KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ドローン
  • 小型無人機
  • 一帯一路
  • スタッフ
  • 新型肺炎
  • 改革開放
  • コミュニティー
  • 中国福建省
  • システム
  • 情報提供

「open」の写真・映像

絞り込み
  • 期間を指定
  • 種類
  • 向き
  • 社会
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
3,698
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
3,698
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月11日
    (5)河に浮かぶ「読書島」広東省清遠市

    8日、島上書院の朗読亭で読書する市民。中国広東省清遠市清城区の北江に浮かぶ江心島には、商店が1軒もなく、都市公共書斎「島上書院」だけがある。2017年、秦鴻雁(しん・こうがん)氏が地元政府の協力を得て、同島に一黙書房を設立。地元政府は同書房に場所や水、電気などを無償で提供した。同書房は全ての人に無料で開放され、無料の公共文化イベントも定期的に開かれている。2019年、同書房は清城区と共同で「島上書院」を建設し、中山大学哲学系と協力関係を結び、同大学優秀伝統文化普及教育研究センターを設立した。現在、書院の蔵書数は約3千冊で、公共文化イベントを年間約200回開催している。(清遠=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月11日
    (2)河に浮かぶ「読書島」広東省清遠市

    8日、北江に浮かぶ江心島にある島上書院。(小型無人機から)中国広東省清遠市清城区の北江に浮かぶ江心島には、商店が1軒もなく、都市公共書斎「島上書院」だけがある。2017年、秦鴻雁(しん・こうがん)氏が地元政府の協力を得て、同島に一黙書房を設立。地元政府は同書房に場所や水、電気などを無償で提供した。同書房は全ての人に無料で開放され、無料の公共文化イベントも定期的に開かれている。2019年、同書房は清城区と共同で「島上書院」を建設し、中山大学哲学系と協力関係を結び、同大学優秀伝統文化普及教育研究センターを設立した。現在、書院の蔵書数は約3千冊で、公共文化イベントを年間約200回開催している。(清遠=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月11日
    (8)河に浮かぶ「読書島」広東省清遠市

    8日、広東省清遠市清城区の市街地と、北江に浮かぶ江心島。(小型無人機から)中国広東省清遠市清城区の北江に浮かぶ江心島には、商店が1軒もなく、都市公共書斎「島上書院」だけがある。2017年、秦鴻雁(しん・こうがん)氏が地元政府の協力を得て、同島に一黙書房を設立。地元政府は同書房に場所や水、電気などを無償で提供した。同書房は全ての人に無料で開放され、無料の公共文化イベントも定期的に開かれている。2019年、同書房は清城区と共同で「島上書院」を建設し、中山大学哲学系と協力関係を結び、同大学優秀伝統文化普及教育研究センターを設立した。現在、書院の蔵書数は約3千冊で、公共文化イベントを年間約200回開催している。(清遠=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月11日
    (1)河に浮かぶ「読書島」広東省清遠市

    8日、清遠市清城区の北江に浮かぶ江心島。(小型無人機から)中国広東省清遠市清城区の北江に浮かぶ江心島には、商店が1軒もなく、都市公共書斎「島上書院」だけがある。2017年、秦鴻雁(しん・こうがん)氏が地元政府の協力を得て、同島に一黙書房を設立。地元政府は同書房に場所や水、電気などを無償で提供した。同書房は全ての人に無料で開放され、無料の公共文化イベントも定期的に開かれている。2019年、同書房は清城区と共同で「島上書院」を建設し、中山大学哲学系と協力関係を結び、同大学優秀伝統文化普及教育研究センターを設立した。現在、書院の蔵書数は約3千冊で、公共文化イベントを年間約200回開催している。(清遠=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月11日
    (6)河に浮かぶ「読書島」広東省清遠市

    8日、島上書院で、所蔵資料を調べる地元の史志(地方史)弁公室職員。中国広東省清遠市清城区の北江に浮かぶ江心島には、商店が1軒もなく、都市公共書斎「島上書院」だけがある。2017年、秦鴻雁(しん・こうがん)氏が地元政府の協力を得て、同島に一黙書房を設立。地元政府は同書房に場所や水、電気などを無償で提供した。同書房は全ての人に無料で開放され、無料の公共文化イベントも定期的に開かれている。2019年、同書房は清城区と共同で「島上書院」を建設し、中山大学哲学系と協力関係を結び、同大学優秀伝統文化普及教育研究センターを設立した。現在、書院の蔵書数は約3千冊で、公共文化イベントを年間約200回開催している。(清遠=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月11日
    (4)河に浮かぶ「読書島」広東省清遠市

    8日、島上書院で読書する市民。中国広東省清遠市清城区の北江に浮かぶ江心島には、商店が1軒もなく、都市公共書斎「島上書院」だけがある。2017年、秦鴻雁(しん・こうがん)氏が地元政府の協力を得て、同島に一黙書房を設立。地元政府は同書房に場所や水、電気などを無償で提供した。同書房は全ての人に無料で開放され、無料の公共文化イベントも定期的に開かれている。2019年、同書房は清城区と共同で「島上書院」を建設し、中山大学哲学系と協力関係を結び、同大学優秀伝統文化普及教育研究センターを設立した。現在、書院の蔵書数は約3千冊で、公共文化イベントを年間約200回開催している。(清遠=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月11日
    (3)河に浮かぶ「読書島」広東省清遠市

    8日、島上書院で自ら寄贈した清代の糸綴じ本を示す市民の李国興(り・こくきょう)さん。中国広東省清遠市清城区の北江に浮かぶ江心島には、商店が1軒もなく、都市公共書斎「島上書院」だけがある。2017年、秦鴻雁(しん・こうがん)氏が地元政府の協力を得て、同島に一黙書房を設立。地元政府は同書房に場所や水、電気などを無償で提供した。同書房は全ての人に無料で開放され、無料の公共文化イベントも定期的に開かれている。2019年、同書房は清城区と共同で「島上書院」を建設し、中山大学哲学系と協力関係を結び、同大学優秀伝統文化普及教育研究センターを設立した。現在、書院の蔵書数は約3千冊で、公共文化イベントを年間約200回開催している。(清遠=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月11日
    (7)河に浮かぶ「読書島」広東省清遠市

    8日、江心島にある島上書院。中国広東省清遠市清城区の北江に浮かぶ江心島には、商店が1軒もなく、都市公共書斎「島上書院」だけがある。2017年、秦鴻雁(しん・こうがん)氏が地元政府の協力を得て、同島に一黙書房を設立。地元政府は同書房に場所や水、電気などを無償で提供した。同書房は全ての人に無料で開放され、無料の公共文化イベントも定期的に開かれている。2019年、同書房は清城区と共同で「島上書院」を建設し、中山大学哲学系と協力関係を結び、同大学優秀伝統文化普及教育研究センターを設立した。現在、書院の蔵書数は約3千冊で、公共文化イベントを年間約200回開催している。(清遠=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月11日
    (9)河に浮かぶ「読書島」広東省清遠市

