KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ブロックチェーン
  • レゴブロック
  • ブロック塀
  • ブロック玩具
  • 近畿ブロック
  • 九州ブロック
  • 東京ブロック
  • 北信越ブロック
  • 北関東ブロック
  • 東北ブロック

「ブロック」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 社会
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
716
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
716
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:51.75
    2021年02月17日
    空撮と地上撮 土木建築会社の関連会社などを家宅捜索

    大阪府茨木市千提寺の土木建築会社「乾開発工業」の資材置き場で昨年10月、ブロック壁が崩れ、積み上げていた土砂とともに近くにあったプレハブの建物を押しつぶし、中にいた男性1人が死亡、3人がけがをした事故で、府警が17日、宅地造成等規制法違反の疑いで同社と茨木市にある関連会社を家宅捜索したことが捜査関係者への取材で分かった。<映像内容>「乾開発工業」関連会社に家宅捜索に入る大阪府警の捜査員、撮影日:2021(令和3)年2月17日、撮影場所:大阪府茨木市

    撮影: 2021(令和3)年2月17日

  • 2021年01月28日
    (1)かつての渡し場、西津渡風景区を訪ねて江蘇省鎮江市

    24日、西津渡古街区の夜景。中国江蘇省鎮江市西側の雲台山麓にある「西津渡」は、かつて長江を渡る渡し場だった場所で、六朝時代(2~6世紀)にはすでに航路が定められていた。三国時代に「蒜山渡」と呼ばれ、呉の孫権(そん・けん)率いる水軍の駐留地となった後、唐代に「金陵渡」、宋代にようやく「西津渡」の名を持つに至った。西津渡は同市内で最も文化財や古跡が多く、集中している上、保存状態も良い。国家4A級(上から2番目)の観光地に指定されている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年01月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (2)湄洲湾跨海大橋建設工事、寒波に負けず順調福建省

    8日、湄洲湾跨海大橋の建設現場で、「昆侖号」の箱桁架設作業をサポートする中鉄十一局集団の作業員。中国福建省各地ではこのところ、寒波の影響で気温が急激に低下し、海上の風も強まっている。同省福州市とアモイ市を結ぶ福廈高速鉄道の湄洲湾跨海大橋の建設現場では、寒風吹きすさぶ海上の高所で、中鉄十一局集団の作業員が千トン級運搬・架設一体機「昆侖号」を操作し、橋梁の箱桁架設作業を毎日1ブロックずつ順調に進めている。(莆田=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (6)湄洲湾跨海大橋建設工事、寒波に負けず順調福建省

    8日、湄洲湾跨海大橋の建設現場で、「昆侖号」の箱桁架設作業をサポートする中鉄十一局集団の作業員。中国福建省各地ではこのところ、寒波の影響で気温が急激に低下し、海上の風も強まっている。同省福州市とアモイ市を結ぶ福廈高速鉄道の湄洲湾跨海大橋の建設現場では、寒風吹きすさぶ海上の高所で、中鉄十一局集団の作業員が千トン級運搬・架設一体機「昆侖号」を操作し、橋梁の箱桁架設作業を毎日1ブロックずつ順調に進めている。(莆田=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (8)湄洲湾跨海大橋建設工事、寒波に負けず順調福建省

    8日、湄洲湾跨海大橋の建設現場で、「昆侖号」の箱桁架設作業をサポートする中鉄十一局集団の作業員。中国福建省各地ではこのところ、寒波の影響で気温が急激に低下し、海上の風も強まっている。同省福州市とアモイ市を結ぶ福廈高速鉄道の湄洲湾跨海大橋の建設現場では、寒風吹きすさぶ海上の高所で、中鉄十一局集団の作業員が千トン級運搬・架設一体機「昆侖号」を操作し、橋梁の箱桁架設作業を毎日1ブロックずつ順調に進めている。(莆田=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (7)湄洲湾跨海大橋建設工事、寒波に負けず順調福建省

    8日、湄洲湾跨海大橋の建設現場で、「昆侖号」の箱桁架設作業をサポートする中鉄十一局集団の作業員。中国福建省各地ではこのところ、寒波の影響で気温が急激に低下し、海上の風も強まっている。同省福州市とアモイ市を結ぶ福廈高速鉄道の湄洲湾跨海大橋の建設現場では、寒風吹きすさぶ海上の高所で、中鉄十一局集団の作業員が千トン級運搬・架設一体機「昆侖号」を操作し、橋梁の箱桁架設作業を毎日1ブロックずつ順調に進めている。(莆田=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (1)湄洲湾跨海大橋建設工事、寒波に負けず順調福建省

    8日、湄洲湾跨海大橋の建設現場で、箱桁架設作業を行う中鉄十一局集団の作業員と千トン級運搬・架設一体機「昆侖号」。(小型無人機から)中国福建省各地ではこのところ、寒波の影響で気温が急激に低下し、海上の風も強まっている。同省福州市とアモイ市を結ぶ福廈高速鉄道の湄洲湾跨海大橋の建設現場では、寒風吹きすさぶ海上の高所で、中鉄十一局集団の作業員が千トン級運搬・架設一体機「昆侖号」を操作し、橋梁の箱桁架設作業を毎日1ブロックずつ順調に進めている。(莆田=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (4)湄洲湾跨海大橋建設工事、寒波に負けず順調福建省

    8日、湄洲湾跨海大橋の建設現場で箱桁架設作業を行う千トン級運搬・架設一体機「昆侖号」。中国福建省各地ではこのところ、寒波の影響で気温が急激に低下し、海上の風も強まっている。同省福州市とアモイ市を結ぶ福廈高速鉄道の湄洲湾跨海大橋の建設現場では、寒風吹きすさぶ海上の高所で、中鉄十一局集団の作業員が千トン級運搬・架設一体機「昆侖号」を操作し、橋梁の箱桁架設作業を毎日1ブロックずつ順調に進めている。(莆田=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (5)湄洲湾跨海大橋建設工事、寒波に負けず順調福建省

    8日、湄洲湾跨海大橋の建設現場で、「昆侖号」の箱桁架設作業をサポートする中鉄十一局集団の作業員。中国福建省各地ではこのところ、寒波の影響で気温が急激に低下し、海上の風も強まっている。同省福州市とアモイ市を結ぶ福廈高速鉄道の湄洲湾跨海大橋の建設現場では、寒風吹きすさぶ海上の高所で、中鉄十一局集団の作業員が千トン級運搬・架設一体機「昆侖号」を操作し、橋梁の箱桁架設作業を毎日1ブロックずつ順調に進めている。(莆田=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月08日
    湄洲湾跨海大橋建設工事、寒波に負けず順調福建省

    8日、湄洲湾跨海大橋の建設現場で、「昆侖号」の箱桁架設作業をサポートする中鉄十一局集団の作業員。中国福建省各地ではこのところ、寒波の影響で気温が急激に低下し、海上の風も強まっている。同省福州市とアモイ市を結ぶ福廈高速鉄道の湄洲湾跨海大橋の建設現場では、寒風吹きすさぶ海上の高所で、中鉄十一局集団の作業員が千トン級運搬・架設一体機「昆侖号」を操作し、橋梁の箱桁架設作業を毎日1ブロックずつ順調に進めている。(莆田=新華社記者/宋為偉)=配信日:2021(令和3)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月05日
    (3)北外灘に高さ480メートルの新ランドマーク建設へ上海市

