KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 顔見世興行
  • 顔認証情報
  • 首都の顔
  • 顔認証決済
  • 吉例顔見世
  • 顔認証技術
  • 内閣顔ぶれ
  • 大人顔負け
  • 野球選手
  • 記者クラブ

「顔」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 社会
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
1,696
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,696
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月03日
    河野氏発信、自治体慎重

    ワクチン接種の政府想定と自治体の懸念(似顔 本間康司)

  • 2021年04月03日
    河野氏発信、自治体慎重

    ワクチン接種の政府想定と自治体の懸念(似顔 本間康司)

  • 2021年04月03日
    河野氏発信、自治体慎重

    ワクチン接種の政府想定と自治体の懸念(似顔 本間康司)

  • 2021年04月03日
    河野氏発信、自治体慎重

    ワクチン接種の政府想定と自治体の懸念(似顔 本間康司)

  • 2021年04月01日
    バンコク近郊の運河 立ったまま乗る渡し舟

    バンコク近郊の運河に今でも綱を手繰って行き来する渡し舟があります。住宅地と市街を隔てる幅25㍍ほどの運河を渡してくれる大切な市民の足です。運賃は3バーツ(約11円)で、対岸まで1分とかからないため乗客は立ったまま。船頭になって30年というティーさんは「小学生だった子がお母さんになって子どもを学校に送り迎えしているよ」と笑顔でした。(撮影・浮ケ谷泰、共同)

  • 2021年04月01日
    (8)夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、「磁器の城」の前で、観光客を案内する余二妹さん。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (11)夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、「磁器の城」に展示されている磁器製のドラゴンボートを見つめる観光客。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (14)夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、「磁器の城」で、壁にはめ込まれた陶板画について説明する余二妹さん。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (12)夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月18日、「磁器の城」に展示されている磁器製のドラゴンボートの一部。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (1)夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、「磁器の城」で、壁にはめ込まれた陶板画について説明する余二妹さん。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (10)夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、「磁器の城」の中を見学する観光客。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (5)夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、「磁器の城」の中を見学する観光客。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (6)夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月20日、上空から見た「磁器の城」。(小型無人機から)中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (3)夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、「磁器の城」で、観光客を案内する余二妹さん。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    中国海南島のランドマーク 樹木のような形のホテル

    「東洋のハワイ」と呼ばれる中国南部のリゾート地、海南島。最南端の三亜市を車で移動中、樹木のようなデザインの建物が目に飛び込んできました。インターネットで調べると、島のランドマーク的なホテルとのこと。宿泊したという60代男性は「外から見てもきれいだけど、中は広くて公園のようだよ」と、童心に帰ったような笑顔で教えてくれました。(撮影・渡辺哲郎、共同)

  • 2021年03月20日
    夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月20日、上空から見た「磁器の城」。(小型無人機から)中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)=配信日:2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:47.84
    2021年03月20日
    地上の金しゃち、お披露目 名古屋城、16年ぶり

    名古屋城天守から16年ぶりに地上に下ろされた「金のしゃちほこ(金しゃち)」の展示が20日、名古屋城内の「二之丸広場」で始まった。新型コロナウイルス禍で落ち込んだ地域経済を元気づける目的で、地上展示は2005年の愛知万博以来。 雌雄一対でそれぞれ高さ約2・6メートル、重さ約1・2トン。雌雄で顔つきや姿が違う。二之丸広場の特設会場では4月2日まで、10日から7月11日までは市中心部・栄地区の「ミツコシマエ ヒロバス」で展示される。市によると、城外で長期展示されるのは、1945年の空襲で焼失した初代の金しゃちも含めて約150年ぶりという。市は、破損や盗難に備えて5億円の保険をかけた。 4月6日には1体が長野県木曽町と岐阜県中津川市の道の駅を巡回する予定。 <映像内容>名古屋城、金のしゃちほこブツ撮り、テープカット、河村たかし名古屋市長あいさつ、来場者の様子など、撮影日:2021(令和3)年3月20日、撮影場所:愛知県名古屋市

    撮影: 2021(令和3)年3月20日

  • 2021年03月19日
    夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、上空から見た「磁器の城」の全景。(小型無人機から)中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)=配信日:2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、「磁器の城」の正門。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)=配信日:2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、「磁器の城」で、写真を撮る観光客。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)=配信日:2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月18日、「磁器の城」の外壁にはめ込まれた磁器の像。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)=配信日:2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月18日、観光客と一緒に写真に納まる余二妹さん(左から3人目)。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)=配信日:2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月15日
    (10)北京に黄砂飛来市内は一面黄色に

    15日、黄砂に覆われた宣武門の大通りで、スカーフで顔を覆う人。中国北京市は15日、この春初めての黄砂現象に見舞われ、同市気象台が砂塵(黄砂)青色警報を発令した。同市生態環境局によると、前日の14日夜にモンゴル南部で砂塵嵐が発生しており、それが北京に飛来し、午前3時頃から市内が黄砂に覆われ始めたという。(北京=新華社記者/李鑫)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月09日
    逆境突破、看板政策頼み

