KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 歴史的建物
  • 建物外観
  • 被爆建物
  • 風景メイン
  • テーマメイン
  • 高層ビル
  • ライトアップ
  • 大阪府大阪市
  • 都市風景
  • 東京都中央

「建物」の写真・映像

絞り込み
  • 期間を指定
  • 種類
  • 向き
  • 社会
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
22,972
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
22,972
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年01月10日
    (8)冬の観光シーズンを支える人々黒竜江省ハルビン市

    ハルビン氷雪大世界の会場で氷の建築物を制作する作業員。(2020年12月19日、小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は冬の観光シーズンを迎えている。氷雪観光で人気の「ハルビン氷雪大世界」などでは、作業員が昼夜を問わず氷の採取や運搬を行い、彫刻家が作品を入念に制作。極寒の中で懸命に働く人々は「氷の都」に幻想的な世界を作り出した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月06日
    訓練の様子 東京消防庁が出初め式

    東京消防庁の出初め式で実施された、高層階の建物に取り残された要救助者をはしご車などで救助する訓練=6日午前、東京都江東区

    撮影: 6日午前、東京都江東区

  • 2021年01月06日
    (11)故宮の修繕支える青れんが河北省出岸鎮

    出岸鎮のれんが工場で、れんがの素地を運ぶ従業員。(小型無人機から、2020年7月30日撮影)中国の歴史建造物などでよく見られる青みがかった灰色のれんがは「青磚(せいせん、青れんが)」と呼ばれ、重要な建築資材の一つとして2千年以上の歴史を持つ。河北省任丘市の出岸鎮には、清の道光年間に作られたれんが窯を前身とする古建築用れんが工場があり、今でも伝統的製法を守りながら、青藍色の古式ゆかしいれんがを作り続けている。製造工程は採土、乾燥、成形、窯入れ、焼成、還元、窯出しなど非常に複雑で、生産周期も長い。同工場が生産する青れんがや瑠璃(るり)、古式建築用装飾物などの製品は、長年の努力を経て中国北部で販路を見いだし、北京の天壇公園や頤和園など古建築の修繕工事に採用された。北京故宮博物院も30年以上にわたり修繕用部材として使用している。(任丘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (9)故宮の修繕支える青れんが河北省出岸鎮

    出岸鎮のれんが工場で、瑠璃瓦の素地を窯入れする従業員。(2020年7月30日撮影)中国の歴史建造物などでよく見られる青みがかった灰色のれんがは「青磚(せいせん、青れんが)」と呼ばれ、重要な建築資材の一つとして2千年以上の歴史を持つ。河北省任丘市の出岸鎮には、清の道光年間に作られたれんが窯を前身とする古建築用れんが工場があり、今でも伝統的製法を守りながら、青藍色の古式ゆかしいれんがを作り続けている。製造工程は採土、乾燥、成形、窯入れ、焼成、還元、窯出しなど非常に複雑で、生産周期も長い。同工場が生産する青れんがや瑠璃(るり)、古式建築用装飾物などの製品は、長年の努力を経て中国北部で販路を見いだし、北京の天壇公園や頤和園など古建築の修繕工事に採用された。北京故宮博物院も30年以上にわたり修繕用部材として使用している。(任丘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (14)故宮の修繕支える青れんが河北省出岸鎮

    出岸鎮のれんが工場で、瑠璃瓦の素地を窯入れする従業員。(2020年7月30日撮影)中国の歴史建造物などでよく見られる青みがかった灰色のれんがは「青磚(せいせん、青れんが)」と呼ばれ、重要な建築資材の一つとして2千年以上の歴史を持つ。河北省任丘市の出岸鎮には、清の道光年間に作られたれんが窯を前身とする古建築用れんが工場があり、今でも伝統的製法を守りながら、青藍色の古式ゆかしいれんがを作り続けている。製造工程は採土、乾燥、成形、窯入れ、焼成、還元、窯出しなど非常に複雑で、生産周期も長い。同工場が生産する青れんがや瑠璃(るり)、古式建築用装飾物などの製品は、長年の努力を経て中国北部で販路を見いだし、北京の天壇公園や頤和園など古建築の修繕工事に採用された。北京故宮博物院も30年以上にわたり修繕用部材として使用している。(任丘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月05日
    マツダ本社工場 マツダ本社工場・資料

    マツダ本社工場=広島県府中町(共同通信社ヘリから)

    撮影: 広島県府中町

  • 2021年01月03日
    (5)南京市の旧市街地が歴史地区再生の手本に

    南京市の小西湖片区で、リフォームして生まれ変わった共用庭園の横を通り過ぎる住民。(2020年7月1日撮影)600年の歴史を持つ中国江蘇省南京市の中華門の城壁を東に進むと、同市の旧市街南部の門東地区にたどり着く。この辺りは市内22カ所ある歴史風貌区の一つ、小西湖片区(エリア)に当たる。同区は孔子を祀る夫子廟(ふうしびょう)と門東歴史街区を結び、門東地区の「中軸線」を形成している。区内には伝統建築や伝統的空間が今も残されている。不規則に曲がりくねった路地が街並みを構成し、両側の風情ある建物をつなぎ合わせ、複雑な隣接部分を持つ江南の民家の中庭を形成している。小西湖片区ではこのところ、歴史地区再生の効果が現れ始めているという。(南京=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    (4)南京市の旧市街地が歴史地区再生の手本に

    南京市の小西湖片区で、古民家の改築工事をする作業員。(2020年7月1日撮影)600年の歴史を持つ中国江蘇省南京市の中華門の城壁を東に進むと、同市の旧市街南部の門東地区にたどり着く。この辺りは市内22カ所ある歴史風貌区の一つ、小西湖片区(エリア)に当たる。同区は孔子を祀る夫子廟(ふうしびょう)と門東歴史街区を結び、門東地区の「中軸線」を形成している。区内には伝統建築や伝統的空間が今も残されている。不規則に曲がりくねった路地が街並みを構成し、両側の風情ある建物をつなぎ合わせ、複雑な隣接部分を持つ江南の民家の中庭を形成している。小西湖片区ではこのところ、歴史地区再生の効果が現れ始めているという。(南京=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    (1)南京市の旧市街地が歴史地区再生の手本に