    8日、「島上書院」利用者のメッセージを整理する同書院創設者の秦鴻雁氏(左)。中国広東省清遠市清城区の北江に浮かぶ江心島には、商店が1軒もなく、都市公共書斎「島上書院」だけがある。2017年、秦鴻雁(しん・こうがん)氏が地元政府の協力を得て、同島に一黙書房を設立。地元政府は同書房に場所や水、電気などを無償で提供した。同書房は全ての人に無料で開放され、無料の公共文化イベントも定期的に開かれている。2019年、同書房は清城区と共同で「島上書院」を建設し、中山大学哲学系と協力関係を結び、同大学優秀伝統文化普及教育研究センターを設立した。現在、書院の蔵書数は約3千冊で、公共文化イベントを年間約200回開催している。(清遠=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月04日
    (5)文化財9千点超を所蔵、ホータン博物館をゆく新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区ホータン地区を流れる克里雅河の下流で見つかった夏代~西周代の玉球。(3月19日撮影)2020年5月に建て替え工事を終え、リニューアルオープンした中国新疆ウイグル自治区ホータン市のホータン博物館は、北京市の支援により建設された。延床面積は約1万3500平方メートルで、青銅器や陶器、玉器、貨幣などの文化財9553点のほか、学術文化財(標本)約2千点、古書約660冊、民俗資料約800点を収蔵している。中でも玉で作られた装飾品や優雅な姿の仏像、カローシュティー文字にまつわる文化財は、多くの注目を集めている。(ホータン=新華社記者/張暁竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月04日
    (6)文化財9千点超を所蔵、ホータン博物館をゆく新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区ホータン地区カラカシュ県庫木拉巴特(クム・ラバート)仏寺遺跡で見つかった唐代の石膏の仏像。(3月19日撮影)2020年5月に建て替え工事を終え、リニューアルオープンした中国新疆ウイグル自治区ホータン市のホータン博物館は、北京市の支援により建設された。延床面積は約1万3500平方メートルで、青銅器や陶器、玉器、貨幣などの文化財9553点のほか、学術文化財(標本)約2千点、古書約660冊、民俗資料約800点を収蔵している。中でも玉で作られた装飾品や優雅な姿の仏像、カローシュティー文字にまつわる文化財は、多くの注目を集めている。(ホータン=新華社記者/張暁竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月04日
    (1)文化財9千点超を所蔵、ホータン博物館をゆく新疆ウイグル自治区

    漢代の漢佉二体銭。漢字とカローシュティー文字の銘文が刻まれている。(3月19日撮影)2020年5月に建て替え工事を終え、リニューアルオープンした中国新疆ウイグル自治区ホータン市のホータン博物館は、北京市の支援により建設された。延床面積は約1万3500平方メートルで、青銅器や陶器、玉器、貨幣などの文化財9553点のほか、学術文化財(標本)約2千点、古書約660冊、民俗資料約800点を収蔵している。中でも玉で作られた装飾品や優雅な姿の仏像、カローシュティー文字にまつわる文化財は、多くの注目を集めている。(ホータン=新華社記者/張暁竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月02日
    店長の小佐秀和さん 琵琶湖畔で考える環境保全

    滋賀県草津市内にオープンしたカフェ「REED」で店長を務める小佐秀和さん=3月

    撮影: 3月

  • 2021年04月01日
    開店準備する池内真也さん まん延防止措置を初適用

    松山市内のバーで、開店準備を進める池内真也さん=1日午後

    撮影: 1日午後

  • 2021年04月01日
    (2)中国の臓器提供者数、3万3千人以上に

    3月31日、臓器移植ドナーを追悼するイベントで献花する人々。中国紅十字(赤十字)会総会は3月31日、江蘇省南京市で行われた臓器移植ドナーを追悼するイベントで、中国の臓器提供意思登録者が現在、累計315万人以上に達し、これまでに亡くなった3万3千人余りが9万9千件以上の臓器を提供し、約10万人の臓器不全患者の命を救ったと明らかにした。中国各地には献体者やドナーを追悼する場が147カ所建設されている。(南京=新華社記者/沈汝発)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (1)中国の臓器提供者数、3万3千人以上に

    3月31日、臓器移植ドナーを追悼するイベントで黙祷する人々。中国紅十字(赤十字)会総会は3月31日、江蘇省南京市で行われた臓器移植ドナーを追悼するイベントで、中国の臓器提供意思登録者が現在、累計315万人以上に達し、これまでに亡くなった3万3千人余りが9万9千件以上の臓器を提供し、約10万人の臓器不全患者の命を救ったと明らかにした。中国各地には献体者やドナーを追悼する場が147カ所建設されている。(南京=新華社記者/沈汝発)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    (3)チベット百万農奴解放記念館、新館がオープン

    28日、チベット百万農奴解放記念館を見学する来場者。中国チベット自治区ラサ市で28日、チベット百万農奴解放記念館の新館がオープンした。同記念館は中国で唯一の農奴廃止運動をテーマにした施設で、今年はチベット民主改革62周年に当たる。オープン初日は来館者が絶えなかった。展示ホールの敷地面積は2700平方メートル。チベットの中国領土としての不可分性、封建農奴制下の社会、民主改革、新チベットの建設、新時代への展望の五つテーマに分かれ展示を行う。陳列方式や照明により各時代の雰囲気を作り出しており、来館者は歴史の目撃者になったような気分を体験できるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    (2)チベット百万農奴解放記念館、新館がオープン

    28日、チベット百万農奴解放記念館を見学する来場者。中国チベット自治区ラサ市で28日、チベット百万農奴解放記念館の新館がオープンした。同記念館は中国で唯一の農奴廃止運動をテーマにした施設で、今年はチベット民主改革62周年に当たる。オープン初日は来館者が絶えなかった。展示ホールの敷地面積は2700平方メートル。チベットの中国領土としての不可分性、封建農奴制下の社会、民主改革、新チベットの建設、新時代への展望の五つテーマに分かれ展示を行う。陳列方式や照明により各時代の雰囲気を作り出しており、来館者は歴史の目撃者になったような気分を体験できるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    (6)チベット百万農奴解放記念館、新館がオープン

    28日、チベット百万農奴解放記念館を見学する来場者。中国チベット自治区ラサ市で28日、チベット百万農奴解放記念館の新館がオープンした。同記念館は中国で唯一の農奴廃止運動をテーマにした施設で、今年はチベット民主改革62周年に当たる。オープン初日は来館者が絶えなかった。展示ホールの敷地面積は2700平方メートル。チベットの中国領土としての不可分性、封建農奴制下の社会、民主改革、新チベットの建設、新時代への展望の五つテーマに分かれ展示を行う。陳列方式や照明により各時代の雰囲気を作り出しており、来館者は歴史の目撃者になったような気分を体験できるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    (7)チベット百万農奴解放記念館、新館がオープン

    28日、チベット百万農奴解放記念館を見学する来場者。中国チベット自治区ラサ市で28日、チベット百万農奴解放記念館の新館がオープンした。同記念館は中国で唯一の農奴廃止運動をテーマにした施設で、今年はチベット民主改革62周年に当たる。オープン初日は来館者が絶えなかった。展示ホールの敷地面積は2700平方メートル。チベットの中国領土としての不可分性、封建農奴制下の社会、民主改革、新チベットの建設、新時代への展望の五つテーマに分かれ展示を行う。陳列方式や照明により各時代の雰囲気を作り出しており、来館者は歴史の目撃者になったような気分を体験できるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    (8)チベット百万農奴解放記念館、新館がオープン

    28日、チベット百万農奴解放記念館を見学する来場者。中国チベット自治区ラサ市で28日、チベット百万農奴解放記念館の新館がオープンした。同記念館は中国で唯一の農奴廃止運動をテーマにした施設で、今年はチベット民主改革62周年に当たる。オープン初日は来館者が絶えなかった。展示ホールの敷地面積は2700平方メートル。チベットの中国領土としての不可分性、封建農奴制下の社会、民主改革、新チベットの建設、新時代への展望の五つテーマに分かれ展示を行う。陳列方式や照明により各時代の雰囲気を作り出しており、来館者は歴史の目撃者になったような気分を体験できるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    (1)チベット百万農奴解放記念館、新館がオープン

    28日、新館がオープンしたチベット百万農奴解放記念館。中国チベット自治区ラサ市で28日、チベット百万農奴解放記念館の新館がオープンした。同記念館は中国で唯一の農奴廃止運動をテーマにした施設で、今年はチベット民主改革62周年に当たる。オープン初日は来館者が絶えなかった。展示ホールの敷地面積は2700平方メートル。チベットの中国領土としての不可分性、封建農奴制下の社会、民主改革、新チベットの建設、新時代への展望の五つテーマに分かれ展示を行う。陳列方式や照明により各時代の雰囲気を作り出しており、来館者は歴史の目撃者になったような気分を体験できるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月29日
    (1)公園内に公共図書館が開館上海市

