KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 貧困世帯
  • ドローン
  • 小型無人機
  • 堅塁攻略
  • 貧困対策
  • 中国貴州省
  • 貧困救済
  • インフラ
  • 脱却堅塁
  • 協同組合

「貧困脱却」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 社会
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
607
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
607
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:57.54
    2021年01月12日
    「新華社」貴州省の高速道路総延長、7600キロを突破貧困脱却推進の力に

    中国貴州省は2020年末時点で、基本的に西南地域の陸路交通の要衝となっている。高速道路の総延長が7600キロを突破、総合的な密度も全国上位となっており、交通を中心とするインフラ建設が農村の発展環境を根本から変えている。(記者/劉勤兵、斉健)=配信日:2021(令和3)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.78
    2020年11月27日
    「新華社」農産物のECで貧困脱却実現、山奥の「淘宝村」湖北省鄖西県

    中国湖北省十堰(じゅうえん)市鄖西県の下営村が「淘宝村」(注)の一つで、インターネットで生中継しながら商品を販売するライブコマースが毎日行われており、電子商取引(EC)の交流・研修が毎週行われている。村の「淘宝通り」では各店の入り口にECサイト「淘宝(タオバオ)」のアドレスや大手SNS微信(ウィーチャット)のIDが表示してある。2019年に同村では139世帯700人近くがECに携わった。ネットショップの開設数は500店余りで、村全体の売上高が2億元(1元=約16円)を超え、全国の「淘宝村」に仲間入りした。湖北省北西部の山奥にある同村は、交通の便も悪く、かつては県内に84ある重点貧困村の一つだった。同県は典型的な農業県で、栽培業と養殖業が充実している。同村は「農家がそれぞれ家畜を飼育し加工、ECで統一販売する」方式を採用し、ECプラットフォームを通じて特産品を全国に販売し、農家の増収を促進している。こうした取り組みによって、村は2017年に貧困からの脱却を果たした。注「淘宝村」とは、居住世帯の10%以上がネットショップを運営し、年間取引額が1千万元を超える農村を指す。<映像内容>淘宝村の街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:24.28
    2020年11月23日
    「新華社」中国、全ての貧困県が貧困から脱却

    中国貴州省は23日、最後まで残っていた九つの貧困県が貧困から脱却し、貧困リストから除外されたと発表した。これにより中国の貧困県の全てが貧困から脱却した。中国は2015年、2020年までに現行基準に基づく農村貧困人口の貧困脱却を実現し、全ての貧困県を解消することで地域全体の貧困を解決する方針を打ち出した。(記者/胡星、楊焱彬、向定傑)<映像内容>貧困県が貧困脱却、農業の様子や街並みなど風景、撮影日:2020(令和2)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:07.94
    2020年11月18日
    「新華社」アヒル飼育産業が地域経済をけん引新疆ウイグル自治区ロプ県

    中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、狭い土地に人口が多く、産業構造が単一であることが、経済発展を妨げてきた。同県はここ数年、貧困脱却堅塁攻略の取り組みを進める中で、発達・成熟した市場と整った産業チェーンを持つ食用アヒルの飼育産業を積極的に導入。現在では六つの郷と鎮に八つの合作社(協同組合)と11カ所の飼育基地を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。同県の食品加工会社、利田香農食品は地場産業による貧困支援事業の担い手として、繁殖用アヒルの飼育、ふ化、食肉処理、コールドチェーン物流など各段階の拠点を県内に置いている。北京ダック用アヒル「北京四系鴨」の生産で、中国で2番目に大きい繁殖飼育拠点を建設、今年の処理能力は2千万羽に達している。県内には現在、アヒル飼育用の施設が250棟あり、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資している。アヒル肉加工企業は、地元の貧困世帯308人を含む計574人を雇用している。(記者/丁磊、張鍾凱)<映像内容>アヒル飼育産業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    漁業と太陽光発電を一体化、貧困脱却を後押し江蘇省宝応県

    5日、揚州市宝応県射陽湖(しゃようこ)鎮の100メガワット「漁光互補」太陽光発電プロジェクトの現場。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、生態循環農業に大々的に取り組んでいる。荒れた川辺の砂地やくぼ地に手を入れ、漁業と発電を一体化した生態漁業の「漁光互補(漁業と太陽光発電の相互支援)」太陽光発電所を建設、地元の漁業生産量と農家の収入を増加させ、環境に配慮した新エネルギーの開発と農村振興を同時に推進している。地元の電力供給部門によると現在、同県の「漁光互補」太陽光発電所は面積が6万ムー(40平方キロ)余りに達し、17の「漁光互補」プロジェクトがすでに送電を開始しており、接続容量は712メガワットに達しているという。(揚州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    漁業と太陽光発電を一体化、貧困脱却を後押し江蘇省宝応県

    5日、揚州市宝応県射陽湖(しゃようこ)鎮の100メガワット「漁光互補」太陽光発電プロジェクト現場で、巡回点検を行う作業員。中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、生態循環農業に大々的に取り組んでいる。荒れた川辺の砂地やくぼ地に手を入れ、漁業と発電を一体化した生態漁業の「漁光互補(漁業と太陽光発電の相互支援)」太陽光発電所を建設、地元の漁業生産量と農家の収入を増加させ、環境に配慮した新エネルギーの開発と農村振興を同時に推進している。地元の電力供給部門によると現在、同県の「漁光互補」太陽光発電所は面積が6万ムー(40平方キロ)余りに達し、17の「漁光互補」プロジェクトがすでに送電を開始しており、接続容量は712メガワットに達しているという。(揚州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    漁業と太陽光発電を一体化、貧困脱却を後押し江蘇省宝応県

    5日、揚州市宝応県射陽湖(しゃようこ)鎮の100メガワット「漁光互補」太陽光発電プロジェクトの現場。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、生態循環農業に大々的に取り組んでいる。荒れた川辺の砂地やくぼ地に手を入れ、漁業と発電を一体化した生態漁業の「漁光互補(漁業と太陽光発電の相互支援)」太陽光発電所を建設、地元の漁業生産量と農家の収入を増加させ、環境に配慮した新エネルギーの開発と農村振興を同時に推進している。地元の電力供給部門によると現在、同県の「漁光互補」太陽光発電所は面積が6万ムー(40平方キロ)余りに達し、17の「漁光互補」プロジェクトがすでに送電を開始しており、接続容量は712メガワットに達しているという。(揚州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    漁業と太陽光発電を一体化、貧困脱却を後押し江蘇省宝応県

    5日、揚州市宝応県射陽湖(しゃようこ)鎮の100メガワット「漁光互補」太陽光発電プロジェクトの現場。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、生態循環農業に大々的に取り組んでいる。荒れた川辺の砂地やくぼ地に手を入れ、漁業と発電を一体化した生態漁業の「漁光互補(漁業と太陽光発電の相互支援)」太陽光発電所を建設、地元の漁業生産量と農家の収入を増加させ、環境に配慮した新エネルギーの開発と農村振興を同時に推進している。地元の電力供給部門によると現在、同県の「漁光互補」太陽光発電所は面積が6万ムー(40平方キロ)余りに達し、17の「漁光互補」プロジェクトがすでに送電を開始しており、接続容量は712メガワットに達しているという。(揚州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    漁業と太陽光発電を一体化、貧困脱却を後押し江蘇省宝応県

    5日、揚州市宝応県射陽湖(しゃようこ)鎮の100メガワット「漁光互補」太陽光発電プロジェクト現場で、巡回点検を行う作業員。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、生態循環農業に大々的に取り組んでいる。荒れた川辺の砂地やくぼ地に手を入れ、漁業と発電を一体化した生態漁業の「漁光互補(漁業と太陽光発電の相互支援)」太陽光発電所を建設、地元の漁業生産量と農家の収入を増加させ、環境に配慮した新エネルギーの開発と農村振興を同時に推進している。地元の電力供給部門によると現在、同県の「漁光互補」太陽光発電所は面積が6万ムー(40平方キロ)余りに達し、17の「漁光互補」プロジェクトがすでに送電を開始しており、接続容量は712メガワットに達しているという。(揚州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    漁業と太陽光発電を一体化、貧困脱却を後押し江蘇省宝応県

    5日、揚州市宝応県射陽湖(しゃようこ)鎮の100メガワット「漁光互補」太陽光発電プロジェクト現場で、巡回点検を行う作業員。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、生態循環農業に大々的に取り組んでいる。荒れた川辺の砂地やくぼ地に手を入れ、漁業と発電を一体化した生態漁業の「漁光互補(漁業と太陽光発電の相互支援)」太陽光発電所を建設、地元の漁業生産量と農家の収入を増加させ、環境に配慮した新エネルギーの開発と農村振興を同時に推進している。地元の電力供給部門によると現在、同県の「漁光互補」太陽光発電所は面積が6万ムー(40平方キロ)余りに達し、17の「漁光互補」プロジェクトがすでに送電を開始しており、接続容量は712メガワットに達しているという。(揚州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    漁業と太陽光発電を一体化、貧困脱却を後押し江蘇省宝応県

