KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 風景メイン
  • 国際空港
  • 羽田空港
  • 北京大興
  • ドローン
  • 小型無人機
  • 建設プロジェクト
  • 関西空港
  • 丸の内新駅
  • 東京駅丸の内

「ターミナル」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 社会
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
923
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
923
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年12月29日
    (7)海口美蘭国際空港の第2期プロジェクト完了、31日から供用開始海南省

    27日、海口美蘭国際空港の第2期拡張プロジェクトで完成した第2ターミナルの内部。中国海南省海口市の海口美蘭国際空港によると、同空港の第2ターミナル建設など第2期拡張プロジェクトが完了し、31日から供用開始されるという。(海口=新華社記者/郭程)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (2)海口美蘭国際空港の第2期プロジェクト完了、31日から供用開始海南省

    27日、海口美蘭国際空港の第2期拡張プロジェクトで完成した第2ターミナルの内部。中国海南省海口市の海口美蘭国際空港によると、同空港の第2ターミナル建設など第2期拡張プロジェクトが完了し、31日から供用開始されるという。(海口=新華社記者/郭程)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (1)海口美蘭国際空港の第2期プロジェクト完了、31日から供用開始海南省

    27日、海口美蘭国際空港の第2期拡張プロジェクトで完成した第2ターミナルで、ごみを運ぶスタッフ。中国海南省海口市の海口美蘭国際空港によると、同空港の第2ターミナル建設など第2期拡張プロジェクトが完了し、31日から供用開始されるという。(海口=新華社記者/郭程)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (4)海口美蘭国際空港の第2期プロジェクト完了、31日から供用開始海南省

    27日、海口美蘭国際空港の第2期拡張プロジェクトで完成した第2ターミナルで準備作業をするスタッフ。中国海南省海口市の海口美蘭国際空港によると、同空港の第2ターミナル建設など第2期拡張プロジェクトが完了し、31日から供用開始されるという。(海口=新華社記者/郭程)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (5)海口美蘭国際空港の第2期プロジェクト完了、31日から供用開始海南省

    27日、海口美蘭国際空港の第2期拡張プロジェクトで完成した第2ターミナルの内部。中国海南省海口市の海口美蘭国際空港によると、同空港の第2ターミナル建設など第2期拡張プロジェクトが完了し、31日から供用開始されるという。(海口=新華社記者/郭程)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (6)海口美蘭国際空港の第2期プロジェクト完了、31日から供用開始海南省

    27日、海口美蘭国際空港の第2期拡張プロジェクトで完成した第2ターミナルの内部。中国海南省海口市の海口美蘭国際空港によると、同空港の第2ターミナル建設など第2期拡張プロジェクトが完了し、31日から供用開始されるという。(海口=新華社記者/郭程)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (3)海口美蘭国際空港の第2期プロジェクト完了、31日から供用開始海南省

    27日、海口美蘭国際空港の第2期拡張プロジェクトで完成した第2ターミナルの内部。中国海南省海口市の海口美蘭国際空港によると、同空港の第2ターミナル建設など第2期拡張プロジェクトが完了し、31日から供用開始されるという。(海口=新華社記者/郭程)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月19日
    (1)標高1745メートルの重慶仙女山空港が開業

    18日、重慶仙女山空港の滑走路を走る初便。中国重慶市に建設された重慶仙女山空港が18日、開業した。同市5番目の旅客機用空港として標高1745・04メートルに建設され、滑走路は長さ2800メートル、幅45メートルで、ボーイング737やエアバス320、中国国産大型旅客機C919の離着陸が可能となっている。ターミナルビルは総面積6千平方メートルで、年間60万人が利用できる。年間の貨物取扱量は1500トンで、6360回の発着に対応できる。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2020(令和2)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月19日
    (5)標高1745メートルの重慶仙女山空港が開業

    18日、開業した重慶仙女山空港ターミナルの内部。中国重慶市に建設された重慶仙女山空港が18日、開業した。同市5番目の旅客機用空港として標高1745・04メートルに建設され、滑走路は長さ2800メートル、幅45メートルで、ボーイング737やエアバス320、中国国産大型旅客機C919の離着陸が可能となっている。ターミナルビルは総面積6千平方メートルで、年間60万人が利用できる。年間の貨物取扱量は1500トンで、6360回の発着に対応できる。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2020(令和2)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月19日
    (3)標高1745メートルの重慶仙女山空港が開業

    18日、重慶仙女山空港の外で初便を見る市民。中国重慶市に建設された重慶仙女山空港が18日、開業した。同市5番目の旅客機用空港として標高1745・04メートルに建設され、滑走路は長さ2800メートル、幅45メートルで、ボーイング737やエアバス320、中国国産大型旅客機C919の離着陸が可能となっている。ターミナルビルは総面積6千平方メートルで、年間60万人が利用できる。年間の貨物取扱量は1500トンで、6360回の発着に対応できる。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2020(令和2)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月19日
    (2)標高1745メートルの重慶仙女山空港が開業

    18日、重慶仙女山空港の滑走路を走る初便。中国重慶市に建設された重慶仙女山空港が18日、開業した。同市5番目の旅客機用空港として標高1745・04メートルに建設され、滑走路は長さ2800メートル、幅45メートルで、ボーイング737やエアバス320、中国国産大型旅客機C919の離着陸が可能となっている。ターミナルビルは総面積6千平方メートルで、年間60万人が利用できる。年間の貨物取扱量は1500トンで、6360回の発着に対応できる。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2020(令和2)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月19日
    (4)標高1745メートルの重慶仙女山空港が開業

    18日、開業した重慶仙女山空港ターミナル。中国重慶市に建設された重慶仙女山空港が18日、開業した。同市5番目の旅客機用空港として標高1745・04メートルに建設され、滑走路は長さ2800メートル、幅45メートルで、ボーイング737やエアバス320、中国国産大型旅客機C919の離着陸が可能となっている。ターミナルビルは総面積6千平方メートルで、年間60万人が利用できる。年間の貨物取扱量は1500トンで、6360回の発着に対応できる。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2020(令和2)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月07日
    建設進む福平鉄道の平潭総合ターミナル福建省

    7日、平潭一体化総合交通ターミナルの建設現場で、自然採光型のプラットホームを建設する作業員。中国福建省福州市の福州駅と平潭島を結ぶ福平鉄道に建設される平潭一体化総合交通ターミナルは現在、工事が最終段階に入っている。完成後は高速鉄道やバス、タクシー、自家用車など、さまざまな交通手段が1カ所に集まり、スムーズな乗り換えが可能となる。同鉄道は年内に完成し、運行を開始する予定となっている。(平潭=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月07日
    建設進む福平鉄道の平潭総合ターミナル福建省

