KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 試験会場
  • 大学入試
  • ハルビン
  • 一人ひとり
  • 受験シーズン
  • 受験列車
  • 夢に向かって
  • 大興安嶺
  • 山間地帯
  • あいアイ

「Hall 顔」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 社会
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
52
( 1 52 件を表示)
  • 1
52
( 1 52 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年06月06日
    上海市で第1回「ナイトライフ・フェア」始まる

    6日、上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)のイベント会場で中国国際輸入博覧会マスコットのパンダの「進宝(ジンバオ)」の顔ハメ看板で写真を撮る市民。中国上海市で6日夜、第1回「ナイトライフ・フェア」が始まった。夜間の買い物や飲食、観光、エンターテインメント、読書などをテーマに、180以上のイベントが実施される。都市のナイトタイムエコノミー(夜間経済)の発展を後押しする。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.05
    2020年06月01日
    希望の花火で闇を照らす コロナ収束願い打ち上げ

    新型コロナウイルス感染症の収束を願い、1日午後8時、札幌市や横浜市など各地で花火が一斉に打ち上げられた。花火業者の有志が企画し、感染防止のため、打ち上げ会場に人が集まらないよう、事前に場所を公表せずに実施した。日本煙火協会(東京)青年部に属する業者の有志が「悪疫退散」を祈願し、見る人に笑顔になってもらいたいと「チアアップ!花火プロジェクト」を企画した。集客はせず、打ち上げは5分間以内などのルールを設け、全国に参加を募った<映像内容>大阪市内で打ち上げられた花火、撮影日:2020(令和2)年6月1日、撮影場所:大阪市住之江区

    撮影: 2020(令和2)年6月1日

  • 2019年11月14日
    建設中のドバイ万博会場 あふれる活気、豊かな文化

    アラブ首長国連邦のドバイで建設中の万博会場(共同)

  • 2019年11月14日
    建設工事進む万博会場 あふれる活気、豊かな文化

    アラブ諸国初の万博開催に向け、建設工事が進むアラブ首長国連邦・ドバイの万博会場(共同)

  • 2019年06月09日
    ルーシー・ホーキング氏、上海科学普及講演に出席

    9日、イベントで笑顔を見せるルーシー・ホーキング氏(中央)。中国の上海科学技術館で9日、英国のジャーナリストで作家のルーシー・ホーキング氏が上海科学普及講演に出席した。ルーシー氏は、昨年死去した著名な理論物理学者・宇宙物理学者スティーブン・ホーキング博士の娘。会場でルーシー氏は、父が曲折を経て非凡な科学的探求の道を歩んだことを語り、父との共著「宇宙への秘密の鍵」シリーズも紹介した。(上海=新華社記者/方喆)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:52.67
    2019年04月23日
    「新華社」第2回「一帯一路」国際協力サミットフォーラムメディアセンターの試験運用開始

    中国北京で開催される第2回「一帯一路」国際協力サミットフォーラムのメディアセンターが23日、試験運用を開始した。メディアセンターは国家会議センターのE1、E2ホールにあり、総面積は1万1000平方メートル。完備した報道施設とサービスを提供する他、5Gネットワークによるフルカバーの実現など、さまざまな先進技術が導入されている。フォーラムには4100人余りの記者が登録しており、うち1600人程が中国本土以外のメディアの記者となっている。これ以外にも、最新の顔認証電子ロッカーも設置されている。記者も利用したが、非常に便利で安心だと感じた。センター内の景観デザインにはシルクロード文化が色濃く反映され、関連絵画、装飾が飾られ、施されているだけでなく、各種メディアやLEDスクリーンを利用した「一帯一路」建設の成果展示もある。また、無形文化遺産の伝承者による中国画、宮花(花の形のアクセサリー)、彩絵(壁などに描く装飾画)、軟陶(ポリマークレイ)製作の実演も行われる。(記者/王普、王修楠)<映像内容>第2回「一帯一路」国際協力サミットフォーラムメディアセンターの様子、撮影日:2019(平成31)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:35.42
    2018年12月13日
    「新華社」【字幕あり】小さな「ナン」が大産業へ「ナン」ブランド売り出す新疆クチャ県

