KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 報道関係者
  • 事業者支援
  • 仙台支店長
  • 対策本部
  • 新型コロナウイルス感染症
  • 日銀仙台
  • 義務規定
  • 資料配布
  • 国家統計局
  • 大山慎介

写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
301,729
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
301,729
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    公明党の対策本部会合 事業者支援、義務規定に

    公明党が開いた新型コロナウイルス感染症対策に関する会合=18日午後、国会

    撮影: 18日午後、国会

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    公明党の対策本部会合 事業者支援、義務規定に

    公明党が開いた新型コロナウイルス感染症対策に関する会合=18日午後、国会

    撮影: 18日午後、国会

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    国家統計局の記者会見 中国の成長率2・3%

    中国のGDP速報値を発表する国家統計局の記者会見=18日、北京(共同)

    撮影: 18日、北京

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    東善明氏 日銀仙台支店長に大山氏

    日銀新潟支店長に就任した東善明氏

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    大山慎介氏 日銀仙台支店長に大山氏

    日銀仙台支店長に就任した大山慎介氏

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    資料を受け取る報道関係者 中国の成長率2・3%

    中国国家統計局のGDP速報値に関する資料を受け取る報道関係者ら=18日、北京(共同)

    撮影: 18日、北京

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    資料配布を待つ報道関係者 中国の成長率2・3%

    中国国家統計局のGDP速報値に関する資料の配布を待つ報道関係者ら=18日、北京(共同)

    撮影: 18日、北京

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    資料配布を待つ報道関係者 中国の成長率2・3%

    中国国家統計局のGDP速報値に関する資料の配布を待つ報道関係者ら=18日、北京(共同)

    撮影: 18日、北京

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    (1)イチゴ・ブルーベリー産業で増収を後押し黒竜江省孫呉県

    9日、黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークで、イチゴの生育状況を確認する同パークの責任者、趙軍(ちょう・ぐん)さん。中国黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークにある温室内では現在、間もなく成熟するブルーベリーとイチゴが出荷を待っている。同パークにある温室では、スマート温度制御や点滴かんがい、リアルタイムモニタリングや液体肥料が一体化したスマート保温システムを利用し、無土壌栽培を採用。パークは毎年、周辺に住む労働者40人余りの増収を後押ししており、1人当たりの平均年収は1万元(1元=約16円)余りに上っている。(黒河=新華社配信/孫美玲)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    (3)イチゴ・ブルーベリー産業で増収を後押し黒竜江省孫呉県

    9日、黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークで、ブルーベリーの生育状況を確認する同パークの責任者、趙軍(ちょう・ぐん)さん。中国黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークにある温室内では現在、間もなく成熟するブルーベリーとイチゴが出荷を待っている。同パークにある温室では、スマート温度制御や点滴かんがい、リアルタイムモニタリングや液体肥料が一体化したスマート保温システムを利用し、無土壌栽培を採用。パークは毎年、周辺に住む労働者40人余りの増収を後押ししており、1人当たりの平均年収は1万元(1元=約16円)余りに上っている。(黒河=新華社配信/孫美玲)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    (2)イチゴ・ブルーベリー産業で増収を後押し黒竜江省孫呉県

    9日、黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークで栽培されているブルーベリーの木。中国黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークにある温室内では現在、間もなく成熟するブルーベリーとイチゴが出荷を待っている。同パークにある温室では、スマート温度制御や点滴かんがい、リアルタイムモニタリングや液体肥料が一体化したスマート保温システムを利用し、無土壌栽培を採用。パークは毎年、周辺に住む労働者40人余りの増収を後押ししており、1人当たりの平均年収は1万元(1元=約16円)余りに上っている。(黒河=新華社配信/孫美玲)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    (6)イチゴ・ブルーベリー産業で増収を後押し黒竜江省孫呉県

    9日、黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークで栽培されているブルーベリーの木。中国黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークにある温室内では現在、間もなく成熟するブルーベリーとイチゴが出荷を待っている。同パークにある温室では、スマート温度制御や点滴かんがい、リアルタイムモニタリングや液体肥料が一体化したスマート保温システムを利用し、無土壌栽培を採用。パークは毎年、周辺に住む労働者40人余りの増収を後押ししており、1人当たりの平均年収は1万元(1元=約16円)余りに上っている。(黒河=新華社配信/孫美玲)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:41.30
    2021年01月18日
    「新華社」イチゴ・ブルーベリー産業で増収を後押し黒竜江省孫呉県