    5日、揚州市宝応県射陽湖(しゃようこ)鎮の100メガワット「漁光互補」太陽光発電プロジェクトの現場。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、生態循環農業に大々的に取り組んでいる。荒れた川辺の砂地やくぼ地に手を入れ、漁業と発電を一体化した生態漁業の「漁光互補(漁業と太陽光発電の相互支援)」太陽光発電所を建設、地元の漁業生産量と農家の収入を増加させ、環境に配慮した新エネルギーの開発と農村振興を同時に推進している。地元の電力供給部門によると現在、同県の「漁光互補」太陽光発電所は面積が6万ムー(40平方キロ)余りに達し、17の「漁光互補」プロジェクトがすでに送電を開始しており、接続容量は712メガワットに達しているという。(揚州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    漁業と太陽光発電を一体化、貧困脱却を後押し江蘇省宝応県

    5日、揚州市宝応県射陽湖(しゃようこ)鎮の100メガワット「漁光互補」太陽光発電プロジェクト現場で、巡回点検を行う作業員。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、生態循環農業に大々的に取り組んでいる。荒れた川辺の砂地やくぼ地に手を入れ、漁業と発電を一体化した生態漁業の「漁光互補(漁業と太陽光発電の相互支援)」太陽光発電所を建設、地元の漁業生産量と農家の収入を増加させ、環境に配慮した新エネルギーの開発と農村振興を同時に推進している。地元の電力供給部門によると現在、同県の「漁光互補」太陽光発電所は面積が6万ムー(40平方キロ)余りに達し、17の「漁光互補」プロジェクトがすでに送電を開始しており、接続容量は712メガワットに達しているという。(揚州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月13日
    中国最大のイ族居住地区、長きにわたる貧困から脱却四川省

    布拖県阿布洛哈村の移転者居住区と新しく整備された道路。(10月13日撮影、小型無人機から)中国四川省人民政府の公式サイトは17日、涼山イ族自治州にある普格、布拖、金陽、昭覚、喜德、越西、美姑の国家級貧困県7県が、貧困県の指定を外れたと発表した。これにより、中国最大のイ族居住地区は長い間苦しんできた絶対的貧困から脱却し、新たな発展段階へと踏み出した。同省南西部に位置する同州は、国内で最も貧しく辺ぴな場所、貧困脱却堅塁攻略が最も難しい地域とされてきた。立ち後れたインフラを整備し、構造転換による発展を推進することで、同自治州の発展は新たな軌道に乗り、駆け足で小康社会(ややゆとりのある社会)を目指している。昨年末には、貧困発生率が4%に低下し、地域の域内総生産(GDP)は1676億3千万元(1元=約16円)と、全国に30ある少数民族自治州の上位に立った。大凉山に最後まで残っていた7貧困県がなくなったことで、四川省に88県存在した貧困県は全て貧困からの脱却を果たした。(成都=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月13日
    中国最大のイ族居住地区、長きにわたる貧困から脱却四川省

    昭覚県阿並洛古郷の美しい田園風景と農業産業パーク。(10月13日撮影、小型無人機から)中国四川省人民政府の公式サイトは17日、涼山イ族自治州にある普格、布拖、金陽、昭覚、喜德、越西、美姑の国家級貧困県7県が、貧困県の指定を外れたと発表した。これにより、中国最大のイ族居住地区は長い間苦しんできた絶対的貧困から脱却し、新たな発展段階へと踏み出した。同省南西部に位置する同州は、国内で最も貧しく辺ぴな場所、貧困脱却堅塁攻略が最も難しい地域とされてきた。立ち後れたインフラを整備し、構造転換による発展を推進することで、同自治州の発展は新たな軌道に乗り、駆け足で小康社会(ややゆとりのある社会)を目指している。昨年末には、貧困発生率が4%に低下し、地域の域内総生産(GDP)は1676億3千万元(1元=約16円)と、全国に30ある少数民族自治州の上位に立った。大凉山に最後まで残っていた7貧困県がなくなったことで、四川省に88県存在した貧困県は全て貧困からの脱却を果たした。(成都=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月13日
    中国最大のイ族居住地区、長きにわたる貧困から脱却四川省

    昭覚県三河村にある移転者居住区。(10月13日撮影、小型無人機から)中国四川省人民政府の公式サイトは17日、涼山イ族自治州にある普格、布拖、金陽、昭覚、喜德、越西、美姑の国家級貧困県7県が、貧困県の指定を外れたと発表した。これにより、中国最大のイ族居住地区は長い間苦しんできた絶対的貧困から脱却し、新たな発展段階へと踏み出した。同省南西部に位置する同州は、国内で最も貧しく辺ぴな場所、貧困脱却堅塁攻略が最も難しい地域とされてきた。立ち後れたインフラを整備し、構造転換による発展を推進することで、同自治州の発展は新たな軌道に乗り、駆け足で小康社会(ややゆとりのある社会)を目指している。昨年末には、貧困発生率が4%に低下し、地域の域内総生産(GDP)は1676億3千万元(1元=約16円)と、全国に30ある少数民族自治州の上位に立った。大凉山に最後まで残っていた7貧困県がなくなったことで、四川省に88県存在した貧困県は全て貧困からの脱却を果たした。(成都=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    ガマドーラさんと記念撮影する研修生ら。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を学ぶ研修生。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を学ぶ研修生。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を学ぶ研修生。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を学ぶ研修生。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    ガマドーラさんと研修生ら。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    各種雇用政策講じ、人々のより良い暮らしを支援新疆ホータン地区

    左:23日、新疆ウイグル自治区ホータン地区グマ県ムジ鎮の村民、ヌルアフメト・アフメトトフティさん。右:安徽省の支援で建設された型材会社で出荷製品の点検をするヌルアフメトさん。ヌルアフメトさんは同県の職業技術学校を卒業し、2018年8月から同社に勤務している。今では1号作業場の出荷チームリーダーとなり、約4千元(1元=約15円)の月給を得ている。(組み合わせ写真)中国新疆ウイグル自治区ホータン地区の五つの貧困県には現在、貧困脱却に向けて奮闘する人々がいる。地元政府は雇用の創出を安定した貧困脱却のための重要な道筋の一つと位置付け、地域住民の就業に対する求めに即した柔軟で多様な雇用促進策を講じている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    ビニールハウス栽培が貧困脱却を後押しチベット自治区チャムド市

    21日、ビニールハウスで農作業に精を出す村民。中国チベット自治区チャムド市ゾガン(左貢)県亜中村はここ数年、ビニールハウス18棟を建設し、村内の登録貧困世帯に36の就業ポストを創出、1人当たり年間5千元(1元=約15円)以上の収入増を実現した。ビニールハウスでの野菜栽培は、村民の貧困脱却を後押しする新たな手立てとなっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    ビニールハウス栽培が貧困脱却を後押しチベット自治区チャムド市

    21日、ビニールハウスで農作業に精を出す村民。中国チベット自治区チャムド市ゾガン(左貢)県亜中村はここ数年、ビニールハウス18棟を建設し、村内の登録貧困世帯に36の就業ポストを創出、1人当たり年間5千元(1元=約15円)以上の収入増を実現した。ビニールハウスでの野菜栽培は、村民の貧困脱却を後押しする新たな手立てとなっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    ビニールハウス栽培が貧困脱却を後押しチベット自治区チャムド市

    21日、ビニールハウスで農作業に精を出す村民。中国チベット自治区チャムド市ゾガン(左貢)県亜中村はここ数年、ビニールハウス18棟を建設し、村内の登録貧困世帯に36の就業ポストを創出、1人当たり年間5千元(1元=約15円)以上の収入増を実現した。ビニールハウスでの野菜栽培は、村民の貧困脱却を後押しする新たな手立てとなっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    ビニールハウス栽培が貧困脱却を後押しチベット自治区チャムド市

    21日、チャムド市ゾガン県亜中村に建設されたビニールハウス。(小型無人機から)中国チベット自治区チャムド市ゾガン(左貢)県亜中村はここ数年、ビニールハウス18棟を建設し、村内の登録貧困世帯に36の就業ポストを創出、1人当たり年間5千元(1元=約15円)以上の収入増を実現した。ビニールハウスでの野菜栽培は、村民の貧困脱却を後押しする新たな手立てとなっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    ビニールハウス栽培が貧困脱却を後押しチベット自治区チャムド市

    21日、ビニールハウスで農作業に精を出す村民。中国チベット自治区チャムド市ゾガン(左貢)県亜中村はここ数年、ビニールハウス18棟を建設し、村内の登録貧困世帯に36の就業ポストを創出、1人当たり年間5千元(1元=約15円)以上の収入増を実現した。ビニールハウスでの野菜栽培は、村民の貧困脱却を後押しする新たな手立てとなっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    ビニールハウス栽培が貧困脱却を後押しチベット自治区チャムド市