    中国新疆ウイグル自治区アクス地区クチャ県にあるクチャ大ナン城に13日、黒山の人だかりができていた。「ナン」は同自治区の各民族の人々が深く愛する伝統食品で、クチャ県の大ナンは、自治区の無形文化遺産として地元の人々に愛されるだけでなく、同県の顔として広く知られている。氷点下に届く冷え込みも、地元の人々のナンへの熱愛を阻むことはできないようだ。同日、第1回新疆ナン産業PR会が始まり、人々は会場でナン作りの過程を見物し、各種の特色あるナンを食べ比べ、クチャの大ナンの悠久の歴史に触れた。PR会には自治区内の11の地区(州、市)から集まった116社が230種類余りの製品を出展した。また中国南方航空グループ航空食品有限公司や中国鉄路ウルムチ局集団公司、新疆公路局など機関がナン産業協会や企業と協力意向書に署名。新疆のナンが旅客機や列車のほか、サービスエリアやガソリンスタンド、ホテルで販売される時代が始まろうとしている。現在、クチャ県の中心部には300余りのナンの店があり、毎日2万枚以上のナンが作られる。同県はここ数年、「プラットフォーム+観光」を突破口に文化の宣伝を手段として、貧困を脱却し豊かになることを目標に据え、絶えずナン産業建設を拡大するとともに「クチャ大ナン」ブランドを丹精込めて打ち立てることで、農家の増収に向けたルートを広げ、増収を達成している。(記者/阿曼、阿伊努尓)<映像内容>第1回新疆ナン産業PR会の様子、撮影日:2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

  • 2018年06月07日
    2018年の中国統一大学入試「高考」がスタート

    7日、北京市第4中学(中国の中学は日本の中学校と高校に当たる)の試験会場で、キャンパスに入り家族に笑顔で手を振る受験生。2018年の中国の全国統一大学入学試験「高考(ガオカオ)」が7日から始まった。(北京=新華社記者/沈伯韓)=2018(平成30)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月05日
    学生たちの夢に向かって走る「受験列車」

    5日、中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗大楊樹鎮にある大楊樹駅で撮影した、山間地帯の受験生を試験会場に運ぶ「受験列車」。整列して乗車し、手を振って見送りに応える。自信にあふれた一人ひとりの笑顔が列車の窓に映る。楽しく談笑する声の中、1本の列車は大興安嶺の広々とした樹海を通り抜け、大学入試に臨む受験生を遠くへと運ぶ。大興安嶺を走る列車では毎年受験シーズンになると、こうした光景が見られる。これは山間地帯の受験生を試験会場に運ぶ「受験列車」で、2003年から15年続けて運行している。山奥の小さな町に住む受験生にとって、この列車はすでに人生の新しいスタートラインに向かう「夢の列車」となっている。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月05日
    学生たちの夢に向かって走る「受験列車」

    5日、大学入試を受けるために「受験列車」に乗る大楊樹第二中学の魯貴怡さん。整列して乗車し、手を振って見送りに応える。自信にあふれた一人ひとりの笑顔が列車の窓に映る。楽しく談笑する声の中、1本の列車は大興安嶺の広々とした樹海を通り抜け、大学入試に臨む受験生を遠くへと運ぶ。大興安嶺を走る列車では毎年受験シーズンになると、こうした光景が見られる。これは山間地帯の受験生を試験会場に運ぶ「受験列車」で、2003年から15年続けて運行している。山奥の小さな町に住む受験生にとって、この列車はすでに人生の新しいスタートラインに向かう「夢の列車」となっている。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月05日
    学生たちの夢に向かって走る「受験列車」

