KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 同省西咸
  • 家族墓園
  • 家族墓地
  • 底張街道
  • 張街道韓
  • 発掘調査
  • 発見陝西省
  • 空港新城
  • 考古研究
  • 軍人政治家

「ジンジャー」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 社会
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
35
( 1 35 件を表示)
  • 1
35
( 1 35 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:49.72
    2020年11月23日
    「新華社」初冬の太行山脈に広がる壮麗な山水絵巻の世界河北省渉県

    中国の太行山脈東麓にある河北省邯鄲(かんたん)市渉(しょう)県では初冬を迎え、山々のたたずまいや、さざ波のきらめく静かな川の流れが、冬の詩情を写し取った山水絵巻を思わせ、人々を魅了している。同県はここ数年、生態環境の建設に積極的に取り組んでおり、植樹や造林、県内を流れる清漳河(せいしょうが)の管理など、さまざまな措置を講じながら、地域全体の緑化を推進している。(記者/杜一方、范世輝)<映像内容>河北省渉県の紅葉など風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    黄檗文化が繋ぐ友好、福建省で長崎県興福寺に寄贈される梵鐘の出発式

    12日、「世界平和の鐘」の出発式であいさつする福建省仏教協会の向願(しょうがん)副会長。隠元禅師東渡366周年、長崎県興福寺開創400周年に際し、中国福建省から友好県の同県に寄贈される梵鐘が12日、同省福清市から日本に向けて「出発」した。福建省と長崎県は、長い友好往来の歴史を持つ。同市出身の福清黄檗山万福寺臨済宗の高僧、隠元禅師は明代末期に招かれて日本に渡り、長崎県にある興福寺に住職として滞在した後、京都府万福寺を開創し、日本仏教の一派、黄檗宗の開祖となった。隠元禅師が伝えた仏教理論、建築技術、彫刻、書と絵画、飲食・医薬、出版・印刷、茶道・華道などは日本で黄檗文化を形成し、中日文化交流の重要なきずなとなった。(福州=新華社配信/疎影)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園から出土した陶俑。(5月21日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月20日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園から出土した陶俑。(5月20日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月03日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園の王韶墓の墓室。(5月3日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園の7号墓の前室。(4月28日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月16日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園の王顕墓の墓室。(4月16日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月12日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園の王弘墓の墓室。(4月12日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月23日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園の王仕通墓の全景。(3月23日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月15日
    新型コロナ、感染拡大
  • 2020年03月15日
    新型コロナ、感染拡大
  • 2020年03月15日
    サクラの前を通る人たち 新型コロナ、感染拡大

    東京・上野公園で咲くサクラの前を通るマスク姿の人たち。江東区から散歩に訪れた70代の夫婦は「宴会自粛はさみしいけど、しょうがない。(新型コロナウイルスの感染拡大が)早く収まってくれれば」と声をそろえた=15日午後

  • 2020年03月15日
    新型コロナ、感染拡大
  • 2020年03月15日
    行き交うマスク姿の人たち 新型コロナ、感染拡大

    東京・上野公園で咲くサクラの前をマスク姿で行き交う人たち。江東区から散歩に訪れた70代の夫婦は「宴会自粛はさみしいけど、しょうがない。(新型コロナウイルスの感染拡大が)早く収まってくれれば」と声をそろえた=15日午後

  • 2020年03月15日
    マスク姿で撮影する人たち 新型コロナ、感染拡大

    東京・上野公園に咲くサクラを撮影するマスク姿の人たち。江東区から散歩に訪れた70代の夫婦は「宴会自粛はさみしいけど、しょうがない。(新型コロナウイルスの感染拡大が)早く収まってくれれば」と声をそろえた=15日午後

  • 2020年03月15日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園の王韶墓の全景。(3月15日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:00.32
    2019年02月15日
    「新華社」タチラクウショウが描く湖畔の風景安徽省来安県

