KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 歴史的建物
  • 建物外観
  • 被爆建物
  • 風景メイン
  • テーマメイン
  • 高層ビル
  • ライトアップ
  • 都市風景
  • 大阪府大阪市
  • 東京都中央

「建物」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 社会
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
28,579
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
28,579
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月29日
    (4)孔子の故郷、曲阜の孔子博物館を訪ねて山東省

    26日、孔子博物館で展示されている獣面竜文三足鼎(じゅうめんりゅうもんさんそくてい、複製)。中国山東省済寧市曲阜市にある孔子博物館は、孔子を記念し、その思想を集中的に展示することで儒教文化を代表とする中国の伝統文化を広く伝えるために建設された。敷地面積は16・8万キロメートルで、建物総面積は5・5万キロメートル。曲阜にある孔子にまつわる文化遺産「三孔」(孔廟、孔府、孔林)の延長として位置づけられる施設で、各種文化財70万点を所蔵する。(曲阜=新華社記者/馬悦)= 配信日: 2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月29日
    (3)孔子の故郷、曲阜の孔子博物館を訪ねて山東省

    26日、孔子博物館を訪れた観光客。中国山東省済寧市曲阜市にある孔子博物館は、孔子を記念し、その思想を集中的に展示することで儒教文化を代表とする中国の伝統文化を広く伝えるために建設された。敷地面積は16・8万キロメートルで、建物総面積は5・5万キロメートル。曲阜にある孔子にまつわる文化遺産「三孔」(孔廟、孔府、孔林)の延長として位置づけられる施設で、各種文化財70万点を所蔵する。(曲阜=新華社記者/張明然)= 配信日: 2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月29日
    (10)孔子の故郷、曲阜の孔子博物館を訪ねて山東省

    26日、孔子博物館で展示されている石青紬綉雲蝠金竜裳(せきせいちゅうしゅううんふくきんりゅうしょう)。中国山東省済寧市曲阜市にある孔子博物館は、孔子を記念し、その思想を集中的に展示することで儒教文化を代表とする中国の伝統文化を広く伝えるために建設された。敷地面積は16・8万キロメートルで、建物総面積は5・5万キロメートル。曲阜にある孔子にまつわる文化遺産「三孔」(孔廟、孔府、孔林)の延長として位置づけられる施設で、各種文化財70万点を所蔵する。(曲阜=新華社記者/張明然)= 配信日: 2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月29日
    (9)孔子の故郷、曲阜の孔子博物館を訪ねて山東省

    26日、孔子博物館で展示されている雷文銅尊(りゅうもんどうそん)。中国山東省済寧市曲阜市にある孔子博物館は、孔子を記念し、その思想を集中的に展示することで儒教文化を代表とする中国の伝統文化を広く伝えるために建設された。敷地面積は16・8万キロメートルで、建物総面積は5・5万キロメートル。曲阜にある孔子にまつわる文化遺産「三孔」(孔廟、孔府、孔林)の延長として位置づけられる施設で、各種文化財70万点を所蔵する。(曲阜=新華社記者/馬悦)= 配信日: 2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月29日
    (11)孔子の故郷、曲阜の孔子博物館を訪ねて山東省

    26日、孔子博物館で展示されている青玉鏟(せいぎょくさん)。中国山東省済寧市曲阜市にある孔子博物館は、孔子を記念し、その思想を集中的に展示することで儒教文化を代表とする中国の伝統文化を広く伝えるために建設された。敷地面積は16・8万キロメートルで、建物総面積は5・5万キロメートル。曲阜にある孔子にまつわる文化遺産「三孔」(孔廟、孔府、孔林)の延長として位置づけられる施設で、各種文化財70万点を所蔵する。(曲阜=新華社記者/張明然)= 配信日: 2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月29日
    (6)孔子の故郷、曲阜の孔子博物館を訪ねて山東省

    26日、孔子博物館で展示されている灰陶盉(かいとうか)。中国山東省済寧市曲阜市にある孔子博物館は、孔子を記念し、その思想を集中的に展示することで儒教文化を代表とする中国の伝統文化を広く伝えるために建設された。敷地面積は16・8万キロメートルで、建物総面積は5・5万キロメートル。曲阜にある孔子にまつわる文化遺産「三孔」(孔廟、孔府、孔林)の延長として位置づけられる施設で、各種文化財70万点を所蔵する。(曲阜=新華社記者/馬悦)= 配信日: 2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月29日
    (2)孔子の故郷、曲阜の孔子博物館を訪ねて山東省