    5日、母親と「受験列車」に乗った大楊樹第二中学の魯貴怡さん(左)。整列して乗車し、手を振って見送りに応える。自信にあふれた一人ひとりの笑顔が列車の窓に映る。楽しく談笑する声の中、1本の列車は大興安嶺の広々とした樹海を通り抜け、大学入試に臨む受験生を遠くへと運ぶ。大興安嶺を走る列車では毎年受験シーズンになると、こうした光景が見られる。これは山間地帯の受験生を試験会場に運ぶ「受験列車」で、2003年から15年続けて運行している。山奥の小さな町に住む受験生にとって、この列車はすでに人生の新しいスタートラインに向かう「夢の列車」となっている。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月05日
    学生たちの夢に向かって走る「受験列車」

    5日、中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗大楊樹鎮にある大楊樹駅で母親と「受験列車」に乗った大楊樹第二中学の魯貴怡さん(右)。整列して乗車し、手を振って見送りに応える。自信にあふれた一人ひとりの笑顔が列車の窓に映る。楽しく談笑する声の中、1本の列車は大興安嶺の広々とした樹海を通り抜け、大学入試に臨む受験生を遠くへと運ぶ。大興安嶺を走る列車では毎年受験シーズンになると、こうした光景が見られる。これは山間地帯の受験生を試験会場に運ぶ「受験列車」で、2003年から15年続けて運行している。山奥の小さな町に住む受験生にとって、この列車はすでに人生の新しいスタートラインに向かう「夢の列車」となっている。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月05日
    学生たちの夢に向かって走る「受験列車」

    5日、中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗大楊樹鎮にある大楊樹駅で撮影した、山間地帯の受験生を試験会場に運ぶ「受験列車」。整列して乗車し、手を振って見送りに応える。自信にあふれた一人ひとりの笑顔が列車の窓に映る。楽しく談笑する声の中、1本の列車は大興安嶺の広々とした樹海を通り抜け、大学入試に臨む受験生を遠くへと運ぶ。大興安嶺を走る列車では毎年受験シーズンになると、こうした光景が見られる。これは山間地帯の受験生を試験会場に運ぶ「受験列車」で、2003年から15年続けて運行している。山奥の小さな町に住む受験生にとって、この列車はすでに人生の新しいスタートラインに向かう「夢の列車」となっている。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月05日
    学生たちの夢に向かって走る「受験列車」

    5日、「受験列車」に乗った大楊樹第二中学の魯貴怡さん。整列して乗車し、手を振って見送りに応える。自信にあふれた一人ひとりの笑顔が列車の窓に映る。楽しく談笑する声の中、1本の列車は大興安嶺の広々とした樹海を通り抜け、大学入試に臨む受験生を遠くへと運ぶ。大興安嶺を走る列車では毎年受験シーズンになると、こうした光景が見られる。これは山間地帯の受験生を試験会場に運ぶ「受験列車」で、2003年から15年続けて運行している。山奥の小さな町に住む受験生にとって、この列車はすでに人生の新しいスタートラインに向かう「夢の列車」となっている。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月05日
    学生たちの夢に向かって走る「受験列車」

    5日、「受験列車」の車内の様子。整列して乗車し、手を振って見送りに応える。自信にあふれた一人ひとりの笑顔が列車の窓に映る。楽しく談笑する声の中、1本の列車は大興安嶺の広々とした樹海を通り抜け、大学入試に臨む受験生を遠くへと運ぶ。大興安嶺を走る列車では毎年受験シーズンになると、こうした光景が見られる。これは山間地帯の受験生を試験会場に運ぶ「受験列車」で、2003年から15年続けて運行している。山奥の小さな町に住む受験生にとって、この列車はすでに人生の新しいスタートラインに向かう「夢の列車」となっている。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月26日
    学生たちの夢に向かって走る「受験列車」