    上海市虹口区の北外灘91街坊区画(赤色部分)の地図。(資料写真)中国上海市虹口区政府はこのほど、北外灘91街坊区画が、正式に同市国有建設用地使用権譲渡の事前申請手続きに入ったと明らかにした。これまでに発表された計画によると、同区画には高さ480メートルの新たなランドマークが建設される。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月05日
    (4)北外灘に高さ480メートルの新ランドマーク建設へ上海市

    北外灘に建設予定の新ランドマークに関するイメージ図。左は高さ320メートルの白玉蘭広場メインビル。(資料写真)中国上海市虹口区政府はこのほど、北外灘91街坊区画が、正式に同市国有建設用地使用権譲渡の事前申請手続きに入ったと明らかにした。これまでに発表された計画によると、同区画には高さ480メートルの新たなランドマークが建設される。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月05日
    (1)北外灘に高さ480メートルの新ランドマーク建設へ上海市

    上海市虹口区北外灘から見た黄浦江の景色。(2020年12月31日撮影)中国上海市虹口区政府はこのほど、北外灘91街坊区画が、正式に同市国有建設用地使用権譲渡の事前申請手続きに入ったと明らかにした。これまでに発表された計画によると、同区画には高さ480メートルの新たなランドマークが建設される。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月05日
    (2)北外灘に高さ480メートルの新ランドマーク建設へ上海市

    上海市虹口区の北外灘91街坊区画(中央)。(2020年6月21日撮影)中国上海市虹口区政府はこのほど、北外灘91街坊区画が、正式に同市国有建設用地使用権譲渡の事前申請手続きに入ったと明らかにした。これまでに発表された計画によると、同区画には高さ480メートルの新たなランドマークが建設される。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    (5)南京市の旧市街地が歴史地区再生の手本に

    南京市の小西湖片区で、リフォームして生まれ変わった共用庭園の横を通り過ぎる住民。(2020年7月1日撮影)600年の歴史を持つ中国江蘇省南京市の中華門の城壁を東に進むと、同市の旧市街南部の門東地区にたどり着く。この辺りは市内22カ所ある歴史風貌区の一つ、小西湖片区(エリア)に当たる。同区は孔子を祀る夫子廟(ふうしびょう)と門東歴史街区を結び、門東地区の「中軸線」を形成している。区内には伝統建築や伝統的空間が今も残されている。不規則に曲がりくねった路地が街並みを構成し、両側の風情ある建物をつなぎ合わせ、複雑な隣接部分を持つ江南の民家の中庭を形成している。小西湖片区ではこのところ、歴史地区再生の効果が現れ始めているという。(南京=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    (4)南京市の旧市街地が歴史地区再生の手本に

    南京市の小西湖片区で、古民家の改築工事をする作業員。(2020年7月1日撮影)600年の歴史を持つ中国江蘇省南京市の中華門の城壁を東に進むと、同市の旧市街南部の門東地区にたどり着く。この辺りは市内22カ所ある歴史風貌区の一つ、小西湖片区(エリア)に当たる。同区は孔子を祀る夫子廟(ふうしびょう)と門東歴史街区を結び、門東地区の「中軸線」を形成している。区内には伝統建築や伝統的空間が今も残されている。不規則に曲がりくねった路地が街並みを構成し、両側の風情ある建物をつなぎ合わせ、複雑な隣接部分を持つ江南の民家の中庭を形成している。小西湖片区ではこのところ、歴史地区再生の効果が現れ始めているという。(南京=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    (1)南京市の旧市街地が歴史地区再生の手本に

    改築され面目を一新した小西湖片区と通りを隔てた老門東。(2020年7月1日、小型無人機から撮影)600年の歴史を持つ中国江蘇省南京市の中華門の城壁を東に進むと、同市の旧市街南部の門東地区にたどり着く。この辺りは市内22カ所ある歴史風貌区の一つ、小西湖片区(エリア)に当たる。同区は孔子を祀る夫子廟(ふうしびょう)と門東歴史街区を結び、門東地区の「中軸線」を形成している。区内には伝統建築や伝統的空間が今も残されている。不規則に曲がりくねった路地が街並みを構成し、両側の風情ある建物をつなぎ合わせ、複雑な隣接部分を持つ江南の民家の中庭を形成している。小西湖片区ではこのところ、歴史地区再生の効果が現れ始めているという。(南京=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    (3)南京市の旧市街地が歴史地区再生の手本に

    南京市の小西湖片区で、改築されカフェに生まれ変わった古民家の前を通り過ぎる住民。(2020年7月1日撮影)600年の歴史を持つ中国江蘇省南京市の中華門の城壁を東に進むと、同市の旧市街南部の門東地区にたどり着く。この辺りは市内22カ所ある歴史風貌区の一つ、小西湖片区(エリア)に当たる。同区は孔子を祀る夫子廟(ふうしびょう)と門東歴史街区を結び、門東地区の「中軸線」を形成している。区内には伝統建築や伝統的空間が今も残されている。不規則に曲がりくねった路地が街並みを構成し、両側の風情ある建物をつなぎ合わせ、複雑な隣接部分を持つ江南の民家の中庭を形成している。小西湖片区ではこのところ、歴史地区再生の効果が現れ始めているという。(南京=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    (2)南京市の旧市街地が歴史地区再生の手本に

    南京市の小西湖片区で、建築資材を運ぶ作業員。(2020年7月1日撮影)600年の歴史を持つ中国江蘇省南京市の中華門の城壁を東に進むと、同市の旧市街南部の門東地区にたどり着く。この辺りは市内22カ所ある歴史風貌区の一つ、小西湖片区(エリア)に当たる。同区は孔子を祀る夫子廟(ふうしびょう)と門東歴史街区を結び、門東地区の「中軸線」を形成している。区内には伝統建築や伝統的空間が今も残されている。不規則に曲がりくねった路地が街並みを構成し、両側の風情ある建物をつなぎ合わせ、複雑な隣接部分を持つ江南の民家の中庭を形成している。小西湖片区ではこのところ、歴史地区再生の効果が現れ始めているという。(南京=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (1)高齢者向け集合住宅で快適な老後甘粛省民勤県

    甘粛省武威市民勤県大灘鎮の高齢者向け集合住宅。(資料写真)大灘鎮は中国甘粛省武威市民勤県の中心市街地から20キロ離れており、鎮全体で60歳以上の高齢者が2482人いる。鎮内の高齢者の多くは子どもが都会に働きに出ており、その半分が「空巣老人」(一人または夫婦のみで生活する高齢者)である。同鎮は2019年1月に、こうした高齢者のために、使われていない社区の住宅2区画24戸を借り上げ、高齢者が生活しやすいように基準に合わせて改修し、社区の高齢者向け集合住宅とした。現在、社区の高齢者向け集合住宅には16世帯の高齢者が入居している。(武威=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (2)高齢者向け集合住宅で快適な老後甘粛省民勤県