    21日、ビニールハウスで農作業に精を出す村民。中国チベット自治区チャムド市ゾガン(左貢)県亜中村はここ数年、ビニールハウス18棟を建設し、村内の登録貧困世帯に36の就業ポストを創出、1人当たり年間5千元(1元=約15円)以上の収入増を実現した。ビニールハウスでの野菜栽培は、村民の貧困脱却を後押しする新たな手立てとなっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    ビニールハウス栽培が貧困脱却を後押しチベット自治区チャムド市

    21日、ビニールハウスで農作業に精を出す村民。中国チベット自治区チャムド市ゾガン(左貢)県亜中村はここ数年、ビニールハウス18棟を建設し、村内の登録貧困世帯に36の就業ポストを創出、1人当たり年間5千元(1元=約15円)以上の収入増を実現した。ビニールハウスでの野菜栽培は、村民の貧困脱却を後押しする新たな手立てとなっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    ビニールハウス栽培が貧困脱却を後押しチベット自治区チャムド市

    21日、ビニールハウスで農作業に精を出す村民。中国チベット自治区チャムド市ゾガン(左貢)県亜中村はここ数年、ビニールハウス18棟を建設し、村内の登録貧困世帯に36の就業ポストを創出、1人当たり年間5千元(1元=約15円)以上の収入増を実現した。ビニールハウスでの野菜栽培は、村民の貧困脱却を後押しする新たな手立てとなっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月19日
    各種雇用政策講じ、人々のより良い暮らしを支援新疆ホータン地区

    左:19日、新疆ウイグル自治区ホータン地区チラ県の移住・転居による貧困救済事業で建設された小康新区の住民、グリバハルハン・オスマンさん。右:19日、自身で経営する商店に入荷した商品を並べるグリバハルハンさん。新居に移って以降、人々が集住する市場の優位性と優遇政策を見込んだグリバハルハンさんは起業を志し、2018年8月に商店を開業した。(組み合わせ写真)中国新疆ウイグル自治区ホータン地区の五つの貧困県には現在、貧困脱却に向けて奮闘する人々がいる。地元政府は雇用の創出を安定した貧困脱却のための重要な道筋の一つと位置付け、地域住民の就業に対する求めに即した柔軟で多様な雇用促進策を講じている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月18日
    中医薬材料の栽培で貧困脱却を後押し甘粛省宕昌県

    18日、宕昌県哈達鋪鎮上竜布村の農豊特色農業農民専業合作社(協同組合)で、中医薬の材料を天日干しする村民。中国甘粛省隴南市宕昌(とうしょう)県では、古くからトウキやトウジン、キバナオウギ、ダイオウなど中医薬材料を栽培している。同県はここ数年、貧困世帯の安定的な増収を図るため、環境に配慮した中医薬材料の標準化生産拠点の建設推進に注力。今年の栽培面積は40万ムー(約2万6700ヘクタール)で、栽培農家1人当たりの収入が3100元(1元=約15円)以上に達する見込みとなった。地元の中医薬材料産業は、安定的な貧困脱却や農家の増収促進、県域経済の発展を支える主力産業となっている。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月18日
    中医薬材料の栽培で貧困脱却を後押し甘粛省宕昌県

    18日、宕昌県哈達鋪鎮上竜布村の農豊特色農業農民専業合作社(協同組合)で、中医薬の材料を天日干しする村民。中国甘粛省隴南市宕昌(とうしょう)県では、古くからトウキやトウジン、キバナオウギ、ダイオウなど中医薬材料を栽培している。同県はここ数年、貧困世帯の安定的な増収を図るため、環境に配慮した中医薬材料の標準化生産拠点の建設推進に注力。今年の栽培面積は40万ムー(約2万6700ヘクタール)で、栽培農家1人当たりの収入が3100元(1元=約15円)以上に達する見込みとなった。地元の中医薬材料産業は、安定的な貧困脱却や農家の増収促進、県域経済の発展を支える主力産業となっている。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月18日
    中医薬材料の栽培で貧困脱却を後押し甘粛省宕昌県

    18日、宕昌県の拉路梁中薬材標準化栽培モデル拠点で、中医薬の材料を収穫する村民。中国甘粛省隴南市宕昌(とうしょう)県では、古くからトウキやトウジン、キバナオウギ、ダイオウなど中医薬材料を栽培している。同県はここ数年、貧困世帯の安定的な増収を図るため、環境に配慮した中医薬材料の標準化生産拠点の建設推進に注力。今年の栽培面積は40万ムー(約2万6700ヘクタール)で、栽培農家1人当たりの収入が3100元(1元=約15円)以上に達する見込みとなった。地元の中医薬材料産業は、安定的な貧困脱却や農家の増収促進、県域経済の発展を支える主力産業となっている。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月18日
    中医薬材料の栽培で貧困脱却を後押し甘粛省宕昌県

    18日、宕昌県の拉路梁中薬材標準化栽培モデル拠点で収穫したダイオウ。中国甘粛省隴南市宕昌(とうしょう)県では、古くからトウキやトウジン、キバナオウギ、ダイオウなど中医薬材料を栽培している。同県はここ数年、貧困世帯の安定的な増収を図るため、環境に配慮した中医薬材料の標準化生産拠点の建設推進に注力。今年の栽培面積は40万ムー(約2万6700ヘクタール)で、栽培農家1人当たりの収入が3100元(1元=約15円)以上に達する見込みとなった。地元の中医薬材料産業は、安定的な貧困脱却や農家の増収促進、県域経済の発展を支える主力産業となっている。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月18日
    中医薬材料の栽培で貧困脱却を後押し甘粛省宕昌県

    18日、宕昌県哈達鋪鎮上竜布村の農豊特色農業農民専業合作社(協同組合)で、中医薬の材料を加工する村民。中国甘粛省隴南市宕昌(とうしょう)県では、古くからトウキやトウジン、キバナオウギ、ダイオウなど中医薬材料を栽培している。同県はここ数年、貧困世帯の安定的な増収を図るため、環境に配慮した中医薬材料の標準化生産拠点の建設推進に注力。今年の栽培面積は40万ムー(約2万6700ヘクタール)で、栽培農家1人当たりの収入が3100元(1元=約15円)以上に達する見込みとなった。地元の中医薬材料産業は、安定的な貧困脱却や農家の増収促進、県域経済の発展を支える主力産業となっている。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月18日
    中医薬材料の栽培で貧困脱却を後押し甘粛省宕昌県

    18日、宕昌県の拉路梁中薬材標準化栽培モデル拠点で収穫したダイオウ。中国甘粛省隴南市宕昌(とうしょう)県では、古くからトウキやトウジン、キバナオウギ、ダイオウなど中医薬材料を栽培している。同県はここ数年、貧困世帯の安定的な増収を図るため、環境に配慮した中医薬材料の標準化生産拠点の建設推進に注力。今年の栽培面積は40万ムー(約2万6700ヘクタール)で、栽培農家1人当たりの収入が3100元(1元=約15円)以上に達する見込みとなった。地元の中医薬材料産業は、安定的な貧困脱却や農家の増収促進、県域経済の発展を支える主力産業となっている。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月18日
    中医薬材料の栽培で貧困脱却を後押し甘粛省宕昌県

    18日、宕昌県の拉路梁中薬材標準化栽培モデル拠点で収穫する村民。中国甘粛省隴南市宕昌(とうしょう)県では、古くからトウキやトウジン、キバナオウギ、ダイオウなど中医薬材料を栽培している。同県はここ数年、貧困世帯の安定的な増収を図るため、環境に配慮した中医薬材料の標準化生産拠点の建設推進に注力。今年の栽培面積は40万ムー(約2万6700ヘクタール)で、栽培農家1人当たりの収入が3100元(1元=約15円)以上に達する見込みとなった。地元の中医薬材料産業は、安定的な貧困脱却や農家の増収促進、県域経済の発展を支える主力産業となっている。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月18日
    中医薬材料の栽培で貧困脱却を後押し甘粛省宕昌県

    18日、宕昌県哈達鋪鎮上竜布村の農豊特色農業農民専業合作社(協同組合)で、中医薬の材料を天日干しする村民。中国甘粛省隴南市宕昌(とうしょう)県では、古くからトウキやトウジン、キバナオウギ、ダイオウなど中医薬材料を栽培している。同県はここ数年、貧困世帯の安定的な増収を図るため、環境に配慮した中医薬材料の標準化生産拠点の建設推進に注力。今年の栽培面積は40万ムー(約2万6700ヘクタール)で、栽培農家1人当たりの収入が3100元(1元=約15円)以上に達する見込みとなった。地元の中医薬材料産業は、安定的な貧困脱却や農家の増収促進、県域経済の発展を支える主力産業となっている。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月18日
    中医薬材料の栽培で貧困脱却を後押し甘粛省宕昌県

    18日、宕昌県の拉路梁中薬材標準化栽培モデル拠点で、中医薬の材料を収穫する村民。中国甘粛省隴南市宕昌(とうしょう)県では、古くからトウキやトウジン、キバナオウギ、ダイオウなど中医薬材料を栽培している。同県はここ数年、貧困世帯の安定的な増収を図るため、環境に配慮した中医薬材料の標準化生産拠点の建設推進に注力。今年の栽培面積は40万ムー(約2万6700ヘクタール)で、栽培農家1人当たりの収入が3100元(1元=約15円)以上に達する見込みとなった。地元の中医薬材料産業は、安定的な貧困脱却や農家の増収促進、県域経済の発展を支える主力産業となっている。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月16日
    貧困対策で交通インフラへの投資拡大広西チワン族自治区

