベット間を旅する観光客の多くが食事や宿泊のために立ち寄る。ここ数年は地元政府が市街地の整備を進めており、景観向上や観光・商業施設の改良に取り組んでいる。(巴塘=新華社記者/陳燮)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (1)中国初の国産アニメ・漫画デジタル観光区が開業浙江省

    4月30日、デジタル観光区で、観光客と触れ合うスタッフ。中国初となる「国産アニメ・漫画」をテーマにしたデジタル観光区が、労働節(メーデー)連休(今年は5月1~5日)の初日、浙江省杭州市臨安区河橋古鎮で一般公開された。伝統的な町並みを持つ古鎮景勝地とアニメ産業との「革新的な協力」の推進を目指す。同区では同日に公演が2回上演され、観客動員率はいずれも100%に達した。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    大阪、兵庫は療養者倍増

    大阪、兵庫の療養者数推移と7都府県の病床、宿泊施設不足の可能性

  • 2021年05月03日
    磯部晃一氏インタビュー 原子炉の状況分からず不満

    インタビューに応じる元防衛計画部長の磯部晃一氏

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月03日
    労働者街は不思議の国?

    大阪市西成区「あいりん地区」、あいりん総合センター

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月03日
    労働者街は不思議の国?

    大阪市西成区「あいりん地区」、あいりん総合センター

  • 2021年05月03日
    平和記念公園の「花の塔」 広島でフラワーフェス

    「ひろしまフラワーフェスティバル」で平和記念公園に設置された「花の塔」=3日午後、広島市

    撮影: 3日午後、広島市

  • 2021年05月03日
    検査受ける医療従事者 キューバ、国産開発着々

    キューバの首都ハバナで治験中の「ソベラナ02」の接種後に検査を受ける医療従事者=3月24日(ロイター=共同)

    撮影: 3月24日

  • 2021年05月03日
    (9)ラマダンの夜を彩るハン・ハリーリ市場カイロ

    4月29日、エジプト・カイロのハン・ハリーリ市場で、自撮りする女性。エジプトの首都カイロの旧市街にある観光名所、ハン・ハリーリ市場では、夜になると「ラマダン」の断食を終えた人々が、食事や買い物をしたり、夜景を楽しんだりする姿が見られた。(カイロ=新華社記者/王東震)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (16)ラマダンの夜を彩るハン・ハリーリ市場カイロ

    4月29日、エジプト・カイロのハン・ハリーリ市場で、買い物を楽しむ人たち。エジプトの首都カイロの旧市街にある観光名所、ハン・ハリーリ市場では、夜になると「ラマダン」の断食を終えた人々が、食事や買い物をしたり、夜景を楽しんだりする姿が見られた。(カイロ=新華社記者/王東震)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (13)ラマダンの夜を彩るハン・ハリーリ市場カイロ

    4月29日、エジプト・カイロのハン・ハリーリ市場で、買い物を楽しむ人。エジプトの首都カイロの旧市街にある観光名所、ハン・ハリーリ市場では、夜になると「ラマダン」の断食を終えた人々が、食事や買い物をしたり、夜景を楽しんだりする姿が見られた。(カイロ=新華社記者/王東震)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (15)ラマダンの夜を彩るハン・ハリーリ市場カイロ

    4月29日、エジプト・カイロのハン・ハリーリ市場で、買い物を楽しむ人たち。エジプトの首都カイロの旧市街にある観光名所、ハン・ハリーリ市場では、夜になると「ラマダン」の断食を終えた人々が、食事や買い物をしたり、夜景を楽しんだりする姿が見られた。(カイロ=新華社記者/王東震)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (5)幻想的な美しさ天津の夜を彩る解放橋の「開閉ショー」