    28日、上海市閔行区の浦江郊野公園に新しくオープンした図書館「閔行城市書房・浦江郊野館」。中国上海市で28日、市民文化節(祭)「文化サービスデー」がスタートし、浦江郊野公園内に図書館が開館した。公園内に公共の図書館が設置されるのは同市初で、建築面積92平方メートル、蔵書数は1万5千冊以上。館内は貸出や自習、イベントなどエリアに分かれ、公園にちなんで昆虫や園芸関連の書籍を集めたエリアもある。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(令和3)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月29日
    (6)公園内に公共図書館が開館上海市

    28日、上海市閔行区の浦江郊野公園に新しくオープンした図書館で本を読む親子。中国上海市で28日、市民文化節(祭)「文化サービスデー」がスタートし、浦江郊野公園内に図書館が開館した。公園内に公共の図書館が設置されるのは同市初で、建築面積92平方メートル、蔵書数は1万5千冊以上。館内は貸出や自習、イベントなどエリアに分かれ、公園にちなんで昆虫や園芸関連の書籍を集めたエリアもある。(上海=新華社記者/黄安琪)= 配信日: 2021(令和3)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月29日
    (3)公園内に公共図書館が開館上海市

    28日、上海市閔行区の浦江郊野公園に新しくオープンした図書館で記念撮影する親子。中国上海市で28日、市民文化節(祭)「文化サービスデー」がスタートし、浦江郊野公園内に図書館が開館した。公園内に公共の図書館が設置されるのは同市初で、建築面積92平方メートル、蔵書数は1万5千冊以上。館内は貸出や自習、イベントなどエリアに分かれ、公園にちなんで昆虫や園芸関連の書籍を集めたエリアもある。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(令和3)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    チベット百万農奴解放記念館、新館がオープン

    28日、チベット百万農奴解放記念館を見学する来場者。中国チベット自治区ラサ市で28日、チベット百万農奴解放記念館の新館がオープンした。同記念館は中国で唯一の農奴廃止運動をテーマにした施設で、今年はチベット民主改革62周年に当たる。オープン初日は来館者が絶えなかった。展示ホールの敷地面積は2700平方メートル。チベットの中国領土としての不可分性、封建農奴制下の社会、民主改革、新チベットの建設、新時代への展望の五つテーマに分かれ展示を行う。陳列方式や照明により各時代の雰囲気を作り出しており、来館者は歴史の目撃者になったような気分を体験できるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=配信日:2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    チベット百万農奴解放記念館、新館がオープン

    28日、チベット百万農奴解放記念館を見学する来場者。中国チベット自治区ラサ市で28日、チベット百万農奴解放記念館の新館がオープンした。同記念館は中国で唯一の農奴廃止運動をテーマにした施設で、今年はチベット民主改革62周年に当たる。オープン初日は来館者が絶えなかった。展示ホールの敷地面積は2700平方メートル。チベットの中国領土としての不可分性、封建農奴制下の社会、民主改革、新チベットの建設、新時代への展望の五つテーマに分かれ展示を行う。陳列方式や照明により各時代の雰囲気を作り出しており、来館者は歴史の目撃者になったような気分を体験できるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=配信日:2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    公園内に公共図書館が開館上海市

    28日、上海市閔行区の浦江郊野公園に新しくオープンした図書館で本を読む子ども。中国上海市で28日、市民文化節(祭)「文化サービスデー」がスタートし、浦江中国上海市で28日、市民文化節(祭)「文化サービスデー」がスタートし、浦江郊野公園内に図書館が開館した。公園内に公共の図書館が設置されるのは同市初で、建築面積92平方メートル、蔵書数は1万5千冊以上。館内は貸出や自習、イベントなどエリアに分かれ、公園にちなんで昆虫や園芸関連の書籍を集めたエリアもある。(上海=新華社記者/王翔)=配信日:2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    公園内に公共図書館が開館上海市

    28日、上海市閔行区の浦江郊野公園に新しくオープンした図書館で本を選ぶ子ども。中国上海市で28日、市民文化節(祭)「文化サービスデー」がスタートし、浦江郊野公園内に図書館が開館した。公園内に公共の図書館が設置されるのは同市初で、建築面積92平方メートル、蔵書数は1万5千冊以上。館内は貸出や自習、イベントなどエリアに分かれ、公園にちなんで昆虫や園芸関連の書籍を集めたエリアもある。(上海=新華社記者/黄安琪)=配信日:2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    公園内に公共図書館が開館上海市

    28日、上海市閔行区の浦江郊野公園に新しくオープンした図書館で本を借りる子ども。中国上海市で28日、市民文化節(祭)「文化サービスデー」がスタートし、浦江郊野公園内に図書館が開館した。公園内に公共の図書館が設置されるのは同市初で、建築面積92平方メートル、蔵書数は1万5千冊以上。館内は貸出や自習、イベントなどエリアに分かれ、公園にちなんで昆虫や園芸関連の書籍を集めたエリアもある。(上海=新華社記者/王翔)=配信日:2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    (2)仰韶村遺跡で5千年前の疑似コンクリートを発見河南省

    仰韶村遺跡で見つかったコンクリートに似た建築資材。(資料写真)中国河南省三門峡市でこのほど開かれた2020年河南省考古学新発見フォーラムで、同市澠池(べんち)県にある仰韶(ぎょうしょう)村遺跡から5千年余り前の疑似コンクリートが見つかったと明らかにされた。コンクリートに類似する住宅建築資材としては、中国で最も古い年代に属するという。今回の発見は、同遺跡における仰韶文化期の住宅建築の類別や形態、建築技術に対する認識を刷新し、同時代の住宅建築技術の研究に新たな材料を提供する。同遺跡発掘現場の責任者を務める李世偉(り・せい)氏によると、疑似コンクリートは仰韶文化後期の灰坑から発見された。家屋建築の際に廃棄された壁材や床材が堆積したものと思われ、色や質感は仰韶文化によく見られる泥に草を混ぜた赤焼土と全く異なっていた。李氏は「赤焼土は赤いが、これは灰黒色だった。材質は硬く、仰韶村遺跡では初めての発見だ」と語った。(鄭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    (4)仰韶村遺跡で5千年前の疑似コンクリートを発見河南省

    仰韶村遺跡で見つかったコンクリートに似た建築資材。(資料写真)中国河南省三門峡市でこのほど開かれた2020年河南省考古学新発見フォーラムで、同市澠池(べんち)県にある仰韶(ぎょうしょう)村遺跡から5千年余り前の疑似コンクリートが見つかったと明らかにされた。コンクリートに類似する住宅建築資材としては、中国で最も古い年代に属するという。今回の発見は、同遺跡における仰韶文化期の住宅建築の類別や形態、建築技術に対する認識を刷新し、同時代の住宅建築技術の研究に新たな材料を提供する。同遺跡発掘現場の責任者を務める李世偉(り・せい)氏によると、疑似コンクリートは仰韶文化後期の灰坑から発見された。家屋建築の際に廃棄された壁材や床材が堆積したものと思われ、色や質感は仰韶文化によく見られる泥に草を混ぜた赤焼土と全く異なっていた。李氏は「赤焼土は赤いが、これは灰黒色だった。材質は硬く、仰韶村遺跡では初めての発見だ」と語った。(鄭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    (3)仰韶村遺跡で5千年前の疑似コンクリートを発見河南省