    16日、広西チワン族自治区羅城モーラオ族自治県東門鎮の道路。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区羅城モーラオ族自治県は近年、住民の貧困脱却を支援するため、交通インフラ建設への投資を絶えず拡大している。(羅城=新華社記者/陸波岸)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月16日
    貧困対策で交通インフラへの投資拡大広西チワン族自治区

    16日、広西チワン族自治区羅城モーラオ族自治県東門鎮の道路。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区羅城モーラオ族自治県は近年、住民の貧困脱却を支援するため、交通インフラ建設への投資を絶えず拡大している。(羅城=新華社記者/陸波岸)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月16日
    貧困対策で交通インフラへの投資拡大広西チワン族自治区

    16日、広西チワン族自治区羅城モーラオ族自治県東門鎮の道路。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区羅城モーラオ族自治県は近年、住民の貧困脱却を支援するため、交通インフラ建設への投資を絶えず拡大している。(羅城=新華社記者/陸波岸)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月16日
    貧困対策で交通インフラへの投資拡大広西チワン族自治区

    16日、広西チワン族自治区羅城モーラオ族自治県東門鎮の道路。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区羅城モーラオ族自治県は近年、住民の貧困脱却を支援するため、交通インフラ建設への投資を絶えず拡大している。(羅城=新華社記者/陸波岸)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月16日
    貧困対策で交通インフラへの投資拡大広西チワン族自治区

    16日、広西チワン族自治区羅城モーラオ族自治県東門鎮の道路。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区羅城モーラオ族自治県は近年、住民の貧困脱却を支援するため、交通インフラ建設への投資を絶えず拡大している。(羅城=新華社記者/陸波岸)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月16日
    貧困対策で交通インフラへの投資拡大広西チワン族自治区

    16日、広西チワン族自治区羅城モーラオ族自治県東門鎮の道路。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区羅城モーラオ族自治県は近年、住民の貧困脱却を支援するため、交通インフラ建設への投資を絶えず拡大している。(羅城=新華社記者/陸波岸)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月16日
    貧困対策で交通インフラへの投資拡大広西チワン族自治区

    16日、広西チワン族自治区羅城モーラオ族自治県東門鎮の道路。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区羅城モーラオ族自治県は近年、住民の貧困脱却を支援するため、交通インフラ建設への投資を絶えず拡大している。(羅城=新華社記者/陸波岸)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月16日
    貧困対策で交通インフラへの投資拡大広西チワン族自治区

    16日、広西チワン族自治区羅城モーラオ族自治県東門鎮の道路。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区羅城モーラオ族自治県は近年、住民の貧困脱却を支援するため、交通インフラ建設への投資を絶えず拡大している。(羅城=新華社記者/陸波岸)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月12日
    中国最大のイ族居住地区、長きにわたる貧困から脱却四川省

    布拖県にある依撒社区(コミュニティー)。移住・転居による貧困救済事業により、同コミュニティーには114軒の住宅が建設され、2890世帯の計1万4230人のイ族住民が新居に引越した。(9月12日撮影、小型無人機から)中国四川省人民政府の公式サイトは17日、涼山イ族自治州にある普格、布拖、金陽、昭覚、喜德、越西、美姑の国家級貧困県7県が、貧困県の指定を外れたと発表した。これにより、中国最大のイ族居住地区は長い間苦しんできた絶対的貧困から脱却し、新たな発展段階へと踏み出した。同省南西部に位置する同州は、国内で最も貧しく辺ぴな場所、貧困脱却堅塁攻略が最も難しい地域とされてきた。立ち後れたインフラを整備し、構造転換による発展を推進することで、同自治州の発展は新たな軌道に乗り、駆け足で小康社会(ややゆとりのある社会)を目指している。昨年末には、貧困発生率が4%に低下し、地域の域内総生産(GDP)は1676億3千万元(1元=約16円)と、全国に30ある少数民族自治州の上位に立った。大凉山に最後まで残っていた7貧困県がなくなったことで、四川省に88県存在した貧困県は全て貧困からの脱却を果たした。(成都=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月11日
    貧困との決戦、インフラ建設に努めた5年広西チワン族自治区

    ムカデ競争をする広西チワン族自治区大化ヤオ族自治県六也郷六也小学校の小学生。(9月11日撮影)中国広西チワン族自治区は貧困脱却の難関攻略の主戦場の一つ。第13次5カ年計画(2016~20年)以降、全区を挙げてこれに取り組み、各種貧困対策を大きく進展させ、貧困地区の経済と社会の発展に劇的な変化をもたらした。(南寧=新華社記者/張愛林)=2020(令和2)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.80
    2020年09月09日
    「新華社」パンチェン・エルデニ、ニンティ市での仏教・社会活動終える

    中国人民政治協商会議(政協)全国委員会常務委員で中国仏教協会副会長、中国仏教協会チベット分会会長のパンチェン・エルデニ11世(チュキジュブ氏)は9日、チベット自治区ニンティ(林芝)市で13日間の仏教儀式や社会活動を終えた。パンチェン・エルデニは8月29日、初めてニンティ市メトク(墨脱)県に入った。同県はチベット自治区の南東部に位置し、ヤルツァンポ川の下流、ヒマラヤ山脈東端南麓にある。県名はチベット語で「ハスの秘境」を意味する。翌30日には同県の仁青崩寺を訪問した。僧侶らと共に読経し、平和と繁栄、安定を祈願。僧侶らの頭に手を置き祝福を授けた。31日は県内の茶農園を訪れ、農場責任者と交流を深めた。パンチェン・エルデニは、地元企業が貧困脱却と若者の職業観を変える上で果たす役割を高く評価した。パンチェン・エルデニは8月28日から9月9日の間、ニンティ市下のメトク県やポメ(波密)県、メンリン(米林)県を訪問し、各地で仏教儀式を行ったほか、ニンティ市の近年の経済社会発展状況を視察した。ポメ県の多東寺やナン(朗)県の巴爾曲德寺では、僧侶らに地元住民と社会発展に貢献するよう訴えた。<映像内容>パンチェン・エルデニ11世の仏教儀式や社会活動の様子、撮影日:2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月07日
    「安全な住宅」への移転でより良い暮らしを実現四川省

    7日、四川省涼山イ族自治州越西県にある「易地扶貧搬遷」により建設された河西呷多新村。(小型無人機から)中国四川省涼山イ族自治州ではここ数年、安全な住宅の建設が貧困世帯を貧困から脱却させるための重要な任務として位置づけられている。新たに建てられた安全な住宅は累計19万5千戸で、そのうち「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅は7万4千戸、イ族世帯の新寨(新しい集落)に建てられた住宅は9万8千戸、一対一支援(ペアリング支援)、農村における危険家屋の改築、自然地質災害の危険回避による移転のために建てられた住宅などは2万3千戸で、同自治州全体の貧困世帯に対する安全な住宅の保障率は100%に達したという。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月05日
    「安全な住宅」への移転でより良い暮らしを実現四川省

    四川省涼山イ族自治州金陽県馬依足郷にある「易地扶貧搬遷」により開発された移転先住宅地、東山社区(コミュニティー)の「千戸イ寨」。(9月5日撮影、小型無人機から)中国四川省涼山イ族自治州ではここ数年、安全な住宅の建設が貧困世帯を貧困から脱却させるための重要な任務として位置づけられている。新たに建てられた安全な住宅は累計19万5千戸で、そのうち「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅は7万4千戸、イ族世帯の新寨(新しい集落)に建てられた住宅は9万8千戸、一対一支援(ペアリング支援)、農村における危険家屋の改築、自然地質災害の危険回避による移転のために建てられた住宅などは2万3千戸で、同自治州全体の貧困世帯に対する安全な住宅の保障率は100%に達したという。(成都=新華社記者/沈伯韓)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月05日
    「安全な住宅」への移転でより良い暮らしを実現四川省

    四川省涼山イ族自治州金陽県馬依足郷にある「易地扶貧搬遷」により開発された移転先住宅地、東山社区(コミュニティー)のイ族集落「千戸イ寨」。(9月5日撮影、小型無人機から)中国四川省涼山イ族自治州ではここ数年、安全な住宅の建設が貧困世帯を貧困から脱却させるための重要な任務として位置づけられている。新たに建てられた安全な住宅は累計19万5千戸で、そのうち「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅は7万4千戸、イ族世帯の新寨(新しい集落)に建てられた住宅は9万8千戸、一対一支援(ペアリング支援)、農村における危険家屋の改築、自然地質災害の危険回避による移転のために建てられた住宅などは2万3千戸で、同自治州全体の貧困世帯に対する安全な住宅の保障率は100%に達したという。(成都=新華社記者/沈伯韓)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.71
    2020年09月02日
    「新華社」「ミニ営林場」が、農家に長期的増収もたらす黒竜江省海倫市