    26日、孔子博物館の前に立つ孔子像。中国山東省済寧市曲阜市にある孔子博物館は、孔子を記念し、その思想を集中的に展示することで儒教文化を代表とする中国の伝統文化を広く伝えるために建設された。敷地面積は16・8万キロメートルで、建物総面積は5・5万キロメートル。曲阜にある孔子にまつわる文化遺産「三孔」(孔廟、孔府、孔林)の延長として位置づけられる施設で、各種文化財70万点を所蔵する。(曲阜=新華社記者/馬悦)= 配信日: 2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月29日
    (7)孔子の故郷、曲阜の孔子博物館を訪ねて山東省

    26日、孔子博物館の一角。中国山東省済寧市曲阜市にある孔子博物館は、孔子を記念し、その思想を集中的に展示することで儒教文化を代表とする中国の伝統文化を広く伝えるために建設された。敷地面積は16・8万キロメートルで、建物総面積は5・5万キロメートル。曲阜にある孔子にまつわる文化遺産「三孔」(孔廟、孔府、孔林)の延長として位置づけられる施設で、各種文化財70万点を所蔵する。(曲阜=新華社記者/張明然)= 配信日: 2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月29日
    (1)孔子の故郷、曲阜の孔子博物館を訪ねて山東省

    26日、孔子博物館の外観。中国山東省済寧市曲阜市にある孔子博物館は、孔子を記念し、その思想を集中的に展示することで儒教文化を代表とする中国の伝統文化を広く伝えるために建設された。敷地面積は16・8万キロメートルで、建物総面積は5・5万キロメートル。曲阜にある孔子にまつわる文化遺産「三孔」(孔廟、孔府、孔林)の延長として位置づけられる施設で、各種文化財70万点を所蔵する。(曲阜=新華社記者/張明然)= 配信日: 2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月28日
    (6)ジンバブエ初の中医鍼灸センターで人々の痛みを取り除く医師

    15日、パリレニャトワ病院の中国医学鍼灸センターで孫爽さんが使用している鍼灸治療器具。ジンバブエの首都ハラレ最大の公立病院、パリレニャトワ病院の敷地内に一棟の小さな建物があり、ここには同国初の中国医学鍼灸(しんきゅう)センターが置かれている。第18回中国(湖南)ジンバブエ支援医療チームで唯一の中国医学医師だった孫爽(そん・そう)さんは、同センター責任者という重責を引き受け、優れた医術で何百人もの患者の痛みを取り除いてきた。孫さんは中医薬をジンバブエに根付かせ、より多くの中国医学人材を育成するというさらなる目標を抱いている。(ハラレ=新華社記者/張玉亮)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月28日
    (6)ラサ駅車両整備基地の改修、完了間近チベット自治区

    24日、砂利を敷き詰める建設作業員。中国チベット自治区のラサ駅車両整備基地の改修は、ラサとニンティ(林芝)を結ぶラサ・ニンティ鉄道の全線開通に向けた重要部分で、中鉄二十一局集団第四工程が工事を請け負っている。この工事では、客車整備線10本、留置線4本、臨時修理線1本を改修し、整備車庫とパンタグラフ検測装置を増設したほか、軌道システムに電化区間と非電化区間の組み合わせを採用。基地には新たに分岐器(ポイント)10組、軌道区間13カ所、信号機15基、機関車試験ループ区間4カ所を設置し、また車両整備庫や動力集中方式列車の動車組(動力分散式列車)用臨時修理庫、その他建設作業に必要な付属建物計3万平方メートル余りが新設される。完成は5月中旬の予定。(ラサ=新華社記者/劉洪明)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月28日
    (4)ラサ駅車両整備基地の改修、完了間近チベット自治区

    24日、小型の締め固め機でレールを締め固める作業員。中国チベット自治区のラサ駅車両整備基地の改修は、ラサとニンティ(林芝)を結ぶラサ・ニンティ鉄道の全線開通に向けた重要部分で、中鉄二十一局集団第四工程が工事を請け負っている。この工事では、客車整備線10本、留置線4本、臨時修理線1本を改修し、整備車庫とパンタグラフ検測装置を増設したほか、軌道システムに電化区間と非電化区間の組み合わせを採用。基地には新たに分岐器(ポイント)10組、軌道区間13カ所、信号機15基、機関車試験ループ区間4カ所を設置し、また車両整備庫や動力集中方式列車の動車組(動力分散式列車)用臨時修理庫、その他建設作業に必要な付属建物計3万平方メートル余りが新設される。完成は5月中旬の予定。(ラサ=新華社記者/劉洪明)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月28日
    (7)ラサ駅車両整備基地の改修、完了間近チベット自治区

