KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ハルビン
  • 小型無人機
  • ドローン
  • 牡丹江市
  • 貧困世帯
  • 高速鉄道
  • ジャムス
  • ブラゴベシチェンスク
  • 急ピッチ
  • 貧困脱却

「黒竜江省」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 社会
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
624
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
624
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月24日
    (2)黒竜江省、都市と農村の居住環境改善の取り組みを強化

    貧困地区改造政策の恩恵を受け、築40年以上の古い家を離れ、賃貸住宅に仮住まいをしながら新しい家の完成を待つ黒竜江省ハルビン市道外区化工街道の李鳳芹(り・ほうきん)さん(65、右)。(2019年12月26日撮影)中国黒竜江省で開催中の第13期人民代表大会第5回会議で21日、同省の都市と農村の居住環境が一段と改善されたことが明らかになった。同省はここ数年、居住環境改善の取り組みを強化しており、都市の貧困地域の62万7千棟、古い居住区の51万9千戸、農村の倒壊の危険がある43万7千戸を改造した。(ハルビン=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (5)凍結した松花江の上で測定を行う作業員黒竜江省ハルビン市

    松花江の水にぬれて凍結し、川面に立つ橋梁・トンネル作業員の手袋。(1月13日撮影)中国黒竜江省ハルビン市内を流れる松花江に架かる松花江特大橋は、国内最北端を走る寒冷地仕様の高速鉄道、哈斉高速鉄道(ハルビン市-チチハル市)が通過する橋。同橋の安全を確保するため、中国鉄路ハルビン局集団ハルビン工務段(保線区)高速鉄道橋作業場の橋梁・トンネル担当作業員たちは毎年冬になると、凍結した松花江上の決まった位置に穴を開けて水深を測定し、橋脚の安定性などを確認している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.19
    2021年02月18日
    「新華社」黒竜江省ハルビン市、全域が低リスク区域に

    中国黒竜江省ハルビン市新型コロナウイルス感染予防・抑制指揮部(対策本部)は18日、利民開発区裕田街道と呼蘭区建設路街道の感染リスクレベルを低リスクにする通達を発表した。同市はこれで全域が低リスク区域になった。(記者/王松)=配信日:2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.90
    2021年02月18日
    「新華社」凍結した松花江の上で測定を行う作業員黒竜江省ハルビン市

    中国黒竜江省ハルビン市内を流れる松花江に架かる松花江特大橋は、国内最北端を走る寒冷地仕様の高速鉄道、哈斉高速鉄道(ハルビン市-チチハル市)が通過する橋。同橋の安全を確保するため、中国鉄路ハルビン局集団ハルビン工務段(保線区)高速鉄道橋作業場の橋梁・トンネル担当作業員たちは毎年冬になると、凍結した松花江上の決まった位置に穴を開けて水深を測定し、橋脚の安定性などを確認している。夏の増水期に入ると、橋の下の水流が速くなり測定が困難になるため、作業員は川面が完全に凍結する冬を待って測定を行い、測定精度を確保している。(記者/王君宝) =配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (2)凍結した松花江の上で測定を行う作業員黒竜江省ハルビン市

    水から引き上げるとすぐに凍結してしまった測定ロープ。(1月13日撮影)中国黒竜江省ハルビン市内を流れる松花江に架かる松花江特大橋は、国内最北端を走る寒冷地仕様の高速鉄道、哈斉高速鉄道(ハルビン市-チチハル市)が通過する橋。同橋の安全を確保するため、中国鉄路ハルビン局集団ハルビン工務段(保線区)高速鉄道橋作業場の橋梁・トンネル担当作業員たちは毎年冬になると、凍結した松花江上の決まった位置に穴を開けて水深を測定し、橋脚の安定性などを確認している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (5)黒竜江省ハルビン市、全域が低リスク区域に

    18日、ハルビン市の湘江公園で遊ぶ人々。中国黒竜江省ハルビン市新型コロナウイルス感染予防・抑制指揮部(対策本部)は18日、利民開発区裕田街道と呼蘭区建設路街道の感染リスクレベルを低リスクにする通達を発表した。同市はこれで全域が低リスク区域になった。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (3)黒竜江省ハルビン市、全域が低リスク区域に

    18日、ハルビン市の湘江公園で遊ぶ人々。中国黒竜江省ハルビン市新型コロナウイルス感染予防・抑制指揮部(対策本部)は18日、利民開発区裕田街道と呼蘭区建設路街道の感染リスクレベルを低リスクにする通達を発表した。同市はこれで全域が低リスク区域になった。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (4)黒竜江省ハルビン市、全域が低リスク区域に

    18日、ハルビン市の湘江公園で遊ぶ人々。中国黒竜江省ハルビン市新型コロナウイルス感染予防・抑制指揮部(対策本部)は18日、利民開発区裕田街道と呼蘭区建設路街道の感染リスクレベルを低リスクにする通達を発表した。同市はこれで全域が低リスク区域になった。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (6)黒竜江省ハルビン市、全域が低リスク区域に

    18日、ハルビン市の湘江公園で遊ぶ人々。中国黒竜江省ハルビン市新型コロナウイルス感染予防・抑制指揮部(対策本部)は18日、利民開発区裕田街道と呼蘭区建設路街道の感染リスクレベルを低リスクにする通達を発表した。同市はこれで全域が低リスク区域になった。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (3)凍結した松花江の上で測定を行う作業員黒竜江省ハルビン市

    凍結した松花江の川面で測定作業を行う橋梁・トンネル作業員。(1月13日撮影)中国黒竜江省ハルビン市内を流れる松花江に架かる松花江特大橋は、国内最北端を走る寒冷地仕様の高速鉄道、哈斉高速鉄道(ハルビン市-チチハル市)が通過する橋。同橋の安全を確保するため、中国鉄路ハルビン局集団ハルビン工務段(保線区)高速鉄道橋作業場の橋梁・トンネル担当作業員たちは毎年冬になると、凍結した松花江上の決まった位置に穴を開けて水深を測定し、橋脚の安定性などを確認している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (7)黒竜江省ハルビン市、全域が低リスク区域に

    18日、ハルビン市の湘江公園を散策する人々。中国黒竜江省ハルビン市新型コロナウイルス感染予防・抑制指揮部(対策本部)は18日、利民開発区裕田街道と呼蘭区建設路街道の感染リスクレベルを低リスクにする通達を発表した。同市はこれで全域が低リスク区域になった。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (4)凍結した松花江の上で測定を行う作業員黒竜江省ハルビン市