    5月26日、中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗大楊樹鎮にある自宅で食事する大楊樹第二中学の魯貴怡さん(左)。整列して乗車し、手を振って見送りに応える。自信にあふれた一人ひとりの笑顔が列車の窓に映る。楽しく談笑する声の中、1本の列車は大興安嶺の広々とした樹海を通り抜け、大学入試に臨む受験生を遠くへと運ぶ。大興安嶺を走る列車では毎年受験シーズンになると、こうした光景が見られる。これは山間地帯の受験生を試験会場に運ぶ「受験列車」で、2003年から15年続けて運行している。山奥の小さな町に住む受験生にとって、この列車はすでに人生の新しいスタートラインに向かう「夢の列車」となっている。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月26日
    学生たちの夢に向かって走る「受験列車」

    5月26日、中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗大楊樹鎮にある大楊樹第二中学で「受験列車」の乗車券を受け取る魯貴怡さん(左)。整列して乗車し、手を振って見送りに応える。自信にあふれた一人ひとりの笑顔が列車の窓に映る。楽しく談笑する声の中、1本の列車は大興安嶺の広々とした樹海を通り抜け、大学入試に臨む受験生を遠くへと運ぶ。大興安嶺を走る列車では毎年受験シーズンになると、こうした光景が見られる。これは山間地帯の受験生を試験会場に運ぶ「受験列車」で、2003年から15年続けて運行している。山奥の小さな町に住む受験生にとって、この列車はすでに人生の新しいスタートラインに向かう「夢の列車」となっている。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月26日
    学生たちの夢に向かって走る「受験列車」

    5月26日、中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗大楊樹鎮にある大楊樹第二中学で授業を受ける魯貴怡さん。整列して乗車し、手を振って見送りに応える。自信にあふれた一人ひとりの笑顔が列車の窓に映る。楽しく談笑する声の中、1本の列車は大興安嶺の広々とした樹海を通り抜け、大学入試に臨む受験生を遠くへと運ぶ。大興安嶺を走る列車では毎年受験シーズンになると、こうした光景が見られる。これは山間地帯の受験生を試験会場に運ぶ「受験列車」で、2003年から15年続けて運行している。山奥の小さな町に住む受験生にとって、この列車はすでに人生の新しいスタートラインに向かう「夢の列車」となっている。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:30.11
    2018年05月03日
    ザギトワ選手の秋田犬披露 保存会、5月末に贈呈

    秋田犬保存会は3日、秋田県大館市で開催した犬の展覧会で、平昌冬季五輪のフィギュアスケート女子で金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワ選手(15)に贈る秋田犬の子犬を披露した。生後約2カ月半の赤毛の雌で、体重は約8キロ。5月末に、モスクワで贈呈式を行う予定。 飼い主に抱きかかえられて登場した子犬は、おとなしい様子で周りを眺めたり、一緒に披露されたきょうだいの子犬とじゃれ合ったりしていた。飼い主の浜田正巳さん(79)=秋田県大仙市=は「選ばれてうれしい。人なつっこい性格の子犬なので、ザギトワ選手にかわいがってもらってほしい」と笑顔で話した。  <映像内容>秋田犬保存会本部「秋田犬会館」の外観、看板、お披露目の記者会見の様子、記者会見のザギトワ選手に贈られる子犬(ひもが赤い方)ときょうだい犬(雄、ひもが青い方)、秋田犬保存会の遠藤敬会長(眼鏡の男性)、飼い主の浜田さん夫妻、犬の展覧会でお披露目された子犬、浜田さんあいさつ雑観など、撮影日:2018(平成30)年5月3日、撮影場所:秋田県大館市