    25日、スライド式車庫引き込み分岐器(ポイント)を位置に合わせる建設作業員。中国チベット自治区のラサ駅車両整備基地の改修は、ラサとニンティ(林芝)を結ぶラサ・ニンティ鉄道の全線開通に向けた重要部分で、中鉄二十一局集団第四工程が工事を請け負っている。この工事では、客車整備線10本、留置線4本、臨時修理線1本を改修し、整備車庫とパンタグラフ検測装置を増設したほか、軌道システムに電化区間と非電化区間の組み合わせを採用。基地には新たに分岐器(ポイント)10組、軌道区間13カ所、信号機15基、機関車試験ループ区間4カ所を設置し、また車両整備庫や動力集中方式列車の動車組(動力分散式列車)用臨時修理庫、その他建設作業に必要な付属建物計3万平方メートル余りが新設される。完成は5月中旬の予定。(ラサ=新華社配信/李文博)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月28日
    (2)ラサ駅車両整備基地の改修、完了間近チベット自治区

    24日、ラサ駅の車両整備基地の改修工事現場。中国チベット自治区のラサ駅車両整備基地の改修は、ラサとニンティ(林芝)を結ぶラサ・ニンティ鉄道の全線開通に向けた重要部分で、中鉄二十一局集団第四工程が工事を請け負っている。この工事では、客車整備線10本、留置線4本、臨時修理線1本を改修し、整備車庫とパンタグラフ検測装置を増設したほか、軌道システムに電化区間と非電化区間の組み合わせを採用。基地には新たに分岐器(ポイント)10組、軌道区間13カ所、信号機15基、機関車試験ループ区間4カ所を設置し、また車両整備庫や動力集中方式列車の動車組(動力分散式列車)用臨時修理庫、その他建設作業に必要な付属建物計3万平方メートル余りが新設される。完成は5月中旬の予定。(ラサ=新華社記者/劉洪明)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月28日
    (5)ラサ駅車両整備基地の改修、完了間近チベット自治区

    24日、分岐器の位置を調整する建設作業員。中国チベット自治区のラサ駅車両整備基地の改修は、ラサとニンティ(林芝)を結ぶラサ・ニンティ鉄道の全線開通に向けた重要部分で、中鉄二十一局集団第四工程が工事を請け負っている。この工事では、客車整備線10本、留置線4本、臨時修理線1本を改修し、整備車庫とパンタグラフ検測装置を増設したほか、軌道システムに電化区間と非電化区間の組み合わせを採用。基地には新たに分岐器(ポイント)10組、軌道区間13カ所、信号機15基、機関車試験ループ区間4カ所を設置し、また車両整備庫や動力集中方式列車の動車組(動力分散式列車)用臨時修理庫、その他建設作業に必要な付属建物計3万平方メートル余りが新設される。完成は5月中旬の予定。(ラサ=新華社配信/李文博)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月28日
    (1)ラサ駅車両整備基地の改修、完了間近チベット自治区

    24日、車庫への引き込み線のレール継ぎ足し作業を行う作業員。中国チベット自治区のラサ駅車両整備基地の改修は、ラサとニンティ(林芝)を結ぶラサ・ニンティ鉄道の全線開通に向けた重要部分で、中鉄二十一局集団第四工程が工事を請け負っている。この工事では、客車整備線10本、留置線4本、臨時修理線1本を改修し、整備車庫とパンタグラフ検測装置を増設したほか、軌道システムに電化区間と非電化区間の組み合わせを採用。基地には新たに分岐器(ポイント)10組、軌道区間13カ所、信号機15基、機関車試験ループ区間4カ所を設置し、また車両整備庫や動力集中方式列車の動車組(動力分散式列車)用臨時修理庫、その他建設作業に必要な付属建物計3万平方メートル余りが新設される。完成は5月中旬の予定。(ラサ=新華社記者/劉洪明)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月28日
    (3)ジンバブエ初の中医鍼灸センターで人々の痛みを取り除く医師

    15日、パリレニャトワ病院の中国医学鍼灸センターで、華僑の患者(左)に鍼灸治療を施す孫爽さん。ジンバブエの首都ハラレ最大の公立病院、パリレニャトワ病院の敷地内に一棟の小さな建物があり、ここには同国初の中国医学鍼灸(しんきゅう)センターが置かれている。第18回中国(湖南)ジンバブエ支援医療チームで唯一の中国医学医師だった孫爽(そん・そう)さんは、同センター責任者という重責を引き受け、優れた医術で何百人もの患者の痛みを取り除いてきた。孫さんは中医薬をジンバブエに根付かせ、より多くの中国医学人材を育成するというさらなる目標を抱いている。(ハラレ=新華社記者/張玉亮)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月28日
    (1)ジンバブエ初の中医鍼灸センターで人々の痛みを取り除く医師