    仰韶村遺跡で見つかったコンクリートに似た建築資材。(資料写真)中国河南省三門峡市でこのほど開かれた2020年河南省考古学新発見フォーラムで、同市澠池(べんち)県にある仰韶(ぎょうしょう)村遺跡から5千年余り前の疑似コンクリートが見つかったと明らかにされた。コンクリートに類似する住宅建築資材としては、中国で最も古い年代に属するという。今回の発見は、同遺跡における仰韶文化期の住宅建築の類別や形態、建築技術に対する認識を刷新し、同時代の住宅建築技術の研究に新たな材料を提供する。同遺跡発掘現場の責任者を務める李世偉(り・せい)氏によると、疑似コンクリートは仰韶文化後期の灰坑から発見された。家屋建築の際に廃棄された壁材や床材が堆積したものと思われ、色や質感は仰韶文化によく見られる泥に草を混ぜた赤焼土と全く異なっていた。李氏は「赤焼土は赤いが、これは灰黒色だった。材質は硬く、仰韶村遺跡では初めての発見だ」と語った。(鄭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    (1)仰韶村遺跡で5千年前の疑似コンクリートを発見河南省

    仰韶村遺跡の発掘現場。(資料写真)中国河南省三門峡市でこのほど開かれた2020年河南省考古学新発見フォーラムで、同市澠池(べんち)県にある仰韶(ぎょうしょう)村遺跡から5千年余り前の疑似コンクリートが見つかったと明らかにされた。コンクリートに類似する住宅建築資材としては、中国で最も古い年代に属するという。今回の発見は、同遺跡における仰韶文化期の住宅建築の類別や形態、建築技術に対する認識を刷新し、同時代の住宅建築技術の研究に新たな材料を提供する。同遺跡発掘現場の責任者を務める李世偉(り・せい)氏によると、疑似コンクリートは仰韶文化後期の灰坑から発見された。家屋建築の際に廃棄された壁材や床材が堆積したものと思われ、色や質感は仰韶文化によく見られる泥に草を混ぜた赤焼土と全く異なっていた。李氏は「赤焼土は赤いが、これは灰黒色だった。材質は硬く、仰韶村遺跡では初めての発見だ」と語った。(鄭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月19日
    文化財9千点超を所蔵、ホータン博物館をゆく新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区ホータン地区を流れる克里雅河の下流で見つかった夏代~西周代の玉飾り。(3月19日撮影)2020年5月に建て替え工事を終え、リニューアルオープンした中国新疆ウイグル自治区ホータン市のホータン博物館は、北京市の支援により建設された。延床面積は約1万3500平方メートルで、青銅器や陶器、玉器、貨幣などの文化財9553点のほか、学術文化財(標本)約2千点、古書約660冊、民俗資料約800点を収蔵している。中でも玉で作られた装飾品や優雅な姿の仏像、カローシュティー文字にまつわる文化財は、多くの注目を集めている。(ホータン=新華社記者/張暁竜)=配信日:2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    「矢掛ビジターセンター問屋」

    古民家を改修した「矢掛ビジターセンター問屋」。岡山県矢掛町中心部に古民家を活用した観光施設「矢掛ビジターセンター問屋といや」(同町矢掛)が完成した。観光客への案内機能を備えた“おもてなし”の拠点として町が整備を進めていた。近くにできる道の駅「山陽道やかげ宿」の開業に合わせ、28日にオープンする=2021(令和3)年3月16日、岡山県矢掛町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    (1)香港西九文化区で「M+博物館」ビルが竣工

    香港西九文化区で竣工したM+博物館ビルの内部。(2月19日撮影)中国香港特別行政区の西九文化区は12日、同区で建設中だった「M+博物館」ビルがこのほど竣工したと発表した。年末のオープンを見込んでいる。同文化区は同日実施したメディア関係者への建物公開で、同博物館がアジア初のグローバルな現代視覚文化博物館になると説明。主要コレクションはデザインや建築、映像、ビジュアルアートなどをカバーし、香港要素も多く含まれると紹介した。(香港=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    (2)香港西九文化区で「M+博物館」ビルが竣工

    香港西九文化区で竣工したM+博物館ビルの内部。(2月19日撮影)中国香港特別行政区の西九文化区は12日、同区で建設中だった「M+博物館」ビルがこのほど竣工したと発表した。年末のオープンを見込んでいる。同文化区は同日実施したメディア関係者への建物公開で、同博物館がアジア初のグローバルな現代視覚文化博物館になると説明。主要コレクションはデザインや建築、映像、ビジュアルアートなどをカバーし、香港要素も多く含まれると紹介した。(香港=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    (3)香港西九文化区で「M+博物館」ビルが竣工

    香港西九文化区で竣工したM+博物館ビルの内部。(2月19日撮影)中国香港特別行政区の西九文化区は12日、同区で建設中だった「M+博物館」ビルがこのほど竣工したと発表した。年末のオープンを見込んでいる。同文化区は同日実施したメディア関係者への建物公開で、同博物館がアジア初のグローバルな現代視覚文化博物館になると説明。主要コレクションはデザインや建築、映像、ビジュアルアートなどをカバーし、香港要素も多く含まれると紹介した。(香港=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    農村に残る「留守婦女」の雇用を創出寧夏回族自治区同心県

    2月25日、寧夏回族自治区呉忠市同心県にある中核(寧夏)同心防護科技の貧困支援作業場で、衣料品を加工する女性労働者。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、労働集約型軽工業企業を積極的に誘致し、地元に残る「留守婦女」(出稼ぎ労働者の妻)雇用のための幅広いプラットフォーム構築に取り組んでいる。同県指定の貧困支援企業、中核(寧夏)同心防護科技は、地元貧困支援産業パークの協力の下で衣料品加工の貧困支援作業場を建設し、地元低所得世帯の「留守婦女」を優先的に採用している。こうした女性たちは企業採用後に研修を受けて、農村のブルーカラー労働者となっている。同作業所はこれまでに、地元の女性500人余りに就業先を提供しており、労働者の平均月収は約3千元(1元=約17円)に上る。(銀川=新華社配信/唐如峰)=配信日:2021(令和3)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    農村に残る「留守婦女」の雇用を創出寧夏回族自治区同心県

    2月25日、寧夏回族自治区呉忠市同心県にある中核(寧夏)同心防護科技の貧困支援作業場で、NC加工装置を操作する女性労働者。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、労働集約型軽工業企業を積極的に誘致し、地元に残る「留守婦女」(出稼ぎ労働者の妻)雇用のための幅広いプラットフォーム構築に取り組んでいる。同県指定の貧困支援企業、中核(寧夏)同心防護科技は、地元貧困支援産業パークの協力の下で衣料品加工の貧困支援作業場を建設し、地元低所得世帯の「留守婦女」を優先的に採用している。こうした女性たちは企業採用後に研修を受けて、農村のブルーカラー労働者となっている。同作業所はこれまでに、地元の女性500人余りに就業先を提供しており、労働者の平均月収は約3千元(1元=約17円)に上る。(銀川=新華社記者/王鵬)=配信日:2021(令和3)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    松山公園にある孔子廟 孔子廟に土地無償提供違憲

    那覇市の松山公園にある孔子廟=19日

    撮影: 19日

  • 2021年02月24日
    那覇市の孔子廟 孔子廟に土地無償提供違憲

    那覇市の松山公園にある孔子廟=19日

    撮影: 19日

  • 00:50.62
    2021年02月19日
    「新華社」河北省、20年に「ポケット公園」3987カ所を建設

    街中や住宅地などに設けられた小さな公園「ポケット公園」は、小規模で開放的な都市の緑地空間として、生態系環境の改善や市民の体力づくりに重要な役割を果たしてきた。2020年末現在、中国河北省に建設された「ポケット公園」は累計3987カ所、新たに増えた公園緑地面積は約4850ヘクタールに及ぶ。同省はレクリエーション活動に対する市民のニーズに応えるため、都市部の道路の「交差点」に少なくとも1カ所の「ポケット公園」を建設することを提唱している。(記者/楊知潤)=配信日:2021(令和3)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:55.01
    2021年02月18日
    無人駅舎に伝統品工房 紀州へら竿、南海高野線

