KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 夜景空撮
  • 空撮資料
  • 空撮映像
  • 小型無人機
  • ドローン
  • 風景メイン
  • 本社ヘリ
  • ライトアップ
  • 高速道路
  • 建設現場

「空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 社会
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
11,286
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
11,286
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月16日
    建設中の川上ダム 川上ダム・資料

    建設中の川上ダム=三重県伊賀市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 三重県伊賀市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月16日
    建設中の川上ダム 川上ダム・資料

    建設中の川上ダム=三重県伊賀市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 三重県伊賀市

  • 2021年01月14日
    (16)竜蒼溝森林公園に広がる雪景色四川省

    12日、竜蒼溝国家森林公園の雪景色。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の竜蒼溝国家森林公園ではこのところ気温の低下と降雪が続き、雪景色が広がっている。同公園は四川盆地と青海チベット高原の間に位置し、連なる山々の間を谷川が流れる豊かな自然に恵まれている。(滎経=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (11)竜蒼溝森林公園に広がる雪景色四川省

    12日、竜蒼溝国家森林公園の雪景色。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の竜蒼溝国家森林公園ではこのところ気温の低下と降雪が続き、雪景色が広がっている。同公園は四川盆地と青海チベット高原の間に位置し、連なる山々の間を谷川が流れる豊かな自然に恵まれている。(滎経=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (14)竜蒼溝森林公園に広がる雪景色四川省

    12日、竜蒼溝国家森林公園の雪景色。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の竜蒼溝国家森林公園ではこのところ気温の低下と降雪が続き、雪景色が広がっている。同公園は四川盆地と青海チベット高原の間に位置し、連なる山々の間を谷川が流れる豊かな自然に恵まれている。(滎経=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (7)竜蒼溝森林公園に広がる雪景色四川省

    12日、竜蒼溝国家森林公園の雪景色。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の竜蒼溝国家森林公園ではこのところ気温の低下と降雪が続き、雪景色が広がっている。同公園は四川盆地と青海チベット高原の間に位置し、連なる山々の間を谷川が流れる豊かな自然に恵まれている。(滎経=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (6)竜蒼溝森林公園に広がる雪景色四川省

    12日、竜蒼溝国家森林公園の雪景色。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の竜蒼溝国家森林公園ではこのところ気温の低下と降雪が続き、雪景色が広がっている。同公園は四川盆地と青海チベット高原の間に位置し、連なる山々の間を谷川が流れる豊かな自然に恵まれている。(滎経=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (12)竜蒼溝森林公園に広がる雪景色四川省

    12日、竜蒼溝国家森林公園の雪景色。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の竜蒼溝国家森林公園ではこのところ気温の低下と降雪が続き、雪景色が広がっている。同公園は四川盆地と青海チベット高原の間に位置し、連なる山々の間を谷川が流れる豊かな自然に恵まれている。(滎経=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (2)竜蒼溝森林公園に広がる雪景色四川省

    12日、竜蒼溝国家森林公園の雪景色。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の竜蒼溝国家森林公園ではこのところ気温の低下と降雪が続き、雪景色が広がっている。同公園は四川盆地と青海チベット高原の間に位置し、連なる山々の間を谷川が流れる豊かな自然に恵まれている。(滎経=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月14日
    (8)巡特警大隊、重点管理地域の「門衛」を担当遼寧省瀋陽市

    7日、中国遼寧省瀋陽市の昆山西路と塔湾街の交差点に位置する新型コロナウイルス感染症予防重点管理区域。(小型無人機から)中国遼寧省瀋陽市はこのほど、新型コロナウイルス感染症の防疫重点管理地域を設定した。寒波の中、同市公安局皇姑分局巡特警(パトロール特殊警察)大隊の警察官は、重点管理地域内の人々が地域を離れないよう厳格に管理し、感染症の拡散を防ぐ「門衛」の役割を果たしている。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (8)竜蒼溝森林公園に広がる雪景色四川省

    12日、竜蒼溝国家森林公園の雪景色。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の竜蒼溝国家森林公園ではこのところ気温の低下と降雪が続き、雪景色が広がっている。同公園は四川盆地と青海チベット高原の間に位置し、連なる山々の間を谷川が流れる豊かな自然に恵まれている。(滎経=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (5)貴州省の甕馬鉄道、動的検収を開始

    9日、白沙井特大橋を通過する検査用車両。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州甕安(おうあん)県と同自治州福泉市馬場坪を結ぶ甕馬鉄道が9日、正式に動的検収の段階に入り、検査用車両が甕安駅から馬場坪駅へ向かった。線路全体と供電用架線網、信号、通信などに対し総合的な検査を実施した。鉄道の全長は約72キロで、投資総額は約50億元(1元=約16円)。同省が初めて独自に建設・運営する地方鉄道となる。(甕安=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (3)貴州省の甕馬鉄道、動的検収を開始

    9日、甕安駅に停車する検査用車両。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州甕安(おうあん)県と同自治州福泉市馬場坪を結ぶ甕馬鉄道が9日、正式に動的検収の段階に入り、検査用車両が甕安駅から馬場坪駅へ向かった。線路全体と供電用架線網、信号、通信などに対し総合的な検査を実施した。鉄道の全長は約72キロで、投資総額は約50億元(1元=約16円)。同省が初めて独自に建設・運営する地方鉄道となる。(甕安=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (1)湄洲湾跨海大橋建設工事、寒波に負けず順調福建省

    8日、湄洲湾跨海大橋の建設現場で、箱桁架設作業を行う中鉄十一局集団の作業員と千トン級運搬・架設一体機「昆侖号」。(小型無人機から)中国福建省各地ではこのところ、寒波の影響で気温が急激に低下し、海上の風も強まっている。同省福州市とアモイ市を結ぶ福廈高速鉄道の湄洲湾跨海大橋の建設現場では、寒風吹きすさぶ海上の高所で、中鉄十一局集団の作業員が千トン級運搬・架設一体機「昆侖号」を操作し、橋梁の箱桁架設作業を毎日1ブロックずつ順調に進めている。(莆田=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (2)貴州省の甕馬鉄道、動的検収を開始

    9日、甕安駅に停車する検査用車両。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州甕安(おうあん)県と同自治州福泉市馬場坪を結ぶ甕馬鉄道が9日、正式に動的検収の段階に入り、検査用車両が甕安駅から馬場坪駅へ向かった。線路全体と供電用架線網、信号、通信などに対し総合的な検査を実施した。鉄道の全長は約72キロで、投資総額は約50億元(1元=約16円)。同省が初めて独自に建設・運営する地方鉄道となる。(甕安=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (4)貴州省の甕馬鉄道、動的検収を開始

    9日、背後河特大橋を通過する検査用車両。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州甕安(おうあん)県と同自治州福泉市馬場坪を結ぶ甕馬鉄道が9日、正式に動的検収の段階に入り、検査用車両が甕安駅から馬場坪駅へ向かった。線路全体と供電用架線網、信号、通信などに対し総合的な検査を実施した。鉄道の全長は約72キロで、投資総額は約50億元(1元=約16円)。同省が初めて独自に建設・運営する地方鉄道となる。(甕安=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月11日
    雪に覆われた福井市街 北陸道の立ち往生、百台に