    7日、平潭一体化総合交通ターミナルの建設現場で、換気装置を設置する作業員。中国福建省福州市の福州駅と平潭島を結ぶ福平鉄道に建設される平潭一体化総合交通ターミナルは現在、工事が最終段階に入っている。完成後は高速鉄道やバス、タクシー、自家用車など、さまざまな交通手段が1カ所に集まり、スムーズな乗り換えが可能となる。同鉄道は年内に完成し、運行を開始する予定となっている。(平潭=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月07日
    建設進む福平鉄道の平潭総合ターミナル福建省

    7日、平潭一体化総合交通ターミナルの建設現場で、フォークリフトで建築資材を運ぶ作業員。中国福建省福州市の福州駅と平潭島を結ぶ福平鉄道に建設される平潭一体化総合交通ターミナルは現在、工事が最終段階に入っている。完成後は高速鉄道やバス、タクシー、自家用車など、さまざまな交通手段が1カ所に集まり、スムーズな乗り換えが可能となる。同鉄道は年内に完成し、運行を開始する予定となっている。(平潭=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月07日
    建設進む福平鉄道の平潭総合ターミナル福建省

    7日、福平鉄道の平潭一体化総合交通ターミナル。(小型無人機から)中国福建省福州市の福州駅と平潭島を結ぶ福平鉄道に建設される平潭一体化総合交通ターミナルは現在、工事が最終段階に入っている。完成後は高速鉄道やバス、タクシー、自家用車など、さまざまな交通手段が1カ所に集まり、スムーズな乗り換えが可能となる。同鉄道は年内に完成し、運行を開始する予定となっている。(平潭=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月03日
    ウルムチ空港、第4ターミナルの建設順調

    3日、ウルムチ地窩堡国際空港の拡張工事現場で、コンクリートを打設する中国建築第三工程局の作業員。中国新疆ウイグル自治区のウルムチ地窩堡(ちかほう)国際空港の拡張工事は3日、第4ターミナルの南サテライト第1セクションの主体構造が完成した。今回の拡張工事は、自治区で実施される単体建築の建設プロジェクトの中で最大規模となる。2023年の完成を見込む。(ウルムチ=新華社記者/符暁波)=2020(令和2)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月03日
    ウルムチ空港、第4ターミナルの建設順調

    3日、ウルムチ地窩堡国際空港の拡張工事現場で、コンクリートを打設する中国建築第三工程局の作業員。中国新疆ウイグル自治区のウルムチ地窩堡(ちかほう)国際空港の拡張工事は3日、第4ターミナルの南サテライト第1セクションの主体構造が完成した。今回の拡張工事は、自治区で実施される単体建築の建設プロジェクトの中で最大規模となる。2023年の完成を見込む。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2020(令和2)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月03日
    ウルムチ空港、第4ターミナルの建設順調

    3日、ウルムチ地窩堡国際空港の拡張工事現場で、コンクリートを打設する中国建築第三工程局の作業員。中国新疆ウイグル自治区のウルムチ地窩堡(ちかほう)国際空港の拡張工事は3日、第4ターミナルの南サテライト第1セクションの主体構造が完成した。今回の拡張工事は、自治区で実施される単体建築の建設プロジェクトの中で最大規模となる。2023年の完成を見込む。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2020(令和2)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月03日
    ウルムチ空港、第4ターミナルの建設順調

    3日、ウルムチ地窩堡国際空港の拡張工事現場で、コンクリートを打設する中国建築第三工程局の作業員。中国新疆ウイグル自治区のウルムチ地窩堡(ちかほう)国際空港の拡張工事は3日、第4ターミナルの南サテライト第1セクションの主体構造が完成した。今回の拡張工事は、自治区で実施される単体建築の建設プロジェクトの中で最大規模となる。2023年の完成を見込む。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2020(令和2)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月03日
    ウルムチ空港、第4ターミナルの建設順調

    3日、ウルムチ地窩堡国際空港の拡張工事現場で、コンクリートを打設する中国建築第三工程局の作業員。中国新疆ウイグル自治区のウルムチ地窩堡(ちかほう)国際空港の拡張工事は3日、第4ターミナルの南サテライト第1セクションの主体構造が完成した。今回の拡張工事は、自治区で実施される単体建築の建設プロジェクトの中で最大規模となる。2023年の完成を見込む。(ウルムチ=新華社記者/符暁波)=2020(令和2)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月03日
    ウルムチ空港、第4ターミナルの建設順調

    3日、ウルムチ地窩堡国際空港の拡張工事現場で働く中国建築第三工程局の作業員。中国新疆ウイグル自治区のウルムチ地窩堡(ちかほう)国際空港の拡張工事は3日、第4ターミナルの南サテライト第1セクションの主体構造が完成した。今回の拡張工事は、自治区で実施される単体建築の建設プロジェクトの中で最大規模となる。2023年の完成を見込む。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2020(令和2)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    各地で薬物乱用防止の啓発イベント海南省海口市

    20日、海南省海口市の長距離バスターミナルで、薬物に関する知識を2次元バーコードから読み取る市民や観光客。中国海南省海口市で20日、薬物乱用を防止するための啓発イベントが学校や住宅街、娯楽施設など複数の場所で行われた。学生や社会人などあらゆる立場の市民に薬物の正しい知識や危険性を伝え、興味本位で手を出したりしないよう呼び掛けた。同市は海南自由貿易港の建設に向け、薬物乱用のない治安の安定した社会づくりを目指すとしている。(海口=新華社記者/劉鄧)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    空から見た江都水利ターミナル江蘇省揚州市

    14日、揚州市の江都水利ターミナル。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市を流れる京杭大運河、新通揚運河、淮河入江水道の合流地点に位置する江都水利ターミナルは、南は長江、北は淮河とつながり、「南水北調」プロジェクト東ルート建設の出発点となっている。同ターミナルは主に大型電力揚水ステーション4基や大中型水門12基、通船門3基、送変電設備、用排水路などで構成される。発電設備が33基あり、発電容量は5万5800キロワットで、アジア最大規模の電力排水・かんがいプロジェクトとなっている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    空から見た江都水利ターミナル江蘇省揚州市

    14日、揚州市の江都水利ターミナル。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市を流れる京杭大運河、新通揚運河、淮河入江水道の合流地点に位置する江都水利ターミナルは、南は長江、北は淮河とつながり、「南水北調」プロジェクト東ルート建設の出発点となっている。同ターミナルは主に大型電力揚水ステーション4基や大中型水門12基、通船門3基、送変電設備、用排水路などで構成される。発電設備が33基あり、発電容量は5万5800キロワットで、アジア最大規模の電力排水・かんがいプロジェクトとなっている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    空から見た江都水利ターミナル江蘇省揚州市

    14日、揚州市の江都水利ターミナル。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市を流れる京杭大運河、新通揚運河、淮河入江水道の合流地点に位置する江都水利ターミナルは、南は長江、北は淮河とつながり、「南水北調」プロジェクト東ルート建設の出発点となっている。同ターミナルは主に大型電力揚水ステーション4基や大中型水門12基、通船門3基、送変電設備、用排水路などで構成される。発電設備が33基あり、発電容量は5万5800キロワットで、アジア最大規模の電力排水・かんがいプロジェクトとなっている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    空から見た江都水利ターミナル江蘇省揚州市