    1日、跳ね上がる解放橋をスマートフォンで撮影する市民。中国天津市の中心部を流れる海河に架かる解放橋が1日夜、ゆっくりと橋面を跳ね上げた。同橋は最大60度の角度まで跳ね上がり、街を彩るイルミネーションとライトアップされた遊覧船が織りなす夜景の中で、きらびやかな「開閉ショー」を繰り広げた。(天津=新華社配信/孫凡越)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (8)ラマダンの夜を彩るハン・ハリーリ市場カイロ

    4月29日、エジプト・カイロのハン・ハリーリ市場を散策する人たち。エジプトの首都カイロの旧市街にある観光名所、ハン・ハリーリ市場では、夜になると「ラマダン」の断食を終えた人々が、食事や買い物をしたり、夜景を楽しんだりする姿が見られた。(カイロ=新華社記者/隋先凱)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (2)ラマダンの夜を彩るハン・ハリーリ市場カイロ

    4月29日、大勢の人々でにぎわうエジプト・カイロのハン・ハリーリ市場。エジプトの首都カイロの旧市街にある観光名所、ハン・ハリーリ市場では、夜になると「ラマダン」の断食を終えた人々が、食事や買い物をしたり、夜景を楽しんだりする姿が見られた。(カイロ=新華社記者/隋先凱)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (1)ラマダンの夜を彩るハン・ハリーリ市場カイロ

    4月29日、大勢の人々でにぎわうエジプト・カイロのハン・ハリーリ市場。エジプトの首都カイロの旧市街にある観光名所、ハン・ハリーリ市場では、夜になると「ラマダン」の断食を終えた人々が、食事や買い物をしたり、夜景を楽しんだりする姿が見られた。(カイロ=新華社記者/隋先凱)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (5)ラマダンの夜を彩るハン・ハリーリ市場カイロ

    4月29日、大勢の人々でにぎわうエジプト・カイロのハン・ハリーリ市場。エジプトの首都カイロの旧市街にある観光名所、ハン・ハリーリ市場では、夜になると「ラマダン」の断食を終えた人々が、食事や買い物をしたり、夜景を楽しんだりする姿が見られた。(カイロ=新華社記者/王東震)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (3)ラマダンの夜を彩るハン・ハリーリ市場カイロ

    4月29日、大勢の人々でにぎわうエジプト・カイロのハン・ハリーリ市場。エジプトの首都カイロの旧市街にある観光名所、ハン・ハリーリ市場では、夜になると「ラマダン」の断食を終えた人々が、食事や買い物をしたり、夜景を楽しんだりする姿が見られた。(カイロ=新華社記者/隋先凱)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (7)幻想的な美しさ天津の夜を彩る解放橋の「開閉ショー」

    1日、街を彩るイルミネーションとライトアップされた解放橋が織りなす夜景。中国天津市の中心部を流れる海河に架かる解放橋が1日夜、ゆっくりと橋面を跳ね上げた。同橋は最大60度の角度まで跳ね上がり、街を彩るイルミネーションとライトアップされた遊覧船が織りなす夜景の中で、きらびやかな「開閉ショー」を繰り広げた。(天津=新華社配信/孫凡越)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (4)ラマダンの夜を彩るハン・ハリーリ市場カイロ

    4月29日、大勢の人々でにぎわうエジプト・カイロのハン・ハリーリ市場。エジプトの首都カイロの旧市街にある観光名所、ハン・ハリーリ市場では、夜になると「ラマダン」の断食を終えた人々が、食事や買い物をしたり、夜景を楽しんだりする姿が見られた。(カイロ=新華社記者/王東震)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (4)幻想的な美しさ天津の夜を彩る解放橋の「開閉ショー」

    1日、0~60度の角度まで跳ね上がる解放橋。(組み合わせ写真)中国天津市の中心部を流れる海河に架かる解放橋が1日夜、ゆっくりと橋面を跳ね上げた。同橋は最大60度の角度まで跳ね上がり、街を彩るイルミネーションとライトアップされた遊覧船が織りなす夜景の中で、きらびやかな「開閉ショー」を繰り広げた。(天津=新華社配信/孫凡越)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (2)幻想的な美しさ天津の夜を彩る解放橋の「開閉ショー」

