KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 日経平均株価
  • ワクチン
  • 対策分科会
  • 尾身茂会長
  • 株価ボード
  • バイオ医薬品
  • ファーウェイ
  • 世界最大規模
  • 医薬品製造
  • 培養タンク

写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
304,434
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
304,434
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    増田氏と冨成氏 東邦ガス社長に増田氏昇格

    東邦ガス社長への昇格が決まり、冨成義郎社長(右)と手を合わせる増田信之取締役専務執行役員=26日午後、名古屋市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    記者会見の増田氏と冨成氏 東邦ガス社長に増田氏昇格

    東邦ガスの社長昇格が決まり、記者会見する増田信之取締役専務執行役員。奥は冨成義郎社長=26日午後、名古屋市

    撮影: 26日午後、名古屋市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    記者会見する増田信之氏 東邦ガス社長に増田氏昇格

    記者会見する、東邦ガスの新社長に昇格が決まった増田信之取締役専務執行役員=26日午後、名古屋市

    撮影: 26日午後、名古屋市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    中京銀行の記者会見 中京銀頭取に小林氏

    頭取に昇格する小林秀夫氏(左)と特別顧問に就任する永井涼頭取=26日午後、名古屋市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    藤野社長 初のシェア5割、販売堅調

    オンラインでインタビューに応じる「ホンダ エアクラフト カンパニー」の藤野道格社長

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    そごうの男性化粧品売り場 百貨店、カジュアル服充実

    商品を試用できるそごう横浜店の男性化粧品売り場=26日、横浜市西区

    撮影: 26日、横浜市西区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    終値示すボード 4年8カ月ぶり下落幅

    終値で前日比1202円台と大幅下落した日経平均株価を示す株価ボード=26日午後、東京・日本橋兜町

    撮影: 26日午後、東京・日本橋兜町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    終値示すボード 4年8カ月ぶり下落幅

    終値で前日比1202円台と大幅下落した日経平均株価を示す株価ボード=26日午後、東京・八重洲

    撮影: 26日午後、東京・八重洲

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    終値示すボード 4年8カ月ぶり下落幅

    終値で前日比1202円台と大幅下落した日経平均株価を示す株価ボード=26日午後、東京・八重洲

    撮影: 26日午後、東京・八重洲

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    会見する加藤会長 自販連会長「予断許さず」

    記者会見する日本自動車販売協会連合会の加藤和夫会長=26日午前、東京都港区

    撮影: 26日午前、東京都港区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    エビが大きいシューマイ 商品ニュース

    味の素冷凍食品の冷凍シューマイ「大海老焼売」

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    吉野家資料

    吉野家の店舗=2021年2月、さいたま市

    撮影: 2021年2月、さいたま市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    株価下落示すボード 東証一時900円超下落

    日経平均株価が800円以上下落したことを示す株価ボード=26日午前、東京都中央区

    撮影: 26日午前、東京都中央区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    株価ボード 東証一時900円超下落

    下げ幅が一時900円を超えた日経平均株価を示すボード=26日午前、東京・東新橋

    撮影: 26日午前、東京・東新橋

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:05.96
    2021年02月26日
    「新華社」寧波舟山港、春節連休中も滞りない物流を実現浙江省

    国浙江省にある寧波舟山港では今年の春節(旧正月)連休(2月11~17日)期間、コンテナ取扱量が例年の同時期より大幅に増加した。輸出入企業の受注が多くあったのをはじめ、輸出品が積み上がっていたこと、海運会社も輸送力を強化したことなどの要因が重なった。同港は連休中の目標達成のためさまざまな措置を実施して物流を支えた。統計によると、11~17日の同港コンテナ取扱量は60万3千TEU(20フィートコンテナ換算)で、前年の春節連休期間より29%増となった。同港では連休中の貨物積み出しのピークに対応するため、空コンテナの調達と作業効率アップ、作業員の確保などの措置を実施、滞りない作業を実現した。同港は貨物取扱量が12年連続で世界一の座を維持しており、港湾業務に新たな技術を取り入れ、スマート港湾の建設を積極的に進めている。(記者/魏一駿、李濤) =配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    (5)ザーサイの原料、青菜頭がもたらす豊かな暮らし重慶市