    中国黒竜江省海倫市の向栄鎮向新村ではこのところ、小川の両側にある800ムー(約53ヘクタール)の「薪炭扶貧(燃料にする低木を育てて貧困を支援する)林」に木々が生い茂っている。林は土壌浸食を防止できるだけでなく、貧困脱却を促進し増収をもたらすことができる。鎮内の貧困世帯は1世帯1ムーの環境に配慮した「薪炭扶貧林」を有する。林には主にケショウヤナギとサリュウ(沙柳)が植えられ、ケショウヤナギは柳編み工芸品作りに使われる。また、サリュウは暖房などエネルギー企業に燃料を提供でき、1ムーにつき約2千元(1元=約15円)の利益を生むと見込まれている。同市は2019年以来、郷・鎮で貧困支援の「ミニ営林場」造営を奨励しており、貧困世帯が林の造営に参加して利益配当の享受と継続的で安定した増収が実現できるよう促している。同市はこの2年間で「ミニ営林場」を1260カ所に建設し、総面積は1万4800ムー(約986ヘクタール)に達し、貧困世帯1万5700世帯を増収に導いている。(記者/唐鉄富)<映像内容>燃料にする低木を育てる様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    「安全な住宅」への移転でより良い暮らしを実現四川省

    四川省のタバコメーカー、四川省煙草と国有企業、中国長江三峡集団の支援で建設された同省涼山イ族自治州普格県特補郷の甲甲溝村の新居。(9月2日撮影、小型無人機から)中国四川省涼山イ族自治州ではここ数年、安全な住宅の建設が貧困世帯を貧困から脱却させるための重要な任務として位置づけられている。新たに建てられた安全な住宅は累計19万5千戸で、そのうち「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅は7万4千戸、イ族世帯の新寨(新しい集落)に建てられた住宅は9万8千戸、一対一支援(ペアリング支援)、農村における危険家屋の改築、自然地質災害の危険回避による移転のために建てられた住宅などは2万3千戸で、同自治州全体の貧困世帯に対する安全な住宅の保障率は100%に達したという。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    「安全な住宅」への移転でより良い暮らしを実現四川省

    四川省涼山イ族自治州普格県蕎窩鎮雲盤山村にある「自主搬遷」(住民の自主的な立ち退きによる移転)により建てられた集合住宅。(9月2日撮影、小型無人機から)中国四川省涼山イ族自治州ではここ数年、安全な住宅の建設が貧困世帯を貧困から脱却させるための重要な任務として位置づけられている。新たに建てられた安全な住宅は累計19万5千戸で、そのうち「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅は7万4千戸、イ族世帯の新寨(新しい集落)に建てられた住宅は9万8千戸、一対一支援(ペアリング支援)、農村における危険家屋の改築、自然地質災害の危険回避による移転のために建てられた住宅などは2万3千戸で、同自治州全体の貧困世帯に対する安全な住宅の保障率は100%に達したという。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    「安全な住宅」への移転でより良い暮らしを実現四川省

    四川省のタバコメーカー、四川省煙草と国有企業、中国長江三峡集団の支援で建設された同省涼山イ族自治州普格県特補郷の甲甲溝村の新居。(9月2日撮影、小型無人機から)中国四川省涼山イ族自治州ではここ数年、安全な住宅の建設が貧困世帯を貧困から脱却させるための重要な任務として位置づけられている。新たに建てられた安全な住宅は累計19万5千戸で、そのうち「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅は7万4千戸、イ族世帯の新寨(新しい集落)に建てられた住宅は9万8千戸、一対一支援(ペアリング支援)、農村における危険家屋の改築、自然地質災害の危険回避による移転のために建てられた住宅などは2万3千戸で、同自治州全体の貧困世帯に対する安全な住宅の保障率は100%に達したという。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月01日
    「安全な住宅」への移転でより良い暮らしを実現四川省

    四川省涼山イ族自治州喜徳県魯基郷中壩村にある「易地扶貧搬遷」により建てられた集合住宅。(9月1日撮影、小型無人機から)中国四川省涼山イ族自治州ではここ数年、安全な住宅の建設が貧困世帯を貧困から脱却させるための重要な任務として位置づけられている。新たに建てられた安全な住宅は累計19万5千戸で、そのうち「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅は7万4千戸、イ族世帯の新寨(新しい集落)に建てられた住宅は9万8千戸、一対一支援(ペアリング支援)、農村における危険家屋の改築、自然地質災害の危険回避による移転のために建てられた住宅などは2万3千戸で、同自治州全体の貧困世帯に対する安全な住宅の保障率は100%に達したという。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月01日
    「安全な住宅」への移転でより良い暮らしを実現四川省

    四川省涼山イ族自治州喜徳県魯基郷中壩村にある「易地扶貧搬遷」により建てられた集合住宅。(9月1日撮影、小型無人機から)中国四川省涼山イ族自治州ではここ数年、安全な住宅の建設が貧困世帯を貧困から脱却させるための重要な任務として位置づけられている。新たに建てられた安全な住宅は累計19万5千戸で、そのうち「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅は7万4千戸、イ族世帯の新寨(新しい集落)に建てられた住宅は9万8千戸、一対一支援(ペアリング支援)、農村における危険家屋の改築、自然地質災害の危険回避による移転のために建てられた住宅などは2万3千戸で、同自治州全体の貧困世帯に対する安全な住宅の保障率は100%に達したという。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月01日
    「安全な住宅」への移転でより良い暮らしを実現四川省

    四川省涼山イ族自治州喜徳県魯基郷中壩村にある「易地扶貧搬遷」により建てられた集合住宅。(9月1日撮影、小型無人機から)中国四川省涼山イ族自治州ではここ数年、安全な住宅の建設が貧困世帯を貧困から脱却させるための重要な任務として位置づけられている。新たに建てられた安全な住宅は累計19万5千戸で、そのうち「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅は7万4千戸、イ族世帯の新寨(新しい集落)に建てられた住宅は9万8千戸、一対一支援(ペアリング支援)、農村における危険家屋の改築、自然地質災害の危険回避による移転のために建てられた住宅などは2万3千戸で、同自治州全体の貧困世帯に対する安全な住宅の保障率は100%に達したという。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月30日
    「安全な住宅」への移転でより良い暮らしを実現四川省

    四川省涼山イ族自治州喜徳県光明鎮にある「易地扶貧搬遷」により開発された移転先住宅地、イ欣社区(コミュニティー)。(8月30日撮影、小型無人機から)中国四川省涼山イ族自治州ではここ数年、安全な住宅の建設が貧困世帯を貧困から脱却させるための重要な任務として位置づけられている。新たに建てられた安全な住宅は累計19万5千戸で、そのうち「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅は7万4千戸、イ族世帯の新寨(新しい集落)に建てられた住宅は9万8千戸、一対一支援(ペアリング支援)、農村における危険家屋の改築、自然地質災害の危険回避による移転のために建てられた住宅などは2万3千戸で、同自治州全体の貧困世帯に対する安全な住宅の保障率は100%に達したという。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月30日
    「安全な住宅」への移転でより良い暮らしを実現四川省

    四川省涼山イ族自治州喜徳県光明鎮阿吼村にある「易地扶貧搬遷」により建てられた集合住宅。(8月30日撮影、小型無人機から)中国四川省涼山イ族自治州ではここ数年、安全な住宅の建設が貧困世帯を貧困から脱却させるための重要な任務として位置づけられている。新たに建てられた安全な住宅は累計19万5千戸で、そのうち「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅は7万4千戸、イ族世帯の新寨(新しい集落)に建てられた住宅は9万8千戸、一対一支援(ペアリング支援)、農村における危険家屋の改築、自然地質災害の危険回避による移転のために建てられた住宅などは2万3千戸で、同自治州全体の貧困世帯に対する安全な住宅の保障率は100%に達したという。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.45
    2020年08月21日
    「新華社」海を渡った日本のブドウが開く貧困脱却への道広東省南雄市

    中国広東省南雄市にある「黄金香印葡萄貧困支援産業パーク」で現在、ブドウが収穫期を迎えている。今年の生産量は600トン、生産高は6千万元(1元=約15円)を超える見込み。同パークは日本の品種のシャインマスカット「晴王(はれおう)」を導入し、地元の気候や土壌の条件に合わせて改良を加え、南雄市での栽培を成功させた。また日本の栽培技術を取り入れ、ブドウ畑のきめ細かな管理を行っている。同パークは市内の企業、優源現代農業科技が資金を投じて建設した。面積は1千ムー(約67ヘクタール)を超え、同市の重点産業貧困者扶助プロジェクトの一つとなっている。同パークはまた、土地使用権の譲渡に応じた農家に毎年1ムー(1ムー=約667平方メートル)当たり1100元の収入をもたらすだけでなく、地元農家350人の雇用の受け皿にもなっている。就業者の中には貧困世帯の26人含まれ、月3千元以上の収入を得ている。(記者/陸浩、李雄鷹)<映像内容>日本の栽培技術を取り入れたブドウ栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    「無声の画家」の貧困脱却への道湖南省寧郷市