    14日、揚州市の江都水利ターミナル。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市を流れる京杭大運河、新通揚運河、淮河入江水道の合流地点に位置する江都水利ターミナルは、南は長江、北は淮河とつながり、「南水北調」プロジェクト東ルート建設の出発点となっている。同ターミナルは主に大型電力揚水ステーション4基や大中型水門12基、通船門3基、送変電設備、用排水路などで構成される。発電設備が33基あり、発電容量は5万5800キロワットで、アジア最大規模の電力排水・かんがいプロジェクトとなっている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    空から見た江都水利ターミナル江蘇省揚州市

    14日、揚州市の江都水利ターミナル。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市を流れる京杭大運河、新通揚運河、淮河入江水道の合流地点に位置する江都水利ターミナルは、南は長江、北は淮河とつながり、「南水北調」プロジェクト東ルート建設の出発点となっている。同ターミナルは主に大型電力揚水ステーション4基や大中型水門12基、通船門3基、送変電設備、用排水路などで構成される。発電設備が33基あり、発電容量は5万5800キロワットで、アジア最大規模の電力排水・かんがいプロジェクトとなっている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    空から見た江都水利ターミナル江蘇省揚州市

    14日、揚州市の江都水利ターミナル。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市を流れる京杭大運河、新通揚運河、淮河入江水道の合流地点に位置する江都水利ターミナルは、南は長江、北は淮河とつながり、「南水北調」プロジェクト東ルート建設の出発点となっている。同ターミナルは主に大型電力揚水ステーション4基や大中型水門12基、通船門3基、送変電設備、用排水路などで構成される。発電設備が33基あり、発電容量は5万5800キロワットで、アジア最大規模の電力排水・かんがいプロジェクトとなっている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    空から見た江都水利ターミナル江蘇省揚州市

    14日、揚州市の江都水利ターミナル。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市を流れる京杭大運河、新通揚運河、淮河入江水道の合流地点に位置する江都水利ターミナルは、南は長江、北は淮河とつながり、「南水北調」プロジェクト東ルート建設の出発点となっている。同ターミナルは主に大型電力揚水ステーション4基や大中型水門12基、通船門3基、送変電設備、用排水路などで構成される。発電設備が33基あり、発電容量は5万5800キロワットで、アジア最大規模の電力排水・かんがいプロジェクトとなっている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    空から見た江都水利ターミナル江蘇省揚州市

    14日、揚州市の江都水利ターミナル。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市を流れる京杭大運河、新通揚運河、淮河入江水道の合流地点に位置する江都水利ターミナルは、南は長江、北は淮河とつながり、「南水北調」プロジェクト東ルート建設の出発点となっている。同ターミナルは主に大型電力揚水ステーション4基や大中型水門12基、通船門3基、送変電設備、用排水路などで構成される。発電設備が33基あり、発電容量は5万5800キロワットで、アジア最大規模の電力排水・かんがいプロジェクトとなっている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    空から見た江都水利ターミナル江蘇省揚州市

    14日、揚州市の江都水利ターミナル。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市を流れる京杭大運河、新通揚運河、淮河入江水道の合流地点に位置する江都水利ターミナルは、南は長江、北は淮河とつながり、「南水北調」プロジェクト東ルート建設の出発点となっている。同ターミナルは主に大型電力揚水ステーション4基や大中型水門12基、通船門3基、送変電設備、用排水路などで構成される。発電設備が33基あり、発電容量は5万5800キロワットで、アジア最大規模の電力排水・かんがいプロジェクトとなっている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    習近平氏、江蘇省揚州市を視察

    13日、揚州市の江都水利ターミナルを訪れ、「南水北調」プロジェクト東ルートの計画・建設状況と同ターミナルの運営状況を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は13日、江蘇省揚州市を視察した。(揚州=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    習近平氏、江蘇省揚州市を視察

    13日、揚州市の江都水利ターミナルを訪れ、「南水北調」プロジェクト東ルートの計画・建設状況と同ターミナルの運営状況を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は13日、江蘇省揚州市を視察した。(揚州=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    習近平氏、江蘇省揚州市を視察

    13日、揚州市の江都水利ターミナルを訪れ、「南水北調」プロジェクト東ルートの計画・建設状況と同ターミナルの運営状況を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は13日、江蘇省揚州市を視察した。(揚州=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    習近平氏、江蘇省揚州市を視察

    13日、揚州市の江都水利ターミナルを訪れ、「南水北調」プロジェクト東ルートの計画・建設状況と同ターミナルの運営状況を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は13日、江蘇省揚州市を視察した。(揚州=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    習近平氏、江蘇省揚州市を視察

    13日、揚州市の江都水利ターミナルを訪れ、「南水北調」プロジェクト東ルートの計画・建設状況と同ターミナルの運営状況を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は13日、江蘇省揚州市を視察した。(揚州=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月02日
    中ロ天然ガスパイプライン東ルート、建設急ピッチ河北省唐山市

    2日、河北省唐山市豊潤区常荘鎮の天然ガスパイプラインの工事現場で働く作業員。(小型無人機から)中国とロシアを結ぶ天然ガスパイプライン東ルート中間区間(吉林省長嶺県‐河北省永清県)の河北省唐山市豊潤区区域で、唐遵都市間鉄道を横断する建設工事が急ピッチで進んでいる。パイプラインはロシアの東シベリアからブラゴベシチェンスクを経由し、中国黒竜江省黒河市につながる。中国国内では黒竜江、吉林、内モンゴル、遼寧、河北、天津、山東、江蘇の各省・自治区・直轄市を通り、最終地点の上海市に至る。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月02日
    中ロ天然ガスパイプライン東ルート、建設急ピッチ河北省唐山市

    2日、河北省唐山市豊潤区常荘鎮の天然ガスパイプラインの工事現場で働く作業員。中国とロシアを結ぶ天然ガスパイプライン東ルート中間区間(吉林省長嶺県‐河北省永清県)の河北省唐山市豊潤区区域で、唐遵都市間鉄道を横断する建設工事が急ピッチで進んでいる。パイプラインはロシアの東シベリアからブラゴベシチェンスクを経由し、中国黒竜江省黒河市につながる。中国国内では黒竜江、吉林、内モンゴル、遼寧、河北、天津、山東、江蘇の各省・自治区・直轄市を通り、最終地点の上海市に至る。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月02日
    中ロ天然ガスパイプライン東ルート、建設急ピッチ河北省唐山市