    20日、重慶市涪陵区馬武鎮にあるザーサイ工場の乾燥場に並べられた青菜頭。(小型無人機から)「中国のザーサイの里」と呼ばれる重慶市涪陵(ふりょう)区で、ザーサイの原料となる青菜頭(ちんさいとう)の収穫が最盛期を迎えた。区内の20以上の郷や鎮に計70万ムー(約4万6700ヘクタール)超の青菜頭畑があり、農家らが刈り取り作業に追われている。青菜頭はアブラナ科の野菜で、ザーサイに使われるのは茎の下部にあるコブ状の部分。涪陵ザーサイの製造は重慶市の農村経済において販売規模とブランド知名度、周辺地域への波及能力がいずれもトップに立つ特色ある産業となっている。青菜頭の栽培農家60万人と加工に携わる約2千世帯は収入が増え、豊かな生活を送るようになった。緑色の青菜頭のコブは幸せをもたらす「金のコブ」として、人々の暮らしを支えている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    (5)竹箸で作った古建築模型河北省蠡県

    23日、箸を加工する張国忠さん。中国河北省保定市蠡(れい)県留史村に住む張国忠(ちょう・こくちゅう)さん(74)は、竹箸1万2千膳を使い、黄鶴楼や天壇など有名な建築物の模型を制作した。設計図を使わず、経験と感覚だけを頼りに作ったというが、実物そっくりの素晴らしい出来栄えとなっている。張さんは以前、古建築関連の会社に勤務しており、古建築の窓製作や木工、鉄工などが得意だったという。(保定=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:58.94
    2021年02月26日
    「新華社」中欧班列の安定運行に尽力天津貨物輸送センター

    中国の天津新港から24日、自動車、家具、日用品を満載した中国と欧州を結ぶ国際貨物定期列車「中欧班列」が出発した。これにより今年天津を出発し、内モンゴル自治区の満洲里、エレンホト(二連浩特)、新疆ウイグル自治区の阿拉山口の各口岸(通関地)を経由して出国する中欧班列の運行本数が、前年同期比8・2%増の60便、3240両となった。北京鉄路局天津貨物輸送センターはここ数年、さまざまな措置を実施して中欧班列の安定的運行に努めている。同センター新港営業部の孫凱(そん・かい)経理によると、同センターは中欧班列の安定的運行のため、迅速に通関手続きを行う優先措置「緑色通道」を導入し、天津港水上輸送センターに中欧班列のサービス窓口を設けて迅速な輸出手続きを実施しているという。受け付けから積み込み、発送までワンストップのサービスが受けられる。天津貨物輸送センターは、同市の税関や検疫部門との協力や調整を積極的に進め、通関時間を短縮するなど口岸の通関効率向上を図っている。また、輸出企業のニーズに応え、さまざまな鉄道輸送関連企業による中欧班列貨物の優先的積み込みや積み替え、輸送を促進。貨物の安全で効率的な輸送を実現している。(記者/鄧浩然) =配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    (8)ザーサイの原料、青菜頭がもたらす豊かな暮らし重慶市

    20日、重慶市涪陵榨菜集団の倉庫でザーサイ製品を運ぶ従業員。「中国のザーサイの里」と呼ばれる重慶市涪陵(ふりょう)区で、ザーサイの原料となる青菜頭(ちんさいとう)の収穫が最盛期を迎えた。区内の20以上の郷や鎮に計70万ムー(約4万6700ヘクタール)超の青菜頭畑があり、農家らが刈り取り作業に追われている。青菜頭はアブラナ科の野菜で、ザーサイに使われるのは茎の下部にあるコブ状の部分。涪陵ザーサイの製造は重慶市の農村経済において販売規模とブランド知名度、周辺地域への波及能力がいずれもトップに立つ特色ある産業となっている。青菜頭の栽培農家60万人と加工に携わる約2千世帯は収入が増え、豊かな生活を送るようになった。緑色の青菜頭のコブは幸せをもたらす「金のコブ」として、人々の暮らしを支えている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    (4)ザーサイの原料、青菜頭がもたらす豊かな暮らし重慶市