    雪に覆われた福井市街。中央は福井駅=11日午後0時28分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 11日午後0時28分

  • 2021年01月10日
    (8)冬の観光シーズンを支える人々黒竜江省ハルビン市

    ハルビン氷雪大世界の会場で氷の建築物を制作する作業員。(2020年12月19日、小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は冬の観光シーズンを迎えている。氷雪観光で人気の「ハルビン氷雪大世界」などでは、作業員が昼夜を問わず氷の採取や運搬を行い、彫刻家が作品を入念に制作。極寒の中で懸命に働く人々は「氷の都」に幻想的な世界を作り出した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月09日
    都内の繁華街などの様子 飲食店「綱渡り状態」

    緊急事態宣言後、初の週末を迎えた東京都内の繁華街などの様子。左から浅草の仲見世商店街、銀座の歩行者天国、渋谷のスクランブル交差点=9日午後(共同通信社ヘリから)

    撮影: 9日午後

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:27.45
    2021年01月09日
    空撮 都内各所は人出少なく 緊急事態宣言後初の週末

    新型コロナの感染拡大を受けて緊急事態宣言が発令された1都3県では9日、初の週末を迎え、にぎわいを見せていた東京都内では繁華街の人出はいつもと異なる様相を見せた。<映像内容>緊急事態宣言後初の週末を迎えた都内、撮影日:2021(令和3)年1月9日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年1月9日

  • 2021年01月08日
    (2)湿地公園の工事完了、市民の憩いの場に広西チワン族自治区

    4日、上空から見た柳州市柳江区の岜公塘湿地公園。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区柳州市柳江区の岜公塘(はこうとう)湿地公園でこのほど、景観改善工事が完了した。敷地面積約1600ムー(約107ヘクタール)の同公園はかつて大規模な貯水池があった場所に建設され、現在は市民の憩いの場として、レジャーや植物観察を楽しめる環境配慮型テーマパークとなっている。(柳州=新華社配信/黎寒池)= 配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月08日
    (4)湿地公園の工事完了、市民の憩いの場に広西チワン族自治区

    4日、上空から見た柳州市柳江区の岜公塘湿地公園。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区柳州市柳江区の岜公塘(はこうとう)湿地公園でこのほど、景観改善工事が完了した。敷地面積約1600ムー(約107ヘクタール)の同公園はかつて大規模な貯水池があった場所に建設され、現在は市民の憩いの場として、レジャーや植物観察を楽しめる環境配慮型テーマパークとなっている。(柳州=新華社配信/黎寒池)= 配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月08日
    (5)湿地公園の工事完了、市民の憩いの場に広西チワン族自治区

    4日、夕日に照らされる柳州市柳江区の岜公塘湿地公園。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区柳州市柳江区の岜公塘(はこうとう)湿地公園でこのほど、景観改善工事が完了した。敷地面積約1600ムー(約107ヘクタール)の同公園はかつて大規模な貯水池があった場所に建設され、現在は市民の憩いの場として、レジャーや植物観察を楽しめる環境配慮型テーマパークとなっている。(柳州=新華社配信/黎寒池)= 配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:04.39
    2021年01月07日
    空撮と地上撮 小池都知事、外出自粛強く要請 人の流れ「徹底抑制を」

    東京都の小池百合子知事は7日午後、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令を受けて臨時記者会見を開き、「状況を深刻に受け止めている。徹底的に人の流れを止めるようお願いしたい」と都民に外出自粛などを強く求めた。同日は新型コロナウイルスの新規感染者数が前日を800人以上超える2447人に急拡大し、危機感を強めた。<映像内容>緊急事態宣言発令を受けた小池知事の記者会見、東京スカイツリーの空撮、撮影日:2021(令和3)年1月7日、撮影場所:東京都新宿区

    撮影: 2021(令和3)年1月7日

  • 2021年01月07日
    (2)ハルビン市の公園に空母「遼寧」の雪像が登場

    3日、ハルビン市道外区にある江畔公園の闖関東広場に登場した空母「遼寧」の雪像。(小型無人機から)中国の空母「遼寧」をモチーフにして造られた巨大な雪像がこのほど、中国黒竜江省ハルビン市道外区にある江畔公園の闖関東広場に登場した。同雪像は長さ約50メートル、幅約10メートル、高さ約10メートル、雪の総使用量約2360立方メートルで、19人からなる制作チームが20日間かけて造り上げたという。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (4)ハルビン市の公園に空母「遼寧」の雪像が登場

    3日、ハルビン市道外区にある江畔公園の闖関東広場に登場した空母「遼寧」の雪像。(小型無人機から)中国の空母「遼寧」をモチーフにして造られた巨大な雪像がこのほど、中国黒竜江省ハルビン市道外区にある江畔公園の闖関東広場に登場した。同雪像は長さ約50メートル、幅約10メートル、高さ約10メートル、雪の総使用量約2360立方メートルで、19人からなる制作チームが20日間かけて造り上げたという。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (5)ハルビン市の公園に空母「遼寧」の雪像が登場

    3日、ハルビン市道外区にある江畔公園の闖関東広場に登場した空母「遼寧」の雪像。(小型無人機から)中国の空母「遼寧」をモチーフにして造られた巨大な雪像がこのほど、中国黒竜江省ハルビン市道外区にある江畔公園の闖関東広場に登場した。同雪像は長さ約50メートル、幅約10メートル、高さ約10メートル、雪の総使用量約2360立方メートルで、19人からなる制作チームが20日間かけて造り上げたという。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (2)凍結した松花江でアイススケート黒竜江省ハルビン市

    3日、松花江のスケートリンクを訪れた人たち。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市九站公園近くの松花江でここ数日、多くの市民や観光客が凍結した川面をリンクにしてスケートを楽しんでいる。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (7)凍結した松花江でアイススケート黒竜江省ハルビン市

    3日、松花江のスケートリンクを訪れた人たち。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市九站公園近くの松花江でここ数日、多くの市民や観光客が凍結した川面をリンクにしてスケートを楽しんでいる。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (7)ハルビン市の公園に空母「遼寧」の雪像が登場

    3日、ハルビン市道外区にある江畔公園の闖関東広場に登場した空母「遼寧」の雪像。(小型無人機から)中国の空母「遼寧」をモチーフにして造られた巨大な雪像がこのほど、中国黒竜江省ハルビン市道外区にある江畔公園の闖関東広場に登場した。同雪像は長さ約50メートル、幅約10メートル、高さ約10メートル、雪の総使用量約2360立方メートルで、19人からなる制作チームが20日間かけて造り上げたという。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (11)故宮の修繕支える青れんが河北省出岸鎮