    デジタル改革関連法案を巡る首相の思惑など(似顔 本間康司)

  • 2021年03月09日
    逆境突破、看板政策頼み

    デジタル改革関連法案を巡る首相の思惑など(似顔 本間康司)

  • 2021年03月09日
    逆境突破、看板政策頼み

    デジタル改革関連法案を巡る首相の思惑など(似顔 本間康司)

  • 2021年03月09日
    逆境突破、看板政策頼み

    デジタル改革関連法案を巡る首相の思惑など(似顔 本間康司)

  • 2021年03月03日
    (12)安らぎの「家庭」を子どもたちに山西省太原市の養護施設が取り組み

    太原市社会(児童)福利院で、遊んでいた茂茂(ぼうぼう)ちゃんの顔についたほこりを落とす邢さん。(2月4日撮影)中国山西省の太原市社会(児童)福利院(児童養護施設)は2014年から、社会奉仕・福祉活動に関心を持つ夫婦を募り、孤児や障害のある子どもたちと共に10の「模擬家庭」を作ってもらっている。王貴忠(おう・きちゅう)さんと邢梅英(けい・ばいえい)さんの夫婦もその1組で、子ども5人と「家庭」を築き、子どもたちが健やかに成長できるよう世話している。(太原=新華社記者/柴婷)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    笑顔で握手の小泉、菅氏 「政党超えて原発ゼロを」

    脱原発に関する記者会見で笑顔で握手する菅(左)、小泉両元首相=1日午後、東京都千代田区の日本外国特派員協会

  • 2021年02月28日
    湯河原の山肌に咲き誇る梅
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    山肌を埋める梅 湯河原の山肌に咲き誇る梅

    神奈川県湯河原町の「幕山公園」では約4千本の紅白の梅が見頃を迎え、来園者の目を楽しませている。同県鎌倉市から息子と来た田村翔子さんは「10年前から毎年来ている。緊急事態宣言が続く中、今年は外出を控えていたが屋外ならばと足を運んだ。良い気分転換になった」と笑顔で話した=28日午後

    撮影: 28日午後

  • 2021年02月28日
    湯河原の山肌に咲き誇る梅
  • 2021年02月28日
    湯河原の山肌に咲き誇る梅
  • 2021年02月28日
    湯河原の山肌に咲き誇る梅
  • 2021年02月28日
    湯河原の山肌に咲き誇る梅
  • 2021年02月28日
    湯河原の山肌に咲き誇る梅
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    山肌を埋める紅白の梅 湯河原の山肌に咲き誇る梅

    神奈川県湯河原町の「幕山公園」では約4千本の紅白の梅が見頃を迎え、来園者の目を楽しませている。同県鎌倉市から息子と来た田村翔子さんは「10年前から毎年来ている。緊急事態宣言が続く中、今年は外出を控えていたが屋外ならばと足を運んだ。良い気分転換になった」と笑顔で話した=28日午後

    撮影: 28日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    山肌を埋める梅林 湯河原の山肌に咲き誇る梅

    神奈川県湯河原町の「幕山公園」では約4千本の紅白の梅が見頃を迎え、来園者の目を楽しませている。同県鎌倉市から息子と来た田村翔子さんは「10年前から毎年来ている。緊急事態宣言が続く中、今年は外出を控えていたが屋外ならばと足を運んだ。良い気分転換になった」と笑顔で話した=28日午後

    撮影: 28日午後

  • 2021年02月27日
    菜の花と富士山 富士山と菜の花の「共演」

    菜の花と富士山を一度に楽しめることで知られる神奈川県二宮町の「吾妻山公園」では、菜の花が咲き誇り、写真撮影を楽しむ多くの人でにぎわった。県内から遊びに来たという三冨敏さん、敦子さん夫妻は、新型コロナウイルスの影響で「新婚旅行も里帰りもできていない」という。感染対策として車で来園したという2人は、菜の花を前に「きれいで癒やされますね」と笑顔を浮かべた=27日午後

    撮影: 27日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月18日
    野呂文香さん 内陸の子も津波教育等しく

    岩手大のキャンパスで笑顔を見せる野呂文香さん。「小さい頃からの防災教育が大事。だから小学校の教員になりたい」=2020年11月、盛岡市

    撮影: 2020年11月、盛岡市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月18日
    野呂文香さん 内陸の子も津波教育等しく

    岩手大のキャンパスで笑顔を見せる野呂文香さん。「小さい頃からの防災教育が大事。だから小学校の教員になりたい」=2020年11月、盛岡市

    撮影: 2020年11月、盛岡市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月18日
    野呂文香さん 内陸の子も津波教育等しく

    岩手大のキャンパスで笑顔を見せる野呂文香さん。「小さい頃からの防災教育が大事。だから小学校の教員になりたい」=2020年11月、盛岡市

    撮影: 2020年11月、盛岡市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月18日
    Daily Life amid Covid19 pandemic in Tokyo, Japan - 3 Feb 2021

