KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • テーマメイン
  • 社会問題
  • 千葉県浦安市
  • 中国福建省
  • 風景メイン
  • フォーラム開催
  • 環境問題
  • 世界仏教
  • 仏教フォーラム
  • 専門家学者

「その他」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 社会
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
290
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
290
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年08月26日
    媽湾スマートポートが運営開始広東省深圳市

    8月26日、運営を開始した媽湾スマートポートの作業現場。中国広東省深圳市で8月26日、従来型の埠頭(ふとう)機能を高度化・改造した自動化港湾の「媽湾(ぼわん)スマートポート」運営を開始した。同港湾を運営する中国の港湾運営大手、招商局港口集団によると、媽湾は1986年の開港で、改造前は従来型のばら積み貨物専用埠頭として、鉄筋やセメント、砂や石、その他の建設資材の輸送に使われていたという。改造後のスマートポートは長さ1930メートルの岸壁に計5バースを有し、コンテナ取扱量は年間300万TEU(20フィート換算)を見込む。(深圳=新華社記者/李暁玲)=2020(令和2)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月26日
    媽湾スマートポートが運営開始広東省深圳市

    8月26日、運営を開始した媽湾スマートポートの作業現場。中国広東省深圳市で8月26日、従来型の埠頭(ふとう)機能を高度化・改造した自動化港湾の「媽湾(ぼわん)スマートポート」運営を開始した。同港湾を運営する中国の港湾運営大手、招商局港口集団によると、媽湾は1986年の開港で、改造前は従来型のばら積み貨物専用埠頭として、鉄筋やセメント、砂や石、その他の建設資材の輸送に使われていたという。改造後のスマートポートは長さ1930メートルの岸壁に計5バースを有し、コンテナ取扱量は年間300万TEU(20フィート換算)を見込む。(深圳=新華社記者/李暁玲)=2020(令和2)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月26日
    媽湾スマートポートが運営開始広東省深圳市

    8月26日、運営を開始した媽湾スマートポートの作業現場。中国広東省深圳市で8月26日、従来型の埠頭(ふとう)機能を高度化・改造した自動化港湾の「媽湾(ぼわん)スマートポート」運営を開始した。同港湾を運営する中国の港湾運営大手、招商局港口集団によると、媽湾は1986年の開港で、改造前は従来型のばら積み貨物専用埠頭として、鉄筋やセメント、砂や石、その他の建設資材の輸送に使われていたという。改造後のスマートポートは長さ1930メートルの岸壁に計5バースを有し、コンテナ取扱量は年間300万TEU(20フィート換算)を見込む。(深圳=新華社記者/李暁玲)=2020(令和2)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:38.80
    2020年07月22日
    「新華社」感染対策物資、続々とウルムチ駅に到着新疆ウイグル自治区

    国新疆ウイグル自治区のウルムチ駅で22日午後、感染対策物資5137点(箱)を積んだ北京発の列車が到着した。これらの物資はウルムチ市や自治区内各都市の新型コロナウイルス感染対策に用いられる。同駅からは7月以降、感染症対策物資2万7千点と日用品28万点が各地域へ送られている。ウルムチ駅では15日以降、全国各地から送られた使い捨て医療用マスクや核酸検査装置、消毒液、防護服などの感染対策物資が、鉄道輸送により続々と到着している。同自治区衛生健康委員会の最新の発表によると、自治区内(新疆生産建設兵団を含む)の新型コロナ感染者は23日午前0時時点で82人(うち重篤者1人、重症者7人)。その他3284人が医学観察を受けている。(記者/張嘯誠)<映像内容>ウルムチ駅に新型コロナ対策物資を積んだ列車が到着、撮影日:2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月10日
    差異ある公正な社会へ

    書店の棚に並ぶ「エトセトラ」「シモーヌ」などのフェミニズム雑誌=東京・池袋のジュンク堂書店池袋本店

    撮影: 東京・池袋のジュンク堂書店池袋本店

  • 2020年05月19日
    ラオスの小中高校、最高学年から順次授業を再開

    19日、ラオスの首都ビエンチャンにある教室で授業を受ける最高学年の生徒。ラオス政府は、国内で新型コロナウイルスの新規感染者が一定期間確認されていないことから、感染防止対策の一部緩和を開始した。多くの小中高校では18日から各最高学年の授業が再開された。その他の学年と大学、高等教育機関は6月2日から授業を再開する予定。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    ラオスの小中高校、最高学年から順次授業を再開

    19日、ラオスの首都ビエンチャンで授業を終え学校から出る生徒。ラオス政府は、国内で新型コロナウイルスの新規感染者が一定期間確認されていないことから、感染防止対策の一部緩和を開始した。多くの小中高校では18日から各最高学年の授業が再開された。その他の学年と大学、高等教育機関は6月2日から授業を再開する予定。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    ラオスの小中高校、最高学年から順次授業を再開

    19日、ラオスの首都ビエンチャンにある教室で授業を受ける最高学年の生徒。ラオス政府は、国内で新型コロナウイルスの新規感染者が一定期間確認されていないことから、感染防止対策の一部緩和を開始した。多くの小中高校では18日から各最高学年の授業が再開された。その他の学年と大学、高等教育機関は6月2日から授業を再開する予定。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    ラオスの小中高校、最高学年から順次授業を再開

    19日、ラオスの首都ビエンチャンにある教室で授業を受ける最高学年の生徒。ラオス政府は、国内で新型コロナウイルスの新規感染者が一定期間確認されていないことから、感染防止対策の一部緩和を開始した。多くの小中高校では18日から各最高学年の授業が再開された。その他の学年と大学、高等教育機関は6月2日から授業を再開する予定。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    ラオスの小中高校、最高学年から順次授業を再開

    19日、ラオスの首都ビエンチャンにある教室で授業を受ける最高学年の生徒。ラオス政府は、国内で新型コロナウイルスの新規感染者が一定期間確認されていないことから、感染防止対策の一部緩和を開始した。多くの小中高校では18日から各最高学年の授業が再開された。その他の学年と大学、高等教育機関は6月2日から授業を再開する予定。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月02日
    「東方のポンペイ」喇家国家考古遺跡公園が試営業開始青海省

    2日、喇家遺跡博物館に展示された玉器。喇家遺跡から出土した23種類の玉器は、その機能から礼器、工具、装飾品およびその他の四つに分類されている。「東方のポンペイ遺跡」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある喇家国家考古遺跡公園が1日から無料開放され、3日までに延べ9万4561人の観光客が訪れた。喇家遺跡は、黄河の上流地域で発掘された新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡で、これまで中国で見つかった唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流などの深刻な災害の痕跡を留めている。同遺跡で十数年にわたって実施された発掘調査では、至高の権力を象徴する「黄河磬王(こうがけいおう)」と呼ばれる石でつくった平板の打楽器や中国最大の玉刀が出土した。また、集落や住居、陶窯、環濠、祭壇の置かれた広場などの主要な遺構のほか、大量の石器、陶器、玉器、骨器などさまざまな文物千点余りが出土していることから、同地が当時の社会的権力の中心地あるいは城壁で囲まれた集落だった可能性がある。同遺跡は2001年に「中国十大考古新発見」の一つに選ばれた。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月23日
    Gyeonggi Province online COVID-19 briefing Gyeonggi Province online COVID-19 briefing

    キーワード:京畿道、キョンギド、オンライン、説明、保健当局、水原、スウォン、オンライン、ブリーフィング、報告、記者会見、生放送、記者、出席、韓国、取締、社会的距離、社会距離戦略、強制、蔓延、Gyeonggi Province online COVID-19 briefing A Gyeonggi Province public health official (L) holds an online briefing in Suwon, 46 kilomters south of Seoul, on March 23, 2020. The news conference was broadcast live, and took place with no reporters present as South Korea steps up efforts to stem the spread of the novel coronavirus by enforcing social distancing. (Yonhap)/2020-03-23 18:03:07/ < 1980-2020 YONHAPNEWS AGENCY. .> (Newscom TagID: yonphotos164680) [Photo via Newscom]、クレジット:Yonhapnews/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年03月14日
    北京市、国際展覧センター新館を入境者の集散拠点に

    14日、中国国際展覧センター新館に設置された入境者中継・集散拠点。目的地が北京市かその他かで入口が分けられている。中国北京市はこのほど、首都空港に到着する国際線と香港、マカオ、台湾地区からの旅客の一時隔離施設への中継・集散拠点として、中国国際展覧センター新館の利用を開始した。空港の検疫で発熱やせきなどの症状のない「低」リスクに分類された旅客の臨時集散地点として使われる。海外と香港、マカオ、台湾地区からの旅客は目的地により北京市内と他省(自治区、直轄市)に分けられる。館内には北京16区と各省がそれぞれ臨時集散地点を設けており、目的地が北京市内であれば市内の集中観察施設で14日間の隔離観察を受ける。他省に向かう旅客は各省市が一括して輸送する。中国国際展覧センター新館は首都空港から8キロの地点にあり、外部から独立していることから封鎖的管理ができる。今回使用されるのはW4館とE4館で、同センターの最北端に位置し、面積は計2万8千平方メートル。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月10日
    中国の新型コロナ感染状況、形勢は逆転WHO事務局長

    10日、新型コロナウイルス対策として中国がWHOに2千万ドル(1ドル=約105円)を寄付する協定を締結し、記念撮影に応じるテドロス事務局長(中央)と中国の国連ジュネーブ事務局・スイスのその他国際機関常駐代表の陳旭(ちん・きょく)大使(右)。世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は10日、ジュネーブで新華社の取材に応じ、中国では最近になって新型コロナウイルスによる肺炎患者の減少傾向が顕著になり、形勢が逆転しウイルスが退却しているとの見方を示した。国際社会は中国が勝ち取った「チャンスの窓口」を十分活用し、ウイルスの広がりを早急に封じこめる必要があるとも述べた。また、今回の成果は中国政府の指導と人民の協力によるものだとの考えを示した。(ジュネーブ=新華社記者/劉曲)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:16.58
    2020年03月10日
    「新華社」中国は形勢逆転、国際社会は「チャンスの窓口」活用をWHO事務局長