    2日、河北省唐山市豊潤区常荘鎮の天然ガスパイプラインの工事現場で働く作業員。(小型無人機から)中国とロシアを結ぶ天然ガスパイプライン東ルート中間区間(吉林省長嶺県‐河北省永清県)の河北省唐山市豊潤区区域で、唐遵都市間鉄道を横断する建設工事が急ピッチで進んでいる。パイプラインはロシアの東シベリアからブラゴベシチェンスクを経由し、中国黒竜江省黒河市につながる。中国国内では黒竜江、吉林、内モンゴル、遼寧、河北、天津、山東、江蘇の各省・自治区・直轄市を通り、最終地点の上海市に至る。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月02日
    中ロ天然ガスパイプライン東ルート、建設急ピッチ河北省唐山市

    2日、河北省唐山市豊潤区常荘鎮の天然ガスパイプラインの工事現場で働く作業員。(小型無人機から)中国とロシアを結ぶ天然ガスパイプライン東ルート中間区間(吉林省長嶺県‐河北省永清県)の河北省唐山市豊潤区区域で、唐遵都市間鉄道を横断する建設工事が急ピッチで進んでいる。パイプラインはロシアの東シベリアからブラゴベシチェンスクを経由し、中国黒竜江省黒河市につながる。中国国内では黒竜江、吉林、内モンゴル、遼寧、河北、天津、山東、江蘇の各省・自治区・直轄市を通り、最終地点の上海市に至る。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月02日
    中ロ天然ガスパイプライン東ルート、建設急ピッチ河北省唐山市

    2日、河北省唐山市豊潤区常荘鎮の天然ガスパイプラインの工事現場で働く作業員。(小型無人機から)中国とロシアを結ぶ天然ガスパイプライン東ルート中間区間(吉林省長嶺県‐河北省永清県)の河北省唐山市豊潤区区域で、唐遵都市間鉄道を横断する建設工事が急ピッチで進んでいる。パイプラインはロシアの東シベリアからブラゴベシチェンスクを経由し、中国黒竜江省黒河市につながる。中国国内では黒竜江、吉林、内モンゴル、遼寧、河北、天津、山東、江蘇の各省・自治区・直轄市を通り、最終地点の上海市に至る。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:43.00
    2020年10月12日
    「新華社」北斗3号システム、高速鉄道レールの精密計測で初運用

    中国北京市と遼寧省瀋陽市間で建設が進む京瀋高速鉄道の北京市朝陽ターミナル-同市順義区区間の工事現場でこのほど、衛星測位システム「北斗3号」を用いたレールの精密計測が行われた。計測はインフラ建設大手、中国中鉄傘下の中鉄第五勘察設計院集団と武漢大学の技術者が、北斗慣性統合誘導鉄道軌道幾何形状測定器(北斗慣性誘導台車)を使い、同区間上下線のバラスト軌道計49・6キロで複数回実施した。北斗3号システムの高速鉄道建設での運用は、7月31日に同システムが運用を開始して以降初めて。北斗慣性誘導台車はレールの3次元座標や形状、軌間を迅速かつ精密に計測することができ、レールの各種幾何学的パラメーターの効率的な測定を実現した。計測効率は、従来のトータルステーションを用いた精密計測に比べ20倍以上向上したという。(記者/丁静)<映像内容>京瀋高速鉄道の工事現場、レールの精密計測の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月29日
    広州白雲国際空港の第3期拡張工事始まる広東省

    広州白雲国際空港第3ターミナルビル内部の完成予想図。(資料写真)中国広東省の広州白雲国際空港第3期拡張工事が27日、正式に着工した。新滑走路2本と42万平方メートルの第3ターミナル(T3)ビル、190機余りの駐機スポットを持つエプロンの建設を主体としている。同空港は昨年、海外約90カ所を含む230カ所余りとの間で運航実績があり、年間利用者数は延べ7338万人と、粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)民間航空旅客数の約3分の1を占めている。(広州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月29日
    広州白雲国際空港の第3期拡張工事始まる広東省

    広州白雲国際空港の第3期拡張プロジェクトの完成予想図。(資料写真)中国広東省の広州白雲国際空港第3期拡張工事が27日、正式に着工した。新滑走路2本と42万平方メートルの第3ターミナル(T3)ビル、190機余りの駐機スポットを持つエプロンの建設を主体としている。同空港は昨年、海外約90カ所を含む230カ所余りとの間で運航実績があり、年間利用者数は延べ7338万人と、粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)民間航空旅客数の約3分の1を占めている。(広州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月29日
    広州白雲国際空港の第3期拡張工事始まる広東省

    広州白雲国際空港第3ターミナルビルと総合交通センターの外観完成予想図。中国広東省の広州白雲国際空港第3期拡張工事が27日、正式に着工した。新滑走路2本と42万平方メートルの第3ターミナル(T3)ビル、190機余りの駐機スポットを持つエプロンの建設を主体としている。同空港は昨年、海外約90カ所を含む230カ所余りとの間で運航実績があり、年間利用者数は延べ7338万人と、粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)民間航空旅客数の約3分の1を占めている。(広州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:18.46
    2020年09月27日
    「新華社」広州白雲国際空港の第3期拡張工事始まる広東省

    中国広東省の広州白雲国際空港第3期拡張工事が27日、正式に着工した。新滑走路2本と42万平方メートルの第3ターミナル(T3)ビル、190機余りの駐機スポットを持つエプロンの建設を主体としている。同空港は昨年、海外約90カ所を含む230カ所余りとの間で運航実績があり、年間利用者数は延べ7338万人と、粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)民間航空旅客数の約3分の1を占めている。今回の拡張工事が完成すると、同省広州市、東莞市と深圳市を結ぶ「穗莞深都市間鉄道」、広州市と河源市を結ぶ「広河高速道路」、広州市と中山市、珠海市、マカオを結ぶ「広中珠澳高速鉄道、第2空港高速道路と広州市地下鉄22号の北延長区間などと結び付き、第3ターミナルは航空・高速道路・鉄道が一体化した交通複合施設になる。専門家によると、このプロジェクトは、粤港澳大湾区の急速に増大する航空輸送需要を満たし、同区の国際レベル都市群建設を後押しして、地域経済の発展を促すという。(記者/田建川)<映像内容>広州白雲国際空港の拡張工事が開始、撮影日:2020(令和2)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月24日
    横須賀港の工事現場 横須賀のフェリー施設着工

    フェリーターミナルの建設工事が始まった横須賀港の「新港ふ頭」=24日午前、神奈川県横須賀市

    撮影: 24日午前、神奈川県横須賀市

  • 2020年09月17日
    フェリーターミナル予定地 横須賀―北九州にフェリー

    フェリーターミナル開設が計画される横須賀港の「新港ふ頭」=17日午後、神奈川県横須賀市

    撮影: 17日午後、神奈川県横須賀市

  • 2020年08月13日
    重慶仙女山空港で試験飛行始まる重慶市

    13日、重慶江北国際空港で待機する飛行試験機。中国重慶市武隆区で建設中の重慶仙女山空港で13日、航空機の試験飛行が正式に始まった。試験飛行は3~5日程度行う。同空港は2018年4月に全面的に建設工事を開始。長さ2800メートル、幅45メートルの滑走路と総面積6千平方メートルのターミナルビルを擁し、完成後は年間延べ60万人の旅客輸送が可能となる。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    重慶仙女山空港で試験飛行始まる重慶市

