KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国福建省
  • 保存活用
  • 国家歴史文化名城
  • 歴史文化街
  • 歴史的建造物
  • 福建省竜岩市
  • 福建省長汀県
  • 竜岩市長汀
  • 街区歴史
  • 中華民国

「ブロック 建物」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 写真
  • 向き
  • 社会
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
81
( 1 81 件を表示)
  • 1
81
( 1 81 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年01月03日
    (3)南京市の旧市街地が歴史地区再生の手本に

    南京市の小西湖片区で、改築されカフェに生まれ変わった古民家の前を通り過ぎる住民。(2020年7月1日撮影)600年の歴史を持つ中国江蘇省南京市の中華門の城壁を東に進むと、同市の旧市街南部の門東地区にたどり着く。この辺りは市内22カ所ある歴史風貌区の一つ、小西湖片区(エリア)に当たる。同区は孔子を祀る夫子廟(ふうしびょう)と門東歴史街区を結び、門東地区の「中軸線」を形成している。区内には伝統建築や伝統的空間が今も残されている。不規則に曲がりくねった路地が街並みを構成し、両側の風情ある建物をつなぎ合わせ、複雑な隣接部分を持つ江南の民家の中庭を形成している。小西湖片区ではこのところ、歴史地区再生の効果が現れ始めているという。(南京=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    (5)南京市の旧市街地が歴史地区再生の手本に

    南京市の小西湖片区で、リフォームして生まれ変わった共用庭園の横を通り過ぎる住民。(2020年7月1日撮影)600年の歴史を持つ中国江蘇省南京市の中華門の城壁を東に進むと、同市の旧市街南部の門東地区にたどり着く。この辺りは市内22カ所ある歴史風貌区の一つ、小西湖片区(エリア)に当たる。同区は孔子を祀る夫子廟(ふうしびょう)と門東歴史街区を結び、門東地区の「中軸線」を形成している。区内には伝統建築や伝統的空間が今も残されている。不規則に曲がりくねった路地が街並みを構成し、両側の風情ある建物をつなぎ合わせ、複雑な隣接部分を持つ江南の民家の中庭を形成している。小西湖片区ではこのところ、歴史地区再生の効果が現れ始めているという。(南京=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    (4)南京市の旧市街地が歴史地区再生の手本に

    南京市の小西湖片区で、古民家の改築工事をする作業員。(2020年7月1日撮影)600年の歴史を持つ中国江蘇省南京市の中華門の城壁を東に進むと、同市の旧市街南部の門東地区にたどり着く。この辺りは市内22カ所ある歴史風貌区の一つ、小西湖片区(エリア)に当たる。同区は孔子を祀る夫子廟(ふうしびょう)と門東歴史街区を結び、門東地区の「中軸線」を形成している。区内には伝統建築や伝統的空間が今も残されている。不規則に曲がりくねった路地が街並みを構成し、両側の風情ある建物をつなぎ合わせ、複雑な隣接部分を持つ江南の民家の中庭を形成している。小西湖片区ではこのところ、歴史地区再生の効果が現れ始めているという。(南京=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    (1)南京市の旧市街地が歴史地区再生の手本に

    改築され面目を一新した小西湖片区と通りを隔てた老門東。(2020年7月1日、小型無人機から撮影)600年の歴史を持つ中国江蘇省南京市の中華門の城壁を東に進むと、同市の旧市街南部の門東地区にたどり着く。この辺りは市内22カ所ある歴史風貌区の一つ、小西湖片区(エリア)に当たる。同区は孔子を祀る夫子廟(ふうしびょう)と門東歴史街区を結び、門東地区の「中軸線」を形成している。区内には伝統建築や伝統的空間が今も残されている。不規則に曲がりくねった路地が街並みを構成し、両側の風情ある建物をつなぎ合わせ、複雑な隣接部分を持つ江南の民家の中庭を形成している。小西湖片区ではこのところ、歴史地区再生の効果が現れ始めているという。(南京=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    (2)南京市の旧市街地が歴史地区再生の手本に