    15日、パリレニャトワ病院の中国医学鍼灸センター。ジンバブエの首都ハラレ最大の公立病院、パリレニャトワ病院の敷地内に一棟の小さな建物があり、ここには同国初の中国医学鍼灸(しんきゅう)センターが置かれている。第18回中国(湖南)ジンバブエ支援医療チームで唯一の中国医学医師だった孫爽(そん・そう)さんは、同センター責任者という重責を引き受け、優れた医術で何百人もの患者の痛みを取り除いてきた。孫さんは中医薬をジンバブエに根付かせ、より多くの中国医学人材を育成するというさらなる目標を抱いている。(ハラレ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月25日
    (11)リノベーションで観光地に生まれ変わった工場跡地重慶市

    22日、上空から見た重慶市江北区の北倉文化クリエーティブ街区。(小型無人機から)中国重慶市で最もにぎやかな商業地区の一つ、江北区観音橋にある北倉文化クリエーティブ街区は、重慶江北紡績工場の倉庫を改造して造られた文化スポットとして知られる。同区は古い町並みや産業遺産の再開発とリノベーションを進めており、古い町並みが「ネット上で人気を集める観光スポット」に変わりつつある。同街区は、公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成され、1950~60年代の工業系用途の建築物が残されていることから、多くの市民や観光客を引き付けているという。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月25日
    (2)リノベーションで観光地に生まれ変わった工場跡地重慶市

    22日、上空から見た重慶市江北区の北倉文化クリエーティブ街区。(小型無人機から)中国重慶市で最もにぎやかな商業地区の一つ、江北区観音橋にある北倉文化クリエーティブ街区は、重慶江北紡績工場の倉庫を改造して造られた文化スポットとして知られる。同区は古い町並みや産業遺産の再開発とリノベーションを進めており、古い町並みが「ネット上で人気を集める観光スポット」に変わりつつある。同街区は、公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成され、1950~60年代の工業系用途の建築物が残されていることから、多くの市民や観光客を引き付けているという。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月25日
    (5)リノベーションで観光地に生まれ変わった工場跡地重慶市

    22日、北倉文化クリエーティブ街区にある図書館で、油絵を体験する観光客。中国重慶市で最もにぎやかな商業地区の一つ、江北区観音橋にある北倉文化クリエーティブ街区は、重慶江北紡績工場の倉庫を改造して造られた文化スポットとして知られる。同区は古い町並みや産業遺産の再開発とリノベーションを進めており、古い町並みが「ネット上で人気を集める観光スポット」に変わりつつある。同街区は、公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成され、1950~60年代の工業系用途の建築物が残されていることから、多くの市民や観光客を引き付けているという。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月25日
    (13)リノベーションで観光地に生まれ変わった工場跡地重慶市

    22日、上空から見た重慶市江北区の北倉文化クリエーティブ街区。(小型無人機から)中国重慶市で最もにぎやかな商業地区の一つ、江北区観音橋にある北倉文化クリエーティブ街区は、重慶江北紡績工場の倉庫を改造して造られた文化スポットとして知られる。同区は古い町並みや産業遺産の再開発とリノベーションを進めており、古い町並みが「ネット上で人気を集める観光スポット」に変わりつつある。同街区は、公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成され、1950~60年代の工業系用途の建築物が残されていることから、多くの市民や観光客を引き付けているという。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (1)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、上空から見た海南省海口市の雲洞図書館。(小型無人機から)中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (3)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の海口湾にある雲洞図書館。(小型無人機から)中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (2)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の海口湾にある雲洞図書館。(小型無人機から)中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    (1)東アジア3カ国の文化交流示す展覧会敦煌で開催

    9日、中日韓敦煌文化交流成果展の会場。中国甘粛省敦煌市でこのほど、「中日韓敦煌文化交流成果展」が開幕した。同展は中国、日本、韓国の敦煌文化交流の歩みを振り返る内容となっている。甘粛画院元副院長の段兼善(だん・けんぜん)氏は、3カ国は関わりが非常に深く、シルクロードを通して東に伝わった仏教によって似通った文化的背景がもたらされたと話した。敦煌には古代の日本や韓国の痕跡が残されており、壁画には法隆寺に酷似した建築物も描かれている。(敦煌=新華社記者/郎兵兵)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    (4)東アジア3カ国の文化交流示す展覧会敦煌で開催

    2019年10月に開催された「中韓縁・仏教芸術展」の開幕式。(資料写真)中国甘粛省敦煌市でこのほど、「中日韓敦煌文化交流成果展」が開幕した。同展は中国、日本、韓国の敦煌文化交流の歩みを振り返る内容となっている。甘粛画院元副院長の段兼善(だん・けんぜん)氏は、3カ国は関わりが非常に深く、シルクロードを通して東に伝わった仏教によって似通った文化的背景がもたらされたと話した。敦煌には古代の日本や韓国の痕跡が残されており、壁画には法隆寺に酷似した建築物も描かれている。(敦煌=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    (3)東アジア3カ国の文化交流示す展覧会敦煌で開催

