KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ドローン
  • 小型無人機
  • 新型肺炎
  • スタッフ
  • 一帯一路
  • 改革開放
  • 一般開放
  • 中国福建省
  • コミュニティー
  • 情報提供

「open」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 社会
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
3,624
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
3,624
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年01月19日
    (5)マカオ大学で創立40周年の記念活動

    17日、オープニングセレモニーに出席した来賓。中国マカオ特別行政区のマカオ大学は17日、創立40周年の記念活動のオープニングセレモニーを開いた。特別行政区政府関係者や駐マカオ中央政府機関代表、教育界関係者、教職員、学生らが図書館広場でセレモニーに参加し、40周年の喜びを分かち合った。同日は創立記念のオープンキャンパスも開催された。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)マカオ大学で創立40周年の記念活動

    17日、マカオ大学のオープンキャンパスで記念撮影する市民。中国マカオ特別行政区のマカオ大学は17日、創立40周年の記念活動のオープニングセレモニーを開いた。特別行政区政府関係者や駐マカオ中央政府機関代表、教育界関係者、教職員、学生らが図書館広場でセレモニーに参加し、40周年の喜びを分かち合った。同日は創立記念のオープンキャンパスも開催された。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)マカオ大学で創立40周年の記念活動

    17日、マカオ大学のオープンキャンパスで校内を散策する市民。中国マカオ特別行政区のマカオ大学は17日、創立40周年の記念活動のオープニングセレモニーを開いた。特別行政区政府関係者や駐マカオ中央政府機関代表、教育界関係者、教職員、学生らが図書館広場でセレモニーに参加し、40周年の喜びを分かち合った。同日は創立記念のオープンキャンパスも開催された。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)マカオ大学で創立40周年の記念活動

    17日、オープニングセレモニーであいさつするマカオ大学の宋永華(そう・えいか)校長。中国マカオ特別行政区のマカオ大学は17日、創立40周年の記念活動のオープニングセレモニーを開いた。特別行政区政府関係者や駐マカオ中央政府機関代表、教育界関係者、教職員、学生らが図書館広場でセレモニーに参加し、40周年の喜びを分かち合った。同日は創立記念のオープンキャンパスも開催された。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)マカオ大学で創立40周年の記念活動

    17日、マカオ大学のオープンキャンパスで記念撮影する市民。中国マカオ特別行政区のマカオ大学は17日、創立40周年の記念活動のオープニングセレモニーを開いた。特別行政区政府関係者や駐マカオ中央政府機関代表、教育界関係者、教職員、学生らが図書館広場でセレモニーに参加し、40周年の喜びを分かち合った。同日は創立記念のオープンキャンパスも開催された。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)マカオ大学で創立40周年の記念活動

    17日、オープニングセレモニーであいさつするマカオ特別行政区政府社会文化司の欧陽瑜(おうよう・ゆ)司長。中国マカオ特別行政区のマカオ大学は17日、創立40周年の記念活動のオープニングセレモニーを開いた。特別行政区政府関係者や駐マカオ中央政府機関代表、教育界関係者、教職員、学生らが図書館広場でセレモニーに参加し、40周年の喜びを分かち合った。同日は創立記念のオープンキャンパスも開催された。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    両国国技館の出入り口 異例の初場所、後半戦へ

    大相撲初場所の新型コロナウイルス感染症対策として、換気のため開放されている両国国技館の出入り口=17日

    撮影: 17日

  • 2021年01月17日
    マカオ大学で創立40周年の記念活動

    17日、マカオ大学のオープンキャンパスで、スポーツクライミングを楽しむ市民。中国マカオ特別行政区のマカオ大学は17日、創立40周年の記念活動のオープニングセレモニーを開いた。特別行政区政府関係者や駐マカオ中央政府機関代表、教育界関係者、教職員、学生らが図書館広場でセレモニーに参加し、40周年の喜びを分かち合った。同日は創立記念のオープンキャンパスも開催された。(マカオ=新華社記者/張金加)=配信日:2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (1)中国の高齢者、ライフスタイルに変化

    7月、湖南省長沙市泉塘街道梨江社区(コミュニティー)で、若者に交通安全に関する知識を説明する高齢者ボランティア。中国の経済・社会の発展に伴い、高齢者のライフスタイルが徐々に変化し、高齢者が自分のために老後の生活を計画するようになった。インターネットで新しい知識などを得ることは若者の特権ではなくなり、高齢者も積極的にオンライン学習を活用している。高齢者向けの遠隔講座を開講する湖南省の「長沙市老幹部大学」は2014年以降、200講座以上を提供。年間視聴者数は延べ30万人以上となっている。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (4)中国の高齢者、ライフスタイルに変化

    5月、湖南省長沙市泉塘街道星港社区(コミュニティー)の運動公園で、小区(居住区)の住民にごみの分別について説明するボランティア。中国の経済・社会の発展に伴い、高齢者のライフスタイルが徐々に変化し、高齢者が自分のために老後の生活を計画するようになった。インターネットで新しい知識などを得ることは若者の特権ではなくなり、高齢者も積極的にオンライン学習を活用している。高齢者向けの遠隔講座を開講する湖南省の「長沙市老幹部大学」は2014年以降、200講座以上を提供。年間視聴者数は延べ30万人以上となっている。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月21日
    マリオットホテルの神殿 ホテルの神殿、初詣に開放

    名古屋マリオットアソシアホテルが2021年1月1~3日の三が日に一般開放し、初詣の参拝客を迎え入れる神殿=21日午後、名古屋市

    撮影: 21日午後、名古屋市

  • 2020年12月21日
    ホテル内の神殿 ホテルの神殿、初詣に開放

    名古屋マリオットアソシアホテルが2021年1月1~3日の三が日に一般開放し、初詣の参拝客を迎え入れる神殿=21日午後、名古屋市

    撮影: 21日午後、名古屋市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月18日
    慰霊碑とフェンス 加害者の自分と向き合う

    敷地内に建立された「つぐないの碑」と施設を囲むフェンス(奥)。外塀は無く開放的な構造となっている=2020年11月、千葉県市原市の市原刑務所

  • 2020年12月18日
    (5)上海に「ドナルド・マクドナルド・ハウス」、中国本土2カ所目

    15日、各部屋に備えられた親子用ベッド。病気の子どもとその家族のための滞在施設「ドナルド・マクドナルド・ハウス」が15日、中国上海市にオープンした。上海交通大学医学院付属上海児童医学センターに入院・通院する市外の貧困世帯が無料で利用できる。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (1)上海に「ドナルド・マクドナルド・ハウス」、中国本土2カ所目

