KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ハルビン
  • 小型無人機
  • ドローン
  • 牡丹江市
  • 貧困世帯
  • ブラゴベシチェンスク
  • 高速鉄道
  • ジャムス
  • 貧困脱却
  • 急ピッチ

「黒竜江省」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 社会
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
588
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
588
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年03月19日
    (1)生まれ変わった「炭鉱の町」黒竜江省鶴岡市

    鶴岡市の新一体育公園で竜の舞を披露するフィットネス愛好家。(3月6日撮影、小型無人機から)中国黒竜江省鶴岡市は、かつてはドブの臭いが立ち込め、バラック小屋が雑然と軒を連ね、巨大な鉱坑から風じんが巻き上がる「炭鉱の町」だったが、生態環境の改善で都市は美しい景観を取り戻した。同市は2018年、汚染された水域の水質改善を目的に「2河14溝」浄化プロジェクトを開始した。同時に、水域周辺のバラック地区の自然環境と生活環境の改善を行った。こうした取り組みにより同市は19年、全国「汚染水域改善モデル都市」に決まった。同市はここ数年、採鉱による地盤沈下地区や鉱山の修復に力を入れ、「国家級森林都市」づくりを目指して、庭園・森林広場26カ所、森林エリア22カ所を建設した。現在、同市の森林被覆率は50・61%、市街地の緑被率は41・42%となっている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (3)生まれ変わった「炭鉱の町」黒竜江省鶴岡市

    空から見た鶴岡市。(3月6日撮影、小型無人機から)中国黒竜江省鶴岡市は、かつてはドブの臭いが立ち込め、バラック小屋が雑然と軒を連ね、巨大な鉱坑から風じんが巻き上がる「炭鉱の町」だったが、生態環境の改善で都市は美しい景観を取り戻した。同市は2018年、汚染された水域の水質改善を目的に「2河14溝」浄化プロジェクトを開始した。同時に、水域周辺のバラック地区の自然環境と生活環境の改善を行った。こうした取り組みにより同市は19年、全国「汚染水域改善モデル都市」に決まった。同市はここ数年、採鉱による地盤沈下地区や鉱山の修復に力を入れ、「国家級森林都市」づくりを目指して、庭園・森林広場26カ所、森林エリア22カ所を建設した。現在、同市の森林被覆率は50・61%、市街地の緑被率は41・42%となっている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (2)生まれ変わった「炭鉱の町」黒竜江省鶴岡市

    鶴岡市の欣虹湖公園。(3月4日撮影、小型無人機から)中国黒竜江省鶴岡市は、かつてはドブの臭いが立ち込め、バラック小屋が雑然と軒を連ね、巨大な鉱坑から風じんが巻き上がる「炭鉱の町」だったが、生態環境の改善で都市は美しい景観を取り戻した。同市は2018年、汚染された水域の水質改善を目的に「2河14溝」浄化プロジェクトを開始した。同時に、水域周辺のバラック地区の自然環境と生活環境の改善を行った。こうした取り組みにより同市は19年、全国「汚染水域改善モデル都市」に決まった。同市はここ数年、採鉱による地盤沈下地区や鉱山の修復に力を入れ、「国家級森林都市」づくりを目指して、庭園・森林広場26カ所、森林エリア22カ所を建設した。現在、同市の森林被覆率は50・61%、市街地の緑被率は41・42%となっている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.88
    2021年03月12日
    「新華社」ハルビン市の学校で新学期スタート黒竜江省

    中国黒竜江省ハルビン市の高校の一部学年と小中学校は11日、新学期を迎えた。(記者/張濤) =配信日: 2021(令和3)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月12日
    (1)ハルビン市の学校で新学期スタート黒竜江省

    11日、ハルビン市虹橋第一小学校に登校する児童。中国黒竜江省ハルビン市の高校の一部学年と小中学校は11日、新学期を迎えた。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月12日
    (3)ハルビン市の学校で新学期スタート黒竜江省

    11日、ハルビン市虹橋第一小学校に登校する児童。中国黒竜江省ハルビン市の高校の一部学年と小中学校は11日、新学期を迎えた。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月12日
    (2)ハルビン市の学校で新学期スタート黒竜江省

    11日、ハルビン市虹橋第一小学校に設置された検温器。中国黒竜江省ハルビン市の高校の一部学年と小中学校は11日、新学期を迎えた。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月09日
    (7)「春運」最終日のハルビン駅黒竜江省

    8日、ハルビン駅の待合室で列車を待つ旅客。中国で春節(旧正月)期間の特別輸送態勢「春運」が最終日を迎えた8日、黒竜江省ハルビン市のハルビン駅では、多くの旅客が万全の感染症対策を施した上で旅路に就いた。(ハルビン=新華社配信/張涛)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月09日
    (3)早春の公園を彩る鮮やかな竜の舞黒竜江省

    6日、新一体育公園で竜の舞を披露する愛好家ら。(小型無人機から)中国黒竜江省鶴岡市の新一体育公園は、早春を迎えた今も雪に覆われている。一面の銀世界の中で「竜の舞」の愛好家が寒さをものともせずに美しく舞う姿は、同園を彩る色鮮やかな風景となっている。(鶴岡=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月09日
    (1)「春運」最終日のハルビン駅黒竜江省

    8日、ハルビン駅の待合室で改札に並ぶ旅客。中国で春節(旧正月)期間の特別輸送態勢「春運」が最終日を迎えた8日、黒竜江省ハルビン市のハルビン駅では、多くの旅客が万全の感染症対策を施した上で旅路に就いた。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月09日
    (4)「春運」最終日のハルビン駅黒竜江省

    8日、ハルビン駅の待合室。中国で春節(旧正月)期間の特別輸送態勢「春運」が最終日を迎えた8日、黒竜江省ハルビン市のハルビン駅では、多くの旅客が万全の感染症対策を施した上で旅路に就いた。(ハルビン=新華社配信/張涛)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月09日
    (5)「春運」最終日のハルビン駅黒竜江省

    8日、ハルビン駅の待合室で改札を待つ旅客。中国で春節(旧正月)期間の特別輸送態勢「春運」が最終日を迎えた8日、黒竜江省ハルビン市のハルビン駅では、多くの旅客が万全の感染症対策を施した上で旅路に就いた。(ハルビン=新華社配信/張涛)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月09日
    (3)「春運」最終日のハルビン駅黒竜江省

    8日、ハルビン駅の待合室で改札を待つ旅客。中国で春節(旧正月)期間の特別輸送態勢「春運」が最終日を迎えた8日、黒竜江省ハルビン市のハルビン駅では、多くの旅客が万全の感染症対策を施した上で旅路に就いた。(ハルビン=新華社配信/張涛)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月09日
    (9)「春運」最終日のハルビン駅黒竜江省

