KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • オセアニア
  • バレーボール
  • パリ協定
  • フォンガファレ
  • フナフティ
  • リフォーム
  • 世界各地
  • 南太平洋
  • 国際枠組み
  • 地球温暖化

「open 空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 政治
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
3
( 1 3 件を表示)
  • 1
3
( 1 3 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 01:32.92
    2019年10月31日
    空撮と地上撮 ツバルに忍び寄る水没の危機 浸食で失われる国土

    世界各地で未曽有の気象災害が多発し「気候の危機」が叫ばれる中、来年には地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」が本格始動する。南太平洋の島国、ツバルは既に地球温暖化の影響を受けている国の一つ。海面上昇で水没の危機にさらされている国を10月に訪ねた。九つの島からなるツバルは人口約1万人。小型機から見下ろすと、細長い島々が着物の帯のように見える。海抜は平均1~2メートルで山はない。今世紀末に平均で海面が最大1メートル強上昇する恐れがあるとの予測を聞くと、ツバルの深刻さが、うかがえる。フナフティ環礁のフォンガファレ島から浸食が進んでいる無人島のテプカ島にボートで向かう。岸にプカという木が白骨のように無残な姿で朽ち果てている。元々は島の内陸部にしか生息しない木だという。フォンガファレ島の首都フナフティにある滑走路は、国際便の運航以外の日は開放されている。大人はバレーボールに興じ、子どもたちは荷車に乗って無邪気にはしゃぐ。犬のように豚にリードを付けて散歩する人も。<映像内容>海面上昇による浸食で横倒しになったプカの木=ツバルのテプカ島で10月12日撮影、小型機から撮影したフォンガファレ島=10月17日撮影、フォンガファレ島の首都フナフティにある滑走路で遊ぶ子どもたち=10月11日撮影、滑走路で豚にリードを付けて散歩する人=10月14日撮影など、撮影日:2019(令和元)年10月、撮影場所:ツバル

    撮影: 2019(令和元)年10月

  • 2004年01月04日
    復旧が進む旧首相官邸 首相に「癒やし」提供

    新公邸としてよみがえらせるため、大規模リフォームが進む旧首相官邸(手前右)。左は現首相官邸=3日、東京・永田町で共同通信社ヘリから

  • 2002年04月22日
    新旧の首相官邸 新官邸オープン

    開館した新首相官邸。左側は旧官邸=22日午前、東京・永田町で共同通信社ヘリから

    撮影: 22日午前、東京・永田町で共同通信社ヘリから

  • 1