    松花江の水にぬれて凍結した橋梁・トンネル作業員の作業靴。(1月13日撮影)中国黒竜江省ハルビン市内を流れる松花江に架かる松花江特大橋は、国内最北端を走る寒冷地仕様の高速鉄道、哈斉高速鉄道(ハルビン市-チチハル市)が通過する橋。同橋の安全を確保するため、中国鉄路ハルビン局集団ハルビン工務段(保線区)高速鉄道橋作業場の橋梁・トンネル担当作業員たちは毎年冬になると、凍結した松花江上の決まった位置に穴を開けて水深を測定し、橋脚の安定性などを確認している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (1)黒竜江省ハルビン市、全域が低リスク区域に

    18日、ハルビン市の湘江公園で遊ぶ人々。中国黒竜江省ハルビン市新型コロナウイルス感染予防・抑制指揮部(対策本部)は18日、利民開発区裕田街道と呼蘭区建設路街道の感染リスクレベルを低リスクにする通達を発表した。同市はこれで全域が低リスク区域になった。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    黒竜江省ハルビン市、全域が低リスク区域に

    18日、ハルビン市の湘江公園で遊ぶ人々。中国黒竜江省ハルビン市新型コロナウイルス感染予防・抑制指揮部(対策本部)は18日、利民開発区裕田街道と呼蘭区建設路街道の感染リスクレベルを低リスクにする通達を発表した。同市はこれで全域が低リスク区域になった。(ハルビン=新華社記者/王松)=配信日:2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (2)春節期間中も最前線で働く人たち

    11日、黒竜江省ハルビン市道外区の集中隔離施設で、ガラス越しに向き合う鄭瑩瑩(てい・えいえい)さんと息子。中国では春節(旧正月)期間中、新型コロナウイルス感染症対策や社会機能維持のために、最前線で休まず働く人たちの姿があった。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (3)春節期間中も最前線で働く人たち

    11日、黒竜江省ハルビン市道外区の集中隔離施設で、切り紙細工を窓に貼る鄭瑩瑩(てい・えいえい)さん。中国では春節(旧正月)期間中、新型コロナウイルス感染症対策や社会機能維持のために、最前線で休まず働く人たちの姿があった。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:02.37
    2021年02月11日
    「新華社」「春運」期間中もトンネルの安全を守る若き作業員黒竜江省

    中国黒竜江省南東部の重要な鉄道輸送路線、城鶏鉄道(同省牡丹江市穆稜市下城子鎮-鶏西市)は、沿線の村や街の人々に日用品や食糧、石炭などの生活物資を運んでいる。全長516メートルの城鶏鉄道石燐2号トンネルは、建設からすでに83年が経ち、漏水と結氷が深刻になっている。鉄道のスムーズな運行を保障するため、鶏西工務区間鶏西路橋作業所に勤務する若い作業員6人は、春節(旧正月)の特別輸送態勢「春運」の期間中もこの古いトンネルの保守作業に当たり、毎週2回ここで氷の除去作業を行っている。冬の山では積雪が増える上、道は険しく、トンネル付近まで行くのに車で2時間、さらに車を停めてからトンネルまで徒歩で30分かかる。「春運」期間中、40立方メートル余りの氷を除去する予定だという。若い作業員たちは自らの手でこの高齢化トンネルの安全を守り、列車運行の安全を保障している。(記者/唐鉄富) =配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:27.02
    2021年02月06日
    「新華社」黒竜江省黒河市と広東省珠海市横琴新区、省をまたぐ営業許可証発行を実現

    中国黒竜江省黒河市と広東省珠海市横琴新区はこのほど、黒竜江省自由貿易試験区黒河片区(エリア)で、「跨省通弁(省をまたぐ政務サービス)」による営業許可証の発行手続きを初めて実施した。中国最北の自由貿易試験区・黒河エリアで、同サービスにより営業許可証が発行されるのはこれが初めて。異地域で審査承認し、省をまたいで政務サービスを提供することが、両地の間で現実になった。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(平成33)年02月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (2)50年に一度の寒さ黒竜江省漠河市で氷点下49・7度を観測

    1日、低温で氷霧が発生した漠河市の市街地。中国黒竜江省漠河市阿木爾鎮の気温観測所は1日午前7時18分、氷点下49・7度を観測した。気象部門が過去データと照合し、同市における過去50年間の最低気温と認定した。漠河市は同省西北部、大興安嶺山脈の北麓に位置し、観測史上最低気温は1969年に記録した氷点下52・3度となっている。(ハルビン=新華社配信/王景陽)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (1)50年に一度の寒さ黒竜江省漠河市で氷点下49・7度を観測

    1日、漠河市街の集合住宅の通路で、霜に覆われた自転車。中国黒竜江省漠河市阿木爾鎮の気温観測所は1日午前7時18分、氷点下49・7度を観測した。気象部門が過去データと照合し、同市における過去50年間の最低気温と認定した。漠河市は同省西北部、大興安嶺山脈の北麓に位置し、観測史上最低気温は1969年に記録した氷点下52・3度となっている。(ハルビン=新華社配信/王景陽)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (1)黒竜江省大興安嶺地区に40年に一度の寒波到来

    29日、極寒の中で働く呼中区の清掃作業員。中国黒竜江省の大興安嶺地区が29日、厳しい寒波に見舞われ、同地区の漠河(ばくが)市や呼中(こちゅう)区など、各地で40年ぶりに最低気温を更新した。呼中区によると、29日午前7時33分に同区白山風景区の無人観測所で、最低気温氷点下48・9度を観測。過去41年間で最も低い気温となった。漠河市でも、同市阿木爾鎮で29日朝、最低気温氷点下48・7度を観測し、40年ぶりに最低気温を更新した。(ハルビン=新華社配信/馮宏偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (6)黒竜江省大興安嶺地区に40年に一度の寒波到来

    29日、氷と霧に包まれた漠河市の風景。中国黒竜江省の大興安嶺地区が29日、厳しい寒波に見舞われ、同地区の漠河(ばくが)市や呼中(こちゅう)区など、各地で40年ぶりに最低気温を更新した。呼中区によると、29日午前7時33分に同区白山風景区の無人観測所で、最低気温氷点下48・9度を観測。過去41年間で最も低い気温となった。漠河市でも、同市阿木爾鎮で29日朝、最低気温氷点下48・7度を観測し、40年ぶりに最低気温を更新した。(ハルビン=新華社配信/王景陽)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (4)黒竜江省大興安嶺地区に40年に一度の寒波到来

    29日、呼中区の広場で、コップのお湯を空中にまく人たち。中国黒竜江省の大興安嶺地区が29日、厳しい寒波に見舞われ、同地区の漠河(ばくが)市や呼中(こちゅう)区など、各地で40年ぶりに最低気温を更新した。呼中区によると、29日午前7時33分に同区白山風景区の無人観測所で、最低気温氷点下48・9度を観測。過去41年間で最も低い気温となった。漠河市でも、同市阿木爾鎮で29日朝、最低気温氷点下48・7度を観測し、40年ぶりに最低気温を更新した。(ハルビン=新華社配信/馮宏偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月30日
    (2)黒竜江省大興安嶺地区に40年に一度の寒波到来

