KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • パワハラ
  • 中学時代
  • 山下泰裕
  • 新型コロナ
  • 旧制青森
  • 本名津島
  • 正子准教授
  • 津島修治
  • 自費出版
  • 長瀬准教授

写真・映像

絞り込み
  • 48時間以内
  • 種類
  • 向き
  • 社会
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
24
( 1 24 件を表示)
  • 1
24
( 1 24 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月27日
    菜の花と富士山 富士山と菜の花の「共演」

    菜の花と富士山を一度に楽しめることで知られる神奈川県二宮町の「吾妻山公園」では、菜の花が咲き誇り、写真撮影を楽しむ多くの人でにぎわった。県内から遊びに来たという三冨敏さん、敦子さん夫妻は、新型コロナウイルスの影響で「新婚旅行も里帰りもできていない」という。感染対策として車で来園したという2人は、菜の花を前に「きれいで癒やされますね」と笑顔を浮かべた=27日午後

    撮影: 27日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月27日
    絵本を紹介する長瀬准教授 子どもの権利、絵本で知る

    自費出版した絵本「子どもの権利と新型コロナ」を紹介する仏教大の長瀬正子准教授=1月、京都市

    撮影: 1月、京都市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月27日
    絵本を出版した長瀬准教授 子どもの権利、絵本で知る

    絵本「子どもの権利と新型コロナ」を自費出版した仏教大の長瀬正子准教授=1月、京都市

    撮影: 1月、京都市

  • 2021年02月26日
    青森高で見つかった成績表 理系優秀も作文は低迷?

    青森高で見つかった、太宰治(本名・津島修治)が通った旧制青森中学時代の成績表

  • 2021年02月26日
    3年次の成績表 理系優秀も作文は低迷?

    青森高で見つかった、太宰治(本名・津島修治)3年次の旧制青森中学時代の成績表(他の生徒の氏名と成績を画像加工しています)

  • 2021年02月26日
    山下泰裕会長 全柔連山下会長、辞任示唆

    前事務局長による職員へのパワハラ疑惑について、記者会見する全柔連の山下泰裕会長=26日、東京都文京区の講道館

    撮影: 26日、東京都文京区の講道館

  • 2021年02月26日
    接種を受ける関係者 「感染防止が最優先」

    新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける米軍岩国基地関係者=26日午前、山口県岩国市

    撮影: 26日午前、山口県岩国市

  • 2021年02月26日
    山下泰裕氏 柔連でパワハラ疑惑

    山下泰裕・全柔連会長

  • 2021年02月26日
    吉野屋資料

    吉野家の看板=2021年

    撮影: 2021年

  • 2021年02月26日
    マクドナルド資料

    マクドナルドの看板=2021年、さいたま市

    撮影: 2021年、さいたま市

  • 2021年02月26日
    (2)竹箸で作った古建築模型河北省蠡県

    23日、自身が制作した模型の前で撮影に応じる張国忠さん。中国河北省保定市蠡(れい)県留史村に住む張国忠(ちょう・こくちゅう)さん(74)は、竹箸1万2千膳を使い、黄鶴楼や天壇など有名な建築物の模型を制作した。設計図を使わず、経験と感覚だけを頼りに作ったというが、実物そっくりの素晴らしい出来栄えとなっている。張さんは以前、古建築関連の会社に勤務しており、古建築の窓製作や木工、鉄工などが得意だったという。(保定=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (3)中国、国家郷村振興局を設置

    25日、国家郷村振興局の看板前で記念撮影する人々。中国北京市で25日、新たに設置された国家郷村振興局の看板除幕式が行われた。(北京=新華社記者/翟健嵐)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (1)中国、国家郷村振興局を設置

    25日、看板除幕式が行われた国家郷村振興局。中国北京市で25日、新たに設置された国家郷村振興局の看板除幕式が行われた。(北京=新華社記者/翟健嵐)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (10)竹箸で作った古建築模型河北省蠡県

    23日、箸で制作した古建築模型を手直しする張国忠さん。中国河北省保定市蠡(れい)県留史村に住む張国忠(ちょう・こくちゅう)さん(74)は、竹箸1万2千膳を使い、黄鶴楼や天壇など有名な建築物の模型を制作した。設計図を使わず、経験と感覚だけを頼りに作ったというが、実物そっくりの素晴らしい出来栄えとなっている。張さんは以前、古建築関連の会社に勤務しており、古建築の窓製作や木工、鉄工などが得意だったという。(保定=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (11)竹箸で作った古建築模型河北省蠡県