    キーワード:東京、神田、通り、街、居酒屋、寿司屋、蕎麦屋、看板、通行人、歩行者、マスク、着用、マスク姿、新型コロナウイルス、緊急事態宣言下-February 18, 2021, Tokyo, Japan: An employee wearing a facemask as a preventive measure against Covid19 walks on Kandai street..The Japanese Prime Minister, Yoshihide Suga declared a second state of emergency for Tokyo on January 8th that requested businesses to close up starting from 8pm to combat a rise in coronavirus infections. (Credit Image: © Damon Coulter/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Damon Coulter/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月10日
    指導者カストロ 世界が感じた核の恐怖

    広島市の平和記念公園を訪れ、原爆慰霊碑(いれいひ)に花をささげるキューバの指導者フィデル・カストロ=2003年3月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    止まった建設現場と通行車両 笑顔なく、静かな緊張

    2日、クーデターを受けて工事が中断した、日本企業も参加する建設現場=ヤンゴン(共同)

    撮影: ヤンゴン

  • 2021年01月29日
    連さん一家と新マンション 心に傷、踏み出す新生活

    彦淇ちゃん(中央)を囲み、笑顔の連晃汶さん(右)と陳淑怡さん。右奥は建設中で、入居予定の新マンション=2020年12月、台湾・台南市(共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    Daily Life amid Covid19 pandemic in Tokyo, Japan - 3 Feb 2021

    キーワード:東京、新宿、西口、夜、夜景、金券ショップ、シャッター、閉店、クローズ、外出、通行人、歩行者、マスク、着用、マスク姿、人たち、新型コロナウイルス、緊急事態宣言下-January 18, 2021, Tokyo, Japan: People wearing facemasks as a preventive measure against Covid19 walk past closed businesses in Shinjuku..The Japanese Prime Minister, Yoshihide Suga declared a second state of emergency for Tokyo on January 8th that requested businesses to close up starting from 8pm to combat a rise in coronavirus infections. (Credit Image: © Damon Coulter/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Damon Coulter/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    Daily Life amid Covid19 pandemic in Tokyo, Japan - 3 Feb 2021

    キーワード:東京、新宿、西口、夜、夜景、ラーメン屋、喜多方ラーメン、坂内、シャッター、閉店、クローズ、外出、通行人、歩行者、マスク、着用、マスク姿、新型コロナウイルス、緊急事態宣言下-January 18, 2021, Tokyo, Japan: A man wearing a facemask as a preventive measure against Covid19 stands next to closed businesses in Omoide Yokocho, Shinjuku..The Japanese Prime Minister, Yoshihide Suga declared a second state of emergency for Tokyo on January 8th that requested businesses to close up starting from 8pm to combat a rise in coronavirus infections. (Credit Image: © Damon Coulter/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Damon Coulter/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    正門前で笑顔の西尾さん 思いを胸に新成人の撮影会

    新型コロナウイルス感染拡大で成人式が相次いで中止される中、千葉県市川市が市内の小、中学校で新成人や家族にとって一生に一度の良い思い出になるようにと、感染防止対策を徹底し撮影会を開催した。友人と振り袖姿で母校を訪れた大学2年の西尾真夕さん(左端)は「式典がオンラインになってしまったけど、母校で撮影会ができてよかった。コロナ禍の〝成人式〟は一生の記憶に残る1日になった」と話した=10日

  • 2020年12月25日
    商店街を散歩中の園児 保育園、繁華街の昼の顔

    商店街の店先を散歩する園児=15日、鹿児島市

    撮影: 15日、鹿児島市

  • 2020年12月21日
    (9)ラオス初の高速道路が開通中国との共同出資

    20日、ビエンチャン-バンビエン高速道路のビエンチャン側の料金所で、笑顔を見せる職員。中国の建設大手、雲南省建設投資控股集団(雲南建投)とラオス政府の共同出資・建設によるラオス初の高速道路、中国ラオス高速道路のうち、首都ビエンチャンからビエンチャン県バンビエンまでの区間(ビエンチャン-バンビエン高速道路)が20日、開通した。開通式はビエンチャンと雲南省昆明市の両方で、オンライン形式で同時開催された。高速道路は全長約111キロ、上下線合わせて4車線、設計時速は80~100キロで、2018年12月30日に着工した。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (1)中ロ大学生、オンライン交流会で友情深める

    15日、中ロ大学生オンライン交流会の様子。(ビデオ映像のキャプチャー画像)「私の見た中国とロシア」2020中ロ大学生交流会が15日、ビデオ形式で開催された。交流会はメイン会場1カ所とサブ会場13カ所が設けられ、両国の政府関係者や大学の教員と学生の代表200人余りが、インターネット上で顔を合わせた。参加者は、人文(人と文化)、科学教育、新型コロナウイルス感染症対策に関する国際協力などをテーマに交流を深めた。また、参加者自身の目を通して見た中国とロシアについても語り合った。(ハルビン=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (2)中ロ大学生、オンライン交流会で友情深める