    撮影: 2018(平成30)年5月3日

  • 2018年04月01日
    中国の「変面」で知的障害の日本の子供が満面の笑顔に

    1日、王文強さんが以前「変面」のパフォーマンスを行った時に撮影された写真に基づいて、知的障害の人たちが描いた「変面」をテーマとした作品の数々。日本列島で桜が満開となった最も美しいこの時期に、同日、「小江戸」と呼ばれる埼玉県川越市で、知的障害児に日本で最初に美術教育を行ったあいアイ美術館の設立11周年記念イベントが開かれた。これまでと異なるのは、「中国の国家機密」と称される中国四川省発祥の伝統芸能「変面(へんめん)」のパフォーマンスが今回のイベントで披露されたことだ。知的障害をもつ日本の子供たちとイベントの参加者が中国の伝統文化の芸術的魅力を間近で体験することができたことから、会場は熱気にあふれ、大いにもりあがり、観客からは惜しみない拍手が送られていた。(東京=新華社記者/姜俏梅)=2018(平成30)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年04月01日
    中国の「変面」で知的障害の日本の子供が満面の笑顔に

    1日、王文強さんが以前「変面」のパフォーマンスを行った時に撮影された写真に基づいて、知的障害の人たちが描いた「変面」をテーマとした作品の数々。日本列島で桜が満開となった最も美しいこの時期に、同日、「小江戸」と呼ばれる埼玉県川越市で、知的障害障害児に日本で最初に美術教育を行ったあいアイ美術館の設立11周年記念イベントが開かれた。これまでと異なるのは、「中国の国家機密」と称される中国四川省発祥の伝統芸能「変面(へんめん)」のパフォーマンスが今回のイベントで披露されたことだ。知的障碍をもつ日本の子供たちとイベントの参加者が中国の伝統文化の芸術的魅力を間近で体験することができたことから、会場は熱気にあふれ、大いにもりあがり、観客から惜しみない拍手が送られていた。(東京=新華社記者/姜俏梅)=2018(平成30)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年04月01日
    中国の「変面」で知的障害の日本の子供が満面の笑顔に

    知的障害の人たちが描いた作品の数々日本列島で桜が満開となった最も美しいこの時期に、同日、「小江戸」と呼ばれる埼玉県川越市で、知的障害児に日本で最初に美術教育を行ったあいアイ美術館の設立11周年記念イベントが開かれた。これまでと異なるのは、「中国の国家機密」と称される中国四川省発祥の伝統芸能「変面(へんめん)」のパフォーマンスが今回のイベントで披露されたことだ。知的障害をもつ日本の子供たちとイベントの参加者が中国の伝統文化の芸術的魅力を間近で体験することができたことから、会場は熱気にあふれ、大いにもりあがり、観客からは惜しみない拍手が送られていた。(東京=新華社記者/姜俏梅)=2018(平成30)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年04月01日
    中国の「変面」で知的障害の日本の子供が満面の笑顔に

    1日、知的障害をもつ日本の子供たちと触れ合う中国人留学生の王文強さん。日本列島で桜が満開となった最も美しいこの時期に、同日、「小江戸」と呼ばれる埼玉県川越市で、知的障害児に日本で最初に美術教育を行ったあいアイ美術館の設立11周年記念イベントが開かれた。これまでと異なるのは、「中国の国家機密」と称される中国四川省発祥の伝統芸能「変面(へんめん)」のパフォーマンスが今回のイベントで披露されたことだ。知的障害をもつ日本の子供たちとイベントの参加者が中国の伝統文化の芸術的魅力を間近で体験することができたことから、会場は熱気にあふれ、大いにもりあがり、観客からは惜しみない拍手が送られていた。(東京=新華社記者/姜俏梅)=2018(平成30)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年04月01日
    中国の「変面」で知的障害の日本の子供が満面の笑顔に