    8日、ハルビン駅の待合室で列車を待つ旅客。中国で春節(旧正月)期間の特別輸送態勢「春運」が最終日を迎えた8日、黒竜江省ハルビン市のハルビン駅では、多くの旅客が万全の感染症対策を施した上で旅路に就いた。(ハルビン=新華社配信/張涛)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月09日
    (2)早春の公園を彩る鮮やかな竜の舞黒竜江省

    6日、新一体育公園で竜の舞を披露する愛好家ら。(小型無人機から)中国黒竜江省鶴岡市の新一体育公園は、早春を迎えた今も雪に覆われている。一面の銀世界の中で「竜の舞」の愛好家が寒さをものともせずに美しく舞う姿は、同園を彩る色鮮やかな風景となっている。(鶴岡=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月09日
    (1)早春の公園を彩る鮮やかな竜の舞黒竜江省

    6日、新一体育公園で竜の舞を披露する愛好家ら。(小型無人機から)中国黒竜江省鶴岡市の新一体育公園は、早春を迎えた今も雪に覆われている。一面の銀世界の中で「竜の舞」の愛好家が寒さをものともせずに美しく舞う姿は、同園を彩る色鮮やかな風景となっている。(鶴岡=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月09日
    (4)早春の公園を彩る鮮やかな竜の舞黒竜江省

    6日、新一体育公園で竜の舞を披露する愛好家ら。(小型無人機から)中国黒竜江省鶴岡市の新一体育公園は、早春を迎えた今も雪に覆われている。一面の銀世界の中で「竜の舞」の愛好家が寒さをものともせずに美しく舞う姿は、同園を彩る色鮮やかな風景となっている。(鶴岡=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月09日
    (8)「春運」最終日のハルビン駅黒竜江省

    8日、ハルビン駅の待合室で列車を待つ旅客。中国で春節(旧正月)期間の特別輸送態勢「春運」が最終日を迎えた8日、黒竜江省ハルビン市のハルビン駅では、多くの旅客が万全の感染症対策を施した上で旅路に就いた。(ハルビン=新華社配信/張涛)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月09日
    (10)「春運」最終日のハルビン駅黒竜江省

    8日、ハルビン駅の待合室で列車を待つ旅客。中国で春節(旧正月)期間の特別輸送態勢「春運」が最終日を迎えた8日、黒竜江省ハルビン市のハルビン駅では、多くの旅客が万全の感染症対策を施した上で旅路に就いた。(ハルビン=新華社配信/張涛)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (4)生まれ変わった「炭鉱の町」 黒竜江省鶴岡市

    空から見た鶴岡市。(3月6日撮影)中国黒竜江省鶴岡市は、かつてはドブの臭いが立ち込め、バラック小屋が雑然と軒を連ね、巨大な鉱坑から風じんが巻き上がる「炭鉱の町」だったが、生態環境の改善で都市は美しい景観を取り戻した。 同市は2018年、汚染された水域の水質改善を目的に「2河14溝」浄化プロジェクトを開始した。同時に、水域周辺のバラック地区の自然環境と生活環境の改善を行った。こうした取り組みにより同市は19年、全国「汚染水域改善モデル都市」に決まった。同市はここ数年、採鉱による地盤沈下地区や鉱山の修復に力を入れ、「国家級森林都市」づくりを目指して、庭園・森林広場26カ所、森林エリア22カ所を建設した。現在、同市の森林被覆率は50・61%、市街地の緑被率は41・42%となっている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.98
    2021年03月04日
    「新華社」オロチョン族の新年のお祝い黒竜江省黒河市

    中国では昔から「旧暦1月が終わるまではお正月」と言われるように、黒竜江省黒河市の市街地から89キロ離れた新生オロチョン族郷では、春節(旧正月)のおめでたいムードが今も続いている。オロチョン族の人々はユニークな風習で、多種多様な中国の正月を祝う。オロチョン族は中国の少数民族の中でも、人口が比較的少ない民族の一つで、主に黒竜江流域の大興安嶺一帯で暮らしている。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(令和3)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月24日
    (2)黒竜江省、都市と農村の居住環境改善の取り組みを強化

    貧困地区改造政策の恩恵を受け、築40年以上の古い家を離れ、賃貸住宅に仮住まいをしながら新しい家の完成を待つ黒竜江省ハルビン市道外区化工街道の李鳳芹(り・ほうきん)さん(65、右)。(2019年12月26日撮影)中国黒竜江省で開催中の第13期人民代表大会第5回会議で21日、同省の都市と農村の居住環境が一段と改善されたことが明らかになった。同省はここ数年、居住環境改善の取り組みを強化しており、都市の貧困地域の62万7千棟、古い居住区の51万9千戸、農村の倒壊の危険がある43万7千戸を改造した。(ハルビン=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2021(令和3)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.19
    2021年02月18日
    「新華社」黒竜江省ハルビン市、全域が低リスク区域に

    中国黒竜江省ハルビン市新型コロナウイルス感染予防・抑制指揮部(対策本部)は18日、利民開発区裕田街道と呼蘭区建設路街道の感染リスクレベルを低リスクにする通達を発表した。同市はこれで全域が低リスク区域になった。(記者/王松)=配信日:2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (5)凍結した松花江の上で測定を行う作業員黒竜江省ハルビン市

    松花江の水にぬれて凍結し、川面に立つ橋梁・トンネル作業員の手袋。(1月13日撮影)中国黒竜江省ハルビン市内を流れる松花江に架かる松花江特大橋は、国内最北端を走る寒冷地仕様の高速鉄道、哈斉高速鉄道(ハルビン市-チチハル市)が通過する橋。同橋の安全を確保するため、中国鉄路ハルビン局集団ハルビン工務段(保線区)高速鉄道橋作業場の橋梁・トンネル担当作業員たちは毎年冬になると、凍結した松花江上の決まった位置に穴を開けて水深を測定し、橋脚の安定性などを確認している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)= 配信日: 2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (2)凍結した松花江の上で測定を行う作業員黒竜江省ハルビン市

    水から引き上げるとすぐに凍結してしまった測定ロープ。(1月13日撮影)中国黒竜江省ハルビン市内を流れる松花江に架かる松花江特大橋は、国内最北端を走る寒冷地仕様の高速鉄道、哈斉高速鉄道(ハルビン市-チチハル市)が通過する橋。同橋の安全を確保するため、中国鉄路ハルビン局集団ハルビン工務段(保線区)高速鉄道橋作業場の橋梁・トンネル担当作業員たちは毎年冬になると、凍結した松花江上の決まった位置に穴を開けて水深を測定し、橋脚の安定性などを確認している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)= 配信日: 2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (5)黒竜江省ハルビン市、全域が低リスク区域に