    南京市の小西湖片区で、建築資材を運ぶ作業員。(2020年7月1日撮影)600年の歴史を持つ中国江蘇省南京市の中華門の城壁を東に進むと、同市の旧市街南部の門東地区にたどり着く。この辺りは市内22カ所ある歴史風貌区の一つ、小西湖片区(エリア)に当たる。同区は孔子を祀る夫子廟(ふうしびょう)と門東歴史街区を結び、門東地区の「中軸線」を形成している。区内には伝統建築や伝統的空間が今も残されている。不規則に曲がりくねった路地が街並みを構成し、両側の風情ある建物をつなぎ合わせ、複雑な隣接部分を持つ江南の民家の中庭を形成している。小西湖片区ではこのところ、歴史地区再生の効果が現れ始めているという。(南京=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    特色ある街づくりで観光業発展を後押し福建省福州市

    21日、梁厝特色歴史文化街区にある昔ながらのたたずまいを残した本屋で、店内を散策する観光客。中国福建省福州市城門鎮の梁厝(りょうせき)村にある「梁厝特色歴史文化街区」はここ数年、村の歴史や文化的な魅力を生かして古い建物の修築・保護作業を行い、村の環境の美化と改善に尽力。特色ある街づくりに取り組むことで、農村の観光産業の発展を後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    特色ある街づくりで観光業発展を後押し福建省福州市

    21日、梁厝特色歴史文化街区(右)と福州市の文化的ランドマーク、海峡文化芸術センター(左奥)。(小型無人機から)中国福建省福州市城門鎮の梁厝(りょうせき)村にある「梁厝特色歴史文化街区」はここ数年、村の歴史や文化的な魅力を生かして古い建物の修築・保護作業を行い、村の環境の美化と改善に尽力。特色ある街づくりに取り組むことで、農村の観光産業の発展を後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    特色ある街づくりで観光業発展を後押し福建省福州市

    21日、花々が咲き乱れる梁厝特色歴史文化街区を散策する観光客。(小型無人機から)中国福建省福州市城門鎮の梁厝(りょうせき)村にある「梁厝特色歴史文化街区」はここ数年、村の歴史や文化的な魅力を生かして古い建物の修築・保護作業を行い、村の環境の美化と改善に尽力。特色ある街づくりに取り組むことで、農村の観光産業の発展を後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    特色ある街づくりで観光業発展を後押し福建省福州市

    21日、花々が咲き乱れる梁厝特色歴史文化街区を散策する観光客。中国福建省福州市城門鎮の梁厝(りょうせき)村にある「梁厝特色歴史文化街区」はここ数年、村の歴史や文化的な魅力を生かして古い建物の修築・保護作業を行い、村の環境の美化と改善に尽力。特色ある街づくりに取り組むことで、農村の観光産業の発展を後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    特色ある街づくりで観光業発展を後押し福建省福州市

    21日、梁厝特色歴史文化街区に残る古い建物。中国福建省福州市城門鎮の梁厝(りょうせき)村にある「梁厝特色歴史文化街区」はここ数年、村の歴史や文化的な魅力を生かして古い建物の修築・保護作業を行い、村の環境の美化と改善に尽力。特色ある街づくりに取り組むことで、農村の観光産業の発展を後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月29日
    明代の劇作家、湯顕祖の故郷に戯曲博物館がオープン江西省