    15日、上海市にオープンした「ドナルド・マクドナルド・ハウス」。病気の子どもとその家族のための滞在施設「ドナルド・マクドナルド・ハウス」が15日、中国上海市にオープンした。上海交通大学医学院付属上海児童医学センターに入院・通院する市外の貧困世帯が無料で利用できる。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (2)上海に「ドナルド・マクドナルド・ハウス」、中国本土2カ所目

    15日、共同で利用できるプレールーム。病気の子どもとその家族のための滞在施設「ドナルド・マクドナルド・ハウス」が15日、中国上海市にオープンした。上海交通大学医学院付属上海児童医学センターに入院・通院する市外の貧困世帯が無料で利用できる。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:23.64
    2020年12月12日
    「未来につながれ」思い込め 大友さん作品、東工大に

    人気映画「AKIRA」などで知られる大友克洋さんが監修した大型の壁画が12日、設置場所の東京工業大(東京都目黒区)大岡山キャンパスでお披露目された。来春オープンする学生交流施設のシンボルとなる。作品のタイトルは「ELEMENTS OF FUTURE」。焼き物の手法を使った多くの建物や人物が登場し、人々が未来に向けてつながってほしい、という思いを込めた。<映像内容>学生向け施設の竣工記念式典と、作品の除幕式の様子。施設を設計した建築家の隈研吾さん、大友さんあいさつ、除幕、式典後の隈さんや大友さんの囲み取材、ブツ撮り、撮影日:2020(令和2)年12月12日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年12月12日

  • 2020年12月05日
    返礼品に他県産おせち

    複数の自治体が提供する返礼品おせち

  • 2020年12月05日
    返礼品に他県産おせち

    複数の自治体が提供する返礼品おせち

  • 2020年12月04日
    オープンの缶詰カフェ 障害者施設に缶詰カフェ

    千葉市若葉区にオープンした缶詰カフェ=4日午前

    撮影: 4日午前

  • 2020年12月04日
    オープンした缶詰カフェ 障害者施設に缶詰カフェ

    千葉市若葉区にオープンした缶詰カフェ=4日午前

    撮影: 4日午前

  • 01:11.60
    2020年12月04日
    「鬼滅の刃」最終23巻が発売 初版395万、社会現象に

    社会現象を巻き起こした吾峠呼世晴さん作の人気漫画「鬼滅の刃」の最終巻となる23巻が4日、発売日を迎えた。版元の集英社によると、23巻は初版395万部を発行し、1巻からの累計発行部数(電子版を含む)が1億2千万部を突破した。<映像内容>東京都渋谷区の「SHIBUYA TSUTAYA」に設けられた特設コーナーや並んだ23巻、開店後に23巻を買い求めるお客、など、撮影日:2020(令和2)年12月4日、撮影場所:東京都渋谷区

    撮影: 2020(令和2)年12月4日

  • 2020年11月26日
    香港・マカオの顧問、年次総会で重慶に助言開放と発展に向け

    26日、年次総会の会場。中国重慶市で26〜28日、同市の経済・社会について助言する香港・マカオ両特別行政区の各界顧問が集まる年次総会が開かれ、関係者約40人が出席した。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    香港・マカオの顧問、年次総会で重慶に助言開放と発展に向け

    26日、重慶市の開放や発展を巡り活発に発言する香港・マカオの顧問ら。中国重慶市で26〜28日、同市の経済・社会について助言する香港・マカオ両特別行政区の各界顧問が集まる年次総会が開かれ、関係者約40人が出席した。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    香港・マカオの顧問、年次総会で重慶に助言開放と発展に向け

    26日、記念撮影する年次総会の出席者。中国重慶市で26〜28日、同市の経済・社会について助言する香港・マカオ両特別行政区の各界顧問が集まる年次総会が開かれ、関係者約40人が出席した。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月25日
    高齢者向けスマホの使い方講座が開講福建省晋江市

    25日、晋江市の「老年大学」で、「スマートフォンの基礎知識と使い方」講座の説明を真剣に聞く高齢者。中国福建省晋江(しんこう)市の高齢者に生涯学習と社会参加の場を提供している「老年大学」で25日、「スマートフォン(スマホ)の基礎知識と使い方」講座が開講し、高齢者にスマートフォンの基礎知識を説明し、使い方をレクチャーした。(晋江=新華社配信/頼進財)=2020(令和2)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月25日
    高齢者向けスマホの使い方講座が開講福建省晋江市

    25日、晋江市の「老年大学」で開かれた「スマートフォンの基礎知識と使い方」講座で説明を行う講師。中国福建省晋江(しんこう)市の高齢者に生涯学習と社会参加の場を提供している「老年大学」で25日、「スマートフォン(スマホ)の基礎知識と使い方」講座が開講し、高齢者にスマートフォンの基礎知識を説明し、使い方をレクチャーした。(晋江=新華社配信/頼進財)=2020(令和2)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月25日
    高齢者向けスマホの使い方講座が開講福建省晋江市

    25日、晋江市の「老年大学」で開かれた「スマートフォンの基礎知識と使い方」講座で、説明を聞きながらスマートフォンの機能を確認し、ノートを取る高齢者。中国福建省晋江(しんこう)市の高齢者に生涯学習と社会参加の場を提供している「老年大学」で25日、「スマートフォン(スマホ)の基礎知識と使い方」講座が開講し、高齢者にスマートフォンの基礎知識を説明し、使い方をレクチャーした。(晋江=新華社配信/頼進財)=2020(令和2)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月25日
    高齢者向けスマホの使い方講座が開講福建省晋江市

    25日、晋江市の「老年大学」で、「スマートフォンの基礎知識と使い方」講座の説明を真剣に聞く高齢者。中国福建省晋江(しんこう)市の高齢者に生涯学習と社会参加の場を提供している「老年大学」で25日、「スマートフォン(スマホ)の基礎知識と使い方」講座が開講し、高齢者にスマートフォンの基礎知識を説明し、使い方をレクチャーした。(晋江=新華社配信/頼進財)=2020(令和2)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    中日の保険企業・機関、上海でスマート越境貿易保険システムを構築

    22日、上海市でスマート越境貿易保険プラットフォーム共同建設の協力覚書に調印する中日両国の保険企業。中日両国の複数の保険会社がこのほど、中国上海市で上海国際貿易センターの建設にサービスを提供するスマート越境貿易保険プラットフォームを基本的に完成させたと共同で発表した。同プラットフォームは、上海保険取引所が中国内外の財産保険企業と連携して構築した。人保財険、太平洋財険、平安財険、中遠自保、三井住友海上(中国)、上海対外経貿大学などを含む関連企業と機関が参加している。(上海=新華社記者/呉宇)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    中日協力の新たな模範青島日本国際ビジネスハブを訪ねて

