KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ドローン
  • 小型無人機
  • 中国陝西省
  • コンクリート
  • クレーン船
  • むき出し
  • ムウス砂漠
  • 周辺地域
  • 国家森林
  • 市街区域

「ブロック 空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 社会
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
84
( 1 84 件を表示)
  • 1
84
( 1 84 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:51.75
    2021年02月17日
    空撮と地上撮 土木建築会社の関連会社などを家宅捜索

    大阪府茨木市千提寺の土木建築会社「乾開発工業」の資材置き場で昨年10月、ブロック壁が崩れ、積み上げていた土砂とともに近くにあったプレハブの建物を押しつぶし、中にいた男性1人が死亡、3人がけがをした事故で、府警が17日、宅地造成等規制法違反の疑いで同社と茨木市にある関連会社を家宅捜索したことが捜査関係者への取材で分かった。<映像内容>「乾開発工業」関連会社に家宅捜索に入る大阪府警の捜査員、撮影日:2021(令和3)年2月17日、撮影場所:大阪府茨木市

    撮影: 2021(令和3)年2月17日

  • 2021年01月12日
    (1)湄洲湾跨海大橋建設工事、寒波に負けず順調福建省

    8日、湄洲湾跨海大橋の建設現場で、箱桁架設作業を行う中鉄十一局集団の作業員と千トン級運搬・架設一体機「昆侖号」。(小型無人機から)中国福建省各地ではこのところ、寒波の影響で気温が急激に低下し、海上の風も強まっている。同省福州市とアモイ市を結ぶ福廈高速鉄道の湄洲湾跨海大橋の建設現場では、寒風吹きすさぶ海上の高所で、中鉄十一局集団の作業員が千トン級運搬・架設一体機「昆侖号」を操作し、橋梁の箱桁架設作業を毎日1ブロックずつ順調に進めている。(莆田=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    (1)南京市の旧市街地が歴史地区再生の手本に

    改築され面目を一新した小西湖片区と通りを隔てた老門東。(2020年7月1日、小型無人機から撮影)600年の歴史を持つ中国江蘇省南京市の中華門の城壁を東に進むと、同市の旧市街南部の門東地区にたどり着く。この辺りは市内22カ所ある歴史風貌区の一つ、小西湖片区(エリア)に当たる。同区は孔子を祀る夫子廟(ふうしびょう)と門東歴史街区を結び、門東地区の「中軸線」を形成している。区内には伝統建築や伝統的空間が今も残されている。不規則に曲がりくねった路地が街並みを構成し、両側の風情ある建物をつなぎ合わせ、複雑な隣接部分を持つ江南の民家の中庭を形成している。小西湖片区ではこのところ、歴史地区再生の効果が現れ始めているという。(南京=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    堤体コンクリート打設が天端に到達白鶴灘発電所ダム

    11月26日、堤体コンクリート打設の最初のブロックが天端に到達した白鶴灘水力発電所のダム。(小型無人機から)中国で建設が進む白鶴灘水力発電所ダムでこのほど、堤体コンクリート打設の最初のブロックが天端に到達した。建設中の水力発電プロジェクトとしては世界最大となる同発電所のダムの最大堤高は289メートル、堤頂長は709メートル。堤体コンクリートの総打設量は800万立方メートルで、計31ブロックに分割されている。2017年4月に堤体のコンクリート打設を開始し、今年11月26日に5号と27号の二つのブロックで堤体の天端に到達した。同発電所は、雲南省巧家県と四川省寧南県の県境を流れる金沙江の主流に位置し、発電所全体の設置容量は1600万キロワット、2021年7月に発電機第1陣が正式に稼働・発電の予定。(昆明=新華社配信/謝雷)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    堤体コンクリート打設が天端に到達白鶴灘発電所ダム

    11月26日、堤体コンクリート打設の最初のブロックが天端に到達した白鶴灘水力発電所のダム。(小型無人機から)中国で建設が進む白鶴灘水力発電所ダムでこのほど、堤体コンクリート打設の最初のブロックが天端に到達した。建設中の水力発電プロジェクトとしては世界最大となる同発電所のダムの最大堤高は289メートル、堤頂長は709メートル。堤体コンクリートの総打設量は800万立方メートルで、計31ブロックに分割されている。2017年4月に堤体のコンクリート打設を開始し、今年11月26日に5号と27号の二つのブロックで堤体の天端に到達した。同発電所は、雲南省巧家県と四川省寧南県の県境を流れる金沙江の主流に位置し、発電所全体の設置容量は1600万キロワット、2021年7月に発電機第1陣が正式に稼働・発電の予定。(昆明=新華社配信/謝雷)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    堤体コンクリート打設が天端に到達白鶴灘発電所ダム