    15日、中ロ大学生オンライン交流会の様子。(ビデオ映像のキャプチャー画像)「私の見た中国とロシア」2020中ロ大学生交流会が15日、ビデオ形式で開催された。交流会はメイン会場1カ所とサブ会場13カ所が設けられ、両国の政府関係者や大学の教員と学生の代表200人余りが、インターネット上で顔を合わせた。参加者は、人文(人的・文化)、科学教育、新型コロナウイルス感染症対策に関する国際協力などをテーマに交流を深めた。また、参加者自身の目を通して見た中国とロシアについても語り合った。(ハルビン=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:13.20
    2020年12月01日
    年の瀬告げるまねき上げ 京都・南座、吉例顔見世

    古都に年の瀬を告げる毎年恒例の歌舞伎公演「吉例顔見世(きちれいかおみせ)興行」が5日から始まるのを前に、役者の名前を書き込んだ看板を劇場正面に掲げる「まねき上げ」が1日、京都市東山区の南座で行われた。作業員が片岡仁左衛門(かたおか・にざえもん)さん(5、6日は休演)の看板(長さ約1・8メートル、幅約30センチ)をロープで引き上げ取り付けると、出演する役者の看板41枚が南座正面に勢ぞろいした。<映像内容>ロープで引き上げられる片岡仁左衛門さんの看板、塩まきの儀、南座正面に勢ぞろいした役者の看板、南座の外観、撮影日:2020(令和2)年12月1日、撮影場所:京都市東山区

    撮影: 2020(令和2)年12月1日

  • 2020年11月17日
    建設現場にスマート技術を応用江蘇省南京市

    17日、複合ビル、南京金陵中環の工事現場でタワークレーンに取り付けられたスマート安全監視システム。(小型無人機から)中国の建設大手、中建三局第一建設工程が請け負った江蘇省南京市の複合ビル、南京金陵中環の建設現場でこのほど、「スマート建設現場」アプリケーションシステムの運用が始まった。同システムは、プロジェクトの進行をデジタルで管理するプラットフォームや顔認証システム、人員位置情報システム、環境モニタリングシステムなどのスマート管理技術を含む。コンピューティング技術とモノのインターネット(IoT)アプリケーションを組み合わせ、データ収集技術、無線ネットワーク技術、ビデオ監視などで、工事の安全性確保と管理効率化を図る。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    建設現場にスマート技術を応用江蘇省南京市

    17日、中建三局第一建設工程のエンジニアの携帯電話にインストールされたスマート監視システム。中国の建設大手、中建三局第一建設工程が請け負った江蘇省南京市の複合ビル、南京金陵中環の建設現場でこのほど、「スマート建設現場」アプリケーションシステムの運用が始まった。同システムは、プロジェクトの進行をデジタルで管理するプラットフォームや顔認証システム、人員位置情報システム、環境モニタリングシステムなどのスマート管理技術を含む。コンピューティング技術とモノのインターネット(IoT)アプリケーションを組み合わせ、データ収集技術、無線ネットワーク技術、ビデオ監視などで、工事の安全性確保と管理効率化を図る。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    建設現場にスマート技術を応用江蘇省南京市

    17日、複合ビル、南京金陵中環の工事現場の様子。(小型無人機から)中国の建設大手、中建三局第一建設工程が請け負った江蘇省南京市の複合ビル、南京金陵中環の建設現場でこのほど、「スマート建設現場」アプリケーションシステムの運用が始まった。同システムは、プロジェクトの進行をデジタルで管理するプラットフォームや顔認証システム、人員位置情報システム、環境モニタリングシステムなどのスマート管理技術を含む。コンピューティング技術とモノのインターネット(IoT)アプリケーションを組み合わせ、データ収集技術、無線ネットワーク技術、ビデオ監視などで、工事の安全性確保と管理効率化を図る。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    建設現場にスマート技術を応用江蘇省南京市

    17日、デジタルプロジェクトプラットフォームで工事現場の状況を確認する中建三局第一建設工程のエンジニア。中国の建設大手、中建三局第一建設工程が請け負った江蘇省南京市の複合ビル、南京金陵中環の建設現場でこのほど、「スマート建設現場」アプリケーションシステムの運用が始まった。同システムは、プロジェクトの進行をデジタルで管理するプラットフォームや顔認証システム、人員位置情報システム、環境モニタリングシステムなどのスマート管理技術を含む。コンピューティング技術とモノのインターネット(IoT)アプリケーションを組み合わせ、データ収集技術、無線ネットワーク技術、ビデオ監視などで、工事の安全性確保と管理効率化を図る。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    建設現場にスマート技術を応用江蘇省南京市

    17日、インテリジェント安全教育ロボットを調整する中建三局第一建設工程のエンジニア。中国の建設大手、中建三局第一建設工程が請け負った江蘇省南京市の複合ビル、南京金陵中環の建設現場でこのほど、「スマート建設現場」アプリケーションシステムの運用が始まった。同システムは、プロジェクトの進行をデジタルで管理するプラットフォームや顔認証システム、人員位置情報システム、環境モニタリングシステムなどのスマート管理技術を含む。コンピューティング技術とモノのインターネット(IoT)アプリケーションを組み合わせ、データ収集技術、無線ネットワーク技術、ビデオ監視などで、工事の安全性確保と管理効率化を図る。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    「吉村体制」移行へ着々