    29日、路上で交通整理をする漠河市の警察官。中国黒竜江省の大興安嶺地区が29日、厳しい寒波に見舞われ、同地区の漠河(ばくが)市や呼中(こちゅう)区など、各地で40年ぶりに最低気温を更新した。呼中区によると、29日午前7時33分に同区白山風景区の無人観測所で、最低気温氷点下48・9度を観測。過去41年間で最も低い気温となった。漠河市でも、同市阿木爾鎮で29日朝、最低気温氷点下48・7度を観測し、40年ぶりに最低気温を更新した。(ハルビン=新華社配信/王景陽)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (1)北京-ハルビン高速鉄道が全線開通東北振興加速へ

    22日、瀋陽北駅で列車を背景に記念撮影する乗客。中国北京市と黒竜江省ハルビン市を結ぶ京哈高速鉄道が22日、全線開通した。北京-瀋陽(遼寧省)間を最短2時間44分、北京-ハルビン間を最短4時間52分で運行する。同鉄道は北京市朝陽区を起点に北上、河北省承徳市を経由して、遼寧、吉林、黒竜江の東北3省の省都を結ぶ。総延長は1198キロで、設計時速は350キロ。(瀋陽=新華社記者/丁非白)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (3)北京-ハルビン高速鉄道が全線開通東北振興加速へ

    22日、瀋陽北駅で高速鉄道列車「復興号」に乗り出発を待つ乗客。中国北京市と黒竜江省ハルビン市を結ぶ京哈高速鉄道が22日、全線開通した。北京-瀋陽(遼寧省)間を最短2時間44分、北京-ハルビン間を最短4時間52分で運行する。同鉄道は北京市朝陽区を起点に北上、河北省承徳市を経由して、遼寧、吉林、黒竜江の東北3省の省都を結ぶ。総延長は1198キロで、設計時速は350キロ。(瀋陽=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (4)北京-ハルビン高速鉄道が全線開通東北振興加速へ

    22日、京哈高速鉄道の瀋陽珠江橋付近を走行する高速鉄道列車「復興号」。中国北京市と黒竜江省ハルビン市を結ぶ京哈高速鉄道が22日、全線開通した。北京-瀋陽(遼寧省)間を最短2時間44分、北京-ハルビン間を最短4時間52分で運行する。同鉄道は北京市朝陽区を起点に北上、河北省承徳市を経由して、遼寧、吉林、黒竜江の東北3省の省都を結ぶ。総延長は1198キロで、設計時速は350キロ。(瀋陽=新華社記者/楊青)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (5)北京-ハルビン高速鉄道が全線開通東北振興加速へ

    22日、瀋陽北駅で出発を待つ北京朝陽駅行きの高速鉄道列車「復興号」中国北京市と黒竜江省ハルビン市を結ぶ京哈高速鉄道が22日、全線開通した。北京-瀋陽(遼寧省)間を最短2時間44分、北京-ハルビン間を最短4時間52分で運行する。同鉄道は北京市朝陽区を起点に北上、河北省承徳市を経由して、遼寧、吉林、黒竜江の東北3省の省都を結ぶ。総延長は1198キロで、設計時速は350キロ。(瀋陽=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (2)北京-ハルビン高速鉄道が全線開通東北振興加速へ

    22日、瀋陽北駅で乗客の乗車を待つ乗務員。中国北京市と黒竜江省ハルビン市を結ぶ京哈高速鉄道が22日、全線開通した。北京-瀋陽(遼寧省)間を最短2時間44分、北京-ハルビン間を最短4時間52分で運行する。同鉄道は北京市朝陽区を起点に北上、河北省承徳市を経由して、遼寧、吉林、黒竜江の東北3省の省都を結ぶ。総延長は1198キロで、設計時速は350キロ。(瀋陽=新華社記者/丁非白)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (4)北京・ハルビン高速鉄道全線開通4時間52分で結ぶ

    22日、ハルビン西駅で出発を待つ列車G902。中国北京市と黒竜江省ハルビン市を結ぶ高速鉄道、京哈高鉄は22日午前、北京市ー河北省承徳市区間が開通するとともに全線がつながった。北京と瀋陽は最速2時間44分、北京とハルビンは最速4時間52分で結ばれる。同鉄道は北京、河北、遼寧、吉林、黒竜江を走り、全長が1198キロで、設計時速が350キロ。うち瀋陽ーハルビン区間は2012年12月1日、瀋陽ー承徳区間は2018年12月29日に開通した。今回開通した北京ー承徳区間は全長が192キロだ。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    北京ーハルビン高速鉄道全線開通4時間52分で結ぶ

    22日、北京朝陽駅に向けてハルビン西駅を出発した列車G902。中国北京市と黒竜江省ハルビン市を結ぶ高速鉄道、京哈高鉄は22日午前、北京市ー河北省承徳市区間が開通するとともに全線がつながった。北京と瀋陽は最速2時間44分、北京とハルビンは最速4時間52分で結ばれる。同鉄道は北京、河北、遼寧、吉林、黒竜江を走り、全長が1198キロで、設計時速が350キロ。うち瀋陽ーハルビン区間は2012年12月1日、瀋陽ー承徳区間は2018年12月29日に開通した。今回開通した北京ー承徳区間は全長が192キロだ。(ハルビン=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (1)北京ーハルビン高速鉄道全線開通4時間52分で結ぶ

    22日、ハルビン西駅で出発を待つ列車G902。中国北京市と黒竜江省ハルビン市を結ぶ高速鉄道、京哈高鉄は22日午前、北京市ー河北省承徳市区間が開通するとともに全線がつながった。北京と瀋陽は最速2時間44分、北京とハルビンは最速4時間52分で結ばれる。同鉄道は北京、河北、遼寧、吉林、黒竜江を走り、全長が1198キロで、設計時速が350キロ。うち瀋陽ーハルビン区間は2012年12月1日、瀋陽ー承徳区間は2018年12月29日に開通した。今回開通した北京ー承徳区間は全長が192キロだ。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (3)北京ーハルビン高速鉄道全線開通4時間52分で結ぶ

    22日、ハルビン西駅で出発を待つ列車G902の乗務員。中国北京市と黒竜江省ハルビン市を結ぶ高速鉄道、京哈高鉄は22日午前、北京市ー河北省承徳市区間が開通するとともに全線がつながった。北京と瀋陽は最速2時間44分、北京とハルビンは最速4時間52分で結ばれる。同鉄道は北京、河北、遼寧、吉林、黒竜江を走り、全長が1198キロで、設計時速が350キロ。うち瀋陽ーハルビン区間は2012年12月1日、瀋陽ー承徳区間は2018年12月29日に開通した。今回開通した北京ー承徳区間は全長が192キロだ。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (6)広場に巨大雪だるま、SNS映えスポットに黒竜江省ハルビン市