    世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は10日、ジュネーブで新華社の取材に応じ、中国では最近になって新型コロナウイルスの感染による肺炎患者の減少傾向が顕著になり、形勢が逆転しウイルスが退却しているとの見方を示した。国際社会は中国が勝ち取った「チャンスの窓口」を十分活用し、ウイルスの広がりを早急に封じ込める必要があると述べた。テドロス氏は、中国の国連ジュネーブ事務局・スイスのその他国際機関常駐代表を務める陳旭(ちん・きょく)大使と寄付協定を締結した際、このように述べた。中国政府は新型コロナウイルス対策を支援するためWHOに2千万ドル(1ドル=約103円)を寄付した。テドロス氏は「中国の経験は非常に印象深い。現在、中国の感染の流行は収まりつつあり、明らかな減少を見せている。ウイルスはダメージを受け、退却している。形勢が逆転しうれしく思う」と述べた。また、今回の成果は中国政府の指導と国民の協力によるものだとの考えを示し、「政府による断固とした誓約がなければ(人民の)強い協力は得られず、実現不可能なものだった。どの国もこのようにすれば、ウイルスの爆発的流行を抑え込むことができるだろう。このことも世界のその他の国々に伝えたいことだ」と話した。テドロス氏は、感染流行の初期に、中国は病原体を迅速に識別し、それに対するシークエンシングを行い、ウイルスの遺伝子配列を共有したことが、その他の国・地域が診断および予防・抑制措置のためしっかり準備するのに役立ったとし、「事実上、国際社会の前進を助けており、非常に重要なことだ。これら全てを信じられないスピードで成し遂げた」と評価した。中国が大規模な予防・抑制行動を取ったことにより、国際社会は「チャンスの窓口」を得ることができたと述べ、その他の国はこの「チャンスの窓口」を十分活用し、感染患者が見つかればすぐに抑制措置を取り、ウイルスの広がりを早急に封じこめる必要があると強調した。<映像内容>WHOのテドロス事務局長のインタビュー、中国がWHOに2千万ドルを寄付する協定を締結、撮影日:2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.92
    2020年02月29日
    「新華社」新型肺炎対策現金70億元を殺菌消毒

    中国福建省で今週、銀行の支店の大部分が通常営業を再開した。中国建設銀行では、窓口で受け取った現金を支店内の紫外線消毒装置で消毒してから金庫に入れている。ATMや紙幣鑑別機、現金輸送用ケースについては朝、昼、夜の1日3回消毒し、現金は金庫内でも殺菌灯とオゾン殺菌消毒装置で再度「洗浄」する。回収した現金は消毒後、省内の新型コロナウイルスによる肺炎の患者が多い地域では14日間以上、その他の地域では7日間以上乾燥した環境に置いてから再び流通させる。新型肺炎対策のため、病院などの重点機関から回収した現金は通常と異なり、外部に出さず、重点的に消毒した後に中国人民銀行(中央銀行)に引き渡す。現在、福建省建設銀行は金庫24カ所で現金70億元を殺菌消毒している。(記者/林凱)<映像内容>新型肺炎感染対策で現金やATMなど消毒する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。※画質が良くありません。

  • 2019年11月14日
    中国の著名画家、張大千がブラジルに残した「立体画」

    当時、八徳園で張大千と共に生活した孫凱氏(後列中央)。(資料写真)張大千(ちょう・だいせん)は世界的に有名な中国画の大家だが、彼が中国から遥かに遠いブラジルに「立体画」を残していることはあまり知られていない。張大千とブラジルで4年間共に生活したことのある孫凱(そん・がい)氏がこのほど取材に応じ、長年明らかにされてこなかった当時のことについて語った。孫氏は張大千に47年師事した愛弟子、孫雲生(そん・うんせい)氏の息子。1953年、張大千は米国から当時住んでいたアルゼンチンへ帰る途中、ブラジル・サンパウロ郊外のモジ・ダス・クルーゼス市で広く平らな荒れ地を目にした。それが故郷の成都に似ていると感じた張大千はその土地を購入し、庭園を築き「八徳園」と名付けた。八徳園は張大千自らが設計し、建築を開始してから住み始めるまでに3年かかったという。「先生は八徳園は自分の心の中の『立体画』だとおっしゃっていた」と孫氏。張大千は家族や弟子たち総勢十数人と八徳園で17年余り暮らし、世に知られる「長江万里図」「黄山図」「思郷図」などの傑作を描いた。孫氏は、父親から譲り受けた600点以上の張大千の絵画やその他の品物を成都市政府に寄贈した。双方は今後、「八徳園」をモチーフとして、博物館、美術館、庭園芸術館の3館が一体となった張大千芸術博物館を成都に建設する予定になっている。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2019年11月14日
    中国の著名画家、張大千がブラジルに残した「立体画」

    八徳園の「月橋」に立ち、ブラジル人の作業員に芙蓉(フヨウ)と梅の植え方を指導する張大千氏。(資料写真)張大千(ちょう・だいせん)は世界的に有名な中国画の大家だが、彼が中国から遥かに遠いブラジルに「立体画」を残していることはあまり知られていない。張大千とブラジルで4年間共に生活したことのある孫凱(そん・がい)氏がこのほど取材に応じ、長年明らかにされてこなかった当時のことについて語った。孫氏は張大千に47年師事した愛弟子、孫雲生(そん・うんせい)氏の息子。1953年、張大千は米国から当時住んでいたアルゼンチンへ帰る途中、ブラジル・サンパウロ郊外のモジ・ダス・クルーゼス市で広く平らな荒れ地を目にした。それが故郷の成都に似ていると感じた張大千はその土地を購入し、庭園を築き「八徳園」と名付けた。八徳園は張大千自らが設計し、建築を開始してから住み始めるまでに3年かかったという。「先生は八徳園は自分の心の中の『立体画』だとおっしゃっていた」と孫氏。張大千は家族や弟子たち総勢十数人と八徳園で17年余り暮らし、世に知られる「長江万里図」「黄山図」「思郷図」などの傑作を描いた。孫氏は、父親から譲り受けた600点以上の張大千の絵画やその他の品物を成都市政府に寄贈した。双方は今後、「八徳園」をモチーフとして、博物館、美術館、庭園芸術館の3館が一体となった張大千芸術博物館を成都に建設する予定になっている。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2019年11月14日
    中国の著名画家、張大千がブラジルに残した「立体画」

    八徳園を散策する張大千氏(前列中央)、第四夫人の徐雯波(じょ・ぶんは)氏、孫雲生氏、孫凱氏。(資料写真)張大千(ちょう・だいせん)は世界的に有名な中国画の大家だが、彼が中国から遥かに遠いブラジルに「立体画」を残していることはあまり知られていない。張大千とブラジルで4年間共に生活したことのある孫凱(そん・がい)氏がこのほど取材に応じ、長年明らかにされてこなかった当時のことについて語った。孫氏は張大千に47年師事した愛弟子、孫雲生(そん・うんせい)氏の息子。1953年、張大千は米国から当時住んでいたアルゼンチンへ帰る途中、ブラジル・サンパウロ郊外のモジ・ダス・クルーゼス市で広く平らな荒れ地を目にした。それが故郷の成都に似ていると感じた張大千はその土地を購入し、庭園を築き「八徳園」と名付けた。八徳園は張大千自らが設計し、建築を開始してから住み始めるまでに3年かかったという。「先生は八徳園は自分の心の中の『立体画』だとおっしゃっていた」と孫氏。張大千は家族や弟子たち総勢十数人と八徳園で17年余り暮らし、世に知られる「長江万里図」「黄山図」「思郷図」などの傑作を描いた。孫氏は、父親から譲り受けた600点以上の張大千の絵画やその他の品物を成都市政府に寄贈した。双方は今後、「八徳園」をモチーフとして、博物館、美術館、庭園芸術館の3館が一体となった張大千芸術博物館を成都に建設する予定になっている。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2019年11月14日
    中国の著名画家、張大千がブラジルに残した「立体画」

    ブラジルの郊外の市、モジ・ダス・クルーゼスにあるダムの下に隠れる、張大千が自ら設計した中国風庭園「八徳園」。(資料写真)張大千(ちょう・だいせん)は世界的に有名な中国画の大家だが、彼が中国から遥かに遠いブラジルに「立体画」を残していることはあまり知られていない。張大千とブラジルで4年間共に生活したことのある孫凱(そん・がい)氏がこのほど取材に応じ、長年明らかにされてこなかった当時のことについて語った。孫氏は張大千に47年師事した愛弟子、孫雲生(そん・うんせい)氏の息子。1953年、張大千は米国から当時住んでいたアルゼンチンへ帰る途中、ブラジル・サンパウロ郊外のモジ・ダス・クルーゼス市で広く平らな荒れ地を目にした。それが故郷の成都に似ていると感じた張大千はその土地を購入し、庭園を築き「八徳園」と名付けた。八徳園は張大千自らが設計し、建築を開始してから住み始めるまでに3年かかったという。「先生は八徳園は自分の心の中の『立体画』だとおっしゃっていた」と孫氏。張大千は家族や弟子たち総勢十数人と八徳園で17年余り暮らし、世に知られる「長江万里図」「黄山図」「思郷図」などの傑作を描いた。孫氏は、父親から譲り受けた600点以上の張大千の絵画やその他の品物を成都市政府に寄贈した。双方は今後、「八徳園」をモチーフとして、博物館、美術館、庭園芸術館の3館が一体となった張大千芸術博物館を成都に建設する予定になっている。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2019年11月14日
    中国の著名画家、張大千がブラジルに残した「立体画」