    江西省撫州市にある文昌里戯曲博物館。(資料写真)中国江西省撫州市の文昌里歴史文化街区で26日、文昌里戯曲博物館が正式オープンした。文昌里は、明代の劇作家・文学者で「東方戯聖」とも呼ばれる湯顕祖(とう・けんそ、1550~1616年)の故郷。博物館は建設の計画から3年以上を費やして完成した。(南昌=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「臥竜書院」。(小型無人機から)中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「蔵経楼」の一角。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、汀江両岸のライトアップされた夜景。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建造物「竜学館」の一角。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「蔵経楼」の内部。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、汀州古城(長汀古城)の城壁の一つ「広儲門」。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、ライトアップされた「文昌閣」。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建造物「竜学館」の敷地内を散策する観光客。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、長汀県汀州鎮にある汀州古城(長汀古城)の城壁。(小型無人機から)中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、長汀県汀州鎮の古い街並みを散策する観光客。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「臥竜書院」にある建物の彫刻。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、長汀県汀州鎮にある汀州古城(長汀古城)の城壁の一つ「恵吉門」。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、「臥竜書院」の前を通り過ぎる市民。。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「臥竜書院」の一角。(小型無人機から)中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「文昌閣」。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「臥竜書院」の一角。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「臥竜書院」にある建物の彫刻。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月16日
    中央大街のグレードアップ進む、9月完成予定黒竜江省ハルビン市

    16日、中央大街改造高度化プロジェクトで工事が行われている建物。中国黒竜江省ハルビン市は2020年3月、市内にある百年以上の歴史を持つ旧市街、中央大街の改造高度化プロジェクトを始動、工事は現在急ピッチで進められている。同市は老朽化した庭園のインフラ改造、街区の建物の正面外観の塗装・修繕などによる施設改善や、全体的な業態の高級化などを通じ、中央大街を特色に満ち、文化と観光が融合した「中国欧陸風情街(コンチネンタル・ストリート)」にしていくという。プロジェクトは20年9月末に完了する予定。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月16日
    中央大街のグレードアップ進む、9月完成予定黒竜江省ハルビン市

    16日、改造工事中の中央大街の入口で記念撮影をする子ども。中国黒竜江省ハルビン市は2020年3月、市内にある百年以上の歴史を持つ旧市街、中央大街の改造高度化プロジェクトを始動、工事は現在急ピッチで進められている。同市は老朽化した庭園のインフラ改造、街区の建物の正面外観の塗装・修繕などによる施設改善や、全体的な業態の高級化などを通じ、中央大街を特色に満ち、文化と観光が融合した「中国欧陸風情街(コンチネンタル・ストリート)」にしていくという。プロジェクトは20年9月末に完了する予定。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月16日
    中央大街のグレードアップ進む、9月完成予定黒竜江省ハルビン市

    16日、改造工事が進む中央大街を散策する市民。中国黒竜江省ハルビン市は2020年3月、市内にある百年以上の歴史を持つ旧市街、中央大街の改造高度化プロジェクトを始動、工事は現在急ピッチで進められている。同市は老朽化した庭園のインフラ改造、街区の建物の正面外観の塗装・修繕などによる施設改善や、全体的な業態の高級化などを通じ、中央大街を特色に満ち、文化と観光が融合した「中国欧陸風情街(コンチネンタル・ストリート)」にしていくという。プロジェクトは20年9月末に完了する予定。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月16日
    中央大街のグレードアップ進む、9月完成予定黒竜江省ハルビン市

    16日、中央大街改造高度化プロジェクトで工事が行われている建物。中国黒竜江省ハルビン市は2020年3月、市内にある百年以上の歴史を持つ旧市街、中央大街の改造高度化プロジェクトを始動、工事は現在急ピッチで進められている。同市は老朽化した庭園のインフラ改造、街区の建物の正面外観の塗装・修繕などによる施設改善や、全体的な業態の高級化などを通じ、中央大街を特色に満ち、文化と観光が融合した「中国欧陸風情街(コンチネンタル・ストリート)」にしていくという。プロジェクトは20年9月末に完了する予定。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月16日
    中央大街のグレードアップ進む、9月完成予定黒竜江省ハルビン市

    16日、中央大街改造高度化プロジェクトで工事が行われている建物。中国黒竜江省ハルビン市は2020年3月、市内にある百年以上の歴史を持つ旧市街、中央大街の改造高度化プロジェクトを始動、工事は現在急ピッチで進められている。同市は老朽化した庭園のインフラ改造、街区の建物の正面外観の塗装・修繕などによる施設改善や、全体的な業態の高級化などを通じ、中央大街を特色に満ち、文化と観光が融合した「中国欧陸風情街(コンチネンタル・ストリート)」にしていくという。プロジェクトは20年9月末に完了する予定。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月16日
    中央大街のグレードアップ進む、9月完成予定黒竜江省ハルビン市