    17日、黒竜江省ハルビン市道里区の広場に設置された巨大雪だるま。中国黒竜江省ハルビン市道里区の音楽広場にこのほど、高さ約18メートルの雪だるまが設置され、新たなSNS映えスポットとなっている。赤いマフラーを巻いた巨大雪だるまを背景に記念撮影をする市民らの姿が見られた。(ハルビン=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (2)広場に巨大雪だるま、SNS映えスポットに黒竜江省ハルビン市

    17日、黒竜江省ハルビン市道里区の広場に設置された巨大雪だるまを撮影する市民。中国黒竜江省ハルビン市道里区の音楽広場にこのほど、高さ約18メートルの雪だるまが設置され、新たなSNS映えスポットとなっている。赤いマフラーを巻いた巨大雪だるまを背景に記念撮影をする市民らの姿が見られた。(ハルビン=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (1)広場に巨大雪だるま、SNS映えスポットに黒竜江省ハルビン市

    17日、黒竜江省ハルビン市道里区の広場に設置された巨大雪だるま。中国黒竜江省ハルビン市道里区の音楽広場にこのほど、高さ約18メートルの雪だるまが設置され、新たなSNS映えスポットとなっている。赤いマフラーを巻いた巨大雪だるまを背景に記念撮影をする市民らの姿が見られた。(ハルビン=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (5)広場に巨大雪だるま、SNS映えスポットに黒竜江省ハルビン市

    17日、黒竜江省ハルビン市道里区の広場に設置された巨大雪だるま。中国黒竜江省ハルビン市道里区の音楽広場にこのほど、高さ約18メートルの雪だるまが設置され、新たなSNS映えスポットとなっている。赤いマフラーを巻いた巨大雪だるまを背景に記念撮影をする市民らの姿が見られた。(ハルビン=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (8)広場に巨大雪だるま、SNS映えスポットに黒竜江省ハルビン市

    17日、黒竜江省ハルビン市道里区の広場に設置された巨大雪だるま。中国黒竜江省ハルビン市道里区の音楽広場にこのほど、高さ約18メートルの雪だるまが設置され、新たなSNS映えスポットとなっている。赤いマフラーを巻いた巨大雪だるまを背景に記念撮影をする市民らの姿が見られた。(ハルビン=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:32.55
    2021年01月20日
    「新華社」広場に巨大雪だるま、SNS映えスポットに黒竜江省ハルビン市

    中国黒竜江省ハルビン市道里区の音楽広場にこのほど、高さ約18メートルの雪だるまが設置され、新たなSNS映えスポットとなっている。赤いマフラーを巻いた巨大雪だるまを背景に記念撮影をする市民らの姿が見られた。(記者/劉赫垚)=配信日:2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (7)広場に巨大雪だるま、SNS映えスポットに黒竜江省ハルビン市

    17日、黒竜江省ハルビン市道里区の広場に設置された巨大雪だるまを撮影する市民。中国黒竜江省ハルビン市道里区の音楽広場にこのほど、高さ約18メートルの雪だるまが設置され、新たなSNS映えスポットとなっている。赤いマフラーを巻いた巨大雪だるまを背景に記念撮影をする市民らの姿が見られた。(ハルビン=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (3)広場に巨大雪だるま、SNS映えスポットに黒竜江省ハルビン市

    17日、黒竜江省ハルビン市道里区の広場に設置された巨大雪だるま。中国黒竜江省ハルビン市道里区の音楽広場にこのほど、高さ約18メートルの雪だるまが設置され、新たなSNS映えスポットとなっている。赤いマフラーを巻いた巨大雪だるまを背景に記念撮影をする市民らの姿が見られた。(ハルビン=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)圧巻!幅数百メートルの氷瀑黒竜江省牡丹江市

    15日、鏡泊湖風景区にある吊水楼瀑布の冬景色。(小型無人機から)冬本番となり、中国黒竜江省牡丹江市の鏡泊湖風景区にある吊水楼(ちょうすいろう)瀑布では、滝が凍る「氷瀑」が現れた。気温の低下とともに、両端から中央部に向かって滝の凍結が進み、できた氷瀑は幅数百メートルにも達し、壮大な風景を生み出している。瀑布が流れ落ちる黒竜潭は、温泉水であることから1年中凍結しない。(牡丹江=新華社記者/董宝森)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)圧巻!幅数百メートルの氷瀑黒竜江省牡丹江市

    15日、鏡泊湖風景区にある吊水楼瀑布の冬景色。(小型無人機から)冬本番となり、中国黒竜江省牡丹江市の鏡泊湖風景区にある吊水楼(ちょうすいろう)瀑布では、滝が凍る「氷瀑」が現れた。気温の低下とともに、両端から中央部に向かって滝の凍結が進み、できた氷瀑は幅数百メートルにも達し、壮大な風景を生み出している。瀑布が流れ落ちる黒竜潭は、温泉水であることから1年中凍結しない。(牡丹江=新華社記者/董宝森)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)圧巻!幅数百メートルの氷瀑黒竜江省牡丹江市

    15日、鏡泊湖風景区にある吊水楼瀑布の冬景色。(小型無人機から)冬本番となり、中国黒竜江省牡丹江市の鏡泊湖風景区にある吊水楼(ちょうすいろう)瀑布では、滝が凍る「氷瀑」が現れた。気温の低下とともに、両端から中央部に向かって滝の凍結が進み、できた氷瀑は幅数百メートルにも達し、壮大な風景を生み出している。瀑布が流れ落ちる黒竜潭は、温泉水であることから1年中凍結しない。(牡丹江=新華社記者/董宝森)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)圧巻!幅数百メートルの氷瀑黒竜江省牡丹江市

    15日、鏡泊湖風景区の吊水楼瀑布を訪れた観光客。(小型無人機から)冬本番となり、中国黒竜江省牡丹江市の鏡泊湖風景区にある吊水楼(ちょうすいろう)瀑布では、滝が凍る「氷瀑」が現れた。気温の低下とともに、両端から中央部に向かって滝の凍結が進み、できた氷瀑は幅数百メートルにも達し、壮大な風景を生み出している。瀑布が流れ落ちる黒竜潭は、温泉水であることから1年中凍結しない。(牡丹江=新華社記者/董宝森)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (7)黒竜江省牡丹江市で今年初の降雪

    15日、雪化粧した牡丹江市。中国黒竜江省牡丹江市では15日、今年に入って初めての雪となり、街全体が白く覆われた。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (5)黒竜江省牡丹江市で今年初の降雪

