KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 内モンゴル自治区
  • モンゴル族
  • スポーツ大会
  • ハイラル
  • メインスタジアム
  • 全国冬季
  • 大会開幕
  • 建築スタイル
  • 氷上競技
  • ハルビン

「フルンボイル」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 社会
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
29
( 1 29 件を表示)
  • 1
29
( 1 29 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:29.12
    2021年04月23日
    「新華社」衛星ニュース丨青い星を守る

    地球温暖化や氷河の融解、異常気象、熱帯雨林の濫伐、海洋汚染、猛威を振るう山火事、生態系の破壊などが、地球に無数の傷跡を残している。人間の活動により世界の陸地の75%が著しく改変され、海洋の66%は累積的な影響下にあり、湿地の85%以上が消失した。動物と植物の種群のうち平均約25%が絶滅の危機にあり、地球の表面の5分の1近くが植物や動物の侵略の危機にさらされ、われわれの地球はかつてない深刻な脅威に直面している。【画面字幕】「地球はわれわれの共通のふるさとであり、われわれは人類運命共同体の理念を堅持し、気候や環境分野の試練に手を携えて対応し、この青い星をしっかり守らなければならない」--習近平氏。中国は常にわれわれの地球を回復させることに取り組んでいる。高原のゴビから広大な海岸まで、一筋の緑の帯が鮮やかに延びている。中国西北、華北、東北地域にまたがる「緑の万里の長城」は、中国の北方を蛇行しつつ延々と伸び、総面積406万平方キロにわたって広がっている。過去40年余りの間、西北、華北、東北各地域で実施されてきた「三北防護林システム建設プロジェクト」の造林・保護面積は累計3014万ヘクタールに達し、実施地域の森林率は5・05%から13・57%に上昇した。砂漠化が深刻なムウス(毛烏素)、ホルチン(科爾沁)、フルンボイル(呼倫貝爾)の三つの地域でも砂漠化に歯止めがかかり、砂漠化した土地の面積は実質的に減少を続けている。「海の守護者」と呼ばれるマングローブは、その密集し発達した支柱根が海岸線を守っている。近年、世界的にマングローブ林面積の減少が続く中、広東省にある湛江マングローブ国家級自然保護区のマングローブ林面積は年々増加している。この保護区は、陸地から海へと伸びる雷州半島の海岸線に沿って広がり、見渡す限り一面の緑にあふれている。河北省遷安(せんあん)市はかつて鉄鋼の街として、鉱山で発展し、鉄鋼業で栄えたが、鉱物資源の開発は生態系の破壊ももたらした。深刻な土壌の砂漠化が地滑りや土砂崩れなどの地質災害の隠れたリスクを生み出した。同市はここ数年、鉱山の生態環境の回復と整備を生態文明建設の重点に据え、地域の実情に応じて適切な施策を選定、鉱山の環境回復と整備を進めてきた。かつての「生態に刻まれた傷跡」は緑の装いを取り戻し、燕山山脈の麓に美しい山河がよみがえった。鉱山の環境回 =配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジッ...

    商品コード: 2021042312582

  • 00:49.36
    2021年02月28日
    「新華社」極寒の草原でナーダム気分内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区フルンボイル市はここ数年、「国際観光都市」「中国優秀観光都市」「氷雪観光十大都市」などの称号を相次ぎ獲得している。今冬も新型コロナウイルス対策の常態化を前提に、特色ある四大氷雪観光コースを発表。寒冷地の氷雪経済の質の高い発展を引き続き後押しする。市内の観光拠点では、モンゴル族の夏の祭典「ナーダム」にちなんだ催しが観光客を楽しませている。伝統衣装で着飾った各民族が参加するレスリングや競馬、アーチェリーなどの民族伝統種目は、草原観光の華やかな代名詞といえる。ナーダムは中国の国家級無形文化遺産であり、2006年の第1次リストに登録された。(記者/張晟、鄒倹朴、達日罕)=配信日:2021(令和3)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030214214

  • 00:56.42
    2020年09月12日
    「新華社」内モンゴル自治区、乳業産業クラスター形成へ

    中国内モンゴル自治区の農牧庁などの部門はこのほど、生乳供給基地建設遅れなどの問題を解決するため、複数の乳業産業クラスターを形成し、2025年をめどに乳業産業チェーンの生産額3千億元(1元=約16円)を目指すことを明らかにした。農牧庁の劉永志(りゅう・えいし)副庁長によると、今年は特別資金4億元、契約ベースの融資216億元を投入し、内蒙古伊利実業集団や蒙牛乳業などの乳業大手に、黄河や嫩江、西遼河流域、フルンボイル、シリンゴル草原の五つの生乳供給基地での事業展開を働き掛ける。同自治区は乳業の優位性により、フフホト市やフルンボイル市、バヤンノール市などで大規模牧場を相次いで設立しており、牧草栽培や乳牛飼育、乳製品加工の一体化発展を推進、今後3~5年以内に乳牛100万頭増加、乳製品加工力倍増を目指す。劉副庁長は、同自治区の乳牛飼育頭数は現在120万頭、牛乳生産量は年間570万トン余りで、乳業が年間生産額1千億元以上の優位産業となり、牛乳生産量や牛乳加工産業規模、乳製品市場シェアでいずれも全国の首位に立っていると述べた。(記者/李雲平)<映像内容>内モンゴル自治区の乳業産業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605434