    11月26日、上空から見た建設中の白鶴灘水力発電所。(小型無人機から)中国で建設が進む白鶴灘水力発電所ダムでこのほど、堤体コンクリート打設の最初のブロックが天端に到達した。建設中の水力発電プロジェクトとしては世界最大となる同発電所のダムの最大堤高は289メートル、堤頂長は709メートル。堤体コンクリートの総打設量は800万立方メートルで、計31ブロックに分割されている。2017年4月に堤体のコンクリート打設を開始し、今年11月26日に5号と27号の二つのブロックで堤体の天端に到達した。同発電所は、雲南省巧家県と四川省寧南県の県境を流れる金沙江の主流に位置し、発電所全体の設置容量は1600万キロワット、2021年7月に発電機第1陣が正式に稼働・発電の予定。(昆明=新華社配信/謝雷)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    特色ある街づくりで観光業発展を後押し福建省福州市

    21日、梁厝特色歴史文化街区(右)と福州市の文化的ランドマーク、海峡文化芸術センター(左奥)。(小型無人機から)中国福建省福州市城門鎮の梁厝(りょうせき)村にある「梁厝特色歴史文化街区」はここ数年、村の歴史や文化的な魅力を生かして古い建物の修築・保護作業を行い、村の環境の美化と改善に尽力。特色ある街づくりに取り組むことで、農村の観光産業の発展を後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    特色ある街づくりで観光業発展を後押し福建省福州市

    21日、花々が咲き乱れる梁厝特色歴史文化街区を散策する観光客。(小型無人機から)中国福建省福州市城門鎮の梁厝(りょうせき)村にある「梁厝特色歴史文化街区」はここ数年、村の歴史や文化的な魅力を生かして古い建物の修築・保護作業を行い、村の環境の美化と改善に尽力。特色ある街づくりに取り組むことで、農村の観光産業の発展を後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「臥竜書院」。(小型無人機から)中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、長汀県汀州鎮にある汀州古城(長汀古城)の城壁。(小型無人機から)中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「臥竜書院」の一角。(小型無人機から)中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    賑わう海水浴客 海辺でも新型コロナ対策

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、1区画4㍍四方で4人利用までに制限されている静岡県下田市の白浜大浜海水浴場。伊豆白浜観光協会によると同市内では9カ所の海水浴場のうち、6カ所のみの開設。近隣県での開設見送りも影響し、連日約800区画がほぼ埋まる。入り口での検温やリストバンドの配布で来場客を管理している。同海水浴場は今月30日まで=13日午後(共同通信社ヘリから)

    撮影: 13日午後

  • 2020年08月13日
    距離をとる海水浴客ら 海辺でも新型コロナ対策

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、砂浜にくいを打ちロープで約2・5㍍四方に区切って海水浴客同士の距離を空ける対策をとる静岡県沼津市の御浜海水浴場。同市の担当者によると日陰がない区画の客には木陰に向かわせるなど熱中症対策もとっているという。16日までの開設=13日午後(共同通信社ヘリから)

    撮影: 13日午後

  • 2020年08月13日
    区画に収まる海水浴客ら 海辺でも新型コロナ対策

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、砂浜にくいを打ちロープで約2・5㍍四方に区切って海水浴客同士の距離を空ける対策をとる静岡県沼津市の御浜海水浴場。同市の担当者によると日陰がない区画の客には木陰に向かわせるなど熱中症対策もとっているという。16日までの開設=13日午後(共同通信社ヘリから)

    撮影: 13日午後

  • 2020年08月13日
    距離を取る海水浴客ら 海辺でも新型コロナ対策

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、1区画4㍍四方で4人利用までに制限されている静岡県下田市の白浜大浜海水浴場。伊豆白浜観光協会によると同市内では9カ所の海水浴場のうち、6カ所のみの開設。近隣県での開設見送りも影響し、連日約800区画がほぼ埋まる。入り口での検温やリストバンドの配布で来場客を管理している。同海水浴場は今月30日まで=13日午後(共同通信社ヘリから)

    撮影: 13日午後

  • 01:33.09
    2020年08月01日
    空撮 都構想賛否の運動本格化へ 大阪市

    大阪市を廃止して4特別区を設置する「大阪都構想」の制度案(協定書)が固まり、今月下旬に市と大阪府の両議会に議案提出される。大阪維新の会が目指す11月1日の住民投票まで3カ月、賛否両派は活動を本格化させる構えだ。だが新型コロナウイルス感染が再拡大し、どうやって浸透を図るか苦慮しそうだ。  <映像内容>大阪市内の「あべのハルカス」「大阪城」「梅田のビル群」「夢洲」の空撮、撮影日:2020(令和2)年8月1日、撮影場所:大阪府大阪市