    1日、夜の海河を彩る解放橋。中国天津市の中心部を流れる海河に架かる解放橋が1日夜、ゆっくりと橋面を跳ね上げた。同橋は最大60度の角度まで跳ね上がり、街を彩るイルミネーションとライトアップされた遊覧船が織りなす夜景の中で、きらびやかな「開閉ショー」を繰り広げた。(天津=新華社配信/孫凡越)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (11)ラマダンの夜を彩るハン・ハリーリ市場カイロ

    4月29日、ハン・ハリーリ市場の近くにある広場で、風船を売る人たち。エジプトの首都カイロの旧市街にある観光名所、ハン・ハリーリ市場では、夜になると「ラマダン」の断食を終えた人々が、食事や買い物をしたり、夜景を楽しんだりする姿が見られた。(カイロ=新華社記者/隋先凱)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (7)ラマダンの夜を彩るハン・ハリーリ市場カイロ

    4月29日、大勢の人々でにぎわうエジプト・カイロのハン・ハリーリ市場。エジプトの首都カイロの旧市街にある観光名所、ハン・ハリーリ市場では、夜になると「ラマダン」の断食を終えた人々が、食事や買い物をしたり、夜景を楽しんだりする姿が見られた。(カイロ=新華社記者/王東震)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:29.56
    2021年05月03日
    「新華社」幻想的な美しさ天津の夜を彩る解放橋の「開閉ショー」

    国天津市の中心部を流れる海河に架かる解放橋が1日夜、ゆっくりと橋面を跳ね上げた。同橋は最大60度の角度まで跳ね上がり、街を彩るイルミネーションとライトアップされた遊覧船が織りなす夜景の中で、きらびやかな「開閉ショー」を繰り広げた。(天津=新華社配信/孫凡越) =配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (3)幻想的な美しさ天津の夜を彩る解放橋の「開閉ショー」

    1日、0~60度の角度まで跳ね上がる解放橋。(組み合わせ写真)中国天津市の中心部を流れる海河に架かる解放橋が1日夜、ゆっくりと橋面を跳ね上げた。同橋は最大60度の角度まで跳ね上がり、街を彩るイルミネーションとライトアップされた遊覧船が織りなす夜景の中で、きらびやかな「開閉ショー」を繰り広げた。(天津=新華社配信/孫凡越)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (6)幻想的な美しさ天津の夜を彩る解放橋の「開閉ショー」

    1日、街を彩るイルミネーションとライトアップされた解放橋が織りなす夜景。中国天津市の中心部を流れる海河に架かる解放橋が1日夜、ゆっくりと橋面を跳ね上げた。同橋は最大60度の角度まで跳ね上がり、街を彩るイルミネーションとライトアップされた遊覧船が織りなす夜景の中で、きらびやかな「開閉ショー」を繰り広げた。(天津=新華社配信/孫凡越)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    看板 苦境の姫路城、観光客激減

    姫路城の休城を知らせる看板=4月27日、兵庫県姫路市

    撮影: 4月27日、兵庫県姫路市

  • 2021年05月02日
    看板 苦境の姫路城、観光客激減

    姫路城の休城を知らせる看板=4月27日、兵庫県姫路市

    撮影: 4月27日、兵庫県姫路市

  • 2021年05月02日
    座間味村で感染防止対策 聖火リレー沖縄2日目

    沖縄県座間味村で感染防止対策を呼び掛ける関係者=2日午後

    撮影: 2日午後

  • 2021年05月02日
    聖火引き継ぐ宮城勇さん 聖火リレー沖縄2日目

    前走者(左)から聖火を引き継ぐ宮城勇さん=2日午前、沖縄県糸満市の平和祈念公園

  • 2021年05月02日
    (1)蕪湖宣州空港が開港安徽省

    4月30日、蕪湖宣州空港を滑走する初の就航便。中国安徽省の蕪湖宣州空港は4月30日、初の就航便を迎え、正式に開港した。同空港は安徽省の蕪湖、宣城両市が共同出資・建設した民間機用空港で、長江デルタの一体化発展に向けた重要なインフラ施設で、年間旅客取扱量175万人、年間貨物・郵便取扱量1万8千トンを目指している。(蕪湖=新華社記者/杜宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    (4)蕪湖宣州空港が開港安徽省