    中国黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークにある温室内では現在、間もなく成熟するブルーベリーとイチゴが出荷を待っている。同パークにある温室では、スマート温度制御や点滴かんがい、リアルタイムモニタリングや液体肥料が一体化したスマート保温システムを利用し、無土壌栽培を採用。パークは毎年、周辺に住む労働者40人余りの増収を後押ししており、1人当たりの平均年収は1万元(1元=約16円)余りに上っている。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    (5)イチゴ・ブルーベリー産業で増収を後押し黒竜江省孫呉県

    9日、黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークで、ブルーベリーの花に止まるミツバチ。中国黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークにある温室内では現在、間もなく成熟するブルーベリーとイチゴが出荷を待っている。同パークにある温室では、スマート温度制御や点滴かんがい、リアルタイムモニタリングや液体肥料が一体化したスマート保温システムを利用し、無土壌栽培を採用。パークは毎年、周辺に住む労働者40人余りの増収を後押ししており、1人当たりの平均年収は1万元(1元=約16円)余りに上っている。(黒河=新華社配信/郭鵬)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    (4)イチゴ・ブルーベリー産業で増収を後押し黒竜江省孫呉県

    9日、黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークで栽培されているイチゴの苗。中国黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークにある温室内では現在、間もなく成熟するブルーベリーとイチゴが出荷を待っている。同パークにある温室では、スマート温度制御や点滴かんがい、リアルタイムモニタリングや液体肥料が一体化したスマート保温システムを利用し、無土壌栽培を採用。パークは毎年、周辺に住む労働者40人余りの増収を後押ししており、1人当たりの平均年収は1万元(1元=約16円)余りに上っている。(黒河=新華社配信/孫美玲)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (1)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、プレハブハウスを設置する作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (9)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、プレハブハウスの施工に当たる作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (11)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、排水管を敷設する作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (4)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、プレハブハウスを組み立てる作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.94
    2021年01月17日
    「新華社」河北省の病院、1日半で濃厚接触者用に病棟を改修

    中国河北省石家荘市の河北医科大学第二医院は、新型コロナウイルス感染症高リスク地域の濃厚接触者を受け入れるため、1日半足らずで病院東エリアの病棟改修を終えた。(記者/范世輝) =配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (5)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、プレハブハウスの配電工事をする作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (12)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、排水管を敷設する作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (3)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、プレハブハウスを組み立てる作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (8)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、プレハブハウスに給湯器を設置する作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (7)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、プレハブハウスに扉を設置する作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (6)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、プレハブハウスに扉を設置する作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    7府県の人出、一部で増加

    全国の主要駅や繁華街 人出の増減率

  • 2021年01月16日
    7府県の人出、一部で増加

    全国の主要駅や繁華街 人出の増減率

  • 2021年01月16日
    7府県の人出、一部で増加

    全国の主要駅や繁華街 人出の増減率

  • 2021年01月16日
    7府県の人出、一部で増加

    全国の主要駅や繁華街 人出の増減率

  • 2021年01月16日
    化粧品売り場の男性客 男性向け化粧品市場が活況

    男性向け化粧品ブランド「ファイブイズム バイ スリー」の店舗でファンデーションなどを試す男性客=東京・新宿

    撮影: 東京・新宿

  • 2021年01月16日
    説明を受ける男性客 男性向け化粧品市場が活況

    男性向け化粧品ブランド「ファイブイズム バイ スリー」の店舗で商品の説明を受ける男性客=東京・新宿

    撮影: 東京・新宿

  • 2021年01月16日
    ワクチン接種受ける男性 印、国産ワクチン接種開始

    16日、ニューデリーの病院で新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける男性(共同)

  • 2021年01月16日
    福升にコロナ収束願い込め
  • 2021年01月16日
    住職と積み上がった升 福升にコロナ収束願い込め

    新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、無病息災などを願う節分用の「福升」作りが愛知県知多市の大智院で最盛期を迎えている。作業場では16日、マウスシールドを着けた長谷川実彰住職(72)が一つ一つ筆で「福」や「寿」の文字を書き入れていた。節分当日の祈願を申し込んだ参拝者らのため約2千個を用意。今年は例年より数を減らし、密を避けるため事前に渡す対応もしているという。長谷川住職は「早くコロナが収束して明るく暮らしていければ」と願いを込めた。