    高解像度デジタルカメラを使い、敦煌莫高窟第53窟の3D撮影をする東京文化財研究所と敦煌研究院の職員。(資料写真)中国甘粛省敦煌市でこのほど、「中日韓敦煌文化交流成果展」が開幕した。同展は中国、日本、韓国の敦煌文化交流の歩みを振り返る内容となっている。甘粛画院元副院長の段兼善(だん・けんぜん)氏は、3カ国は関わりが非常に深く、シルクロードを通して東に伝わった仏教によって似通った文化的背景がもたらされたと話した。敦煌には古代の日本や韓国の痕跡が残されており、壁画には法隆寺に酷似した建築物も描かれている。(敦煌=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月12日
    東アジア3カ国の文化交流示す展覧会敦煌で開催

    高解像度デジタルカメラを使い、敦煌莫高窟第53窟の3D撮影をする東京文化財研究所と敦煌研究院の職員。(資料写真)中国甘粛省敦煌市でこのほど、「中日韓敦煌文化交流成果展」が開幕した。同展は中国、日本、韓国の敦煌文化交流の歩みを振り返る内容となっている。甘粛画院元副院長の段兼善(だん・けんぜん)氏は、3カ国は関わりが非常に深く、シルクロードを通して東に伝わった仏教によって似通った文化的背景がもたらされたと話した。敦煌には古代の日本や韓国の痕跡が残されており、壁画には法隆寺に酷似した建築物も描かれている。(敦煌=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月12日
    東アジア3カ国の文化交流示す展覧会敦煌で開催

    1997年に長崎、大分両県で開催された「敦煌芸術展」。(資料写真)中国甘粛省敦煌市でこのほど、「中日韓敦煌文化交流成果展」が開幕した。同展は中国、日本、韓国の敦煌文化交流の歩みを振り返る内容となっている。甘粛画院元副院長の段兼善(だん・けんぜん)氏は、3カ国は関わりが非常に深く、シルクロードを通して東に伝わった仏教によって似通った文化的背景がもたらされたと話した。敦煌には古代の日本や韓国の痕跡が残されており、壁画には法隆寺に酷似した建築物も描かれている。(敦煌=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (3)上海天文館を空中散歩

    2日、上海天文館のメイン建築物。(小型無人機から)中国上海市浦東新区で進行中の上海天文館建設プロジェクトは、全体の工事が最終段階に近づき、メインとなる展示施設、付帯する施設の建設が着々と進んでいる。同館の建築面積は3万8千平方メートルを超え、メインの建物のほか、青少年観測拠点や大衆天文台、太陽の塔などが含まれている。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (7)上海天文館を空中散歩

    2日、上海天文館のメイン建築物。(小型無人機から)中国上海市浦東新区で進行中の上海天文館建設プロジェクトは、全体の工事が最終段階に近づき、メインとなる展示施設、付帯する施設の建設が着々と進んでいる。同館の建築面積は3万8千平方メートルを超え、メインの建物のほか、青少年観測拠点や大衆天文台、太陽の塔などが含まれている。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (4)上海天文館を空中散歩

    2日、上海天文館のメイン建築物。(小型無人機から)中国上海市浦東新区で進行中の上海天文館建設プロジェクトは、全体の工事が最終段階に近づき、メインとなる展示施設、付帯する施設の建設が着々と進んでいる。同館の建築面積は3万8千平方メートルを超え、メインの建物のほか、青少年観測拠点や大衆天文台、太陽の塔などが含まれている。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (6)上海天文館を空中散歩

    2日、上海天文館のメイン建築物。(小型無人機から)中国上海市浦東新区で進行中の上海天文館建設プロジェクトは、全体の工事が最終段階に近づき、メインとなる展示施設、付帯する施設の建設が着々と進んでいる。同館の建築面積は3万8千平方メートルを超え、メインの建物のほか、青少年観測拠点や大衆天文台、太陽の塔などが含まれている。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (1)上海天文館を空中散歩

    2日、上海天文館のメイン建築物。(小型無人機から)中国上海市浦東新区で進行中の上海天文館建設プロジェクトは、全体の工事が最終段階に近づき、メインとなる展示施設、付帯する施設の建設が着々と進んでいる。同館の建築面積は3万8千平方メートルを超え、メインの建物のほか、青少年観測拠点や大衆天文台、太陽の塔などが含まれている。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (5)上海天文館を空中散歩