    八徳園で石の上に腰を下ろす張大千氏。(資料写真)張大千(ちょう・だいせん)は世界的に有名な中国画の大家だが、彼が中国から遥かに遠いブラジルに「立体画」を残していることはあまり知られていない。張大千とブラジルで4年間共に生活したことのある孫凱(そん・がい)氏がこのほど取材に応じ、長年明らかにされてこなかった当時のことについて語った。孫氏は張大千に47年師事した愛弟子、孫雲生(そん・うんせい)氏の息子。1953年、張大千は米国から当時住んでいたアルゼンチンへ帰る途中、ブラジル・サンパウロ郊外のモジ・ダス・クルーゼス市で広く平らな荒れ地を目にした。それが故郷の成都に似ていると感じた張大千はその土地を購入し、庭園を築き「八徳園」と名付けた。八徳園は張大千自らが設計し、建築を開始してから住み始めるまでに3年かかったという。「先生は八徳園は自分の心の中の『立体画』だとおっしゃっていた」と孫氏。張大千は家族や弟子たち総勢十数人と八徳園で17年余り暮らし、世に知られる「長江万里図」「黄山図」「思郷図」などの傑作を描いた。孫氏は、父親から譲り受けた600点以上の張大千の絵画やその他の品物を成都市政府に寄贈した。双方は今後、「八徳園」をモチーフとして、博物館、美術館、庭園芸術館の3館が一体となった張大千芸術博物館を成都に建設する予定になっている。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2019年10月24日
    防災用のグリ石の堰

    キーワード:堰、屋外、山、石、石垣、東洋、日本、壁、無人、その他、24日、災害防止、テーマメイン写真、防災用、防災用のグリ石の堰、グリ石=2019(令和元)年10月24日、大阪府東大阪市、クレジット:GYRO_PHOTOGRAPHY/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2019

  • 2019年10月24日
    石垣から出たガス管

    キーワード:ガス、ガス管、屋外、管、出る、石垣、大阪府、注意、日本、無人、その他、24日、テーマメイン写真=2019(令和元)年10月24日、大阪府、クレジット:GYRO_PHOTOGRAPHY/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2019

  • 01:18.88
    2019年10月15日
    「新華社」くぼ地1千カ所以上に「身分証」ごみ不法投棄を解決河北省邯鄲市

    中国の農村では、くぼ地が汚染の温床になりやすく、環境整備の死角となっている。河北省邯鄲(かんたん)市肥郷(ひごう)区はこの難題を解決するため、区内にあるくぼ地1180カ所の記録ファイル作成と総合整備を実施。かつて人々が避けて通った「ごみのくぼ地」は、観光パークや果樹園などの景観スポットに姿を変えた。同区が以前、九つの郷と鎮、265カ村にあるすべてのくぼ地で行った調査では、その9割以上が「ごみのくぼ地」になっていることが分かった。各級幹部の継続的な取り組み、重機や大量の人力による作業を経て、これらのくぼ地に長年に渡り堆積していた全てのごみが除去された。くぼ地が再度「ごみ池」化することを防ぐため、同区は農村でのごみの訪問収集を普及させた。また、全てのくぼ地の監視と整備を行うとともに、責任者や通報用電話番号などの情報を明確にした。今では1180カ所のくぼ地のすべてが新しく生まれ変わった。条件を備えたくぼ地には既に水が張られ、景観スポットとなっている。一部のくぼ地には小さな観光パークや果樹園が作られ、その他でもハイレベルな緑化が進む。人々の生産・生活環境を大幅に改善した。(記者/岳文婷、閆起磊)<映像内容>ごみ回収など整備の様子、街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月09日
    街中に忘れられたように残るポンプ式井戸

    キーワード:井戸、屋外、街中、残る、水、水道、日本、無人、歴史、その他、モノメイン写真、ロープーウェイ街、ポンプ式、ポンプ式井戸、忘れられたよう=2019(令和元)年10月9日、愛媛県松山市、クレジット:miyata/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2019

  • 2019年07月10日
    諸葛孔明を祭る「漢中武侯祠」を訪ねて陝西省漢中市

    陝西省漢中市勉県城の武侯祠に立つ牌楼。(資料写真)中国陝西省漢中市勉県の県庁所在地から西へ3キロの国道108号線沿いに、中国の歴史上で傑出した政治家、軍事家として知られる三国時代の蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る「武侯祠(ぶこうし)」がある。蜀漢の景耀(けいよう)6年(263年)に作られ、全国に数ある武侯祠の中で最も古い。唯一皇帝(蜀の後主、劉禅)の詔で建てられた諸葛亮の祠堂でもある。同地の武侯祠は四川省成都市の成都武侯祠に対し「漢中武侯祠」とも呼ばれる。規模は約80ムー(約5・3ヘクタール)と広大で、陝西省南部で比較的大きな古代建築群に入る。敷地には漢代以降の各時代の石碑91基や扁額・対聯62面(組)、その他の文化財65点、古木・名木35本などの文化財も豊富に残されている。(漢中=新華社配信/宋楽)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月26日
    新開発銀行本部ビルの基本構造が完成上海市

    6月26日、NDB本部ビルの完成予想模型。中国上海市浦東新区で6月26日、建設中の新開発銀行(NDB)本部ビルの基本構造が完成した。2017年9月2日に着工した同ビルは2021年9月までに引き渡される見通し。高さ150メートル、地下4階、地上30階建て、延べ床面積12万6千平方メートルで、完成すると約2千人分のオフィス需要を満たす。新興5カ国(BRICS)が運営するNDBは2015年7月21日に開業。BRICSやその他新興国、発展途上国のインフラ整備や持続可能な発展を支援するプロジェクトに融資し、多国間や地域の国際金融機関による世界経済の成長や発展を促進するための取り組みをサポートする。(上海=新華社記者/周蕊)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月26日
    新開発銀行本部ビルの基本構造が完成上海市

    6月26日、NDB本部ビルの基本構造完成を祝う式典で記念撮影に応じる関係者。中国上海市浦東新区で6月26日、建設中の新開発銀行(NDB)本部ビルの基本構造が完成した。2017年9月2日に着工した同ビルは2021年9月までに引き渡される見通し。高さ150メートル、地下4階、地上30階建て、延べ床面積12万6千平方メートルで、完成すると約2千人分のオフィス需要を満たす。新興5カ国(BRICS)が運営するNDBは2015年7月21日に開業。BRICSやその他新興国、発展途上国のインフラ整備や持続可能な発展を支援するプロジェクトに融資し、多国間や地域の国際金融機関による世界経済の成長や発展を促進するための取り組みをサポートする。(上海=新華社配信/NDB本部ビル建設指揮部提供)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:NDB本部ビル建設指揮部/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月26日
    新開発銀行本部ビルの基本構造が完成上海市

    6月26日、建設中のNDB本部ビル。中国上海市浦東新区で6月26日、建設中の新開発銀行(NDB)本部ビルの基本構造が完成した。2017年9月2日に着工した同ビルは2021年9月までに引き渡される見通し。高さ150メートル、地下4階、地上30階建て、延べ床面積12万6千平方メートルで、完成すると約2千人分のオフィス需要を満たす。新興5カ国(BRICS)が運営するNDBは2015年7月21日に開業。BRICSやその他新興国、発展途上国のインフラ整備や持続可能な発展を支援するプロジェクトに融資し、多国間や地域の国際金融機関による世界経済の成長や発展を促進するための取り組みをサポートする。(上海=新華社配信/NDB本部ビル建設指揮部提供)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:NDB本部ビル建設指揮部/新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:25.70
    2019年06月14日
    「新華社」広東省河源市の東江大橋が崩落1人救助、その他の死傷者状況不明

    中国広東省河源市の市区公路局によると、14日午前2時12分(日本時間同3時12分)ごろ、同市源城区にある東江大橋の橋桁2カ所が崩落した。初歩的な調査によると、小型車両2台が川に転落し1人が救助されたが、その他死傷者などの状況は分かっていない。捜索救助活動は現在も続いており、崩落の原因を調査している。(記者/廉奇達)<映像内容>中国広東省河源市の東江大橋崩落、撮影日:2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

  • 2019年05月27日
    中国のトラック配車アプリ最大手、建設銀行と提携

    満幇集団の前身の一つである貴陽貨車幇科技有限公司。(資料写真)中国トラック配車アプリ最大手の満幇集団はこのほど、中国建設銀行と戦略的提携を結んだ。双方は荷主とトラック運転手に共通する課題を解決するため、取引プラットフォーム上に金融サービスシステムを構築する。中国の幹線道路の貨物輸送量と回転量は世界一であり、満幇のプラットフォーム上だけでも、認証登録しているトラック運転手は650万人、荷主は160万社に達している。しかし、多くの輸送事業主体は小規模で分散しており、信用情報データが不足し、リスク管理が難しいため、従来の金融サービスではこれらのグループのニーズに応えるのは困難だった。こうした業界の課題を解決するため、満幇は建設銀行と協力。プラットフォーム会員の取り引きや行動に関するデータの分析を通じて、リスク管理モデルを構築し、荷主と運転手に全てのプロセスやシーンを網羅する個別化した金融サービスを提供していく。サービス内容にはETCや給油、ローン、保険、修理などが含まれる。(貴陽=新華社配信/満幇集団提供)=撮影日不明、クレジット:満幇集団/新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  • 2019年05月27日
    中国のトラック配車アプリ最大手、建設銀行と提携

    満幇集団の上海技術研究開発センター。(資料写真)中国トラック配車アプリ最大手の満幇集団はこのほど、中国建設銀行と戦略的提携を結んだ。双方は荷主とトラック運転手に共通する課題を解決するため、取引プラットフォーム上に金融サービスシステムを構築する。中国の幹線道路の貨物輸送量と回転量は世界一であり、満幇のプラットフォーム上だけでも、認証登録しているトラック運転手は650万人、荷主は160万社に達している。しかし、多くの輸送事業主体は小規模で分散しており、信用情報データが不足し、リスク管理が難しいため、従来の金融サービスではこれらのグループのニーズに応えるのは困難だった。こうした業界の課題を解決するため、満幇は建設銀行と協力。プラットフォーム会員の取り引きや行動に関するデータの分析を通じて、リスク管理モデルを構築し、荷主と運転手に全てのプロセスやシーンを網羅する個別化した金融サービスを提供していく。サービス内容にはETCや給油、ローン、保険、修理などが含まれる。(貴陽=新華社配信/満幇集団提供)=撮影日不明、クレジット:満幇集団/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月27日
    中国のトラック配車アプリ最大手、建設銀行と提携