    18日、ハルビン市の湘江公園で遊ぶ人々。中国黒竜江省ハルビン市新型コロナウイルス感染予防・抑制指揮部(対策本部)は18日、利民開発区裕田街道と呼蘭区建設路街道の感染リスクレベルを低リスクにする通達を発表した。同市はこれで全域が低リスク区域になった。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (3)黒竜江省ハルビン市、全域が低リスク区域に

    18日、ハルビン市の湘江公園で遊ぶ人々。中国黒竜江省ハルビン市新型コロナウイルス感染予防・抑制指揮部(対策本部)は18日、利民開発区裕田街道と呼蘭区建設路街道の感染リスクレベルを低リスクにする通達を発表した。同市はこれで全域が低リスク区域になった。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (4)黒竜江省ハルビン市、全域が低リスク区域に

    18日、ハルビン市の湘江公園で遊ぶ人々。中国黒竜江省ハルビン市新型コロナウイルス感染予防・抑制指揮部(対策本部)は18日、利民開発区裕田街道と呼蘭区建設路街道の感染リスクレベルを低リスクにする通達を発表した。同市はこれで全域が低リスク区域になった。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (6)黒竜江省ハルビン市、全域が低リスク区域に

    18日、ハルビン市の湘江公園で遊ぶ人々。中国黒竜江省ハルビン市新型コロナウイルス感染予防・抑制指揮部(対策本部)は18日、利民開発区裕田街道と呼蘭区建設路街道の感染リスクレベルを低リスクにする通達を発表した。同市はこれで全域が低リスク区域になった。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.90
    2021年02月18日
    「新華社」凍結した松花江の上で測定を行う作業員黒竜江省ハルビン市

    中国黒竜江省ハルビン市内を流れる松花江に架かる松花江特大橋は、国内最北端を走る寒冷地仕様の高速鉄道、哈斉高速鉄道(ハルビン市-チチハル市)が通過する橋。同橋の安全を確保するため、中国鉄路ハルビン局集団ハルビン工務段(保線区)高速鉄道橋作業場の橋梁・トンネル担当作業員たちは毎年冬になると、凍結した松花江上の決まった位置に穴を開けて水深を測定し、橋脚の安定性などを確認している。夏の増水期に入ると、橋の下の水流が速くなり測定が困難になるため、作業員は川面が完全に凍結する冬を待って測定を行い、測定精度を確保している。(記者/王君宝) =配信日: 2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (7)黒竜江省ハルビン市、全域が低リスク区域に

    18日、ハルビン市の湘江公園を散策する人々。中国黒竜江省ハルビン市新型コロナウイルス感染予防・抑制指揮部(対策本部)は18日、利民開発区裕田街道と呼蘭区建設路街道の感染リスクレベルを低リスクにする通達を発表した。同市はこれで全域が低リスク区域になった。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (3)凍結した松花江の上で測定を行う作業員黒竜江省ハルビン市

    凍結した松花江の川面で測定作業を行う橋梁・トンネル作業員。(1月13日撮影)中国黒竜江省ハルビン市内を流れる松花江に架かる松花江特大橋は、国内最北端を走る寒冷地仕様の高速鉄道、哈斉高速鉄道(ハルビン市-チチハル市)が通過する橋。同橋の安全を確保するため、中国鉄路ハルビン局集団ハルビン工務段(保線区)高速鉄道橋作業場の橋梁・トンネル担当作業員たちは毎年冬になると、凍結した松花江上の決まった位置に穴を開けて水深を測定し、橋脚の安定性などを確認している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)= 配信日: 2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (4)凍結した松花江の上で測定を行う作業員黒竜江省ハルビン市

    松花江の水にぬれて凍結した橋梁・トンネル作業員の作業靴。(1月13日撮影)中国黒竜江省ハルビン市内を流れる松花江に架かる松花江特大橋は、国内最北端を走る寒冷地仕様の高速鉄道、哈斉高速鉄道(ハルビン市-チチハル市)が通過する橋。同橋の安全を確保するため、中国鉄路ハルビン局集団ハルビン工務段(保線区)高速鉄道橋作業場の橋梁・トンネル担当作業員たちは毎年冬になると、凍結した松花江上の決まった位置に穴を開けて水深を測定し、橋脚の安定性などを確認している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)= 配信日: 2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (1)黒竜江省ハルビン市、全域が低リスク区域に

    18日、ハルビン市の湘江公園で遊ぶ人々。中国黒竜江省ハルビン市新型コロナウイルス感染予防・抑制指揮部(対策本部)は18日、利民開発区裕田街道と呼蘭区建設路街道の感染リスクレベルを低リスクにする通達を発表した。同市はこれで全域が低リスク区域になった。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    黒竜江省ハルビン市、全域が低リスク区域に

    18日、ハルビン市の湘江公園で遊ぶ人々。中国黒竜江省ハルビン市新型コロナウイルス感染予防・抑制指揮部(対策本部)は18日、利民開発区裕田街道と呼蘭区建設路街道の感染リスクレベルを低リスクにする通達を発表した。同市はこれで全域が低リスク区域になった。(ハルビン=新華社記者/王松)=配信日:2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (2)春節期間中も最前線で働く人たち

    11日、黒竜江省ハルビン市道外区の集中隔離施設で、ガラス越しに向き合う鄭瑩瑩(てい・えいえい)さんと息子。中国では春節(旧正月)期間中、新型コロナウイルス感染症対策や社会機能維持のために、最前線で休まず働く人たちの姿があった。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (3)春節期間中も最前線で働く人たち

    11日、黒竜江省ハルビン市道外区の集中隔離施設で、切り紙細工を窓に貼る鄭瑩瑩(てい・えいえい)さん。中国では春節(旧正月)期間中、新型コロナウイルス感染症対策や社会機能維持のために、最前線で休まず働く人たちの姿があった。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:02.37
    2021年02月11日
    「新華社」「春運」期間中もトンネルの安全を守る若き作業員黒竜江省