    甘粛省武威市民勤県大灘鎮の高齢者向け集合住宅。(資料写真)大灘鎮は中国甘粛省武威市民勤県の中心市街地から20キロ離れており、鎮全体で60歳以上の高齢者が2482人いる。鎮内の高齢者の多くは子どもが都会に働きに出ており、その半分が「空巣老人」(一人または夫婦のみで生活する高齢者)である。同鎮は2019年1月に、こうした高齢者のために、使われていない社区の住宅2区画24戸を借り上げ、高齢者が生活しやすいように基準に合わせて改修し、社区の高齢者向け集合住宅とした。現在、社区の高齢者向け集合住宅には16世帯の高齢者が入居している。(武威=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (3)高齢者向け集合住宅で快適な老後甘粛省民勤県

    甘粛省武威市民勤県大灘鎮の高齢者向け集合住宅。(資料写真)大灘鎮は中国甘粛省武威市民勤県の中心市街地から20キロ離れており、鎮全体で60歳以上の高齢者が2482人いる。鎮内の高齢者の多くは子どもが都会に働きに出ており、その半分が「空巣老人」(一人または夫婦のみで生活する高齢者)である。同鎮は2019年1月に、こうした高齢者のために、使われていない社区の住宅2区画24戸を借り上げ、高齢者が生活しやすいように基準に合わせて改修し、社区の高齢者向け集合住宅とした。現在、社区の高齢者向け集合住宅には16世帯の高齢者が入居している。(武威=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (4)高齢者向け集合住宅で快適な老後甘粛省民勤県

    甘粛省武威市民勤県大灘鎮の高齢者向け集合住宅。(資料写真)大灘鎮は中国甘粛省武威市民勤県の中心市街地から20キロ離れており、鎮全体で60歳以上の高齢者が2482人いる。鎮内の高齢者の多くは子どもが都会に働きに出ており、その半分が「空巣老人」(一人または夫婦のみで生活する高齢者)である。同鎮は2019年1月に、こうした高齢者のために、使われていない社区の住宅2区画24戸を借り上げ、高齢者が生活しやすいように基準に合わせて改修し、社区の高齢者向け集合住宅とした。現在、社区の高齢者向け集合住宅には16世帯の高齢者が入居している。(武威=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    旧本部庁舎 東独消滅30年、信奉今も

    ドイツ・ベルリンにあるシュタージ旧本部庁舎の一角。旧本部は一街区全体を占めていた=9月(共同)

    撮影: 9月

  • 2020年11月26日
    堤体コンクリート打設が天端に到達白鶴灘発電所ダム

    11月26日、堤体コンクリート打設の最初のブロックが天端に到達した白鶴灘水力発電所のダム。(小型無人機から)中国で建設が進む白鶴灘水力発電所ダムでこのほど、堤体コンクリート打設の最初のブロックが天端に到達した。建設中の水力発電プロジェクトとしては世界最大となる同発電所のダムの最大堤高は289メートル、堤頂長は709メートル。堤体コンクリートの総打設量は800万立方メートルで、計31ブロックに分割されている。2017年4月に堤体のコンクリート打設を開始し、今年11月26日に5号と27号の二つのブロックで堤体の天端に到達した。同発電所は、雲南省巧家県と四川省寧南県の県境を流れる金沙江の主流に位置し、発電所全体の設置容量は1600万キロワット、2021年7月に発電機第1陣が正式に稼働・発電の予定。(昆明=新華社配信/謝雷)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    堤体コンクリート打設が天端に到達白鶴灘発電所ダム

    11月26日、堤体コンクリート打設の最初のブロックが天端に到達した白鶴灘水力発電所のダム。(小型無人機から)中国で建設が進む白鶴灘水力発電所ダムでこのほど、堤体コンクリート打設の最初のブロックが天端に到達した。建設中の水力発電プロジェクトとしては世界最大となる同発電所のダムの最大堤高は289メートル、堤頂長は709メートル。堤体コンクリートの総打設量は800万立方メートルで、計31ブロックに分割されている。2017年4月に堤体のコンクリート打設を開始し、今年11月26日に5号と27号の二つのブロックで堤体の天端に到達した。同発電所は、雲南省巧家県と四川省寧南県の県境を流れる金沙江の主流に位置し、発電所全体の設置容量は1600万キロワット、2021年7月に発電機第1陣が正式に稼働・発電の予定。(昆明=新華社配信/謝雷)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    堤体コンクリート打設が天端に到達白鶴灘発電所ダム

    11月26日、上空から見た建設中の白鶴灘水力発電所。(小型無人機から)中国で建設が進む白鶴灘水力発電所ダムでこのほど、堤体コンクリート打設の最初のブロックが天端に到達した。建設中の水力発電プロジェクトとしては世界最大となる同発電所のダムの最大堤高は289メートル、堤頂長は709メートル。堤体コンクリートの総打設量は800万立方メートルで、計31ブロックに分割されている。2017年4月に堤体のコンクリート打設を開始し、今年11月26日に5号と27号の二つのブロックで堤体の天端に到達した。同発電所は、雲南省巧家県と四川省寧南県の県境を流れる金沙江の主流に位置し、発電所全体の設置容量は1600万キロワット、2021年7月に発電機第1陣が正式に稼働・発電の予定。(昆明=新華社配信/謝雷)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    紫禁城を守る消防隊員北京市

    5日、故宮博物院内で訓練する故宮特勤消防署の隊員。中国北京市の故宮博物院は、明代の1420年に皇帝の居城(紫禁城)として造営された。現存する世界最大の木造建築群の一つで、1970年代に消防小隊が常駐を開始し、その任務は現在の故宮特勤消防署に引き継がれている。北京市天安門地区消防救援支隊消防署は、同博物院を10の巡回エリアと55の区画に分け、毎日エリアごとに消防設備の点検を行う。消防隊員が24時間体制で勤務に当たり、昼夜を問わず安全を見守っている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    紫禁城を守る消防隊員北京市

    5日、故宮博物院内を夜間巡回する故宮特勤消防署の隊員。中国北京市の故宮博物院は、明代の1420年に皇帝の居城(紫禁城)として造営された。現存する世界最大の木造建築群の一つで、1970年代に消防小隊が常駐を開始し、その任務は現在の故宮特勤消防署に引き継がれている。北京市天安門地区消防救援支隊消防署は、同博物院を10の巡回エリアと55の区画に分け、毎日エリアごとに消防設備の点検を行う。消防隊員が24時間体制で勤務に当たり、昼夜を問わず安全を見守っている。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    紫禁城を守る消防隊員北京市

    5日、故宮博物院内を夜間巡回する故宮特勤消防署の隊員。中国北京市の故宮博物院は、明代の1420年に皇帝の居城(紫禁城)として造営された。現存する世界最大の木造建築群の一つで、1970年代に消防小隊が常駐を開始し、その任務は現在の故宮特勤消防署に引き継がれている。北京市天安門地区消防救援支隊消防署は、同博物院を10の巡回エリアと55の区画に分け、毎日エリアごとに消防設備の点検を行う。消防隊員が24時間体制で勤務に当たり、昼夜を問わず安全を見守っている。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    紫禁城を守る消防隊員北京市

    5日、故宮博物院内で訓練に先立ち整列する故宮特勤消防署の隊員。中国北京市の故宮博物院は、明代の1420年に皇帝の居城(紫禁城)として造営された。現存する世界最大の木造建築群の一つで、1970年代に消防小隊が常駐を開始し、その任務は現在の故宮特勤消防署に引き継がれている。北京市天安門地区消防救援支隊消防署は、同博物院を10の巡回エリアと55の区画に分け、毎日エリアごとに消防設備の点検を行う。消防隊員が24時間体制で勤務に当たり、昼夜を問わず安全を見守っている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    紫禁城を守る消防隊員北京市