    撮影: 2020(令和2)年8月1日

  • 2020年06月10日
    京唐都市間鉄道、潮白新河特大橋の架設が完了

    10日、京唐都市間鉄道・潮白新河特大橋の建設現場。(小型無人機から)中国の京津冀(北京市、天津市、河北省)交通一体化の重要構成要素とされる京唐都市間鉄道の建設工事で10日、重点プロジェクトとされる潮白新河特大橋の架設作業が完了した。同橋は中国鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄二十四局集団が建設を請け負い、事前に製作した橋桁を現場で張り出してつなぎ合わせるプレキャスト・ブロック工法を採用している。同工法は、施工効率が高いため工期が短く、安全リスクと環境への影響も少ないという利点がある。同鉄道は北京市通州区の北京城市副中心駅を起点とし、天津市宝坻(ほうてい)区を経て河北省唐山市の唐山駅へ達する。総延長は148・74キロで、八つの駅が設置される。設計最高時速は350キロ。2022年末には開通条件が整う見通しで、開通後は京浜都市間鉄道(北京城市副中心-天津浜海)と相乗効果を発揮し、北京-天津間で京津都市間鉄道(北京-天津)、京滬高速鉄道(北京-上海)に次ぐ3本目の高速鉄道となる。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月10日
    京唐都市間鉄道、潮白新河特大橋の架設が完了

    10日、京唐都市間鉄道・潮白新河特大橋の建設現場。(小型無人機から)中国の京津冀(北京市、天津市、河北省)交通一体化の重要構成要素とされる京唐都市間鉄道の建設工事で10日、重点プロジェクトとされる潮白新河特大橋の架設作業が完了した。同橋は中国鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄二十四局集団が建設を請け負い、事前に製作した橋桁を現場で張り出してつなぎ合わせるプレキャスト・ブロック工法を採用している。同工法は、施工効率が高いため工期が短く、安全リスクと環境への影響も少ないという利点がある。同鉄道は北京市通州区の北京城市副中心駅を起点とし、天津市宝坻(ほうてい)区を経て河北省唐山市の唐山駅へ達する。総延長は148・74キロで、八つの駅が設置される。設計最高時速は350キロ。2022年末には開通条件が整う見通しで、開通後は京浜都市間鉄道(北京城市副中心-天津浜海)と相乗効果を発揮し、北京-天津間で京津都市間鉄道(北京-天津)、京滬高速鉄道(北京-上海)に次ぐ3本目の高速鉄道となる。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月25日
    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市

    25日、楡林市ハイテク産業開発区のグリーンベルト。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月25日
    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市

    25日、楡林市ハイテク産業開発区の陽光広場。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月25日
    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市

    25日、楡林市ハイテク産業開発区のグリーンベルト。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月24日
    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市

    24日、楡林市の河浜公園。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月24日
    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市

    24日、楡林市の楡渓河生態回廊。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月24日
    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市

    24日、楡林市迎賓大道のグリーンベルト。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月24日
    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市

    24日、楡林市の緑地帯でウェディングフォトを撮影するカップル。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月24日
    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市

    24日、楡林市のグリーンベルトで思い思いに楽しむ市民たち。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月24日
    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市

    24日、緑豊かな木々に囲まれた陝西省楡林市鎮北台。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月24日
    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市

    24日、楡林市の楡渓河生態回廊を散策する市民。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月02日
    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市

    楡林市ハイテク産業開発区の沙河広場。(5月2日撮影、小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社配信/劉継遠)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.14
    2020年03月31日
    空撮 羽田空港に駐機の列 新型コロナの影響で大量欠航、出番なし

    新型コロナウイルスの感染拡大による空の便の大量欠航を反映し、羽田空港では、出番がない多くの旅客機が駐機場に止まったままになっている。31日午後、上空からは空港の複数の場所で、日航や全日空の旅客機が10機程度の固まりになっている様子が確認できた。<映像内容>羽田空港に駐機された旅客機の空撮、撮影日:2020(令和2)年3月31日、撮影場所:東京都大田区の羽田空港

    撮影: 2020(令和2)年3月31日

  • 01:31.17
    2020年03月12日
    「新華社」交通の改善で「第二の飛躍」を遂げる四川省のチベット族居住地域

    四川省のチベット族居住地域は、四川盆地から青海チベット高原にかけて標高が高くなる移行地帯に位置し、この地域の人々の生産生活や運命は、常に交通と密接な関係にある。データによると09年以来、中央政府と省政府が四川省のチベット族居住地域に割り当てた交通建設補助金は1300億元(1元=約15円)を超え、敷設または補修された道路は累計約4万7千キロに達した。19年末までに、同地域ではすべての郷鎮のセメント道路と、すべての建制村(行政区画としての村)の舗装道路が完成した。四川省は2月18日、カンゼ・チベット族自治州とアバ・チベット族チャン族自治州にある、合計16のチベット族居住地域の県が貧困県リストから外れたことを発表した。これにより、すでにリストを抜けた16県と合わせ、同省のチベット族居住地域の全域で、貧困脱却が実現した。巨大な変化を前に、地元の幹部や一般の人々からも、交通の大発展が全国で2番目に人口が多いチベット族居住地域に「第二の飛躍」をもたらしたと感嘆の声が続々と上がっている。(記者/尹恒)<映像内容>四川省のチベット族居住地域の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:03.76
    2019年12月11日
    空撮 JR大阪駅西側に新駅ビル 旧中央郵便局跡地も再開発