    和歌山県橋本市の南海電鉄高野線・紀伊清水駅の一角に、ヘラブナ釣り用の竹ざおで国指定の伝統的工芸品「紀州へら竿(ざお)」の工房が完成し、18日、報道陣に公開された。さお師と呼ばれる職人が、作業見学や制作体験などを通じて技能の魅力を発信するのが狙い。無人駅である同駅の駅舎清掃や介助が必要な人のサポートなども担う。 南海電鉄が進める高野山麗エリア活性化対策の一環で、同社と橋本市、紀州製竿組合の共同設置。1925年に建てられた古い駅舎の仮眠室を改修して整備した。22日にオープンする。 米田護(よねだ・まもる)組合長は「利用者や高野山の観光客にも紀州へら竿のことを広く知ってもらい、新しいお弟子さんに来てもらえるきっかけになるといい」と期待を寄せた。 <映像内容>紀伊清水駅の外観、工房内で作業するさお師、竿の制作体験、米田護組合長のインタビューなど、撮影日:2021(令和3)年2月18日、撮影場所:和歌山県橋本市

    撮影: 2021(令和3)年2月18日

  • 2021年02月11日
    Tokyo Tower Red Light Up 2021

    キーワード:東京タワー、ライトアップ、赤、レッド、文字、希望-February 11, 2021, Tokyo, Tokyo, Japan: February 11, 2021, Japan‘s National Day and China‘s Lunar New Year‘s Eve, ‘‘Tokyo Tower Red Light Up 2021‘‘ will be held. Two Chinese characters will be projected on the main deck of the observation deck for the first time since Tokyo Tower opened. (Credit Image: © Kazuki Oishi/ZUMA Wire)、クレジット:©Kazuki Oishi/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Tokyo Tower Red Light Up 2021

    キーワード:東京タワー、ライトアップ、赤、レッド、文字、希望-February 11, 2021, Tokyo, Tokyo, Japan: February 11, 2021, Japan‘s National Day and China‘s Lunar New Year‘s Eve, ‘‘Tokyo Tower Red Light Up 2021‘‘ will be held. Two Chinese characters will be projected on the main deck of the observation deck for the first time since Tokyo Tower opened. (Credit Image: © Kazuki Oishi/ZUMA Wire)、クレジット:©Kazuki Oishi/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Tokyo Tower Red Light Up 2021

    キーワード:東京タワー、ライトアップ、赤、レッド、文字、希望-February 11, 2021, Tokyo, Tokyo, Japan: February 11, 2021, Japan‘s National Day and China‘s Lunar New Year‘s Eve, ‘‘Tokyo Tower Red Light Up 2021‘‘ will be held. Two Chinese characters will be projected on the main deck of the observation deck for the first time since Tokyo Tower opened. (Credit Image: © Kazuki Oishi/ZUMA Wire)、クレジット:©Kazuki Oishi/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Tokyo Tower Red Light Up 2021

    キーワード:東京タワー、ライトアップ、赤、レッド、文字、希望-February 11, 2021, Tokyo, Tokyo, Japan: February 11, 2021, Japan‘s National Day and China‘s Lunar New Year‘s Eve, ‘‘Tokyo Tower Red Light Up 2021‘‘ will be held. Two Chinese characters will be projected on the main deck of the observation deck for the first time since Tokyo Tower opened. (Credit Image: © Kazuki Oishi/ZUMA Wire)、クレジット:©Kazuki Oishi/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Tokyo Tower Red Light Up 2021

    キーワード:東京タワー、ライトアップ、赤、レッド、文字、希望-February 11, 2021, Tokyo, Tokyo, Japan: February 11, 2021, Japan‘s National Day and China‘s Lunar New Year‘s Eve, ‘‘Tokyo Tower Red Light Up 2021‘‘ will be held. Two Chinese characters will be projected on the main deck of the observation deck for the first time since Tokyo Tower opened. (Credit Image: © Kazuki Oishi/ZUMA Wire)、クレジット:©Kazuki Oishi/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Tokyo Tower Red Light Up 2021

    キーワード:東京タワー、ライトアップ、赤、レッド、文字、希望-February 11, 2021, Tokyo, Tokyo, Japan: February 11, 2021, Japan‘s National Day and China‘s Lunar New Year‘s Eve, ‘‘Tokyo Tower Red Light Up 2021‘‘ will be held. Two Chinese characters will be projected on the main deck of the observation deck for the first time since Tokyo Tower opened. (Credit Image: © Kazuki Oishi/ZUMA Wire)、クレジット:©Kazuki Oishi/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Tokyo Tower Red Light Up 2021

    キーワード:東京タワー、ライトアップ、赤、レッド、文字、希望-February 11, 2021, Tokyo, Tokyo, Japan: February 11, 2021, Japan‘s National Day and China‘s Lunar New Year‘s Eve, ‘‘Tokyo Tower Red Light Up 2021‘‘ will be held. Two Chinese characters will be projected on the main deck of the observation deck for the first time since Tokyo Tower opened. (Credit Image: © Kazuki Oishi/ZUMA Wire)、クレジット:©Kazuki Oishi/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Tokyo Tower Red Light Up 2021

    キーワード:東京タワー、ライトアップ、赤、レッド、文字、希望-February 11, 2021, Tokyo, Tokyo, Japan: February 11, 2021, Japan‘s National Day and China‘s Lunar New Year‘s Eve, ‘‘Tokyo Tower Red Light Up 2021‘‘ will be held. Two Chinese characters will be projected on the main deck of the observation deck for the first time since Tokyo Tower opened. (Credit Image: © Kazuki Oishi/ZUMA Wire)、クレジット:©Kazuki Oishi/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Tokyo Tower Red Light Up 2021

    キーワード:東京タワー、ライトアップ、赤、レッド、文字、希望-February 11, 2021, Tokyo, Tokyo, Japan: February 11, 2021, Japan‘s National Day and China‘s Lunar New Year‘s Eve, ‘‘Tokyo Tower Red Light Up 2021‘‘ will be held. Two Chinese characters will be projected on the main deck of the observation deck for the first time since Tokyo Tower opened. (Credit Image: © Kazuki Oishi/ZUMA Wire)、クレジット:©Kazuki Oishi/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Tokyo Tower Red Light Up 2021

    キーワード:東京タワー、ライトアップ、赤、レッド、文字、希望-February 11, 2021, Tokyo, Tokyo, Japan: February 11, 2021, Japan‘s National Day and China‘s Lunar New Year‘s Eve, ‘‘Tokyo Tower Red Light Up 2021‘‘ will be held. Two Chinese characters will be projected on the main deck of the observation deck for the first time since Tokyo Tower opened. (Credit Image: © Kazuki Oishi/ZUMA Wire)、クレジット:©Kazuki Oishi/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月11日
    (1)派墨公路、春節期間中も工事継続チベット自治区メトク県

    10日、派墨公路老虎嘴トンネルの出口側で、格子状鋼板筋にコンクリートを吹き付ける作業員。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市メトク(墨脱)県では現在、2本目の自動車道路「派墨公路(米林県派鎮ー墨脱県背崩郷)」の建設が急ピッチで進められている。全長2114メートルの老虎嘴トンネルは700メートル余りが未開通の状態にあり、工事は重要な段階に入った。現場で働く200人以上の出稼ぎ労働者は、春節期間中も新型コロナウイルス対策を徹底し、作業を続ける。派墨公路は電力大手、中国華能集団の資金提供を受けて建設されるチベットの重点民生プロジェクトで、全長66・7キロ。沿線の多くが無人地域で、厳しい自然条件や建設現場までの道幅の狭さなどから難工事とされる。完成後はメトク県を経由する環状道路を形成し、同県の交通アクセスを改善する役割が期待されている。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(令和3)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月11日
    (3)派墨公路、春節期間中も工事継続チベット自治区メトク県