    1日、「変面」をテーマにした作品を掲げる人たちと記念写真を撮る中国人留学生の王文強さん。日本列島で桜が満開となった最も美しいこの時期に、同日、「小江戸」と呼ばれる埼玉県川越市で、知的障害児に日本で最初に美術教育を行ったあいアイ美術館の設立11周年記念イベントが開かれた。これまでと異なるのは、「中国の国家機密」と称される中国四川省発祥の伝統芸能「変面(へんめん)」のパフォーマンスが今回のイベントで披露されたことだ。知的障害をもつ日本の子供たちとイベントの参加者が中国の伝統文化の芸術的魅力を間近で体験することができたことから、会場は熱気にあふれ、大いにもりあがり、観客からは惜しみない拍手が送られていた。(東京=新華社記者/姜俏梅)=2018(平成30)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年04月01日
    中国の「変面」で知的障害の日本の子供が満面の笑顔に

    1日、王文強さんが以前「変面」のパフォーマンスを行った時に撮影された写真に基づいて、知的障害の人たちが描いた「変面」をテーマとした作品。日本列島で桜が満開となった最も美しいこの時期に、同日、「小江戸」と呼ばれる埼玉県川越市で、知的障害児に日本で最初に美術教育を行ったあいアイ美術館の設立11周年記念イベントが開かれた。これまでと異なるのは、「中国の国家機密」と称される中国四川省発祥の伝統芸能「変面(へんめん)」のパフォーマンスが今回のイベントで披露されたことだ。知的障害をもつ日本の子供たちとイベントの参加者が中国の伝統文化の芸術的魅力を間近で体験することができたことから、会場は熱気にあふれ、大いにもりあがり、観客からは惜しみない拍手が送られていた。(東京=新華社記者/姜俏梅)=2018(平成30)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年04月01日
    中国の「変面」で知的障害の日本の子供が満面の笑顔に

    1日、あいアイ美術館で中国の伝統芸能「変面」のパフォーマンスを披露する中国人留学生の王文強さん。日本列島で桜が満開となった最も美しいこの時期に、同日、「小江戸」と呼ばれる埼玉県川越市で、知的障害児に日本で最初に美術教育を行ったあいアイ美術館の設立11周年記念イベントが開かれた。これまでと異なるのは、「中国の国家機密」と称される中国四川省発祥の伝統芸能「変面(へんめん)」のパフォーマンスが今回のイベントで披露されたことだ。知的障害をもつ日本の子供たちとイベントの参加者が中国の伝統文化の芸術的魅力を間近で体験することができたことから、会場は熱気にあふれ、大いにもりあがり、観客からは惜しみない拍手が送られていた。(東京=新華社記者/姜俏梅)=2018(平成30)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:04.61
    2016年11月25日
    年の瀬恒例のまねき上げ 京都の吉例顔見世興行

    京都に年の瀬を告げる歌舞伎の「吉例顔見世興行」を前に役者の名前を書いた看板を劇場の正面に掲げる「まねき上げ」が25日午前、京都・南座で行われた。例年の会場である南座が耐震改修に向け休館中のため、公演は先斗町歌舞練場(同市中京区)で行われる。この日は、南座で看板を掲げた後、関係者が歌舞練場に移動。舞妓(まいこ)らが出迎える中、看板が歌舞練場正面につり上げられた。〈映像内容〉南座でのまねき上げの様子、歌舞練場まで運ぶ興行まねきの披露、歌舞練場で興行まねきの出迎え、興行まねきを歌舞練場の玄関軒上に掲出など。また、南座と歌舞練場の外観。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年03月17日
    ハイタッチする新入社員 一足早く社会人