    20日、青島日本国際ビジネスハブを見学するゲスト。中国青島市は海を隔てて日本と向かい合っており、日本と最も交流の深い中国の都市の一つ。両地間の緊密な人文(人と文化)、経済・交流の往来は、中国の地方都市の対日協力の模範となりつつある。同市と日本とのビジネス交流促進を目的とした施設「青島日本国際ビジネスハブ」のオープニングセレモニーが5月19日、同市西海岸新区で開かれた。オープン以降半年間にわたり、多くの展示会や交流イベントが行われ、すでに多数の日系企業が契約を結んで入居しており、中日の双方が協力を深化するための対外開放の新たなプラットフォームとなりつつある。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    中日協力の新たな模範青島日本国際ビジネスハブを訪ねて

    20日、青島日本国際ビジネスハブで交流する中日企業家サロンの参加者。中国青島市は海を隔てて日本と向かい合っており、日本と最も交流の深い中国の都市の一つ。両地間の緊密な人文(人と文化)、経済・交流の往来は、中国の地方都市の対日協力の模範となりつつある。同市と日本とのビジネス交流促進を目的とした施設「青島日本国際ビジネスハブ」のオープニングセレモニーが5月19日、同市西海岸新区で開かれた。オープン以降半年間にわたり、多くの展示会や交流イベントが行われ、すでに多数の日系企業が契約を結んで入居しており、中日の双方が協力を深化するための対外開放の新たなプラットフォームとなりつつある。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    中日協力の新たな模範青島日本国際ビジネスハブを訪ねて

    20日、青島日本国際ビジネスハブの1号館に展示された日本製品。中国青島市は海を隔てて日本と向かい合っており、日本と最も交流の深い中国の都市の一つ。両地間の緊密な人文(人と文化)、経済・交流の往来は、中国の地方都市の対日協力の模範となりつつある。同市と日本とのビジネス交流促進を目的とした施設「青島日本国際ビジネスハブ」のオープニングセレモニーが5月19日、同市西海岸新区で開かれた。オープン以降半年間にわたり、多くの展示会や交流イベントが行われ、すでに多数の日系企業が契約を結んで入居しており、中日の双方が協力を深化するための対外開放の新たなプラットフォームとなりつつある。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    中日協力の新たな模範青島日本国際ビジネスハブを訪ねて

    20日、青島日本国際ビジネスハブを訪れたゲスト。中国青島市は海を隔てて日本と向かい合っており、日本と最も交流の深い中国の都市の一つ。両地間の緊密な人文(人と文化)、経済・交流の往来は、中国の地方都市の対日協力の模範となりつつある。同市と日本とのビジネス交流促進を目的とした施設「青島日本国際ビジネスハブ」のオープニングセレモニーが5月19日、同市西海岸新区で開かれた。オープン以降半年間にわたり、多くの展示会や交流イベントが行われ、すでに多数の日系企業が契約を結んで入居しており、中日の双方が協力を深化するための対外開放の新たなプラットフォームとなりつつある。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    学校授業で竜舞と獅子舞の稽古湖南省湘潭市

    20日、竜舞の稽古をする湘潭医衛職業技術学院の学生ら。中国湖南省にある湘潭医衛職業技術学院はここ数年、竜舞と獅子舞を普及させるため、体育の授業に導入する取り組みを行っている。また、同学院で考案された「竜獅徒手体操」は周辺の大学や高校、中学校でも採用され、学生らに体を鍛えながら中国の伝統文化に触れる機会を提供している。(湘潭=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    学校授業で竜舞と獅子舞の稽古湖南省湘潭市

    20日、竜舞の稽古をする湘潭医衛職業技術学院の学生ら。中国湖南省にある湘潭医衛職業技術学院はここ数年、竜舞と獅子舞を普及させるため、体育の授業に導入する取り組みを行っている。また、同学院で考案された「竜獅徒手体操」は周辺の大学や高校、中学校でも採用され、学生らに体を鍛えながら中国の伝統文化に触れる機会を提供している。(湘潭=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    中日協力の新たな模範青島日本国際ビジネスハブを訪ねて

    20日、青島日本国際ビジネスハブのオフィスエリアに入居する日系企業で働くスタッフ。中国青島市は海を隔てて日本と向かい合っており、日本と最も交流の深い中国の都市の一つ。両地間の緊密な人文(人と文化)、経済・交流の往来は、中国の地方都市の対日協力の模範となりつつある。同市と日本とのビジネス交流促進を目的とした施設「青島日本国際ビジネスハブ」のオープニングセレモニーが5月19日、同市西海岸新区で開かれた。オープン以降半年間にわたり、多くの展示会や交流イベントが行われ、すでに多数の日系企業が契約を結んで入居しており、中日の双方が協力を深化するための対外開放の新たなプラットフォームとなりつつある。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    中日協力の新たな模範青島日本国際ビジネスハブを訪ねて

    20日、青島日本「国際ビジネスハブ」の外観。(小型無人機から)中国青島市は海を隔てて日本と向かい合っており、日本と最も交流の深い中国の都市の一つ。両地間の緊密な人文(人と文化)、経済・交流の往来は、中国の地方都市の対日協力の模範となりつつある。同市と日本とのビジネス交流促進を目的とした施設「青島日本国際ビジネスハブ」のオープニングセレモニーが5月19日、同市西海岸新区で開かれた。オープン以降半年間にわたり、多くの展示会や交流イベントが行われ、すでに多数の日系企業が契約を結んで入居しており、中日の双方が協力を深化するための対外開放の新たなプラットフォームとなりつつある。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    中日協力の新たな模範青島日本国際ビジネスハブを訪ねて

    20日、青島日本国際ビジネスハブで交流する中日企業家サロンの参加者。中国青島市は海を隔てて日本と向かい合っており、日本と最も交流の深い中国の都市の一つ。両地間の緊密な人文(人と文化)、経済・交流の往来は、中国の地方都市の対日協力の模範となりつつある。同市と日本とのビジネス交流促進を目的とした施設「青島日本国際ビジネスハブ」のオープニングセレモニーが5月19日、同市西海岸新区で開かれた。オープン以降半年間にわたり、多くの展示会や交流イベントが行われ、すでに多数の日系企業が契約を結んで入居しており、中日の双方が協力を深化するための対外開放の新たなプラットフォームとなりつつある。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    学校授業で竜舞と獅子舞の稽古湖南省湘潭市

    20日、竜舞の稽古をする湘潭医衛職業技術学院の学生ら。中国湖南省にある湘潭医衛職業技術学院はここ数年、竜舞と獅子舞を普及させるため、体育の授業に導入する取り組みを行っている。また、同学院で考案された「竜獅徒手体操」は周辺の大学や高校、中学校でも採用され、学生らに体を鍛えながら中国の伝統文化に触れる機会を提供している。(湘潭=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    学校授業で竜舞と獅子舞の稽古湖南省湘潭市