    JR西日本は11日、大阪駅西側に新駅ビルを建てると発表した。また日本郵便やJTBなどと共同で旧大阪中央郵便局跡地の再開発で建設する大型複合ビルの詳細計画も公表した。これまで手薄だった駅西側の開発を強化する。JR貨物の梅田駅跡地に再開発中の「うめきた」2期区域にも近く、梅田地区の新たなにぎわい拠点になりそうだ。<映像内容>再開発の計画が進むJR大阪駅(大阪市北区)の西側地区の空撮。線路の北側が新駅ビルの計画のある区画、線路の南側の旧大阪中央郵便局跡地が大型複合ビルが整備される区画、撮影日:2019(令和元)年12月11日、撮影場所:大阪府大阪市北区 JR大阪駅周辺

    撮影: 2019(令和元)年12月11日

  • 02:39.48
    2019年10月30日
    「新華社」地球上にある火星のような場所四川省稲城県

    中国四川省カンゼ・チベット族自治州稲城(とうじょう)県には、広大な荒野に原始的な石の塊が点在する火星の表面のような場所がある。ここでは現在、高海抜宇宙線観測ステーションの建設が進んでいる。同ステーションは、宇宙線の起源を探るもので、高エネルギー放射や天体の変化、暗黒物質の分布など関連分野の基礎科学研究の実施を最終的な目標としている。(記者/楊進)<映像内容>高海抜宇宙線観測ステーションの建設が進む四川省稲城県の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:32.07
    2019年10月23日
    「新華社」雲海に浮かぶ都市運城市で移流霧山西省

    山西省運城市でこのほど、雨の後に街が移流霧に包まれる珍しい光景が見られた。朝日の中を飛ぶ小型無人機(ドローン)から眺めた街並みは、まるで仙境のように雲海に見え隠れしている。ひと塊の霧が高層ビルの間をかすめる様子は幻想的でとても美しい。(記者/徐偉)<映像内容>移流霧に包まれた山西省運城市の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:51.30
    2019年04月29日
    「新華社」高速鉄道「商合杭」線、蕪湖長江大橋の連結工事が完了

    中国で建設中の高速鉄道路線、商合杭線(河南省商丘~安徽省合肥~浙江省杭州)の蕪湖(ぶこ)長江大橋(安徽省蕪湖市)で26日、最後の鋼桁ブロックの吊り上げ作業が行われ、橋の連結が完了した。京福鉄路客運専線安徽公司が建設し、中鉄大橋局が工事を請け負う同橋は、旅客鉄道と市域軌道交通、都市幹線道路が共用する鉄道道路併用橋で、商合杭線建設の要となる工事とされている。同橋では主塔橋脚部を除き、橋げたを両岸から伸ばす片持架設工法が採用されている。主橋の橋げたは陸揚げせず、鉄道橋部分と道路橋部分の上下2段をそれぞれ吊り上げ据え付ける。鉄道橋部分の吊り上げ荷重は800トン近く、道路橋部分は340トンになる。同線は、中国全土を南北8本・東西8本で結ぶ高速鉄道網計画「八縦八横」と京港(北京~香港)高速鉄道の重要な構成部分であり、完成後は河南省から安徽省を経て浙江省に至る交通網の「シームレスな接続」が実現する。また、長江デルタ地区の都市間鉄道網とも相互接続され、中国の中部と東部の経済の結びつきを強める重要な役割を果たす。(記者/王斯班、李勁峰)<映像内容>建設中の高速鉄道路線の様子と完成イメージ映像、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月26日
    高速鉄道「商合杭」線、蕪湖長江大橋の接合工事が完了

    26日、すべての鋼桁ブロックが接合された商合杭線の蕪湖長江大橋。(小型無人機から)中国で建設中の高速鉄道路線、商合杭線(河南省商丘−安徽省合肥−浙江省杭州)の工事の要となる蕪湖(ぶこ)長江大橋(安徽省蕪湖市)で26日、最後の鋼桁ブロックの吊り上げ作業が行われ、橋の接合が完了した。(蕪湖=新華社記者/張端)=2019(平成31)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月26日
    高速鉄道「商合杭」線、蕪湖長江大橋の接合工事が完了

    26日、すべての鋼桁ブロックが接合された商合杭線の蕪湖長江大橋。(小型無人機から)中国で建設中の高速鉄道路線、商合杭線(河南省商丘−安徽省合肥−浙江省杭州)の工事の要となる蕪湖(ぶこ)長江大橋(安徽省蕪湖市)で26日、最後の鋼桁ブロックの吊り上げ作業が行われ、橋の接合が完了した。(蕪湖=新華社記者/劉軍喜)=2019(平成31)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月26日
    高速鉄道「商合杭」線、蕪湖長江大橋の接合工事が完了