    改築され面目を一新した小西湖片区と通りを隔てた老門東。(2020年7月1日、小型無人機から撮影)600年の歴史を持つ中国江蘇省南京市の中華門の城壁を東に進むと、同市の旧市街南部の門東地区にたどり着く。この辺りは市内22カ所ある歴史風貌区の一つ、小西湖片区(エリア)に当たる。同区は孔子を祀る夫子廟(ふうしびょう)と門東歴史街区を結び、門東地区の「中軸線」を形成している。区内には伝統建築や伝統的空間が今も残されている。不規則に曲がりくねった路地が街並みを構成し、両側の風情ある建物をつなぎ合わせ、複雑な隣接部分を持つ江南の民家の中庭を形成している。小西湖片区ではこのところ、歴史地区再生の効果が現れ始めているという。(南京=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    (3)南京市の旧市街地が歴史地区再生の手本に

    南京市の小西湖片区で、改築されカフェに生まれ変わった古民家の前を通り過ぎる住民。(2020年7月1日撮影)600年の歴史を持つ中国江蘇省南京市の中華門の城壁を東に進むと、同市の旧市街南部の門東地区にたどり着く。この辺りは市内22カ所ある歴史風貌区の一つ、小西湖片区(エリア)に当たる。同区は孔子を祀る夫子廟(ふうしびょう)と門東歴史街区を結び、門東地区の「中軸線」を形成している。区内には伝統建築や伝統的空間が今も残されている。不規則に曲がりくねった路地が街並みを構成し、両側の風情ある建物をつなぎ合わせ、複雑な隣接部分を持つ江南の民家の中庭を形成している。小西湖片区ではこのところ、歴史地区再生の効果が現れ始めているという。(南京=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    (2)南京市の旧市街地が歴史地区再生の手本に

    南京市の小西湖片区で、建築資材を運ぶ作業員。(2020年7月1日撮影)600年の歴史を持つ中国江蘇省南京市の中華門の城壁を東に進むと、同市の旧市街南部の門東地区にたどり着く。この辺りは市内22カ所ある歴史風貌区の一つ、小西湖片区(エリア)に当たる。同区は孔子を祀る夫子廟(ふうしびょう)と門東歴史街区を結び、門東地区の「中軸線」を形成している。区内には伝統建築や伝統的空間が今も残されている。不規則に曲がりくねった路地が街並みを構成し、両側の風情ある建物をつなぎ合わせ、複雑な隣接部分を持つ江南の民家の中庭を形成している。小西湖片区ではこのところ、歴史地区再生の効果が現れ始めているという。(南京=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月29日
    (2)エルティシ川流域の村の夜景を堪能新疆ウイグル自治区

    25日、雪化粧した塔拉特村の建物。中国新疆ウイグル自治区アルタイ(阿勒泰)地区コクトカイ(富蘊)県可可托海鎮の塔拉特村は、エルティシ(額爾斉斯)川の源流付近に位置し、「エルティシ川第一村」の美称をもつ。夜になると、雪化粧した建物に灯りがともり、村全体が幻想的な光の世界に包まれる。(コクトカイ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月29日
    (6)エルティシ川流域の村の夜景を堪能新疆ウイグル自治区

    25日、夜を鮮やかに彩る塔拉特村のイルミネーション。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アルタイ(阿勒泰)地区コクトカイ(富蘊)県可可托海鎮の塔拉特村は、エルティシ(額爾斉斯)川の源流付近に位置し、「エルティシ川第一村」の美称をもつ。夜になると、雪化粧した建物に灯りがともり、村全体が幻想的な光の世界に包まれる。(コクトカイ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月29日
    (3)エルティシ川流域の村の夜景を堪能新疆ウイグル自治区

    25日、雪化粧した塔拉特村の夜景。中国新疆ウイグル自治区アルタイ(阿勒泰)地区コクトカイ(富蘊)県可可托海鎮の塔拉特村は、エルティシ(額爾斉斯)川の源流付近に位置し、「エルティシ川第一村」の美称をもつ。夜になると、雪化粧した建物に灯りがともり、村全体が幻想的な光の世界に包まれる。(コクトカイ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:29.04
    2020年12月29日
    「新華社」エルティシ川流域の村の夜景を堪能新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区アルタイ(阿勒泰)地区コクトカイ(富蘊)県可可托海鎮の塔拉特村は、エルティシ(額爾斉斯)川の源流付近に位置し、「エルティシ川第一村」の美称をもつ。夜になると、雪化粧した建物に灯りがともり、村全体が幻想的な光の世界に包まれる。(記者/沙達提、馬鍇、朱翃、董博婷) =配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月29日
    (4)エルティシ川流域の村の夜景を堪能新疆ウイグル自治区

    25日、雪化粧した塔拉特村の建物。中国新疆ウイグル自治区アルタイ(阿勒泰)地区コクトカイ(富蘊)県可可托海鎮の塔拉特村は、エルティシ(額爾斉斯)川の源流付近に位置し、「エルティシ川第一村」の美称をもつ。夜になると、雪化粧した建物に灯りがともり、村全体が幻想的な光の世界に包まれる。(コクトカイ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月29日
    (8)エルティシ川流域の村の夜景を堪能新疆ウイグル自治区

    25日、夜を鮮やかに彩る塔拉特村のイルミネーション。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アルタイ(阿勒泰)地区コクトカイ(富蘊)県可可托海鎮の塔拉特村は、エルティシ(額爾斉斯)川の源流付近に位置し、「エルティシ川第一村」の美称をもつ。夜になると、雪化粧した建物に灯りがともり、村全体が幻想的な光の世界に包まれる。(コクトカイ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月29日
    (5)エルティシ川流域の村の夜景を堪能新疆ウイグル自治区

    25日、雪化粧した塔拉特村の風景。中国新疆ウイグル自治区アルタイ(阿勒泰)地区コクトカイ(富蘊)県可可托海鎮の塔拉特村は、エルティシ(額爾斉斯)川の源流付近に位置し、「エルティシ川第一村」の美称をもつ。夜になると、雪化粧した建物に灯りがともり、村全体が幻想的な光の世界に包まれる。(コクトカイ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月29日
    (1)エルティシ川流域の村の夜景を堪能新疆ウイグル自治区

    25日、雪化粧した塔拉特村の夜景。中国新疆ウイグル自治区アルタイ(阿勒泰)地区コクトカイ(富蘊)県可可托海鎮の塔拉特村は、エルティシ(額爾斉斯)川の源流付近に位置し、「エルティシ川第一村」の美称をもつ。夜になると、雪化粧した建物に灯りがともり、村全体が幻想的な光の世界に包まれる。(コクトカイ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月29日
    (7)エルティシ川流域の村の夜景を堪能新疆ウイグル自治区