    16日、中央大街改造高度化プロジェクトの工事を進める作業員。中国黒竜江省ハルビン市は2020年3月、市内にある百年以上の歴史を持つ旧市街、中央大街の改造高度化プロジェクトを始動、工事は現在急ピッチで進められている。同市は老朽化した庭園のインフラ改造、街区の建物の正面外観の塗装・修繕などによる施設改善や、全体的な業態の高級化などを通じ、中央大街を特色に満ち、文化と観光が融合した「中国欧陸風情街(コンチネンタル・ストリート)」にしていくという。プロジェクトは20年9月末に完了する予定。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月16日
    中央大街のグレードアップ進む、9月完成予定黒竜江省ハルビン市

    16日、改造工事が進むの中央大街を散策する市民。中国黒竜江省ハルビン市は2020年3月、市内にある百年以上の歴史を持つ旧市街、中央大街の改造高度化プロジェクトを始動、工事は現在急ピッチで進められている。同市は老朽化した庭園のインフラ改造、街区の建物の正面外観の塗装・修繕などによる施設改善や、全体的な業態の高級化などを通じ、中央大街を特色に満ち、文化と観光が融合した「中国欧陸風情街(コンチネンタル・ストリート)」にしていくという。プロジェクトは20年9月末に完了する予定。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月16日
    中央大街のグレードアップ進む、9月完成予定黒竜江省ハルビン市

    16日、中央大街改造高度化プロジェクトで工事が行われている建物。中国黒竜江省ハルビン市は2020年3月、市内にある百年以上の歴史を持つ旧市街、中央大街の改造高度化プロジェクトを始動、工事は現在急ピッチで進められている。同市は老朽化した庭園のインフラ改造、街区の建物の正面外観の塗装・修繕などによる施設改善や、全体的な業態の高級化などを通じ、中央大街を特色に満ち、文化と観光が融合した「中国欧陸風情街(コンチネンタル・ストリート)」にしていくという。プロジェクトは20年9月末に完了する予定。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した張紹曽(ちょう・しょうそ)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した李勉之(り・べんし)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した雍剣秋(よう・けんしゅう)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した張学銘(ちょう・がくめい)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した陳光遠(ちん・こうえん)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日、北洋政府の総統、徐世昌(じょ・せいしょう)の娘の旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した呉頌平(ご・しょうへい)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した疙瘩楼。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日、徐樹強(じょ・しゅきょう)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した張志潭(ちょう・したん)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    福州市、「古厝」の保護・活用で都市の質的向上めざす

    5日、福州鰲峰坊歴史文化街区の入口に建つ中国の伝統的建築様式の門の一つ、牌楼(はいろう)。中国福建省の省都で、古い歴史を持つ福州市には伝統的な住居、古厝(こせき)や古い建物が多く残っている。2020年の第44回世界遺産委員会年次会議の開催地である同市は現在、古厝の保護・修繕およびその活用に取り組み、都市の質的向上をめざしている。「福州市の新たな古厝の保護環境向上の作業方案」によると、同市が推進する古厝保護プロジェクト91項目211件のうち、すでに122件が完了しており、残りは5月末までにほぼ完成する見通しだという。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居内の都督府。ロマネスク様式の風格を持つ。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居の新南院。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居の東花園の中庭にある貴賓室。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月04日
    住宅街の駐車場

    キーワード:アパート、マンション、屋外、家、建物、車、集合住宅、住宅地、乗用車、駐車、駐車スペース、駐車場、日本、無人、自動車、テーマメイン写真、駐車区画=2019(令和元)年8月4日、神奈川県湯河原町、クレジット:Nobuyuki_Yoshikawa/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2019