  • 2021年01月16日
    福升にコロナ収束願い込め
  • 2021年01月16日
    福升にコロナ収束願い込め
  • 2021年01月16日
    12都府県、爆発的感染拡大

    新型コロナウイルス感染状況の指標と現状

  • 2021年01月16日
    12都府県、爆発的感染拡大

    新型コロナウイルス感染状況の指標と現状

  • 2021年01月16日
    新世界の飲食店街 人影まばら、恨み節も

    休業店舗も多く、人通りの少ない大阪・新世界の飲食店街=16日午後(広角レンズ使用)

    撮影: 16日午後

  • 2021年01月16日
    新世界の飲食店街 人影まばら、恨み節も

    休業店舗も多く、人通りの少ない大阪・新世界の飲食店街=16日午後

    撮影: 16日午後

  • 2021年01月16日
    大阪・新世界 人影まばら、恨み節も

    休業店舗も多く、人通りの少ない大阪・新世界の飲食店街=16日午後

    撮影: 16日午後

  • 2021年01月16日
    大阪・新世界 人影まばら、恨み節も

    休業店舗も多く、人通りの少ない大阪・新世界の飲食店街=16日午後

    撮影: 16日午後

  • 2021年01月16日
    書き入れる長谷川住職 福升にコロナ収束願い込め

    新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、無病息災などを願う節分用の「福升」作りが愛知県知多市の大智院で最盛期を迎えている。作業場では16日、マウスシールドを着けた長谷川実彰住職(72)が一つ一つ筆で「福」や「寿」の文字を書き入れていた。節分当日の祈願を申し込んだ参拝者らのため約2千個を用意。今年は例年より数を減らし、密を避けるため事前に渡す対応もしているという。長谷川住職は「早くコロナが収束して明るく暮らしていければ」と願いを込めた。

  • 2021年01月16日
    升と長谷川住職 福升にコロナ収束願い込め

    新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、無病息災などを願う節分用の「福升」作りが愛知県知多市の大智院で最盛期を迎えている。作業場では16日、マウスシールドを着けた長谷川実彰住職(72)が一つ一つ筆で「福」や「寿」の文字を書き入れていた。節分当日の祈願を申し込んだ参拝者らのため約2千個を用意。今年は例年より数を減らし、密を避けるため事前に渡す対応もしているという。長谷川住職は「早くコロナが収束して明るく暮らしていければ」と願いを込めた。

  • 2021年01月16日
    並んだ升と長谷川住職 福升にコロナ収束願い込め

    新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、無病息災などを願う節分用の「福升」作りが愛知県知多市の大智院で最盛期を迎えている。作業場では16日、マウスシールドを着けた長谷川実彰住職(72)が一つ一つ筆で「福」や「寿」の文字を書き入れていた。節分当日の祈願を申し込んだ参拝者らのため約2千個を用意。今年は例年より数を減らし、密を避けるため事前に渡す対応もしているという。長谷川住職は「早くコロナが収束して明るく暮らしていければ」と願いを込めた。