    25日、夜を鮮やかに彩る塔拉特村のイルミネーション。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アルタイ(阿勒泰)地区コクトカイ(富蘊)県可可托海鎮の塔拉特村は、エルティシ(額爾斉斯)川の源流付近に位置し、「エルティシ川第一村」の美称をもつ。夜になると、雪化粧した建物に灯りがともり、村全体が幻想的な光の世界に包まれる。(コクトカイ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月28日
    工事中の原爆ドーム 原爆ドーム・資料

    保存工事中の原爆ドーム=広島市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 広島市

  • 2020年12月28日
    工事中の原爆ドーム 原爆ドーム・資料

    保存工事中の原爆ドーム=広島市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 広島市

  • 2020年12月28日
    平和記念公園 平和記念公園・資料

    広島市の平和記念公園(共同通信社ヘリから)

  • 00:34.72
    2020年12月23日
    「新華社」中山市で冬季アニメ文化フェスティバル開催広東省

    中国広東省中山市翠亨村にある中山影視城で19~20日、第8回中国(中山)冬季アニメ・ゲーム文化フェスティバルが開催され、2日間で5千人以上が訪れた。会場にはサバイバルゲーム、インタラクティブARゲーム、グルメ、アニメグッズ、手作り同人グッズなどのブースが設置された。フェスティバルが開催された中山影視城は、中国十大影視城(映画スタジオ)の一つで、孫中山故居近くに位置する。各国の情緒を再現した実物大の建築物がコスプレ愛好家の衣装によく合い、大勢の観光客が足を止めて写真撮影をしていた。(記者/毛一竹) =配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (4)紅葉に映える侗天宮文化広場柳州市三江トン族自治県

    18日、三江トン族自治県古宜鎮にある侗天宮文化広場の紅葉。(小型無人機から)21日の冬至を前に、中国広西チワン族自治区柳州市三江トン族自治県古宜鎮の侗天宮文化広場では木々が赤や黄色に染まり、鼓楼や回廊などの建築物と相まって趣ある風景が広がった。同自治県はここ数年、環境を重視した農村建設に力を入れることで、地域の魅力向上につなげている。(柳州=新華社配信/龔普康)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (3)紅葉に映える侗天宮文化広場柳州市三江トン族自治県

    18日、上空から見た三江トン族自治県古宜鎮の侗天宮文化広場。(小型無人機から)21日の冬至を前に、中国広西チワン族自治区柳州市三江トン族自治県古宜鎮の侗天宮文化広場では木々が赤や黄色に染まり、鼓楼や回廊などの建築物と相まって趣ある風景が広がった。同自治県はここ数年、環境を重視した農村建設に力を入れることで、地域の魅力向上につなげている。(柳州=新華社配信/龔普康)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (1)紅葉に映える侗天宮文化広場柳州市三江トン族自治県

    18日、三江トン族自治県古宜鎮にある侗天宮文化広場の紅葉。(小型無人機から)21日の冬至を前に、中国広西チワン族自治区柳州市三江トン族自治県古宜鎮の侗天宮文化広場では木々が赤や黄色に染まり、鼓楼や回廊などの建築物と相まって趣ある風景が広がった。同自治県はここ数年、環境を重視した農村建設に力を入れることで、地域の魅力向上につなげている。(柳州=新華社配信/龔普康)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (2)紅葉に映える侗天宮文化広場柳州市三江トン族自治県

    18日、三江トン族自治県古宜鎮にある侗天宮文化広場の紅葉。(小型無人機から)21日の冬至を前に、中国広西チワン族自治区柳州市三江トン族自治県古宜鎮の侗天宮文化広場では木々が赤や黄色に染まり、鼓楼や回廊などの建築物と相まって趣ある風景が広がった。同自治県はここ数年、環境を重視した農村建設に力を入れることで、地域の魅力向上につなげている。(柳州=新華社配信/龔普康)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月18日
    旧陸軍被服支廠 フル活用でも耐震半額

    広島市に残る被爆建物「旧陸軍被服支廠」

  • 2020年12月14日
    (5)伝統建築生かした文化館、海外サイトでトップ10入り上海市青浦区

    章堰文化館水院(水を取り入れた中庭)の一部。(資料写真)中国上海市青浦区重固鎮章堰村の章堰文化館がこのほど、イタリアのデザイン専門サイト「Designboom」発表の世界「博物館・文化センタートップ10」に選ばれた。文化館は、同市西郊に広がる江南の水郷地帯にあり、古い瓦や青いレンガの建物が並ぶ中、年代を感じさせる壁に囲まれ、際立った存在感を放っている。(上海=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月14日
    (3)伝統建築生かした文化館、海外サイトでトップ10入り上海市青浦区

    章堰文化館展示ホール1の一部。(資料写真)中国上海市青浦区重固鎮章堰村の章堰文化館がこのほど、イタリアのデザイン専門サイト「Designboom」発表の世界「博物館・文化センタートップ10」に選ばれた。文化館は、同市西郊に広がる江南の水郷地帯にあり、古い瓦や青いレンガの建物が並ぶ中、年代を感じさせる壁に囲まれ、際立った存在感を放っている。(上海=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月14日
    (1)伝統建築生かした文化館、海外サイトでトップ10入り上海市青浦区

    章堰文化館の古い壁の一部。(資料写真)中国上海市青浦区重固鎮章堰村の章堰文化館がこのほど、イタリアのデザイン専門サイト「Designboom」発表の世界「博物館・文化センタートップ10」に選ばれた。文化館は、同市西郊に広がる江南の水郷地帯にあり、古い瓦や青いレンガの建物が並ぶ中、年代を感じさせる壁に囲まれ、際立った存在感を放っている。(上海=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月14日
    (6)伝統建築生かした文化館、海外サイトでトップ10入り上海市青浦区

    章堰文化館西側入り口広場。(資料写真)中国上海市青浦区重固鎮章堰村の章堰文化館がこのほど、イタリアのデザイン専門サイト「Designboom」発表の世界「博物館・文化センタートップ10」に選ばれた。文化館は、同市西郊に広がる江南の水郷地帯にあり、古い瓦や青いレンガの建物が並ぶ中、年代を感じさせる壁に囲まれ、際立った存在感を放っている。(上海=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月14日
    (4)伝統建築生かした文化館、海外サイトでトップ10入り上海市青浦区