    15日、雪化粧した牡丹江市。中国黒竜江省牡丹江市では15日、今年に入って初めての雪となり、街全体が白く覆われた。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (6)黒竜江省牡丹江市で今年初の降雪

    15日、雪化粧した牡丹江市。中国黒竜江省牡丹江市では15日、今年に入って初めての雪となり、街全体が白く覆われた。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (2)黒竜江省牡丹江市で今年初の降雪

    15日、雪化粧した牡丹江市。中国黒竜江省牡丹江市では15日、今年に入って初めての雪となり、街全体が白く覆われた。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (3)黒竜江省牡丹江市で今年初の降雪

    15日、雪化粧した牡丹江市。中国黒竜江省牡丹江市では15日、今年に入って初めての雪となり、街全体が白く覆われた。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (8)黒竜江省牡丹江市で今年初の降雪

    15日、雪化粧した牡丹江市。中国黒竜江省牡丹江市では15日、今年に入って初めての雪となり、街全体が白く覆われた。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (9)黒竜江省牡丹江市で今年初の降雪

    15日、雪化粧した牡丹江市。中国黒竜江省牡丹江市では15日、今年に入って初めての雪となり、街全体が白く覆われた。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (4)黒竜江省牡丹江市で今年初の降雪

    15日、雪化粧した牡丹江市。中国黒竜江省牡丹江市では15日、今年に入って初めての雪となり、街全体が白く覆われた。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (1)黒竜江省牡丹江市で今年初の降雪

    15日、雪化粧した牡丹江市。中国黒竜江省牡丹江市では15日、今年に入って初めての雪となり、街全体が白く覆われた。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    広場に巨大雪だるま、SNS映えスポットに黒竜江省ハルビン市

    17日、黒竜江省ハルビン市道里区の広場に設置された巨大雪だるま。中国黒竜江省ハルビン市道里区の音楽広場にこのほど、高さ約18メートルの雪だるまが設置され、新たなSNS映えスポットとなっている。赤いマフラーを巻いた巨大雪だるまを背景に記念撮影をする市民らの姿が見られた。(ハルビン=新華社記者/劉赫垚)=配信日:2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月17日
    (3)氷雪観光で活気取り戻した山奥の小さな村黒竜江省牡丹江市

    雪郷を彩る夜景。(2020年12月10日撮影)中国黒竜江省牡丹江市にある雪郷森林公園は中国で有名な冬の観光地で、バイカル湖からの寒気と日本海からの暖湿流がここで頻繁に交わるため、降雪期間は7カ月、積雪量は最大で2メートルに達するという。20数年前、この地は木材伐採を主要産業とする林場だったが、中国が生態資源の保護を強化するにつれて、林木の伐採が制限されるようになった。地元政府が豊かな自然を生かした観光業の発展に力を入れた結果、同地を訪れる観光客が次第に増え、雪郷は往年の活気を取り戻した。(ハルビン=新華社記者/馬暁成)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月17日
    (2)氷雪観光で活気取り戻した山奥の小さな村黒竜江省牡丹江市

    雪郷を彩る夜景。(2020年12月10日撮影)中国黒竜江省牡丹江市にある雪郷森林公園は中国で有名な冬の観光地で、バイカル湖からの寒気と日本海からの暖湿流がここで頻繁に交わるため、降雪期間は7カ月、積雪量は最大で2メートルに達するという。20数年前、この地は木材伐採を主要産業とする林場だったが、中国が生態資源の保護を強化するにつれて、林木の伐採が制限されるようになった。地元政府が豊かな自然を生かした観光業の発展に力を入れた結果、同地を訪れる観光客が次第に増え、雪郷は往年の活気を取り戻した。(ハルビン=新華社記者/侯鳴)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (3)ハルビン極地館シロイルカが「新居」に到着

    10日、「新居」にやって来たシロイルカ。中国黒竜江省のハルビン極地館で暮らすシロイルカの「ミラ」と「ニコラ」がこのほど、新エリアの極地公園内へ引っ越した。2頭は同館の看板ショー「海洋之心(ハート・オブ・オーシャン)」の主役として多くの観客の心をつかんできた。22日からは新たなステージとなる超大型プールで来場者の前に登場する。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (1)夜間の核酸検査所を訪ねて黒竜江省ハルビン市

    14日、黒竜江省ハルビン市香坊区にある核酸検査所で、核酸検査を受ける市民。中国黒竜江省で新型コロナウイルスの感染確認が報告されたことに伴い、ハルビン市の一部地域では無料の核酸検査が実施されている。同市香坊区和平路街道亜麻社区(コミュニティー)にある臨時核酸検査所では、作業スタッフらが忙しく勤務。48時間以内に社区内の住人4500人余りに対する核酸検査を実施するため、夜間も迅速な検査を行っている。(ハルビン=新華社記者/孫暁宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (4)ハルビン極地館シロイルカが「新居」に到着

    10日、「新居」で泳ぐシロイルカの「ミラ」と「ニコラ」。中国黒竜江省のハルビン極地館で暮らすシロイルカの「ミラ」と「ニコラ」がこのほど、新エリアの極地公園内へ引っ越した。2頭は同館の看板ショー「海洋之心(ハート・オブ・オーシャン)」の主役として多くの観客の心をつかんできた。22日からは新たなステージとなる超大型プールで来場者の前に登場する。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (4)夜間の核酸検査所を訪ねて黒竜江省ハルビン市

    14日、核酸検査を受ける住民の情報を記録する作業スタッフ。中国黒竜江省で新型コロナウイルスの感染確認が報告されたことに伴い、ハルビン市の一部地域では無料の核酸検査が実施されている。同市香坊区和平路街道亜麻社区(コミュニティー)にある臨時核酸検査所では、作業スタッフらが忙しく勤務。48時間以内に社区内の住人4500人余りに対する核酸検査を実施するため、夜間も迅速な検査を行っている。(ハルビン=新華社記者/孫暁宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (3)夜間の核酸検査所を訪ねて黒竜江省ハルビン市

    14日、核酸検査前に必要な情報の記入を行う市民。中国黒竜江省で新型コロナウイルスの感染確認が報告されたことに伴い、ハルビン市の一部地域では無料の核酸検査が実施されている。同市香坊区和平路街道亜麻社区(コミュニティー)にある臨時核酸検査所では、作業スタッフらが忙しく勤務。48時間以内に社区内の住人4500人余りに対する核酸検査を実施するため、夜間も迅速な検査を行っている。(ハルビン=新華社記者/孫暁宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (7)極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、K7093列車の車内でパンを食べる子ども。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    凍結した松花江の上で測定を行う作業員黒竜江省ハルビン市