    13日、重慶仙女山空港の管制塔で試験飛行に参加した地上職員。中国重慶市武隆区で建設中の重慶仙女山空港で13日、航空機の試験飛行が正式に始まった。試験飛行は3~5日程度行う。同空港は2018年4月に全面的に建設工事を開始。長さ2800メートル、幅45メートルの滑走路と総面積6千平方メートルのターミナルビルを擁し、完成後は年間延べ60万人の旅客輸送が可能となる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    重慶仙女山空港で試験飛行始まる重慶市

    13日、重慶仙女山空港の管制塔で試験飛行に参加した地上職員。中国重慶市武隆区で建設中の重慶仙女山空港で13日、航空機の試験飛行が正式に始まった。試験飛行は3~5日程度行う。同空港は2018年4月に全面的に建設工事を開始。長さ2800メートル、幅45メートルの滑走路と総面積6千平方メートルのターミナルビルを擁し、完成後は年間延べ60万人の旅客輸送が可能となる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    重慶仙女山空港で試験飛行始まる重慶市

    13日、重慶仙女山空港の管制塔で試験飛行に参加した地上職員。中国重慶市武隆区で建設中の重慶仙女山空港で13日、航空機の試験飛行が正式に始まった。試験飛行は3~5日程度行う。同空港は2018年4月に全面的に建設工事を開始。長さ2800メートル、幅45メートルの滑走路と総面積6千平方メートルのターミナルビルを擁し、完成後は年間延べ60万人の旅客輸送が可能となる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    重慶仙女山空港で試験飛行始まる重慶市

    12日、試験飛行を翌日に控え、重慶仙女山空港の滑走路を清掃する作業員。(小型無人機から)中国重慶市武隆区で建設中の重慶仙女山空港で13日、航空機の試験飛行が正式に始まった。試験飛行は3~5日程度行う。同空港は2018年4月に全面的に建設工事を開始。長さ2800メートル、幅45メートルの滑走路と総面積6千平方メートルのターミナルビルを擁し、完成後は年間延べ60万人の旅客輸送が可能となる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    重慶仙女山空港で試験飛行始まる重慶市

    12日、重慶仙女山空港。(小型無人機から)中国重慶市武隆区で建設中の重慶仙女山空港で13日、航空機の試験飛行が正式に始まった。試験飛行は3~5日程度行う。同空港は2018年4月に全面的に建設工事を開始。長さ2800メートル、幅45メートルの滑走路と総面積6千平方メートルのターミナルビルを擁し、完成後は年間延べ60万人の旅客輸送が可能となる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    重慶仙女山空港で試験飛行始まる重慶市

    12日、試験飛行を翌日に控え、重慶仙女山空港の滑走路を清掃する作業員。(小型無人機から)中国重慶市武隆区で建設中の重慶仙女山空港で13日、航空機の試験飛行が正式に始まった。試験飛行は3~5日程度行う。同空港は2018年4月に全面的に建設工事を開始。長さ2800メートル、幅45メートルの滑走路と総面積6千平方メートルのターミナルビルを擁し、完成後は年間延べ60万人の旅客輸送が可能となる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    重慶仙女山空港で試験飛行始まる重慶市

    12日、重慶仙女山空港。(小型無人機から)中国重慶市武隆区で建設中の重慶仙女山空港で13日、航空機の試験飛行が正式に始まった。試験飛行は3~5日程度行う。同空港は2018年4月に全面的に建設工事を開始。長さ2800メートル、幅45メートルの滑走路と総面積6千平方メートルのターミナルビルを擁し、完成後は年間延べ60万人の旅客輸送が可能となる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    改装された商業エリア 商業エリア充実で増収図る

    全面開業した大阪空港ターミナルビルの商業エリア=5日

    撮影: 5日

  • 2020年08月05日
    記念撮影に応じる関係者 商業エリア充実で増収図る

    大阪空港ターミナルビル全面開業の式典後、記念撮影に応じる関係者=5日

    撮影: 5日

  • 2020年08月05日
    ソラガ・ミエール 航空機を眺めてビールを

    報道陣に公開された、福岡空港の国内線旅客ターミナルビルで開業する「ソラガ・ミエール」。奥は大型モニター=5日午後、福岡市

    撮影: 5日午後、福岡市

  • 2020年08月05日
    改装したエリア 伊丹空港ビルが全面開業

    全面改装した大阪空港ターミナルビル=5日午前

  • 2020年08月05日
    改装したエリア 伊丹空港ビルが全面開業

    全面改装した大阪空港ターミナルビル=5日午前

  • 2020年08月04日
    北京冬季五輪に向け拡張、張家口寧遠空港が運用開始

    4日、張家口寧遠空港の拡張工事で建設された新ターミナル。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの主要インフラの一つである中国河北省張家口市の張家口寧遠空港が3日、拡張工事を終え、運用を開始した。(張家口=新華社配信/武殿森)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:14.81
    2020年07月31日
    「新華社」大藤峡ダム、水利センター左岸発電所が全面的に稼働

    中国広西チワン族自治区桂平市の大藤峡ダムで7月31日、水利ターミナル左岸にある3基目の水力発電ユニットがグリッド接続し、運転を開始した。これにより同ダムの水利センター左岸プロジェクトは、予定通り建設目標を達成した。建設が完了した同プロジェクトには水門や発電所、閘門などが含まれる。右岸プロジェクトの関連工事も現在、予定通り着工しており、2023年に水利センター全体が完成する予定となっている。(記者/麦凌寒)<映像内容>大藤峡ダムの風景、水利センター左岸発電所の稼働の様子、撮影日:2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    大藤峡ダム、水利センター左岸発電所が全面的に稼働

    7月31日、大藤峡ダムの水利ターミナル。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区桂平市の大藤峡ダムで7月31日、水利ターミナル左岸にある3基目の水力発電ユニットがグリッド接続し、運転を開始した。これにより同ダムの水利センター左岸プロジェクトは、予定通り建設目標を達成した。(桂平=新華社記者/曹禕銘)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    大藤峡ダム、水利センター左岸発電所が全面的に稼働

    7月31日、大藤峡ダムの水利ターミナル左岸発電所で発電ユニットの稼働データを確認する技術スタッフ。中国広西チワン族自治区桂平市の大藤峡ダムで7月31日、水利ターミナル左岸にある3基目の水力発電ユニットがグリッド接続し、運転を開始した。これにより同ダムの水利センター左岸プロジェクトは、予定通り建設目標を達成した。(桂平=新華社記者/曹禕銘)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    大藤峡ダム、水利センター左岸発電所が全面的に稼働

    7月31日、大藤峡ダムの水利ターミナル左岸。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区桂平市の大藤峡ダムで7月31日、水利ターミナル左岸にある3基目の水力発電ユニットがグリッド接続し、運転を開始した。これにより同ダムの水利センター左岸プロジェクトは、予定通り建設目標を達成した。(桂平=新華社記者/曹禕銘)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    大藤峡ダム、水利センター左岸発電所が全面的に稼働