    章堰文化館水院(水を取り入れた中庭)。(資料写真)中国上海市青浦区重固鎮章堰村の章堰文化館がこのほど、イタリアのデザイン専門サイト「Designboom」発表の世界「博物館・文化センタートップ10」に選ばれた。文化館は、同市西郊に広がる江南の水郷地帯にあり、古い瓦や青いレンガの建物が並ぶ中、年代を感じさせる壁に囲まれ、際立った存在感を放っている。(上海=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:45.83
    2020年12月14日
    「新華社」伝統建築生かした文化館、海外サイトでトップ10入り上海市青浦区

    中国上海市青浦区重固鎮章堰村の章堰文化館がこのほど、イタリアのデザイン専門サイト「Designboom」発表の世界「博物館・文化センタートップ10」に選ばれた。文化館は、同市西郊に広がる江南の水郷地帯にあり、古い瓦や青いレンガの建物が並ぶ中、年代を感じさせる壁に囲まれ、際立った存在感を放っている。=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    撮影: 配信日:2020

  • 2020年12月14日
    (2)伝統建築生かした文化館、海外サイトでトップ10入り上海市青浦区

    章堰文化館西側入り口広場。(資料写真)中国上海市青浦区重固鎮章堰村の章堰文化館がこのほど、イタリアのデザイン専門サイト「Designboom」発表の世界「博物館・文化センタートップ10」に選ばれた。文化館は、同市西郊に広がる江南の水郷地帯にあり、古い瓦や青いレンガの建物が並ぶ中、年代を感じさせる壁に囲まれ、際立った存在感を放っている。(上海=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:23.64
    2020年12月12日
    「未来につながれ」思い込め 大友さん作品、東工大に

    人気映画「AKIRA」などで知られる大友克洋さんが監修した大型の壁画が12日、設置場所の東京工業大(東京都目黒区)大岡山キャンパスでお披露目された。来春オープンする学生交流施設のシンボルとなる。作品のタイトルは「ELEMENTS OF FUTURE」。焼き物の手法を使った多くの建物や人物が登場し、人々が未来に向けてつながってほしい、という思いを込めた。<映像内容>学生向け施設の竣工記念式典と、作品の除幕式の様子。施設を設計した建築家の隈研吾さん、大友さんあいさつ、除幕、式典後の隈さんや大友さんの囲み取材、ブツ撮り、撮影日:2020(令和2)年12月12日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年12月12日

  • 2020年12月11日
    (6)?台市で街覆う移流霧が発生河北省

    11日、移流霧が発生した河北省?台市の市街地。(小型無人機から)中国河北省?台(けいだい)市の市街地で11日、移流霧が発生し、建物が霧に見え隠れする幻想的な風景が広がった。(?台=新華社記者/牟宇)=配信日:2020(令和2)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月11日
    (7)?台市で街覆う移流霧が発生河北省

    11日、移流霧が発生した河北省?台市の市街地。(小型無人機から)中国河北省?台(けいだい)市の市街地で11日、移流霧が発生し、建物が霧に見え隠れする幻想的な風景が広がった。(?台=新華社記者/牟宇)=配信日:2020(令和2)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月11日
    (3)?台市で街覆う移流霧が発生河北省

    11日、移流霧が発生した河北省?台市の市街地。(小型無人機から)中国河北省?台(けいだい)市の市街地で11日、移流霧が発生し、建物が霧に見え隠れする幻想的な風景が広がった。(?台=新華社記者/牟宇)=配信日:2020(令和2)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月11日
    (4)?台市で街覆う移流霧が発生河北省

    11日、移流霧が発生した河北省?台市の市街地。(小型無人機から)中国河北省?台(けいだい)市の市街地で11日、移流霧が発生し、建物が霧に見え隠れする幻想的な風景が広がった。(?台=新華社記者/牟宇)=配信日:2020(令和2)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月11日
    (1)?台市で街覆う移流霧が発生河北省

    11日、移流霧が発生した河北省?台市の市街地。(小型無人機から)中国河北省?台(けいだい)市の市街地で11日、移流霧が発生し、建物が霧に見え隠れする幻想的な風景が広がった。(?台=新華社記者/牟宇)=配信日:2020(令和2)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月11日
    (2)?台市で街覆う移流霧が発生河北省

    11日、移流霧が発生した河北省?台市の市街地。(小型無人機から)中国河北省?台(けいだい)市の市街地で11日、移流霧が発生し、建物が霧に見え隠れする幻想的な風景が広がった。(?台=新華社記者/牟宇)=配信日:2020(令和2)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月11日
    (5)?台市で街覆う移流霧が発生河北省

    11日、移流霧が発生した河北省?台市の市街地。(小型無人機から)中国河北省?台(けいだい)市の市街地で11日、移流霧が発生し、建物が霧に見え隠れする幻想的な風景が広がった。(?台=新華社記者/牟宇)=配信日:2020(令和2)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月09日
    大阪コロナ重症センター 大阪市・空撮資料

    大阪急性期・総合医療センターの敷地内に建設された「大阪コロナ重症センター」=大阪市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 大阪市

  • 2020年12月09日
    大阪コロナ重症センター 大阪市・空撮資料

    大阪急性期・総合医療センターの敷地内に建設された「大阪コロナ重症センター」=大阪市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 大阪市

  • 2020年12月09日
    あいりん総合センター 大阪市・空撮資料

    建て替えられる複合施設「あいりん総合センター」(手前)=大阪市西成区(共同通信社ヘリから)

  • 2020年12月09日
    大阪社会医療センター付属病院 大阪市・空撮資料

    大阪社会医療センター付属病院=大阪市西成区(共同通信社ヘリから)

    撮影: 大阪市西成区

  • 2020年12月07日
    建設進む福平鉄道の平潭総合ターミナル福建省

    7日、福平鉄道の平潭一体化総合交通ターミナル。(小型無人機から)中国福建省福州市の福州駅と平潭島を結ぶ福平鉄道に建設される平潭一体化総合交通ターミナルは現在、工事が最終段階に入っている。完成後は高速鉄道やバス、タクシー、自家用車など、さまざまな交通手段が1カ所に集まり、スムーズな乗り換えが可能となる。同鉄道は年内に完成し、運行を開始する予定となっている。(平潭=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月03日
    上海・新天地のアート 不思議な光る〝洗濯物〟

    光り輝くTシャツやズボン、スカートが揺らめくのは中国・上海で観光客に人気のエリア、新天地。伝統的な建築物を生かして再開発された街並みと、不思議な「洗濯物アート」が訪れる人を楽しませます。写真が趣味という85歳の女性は「昔はこの辺りの建物にたくさん人が住んでいたのよ」と、シャッターを切りながら、懐かしい情景を思い浮かべているようでした。(撮影・渡辺哲郎、共同)