    20日、重慶市涪陵区馬武鎮にあるザーサイ工場の乾燥場に並べられた青菜頭。「中国のザーサイの里」と呼ばれる重慶市涪陵(ふりょう)区で、ザーサイの原料となる青菜頭(ちんさいとう)の収穫が最盛期を迎えた。区内の20以上の郷や鎮に計70万ムー(約4万6700ヘクタール)超の青菜頭畑があり、農家らが刈り取り作業に追われている。青菜頭はアブラナ科の野菜で、ザーサイに使われるのは茎の下部にあるコブ状の部分。涪陵ザーサイの製造は重慶市の農村経済において販売規模とブランド知名度、周辺地域への波及能力がいずれもトップに立つ特色ある産業となっている。青菜頭の栽培農家60万人と加工に携わる約2千世帯は収入が増え、豊かな生活を送るようになった。緑色の青菜頭のコブは幸せをもたらす「金のコブ」として、人々の暮らしを支えている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    (6)ザーサイの原料、青菜頭がもたらす豊かな暮らし重慶市

    20日、乾燥させた青菜頭をコンテナに入れる従業員。「中国のザーサイの里」と呼ばれる重慶市涪陵(ふりょう)区で、ザーサイの原料となる青菜頭(ちんさいとう)の収穫が最盛期を迎えた。区内の20以上の郷や鎮に計70万ムー(約4万6700ヘクタール)超の青菜頭畑があり、農家らが刈り取り作業に追われている。青菜頭はアブラナ科の野菜で、ザーサイに使われるのは茎の下部にあるコブ状の部分。涪陵ザーサイの製造は重慶市の農村経済において販売規模とブランド知名度、周辺地域への波及能力がいずれもトップに立つ特色ある産業となっている。青菜頭の栽培農家60万人と加工に携わる約2千世帯は収入が増え、豊かな生活を送るようになった。緑色の青菜頭のコブは幸せをもたらす「金のコブ」として、人々の暮らしを支えている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    (3)ザーサイの原料、青菜頭がもたらす豊かな暮らし重慶市

    20日、空から見た重慶市涪陵区江北街道の青菜頭畑。(小型無人機から)「中国のザーサイの里」と呼ばれる重慶市涪陵(ふりょう)区で、ザーサイの原料となる青菜頭(ちんさいとう)の収穫が最盛期を迎えた。区内の20以上の郷や鎮に計70万ムー(約4万6700ヘクタール)超の青菜頭畑があり、農家らが刈り取り作業に追われている。青菜頭はアブラナ科の野菜で、ザーサイに使われるのは茎の下部にあるコブ状の部分。涪陵ザーサイの製造は重慶市の農村経済において販売規模とブランド知名度、周辺地域への波及能力がいずれもトップに立つ特色ある産業となっている。青菜頭の栽培農家60万人と加工に携わる約2千世帯は収入が増え、豊かな生活を送るようになった。緑色の青菜頭のコブは幸せをもたらす「金のコブ」として、人々の暮らしを支えている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    (2)ザーサイの原料、青菜頭がもたらす豊かな暮らし重慶市

    20日、重慶市涪陵区の江北街道で青菜頭を収穫する地元住民。「中国のザーサイの里」と呼ばれる重慶市涪陵(ふりょう)区で、ザーサイの原料となる青菜頭(ちんさいとう)の収穫が最盛期を迎えた。区内の20以上の郷や鎮に計70万ムー(約4万6700ヘクタール)超の青菜頭畑があり、農家らが刈り取り作業に追われている。青菜頭はアブラナ科の野菜で、ザーサイに使われるのは茎の下部にあるコブ状の部分。涪陵ザーサイの製造は重慶市の農村経済において販売規模とブランド知名度、周辺地域への波及能力がいずれもトップに立つ特色ある産業となっている。青菜頭の栽培農家60万人と加工に携わる約2千世帯は収入が増え、豊かな生活を送るようになった。緑色の青菜頭のコブは幸せをもたらす「金のコブ」として、人々の暮らしを支えている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    (1)ザーサイの原料、青菜頭がもたらす豊かな暮らし重慶市