    20日、体育の授業で竜舞と獅子舞を学ぶ湘潭医衛職業技術学院の学生ら。中国湖南省にある湘潭医衛職業技術学院はここ数年、竜舞と獅子舞を普及させるため、体育の授業に導入する取り組みを行っている。また、同学院で考案された「竜獅徒手体操」は周辺の大学や高校、中学校でも採用され、学生らに体を鍛えながら中国の伝統文化に触れる機会を提供している。(湘潭=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    学校授業で竜舞と獅子舞の稽古湖南省湘潭市

    20日、獅子舞の稽古をする湘潭医衛職業技術学院の学生ら。中国湖南省にある湘潭医衛職業技術学院はここ数年、竜舞と獅子舞を普及させるため、体育の授業に導入する取り組みを行っている。また、同学院で考案された「竜獅徒手体操」は周辺の大学や高校、中学校でも採用され、学生らに体を鍛えながら中国の伝統文化に触れる機会を提供している。(湘潭=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    中日協力の新たな模範青島日本国際ビジネスハブを訪ねて

    20日、青島日本国際ビジネスハブの1号館に展示された日本製品。中国青島市は海を隔てて日本と向かい合っており、日本と最も交流の深い中国の都市の一つ。両地間の緊密な人文(人と文化)、経済・交流の往来は、中国の地方都市の対日協力の模範となりつつある。同市と日本とのビジネス交流促進を目的とした施設「青島日本国際ビジネスハブ」のオープニングセレモニーが5月19日、同市西海岸新区で開かれた。オープン以降半年間にわたり、多くの展示会や交流イベントが行われ、すでに多数の日系企業が契約を結んで入居しており、中日の双方が協力を深化するための対外開放の新たなプラットフォームとなりつつある。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    学校授業で竜舞と獅子舞の稽古湖南省湘潭市

    20日、竜舞と獅子舞の稽古をする湘潭医衛職業技術学院の学生ら。中国湖南省にある湘潭医衛職業技術学院はここ数年、竜舞と獅子舞を普及させるため、体育の授業に導入する取り組みを行っている。また、同学院で考案された「竜獅徒手体操」は周辺の大学や高校、中学校でも採用され、学生らに体を鍛えながら中国の伝統文化に触れる機会を提供している。(湘潭=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    中日協力の新たな模範青島日本国際ビジネスハブを訪ねて

    20日、廊下を歩く青島日本国際ビジネスハブのスタッフ。中国青島市は海を隔てて日本と向かい合っており、日本と最も交流の深い中国の都市の一つ。両地間の緊密な人文(人と文化)、経済・交流の往来は、中国の地方都市の対日協力の模範となりつつある。同市と日本とのビジネス交流促進を目的とした施設「青島日本国際ビジネスハブ」のオープニングセレモニーが5月19日、同市西海岸新区で開かれた。オープン以降半年間にわたり、多くの展示会や交流イベントが行われ、すでに多数の日系企業が契約を結んで入居しており、中日の双方が協力を深化するための対外開放の新たなプラットフォームとなりつつある。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    中日協力の新たな模範青島日本国際ビジネスハブを訪ねて

    20日、青島日本国際ビジネスハブの1号館に展示された鉄腕アトム型のロボット。中国青島市は海を隔てて日本と向かい合っており、日本と最も交流の深い中国の都市の一つ。両地間の緊密な人文(人と文化)、経済・交流の往来は、中国の地方都市の対日協力の模範となりつつある。同市と日本とのビジネス交流促進を目的とした施設「青島日本国際ビジネスハブ」のオープニングセレモニーが5月19日、同市西海岸新区で開かれた。オープン以降半年間にわたり、多くの展示会や交流イベントが行われ、すでに多数の日系企業が契約を結んで入居しており、中日の双方が協力を深化するための対外開放の新たなプラットフォームとなりつつある。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    中日協力の新たな模範青島日本国際ビジネスハブを訪ねて

    20日、青島日本国際ビジネスハブを見学するゲスト。中国青島市は海を隔てて日本と向かい合っており、日本と最も交流の深い中国の都市の一つ。両地間の緊密な人文(人と文化)、経済・交流の往来は、中国の地方都市の対日協力の模範となりつつある。同市と日本とのビジネス交流促進を目的とした施設「青島日本国際ビジネスハブ」のオープニングセレモニーが5月19日、同市西海岸新区で開かれた。オープン以降半年間にわたり、多くの展示会や交流イベントが行われ、すでに多数の日系企業が契約を結んで入居しており、中日の双方が協力を深化するための対外開放の新たなプラットフォームとなりつつある。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    中日協力の新たな模範青島日本国際ビジネスハブを訪ねて

    20日、青島日本国際ビジネスハブを見学するゲスト。中国青島市は海を隔てて日本と向かい合っており、日本と最も交流の深い中国の都市の一つ。両地間の緊密な人文(人と文化)、経済・交流の往来は、中国の地方都市の対日協力の模範となりつつある。同市と日本とのビジネス交流促進を目的とした施設「青島日本国際ビジネスハブ」のオープニングセレモニーが5月19日、同市西海岸新区で開かれた。オープン以降半年間にわたり、多くの展示会や交流イベントが行われ、すでに多数の日系企業が契約を結んで入居しており、中日の双方が協力を深化するための対外開放の新たなプラットフォームとなりつつある。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    拡大する成都と日本の交流、文化クリエーティブ産業を共同推進

    19日午後、成都市高新区で開催された中日(成都)都市建設・現代サービス業開放協力モデルプロジェクト共同説明会および集中契約イベント。中日(成都)都市建設・現代サービス業開放協力モデルプロジェクト共同説明会および集中契約イベントが19日午後、中国四川省の成都ハイテク産業開発区(高新区)で開催された。会場では、中日(成都)地方発展協力モデル区の対日協力リストや産業計画、騎竜イノベーションパークの都市設計プランが発表され、プロジェクト調印式が行われた。(成都=新華社記者/董小紅)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月18日
    酒蔵「碧雲蔵」 全国初、大学構内に酒蔵

    帯広畜産大構内にオープンした酒蔵「碧雲蔵」=18日午前、北海道帯広市

    撮影: 18日午前、北海道帯広市

  • 2020年11月17日
    普陀山観音文化園がオープン浙江省舟山市

    普陀山観音文化園のメイン建築「観音聖壇」の外観。(資料写真)中国浙江省舟山市に建設されていた「普陀山観音文化園」が15日、正式にオープンした。同園は舟山群島の朱家尖島にある白山の山麓に位置し、海を挟んで普陀山と向き合っている。観音文化を主題としており、教義の普及や文化の伝達、聖地観光などの内容を結び付け、文化体験、芸術展示、文化交流、観光サービスなどの機能を一体化したテーマパークとなっている。(舟山=新華社配信)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月15日
    普陀山観音文化園がオープン浙江省舟山市