  • 2020年12月01日
    建設中の吉野川大橋 四国横断自動車道・資料

    建設中の四国横断自動車道吉野川大橋(仮称)(共同通信社ヘリから)

  • 01:13.02
    2020年11月27日
    「新華社」中国の第3世代原子炉「華竜1号」、グリッド接続発電に成功

    中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、27日午前0時41分(日本時間同1時41分)、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した同原発5号機が、グリッド接続発電に成功した。同発電所の趙皓(ちょう・こう)総経理は、現場で確認した結果、5号機の各技術指標は全て設計要求を満たしており、状態は良好で、後続の原子炉の商業運転開始に向けて確かな基礎を築いたと説明した。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉技術で、設計寿命は60年。世界に進出する中国製原発の「国家の名刺」役を担う「華竜1号」は、現在の原子力発電市場で最も受け入れられている第3世代原子炉モデルの一つで、中国製原発のイノベーションと発展を示す重要な画期的成果といえる。現在、同集団は国内外で合計6基の「華竜1号」原子炉を建設中で、建設プロジェクトの安全性と品質はしっかりと確保されている。<映像内容>中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」、グリッド接続発電に成功、撮影日:2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月24日
    富山県庁、市役所 富山県庁・資料

    富山県庁(中央上)、富山市役所(同下)。左上は富山城址公園(共同通信社ヘリから)

  • 2020年11月22日
    三国文化を今に伝える鄴城博物館河北省臨漳県

    22日、邯鄲市臨漳県の鄴城博物館で展示されている漢・魏時代の陶魁(とうかい、陶製お玉杓子)。中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は、古くは鄴(ぎょう)と呼ばれ、春秋時代に斉の桓公(かんこう)が都市を築いて以来、2700年余りの歴史を持つ。後漢末の群雄割拠の時代には袁紹(えん・しょう)の本拠地となり、官渡の戦いで曹操(そう・そう)が袁紹を破ると、同地を拠点に北方を統一した。曹操は鄴に16年にわたり居住し、その間都市を整備するとともに、城の北西部に城壁を基礎とした三つの宮殿「銅雀台」「金鳳台」「氷井台」を造営した。曹操が築いた鄴城は、斉桓公の鄴城の北側にあるため鄴北城と呼ばれ、中軸線から左右対称に建物を配置する中国の都城建築様式の先駆けとなった。同様式はその後、隋唐時代へと踏襲されたことから、中国古代都城建築史上の節目の一つとされている。中国国内だけでなく、日本や韓国の都城建設にも大きな影響を与えた。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    三国文化を今に伝える鄴城博物館河北省臨漳県

    22日、邯鄲市臨漳県の鄴城博物館で展示されている漢・魏時代の陶製の豚小屋。中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は、古くは鄴(ぎょう)と呼ばれ、春秋時代に斉の桓公(かんこう)が都市を築いて以来、2700年余りの歴史を持つ。後漢末の群雄割拠の時代には袁紹(えん・しょう)の本拠地となり、官渡の戦いで曹操(そう・そう)が袁紹を破ると、同地を拠点に北方を統一した。曹操は鄴に16年にわたり居住し、その間都市を整備するとともに、城の北西部に城壁を基礎とした三つの宮殿「銅雀台」「金鳳台」「氷井台」を造営した。曹操が築いた鄴城は、斉桓公の鄴城の北側にあるため鄴北城と呼ばれ、中軸線から左右対称に建物を配置する中国の都城建築様式の先駆けとなった。同様式はその後、隋唐時代へと踏襲されたことから、中国古代都城建築史上の節目の一つとされている。中国国内だけでなく、日本や韓国の都城建設にも大きな影響を与えた。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    三国文化を今に伝える鄴城博物館河北省臨漳県

    22日、邯鄲市臨漳県の鄴城博物館で展示されている鄴城の復元模型。中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は、古くは鄴(ぎょう)と呼ばれ、春秋時代に斉の桓公(かんこう)が都市を築いて以来、2700年余りの歴史を持つ。後漢末の群雄割拠の時代には袁紹(えん・しょう)の本拠地となり、官渡の戦いで曹操(そう・そう)が袁紹を破ると、同地を拠点に北方を統一した。曹操は鄴に16年にわたり居住し、その間都市を整備するとともに、城の北西部に城壁を基礎とした三つの宮殿「銅雀台」「金鳳台」「氷井台」を造営した。曹操が築いた鄴城は、斉桓公の鄴城の北側にあるため鄴北城と呼ばれ、中軸線から左右対称に建物を配置する中国の都城建築様式の先駆けとなった。同様式はその後、隋唐時代へと踏襲されたことから、中国古代都城建築史上の節目の一つとされている。中国国内だけでなく、日本や韓国の都城建設にも大きな影響を与えた。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    三国文化を今に伝える鄴城博物館河北省臨漳県

    22日、邯鄲市臨漳県の鄴城博物館で展示されている銅雀台青石螭首(ちしゅ、螭は中国神話の霊獣)。中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は、古くは鄴(ぎょう)と呼ばれ、春秋時代に斉の桓公(かんこう)が都市を築いて以来、2700年余りの歴史を持つ。後漢末の群雄割拠の時代には袁紹(えん・しょう)の本拠地となり、官渡の戦いで曹操(そう・そう)が袁紹を破ると、同地を拠点に北方を統一した。曹操は鄴に16年にわたり居住し、その間都市を整備するとともに、城の北西部に城壁を基礎とした三つの宮殿「銅雀台」「金鳳台」「氷井台」を造営した。曹操が築いた鄴城は、斉桓公の鄴城の北側にあるため鄴北城と呼ばれ、中軸線から左右対称に建物を配置する中国の都城建築様式の先駆けとなった。同様式はその後、隋唐時代へと踏襲されたことから、中国古代都城建築史上の節目の一つとされている。中国国内だけでなく、日本や韓国の都城建設にも大きな影響を与えた。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    三国文化を今に伝える鄴城博物館河北省臨漳県

