KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • カトリック
  • ペンニャ
  • マカオ教区
  • マカオ文物
  • 中国マカオ
  • 主教山小
  • 教区司教
  • 文物リスト
  • 芸術的価値
  • 西山望洋

「ゴシック様式」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 社会
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
19
( 1 19 件を表示)
  • 1
19
( 1 19 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 01:11.65
    2019年12月27日
    「新華社」クリスマスムードに包まれたハノイ大教会ベトナム

    ベトナムの首都ハノイの聖ジョセフ大聖堂(ハノイ大教会)はパリのノートルダム寺院を手本としたゴシック様式建築で、1887年のクリスマスに完成した。クリスマス期間中にはミサなどの行事が行われ、毎年多くの観光客が訪れる。(記者/陶軍、王迪)<映像内容>ハノイの聖ジョセフ大聖堂、街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010701465

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、「ペンニャ教会」の前に立つマリア像。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202410

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂で撮影した「ルルドの聖母の洞窟」と「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202045

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、「ペンニャ教会」の敷地内にたたずむ獅子の石像。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202027

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂で撮影した「ルルドの聖母の洞窟」と「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202028

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、「ペンニャ教会」の敷地内に立つ十字架。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202072

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂に建つ「ペンニャ教会」の屋根部分。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202090

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、「ペンニャ教会」の前に立つマリア像。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202060

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂で撮影した「ルルドの聖母の洞窟」と「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202173

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂に建つ「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202109

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂に建つ「ペンニャ教会」の内部。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202134

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂に建つ「ペンニャ教会」の外観。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202095

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂に建つ「ペンニャ教会」からの眺めを楽しむ観光客。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202022

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂に立つマリア像と「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202065

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、「ペンニャ教会」の屋根頂部に立つ石像。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202088

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂から望むマカオ・タワー。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202101

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日に撮影した「ペンニャ教会」を囲む外壁。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202053

  • 2013年07月14日
    長崎県五島 旧五輪教会堂

    旧五輪教会堂。外観は和風だが、内部はリブ・ヴォールト天井があるゴシック様式の教会建築=長崎県五島市久賀島、2013(平成25)年7月頃、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015081101065

  • 1987年05月03日
    高台に建つカルルシュタイン城 民主化進むチェコスロバキア

    外壁の一部を補修中のカルルシュタイン城。プラハ西南28キロにあり、14世紀末に神聖ローマ皇帝カール4世が建てた初期ゴシック様式の城=1987年5月撮影、プラハ郊外(共同)

    商品コード: 2008060300197

  • 1