    20日、重慶市涪陵区の江北街道で青菜頭を収穫する地元住民。(小型無人機から)「中国のザーサイの里」と呼ばれる重慶市涪陵(ふりょう)区で、ザーサイの原料となる青菜頭(ちんさいとう)の収穫が最盛期を迎えた。区内の20以上の郷や鎮に計70万ムー(約4万6700ヘクタール)超の青菜頭畑があり、農家らが刈り取り作業に追われている。青菜頭はアブラナ科の野菜で、ザーサイに使われるのは茎の下部にあるコブ状の部分。涪陵ザーサイの製造は重慶市の農村経済において販売規模とブランド知名度、周辺地域への波及能力がいずれもトップに立つ特色ある産業となっている。青菜頭の栽培農家60万人と加工に携わる約2千世帯は収入が増え、豊かな生活を送るようになった。緑色の青菜頭のコブは幸せをもたらす「金のコブ」として、人々の暮らしを支えている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    (7)ザーサイの原料、青菜頭がもたらす豊かな暮らし重慶市

    20日、重慶市涪陵榨菜集団の工場でザーサイを作るスマート製造設備。「中国のザーサイの里」と呼ばれる重慶市涪陵(ふりょう)区で、ザーサイの原料となる青菜頭(ちんさいとう)の収穫が最盛期を迎えた。区内の20以上の郷や鎮に計70万ムー(約4万6700ヘクタール)超の青菜頭畑があり、農家らが刈り取り作業に追われている。青菜頭はアブラナ科の野菜で、ザーサイに使われるのは茎の下部にあるコブ状の部分。涪陵ザーサイの製造は重慶市の農村経済において販売規模とブランド知名度、周辺地域への波及能力がいずれもトップに立つ特色ある産業となっている。青菜頭の栽培農家60万人と加工に携わる約2千世帯は収入が増え、豊かな生活を送るようになった。緑色の青菜頭のコブは幸せをもたらす「金のコブ」として、人々の暮らしを支えている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    森田敏夫氏 日証協会長に森田氏起用へ

    野村証券の森田敏夫社長

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    水揚げされたサンマ サンマ漁獲枠40%削減合意

    北海道根室市の花咲港に水揚げされたサンマ=2020年11月

    撮影: 2020年11月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    積極検査の活用を
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    積極検査の活用を
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    記者会見の尾身会長 積極検査の活用を

    記者会見する新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長=25日午後、東京都千代田区

    撮影: 25日午後、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    尾身会長の記者会見 積極検査の活用を

    記者会見する新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長=25日午後、東京都千代田区

    撮影: 25日午後、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    記者会見する尾身会長 積極検査の活用を

    記者会見する新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長=25日午後、東京都千代田区

    撮影: 25日午後、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    大空幸星さん 政権、ようやく本腰

    パソコンで相談メッセージを読む「あなたのいばしょ」代表の大空幸星さん=22日、東京都港区(PC画面を加工しています)

    撮影: 22日、東京都港区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    川井敏行氏 静岡鉄道社長に川井氏

    川井敏行氏

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    記者会見する専務と頭取 みなと銀社長に武市氏昇格

    みなと銀行の社長に就任する武市寿一専務(左)と会長に就く服部博明頭取=25日午後、神戸市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    武市寿一氏 みなと銀社長に武市氏昇格

    みなと銀行社長に就任する武市寿一氏

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    記者会見の村上英之氏 西日本FH社長に村上氏

    記者会見で抱負を述べる西日本FHの村上英之氏=25日午後、福岡市

    撮影: 25日午後、福岡市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    ポーズをとる村上氏 西日本FH社長に村上氏

    記者会見を終え、ポーズをとる西日本FHの(左から)久保田勇夫氏、村上英之氏、谷川浩道氏=25日午後、福岡市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    ユニジェンの培養タンク 国産ワクチン、製造準備

    バイオ医薬品製造会社「UNIGEN」の工場に設置されている、昆虫細胞を用いる世界最大規模の培養タンク=16日午後、岐阜県池田町

    撮影: 16日午後、岐阜県池田町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    ユニジェン工場のタンク 国産ワクチン、製造準備

    バイオ医薬品製造会社「UNIGEN」の工場に設置されている、昆虫細胞を用いる世界最大規模の培養タンク=16日午後、岐阜県池田町

    撮影: 16日午後、岐阜県池田町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    培養タンク 国産ワクチン、製造準備