    2日、上海天文館のメイン建築物。(小型無人機から)中国上海市浦東新区で進行中の上海天文館建設プロジェクトは、全体の工事が最終段階に近づき、メインとなる展示施設、付帯する施設の建設が着々と進んでいる。同館の建築面積は3万8千平方メートルを超え、メインの建物のほか、青少年観測拠点や大衆天文台、太陽の塔などが含まれている。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月05日
    フジHDが入るビル フジHD外資規制違反疑い

    フジ・メディア・ホールディングスが入るビル=東京・台場

  • 2021年04月03日
    大阪市の森之宮地区 大阪市・空撮資料

    大阪市の森之宮地区(手前)。奥は大阪城公園(共同通信社ヘリから)

  • 2021年04月03日
    大阪市の森之宮地区 大阪市・空撮資料

    大阪市の森之宮地区。奥は大阪城公園(共同通信社ヘリから)

  • 2021年04月03日
    大阪市の森之宮地区 大阪市・空撮資料

    大阪市の森之宮地区。奥は大阪城公園(共同通信社ヘリから)

  • 2021年04月02日
    上海天文館を空中散歩

    2日、上海天文館のメイン建築物。(小型無人機から)中国上海市浦東新区で進行中の上海天文館建設プロジェクトは、全体の工事が最終段階に近づき、メインとなる展示施設、付帯する施設の建設が着々と進んでいる。同館の建築面積は3万8千平方メートルを超え、メインの建物のほか、青少年観測拠点や大衆天文台、太陽の塔などが含まれている。(上海=新華社記者/方喆)=配信日:2021(令和3)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (8)夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、「磁器の城」の前で、観光客を案内する余二妹さん。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (11)夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、「磁器の城」に展示されている磁器製のドラゴンボートを見つめる観光客。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (14)夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、「磁器の城」で、壁にはめ込まれた陶板画について説明する余二妹さん。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (12)夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月18日、「磁器の城」に展示されている磁器製のドラゴンボートの一部。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (1)夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、「磁器の城」で、壁にはめ込まれた陶板画について説明する余二妹さん。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (10)夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、「磁器の城」の中を見学する観光客。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (5)夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、「磁器の城」の中を見学する観光客。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (6)夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月20日、上空から見た「磁器の城」。(小型無人機から)中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (3)夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、「磁器の城」で、観光客を案内する余二妹さん。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    中国海南島のランドマーク 樹木のような形のホテル

    「東洋のハワイ」と呼ばれる中国南部のリゾート地、海南島。最南端の三亜市を車で移動中、樹木のようなデザインの建物が目に飛び込んできました。インターネットで調べると、島のランドマーク的なホテルとのこと。宿泊したという60代男性は「外から見てもきれいだけど、中は広くて公園のようだよ」と、童心に帰ったような笑顔で教えてくれました。(撮影・渡辺哲郎、共同)

  • 2021年03月23日
    (1)「世界水の日」、シンガポールが青色にライトアップ

    22日、青くライトアップされたシンガポールの夜景。「世界水の日」の22日、シンガポールで多くの建築物が青色でライトアップされた。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月23日
    (4)「世界水の日」、シンガポールが青色にライトアップ

    22日、青い照明で飾られた橋。「世界水の日」の22日、シンガポールで多くの建築物が青色でライトアップされた。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月23日
    (3)「世界水の日」、シンガポールが青色にライトアップ

    22日、青くライトアップされたシンガポールの夜景。「世界水の日」の22日、シンガポールで多くの建築物が青色でライトアップされた。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月23日
    (2)「世界水の日」、シンガポールが青色にライトアップ

    22日、青い照明で飾られた橋。「世界水の日」の22日、シンガポールで多くの建築物が青色でライトアップされた。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月21日
    稼働時のホステルと現在 独の北朝鮮ホステル廃業

    ベルリンの在ドイツ北朝鮮大使館の敷地にある、看板が取り外され人影のない建物(上、15日)と、かつて稼働していた「シティホステル」(下、2020年1月)(共同)

  • 2021年03月20日
    夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月20日、上空から見た「磁器の城」。(小型無人機から)中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)=配信日:2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (8)歴史の趣を今に伝える文化名城「代県古城」山西省

    11日、武廟の大殿。寄棟造の木造建築で、金・元代の典型な北方建築様式。中国山西省の北部に位置する代県の市街地は、国家歴史文化名城に指定されており、2・35平方キロの保護範囲の中に辺靖楼や阿育王塔、文廟、武廟、古城城壁の一部など100余りの歴史的建築物と20の指定文化財がある。現代中国の著名な建築史家・建築家の梁思成(りょう・しせい、1901~1972年)もかつて、代県が蓄積する建築文化などの深さ、整然と並ぶ家屋、清潔な街並みを「極めてよく計画された都市」と賞賛した。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、上空から見た「磁器の城」の全景。(小型無人機から)中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)=配信日:2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、「磁器の城」の正門。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)=配信日:2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (4)歴史の趣を今に伝える文化名城「代県古城」山西省