    19日、湖南省寧郷市の横市鎮雲山村で、肖明さんに養蜂の知識を教える貧困扶助幹部の鄧勃(とう・ぼつ)さん(左)。中国湖南省寧郷市の横市鎮雲山村に暮らす聴覚障害者の肖明(しょう・めい)さん(40)は、幼い頃から絵を描くことが好きだったが、生活に余裕がなかったため、絵筆を持つことは長い間かなわなかった。転機が訪れたのは6年前。貧困支援の対象となり、工場で働きながら貧困扶助幹部の支えで養蜂も始めると、収入が徐々に安定するようになった。2年前に貧困からの脱却を果たし、貧困扶助幹部の励ましの下、再び絵筆を握る生活が始まった。現在は自宅の一室をアトリエに改造し、絵を描く日々を送っている。自分らしい絵が描けるようになるまで、ゆっくりと独学を続けながら、農村の様子や農民たちの物語を絵で残したいと考えている。10月には地元政府の支援の下、初の個展を開くことが決まっている。(寧郷=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    貧困脱却に向け、最後の総力戦進める広西チワン族自治区

    広西チワン族自治区都安ヤオ族自治県東廟郷の、移住・転居による貧困救済事業で建設された居住区。(8月18日撮影、小型無人機から)中国では現在、貧困脱却堅塁攻略戦が決勝段階に入っている。その「主戦場」の一つである広西チワン族自治区は総力を挙げて取り組んでおり、いまだ残る8カ所の貧困県と48カ所の極度貧困村の戦いを重点案件として広く公開し、監督激励している。(南寧=新華社記者/周華)=2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    単体の投資額が過去最大規模の交通プロジェクト着工寧夏

    18日、銀昆高速道路における寧夏域内の太陽山開発区‐彭陽県区間プロジェクトの建設現場。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区銀川市と雲南省昆明市を結ぶ銀昆高速道路における寧夏域内の太陽山開発区‐彭陽県区間プロジェクトが18日、正式に着工した。同自治区で単体の投資額が過去最大規模の交通プロジェクトとなる。寧夏域内を南北に貫き、全長は237キロ、承認された投資費用は概算で総額261億元(1元=約15円)、工期は4年で、政府と社会資本の協力によって実施されるPPP事業となる。複数の「国家級貧困県」を通過する同プロジェクトは、国による貧困脱却支援のための交通100事業の一つでもある。この高速道路の建設により、同自治区中南部地域の道路網状況が効果的に改善され、六盤山の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)の経済発展促進が期待される。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    単体の投資額が過去最大規模の交通プロジェクト着工寧夏

    18日、寧夏域内の太陽山開発区‐彭陽県区間プロジェクトの起工式の様子。中国寧夏回族自治区銀川市と雲南省昆明市を結ぶ銀昆高速道路における寧夏域内の太陽山開発区‐彭陽県区間プロジェクトが18日、正式に着工した。同自治区で単体の投資額が過去最大規模の交通プロジェクトとなる。寧夏域内を南北に貫き、全長は237キロ、承認された投資費用は概算で総額261億元(1元=約15円)、工期は4年で、政府と社会資本の協力によって実施されるPPP事業となる。複数の「国家級貧困県」を通過する同プロジェクトは、国による貧困脱却支援のための交通100事業の一つでもある。この高速道路の建設により、同自治区中南部地域の道路網状況が効果的に改善され、六盤山の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)の経済発展促進が期待される。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    単体の投資額が過去最大規模の交通プロジェクト着工寧夏

    18日、銀昆高速道路における寧夏域内の太陽山開発区‐彭陽県区間プロジェクトの起工式。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区銀川市と雲南省昆明市を結ぶ銀昆高速道路における寧夏域内の太陽山開発区‐彭陽県区間プロジェクトが18日、正式に着工した。同自治区で単体の投資額が過去最大規模の交通プロジェクトとなる。寧夏域内を南北に貫き、全長は237キロ、承認された投資費用は概算で総額261億元(1元=約15円)、工期は4年で、政府と社会資本の協力によって実施されるPPP事業となる。複数の「国家級貧困県」を通過する同プロジェクトは、国による貧困脱却支援のための交通100事業の一つでもある。この高速道路の建設により、同自治区中南部地域の道路網状況が効果的に改善され、六盤山の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)の経済発展促進が期待される。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    貧困脱却に向け、最後の総力戦進める広西チワン族自治区

    広西チワン族自治区都安ヤオ族自治県東廟郷の、移住・転居による貧困救済事業で建設された居住区。(8月18日撮影、小型無人機から)中国では現在、貧困脱却堅塁攻略戦が決勝段階に入っている。その「主戦場」の一つである広西チワン族自治区は総力を挙げて取り組んでおり、いまだ残る8カ所の貧困県と48カ所の極度貧困村の戦いを重点案件として広く公開し、監督激励している。(南寧=新華社記者/周華)=2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    単体の投資額が過去最大規模の交通プロジェクト着工寧夏

    18日、銀昆高速道路における寧夏域内の太陽山開発区‐彭陽県区間プロジェクトの起工式。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区銀川市と雲南省昆明市を結ぶ銀昆高速道路における寧夏域内の太陽山開発区‐彭陽県区間プロジェクトが18日、正式に着工した。同自治区で単体の投資額が過去最大規模の交通プロジェクトとなる。寧夏域内を南北に貫き、全長は237キロ、承認された投資費用は概算で総額261億元(1元=約15円)、工期は4年で、政府と社会資本の協力によって実施されるPPP事業となる。複数の「国家級貧困県」を通過する同プロジェクトは、国による貧困脱却支援のための交通100事業の一つでもある。この高速道路の建設により、同自治区中南部地域の道路網状況が効果的に改善され、六盤山の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)の経済発展促進が期待される。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    単体の投資額が過去最大規模の交通プロジェクト着工寧夏

    18日、寧夏域内の太陽山開発区‐彭陽県区間プロジェクトの起工式の様子。中国寧夏回族自治区銀川市と雲南省昆明市を結ぶ銀昆高速道路における寧夏域内の太陽山開発区‐彭陽県区間プロジェクトが18日、正式に着工した。同自治区で単体の投資額が過去最大規模の交通プロジェクトとなる。寧夏域内を南北に貫き、全長は237キロ、承認された投資費用は概算で総額261億元(1元=約15円)、工期は4年で、政府と社会資本の協力によって実施されるPPP事業となる。複数の「国家級貧困県」を通過する同プロジェクトは、国による貧困脱却支援のための交通100事業の一つでもある。この高速道路の建設により、同自治区中南部地域の道路網状況が効果的に改善され、六盤山の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)の経済発展促進が期待される。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月15日
    海を渡った日本のブドウが開く貧困脱却への道広東省南雄市

    15日、1房約750グラムあるブドウを手にする労働者。中国広東省南雄市にある黄金香印葡萄貧困支援産業パークで現在、ブドウが収穫期を迎えている。今年の生産量は600トン、生産高は6千万元(1元=約15円)を超える見込み。同パークは日本の品種のシャインマスカット「晴王(はれおう)」を導入し、地元の気候や土壌の条件に合わせて改良を加え、南雄市での栽培を成功させた。また日本の栽培技術を取り入れ、ブドウ畑のきめ細かな管理を行っている。同パークは市内の企業、優源現代農業科技が資金を投じて建設した。面積は千ムー(約67ヘクタール)を超え、同市の重点産業貧困扶助プロジェクトの一つとなっている。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:34.47
    2020年08月15日
    「新華社」伝統の名刀「保安腰刀」の鍛造が貧困脱却の一助に甘粛省

    中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に暮らすパオアン族伝統の名刀「保安腰刀」は、その優れた鍛造技術が2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同自治県はここ数年、保安腰刀を鍛造する貧困者支援作業場や工房などを建設し、特色ある無形文化遺産を柱とした経済発展に力を入れている。保安腰刀の鍛造は、伝統技術を継承し保護すると同時に、貧困世帯が収入源を開拓して貧困から脱却する一助となっている。(記者/馬莎)<映像内容>パオアン族伝統の名刀、鍛造の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月15日
    海を渡った日本のブドウが開く貧困脱却への道広東省南雄市

    15日、ブドウを収穫する作業員。中国広東省南雄市にある黄金香印葡萄貧困支援産業パークで現在、ブドウが収穫期を迎えている。今年の生産量は600トン、生産高は6千万元(1元=約15円)を超える見込み。同パークは日本の品種のシャインマスカット「晴王(はれおう)」を導入し、地元の気候や土壌の条件に合わせて改良を加え、南雄市での栽培を成功させた。また日本の栽培技術を取り入れ、ブドウ畑のきめ細かな管理を行っている。同パークは市内の企業、優源現代農業科技が資金を投じて建設した。面積は千ムー(約67ヘクタール)を超え、同市の重点産業貧困扶助プロジェクトの一つとなっている。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月15日
    海を渡った日本のブドウが開く貧困脱却への道広東省南雄市