    5日、故宮博物院内を夜間巡回する故宮特勤消防署の隊員。中国北京市の故宮博物院は、明代の1420年に皇帝の居城(紫禁城)として造営された。現存する世界最大の木造建築群の一つで、1970年代に消防小隊が常駐を開始し、その任務は現在の故宮特勤消防署に引き継がれている。北京市天安門地区消防救援支隊消防署は、同博物院を10の巡回エリアと55の区画に分け、毎日エリアごとに消防設備の点検を行う。消防隊員が24時間体制で勤務に当たり、昼夜を問わず安全を見守っている。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    紫禁城を守る消防隊員北京市

    5日、故宮博物院内で訓練する故宮特勤消防署の隊員。中国北京市の故宮博物院は、明代の1420年に皇帝の居城(紫禁城)として造営された。現存する世界最大の木造建築群の一つで、1970年代に消防小隊が常駐を開始し、その任務は現在の故宮特勤消防署に引き継がれている。北京市天安門地区消防救援支隊消防署は、同博物院を10の巡回エリアと55の区画に分け、毎日エリアごとに消防設備の点検を行う。消防隊員が24時間体制で勤務に当たり、昼夜を問わず安全を見守っている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    紫禁城を守る消防隊員北京市

    5日、故宮博物院内で訓練する故宮特勤消防署の隊員。中国北京市の故宮博物院は、明代の1420年に皇帝の居城(紫禁城)として造営された。現存する世界最大の木造建築群の一つで、1970年代に消防小隊が常駐を開始し、その任務は現在の故宮特勤消防署に引き継がれている。北京市天安門地区消防救援支隊消防署は、同博物院を10の巡回エリアと55の区画に分け、毎日エリアごとに消防設備の点検を行う。消防隊員が24時間体制で勤務に当たり、昼夜を問わず安全を見守っている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    紫禁城を守る消防隊員北京市

    5日、故宮博物院内で訓練する故宮特勤消防署の隊員。中国北京市の故宮博物院は、明代の1420年に皇帝の居城(紫禁城)として造営された。現存する世界最大の木造建築群の一つで、1970年代に消防小隊が常駐を開始し、その任務は現在の故宮特勤消防署に引き継がれている。北京市天安門地区消防救援支隊消防署は、同博物院を10の巡回エリアと55の区画に分け、毎日エリアごとに消防設備の点検を行う。消防隊員が24時間体制で勤務に当たり、昼夜を問わず安全を見守っている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    紫禁城を守る消防隊員北京市

    5日、故宮博物院内で訓練する故宮特勤消防署の隊員。中国北京市の故宮博物院は、明代の1420年に皇帝の居城(紫禁城)として造営された。現存する世界最大の木造建築群の一つで、1970年代に消防小隊が常駐を開始し、その任務は現在の故宮特勤消防署に引き継がれている。北京市天安門地区消防救援支隊消防署は、同博物院を10の巡回エリアと55の区画に分け、毎日エリアごとに消防設備の点検を行う。消防隊員が24時間体制で勤務に当たり、昼夜を問わず安全を見守っている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    紫禁城を守る消防隊員北京市

    5日、故宮博物院内で訓練する故宮特勤消防署の隊員。中国北京市の故宮博物院は、明代の1420年に皇帝の居城(紫禁城)として造営された。現存する世界最大の木造建築群の一つで、1970年代に消防小隊が常駐を開始し、その任務は現在の故宮特勤消防署に引き継がれている。北京市天安門地区消防救援支隊消防署は、同博物院を10の巡回エリアと55の区画に分け、毎日エリアごとに消防設備の点検を行う。消防隊員が24時間体制で勤務に当たり、昼夜を問わず安全を見守っている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    秋深まる福州市福建省

    10月21日、福州市倉山区梁厝(りょうせき)特色歴史文化街区に広がる花畑。中国福建省福州市では秋の深まりとともに、市街地や運河の両岸に緑の木々が生い茂り、赤紫色のブーゲンビリアやピンク色のトックリキワタも咲き誇っている。市内の至る所で生命力にあふれた多彩な風景を楽しむことができる。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    特色ある街づくりで観光業発展を後押し福建省福州市

    21日、梁厝特色歴史文化街区にある昔ながらのたたずまいを残した本屋で、店内を散策する観光客。中国福建省福州市城門鎮の梁厝(りょうせき)村にある「梁厝特色歴史文化街区」はここ数年、村の歴史や文化的な魅力を生かして古い建物の修築・保護作業を行い、村の環境の美化と改善に尽力。特色ある街づくりに取り組むことで、農村の観光産業の発展を後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    特色ある街づくりで観光業発展を後押し福建省福州市

    21日、梁厝特色歴史文化街区(右)と福州市の文化的ランドマーク、海峡文化芸術センター(左奥)。(小型無人機から)中国福建省福州市城門鎮の梁厝(りょうせき)村にある「梁厝特色歴史文化街区」はここ数年、村の歴史や文化的な魅力を生かして古い建物の修築・保護作業を行い、村の環境の美化と改善に尽力。特色ある街づくりに取り組むことで、農村の観光産業の発展を後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    特色ある街づくりで観光業発展を後押し福建省福州市

    21日、花々が咲き乱れる梁厝特色歴史文化街区を散策する観光客。(小型無人機から)中国福建省福州市城門鎮の梁厝(りょうせき)村にある「梁厝特色歴史文化街区」はここ数年、村の歴史や文化的な魅力を生かして古い建物の修築・保護作業を行い、村の環境の美化と改善に尽力。特色ある街づくりに取り組むことで、農村の観光産業の発展を後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    特色ある街づくりで観光業発展を後押し福建省福州市

    21日、花々が咲き乱れる梁厝特色歴史文化街区を散策する観光客。中国福建省福州市城門鎮の梁厝(りょうせき)村にある「梁厝特色歴史文化街区」はここ数年、村の歴史や文化的な魅力を生かして古い建物の修築・保護作業を行い、村の環境の美化と改善に尽力。特色ある街づくりに取り組むことで、農村の観光産業の発展を後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    特色ある街づくりで観光業発展を後押し福建省福州市

    21日、梁厝特色歴史文化街区に残る古い建物。中国福建省福州市城門鎮の梁厝(りょうせき)村にある「梁厝特色歴史文化街区」はここ数年、村の歴史や文化的な魅力を生かして古い建物の修築・保護作業を行い、村の環境の美化と改善に尽力。特色ある街づくりに取り組むことで、農村の観光産業の発展を後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    第3回デジタル中国建設サミット、多くの成果残し閉幕福建省福州市

    14日、デジタル中国成果展で車両編成可変型動車組(動力分散式列車)の模型を見学する観客。中国福建省福州市で開かれていた「第3回デジタル中国建設サミット」が14日、閉幕した。12日からの会期中に、デジタル経済関連事業426件、投資総額3316億元(1元=約16円)の契約が調印された。事業は先端分野の人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネット、ブロックチェーンなどの分野にわたり、デジタル産業化、産業デジタル化を力強く後押しすると見込まれる。同時に開催されたデジタル中国成果展には200以上の有名企業が出展、最新のデジタル技術と成果の応用、デジタル化、ネットワーク化、スマート化発展の最新の動向が展示された。初公開の新技術、新製品の割合は50%を上回った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    第3回デジタル中国建設サミット、多くの成果残し閉幕福建省福州市