    4月30日、蕪湖宣州空港に到着した初の就航便。中国安徽省の蕪湖宣州空港は4月30日、初の就航便を迎え、正式に開港した。同空港は安徽省の蕪湖、宣城両市が共同出資・建設した民間機用空港で、長江デルタの一体化発展に向けた重要なインフラ施設で、年間旅客取扱量175万人、年間貨物・郵便取扱量1万8千トンを目指している。(蕪湖=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    (1)中国初の全屋内型「高床式」500キロボルト変電所、稼働段階に

    4月27日、重慶市両江新区の金山500キロボルト変電所で、送電線を変電所設備に接続する作業員。中国重慶市両江新区にある全屋内型「高床式」の金山500キロボルト変電所が4月30日、24時間の試運転を終え、稼働段階に入った。山に沿って建設された同変電所は「高床式」の土台を採用して建設された。外観は同市の伝統的な高床式住居「吊脚楼」によく似ており、小さい敷地に効率よく設備が配置でき、周囲の環境にもなじむなどの利点がある。同変電所の稼働後は、同市北部地域の200キロボルト送電網がさらに高度化され、同地域の電力不足が大幅に改善し、両江新区に住む200万人以上の電力需要を十分に満たすことができる。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    (2)福廈高速鉄道、海尾トンネルが貫通

    4月29日、福廈高速鉄道海尾トンネルの建設現場。中国福建省で建設が進む福廈高速鉄道で4月29日、海尾トンネルが貫通し、湄洲湾(びしゅうわん)跨海大橋と泉州湾跨海大橋を結ぶ区間がつながった。同鉄道は福州市を起点に南へ下り、莆田やアモイ(廈門)を経由して漳州市に至る。設計時速は350キロで、区間内に三つの海上大橋を設ける。(泉州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    (4)福廈高速鉄道、海尾トンネルが貫通

    4月29日、福廈高速鉄道海尾トンネルの出入り口。(小型無人機から)中国福建省で建設が進む福廈高速鉄道で4月29日、海尾トンネルが貫通し、湄洲湾(びしゅうわん)跨海大橋と泉州湾跨海大橋を結ぶ区間がつながった。同鉄道は福州市を起点に南へ下り、莆田やアモイ(廈門)を経由して漳州市に至る。設計時速は350キロで、区間内に三つの海上大橋を設ける。(泉州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    (2)蕪湖宣州空港が開港安徽省

    4月30日、蕪湖宣州空港を滑走する初の就航便。中国安徽省の蕪湖宣州空港は4月30日、初の就航便を迎え、正式に開港した。同空港は安徽省の蕪湖、宣城両市が共同出資・建設した民間機用空港で、長江デルタの一体化発展に向けた重要なインフラ施設で、年間旅客取扱量175万人、年間貨物・郵便取扱量1万8千トンを目指している。(蕪湖=新華社記者/杜宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    (7)中国初の全屋内型「高床式」500キロボルト変電所、稼働段階に

    4月27日、重慶市両江新区の金山500キロボルト変電所で、稼働前の整備と点検を行う作業員。中国重慶市両江新区にある全屋内型「高床式」の金山500キロボルト変電所が4月30日、24時間の試運転を終え、稼働段階に入った。山に沿って建設された同変電所は「高床式」の土台を採用して建設された。外観は同市の伝統的な高床式住居「吊脚楼」によく似ており、小さい敷地に効率よく設備が配置でき、周囲の環境にもなじむなどの利点がある。同変電所の稼働後は、同市北部地域の200キロボルト送電網がさらに高度化され、同地域の電力不足が大幅に改善し、両江新区に住む200万人以上の電力需要を十分に満たすことができる。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    (13)中国初の全屋内型「高床式」500キロボルト変電所、稼働段階に