    大阪維新の会の世代交代と新たな看板政策(似顔 本間康司)

  • 2020年11月14日
    「吉村体制」移行へ着々

    大阪維新の会の世代交代と新たな看板政策(似顔 本間康司)

  • 01:13.87
    2020年11月08日
    インドの叔父「うれしい」 ハリス副大統領就任確実で

    米大統領選で黒人、アジア系、女性として初の副大統領就任が確実となったハリス上院議員について、インド出身の母親の弟でハリス氏の叔父に当たるバラチャンドランさんは8日、首都ニューデリーで「とてもうれしい」と語った。共同通信の取材に応じた。 バイデン前副大統領が優勢だった2日前にハリス氏と電話し祝意を伝えたと明かし「(当選確実となった後に)改めて電話する意味はないでしょう」と笑顔で話した。 バイデン、ハリス両氏の勝利宣言をテレビで見たバラチャンドランさんは「状況に即したとてもいい演説だった」と評価。ハリス氏が上院議員に就任した際には米国に招待されバイデン氏とも面会したといい、今回も来年1月20日に予定される就任式に出席するとの見通しを示した。バラチャンドランさんは「トランプ政権があと4年続いたら米国は本当に破壊されてしまっただろう。(米国が国際社会での責任を果たさず)米国不在となった世界で起きていることを考えれば、今ほど大国としての米国が必要とされている時はない」と指摘した。<映像内容>インタビューに応じるバラチャンドランさん。※スマホでのタテ位置撮影で、カメラマイクの音声です、撮影日:2020(令和2)年11月8日、撮影場所:インド・ニューデリー

    撮影: 2020(令和2)年11月8日

  • 02:15.86
    2020年11月06日
    大入り願い「まねき書き」 京都・南座、吉例顔見世

    京都・南座で12月に開催される「吉例顔見世(きちれいかおみせ)興行」を前に、大入りへの願いを込め、出演する歌舞伎役者の名前を看板いっぱいに書き込む「まねき書き」が6日、京都市左京区の妙伝寺で報道陣に公開された。この日は書家の井上玉清(いのうえ・ぎょくせい)さん(75)が日本酒を混ぜた墨を使って、長さ1・8メートル、幅30センチのヒノキ板に、片岡仁左衛門(かたおか・にざえもん)さんの名前を1文字ずつ丁寧に書き上げた。<映像内容>井上玉清さんによる片岡仁左衛門さんの名前のまねき書き、井上さんの囲みインタビュー、まねき書きが公開された建物の外観、妙伝寺の外観、撮影日:2020(令和2)年11月6日、撮影場所:京都市左京区

    撮影: 2020(令和2)年11月6日

  • 2020年11月04日
    シルバー世代もデジタル化、高齢者スマホ教室を訪ねて福建省アモイ市

    4日、スマホ教室で授業をする担当講師の殷銀山(いん・ぎんざん)さん(70)。中国福建省アモイ市湖里区の禾縁社区(コミュニティー)は、シルバー世代がデジタル化の波に乗り遅れないよう、5年前から高齢者向けのスマートフォン教室を開いている。社区の責任者によると、新型コロナウイルスの流行中、高齢者から「健康コード(スマホ上で健康状態を表示する2次元バーコード)を見せないとどこにも行けない」との訴えがあり、その多くは独り暮らしだったという。教室は社会に溶け込みたいという高齢者の願いを叶えている。(アモイ=新華社記者/顔之宏)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    シルバー世代もデジタル化、高齢者スマホ教室を訪ねて福建省アモイ市

    4日、休憩中にショート動画サイトの個人ページを見せる講座助手の危竹祥(き・ちくしょう)さん(71)。危さんは講座の修了生でもある。中国福建省アモイ市湖里区の禾縁社区(コミュニティー)は、シルバー世代がデジタル化の波に乗り遅れないよう、5年前から高齢者向けのスマートフォン教室を開いている。社区の責任者によると、新型コロナウイルスの流行中、高齢者から「健康コード(スマホ上で健康状態を表示する2次元バーコード)を見せないとどこにも行けない」との訴えがあり、その多くは独り暮らしだったという。教室は社会に溶け込みたいという高齢者の願いを叶えている。(アモイ=新華社記者/顔之宏)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    シルバー世代もデジタル化、高齢者スマホ教室を訪ねて福建省アモイ市

    4日、スマホ教室でペアを組んで学ぶ高齢者。中国福建省アモイ市湖里区の禾縁社区(コミュニティー)は、シルバー世代がデジタル化の波に乗り遅れないよう、5年前から高齢者向けのスマートフォン教室を開いている。社区の責任者によると、新型コロナウイルスの流行中、高齢者から「健康コード(スマホ上で健康状態を表示する2次元バーコード)を見せないとどこにも行けない」との訴えがあり、その多くは独り暮らしだったという。教室は社会に溶け込みたいという高齢者の願いを叶えている。(アモイ=新華社記者/顔之宏)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    シルバー世代もデジタル化、高齢者スマホ教室を訪ねて福建省アモイ市