    26日、すべての鋼桁ブロックが接合された商合杭線の蕪湖長江大橋。(小型無人機から)中国で建設中の高速鉄道路線、商合杭線(河南省商丘−安徽省合肥−浙江省杭州)の工事の要となる蕪湖(ぶこ)長江大橋(安徽省蕪湖市)で26日、最後の鋼桁ブロックの吊り上げ作業が行われ、橋の接合が完了した。(蕪湖=新華社記者/劉軍喜)=2019(平成31)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:36.29
    2019年03月25日
    空撮と地上撮 辺野古、新区域に土砂投入 始まった土砂投入作業

    政府は25日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古の沿岸部で、新たな区域への土砂投入を開始した。今後、埋め立て用土砂を搬出するための態勢を増強するなど、移設作業を加速させる。県側は、2月24日の県民投票で7割超が埋め立てに反対の民意を示した結果を無視する形で工事が次の段階に進んだことに反発を強めた。防衛省沖縄防衛局は25日午前、県に通知した上で、午後3時ごろから土砂投入を始めた。周辺海上には移設に反対する市民らのカヌーや小型船が集まり、抗議活動を展開した。<映像内容>開始された土砂投入作業の様子、新区画近くの浜辺で抗議集会、抗議するカヌー隊、反対派の抗議の中で土砂を積んだダンプと空のダンプが行き交う様子など、撮影日:2019(平成31)年3月25日、撮影場所:沖縄県名護市辺野古

    撮影: 2019(平成31)年3月25日

  • 2019年02月25日
    護岸工事続く辺野古沿岸部 沖縄県名護市の辺野古沿岸

    埋め立て反対が7割を超えた県民投票から一夜明けた沖縄県名護市の辺野古沿岸部。護岸工事が続き、次々とブロックが積まれていた=25日午前(小型無人機から)

    撮影: 25日午前

  • 2019年02月13日
    西安の街にきらびやかなイルミネーションが登場

    13日、空から見た「西安創業珈琲街区」の夜景。(小型無人機から)中国陝西省西安市の高新技術産業開発区にある「西安創業珈琲街区」(Xi'anHi-techChuangyeCoffeeBlock)はここ数日、夜になるとハイテクでおしゃれな雰囲気を醸し出す華やかな夜景に包まれ、訪れる人々を魅了してやまない。(西安=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月13日
    ナイトエコノミーで都市の活力アップ陝西省西安市

    西安創業珈琲街区の夜景。(2月13日撮影、小型無人機から)中国陝西省西安市はここ数年、豊富な文化観光資源を活用し、大唐不夜城や明城壁南門歴史文化景勝地、西安蓮湖歴史文化街区などのナイトエコノミー区域の整備を進めている。ビジネス環境の向上や治安管理の強化などを通じてナイトエコノミーを発展させることで、都市の活力を高めている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月13日
    西安の街にきらびやかなイルミネーションが登場

    13日、空から見た「西安創業珈琲街区」の「光る床ブロック」。(小型無人機から)中国陝西省西安市の高新技術産業開発区にある「西安創業珈琲街区」(Xi'anHi-techChuangyeCoffeeBlock)はここ数日、夜になるとハイテクでおしゃれな雰囲気を醸し出す華やかな夜景に包まれ、訪れる人々を魅了してやまない。(西安=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月13日
    西安の街にきらびやかなイルミネーションが登場

    13日、空から見た「西安創業珈琲街区」の夜景。(小型無人機から)中国陝西省西安市の高新技術産業開発区にある「西安創業珈琲街区」(Xi'anHi-techChuangyeCoffeeBlock)はここ数日、夜になるとハイテクでおしゃれな雰囲気を醸し出す華やかな夜景に包まれ、訪れる人々を魅了してやまない。(西安=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月13日
    西安の街にきらびやかなイルミネーションが登場

    13日、「西安創業珈琲街区」を散策する観光客。(小型無人機から)中国陝西省西安市の高新技術産業開発区にある「西安創業珈琲街区」(Xi'anHi-techChuangyeCoffeeBlock)はここ数日、夜になるとハイテクでおしゃれな雰囲気を醸し出す華やかな夜景に包まれ、訪れる人々を魅了してやまない。(西安=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.15
    2018年12月12日
    「新華社」世界最大スパンの鉄道アーチ橋、接合に成功雲南省