    セブン&アイ・ホールディングスの合同入社式で、お互いに抱負を語り笑顔でハイタッチを交わす新入社員たち=17日午前、東京都内のホテル

    撮影: 17日午前、東京都内のホテル

  • 2015年07月23日
    会場後にする李元総統 中国傾斜の政策改めよ

    記者会見を終え、笑顔で会場を後にする台湾の李登輝元総統=23日午後、東京・有楽町の日本外国特派員協会

    撮影: 23日午後、東京・有楽町の日本外国特派員協会

  • 2013年01月20日
    笑顔の受験生 センター試験の全日程終了

    大学入試センター試験の2日目を終え、会場を出る受験生=20日午後、東京・本郷の東京大学

    撮影: 20日午後、東京・本郷の東京大学

  • 2011年07月01日
    作品と大藪順子さん 傷つき、生き抜く素顔

    写真展会場で田村和美さんのポートレートの前に立つフォトジャーナリストの大藪順子さん=1日午後、東京都港区

    撮影: 1日午後、東京都港区

  • 2011年05月13日
    笑顔の安藤さんら 安藤忠雄さんが新会館設計

    上方落語協会の会館建設を発表し、模型などを手にする(左から)笑福亭鶴瓶さん、安藤忠雄さん、桂三枝会長=13日午前、大阪市北区

  • 2008年03月18日

    「カラー」【】 ◎中村譲(なかむら・ゆずる)、日教組委員長、顔=2008年3月18日撮影、東京・日本教育会館

  • 2008年03月18日

    「カラー」【】 ◎岡本泰良(おかもと・やすなが)、日教組書記長、顔=2008年3月18日撮影、東京・日本教育会館

  • 2007年12月06日
    北京五輪の顔「鳥の巣」 感じよう街の息吹

    今夏の北京五輪開催に向け建設が続く「鳥の巣」の愛称を持つメーン会場の国家体育場=北京市(共同)

    撮影: 北京市

  • 2006年06月23日
    顔覆うサポーター 日本、ブラジルに逆転負け

    )、修正電文、W社S、字句を差し替え、運動部、社会部注意 ブラジルに4点目を奪われ、顔を覆うパブリックビューイング会場のサポーター=23日朝、さいたま市緑区の埼玉スタジアム

    撮影: 23日朝、さいたま市緑区の埼玉スタジアム

  • 2005年11月06日
    会見で笑顔の瀬川さん 瀬川さん、念願のプロ合格

    将棋のプロ編入試験に合格し、笑顔で記者会見する瀬川晶司さん=6日夜、東京都渋谷区の将棋会館

    撮影: 6日夜、東京都渋谷区の将棋会館

  • 2005年11月06日
    笑顔の雅子さま 雅子さま、文化祭に出席

    「児童福祉施設文化祭」に出席された雅子さま=6日午前、東京都渋谷区の明治神宮会館(代表撮影)

    撮影: 6日午前、東京都渋谷区の明治神宮会館

  • 2005年07月06日

    「カラー」 【】 ◎日高六郎(ひだか・ろくろう)、社会学者、1917年1月11日生まれ、05年7月5日、千代田区の学士会館で撮影、顔

  • 2005年01月21日
    開幕PRするアテンダント リニアが万博会場に到着

    3月に開幕する愛知万博のJR東海「超電導リニア館」に21日、リニアモーターカーが到着。世界最速記録を持つリニア車両とおそろいのユニホームを着たアテンダント、博覧会のマスコットが笑顔で開幕をPRした。

  • 2001年06月29日
    国際切手展の記念切手

    総務省が「日本国際切手展2001」会場で初めて試行的に発売する顔写真付き切手シート

  • 1999年08月03日
    会見する杉山電源開発社長 大間原発の新設承認

    大間原発の建設計画について、笑顔で記者会見する電源開発の杉山弘社長=3日午後、東京・大手町の経団連会館

    撮影: 3日午後、東京・大手町の経団連会館

  • 1998年01月09日
    聖火走者の本田かおりさん 難聴乗り越え声援の中走る

    沿道の声援を受け笑顔で走る本田かおりさん=9日午後2時15分、松山市の愛媛県県民文化会館前(代表撮影)(松山市の養護施設保母)