    15日、普陀山観音文化園を見学する観光客。中国浙江省舟山市に建設されていた「普陀山観音文化園」が15日、正式にオープンした。同園は舟山群島の朱家尖島にある白山の山麓に位置し、海を挟んで普陀山と向き合っている。観音文化を主題としており、教義の普及や文化の伝達、聖地観光などの内容を結び付け、文化体験、芸術展示、文化交流、観光サービスなどの機能を一体化したテーマパークとなっている。(舟山=新華社配信)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    普陀山観音文化園がオープン浙江省舟山市

    14日、普陀山観音文化園で行われた開園式の様子。中国浙江省舟山市に建設されていた「普陀山観音文化園」が15日、正式にオープンした。同園は舟山群島の朱家尖島にある白山の山麓に位置し、海を挟んで普陀山と向き合っている。観音文化を主題としており、教義の普及や文化の伝達、聖地観光などの内容を結び付け、文化体験、芸術展示、文化交流、観光サービスなどの機能を一体化したテーマパークとなっている。(舟山=新華社配信)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    普陀山観音文化園がオープン浙江省舟山市

    12日、ライトアップされた普陀山観音文化園。中国浙江省舟山市に建設されていた「普陀山観音文化園」が15日、正式にオープンした。同園は舟山群島の朱家尖島にある白山の山麓に位置し、海を挟んで普陀山と向き合っている。観音文化を主題としており、教義の普及や文化の伝達、聖地観光などの内容を結び付け、文化体験、芸術展示、文化交流、観光サービスなどの機能を一体化したテーマパークとなっている。(舟山=新華社配信)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:07.44
    2020年11月03日
    「新華社」長沙市で世界コンピューター大会開幕湖南省

    中国湖南省長沙市で3日、同省政府と工業・情報化部が共催する「2020世界コンピューター大会」が開幕した。国内外のアカデミー会員17人、コンピューター科学分野のノーベル賞とされる「チューリング賞」受賞者1人、政財界の要人100人余りが一堂に会し、産業エコシステム、コンピューターチップ、サイバーセキュリティー、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネットなど関心の高い話題について最新の成果を共有し、最先端技術についても意見を交わした。人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)などの次世代技術とその応用が急速に発展し、量子計算、脳の仕組みを模した「ニューロモーフィック・コンピューティング」など新たな演算技術が相次ぎ登場したことで、世界の演算技術の研究開発と産業発展に新たな進歩の余地が生まれている。演算の技術、能力は国家の最先端の科学技術レベルを測る指標となっている。工業・情報化部の王志軍(おう・しぐん)副部長は「今年は新型コロナウイルスが流行する中で、進んだ演算技術と製品が遠隔医療やオンライン教育、物資調達などのサービスの安定的な提供を力強く支え、感染対策や経済の安定化において重要な役割を担っている」と述べた。中国はコンピューター製造体系を整備し、世界のコンピューター製品の9割以上を供給している。産業規模は着実に拡大し、市場の停滞や新型コロナの流行などマイナスの影響を克服、主要製品の生産量が増加している。マイコン生産量の伸びは2017年が5・9%、18年が2・9%、19年が8・2%となり、今年1~9月は5・6%増の2億6千万台に達した。(記者/姚羽、程済安、丁春雨、杜瑞)<映像内容>「2020世界コンピューター大会」の様子、会場の外観、撮影日:2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    ニシキゴイの養殖で豊かさへの道開く江蘇省徐州市

    10月28日、江蘇省徐州市賈汪区許陽村のニシキゴイ文化産業園内で養殖池を清掃する職員。中国江蘇省徐州市賈汪区ではここ数年、従来から取り組んできた養殖業を強みに、鑑賞魚による経済発展に力を入れている。企業と基地と農家を組み合わせた方法で、経済的に脆弱な許陽村に、ニシキゴイを特徴とした町を建設した。稚魚や餌、病害防除、技術研修を養殖農家に統一して提供し、成魚の回収と販売で地元農家400世帯以上が養殖業へ参入することを後押ししている。これにより農家は毎年平均2万元(1元=約16円)以上の増収を実現した。(徐州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    ニシキゴイの養殖で豊かさへの道開く江蘇省徐州市

    10月28日、江蘇省徐州市賈汪区許陽村のニシキゴイ文化産業園内で餌やりをする職員。中国江蘇省徐州市賈汪区ではここ数年、従来から取り組んできた養殖業を強みに、鑑賞魚による経済発展に力を入れている。企業と基地と農家を組み合わせた方法で、経済的に脆弱な許陽村に、ニシキゴイを特徴とした町を建設した。稚魚や餌、病害防除、技術研修を養殖農家に統一して提供し、成魚の回収と販売で地元農家400世帯以上が養殖業へ参入することを後押ししている。これにより農家は毎年平均2万元(1元=約16円)以上の増収を実現した。(徐州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    ニシキゴイの養殖で豊かさへの道開く江蘇省徐州市

    10月28日、江蘇省徐州市賈汪区許陽村のニシキゴイ文化産業園にあるニシキゴイの養殖池。中国江蘇省徐州市賈汪区ではここ数年、従来から取り組んできた養殖業を強みに、鑑賞魚による経済発展に力を入れている。企業と基地と農家を組み合わせた方法で、経済的に脆弱な許陽村に、ニシキゴイを特徴とした町を建設した。稚魚や餌、病害防除、技術研修を養殖農家に統一して提供し、成魚の回収と販売で地元農家400世帯以上が養殖業へ参入することを後押ししている。これにより農家は毎年平均2万元(1元=約16円)以上の増収を実現した。(徐州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    ニシキゴイの養殖で豊かさへの道開く江蘇省徐州市

    10月28日、江蘇省徐州市賈汪区許陽村のニシキゴイ文化産業園鑑賞エリアで見学する市民。中国江蘇省徐州市賈汪区ではここ数年、従来から取り組んできた養殖業を強みに、鑑賞魚による経済発展に力を入れている。企業と基地と農家を組み合わせた方法で、経済的に脆弱な許陽村に、ニシキゴイを特徴とした町を建設した。稚魚や餌、病害防除、技術研修を養殖農家に統一して提供し、成魚の回収と販売で地元農家400世帯以上が養殖業へ参入することを後押ししている。これにより農家は毎年平均2万元(1元=約16円)以上の増収を実現した。(徐州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    ニシキゴイの養殖で豊かさへの道開く江蘇省徐州市

    10月28日、江蘇省徐州市賈汪区許陽村のニシキゴイ文化産業園内で餌やりをする職員。中国江蘇省徐州市賈汪区ではここ数年、従来から取り組んできた養殖業を強みに、鑑賞魚による経済発展に力を入れている。企業と基地と農家を組み合わせた方法で、経済的に脆弱な許陽村に、ニシキゴイを特徴とした町を建設した。稚魚や餌、病害防除、技術研修を養殖農家に統一して提供し、成魚の回収と販売で地元農家400世帯以上が養殖業へ参入することを後押ししている。これにより農家は毎年平均2万元(1元=約16円)以上の増収を実現した。(徐州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    ニシキゴイの養殖で豊かさへの道開く江蘇省徐州市