    中国雲南省の大理と瑞麗を結ぶ鉄道の全線の中でも最も重要で難度の高い工事部分である怒江四線特大橋の鋼トラス・アーチが10日午前、無事接合された。これにより、「一帯一路」構想における中国・ミャンマー国際鉄道幹線建設は、大きな進展を見せた。大橋のメインスパンは、単体で490メートルに達する鋼トラス・アーチ、鉄道アーチ橋としては現在世界最大級となる。大瑞鉄道怒江特大橋は雲南省保山市施甸(しでん)県と竜陵県の境界部分にあり、全長1024・2メートル、橋面の幅は24・9メートル。4線の複々線駅鉄道橋として設計され、列車4本が同時に停車できる。橋全体で4万6千トンの鋼材が使用され、メインスパンは922本の単体で100トン近い規格の異なる鋼桁部材を、ブロックを組み立てるように、80万本のボルトを使用して川面から高さ230メートルの空中で組み合わせるという、技術的にも危険度的にも、国内ではまれに見る難工事だった。全長330キロの大瑞鉄道は、中国の「中長期鉄道網計画」線路網配置整備の重要プロジェクト。開通すると、大理・瑞麗間の所要時間が現在の道路輸送の6時間から2時間余りに短縮され、雲南省西部少数民族地区は列車未開通の歴史に終止符を打つことになる。(記者/王安浩維)<映像内容>鉄道アーチ橋の建設現場、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月15日
    建設地の住民2万人移転北京大興空港

    15日、北京大興国際空港建設地立ち退き者の移住新居が最も密集する楡垡ブロックの様子。(小型無人機から)中国北京大興国際空港の建設に伴う住民の立ち退きが15日、正式にスタートした。北京市大興区楡垡(ゆはつ)鎮と礼賢鎮の13の村の住民2万人余りが新居に移る。(北京=新華社記者/羅暁光)=2018(平成30)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月09日
    「ナイトタイムエコノミー」が西安観光の新たなハイライトに

    9日、西安市の「大唐不夜城」に沿ってライトアップされた建物群。(小型無人機で撮影)中国陝西省西安市は今年に入り、「ナイトタイムエコノミー」の発展を突破口とする、都市観光産業連鎖の拡張を進めている。ナイト観光、文化レジャー、ステージ体験、特色ある飲食店、ショッピングエンターテインメントの5大ナイトタイム経済産業の育成に重点的に取り組む。また、特色あるナイトタイム街区を整備して、ナイトシーンを華やかにし、レベルアップするプロジェクトを実施する。そこではさらに多くのテーマのナイト文化ステージ活動を展開し、商店の営業時間延長を支援するなどの施策を通じ、より多くの観光客や市民のニーズを満たし、「西安の夜を楽しむ」ことが古都観光の新たなハイライトになりつつある。(西安=新華社記者/邵瑞)=2018(平成30)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年04月02日
    空から見る広西の「つづら折りの道」

    2日、広西チワン族自治区大化ヤオ族自治県六也郷の「つづら折りの道」(ドローン空撮写真)。かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土,雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画、日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年03月30日
    空から見る広西の「つづら折りの道」

    3月30日、広西チワン族自治区凌雲県の弄福道路。(ドローン空撮写真)。かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土,雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画、日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年03月18日
    空から見る広西の「つづら折りの道」

    3月18日、広西チワン族自治区那坡県百省郷の那孟村各酬屯にある「1里10カーブ」。(ドローン空撮写真)かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土,雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年03月18日
    空から見る広西の「つづら折りの道」

    3月18日、広西チワン族自治区那坡県の百省郷那孟村にある「つづら折りの道」の一区間。(ドローン空撮写真)かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土、雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画、日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年03月14日
    空から見る広西の「つづら折りの道」

    3月14日、広西チワン族自治区那坡県の百南郷上保屯にある「つづら折りの道」(ドローン空撮写真)。かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土,雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画、日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年07月24日
    辺野古護岸と消波ブロック 辺野古、沖縄県が再提訴

    米軍普天間飛行場の移設に向けた工事が進む辺野古沿岸部で、砂浜から海に延びる砕石を積み上げた護岸。消波ブロックも設置されていた=24日午後、沖縄県名護市(小型無人機から)

    撮影: 24日午後、沖縄県名護市

  • 2017年07月24日
    護岸と消波ブロック 輝く海に突き出す護岸

    米軍普天間飛行場の移設に向けた工事が進む辺野古沿岸部で、砂浜から海に突き出す砕石を積み上げた護岸。消波ブロックも設置されていた=24日、沖縄県名護市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 24日、沖縄県名護市

  • 03:43.49
    2017年05月01日
    沖縄県 米軍基地 辺野古 砕石 普天間 抗議 空撮 大量の砕石、投入へ用意 辺野古埋め立て1週間

    政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部で埋め立てに着工して2日で1週間。護岸の付け根に当たる砂浜上で作業が進み、近くでは500個以上の砕石入り袋や約60個の消波ブロックが投入に向け用意されている様子が確認できた。近くの米軍キャンプ・シュワブ内では、大量の砕石入り袋が整然と並べられていた。生コンクリートと型枠で消波ブロックを製造する施設も見え、傍らに完成したブロックが置かれていた。〈映像内容〉辺野古沿岸部埋め立て現場付近の空撮。並んだ砕石入り袋や、消波ブロックを製造する型枠など。

  • 2017年02月07日
    つり上げられるブロック 沖縄知事、工事中止要求

    海底に設置するためクレーン船でつり上げられる大型コンクリート製ブロック=7日、沖縄県名護市辺野古沿岸部(共同通信社ヘリから)