    22日、邯鄲市臨漳県の鄴城博物館で展示されている東魏・北斉時代のウサギをかたどった敷物の重石。中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は、古くは鄴(ぎょう)と呼ばれ、春秋時代に斉の桓公(かんこう)が都市を築いて以来、2700年余りの歴史を持つ。後漢末の群雄割拠の時代には袁紹(えん・しょう)の本拠地となり、官渡の戦いで曹操(そう・そう)が袁紹を破ると、同地を拠点に北方を統一した。曹操は鄴に16年にわたり居住し、その間都市を整備するとともに、城の北西部に城壁を基礎とした三つの宮殿「銅雀台」「金鳳台」「氷井台」を造営した。曹操が築いた鄴城は、斉桓公の鄴城の北側にあるため鄴北城と呼ばれ、中軸線から左右対称に建物を配置する中国の都城建築様式の先駆けとなった。同様式はその後、隋唐時代へと踏襲されたことから、中国古代都城建築史上の節目の一つとされている。中国国内だけでなく、日本や韓国の都城建設にも大きな影響を与えた。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    林風眠記念館の一般公開始まる広東省梅州市

    22日、一般公開された林風眠記念館。(小型無人機から)中国広東省梅州市梅江区で22日、著名な現代画家で美術教育家でもあった林風眠(りん・ふうみん)のゆかりの品を展示する「林風眠記念館」が一般公開された。同館は延べ床面積1900平方メートル。客家(北方から南方に移住した漢民族の末裔)の住宅の特色と長江以南地域の風情を併せ持つ建築方式で建てられている。林風眠は同市内の出身で、本名は林鳳鳴(りん・ほうめい)。(梅州=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    林風眠記念館の一般公開始まる広東省梅州市

    22日、一般公開された林風眠記念館。(小型無人機から)中国広東省梅州市梅江区で22日、著名な現代画家で美術教育家でもあった林風眠(りん・ふうみん)のゆかりの品を展示する「林風眠記念館」が一般公開された。同館は延べ床面積1900平方メートル。客家(北方から南方に移住した漢民族の末裔)の住宅の特色と長江以南地域の風情を併せ持つ建築方式で建てられている。林風眠は同市内の出身で、本名は林鳳鳴(りん・ほうめい)。(梅州=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    三国文化を今に伝える鄴城博物館河北省臨漳県

    22日、邯鄲市臨漳県の鄴城博物館を見学する来場者。中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は、古くは鄴(ぎょう)と呼ばれ、春秋時代に斉の桓公(かんこう)が都市を築いて以来、2700年余りの歴史を持つ。後漢末の群雄割拠の時代には袁紹(えん・しょう)の本拠地となり、官渡の戦いで曹操(そう・そう)が袁紹を破ると、同地を拠点に北方を統一した。曹操は鄴に16年にわたり居住し、その間都市を整備するとともに、城の北西部に城壁を基礎とした三つの宮殿「銅雀台」「金鳳台」「氷井台」を造営した。曹操が築いた鄴城は、斉桓公の鄴城の北側にあるため鄴北城と呼ばれ、中軸線から左右対称に建物を配置する中国の都城建築様式の先駆けとなった。同様式はその後、隋唐時代へと踏襲されたことから、中国古代都城建築史上の節目の一つとされている。中国国内だけでなく、日本や韓国の都城建設にも大きな影響を与えた。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    中日協力の新たな模範青島日本国際ビジネスハブを訪ねて

    20日、青島日本「国際ビジネスハブ」の外観。(小型無人機から)中国青島市は海を隔てて日本と向かい合っており、日本と最も交流の深い中国の都市の一つ。両地間の緊密な人文(人と文化)、経済・交流の往来は、中国の地方都市の対日協力の模範となりつつある。同市と日本とのビジネス交流促進を目的とした施設「青島日本国際ビジネスハブ」のオープニングセレモニーが5月19日、同市西海岸新区で開かれた。オープン以降半年間にわたり、多くの展示会や交流イベントが行われ、すでに多数の日系企業が契約を結んで入居しており、中日の双方が協力を深化するための対外開放の新たなプラットフォームとなりつつある。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    寺院移築の先駆的存在、永楽宮を訪ねて山西省

    17日、道教の一派、全真派を開いた王重陽(おう・ちょうよう)を祭る永楽宮の重陽殿。殿内の壁画には王重陽の神話伝説に材を取る壁画が描かれている。中国山西省運城市芮城(ぜいじょう)県にある永楽宮(えいらくきゅう)は、元代初期に創建された道教の寺院で、1千平方メートルに及ぶ壁画で知られる。1950~60年代の三門峡ダム建設に伴い、巨大な壁画を含む寺院全体が現在の場所に移築された。当時、この移築に携わった人たちの平均年齢は30歳未満だったという。61年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    寺院移築の先駆的存在、永楽宮を訪ねて山西省

    17日、永楽宮の無極殿(三清殿)。殿内の大型壁画「朝元図」は特に有名で、元代人物画の逸品と称される。中国山西省運城市芮城(ぜいじょう)県にある永楽宮(えいらくきゅう)は、元代初期に創建された道教の寺院で、1千平方メートルに及ぶ壁画で知られる。1950~60年代の三門峡ダム建設に伴い、巨大な壁画を含む寺院全体が現在の場所に移築された。当時、この移築に携わった人たちの平均年齢は30歳未満だったという。61年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    普陀山観音文化園がオープン浙江省舟山市

    普陀山観音文化園のメイン建築「観音聖壇」の外観。(資料写真)中国浙江省舟山市に建設されていた「普陀山観音文化園」が15日、正式にオープンした。同園は舟山群島の朱家尖島にある白山の山麓に位置し、海を挟んで普陀山と向き合っている。観音文化を主題としており、教義の普及や文化の伝達、聖地観光などの内容を結び付け、文化体験、芸術展示、文化交流、観光サービスなどの機能を一体化したテーマパークとなっている。(舟山=新華社配信)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    寺院移築の先駆的存在、永楽宮を訪ねて山西省

    17日、冬の永楽宮の無極殿。四季折々の美しさを見せてくれる。中国山西省運城市芮城(ぜいじょう)県にある永楽宮(えいらくきゅう)は、元代初期に創建された道教の寺院で、1千平方メートルに及ぶ壁画で知られる。1950~60年代の三門峡ダム建設に伴い、巨大な壁画を含む寺院全体が現在の場所に移築された。当時、この移築に携わった人たちの平均年齢は30歳未満だったという。61年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    普陀山観音文化園がオープン浙江省舟山市

    14日、普陀山観音文化園で行われた開園式の様子。中国浙江省舟山市に建設されていた「普陀山観音文化園」が15日、正式にオープンした。同園は舟山群島の朱家尖島にある白山の山麓に位置し、海を挟んで普陀山と向き合っている。観音文化を主題としており、教義の普及や文化の伝達、聖地観光などの内容を結び付け、文化体験、芸術展示、文化交流、観光サービスなどの機能を一体化したテーマパークとなっている。(舟山=新華社配信)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    成都の夏季ユニバ競技場、米オートデスクの国際アワード受賞