    中国安徽省滁州(じょしゅう)市来安県の池杉湖国家湿地公園は、華東地域における渡り鳥の主要生息地となっている。数万本のタチラクウショウ(中国名:池杉)が水源涵養(かんよう)を可能にしているだけでなく、各種鳥類が生息する「楽園」となっており、地元の美しい生態環境の代名詞となっている。同県ではここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(宝の山)」との理念を実践し、生態環境保護レッドラインの厳守、生態安全の維持、「山水林田湖草(自然資源)」生命共同体の建設推進、生態系の修復や保護に積極的で有効な開発の実施、池、林、水、鳥が調和し共生できる生態チェーンの実現、森林や湖沼を主体とした生態系保護を行っている。(記者/曹力)<映像内容>中国・池杉湖国家湿地公園の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月10日
    正月料理の試食で貧困脱却を後押し山東省青島市

    10日、貴州省安順市西屯村産の安心安全な農産物。中国山東省青島市即墨路街道が10日、農産物の試食による貧困救済活動を行った。支援対象となる貴州省安順市西屯(せいとん)村産の小黄姜(しょうこうきょう、ショウガの一種)やシイタケ、インディカ米などで作った料理を、正月用品を準備中の社区(コミュニティ)住民に試食してもらうことで、西屯村の農産物の販路開拓と貧困脱却を後押しする。(青島=新華社配信/王海浜)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月10日
    正月料理の試食で貧困脱却を後押し山東省青島市

    10日、貴州省安順市西屯村産の安心安全な農産物で作った料理を試食する住民。中国山東省青島市即墨路街道が10日、農産物の試食による貧困救済活動を行った。支援対象となる貴州省安順市西屯(せいとん)村産の小黄姜(しょうこうきょう、ショウガの一種)やシイタケ、インディカ米などで作った料理を、正月用品を準備中の社区(コミュニティ)住民に試食してもらうことで、西屯村の農産物の販路開拓と貧困脱却を後押しする。(青島=新華社配信/王海浜)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月10日
    正月料理の試食で貧困脱却を後押し山東省青島市

    10日、貴州省安順市西屯村産の安心安全な農産物で作った料理の試食の準備をする子ども。中国山東省青島市即墨路街道が10日、農産物の試食による貧困救済活動を行った。支援対象となる貴州省安順市西屯(せいとん)村産の小黄姜(しょうこうきょう、ショウガの一種)やシイタケ、インディカ米などで作った料理を、正月用品を準備中の社区(コミュニティ)住民に試食してもらうことで、西屯村の農産物の販路開拓と貧困脱却を後押しする。(青島=新華社配信/王海浜)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月10日
    正月料理の試食で貧困脱却を後押し山東省青島市

    10日、貴州省安順市西屯村産のインディカ米を試食する住民。中国山東省青島市即墨路街道が10日、農産物の試食による貧困救済活動を行った。支援対象となる貴州省安順市西屯(せいとん)村産の小黄姜(しょうこうきょう、ショウガの一種)やシイタケ、インディカ米などで作った料理を、正月用品を準備中の社区(コミュニティ)住民に試食してもらうことで、西屯村の農産物の販路開拓と貧困脱却を後押しする。(青島=新華社配信/王海浜)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月10日
    正月料理の試食で貧困脱却を後押し山東省青島市

    10日、貴州省安順市西屯村産のインディカ米を試食する住民。中国山東省青島市即墨路街道が10日、農産物の試食による貧困救済活動を行った。支援対象となる貴州省安順市西屯(せいとん)村産の小黄姜(しょうこうきょう、ショウガの一種)やシイタケ、インディカ米などで作った料理を、正月用品を準備中の社区(コミュニティ)住民に試食してもらうことで、西屯村の農産物の販路開拓と貧困脱却を後押しする。(青島=新華社配信/王海浜)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月10日
    正月料理の試食で貧困脱却を後押し山東省青島市