    10月28日、江蘇省徐州市賈汪区許陽村のニシキゴイ文化産業園で養殖されるニシキゴイ。中国江蘇省徐州市賈汪区ではここ数年、従来から取り組んできた養殖業を強みに、鑑賞魚による経済発展に力を入れている。企業と基地と農家を組み合わせた方法で、経済的に脆弱な許陽村に、ニシキゴイを特徴とした町を建設した。稚魚や餌、病害防除、技術研修を養殖農家に統一して提供し、成魚の回収と販売で地元農家400世帯以上が養殖業へ参入することを後押ししている。これにより農家は毎年平均2万元(1元=約16円)以上の増収を実現した。(徐州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月27日
    外観、ホテル 柳田国男の世界、ホテルに

    11月1日にオープンするホテル「NIPPONIA 播磨福崎 蔵書の館」=兵庫県福崎町

    撮影: 兵庫県福崎町

  • 2020年10月27日
    ホテルの外観 柳田国男の世界、ホテルに

    11月1日にオープンするホテル「NIPPONIA 播磨福崎 蔵書の館」=兵庫県福崎町

    撮影: 兵庫県福崎町

  • 01:06.96
    2020年10月27日
    「新華社」天津港集団、今年4路線目の「一帯一路」航路を開通

    中国の天津港を運営する天津港集団は27日、今年4路線目となる「一帯一路」航路の運用を始めた。天津港を中心とする国際的な総合交通ハブ「天津北方国際航運ハブ」は、京津冀(北京市、天津市、河北省)地区の海の玄関口で、「一帯一路」建設と陸海双方向の開放を実施する上で重要な拠点となっている。新航路は、天津港から中国沿海部に沿って南下し、シンガポールやスリランカのコロンボなどの港に向かう。天津港から出港したコンテナ船には、京津冀地区や周辺地域で生産された機械設備や医療機器、化学工業品、日用品など計718TEU(20フィートコンテナ換算)が積み込まれた。同集団は今年に入ってから国内・国際合わせて9路線を開通している。国際定期コンテナ航路が6路線で、うちASEAN諸国向けが4路線を占めた。東南アジア地域をカバーするコンテナ航路は30路線を超え、今年1~9月期のコンテナ取扱量は132万TEUに上っている。(記者/李帥)<映像内容>天津港集団が「一帯一路」航路を開通、コンテナを移動する様子、撮影日:2020(令和2)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月25日
    上海の仏教寺院、「生命への思いやり」プロジェクトを開始

    25日、玉仏禅寺が重陽節に実施した、精進麺を高齢者に無料で提供する活動。中国の伝統的祝日で敬老の日に当たる重陽節(旧暦9月9日)の25日、上海市普陀区の玉仏禅寺(玉仏寺)は一連の敬老行事を行うと同時に、「覚群生命教育学院生命関懐(生命への思いやり)プロジェクト」を開始した。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月25日
    上海の仏教寺院、「生命への思いやり」プロジェクトを開始

    25日、玉仏禅寺が重陽節に実施した、精進麺を高齢者に無料で提供する活動。中国の伝統的祝日で敬老の日に当たる重陽節(旧暦9月9日)の25日、上海市普陀区の玉仏禅寺(玉仏寺)は一連の敬老行事を行うと同時に、「覚群生命教育学院生命関懐(生命への思いやり)プロジェクト」を開始した。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    干潟の観光施設

    佐賀市にオープンした「東よか干潟ビジターセンター」の展望棟

  • 2020年10月24日
    干潟の観光施設

    佐賀市にオープンした「東よか干潟ビジターセンター」展望棟からの眺望

  • 2020年10月21日
    「温もり厨房」で地域の高齢者に食事サービス湖南省長沙市

    21日、長沙市天心区赤嶺路社区(コミュニティー)の文化活動センターで、順番に食事を受け取る高齢者。中国湖南省長沙市天心区金盆嶺街道の赤嶺路社区(コミュニティー)では、2015年から「暖心(温もり)厨房」を設け、65歳以上の体が弱く病気がちな高齢者や独居、夫婦だけの高齢世帯に開放している。高齢者の状況に応じて、無償または低価格の食事サービスを提供するほか、体の不自由な高齢者には自宅までの配膳サービスも行っている。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    「温もり厨房」で地域の高齢者に食事サービス湖南省長沙市

    21日、長沙市天心区赤嶺路社区(コミュニティー)の文化活動センターで、高齢者にスープを配膳するスタッフ(左端)。中国湖南省長沙市天心区金盆嶺街道の赤嶺路社区(コミュニティー)では、2015年から「暖心(温もり)厨房」を設け、65歳以上の体が弱く病気がちな高齢者や独居、夫婦だけの高齢世帯に開放している。高齢者の状況に応じて、無償または低価格の食事サービスを提供するほか、体の不自由な高齢者には自宅までの配膳サービスも行っている。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    「温もり厨房」で地域の高齢者に食事サービス湖南省長沙市

    21日、長沙市天心区赤嶺路社区(コミュニティー)の文化活動センターで、昼食を作るボランティアとスタッフ。中国湖南省長沙市天心区金盆嶺街道の赤嶺路社区(コミュニティー)では、2015年から「暖心(温もり)厨房」を設け、65歳以上の体が弱く病気がちな高齢者や独居、夫婦だけの高齢世帯に開放している。高齢者の状況に応じて、無償または低価格の食事サービスを提供するほか、体の不自由な高齢者には自宅までの配膳サービスも行っている。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    「温もり厨房」で地域の高齢者に食事サービス湖南省長沙市

    21日、長沙市天心区赤嶺路社区(コミュニティー)の文化活動センターで、高齢者にスープを配膳するスタッフ(右から2番目)。中国湖南省長沙市天心区金盆嶺街道の赤嶺路社区(コミュニティー)では、2015年から「暖心(温もり)厨房」を設け、65歳以上の体が弱く病気がちな高齢者や独居、夫婦だけの高齢世帯に開放している。高齢者の状況に応じて、無償または低価格の食事サービスを提供するほか、体の不自由な高齢者には自宅までの配膳サービスも行っている。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    「温もり厨房」で地域の高齢者に食事サービス湖南省長沙市

