KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 新型肺炎
  • 中国陝西省
  • 公共衛生
  • 応急隔離
  • 衛生センター
  • 西安市公共
  • 敷地面積
  • 建設現場
  • 最終段階
  • 生活エリア

「隔離病棟」の写真・映像

絞り込み
  • 期間を指定
  • 種類
  • 向き
  • 社会
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
37
( 1 37 件を表示)
  • 1
37
( 1 37 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 01:02.16
    2020年07月12日
    「新華社」パキスタンに新型コロナ対応病院完成中国が支援

    パキスタンの首都イスラマバードにこのほど、中国の支援を受けて「隔離病棟・感染症治療センター」(IHITC)が設立された。IHITCは新型コロナウイルスへの対応力向上と病院の負担軽減を目的としている。落成式にはパキスタンのイムラン・カーン首相と中国の姚敬(よう・けい)駐パキスタン大使が出席した。パキスタン情報・放送省の声明によると、IHITCは中国の支援のもと、40日間で建設された。5つの病棟と250床のベッドがあり、感染症の診断と治療のための最大限の設備を備えている。(記者/李浩、蔣超)<映像内容>パキスタンの首都に新型コロナ対応病院が完成、落成式に参加するイムラン・カーン首相の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ  ※画質が良くありません。

  • 00:29.54
    2020年02月22日
    「新華社」赤ちゃんの名は「安心」新型肺炎に感染した妊婦が退院江西省

    新型コロナウイルスによる肺炎に感染した妊婦の鄧(とう)さん(30)が22日、治療を終え退院した。妊娠37週を過ぎた鄧さんは13日、中国江西省の宜春市人民医院で3400グラムの女児を帝王切開により無事出産した。鄧さんと新生児はすぐに妊産婦隔離病棟と新生児隔離病棟にそれぞれ移り、産後の看護と治療を受けた。新生児隔離病棟の6人の看護師は赤ちゃんの「臨時ママ」となり、24時間交代制で女児の世話をした。鄧さんは約10日の細やかな治療と看護を受けて退院基準に達し、正式に退院した。赤ちゃんへの3回の核酸検査の結果はいずれも陰性で、娘がウイルスに感染していないことを知った鄧さんは、娘に「安心」と名付けた。鄧さん自身はなお14日間の自宅隔離が必要となるため、鄧さんの同意を得た上で、赤ちゃんはしばらく銅鼓県婦幼保健院の医療スタッフが世話をする。(記者/熊家林、閔尊涛)<映像内容>新型肺炎に感染した妊婦が出産、看護師が赤ちゃんの世話をする様子、撮影日:2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:55.26
    2020年02月17日
    「新華社」500床の西安市公共衛生センター10日間で完成、運用開始

    中国陝西省で建設が進められていた西安市公共衛生センターは17日、10日間の突貫工事を経て完成し、ベッド数500床の応急隔離病棟が引き渡された。今後、新型コロナウイルスによる肺炎患者を集中的に収容・治療する。同センターは特殊病室標準設計に基づき、9病棟と集中治療室(ICU)1室を備えており、院内感染を防ぐため病室は全て陰圧室になっている。病棟は清潔区域、準清潔区域、汚染区域に分かれ、医療スタッフと患者は別の通路を使用する。病棟には薬や食べ物の受け渡し用に廊下と病室の両側から開くことができる二重扉構造のパスボックスを設置した。西安市は現時点で、臨床医と看護師475人、医療技術者と事務職員191人の計666人を15の医療機関から同センターに振り向け、受け入れ患者の治療態勢を整えている。(記者/張晨俊)<映像内容>西安市公共衛生センターの応急隔離病棟が完成、撮影日:2020(令和2)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月11日
    西安市公共衛生センターの建設、最終段階に

    11日、西安市公共衛生センター建設プロジェクトの現場。(小型無人機から)中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月11日
    西安市公共衛生センターの建設、最終段階に

    11日、第1期医療エリアの隔離病棟内に給湯器を設置する作業員。中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月11日
    西安市公共衛生センターの建設、最終段階に

    11日、第1期医療エリアの隔離病棟内で施工する作業員。中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月11日
    西安市公共衛生センターの建設、最終段階に

    11日、検収を終えた西安市公共衛生センターのオフィス・生活エリア。(小型無人機から)中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月11日
    西安市公共衛生センターの建設、最終段階に

    11日、第1期医療エリアの廊下で施工する作業員。中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月11日
    西安市公共衛生センターの建設、最終段階に

    11日、第1期医療エリアの隔離病棟のガラスを拭く作業員。中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月11日
    西安市公共衛生センターの建設、最終段階に