    出岸鎮のれんが工場で、れんがの素地を運ぶ従業員。(小型無人機から、2020年7月30日撮影)中国の歴史建造物などでよく見られる青みがかった灰色のれんがは「青磚(せいせん、青れんが)」と呼ばれ、重要な建築資材の一つとして2千年以上の歴史を持つ。河北省任丘市の出岸鎮には、清の道光年間に作られたれんが窯を前身とする古建築用れんが工場があり、今でも伝統的製法を守りながら、青藍色の古式ゆかしいれんがを作り続けている。製造工程は採土、乾燥、成形、窯入れ、焼成、還元、窯出しなど非常に複雑で、生産周期も長い。同工場が生産する青れんがや瑠璃(るり)、古式建築用装飾物などの製品は、長年の努力を経て中国北部で販路を見いだし、北京の天壇公園や頤和園など古建築の修繕工事に採用された。北京故宮博物院も30年以上にわたり修繕用部材として使用している。(任丘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月05日
    マツダ本社工場 マツダ本社工場・資料

    広島県府中町(手前)と広島市にまたがるマツダ本社工場(共同通信社ヘリから)

  • 2021年01月05日
    マツダ本社工場 マツダ本社工場・資料

    マツダ本社工場=広島県府中町(共同通信社ヘリから)

    撮影: 広島県府中町

  • 2021年01月05日
    (3)武夷山国家公園が雪化粧福建省

    2020年12月31日、雪に覆われた武夷山国家公園の木々。(小型無人機から)中国福建省武夷山市はこのほど寒波が到来し、気温が大幅に低下して降雪が続いた。武夷山国家公園では深く茂った木々がすっぽりと雪に覆われ、美しい銀世界が広がった。(南平=新華社配信/陳穎)= 配信日: 2021(平成33)年01月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    五木村の空撮 熊本の仮設入居4千人超

    川辺川ダム建設による水没予定地周辺=3日午前11時53分、熊本県五木村(共同通信社ヘリから)

    撮影: 3日午前11時53分、熊本県五木村

  • 2021年01月03日
    熊本県五木村の空撮 熊本の仮設入居4千人超

    川辺川ダム建設による水没予定地周辺=3日午前11時52分、熊本県五木村(共同通信社ヘリから)

    撮影: 3日午前11時52分、熊本県五木村

  • 2021年01月03日
    (1)南京市の旧市街地が歴史地区再生の手本に

    改築され面目を一新した小西湖片区と通りを隔てた老門東。(2020年7月1日、小型無人機から撮影)600年の歴史を持つ中国江蘇省南京市の中華門の城壁を東に進むと、同市の旧市街南部の門東地区にたどり着く。この辺りは市内22カ所ある歴史風貌区の一つ、小西湖片区(エリア)に当たる。同区は孔子を祀る夫子廟(ふうしびょう)と門東歴史街区を結び、門東地区の「中軸線」を形成している。区内には伝統建築や伝統的空間が今も残されている。不規則に曲がりくねった路地が街並みを構成し、両側の風情ある建物をつなぎ合わせ、複雑な隣接部分を持つ江南の民家の中庭を形成している。小西湖片区ではこのところ、歴史地区再生の効果が現れ始めているという。(南京=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月02日
    (3)中国最大の砂漠、タクラマカン砂漠の雪景色

    12月27日、雪に覆われたタクラマカン砂漠。(小型無人機から)中国最大の砂漠、タクラマカン砂漠でこのほど、久しぶりの雪が降り、美しい雪景色が広がっている。新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県の達瓦昆(ダワクン)砂漠観光風景区では、真っ白な雪がタクラマカン砂漠の優美な曲線を際立たせている。(カシュガル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月02日
    (5)中国最大の砂漠、タクラマカン砂漠の雪景色

    12月27日、タクラマカン砂漠の雪景色。(小型無人機から)中国最大の砂漠、タクラマカン砂漠でこのほど、久しぶりの雪が降り、美しい雪景色が広がっている。新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県の達瓦昆(ダワクン)砂漠観光風景区では、真っ白な雪がタクラマカン砂漠の優美な曲線を際立たせている。(カシュガル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月02日
    (2)中国最大の砂漠、タクラマカン砂漠の雪景色

    12月27日、雪に覆われたタクラマカン砂漠。(小型無人機から)中国最大の砂漠、タクラマカン砂漠でこのほど、久しぶりの雪が降り、美しい雪景色が広がっている。新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県の達瓦昆(ダワクン)砂漠観光風景区では、真っ白な雪がタクラマカン砂漠の優美な曲線を際立たせている。(カシュガル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月02日
    (4)中国最大の砂漠、タクラマカン砂漠の雪景色

    12月27日、雪に覆われたタクラマカン砂漠。(小型無人機から)中国最大の砂漠、タクラマカン砂漠でこのほど、久しぶりの雪が降り、美しい雪景色が広がっている。新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県の達瓦昆(ダワクン)砂漠観光風景区では、真っ白な雪がタクラマカン砂漠の優美な曲線を際立たせている。(カシュガル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月02日
    (6)中国最大の砂漠、タクラマカン砂漠の雪景色

    12月27日、タクラマカン砂漠の雪景色。(小型無人機から)中国最大の砂漠、タクラマカン砂漠でこのほど、久しぶりの雪が降り、美しい雪景色が広がっている。新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県の達瓦昆(ダワクン)砂漠観光風景区では、真っ白な雪がタクラマカン砂漠の優美な曲線を際立たせている。(カシュガル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月02日
    (1)中国最大の砂漠、タクラマカン砂漠の雪景色

    12月27日、タクラマカン砂漠の達瓦昆(ダワクン)湖。(小型無人機から)中国最大の砂漠、タクラマカン砂漠でこのほど、久しぶりの雪が降り、美しい雪景色が広がっている。新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県の達瓦昆(ダワクン)砂漠観光風景区では、真っ白な雪がタクラマカン砂漠の優美な曲線を際立たせている。(カシュガル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (3)冬のメタセコイアが見頃湖南省

    12月30日、上空から見た湖南松雅湖国家湿地公園のメタセコイア。(小型無人機から)中国湖南省長沙市長沙県に位置する湖南松雅湖国家湿地公園では、色づいたメタセコイアの木々が風景を彩り、多くの観光客の目を楽しませている。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (1)冬のメタセコイアが見頃湖南省

    12月30日、上空から見た湖南松雅湖国家湿地公園のメタセコイア。(小型無人機から)中国湖南省長沙市長沙県に位置する湖南松雅湖国家湿地公園では、色づいたメタセコイアの木々が風景を彩り、多くの観光客の目を楽しませている。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (5)冬のメタセコイアが見頃湖南省

    12月30日、上空から見た湖南松雅湖国家湿地公園のメタセコイア。(小型無人機から)中国湖南省長沙市長沙県に位置する湖南松雅湖国家湿地公園では、色づいたメタセコイアの木々が風景を彩り、多くの観光客の目を楽しませている。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (4)冬のメタセコイアが見頃湖南省

    12月30日、上空から見た湖南松雅湖国家湿地公園のメタセコイア。(小型無人機から)中国湖南省長沙市長沙県に位置する湖南松雅湖国家湿地公園では、色づいたメタセコイアの木々が風景を彩り、多くの観光客の目を楽しませている。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (7)冬のメタセコイアが見頃湖南省