    撮影: 7日、沖縄県名護市辺野古沿岸部

  • 2017年02月07日
    投下される大型ブロック 沖縄知事、工事中止要求

    沖縄県名護市辺野古沿岸部で、クレーン船から海中に沈められる大型コンクリート製ブロック=7日午後(共同通信社機から)

    撮影: 7日午後

  • 2017年02月07日
    海中に沈められるブロック 沖縄知事、工事中止要求

    沖縄県名護市辺野古沿岸部で、クレーン船から海中に沈められる大型コンクリート製ブロック=7日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 7日

  • 2017年02月07日
    抗議のカヌーとクレーン船 辺野古、ブロック投下

    工事に抗議するカヌー(下)を前に、大型コンクリート製ブロックの海底設置作業をするクレーン船=7日午前10時35分、沖縄県名護市辺野古沿岸部(共同通信社機から)

  • 03:37.48
    2017年02月07日
    空撮と地上撮 辺野古 埋め立てに向け工事本格化 沖縄反発で対立深まる

    政府は7日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先とする名護市辺野古の沿岸部で、埋め立てに向けて汚れの拡散を防ぐ膜を海中に張る際の重りにする大型コンクリート製ブロックを海底に設置する作業を始めた。埋め立て区域に停泊させたクレーン船から海中に沈めた。〈映像内容〉地上から撮影した工事の様子、クレーン船など工事現場の空撮映像、撮影日:2017(平成29)年2月7日、撮影場所:沖縄県 辺野古

    撮影: 2017(平成29)年2月7日

  • 2017年02月06日
    海中に設置されるブロック 沖縄県、工事中止を要請

    沖縄県名護市辺野古沿岸部の海中に設置するためクレーン船に移された大型コンクリート製ブロック(中央)=6日午後(共同通信社ヘリから)

  • 2017年02月06日
    クレーン船上のブロック 沖縄県、工事中止を要請

    米軍普天間飛行場の移設に向けた海上の本体工事が沖縄県名護市辺野古沿岸部で始まり、海中に設置するためクレーン船に移された大型コンクリート製ブロック(中央)=6日午後(共同通信社ヘリから)

  • 2017年02月06日
    ブロック積んだクレーン船 沖縄県、工事中止を要請

    米軍普天間飛行場の移設に向けた海上の本体工事が始まり、沖縄県名護市辺野古沿岸部では海中に設置する大型コンクリート製ブロックを台船(手前)からクレーン船に移す作業が行われた。奥は米軍キャンプ・シュワブ=6日午後(小型無人機から)

  • 2017年02月06日
    台船とクレーン船 辺野古海上工事に着手

    沖縄県名護市辺野古の沿岸部で海上の本体工事の準備作業を始めたクレーン船(下)とコンクリート製ブロックを積んだ台船=6日午前9時57分(共同通信社ヘリから)

  • 2017年02月06日
    クレーン船と台船 辺野古海上工事に着手

    大型コンクリート製ブロックの海底投入に向けた作業が始まった沖縄県名護市辺野古沿岸部。奥は米軍キャンプ・シュワブ=6日午前9時51分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 6日午前9時51分

  • 2017年02月06日
    作業始まった沿岸部 辺野古海上工事に着手

    大型コンクリート製ブロックの海底投入に向けた作業が始まった沖縄県名護市辺野古沿岸部。奥は米軍キャンプ・シュワブ=6日午前9時56分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 6日午前9時56分

  • 03:32.11
    2017年02月06日
    空撮と地上撮 辺野古海上工事に着手 市民ら抗議

    政府は6日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先とする名護市辺野古沿岸部で海上の本体工事に着手した。防衛省沖縄防衛局は6日午前、海中に張る汚濁防止膜の重りとなる1個十数トンの大型コンクリート製ブロックを、台船からクレーン船に移す作業を開始。埋め立て予定地に隣接する米軍キャンプ・シュワブのゲート前では、日の出前から市民らが続々と集まり、約100人が「辺野古新基地NO」と書いたプラカードなどを掲げて抗議した。〈映像内容〉抗議の雑観、海上の工事の様子、稲嶺進名護市長のぶら下がりなど、空撮海上工事の現場映像、撮影日:2017(平成29)年2月6日、撮影場所:沖縄県辺野古

    撮影: 2017(平成29)年2月6日

  • 2016年03月02日
    宮城県石巻市・新蛇田地区 幾何学模様の新市街地

    区画整理が進み、一戸建てや集合型の災害公営住宅が整然と並ぶ宮城県石巻市の新蛇田地区=2日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 2日

  • 2016年03月02日
    宮城県石巻市の新蛇田地区 幾何学模様の新市街地

    区画整理が進み、一戸建てや集合型の災害公営住宅が整然と並ぶ宮城県石巻市の新蛇田地区=2日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 2日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年05月21日
    スカイツリーと広がる街区 スカイツリーきょう開業