    14日、デジタル中国成果展に展示されたネット出前・生活関連サービス大手の美団点評のシェアリング電気自転車。中国福建省福州市で開かれていた「第3回デジタル中国建設サミット」が14日、閉幕した。12日からの会期中に、デジタル経済関連事業426件、投資総額3316億元(1元=約16円)の契約が調印された。事業は先端分野の人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネット、ブロックチェーンなどの分野にわたり、デジタル産業化、産業デジタル化を力強く後押しすると見込まれる。同時に開催されたデジタル中国成果展には200以上の有名企業が出展、最新のデジタル技術と成果の応用、デジタル化、ネットワーク化、スマート化発展の最新の動向が展示された。初公開の新技術、新製品の割合は50%を上回った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    第3回デジタル中国建設サミット、多くの成果残し閉幕福建省福州市

    14日、デジタル中国成果展の会場。中国福建省福州市で開かれていた「第3回デジタル中国建設サミット」が14日、閉幕した。12日からの会期中に、デジタル経済関連事業426件、投資総額3316億元(1元=約16円)の契約が調印された。事業は先端分野の人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネット、ブロックチェーンなどの分野にわたり、デジタル産業化、産業デジタル化を力強く後押しすると見込まれる。同時に開催されたデジタル中国成果展には200以上の有名企業が出展、最新のデジタル技術と成果の応用、デジタル化、ネットワーク化、スマート化発展の最新の動向が展示された。初公開の新技術、新製品の割合は50%を上回った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    第3回デジタル中国建設サミット、多くの成果残し閉幕福建省福州市

    14日、デジタル中国成果展会場で、新大陸科技集団が展示する食品安全迅速検査システムを体験する来場者。中国福建省福州市で開かれていた「第3回デジタル中国建設サミット」が14日、閉幕した。12日からの会期中に、デジタル経済関連事業426件、投資総額3316億元(1元=約16円)の契約が調印された。事業は先端分野の人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネット、ブロックチェーンなどの分野にわたり、デジタル産業化、産業デジタル化を力強く後押しすると見込まれる。同時に開催されたデジタル中国成果展には200以上の有名企業が出展、最新のデジタル技術と成果の応用、デジタル化、ネットワーク化、スマート化発展の最新の動向が展示された。初公開の新技術、新製品の割合は50%を上回った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    第3回デジタル中国建設サミット、多くの成果残し閉幕福建省福州市

    14日、デジタル中国成果展の会場。中国福建省福州市で開かれていた「第3回デジタル中国建設サミット」が14日、閉幕した。12日からの会期中に、デジタル経済関連事業426件、投資総額3316億元(1元=約16円)の契約が調印された。事業は先端分野の人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネット、ブロックチェーンなどの分野にわたり、デジタル産業化、産業デジタル化を力強く後押しすると見込まれる。同時に開催されたデジタル中国成果展には200以上の有名企業が出展、最新のデジタル技術と成果の応用、デジタル化、ネットワーク化、スマート化発展の最新の動向が展示された。初公開の新技術、新製品の割合は50%を上回った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    第3回デジタル中国建設サミット、多くの成果残し閉幕福建省福州市

    14日、デジタル中国成果展で車両編成可変型動車組(動力分散式列車)の模型を見学する観客。中国福建省福州市で開かれていた「第3回デジタル中国建設サミット」が14日、閉幕した。12日からの会期中に、デジタル経済関連事業426件、投資総額3316億元(1元=約16円)の契約が調印された。事業は先端分野の人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネット、ブロックチェーンなどの分野にわたり、デジタル産業化、産業デジタル化を力強く後押しすると見込まれる。同時に開催されたデジタル中国成果展には200以上の有名企業が出展、最新のデジタル技術と成果の応用、デジタル化、ネットワーク化、スマート化発展の最新の動向が展示された。初公開の新技術、新製品の割合は50%を上回った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    第3回デジタル中国建設サミット、多くの成果残し閉幕福建省福州市

    14日、デジタル中国成果展の会場。中国福建省福州市で開かれていた「第3回デジタル中国建設サミット」が14日、閉幕した。12日からの会期中に、デジタル経済関連事業426件、投資総額3316億元(1元=約16円)の契約が調印された。事業は先端分野の人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネット、ブロックチェーンなどの分野にわたり、デジタル産業化、産業デジタル化を力強く後押しすると見込まれる。同時に開催されたデジタル中国成果展には200以上の有名企業が出展、最新のデジタル技術と成果の応用、デジタル化、ネットワーク化、スマート化発展の最新の動向が展示された。初公開の新技術、新製品の割合は50%を上回った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    第3回デジタル中国建設サミット、多くの成果残し閉幕福建省福州市

    14日、デジタル中国成果展の会場。中国福建省福州市で開かれていた「第3回デジタル中国建設サミット」が14日、閉幕した。12日からの会期中に、デジタル経済関連事業426件、投資総額3316億元(1元=約16円)の契約が調印された。事業は先端分野の人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネット、ブロックチェーンなどの分野にわたり、デジタル産業化、産業デジタル化を力強く後押しすると見込まれる。同時に開催されたデジタル中国成果展には200以上の有名企業が出展、最新のデジタル技術と成果の応用、デジタル化、ネットワーク化、スマート化発展の最新の動向が展示された。初公開の新技術、新製品の割合は50%を上回った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    第3回デジタル中国建設サミット、多くの成果残し閉幕福建省福州市

    14日、デジタル中国成果展に展示されたハイテク自動車ガラスディスプレー技術。中国福建省福州市で開かれていた「第3回デジタル中国建設サミット」が14日、閉幕した。12日からの会期中に、デジタル経済関連事業426件、投資総額3316億元(1元=約16円)の契約が調印された。事業は先端分野の人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネット、ブロックチェーンなどの分野にわたり、デジタル産業化、産業デジタル化を力強く後押しすると見込まれる。同時に開催されたデジタル中国成果展には200以上の有名企業が出展、最新のデジタル技術と成果の応用、デジタル化、ネットワーク化、スマート化発展の最新の動向が展示された。初公開の新技術、新製品の割合は50%を上回った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    第3回デジタル中国建設サミット、多くの成果残し閉幕福建省福州市

    14日、デジタル中国成果展に展示されたデジタル応用コックピット。中国福建省福州市で開かれていた「第3回デジタル中国建設サミット」が14日、閉幕した。12日からの会期中に、デジタル経済関連事業426件、投資総額3316億元(1元=約16円)の契約が調印された。事業は先端分野の人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネット、ブロックチェーンなどの分野にわたり、デジタル産業化、産業デジタル化を力強く後押しすると見込まれる。同時に開催されたデジタル中国成果展には200以上の有名企業が出展、最新のデジタル技術と成果の応用、デジタル化、ネットワーク化、スマート化発展の最新の動向が展示された。初公開の新技術、新製品の割合は50%を上回った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    第3回デジタル中国建設サミット、多くの成果残し閉幕福建省福州市