    10日、派墨公路老虎嘴トンネルの出口側で2次覆工を行う作業員。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市メトク(墨脱)県では現在、2本目の自動車道路「派墨公路(米林県派鎮‐墨脱県背崩郷)」の建設が急ピッチで進められている。全長2114メートルの老虎嘴トンネルは700メートル余りが未開通の状態にあり、工事は重要な段階に入った。現場で働く200人以上の出稼ぎ労働者は、春節期間中も新型コロナウイルス対策を徹底し、作業を続ける。派墨公路は電力大手、中国華能集団の資金提供を受けて建設されるチベットの重点民生プロジェクトで、全長66・7キロ。沿線の多くが無人地域で、厳しい自然条件や建設現場までの道幅の狭さなどから難工事とされる。完成後はメトク県を経由する環状道路を形成し、同県の交通アクセスを改善する役割が期待されている。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(令和3)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月11日
    (2)派墨公路、春節期間中も工事継続チベット自治区メトク県

    10日、派墨公路老虎嘴トンネルの出口側で、格子状鋼板筋にコンクリートを吹き付ける作業員。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市メトク(墨脱)県では現在、2本目の自動車道路「派墨公路(米林県派鎮‐墨脱県背崩郷)」の建設が急ピッチで進められている。全長2114メートルの老虎嘴トンネルは700メートル余りが未開通の状態にあり、工事は重要な段階に入った。現場で働く200人以上の出稼ぎ労働者は、春節期間中も新型コロナウイルス対策を徹底し、作業を続ける。派墨公路は電力大手、中国華能集団の資金提供を受けて建設されるチベットの重点民生プロジェクトで、全長66・7キロ。沿線の多くが無人地域で、厳しい自然条件や建設現場までの道幅の狭さなどから難工事とされる。完成後はメトク県を経由する環状道路を形成し、同県の交通アクセスを改善する役割が期待されている。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(令和3)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月11日
    (5)派墨公路、春節期間中も工事継続チベット自治区メトク県

    10日、派墨公路老虎嘴トンネルの出口側で、格子状鋼板筋にコンクリートを吹き付ける作業員。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市メトク(墨脱)県では現在、2本目の自動車道路「派墨公路(米林県派鎮‐墨脱県背崩郷)」の建設が急ピッチで進められている。全長2114メートルの老虎嘴トンネルは700メートル余りが未開通の状態にあり、工事は重要な段階に入った。現場で働く200人以上の出稼ぎ労働者は、春節期間中も新型コロナウイルス対策を徹底し、作業を続ける。派墨公路は電力大手、中国華能集団の資金提供を受けて建設されるチベットの重点民生プロジェクトで、全長66・7キロ。沿線の多くが無人地域で、厳しい自然条件や建設現場までの道幅の狭さなどから難工事とされる。完成後はメトク県を経由する環状道路を形成し、同県の交通アクセスを改善する役割が期待されている。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(令和3)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月11日
    (4)派墨公路、春節期間中も工事継続チベット自治区メトク県

    10日、建設工事が続く派墨公路老虎嘴トンネル。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市メトク(墨脱)県では現在、2本目の自動車道路「派墨公路(米林県派鎮‐墨脱県背崩郷)」の建設が急ピッチで進められている。全長2114メートルの老虎嘴トンネルは700メートル余りが未開通の状態にあり、工事は重要な段階に入った。現場で働く200人以上の出稼ぎ労働者は、春節期間中も新型コロナウイルス対策を徹底し、作業を続ける。派墨公路は電力大手、中国華能集団の資金提供を受けて建設されるチベットの重点民生プロジェクトで、全長66・7キロ。沿線の多くが無人地域で、厳しい自然条件や建設現場までの道幅の狭さなどから難工事とされる。完成後はメトク県を経由する環状道路を形成し、同県の交通アクセスを改善する役割が期待されている。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(令和3)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月10日
    ゲートウエーの想像図 月周回基地建設、24年から

    建設当初の宇宙ステーション「ゲートウエー」の想像図(NASA提供・共同)

  • 2021年02月06日
    釜山の海辺列車 韓国釜山、海辺の観光開発

    韓国・釜山の複合商業ビルにオープンした展望台からの風景。眼下に「海辺列車」の線路が見下ろせる=1月25日(共同)

    撮影: 1月25日

  • 2021年02月06日
    中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)の建物内の大広間。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えるだけでなく、「一帯一路」構想の推進および世界文明の発展にも、重要な役割を担っている。(福州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている琉球漆器。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている三線(サンシン)と中国の拳法家、周子和(しゅう・しわ)が使っていた刀剣(手前)。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている琉球王国の首里城とその周辺地域を記した屏風。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    図書情報館がある施設 おしゃべり、飲食ご自由に

    2017年にオープンした、安城市図書情報館がある「安城市中心市街地拠点施設アンフォーレ」=愛知県安城市

    撮影: 愛知県安城市

  • 00:45.59
    2021年02月05日
    「新華社」福建省寄贈の「世界平和の鐘」、長崎県興福寺に到着

    中国福建省が友好県の長崎県に寄贈した梵鐘「世界平和の鐘」が2日、長崎市の興福寺へ運ばれた。梵鐘は隠元禅師東渡366周年と興福寺開創400周年を記念して鋳造されたもので、昨年11月12日、同省福清市から日本に向けて「出発」した。福建省と長崎県は、39年前に友好省県関係を結び、近年黄檗文化交流が盛んに行われた。福建省福清出身の明の臨済宗の高僧、隠元禅師は明末に長崎の興福寺逸然住持や唐人らの招請により日本に渡り、長崎の興福寺や崇福寺の住持をつとめ、その後、京都の宇治で萬福寺を開創し、日本仏教の一派、臨済宗黄檗派の開祖となった。隠元禅師と文化人らが日本に伝えた仏教理論、建築技術、彫刻、書と絵画、飲食・医薬、印刷、煎茶道、音楽などは日本で黄檗文化と呼ばれ、中日文化交流の重要なきずなとなった。(興福寺提供、記者/魏培全) =配信日: 2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月03日
    上海市、「読める建築」で歴史的建造物の情報提供と活用を促進

    3日、2021年「読める建築」十大行動計画とデジタルバージョン3・0について説明する上海市文化・観光局の方世忠(ほう・せいちゅう)局長。中国上海市は3日、市内の歴史的建造物に専用の2次元バーコードを設置し、関連情報を提供する「読める建築」プロジェクトの2021年十大行動計画を発表した。同市の「読める建築」は今年、デジタルバージョン3・0にアップグレード。デジタル体験やサービス体系化の実現に取り組むことで、訪れたより多くの市民や観光客が、歴史文化や都市精神を理解、保護、活性化、継承できるようにする。(上海=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月03日
    上海市、「読める建築」で歴史的建造物の情報提供と活用を促進

    3日、上海市で行われた2021年「読める建築」春季チェックイン推薦ランキングリストの発表イベント。中国上海市は3日、市内の歴史的建造物に専用の2次元バーコードを設置し、関連情報を提供する「読める建築」プロジェクトの2021年十大行動計画を発表した。同市の「読める建築」は今年、デジタルバージョン3・0にアップグレード。デジタル体験やサービス体系化の実現に取り組むことで、訪れたより多くの市民や観光客が、歴史文化や都市精神を理解、保護、活性化、継承できるようにする。(上海=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.41
    2021年02月03日
    「新華社」上海市、「読める建築」で歴史的建造物の情報提供と活用を促進

    中国上海市は3日、市内の歴史的建造物に専用の2次元バーコードを設置し、関連情報を提供する「読める建築」プロジェクトの2021年十大行動計画を発表した。同市の「読める建築」は今年、デジタルバージョン3・0にアップグレード。デジタル体験やサービス体系化の実現に取り組むことで、訪れたより多くの市民や観光客が、歴史文化や都市精神を理解、保護、活性化、継承できるようにする。上海市では2018年から「読める建築」を系統的に推進。これまでに市内の歴史的建造物2437カ所に専用2次元バーコードを設置した。市民や観光客はスマートフォンで読み込むことで、関連テキストや画像、音声、動画、仮想現実(VR)パノラマガイドなどが利用できる。同市ではまた、歴史的建造物1037カ所が一般公開されている。(記者/陳傑、陳愛平)=配信日:2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    繁華街の公園のメッセージ コロナ緊急事態宣言延長

