KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 同省西咸
  • 家族墓園
  • 家族墓地
  • 底張街道
  • 張街道韓
  • 発掘調査
  • 発見陝西省
  • 空港新城
  • 考古研究
  • 軍人政治家

「ジンジャー」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 政治
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年05月21日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園から出土した陶俑。(5月21日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月20日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園から出土した陶俑。(5月20日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月03日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園の王韶墓の墓室。(5月3日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園の7号墓の前室。(4月28日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月16日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園の王顕墓の墓室。(4月16日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月12日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園の王弘墓の墓室。(4月12日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月23日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園の王仕通墓の全景。(3月23日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月15日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園の王韶墓の全景。(3月15日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月12日
    朝鮮通信資料 ウガンダ代表と北・金永南常任委員長

    2018年9月11日、北朝鮮・平壌の万寿台議事堂でウガンダのキベジンジャ第2副首相兼東アフリカ担当相(左から2人目)と会見する同国の金永南最高人民会議常任委員長(右から2人目)(朝鮮通信=共同)

  • 2007年07月23日
    久間前防衛相のため書き 尾を引く「しょうがない」

    小嶺忠敏氏の選挙事務所で、名前以外が隠れるように張られた久間前防衛相のため書き(左端)=長崎市(久間章生)

  • 1