    4日、スマホ教室に集まった90人近くの高齢者ら。中国福建省アモイ市湖里区の禾縁社区(コミュニティー)は、シルバー世代がデジタル化の波に乗り遅れないよう、5年前から高齢者向けのスマートフォン教室を開いている。社区の責任者によると、新型コロナウイルスの流行中、高齢者から「健康コード(スマホ上で健康状態を表示する2次元バーコード)を見せないとどこにも行けない」との訴えがあり、その多くは独り暮らしだったという。教室は社会に溶け込みたいという高齢者の願いを叶えている。(アモイ=新華社記者/顔之宏)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    シルバー世代もデジタル化、高齢者スマホ教室を訪ねて福建省アモイ市

    4日、スマホ教室で講師の指示に従って操作する高齢者。中国福建省アモイ市湖里区の禾縁社区(コミュニティー)は、シルバー世代がデジタル化の波に乗り遅れないよう、5年前から高齢者向けのスマートフォン教室を開いている。社区の責任者によると、新型コロナウイルスの流行中、高齢者から「健康コード(スマホ上で健康状態を表示する2次元バーコード)を見せないとどこにも行けない」との訴えがあり、その多くは独り暮らしだったという。教室は社会に溶け込みたいという高齢者の願いを叶えている。(アモイ=新華社記者/顔之宏)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月02日
    カードリーダー マイナンバー顔認証を体験

    マイナンバーカードが健康保険証として使えるようになることを前に、披露された顔認証ができるカードリーダー=2日午後、厚労省

    撮影: 2日午後、厚労省

  • 2020年11月02日
    体験する田村厚労相 マイナンバー顔認証を体験

    マイナンバーカードが健康保険証として使えるようになることを前に、カードリーダーを使って顔認証を体験する田村厚労相。右奥は平井デジタル改革相=2日午後、厚労省

    撮影: 2日午後、厚労省

  • 2020年11月02日
    顔認証を体験する厚労相 マイナンバー顔認証を体験

    マイナンバーカードが健康保険証として使えるようになることを前に、カードリーダーを使って顔認証を体験する田村厚労相。右奥は平井デジタル改革相=2日午後、厚労省

    撮影: 2日午後、厚労省

  • 2020年10月10日
    スマート幼稚園管理システムの運用を開始福建省福州市

    10日、スマート幼稚園教材プラットフォームを利用して授業を行う福州市蓓蕾幼稚園の教員。中国福建省福州市初のスマート幼稚園「蓓蕾(ばいらい)幼稚園」は10日、スマート幼稚園管理システムの運用を正式に開始した。システムは人工知能(AI)による顔認証技術を用いた登降園管理機器と朝の体調チェックロボットなどで構成される。各設備を制御する中枢管理システムには園児の登降園、朝の体調、運動などが記録されており、ビッグデータに基づき各園児の運動や健康の状況、行動、関心などの分析報告を作成でき、個人に合わせた教育と幼稚園の管理などに科学的な意思決定の根拠となるデータを提供できるという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    スマート幼稚園管理システムの運用を開始福建省福州市

    10日、家庭と幼稚園の共同教育を目的としたアプリの画面を見せる福州市蓓蕾幼稚園の教員。中国福建省福州市初のスマート幼稚園「蓓蕾(ばいらい)幼稚園」は10日、スマート幼稚園管理システムの運用を正式に開始した。システムは人工知能(AI)による顔認証技術を用いた登降園管理機器と朝の体調チェックロボットなどで構成される。各設備を制御する中枢管理システムには園児の登降園、朝の体調、運動などが記録されており、ビッグデータに基づき各園児の運動や健康の状況、行動、関心などの分析報告を作成でき、個人に合わせた教育と幼稚園の管理などに科学的な意思決定の根拠となるデータを提供できるという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    スマート幼稚園管理システムの運用を開始福建省福州市

    10日、ロボットを活用した授業を受ける福州市蓓蕾幼稚園の園児。中国福建省福州市初のスマート幼稚園「蓓蕾(ばいらい)幼稚園」は10日、スマート幼稚園管理システムの運用を正式に開始した。システムは人工知能(AI)による顔認証技術を用いた登降園管理機器と朝の体調チェックロボットなどで構成される。各設備を制御する中枢管理システムには園児の登降園、朝の体調、運動などが記録されており、ビッグデータに基づき各園児の運動や健康の状況、行動、関心などの分析報告を作成でき、個人に合わせた教育と幼稚園の管理などに科学的な意思決定の根拠となるデータを提供できるという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    スマート幼稚園管理システムの運用を開始福建省福州市

    10日、朝の体調チェックロボットの前で体温、体重などの測定を受ける福州市蓓蕾幼稚園の園児。中国福建省福州市初のスマート幼稚園「蓓蕾(ばいらい)幼稚園」は10日、スマート幼稚園管理システムの運用を正式に開始した。システムは人工知能(AI)による顔認証技術を用いた登降園管理機器と朝の体調チェックロボットなどで構成される。各設備を制御する中枢管理システムには園児の登降園、朝の体調、運動などが記録されており、ビッグデータに基づき各園児の運動や健康の状況、行動、関心などの分析報告を作成でき、個人に合わせた教育と幼稚園の管理などに科学的な意思決定の根拠となるデータを提供できるという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    ガマドーラさんと記念撮影する研修生ら。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を学ぶ研修生。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を学ぶ研修生。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を学ぶ研修生。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を学ぶ研修生。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    ガマドーラさんと研修生ら。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月20日
    富士山に笑顔の子ども 富士山、空から見えた!