    11日、第1期医療エリアの手術室で昼食を食べる作業員。中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月11日
    西安市公共衛生センターの建設、最終段階に

    11日、第1期医療エリアの廊下で施工する作業員。中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月11日
    西安市公共衛生センターの建設、最終段階に

    11日、第1期医療エリアの隔離病棟内で施工する作業員。中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月11日
    西安市公共衛生センターの建設、最終段階に

    11日、西安市公共衛生センター第1期医療エリアの建設現場。(小型無人機から)中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月11日
    西安市公共衛生センターの建設、最終段階に

    11日、第1期医療エリアでパワーショベルを操縦し整地する作業員。中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月11日
    西安市公共衛生センターの建設、最終段階に

    11日、建設を終えた第1期医療エリアの隔離病棟。中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:08.25
    2020年02月06日
    「新華社」福清市医院の新感染症病棟、第1期工事が完了

    中国福建省の福清市医院で6日、新しい感染症病棟を建設するプロジェクトの第1期工事が完了し、診療を開始した。同プロジェクトはわずか7日間の建設工事と3日間の医療機器設置・調整などを経て完成したもので、同市の感染病指定医療機関として利用される。病院関係者によると、同プロジェクトは2期に分けて施工され、第1期は面積1300平方メートルの外来棟と1700平方メートルの隔離病棟の計3000平方メートルで、病床数は45床となっている。(記者/陳旺)<映像内容>7日間の建設で完成した福清市医院の新感染症病棟、工事の様子、撮影日:2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月05日
    福清市医院の新感染症病棟、第1期工事が完了

    5日、福清市医院に建設された新しい感染症病棟で、消毒・清掃作業を行うスタッフ。中国福建省の福清市医院で6日、新しい感染症病棟を建設するプロジェクトの第1期工事が完了し、診療を開始した。同プロジェクトはわずか7日間の建設工事と3日間の医療機器設置・調整などを経て完成したもので、同市の感染病指定医療機関として利用される。病院関係者によると、同プロジェクトは2期に分けて施工され、第1期は面積1300平方メートルの外来棟と1700平方メートルの隔離病棟の計3000平方メートルで、病床数は45床となっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月05日
    福清市医院の新感染症病棟、第1期工事が完了

    5日、福清市医院に建設された新しい感染症病棟の外来棟で、配線工事を行う作業員。中国福建省の福清市医院で6日、新しい感染症病棟を建設するプロジェクトの第1期工事が完了し、診療を開始した。同プロジェクトはわずか7日間の建設工事と3日間の医療機器設置・調整などを経て完成したもので、同市の感染病指定医療機関として利用される。病院関係者によると、同プロジェクトは2期に分けて施工され、第1期は面積1300平方メートルの外来棟と1700平方メートルの隔離病棟の計3000平方メートルで、病床数は45床となっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月05日
    福清市医院の新感染症病棟、第1期工事が完了

    5日、福清市医院に建設された新しい感染症病棟で、ゴミ箱を消毒する看護スタッフ。中国福建省の福清市医院で6日、新しい感染症病棟を建設するプロジェクトの第1期工事が完了し、診療を開始した。同プロジェクトはわずか7日間の建設工事と3日間の医療機器設置・調整などを経て完成したもので、同市の感染病指定医療機関として利用される。病院関係者によると、同プロジェクトは2期に分けて施工され、第1期は面積1300平方メートルの外来棟と1700平方メートルの隔離病棟の計3000平方メートルで、病床数は45床となっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月05日
    福清市医院の新感染症病棟、第1期工事が完了

    5日、福清市医院に建設された新しい感染症病棟の外来棟で、表示札を取り付けるスタッフ。中国福建省の福清市医院で6日、新しい感染症病棟を建設するプロジェクトの第1期工事が完了し、診療を開始した。同プロジェクトはわずか7日間の建設工事と3日間の医療機器設置・調整などを経て完成したもので、同市の感染病指定医療機関として利用される。病院関係者によると、同プロジェクトは2期に分けて施工され、第1期は面積1300平方メートルの外来棟と1700平方メートルの隔離病棟の計3000平方メートルで、病床数は45床となっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月05日
    福清市医院の新感染症病棟、第1期工事が完了

    5日、福清市医院に建設された新しい感染症病棟の陰圧室。中国福建省の福清市医院で6日、新しい感染症病棟を建設するプロジェクトの第1期工事が完了し、診療を開始した。同プロジェクトはわずか7日間の建設工事と3日間の医療機器設置・調整などを経て完成したもので、同市の感染病指定医療機関として利用される。病院関係者によると、同プロジェクトは2期に分けて施工され、第1期は面積1300平方メートルの外来棟と1700平方メートルの隔離病棟の計3000平方メートルで、病床数は45床となっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月05日
    福清市医院の新感染症病棟、第1期工事が完了