  • 2020年07月06日
    受験生運ぶ「高考」特別列車、18年連続運行内モンゴル自治区

    6日、特別列車K5117便の外で受験生の乗車を待つ鉄道スタッフ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗にある大楊樹駅から6日午前9時30分、検温と健康コードの読み取りを終えた500人以上の「高考(全国統一大学入試)」受験生を乗せた特別列車K5117便が出発、100キロ余り先、試験会場のある阿里河鎮へと向かった。中国鉄路ハルビン局集団は18年連続で特別列車を運行している。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070900409

  • 2020年07月06日
    受験生運ぶ「高考」特別列車、18年連続運行内モンゴル自治区

    6日、特別列車K5117便の車内から記念乗車券を見せる受験生。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗にある大楊樹駅から6日午前9時30分、検温と健康コードの読み取りを終えた500人以上の「高考(全国統一大学入試)」受験生を乗せた特別列車K5117便が出発、100キロ余り先、試験会場のある阿里河鎮へと向かった。中国鉄路ハルビン局集団は18年連続で特別列車を運行している。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070900359

  • 2020年07月06日
    受験生運ぶ「高考」特別列車、18年連続運行内モンゴル自治区

    6日、特別列車K5117便の記念乗車券。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗にある大楊樹駅から6日午前9時30分、検温と健康コードの読み取りを終えた500人以上の「高考(全国統一大学入試)」受験生を乗せた特別列車K5117便が出発、100キロ余り先、試験会場のある阿里河鎮へと向かった。中国鉄路ハルビン局集団は18年連続で特別列車を運行している。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070900362

  • 2020年07月06日
    受験生運ぶ「高考」特別列車、18年連続運行内モンゴル自治区

    6日、特別列車K5117便の車内でポーズを取る受験生。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗にある大楊樹駅から6日午前9時30分、検温と健康コードの読み取りを終えた500人以上の「高考(全国統一大学入試)」受験生を乗せた特別列車K5117便が出発、100キロ余り先、試験会場のある阿里河鎮へと向かった。中国鉄路ハルビン局集団は18年連続で特別列車を運行している。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070900211

  • 00:51.72
    2020年07月06日
    「新華社」受験生運ぶ「高考」特別列車、18年連続運行内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗にある大楊樹駅から6日午前9時30分、検温と健康コードの読み取りを終えた500人以上の「高考(全国統一大学入試)」受験生を乗せた特別列車K5117便が出発、100キロ余り先、試験会場のある阿里河鎮へと向かった。中国鉄路ハルビン局集団は18年連続で特別列車を運行している。大楊樹鎮は大興安嶺の南麓に位置し、オロチョン族、ダウール族、エベンキ族などの少数民族が集中して住んでいる。入試会場が同自治旗政府の所在地に指定されているため、同鎮の受験生は毎年100キロ以上離れた阿里河鎮の入試会場まで行かなければならない。元ハルビン鉄路局は2003年、少数民族地区に住む受験生の移動困難、移動コスト高の問題を解決するため、大学入試前に大楊樹鎮から阿里河鎮への特別列車運行を決定。今年18年目となる同列車はこれまでに延べ3万4千人の受験生を送迎しており、7千人以上の受験生が大学入学の夢をかなえた。(記者/王君宝)<映像内容>「高考」受験生を乗せる特別列車の様子、撮影日:2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072300411

  • 2019年12月11日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    11日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会のメインスタジアム外観。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702269

  • 2019年12月11日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    11日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会のメインスタジアム外観。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702436

  • 2019年12月11日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    11日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会のメインスタジアム外観。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702268

  • 2019年12月10日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのアイスホッケー会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702440

  • 2019年12月10日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのスピードスケート会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702272

  • 2019年12月10日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    10日、第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのスピードスケート・ショートトラック会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702389

  • 2019年12月10日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのアイスホッケー会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702376

  • 2019年12月10日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのアイスホッケー会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702421

  • 2019年12月10日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    10日、第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのスピードスケート・ショートトラック会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702430

  • 2019年12月10日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのアイスホッケー会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702267

  • 2019年12月10日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのスピードスケート会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702274

  • 2019年12月10日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのスピードスケート・ショートトラック会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702439

  • 2019年08月27日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    8月27日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会のメインスタジアム外観。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702275

  • 2019年08月27日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    第14回全国冬季スポーツ大会のメインスタジアム。(8月27日撮影)中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日あまりとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702373

  • 2019年08月27日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    8月27日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会のメインスタジアム外観。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702392