    凍結した松花江の川面にドリルで穴を開ける橋梁・トンネル担当作業員。(1月13日撮影)中国黒竜江省ハルビン市内を流れる松花江に架かる松花江特大橋は、国内最北端を走る寒冷地仕様の高速鉄道、哈斉高速鉄道(ハルビン市-チチハル市)が通過する橋。同橋の安全を確保するため、中国鉄路ハルビン局集団ハルビン工務段(保線区)高速鉄道橋作業場の橋梁・トンネル担当作業員たちは毎年冬になると、凍結した松花江上の決まった位置に穴を開けて水深を測定し、橋脚の安定性などを確認している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=配信日:2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月11日
    (2)感染症予防の第一線で「中国人民警察の日」を祝う黒竜江省

    8日、入隊の宣誓を行う黒河出入境検査ステーションの警察官。中国の黒竜江省黒河出入境辺防検査站(検査ステーション)では「中国人民警察の日」の10日、警察官が警察旗に向かい、改めて入隊の宣誓を行った。先月29日以降、黒河市で新型コロナウイルスの新規感染者が増えると、同ステーションは「感染症との闘い」の号令を速やかに発してきた。滴水氷を成す冬の厳しい寒さの中、人民警察は感染症予防・抑制検査拠点を堅守し、人々の健康と安全を守り続けている。(黒河=新華社配信/張鈞凱)= 配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:38.38
    2021年01月11日
    「新華社」感染症予防の第一線で「中国人民警察の日」を祝う黒竜江省

    中国の黒竜江省黒河出入境辺防検査站(出入国国境検査ステーション)では「中国人民警察の日」の10日、警察官が警察旗に向かい、改めて入隊の宣誓を行った。先月29日以降、黒河市で新型コロナウイルスの新規感染者が増えると、同ステーションは「感染症との闘い」の号令を速やかに発してきた。滴水氷を成す冬の厳しい寒さの中、人民警察は感染症予防・抑制検査拠点を堅守し、人々の健康と安全を守り続けている。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月11日
    (5)感染症予防の第一線で「中国人民警察の日」を祝う黒竜江省

    9日、集合住宅で消毒作業に当たる黒河出入境検査ステーションの警察官。中国の黒竜江省黒河出入境辺防検査站(検査ステーション)では「中国人民警察の日」の10日、警察官が警察旗に向かい、改めて入隊の宣誓を行った。先月29日以降、黒河市で新型コロナウイルスの新規感染者が増えると、同ステーションは「感染症との闘い」の号令を速やかに発してきた。滴水氷を成す冬の厳しい寒さの中、人民警察は感染症予防・抑制検査拠点を堅守し、人々の健康と安全を守り続けている。(黒河=新華社配信/張鈞凱)= 配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月11日
    (1)感染症予防の第一線で「中国人民警察の日」を祝う黒竜江省

    感染症予防・抑制検査拠点で、住宅団地に出入りする住民の情報を登録する黒河出入境検査ステーションの警察官。(2020年12月31日撮影)中国の黒竜江省黒河出入境辺防検査站(検査ステーション)では「中国人民警察の日」の10日、警察官が警察旗に向かい、改めて入隊の宣誓を行った。先月29日以降、黒河市で新型コロナウイルスの新規感染者が増えると、同ステーションは「感染症との闘い」の号令を速やかに発してきた。滴水氷を成す冬の厳しい寒さの中、警察は感染症予防・抑制検査拠点を堅守し、人々の健康と安全を守り続けている。(黒河=新華社配信/劉松)= 配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月11日
    (6)感染症予防の第一線で「中国人民警察の日」を祝う黒竜江省

    感染症予防・抑制検査拠点で任務に当たる黒河出入境検査ステーションの警察官。(2020年12月31日撮影)中国の黒竜江省黒河出入境辺防検査站(検査ステーション)では「中国人民警察の日」の10日、警察官が警察旗に向かい、改めて入隊の宣誓を行った。先月29日以降、黒河市で新型コロナウイルスの新規感染者が増えると、同ステーションは「感染症との闘い」の号令を速やかに発してきた。滴水氷を成す冬の厳しい寒さの中、人民警察は感染症予防・抑制検査拠点を堅守し、人々の健康と安全を守り続けている。(黒河=新華社配信/劉松)= 配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月11日
    (4)感染症予防の第一線で「中国人民警察の日」を祝う黒竜江省

    9日、集合住宅で消毒作業に当たる黒河出入境検査ステーションの警察官。中国の黒竜江省黒河出入境辺防検査站(検査ステーション)では「中国人民警察の日」の10日、警察官が警察旗に向かい、改めて入隊の宣誓を行った。先月29日以降、黒河市で新型コロナウイルスの新規感染者が増えると、同ステーションは「感染症との闘い」の号令を速やかに発してきた。滴水氷を成す冬の厳しい寒さの中、人民警察は感染症予防・抑制検査拠点を堅守し、人々の健康と安全を守り続けている。(黒河=新華社配信/張鈞凱)= 配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月11日
    (3)感染症予防の第一線で「中国人民警察の日」を祝う黒竜江省

    感染症予防・抑制検査拠点で任務に当たる黒河出入境検査ステーションの警察官。(2020年12月31日撮影)中国の黒竜江省黒河出入境辺防検査站(検査ステーション)では「中国人民警察の日」の10日、警察官が警察旗に向かい、改めて入隊の宣誓を行った。先月29日以降、黒河市で新型コロナウイルスの新規感染者が増えると、同ステーションは「感染症との闘い」の号令を速やかに発してきた。滴水氷を成す冬の厳しい寒さの中、人民警察は感染症予防・抑制検査拠点を堅守し、人々の健康と安全を守り続けている。(黒河=新華社配信/劉松)= 配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (8)冬の観光シーズンを支える人々黒竜江省ハルビン市

    ハルビン氷雪大世界の会場で氷の建築物を制作する作業員。(2020年12月19日、小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は冬の観光シーズンを迎えている。氷雪観光で人気の「ハルビン氷雪大世界」などでは、作業員が昼夜を問わず氷の採取や運搬を行い、彫刻家が作品を入念に制作。極寒の中で懸命に働く人々は「氷の都」に幻想的な世界を作り出した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (1)中国の「北極」漠河行き雪国列車に乗って

    7日、漠河駅に到着したK7039号列車。中国黒竜江省のハルビン駅を6日夕方出発したK7039号列車は1223キロの道のりを走り、16時間20分後の翌7日、漠河駅に到着した。中国最北端にある同省漠河市は「中国の北極」と呼ばれ、毎年多くの観光客が寒さを体験しに訪れる。外気温は氷点下30~40度になるが、車内は20度以上と暖かい。極寒を味わえるのが「雪国列車」最大の魅力となっている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (7)中国の「北極」漠河行き雪国列車に乗って