    21日、長沙市天心区赤嶺路社区(コミュニティー)で、93歳の高齢者(右)に食事を届けたボランティア。中国湖南省長沙市天心区金盆嶺街道の赤嶺路社区(コミュニティー)では、2015年から「暖心(温もり)厨房」を設け、65歳以上の体が弱く病気がちな高齢者や独居、夫婦だけの高齢世帯に開放している。高齢者の状況に応じて、無償または低価格の食事サービスを提供するほか、体の不自由な高齢者には自宅までの配膳サービスも行っている。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    「温もり厨房」で地域の高齢者に食事サービス湖南省長沙市

    21日、長沙市天心区赤嶺路社区(コミュニティー)の文化活動センターで、調理の手伝いをする80歳のボランティア。中国湖南省長沙市天心区金盆嶺街道の赤嶺路社区(コミュニティー)では、2015年から「暖心(温もり)厨房」を設け、65歳以上の体が弱く病気がちな高齢者や独居、夫婦だけの高齢世帯に開放している。高齢者の状況に応じて、無償または低価格の食事サービスを提供するほか、体の不自由な高齢者には自宅までの配膳サービスも行っている。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.88
    2020年10月21日
    「新華社」江漢路歩行街がリニューアルオープン湖北省武漢市

    中国湖北省武漢市の江漢関広場で21日夜、江漢路歩行街(歩行者天国)のオープニングセレモニーが開催された。代々の武漢人の記憶に受け継がれる江漢路が、改造・整備を経て再オープンし、新型コロナウイルス感染症流行後の同市の復興と質の高い発展に花を添えた。(記者/余国慶、潘志偉)<映像内容>江漢路歩行街のオープニングセレモニー、街並みなど風景、撮影日:2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月18日
    選抜チームとの試合 被災地の小中生に野球指導

    岩手県陸前高田市にオープンした球場で行われた、プロ野球OBと社会人選抜チームとの試合。手前は投球する元ロッテの小林雅英さん=18日午後

    撮影: 18日午後

  • 2020年10月16日
    ソニーの空間再現ディスプレー

    ソニーは、高精細の3次元コンピューターグラフィックス(3DCG)映像を裸眼で見られる「空間再現ディスプレイ=写真」を31日に発売する。視聴者の目の位置を高速・高精度に検知して、自然な立体映像を即座に生成する。価格は50万円前後(消費税抜き)を想定。液晶パネル表面に高精度に装着した微細なマイクロオプティカルレンズが映像を左右の目に分けて届ける。複数の映像を用いて立体視を可能にする仕組みと比べて、解像度や明るさが高い滑らかな映像を視聴できる。パネルは15・6インチで、本体の大きさは幅383ミリ×高さ232ミリ×奥行き231ミリメートル。重さは4・6キログラム。コンテンツ制作用の開発ツールを無償提供する。開発・映像再生用のパソコンを別途用意する必要があるが、仮想現実(VR)アプリケーション(応用ソフト)開発と同等の環境があれば利用できる。1月に開催された家電・IT見本市「CES2020」に参考出展していた。コンテンツ制作やデザイン、建築、ショールームでの利用など幅広い用途を見込む。=2020(令和2)年10月16日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月16日
    中国の科学技術が安全な送水を実現「南水北調」プロジェクト

    16日、「南水北調」中央ルート鄭州区間の幹線用水路。(小型無人機から)中国の「南水北調」中央ルート工程建設管理局は16~20日、5カ所の支部で2020年度オープンデーを開催し、同プロジェクトが科学的方法に基づいて安全な送水を実現していることを公開した。「南水北調」は中国南部地域の水を北部地域に送り、慢性的な水不足解消を目指すプロジェクトだ。中国水利部が発表した最新データによると、同プロジェクトは2020年度、河南省、河北省、天津市、北京市に83億立方メートルの給水と生態補水を実施、供給量は過去最大となった。(北京=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月16日
    中国の科学技術が安全な送水を実現「南水北調」プロジェクト

    16日、オープンデ―のイベント会場で、作業を行う水中ロボット。中国の「南水北調」中央ルート工程建設管理局は16~20日、5カ所の支部で2020年度オープンデーを開催し、同プロジェクトが科学的方法に基づいて安全な送水を実現していることを公開した。「南水北調」は中国南部地域の水を北部地域に送り、慢性的な水不足解消を目指すプロジェクトだ。中国水利部が発表した最新データによると、同プロジェクトは2020年度、河南省、河北省、天津市、北京市に83億立方メートルの給水と生態補水を実施、供給量は過去最大となった。(北京=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月16日
    中国の科学技術が安全な送水を実現「南水北調」プロジェクト

    16日、「南水北調」中央ルートの黄河横断プロジェクト。(小型無人機から)中国の「南水北調」中央ルート工程建設管理局は16~20日、5カ所の支部で2020年度オープンデーを開催し、同プロジェクトが科学的方法に基づいて安全な送水を実現していることを公開した。「南水北調」は中国南部地域の水を北部地域に送り、慢性的な水不足解消を目指すプロジェクトだ。中国水利部が発表した最新データによると、同プロジェクトは2020年度、河南省、河北省、天津市、北京市に83億立方メートルの給水と生態補水を実施、供給量は過去最大となった。(北京=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月16日
    中国の科学技術が安全な送水を実現「南水北調」プロジェクト

    16日、オープンデ―のイベント会場で、小型無人機で水のサンプルを採集するスタッフ。中国の「南水北調」中央ルート工程建設管理局は16~20日、5カ所の支部で2020年度オープンデーを開催し、同プロジェクトが科学的方法に基づいて安全な送水を実現していることを公開した。「南水北調」は中国南部地域の水を北部地域に送り、慢性的な水不足解消を目指すプロジェクトだ。中国水利部が発表した最新データによると、同プロジェクトは2020年度、河南省、河北省、天津市、北京市に83億立方メートルの給水と生態補水を実施、供給量は過去最大となった。(北京=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月16日
    中国の科学技術が安全な送水を実現「南水北調」プロジェクト

    16日、黄河南岸にある「南水北調」の黄河横断トンネルの入り口。(小型無人機から)中国の「南水北調」中央ルート工程建設管理局は16~20日、5カ所の支部で2020年度オープンデーを開催し、同プロジェクトが科学的方法に基づいて安全な送水を実現していることを公開した。「南水北調」は中国南部地域の水を北部地域に送り、慢性的な水不足解消を目指すプロジェクトだ。中国水利部が発表した最新データによると、同プロジェクトは2020年度、河南省、河北省、天津市、北京市に83億立方メートルの給水と生態補水を実施、供給量は過去最大となった。(北京=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月16日
    中国の科学技術が安全な送水を実現「南水北調」プロジェクト