    バイオ医薬品製造会社「UNIGEN」の工場で、昆虫細胞を用いる世界最大規模の培養タンク(上)を紹介する同社の福岡真さん=16日午後、岐阜県池田町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    世界最大級の培養タンク 国産ワクチン、製造準備

    バイオ医薬品製造会社「UNIGEN」の工場で、昆虫細胞を用いる世界最大規模の培養タンクを紹介する同社の福岡真さん=16日午後、岐阜県池田町

    撮影: 16日午後、岐阜県池田町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    ファーウェイの新機種 世界的企業「再興」に期待

    ファーウェイの折り畳み式スマートフォンの新機種「MateX2」=25日、中国・上海(共同)

    撮影: 25日、中国・上海

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    MateX2 世界的企業「再興」に期待

    ファーウェイの折り畳み式スマートフォンの新機種「MateX2」=25日、中国・上海(共同)

    撮影: 25日、中国・上海

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    記者会見する増田寛也社長 郵政が脱炭素目標

    オンラインで記者会見する日本郵政の増田寛也社長=25日午後

    撮影: 25日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    記者会見する増田寛也社長 郵政が脱炭素目標

    オンラインで記者会見する日本郵政の増田寛也社長=25日午後

    撮影: 25日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    記者会見する川井敏行専務 静岡鉄道社長に川井氏

    静岡鉄道の社長に昇格する川井敏行専務=25日午後、静岡市の本社

    撮影: 25日午後、静岡市の本社

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    シャープ本社とSDP シャープ、液晶工場株売却

    堺ディスプレイプロダクト(奥)とシャープ本社=堺市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    設立総会の参加者 ICT海外展開へ企業支援

    デジタル海外展開プラットフォームの設立総会に参加した総務省の担当者ら=25日午後、東京都千代田区

    撮影: 25日午後、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    投与を待つ人々 接種遅れ、生産国でも

    ベルギー・ブリュッセルにある新型コロナウイルスのワクチン接種センターで、投与を待つ人々=19日(ゲッティ=共同)

    撮影: 19日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    経営者のソリヒンさん 結婚式に欠かせぬワニパン

    ワニパン専門工房兼自宅でオーブンの前に立つ経営者のソリヒンさん=2020年12月、ジャカルタ(共同)

    撮影: 2020年12月、ジャカルタ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    ワニパンとソリヒンさん 結婚式に欠かせぬワニパン

    工房兼自宅で焼き上がったワニパンを手にする経営者のソリヒンさん=2020年12月、ジャカルタ(共同)

    撮影: 2020年12月、ジャカルタ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    ソリヒンさん 結婚式に欠かせぬワニパン

    配送する前のワニパンとパン工房経営者のソリヒンさん=2020年12月、ジャカルタ(共同)

    撮影: 2020年12月、ジャカルタ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    会見するJR九州社長 JR九州、新卒採用見送り

    記者会見するJR九州の青柳俊彦社長=25日午後、福岡市

    撮影: 25日午後、福岡市

  • 2021年02月25日
    バンコクの市場 古着の山で宝探し

    山積みになった古着に半身を埋めるようにして黙々と品定めをする人たち。バンコク北東部にある市場では大量の古着が1㌔60バーツ(約211円)の量り売りで買えます。〝激安〟とあって一般客から転売目的のバイヤーまで来場し連日にぎわっています。かごをいっぱいにした女子大生のフィルさんは「ブランド品が出てくることもあるので宝探しと一緒よ」と楽しそうでした。(撮影・浮ケ谷泰、共同)

  • 2021年02月25日
    スマホ新機種の広告 ファーウェイが独自OS

    ファーウェイの店舗に掲げられたスマホ新機種「MateX2」の広告=25日、北京(共同)

    撮影: 25日、北京

  • 2021年02月25日
    ファーウェイの新機種 ファーウェイが独自OS

    25日、ファーウェイが発売した折り畳み式スマートフォンの新機種「MateX2」=中国・上海(共同)