    酒類を提供する飲食店などが並ぶ名古屋市の繁華街の公園に掲げられたメッセージ。「ガンバロー コロナまけるな」と書かれていた=2日午後7時19分

    撮影: 2日午後7時19分

  • 01:23.45
    2021年01月30日
    極寒の夜照らす氷瀑まつり 感染警戒、飲食取りやめ

    北海道上川町で30日、極寒の中で大小約30基の氷像を7色のライトで照らす「層雲峡温泉氷瀑まつり」が始まった。新型コロナウイルス感染拡大に伴い中止も検討されたが、屋外イベントであることや、観光業への影響も考慮して実施に踏み切った。例年とは異なり飲食を提供せず、人が密集しやすいステージイベントも中止した。3月14日まで。 観光客は手の消毒や検温を済ませて会場入り。時折ふぶく中、アルプスのマッターホルンをイメージした高さ14メートルの氷像や、トンネルなどを見て回った。 実行委員会のスタッフは「長年続けてきた祭りの火を消さないという決意から、開催を決めた」と話した。 <映像内容>層雲峡氷瀑まつりの会場の様子、全景の俯瞰映像、撮影日:2021(令和3)年1月30日、撮影場所:北海道上川町

    撮影: 2021(令和3)年1月30日

  • 2021年01月19日
    (5)マカオ大学で創立40周年の記念活動

    17日、オープニングセレモニーに出席した来賓。中国マカオ特別行政区のマカオ大学は17日、創立40周年の記念活動のオープニングセレモニーを開いた。特別行政区政府関係者や駐マカオ中央政府機関代表、教育界関係者、教職員、学生らが図書館広場でセレモニーに参加し、40周年の喜びを分かち合った。同日は創立記念のオープンキャンパスも開催された。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)マカオ大学で創立40周年の記念活動

    17日、マカオ大学のオープンキャンパスで記念撮影する市民。中国マカオ特別行政区のマカオ大学は17日、創立40周年の記念活動のオープニングセレモニーを開いた。特別行政区政府関係者や駐マカオ中央政府機関代表、教育界関係者、教職員、学生らが図書館広場でセレモニーに参加し、40周年の喜びを分かち合った。同日は創立記念のオープンキャンパスも開催された。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)マカオ大学で創立40周年の記念活動

    17日、マカオ大学のオープンキャンパスで校内を散策する市民。中国マカオ特別行政区のマカオ大学は17日、創立40周年の記念活動のオープニングセレモニーを開いた。特別行政区政府関係者や駐マカオ中央政府機関代表、教育界関係者、教職員、学生らが図書館広場でセレモニーに参加し、40周年の喜びを分かち合った。同日は創立記念のオープンキャンパスも開催された。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)マカオ大学で創立40周年の記念活動

    17日、オープニングセレモニーであいさつするマカオ大学の宋永華(そう・えいか)校長。中国マカオ特別行政区のマカオ大学は17日、創立40周年の記念活動のオープニングセレモニーを開いた。特別行政区政府関係者や駐マカオ中央政府機関代表、教育界関係者、教職員、学生らが図書館広場でセレモニーに参加し、40周年の喜びを分かち合った。同日は創立記念のオープンキャンパスも開催された。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)マカオ大学で創立40周年の記念活動

    17日、マカオ大学のオープンキャンパスで記念撮影する市民。中国マカオ特別行政区のマカオ大学は17日、創立40周年の記念活動のオープニングセレモニーを開いた。特別行政区政府関係者や駐マカオ中央政府機関代表、教育界関係者、教職員、学生らが図書館広場でセレモニーに参加し、40周年の喜びを分かち合った。同日は創立記念のオープンキャンパスも開催された。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)マカオ大学で創立40周年の記念活動

    17日、オープニングセレモニーであいさつするマカオ特別行政区政府社会文化司の欧陽瑜(おうよう・ゆ)司長。中国マカオ特別行政区のマカオ大学は17日、創立40周年の記念活動のオープニングセレモニーを開いた。特別行政区政府関係者や駐マカオ中央政府機関代表、教育界関係者、教職員、学生らが図書館広場でセレモニーに参加し、40周年の喜びを分かち合った。同日は創立記念のオープンキャンパスも開催された。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    両国国技館の出入り口 異例の初場所、後半戦へ

    大相撲初場所の新型コロナウイルス感染症対策として、換気のため開放されている両国国技館の出入り口=17日

    撮影: 17日

  • 2021年01月17日
    マカオ大学で創立40周年の記念活動

    17日、オープニングセレモニーで中国音楽を演奏するマカオ大学の学生。中国マカオ特別行政区のマカオ大学は17日、創立40周年の記念活動のオープニングセレモニーを開いた。特別行政区政府関係者や駐マカオ中央政府機関代表、教育界関係者、教職員、学生らが図書館広場でセレモニーに参加し、40周年の喜びを分かち合った。同日は創立記念のオープンキャンパスも開催された。(マカオ=新華社記者/張金加)=配信日:2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    マカオ大学で創立40周年の記念活動

    17日、マカオ大学のマイクロエレクトロニクス国家重点実験室展覧館を見学するマカオの青年。中国マカオ特別行政区のマカオ大学は17日、創立40周年の記念活動のオープニングセレモニーを開いた。特別行政区政府関係者や駐マカオ中央政府機関代表、教育界関係者、教職員、学生らが図書館広場でセレモニーに参加し、40周年の喜びを分かち合った。同日は創立記念のオープンキャンパスも開催された。(マカオ=新華社記者/張金加)=配信日:2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    マカオ大学で創立40周年の記念活動

    17日、マカオ大学のオープンキャンパスで、スポーツクライミングを楽しむ市民。中国マカオ特別行政区のマカオ大学は17日、創立40周年の記念活動のオープニングセレモニーを開いた。特別行政区政府関係者や駐マカオ中央政府機関代表、教育界関係者、教職員、学生らが図書館広場でセレモニーに参加し、40周年の喜びを分かち合った。同日は創立記念のオープンキャンパスも開催された。(マカオ=新華社記者/張金加)=配信日:2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月11日
    スケートボードをする親子 変わる町並みに驚き

    東日本大震災で被災した宮城県女川町にスケートボードの施設がオープンし、地元のスケーターらでにぎわっている。女川港に面する施設の近くには、震災遺構「旧女川交番」(手前)が残され、津波被害の壮絶さを今に伝えている。仙台市から家族で訪れた庄子亮さん(38、左)は被災前の町しか知らない。かつての商店街は姿を消し、駅前の高台造成地に新しい店が並ぶ。「景色が変わって寂しいが仕方がない」と復興工事で様変わりした町並みに驚いていた=11日午後

  • 01:06.90
    2021年01月07日
    ●資料映像●東京、初の感染者2千人台 新型コロナウイルス

    東京都内で7日、新型コロナウイルスの新規感染者が初の2千人台に達したことが分かった。6日の1591人を400人以上超え、2日連続で過去最多を大幅に更新。初の4桁となる1337人だった昨年12月31日から1週間で2千人台となった。東京を含む首都圏の感染状況は加速度的に悪化しており、医療提供体制の崩壊が強く懸念される。<映像内容>資料映像、東京都庁外観、スカイツリーなど都内の空撮、撮影日:2021(令和3)年1月7日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年1月7日

  • 2021年01月05日
    (2)中国企業が請け負うコロンボ港湾高架橋、本体建設段階に

    2020年12月30日、中国土木工程集団が主導する共同企業体が建設を請け負う、スリランカのコロンボポートシティー高架橋プロジェクトで、最初のコンクリート打設前に型枠を整える作業員。同プロジェクトはコロンボ市内で建設が進められており、完成後は国家高速道路網やコロンボ港と接続し、港湾物流の改善と地域貿易の促進に重要な役割を果たす。高架橋は全長5・27キロ、アジア開発銀行(ADB)が資金を提供、工期は3年となっている。(コロンボ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月05日
    (1)中国企業が請け負うコロンボ港湾高架橋、本体建設段階に