  • 2021年01月16日
    日銀、ETF購入見直しか

    日銀の金融政策の点検に関する市場関係者の見方

  • 2021年01月16日
    日銀、ETF購入見直しか

    日銀の金融政策の点検に関する市場関係者の見方

  • 2021年01月16日
    杉江俊彦社長 三越伊勢丹ネット通販強化

    インタビューに応じる三越伊勢丹ホールディングスの杉江俊彦社長

  • 2021年01月16日
    杉江俊彦社長 三越伊勢丹ネット通販強化

    インタビューに応じる三越伊勢丹ホールディングスの杉江俊彦社長

  • 2021年01月16日
    中国GDPは高水準か

    主な予定

  • 2021年01月16日
    中国GDPは高水準か

    主な予定

  • 2021年01月16日
    清水希茂氏 ひと

    中国電力の清水希茂社長

  • 2021年01月16日
    コロナ自宅療養3万人超

    新型コロナウイルス 週ごとの自宅療養者数の推移

  • 2021年01月16日
    コロナ自宅療養3万人超

    新型コロナウイルス 週ごとの自宅療養者数の推移

  • 2021年01月16日
    コロナ自宅療養3万人超

    新型コロナウイルス 週ごとの自宅療養者数の推移

  • 2021年01月16日
    コロナ自宅療養3万人超

    新型コロナウイルス 週ごとの自宅療養者数の推移

  • 2021年01月16日
    週休3日制導入相次ぐ

    週休3日制導入企業の取り組み

  • 2021年01月16日
    週休3日制導入相次ぐ

    週休3日制導入企業の取り組み

  • 2021年01月16日
    BELGIAN PUBLIC TRANSPORT MINISTERS AND CEOS MEETING

    De Lijn Director-General Ann Schoubs poses for the photographer during a meeting of the ministers of mobility of the federal government, Flanders, Brussels and Wallonia and the CEO‘s of the four public transport companties STIB/MIVB, TEC, De Lijn and the NMBS-SNCB, at the STIB site in Haren - Haeren, Brussels, Saturday 16 January 2021. BELGA PHOTO LAURIE DIEFFEMBACQ、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    BELGIAN PUBLIC TRANSPORT MINISTERS AND CEOS MEETING

    NMBS - SNCB CEO Sophie Dutordoir and Vice-prime minister and Mobility Minister Georges Gilkinet pose for the photographer at a meeting of the ministers of mobility of the federal government, Flanders, Brussels and Wallonia and the CEO‘s of the four public transport companties STIB/MIVB, TEC, De Lijn and the NMBS-SNCB, at the STIB site in Haren - Haeren, Brussels, Saturday 16 January 2021. BELGA PHOTO LAURIE DIEFFEMBACQ、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (5)厳寒の線路守る「鉄道ドクター」黒竜江省漠河市

    11日、漠河駅での作業中に、ニット帽とネックウォーマーに結露ができた作業員。中国最北端に位置する黒竜江省漠河市は「神州の北極」と呼ばれている。この地の冬は長く厳しく、年間積雪日数は210日以上になるため、作業現場の気温が氷点下40度を下回ることも多い。中国鉄道ハルビン局集団加格達奇(ジャグダチ)工務部の楊玉海(よう・ぎょくかい)さんは、作業員と共に嫩林線と古洛線の一部駅・線路のポイント保守作業を担当している。鉄道関連の仕事に30年間携わっている楊さんは、その優れた仕事ぶりによって2015年に全国鉄道システム機関車賞を受賞。自らの使命と役割について「列車が安全でスムーズにポイントを通過すること」と述べた。(漠河=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (6)厳寒の線路守る「鉄道ドクター」黒竜江省漠河市

    11日、漠河駅に進入する列車。中国最北端に位置する黒竜江省漠河市は「神州の北極」と呼ばれている。この地の冬は長く厳しく、年間積雪日数は210日以上になるため、作業現場の気温が氷点下40度を下回ることも多い。中国鉄道ハルビン局集団加格達奇(ジャグダチ)工務部の楊玉海(よう・ぎょくかい)さんは、作業員と共に嫩林線と古洛線の一部駅・線路のポイント保守作業を担当している。鉄道関連の仕事に30年間携わっている楊さんは、その優れた仕事ぶりによって2015年に全国鉄道システム機関車賞を受賞。自らの使命と役割について「列車が安全でスムーズにポイントを通過すること」と述べた。(漠河=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (7)真冬の農業パーク、ハウス栽培で一足先に春浙江省平湖市

    12日、浙江省平湖農業経済開発区で栽培されているイチゴ。中国浙江省の平湖農業経済開発区では、30万平方メートル余りのハウスで栽培されている野菜や草花、果物が順調に成長し、春めいた雰囲気に包まれている。同開発区は中央政府と省政府が提携する農村振興モデル地域の現代農業パークで、総面積は55・8平方キロ。省内初の農業経済開発区として、産業と農村の融合発展を実現し、農業の現代化と農村振興を後押しすることを目的に設立された。(嘉興=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (8)真冬の農業パーク、ハウス栽培で一足先に春浙江省平湖市

    12日、上空から見た国際科技農業協力モデル区。(小型無人機から)中国浙江省の平湖農業経済開発区では、30万平方メートル余りのビニールハウスで栽培されている野菜や草花、果物が順調に成長し、春めいた雰囲気に包まれている。同開発区は中央政府と省政府が提携する農村振興モデル地域の現代農業パークで、総面積は55・8平方キロ。省内初の農業経済開発区として、産業と農村の融合発展を実現し、農業の近代化と農村振興を後押しすることを目的に設立された。(嘉興=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (3)真冬の農業パーク、ハウス栽培で一足先に春浙江省平湖市