    中国黒竜江省南東部の重要な鉄道輸送路線、城鶏鉄道(同省牡丹江市穆稜市下城子鎮-鶏西市)は、沿線の村や街の人々に日用品や食糧、石炭などの生活物資を運んでいる。全長516メートルの城鶏鉄道石燐2号トンネルは、建設からすでに83年が経ち、漏水と結氷が深刻になっている。鉄道のスムーズな運行を保障するため、鶏西工務区間鶏西路橋作業所に勤務する若い作業員6人は、春節(旧正月)の特別輸送態勢「春運」の期間中もこの古いトンネルの保守作業に当たり、毎週2回ここで氷の除去作業を行っている。冬の山では積雪が増える上、道は険しく、トンネル付近まで行くのに車で2時間、さらに車を停めてからトンネルまで徒歩で30分かかる。「春運」期間中、40立方メートル余りの氷を除去する予定だという。若い作業員たちは自らの手でこの高齢化トンネルの安全を守り、列車運行の安全を保障している。(記者/唐鉄富) =配信日: 2021(令和3)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (2)50年に一度の寒さ黒竜江省漠河市で氷点下49・7度を観測

    1日、低温で氷霧が発生した漠河市の市街地。中国黒竜江省漠河市阿木爾鎮の気温観測所は1日午前7時18分、氷点下49・7度を観測した。気象部門が過去データと照合し、同市における過去50年間の最低気温と認定した。漠河市は同省西北部、大興安嶺山脈の北麓に位置し、観測史上最低気温は1969年に記録した氷点下52・3度となっている。(ハルビン=新華社配信/王景陽)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (1)50年に一度の寒さ黒竜江省漠河市で氷点下49・7度を観測

    1日、漠河市街の集合住宅の通路で、霜に覆われた自転車。中国黒竜江省漠河市阿木爾鎮の気温観測所は1日午前7時18分、氷点下49・7度を観測した。気象部門が過去データと照合し、同市における過去50年間の最低気温と認定した。漠河市は同省西北部、大興安嶺山脈の北麓に位置し、観測史上最低気温は1969年に記録した氷点下52・3度となっている。(ハルビン=新華社配信/王景陽)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (4)北京-ハルビン高速鉄道が全線開通東北振興加速へ

    22日、京哈高速鉄道の瀋陽珠江橋付近を走行する高速鉄道列車「復興号」。中国北京市と黒竜江省ハルビン市を結ぶ京哈高速鉄道が22日、全線開通した。北京-瀋陽(遼寧省)間を最短2時間44分、北京-ハルビン間を最短4時間52分で運行する。同鉄道は北京市朝陽区を起点に北上、河北省承徳市を経由して、遼寧、吉林、黒竜江の東北3省の省都を結ぶ。総延長は1198キロで、設計時速は350キロ。(瀋陽=新華社記者/楊青)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (4)北京・ハルビン高速鉄道全線開通4時間52分で結ぶ

    22日、ハルビン西駅で出発を待つ列車G902。中国北京市と黒竜江省ハルビン市を結ぶ高速鉄道、京哈高鉄は22日午前、北京市ー河北省承徳市区間が開通するとともに全線がつながった。北京と瀋陽は最速2時間44分、北京とハルビンは最速4時間52分で結ばれる。同鉄道は北京、河北、遼寧、吉林、黒竜江を走り、全長が1198キロで、設計時速が350キロ。うち瀋陽ーハルビン区間は2012年12月1日、瀋陽ー承徳区間は2018年12月29日に開通した。今回開通した北京ー承徳区間は全長が192キロだ。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (1)北京ーハルビン高速鉄道全線開通4時間52分で結ぶ

    22日、ハルビン西駅で出発を待つ列車G902。中国北京市と黒竜江省ハルビン市を結ぶ高速鉄道、京哈高鉄は22日午前、北京市ー河北省承徳市区間が開通するとともに全線がつながった。北京と瀋陽は最速2時間44分、北京とハルビンは最速4時間52分で結ばれる。同鉄道は北京、河北、遼寧、吉林、黒竜江を走り、全長が1198キロで、設計時速が350キロ。うち瀋陽ーハルビン区間は2012年12月1日、瀋陽ー承徳区間は2018年12月29日に開通した。今回開通した北京ー承徳区間は全長が192キロだ。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (3)北京ーハルビン高速鉄道全線開通4時間52分で結ぶ

    22日、ハルビン西駅で出発を待つ列車G902の乗務員。中国北京市と黒竜江省ハルビン市を結ぶ高速鉄道、京哈高鉄は22日午前、北京市ー河北省承徳市区間が開通するとともに全線がつながった。北京と瀋陽は最速2時間44分、北京とハルビンは最速4時間52分で結ばれる。同鉄道は北京、河北、遼寧、吉林、黒竜江を走り、全長が1198キロで、設計時速が350キロ。うち瀋陽ーハルビン区間は2012年12月1日、瀋陽ー承徳区間は2018年12月29日に開通した。今回開通した北京ー承徳区間は全長が192キロだ。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (6)広場に巨大雪だるま、SNS映えスポットに黒竜江省ハルビン市

    17日、黒竜江省ハルビン市道里区の広場に設置された巨大雪だるま。中国黒竜江省ハルビン市道里区の音楽広場にこのほど、高さ約18メートルの雪だるまが設置され、新たなSNS映えスポットとなっている。赤いマフラーを巻いた巨大雪だるまを背景に記念撮影をする市民らの姿が見られた。(ハルビン=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (1)広場に巨大雪だるま、SNS映えスポットに黒竜江省ハルビン市

    17日、黒竜江省ハルビン市道里区の広場に設置された巨大雪だるま。中国黒竜江省ハルビン市道里区の音楽広場にこのほど、高さ約18メートルの雪だるまが設置され、新たなSNS映えスポットとなっている。赤いマフラーを巻いた巨大雪だるまを背景に記念撮影をする市民らの姿が見られた。(ハルビン=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (2)広場に巨大雪だるま、SNS映えスポットに黒竜江省ハルビン市

    17日、黒竜江省ハルビン市道里区の広場に設置された巨大雪だるまを撮影する市民。中国黒竜江省ハルビン市道里区の音楽広場にこのほど、高さ約18メートルの雪だるまが設置され、新たなSNS映えスポットとなっている。赤いマフラーを巻いた巨大雪だるまを背景に記念撮影をする市民らの姿が見られた。(ハルビン=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:32.55
    2021年01月20日
    「新華社」広場に巨大雪だるま、SNS映えスポットに黒竜江省ハルビン市

    中国黒竜江省ハルビン市道里区の音楽広場にこのほど、高さ約18メートルの雪だるまが設置され、新たなSNS映えスポットとなっている。赤いマフラーを巻いた巨大雪だるまを背景に記念撮影をする市民らの姿が見られた。(記者/劉赫垚)=配信日:2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (5)広場に巨大雪だるま、SNS映えスポットに黒竜江省ハルビン市