    14日、上空から見た成都鳳凰山スポーツパーク。(小型無人機から)中国四川省成都市で来年8月に開催される第31回ユニバーシアード夏季競技大会の競技会場「成都鳳凰山スポーツパーク」が建築設計用ツールなどの開発を手掛ける米オートデスクが主催する「AECエクセレンス・アワード」の大型プロジェクト部門で優勝したことが19日、施工を請け負う中国建築第八工程局への取材で分かった。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    成都の夏季ユニバ競技場、米オートデスクの国際アワード受賞

    14日、上空から見た成都鳳凰山スポーツパーク。(小型無人機から)中国四川省成都市で来年8月に開催される第31回ユニバーシアード夏季競技大会の競技会場「成都鳳凰山スポーツパーク」が建築設計用ツールなどの開発を手掛ける米オートデスクが主催する「AECエクセレンス・アワード」の大型プロジェクト部門で優勝したことが19日、施工を請け負う中国建築第八工程局への取材で分かった。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、豊かな緑に囲まれた南通博物苑の一角。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、豊かな緑に囲まれた南通博物苑。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、豊かな緑に囲まれた南通博物苑。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、南通博物苑の自然ホールで、生物資源をテーマとした展示を見学する親子。初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアを訪ねて

    13日、中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアにあるハルビン大劇院。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市にある中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアは設立以来、次世代情報技術、新素材、ハイエンド装備、バイオ医薬などの戦略的新興産業を重点的に発展させ、科学技術、金融、文化観光などの現代サービス産業と寒冷地の氷雪経済を秩序立てて推進し、ロシアと北東アジアとの全面的な協力の高地を担い、国内を結び、ユーラシアをカバーする国家物流ハブを建設、東北地域の全面的な振興と全方位的な振興を目指す成長極とモデル区を構築してきた。同エリアの2020年1~9月の新設企業数は前年同期比36%増の4276社、1日当たり新設企業数は15社で、市場主体数が大幅に増加した。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、南通博物苑にある張謇の旧宅「濠南別業」を訪れた観光客。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、南通博物苑にある張謇の旧宅「濠南別業」を訪れた観光客。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、豊かな緑に囲まれた南通博物苑とその周辺の風景。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、豊かな緑に囲まれた南通博物苑とその周辺の風景。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    普陀山観音文化園がオープン浙江省舟山市

    12日、ライトアップされた普陀山観音文化園。中国浙江省舟山市に建設されていた「普陀山観音文化園」が15日、正式にオープンした。同園は舟山群島の朱家尖島にある白山の山麓に位置し、海を挟んで普陀山と向き合っている。観音文化を主題としており、教義の普及や文化の伝達、聖地観光などの内容を結び付け、文化体験、芸術展示、文化交流、観光サービスなどの機能を一体化したテーマパークとなっている。(舟山=新華社配信)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.11
    2020年11月11日
    「新華社」2千年前の大型穀物庫らしき遺構を発見内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区文物考古研究所と中山大学(広東省)の合同考古学チームはこのほど、同自治区フフホト市玉泉区の沙梁子村で、約2千年前の前漢中~後期の建築基礎遺構を発見した。大型の穀物倉庫の跡と思われ、これまで見つかった漢代の単体版築(はんちく)高台建築の中で最大の規模だという。遺構は面積約11万平方メートルの前漢時代の町の遺跡中央部に位置する。東西約170メートル、南北約21メートルの細長い建物で、柱間16間、奥行き2間が残されていた。内部から南北方向の細い溝16本が見つかり、考古学者は換気や防潮のために掘られたと推測している。建物の壁と柱には防虫、防湿効果の高いマツ材が使われていた。遺跡で採取した土壌サンプルにはキビが含まれており、版築基礎の下から見つかった食糧貯蔵用の穴の列からも大量のキビが出土した。考古学研究者らは、内部で見つかった溝や出土遺物から、同遺構が前漢の大型穀物倉庫の跡と判断した。使用期間は約100年間で、最後は火災で焼失したとの見方を示すが、現時点で倉庫の存在を記載した文献資料は見つかっていないという。(記者/張晟)<映像内容>内モンゴル自治区で発見された大型穀物庫らしき遺構、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    解体工事が進む福井駅西口 再開発、観光振興に冷や水

    北陸新幹線の延伸開業に向けた大規模再開発で、建物の解体工事が進むJR福井駅西口=10日、福井市

    撮影: 10日、福井市

  • 2020年11月06日
    日光東照宮の陽明門 木造建築の匠、無形遺産に

    建造物彩色などの技術が施された日光東照宮の陽明門=2019年12月、栃木県日光市

    撮影: 2019年12月、栃木県日光市

  • 2020年11月06日
    ゆすはら雲の上の図書館

    建築家の隈研吾(くま・けんご)氏が設計した図書館=2020年11月3日、高知県檮原町

  • 2020年11月06日
    ゆすはら雲の上の図書館

    建築家の隈研吾(くま・けんご)氏が設計した図書館=2020年11月4日、高知県檮原町

  • 2020年11月06日
    ゆすはら雲の上の図書館

    建築家の隈研吾(くま・けんご)氏が設計した図書館=2020年11月5日、高知県檮原町

  • 02:15.86
    2020年11月06日
    大入り願い「まねき書き」 京都・南座、吉例顔見世

    京都・南座で12月に開催される「吉例顔見世(きちれいかおみせ)興行」を前に、大入りへの願いを込め、出演する歌舞伎役者の名前を看板いっぱいに書き込む「まねき書き」が6日、京都市左京区の妙伝寺で報道陣に公開された。この日は書家の井上玉清(いのうえ・ぎょくせい)さん(75)が日本酒を混ぜた墨を使って、長さ1・8メートル、幅30センチのヒノキ板に、片岡仁左衛門(かたおか・にざえもん)さんの名前を1文字ずつ丁寧に書き上げた。<映像内容>井上玉清さんによる片岡仁左衛門さんの名前のまねき書き、井上さんの囲みインタビュー、まねき書きが公開された建物の外観、妙伝寺の外観、撮影日:2020(令和2)年11月6日、撮影場所:京都市左京区

    撮影: 2020(令和2)年11月6日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月04日
    新潟地裁