    10日、貴州省安順市西屯村産のシイタケで作った料理。中国山東省青島市即墨路街道が10日、農産物の試食による貧困救済活動を行った。支援対象となる貴州省安順市西屯(せいとん)村産の小黄姜(しょうこうきょう、ショウガの一種)やシイタケ、インディカ米などで作った料理を、正月用品を準備中の社区(コミュニティ)住民に試食してもらうことで、西屯村の農産物の販路開拓と貧困脱却を後押しする。(青島=新華社配信/王海浜)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月19日
    瀟賀古道の傍らに建ち並ぶ古民家群明清代にタイムスリップ

    19日、広西富川(ふせん)ヤオ族自治県朝東鎮の福渓村で、青石が敷き詰められた小道を歩く村人。瀟賀(しょうが)古道は秦代に建設が始まり、中国湖南省瀟水(しょうすい)と広西チワン族自治区賀江(がこう)を結ぶ水陸の輸送通路であり、秦漢代以降、中国北部に住む人々の南部への移動、南部・北部経済の交流のための重要なルートでもあった。瀟賀古道の両側に今でも残る数多くの古い建物や古民家は、かつて栄えたこの地の移り変わりを物語っている。(富川=新華社記者/周華)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:47.39
    2018年10月19日
    「新華社」深まる古道の秋甘粛省隴南市

    中国甘粛省隴南(ろうなん)市成県の西狭古桟道遺跡は、後漢時代に建設されたもの。桟道本来の姿を見るのは難しいが、遺跡から見て桟道は切り立った崖の数メートル上の高さに造られていた。谷合に沿って通り抜けることで、当時この地の山が高く険しいことで難題だった交通の問題を解決しており、先人の知恵と巧みな技術を見て取ることができる。秋が深まり、山の泉はこんこんと湧き出し、渓流はさらさらと流れ、渓谷の奇峰は、紅葉に染まっている。復元された古桟道に沿って建設された階段を一歩一歩上っていくと、摩崖石刻(崖に刻まれた彫刻)の「西狭頌(せいきょうしょう)」が見える。陝西省漢中市の「石門頌(せきもんしょう)」、同市略陽県の「郙閣頌(ふかくしょう)」と共に漢代書道の「三頌」とされている。(記者/黄文新、周嘯天)<映像内容>西狭古桟道遺跡の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月19日
    瀟賀古道の傍らに建ち並ぶ古民家群明清代にタイムスリップ

    19日、広西富川(ふせん)ヤオ族自治県朝東鎮の福渓(ふっけい)村で、整然と建ち並ぶ古民家群。(小型無人機から)瀟賀(しょうが)古道は秦代に建設が始まり、中国湖南省瀟水(しょうすい)と広西チワン族自治区賀江(がこう)を結ぶ水陸の輸送通路であり、秦漢代以降、中国北部に住む人々の南部への移動、南部・北部経済の交流のための重要なルートでもあった。瀟賀古道の両側に今でも残る数多くの古い建物や古民家は、かつて栄えたこの地の移り変わりを物語っている。(富川=新華社記者/周華)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月19日
    瀟賀古道の傍らに建ち並ぶ古民家群明清代にタイムスリップ

    19日、広西富川(ふせん)ヤオ族自治県の朝東鎮秀水村を散策する観光客。瀟賀(しょうが)古道の東南側に位置するこの集落では現在、明清代の古民家をはじめとする数多くの古い建物が保存されている。(小型無人機から)瀟賀(しょうが)古道は秦代に建設が始まり、中国湖南省瀟水(しょうすい)と広西チワン族自治区賀江(がこう)を結ぶ水陸の輸送通路であり、秦漢代以降、中国北部に住む人々の南部への移動、南部・北部経済の交流のための重要なルートでもあった。瀟賀古道の両側に今でも残る数多くの古い建物や古民家は、かつて栄えたこの地の移り変わりを物語っている。(富川=新華社記者/周華)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月19日
    瀟賀古道の傍らに建ち並ぶ古民家群明清代にタイムスリップ