    空から見た満幇集団の拠点。(資料写真)中国トラック配車アプリ最大手の満幇集団はこのほど、中国建設銀行と戦略的提携を結んだ。双方は荷主とトラック運転手に共通する課題を解決するため、取引プラットフォーム上に金融サービスシステムを構築する。中国の幹線道路の貨物輸送量と回転量は世界一であり、満幇のプラットフォーム上だけでも、認証登録しているトラック運転手は650万人、荷主は160万社に達している。しかし、多くの輸送事業主体は小規模で分散しており、信用情報データが不足し、リスク管理が難しいため、従来の金融サービスではこれらのグループのニーズに応えるのは困難だった。こうした業界の課題を解決するため、満幇は建設銀行と協力。プラットフォーム会員の取り引きや行動に関するデータの分析を通じて、リスク管理モデルを構築し、荷主と運転手に全てのプロセスやシーンを網羅する個別化した金融サービスを提供していく。サービス内容にはETCや給油、ローン、保険、修理などが含まれる。(貴陽=新華社配信/満幇集団提供)=撮影日不明、クレジット:満幇集団/新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  • 2019年05月23日
    中国のトラック配車アプリ最大手、建設銀行と提携

    23日、満幇集団の貴陽本部。中国トラック配車アプリ最大手の満幇集団はこのほど、中国建設銀行と戦略的提携を結んだ。双方は荷主とトラック運転手に共通する課題を解決するため、取引プラットフォーム上に金融サービスシステムを構築する。中国の幹線道路の貨物輸送量と回転量は世界一であり、満幇のプラットフォーム上だけでも、認証登録しているトラック運転手は650万人、荷主は160万社に達している。しかし、多くの輸送事業主体は小規模で分散しており、信用情報データが不足し、リスク管理が難しいため、従来の金融サービスではこれらのグループのニーズに応えるのは困難だった。こうした業界の課題を解決するため、満幇は建設銀行と協力。プラットフォーム会員の取り引きや行動に関するデータの分析を通じて、リスク管理モデルを構築し、荷主と運転手に全てのプロセスやシーンを網羅する個別化した金融サービスを提供していく。サービス内容にはETCや給油、ローン、保険、修理などが含まれる。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月23日
    中国のトラック配車アプリ最大手、建設銀行と提携

    23日、戦略的提携協定に署名する満幇集団と中国建設銀行の代表。中国トラック配車アプリ最大手の満幇集団はこのほど、中国建設銀行と戦略的提携を結んだ。双方は荷主とトラック運転手に共通する課題を解決するため、取引プラットフォーム上に金融サービスシステムを構築する。中国の幹線道路の貨物輸送量と回転量は世界一であり、満幇のプラットフォーム上だけでも、認証登録しているトラック運転手は650万人、荷主は160万社に達している。しかし、多くの輸送事業主体は小規模で分散しており、信用情報データが不足し、リスク管理が難しいため、従来の金融サービスではこれらのグループのニーズに応えるのは困難だった。こうした業界の課題を解決するため、満幇は建設銀行と協力。プラットフォーム会員の取り引きや行動に関するデータの分析を通じて、リスク管理モデルを構築し、荷主と運転手に全てのプロセスやシーンを網羅する個別化した金融サービスを提供していく。サービス内容にはETCや給油、ローン、保険、修理などが含まれる。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月23日
    中国のトラック配車アプリ最大手、建設銀行と提携

    23日、満幇集団と中国建設銀行の戦略的提携のプロモーション映像を見る来賓。中国トラック配車アプリ最大手の満幇集団はこのほど、中国建設銀行と戦略的提携を結んだ。双方は荷主とトラック運転手に共通する課題を解決するため、取引プラットフォーム上に金融サービスシステムを構築する。中国の幹線道路の貨物輸送量と回転量は世界一であり、満幇のプラットフォーム上だけでも、認証登録しているトラック運転手は650万人、荷主は160万社に達している。しかし、多くの輸送事業主体は小規模で分散しており、信用情報データが不足し、リスク管理が難しいため、従来の金融サービスではこれらのグループのニーズに応えるのは困難だった。こうした業界の課題を解決するため、満幇は建設銀行と協力。プラットフォーム会員の取り引きや行動に関するデータの分析を通じて、リスク管理モデルを構築し、荷主と運転手に全てのプロセスやシーンを網羅する個別化した金融サービスを提供していく。サービス内容にはETCや給油、ローン、保険、修理などが含まれる。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:17.82
    2019年05月10日
    「新華社」英国の「魯班工坊」プログラム、中国料理教育の国際化推進

    英国ロンドンの南、ウエスト・サセックス州にあるクローリー・カレッジの中国料理専門プログラム「魯班工坊」は昨年、中国天津市と英国の職業教育との協力によって初めて開設された。中国料理の調理技術に特化したディプロマコースとなっている。同コースでは、本格的な中国料理の調理技術に関する学術的教育と資格(取得を目指す)技能訓練を行い、中国料理業界の国際化レベル引き上げを目的としている。すでに仕事に就いて長く、現在はロンドンのマリオットグループのホテルで料理長を務めるキシュー氏は、同プログラムを最初に受講した8人のうちの1人だった。クローリー・カレッジの教員、サマンサ・ケーリー氏は、中国料理専門プログラム「魯班工坊」第1期の学生は、全員が英国各地から来た現職の料理人だったため、1年目の授業は主にインターネット講座と厨房(ちゅうぼう)での実技訓練を組み合わせて行ったと説明した。同プログラムの英国での実施協力責任者、劉暁黎(りゅう・ぎょうれい)氏は、中国料理に対する概念の標準化と調理工程の規格化が、英国「魯班工坊」とその他の中国料理研修機関とを差別化する最大の特徴だと紹介する。卒業生は、欧州連合(EU)および米国で認められる英国の一般教育終了上級レベル(Aレベル)資格証書が取得できる。このことは、中国料理教育を全世界に向けて発信するのに有利で、中国料理に携わる人材の蓄積に役立ち、海外における中国料理業界の現在の人手不足を解消するものとなる。(記者/張代蕾)<映像内容>中華料理の調理などの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:16.48
    2019年04月28日
    「新華社」不法な「占中」計画·組織者らに実刑判決香港

    中国香港特別行政区の西九龍裁判所はこのほど、金融街を占拠した不法な「占中(セントラル占拠)」の計画・組織者9人に対して判決を言い渡した。9人のうち提唱者の戴耀廷(たい・ようてい)、陳健民(ちん・けんみん)、朱耀明(しゅ・ようめい)の3被告はいずれも禁錮1年4カ月で、戴耀廷、陳健民はただちに収監。朱耀明は執行猶予2年とした。陳淑荘(ちん・しゅくそう)被告の判決は6月10日へ延期、その他5被告の判決は以下の通り。邵家臻(しょう・かしん)、鍾耀華(しょう・ようか)、黄浩銘(こう・こうめい)、李永達(り・えいたつ)は禁錮8カ月で、このうち邵家臻、黄浩銘はただちに収監。鍾耀華、李永達は執行猶予2年。張秀賢(ちょう・しゅうけん)は200時間の社会奉仕活動参加。この9被告は「公的不法妨害の共謀」「公的不法妨害の扇動への関与」「公的不法妨害の扇動自体」のうちの一つ、もしくは二つについて有罪となっている。2014年9月末に香港で発生した不法な「占中」は79日間に及び、香港の観光業界、小売業界、交通機関など多くの方面に深刻な影響を与え、香港の人々が一番大事に守ってきた法治が深刻に踏みにじられた。一部の香港市民がこのほど、裁判所周辺で集会を開き、不法な「占中」計画・組織者への厳しい処罰を求めた。(記者/万後徳、梁嘉駿)<映像内容>香港の街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月22日
    上海の玉仏寺でごみ分別中日交流が環境保護理念普及を後押し

    22日、玉仏寺の公共スペースに置かれたごみ箱。資源ごみ、生ごみ、その他ごみの3種類に分別する。中国上海市にある玉仏寺の僧侶はこのほど、環境保護の理念を伝え、ゴミ分別の実践に積極的に取り組んでいる。玉仏寺の住職である覚醒法師は、僧侶らの実際の行動を通して、寺を訪れる信徒や観光客に影響を与え、ごみの分別による環境保護と資源リサイクルの理念を人々の心に刻みたいと考えている。ここ数年の中日仏教交流も、この環境保護の理念の広がりを後押ししているという。(上海=新華社配信/上海玉仏寺提供)=2019(平成31)年3月22日、クレジット:上海玉仏寺/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2019年03月22日
    上海の玉仏寺でごみ分別中日交流が環境保護理念普及を後押し

    22日、玉仏寺の公共スペースに置かれたごみ箱。資源ごみ、生ごみ、その他ごみの3種類に分別する。中国上海市にある玉仏寺の僧侶はこのほど、環境保護の理念を伝え、ゴミ分別の実践に積極的に取り組んでいる。玉仏寺の住職である覚醒法師は、僧侶らの実際の行動を通して、寺を訪れる信徒や観光客に影響を与え、ごみの分別による環境保護と資源リサイクルの理念を人々の心に刻みたいと考えている。ここ数年の中日仏教交流も、この環境保護の理念の広がりを後押ししているという。(上海=新華社記者/許暁青)=2019(平成31)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:59.55
    2019年03月13日
    「新華社」中国、ジュネーブで「新疆人権事業の発展成果」会議開催

    中国の国連ジュネーブ常駐代表団と中国人権研究会は第40回国連人権理事会の会期中の13日、ジュネーブで「新疆人権事業の発展成果」テーマ会議を開いた。歴史や現実、法律などの角度から新疆ウイグル自治区の実情を全体的に紹介し、一部の真実と異なる情報について重点的に誤りを正した。中国駐国連ジュネーブ事務局・スイスその他国際機関の兪建華(ゆ・けんか)代表は、現在の新疆は歴史的に見ても発展が最も急速で、最も安定した時期にあり、各民族人民の経済や政治、社会、文化、環境に関する権利も十分に保障されていると表明。中国政府はテロリズムや過激主義を撲滅し、新疆の繁栄と安定のため強固な基盤を築き上げたと述べた。中国人権研究会で理事を務める新疆大学政治・公共管理学院の祖力亜提・司馬義(ズリヤト・イスマイル)教授は、新疆で働き生活するウイグル族の学者としての立場から、新疆は古来、中国の不可分の一部であり、新疆の各民族は中華民族という大家族の一員であると表明。ウイグル族と中華民族の諸民族は、常に相手の中に自分を、自分の中に相手を感じるという親密な関係にあり、新疆の各民族の文化は常に中華文化という肥沃な土壌の中で繁栄し、発展を遂げてきたと指摘し、新疆は古来より多くの宗教が調和と共存を図り、発展してきた土地だと述べた。同会議には70カ国以上の外交官や国際機関の高官、関連NGO(非政府組織)の代表ら200人近くが参加した。(記者/杜洋、聶暁陽、施建国)<映像内容>「新疆人権事業の発展成果」テーマ会議の様子、撮影日:2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:18.75
    2019年02月26日
    「新華社」中国とEU、障害者人権問題に関する会議を共催