    4月27日、重慶市両江新区の金山500キロボルト変電所で、稼働前の整備と点検を行う作業員。中国重慶市両江新区にある全屋内型「高床式」の金山500キロボルト変電所が4月30日、24時間の試運転を終え、稼働段階に入った。山に沿って建設された同変電所は「高床式」の土台を採用して建設された。外観は同市の伝統的な高床式住居「吊脚楼」によく似ており、小さい敷地に効率よく設備が配置でき、周囲の環境にもなじむなどの利点がある。同変電所の稼働後は、同市北部地域の200キロボルト送電網がさらに高度化され、同地域の電力不足が大幅に改善し、両江新区に住む200万人以上の電力需要を十分に満たすことができる。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    (8)中国初の全屋内型「高床式」500キロボルト変電所、稼働段階に

    4月27日、重慶市両江新区の金山500キロボルト変電所で、稼働前の整備と点検を行う作業員。中国重慶市両江新区にある全屋内型「高床式」の金山500キロボルト変電所が4月30日、24時間の試運転を終え、稼働段階に入った。山に沿って建設された同変電所は「高床式」の土台を採用して建設された。外観は同市の伝統的な高床式住居「吊脚楼」によく似ており、小さい敷地に効率よく設備が配置でき、周囲の環境にもなじむなどの利点がある。同変電所の稼働後は、同市北部地域の200キロボルト送電網がさらに高度化され、同地域の電力不足が大幅に改善し、両江新区に住む200万人以上の電力需要を十分に満たすことができる。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    (3)福廈高速鉄道、海尾トンネルが貫通

    4月29日、福廈高速鉄道海尾トンネルの建設現場で働く作業員。中国福建省で建設が進む福廈高速鉄道で4月29日、海尾トンネルが貫通し、湄洲湾(びしゅうわん)跨海大橋と泉州湾跨海大橋を結ぶ区間がつながった。同鉄道は福州市を起点に南へ下り、莆田やアモイ(廈門)を経由して漳州市に至る。設計時速は350キロで、区間内に三つの海上大橋を設ける。(泉州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    (3)蕪湖宣州空港が開港安徽省

    4月30日、蕪湖宣州空港を滑走する初の就航便。中国安徽省の蕪湖宣州空港は4月30日、初の就航便を迎え、正式に開港した。同空港は安徽省の蕪湖、宣城両市が共同出資・建設した民間機用空港で、長江デルタの一体化発展に向けた重要なインフラ施設で、年間旅客取扱量175万人、年間貨物・郵便取扱量1万8千トンを目指している。(蕪湖=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    (5)蕪湖宣州空港が開港安徽省

    4月30日、蕪湖宣州空港を滑走する初の就航便。中国安徽省の蕪湖宣州空港は4月30日、初の就航便を迎え、正式に開港した。同空港は安徽省の蕪湖、宣城両市が共同出資・建設した民間機用空港で、長江デルタの一体化発展に向けた重要なインフラ施設で、年間旅客取扱量175万人、年間貨物・郵便取扱量1万8千トンを目指している。(蕪湖=新華社記者/杜宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    (3)中国初の全屋内型「高床式」500キロボルト変電所、稼働段階に

    4月29日、重慶市両江新区の金山500キロボルト変電所で、試運転の状況を確認する技術者。中国重慶市両江新区にある全屋内型「高床式」の金山500キロボルト変電所が4月30日、24時間の試運転を終え、稼働段階に入った。山に沿って建設された同変電所は「高床式」の土台を採用して建設された。外観は同市の伝統的な高床式住居「吊脚楼」によく似ており、小さい敷地に効率よく設備が配置でき、周囲の環境にもなじむなどの利点がある。同変電所の稼働後は、同市北部地域の200キロボルト送電網がさらに高度化され、同地域の電力不足が大幅に改善し、両江新区に住む200万人以上の電力需要を十分に満たすことができる。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    (5)中国初の全屋内型「高床式」500キロボルト変電所、稼働段階に