    12月30日、上空から見た湖南松雅湖国家湿地公園のメタセコイア。(小型無人機から)中国湖南省長沙市長沙県に位置する湖南松雅湖国家湿地公園では、色づいたメタセコイアの木々が風景を彩り、多くの観光客の目を楽しませている。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (2)冬のメタセコイアが見頃湖南省

    12月30日、上空から見た湖南松雅湖国家湿地公園のメタセコイア。(小型無人機から)中国湖南省長沙市長沙県に位置する湖南松雅湖国家湿地公園では、色づいたメタセコイアの木々が風景を彩り、多くの観光客の目を楽しませている。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (8)冬のメタセコイアが見頃湖南省

    12月30日、上空から見た湖南松雅湖国家湿地公園のメタセコイア。(小型無人機から)中国湖南省長沙市長沙県に位置する湖南松雅湖国家湿地公園では、色づいたメタセコイアの木々が風景を彩り、多くの観光客の目を楽しませている。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月29日
    (6)エルティシ川流域の村の夜景を堪能新疆ウイグル自治区

    25日、夜を鮮やかに彩る塔拉特村のイルミネーション。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アルタイ(阿勒泰)地区コクトカイ(富蘊)県可可托海鎮の塔拉特村は、エルティシ(額爾斉斯)川の源流付近に位置し、「エルティシ川第一村」の美称をもつ。夜になると、雪化粧した建物に灯りがともり、村全体が幻想的な光の世界に包まれる。(コクトカイ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月29日
    (8)エルティシ川流域の村の夜景を堪能新疆ウイグル自治区

    25日、夜を鮮やかに彩る塔拉特村のイルミネーション。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アルタイ(阿勒泰)地区コクトカイ(富蘊)県可可托海鎮の塔拉特村は、エルティシ(額爾斉斯)川の源流付近に位置し、「エルティシ川第一村」の美称をもつ。夜になると、雪化粧した建物に灯りがともり、村全体が幻想的な光の世界に包まれる。(コクトカイ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (3)雄安駅開業、鋼鉄27万トンと卵の殻4キロを使用

    26日、空から見た雄安駅。(小型無人機から)中国北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅が27日、鉄道の開通と同時に開業した。あまり知られてはいないが、実は同駅の扁額にはアヒルの卵の殻4キロを用いた象眼加工が施されている。扁額のデザインチームの責任者で、清華大学美術学院工業デザイン学部の劉強(りゅう・きょう)准教授は、卵の殻は中国特有の大漆工芸において耐久性の高い素材とされ、10余りの工程を経ることで、割れやすい卵の殻が千年経っても壊れないほどの丈夫さを持つようになると説明した。中国の鉄道建設大手、中鉄建工集団の雄安駅プロジェクト部門の責任者によると、同駅建設に使われた鋼鉄の量は約27万トン、鉄骨構造の溶接継目は約32万カ所に達し、溶接ワイヤの長さだけで地球100周分に相当するという。(北京=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (5)雄安駅開業、鋼鉄27万トンと卵の殻4キロを使用

    26日、雄安駅の外観。(小型無人機から)中国北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅が27日、鉄道の開通と同時に開業した。あまり知られてはいないが、実は同駅の扁額にはアヒルの卵の殻4キロを用いた象眼加工が施されている。扁額のデザインチームの責任者で、清華大学美術学院工業デザイン学部の劉強(りゅう・きょう)准教授は、卵の殻は中国特有の大漆工芸において耐久性の高い素材とされ、10余りの工程を経ることで、割れやすい卵の殻が千年経っても壊れないほどの丈夫さを持つようになると説明した。中国の鉄道建設大手、中鉄建工集団の雄安駅プロジェクト部門の責任者によると、同駅建設に使われた鋼鉄の量は約27万トン、鉄骨構造の溶接継目は約32万カ所に達し、溶接ワイヤの長さだけで地球100周分に相当するという。(北京=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月29日
    (7)エルティシ川流域の村の夜景を堪能新疆ウイグル自治区

    25日、夜を鮮やかに彩る塔拉特村のイルミネーション。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アルタイ(阿勒泰)地区コクトカイ(富蘊)県可可托海鎮の塔拉特村は、エルティシ(額爾斉斯)川の源流付近に位置し、「エルティシ川第一村」の美称をもつ。夜になると、雪化粧した建物に灯りがともり、村全体が幻想的な光の世界に包まれる。(コクトカイ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月28日
    工事中の原爆ドーム 原爆ドーム・資料

    保存工事中の原爆ドーム=広島市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 広島市

  • 2020年12月28日
    工事中の原爆ドーム 原爆ドーム・資料

    保存工事中の原爆ドーム=広島市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 広島市

  • 2020年12月28日
    平和記念公園 平和記念公園・資料

    広島市の平和記念公園(共同通信社ヘリから)

  • 2020年12月28日
    平和記念公園 平和記念公園・資料

    広島市の平和記念公園(共同通信社ヘリから)

  • 2020年12月28日
    平和記念公園 平和記念公園・資料

    広島市の平和記念公園(共同通信社ヘリから)

  • 2020年12月27日
    有馬温泉全景 有馬温泉・資料

    有馬温泉=神戸市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 神戸市

  • 2020年12月25日
    (5)津覇鉄道を跨ぐ栄烏高速道路新線の高架橋、旋回に成功

    22日、津覇鉄道を跨ぐ栄烏高速道路新線の高架橋。(小型無人機から)中国山東省栄成市と内モンゴル自治区の烏海(うかい)市を結ぶ栄烏高速道路新線(河北省廊坊市区間)の工事現場で22日、津覇鉄道(天津市-河北省覇州市)を跨ぐ長さ65メートルの高架橋が旋回し、所定の位置に無事に設置された。工事は中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄四局集団が請け負った。これにより、栄烏高速道路新線の円滑な開通に確かな基礎が築かれた。(廊坊=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (1)京雄都市間鉄道の雄安駅、建設が最終段階に

    23日、京雄都市間鉄道の雄安駅。(小型無人機から)中国の鉄道建設大手、中鉄建工集団によると、北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅の建設工事は全て最終段階に入っており、年末の開業を予定している。(雄安=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (6)京雄都市間鉄道の雄安駅、建設が最終段階に

    23日、京雄都市間鉄道の雄安駅。(小型無人機から)中国の鉄道建設大手、中鉄建工集団によると、北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅の建設工事は全て最終段階に入っており、年末の開業を予定している。(雄安=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (4)津覇鉄道を跨ぐ栄烏高速道路新線の高架橋、旋回に成功

    22日、旋回する津覇鉄道を跨ぐ栄烏高速道路新線の高架橋。(小型無人機から)中国山東省栄成市と内モンゴル自治区の烏海(うかい)市を結ぶ栄烏高速道路新線(河北省廊坊市区間)の工事現場で22日、津覇鉄道(天津市-河北省覇州市)を跨ぐ長さ65メートルの高架橋が旋回し、所定の位置に無事に設置された。工事は中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄四局集団が請け負った。これにより、栄烏高速道路新線の円滑な開通に確かな基礎が築かれた。(廊坊=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (1)津覇鉄道を跨ぐ栄烏高速道路新線の高架橋、旋回に成功