    7月31日、放流中の大藤峡ダム水利ターミナル左岸ダム。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区桂平市の大藤峡ダムで7月31日、水利ターミナル左岸にある3基目の水力発電ユニットがグリッド接続し、運転を開始した。これにより同ダムの水利センター左岸プロジェクトは、予定通り建設目標を達成した。(桂平=新華社記者/曹禕銘)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    大藤峡ダム、水利センター左岸発電所が全面的に稼働

    7月31日、大藤峡ダム水利ターミナルの閘門制御センターで船舶の運航状況を確認するスタッフ。中国広西チワン族自治区桂平市の大藤峡ダムで7月31日、水利ターミナル左岸にある3基目の水力発電ユニットがグリッド接続し、運転を開始した。これにより同ダムの水利センター左岸プロジェクトは、予定通り建設目標を達成した。(桂平=新華社記者/曹禕銘)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    大藤峡ダム、水利センター左岸発電所が全面的に稼働

    7月31日、大藤峡ダムで、水利ターミナルの閘門を通過して上流に向かう船舶。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区桂平市の大藤峡ダムで7月31日、水利ターミナル左岸にある3基目の水力発電ユニットがグリッド接続し、運転を開始した。これにより同ダムの水利センター左岸プロジェクトは、予定通り建設目標を達成した。(桂平=新華社記者/曹禕銘)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    大藤峡ダム、水利センター左岸発電所が全面的に稼働

    7月31日、大藤峡ダムの水利ターミナル左岸発電所で発電ユニットの稼働状況を確認する技術スタッフ。中国広西チワン族自治区桂平市の大藤峡ダムで7月31日、水利ターミナル左岸にある3基目の水力発電ユニットがグリッド接続し、運転を開始した。これにより同ダムの水利センター左岸プロジェクトは、予定通り建設目標を達成した。(桂平=新華社記者/曹禕銘)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月30日
    大藤峡ダム、水利センター左岸発電所が全面的に稼働

    7月30日、大藤峡ダムの水利ターミナル左岸発電所内にある3基の発電ユニット。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区桂平市の大藤峡ダムで7月31日、水利ターミナル左岸にある3基目の水力発電ユニットがグリッド接続し、運転を開始した。これにより同ダムの水利センター左岸プロジェクトは、予定通り建設目標を達成した。(桂平=新華社記者/曹禕銘)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月30日
    大藤峡ダム、水利センター左岸発電所が全面的に稼働

    7月30日、大藤峡ダムの水利ターミナル左岸発電所で設備の稼働状況を点検する技術スタッフ。中国広西チワン族自治区桂平市の大藤峡ダムで7月31日、水利ターミナル左岸にある3基目の水力発電ユニットがグリッド接続し、運転を開始した。これにより同ダムの水利センター左岸プロジェクトは、予定通り建設目標を達成した。(桂平=新華社記者/曹禕銘)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月30日
    大藤峡ダム、水利センター左岸発電所が全面的に稼働

    7月30日、大藤峡ダムの水利ターミナル左岸発電所内にある220キロボルト開閉所。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区桂平市の大藤峡ダムで7月31日、水利ターミナル左岸にある3基目の水力発電ユニットがグリッド接続し、運転を開始した。これにより同ダムの水利センター左岸プロジェクトは、予定通り建設目標を達成した。(桂平=新華社記者/曹禕銘)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:18.07
    2020年07月13日
    海の上〝飛ぶ〞高速船就航 25年ぶり建造、離島路線で

    海水を噴き出して進む高速旅客船「ジェットフォイル」が13日、東京都や静岡県と伊豆諸島を結ぶ路線で就航した。運航する東海汽船(東京)が鉄道建設・運輸施設整備支援機構と共同で川崎重工業に発注し、6月末に完成した。ジェットフォイルの新規建造は25年ぶり。 船体の前後から垂直に伸びる三つの水中翼が海水を吸い込み、ガスタービンの力で後方に噴射する仕組み。全長27・4㍍、総トン数176㌧の船体が浮き上がって最高時速80㌔で進み、海面の上を飛んでいるように見える。 12日に役目を終えた「セブンアイランド虹」の後継船で「セブンアイランド結」と名付けられた。定員は241人。バリアフリーに対応し、多目的トイレなどを整備。クジラとの衝突などに備え、座席下部にスプリングを入れて乗客の安全性を高めた。 船体の基調である藍色は、東京五輪の大会エンブレムを手掛けた美術家の野老朝雄氏が選び、命名も担当した。 <映像内容>東京・竹芝客船ターミナル、船に乗り込む乗客ら、船が桟橋を離れ出航する様子=以上が東京・竹芝周辺、海面を飛ぶように走行する様子、撮影日:2020(令和2)年7月13日、撮影場所:東京都大田区

    撮影: 2020(令和2)年7月13日

  • 2020年07月11日
    羽田空港に到着した人 感染不安「こまめに消毒」

    羽田空港第2ターミナルに到着した人たち=11日午前

    撮影: 11日午前

  • 2020年07月11日
    羽田空港に到着した人たち 感染不安「こまめに消毒」

    羽田空港第2ターミナルに到着した人たち=11日午前

    撮影: 11日午前

  • 2020年07月11日
    羽田空港に到着した人 感染不安「こまめに消毒」

    羽田空港第2ターミナルに到着した人たち=11日午前

    撮影: 11日午前

  • 2020年07月11日
    到着した人たち 感染不安「こまめに消毒」

    羽田空港第2ターミナルに到着した人たち=11日午前

    撮影: 11日午前

  • 2020年07月01日
    設置された看板 羽田国内線が〝再始動〟

    羽田空港の第2ターミナルで再開された全日空の搭乗カウンター(奥)。新型コロナウイルス感染予防のため、間隔を空けて並ぶよう呼び掛ける看板が設置されていた=1日午前

  • 2020年07月01日
    再開されたカウンター 羽田国内線が〝再始動〟

    羽田空港の第2ターミナルで再開された全日空の搭乗カウンター。新型コロナウイルス感染予防のため、間隔を空けて並ぶよう呼び掛ける看板が設置されていた=1日午前

    撮影: 1日午前

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:40.91
    2020年06月14日
    「新華社」ウルムチ空港拡張工事、第4ターミナルの原型が完成新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区最大の単体建築施工建設プロジェクト、ウルムチ地窩堡(ちかほう)国際空港の拡張工事がこのほど、基礎部分へのコンクリートの流し込みを終え、50万平方メートルの第4ターミナルの原型がほぼ完成した。ターミナルのデザインは天山山脈をかたどっている。拡張工事は2019年10月に着工。50万平方メートルのターミナルビルや3千メートル超の滑走路2本、9万2700平方メートルの総合交通センター、25万1900平方メートルのビル駐車場および、電力や暖房エネルギー、ガスの供給などを行う関連付帯施設を新たに建設する。(記者/符暁波)<映像内容>ウルムチ空港拡張工事の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月10日
    閑散とする新千歳空港 新型コロナで施設収入激減