    新潟地方裁判所=2020年10月30日、新潟市中央区学校町

    撮影: 2020年10月30日、新潟市中央区学校町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月04日
    新潟地裁

    新潟地方裁判所=2020年10月30日、新潟市中央区学校町

    撮影: 2020年10月30日、新潟市中央区学校町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月04日
    新潟地裁

    新潟地方裁判所=2020年10月30日、新潟市中央区学校町

    撮影: 2020年10月30日、新潟市中央区学校町

  • 2020年11月04日
    歴史的建物の修繕で観光イメージを一新江西省靖安県

    4日、江西省靖安県の中心市街地の西門古街で、古民家の修繕工事をする作業員。中国江西省宜春(ぎしゅん)市靖安県は古い歴史を持つ街で、県内には300軒ほどの古い建物が残されている。地元政府はここ数年、住民の生活環境の改善や都市・農村の観光イメージ向上に尽力。西門古街、雷家古村などにある古い建物約100軒の大規模な修繕に取り組んでいる。(宜春=新華社記者/万象)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    歴史的建物の修繕で観光イメージを一新江西省靖安県

    4日、江西省靖安県の中心市街地の西門古街で、古民家の修繕工事をする作業員。中国江西省宜春(ぎしゅん)市靖安県は古い歴史を持つ街で、県内には300軒ほどの古い建物が残されている。地元政府はここ数年、住民の生活環境の改善や都市・農村の観光イメージ向上に尽力。西門古街、雷家古村などにある古い建物約100軒の大規模な修繕に取り組んでいる。(宜春=新華社記者/万象)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    歴史的建物の修繕で観光イメージを一新江西省靖安県

    4日、江西省靖安県の中心市街地の西門古街で、古民家の修繕工事をする作業員。中国江西省宜春(ぎしゅん)市靖安県は古い歴史を持つ街で、県内には300軒ほどの古い建物が残されている。地元政府はここ数年、住民の生活環境の改善や都市・農村の観光イメージ向上に尽力。西門古街、雷家古村などにある古い建物約100軒の大規模な修繕に取り組んでいる。(宜春=新華社記者/万象)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.08
    2020年11月04日
    「新華社」1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡はフフホト市街地の北方に位置する大青山の蜈蚣壩(ごしょうは)頂上にある。分布範囲は約1万平方メートル。遺跡の存在は1980年代に確認されていたが、正式な発掘が始まったのは2019年からで、これまでに遺跡の形状や構造、性質が明らかになっている。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。同研究所の張文平(ちょう・ぶんぺい)副所長は、北魏の皇室が天を祭ったことは歴史書に多くの記載があるが、今回の発掘が行われるまでその場所を特定することができなかったと説明。遺跡が使用された時期については、出土品の年代鑑定から430~490年の間ではないかとの見方を示した。専門家は今回発掘された遺跡について、中原王朝の祭祀・礼法と北方遊牧民族の伝統的な祭祀方式が結合したものだと指摘。年代的に隋唐時代の西安の圜丘や明清時代の北京の天壇より早いことから、中国の皇室祭天儀式の歴史や北魏の祭天儀礼制度を研究する上で貴重な実物証拠になるとの考えを示した。(記者/張晟)<映像内容>皇帝祭天遺跡の発掘現場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    歴史的建物の修繕で観光イメージを一新江西省靖安県

    4日、江西省靖安県の中心市街地の西門古街で、古民家の修繕工事をする作業員。中国江西省宜春(ぎしゅん)市靖安県は古い歴史を持つ街で、県内には300軒ほどの古い建物が残されている。地元政府はここ数年、住民の生活環境の改善や都市・農村の観光イメージ向上に尽力。西門古街、雷家古村などにある古い建物約100軒の大規模な修繕に取り組んでいる。(宜春=新華社記者/万象)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    歴史的建物の修繕で観光イメージを一新江西省靖安県

    4日、江西省靖安県の中心市街地の西門古街で、古民家の修繕工事をする作業員。中国江西省宜春(ぎしゅん)市靖安県は古い歴史を持つ街で、県内には300軒ほどの古い建物が残されている。地元政府はここ数年、住民の生活環境の改善や都市・農村の観光イメージ向上に尽力。西門古街、雷家古村などにある古い建物約100軒の大規模な修繕に取り組んでいる。(宜春=新華社記者/万象)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    歴史的建物の修繕で観光イメージを一新江西省靖安県

    4日、江西省靖安県の中心市街地の西門古街で、古民家の修繕工事をする作業員。中国江西省宜春(ぎしゅん)市靖安県は古い歴史を持つ街で、県内には300軒ほどの古い建物が残されている。地元政府はここ数年、住民の生活環境の改善や都市・農村の観光イメージ向上に尽力。西門古街、雷家古村などにある古い建物約100軒の大規模な修繕に取り組んでいる。(宜春=新華社記者/万象)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    歴史的建物の修繕で観光イメージを一新江西省靖安県

    4日、江西省靖安県の中心市街地の西門古街で、古民家の修繕工事をする作業員。中国江西省宜春(ぎしゅん)市靖安県は古い歴史を持つ街で、県内には300軒ほどの古い建物が残されている。地元政府はここ数年、住民の生活環境の改善や都市・農村の観光イメージ向上に尽力。西門古街、雷家古村などにある古い建物約100軒の大規模な修繕に取り組んでいる。(宜春=新華社記者/万象)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    歴史的建物の修繕で観光イメージを一新江西省靖安県

    4日、江西省靖安県の中心市街地の西門古街で、古民家の修繕工事をする作業員。中国江西省宜春(ぎしゅん)市靖安県は古い歴史を持つ街で、県内には300軒ほどの古い建物が残されている。地元政府はここ数年、住民の生活環境の改善や都市・農村の観光イメージ向上に尽力。西門古街、雷家古村などにある古い建物約100軒の大規模な修繕に取り組んでいる。(宜春=新華社記者/万象)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    歴史的建物の修繕で観光イメージを一新江西省靖安県

    4日、江西省靖安県の中心市街地の西門古街で、伝統演劇の舞台「古戯台」の修繕工事をする作業員。中国江西省宜春(ぎしゅん)市靖安県は古い歴史を持つ街で、県内には300軒ほどの古い建物が残されている。地元政府はここ数年、住民の生活環境の改善や都市・農村の観光イメージ向上に尽力。西門古街、雷家古村などにある古い建物約100軒の大規模な修繕に取り組んでいる。(宜春=新華社記者/万象)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月30日
    変化する平壌の姿

    黎明通りの夜景=2020(令和2)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...