    16日、オープンデ―のイベント会場で、採取した水のサンプルを検査するスタッフ。中国の「南水北調」中央ルート工程建設管理局は16~20日、5カ所の支部で2020年度オープンデーを開催し、同プロジェクトが科学的方法に基づいて安全な送水を実現していることを公開した。「南水北調」は中国南部地域の水を北部地域に送り、慢性的な水不足解消を目指すプロジェクトだ。中国水利部が発表した最新データによると、同プロジェクトは2020年度、河南省、河北省、天津市、北京市に83億立方メートルの給水と生態補水を実施、供給量は過去最大となった。(北京=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月16日
    中国の科学技術が安全な送水を実現「南水北調」プロジェクト

    16日、オープンデ―のイベント会場で、水のサンプルを採集する小型無人機(右)と斜面から藻類を除去する多機能車両(左)。(小型無人機から)中国の「南水北調」中央ルート工程建設管理局は16~20日、5カ所の支部で2020年度オープンデーを開催し、同プロジェクトが科学的方法に基づいて安全な送水を実現していることを公開した。「南水北調」は中国南部地域の水を北部地域に送り、慢性的な水不足解消を目指すプロジェクトだ。中国水利部が発表した最新データによると、同プロジェクトは2020年度、河南省、河北省、天津市、北京市に83億立方メートルの給水と生態補水を実施、供給量は過去最大となった。(北京=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月16日
    中国の科学技術が安全な送水を実現「南水北調」プロジェクト

    16日、黄河南岸にある「南水北調」の黄河横断トンネルの入り口。(小型無人機から)中国の「南水北調」中央ルート工程建設管理局は16~20日、5カ所の支部で2020年度オープンデーを開催し、同プロジェクトが科学的方法に基づいて安全な送水を実現していることを公開した。「南水北調」は中国南部地域の水を北部地域に送り、慢性的な水不足解消を目指すプロジェクトだ。中国水利部が発表した最新データによると、同プロジェクトは2020年度、河南省、河北省、天津市、北京市に83億立方メートルの給水と生態補水を実施、供給量は過去最大となった。(北京=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    花王が新プロジェクト「SMILE」開始

    花王は14日、インドネシアの企業と共同で、同国の小規模パーム農園を支援するプログラム「SMILE」を開始すると発表した。生産性を向上させる技術教育や認証取得の支援を実施するほか、花王の農業関連製品を無償提供する。期間は2030年までで、約5000件の農園を支援する計画だ。油脂製品の製造・販売会社のアピカルグループと、パーム油生産会社のアジアンアグリと協働する。3社の人員でチームを作り、独立小規模農園への教育を実施する。生産性向上や、持続可能なパーム油の生産と利用を促進する円卓会議「RSPO」の認証取得を支援する。今後、花王はパームの栽培農園まで把握し、トレーサビリティー(履歴管理)を確保する。適正価格による買い取りで貧困問題の解決にも貢献する。根来昌一常務執行役員は「サプライチェーンで起きる環境・人権問題にも対応する。“責任ある調達”を実現したい」と話した。写真は「SMILE」開始を発表する根来常務執行役員。=2020(令和2)年10月14日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.56
    2020年10月14日
    「新華社」住民に増収もたらすシイタケ栽培基地四川省理塘県

    中国四川省カンゼ・チベット族自治州理塘県の馬岩村にあるシイタケ栽培基地は、地元の人たちの増収と小康(ややゆとりのある)社会への歩みを後押ししている。理塘五粮液シイタケ栽培基地は2018年に建設され、累計151万元(1元=約16円)余りの配当を行い、80余りの就職ポストを提供してきた。貧困家庭の労働者が95パーセント以上を占めており、1人当たりの年収は3万6千元に達している。同県の中心市街地に転居してきた住民は職住近接で働くことができるようになった。理塘県のシイタケはすでに粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)に出荷され、全国各地に向けて販売されている。地元住民は就業と同時に一定の栽培技術も習得している。(記者/尹恒)<映像内容>シイタケの栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月12日
    オープンしたホテル 三重に「道の駅」ホテル

    道の駅の隣にオープンしたホテル「フェアフィールド・バイ・マリオット・三重御浜」=12日、三重県御浜町

    撮影: 12日、三重県御浜町

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲村の渡し場で、渡し船の廃止前に乗りに来た地元民。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    スマート幼稚園管理システムの運用を開始福建省福州市

    10日、スマート幼稚園教材プラットフォームを利用して授業を行う福州市蓓蕾幼稚園の教員。中国福建省福州市初のスマート幼稚園「蓓蕾(ばいらい)幼稚園」は10日、スマート幼稚園管理システムの運用を正式に開始した。システムは人工知能(AI)による顔認証技術を用いた登降園管理機器と朝の体調チェックロボットなどで構成される。各設備を制御する中枢管理システムには園児の登降園、朝の体調、運動などが記録されており、ビッグデータに基づき各園児の運動や健康の状況、行動、関心などの分析報告を作成でき、個人に合わせた教育と幼稚園の管理などに科学的な意思決定の根拠となるデータを提供できるという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    スマート幼稚園管理システムの運用を開始福建省福州市

    10日、家庭と幼稚園の共同教育を目的としたアプリの画面を見せる福州市蓓蕾幼稚園の教員。中国福建省福州市初のスマート幼稚園「蓓蕾(ばいらい)幼稚園」は10日、スマート幼稚園管理システムの運用を正式に開始した。システムは人工知能(AI)による顔認証技術を用いた登降園管理機器と朝の体調チェックロボットなどで構成される。各設備を制御する中枢管理システムには園児の登降園、朝の体調、運動などが記録されており、ビッグデータに基づき各園児の運動や健康の状況、行動、関心などの分析報告を作成でき、個人に合わせた教育と幼稚園の管理などに科学的な意思決定の根拠となるデータを提供できるという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、地元民に船との記念写真を依頼する渡し守の何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、地元民を乗せ船をこぐ渡し守の何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲村の渡し場で救命設備を運ぶ何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、船を出す前にロープをほどく渡し守の何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    スマート幼稚園管理システムの運用を開始福建省福州市

    10日、ロボットを活用した授業を受ける福州市蓓蕾幼稚園の園児。中国福建省福州市初のスマート幼稚園「蓓蕾(ばいらい)幼稚園」は10日、スマート幼稚園管理システムの運用を正式に開始した。システムは人工知能(AI)による顔認証技術を用いた登降園管理機器と朝の体調チェックロボットなどで構成される。各設備を制御する中枢管理システムには園児の登降園、朝の体調、運動などが記録されており、ビッグデータに基づき各園児の運動や健康の状況、行動、関心などの分析報告を作成でき、個人に合わせた教育と幼稚園の管理などに科学的な意思決定の根拠となるデータを提供できるという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、最後の運航後、オールを肩に担ぎ岸に上がった渡し守の何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、最後の渡し船を出す前に、まもなく開通する大橋を見つめる渡し守の何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、船を引き揚げるトラクターを待つ渡し守の何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、地元民のために最後の船を出す渡し守の何栄興さん。(小型無人機から)中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...