    5日、福清市医院に建設された新しい感染症病棟の外来棟で、医療機器を調整するスタッフ。中国福建省の福清市医院で6日、新しい感染症病棟を建設するプロジェクトの第1期工事が完了し、診療を開始した。同プロジェクトはわずか7日間の建設工事と3日間の医療機器設置・調整などを経て完成したもので、同市の感染病指定医療機関として利用される。病院関係者によると、同プロジェクトは2期に分けて施工され、第1期は面積1300平方メートルの外来棟と1700平方メートルの隔離病棟の計3000平方メートルで、病床数は45床となっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月05日
    福清市医院の新感染症病棟、第1期工事が完了

    5日、福清市医院に建設された新しい感染症病棟の陰圧室で、シーツと布団を整える看護士。中国福建省の福清市医院で6日、新しい感染症病棟を建設するプロジェクトの第1期工事が完了し、診療を開始した。同プロジェクトはわずか7日間の建設工事と3日間の医療機器設置・調整などを経て完成したもので、同市の感染病指定医療機関として利用される。病院関係者によると、同プロジェクトは2期に分けて施工され、第1期は面積1300平方メートルの外来棟と1700平方メートルの隔離病棟の計3000平方メートルで、病床数は45床となっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月05日
    福清市医院の新感染症病棟、第1期工事が完了

    5日、福清市医院に建設された新しい感染症病棟。(小型無人機から)中国福建省の福清市医院で6日、新しい感染症病棟を建設するプロジェクトの第1期工事が完了し、診療を開始した。同プロジェクトはわずか7日間の建設工事と3日間の医療機器設置・調整などを経て完成したもので、同市の感染病指定医療機関として利用される。病院関係者によると、同プロジェクトは2期に分けて施工され、第1期は面積1300平方メートルの外来棟と1700平方メートルの隔離病棟の計3000平方メートルで、病床数は45床となっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月05日
    福清市医院の新感染症病棟、第1期工事が完了

    5日、福清市医院に建設された新しい感染症病棟。(小型無人機から)中国福建省の福清市医院で6日、新しい感染症病棟を建設するプロジェクトの第1期工事が完了し、診療を開始した。同プロジェクトはわずか7日間の建設工事と3日間の医療機器設置・調整などを経て完成したもので、同市の感染病指定医療機関として利用される。病院関係者によると、同プロジェクトは2期に分けて施工され、第1期は面積1300平方メートルの外来棟と1700平方メートルの隔離病棟の計3000平方メートルで、病床数は45床となっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定

    3日、西安市公共衛生センターの建設現場。(小型無人機から)中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定

    3日、西安市公共衛生センター建設現場の作業員。中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定

    3日、西安市公共衛生センターの建設現場。(小型無人機から)中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定

    3日、西安市公共衛生センターの建設現場で待機する作業員ら。中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定

    3日、西安市公共衛生センターの建設現場。中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定

    3日、西安市公共衛生センターの建設現場。(小型無人機から)中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定

    3日、西安市公共衛生センターの建設現場。(小型無人機から)中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定

    3日、西安市公共衛生センターの建設現場で建材を組み立てる作業員。中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定

    3日、西安市公共衛生センターの建設現場で、受け取ったマスクを着用する作業員。中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定

    3日、西安市公共衛生センター建設現場の作業員。中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定

    3日、西安市公共衛生センターの建設現場。(小型無人機から)中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:34.30
    2020年02月01日
    「新華社」武漢雷神山医院初の完成モデル病室(タイムラプス動画)

    中国湖北省武漢市で建設が進められている「雷神山医院」隔離病棟で1日午後10時ごろ、初のモデル病室が正式に完成した。同タイプのモデル病室面積は15・5平方メートルで、トイレ、緩衝エリア、病室の三つの区域に分かれる。病室ユニットは汚染エリアと非汚染エリアに厳格に区分される。1組の病室ユニットの両側にある廊下は患者用、中間にある廊下は医師・看護師用となっている。医療スタッフ用ユニットは主に医師・看護師用のワークスペースで、医師・看護師用の独立した通路と出入り口があり、医師・看護師、患者、物流の通路は分かれており互いに立ち入らないよう設計されている。(記者/梁建強)<映像内容>雷神山医院のモデル病室完成までの様子、撮影日:2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1