    2020年12月30日、中国土木工程集団が主導する共同企業体が建設を請け負う、スリランカのコロンボポートシティー高架橋プロジェクトで、最初のセグメントにコンクリートを打設する作業員。同プロジェクトはコロンボ市内で建設が進められており、完成後は国家高速道路網やコロンボ港と接続し、港湾物流の改善と地域貿易の促進に重要な役割を果たす。高架橋は全長5・27キロ、アジア開発銀行(ADB)が資金を提供、工期は3年となっている。(コロンボ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月05日
    (3)中国企業が請け負うコロンボ港湾高架橋、本体建設段階に

    2020年12月30日、中国土木工程集団が主導する共同企業体が建設を請け負う、スリランカのコロンボポートシティー高架橋プロジェクトで、最初のコンクリート打設前に型枠を整える作業員。同プロジェクトはコロンボ市内で建設が進められており、完成後は国家高速道路網やコロンボ港と接続し、港湾物流の改善と地域貿易の促進に重要な役割を果たす。高架橋は全長5・27キロ、アジア開発銀行(ADB)が資金を提供、工期は3年となっている。(コロンボ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (1)中国の高齢者、ライフスタイルに変化

    7月、湖南省長沙市泉塘街道梨江社区(コミュニティー)で、若者に交通安全に関する知識を説明する高齢者ボランティア。中国の経済・社会の発展に伴い、高齢者のライフスタイルが徐々に変化し、高齢者が自分のために老後の生活を計画するようになった。インターネットで新しい知識などを得ることは若者の特権ではなくなり、高齢者も積極的にオンライン学習を活用している。高齢者向けの遠隔講座を開講する湖南省の「長沙市老幹部大学」は2014年以降、200講座以上を提供。年間視聴者数は延べ30万人以上となっている。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (4)中国の高齢者、ライフスタイルに変化

    5月、湖南省長沙市泉塘街道星港社区(コミュニティー)の運動公園で、小区(居住区)の住民にごみの分別について説明するボランティア。中国の経済・社会の発展に伴い、高齢者のライフスタイルが徐々に変化し、高齢者が自分のために老後の生活を計画するようになった。インターネットで新しい知識などを得ることは若者の特権ではなくなり、高齢者も積極的にオンライン学習を活用している。高齢者向けの遠隔講座を開講する湖南省の「長沙市老幹部大学」は2014年以降、200講座以上を提供。年間視聴者数は延べ30万人以上となっている。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (2)中国の高齢者、ライフスタイルに変化

    新型コロナウイルス感染症の拡大が深刻な中、感染予防・抑制活動に自ら参加したボランティア。(2月1日撮影)中国の経済・社会の発展に伴い、高齢者のライフスタイルが徐々に変化し、高齢者が自分のために老後の生活を計画するようになった。インターネットで新しい知識などを得ることは若者の特権ではなくなり、高齢者も積極的にオンライン学習を活用している。高齢者向けの遠隔講座を開講する湖南省の「長沙市老幹部大学」は2014年以降、200講座以上を提供。年間視聴者数は延べ30万人以上となっている。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (3)中国の高齢者、ライフスタイルに変化

    9月、湖南省瀏陽市の老幹部大学で開かれた京劇講座。中国の経済・社会の発展に伴い、高齢者のライフスタイルが徐々に変化し、高齢者が自分のために老後の生活を計画するようになった。インターネットで新しい知識などを得ることは若者の特権ではなくなり、高齢者も積極的にオンライン学習を活用している。高齢者向けの遠隔講座を開講する湖南省の「長沙市老幹部大学」は2014年以降、200講座以上を提供。年間視聴者数は延べ30万人以上となっている。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (1)生活支援ロボットの最新成果展が開催青島市

    25日、展示会の会場で、コーヒーを入れる「バリスタ」ロボット。中国山東省青島市の青島国際会議センターで25日、「スマートでより良い暮らし」をテーマとした生活支援ロボットの展示会が開催された。同展は生活支援ロボットを主体とした中国初のイベントで、中国国内の住まい用、教育用、娯楽用、リハビリ用などのロボットの最新成果を展示し、生活支援ロボットを中心としたオンライン・オフラインによるユーザー体験を提供するとともに、イノベーション交流のための協力プラットフォームを構築している。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (8)生活支援ロボットの最新成果展が開催青島市

    25日、展示会の会場で、プログラミング教育用ロボットを紹介するスタッフ。中国山東省青島市の青島国際会議センターで25日、「スマートでより良い暮らし」をテーマとした生活支援ロボットの展示会が開催された。同展は生活支援ロボットを主体とした中国初のイベントで、中国国内の住まい用、教育用、娯楽用、リハビリ用などのロボットの最新成果を展示し、生活支援ロボットを中心としたオンライン・オフラインによるユーザー体験を提供するとともに、イノベーション交流のための協力プラットフォームを構築している。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (3)生活支援ロボットの最新成果展が開催青島市

    25日、展示会の会場で、コーヒーを入れる「バリスタ」ロボット。中国山東省青島市の青島国際会議センターで25日、「スマートでより良い暮らし」をテーマとした生活支援ロボットの展示会が開催された。同展は生活支援ロボットを主体とした中国初のイベントで、中国国内の住まい用、教育用、娯楽用、リハビリ用などのロボットの最新成果を展示し、生活支援ロボットを中心としたオンライン・オフラインによるユーザー体験を提供するとともに、イノベーション交流のための協力プラットフォームを構築している。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (2)生活支援ロボットの最新成果展が開催青島市

    25日、展示会の会場で、来場者にあいさつするロボット。中国山東省青島市の青島国際会議センターで25日、「スマートでより良い暮らし」をテーマとした生活支援ロボットの展示会が開催された。同展は生活支援ロボットを主体とした中国初のイベントで、中国国内の住まい用、教育用、娯楽用、リハビリ用などのロボットの最新成果を展示し、生活支援ロボットを中心としたオンライン・オフラインによるユーザー体験を提供するとともに、イノベーション交流のための協力プラットフォームを構築している。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (6)生活支援ロボットの最新成果展が開催青島市

    25日、展示会の会場で、パフォーマンスを披露するロボット。中国山東省青島市の青島国際会議センターで25日、「スマートでより良い暮らし」をテーマとした生活支援ロボットの展示会が開催された。同展は生活支援ロボットを主体とした中国初のイベントで、中国国内の住まい用、教育用、娯楽用、リハビリ用などのロボットの最新成果を展示し、生活支援ロボットを中心としたオンライン・オフラインによるユーザー体験を提供するとともに、イノベーション交流のための協力プラットフォームを構築している。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (9)生活支援ロボットの最新成果展が開催青島市

    25日、展示会の会場で、教育用ロボットを紹介するスタッフ。中国山東省青島市の青島国際会議センターで25日、「スマートでより良い暮らし」をテーマとした生活支援ロボットの展示会が開催された。同展は生活支援ロボットを主体とした中国初のイベントで、中国国内の住まい用、教育用、娯楽用、リハビリ用などのロボットの最新成果を展示し、生活支援ロボットを中心としたオンライン・オフラインによるユーザー体験を提供するとともに、イノベーション交流のための協力プラットフォームを構築している。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (5)生活支援ロボットの最新成果展が開催青島市

    25日、展示会の会場で、ロボットと触れ合う来場者。中国山東省青島市の青島国際会議センターで25日、「スマートでより良い暮らし」をテーマとした生活支援ロボットの展示会が開催された。同展は生活支援ロボットを主体とした中国初のイベントで、中国国内の住まい用、教育用、娯楽用、リハビリ用などのロボットの最新成果を展示し、生活支援ロボットを中心としたオンライン・オフラインによるユーザー体験を提供するとともに、イノベーション交流のための協力プラットフォームを構築している。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    医療機関に3割が協力金

    年末年始の医療提供体制 自治体の主な取り組み

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...