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で、閑散とする新千歳空港の国際線ターミナル=5月

  • 01:27.93
    2020年06月03日
    「新華社」京雄都市間鉄道、建設ラストスパート河北区間でレール敷設開始

    中国北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の河北区間で3日、全線のレール敷設工事が始まった。同鉄道の運営を担う中国鉄路北京局集団の責任者は、河北区間の工事がラストスパートに入ったと語った。同責任者によると、京雄都市間鉄道は、北京市の重要鉄道ターミナル、北京西駅を起点に、南に向かって新たに建設された北京大興国際空港を経由し、河北省の雄安新区に通じる。大部分の区間は新たに建設され、新規建設区間の総延長は92・03キロに及ぶ。同集団によると、京雄都市間鉄道は二つの区間に分けて建設・運営される。北京西-北京大興国際空港区間(北京区間)の設計速度は時速250キロで、2019年9月に既に開通。北京大興国際空港-雄安区間(河北区間)の設計速度は時速350キロで、年末の開通を見込む。(記者/張碩)<映像内容>京雄都市間鉄道の河北区間のレール敷設工事、撮影日:2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月31日
    閑散とする新千歳空港 きょう新千歳が本格民営化

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で、閑散とする新千歳空港の国際線ターミナル=5月20日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:15.43
    2020年05月26日
    「新華社」ウルムチ空港増改築プロジェクト、工事順調新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区ウルムチ空港増改築プロジェクトは工事再開以来、作業が順調に進んでいる。現在は中心工事であるターミナルビルの基礎構造施工段階に入っており、年内にターミナルビル本体の70%の施工が完了する予定。中国の第13次5カ年規画(2016~20年)の重点建設プロジェクトに指定されている同プロジェクトは、2019年10月に着工。2020年の同自治区最大の独立した建築施工建設プロジェクトともなっている。50万平方メートルのターミナルビル、2本の滑走路、9万2700平方メートルの総合交通センターと関連施設などを新規に建設する。工事全体は2023年末に竣工することになっている。(記者/丁磊)<映像内容>ウルムチ空港増改築プロジェクトの工事の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月23日
    ウルムチ空港増改築プロジェクト、工事順調新疆ウイグル自治区

    23日、ウルムチ空港増改築工事の施工現場で足場材料を運ぶ作業員。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ空港増改築プロジェクトは工事再開以来、作業が順調に進んでいる。現在は中心工事であるターミナルビルの基礎構造施工段階に入っており、年内にターミナルビル本体の70%の施工が完了する予定。中国の第13次5カ年規画(2016~20年)の重点建設プロジェクトに指定されている同プロジェクトは、2019年10月に着工。2020年の同自治区最大の独立した建築施工建設プロジェクトともなっている。50万平方メートルのターミナルビル、2本の滑走路、9万2700平方メートルの総合交通センターと関連施設などを新規に建設する。工事全体は2023年末に竣工することになっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月23日
    ウルムチ空港増改築プロジェクト、工事順調新疆ウイグル自治区

    23日、ウルムチ空港増改築工事の施工現場で結束作業を行う作業員。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ空港増改築プロジェクトは工事再開以来、作業が順調に進んでいる。現在は中心工事であるターミナルビルの基礎構造施工段階に入っており、年内にターミナルビル本体の70%の施工が完了する予定。中国の第13次5カ年規画(2016~20年)の重点建設プロジェクトに指定されている同プロジェクトは、2019年10月に着工。2020年の同自治区最大の独立した建築施工建設プロジェクトともなっている。50万平方メートルのターミナルビル、2本の滑走路、9万2700平方メートルの総合交通センターと関連施設などを新規に建設する。工事全体は2023年末に竣工することになっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月23日
    ウルムチ空港増改築プロジェクト、工事順調新疆ウイグル自治区

    23日、ウルムチ空港増改築工事の施工現場で結束作業を行う作業員。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ空港増改築プロジェクトは工事再開以来、作業が順調に進んでいる。現在は中心工事であるターミナルビルの基礎構造施工段階に入っており、年内にターミナルビル本体の70%の施工が完了する予定。中国の第13次5カ年規画(2016~20年)の重点建設プロジェクトに指定されている同プロジェクトは、2019年10月に着工。2020年の同自治区最大の独立した建築施工建設プロジェクトともなっている。50万平方メートルのターミナルビル、2本の滑走路、9万2700平方メートルの総合交通センターと関連施設などを新規に建設する。工事全体は2023年末に竣工することになっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月23日
    ウルムチ空港増改築プロジェクト、工事順調新疆ウイグル自治区

    23日、ウルムチ空港増改築工事の施工現場で働く作業員。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ空港増改築プロジェクトは工事再開以来、作業が順調に進んでいる。現在は中心工事であるターミナルビルの基礎構造施工段階に入っており、年内にターミナルビル本体の70%の施工が完了する予定。中国の第13次5カ年規画(2016~20年)の重点建設プロジェクトに指定されている同プロジェクトは、2019年10月に着工。2020年の同自治区最大の独立した建築施工建設プロジェクトともなっている。50万平方メートルのターミナルビル、2本の滑走路、9万2700平方メートルの総合交通センターと関連施設などを新規に建設する。工事全体は2023年末に竣工することになっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月23日
    ウルムチ空港増改築プロジェクト、工事順調新疆ウイグル自治区

    23日、ウルムチ空港増改築工事の施工現場で働く作業員。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ空港増改築プロジェクトは工事再開以来、作業が順調に進んでいる。現在は中心工事であるターミナルビルの基礎構造施工段階に入っており、年内にターミナルビル本体の70%の施工が完了する予定。中国の第13次5カ年規画(2016~20年)の重点建設プロジェクトに指定されている同プロジェクトは、2019年10月に着工。2020年の同自治区最大の独立した建築施工建設プロジェクトともなっている。50万平方メートルのターミナルビル、2本の滑走路、9万2700平方メートルの総合交通センターと関連施設などを新規に建設する。工事全体は2023年末に竣工することになっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月23日
    ウルムチ空港増改築プロジェクト、工事順調新疆ウイグル自治区

    23日、ウルムチ空港増改築工事の施工現場で基礎梁の鉄筋を結束線で固定する作業員。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ空港増改築プロジェクトは工事再開以来、作業が順調に進んでいる。現在は中心工事であるターミナルビルの基礎構造施工段階に入っており、年内にターミナルビル本体の70%の施工が完了する予定。中国の第13次5カ年規画(2016~20年)の重点建設プロジェクトに指定されている同プロジェクトは、2019年10月に着工。2020年の同自治区最大の独立した建築施工建設プロジェクトともなっている。50万平方メートルのターミナルビル、2本の滑走路、9万2700平方メートルの総合交通センターと関連施設などを新規に建設する。工事全体は2023年末に竣工することになっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月23日
    ウルムチ空港増改築プロジェクト、工事順調新疆ウイグル自治区