    中国と欧州連合(EU)の在ジュネーブ国際機関代表団は第40回国連人権理事会ハイレベル会合開催中の26日、ジュネーブで「1人たりとも欠けてはならないーー『障害者権利条約』の重要な意義」をテーマにしたサイドイベントを共催した。中国の兪建華(ゆ・けんか)国連ジュネーブ事務所・その他在スイス国際機関常駐代表、張海迪(ちょう・かいてき)中国障害者連合会会長、スティーブンスEU在ジュネーブ国際機関代表部大使、ネゼビッチ欧州委員会(雇用・社会問題・機会均等総局)ディレクターらが出席して発言したほか、40余り国の外交官や関係国際組織、非政府組織の代表、および中国や各国の人権分野の専門家、研究者など100人近くが参加した。兪氏は、障害者の人権保障はすでに国際社会の普遍的な共通認識になっているとし、中国共産党と中国政府は障害者事業を非常に重視しており、習近平国家主席は小康社会の全面的完成の中で障害者が1人も欠けてはならないとたびたび強調してきたと述べた。また、2020年には中国は絶対的な貧困を解消し、8500万人の障害者を含む全国民が共に小康社会へと歩み入るという目標を示した。さらに、同イベントは人権理事会の枠組みの下で中国と欧州が初めて共同開催する会議であり、双方が人権分野で交流と協力を強化する上で大きな意味を持っているとの見方を示した。また、中国は欧州と共に人権理事会が各文明間の懸け橋となり、人権保障の経験について交流する場になることを望んでいるとした。スティーブンス氏は、欧州と中国は世界の2大経済国・地域として多くの世界的な試練に直面しているとの見方を示し、欧州は中国と障害者事業などを含む分野での交流と協力を強め、共に世界の障害者事業の発展を促進することを望むと表明した。(記者/杜洋、施建国)<映像内容>中国とEUの障害者人権問題に関する会議の様子、撮影日:2019(平成31)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:07.54
    2019年01月22日
    「新華社」ネット技術でタッチまで再現中米間でピアノ遠隔授業

    米国のカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)音楽学部は22日、中国中央音楽学院との間をインターネットで結び、ピアノの遠隔モデル授業を行った。これは中国と米国の大学間で初のピアノの遠隔授業で、両国間の遠隔音楽教育や交流に新境地を切り開いた。モデル授業では、UCLA音楽学部ピアノ科主任のインナ・ファリクス教授は、同大学の音楽複合施設オースティン・ミュージック・センターでインターネットを通じ、中央音楽学院の学生を指導した。授業では、同教授と中国の学生の演奏する鍵盤のタッチやペダルの動きの細部が、インターネット技術によって全て正確に相手側のピアノでリアルタイムに再現され、互いに離れた異国にいる教師と生徒が共に同じ場所にいるかのような臨場感あふれる授業が展開された。四川音楽学院や武漢音楽学院、星海音楽学院や綿陽師範学院など中国の大学の専門家が招きに応じ、同センターで授業を見学した。見学に参加した四川音楽学院音楽教育学院院長の安冰冰(あん・ひょうひょう)教授は、ますます多くの中国の子どもたちがピアノやその他の楽器を学んでいるが、先進的な遠隔技術は中米両国音楽界の交流とコミュニケーションに役立ち、音楽教育に新たな広がりを提供してくれると説明した。(記者/檀易暁、高山)<映像内容>中国とアメリカでピアノの遠隔授業の様子、撮影日:2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月20日
    中国民間文化芸術の郷福建省青水ショオ族郷

    20日、青水ショオ族郷滄海(そうかい)村でショオ族古民家建築群の竜徳堂を見学する観光客。中国福建省三明市永安市(三明市の管轄下にある県級市)青水ショオ族(畲族)郷は「中国民間文化芸術の郷」で、国家級無形文化遺産の大腔戯(伝統劇の一種)、省級文化財保護単位の永寧橋古劇台、その他数多くの古い村落などを有する。青水ショオ族郷はここ数年、ショオ族文化、民俗芸術、伝統村落、福建開閩(かいびん)文化などの保護、継承、発揚に全力を挙げて取り組み、民間伝統芸術を積極的に発掘し、ショオ族文化郷村観光を発展させ、生態青水・文化青水・観光青水という新たなショオ族郷の構築に努めている。ショオ族郷は今年1月からこれまでに、延べ40万人余りの観光客を受け入れた。(永安=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月20日
    中国民間文化芸術の郷福建省青水ショオ族郷

    20日、清朝雍正2年(1724年)建築の、廟、舞台、橋梁が一体化した青水ショオ族郷青水ショオ族村の永寧橋。中国福建省三明市永安市(三明市の管轄下にある県級市)青水ショオ族(畲族)郷は「中国民間文化芸術の郷」で、国家級無形文化遺産の大腔戯(伝統劇の一種)、省級文化財保護単位の永寧橋古劇台、その他数多くの古い村落などを有する。青水ショオ族郷はここ数年、ショオ族文化、民俗芸術、伝統村落、福建開閩(かいびん)文化などの保護、継承、発揚に全力を挙げて取り組み、民間伝統芸術を積極的に発掘し、ショオ族文化郷村観光を発展させ、生態青水・文化青水・観光青水という新たなショオ族郷の構築に努めている。ショオ族郷は今年1月からこれまでに、延べ40万人余りの観光客を受け入れた。(永安=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月20日
    中国民間文化芸術の郷福建省青水ショオ族郷

    20日、青水ショオ族郷滄海(そうかい)村でショオ族古民家建築群の竜徳堂を見学する観光客。中国福建省三明市永安市(三明市の管轄下にある県級市)青水ショオ族(畲族)郷は「中国民間文化芸術の郷」で、国家級無形文化遺産の大腔戯(伝統劇の一種)、省級文化財保護単位の永寧橋古劇台、その他数多くの古い村落などを有する。青水ショオ族郷はここ数年、ショオ族文化、民俗芸術、伝統村落、福建開閩(かいびん)文化などの保護、継承、発揚に全力を挙げて取り組み、民間伝統芸術を積極的に発掘し、ショオ族文化郷村観光を発展させ、生態青水・文化青水・観光青水という新たなショオ族郷の構築に努めている。ショオ族郷は今年1月からこれまでに、延べ40万人余りの観光客を受け入れた。(永安=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月20日
    中国民間文化芸術の郷福建省青水ショオ族郷

    20日、清朝雍正2年(1724年)建築の、廟、舞台、橋梁が一体化した青水ショオ族郷青水ショオ族村の永寧橋。中国福建省三明市永安市(三明市の管轄下にある県級市)青水ショオ族(畲族)郷は「中国民間文化芸術の郷」で、国家級無形文化遺産の大腔戯(伝統劇の一種)、省級文化財保護単位の永寧橋古劇台、その他数多くの古い村落などを有する。青水ショオ族郷はここ数年、ショオ族文化、民俗芸術、伝統村落、福建開閩(かいびん)文化などの保護、継承、発揚に全力を挙げて取り組み、民間伝統芸術を積極的に発掘し、ショオ族文化郷村観光を発展させ、生態青水・文化青水・観光青水という新たなショオ族郷の構築に努めている。ショオ族郷は今年1月からこれまでに、延べ40万人余りの観光客を受け入れた。(永安=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月09日
    「南京大屠殺遇難者紀念碑」除幕式、カナダで開催

    9日、カナダ・オンタリオ州リッチモンドヒル市で、「南京大屠殺遇難者紀念碑」の除幕式で平和の象徴であるハトを放つ参加者。カナダの華僑・華人は9日、オンタリオ州リッチモンドヒル市で「南京大屠殺遇難者紀念碑」の除幕式を行った。カナダ連邦議会の議員代表やカナダ連邦政府、オンタリオ州とトロント市の代表、在トロント中国総領事館の総領事およびその他の在カナダ公館の高官や社会団体など各界代表、合計2千人余りが出席した。(リッチモンドヒル=新華社配信/鄒崢)=2018(平成30)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月09日
    「南京大屠殺遇難者紀念碑」除幕式、カナダで開催

    9日、カナダ・オンタリオ州リッチモンドヒル市で、「南京大屠殺遇難者紀念碑」に献花する同国連邦議会の華人議員、関慧貞(かん・けいてい)氏(左)と譚耕(たん・こう)氏。カナダの華僑・華人は9日、オンタリオ州リッチモンドヒル市で「南京大屠殺遇難者紀念碑」の除幕式を行った。カナダ連邦議会の議員代表やカナダ連邦政府、オンタリオ州とトロント市の代表、在トロント中国総領事館の総領事およびその他の在カナダ公館の高官や社会団体など各界代表、合計2千人余りが出席した。(リッチモンドヒル=新華社配信/鄒崢)=2018(平成30)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月09日
    「南京大屠殺遇難者紀念碑」除幕式、カナダで開催

    9日、カナダ・オンタリオ州リッチモンドヒル市で撮影した「南京大屠殺遇難者紀念碑」。カナダの華僑・華人は9日、オンタリオ州リッチモンドヒル市で「南京大屠殺遇難者紀念碑」の除幕式を行った。カナダ連邦議会の議員代表やカナダ連邦政府、オンタリオ州とトロント市の代表、在トロント中国総領事館の総領事およびその他の在カナダ公館の高官や社会団体など各界代表、合計2千人余りが出席した。(リッチモンドヒル=新華社配信/鄒崢)=2018(平成30)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月09日
    「南京大屠殺遇難者紀念碑」除幕式、カナダで開催