    撮影: 中国・上海

  • 2021年02月25日
    株価示すボード 東証、一時500円超上昇

    日経平均株価の上げ幅が一時500円を超えたことを示すボード=25日午前、東京都港区

    撮影: 25日午前、東京都港区

  • 2021年02月25日
    消毒作業 新型コロナ・資料

    新型コロナウイルスの陽性者が出たオフィスを消毒する作業員=大阪市

    撮影: 大阪市

  • 2021年02月25日
    消毒作業 新型コロナ・資料

    新型コロナウイルスの陽性者が出たオフィスを消毒する作業員=大阪市

    撮影: 大阪市

  • 2021年02月25日
    消毒作業 新型コロナ・資料

    新型コロナウイルスの陽性者が出たオフィスを消毒する作業員=大阪市

    撮影: 大阪市

  • 2021年02月25日
    突然1300万円請求なぜ

    土地区画整理事業のイメージ

  • 2021年02月25日
    突然1300万円請求なぜ

    土地区画整理事業のイメージ

  • 2021年02月25日
    (2)春の菜の花畑に酔う福州市

    23日、福州市閩侯県鴻尾村の菜の花栽培モデル基地で遊ぶ子どもたち。中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (5)春の菜の花畑に酔う福州市

    23日、福州市閩侯県鴻尾村の菜の花栽培モデル基地。中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (6)「佐藤可士和展」、上海と東京で並行開催

    24日、「佐藤可士和展上海平行精華展」で佐藤氏が手掛けたロゴを鑑賞する来場者。日本を代表するクリエーティブ・ディレクターで、ユニクロなどのロゴデザインを手掛けてきた佐藤可士和氏の約30年にわたる活動の軌跡を紹介する「佐藤可士和展上海平行精華展」の開幕式が24日、中国上海市の8号橋創意園区で行われた。同展は東京の国立新美術館で開催中の「佐藤可士和展」のサテライト展示で、このほど並行開催が実現した。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (5)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパークで茶摘みをする茶農家。中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/劉岭逸)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.88
    2021年02月25日
    「新華社」竹箸で作った古建築模型河北省蠡県

    国河北省保定市蠡(れい)県留史村に住む張国忠(ちょう・こくちゅう)さん(74)は、竹箸1万2千膳を使い、黄鶴楼や天壇など有名な建築物の模型を制作した。設計図を使わず、経験と感覚だけを頼りに作ったというが、実物そっくりの素晴らしい出来栄えとなっている。張さんは以前、古建築関連の会社に勤務しており、古建築の窓製作や木工、鉄工などが得意だったという。(記者/李継偉) =配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:11.20
    2021年02月25日
    「新華社」春の菜の花畑に酔う福州市

    中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(記者/魏培全) =配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (7)春の菜の花畑に酔う福州市

    23日、福州市閩侯県鴻尾村の菜の花栽培モデル基地を散策する観光客。中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (6)春の菜の花畑に酔う福州市

    23日、福州市閩侯県鴻尾村の菜の花栽培モデル基地。中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (1)春の菜の花畑に酔う福州市

    23日、福州市閩侯県鴻尾村の菜の花栽培モデル基地。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (3)春の菜の花畑に酔う福州市

    23日、福州市閩侯県鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (2)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパークで茶摘みをする茶農家。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:41.72
    2021年02月25日
    「新華社」甘くてもっちり、伝統餅菓子「米糕」江蘇省宿遷市

    王海霞(おう・かいか)さん(40)は、中国江蘇省宿遷市泗陽(しよう)県で、伝統的な餅菓子「米糕(ミーガオ)」の店を経営している。この米糕作りに必要なものには、白玉粉や餡、蒸し器などがある。40年以上続くこの店は、王さんが3年ほど前に姑から受け継いだ。以前は伝統的な黒糖ゴマ味しかなかったが、客のニーズに応じて、新しい味の餅を次々に生み出してきたと王さんは話す。蒸し器から出したばかりの熱々の米糕は、「生活向上」「日々繁栄」を意味するという。(記者/劉嫄) =配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (6)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパーク。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/劉岭逸)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (7)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパーク。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/曹禕銘)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (3)1日の販売個数7万個超上海の老舗湯円店、元宵節前に大忙し