  • 2018年06月05日
    学生たちの夢に向かって走る「受験列車」

    5日、中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗大楊樹鎮にある大楊樹駅で撮影した、山間地帯の受験生を試験会場に運ぶ「受験列車」。整列して乗車し、手を振って見送りに応える。自信にあふれた一人ひとりの笑顔が列車の窓に映る。楽しく談笑する声の中、1本の列車は大興安嶺の広々とした樹海を通り抜け、大学入試に臨む受験生を遠くへと運ぶ。大興安嶺を走る列車では毎年受験シーズンになると、こうした光景が見られる。これは山間地帯の受験生を試験会場に運ぶ「受験列車」で、2003年から15年続けて運行している。山奥の小さな町に住む受験生にとって、この列車はすでに人生の新しいスタートラインに向かう「夢の列車」となっている。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060701000

  • 2018年06月05日
    学生たちの夢に向かって走る「受験列車」

    5日、中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗大楊樹鎮にある大楊樹駅で母親と「受験列車」に乗った大楊樹第二中学の魯貴怡さん(右)。整列して乗車し、手を振って見送りに応える。自信にあふれた一人ひとりの笑顔が列車の窓に映る。楽しく談笑する声の中、1本の列車は大興安嶺の広々とした樹海を通り抜け、大学入試に臨む受験生を遠くへと運ぶ。大興安嶺を走る列車では毎年受験シーズンになると、こうした光景が見られる。これは山間地帯の受験生を試験会場に運ぶ「受験列車」で、2003年から15年続けて運行している。山奥の小さな町に住む受験生にとって、この列車はすでに人生の新しいスタートラインに向かう「夢の列車」となっている。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060600834

  • 2018年06月05日
    学生たちの夢に向かって走る「受験列車」

    5日、中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗大楊樹鎮にある大楊樹駅で撮影した、山間地帯の受験生を試験会場に運ぶ「受験列車」。整列して乗車し、手を振って見送りに応える。自信にあふれた一人ひとりの笑顔が列車の窓に映る。楽しく談笑する声の中、1本の列車は大興安嶺の広々とした樹海を通り抜け、大学入試に臨む受験生を遠くへと運ぶ。大興安嶺を走る列車では毎年受験シーズンになると、こうした光景が見られる。これは山間地帯の受験生を試験会場に運ぶ「受験列車」で、2003年から15年続けて運行している。山奥の小さな町に住む受験生にとって、この列車はすでに人生の新しいスタートラインに向かう「夢の列車」となっている。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060600855

  • 2018年05月26日
    学生たちの夢に向かって走る「受験列車」

    5月26日、中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗大楊樹鎮にある自宅で食事する大楊樹第二中学の魯貴怡さん(左)。整列して乗車し、手を振って見送りに応える。自信にあふれた一人ひとりの笑顔が列車の窓に映る。楽しく談笑する声の中、1本の列車は大興安嶺の広々とした樹海を通り抜け、大学入試に臨む受験生を遠くへと運ぶ。大興安嶺を走る列車では毎年受験シーズンになると、こうした光景が見られる。これは山間地帯の受験生を試験会場に運ぶ「受験列車」で、2003年から15年続けて運行している。山奥の小さな町に住む受験生にとって、この列車はすでに人生の新しいスタートラインに向かう「夢の列車」となっている。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060700996

  • 2018年05月26日
    学生たちの夢に向かって走る「受験列車」

    5月26日、中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗大楊樹鎮にある大楊樹第二中学で「受験列車」の乗車券を受け取る魯貴怡さん(左)。整列して乗車し、手を振って見送りに応える。自信にあふれた一人ひとりの笑顔が列車の窓に映る。楽しく談笑する声の中、1本の列車は大興安嶺の広々とした樹海を通り抜け、大学入試に臨む受験生を遠くへと運ぶ。大興安嶺を走る列車では毎年受験シーズンになると、こうした光景が見られる。これは山間地帯の受験生を試験会場に運ぶ「受験列車」で、2003年から15年続けて運行している。山奥の小さな町に住む受験生にとって、この列車はすでに人生の新しいスタートラインに向かう「夢の列車」となっている。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060700998

  • 2018年05月26日
    学生たちの夢に向かって走る「受験列車」

    5月26日、中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗大楊樹鎮にある大楊樹第二中学で授業を受ける魯貴怡さん。整列して乗車し、手を振って見送りに応える。自信にあふれた一人ひとりの笑顔が列車の窓に映る。楽しく談笑する声の中、1本の列車は大興安嶺の広々とした樹海を通り抜け、大学入試に臨む受験生を遠くへと運ぶ。大興安嶺を走る列車では毎年受験シーズンになると、こうした光景が見られる。これは山間地帯の受験生を試験会場に運ぶ「受験列車」で、2003年から15年続けて運行している。山奥の小さな町に住む受験生にとって、この列車はすでに人生の新しいスタートラインに向かう「夢の列車」となっている。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060700987

  • 1