    22日、津覇鉄道を跨ぐ栄烏高速道路新線の高架橋。(小型無人機から)中国山東省栄成市と内モンゴル自治区の烏海(うかい)市を結ぶ栄烏高速道路新線(河北省廊坊市区間)の工事現場で22日、津覇鉄道(天津市-河北省覇州市)を跨ぐ長さ65メートルの高架橋が旋回し、所定の位置に無事に設置された。工事は中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄四局集団が請け負った。これにより、栄烏高速道路新線の円滑な開通に確かな基礎が築かれた。(廊坊=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (2)津覇鉄道を跨ぐ栄烏高速道路新線の高架橋、旋回に成功

    22日、津覇鉄道を跨ぐ栄烏高速道路新線の高架橋の下を通過する列車。(小型無人機から)中国山東省栄成市と内モンゴル自治区の烏海(うかい)市を結ぶ栄烏高速道路新線(河北省廊坊市区間)の工事現場で22日、津覇鉄道(天津市-河北省覇州市)を跨ぐ長さ65メートルの高架橋が旋回し、所定の位置に無事に設置された。工事は中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄四局集団が請け負った。これにより、栄烏高速道路新線の円滑な開通に確かな基礎が築かれた。(廊坊=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (6)津覇鉄道を跨ぐ栄烏高速道路新線の高架橋、旋回に成功

    22日、津覇鉄道を跨ぐ栄烏高速道路新線の高架橋。(小型無人機から)中国山東省栄成市と内モンゴル自治区の烏海(うかい)市を結ぶ栄烏高速道路新線(河北省廊坊市区間)の工事現場で22日、津覇鉄道(天津市-河北省覇州市)を跨ぐ長さ65メートルの高架橋が旋回し、所定の位置に無事に設置された。工事は中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄四局集団が請け負った。これにより、栄烏高速道路新線の円滑な開通に確かな基礎が築かれた。(廊坊=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (3)津覇鉄道を跨ぐ栄烏高速道路新線の高架橋、旋回に成功

    22日、津覇鉄道を跨ぐ栄烏高速道路新線の高架橋の下を通過する列車。(小型無人機から)中国山東省栄成市と内モンゴル自治区の烏海(うかい)市を結ぶ栄烏高速道路新線(河北省廊坊市区間)の工事現場で22日、津覇鉄道(天津市-河北省覇州市)を跨ぐ長さ65メートルの高架橋が旋回し、所定の位置に無事に設置された。工事は中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄四局集団が請け負った。これにより、栄烏高速道路新線の円滑な開通に確かな基礎が築かれた。(廊坊=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (1)ドゲツァオナ湖の冬景色青海省瑪多県

    16日、青海省ゴロク・チベット族自治州瑪多県のドゲツァオナ湖。(小型無人機から)中国青海省ゴロク・チベット族自治州瑪多(ばた)県のドゲツァオナ(冬格措納)湖では冬になり、澄んだ湖面に山々と白い雲がくっきりと映し出され、美しくて魅力的な風景が広がっている。(ゴロク=新華社配信/宋忠勇)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (3)ドゲツァオナ湖の冬景色青海省瑪多県

    16日、青海省ゴロク・チベット族自治州瑪多県のドゲツァオナ湖。(小型無人機から)中国青海省ゴロク・チベット族自治州瑪多(ばた)県のドゲツァオナ(冬格措納)湖では冬になり、澄んだ湖面に山々と白い雲がくっきりと映し出され、美しくて魅力的な風景が広がっている。(ゴロク=新華社配信/宋忠勇)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月21日
    (5)ラオス初の高速道路が開通中国との共同出資

    20日、空から見たビエンチャン-バンビエン高速道路。(小型無人機から)中国の建設大手、雲南省建設投資控股集団(雲南建投)とラオス政府の共同出資・建設によるラオス初の高速道路、中国ラオス高速道路のうち、首都ビエンチャンからビエンチャン県バンビエンまでの区間(ビエンチャン-バンビエン高速道路)が20日、開通した。開通式はビエンチャンと雲南省昆明市の両方で、オンライン形式で同時開催された。高速道路は全長約111キロ、上下線合わせて4車線、設計時速は80~100キロで、2018年12月30日に着工した。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月21日
    (11)ラオス初の高速道路が開通中国との共同出資

    20日、空から見たビエンチャン-バンビエン高速道路。(小型無人機から)中国の建設大手、雲南省建設投資控股集団(雲南建投)とラオス政府の共同出資・建設によるラオス初の高速道路、中国ラオス高速道路のうち、首都ビエンチャンからビエンチャン県バンビエンまでの区間(ビエンチャン-バンビエン高速道路)が20日、開通した。開通式はビエンチャンと雲南省昆明市の両方で、オンライン形式で同時開催された。高速道路は全長約111キロ、上下線合わせて4車線、設計時速は80~100キロで、2018年12月30日に着工した。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (4)紅葉に映える侗天宮文化広場柳州市三江トン族自治県

    18日、三江トン族自治県古宜鎮にある侗天宮文化広場の紅葉。(小型無人機から)21日の冬至を前に、中国広西チワン族自治区柳州市三江トン族自治県古宜鎮の侗天宮文化広場では木々が赤や黄色に染まり、鼓楼や回廊などの建築物と相まって趣ある風景が広がった。同自治県はここ数年、環境を重視した農村建設に力を入れることで、地域の魅力向上につなげている。(柳州=新華社配信/龔普康)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (3)紅葉に映える侗天宮文化広場柳州市三江トン族自治県

    18日、上空から見た三江トン族自治県古宜鎮の侗天宮文化広場。(小型無人機から)21日の冬至を前に、中国広西チワン族自治区柳州市三江トン族自治県古宜鎮の侗天宮文化広場では木々が赤や黄色に染まり、鼓楼や回廊などの建築物と相まって趣ある風景が広がった。同自治県はここ数年、環境を重視した農村建設に力を入れることで、地域の魅力向上につなげている。(柳州=新華社配信/龔普康)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (1)紅葉に映える侗天宮文化広場柳州市三江トン族自治県

    18日、三江トン族自治県古宜鎮にある侗天宮文化広場の紅葉。(小型無人機から)21日の冬至を前に、中国広西チワン族自治区柳州市三江トン族自治県古宜鎮の侗天宮文化広場では木々が赤や黄色に染まり、鼓楼や回廊などの建築物と相まって趣ある風景が広がった。同自治県はここ数年、環境を重視した農村建設に力を入れることで、地域の魅力向上につなげている。(柳州=新華社配信/龔普康)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (2)紅葉に映える侗天宮文化広場柳州市三江トン族自治県

