KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 新型肺炎
  • ビエンチャン
  • ラオス政府
  • 一定期間
  • 小中高校
  • 感染防止
  • 新規感染者
  • 最高学年
  • 防止対策
  • 高等教育機関

「その他」の写真・映像

絞り込み
  • 1年以内
  • 種類
  • 向き
  • 社会
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
16
( 1 16 件を表示)
  • 1
16
( 1 16 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年08月26日
    媽湾スマートポートが運営開始広東省深圳市

    8月26日、運営を開始した媽湾スマートポートの作業現場。中国広東省深圳市で8月26日、従来型の埠頭(ふとう)機能を高度化・改造した自動化港湾の「媽湾(ぼわん)スマートポート」運営を開始した。同港湾を運営する中国の港湾運営大手、招商局港口集団によると、媽湾は1986年の開港で、改造前は従来型のばら積み貨物専用埠頭として、鉄筋やセメント、砂や石、その他の建設資材の輸送に使われていたという。改造後のスマートポートは長さ1930メートルの岸壁に計5バースを有し、コンテナ取扱量は年間300万TEU(20フィート換算)を見込む。(深圳=新華社記者/李暁玲)=2020(令和2)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月26日
    媽湾スマートポートが運営開始広東省深圳市

    8月26日、運営を開始した媽湾スマートポートの作業現場。中国広東省深圳市で8月26日、従来型の埠頭(ふとう)機能を高度化・改造した自動化港湾の「媽湾(ぼわん)スマートポート」運営を開始した。同港湾を運営する中国の港湾運営大手、招商局港口集団によると、媽湾は1986年の開港で、改造前は従来型のばら積み貨物専用埠頭として、鉄筋やセメント、砂や石、その他の建設資材の輸送に使われていたという。改造後のスマートポートは長さ1930メートルの岸壁に計5バースを有し、コンテナ取扱量は年間300万TEU(20フィート換算)を見込む。(深圳=新華社記者/李暁玲)=2020(令和2)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月26日
    媽湾スマートポートが運営開始広東省深圳市

    8月26日、運営を開始した媽湾スマートポートの作業現場。中国広東省深圳市で8月26日、従来型の埠頭(ふとう)機能を高度化・改造した自動化港湾の「媽湾(ぼわん)スマートポート」運営を開始した。同港湾を運営する中国の港湾運営大手、招商局港口集団によると、媽湾は1986年の開港で、改造前は従来型のばら積み貨物専用埠頭として、鉄筋やセメント、砂や石、その他の建設資材の輸送に使われていたという。改造後のスマートポートは長さ1930メートルの岸壁に計5バースを有し、コンテナ取扱量は年間300万TEU(20フィート換算)を見込む。(深圳=新華社記者/李暁玲)=2020(令和2)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:38.80
    2020年07月22日
    「新華社」感染対策物資、続々とウルムチ駅に到着新疆ウイグル自治区

    国新疆ウイグル自治区のウルムチ駅で22日午後、感染対策物資5137点(箱)を積んだ北京発の列車が到着した。これらの物資はウルムチ市や自治区内各都市の新型コロナウイルス感染対策に用いられる。同駅からは7月以降、感染症対策物資2万7千点と日用品28万点が各地域へ送られている。ウルムチ駅では15日以降、全国各地から送られた使い捨て医療用マスクや核酸検査装置、消毒液、防護服などの感染対策物資が、鉄道輸送により続々と到着している。同自治区衛生健康委員会の最新の発表によると、自治区内(新疆生産建設兵団を含む)の新型コロナ感染者は23日午前0時時点で82人(うち重篤者1人、重症者7人)。その他3284人が医学観察を受けている。(記者/張嘯誠)<映像内容>ウルムチ駅に新型コロナ対策物資を積んだ列車が到着、撮影日:2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月10日
    差異ある公正な社会へ

    書店の棚に並ぶ「エトセトラ」「シモーヌ」などのフェミニズム雑誌=東京・池袋のジュンク堂書店池袋本店

    撮影: 東京・池袋のジュンク堂書店池袋本店

  • 2020年05月19日
    ラオスの小中高校、最高学年から順次授業を再開

    19日、ラオスの首都ビエンチャンにある教室で授業を受ける最高学年の生徒。ラオス政府は、国内で新型コロナウイルスの新規感染者が一定期間確認されていないことから、感染防止対策の一部緩和を開始した。多くの小中高校では18日から各最高学年の授業が再開された。その他の学年と大学、高等教育機関は6月2日から授業を再開する予定。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    ラオスの小中高校、最高学年から順次授業を再開