    24日、独特な角のある形をした寧波湯団店の看板商品「蟹と豚肉入り湯円」。中国上海市の観光スポット、豫園(よえん)にある寧波湯団店では、旧暦1月15日の元宵節(今年2月26日)を前に、一年で最も忙しい時期を迎えている。1945年から続くこの老舗の名店は、伝統的な手作り湯円(タンユェン、もち米で作った団子)が有名で、常に客足が絶えない。ここ数日は、毎日7万個を超える湯円が売れており、うち7割以上が冷凍ではない生の湯円となっている。元宵節当日の販売量は8万個を超える見込み。同店の店員20人余りは、全員が出勤して交替で湯円作りに当たり、顧客の需要に応えている。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (8)春の菜の花畑に酔う福州市

    23日、福州市閩侯県鴻尾村の菜の花栽培モデル基地で記念撮影する観光客。中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (3)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパークで肥料をまく茶農家。中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/曹禕銘)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (3)「佐藤可士和展」、上海と東京で並行開催

    24日、「佐藤可士和展上海平行精華展」で佐藤氏が手掛けた作品を鑑賞する来場者。日本を代表するクリエーティブ・ディレクターで、ユニクロなどのロゴデザインを手掛けてきた佐藤可士和氏の約30年にわたる活動の軌跡を紹介する「佐藤可士和展上海平行精華展」の開幕式が24日、中国上海市の8号橋創意園区で行われた。同展は東京の国立新美術館で開催中の「佐藤可士和展」のサテライト展示で、このほど並行開催が実現した。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:09.44
    2021年02月25日
    「新華社」壁や塀に「郷愁」をとどめる美しい村広西チワン族自治区

    国広西チワン族自治区欽州市はここ数年、「美しい村」の建設を全面的に推進している。同市農村部では村人たちが、塀や広場の壁に「郷愁」の代表となる石臼や水がめ、壺など昔からの道具をはめ込んで改造し、村民がリラックスできるスポットを作り出した。また地元では、古民家を民宿に改造し、荒れ地を庭園にし、旅行会社と協力、賃貸方式での開発と利益配当を組み合わせた運営方式を取り入れた。多くの村民が自宅の近くで観光関連の仕事に就けるようになり、遠くに出稼ぎに行って「郷愁」を味わう必要がなくなった。(記者/楊馳、陳一帆、呉昊) =配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    CEV Champions League volleyball match - Cucine Lube Civitanova vs Grupa Azoty Kedzierzynyn Kozle

    February 25, 2021, Civitanova Marche, Italy: Fabio Giulianelli (CEO of Gruppo Lube) during Cucine Lube Civitanova vs Grupa Azoty Kedzierzynyn Kozle, CEV Champions League volleyball match in Civitanova Marche, Italy, February 24 2021 (Credit Image: © Livemedia/IPA via ZUMA Press)、クレジット:©Livemedia/IPA via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Europe Rights OUT

  • 2021年02月25日
    (4)春の菜の花畑に酔う福州市

    23日、福州市閩侯県鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:03.91
    2021年02月25日
    「新華社」春の耕作を前ににぎわう苗木市場湖南省新田県

    中国湖南省永州市新田県では、間もなく始まる種まきに備え、農家の人々が農機を使って広大な田畑の土起こしに励んでいる。地元の市場には質の高い苗木が並び、栽培農家が次々に訪れる。モクセイ、クスノキ、コウヨウザンなどのほか、イヌマキ、紅丹桂(モクセイの一種)など貴重な種類の木、さまざまな花卉や盆栽も販売されており、多くの市民が足を止めて選んでいる。(記者/程済安) =配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (1)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパークで茶摘みをする茶農家。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (4)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパークで茶摘みをする茶農家。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (1)「佐藤可士和展」、上海と東京で並行開催

    24日、上海市の8号橋創意園区で開幕した「佐藤可士和展上海平行精華展」。日本を代表するクリエーティブ・ディレクターで、ユニクロなどのロゴデザインを手掛けてきた佐藤可士和氏の約30年にわたる活動の軌跡を紹介する「佐藤可士和展上海平行精華展」の開幕式が24日、中国上海市の8号橋創意園区で行われた。同展は東京の国立新美術館で開催中の「佐藤可士和展」のサテライト展示で、このほど並行開催が実現した。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (5)「佐藤可士和展」、上海と東京で並行開催