    14日、デジタル中国成果展に展示された宅配企業大手の中通快逓の小型無人機。中国福建省福州市で開かれていた「第3回デジタル中国建設サミット」が14日、閉幕した。12日からの会期中に、デジタル経済関連事業426件、投資総額3316億元(1元=約16円)の契約が調印された。事業は先端分野の人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネット、ブロックチェーンなどの分野にわたり、デジタル産業化、産業デジタル化を力強く後押しすると見込まれる。同時に開催されたデジタル中国成果展には200以上の有名企業が出展、最新のデジタル技術と成果の応用、デジタル化、ネットワーク化、スマート化発展の最新の動向が展示された。初公開の新技術、新製品の割合は50%を上回った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    第3回デジタル中国建設サミット、多くの成果残し閉幕福建省福州市

    14日、デジタル中国成果展でホログラムと拡張現実(AR)技術を体験する来場者。中国福建省福州市で開かれていた「第3回デジタル中国建設サミット」が14日、閉幕した。12日からの会期中に、デジタル経済関連事業426件、投資総額3316億元(1元=約16円)の契約が調印された。事業は先端分野の人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネット、ブロックチェーンなどの分野にわたり、デジタル産業化、産業デジタル化を力強く後押しすると見込まれる。同時に開催されたデジタル中国成果展には200以上の有名企業が出展、最新のデジタル技術と成果の応用、デジタル化、ネットワーク化、スマート化発展の最新の動向が展示された。初公開の新技術、新製品の割合は50%を上回った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    第3回デジタル中国建設サミット、多くの成果残し閉幕福建省福州市

    14日、デジタル中国成果展の会場。中国福建省福州市で開かれていた「第3回デジタル中国建設サミット」が14日、閉幕した。12日からの会期中に、デジタル経済関連事業426件、投資総額3316億元(1元=約16円)の契約が調印された。事業は先端分野の人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネット、ブロックチェーンなどの分野にわたり、デジタル産業化、産業デジタル化を力強く後押しすると見込まれる。同時に開催されたデジタル中国成果展には200以上の有名企業が出展、最新のデジタル技術と成果の応用、デジタル化、ネットワーク化、スマート化発展の最新の動向が展示された。初公開の新技術、新製品の割合は50%を上回った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月12日
    第3回デジタル中国建設サミット開幕福建省福州市

    12日、第3回デジタル中国建設サミットのメインフォーラムでスピーチする中国工程院院士、北京理工大学学長の張軍(ちょう・ぐん)氏。第3回デジタル中国建設サミットが12日、中国福建省福州市で開幕した。会期は14日まで。今回のサミットでは、「イノベーション主導型のデジタル変革、知能がリードするハイレベルな発展」をテーマとするメインフォーラムおよびデジタル政府、デジタル経済、ブロックチェーンと金融テクノロジー、デジタルエコロジーなどをテーマとする12のサブフォーラムが開催される。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月12日
    第3回デジタル中国建設サミット開幕福建省福州市

    12日、第3回デジタル中国建設サミットのメインフォーラムでスピーチする中国IT大手、騰訊控股(テンセント)の奚丹(けい・たん)高級副総裁。第3回デジタル中国建設サミットが12日、中国福建省福州市で開幕した。会期は14日まで。今回のサミットでは、「イノベーション主導型のデジタル変革、知能がリードするハイレベルな発展」をテーマとするメインフォーラムおよびデジタル政府、デジタル経済、ブロックチェーンと金融テクノロジー、デジタルエコロジーなどをテーマとする12のサブフォーラムが開催される。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.00
    2020年10月12日
    「新華社」第3回デジタル中国建設サミット開幕福建省福州市

    第3回デジタル中国建設サミットが12日、中国福建省福州市で開幕した。会期は14日まで。今回のサミットでは、「イノベーション主導型のデジタル変革、知能がリードするハイレベルな発展」をテーマとするメインフォーラムおよびデジタル政府、デジタル経済、ブロックチェーンと金融テクノロジー、デジタルエコロジーなどをテーマとする12のサブフォーラムが開催される。(記者/陳旺、郭圻)<映像内容>第3回デジタル中国建設サミットの様子、撮影日:2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月12日
    第3回デジタル中国建設サミット開幕福建省福州市

    12日、デジタル中国建設成果展示会の会場。第3回デジタル中国建設サミットが12日、中国福建省福州市で開幕した。会期は14日まで。今回のサミットでは、「イノベーション主導型のデジタル変革、知能がリードするハイレベルな発展」をテーマとするメインフォーラムおよびデジタル政府、デジタル経済、ブロックチェーンと金融テクノロジー、デジタルエコロジーなどをテーマとする12のサブフォーラムが開催される。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月12日
    第3回デジタル中国建設サミット開幕福建省福州市

    12日、デジタル中国建設成果展示会の会場に展示された中国宅配大手、韵達控股の宅配用無人機。第3回デジタル中国建設サミットが12日、中国福建省福州市で開幕した。会期は14日まで。今回のサミットでは、「イノベーション主導型のデジタル変革、知能がリードするハイレベルな発展」をテーマとするメインフォーラムおよびデジタル政府、デジタル経済、ブロックチェーンと金融テクノロジー、デジタルエコロジーなどをテーマとする12のサブフォーラムが開催される。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月12日
    第3回デジタル中国建設サミット開幕福建省福州市

    12日、デジタル中国建設成果展示会の会場に展示された中国のゲーム開発会社、網竜網絡のスマートロボット。第3回デジタル中国建設サミットが12日、中国福建省福州市で開幕した。会期は14日まで。今回のサミットでは、「イノベーション主導型のデジタル変革、知能がリードするハイレベルな発展」をテーマとするメインフォーラムおよびデジタル政府、デジタル経済、ブロックチェーンと金融テクノロジー、デジタルエコロジーなどをテーマとする12のサブフォーラムが開催される。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月12日
    第3回デジタル中国建設サミット開幕福建省福州市

    12日、第3回デジタル中国建設サミットのメインフォーラムでスピーチする中国ネット検索最大手、百度(バイドゥ)の李彦宏(り・げんこう)最高経営責任者(CEO)。第3回デジタル中国建設サミットが12日、中国福建省福州市で開幕した。会期は14日まで。今回のサミットでは、「イノベーション主導型のデジタル変革、知能がリードするハイレベルな発展」をテーマとするメインフォーラムおよびデジタル政府、デジタル経済、ブロックチェーンと金融テクノロジー、デジタルエコロジーなどをテーマとする12のサブフォーラムが開催される。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月12日
    第3回デジタル中国建設サミット開幕福建省福州市

    12日、第3回デジタル中国建設サミットの開幕式で、ビデオ映像であいさつする鍾南山(しょう・なんざん)氏。第3回デジタル中国建設サミットが12日、中国福建省福州市で開幕した。会期は14日まで。今回のサミットでは、「イノベーション主導型のデジタル変革、知能がリードするハイレベルな発展」をテーマとするメインフォーラムおよびデジタル政府、デジタル経済、ブロックチェーンと金融テクノロジー、デジタルエコロジーなどをテーマとする12のサブフォーラムが開催される。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月12日
    第3回デジタル中国建設サミット開幕福建省福州市