    撮影: 9日午後2時15分、松山市の愛媛県県民文化会館前

  • 1997年06月28日
    合格祈る母親たち 香港返還より合格祈願

    目をつむり線香の束をかざしながら、ぶつぶつと何やらつぶやく女性たち。 ここは台北市の竜山寺。学問に励む人に御利益があるとして市民に親しまれている。台湾では七月一日から始まる大学入試を控え、受験生を持つ親たちが合格を祈願し日参する。受験票のコピーを添えたネギや大根がお供え物。ネギは頭を良くし、大根は幸運を招く意味があるという。 約三十分間祈り続けたある母親は「香港返還よりも息子の受験が最大の関心事、七月一日は試験会場へ一緒に行くつもりだ」と緊張気味に話したが、「神来之筆(神様のくれた鉛筆)」をもらって笑顔を見せた。「これで答案を書けば、息子は合格間違いなし」だそうだ。(共同)

  • 1995年06月27日
    スター豪華顔見せと好対照 地下会場では、し烈な商戦

    )、企画71、7月5日付朝刊以降使用  (1)イブニングドレスやタキシードの正装で暮れなずむ映画祭会場に入るスターや招待客たち。玄関上方には名画の場面をコラージュ風にした看板が掛けられている=カンヌのフェスティバルホール (カラーネガ)

  • 1994年02月04日
    3党首の表情 福祉税と所得減税は白紙に

    私鉄総連の拡大中央委に出席、笑顔を見せる村山社会党委員長=4日午前、東京・永田町の社会文化会館(景気対策、所得税減税)

    撮影: 4日午前、東京・永田町の社会文化会館

  • 1990年02月19日
    笑顔を見せる進歩党の田川代表 自民安定多数、社会大躍進

    祝賀会場で支持者に迎えられ、笑顔を見せる進歩党の田川誠一代表=1990(平成2)年2月19日午前11時10分、神奈川県横須賀市

    撮影: 1990

  • 1978年01月22日
    「社会民主連合」が旗揚げ

    「社会民主連合」(社民連)の結成準備大会に顔をそろえた(左から)江田五月、大柴滋夫、秦豊、田英夫の各氏=1978(昭和53)年1月22日、東京・一ツ橋の如水会館(53年内地 594)

  • 1970年03月15日
    万博一般公開

    外国人の顔も混じり、人、人、人、で埋まった会場=1970(昭和45)年3月15日、大阪・千里丘陵

    撮影: 1970

  • 1970年02月05日
    岡本太郎による太陽の塔

    岡本太郎による太陽の塔。下界を見下ろす万国博のシンボル「タロー君」の金色の顔が目を開け、夜空に2つの光線が輝いた=1970(昭和45)年2月5日、大阪万博会場、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 1970

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1953年02月08日
    採用求めて

    ずらりと続く長い列。風邪がはやっていたのかマスクと女性の顔が目に付く。岡山県庁の職員採用試験のひとコマ。この日、試験会場の岡山大学など県内2カ所での受験者は約3800人。当時は4級職(新制高校卒)と6級職(同大学卒)の2本立て。特に4級職志願者は初の新制高校をこの春に卒業する1期生。「試験は度胸試し」という受験者もいたそうで、採用予定は4、6級合わせ350人程度と、10人に1人の競争率だった。=1953(昭和28)年2月8日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 1942年11月14日
    第1940号 「同盟写真特報」

    「同盟写真特報」自信なき反攻に狂奔するハワイ(1)防衛万全を叫ぶ艦上のヤンキー水兵だが彼らの心には恋人の顔が飛行機の様に去来するのだ(2)歴史的12月8日の早朝皇軍の一撃に震撼する真珠湾望見する町の写真師(3)砂嚢に保護された重要建築物、ホノルル市政会館(4)皇軍睥睨下灯火管制布いて戦慄する死のアロハ灯台(5)サルベージ作戦も遅々たる真珠湾再建工作(6)俄造りの作業上に散らす溶接の火花は鬼火の如く青白く光る(7)真珠湾を忘れるな!!と抗戦気分駆り立てる米国の形相(8)哀れ空襲警報に慌てて防空壕に駆け込む米の大衆、昭和17年11月14日(土曜日)第1940号

  • 1