  • 2019年08月04日
    住宅街の駐車場

    キーワード:アパート、マンション、屋外、家、建物、車、集合住宅、住宅地、乗用車、駐車、駐車スペース、駐車場、日本、無人、自動車、テーマメイン写真、駐車区画=2019(令和元)年8月4日、神奈川県湯河原町、クレジット:Nobuyuki_Yoshikawa/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2019

  • 2019年08月04日
    住宅街の駐車場

    キーワード:アパート、マンション、屋外、家、建物、車、集合住宅、住宅地、乗用車、駐車、駐車スペース、駐車場、日本、無人、自動車、テーマメイン写真、駐車区画=2019(令和元)年8月4日、神奈川県湯河原町、クレジット:Nobuyuki_Yoshikawa/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2019

  • 2019年08月04日
    住宅街の駐車場

    キーワード:アパート、マンション、屋外、家、建物、車、集合住宅、住宅地、乗用車、駐車、駐車スペース、駐車場、日本、無人、自動車、テーマメイン写真、駐車区画=2019(令和元)年8月4日、神奈川県湯河原町、クレジット:Nobuyuki_Yoshikawa/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2019

  • 2019年06月20日
    大連市の南山観光風情街を訪ねて

    20日に撮影した南山観光風情街にある建物。中国遼寧省大連市の南山麓にある南山観光風情街は、特色ある古い洋館や別荘が軒を連ねる700メートル余りの街区。同市政府が2000年、これらの古い建物に対し保護を目的に改築を行い、趣ある観光風情街を作り出した。南山観光風情街は同市の重点観光プロジェクトにもなっている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月20日
    大連市の南山観光風情街を訪ねて

    20日に撮影した南山観光風情街にある建物。中国遼寧省大連市の南山麓にある南山観光風情街は、特色ある古い洋館や別荘が軒を連ねる700メートル余りの街区。同市政府が2000年、これらの古い建物に対し保護を目的に改築を行い、趣ある観光風情街を作り出した。南山観光風情街は同市の重点観光プロジェクトにもなっている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月15日
    ブロック玩具で瀋陽の街並みをリアルに再現

    15日、遼寧省瀋陽市のレゴランド・ディスカバリー・センターで撮影した、ブロック玩具で再現された瀋陽駅付近の街並みの様子。中国遼寧省瀋陽市のレゴランド・ディスカバリー・センターでこのほど、150万ピースのブロック玩具を用いて同市の街並みを再現したミニチュアタウンが一般公開された。瀋陽故宮や清昭陵、瀋陽オリンピック・スポーツセンター・スタジアムなど、同市のランドマーク的な建物や地下鉄が実物そっくりに制作され、大勢の市民が一風変わったミニチュアタウンの見学に訪れた。(瀋陽=新華社記者/竜雷)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月15日
    ブロック玩具で瀋陽の街並みをリアルに再現

    15日、遼寧省瀋陽市のレゴランド・ディスカバリー・センターで、ブロック玩具で再現した遼寧広播電視塔(テレビ塔)を見学する子ども。中国遼寧省瀋陽市のレゴランド・ディスカバリー・センターでこのほど、150万ピースのブロック玩具を用いて同市の街並みを再現したミニチュアタウンが一般公開された。瀋陽故宮や清昭陵、瀋陽オリンピック・スポーツセンター・スタジアムなど、同市のランドマーク的な建物や地下鉄が実物そっくりに制作され、大勢の市民が一風変わったミニチュアタウンの見学に訪れた。(瀋陽=新華社記者/竜雷)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月15日
    ブロック玩具で瀋陽の街並みをリアルに再現

    15日、遼寧省瀋陽市のレゴランド・ディスカバリー・センターで、ブロック玩具で再現された瀋陽故宮を見学する子ども。中国遼寧省瀋陽市のレゴランド・ディスカバリー・センターでこのほど、150万ピースのブロック玩具を用いて同市の街並みを再現したミニチュアタウンが一般公開された。瀋陽故宮や清昭陵、瀋陽オリンピック・スポーツセンター・スタジアムなど、同市のランドマーク的な建物や地下鉄が実物そっくりに制作され、大勢の市民が一風変わったミニチュアタウンの見学に訪れた。(瀋陽=新華社記者/竜雷)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月15日
    ブロック玩具で瀋陽の街並みをリアルに再現