    12日、第3回デジタル中国建設サミットのメインフォーラムの会場、福州市の海峡国際カンファレンス・アンド・エキシビション・センター。第3回デジタル中国建設サミットが12日、中国福建省福州市で開幕した。会期は14日まで。今回のサミットでは、「イノベーション主導型のデジタル変革、知能がリードするハイレベルな発展」をテーマとするメインフォーラムおよびデジタル政府、デジタル経済、ブロックチェーンと金融テクノロジー、デジタルエコロジーなどをテーマとする12のサブフォーラムが開催される。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    大型連休中、文化クリエーティブ街区が人気重慶市江北区

    8日、北倉文化クリエーティブ街区にあるスイーツ店で休憩する観光客。中国の国慶節と中秋節の大型連休期間中(1~8日)、重慶市江北区観音橋街道にある北倉文化クリエーティブ街区が大勢の観光客でにぎわった。同街区はかつての紡績工場の倉庫を改造してできた文化スポットで、市の公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成されている。(重慶=新華社記者/王全超)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    大型連休中、文化クリエーティブ街区が人気重慶市江北区

    8日、北倉文化クリエーティブ街区で写真を撮る観光客。中国の国慶節と中秋節の大型連休期間中(1~8日)、重慶市江北区観音橋街道にある北倉文化クリエーティブ街区が大勢の観光客でにぎわった。同街区はかつての紡績工場の倉庫を改造してできた文化スポットで、市の公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成されている。(重慶=新華社記者/王全超)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    大型連休中、文化クリエーティブ街区が人気重慶市江北区

    8日、北倉文化クリエーティブ街区で写真を撮る観光客。中国の国慶節と中秋節の大型連休期間中(1~8日)、重慶市江北区観音橋街道にある北倉文化クリエーティブ街区が大勢の観光客でにぎわった。同街区はかつての紡績工場の倉庫を改造してできた文化スポットで、市の公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成されている。(重慶=新華社記者/王全超)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    大型連休中、文化クリエーティブ街区が人気重慶市江北区

    8日、北倉文化クリエーティブ街区で絵画を体験する観光客。中国の国慶節と中秋節の大型連休期間中(1~8日)、重慶市江北区観音橋街道にある北倉文化クリエーティブ街区が大勢の観光客でにぎわった。同街区はかつての紡績工場の倉庫を改造してできた文化スポットで、市の公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成されている。(重慶=新華社記者/王全超)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    大型連休中、文化クリエーティブ街区が人気重慶市江北区

    8日、北倉文化クリエーティブ街区で遊ぶネコ。中国の国慶節と中秋節の大型連休期間中(1~8日)、重慶市江北区観音橋街道にある北倉文化クリエーティブ街区が大勢の観光客でにぎわった。同街区はかつての紡績工場の倉庫を改造してできた文化スポットで、市の公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成されている。(重慶=新華社記者/王全超)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    大型連休中、文化クリエーティブ街区が人気重慶市江北区

    8日、北倉文化クリエーティブ街区で写真を撮る観光客。中国の国慶節と中秋節の大型連休期間中(1~8日)、重慶市江北区観音橋街道にある北倉文化クリエーティブ街区が大勢の観光客でにぎわった。同街区はかつての紡績工場の倉庫を改造してできた文化スポットで、市の公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成されている。(重慶=新華社記者/王全超)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    大型連休中、文化クリエーティブ街区が人気重慶市江北区

    8日、北倉文化クリエーティブ街区を散策する観光客。中国の国慶節と中秋節の大型連休期間中(1~8日)、重慶市江北区観音橋街道にある北倉文化クリエーティブ街区が大勢の観光客でにぎわった。同街区はかつての紡績工場の倉庫を改造してできた文化スポットで、市の公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成されている。(重慶=新華社記者/王全超)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    大型連休中、文化クリエーティブ街区が人気重慶市江北区

    8日、北倉文化クリエーティブ街区を散策する観光客。中国の国慶節と中秋節の大型連休期間中(1~8日)、重慶市江北区観音橋街道にある北倉文化クリエーティブ街区が大勢の観光客でにぎわった。同街区はかつての紡績工場の倉庫を改造してできた文化スポットで、市の公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成されている。(重慶=新華社記者/王全超)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    大型連休中、文化クリエーティブ街区が人気重慶市江北区

    8日、北倉文化クリエーティブ街区にある北倉図書館で本を読む観光客。中国の国慶節と中秋節の大型連休期間中(1~8日)、重慶市江北区観音橋街道にある北倉文化クリエーティブ街区が大勢の観光客でにぎわった。同街区はかつての紡績工場の倉庫を改造してできた文化スポットで、市の公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成されている。(重慶=新華社記者/王全超)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月29日
    大きな飾り 看板キャラ、活動の幅拡大

    エディオンなんば本店入口付近に設置された「マリオ」(左)や「クッパ」(中央)をかたどった大きなレゴブロックの飾り=24日、大阪・ミナミ

  • 01:39.96
    2020年09月26日
    「新華社」雲南省で新石器~明清時代まで続いた集落遺跡を発掘

    中国の雲南省文物考古研究所は26日、臨滄市文物管理所などと共同で実施した芒嘎(ぼうかつ)遺跡の考古学発掘調査が、このほど完了したと明らかにした。遺跡からは、溝や墓葬、灰坑などの遺構128カ所、石器や土器、陶器、青銅器などの遺物約1500点(組)が出土した。同遺跡は雲南省臨滄市耿馬(こうま)タイ族ワ族自治県の勐簡(もうかん)郷にある。大きさは東西約530メートル、南北約220メートルで、総面積約11万平方メートル。今回は付近の高速道路建設に伴う発掘調査となり、97のグリッド(区画)に分けた9600平方メートルで実施した。雲南省文物考古研究所の胡長城(こ・ちょうじょう)副研究員は「遺跡は川辺の台地にあり、新石器時代から明清時代まで集落として使われた。継続時間が長く、出土遺物の形状もさまざまで、遺跡の類型も多い。南汀河(なんていが)流域、さらには雲南省南西部の民族や文化、歴史を研究する上で重要な価値がある」と語った。(記者/孫敏、厳勇)<映像内容>芒嘎遺跡の発掘調査の様子、撮影日:2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月08日
    中越相互接続国際ルートの防東鉄道、初の特大橋接合が完了

    8日、防東鉄道楠木山複線特大橋。中国鉄路南寧局集団は8日、同日午前に防東鉄道楠木山複線特大橋で最後の接合ブロックのコンクリート打設が完了したと発表した。これは、同鉄道で最初の特大橋が接合され、全線の開通と営業運行に向けた基礎が築かれたことを意味する。防東鉄道は中国・ベトナム国境の中国広西チワン族自治区防城港市内に敷設され、中越相互接続国際ルートの重要な一部を構成する。総延長は46・9キロ、設計時速は200キロになる。(防城港=新華社配信/葉帥)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月08日
    中越相互接続国際ルートの防東鉄道、初の特大橋接合が完了

    8日、防東鉄道楠木山複線特大橋。中国鉄路南寧局集団は8日、同日午前に防東鉄道楠木山複線特大橋で最後の接合ブロックのコンクリート打設が完了したと発表した。これは、同鉄道で最初の特大橋が接合され、全線の開通と営業運行に向けた基礎が築かれたことを意味する。防東鉄道は中国・ベトナム国境の中国広西チワン族自治区防城港市内に敷設され、中越相互接続国際ルートの重要な一部を構成する。総延長は46・9キロ、設計時速は200キロになる。(防城港=新華社配信/韋盛)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月08日
    中越相互接続国際ルートの防東鉄道、初の特大橋接合が完了

