KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • バスケットボール
  • インフラ
  • カルチャーセンター
  • ドローン
  • 三角広場
  • 中国青海省
  • 共和県廿
  • 堅塁攻略
  • 就業機会
  • 政府所在地

「Basketball」の写真・映像

絞り込み
  • 1年以内
  • 種類
  • 向き
  • 社会
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
11
( 1 11 件を表示)
  • 1
11
( 1 11 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年03月20日
    シュートを放つ川上

    3人制バスケ forcepice―BEEFMAN シュートを放つforcepiceの川上=新宿住友ビル三角広場

    撮影: 新宿住友ビル三角広場

  • 2021年03月20日
    富山県のフォースパイス ディフェンスする喜入と大谷内

    3人制バスケ forcepice―BEEFMAN ディフェンスするforcepiceの喜入(77)と大谷内(37)=新宿住友ビル三角広場

  • 2020年12月23日
    (1)25年に高齢者500万人、積極的対策進める北京市

    北京市順義区の社区で、新たに設置されたバスケットボール施設を試す高齢者たち。(10月20日撮影)中国北京市高齢者協会の孫立国(そん・りつこく)副会長はこのほど、第14次5カ年計画(2021~25年)期間中に北京市の高齢者(注)人口が100万人増加するとの見通しを明らかにした。2025年には高齢者が500万人に達し、同市は中度の高齢化時代に突入するという。(北京=新華社配信)注:中国では60歳以上が高齢者と定義しており、世界保健機関(WHO)の65歳とは異なる。= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    能代工バスケ部の展示 町ぐるみで栄光の歴史回顧

    秋田県能代市の柳町商店街の店先に飾られた能代工バスケットボール部のユニホームや盾など=14日

    撮影: 14日

  • 2020年08月17日
    生活環境が大きく改善、移転先で幸せに暮らす住民たち青海省

    17日、移転先の集合住宅の敷地内で、バスケットボールをする子ども。中国青海省海南チベット族自治州共和県廿地郷切扎村は、かつて住環境が悪く、インフラも貧弱な貧困村だった。同県は2017年、辺ぴな地に分散してした切扎村の貧困世帯101戸を立地条件の良い県城(県政府所在地)の城北新区に移転させた。移転先の集合住宅にはカルチャーセンターや衛生室(医務室)、幼稚園、文化広場などが設けられており、村民の生活環境が著しく改善された。また、居住地が県城に近くなったことで、就業機会も増えた。(共和=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月17日
    生活環境が大きく改善、移転先で幸せに暮らす住民たち青海省

    17日、移転先の集合住宅の敷地内で、バスケットボールをする子ども。中国青海省海南チベット族自治州共和県廿地郷切扎村は、かつて住環境が悪く、インフラも貧弱な貧困村だった。同県は2017年、辺ぴな地に分散してした切扎村の貧困世帯101戸を立地条件の良い県城(県政府所在地)の城北新区に移転させた。移転先の集合住宅にはカルチャーセンターや衛生室(医務室)、幼稚園、文化広場などが設けられており、村民の生活環境が著しく改善された。また、居住地が県城に近くなったことで、就業機会も増えた。(共和=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月10日
    中国最大のイ族居住地区、長きにわたる貧困から脱却四川省

    涼山イ族自治州昭覚県四開郷梭梭拉打村で人民武装警察部隊四川省総隊が建設を支援した幼稚園、屋外バスケットボールコートと産業パーク。(8月10日撮影、小型無人機から)中国四川省人民政府の公式サイトは17日、涼山イ族自治州にある普格、布拖、金陽、昭覚、喜德、越西、美姑の国家級貧困県7県が、貧困県の指定を外れたと発表した。これにより、中国最大のイ族居住地区は長い間苦しんできた絶対的貧困から脱却し、新たな発展段階へと踏み出した。同省南西部に位置する同州は、国内で最も貧しく辺ぴな場所、貧困脱却堅塁攻略が最も難しい地域とされてきた。立ち後れたインフラを整備し、構造転換による発展を推進することで、同自治州の発展は新たな軌道に乗り、駆け足で小康社会(ややゆとりのある社会)を目指している。昨年末には、貧困発生率が4%に低下し、地域の域内総生産(GDP)は1676億3千万元(1元=約16円)と、全国に30ある少数民族自治州の上位に立った。大凉山に最後まで残っていた7貧困県がなくなったことで、四川省に88県存在した貧困県は全て貧困からの脱却を果たした。(成都=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月04日
    県立能代工業高等学校 バスケ伝統校、校名変更へ

    統合による校名の変更を予定している県立能代工業高等学校=5月29日、秋田県能代市

    撮影: 5月29日、秋田県能代市

  • 2020年05月23日
    姚明氏「スポーツと学業の融合で子どもの負担を増やすべきでない」

    中国人民政治協商会議で、業界団体や社会による学校の体育教育や競技への支援・貢献を奨励すると提案した姚明委員。(5月23日撮影)中国ではここ数年、若者の体に関する問題が一層注目を集めている。中国人民政治協商会議(政協)全国委員会委員で中国バスケットボール協会主席の姚明(ヤオ・ミン)氏は、今年の政協第13期全国委員会第3回会議で、教育の中でスポーツが積極的な役割を果たすよう注力するとともに、子どもたちにこれ以上の負担を与えるべきではないと指摘した。(北京=新華社記者/岳月偉)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月03日
    バスケット練習する少年 新型コロナ、緊急事態宣言

    新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、多くの公園では遊具やスポーツ施設の使用禁止が続いている。東京・駒沢オリンピック公園では、シートで覆われたバスケットゴールに向かい黙々と練習に励む姿も。高校1年生の少年は「チームも活動できていない状態なので、ゴールを使えないですけどここでやるしかなくて」と話した=3日午後

    撮影: 3日午後

  • 02:56.03
    2020年04月29日
    「新華社」貧困脱却を果たしたラフ族最後の女性猟師

    中国雲南省の拉祜(ラフ)族は代々狩猟で生計を立ててきた。ラフ語では「拉」が虎、「祜」が肉を焼くことを意味し、「拉祜族」は虎を捕らえる民族とも呼ばれる。「狩りをしないと、食べるものがなかった」と集落で唯一の女性猟師の娜四(ナス)さんは振り返った。優れた猟師のナスさんでも、何日も獲物が手に入らないこともあった。それにも増して、狩猟には命をおびやかすさまざまな危険がつきもので、何度も危険な目に遭った。雲南省は2016年、貧困脱却堅塁攻略戦を推し進め、ナスさんの集落は極度貧困村・集落堅塁攻略の対象に指定された。貧困救済幹部の指導の下、現在では全戸で18ムー(1・2ヘクタール)の茶畑、4ムー(約0・3ヘクタール)の水田を有し、年間2トン余りのコメが取れるようになった。雲南省は今年初め、ラフ族など九つの「直過民族」(原始社会から直接、社会主義社会に入った民族)と人口が比較的少ない民族全てが貧困を脱却、絶対貧困に歴史的な別れを告げたと発表した。(記者/王安浩維、胡超、龐明広)<映像内容>拉祜族の暮らし、農業、勉強、歌など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1