    9日、カナダ・オンタリオ州リッチモンドヒル市で、「南京大屠殺遇難者紀念碑」に献花する人々。カナダの華僑・華人は9日、オンタリオ州リッチモンドヒル市で「南京大屠殺遇難者紀念碑」の除幕式を行った。カナダ連邦議会の議員代表やカナダ連邦政府、オンタリオ州とトロント市の代表、在トロント中国総領事館の総領事およびその他の在カナダ公館の高官や社会団体など各界代表、合計2千人余りが出席した。(リッチモンドヒル=新華社配信/鄒崢)=2018(平成30)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:22.71
    2018年11月10日
    「新華社」「一帯一路」文化財保護シンポジウム、ウズベキスタンで開催

    ウズベキスタンの首都タシケントで10日、「一帯一路」沿線国の文化財保護専門家による学術交流の促進を目的とした「一帯一路」文化財保護シンポジウムが開催された。中国とウズベキスタンが共同で開催する今回の会合には、カザフスタンやキルギス、タジキスタン、トルクメニスタンなどから文化財保護専門家60人あまりが出席した。シンポジウムでは、各国の専門家が自国の文化財保護理念やプロジェクト協力、修復技術で得た経験を話し合った。中国の専門家は、中国とウズベキスタンが合同で行ったユネスコ世界文化遺産、ヒヴァ旧市街の保護状況に関する説明と情報共有を行い、参加者の共感と賛同を得た。ウズベキスタンのアキロワ文化副大臣は、同国には7300を超える文化遺跡があると説明。中でもヒヴァ、ブハラ、サマルカンド、タシケントの4つの歴史的都市には貴重な世界文化遺産や歴史的建造物が多く、今回のシンポジウムで中国やその他の国の持つ文化遺産修復の経験を学びたいと語った。(記者/蔡国棟)<映像内容>「一帯一路」文化財保護シンポジウムの様子、撮影日:2018(平成30)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月29日
    第5回世界仏教フォーラム開催汪洋氏が祝賀メッセージ

    29日、第5回世界仏教フォーラムに参加する仏教界人士。第5回世界仏教フォーラムが29日、中国福建省莆田(ほでん)市で開幕し、汪洋(おう・よう)中国共産党中央政治局常務委員・中国人民政治協商会議全国委員会主席がフォーラムの開催に際し祝賀メッセージを寄せ、国内外の高僧・大徳、各界の人々へ熱烈な歓迎の意を表明し、心からのあいさつを送った。55の国・地域から仏教界人士、専門家・学者、その他社会各界の著名人など千人以上が開幕式に出席した。国連のグテレス事務総長、スリランカのシリセーナ大統領、ミャンマーのウィン・ミン大統領ら海外の政界要人、日本、韓国、カナダ、米国、ロシア、カンボジア、フィリピンなどの仏教団体の指導者が書状や電報で祝意を表明した。第5回世界仏教フォーラムは中国仏教協会と中華宗教文化交流協会が主催し、福建省組織委員会によって運営されていた。(莆田=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月29日
    第5回世界仏教フォーラム開催汪洋氏が祝賀メッセージ

    29日、第5回世界仏教フォーラムの様子。第5回世界仏教フォーラムが29日、中国福建省莆田(ほでん)市で開幕し、汪洋(おう・よう)中国共産党中央政治局常務委員・中国人民政治協商会議全国委員会主席がフォーラムの開催に際し祝賀メッセージを寄せ、国内外の高僧・大徳、各界の人々へ熱烈な歓迎の意を表明し、心からのあいさつを送った。55の国・地域から仏教界人士、専門家・学者、その他社会各界の著名人など千人以上が開幕式に出席した。国連のグテレス事務総長、スリランカのシリセーナ大統領、ミャンマーのウィン・ミン大統領ら海外の政界要人、日本、韓国、カナダ、米国、ロシア、カンボジア、フィリピンなどの仏教団体の指導者が書状や電報で祝意を表明した。第5回世界仏教フォーラムは中国仏教協会と中華宗教文化交流協会が主催し、福建省組織委員会によって運営されていた。(莆田=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月29日
    第5回世界仏教フォーラム開催汪洋氏が祝賀メッセージ

    29日、第5回世界仏教フォーラムの開幕式。第5回世界仏教フォーラムが29日、中国福建省莆田(ほでん)市で開幕し、汪洋(おう・よう)中国共産党中央政治局常務委員・中国人民政治協商会議全国委員会主席がフォーラムの開催に際し祝賀メッセージを寄せ、国内外の高僧・大徳、各界の人々へ熱烈な歓迎の意を表明し、心からのあいさつを送った。55の国・地域から仏教界人士、専門家・学者、その他社会各界の著名人など千人以上が開幕式に出席した。国連のグテレス事務総長、スリランカのシリセーナ大統領、ミャンマーのウィン・ミン大統領ら海外の政界要人、日本、韓国、カナダ、米国、ロシア、カンボジア、フィリピンなどの仏教団体の指導者が書状や電報で祝意を表明した。第5回世界仏教フォーラムは中国仏教協会と中華宗教文化交流協会が主催し、福建省組織委員会によって運営されていた。(莆田=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月29日
    第5回世界仏教フォーラム開催汪洋氏が祝賀メッセージ

    29日、開幕式に出席する仏教界人士、専門家・学者、その他社会各界の著名人など。第5回世界仏教フォーラムが29日、中国福建省莆田(ほでん)市で開幕し、汪洋(おう・よう)中国共産党中央政治局常務委員・中国人民政治協商会議全国委員会主席がフォーラムの開催に際し祝賀メッセージを寄せ、国内外の高僧・大徳、各界の人々へ熱烈な歓迎の意を表明し、心からのあいさつを送った。55の国・地域から仏教界人士、専門家・学者、その他社会各界の著名人など千人以上が開幕式に出席した。国連のグテレス事務総長、スリランカのシリセーナ大統領、ミャンマーのウィン・ミン大統領ら海外の政界要人、日本、韓国、カナダ、米国、ロシア、カンボジア、フィリピンなどの仏教団体の指導者が書状や電報で祝意を表明した。第5回世界仏教フォーラムは中国仏教協会と中華宗教文化交流協会が主催し、福建省組織委員会によって運営されていた。(莆田=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月29日
    第5回世界仏教フォーラム開催汪洋氏が祝賀メッセージ

    29日、第5回世界仏教フォーラムで登壇する国内外の高僧・大徳。第5回世界仏教フォーラムが29日、中国福建省莆田(ほでん)市で開幕し、汪洋(おう・よう)中国共産党中央政治局常務委員・中国人民政治協商会議全国委員会主席がフォーラムの開催に際し祝賀メッセージを寄せ、国内外の高僧・大徳、各界の人々へ熱烈な歓迎の意を表明し、心からのあいさつを送った。55の国・地域から仏教界人士、専門家・学者、その他社会各界の著名人など千人以上が開幕式に出席した。国連のグテレス事務総長、スリランカのシリセーナ大統領、ミャンマーのウィン・ミン大統領ら海外の政界要人、日本、韓国、カナダ、米国、ロシア、カンボジア、フィリピンなどの仏教団体の指導者が書状や電報で祝意を表明した。第5回世界仏教フォーラムは中国仏教協会と中華宗教文化交流協会が主催し、福建省組織委員会によって運営されていた。(莆田=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月29日
    第5回世界仏教フォーラム開催汪洋氏が祝賀メッセージ

    29日、第5回世界仏教フォーラムの祝福式。第5回世界仏教フォーラムが29日、中国福建省莆田(ほでん)市で開幕し、汪洋(おう・よう)中国共産党中央政治局常務委員・中国人民政治協商会議全国委員会主席がフォーラムの開催に際し祝賀メッセージを寄せ、国内外の高僧・大徳、各界の人々へ熱烈な歓迎の意を表明し、心からのあいさつを送った。55の国・地域から仏教界人士、専門家・学者、その他社会各界の著名人など千人以上が開幕式に出席した。国連のグテレス事務総長、スリランカのシリセーナ大統領、ミャンマーのウィン・ミン大統領ら海外の政界要人、日本、韓国、カナダ、米国、ロシア、カンボジア、フィリピンなどの仏教団体の指導者が書状や電報で祝意を表明した。第5回世界仏教フォーラムは中国仏教協会と中華宗教文化交流協会が主催し、福建省組織委員会によって運営されていた。(莆田=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月29日
    第5回世界仏教フォーラム開催汪洋氏が祝賀メッセージ

    29日、第5回世界仏教フォーラムの祝福式。第5回世界仏教フォーラムが29日、中国福建省莆田(ほでん)市で開幕し、汪洋(おう・よう)中国共産党中央政治局常務委員・中国人民政治協商会議全国委員会主席がフォーラムの開催に際し祝賀メッセージを寄せ、国内外の高僧・大徳、各界の人々へ熱烈な歓迎の意を表明し、心からのあいさつを送った。55の国・地域から仏教界人士、専門家・学者、その他社会各界の著名人など千人以上が開幕式に出席した。国連のグテレス事務総長、スリランカのシリセーナ大統領、ミャンマーのウィン・ミン大統領ら海外の政界要人、日本、韓国、カナダ、米国、ロシア、カンボジア、フィリピンなどの仏教団体の指導者が書状や電報で祝意を表明した。第5回世界仏教フォーラムは中国仏教協会と中華宗教文化交流協会が主催し、福建省組織委員会によって運営されていた。(莆田=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:14.08
    2018年10月29日
    「新華社」第5回世界仏教フォーラム開催汪洋氏が祝賀メッセージ