    11日、代県古城に残る版築工法の城壁。中国山西省の北部に位置する代県の市街地は、国家歴史文化名城に指定されており、2・35平方キロの保護範囲の中に辺靖楼や阿育王塔、文廟、武廟、古城城壁の一部など100余りの歴史的建築物と20の指定文化財がある。現代中国の著名な建築史家・建築家の梁思成(りょう・しせい、1901~1972年)もかつて、代県が蓄積する建築文化などの深さ、整然と並ぶ家屋、清潔な街並みを「極めてよく計画された都市」と賞賛した。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (6)歴史の趣を今に伝える文化名城「代県古城」山西省

    11日、辺靖楼に掛かる「聲聞四達」扁額。長さ10メートル、幅3メートルで、清の雍正11(1733)年に楼を補修した際に設置された。中国山西省の北部に位置する代県の市街地は、国家歴史文化名城に指定されており、2・35平方キロの保護範囲の中に辺靖楼や阿育王塔、文廟、武廟、古城城壁の一部など100余りの歴史的建築物と20の指定文化財がある。現代中国の著名な建築史家・建築家の梁思成(りょう・しせい、1901~1972年)もかつて、代県が蓄積する建築文化などの深さ、整然と並ぶ家屋、清潔な街並みを「極めてよく計画された都市」と賞賛した。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (10)歴史の趣を今に伝える文化名城「代県古城」山西省

    10日、代県古城に残る歴史的建築物。中国山西省の北部に位置する代県の市街地は、国家歴史文化名城に指定されており、2・35平方キロの保護範囲の中に辺靖楼や阿育王塔、文廟、武廟、古城城壁の一部など100余りの歴史的建築物と20の指定文化財がある。現代中国の著名な建築史家・建築家の梁思成(りょう・しせい、1901~1972年)もかつて、代県が蓄積する建築文化などの深さ、整然と並ぶ家屋、清潔な街並みを「極めてよく計画された都市」と賞賛した。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (5)歴史の趣を今に伝える文化名城「代県古城」山西省

    11日、辺靖楼に掛かる「威鎮三関」扁額。長さ10メートル、幅3メートルで、清の雍正11(1733)年に設置された。中国山西省の北部に位置する代県の市街地は、国家歴史文化名城に指定されており、2・35平方キロの保護範囲の中に辺靖楼や阿育王塔、文廟、武廟、古城城壁の一部など100余りの歴史的建築物と20の指定文化財がある。現代中国の著名な建築史家・建築家の梁思成(りょう・しせい、1901~1972年)もかつて、代県が蓄積する建築文化などの深さ、整然と並ぶ家屋、清潔な街並みを「極めてよく計画された都市」と賞賛した。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (3)歴史の趣を今に伝える文化名城「代県古城」山西省

    11日、辺靖楼に残る「官」の字が刻まれたれんが。中国山西省の北部に位置する代県の市街地は、国家歴史文化名城に指定されており、2・35平方キロの保護範囲の中に辺靖楼や阿育王塔、文廟、武廟、古城城壁の一部など100余りの歴史的建築物と20の指定文化財がある。現代中国の著名な建築史家・建築家の梁思成(りょう・しせい、1901~1972年)もかつて、代県が蓄積する建築文化などの深さ、整然と並ぶ家屋、清潔な街並みを「極めてよく計画された都市」と賞賛した。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、「磁器の城」で、写真を撮る観光客。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)=配信日:2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (15)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    霊山寺の「壁蘭」。(2020年12月3日撮影)中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/耀開法師)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (5)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    11日、霊山寺の大雄宝殿内部。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/耀開法師)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (17)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    16日、霊山寺の傍らにある同寺の施主、洪氏一族を祭る洪氏宗祠。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/耀開法師)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (27)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    16日、霊山寺の唐大顛祖師塔(舌鏡塔)。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/耀開法師)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月18日、「磁器の城」の外壁にはめ込まれた磁器の像。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)=配信日:2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (1)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺の山門。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (3)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺のツバキと禅楼。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (9)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺境内にある韓愈が大顛に贈った手紙の碑刻。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (8)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺の観音殿内部。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (21)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺の唐大顛祖師塔(舌鏡塔)。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (23)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    12日、霊山寺の雲板(右)と木魚。雲板は主に食事の時を知らせるために叩く。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/耀開法師)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (13)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺の留衣亭。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (2)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺の碑林。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (6)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    11日、霊山寺の大雄宝殿。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/耀開法師)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (7)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺の観音殿。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (10)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    16日、霊山寺の傍らにある同寺の施主、洪氏一族を祭る洪氏宗祠の正門。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/耀開法師)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (12)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺唐大顛祖師記念堂の前庭。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (22)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺に残る唐代の井戸。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (20)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺の塔院と建築群。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (4)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺の大顛祖師像。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (11)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺の唐大顛祖師記念堂。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (18)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺に残る再建や修復に関する石碑。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (16)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺の山門。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (14)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺の牌坊(はいぼう)。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (24)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺の斎堂(禅寺で食事をする堂)。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (25)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    11日、霊山寺の「祝聖万寿山」勒石(ろくせき)。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/耀開法師)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (26)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺境内に安置されている三坪祖師(唐代の禅僧)、韓愈、同寺に土地を寄進した洪大丁(こう・だいてい、霊山寺創建時の潮州刺史)と子孫の像。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月18日、観光客と一緒に写真に納まる余二妹さん(左から3人目)。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)=配信日:2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    (1)香港西九文化区で「M+博物館」ビルが竣工