    フジドリームエアラインズが開催した遊覧飛行で、小型ジェット機内から富士山(奥)が見え笑顔を見せる子ども=20日午後

  • 2020年09月03日
    渋谷区の公共トイレ すっきり!透明トイレ

    クリエイターによる個性的な公共トイレが東京都渋谷区に順次設置されている。日本財団のプロジェクト「THE TOKYO TOILET」の一環で、性別や年齢、障害を問わず、誰でも快適に使えるトイレが区内17カ所に設置される予定。建築家の坂茂さんが手がけた代々木深町小公園のトイレは、普段は外から中が見える(手前)が、内側から鍵を閉めると外壁のガラスが不透明になる仕組み(中央)。利用した小学4年の男の子は「外から見えないかと思って一瞬恥ずかしかった。日本の技術はすごかった」と笑顔を見せた=3日

  • 2020年09月03日
    透明トイレと男の子 すっきり!透明トイレ

    クリエイターによる個性的な公共トイレが東京都渋谷区に順次設置されている。日本財団のプロジェクト「THE TOKYO TOILET」の一環で、性別や年齢、障害を問わず、誰でも快適に使えるトイレが区内17カ所に設置される予定。建築家の坂茂さんが手がけた代々木深町小公園のトイレは、普段は外から中が見えるが、内側から鍵を閉めると外壁のガラスが不透明になる仕組み。利用した小学4年の男の子は「外から見えないかと思って一瞬恥ずかしかった。日本の技術はすごかった」と笑顔を見せた=3日

    撮影: 3日

  • 2020年09月03日
    夜の公共トイレ すっきり!透明トイレ

    クリエイターによる個性的な公共トイレが東京都渋谷区に順次設置されている。日本財団のプロジェクト「THE TOKYO TOILET」の一環で、性別や年齢、障害を問わず、誰でも快適に使えるトイレが区内17カ所に設置される予定。建築家の坂茂さんが手がけた代々木深町小公園のトイレは、中から鍵を閉めると外壁のガラスが不透明になる仕組み。利用した小学4年の男の子(10)は「外から見えないかと思って一瞬恥ずかしかった。日本の技術はすごかった」と笑顔を見せた=3日

  • 00:40.56
    2020年09月02日
    「新華社」村民の笑顔撮り続ける村の第1書記黒竜江省小南河村

    中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県では、貧困撲滅の責任者として小南河村に派遣された冷菊貞(れい・きくてい)第1書記が5年ほど前から、村の風俗習慣を体験してもらう観光拠点の建設や、辛い調味料「辣椒醬(ラージャオジャン)」の製造などの産業を発展させる取り組みを進め、村民の収入増加に貢献してきた。「農家楽(アグリツーリズム)」の振興や特産品の好調な売り上げが村に活気をもたらし、村民の笑顔を増やしている。写真愛好家でもある冷さんのカメラには、笑顔で仕事に励む村民たちの姿が数多く収められている。小南河村は2019年に第1次全国郷村観光重点村リストに登録された。辣椒醬は国家標準の要件を満たす生産ラインが完成し、年内にも稼働を始める予定。19年末の同村の観光収入と農産物の売上高は合わせて400万元(1元=約15円)に上る。(記者/王建威、姜賀軒)<映像内容>黒竜江省小南河村の空撮、村民の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    村民の笑顔撮り続ける村の第1書記黒竜江省小南河村

    冷菊貞さんが撮影した小南河村の村民。(資料写真)中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県では、貧困撲滅の責任者として小南河村に派遣された冷菊貞(れい・きくてい)第1書記が5年ほど前から、村の風俗習慣を体験してもらう観光拠点の建設や、辛い調味料「辣椒醬(ラージャオジャン)」の製造などの産業を発展させる取り組みを進め、村民の収入増加に貢献してきた。「農家楽(アグリツーリズム)」の振興や特産品の好調な売り上げが村に活気をもたらし、村民の笑顔を増やしている。写真愛好家でもある冷さんのカメラには、笑顔で仕事に励む村民たちの姿が数多く収められている。(ハルビン=新華社記者/王建威)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    村民の笑顔撮り続ける村の第1書記黒竜江省小南河村

    冷菊貞さんが撮影した小南河村の村民。(資料写真)中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県では、貧困撲滅の責任者として小南河村に派遣された冷菊貞(れい・きくてい)第1書記が5年ほど前から、村の風俗習慣を体験してもらう観光拠点の建設や、辛い調味料「辣椒醬(ラージャオジャン)」の製造などの産業を発展させる取り組みを進め、村民の収入増加に貢献してきた。「農家楽(アグリツーリズム)」の振興や特産品の好調な売り上げが村に活気をもたらし、村民の笑顔を増やしている。写真愛好家でもある冷さんのカメラには、笑顔で仕事に励む村民たちの姿が数多く収められている。(双鴨山=新華社記者/王建威)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    村民の笑顔撮り続ける村の第1書記黒竜江省小南河村