    15日、遼寧省瀋陽市のレゴランド・ディスカバリー・センターで、ブロック玩具で再現した瀋陽オリンピック・スポーツセンター・スタジアムを見学する子ども。中国遼寧省瀋陽市のレゴランド・ディスカバリー・センターでこのほど、150万ピースのブロック玩具を用いて同市の街並みを再現したミニチュアタウンが一般公開された。瀋陽故宮や清昭陵、瀋陽オリンピック・スポーツセンター・スタジアムなど、同市のランドマーク的な建物や地下鉄が実物そっくりに制作され、大勢の市民が一風変わったミニチュアタウンの見学に訪れた。(瀋陽=新華社記者/竜雷)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月15日
    ブロック玩具で瀋陽の街並みをリアルに再現

    15日、遼寧省瀋陽市のレゴランド・ディスカバリー・センターで、ブロック玩具で再現した同市のミニチュアタウンを見学する市民。中国遼寧省瀋陽市のレゴランド・ディスカバリー・センターでこのほど、150万ピースのブロック玩具を用いて同市の街並みを再現したミニチュアタウンが一般公開された。瀋陽故宮や清昭陵、瀋陽オリンピック・スポーツセンター・スタジアムなど、同市のランドマーク的な建物や地下鉄が実物そっくりに制作され、大勢の市民が一風変わったミニチュアタウンの見学に訪れた。(瀋陽=新華社記者/竜雷)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年08月17日
    渋谷ストリームの外観

    2018年9月13日東横線旧渋谷駅ホーム及び、高架跡地に開業した再開発ビル「渋谷ストリーム」、2018(平成30)年8月17日、渋谷駅周辺、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2018年08月17日
    渋谷ストリームの外観

    2018年9月13日東横線旧渋谷駅ホーム及び、高架跡地に開業した再開発ビル「渋谷ストリーム」、2018(平成30)年8月17日、渋谷駅周辺、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2018年08月17日
    渋谷ストリームの外観

    2018年9月13日東横線旧渋谷駅ホーム及び、高架跡地に開業した再開発ビル「渋谷ストリーム」、2018(平成30)年8月17日、渋谷駅周辺、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2018年06月09日
    「ナイトタイムエコノミー」が西安観光の新たなハイライトに

    9日、西安市の「大唐不夜城」に沿ってライトアップされた建物群。(小型無人機で撮影)中国陝西省西安市は今年に入り、「ナイトタイムエコノミー」の発展を突破口とする、都市観光産業連鎖の拡張を進めている。ナイト観光、文化レジャー、ステージ体験、特色ある飲食店、ショッピングエンターテインメントの5大ナイトタイム経済産業の育成に重点的に取り組む。また、特色あるナイトタイム街区を整備して、ナイトシーンを華やかにし、レベルアップするプロジェクトを実施する。そこではさらに多くのテーマのナイト文化ステージ活動を展開し、商店の営業時間延長を支援するなどの施策を通じ、より多くの観光客や市民のニーズを満たし、「西安の夜を楽しむ」ことが古都観光の新たなハイライトになりつつある。(西安=新華社記者/邵瑞)=2018(平成30)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2017年12月14日
    渋谷ストリームの外観

    2018年秋に東横線旧渋谷駅ホーム及び、高架跡地に開業した再開発ビル「渋谷ストリーム」=2017(平成29)年12月14日、渋谷駅周辺、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2017

  • 2017年12月14日
    渋谷ストリームの外観

    2018年秋に東横線旧渋谷駅ホーム及び、高架跡地に開業した再開発ビル「渋谷ストリーム」=2017(平成29)年12月14日、渋谷駅周辺、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2017