    7日、漠河駅に到着したK7039号列車。中国黒竜江省のハルビン駅を6日夕方出発したK7039号列車は1223キロの道のりを走り、16時間20分後の翌7日、漠河駅に到着した。中国最北端にある同省漠河市は「中国の北極」と呼ばれ、毎年多くの観光客が寒さを体験しに訪れる。外気温は氷点下30~40度になるが、車内は20度以上と暖かい。極寒を味わえるのが「雪国列車」最大の魅力となっている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (1)ハルビン市の公園に空母「遼寧」の雪像が登場

    3日、ハルビン市道外区にある江畔公園の闖関東広場に登場した空母「遼寧」の雪像。中国の空母「遼寧」をモチーフにして造られた巨大な雪像がこのほど、中国黒竜江省ハルビン市道外区にある江畔公園の闖関東広場に登場した。同雪像は長さ約50メートル、幅約10メートル、高さ約10メートル、雪の総使用量約2360立方メートルで、19人からなる制作チームが20日間かけて造り上げたという。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (3)ハルビン市の公園に空母「遼寧」の雪像が登場

    3日、ハルビン市道外区にある江畔公園の闖関東広場で、空母「遼寧」の雪像を見つめる市民。中国の空母「遼寧」をモチーフにして造られた巨大な雪像がこのほど、中国黒竜江省ハルビン市道外区にある江畔公園の闖関東広場に登場した。同雪像は長さ約50メートル、幅約10メートル、高さ約10メートル、雪の総使用量約2360立方メートルで、19人からなる制作チームが20日間かけて造り上げたという。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (3)厳冬期もスポーツで健康に黒竜江省

    5日、牡丹江市の江浜公園で野外スポーツをする市民。二十四節気の「小寒」に当たる5日、中国黒竜江省牡丹江市の市街地では、最低気温が氷点下26度まで下がる厳しい寒さの中、地元のスポーツ愛好者らが太極拳や太極剣、羽根蹴り、寒中水泳などに取り組み、体を動かす楽しさを満喫した。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (8)ハルビン市の公園に空母「遼寧」の雪像が登場

    3日、ハルビン市道外区にある江畔公園の闖関東広場に登場した空母「遼寧」の雪像。中国の空母「遼寧」をモチーフにして造られた巨大な雪像がこのほど、中国黒竜江省ハルビン市道外区にある江畔公園の闖関東広場に登場した。同雪像は長さ約50メートル、幅約10メートル、高さ約10メートル、雪の総使用量約2360立方メートルで、19人からなる制作チームが20日間かけて造り上げたという。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (4)厳冬期もスポーツで健康に黒竜江省

    5日、牡丹江市の江浜公園で羽根蹴りをする市民。二十四節気の「小寒」に当たる5日、中国黒竜江省牡丹江市の市街地では、最低気温が氷点下26度まで下がる厳しい寒さの中、地元のスポーツ愛好者らが太極拳や太極剣、羽根蹴り、寒中水泳などに取り組み、体を動かす楽しさを満喫した。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (5)厳冬期もスポーツで健康に黒竜江省

    5日、牡丹江市の江浜公園で太極拳を楽しむ市民。二十四節気の「小寒」に当たる5日、中国黒竜江省牡丹江市の市街地では、最低気温が氷点下26度まで下がる厳しい寒さの中、地元のスポーツ愛好者らが太極拳や太極剣、羽根蹴り、寒中水泳などに取り組み、体を動かす楽しさを満喫した。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (1)厳冬期もスポーツで健康に黒竜江省

    5日、牡丹江市の江浜公園で寒中水泳をする市民。二十四節気の「小寒」に当たる5日、中国黒竜江省牡丹江市の市街地では、最低気温が氷点下26度まで下がる厳しい寒さの中、地元のスポーツ愛好者らが太極拳や太極剣、羽根蹴り、寒中水泳などに取り組み、体を動かす楽しさを満喫した。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (7)厳冬期もスポーツで健康に黒竜江省

    5日、牡丹江市の江浜公園で太極剣を楽しむ市民。二十四節気の「小寒」に当たる5日、中国黒竜江省牡丹江市の市街地では、最低気温が氷点下26度まで下がる厳しい寒さの中、地元のスポーツ愛好者らが太極拳や太極剣、羽根蹴り、寒中水泳などに取り組み、体を動かす楽しさを満喫した。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (2)ハルビン市の公園に空母「遼寧」の雪像が登場

    3日、ハルビン市道外区にある江畔公園の闖関東広場に登場した空母「遼寧」の雪像。(小型無人機から)中国の空母「遼寧」をモチーフにして造られた巨大な雪像がこのほど、中国黒竜江省ハルビン市道外区にある江畔公園の闖関東広場に登場した。同雪像は長さ約50メートル、幅約10メートル、高さ約10メートル、雪の総使用量約2360立方メートルで、19人からなる制作チームが20日間かけて造り上げたという。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (4)ハルビン市の公園に空母「遼寧」の雪像が登場

    3日、ハルビン市道外区にある江畔公園の闖関東広場に登場した空母「遼寧」の雪像。(小型無人機から)中国の空母「遼寧」をモチーフにして造られた巨大な雪像がこのほど、中国黒竜江省ハルビン市道外区にある江畔公園の闖関東広場に登場した。同雪像は長さ約50メートル、幅約10メートル、高さ約10メートル、雪の総使用量約2360立方メートルで、19人からなる制作チームが20日間かけて造り上げたという。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (5)ハルビン市の公園に空母「遼寧」の雪像が登場

    3日、ハルビン市道外区にある江畔公園の闖関東広場に登場した空母「遼寧」の雪像。(小型無人機から)中国の空母「遼寧」をモチーフにして造られた巨大な雪像がこのほど、中国黒竜江省ハルビン市道外区にある江畔公園の闖関東広場に登場した。同雪像は長さ約50メートル、幅約10メートル、高さ約10メートル、雪の総使用量約2360立方メートルで、19人からなる制作チームが20日間かけて造り上げたという。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (6)厳冬期もスポーツで健康に黒竜江省

    5日、牡丹江市の江浜公園で寒中水泳をする市民。二十四節気の「小寒」に当たる5日、中国黒竜江省牡丹江市の市街地では、最低気温が氷点下26度まで下がる厳しい寒さの中、地元のスポーツ愛好者らが太極拳や太極剣、羽根蹴り、寒中水泳などに取り組み、体を動かす楽しさを満喫した。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (7)ハルビン市の公園に空母「遼寧」の雪像が登場

    3日、ハルビン市道外区にある江畔公園の闖関東広場に登場した空母「遼寧」の雪像。(小型無人機から)中国の空母「遼寧」をモチーフにして造られた巨大な雪像がこのほど、中国黒竜江省ハルビン市道外区にある江畔公園の闖関東広場に登場した。同雪像は長さ約50メートル、幅約10メートル、高さ約10メートル、雪の総使用量約2360立方メートルで、19人からなる制作チームが20日間かけて造り上げたという。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (2)凍結した松花江でアイススケート黒竜江省ハルビン市