    4月27日、重慶市両江新区の金山500キロボルト変電所。(小型無人機から)中国重慶市両江新区にある全屋内型「高床式」の金山500キロボルト変電所が4月30日、24時間の試運転を終え、稼働段階に入った。山に沿って建設された同変電所は「高床式」の土台を採用して建設された。外観は同市の伝統的な高床式住居「吊脚楼」によく似ており、小さい敷地に効率よく設備が配置でき、周囲の環境にもなじむなどの利点がある。同変電所の稼働後は、同市北部地域の200キロボルト送電網がさらに高度化され、同地域の電力不足が大幅に改善し、両江新区に住む200万人以上の電力需要を十分に満たすことができる。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:04.20
    2021年05月02日
    「新華社」「最も幅が広い長江大橋」武漢青山長江大橋が開通湖北省

    中国湖北省武漢市の高速道路四環線が4月30日午前0時、全線で開通した。同高速道路建設プロジェクトで最も重要な難工事で、幅が48メートルに達する「最も幅が広い長江大橋」武漢青山長江大橋も開通し、正式運用が始まった。中鉄大橋勘測設計院の徐恭義(じょ・きょうぎ)副チーフエンジニアによると、同大橋は全長7548メートル、武漢市で11番目の長江大橋で、現在長江に架かる橋の中で最も幅が広いという。上下線合わせて10車線の高速道路で、設計時速は100キロ。主塔の高さは279・5メートル、A字形の主塔としては世界最高で、ビル100階分の高さに相当する。架設工事を担当した中鉄大橋局によると、同大橋は主径間長が938メートルで、径間が世界最大のフローティング形式斜張橋となる。このタイプの橋では主鋼桁は横桁の支えがなく、ケーブルの張力でフローティングを保持、比較的ユニークな構造をしている。強風時や、まれに地震が起きた場合、フローティング形式斜張橋は橋脚による制約がないため、最大限に縦方向に揺れることで共振を防ぎ、大きな制振・エネルギー散逸効果が期待できる。(記者/熊琦) =配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    (1)福廈高速鉄道、海尾トンネルが貫通

    4月29日、福廈高速鉄道海尾トンネルから見た湄洲湾跨海大橋の建設現場。(小型無人機から)中国福建省で建設が進む福廈高速鉄道で4月29日、海尾トンネルが貫通し、湄洲湾(びしゅうわん)跨海大橋と泉州湾跨海大橋を結ぶ区間がつながった。同鉄道は福州市を起点に南へ下り、莆田やアモイ(廈門)を経由して漳州市に至る。設計時速は350キロで、区間内に三つの海上大橋を設ける。(泉州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    立ち入り規制の聖火リレー 聖火リレー沖縄1日目

    一般客の立ち入りが規制されて開催された沖縄県名護市民会館周辺の聖火リレー。手前は「HY」のメンバー=1日午後

    撮影: 1日午後

  • 2021年05月01日
    聖火ランナーを務めたHY 聖火リレー沖縄1日目

    沖縄県名護市民会館周辺で聖火ランナーを務めた仲宗根泉さん(左から2人目)ら「HY」のメンバー=1日午後

  • 2021年05月01日
    能登に170基の風力計画

    能登半島で風力発電所設置が計画されている自治体

  • 2021年05月01日
    名古屋市の接種会場 外国人接種に懸念

    80歳以上の高齢者へのワクチン接種が始まった名古屋市内の接種会場=4月14日、名古屋市

    撮影: 4月14日、名古屋市

  • 2021年05月01日
    風車を見る丸山英邦さんら 能登に170基の風力計画

    山中に立ち並ぶ風車を見る丸山英邦さん(左)ら=4月、石川県七尾市

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...