  • 2017年12月14日
    渋谷ストリームの外観

    2018年秋に東横線旧渋谷駅ホーム及び、高架跡地に開業した再開発ビル「渋谷ストリーム」=2017(平成29)年12月14日、渋谷駅周辺、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2017

  • 2017年12月14日
    渋谷ストリームの外観

    2018年秋に東横線旧渋谷駅ホーム及び、高架跡地に開業した再開発ビル「渋谷ストリーム」=2017(平成29)年12月14日、渋谷駅周辺、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2017

  • 2017年12月14日
    渋谷ストリームの外観

    2018年秋に東横線旧渋谷駅ホーム及び、高架跡地に開業した再開発ビル「渋谷ストリーム」=2017(平成29)年12月14日、渋谷駅周辺、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2017

  • 2017年12月14日
    渋谷ストリームの外観

    2018年秋に東横線旧渋谷駅ホーム及び、高架跡地に開業した再開発ビル「渋谷ストリーム」=2017(平成29)年12月14日、渋谷駅周辺、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2017

  • 2016年06月22日
    特集 金ケ崎 伝建群国選定15周年 伝統的建造物群保存地区 諏訪小路

    緑豊かな景観を描く金ケ崎町城内諏訪小路重要伝統的建造物群保存地区。画面右側の金ケ崎要害跡を中心に広がる町並みは、屋敷地を囲む生け垣やエグネを特色の一つとする(本社小型無人機で撮影)=2016(平成28)年6月22日、岩手県胆沢郡、クレジット:岩手日報/共同通信イメージズ

  • 2014年07月14日
    夕刻に灯る灯台

    キーワード:屋外、夏、海、海岸、建物、自然、青、静か、知床、長時間露光、灯る、灯台、道東、夕暮れ、日本、風景、無人、明かり、夜、夜景、夕闇、夕方、旅、14日、スローシャッター、根室海峡、目梨郡、波消しブロック、海岸町、25秒、風景メイン写真=2014(平成26)年7月14日、北海道羅臼町、クレジット:Hajime Ishizeki/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2014

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年05月21日
    「東京スカイツリー」 スカイツリーきょう開業

    世界一高い電波塔「東京スカイツリー」と足元に広がる街区「東京スカイツリータウン」。左奥には隅田川が流れる=21日午後、東京都墨田区で共同通信社ヘリから

    撮影: 21日午後、東京都墨田区で共同通信社ヘリから

  • 2009年06月30日
    粘土ブロックを積む作業員 破壊家屋、がれきで再建

    6月22日、ガザ市の建設現場で建物内部の柱となる粘土ブロックを積む作業員(共同)

  • 2008年11月13日
    橋の新しいブロック 世界遺産の補修で論議

    補修工事が行われているプラハのカレル橋。側壁の白い部分が新しいブロック=9日(共同)

    撮影: 9日

  • 2007年06月09日
    さいたま新都心の区画 幻のタワー用地活用が焦点

    「新東京タワー」の建設候補地だった、JRさいたま新都心駅近くにある遊休地。現在は一時的に駐車場として利用されている=さいたま市中央区(東京スカイツリー)

    撮影: さいたま市中央区

  • 2004年09月05日
    取り付けられるブロック 耐震巨大ブロック取り付け

    クレーンでつり上げ、岸壁に取り付けられる耐震性の高い巨大ブロック=5日午後、名古屋港

    撮影: 5日午後、名古屋港

  • 2001年02月16日
    岐阜県営住宅 自分専用“どこでもドア”

    )、内暮303S、22日付朝刊以降使用、解禁厳守  本来の玄関のほか、各部屋からも外に出られるドアが付いた「岐阜県営住宅ハイタウン北方・南ブロック」

  • 2000年08月03日
    「渋谷マークシティ」 低迷の中、活気の「街区」

    )、社会303S、4日付夕刊用、解禁厳守  4月に開業した「渋谷マークシティ」前の通り=東京都渋谷区道玄坂

    撮影: 東京都渋谷区道玄坂

  • 1