    18日、三江トン族自治県古宜鎮にある侗天宮文化広場の紅葉。(小型無人機から)21日の冬至を前に、中国広西チワン族自治区柳州市三江トン族自治県古宜鎮の侗天宮文化広場では木々が赤や黄色に染まり、鼓楼や回廊などの建築物と相まって趣ある風景が広がった。同自治県はここ数年、環境を重視した農村建設に力を入れることで、地域の魅力向上につなげている。(柳州=新華社配信/龔普康)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:32.64
    2020年12月18日
    「新華社」珠海洪鶴大橋が開通広東省珠海市

    中国広東省珠海市で建設中だった高速道路橋「珠海洪鶴大橋」が15日、開通した。2面吊り形式の2塔斜張橋(径間長500メートル)で、4年の工期を経て完成した。全長9・6キロ、6車線(片側3車線)で、設計速度は時速100キロ。粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)建設を進める上で重要な役割を果たす。(記者/田建川) =配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:09.09
    2020年12月18日
    「新華社」水上に浮かぶ盆栽長江三峡の石宝寨

    中国重慶市忠県の長江北岸に位置する石宝寨(せきほうさい)は「水上に浮かぶ宝石」とたたえられる。独特な景観は、周囲を巨大な堤防で守られた、山や川、樹木、楼閣を備えた水上の巨大な盆栽のような眺めとなっている。石宝塔は明代の万暦年間に建築が始まり、清代の康熙・乾隆年間の修築を経て完成した。高さ56メートル、12階建て、中国に現存する最大規模で階数が最も多い楼閣で、柱に穴を開けて梁を通す「穿斗(せんとう)式」と呼ばれる構造の木造建築となっている。三峡ダムの完成後、長江の水位上昇による損壊を防ぐため、中国国家文物局は資金を投じて石宝寨の保護工事を実施。斜面保護が施され堤防で囲まれた石宝寨は、元々山中に築かれたとりでだったが、現在では水上のとりでとなり独特の景観を生み出した。その景観はここ数年、長江三峡の水上に浮かぶ盆栽のような眺めとして知られるようになり、毎年50万人を超す観光客が訪れている。(記者/谷訓) =配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (7)水上に浮かぶ盆栽長江三峡の石宝寨

    長江三峡沿いにある有名な風景区、石宝寨。遠くから眺めるとまるで水上の盆栽のよう。(10月22日撮影、小型無人機から)中国重慶市忠県の長江北岸に位置する石宝寨(せきほうさい)は「水上に浮かぶ宝石」とたたえられる。独特な景観は、周囲を巨大な堤防で守られた、山や川、樹木、楼閣を備えた水上の巨大な盆栽のような眺めとなっている。石宝寨は明代の万暦年間に建築が始まり、清代の康熙・乾隆年間の修築を経て完成した。高さ56メートル、12階建て、中国に現存する最大規模で階数が最も多い楼閣で、柱に穴を開けて梁を通す「穿斗(せんとう)式」と呼ばれる構造の木造建築となっている。三峡ダムの完成後、長江の水位上昇による損壊を防ぐため、中国国家文物局は資金を投じて石宝寨の保護工事を実施。斜面保護が施され堤防で囲まれた石宝寨は、元々山中に築かれたとりでだったが、現在では水上のとりでとなり独特の景観を生み出した。その景観はここ数年、長江三峡の水上に浮かぶ盆栽のような眺めとして知られるようになり、毎年50万人を超す観光客が訪れている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (9)水上に浮かぶ盆栽長江三峡の石宝寨

    長江三峡沿いにある有名な風景区、石宝寨。(4月28日撮影、小型無人機から)中国重慶市忠県の長江北岸に位置する石宝寨(せきほうさい)は「水上に浮かぶ宝石」とたたえられる。独特な景観は、周囲を巨大な堤防で守られた、山や川、樹木、楼閣を備えた水上の巨大な盆栽のような眺めとなっている。石宝寨は明代の万暦年間に建築が始まり、清代の康熙・乾隆年間の修築を経て完成した。高さ56メートル、12階建て、中国に現存する最大規模で階数が最も多い楼閣で、柱に穴を開けて梁を通す「穿斗(せんとう)式」と呼ばれる構造の木造建築となっている。三峡ダムの完成後、長江の水位上昇による損壊を防ぐため、中国国家文物局は資金を投じて石宝寨の保護工事を実施。斜面保護が施され堤防で囲まれた石宝寨は、元々山中に築かれたとりでだったが、現在では水上のとりでとなり独特の景観を生み出した。その景観はここ数年、長江三峡の水上に浮かぶ盆栽のような眺めとして知られるようになり、毎年50万人を超す観光客が訪れている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (18)水上に浮かぶ盆栽長江三峡の石宝寨

    長江三峡沿いにある有名な風景区、石宝寨。(2019年10月22日撮影、小型無人機から)中国重慶市忠県の長江北岸に位置する石宝寨(せきほうさい)は「水上に浮かぶ宝石」とたたえられる。独特な景観は、周囲を巨大な堤防で守られた、山や川、樹木、楼閣を備えた水上の巨大な盆栽のような眺めとなっている。石宝寨は明代の万暦年間に建築が始まり、清代の康熙・乾隆年間の修築を経て完成した。高さ56メートル、12階建てで、柱に穴を開けて梁を通す「穿斗(せんとう)式」と呼ばれる構造の木造建築としては、中国に現存するものの中で最大規模で階数が最も多い。三峡ダムの完成後、長江の水位上昇による損壊を防ぐため、中国国家文物局は資金を投じて石宝寨の保護工事を実施。斜面保護が施され堤防で囲まれた石宝寨は、元々山中に築かれたとりでだったが、現在では水上のとりでとなり独特の景観を生み出した。その景観はここ数年、長江三峡の水上に浮かぶ盆栽のような眺めとして知られるようになり、毎年50万人を超す観光客が訪れている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (10)水上に浮かぶ盆栽長江三峡の石宝寨

    長江三峡沿いにある有名な風景区、石宝寨。(4月28日撮影、小型無人機から)中国重慶市忠県の長江北岸に位置する石宝寨(せきほうさい)は「水上に浮かぶ宝石」とたたえられる。独特な景観は、周囲を巨大な堤防で守られた、山や川、樹木、楼閣を備えた水上の巨大な盆栽のような眺めとなっている。石宝寨は明代の万暦年間に建築が始まり、清代の康熙・乾隆年間の修築を経て完成した。高さ56メートル、12階建て、中国に現存する最大規模で階数が最も多い楼閣で、柱に穴を開けて梁を通す「穿斗(せんとう)式」と呼ばれる構造の木造建築となっている。三峡ダムの完成後、長江の水位上昇による損壊を防ぐため、中国国家文物局は資金を投じて石宝寨の保護工事を実施。斜面保護が施され堤防で囲まれた石宝寨は、元々山中に築かれたとりでだったが、現在では水上のとりでとなり独特の景観を生み出した。その景観はここ数年、長江三峡の水上に浮かぶ盆栽のような眺めとして知られるようになり、毎年50万人を超す観光客が訪れている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (16)水上に浮かぶ盆栽長江三峡の石宝寨