    24日、「佐藤可士和展上海平行精華展」で、東京の国立新美術館の展示模型を鑑賞する来場者。日本を代表するクリエーティブ・ディレクターで、ユニクロなどのロゴデザインを手掛けてきた佐藤可士和氏の約30年にわたる活動の軌跡を紹介する「佐藤可士和展上海平行精華展」の開幕式が24日、中国上海市の8号橋創意園区で行われた。同展は東京の国立新美術館で開催中の「佐藤可士和展」のサテライト展示で、このほど並行開催が実現した。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (4)「佐藤可士和展」、上海と東京で並行開催

    24日、「佐藤可士和展上海平行精華展」で展示された、佐藤可士和氏がプロデュース、自ら絵付けもした新手法による有田焼の作品。日本を代表するクリエーティブ・ディレクターで、ユニクロなどのロゴデザインを手掛けてきた佐藤可士和氏の約30年にわたる活動の軌跡を紹介する「佐藤可士和展上海平行精華展」の開幕式が24日、中国上海市の8号橋創意園区で行われた。同展は東京の国立新美術館で開催中の「佐藤可士和展」のサテライト展示で、このほど並行開催が実現した。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (2)「佐藤可士和展」、上海と東京で並行開催

    24日、「佐藤可士和展上海平行精華展」の開幕式典で来賓に展示作品を紹介するスタッフ。日本を代表するクリエーティブ・ディレクターで、ユニクロなどのロゴデザインを手掛けてきた佐藤可士和氏の約30年にわたる活動の軌跡を紹介する「佐藤可士和展上海平行精華展」の開幕式が24日、中国上海市の8号橋創意園区で行われた。同展は東京の国立新美術館で開催中の「佐藤可士和展」のサテライト展示で、このほど並行開催が実現した。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (8)「佐藤可士和展」、上海と東京で並行開催

    24日、「佐藤可士和展上海平行精華展」で、佐藤氏がディレクションを手掛けた日本の物流プラットフォームを鑑賞する来場者。日本を代表するクリエーティブ・ディレクターで、ユニクロなどのロゴデザインを手掛けてきた佐藤可士和氏の約30年にわたる活動の軌跡を紹介する「佐藤可士和展上海平行精華展」の開幕式が24日、中国上海市の8号橋創意園区で行われた。同展は東京の国立新美術館で開催中の「佐藤可士和展」のサテライト展示で、このほど並行開催が実現した。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    上海市、新型コロナの輸入症例は累計1412人

    24日に行われた「2021年上海商務情況通報会」。中国上海市の宗明(そう・めい)副市長は24日、同市のビジネス・投資に関する説明会「2021年上海商務情況通報会」に出席し、常住人口2400万人以上の超大都市・上海で報告された新型コロナウイルス感染者(確定診断症例)の輸入症例は22日時点で累計1412人、治癒者は1358人だったと発表した。一方、本土症例は累計371人、治癒者は352人だった。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    変異株、国内拡大を懸念

    新型コロナウイルスの変異株が確認された自治体

  • 2021年02月24日
    変異株、国内拡大を懸念

    新型コロナウイルスの変異株が確認された自治体

  • 2021年02月24日
    前田建設工業の前田社長ら 前田建設、子会社と統合へ

    経営統合で基本合意した前田建設工業の前田操治社長(中央)と連結子会社の社長2人=24日午後、東京都中央区

  • 2021年02月24日
    記者会見する鈴木修会長 スズキの鈴木修会長退任へ

    オンラインで記者会見するスズキの鈴木修会長=24日午後

    撮影: 24日午後

  • 2021年02月24日
    会見する竹内譲政調会長 公明、土地買収規制に慎重

    国会内で記者会見する公明党の竹内政調会長=24日午後

    撮影: 24日午後

  • 2021年02月24日
    イオンモール岡崎のホール イオンモール、接種に活用

    新型コロナウイルスのワクチン集団接種会場に活用される「イオンモール岡崎」のホール=24日午後、愛知県岡崎市

  • 2021年02月24日
    パリでのワクチン接種 争奪戦激化、焦る日本

    パリで新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける女性=11日(ゲッティ=共同)

    撮影: 11日

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...