    19日、ラオスの首都ビエンチャンで授業を終え学校から出る生徒。ラオス政府は、国内で新型コロナウイルスの新規感染者が一定期間確認されていないことから、感染防止対策の一部緩和を開始した。多くの小中高校では18日から各最高学年の授業が再開された。その他の学年と大学、高等教育機関は6月2日から授業を再開する予定。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    ラオスの小中高校、最高学年から順次授業を再開

    19日、ラオスの首都ビエンチャンにある教室で授業を受ける最高学年の生徒。ラオス政府は、国内で新型コロナウイルスの新規感染者が一定期間確認されていないことから、感染防止対策の一部緩和を開始した。多くの小中高校では18日から各最高学年の授業が再開された。その他の学年と大学、高等教育機関は6月2日から授業を再開する予定。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    ラオスの小中高校、最高学年から順次授業を再開

    19日、ラオスの首都ビエンチャンにある教室で授業を受ける最高学年の生徒。ラオス政府は、国内で新型コロナウイルスの新規感染者が一定期間確認されていないことから、感染防止対策の一部緩和を開始した。多くの小中高校では18日から各最高学年の授業が再開された。その他の学年と大学、高等教育機関は6月2日から授業を再開する予定。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    ラオスの小中高校、最高学年から順次授業を再開

    19日、ラオスの首都ビエンチャンにある教室で授業を受ける最高学年の生徒。ラオス政府は、国内で新型コロナウイルスの新規感染者が一定期間確認されていないことから、感染防止対策の一部緩和を開始した。多くの小中高校では18日から各最高学年の授業が再開された。その他の学年と大学、高等教育機関は6月2日から授業を再開する予定。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月02日
    「東方のポンペイ」喇家国家考古遺跡公園が試営業開始青海省

    2日、喇家遺跡博物館に展示された玉器。喇家遺跡から出土した23種類の玉器は、その機能から礼器、工具、装飾品およびその他の四つに分類されている。「東方のポンペイ遺跡」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある喇家国家考古遺跡公園が1日から無料開放され、3日までに延べ9万4561人の観光客が訪れた。喇家遺跡は、黄河の上流地域で発掘された新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡で、これまで中国で見つかった唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流などの深刻な災害の痕跡を留めている。同遺跡で十数年にわたって実施された発掘調査では、至高の権力を象徴する「黄河磬王(こうがけいおう)」と呼ばれる石でつくった平板の打楽器や中国最大の玉刀が出土した。また、集落や住居、陶窯、環濠、祭壇の置かれた広場などの主要な遺構のほか、大量の石器、陶器、玉器、骨器などさまざまな文物千点余りが出土していることから、同地が当時の社会的権力の中心地あるいは城壁で囲まれた集落だった可能性がある。同遺跡は2001年に「中国十大考古新発見」の一つに選ばれた。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月23日
    Gyeonggi Province online COVID-19 briefing Gyeonggi Province online COVID-19 briefing

    キーワード:京畿道、キョンギド、オンライン、説明、保健当局、水原、スウォン、オンライン、ブリーフィング、報告、記者会見、生放送、記者、出席、韓国、取締、社会的距離、社会距離戦略、強制、蔓延、Gyeonggi Province online COVID-19 briefing A Gyeonggi Province public health official (L) holds an online briefing in Suwon, 46 kilomters south of Seoul, on March 23, 2020. The news conference was broadcast live, and took place with no reporters present as South Korea steps up efforts to stem the spread of the novel coronavirus by enforcing social distancing. (Yonhap)/2020-03-23 18:03:07/ < 1980-2020 YONHAPNEWS AGENCY. .> (Newscom TagID: yonphotos164680) [Photo via Newscom]、クレジット:Yonhapnews/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年03月14日
    北京市、国際展覧センター新館を入境者の集散拠点に

    14日、中国国際展覧センター新館に設置された入境者中継・集散拠点。目的地が北京市かその他かで入口が分けられている。中国北京市はこのほど、首都空港に到着する国際線と香港、マカオ、台湾地区からの旅客の一時隔離施設への中継・集散拠点として、中国国際展覧センター新館の利用を開始した。空港の検疫で発熱やせきなどの症状のない「低」リスクに分類された旅客の臨時集散地点として使われる。海外と香港、マカオ、台湾地区からの旅客は目的地により北京市内と他省(自治区、直轄市)に分けられる。館内には北京16区と各省がそれぞれ臨時集散地点を設けており、目的地が北京市内であれば市内の集中観察施設で14日間の隔離観察を受ける。他省に向かう旅客は各省市が一括して輸送する。中国国際展覧センター新館は首都空港から8キロの地点にあり、外部から独立していることから封鎖的管理ができる。今回使用されるのはW4館とE4館で、同センターの最北端に位置し、面積は計2万8千平方メートル。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月10日
    中国の新型コロナ感染状況、形勢は逆転WHO事務局長