    長江三峡沿いにある有名な風景区、石宝寨。(2019年10月22日撮影、小型無人機から)中国重慶市忠県の長江北岸に位置する石宝寨(せきほうさい)は「水上に浮かぶ宝石」とたたえられる。独特な景観は、周囲を巨大な堤防で守られた、山や川、樹木、楼閣を備えた水上の巨大な盆栽のような眺めとなっている。石宝寨は明代の万暦年間に建築が始まり、清代の康熙・乾隆年間の修築を経て完成した。高さ56メートル、12階建てで、柱に穴を開けて梁を通す「穿斗(せんとう)式」と呼ばれる構造の木造建築としては、中国に現存するものの中で最大規模で階数が最も多い。三峡ダムの完成後、長江の水位上昇による損壊を防ぐため、中国国家文物局は資金を投じて石宝寨の保護工事を実施。斜面保護が施され堤防で囲まれた石宝寨は、元々山中に築かれたとりでだったが、現在では水上のとりでとなり独特の景観を生み出した。その景観はここ数年、長江三峡の水上に浮かぶ盆栽のような眺めとして知られるようになり、毎年50万人を超す観光客が訪れている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (17)水上に浮かぶ盆栽長江三峡の石宝寨

    長江三峡沿いにある有名な風景区、石宝寨。(2019年10月22日撮影、小型無人機から)中国重慶市忠県の長江北岸に位置する石宝寨(せきほうさい)は「水上に浮かぶ宝石」とたたえられる。独特な景観は、周囲を巨大な堤防で守られた、山や川、樹木、楼閣を備えた水上の巨大な盆栽のような眺めとなっている。石宝寨は明代の万暦年間に建築が始まり、清代の康熙・乾隆年間の修築を経て完成した。高さ56メートル、12階建てで、柱に穴を開けて梁を通す「穿斗(せんとう)式」と呼ばれる構造の木造建築としては、中国に現存するものの中で最大規模で階数が最も多い。三峡ダムの完成後、長江の水位上昇による損壊を防ぐため、中国国家文物局は資金を投じて石宝寨の保護工事を実施。斜面保護が施され堤防で囲まれた石宝寨は、元々山中に築かれたとりでだったが、現在では水上のとりでとなり独特の景観を生み出した。その景観はここ数年、長江三峡の水上に浮かぶ盆栽のような眺めとして知られるようになり、毎年50万人を超す観光客が訪れている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (2)水上に浮かぶ盆栽長江三峡の石宝寨

    長江三峡沿いの有名な風景区、石宝寨の楼閣。(10月22日撮影、小型無人機から)中国重慶市忠県の長江北岸に位置する石宝寨(せきほうさい)は「水上に浮かぶ宝石」とたたえられる。独特な景観は、周囲を巨大な堤防で守られた、山や川、樹木、楼閣を備えた水上の巨大な盆栽のような眺めとなっている。石宝寨は明代の万暦年間に建築が始まり、清代の康熙・乾隆年間の修築を経て完成した。高さ56メートル、12階建て、中国に現存する最大規模で階数が最も多い楼閣で、柱に穴を開けて梁を通す「穿斗(せんとう)式」と呼ばれる構造の木造建築となっている。三峡ダムの完成後、長江の水位上昇による損壊を防ぐため、中国国家文物局は資金を投じて石宝寨の保護工事を実施。斜面保護が施され堤防で囲まれた石宝寨は、元々山中に築かれたとりでだったが、現在では水上のとりでとなり独特の景観を生み出した。その景観はここ数年、長江三峡の水上に浮かぶ盆栽のような眺めとして知られるようになり、毎年50万人を超す観光客が訪れている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (13)水上に浮かぶ盆栽長江三峡の石宝寨

    長江三峡沿いにある有名な風景区、石宝寨。(4月28日撮影、小型無人機から)中国重慶市忠県の長江北岸に位置する石宝寨(せきほうさい)は「水上に浮かぶ宝石」とたたえられる。独特な景観は、周囲を巨大な堤防で守られた、山や川、樹木、楼閣を備えた水上の巨大な盆栽のような眺めとなっている。石宝寨は明代の万暦年間に建築が始まり、清代の康熙・乾隆年間の修築を経て完成した。高さ56メートル、12階建てで、柱に穴を開けて梁を通す「穿斗(せんとう)式」と呼ばれる構造の木造建築としては、中国に現存するものの中で最大規模で階数が最も多い。三峡ダムの完成後、長江の水位上昇による損壊を防ぐため、中国国家文物局は資金を投じて石宝寨の保護工事を実施。斜面保護が施され堤防で囲まれた石宝寨は、元々山中に築かれたとりでだったが、現在では水上のとりでとなり独特の景観を生み出した。その景観はここ数年、長江三峡の水上に浮かぶ盆栽のような眺めとして知られるようになり、毎年50万人を超す観光客が訪れている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (11)水上に浮かぶ盆栽長江三峡の石宝寨

    長江三峡沿いの有名な風景区、石宝寨に建つ木造建築の楼閣。(4月28日撮影、小型無人機から)中国重慶市忠県の長江北岸に位置する石宝寨(せきほうさい)は「水上に浮かぶ宝石」とたたえられる。独特な景観は、周囲を巨大な堤防で守られた、山や川、樹木、楼閣を備えた水上の巨大な盆栽のような眺めとなっている。石宝寨は明代の万暦年間に建築が始まり、清代の康熙・乾隆年間の修築を経て完成した。高さ56メートル、12階建て、中国に現存する最大規模で階数が最も多い楼閣で、柱に穴を開けて梁を通す「穿斗(せんとう)式」と呼ばれる構造の木造建築となっている。三峡ダムの完成後、長江の水位上昇による損壊を防ぐため、中国国家文物局は資金を投じて石宝寨の保護工事を実施。斜面保護が施され堤防で囲まれた石宝寨は、元々山中に築かれたとりでだったが、現在では水上のとりでとなり独特の景観を生み出した。その景観はここ数年、長江三峡の水上に浮かぶ盆栽のような眺めとして知られるようになり、毎年50万人を超す観光客が訪れている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (15)水上に浮かぶ盆栽長江三峡の石宝寨

    長江三峡沿いにある有名な風景区、石宝寨。(4月28日撮影、小型無人機から)中国重慶市忠県の長江北岸に位置する石宝寨(せきほうさい)は「水上に浮かぶ宝石」とたたえられる。独特な景観は、周囲を巨大な堤防で守られた、山や川、樹木、楼閣を備えた水上の巨大な盆栽のような眺めとなっている。石宝寨は明代の万暦年間に建築が始まり、清代の康熙・乾隆年間の修築を経て完成した。高さ56メートル、12階建てで、柱に穴を開けて梁を通す「穿斗(せんとう)式」と呼ばれる構造の木造建築としては、中国に現存するものの中で最大規模で階数が最も多い。三峡ダムの完成後、長江の水位上昇による損壊を防ぐため、中国国家文物局は資金を投じて石宝寨の保護工事を実施。斜面保護が施され堤防で囲まれた石宝寨は、元々山中に築かれたとりでだったが、現在では水上のとりでとなり独特の景観を生み出した。その景観はここ数年、長江三峡の水上に浮かぶ盆栽のような眺めとして知られるようになり、毎年50万人を超す観光客が訪れている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    (1)小涼山イ族居住区に直結する初の高速道路、舗装工事完了四川省