    15日、広東省南雄市の黄金香印葡萄貧困支援産業パーク。中国広東省南雄市にある黄金香印葡萄貧困支援産業パークで現在、ブドウが収穫期を迎えている。今年の生産量は600トン、生産高は6千万元(1元=約15円)を超える見込み。同パークは日本の品種のシャインマスカット「晴王(はれおう)」を導入し、地元の気候や土壌の条件に合わせて改良を加え、南雄市での栽培を成功させた。また日本の栽培技術を取り入れ、ブドウ畑のきめ細かな管理を行っている。同パークは市内の企業、優源現代農業科技が資金を投じて建設した。面積は千ムー(約67ヘクタール)を超え、同市の重点産業貧困扶助プロジェクトの一つとなっている。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:52.52
    2020年08月15日
    「新華社」世界ジオパークの村、貧困脱却を実現福建省

    中国福建省寧徳市周寧県礼門郷陳峭(ちんしょう)村は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界ジオパークに認定されたエリアに位置し、美しい日の出や雲海、星空を見ることができる。村内には切り立った岩や洞窟、渓谷が点在し、真夏の平均気温が24度であることから、気候が近い雲南省の景勝地になぞらえ「福建東部のシーサンパンナ」と称される。同村は山が険しく、交通の便も悪いため、村民が出稼ぎ労働者となって離村し、空洞化が進んでいたが、村外で事業に成功した村民らが2010年に同郷会を創設し、資金を募って観光開発企業「陳峭旅遊開発」を設立、故郷の町づくりに着手し始めた。今のところ、荒れていた村落が国家3A級観光地へと姿を変えた。19年9月には観光発展を契機として同県が投資、建設した観光道路は同村に通じるようになり、沿線の複数の村落も活気づいた。陳峭村が19年に受け入れた観光客は延べ10万人を超え、村民の1人当たりの年収も1万4800元(1元=約15円)に達した。貧困世帯として登録されていた12世帯も17年末に全て貧困脱却を実現した。(記者/郭圻、陳旺)<映像内容>福建省の世界ジオパークの村の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月15日
    海を渡った日本のブドウが開く貧困脱却への道広東省南雄市

    15日、黄金香印葡萄貧困支援産業パークで収穫期を迎えたブドウ。中国広東省南雄市にある黄金香印葡萄貧困支援産業パークで現在、ブドウが収穫期を迎えている。今年の生産量は600トン、生産高は6千万元(1元=約15円)を超える見込み。同パークは日本の品種のシャインマスカット「晴王(はれおう)」を導入し、地元の気候や土壌の条件に合わせて改良を加え、南雄市での栽培を成功させた。また日本の栽培技術を取り入れ、ブドウ畑のきめ細かな管理を行っている。同パークは市内の企業、優源現代農業科技が資金を投じて建設した。面積は千ムー(約67ヘクタール)を超え、同市の重点産業貧困扶助プロジェクトの一つとなっている。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月15日
    海を渡った日本のブドウが開く貧困脱却への道広東省南雄市

    15日、広東省南雄市の黄金香印葡萄貧困支援産業パークのブドウ畑。ブドウ棚を「H型」に仕立てる栽培方法を採用し、全ての葉に十分な日当たりを確保している。中国広東省南雄市にある黄金香印葡萄貧困支援産業パークで現在、ブドウが収穫期を迎えている。今年の生産量は600トン、生産高は6千万元(1元=約15円)を超える見込み。同パークは日本の品種のシャインマスカット「晴王(はれおう)」を導入し、地元の気候や土壌の条件に合わせて改良を加え、南雄市での栽培を成功させた。また日本の栽培技術を取り入れ、ブドウ畑のきめ細かな管理を行っている。同パークは市内の企業、優源現代農業科技が資金を投じて建設した。面積は千ムー(約67ヘクタール)を超え、同市の重点産業貧困扶助プロジェクトの一つとなっている。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月15日
    海を渡った日本のブドウが開く貧困脱却への道広東省南雄市

    15日、収穫期を迎えた黄金香印葡萄貧困扶助産業パークのブドウ。中国広東省南雄市にある黄金香印葡萄貧困支援産業パークで現在、ブドウが収穫期を迎えている。今年の生産量は600トン、生産高は6千万元(1元=約15円)を超える見込み。同パークは日本の品種のシャインマスカット「晴王(はれおう)」を導入し、地元の気候や土壌の条件に合わせて改良を加え、南雄市での栽培を成功させた。また日本の栽培技術を取り入れ、ブドウ畑のきめ細かな管理を行っている。同パークは市内の企業、優源現代農業科技が資金を投じて建設した。面積は千ムー(約67ヘクタール)を超え、同市の重点産業貧困扶助プロジェクトの一つとなっている。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月15日
    海を渡った日本のブドウが開く貧困脱却への道広東省南雄市

    15日、ブドウを選別・梱包する作業員。中国広東省南雄市にある黄金香印葡萄貧困支援産業パークで現在、ブドウが収穫期を迎えている。今年の生産量は600トン、生産高は6千万元(1元=約15円)を超える見込み。同パークは日本の品種のシャインマスカット「晴王(はれおう)」を導入し、地元の気候や土壌の条件に合わせて改良を加え、南雄市での栽培を成功させた。また日本の栽培技術を取り入れ、ブドウ畑のきめ細かな管理を行っている。同パークは市内の企業、優源現代農業科技が資金を投じて建設した。面積は千ムー(約67ヘクタール)を超え、同市の重点産業貧困扶助プロジェクトの一つとなっている。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月15日
    海を渡った日本のブドウが開く貧困脱却への道広東省南雄市

    15日、ブドウを収穫する作業員。中国広東省南雄市にある黄金香印葡萄貧困支援産業パークで現在、ブドウが収穫期を迎えている。今年の生産量は600トン、生産高は6千万元(1元=約15円)を超える見込み。同パークは日本の品種のシャインマスカット「晴王(はれおう)」を導入し、地元の気候や土壌の条件に合わせて改良を加え、南雄市での栽培を成功させた。また日本の栽培技術を取り入れ、ブドウ畑のきめ細かな管理を行っている。同パークは市内の企業、優源現代農業科技が資金を投じて建設した。面積は千ムー(約67ヘクタール)を超え、同市の重点産業貧困扶助プロジェクトの一つとなっている。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月15日
    海を渡った日本のブドウが開く貧困脱却への道広東省南雄市

    15日、ブドウを収穫する作業員。中国広東省南雄市にある黄金香印葡萄貧困支援産業パークで現在、ブドウが収穫期を迎えている。今年の生産量は600トン、生産高は6千万元(1元=約15円)を超える見込み。同パークは日本の品種のシャインマスカット「晴王(はれおう)」を導入し、地元の気候や土壌の条件に合わせて改良を加え、南雄市での栽培を成功させた。また日本の栽培技術を取り入れ、ブドウ畑のきめ細かな管理を行っている。同パークは市内の企業、優源現代農業科技が資金を投じて建設した。面積は千ムー(約67ヘクタール)を超え、同市の重点産業貧困扶助プロジェクトの一つとなっている。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.62
    2020年08月14日
    「新華社」野菜合作社が産業発展で貧困脱却を後押し黒竜江省寧安市

    中国黒竜江省寧安市は近年、的確な貧困救済を導く産業として施設野菜栽培の発展に力を入れている。同市は市全体の貧困世帯500世帯余りの小口信用貸付金を寧安市慶雨野菜専業合作社(協同組合)に集中的に投入し、野菜産業パーク基地を建設して、貧困世帯の貧困脱却と増収をけん引するとともに、合作社の野菜産業を成長させている。(記者/王建威)<映像内容>野菜栽培の様子、収穫の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    トウガラシ産業で貧困脱却を後押し 貴州省遵義市

    13日、貴州省遵義市新蒲新区の永楽鎮山堡村にあるトウガラシ栽培基地の一角。(小型無人機から)中国貴州省遵義(じゅんぎ)市新蒲(しんぽ)新区ではこのところ、地元農家が栽培したトウガラシの収穫、加工作業が最盛期を迎えており、乾燥トウガラシ、トウガラシを発酵させた調味料「糟辣椒(ザオラージャオ)」、トウガラシペーストなどの香りがあちこちに漂う。同区は近年、「企業+基地+農家」のモデルを導入し、市場ニーズに合わせて特色あるトウガラシの品種を栽培している。また、「遵義トウガラシシティー」やトウガラシ加工パークなどを建設し、製品の研究開発、加工、販売などを一体化した産業チェーンの発展を推進することで、山間部の農家が貧困から脱却し、豊かになるよう支援している。(遵義=新華社記者/陶亮)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    トウガラシ産業で貧困脱却を後押し 貴州省遵義市