    10日、新型コロナウイルス対策として中国がWHOに2千万ドル(1ドル=約105円)を寄付する協定を締結し、記念撮影に応じるテドロス事務局長(中央)と中国の国連ジュネーブ事務局・スイスのその他国際機関常駐代表の陳旭(ちん・きょく)大使(右)。世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は10日、ジュネーブで新華社の取材に応じ、中国では最近になって新型コロナウイルスによる肺炎患者の減少傾向が顕著になり、形勢が逆転しウイルスが退却しているとの見方を示した。国際社会は中国が勝ち取った「チャンスの窓口」を十分活用し、ウイルスの広がりを早急に封じこめる必要があるとも述べた。また、今回の成果は中国政府の指導と人民の協力によるものだとの考えを示した。(ジュネーブ=新華社記者/劉曲)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:16.58
    2020年03月10日
    「新華社」中国は形勢逆転、国際社会は「チャンスの窓口」活用をWHO事務局長

    世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は10日、ジュネーブで新華社の取材に応じ、中国では最近になって新型コロナウイルスの感染による肺炎患者の減少傾向が顕著になり、形勢が逆転しウイルスが退却しているとの見方を示した。国際社会は中国が勝ち取った「チャンスの窓口」を十分活用し、ウイルスの広がりを早急に封じ込める必要があると述べた。テドロス氏は、中国の国連ジュネーブ事務局・スイスのその他国際機関常駐代表を務める陳旭(ちん・きょく)大使と寄付協定を締結した際、このように述べた。中国政府は新型コロナウイルス対策を支援するためWHOに2千万ドル(1ドル=約103円)を寄付した。テドロス氏は「中国の経験は非常に印象深い。現在、中国の感染の流行は収まりつつあり、明らかな減少を見せている。ウイルスはダメージを受け、退却している。形勢が逆転しうれしく思う」と述べた。また、今回の成果は中国政府の指導と国民の協力によるものだとの考えを示し、「政府による断固とした誓約がなければ(人民の)強い協力は得られず、実現不可能なものだった。どの国もこのようにすれば、ウイルスの爆発的流行を抑え込むことができるだろう。このことも世界のその他の国々に伝えたいことだ」と話した。テドロス氏は、感染流行の初期に、中国は病原体を迅速に識別し、それに対するシークエンシングを行い、ウイルスの遺伝子配列を共有したことが、その他の国・地域が診断および予防・抑制措置のためしっかり準備するのに役立ったとし、「事実上、国際社会の前進を助けており、非常に重要なことだ。これら全てを信じられないスピードで成し遂げた」と評価した。中国が大規模な予防・抑制行動を取ったことにより、国際社会は「チャンスの窓口」を得ることができたと述べ、その他の国はこの「チャンスの窓口」を十分活用し、感染患者が見つかればすぐに抑制措置を取り、ウイルスの広がりを早急に封じこめる必要があると強調した。<映像内容>WHOのテドロス事務局長のインタビュー、中国がWHOに2千万ドルを寄付する協定を締結、撮影日:2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.92
    2020年02月29日
    「新華社」新型肺炎対策現金70億元を殺菌消毒

    中国福建省で今週、銀行の支店の大部分が通常営業を再開した。中国建設銀行では、窓口で受け取った現金を支店内の紫外線消毒装置で消毒してから金庫に入れている。ATMや紙幣鑑別機、現金輸送用ケースについては朝、昼、夜の1日3回消毒し、現金は金庫内でも殺菌灯とオゾン殺菌消毒装置で再度「洗浄」する。回収した現金は消毒後、省内の新型コロナウイルスによる肺炎の患者が多い地域では14日間以上、その他の地域では7日間以上乾燥した環境に置いてから再び流通させる。新型肺炎対策のため、病院などの重点機関から回収した現金は通常と異なり、外部に出さず、重点的に消毒した後に中国人民銀行(中央銀行)に引き渡す。現在、福建省建設銀行は金庫24カ所で現金70億元を殺菌消毒している。(記者/林凱)<映像内容>新型肺炎感染対策で現金やATMなど消毒する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。※画質が良くありません。

  • 1