    19日、数百年の歴史を持つ広西富川(ふせん)ヤオ族自治県朝東鎮の東水村にたたずむ風雨橋。(小型無人機から)瀟賀(しょうが)古道は秦代に建設が始まり、中国湖南省瀟水(しょうすい)と広西チワン族自治区賀江(がこう)を結ぶ水陸の輸送通路であり、秦漢代以降、中国北部に住む人々の南部への移動、南部・北部経済の交流のための重要なルートでもあった。瀟賀古道の両側に今でも残る数多くの古い建物や古民家は、かつて栄えたこの地の移り変わりを物語っている。(富川=新華社記者/周華)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月09日
    瀟賀古道の傍らに建ち並ぶ古民家群明清代にタイムスリップ

    9日、空から見た広西富川(ふせん)ヤオ族自治県朝東鎮の秀水村、民家が整然と建ち並んでいる。(小型無人機から)瀟賀(しょうが)古道は秦代に建設が始まり、中国湖南省瀟水(しょうすい)と広西チワン族自治区賀江(がこう)を結ぶ水陸の輸送通路であり、秦漢代以降、中国北部に住む人々の南部への移動、南部・北部経済の交流のための重要なルートでもあった。瀟賀古道の両側に今でも残る数多くの古い建物や古民家は、かつて栄えたこの地の移り変わりを物語っている。(富川=新華社記者/周華)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月09日
    瀟賀古道の傍らに建ち並ぶ古民家群明清代にタイムスリップ

    9日、空から見た広西富川(ふせん)ヤオ族自治県朝東鎮の岔山(たさん)村、古民家群が整然と建ち並んでいる。(小型無人機から)瀟賀(しょうが)古道は秦代に建設が始まり、中国湖南省瀟水(しょうすい)と広西チワン族自治区賀江(がこう)を結ぶ水陸の輸送通路であり、秦漢代以降、中国北部に住む人々の南部への移動、南部・北部経済の交流のための重要なルートでもあった。瀟賀古道の両側に今でも残る数多くの古い建物や古民家は、かつて栄えたこの地の移り変わりを物語っている。(富川=新華社記者/周華)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年02月08日
    訓練するアンズ トイプードルのアンズ

    障害物(しょうがいぶつ)をとびこえる訓練を披露するアンズ=茨城県警察学校

  • 2013年01月24日
    照らすはアセチレンガス 有楽町駅の新聞売り

    1958(昭和33)年1月28日、東京・国鉄有楽町駅前に通勤客目当ての新聞売りが並んでいた。フランク永井のヒット曲「有楽町で逢いましょう」が街に流れ始めたころ。駅前でも明かりはまだほの暗く、手元を照らすカーバイドを利用したアセチレンガス照明がまぶしく光る。

  • 2012年06月14日
    受け取られる秋篠宮さま ナイル架橋定礎式に出席

    14日、ウガンダ・ジンジャで、斜張橋建設の記念プレートを受け取られる秋篠宮さま(共同)

  • 2011年01月20日
    アセチレンガスの照明 有楽町駅の新聞売り

    1958(昭和33)年1月28日、東京の国鉄有楽町駅に通勤客目当ての新聞売りが並ぶ。フランク永井のヒット曲「有楽町で逢いましょう」が流れ始めたころ。百貨店「そごう」開店の宣伝曲として作られた。駅前でも街の明かりはまだ暗く、手元を照らすカーバイドを利用したアセチレンガス照明がまぶしく見える。

  • 2000年02月05日
    日本美を紹介する外交官

    「日本の美術館が市民社会に根付くのはこれからでしょうが、西欧の美術館運営から学ぶ点が多い」と語る小林忠さん=東京・目白の学習院大

    撮影: 東京・目白の学習院大

  • 1