    17日、黒竜江省ハルビン市道里区の広場に設置された巨大雪だるま。中国黒竜江省ハルビン市道里区の音楽広場にこのほど、高さ約18メートルの雪だるまが設置され、新たなSNS映えスポットとなっている。赤いマフラーを巻いた巨大雪だるまを背景に記念撮影をする市民らの姿が見られた。(ハルビン=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (8)広場に巨大雪だるま、SNS映えスポットに黒竜江省ハルビン市

    17日、黒竜江省ハルビン市道里区の広場に設置された巨大雪だるま。中国黒竜江省ハルビン市道里区の音楽広場にこのほど、高さ約18メートルの雪だるまが設置され、新たなSNS映えスポットとなっている。赤いマフラーを巻いた巨大雪だるまを背景に記念撮影をする市民らの姿が見られた。(ハルビン=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (7)広場に巨大雪だるま、SNS映えスポットに黒竜江省ハルビン市

    17日、黒竜江省ハルビン市道里区の広場に設置された巨大雪だるまを撮影する市民。中国黒竜江省ハルビン市道里区の音楽広場にこのほど、高さ約18メートルの雪だるまが設置され、新たなSNS映えスポットとなっている。赤いマフラーを巻いた巨大雪だるまを背景に記念撮影をする市民らの姿が見られた。(ハルビン=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (3)広場に巨大雪だるま、SNS映えスポットに黒竜江省ハルビン市

    17日、黒竜江省ハルビン市道里区の広場に設置された巨大雪だるま。中国黒竜江省ハルビン市道里区の音楽広場にこのほど、高さ約18メートルの雪だるまが設置され、新たなSNS映えスポットとなっている。赤いマフラーを巻いた巨大雪だるまを背景に記念撮影をする市民らの姿が見られた。(ハルビン=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)圧巻!幅数百メートルの氷瀑黒竜江省牡丹江市

    15日、鏡泊湖風景区にある吊水楼瀑布の冬景色。(小型無人機から)冬本番となり、中国黒竜江省牡丹江市の鏡泊湖風景区にある吊水楼(ちょうすいろう)瀑布では、滝が凍る「氷瀑」が現れた。気温の低下とともに、両端から中央部に向かって滝の凍結が進み、できた氷瀑は幅数百メートルにも達し、壮大な風景を生み出している。瀑布が流れ落ちる黒竜潭は、温泉水であることから1年中凍結しない。(牡丹江=新華社記者/董宝森)= 配信日: 2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)圧巻!幅数百メートルの氷瀑黒竜江省牡丹江市

    15日、鏡泊湖風景区にある吊水楼瀑布の冬景色。(小型無人機から)冬本番となり、中国黒竜江省牡丹江市の鏡泊湖風景区にある吊水楼(ちょうすいろう)瀑布では、滝が凍る「氷瀑」が現れた。気温の低下とともに、両端から中央部に向かって滝の凍結が進み、できた氷瀑は幅数百メートルにも達し、壮大な風景を生み出している。瀑布が流れ落ちる黒竜潭は、温泉水であることから1年中凍結しない。(牡丹江=新華社記者/董宝森)= 配信日: 2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)圧巻!幅数百メートルの氷瀑黒竜江省牡丹江市

    15日、鏡泊湖風景区にある吊水楼瀑布の冬景色。(小型無人機から)冬本番となり、中国黒竜江省牡丹江市の鏡泊湖風景区にある吊水楼(ちょうすいろう)瀑布では、滝が凍る「氷瀑」が現れた。気温の低下とともに、両端から中央部に向かって滝の凍結が進み、できた氷瀑は幅数百メートルにも達し、壮大な風景を生み出している。瀑布が流れ落ちる黒竜潭は、温泉水であることから1年中凍結しない。(牡丹江=新華社記者/董宝森)= 配信日: 2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)圧巻!幅数百メートルの氷瀑黒竜江省牡丹江市

    15日、鏡泊湖風景区の吊水楼瀑布を訪れた観光客。(小型無人機から)冬本番となり、中国黒竜江省牡丹江市の鏡泊湖風景区にある吊水楼(ちょうすいろう)瀑布では、滝が凍る「氷瀑」が現れた。気温の低下とともに、両端から中央部に向かって滝の凍結が進み、できた氷瀑は幅数百メートルにも達し、壮大な風景を生み出している。瀑布が流れ落ちる黒竜潭は、温泉水であることから1年中凍結しない。(牡丹江=新華社記者/董宝森)= 配信日: 2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (5)黒竜江省牡丹江市で今年初の降雪

    15日、雪化粧した牡丹江市。中国黒竜江省牡丹江市では15日、今年に入って初めての雪となり、街全体が白く覆われた。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (7)黒竜江省牡丹江市で今年初の降雪

    15日、雪化粧した牡丹江市。中国黒竜江省牡丹江市では15日、今年に入って初めての雪となり、街全体が白く覆われた。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (4)街中で活躍するボランティア消毒隊黒竜江省綏化市

    新华社照片,绥化(黑龙江),2021年1月18日黑龙江绥化:志愿者消杀队助力抗疫1月18日,消杀队队员在绥化市北林区中兴东大街上准备开展消杀工作。黑龙江省绥化市出现新冠肺炎疫情后,一支由25人组成的志愿者消杀队,承担了绥化市北林区一般性消杀任务,对绥化市内卡点、居民小区、街道等地进行消杀作业。据介绍,25名志愿者来自绥化应急救援队,他们均接受过专业培训,根据防疫需要作业,助力当地抗疫。新华社发(张涛摄)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (6)黒竜江省牡丹江市で今年初の降雪

    15日、雪化粧した牡丹江市。中国黒竜江省牡丹江市では15日、今年に入って初めての雪となり、街全体が白く覆われた。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (2)黒竜江省牡丹江市で今年初の降雪

    15日、雪化粧した牡丹江市。中国黒竜江省牡丹江市では15日、今年に入って初めての雪となり、街全体が白く覆われた。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (3)黒竜江省牡丹江市で今年初の降雪

    15日、雪化粧した牡丹江市。中国黒竜江省牡丹江市では15日、今年に入って初めての雪となり、街全体が白く覆われた。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (8)黒竜江省牡丹江市で今年初の降雪

    15日、雪化粧した牡丹江市。中国黒竜江省牡丹江市では15日、今年に入って初めての雪となり、街全体が白く覆われた。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (1)黒竜江省牡丹江市で今年初の降雪

    15日、雪化粧した牡丹江市。中国黒竜江省牡丹江市では15日、今年に入って初めての雪となり、街全体が白く覆われた。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (4)黒竜江省牡丹江市で今年初の降雪