    第5回世界仏教フォーラムが29日、中国福建省莆田(ほでん)市で開幕し、汪洋(おう・よう)中国共産党中央政治局常務委員・中国人民政治協商会議全国委員会主席がフォーラムの開催に際し祝賀メッセージを寄せ、国内外の高僧・大徳、各界の人々へ熱烈な歓迎の意を表明し、心からのあいさつを送った。55の国・地域から仏教界人士、専門家・学者、その他社会各界の著名人など千人以上が開幕式に出席した。国連のグテレス事務総長、スリランカのシリセーナ大統領、ミャンマーのウィン・ミン大統領ら海外の政界要人、日本、韓国、カナダ、米国、ロシア、カンボジア、フィリピンなどの仏教団体の指導者が書状や電報で祝意を表明した。第5回世界仏教フォーラムは中国仏教協会と中華宗教文化交流協会が主催し、福建省組織委員会によって運営されていた。<映像内容>第5回世界仏教フォーラムの様子、撮影日:2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月29日
    第5回世界仏教フォーラム開催汪洋氏が祝賀メッセージ

    29日、第5回世界仏教フォーラムの開幕式。第5回世界仏教フォーラムが29日、中国福建省莆田(ほでん)市で開幕し、汪洋(おう・よう)中国共産党中央政治局常務委員・中国人民政治協商会議全国委員会主席がフォーラムの開催に際し祝賀メッセージを寄せ、国内外の高僧・大徳、各界の人々へ熱烈な歓迎の意を表明し、心からのあいさつを送った。55の国・地域から仏教界人士、専門家・学者、その他社会各界の著名人など千人以上が開幕式に出席した。国連のグテレス事務総長、スリランカのシリセーナ大統領、ミャンマーのウィン・ミン大統領ら海外の政界要人、日本、韓国、カナダ、米国、ロシア、カンボジア、フィリピンなどの仏教団体の指導者が書状や電報で祝意を表明した。第5回世界仏教フォーラムは中国仏教協会と中華宗教文化交流協会が主催し、福建省組織委員会によって運営されていた。(莆田=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月28日
    第5回世界仏教フォーラム開催、千人余り参加福建省莆田

    28日、第5回世界仏教フォーラムの記者会見で、記者の質問に答える中国仏教協会の宗性(そう・しょう)副会長(中央)。第5回世界仏教フォーラムが28日、中国福建省莆田(ほでん)市で開幕した。同フォーラムの記者会見によると、これまで最多の55の国・地域から、仏教界人士、専門家・学者、その他社会各界の著名人など千人余りの代表と来賓が参加したという。(莆田=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月28日
    第5回世界仏教フォーラム開催、千人余り参加福建省莆田

    28日、莆田美術館で世界仏教フォーラム写真芸術展を見学するフォーラム参加者。第5回世界仏教フォーラムが28日、中国福建省莆田(ほでん)市で開幕した。同フォーラムの記者会見によると、これまで最多の55の国・地域から、仏教界人士、専門家・学者、その他社会各界の著名人など千人余りの代表と来賓が参加したという。(莆田=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月28日
    第5回世界仏教フォーラム開催、千人余り参加福建省莆田

    28日、莆田市の南湖公園で行われた「同願林」共同植樹イベントに参加したフォーラム代表と来賓。第5回世界仏教フォーラムが28日、中国福建省莆田(ほでん)市で開幕した。同フォーラムの記者会見によると、これまで最多の55の国・地域から、仏教界人士、専門家・学者、その他社会各界の著名人など千人余りの代表と来賓が参加したという。(莆田=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月28日
    第5回世界仏教フォーラム開催、千人余り参加福建省莆田

    28日、莆田市の南湖公園で「同願林」記念碑の除幕を行うフォーラム参加者。第5回世界仏教フォーラムが28日、中国福建省莆田(ほでん)市で開幕した。同フォーラムの記者会見によると、これまで最多の55の国・地域から、仏教界人士、専門家・学者、その他社会各界の著名人など千人余りの代表と来賓が参加したという。(莆田=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月28日
    第5回世界仏教フォーラム開催、千人余り参加福建省莆田

    28日、莆田市の南湖公園で行われた「同願林」共同植樹イベントに参加したフォーラム代表。第5回世界仏教フォーラムが28日、中国福建省莆田(ほでん)市で開幕した。同フォーラムの記者会見によると、これまで最多の55の国・地域から、仏教界人士、専門家・学者、その他社会各界の著名人など千人余りの代表と来賓が参加したという。(莆田=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月28日
    第5回世界仏教フォーラム開催、千人余り参加福建省莆田

    28日、羅漢松(らかんしょう)の前で記念撮影をする「同願林」共同植樹イベント参加者。第5回世界仏教フォーラムが28日、中国福建省莆田(ほでん)市で開幕した。同フォーラムの記者会見によると、これまで最多の55の国・地域から、仏教界人士、専門家・学者、その他社会各界の著名人など千人余りの代表と来賓が参加したという。(莆田=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月28日
    第5回世界仏教フォーラム開催、千人余り参加福建省莆田

    28日、莆田美術館で世界仏教フォーラム写真芸術展を見学するフォーラム参加者。第5回世界仏教フォーラムが28日、中国福建省莆田(ほでん)市で開幕した。同フォーラムの記者会見によると、これまで最多の55の国・地域から、仏教界人士、専門家・学者、その他社会各界の著名人など千人余りの代表と来賓が参加したという。(莆田=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月28日
    第5回世界仏教フォーラム開催、千人余り参加福建省莆田

    28日、莆田市の南湖公園で行われた「同願林」共同植樹イベントに参加したフォーラム代表と来賓。第5回世界仏教フォーラムが28日、中国福建省莆田(ほでん)市で開幕した。同フォーラムの記者会見によると、これまで最多の55の国・地域から、仏教界人士、専門家・学者、その他社会各界の著名人など千人余りの代表と来賓が参加したという。(莆田=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:17.63
    2018年09月28日
    「新華社」台北の孔子廟で盛大な祭礼中華文化の伝承を体現

    台北の孔子廟で28日午前6時、中華民族から代々尊崇されてきた「至聖先師」(孔子)の生誕2569年を祝い、追想する祭礼「釋奠(せきてん)典礼」が厳かに執り行われた。主催者側の説明によると、祭礼は教師を尊敬し教育を重視する「尊師重教」という伝統を守り、祭礼に参加した音楽を担当する「楽生」や舞を担当する「佾生」(いつせい)、その他古代の衣装を身に着けた「礼生」の大多数は小中高生。この日は台湾の新北、桃園、高雄などでも孔子を祭るイベントが行われ、人々の「慎終追遠」と儒家の文化精神を高揚したいという思いを示した。(記者/郭圻)<映像内容>台北孔子廟の祭礼の様子、撮影日:2018(平成30)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月25日
    第73回国連総会、一般討論演説開幕

    25日、米ニューヨークの国連本部で開かれた国連総会で、一般討論演説を行うイランのロウハニ大統領。第73回国連総会一般討論演説が25日、米ニューヨークの国連本部で開幕した。100人以上の国家元首、政府首脳、その他上級代表が国際社会が直面する重大な脅威と課題への対応策を話し合う。(国連=新華社記者/王迎)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月25日
    第73回国連総会、一般討論演説開幕

    25日、米ニューヨークの国連本部で開かれた国連総会で、一般討論演説を行う南アフリカのラマポーザ大統領。第73回国連総会一般討論演説が25日、米ニューヨークの国連本部で開幕した。100人以上の国家元首、政府首脳、その他上級代表が国際社会が直面する重大な脅威と課題への対応策を話し合う。(国連=新華社記者/秦朗)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月25日
    第73回国連総会、一般討論演説開幕

    25日、米ニューヨークの国連本部で開かれた国連総会で、一般討論演説を行うグテレス国連事務総長。第73回国連総会一般討論演説が25日、米ニューヨークの国連本部で開幕した。100人以上の国家元首、政府首脳、その他上級代表が国際社会が直面する重大な脅威と課題への対応策を話し合う。(国連=新華社記者/李木子)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月25日
    第73回国連総会、一般討論演説開幕

    25日、米ニューヨークの国連本部で開かれた国連総会で、一般討論演説を行うエスピノサ国連総会第73会期議長。第73回国連総会一般討論演説が25日、米ニューヨークの国連本部で開幕した。100人以上の国家元首、政府首脳、その他上級代表が国際社会が直面する重大な脅威と課題への対応策を話し合う。(国連=新華社記者/李木子)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月25日
    第73回国連総会、一般討論演説開幕

    25日、米ニューヨークの国連本部で開かれた国連総会で、一般討論演説を行うグテレス国連事務総長(中央)。第73回国連総会一般討論演説が25日、米ニューヨークの国連本部で開幕した。100人以上の国家元首、政府首脳、その他上級代表が国際社会が直面する重大な脅威と課題への対応策を話し合う。(国連=新華社記者/李木子)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月25日
    第73回国連総会、一般討論演説開幕

    25日、米ニューヨークの国連本部で開かれた国連総会で、一般討論演説を行うトランプ米大統領。第73回国連総会一般討論演説が25日、米ニューヨークの国連本部で開幕した。100人以上の国家元首、政府首脳、その他上級代表が国際社会が直面する重大な脅威と課題への対応策を話し合う。(国連=新華社記者/李木子)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:17.63
    2018年09月11日
    「新華社」【字幕あり】アリババ、ニューデリーで公益大会海外サブフォーラム開催

    中国のITサービス大手、アリババグループ(阿里巴巴集団)はこのほど、インドのニューデリーで公益事業大会の海外サブフォーラムを開催した。同フォーラムは「愛に国境はない」をテーマに、児童や女性、教育などにスポットを当て、「インターネット+公益」によるイノベーションへの探求を共有することで、「一人一人による公益事業」という理念を伝えた。今回は同社が初めて海外で開催する公益大会のサブフォーラムで、会場ではグループ傘下のアリババ文化娯楽集団ビッグUC事業グループの朱順炎(しゅ・じゅんえん)総裁が、アリババの「空はもっと青く、心はもっと温かく」という公益ビジョンや各レベルの公益システム、グローバル公益事業の実践について紹介した。アリババグループと同社傘下のUCWeb社は、インドで教科書寄贈や児童労働反対、女性のキャリアアップ支援などの現地化された公益活動を長期にわたって展開している。アリババ文化娯楽集団ビッグUC事業グループ朱順炎総裁海外サブフォーラムの会場を選択するにあたり、インドは前から私たちが非常に重視している市場です。UCWebはインドで優れた基盤とプラットフォームとしての能力を持っており、私たちの公益理念をより良く実践するために手助けができると考えています。もちろん、その他の国でもこれらの経験を踏まえ徐々に展開をしていく予定です。(記者/姜磊)<映像内容>サブフォーラムの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年01月25日
    街中の防犯カメラ