    「東京スカイツリー」と足元に広がる街区「東京スカイツリータウン」=21日午後、東京都墨田区で共同通信社ヘリから

    撮影: 21日午後、東京都墨田区で共同通信社ヘリから

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年05月21日
    「東京スカイツリー」 スカイツリーきょう開業

    世界一高い電波塔「東京スカイツリー」と足元に広がる街区「東京スカイツリータウン」。左奥には隅田川が流れる=21日午後、東京都墨田区で共同通信社ヘリから

    撮影: 21日午後、東京都墨田区で共同通信社ヘリから

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2009年04月13日
    塀を破ったバス 幼稚園バス、壁突き破る

    ブロック塀を突き破り乗用車に乗り上げた幼稚園の送迎バス=13日午後、東京都大田区で共同通信社ヘリから

    撮影: 13日午後、東京都大田区で共同通信社ヘリから

  • 2007年03月08日

    「カラー」◎東京中央卸売市場の移転予定地、東京都江東区・豊洲地区(豊洲6丁目付近)、空撮、2007年2月6日撮影(移転予定地は豊洲6丁目5・7街区および6街区の一部)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2004年07月05日
    現場の航空写真 呉の造船所で鋼材倒れる

    建造中のコンテナ船から倒れた「外板ブロック」(矢印)=5日午後、広島県呉市の「アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド」呉工場で共同通信社ヘリから

  • 2000年05月01日
    設置される護岸ブロック 埋め立て海域にブロック

    関西空港の2期工事で埋め立て海域に設置される大型護岸ブロック=1日午前8時7分、関西空港沖で共同通信社ヘリから

    撮影: 1日午前8時7分、関西空港沖で共同通信社ヘリから

  • 1997年07月30日
    多々羅大橋で橋げた架設 広島、愛媛を連結へ

    橋げたの最終ブロックを架設する工事が始まった多々羅大橋。後方は愛媛県・大三島=30日午前8時、広島県・生口島で共同通信社ヘリから

    撮影: 30日午前8時、広島県・生口島で共同通信社ヘリから

  • 1996年07月12日
    仮設住宅群 「なぜ手差し伸べられぬ」

    )の(イ)、政治463S、17日付朝刊以降使用  神戸の人工島・ポートアイランドに広がる仮設住宅群=10日、神戸市中央区で共同通信社ヘリから

  • 1996年02月04日
    神戸港の巨大ブロック 大ブロック、海上を神戸へ

    神戸港に到着し係留される、「神戸港港島トンネル」の海底部分の一部になる巨大ブロック=4日午後、共同通信社ヘリから(神戸市沖の人工島ポートアイランドと市街地とを結ぶ海底トンネル。)

    撮影: 4日午後、共同通信社ヘリから

  • 1995年06月06日
    運ばれる大ブロック 橋げた取り付け工事始まる

    クレーン船で橋脚まで運ばれる橋げたの大ブロック=6日午前9時15分、神戸市垂水区で共同通信社ヘリから(カラーネガ)(神戸市と淡路島を結ぶ世界最大のつり橋、明石海峡大橋)(全長三千九百十メートル)

    撮影: 6日午前9時15分、神戸市垂水区で共同通信社ヘリから

  • 1995年06月06日
    運ばれる大ブロック 橋げた取り付け工事始まる

    クレーン船で橋脚まで運ばれる橋げたの大ブロック=6日午前9時15分、神戸市垂水区で共同通信社ヘリから(カラーネガ)

    撮影: 6日午前9時15分、神戸市垂水区で共同通信社ヘリから

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:39.37
    1995年02月17日
    空撮 阪神淡路大震災3 (4/4)

    阪神淡路大震災の被害状況。〈映像内容〉ブルーシートがかかっている家屋やビルが点在する神戸市街地の空撮、地震によりほとんどの窓ガラスが割れているビル、地震後の火災によりほぼ焼失された区画、走っている電車、撮影日:1995(平成7)年2月17日、撮影場所:兵庫県神戸市

    撮影: 1995(平成7)年2月17日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:48.75
    1995年01月31日
    空撮 阪神淡路大震災2 (2/9)

    阪神淡路大震災の被害状況。〈映像内容〉地震後の火災により全焼した区画の様子、倒壊したビル、あちこちで煙が上がる神戸市街地、撮影日:撮影日不明、撮影場所:兵庫県神戸市

    撮影: 撮影日不明

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1974年04月27日
    最高裁新庁舎が完成

    完成した最高裁判所新庁舎。御影石をふんだんに使った中世の“石の城”を思わせる新庁舎は、建築家岡田新一氏の設計によるもの。敷地約3万7千平方メートル、建物延べ面積4万7千平方メートルで、法廷棟、裁判官棟、図書館棟、事務棟の4ブロックに分かれている=1974(昭和49)年4月27日、東京・隼町で共同通信社ヘリから(49年内地 2613)

    撮影: 1974

  • 1