    15日、雪化粧した牡丹江市。中国黒竜江省牡丹江市では15日、今年に入って初めての雪となり、街全体が白く覆われた。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (9)黒竜江省牡丹江市で今年初の降雪

    15日、雪化粧した牡丹江市。中国黒竜江省牡丹江市では15日、今年に入って初めての雪となり、街全体が白く覆われた。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月17日
    (3)氷雪観光で活気取り戻した山奥の小さな村黒竜江省牡丹江市

    雪郷を彩る夜景。(2020年12月10日撮影)中国黒竜江省牡丹江市にある雪郷森林公園は中国で有名な冬の観光地で、バイカル湖からの寒気と日本海からの暖湿流がここで頻繁に交わるため、降雪期間は7カ月、積雪量は最大で2メートルに達するという。20数年前、この地は木材伐採を主要産業とする林場だったが、中国が生態資源の保護を強化するにつれて、林木の伐採が制限されるようになった。地元政府が豊かな自然を生かした観光業の発展に力を入れた結果、同地を訪れる観光客が次第に増え、雪郷は往年の活気を取り戻した。(ハルビン=新華社記者/馬暁成)= 配信日: 2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    広場に巨大雪だるま、SNS映えスポットに黒竜江省ハルビン市

    17日、黒竜江省ハルビン市道里区の広場に設置された巨大雪だるま。中国黒竜江省ハルビン市道里区の音楽広場にこのほど、高さ約18メートルの雪だるまが設置され、新たなSNS映えスポットとなっている。赤いマフラーを巻いた巨大雪だるまを背景に記念撮影をする市民らの姿が見られた。(ハルビン=新華社記者/劉赫垚)=配信日:2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月17日
    (2)氷雪観光で活気取り戻した山奥の小さな村黒竜江省牡丹江市

    雪郷を彩る夜景。(2020年12月10日撮影)中国黒竜江省牡丹江市にある雪郷森林公園は中国で有名な冬の観光地で、バイカル湖からの寒気と日本海からの暖湿流がここで頻繁に交わるため、降雪期間は7カ月、積雪量は最大で2メートルに達するという。20数年前、この地は木材伐採を主要産業とする林場だったが、中国が生態資源の保護を強化するにつれて、林木の伐採が制限されるようになった。地元政府が豊かな自然を生かした観光業の発展に力を入れた結果、同地を訪れる観光客が次第に増え、雪郷は往年の活気を取り戻した。(ハルビン=新華社記者/侯鳴)= 配信日: 2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (3)ハルビン極地館シロイルカが「新居」に到着

    10日、「新居」にやって来たシロイルカ。中国黒竜江省のハルビン極地館で暮らすシロイルカの「ミラ」と「ニコラ」がこのほど、新エリアの極地公園内へ引っ越した。2頭は同館の看板ショー「海洋之心(ハート・オブ・オーシャン)」の主役として多くの観客の心をつかんできた。22日からは新たなステージとなる超大型プールで来場者の前に登場する。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (4)ハルビン極地館シロイルカが「新居」に到着

    10日、「新居」で泳ぐシロイルカの「ミラ」と「ニコラ」。中国黒竜江省のハルビン極地館で暮らすシロイルカの「ミラ」と「ニコラ」がこのほど、新エリアの極地公園内へ引っ越した。2頭は同館の看板ショー「海洋之心(ハート・オブ・オーシャン)」の主役として多くの観客の心をつかんできた。22日からは新たなステージとなる超大型プールで来場者の前に登場する。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    凍結した松花江の上で測定を行う作業員黒竜江省ハルビン市

    凍結した松花江の川面にドリルで穴を開ける橋梁・トンネル担当作業員。(1月13日撮影)中国黒竜江省ハルビン市内を流れる松花江に架かる松花江特大橋は、国内最北端を走る寒冷地仕様の高速鉄道、哈斉高速鉄道(ハルビン市-チチハル市)が通過する橋。同橋の安全を確保するため、中国鉄路ハルビン局集団ハルビン工務段(保線区)高速鉄道橋作業場の橋梁・トンネル担当作業員たちは毎年冬になると、凍結した松花江上の決まった位置に穴を開けて水深を測定し、橋脚の安定性などを確認している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=配信日:2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月11日
    (2)感染症予防の第一線で「中国人民警察の日」を祝う黒竜江省

    8日、入隊の宣誓を行う黒河出入境検査ステーションの警察官。中国の黒竜江省黒河出入境辺防検査站(検査ステーション)では「中国人民警察の日」の10日、警察官が警察旗に向かい、改めて入隊の宣誓を行った。先月29日以降、黒河市で新型コロナウイルスの新規感染者が増えると、同ステーションは「感染症との闘い」の号令を速やかに発してきた。滴水氷を成す冬の厳しい寒さの中、人民警察は感染症予防・抑制検査拠点を堅守し、人々の健康と安全を守り続けている。(黒河=新華社配信/張鈞凱)= 配信日: 2021(令和3)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月11日
    (5)感染症予防の第一線で「中国人民警察の日」を祝う黒竜江省

    9日、集合住宅で消毒作業に当たる黒河出入境検査ステーションの警察官。中国の黒竜江省黒河出入境辺防検査站(検査ステーション)では「中国人民警察の日」の10日、警察官が警察旗に向かい、改めて入隊の宣誓を行った。先月29日以降、黒河市で新型コロナウイルスの新規感染者が増えると、同ステーションは「感染症との闘い」の号令を速やかに発してきた。滴水氷を成す冬の厳しい寒さの中、人民警察は感染症予防・抑制検査拠点を堅守し、人々の健康と安全を守り続けている。(黒河=新華社配信/張鈞凱)= 配信日: 2021(令和3)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月11日
    (1)感染症予防の第一線で「中国人民警察の日」を祝う黒竜江省

    感染症予防・抑制検査拠点で、住宅団地に出入りする住民の情報を登録する黒河出入境検査ステーションの警察官。(2020年12月31日撮影)中国の黒竜江省黒河出入境辺防検査站(検査ステーション)では「中国人民警察の日」の10日、警察官が警察旗に向かい、改めて入隊の宣誓を行った。先月29日以降、黒河市で新型コロナウイルスの新規感染者が増えると、同ステーションは「感染症との闘い」の号令を速やかに発してきた。滴水氷を成す冬の厳しい寒さの中、警察は感染症予防・抑制検査拠点を堅守し、人々の健康と安全を守り続けている。(黒河=新華社配信/劉松)= 配信日: 2021(令和3)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月11日
    (6)感染症予防の第一線で「中国人民警察の日」を祝う黒竜江省