    香港西九文化区で竣工したM+博物館ビルの内部。(2月19日撮影)中国香港特別行政区の西九文化区は12日、同区で建設中だった「M+博物館」ビルがこのほど竣工したと発表した。年末のオープンを見込んでいる。同文化区は同日実施したメディア関係者への建物公開で、同博物館がアジア初のグローバルな現代視覚文化博物館になると説明。主要コレクションはデザインや建築、映像、ビジュアルアートなどをカバーし、香港要素も多く含まれると紹介した。(香港=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    (2)香港西九文化区で「M+博物館」ビルが竣工

    香港西九文化区で竣工したM+博物館ビルの内部。(2月19日撮影)中国香港特別行政区の西九文化区は12日、同区で建設中だった「M+博物館」ビルがこのほど竣工したと発表した。年末のオープンを見込んでいる。同文化区は同日実施したメディア関係者への建物公開で、同博物館がアジア初のグローバルな現代視覚文化博物館になると説明。主要コレクションはデザインや建築、映像、ビジュアルアートなどをカバーし、香港要素も多く含まれると紹介した。(香港=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    (3)香港西九文化区で「M+博物館」ビルが竣工

    香港西九文化区で竣工したM+博物館ビルの内部。(2月19日撮影)中国香港特別行政区の西九文化区は12日、同区で建設中だった「M+博物館」ビルがこのほど竣工したと発表した。年末のオープンを見込んでいる。同文化区は同日実施したメディア関係者への建物公開で、同博物館がアジア初のグローバルな現代視覚文化博物館になると説明。主要コレクションはデザインや建築、映像、ビジュアルアートなどをカバーし、香港要素も多く含まれると紹介した。(香港=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月10日
    歴史の趣を今に伝える文化名城「代県古城」山西省

    10日、代県古城の伝統的な民家。中国山西省の北部に位置する代県の市街地は、国家歴史文化名城に指定されており、2・35平方キロの保護範囲の中に辺靖楼や阿育王塔、文廟、武廟、古城城壁の一部など100余りの歴史的建築物と20の指定文化財がある。現代中国の著名な建築史家・建築家の梁思成(りょう・しせい、1901~1972年)もかつて、代県が蓄積する建築文化などの深さ、整然と並ぶ家屋、清潔な街並みを「極めてよく計画された都市」と賞賛した。(太原=新華社記者/王学濤)=配信日:2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月08日
    唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺境内にある「敕賜霊山開善禅院之記」(左)。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.15
    2021年03月05日
    「新華社」東京駅によく似た瀋陽駅、今では中国東北地域の重要な交通ハブ

    中国のショート動画投稿アプリでこのところ、中国遼寧省瀋陽市の地下鉄瀋陽駅での動画撮影が大きな話題になっている。理解できない人が多いかもしれないが、この地下鉄駅の人気をもたらした鉄道駅の瀋陽駅は、実は100年以上の歴史を誇っている。最初の瀋陽駅は、1899年にロシア帝国が建設したもので、「茅古甸」と名付けられた。1907年になると、「奉天駅」という名前で新しい駅が建設され、これが現在の瀋陽駅の前身となった。瀋陽駅の設計者である日本の太田毅と吉田宗太郎は、東京駅を設計した建築家、辰野金吾の教え子だったため、建物の風格は東京駅によく似ている。100年以上が過ぎた現在の瀋陽駅は、東と西の二つの広場を備えた10面19線の現代的な特等駅(最高ランク)で、中国東北地域で最も重要な鉄道ハブとなっている。(記者/姜兆臣) =配信日: 2021(令和3)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...