    23日、ウルムチ空港増改築工事の施工現場。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ空港増改築プロジェクトは工事再開以来、作業が順調に進んでいる。現在は中心工事であるターミナルビルの基礎構造施工段階に入っており、年内にターミナルビル本体の70%の施工が完了する予定。中国の第13次5カ年規画(2016~20年)の重点建設プロジェクトに指定されている同プロジェクトは、2019年10月に着工。2020年の同自治区最大の独立した建築施工建設プロジェクトともなっている。50万平方メートルのターミナルビル、2本の滑走路、9万2700平方メートルの総合交通センターと関連施設などを新規に建設する。工事全体は2023年末に竣工することになっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月23日
    ウルムチ空港増改築プロジェクト、工事順調新疆ウイグル自治区

    23日、ウルムチ空港増改築工事の施工現場で土の埋め戻しと締固め作業をする建設機械。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ空港増改築プロジェクトは工事再開以来、作業が順調に進んでいる。現在は中心工事であるターミナルビルの基礎構造施工段階に入っており、年内にターミナルビル本体の70%の施工が完了する予定。中国の第13次5カ年規画(2016~20年)の重点建設プロジェクトに指定されている同プロジェクトは、2019年10月に着工。2020年の同自治区最大の独立した建築施工建設プロジェクトともなっている。50万平方メートルのターミナルビル、2本の滑走路、9万2700平方メートルの総合交通センターと関連施設などを新規に建設する。工事全体は2023年末に竣工することになっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月23日
    ウルムチ空港増改築プロジェクト、工事順調新疆ウイグル自治区

    23日、ウルムチ空港増改築工事の施工現場で測量作業を行う作業員。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ空港増改築プロジェクトは工事再開以来、作業が順調に進んでいる。現在は中心工事であるターミナルビルの基礎構造施工段階に入っており、年内にターミナルビル本体の70%の施工が完了する予定。中国の第13次5カ年規画(2016~20年)の重点建設プロジェクトに指定されている同プロジェクトは、2019年10月に着工。2020年の同自治区最大の独立した建築施工建設プロジェクトともなっている。50万平方メートルのターミナルビル、2本の滑走路、9万2700平方メートルの総合交通センターと関連施設などを新規に建設する。工事全体は2023年末に竣工することになっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月23日
    ウルムチ空港増改築プロジェクト、工事順調新疆ウイグル自治区

    23日、ウルムチ空港増改築工事の施工現場で基礎梁の鉄筋を結束線で固定する作業員。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ空港増改築プロジェクトは工事再開以来、作業が順調に進んでいる。現在は中心工事であるターミナルビルの基礎構造施工段階に入っており、年内にターミナルビル本体の70%の施工が完了する予定。中国の第13次5カ年規画(2016~20年)の重点建設プロジェクトに指定されている同プロジェクトは、2019年10月に着工。2020年の同自治区最大の独立した建築施工建設プロジェクトともなっている。50万平方メートルのターミナルビル、2本の滑走路、9万2700平方メートルの総合交通センターと関連施設などを新規に建設する。工事全体は2023年末に竣工することになっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月23日
    ウルムチ空港増改築プロジェクト、工事順調新疆ウイグル自治区

    23日、ウルムチ空港増改築工事の施工現場で土の埋め戻し作業をするブルドーザー。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ空港増改築プロジェクトは工事再開以来、作業が順調に進んでいる。現在は中心工事であるターミナルビルの基礎構造施工段階に入っており、年内にターミナルビル本体の70%の施工が完了する予定。中国の第13次5カ年規画(2016~20年)の重点建設プロジェクトに指定されている同プロジェクトは、2019年10月に着工。2020年の同自治区最大の独立した建築施工建設プロジェクトともなっている。50万平方メートルのターミナルビル、2本の滑走路、9万2700平方メートルの総合交通センターと関連施設などを新規に建設する。工事全体は2023年末に竣工することになっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月23日
    ウルムチ空港増改築プロジェクト、工事順調新疆ウイグル自治区

    23日、ウルムチ空港増改築工事の施工現場。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ空港増改築プロジェクトは工事再開以来、作業が順調に進んでいる。現在は中心工事であるターミナルビルの基礎構造施工段階に入っており、年内にターミナルビル本体の70%の施工が完了する予定。中国の第13次5カ年規画(2016~20年)の重点建設プロジェクトに指定されている同プロジェクトは、2019年10月に着工。2020年の同自治区最大の独立した建築施工建設プロジェクトともなっている。50万平方メートルのターミナルビル、2本の滑走路、9万2700平方メートルの総合交通センターと関連施設などを新規に建設する。工事全体は2023年末に竣工することになっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:04.76
    2020年05月10日
    空撮 国が地下工事、JR借用 羽田新駅、機能強化へ

    JR東日本が建設計画を進める羽田空港と東京都心直結の新路線「羽田空港アクセス線」に関し、国が空港内の地下トンネルや駅の基礎工事を担い、同社が借用して営業する方向で調整していることが10日、関係者への取材で分かった。新型コロナウイルスの感染拡大で今年に入り、航空需要は世界的に失速しているが、国は「首都の玄関口」として羽田の機能強化は不可欠とみている。JRの負担を軽減し、各地と結ぶ鉄道路線の充実を図る考えだ。関係者によると、アクセス線の建設費は3千億円程度と見込まれていたが、人件費や資材費の高騰で3800億円程度まで膨らむとみられる。空港内の工事だけでも数百億円規模という。アクセス線は東京都品川区の東京貨物ターミナル付近から羽田空港までの約5キロは地下トンネルになる。<映像内容>羽田空港の空撮、撮影日:2020(令和2)年5月10日、撮影場所:東京都大田区の羽田空港

    撮影: 2020(令和2)年5月10日

  • 00:32.93
    2020年05月09日
    「新華社」美蘭空港の2期工事、連休中も着々海南省海口市

    中国海南省海口市で建設が進む美蘭国際空港2期プロジェクトの工事現場では、メーデー連休にも関わらず4千人以上が飛行エリアやターミナルビルなどで作業に従事した。2016年9月に全面着工した同プロジェクトは既に最終段階に入り、本体工事は来月30日の竣工を見込む。海南島と周辺島しょからなる海南省にとって、航空輸送は世界と通じる最適な交通手段だが、同空港の発着便と旅客輸送量は現時点で既に飽和状態にある。2期プロジェクトは、2025年の年間旅客数を延べ3500万人、貨物・郵便取扱量を40万トンに高めることを設計目標としている。運用開始後は、同市江東新区の外資企業地域本部誘致と臨空産業の発展を後押しするとともに、同省の観光業と大量旅客輸送を支えるインフラを保障する。(記者/王軍鋒)<映像内容>美蘭国際空港の工事現場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...