    14日、仁沐新高速道路の本線と馬辺支線を結ぶ沐川ジャンクション。(小型無人機から)中国の四川省交通投資集団は、同省楽山市小涼山のイ族居住区へ直接通じる初の高速道路、仁沐新高速道路馬辺支線の最後の1キロ区間の舗装工事が15日に完了し、開通のための基本的な条件が整ったと明らかにした。(成都=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    (2)小涼山イ族居住区に直結する初の高速道路、舗装工事完了四川省

    14日、山の中を走る仁沐新高速道路馬辺支線。(小型無人機から)中国の四川省交通投資集団は、同省楽山市小涼山のイ族居住区の奥地へ直接通じる初の高速道路、仁沐新高速道路馬辺支線の最後の1キロ区間の舗装工事が15日に完了し、開通のための基本的な条件が整ったと明らかにした。(成都=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:41.27
    2020年12月17日
    空撮と地上撮 東京 最多の800人以上感染 新型コロナウイルス

    東京都は17日、新型コロナウイルスの感染者が新たに800人以上報告されたと明らかにした。前日の678人を上回り過去最多。累計は4万9千人を超えた。都内の感染者数は11月中旬から高い水準で推移し、500~600人の日も目立つ。<映像内容>東京都庁の外観、スカイツリーを含んだ空撮の資料映像(1月に都内で撮影)、撮影日:2020(令和2)年12月17日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年12月17日

  • 00:59.94
    2020年12月16日
    「新華社」北京市氷上競技訓練基地がお披露目

    中国北京市延慶区の媯水(きすい)河河畔で建設中の北京市氷上競技訓練基地「天円地方」が、このほど公開された。作業スタッフによると、基地内にはアイスホッケー用のスケートリンク2面の他に、フィギュアスケート、ショートトラックスピードスケート、カーリングに使用されるリンクが計6面設けられている。別の用途で使用する場合は、氷の厚さや固さ、氷面のデザインを一時的に調整することで異なる競技に転用できる。同基地は現在、全体の照明設備の調節を終え、付帯設備の建設と試験調整が最終段階を迎えている。(記者/魏夢佳、馬暁冬) =配信日: 2020(令和2)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月15日
    (8)河南省の無形文化遺産、陝州地坑院

    10日、陝州区張汴(ちょうべん)郷北営村の地坑院を訪れた観光客。(小型無人機から)中国河南省西部の伝統住宅建築「地坑院」は「地下の四合院」とも呼ばれ、地面を四角く掘り下げ、四方の壁に掘った穴を住居とする。郷土史や建築学、地質学、社会学を研究する上で高い価値を持つ。その建築技術は2011年、第3次国家級無形文化遺産に指定された。同省三門峡市陝州区にある陝州地坑院の多くは現在、改装を経て観光名所となっている。(三門峡=新華社記者/陶明)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月15日
    (1)河南省の無形文化遺産、陝州地坑院

    10日、陝州区張汴(ちょうべん)郷北営村の地坑院。(小型無人機から)中国河南省西部の伝統住宅建築「地坑院」は「地下の四合院」とも呼ばれ、地面を四角く掘り下げ、四方の壁に掘った穴を住居とする。郷土史や建築学、地質学、社会学を研究する上で高い価値を持つ。その建築技術は2011年、第3次国家級無形文化遺産に指定された。同省三門峡市陝州区にある陝州地坑院の多くは現在、改装を経て観光名所となっている。(三門峡=新華社記者/陶明)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月15日
    (3)河南省の無形文化遺産、陝州地坑院

    10日、陝州区張汴(ちょうべん)郷北営村の地坑院を訪れた観光客。(小型無人機から)中国河南省西部の伝統住宅建築「地坑院」は「地下の四合院」とも呼ばれ、地面を四角く掘り下げ、四方の壁に掘った穴を住居とする。郷土史や建築学、地質学、社会学を研究する上で高い価値を持つ。その建築技術は2011年、第3次国家級無形文化遺産に指定された。同省三門峡市陝州区にある陝州地坑院の多くは現在、改装を経て観光名所となっている。(三門峡=新華社記者/陶明)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月15日
    (6)河南省の無形文化遺産、陝州地坑院

    10日、陝州区張汴(ちょうべん)郷北営村の地坑院。(小型無人機から)中国河南省西部の伝統住宅建築「地坑院」は「地下の四合院」とも呼ばれ、地面を四角く掘り下げ、四方の壁に掘った穴を住居とする。郷土史や建築学、地質学、社会学を研究する上で高い価値を持つ。その建築技術は2011年、第3次国家級無形文化遺産に指定された。同省三門峡市陝州区にある陝州地坑院の多くは現在、改装を経て観光名所となっている。(三門峡=新華社記者/陶明)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月15日
    (5)河南省の無形文化遺産、陝州地坑院

    10日、陝州区張汴(ちょうべん)郷北営村の地坑院を訪れた観光客。(小型無人機から)中国河南省西部の伝統住宅建築「地坑院」は「地下の四合院」とも呼ばれ、地面を四角く掘り下げ、四方の壁に掘った穴を住居とする。郷土史や建築学、地質学、社会学を研究する上で高い価値を持つ。その建築技術は2011年、第3次国家級無形文化遺産に指定された。同省三門峡市陝州区にある陝州地坑院の多くは現在、改装を経て観光名所となっている。(三門峡=新華社記者/陶明)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月15日
    (2)河南省の無形文化遺産、陝州地坑院

    10日、陝州区張汴(ちょうべん)郷北営村の地坑院。隣接区域(奥)には新たに建設された現代的住居が並ぶ。(小型無人機から)中国河南省西部の伝統住宅建築「地坑院」は「地下の四合院」とも呼ばれ、地面を四角く掘り下げ、四方の壁に掘った穴を住居とする。郷土史や建築学、地質学、社会学を研究する上で高い価値を持つ。その建築技術は2011年、第3次国家級無形文化遺産に指定された。同省三門峡市陝州区にある陝州地坑院の多くは現在、改装を経て観光名所となっている。(三門峡=新華社記者/陶明)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:09.84
    2020年12月14日
    「新華社」中国初の鉄道道路併用つり橋が開通江蘇省鎮江市

    中国江蘇省鎮江市で11日、中国初の鉄道道路併用つり橋、五峰山長江大橋が開通した。全長6・4キロ、メインスパン(主径間)は1092メートルで、橋の上層には8車線の高速道路が、下層には高速鉄道が通る。設計速度は高速道路が時速100キロ、高速鉄道は時速250キロとなっている。橋は江蘇省の連雲港市と鎮江市を結ぶ高速鉄道の重要な一部分。高速鉄道も同日開通し、連雲港市から上海市までの移動時間は従来の11時間から3時間に短縮された。(記者/呉新生)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...