    キーワード:カメラ、ショッピングセンター、屋外、街中、監視カメラ、記録、治安、商店街、証拠、昼、冬、日本、繁華街、防止、無人、その他、抑止、モノメイン写真、犯罪防止=2018(平成30)年1月25日、撮影場所不明、クレジット:Keiji Kaneda/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2018

  • 2016年08月31日
    首都高速浜川崎入口

    キーワード:一般、屋外、夏、建物、乗り物、高速道路、首都高速道路、昼、道、道路、日本、入り口、風景、無人、有料道路、料金所、ETC、川崎区、横羽線、浜川崎、風景メイン写真、浜川崎料金所、浜川崎入口=2016(平成28)年8月31日、神奈川県川崎市、クレジット:Keiji Kaneda/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2016

  • 2016年01月17日
    諸葛孔明を祭る「漢中武侯祠」を訪ねて陝西省漢中市

    陝西省漢中市勉県城にある武侯祠の拝殿前広場。(2016年1月17日撮影)中国陝西省漢中市勉県の県庁所在地から西へ3キロの国道108号線沿いに、中国の歴史上で傑出した政治家、軍事家として知られる三国時代の蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る「武侯祠(ぶこうし)」がある。蜀漢の景耀(けいよう)6年(263年)に作られ、全国に数ある武侯祠の中で最も古い。唯一皇帝(蜀の後主、劉禅)の詔で建てられた諸葛亮の祠堂でもある。同地の武侯祠は四川省成都市の成都武侯祠に対し「漢中武侯祠」とも呼ばれる。規模は約80ムー(約5・3ヘクタール)と広大で、陝西省南部で比較的大きな古代建築群に入る。敷地には漢代以降の各時代の石碑91基や扁額・対聯62面(組)、その他の文化財65点、古木・名木35本などの文化財も豊富に残されている。(漢中=新華社配信/宋楽)=2016(平成28)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2016年01月17日
    諸葛孔明を祭る「漢中武侯祠」を訪ねて陝西省漢中市

    陝西省漢中市勉県城の武侯祠。(2016年1月17日撮影)中国陝西省漢中市勉県の県庁所在地から西へ3キロの国道108号線沿いに、中国の歴史上で傑出した政治家、軍事家として知られる三国時代の蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る「武侯祠(ぶこうし)」がある。蜀漢の景耀(けいよう)6年(263年)に作られ、全国に数ある武侯祠の中で最も古い。唯一皇帝(蜀の後主、劉禅)の詔で建てられた諸葛亮の祠堂でもある。同地の武侯祠は四川省成都市の成都武侯祠に対し「漢中武侯祠」とも呼ばれる。規模は約80ムー(約5・3ヘクタール)と広大で、陝西省南部で比較的大きな古代建築群に入る。敷地には漢代以降の各時代の石碑91基や扁額・対聯62面(組)、その他の文化財65点、古木・名木35本などの文化財も豊富に残されている。(漢中=新華社配信/宋楽)=2016(平成28)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2016年01月17日
    諸葛孔明を祭る「漢中武侯祠」を訪ねて陝西省漢中市

    陝西省漢中市勉県城にある武侯祠の戟門(げきもん)。(2016年1月17日撮影)中国陝西省漢中市勉県の県庁所在地から西へ3キロの国道108号線沿いに、中国の歴史上で傑出した政治家、軍事家として知られる三国時代の蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る「武侯祠(ぶこうし)」がある。蜀漢の景耀(けいよう)6年(263年)に作られ、全国に数ある武侯祠の中で最も古い。唯一皇帝(蜀の後主、劉禅)の詔で建てられた諸葛亮の祠堂でもある。同地の武侯祠は四川省成都市の成都武侯祠に対し「漢中武侯祠」とも呼ばれる。規模は約80ムー(約5・3ヘクタール)と広大で、陝西省南部で比較的大きな古代建築群に入る。敷地には漢代以降の各時代の石碑91基や扁額・対聯62面(組)、その他の文化財65点、古木・名木35本などの文化財も豊富に残されている。(漢中=新華社配信/宋楽)=2016(平成28)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2015年09月16日
    外国人需要で大都市沸く

    地方中枢都市とその他の地方圏の地価変動率

  • 2014年01月05日
    自由の女神とレインボーブリッジ

    キーワード:お台場、ライトアップ、レインボーブリッジ、屋外、橋、自由の女神、日本、風景、無人、その他、風景メイン写真=2014(平成26)年1月5日、東京都港区、クレジット:Saha Entertainment/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2014

  • 2013年12月31日
    仙台城跡の伊達政宗像

    キーワード:ローアングル、伊達政宗、屋外、公園、城、城址、人物像、青葉山、青葉山公園、仙台城跡、冬、銅像、日本、無人、仙台城、その他、モノメイン写真=2013(平成25)年12月31日、宮城県仙台市、クレジット:Koutaro Makioka/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2013

  • 2013年12月29日
    上杉鷹山公像

    キーワード:屋外、公園、松が岬公園、上杉神社、上杉鷹山、城址、神社、人物像、彫像、日本、米沢城跡、無人、その他、モノメイン写真=2013(平成25)年12月29日、山形県米沢市、クレジット:Koutaro Makioka/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2013

  • 2013年10月14日
    黒田官兵衛 顕彰碑 御着城跡

    キーワード:屋外、顕彰碑、秋、城址、石碑、日本、無人、木立、その他、黒田官兵衛、ゆかりの地、御国野町、御着城跡、御着、モノメイン写真=2013(平成25)年10月14日、兵庫県姫路市、クレジット:Yoshiyuki Kaneko/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2013

  • 2013年09月28日
    神戸港の風景 メリケンシアター

    キーワード:ビル、屋外、神戸港、日本、無人、その他、メリケンシアター、モノメイン写真=2013(平成25)年9月28日、兵庫県神戸市、クレジット:Yoshiyuki Kaneko/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2013

  • 2013年08月08日
    石巻 日和山公園の川村孫兵衛の像

    キーワード:1体、屋外、夏、公園、人物像、銅像、日本、日和山公園、風景、無人、木立、その他、川村孫兵衛、風景メイン写真=2013(平成25)年8月8日、宮城県石巻市、クレジット:Yoshiyuki Kaneko/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2013

  • 2013年08月08日
    石巻 日和山公園の川村孫兵衛の像

    キーワード:1体、屋外、夏、公園、人物像、銅像、日本、日和山公園、風景、無人、木立、その他、川村孫兵衛、風景メイン写真=2013(平成25)年8月8日、宮城県石巻市、クレジット:Yoshiyuki Kaneko/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2013

  • 2013年05月23日
    千葉ポートタワー付近のトーテンポール

    キーワード:オブジェ、トーテムポール、屋外、初夏、日本、無人、木立、その他、テーマメイン写真=2013(平成25)年5月23日、千葉県千葉市、クレジット:JUNKO TAKAHASHI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2013

  • 2013年03月17日
    柴又帝釈天参道

    キーワード:駅、屋外、町並み、参道、柴又、柴又帝釈天参道、商店街、石碑、日本、風景、無人、その他、柴又7丁目、柴又帝釈天、柴又駅、風景メイン写真=2013(平成25)年3月17日、東京都葛飾区、クレジット:HISAO OSONO/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2013

  • 2013年03月17日
    柴又駅前寅さんの像

    キーワード:駅、駅前、屋外、町並み、交通施設、柴又、人物、人間、人物像、像、彫像、日本、複数、その他、鉄道施設、柴又4丁目、寅さん、柴又駅、寅さん像=2013(平成25)年3月17日、東京都葛飾区、クレジット:HISAO OSONO/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2013

  • 2013年03月17日
    柴又駅前寅さん像

    キーワード:駅、駅前、屋外、交通施設、柴又、人物、人間、人物像、像、彫像、日本、その他、鉄道施設、柴又4丁目、寅さん、柴又駅、寅さん像=2013(平成25)年3月17日、東京都葛飾区、クレジット:HISAO OSONO/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2013

  • 2013年03月17日
    柴又帝釈天参道の山田洋次モニュメント

    キーワード:モニュメント、駅、屋外、町並み、柴又、柴又帝釈天参道、商店街、石碑、日本、無人、その他、柴又7丁目、柴又駅、山田洋次、テーマメイン写真=2013(平成25)年3月17日、東京都葛飾区、クレジット:HISAO OSONO/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2013

  • 2013年01月19日
    豊臣秀頼淀殿自刀の地 大阪城

    キーワード:屋外、城、石碑、大阪城、地碑、中央区、冬、日本、無人、その他、秀頼淀殿ら自刃の地の碑、テーマメイン写真=2013(平成25)年1月19日、大阪府大阪市、クレジット:HIRO/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2013

  • 2013年01月19日
    大阪城の刻印石広場

    キーワード:屋外、広場、城、大阪城、中央区、冬、日本、無人、その他、刻印石広場、テーマメイン写真=2013(平成25)年1月19日、大阪府大阪市、クレジット:HIRO/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2013

  • 2012年11月20日
    浦戸城址碑

    キーワード:屋外、秋、城、石碑、日本、風景、無人、木立、その他、浦戸城、浦戸、風景メイン写真=2012(平成24)年11月20日、高知県高知市、クレジット:maple/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2012

  • 2012年11月14日
    金蔵院

    キーワード:屋外、寺、秋、地蔵、日本、並ぶ、無人、その他、金蔵院、テーマメイン写真=2012(平成24)年11月14日、栃木県佐野市、クレジット:JUNKO TAKAHASHI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2012

  • 2012年11月14日
    織姫公園もみじ谷の碑

    キーワード:屋外、公園、秋、石碑、日本、無人、木立、その他、織姫公園、紅葉谷、テーマメイン写真=2012(平成24)年11月14日、栃木県足利市、クレジット:JUNKO TAKAHASHI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2012

  • 1
  • 2
  • 3