    3日、松花江のスケートリンクを訪れた人たち。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市九站公園近くの松花江でここ数日、多くの市民や観光客が凍結した川面をリンクにしてスケートを楽しんでいる。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (7)凍結した松花江でアイススケート黒竜江省ハルビン市

    3日、松花江のスケートリンクを訪れた人たち。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市九站公園近くの松花江でここ数日、多くの市民や観光客が凍結した川面をリンクにしてスケートを楽しんでいる。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (2)厳冬期もスポーツで健康に黒竜江省

    5日、牡丹江市の江浜公園で太極拳を楽しむ市民。二十四節気の「小寒」に当たる5日、中国黒竜江省牡丹江市の市街地では、最低気温が氷点下26度まで下がる厳しい寒さの中、地元のスポーツ愛好者らが太極拳や太極剣、羽根蹴り、寒中水泳などに取り組み、体を動かす楽しさを満喫した。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (8)「雪のとりで」の制作大詰め黒竜江省牡丹江市

    1日、牡丹江市江心島で「雪のとりで」を作る作業員。中国黒竜江省牡丹江市では現在、年に1度の「雪のとりで」作りが進められている。同市は2001年から鑑賞性と相互性、娯楽性を兼ね備えた雪のとりでのパーク建設を行ってきた。20回目を迎えた今回は20年12月中旬に建設を開始。敷地面積は9万平方メートル、使用された雪の量は計2万2千立方メートルに上った。今月10日の一般公開を予定している。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (3)「雪のとりで」の制作大詰め黒竜江省牡丹江市

    1日、牡丹江市江心島で「雪のとりで」を作る作業員。中国黒竜江省牡丹江市では現在、年に1度の「雪のとりで」作りが進められている。同市は2001年から鑑賞性と相互性、娯楽性を兼ね備えた雪のとりでのパーク建設を行ってきた。20回目を迎えた今回は20年12月中旬に建設を開始。敷地面積は9万平方メートル、使用された雪の量は計2万2千立方メートルに上った。今月10日の一般公開を予定している。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (2)「雪のとりで」の制作大詰め黒竜江省牡丹江市

    1日、牡丹江市江心島で「雪のとりで」を作る作業員。中国黒竜江省牡丹江市では現在、年に1度の「雪のとりで」作りが進められている。同市は2001年から鑑賞性と相互性、娯楽性を兼ね備えた雪のとりでのパーク建設を行ってきた。20回目を迎えた今回は20年12月中旬に建設を開始。敷地面積は9万平方メートル、使用された雪の量は計2万2千立方メートルに上った。今月10日の一般公開を予定している。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (10)「雪のとりで」の制作大詰め黒竜江省牡丹江市

    1日、牡丹江市江心島で「雪のとりで」を作る作業員。中国黒竜江省牡丹江市では現在、年に1度の「雪のとりで」作りが進められている。同市は2001年から鑑賞性と相互性、娯楽性を兼ね備えた雪のとりでのパーク建設を行ってきた。20回目を迎えた今回は20年12月中旬に建設を開始。敷地面積は9万平方メートル、使用された雪の量は計2万2千立方メートルに上った。今月10日の一般公開を予定している。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (1)「雪のとりで」の制作大詰め黒竜江省牡丹江市

    1日、牡丹江市江心島で「雪のとりで」を作る作業員。中国黒竜江省牡丹江市では現在、年に1度の「雪のとりで」作りが進められている。同市は2001年から鑑賞性と相互性、娯楽性を兼ね備えた雪のとりでのパーク建設を行ってきた。20回目を迎えた今回は20年12月中旬に建設を開始。敷地面積は9万平方メートル、使用された雪の量は計2万2千立方メートルに上った。今月10日の一般公開を予定している。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (4)「雪のとりで」の制作大詰め黒竜江省牡丹江市

    1日、牡丹江市江心島で「雪のとりで」を作る作業員。中国黒竜江省牡丹江市では現在、年に1度の「雪のとりで」作りが進められている。同市は2001年から鑑賞性と相互性、娯楽性を兼ね備えた雪のとりでのパーク建設を行ってきた。20回目を迎えた今回は20年12月中旬に建設を開始。敷地面積は9万平方メートル、使用された雪の量は計2万2千立方メートルに上った。今月10日の一般公開を予定している。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (6)「雪のとりで」の制作大詰め黒竜江省牡丹江市

    1日、牡丹江市江心島で「雪のとりで」を作る作業員。中国黒竜江省牡丹江市では現在、年に1度の「雪のとりで」作りが進められている。同市は2001年から鑑賞性と相互性、娯楽性を兼ね備えた雪のとりでのパーク建設を行ってきた。20回目を迎えた今回は20年12月中旬に建設を開始。敷地面積は9万平方メートル、使用された雪の量は計2万2千立方メートルに上った。今月10日の一般公開を予定している。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (7)「雪のとりで」の制作大詰め黒竜江省牡丹江市

    1日、牡丹江市江心島で「雪のとりで」を作る作業員。中国黒竜江省牡丹江市では現在、年に1度の「雪のとりで」作りが進められている。同市は2001年から鑑賞性と相互性、娯楽性を兼ね備えた雪のとりでのパーク建設を行ってきた。20回目を迎えた今回は20年12月中旬に建設を開始。敷地面積は9万平方メートル、使用された雪の量は計2万2千立方メートルに上った。今月10日の一般公開を予定している。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (9)「雪のとりで」の制作大詰め黒竜江省牡丹江市

    1日、牡丹江市江心島で「雪のとりで」を作る作業員。中国黒竜江省牡丹江市では現在、年に1度の「雪のとりで」作りが進められている。同市は2001年から鑑賞性と相互性、娯楽性を兼ね備えた雪のとりでのパーク建設を行ってきた。20回目を迎えた今回は20年12月中旬に建設を開始。敷地面積は9万平方メートル、使用された雪の量は計2万2千立方メートルに上った。今月10日の一般公開を予定している。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (5)「雪のとりで」の制作大詰め黒竜江省牡丹江市

    1日、牡丹江市江心島で「雪のとりで」を作る作業員。中国黒竜江省牡丹江市では現在、年に1度の「雪のとりで」作りが進められている。同市は2001年から鑑賞性と相互性、娯楽性を兼ね備えた雪のとりでのパーク建設を行ってきた。20回目を迎えた今回は20年12月中旬に建設を開始。敷地面積は9万平方メートル、使用された雪の量は計2万2千立方メートルに上った。今月10日の一般公開を予定している。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6