    13日、貴州省遵義市新蒲新区の「遵義トウガラシシティー」で、トウガラシを運ぶ従業員。中国貴州省遵義(じゅんぎ)市新蒲(しんぽ)新区ではこのところ、地元農家が栽培したトウガラシの収穫、加工作業が最盛期を迎えており、乾燥トウガラシ、トウガラシを発酵させた調味料「糟辣椒(ザオラージャオ)」、トウガラシペーストなどの香りがあちこちに漂う。同区は近年、「企業+基地+農家」のモデルを導入し、市場ニーズに合わせて特色あるトウガラシの品種を栽培している。また、「遵義トウガラシシティー」やトウガラシ加工パークなどを建設し、製品の研究開発、加工、販売などを一体化した産業チェーンの発展を推進することで、山間部の農家が貧困から脱却し、豊かになるよう支援している。(遵義=新華社記者/陶亮)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    トウガラシ産業で貧困脱却を後押し 貴州省遵義市

    13日、貴州省遵義市新蒲新区の「遵義トウガラシシティー」で、トウガラシの下加工をする従業員。中国貴州省遵義(じゅんぎ)市新蒲(しんぽ)新区ではこのところ、地元農家が栽培したトウガラシの収穫、加工作業が最盛期を迎えており、乾燥トウガラシ、トウガラシを発酵させた調味料「糟辣椒(ザオラージャオ)」、トウガラシペーストなどの香りがあちこちに漂う。同区は近年、「企業+基地+農家」のモデルを導入し、市場ニーズに合わせて特色あるトウガラシの品種を栽培している。また、「遵義トウガラシシティー」やトウガラシ加工パークなどを建設し、製品の研究開発、加工、販売などを一体化した産業チェーンの発展を推進することで、山間部の農家が貧困から脱却し、豊かになるよう支援している。(遵義=新華社記者/陶亮)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    トウガラシ産業で貧困脱却を後押し 貴州省遵義市

    13日、貴州省遵義市新蒲新区永楽鎮山堡村の畑で、トウガラシの収穫作業に励む農家の人たち。(小型無人機から)中国貴州省遵義(じゅんぎ)市新蒲(しんぽ)新区ではこのところ、地元農家が栽培したトウガラシの収穫、加工作業が最盛期を迎えており、乾燥トウガラシ、トウガラシを発酵させた調味料「糟辣椒(ザオラージャオ)」、トウガラシペーストなどの香りがあちこちに漂う。同区は近年、「企業+基地+農家」のモデルを導入し、市場ニーズに合わせて特色あるトウガラシの品種を栽培している。また、「遵義トウガラシシティー」やトウガラシ加工パークなどを建設し、製品の研究開発、加工、販売などを一体化した産業チェーンの発展を推進することで、山間部の農家が貧困から脱却し、豊かになるよう支援している。(遵義=新華社記者/陶亮)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    トウガラシ産業で貧困脱却を後押し 貴州省遵義市

    13日、貴州省遵義市新蒲新区の「遵義トウガラシシティー」で、トウガラシを天日干しする従業員。中国貴州省遵義(じゅんぎ)市新蒲(しんぽ)新区ではこのところ、地元農家が栽培したトウガラシの収穫、加工作業が最盛期を迎えており、乾燥トウガラシ、トウガラシを発酵させた調味料「糟辣椒(ザオラージャオ)」、トウガラシペーストなどの香りがあちこちに漂う。同区は近年、「企業+基地+農家」のモデルを導入し、市場ニーズに合わせて特色あるトウガラシの品種を栽培している。また、「遵義トウガラシシティー」やトウガラシ加工パークなどを建設し、製品の研究開発、加工、販売などを一体化した産業チェーンの発展を推進することで、山間部の農家が貧困から脱却し、豊かになるよう支援している。(遵義=新華社記者/陶亮)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    トウガラシ産業で貧困脱却を後押し 貴州省遵義市

    13日、貴州省遵義市新蒲新区の「遵義トウガラシシティー」で、トウガラシを集める従業員。中国貴州省遵義(じゅんぎ)市新蒲(しんぽ)新区ではこのところ、地元農家が栽培したトウガラシの収穫、加工作業が最盛期を迎えており、乾燥トウガラシ、トウガラシを発酵させた調味料「糟辣椒(ザオラージャオ)」、トウガラシペーストなどの香りがあちこちに漂う。同区は近年、「企業+基地+農家」のモデルを導入し、市場ニーズに合わせて特色あるトウガラシの品種を栽培している。また、「遵義トウガラシシティー」やトウガラシ加工パークなどを建設し、製品の研究開発、加工、販売などを一体化した産業チェーンの発展を推進することで、山間部の農家が貧困から脱却し、豊かになるよう支援している。(遵義=新華社記者/陶亮)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    トウガラシ産業で貧困脱却を後押し 貴州省遵義市

    13日、貴州省遵義市新蒲新区永楽鎮山堡村の畑で、トウガラシの収穫作業に励む農家の人たち。中国貴州省遵義(じゅんぎ)市新蒲(しんぽ)新区ではこのところ、地元農家が栽培したトウガラシの収穫、加工作業が最盛期を迎えており、乾燥トウガラシ、トウガラシを発酵させた調味料「糟辣椒(ザオラージャオ)」、トウガラシペーストなどの香りがあちこちに漂う。同区は近年、「企業+基地+農家」のモデルを導入し、市場ニーズに合わせて特色あるトウガラシの品種を栽培している。また、「遵義トウガラシシティー」やトウガラシ加工パークなどを建設し、製品の研究開発、加工、販売などを一体化した産業チェーンの発展を推進することで、山間部の農家が貧困から脱却し、豊かになるよう支援している。(遵義=新華社記者/陶亮)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    トウガラシ産業で貧困脱却を後押し 貴州省遵義市

    13日、貴州省遵義市新蒲新区の「遵義トウガラシシティー」で、トウガラシの下加工をする従業員。中国貴州省遵義(じゅんぎ)市新蒲(しんぽ)新区ではこのところ、地元農家が栽培したトウガラシの収穫、加工作業が最盛期を迎えており、乾燥トウガラシ、トウガラシを発酵させた調味料「糟辣椒(ザオラージャオ)」、トウガラシペーストなどの香りがあちこちに漂う。同区は近年、「企業+基地+農家」のモデルを導入し、市場ニーズに合わせて特色あるトウガラシの品種を栽培している。また、「遵義トウガラシシティー」やトウガラシ加工パークなどを建設し、製品の研究開発、加工、販売などを一体化した産業チェーンの発展を推進することで、山間部の農家が貧困から脱却し、豊かになるよう支援している。(遵義=新華社記者/陶亮)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    トウガラシ産業で貧困脱却を後押し 貴州省遵義市

    13日、貴州省遵義市新蒲新区永楽鎮山堡村の畑で、トウガラシの収穫作業に励む農家の人。中国貴州省遵義(じゅんぎ)市新蒲(しんぽ)新区ではこのところ、地元農家が栽培したトウガラシの収穫、加工作業が最盛期を迎えており、乾燥トウガラシ、トウガラシを発酵させた調味料「糟辣椒(ザオラージャオ)」、トウガラシペーストなどの香りがあちこちに漂う。同区は近年、「企業+基地+農家」のモデルを導入し、市場ニーズに合わせて特色あるトウガラシの品種を栽培している。また、「遵義トウガラシシティー」やトウガラシ加工パークなどを建設し、製品の研究開発、加工、販売などを一体化した産業チェーンの発展を推進することで、山間部の農家が貧困から脱却し、豊かになるよう支援している。(遵義=新華社記者/陶亮)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    トウガラシ産業で貧困脱却を後押し 貴州省遵義市

    13日、貴州省遵義市新蒲新区の「遵義トウガラシシティー」で、乾燥前のトウガラシ。中国貴州省遵義(じゅんぎ)市新蒲(しんぽ)新区ではこのところ、地元農家が栽培したトウガラシの収穫、加工作業が最盛期を迎えており、乾燥トウガラシ、トウガラシを発酵させた調味料「糟辣椒(ザオラージャオ)」、トウガラシペーストなどの香りがあちこちに漂う。同区は近年、「企業+基地+農家」のモデルを導入し、市場ニーズに合わせて特色あるトウガラシの品種を栽培している。また、「遵義トウガラシシティー」やトウガラシ加工パークなどを建設し、製品の研究開発、加工、販売などを一体化した産業チェーンの発展を推進することで、山間部の農家が貧困から脱却し、豊かになるよう支援している。(遵義=新華社記者/陶亮)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月13日
    トウガラシ産業で貧困脱却を後押し 貴州省遵義市

    13日、貴州省遵義市新蒲新区にあるトウガラシ加工企業で、「糟辣椒」を箱に詰める従業員。中国貴州省遵義(じゅんぎ)市新蒲(しんぽ)新区ではこのところ、地元農家が栽培したトウガラシの収穫、加工作業が最盛期を迎えており、乾燥トウガラシ、トウガラシを発酵させた調味料「糟辣椒(ザオラージャオ)」、トウガラシペーストなどの香りがあちこちに漂う。同区は近年、「企業+基地+農家」のモデルを導入し、市場ニーズに合わせて特色あるトウガラシの品種を栽培している。また、「遵義トウガラシシティー」やトウガラシ加工パークなどを建設し、製品の研究開発、加工、販売などを一体化した産業チェーンの発展を推進することで、山間部の農家が貧困から脱却し、豊かになるよう支援している。(遵義=新華社記者/陶亮)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6