    8日、防東鉄道楠木山複線特大橋でコンクリートを打設する作業員。中国鉄路南寧局集団は8日、同日午前に防東鉄道楠木山複線特大橋で最後の接合ブロックのコンクリート打設が完了したと発表した。これは、同鉄道で最初の特大橋が接合され、全線の開通と営業運行に向けた基礎が築かれたことを意味する。防東鉄道は中国・ベトナム国境の中国広西チワン族自治区防城港市内に敷設され、中越相互接続国際ルートの重要な一部を構成する。総延長は46・9キロ、設計時速は200キロになる。(防城港=新華社配信/葉帥)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月08日
    中越相互接続国際ルートの防東鉄道、初の特大橋接合が完了

    8日、防東鉄道楠木山複線特大橋。中国鉄路南寧局集団は8日、同日午前に防東鉄道楠木山複線特大橋で最後の接合ブロックのコンクリート打設が完了したと発表した。これは、同鉄道で最初の特大橋が接合され、全線の開通と営業運行に向けた基礎が築かれたことを意味する。防東鉄道は中国・ベトナム国境の中国広西チワン族自治区防城港市内に敷設され、中越相互接続国際ルートの重要な一部を構成する。総延長は46・9キロ、設計時速は200キロになる。(防城港=新華社配信/陳磊)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月29日
    明代の劇作家、湯顕祖の故郷に戯曲博物館がオープン江西省

    博物館に展示されている「暢音閣(ちょうおんかく)」の模型。紫禁城の中にある3階建ての舞台で、上層から順に「福台」「禄台」「寿台」と呼ばれる。(資料写真)中国江西省撫州市の文昌里歴史文化街区で26日、文昌里戯曲博物館が正式オープンした。文昌里は、明代の劇作家・文学者で「東方戯聖」とも呼ばれる湯顕祖(とう・けんそ、1550~1616年)の故郷。博物館は建設の計画から3年以上を費やして完成した。(南昌=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月29日
    明代の劇作家、湯顕祖の故郷に戯曲博物館がオープン江西省

    博物館で展示されている蓄音機。4千人以上の芸術家による10万曲以上の戯曲や演芸作品が収録され、携帯アプリから聞くことができる。作品の多くは1930~40年代の貴重な録音資料となっている。(資料写真)中国江西省撫州市の文昌里歴史文化街区で26日、文昌里戯曲博物館が正式オープンした。文昌里は、明代の劇作家・文学者で「東方戯聖」とも呼ばれる湯顕祖(とう・けんそ、1550~1616年)の故郷。博物館は建設の計画から3年以上を費やして完成した。(南昌=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月29日
    明代の劇作家、湯顕祖の故郷に戯曲博物館がオープン江西省

    江西省撫州市にある文昌里戯曲博物館。(資料写真)中国江西省撫州市の文昌里歴史文化街区で26日、文昌里戯曲博物館が正式オープンした。文昌里は、明代の劇作家・文学者で「東方戯聖」とも呼ばれる湯顕祖(とう・けんそ、1550~1616年)の故郷。博物館は建設の計画から3年以上を費やして完成した。(南昌=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:57.93
    2020年08月29日
    「新華社」道路の消毒・殺菌を実施新疆ウイグル自治区ウルムチ市

    中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市はここ数日、市街地の2400本余りの幹線道路、準幹線道路、路地で消毒・殺菌作業を実施している。各区・県はそれぞれの感染予防・抑制区域リスク等級に基づき、各区域やブロックで毎日の消毒作業計画を制定・実施しいる。同市全体で1日平均延べ400台近くの消毒・殺菌作業車を出動させており、ウイルスの感染リスクを取り除いている。(記者/白志強)<映像内容>新疆ウイグル自治区ウルムチ市の道路や路地の消毒・殺菌作業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    上海の料理人、取り箸使用と食べ残し削減を呼び掛け

    27日、適量を盛り付けた料理を見せる料理人。中国上海市閔行区新虹街道(都市部の末端行政区画)で27日、地元の飲食店などで働く30の料理人団体が集まり、取り箸の使用と食べ残しの削減を呼び掛ける活動を行った。活動の一環として開かれた料理コンクールでは、適量を盛り付けた料理が提供され、専門家から成る審査チームと一般審査員が箸やスプーンで取り分けて試食した。(上海=新華社記者/王翔)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    上海の料理人、取り箸使用と食べ残し削減を呼び掛け

    27日、試食する一般審査員に対し「取り箸の使用と食べ残しの削減」を呼び掛けるボランティア。中国上海市閔行区新虹街道(都市部の末端行政区画)で27日、地元の飲食店などで働く30の料理人団体が集まり、取り箸の使用と食べ残しの削減を呼び掛ける活動を行った。活動の一環として開かれた料理コンクールでは、適量を盛り付けた料理が提供され、専門家から成る審査チームと一般審査員が箸やスプーンで取り分けて試食した。(上海=新華社記者/王翔)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    上海の料理人、取り箸使用と食べ残し削減を呼び掛け

    27日、箸とスプーンで料理を取り分けて試食する一般審査員。中国上海市閔行区新虹街道(都市部の末端行政区画)で27日、地元の飲食店などで働く30の料理人団体が集まり、取り箸の使用と食べ残しの削減を呼び掛ける活動を行った。活動の一環として開かれた料理コンクールでは、適量を盛り付けた料理が提供され、専門家から成る審査チームと一般審査員が箸やスプーンで取り分けて試食した。(上海=新華社記者/王翔)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    上海の料理人、取り箸使用と食べ残し削減を呼び掛け

    27日、テーブルに並べられた料理。中国上海市閔行区新虹街道(都市部の末端行政区画)で27日、地元の飲食店などで働く30の料理人団体が集まり、取り箸の使用と食べ残しの削減を呼び掛ける活動を行った。活動の一環として開かれた料理コンクールでは、適量を盛り付けた料理が提供され、専門家から成る審査チームと一般審査員が箸やスプーンで取り分けて試食した。(上海=新華社記者/王翔)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    上海の料理人、取り箸使用と食べ残し削減を呼び掛け

    27日、「取り箸の使用と食べ残しの削減公約」に署名した上海市閔行区新虹街道の料理人団体の関係者ら。中国上海市閔行区新虹街道(都市部の末端行政区画)で27日、地元の飲食店などで働く30の料理人団体が集まり、取り箸の使用と食べ残しの削減を呼び掛ける活動を行った。活動の一環として開かれた料理コンクールでは、適量を盛り付けた料理が提供され、専門家から成る審査チームと一般審査員が箸やスプーンで取り分けて試食した。(上海=新華社記者/王翔)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「臥竜書院」。(小型無人機から)中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「蔵経楼」の一角。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、汀江両岸のライトアップされた夜景。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建造物「竜学館」の一角。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「蔵経楼」の内部。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、汀州古城(長汀古城)の城壁の一つ「広儲門」。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、ライトアップされた「文昌閣」。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建造物「竜学館」の敷地内を散策する観光客。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「臥竜書院」にある建物の彫刻。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、長汀県汀州鎮の古い街並みを散策する観光客。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、長汀県汀州鎮にある汀州古城(長汀古城)の城壁。(小型無人機から)中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...