    感染症予防・抑制検査拠点で任務に当たる黒河出入境検査ステーションの警察官。(2020年12月31日撮影)中国の黒竜江省黒河出入境辺防検査站(検査ステーション)では「中国人民警察の日」の10日、警察官が警察旗に向かい、改めて入隊の宣誓を行った。先月29日以降、黒河市で新型コロナウイルスの新規感染者が増えると、同ステーションは「感染症との闘い」の号令を速やかに発してきた。滴水氷を成す冬の厳しい寒さの中、人民警察は感染症予防・抑制検査拠点を堅守し、人々の健康と安全を守り続けている。(黒河=新華社配信/劉松)= 配信日: 2021(令和3)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月11日
    (3)感染症予防の第一線で「中国人民警察の日」を祝う黒竜江省

    感染症予防・抑制検査拠点で任務に当たる黒河出入境検査ステーションの警察官。(2020年12月31日撮影)中国の黒竜江省黒河出入境辺防検査站(検査ステーション)では「中国人民警察の日」の10日、警察官が警察旗に向かい、改めて入隊の宣誓を行った。先月29日以降、黒河市で新型コロナウイルスの新規感染者が増えると、同ステーションは「感染症との闘い」の号令を速やかに発してきた。滴水氷を成す冬の厳しい寒さの中、人民警察は感染症予防・抑制検査拠点を堅守し、人々の健康と安全を守り続けている。(黒河=新華社配信/劉松)= 配信日: 2021(令和3)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月11日
    (4)感染症予防の第一線で「中国人民警察の日」を祝う黒竜江省

    9日、集合住宅で消毒作業に当たる黒河出入境検査ステーションの警察官。中国の黒竜江省黒河出入境辺防検査站(検査ステーション)では「中国人民警察の日」の10日、警察官が警察旗に向かい、改めて入隊の宣誓を行った。先月29日以降、黒河市で新型コロナウイルスの新規感染者が増えると、同ステーションは「感染症との闘い」の号令を速やかに発してきた。滴水氷を成す冬の厳しい寒さの中、人民警察は感染症予防・抑制検査拠点を堅守し、人々の健康と安全を守り続けている。(黒河=新華社配信/張鈞凱)= 配信日: 2021(令和3)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (8)冬の観光シーズンを支える人々黒竜江省ハルビン市

    ハルビン氷雪大世界の会場で氷の建築物を制作する作業員。(2020年12月19日、小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は冬の観光シーズンを迎えている。氷雪観光で人気の「ハルビン氷雪大世界」などでは、作業員が昼夜を問わず氷の採取や運搬を行い、彫刻家が作品を入念に制作。極寒の中で懸命に働く人々は「氷の都」に幻想的な世界を作り出した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (7)凍結した松花江でアイススケート黒竜江省ハルビン市

    3日、松花江のスケートリンクを訪れた人たち。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市九站公園近くの松花江でここ数日、多くの市民や観光客が凍結した川面をリンクにしてスケートを楽しんでいる。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (2)凍結した松花江でアイススケート黒竜江省ハルビン市

    3日、松花江のスケートリンクを訪れた人たち。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市九站公園近くの松花江でここ数日、多くの市民や観光客が凍結した川面をリンクにしてスケートを楽しんでいる。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (10)「雪のとりで」の制作大詰め黒竜江省牡丹江市

    1日、牡丹江市江心島で「雪のとりで」を作る作業員。中国黒竜江省牡丹江市では現在、年に1度の「雪のとりで」作りが進められている。同市は2001年から鑑賞性と相互性、娯楽性を兼ね備えた雪のとりでのパーク建設を行ってきた。20回目を迎えた今回は20年12月中旬に建設を開始。敷地面積は9万平方メートル、使用された雪の量は計2万2千立方メートルに上った。今月10日の一般公開を予定している。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (2)「雪のとりで」の制作大詰め黒竜江省牡丹江市

    1日、牡丹江市江心島で「雪のとりで」を作る作業員。中国黒竜江省牡丹江市では現在、年に1度の「雪のとりで」作りが進められている。同市は2001年から鑑賞性と相互性、娯楽性を兼ね備えた雪のとりでのパーク建設を行ってきた。20回目を迎えた今回は20年12月中旬に建設を開始。敷地面積は9万平方メートル、使用された雪の量は計2万2千立方メートルに上った。今月10日の一般公開を予定している。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (1)「雪のとりで」の制作大詰め黒竜江省牡丹江市

    1日、牡丹江市江心島で「雪のとりで」を作る作業員。中国黒竜江省牡丹江市では現在、年に1度の「雪のとりで」作りが進められている。同市は2001年から鑑賞性と相互性、娯楽性を兼ね備えた雪のとりでのパーク建設を行ってきた。20回目を迎えた今回は20年12月中旬に建設を開始。敷地面積は9万平方メートル、使用された雪の量は計2万2千立方メートルに上った。今月10日の一般公開を予定している。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (8)「雪のとりで」の制作大詰め黒竜江省牡丹江市

    1日、牡丹江市江心島で「雪のとりで」を作る作業員。中国黒竜江省牡丹江市では現在、年に1度の「雪のとりで」作りが進められている。同市は2001年から鑑賞性と相互性、娯楽性を兼ね備えた雪のとりでのパーク建設を行ってきた。20回目を迎えた今回は20年12月中旬に建設を開始。敷地面積は9万平方メートル、使用された雪の量は計2万2千立方メートルに上った。今月10日の一般公開を予定している。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (3)「雪のとりで」の制作大詰め黒竜江省牡丹江市

    1日、牡丹江市江心島で「雪のとりで」を作る作業員。中国黒竜江省牡丹江市では現在、年に1度の「雪のとりで」作りが進められている。同市は2001年から鑑賞性と相互性、娯楽性を兼ね備えた雪のとりでのパーク建設を行ってきた。20回目を迎えた今回は20年12月中旬に建設を開始。敷地面積は9万平方メートル、使用された雪の量は計2万2千立方メートルに上った。今月10日の一般公開を予定している。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (4)「雪のとりで」の制作大詰め黒竜江省牡丹江市

    1日、牡丹江市江心島で「雪のとりで」を作る作業員。中国黒竜江省牡丹江市では現在、年に1度の「雪のとりで」作りが進められている。同市は2001年から鑑賞性と相互性、娯楽性を兼ね備えた雪のとりでのパーク建設を行ってきた。20回目を迎えた今回は20年12月中旬に建設を開始。敷地面積は9万平方メートル、使用された雪の量は計2万2千立方メートルに上った。今月10日の一般公開を予定している。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (6)「雪のとりで」の制作大詰め黒竜江省牡丹江市