    23日、箸で制作した古建築模型を手直しする張国忠さん。中国河北省保定市蠡(れい)県留史村に住む張国忠(ちょう・こくちゅう)さん(74)は、竹箸1万2千膳を使い、黄鶴楼や天壇など有名な建築物の模型を制作した。設計図を使わず、経験と感覚だけを頼りに作ったというが、実物そっくりの素晴らしい出来栄えとなっている。張さんは以前、古建築関連の会社に勤務しており、古建築の窓製作や木工、鉄工などが得意だったという。(保定=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (8)竹箸で作った古建築模型河北省蠡県

    23日、自身が制作した模型を手にする張国忠さん。中国河北省保定市蠡(れい)県留史村に住む張国忠(ちょう・こくちゅう)さん(74)は、竹箸1万2千膳を使い、黄鶴楼や天壇など有名な建築物の模型を制作した。設計図を使わず、経験と感覚だけを頼りに作ったというが、実物そっくりの素晴らしい出来栄えとなっている。張さんは以前、古建築関連の会社に勤務しており、古建築の窓製作や木工、鉄工などが得意だったという。(保定=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (7)竹箸で作った古建築模型河北省蠡県

    23日、張国忠さんが箸で制作した作品。中国河北省保定市蠡(れい)県留史村に住む張国忠(ちょう・こくちゅう)さん(74)は、竹箸1万2千膳を使い、黄鶴楼や天壇など有名な建築物の模型を制作した。設計図を使わず、経験と感覚だけを頼りに作ったというが、実物そっくりの素晴らしい出来栄えとなっている。張さんは以前、古建築関連の会社に勤務しており、古建築の窓製作や木工、鉄工などが得意だったという。(保定=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (9)竹箸で作った古建築模型河北省蠡県

    23日、自身が制作した模型を紹介する張国忠さん。中国河北省保定市蠡(れい)県留史村に住む張国忠(ちょう・こくちゅう)さん(74)は、竹箸1万2千膳を使い、黄鶴楼や天壇など有名な建築物の模型を制作した。設計図を使わず、経験と感覚だけを頼りに作ったというが、実物そっくりの素晴らしい出来栄えとなっている。張さんは以前、古建築関連の会社に勤務しており、古建築の窓製作や木工、鉄工などが得意だったという。(保定=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (2)中国、国家郷村振興局を設置

    25日、国家郷村振興局の看板前で記念撮影する人々。中国北京市で25日、新たに設置された国家郷村振興局の看板除幕式が行われた。(北京=新華社記者/翟健嵐)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (3)竹箸で作った古建築模型河北省蠡県

    23日、張国忠さんが箸で制作した天壇や黄鶴楼などの作品。中国河北省保定市蠡(れい)県留史村に住む張国忠(ちょう・こくちゅう)さん(74)は、竹箸1万2千膳を使い、黄鶴楼や天壇など有名な建築物の模型を制作した。設計図を使わず、経験と感覚だけを頼りに作ったというが、実物そっくりの素晴らしい出来栄えとなっている。張さんは以前、古建築関連の会社に勤務しており、古建築の窓製作や木工、鉄工などが得意だったという。(保定=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (6)竹箸で作った古建築模型河北省蠡県

    23日、張国忠さんが箸で制作した作品。中国河北省保定市蠡(れい)県留史村に住む張国忠(ちょう・こくちゅう)さん(74)は、竹箸1万2千膳を使い、黄鶴楼や天壇など有名な建築物の模型を制作した。設計図を使わず、経験と感覚だけを頼りに作ったというが、実物そっくりの素晴らしい出来栄えとなっている。張さんは以前、古建築関連の会社に勤務しており、古建築の窓製作や木工、鉄工などが得意だったという。(保定=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (1)竹箸で作った古建築模型河北省蠡県

    23日、箸で制作した古建築模型を手直しする張国忠さん。中国河北省保定市蠡(れい)県留史村に住む張国忠(ちょう・こくちゅう)さん(74)は、竹箸1万2千膳を使い、黄鶴楼や天壇など有名な建築物の模型を制作した。設計図を使わず、経験と感覚だけを頼りに作ったというが、実物そっくりの素晴らしい出来栄えとなっている。張さんは以前、古建築関連の会社に勤務しており、古建築の窓製作や木工、鉄工などが得意だったという。(保定=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (4)竹箸で作った古建築模型河北省蠡県

    23日、自身が制作した模型を手にする張国忠さん。中国河北省保定市蠡(れい)県留史村に住む張国忠(ちょう・こくちゅう)さん(74)は、竹箸1万2千膳を使い、黄鶴楼や天壇など有名な建築物の模型を制作した。設計図を使わず、経験と感覚だけを頼りに作ったというが、実物そっくりの素晴らしい出来栄えとなっている。張さんは以前、古建築関連の会社に勤務しており、古建築の窓製作や木工、鉄工などが得意だったという。(保定=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    丸山達也知事の記者会見 感染非拡大地域に支援要求

    記者会見する島根県の丸山達也知事=25日午後、東京都千代田区

    撮影: 25日午後、東京都千代田区

  • 1