    冷菊貞さんが撮影した小南河村の村民。(資料写真)中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県では、貧困撲滅の責任者として小南河村に派遣された冷菊貞(れい・きくてい)第1書記が5年ほど前から、村の風俗習慣を体験してもらう観光拠点の建設や、辛い調味料「辣椒醬(ラージャオジャン)」の製造などの産業を発展させる取り組みを進め、村民の収入増加に貢献してきた。「農家楽(アグリツーリズム)」の振興や特産品の好調な売り上げが村に活気をもたらし、村民の笑顔を増やしている。写真愛好家でもある冷さんのカメラには、笑顔で仕事に励む村民たちの姿が数多く収められている。(双鴨山=新華社記者/王建威)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    村民の笑顔撮り続ける村の第1書記黒竜江省小南河村

    冷菊貞さんが撮影した小南河村の村民。(資料写真)中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県では、貧困撲滅の責任者として小南河村に派遣された冷菊貞(れい・きくてい)第1書記が5年ほど前から、村の風俗習慣を体験してもらう観光拠点の建設や、辛い調味料「辣椒醬(ラージャオジャン)」の製造などの産業を発展させる取り組みを進め、村民の収入増加に貢献してきた。「農家楽(アグリツーリズム)」の振興や特産品の好調な売り上げが村に活気をもたらし、村民の笑顔を増やしている。写真愛好家でもある冷さんのカメラには、笑顔で仕事に励む村民たちの姿が数多く収められている。(双鴨山=新華社記者/王建威)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    村民の笑顔撮り続ける村の第1書記黒竜江省小南河村

    冷菊貞さんが撮影した小南河村の村民。(資料写真)中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県では、貧困撲滅の責任者として小南河村に派遣された冷菊貞(れい・きくてい)第1書記が5年ほど前から、村の風俗習慣を体験してもらう観光拠点の建設や、辛い調味料「辣椒醬(ラージャオジャン)」の製造などの産業を発展させる取り組みを進め、村民の収入増加に貢献してきた。「農家楽(アグリツーリズム)」の振興や特産品の好調な売り上げが村に活気をもたらし、村民の笑顔を増やしている。写真愛好家でもある冷さんのカメラには、笑顔で仕事に励む村民たちの姿が数多く収められている。(双鴨山=新華社記者/王建威)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月01日
    武漢市、児童生徒100万人が新学期の学び舎に戻る

    1日、笑顔で校内に入る武漢中学の生徒。中国湖北省武漢市の各学校では1日、新学期を迎え、児童・生徒約100万人が元気に登校した。校内でのマスク着用は義務付けられておらず、各校には感染予防に関する研修を受けた専門の担当者が配置された。武漢では、小中高校と幼稚園合わせて2842校・園が新学期を迎え、139万9千人が学び舎に戻った。市教育局の王池富(おう・ちふ)副局長は、武漢の現在のリスクレベルに基づけば、小中高校生は使い捨ての医療用マスクまたは同等の防護基準を満たすマスクを携帯すべきだが、校内で着用する必要はないと話している。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月31日
    あごの変形で暗い少女時代、社会の愛で笑顔取り戻した女性

    地元で子どもたちに勉強を教える手術前の女性。(資料写真)中国遼寧省葫蘆島(ころとう)市郊外の農村に暮らす女性(23)は12歳で顎(がく)変形症を発症し、顔が大きくゆがんでしまった。言葉もはっきり話せなくなり、学校では常にいじめの対象。絶望しかけていた女性を救ったのは、地元の有名な慈善家だった。外科手術で生まれ変わった女性は今、笑顔輝く毎日を送っている。(瀋陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月31日
    あごの変形で暗い少女時代、社会の愛で笑顔取り戻した女性

    手術前と後の女性。(組み合わせ写真)中国遼寧省葫蘆島(ころとう)市郊外の農村に暮らす女性(23)は12歳で顎(がく)変形症を発症し、顔が大きくゆがんでしまった。言葉もはっきり話せなくなり、学校では常にいじめの対象。絶望しかけていた女性を救ったのは、地元の有名な慈善家だった。外科手術で生まれ変わった女性は今、笑顔輝く毎日を送っている。(瀋陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月31日
    あごの変形で暗い少女時代、社会の愛で笑顔取り戻した女性

    地元で子どもたちに勉強を教える手術前の女性。(資料写真)中国遼寧省葫蘆島(ころとう)市郊外の農村に暮らす女性(23)は12歳で顎(がく)変形症を発症し、顔が大きくゆがんでしまった。言葉もはっきり話せなくなり、学校では常にいじめの対象。絶望しかけていた女性を救ったのは、地元の有名な慈善家だった。外科手術で生まれ変わった女性は今、笑顔輝く毎日を送っている。(瀋陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...