    1日、牡丹江市江心島で「雪のとりで」を作る作業員。中国黒竜江省牡丹江市では現在、年に1度の「雪のとりで」作りが進められている。同市は2001年から鑑賞性と相互性、娯楽性を兼ね備えた雪のとりでのパーク建設を行ってきた。20回目を迎えた今回は20年12月中旬に建設を開始。敷地面積は9万平方メートル、使用された雪の量は計2万2千立方メートルに上った。今月10日の一般公開を予定している。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (9)「雪のとりで」の制作大詰め黒竜江省牡丹江市

    1日、牡丹江市江心島で「雪のとりで」を作る作業員。中国黒竜江省牡丹江市では現在、年に1度の「雪のとりで」作りが進められている。同市は2001年から鑑賞性と相互性、娯楽性を兼ね備えた雪のとりでのパーク建設を行ってきた。20回目を迎えた今回は20年12月中旬に建設を開始。敷地面積は9万平方メートル、使用された雪の量は計2万2千立方メートルに上った。今月10日の一般公開を予定している。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (7)「雪のとりで」の制作大詰め黒竜江省牡丹江市

    1日、牡丹江市江心島で「雪のとりで」を作る作業員。中国黒竜江省牡丹江市では現在、年に1度の「雪のとりで」作りが進められている。同市は2001年から鑑賞性と相互性、娯楽性を兼ね備えた雪のとりでのパーク建設を行ってきた。20回目を迎えた今回は20年12月中旬に建設を開始。敷地面積は9万平方メートル、使用された雪の量は計2万2千立方メートルに上った。今月10日の一般公開を予定している。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (5)「雪のとりで」の制作大詰め黒竜江省牡丹江市

    1日、牡丹江市江心島で「雪のとりで」を作る作業員。中国黒竜江省牡丹江市では現在、年に1度の「雪のとりで」作りが進められている。同市は2001年から鑑賞性と相互性、娯楽性を兼ね備えた雪のとりでのパーク建設を行ってきた。20回目を迎えた今回は20年12月中旬に建設を開始。敷地面積は9万平方メートル、使用された雪の量は計2万2千立方メートルに上った。今月10日の一般公開を予定している。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (1)第22回ハルビン氷雪大世界、建設作業が本格化

    11日、第22回ハルビン氷雪大世界会場の建設現場で働く作業員。中国黒竜江省ハルビン市では、今月初旬から第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の会場の工事が本格的に始まった。今月下旬の完成、試験開園を予定している。今回の氷祭りでは、中東欧17カ国や中国、モンゴル、ロシアなどの国と地域の建物、人的・文化的要素を取り入れた大型の氷彫刻作品が披露される。(ハルビン=新華社配信/梁志強)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (2)第22回ハルビン氷雪大世界、建設作業が本格化

    11日、第22回ハルビン氷雪大世界会場の建設現場で働く作業員。中国黒竜江省ハルビン市では、今月初旬から第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の会場の工事が本格的に始まった。今月下旬の完成、試験開園を予定している。今回の氷祭りでは、中東欧17カ国や中国、モンゴル、ロシアなどの国と地域の建物、人的・文化的要素を取り入れた大型の氷彫刻作品が披露される。(ハルビン=新華社配信/梁志強)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (3)第22回ハルビン氷雪大世界、建設作業が本格化

    11日、第22回ハルビン氷雪大世界会場の建設現場で働く作業員。中国黒竜江省ハルビン市では、今月初旬から第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の会場の工事が本格的に始まった。今月下旬の完成、試験開園を予定している。今回の氷祭りでは、中東欧17カ国や中国、モンゴル、ロシアなどの国と地域の建物、人的・文化的要素を取り入れた大型の氷彫刻作品が披露される。(ハルビン=新華社配信/梁志強)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (4)第22回ハルビン氷雪大世界、建設作業が本格化

    11日、第22回ハルビン氷雪大世界会場の建設現場で働く作業員。中国黒竜江省ハルビン市では、今月初旬から第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の会場の工事が本格的に始まった。今月下旬の完成、試験開園を予定している。今回の氷祭りでは、中東欧17カ国や中国、モンゴル、ロシアなどの国と地域の建物、人的・文化的要素を取り入れた大型の氷彫刻作品が披露される。(ハルビン=新華社配信/梁志強)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (5)第22回ハルビン氷雪大世界、建設作業が本格化

    11日、第22回ハルビン氷雪大世界会場の建設現場の様子。中国黒竜江省ハルビン市では、今月初旬から第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の会場の工事が本格的に始まった。今月下旬の完成、試験開園を予定している。今回の氷祭りでは、中東欧17カ国や中国、モンゴル、ロシアなどの国と地域の建物、人的・文化的要素を取り入れた大型の氷彫刻作品が披露される。(ハルビン=新華社配信/梁志強)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月11日
    (7)「中国雪郷」風景区、観光客でにぎわう黒竜江省海林市

    9日、「中国雪郷」の夜景。中国黒竜江省海林市長汀鎮にある「中国雪郷」風景区では冬に入り、連日の降雪が趣を一新している。同風景区は長白山脈の張広才嶺と老爺嶺の間に位置し、降雪期間は7カ月、積雪量は最大で2メートルに達する。(牡丹江=新華社配信/梁志強)=配信日:2020(令和2)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月07日
    「採氷シーズン」が到来黒竜江省ハルビン市

    7日、松花江のハルビン市区間で採氷する作業員。二十四節気「大雪」の7日、中国黒竜江省ハルビン市で第2回ハルビン採氷節が開幕した。凍結した松花江で採氷作業が行われ、大量の氷が市内の主要観光スポットや大通りなどに送られた。(ハルビン=新華社記者/王松)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月07日
    「採氷シーズン」が到来黒竜江省ハルビン市

    7日、松花江のハルビン市区間で採氷する作業員。二十四節気「大雪」の7日、中国黒竜江省ハルビン市で第2回ハルビン採氷節が開幕した。凍結した松花江で採氷作業が行われ、大量の氷が市内の主要観光スポットや大通りなどに送られた。(ハルビン=新華社記者/王松)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月07日
    「採氷シーズン」が到来黒竜江省ハルビン市

    7日、松花江のハルビン市区間で採氷する作業員。二十四節気「大雪」の7日、中国黒竜江省ハルビン市で第2回ハルビン採氷節が開幕した。凍結した松花江で採氷作業が行われ、大量の氷が市内の主要観光スポットや大通りなどに送られた。(ハルビン=新華社記者/王松)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6