    12日、浙江省平湖農業経済開発区の藍城現代植物工場で観賞用植物の手入れをする従業員。(小型無人機から)中国浙江省の平湖農業経済開発区では、30万平方メートル余りのハウスで栽培されている野菜や草花、果物が順調に成長し、春めいた雰囲気に包まれている。同開発区は中央政府と省政府が提携する農村振興モデル地域の現代農業パークで、総面積は55・8平方キロ。省内初の農業経済開発区として、産業と農村の融合発展を実現し、農業の現代化と農村振興を後押しすることを目的に設立された。(嘉興=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (5)真冬の農業パーク、ハウス栽培で一足先に春浙江省平湖市

    12日、浙江省平湖農業経済開発区の藍城現代植物工場で観賞用植物の手入れをする従業員。中国浙江省の平湖農業経済開発区では、30万平方メートル余りのハウスで栽培されている野菜や草花、果物が順調に成長し、春めいた雰囲気に包まれている。同開発区は中央政府と省政府が提携する農村振興モデル地域の現代農業パークで、総面積は55・8平方キロ。省内初の農業経済開発区として、産業と農村の融合発展を実現し、農業の現代化と農村振興を後押しすることを目的に設立された。(嘉興=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (3)天津市内企業が製造したアイスクリームからコロナ陽性反応

    15日、天津市大橋道食品の店舗を消毒する作業員。中国天津市感染予防・抑制指揮部(対策本部)は14日、同市津南区の天津市大橋道食品が製造したアイスクリームのサンプルから新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたと明らかにした。感染対策のため、同社関連店舗は全て営業を一時停止し、消毒・殺菌作業を実施した。(天津=新華社記者/李然)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (4)厳寒の線路守る「鉄道ドクター」黒竜江省漠河市

    11日、漠河駅の線路上で働く作業員。中国最北端に位置する黒竜江省漠河市は「神州の北極」と呼ばれている。この地の冬は長く厳しく、年間積雪日数は210日以上になるため、作業現場の気温が氷点下40度を下回ることも多い。中国鉄道ハルビン局集団加格達奇(ジャグダチ)工務部の楊玉海(よう・ぎょくかい)さんは、作業員と共に嫩林線と古洛線の一部駅・線路のポイント保守作業を担当している。鉄道関連の仕事に30年間携わっている楊さんは、その優れた仕事ぶりによって2015年に全国鉄道システム機関車賞を受賞。自らの使命と役割について「列車が安全でスムーズにポイントを通過すること」と述べた。(漠河=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (6)真冬の農業パーク、ハウス栽培で一足先に春浙江省平湖市

    12日、浙江省平湖農業経済開発区にある魚と野菜の同時育成システム「アクアポニックス」モデルパークで、養殖しているスズキを捕まえる従業員。(小型無人機から)中国浙江省の平湖農業経済開発区では、30万平方メートル余りのハウスで栽培されている野菜や草花、果物が順調に成長し、春めいた雰囲気に包まれている。同開発区は中央政府と省政府が提携する農村振興モデル地域の現代農業パークで、総面積は55・8平方キロ。省内初の農業経済開発区として、産業と農村の融合発展を実現し、農業の現代化と農村振興を後押しすることを目的に設立された。(嘉興=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (2)天津市内企業が製造したアイスクリームからコロナ陽性反応

    15日、天津市大橋道食品の店舗を消毒する作業員。中国天津市感染予防・抑制指揮部(対策本部)は14日、同市津南区の天津市大橋道食品が製造したアイスクリームのサンプルから新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたと明らかにした。感染対策のため、同社関連店舗は全て営業を一時停止し、消毒・殺菌作業を実施した。(天津=新華社記者/李然)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (4)天津市内企業が製造したアイスクリームからコロナ陽性反応

    15日、営業を一時停止した天津市大橋道食品の店舗。中国天津市感染予防・抑制指揮部(対策本部)は14日、同市津南区の天津市大橋道食品が製造したアイスクリームのサンプルから新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたと明らかにした。感染対策のため、同社関連店舗は全て営業を一時停止し、消毒・殺菌作業を実施した。(天津=新華社記者/李然)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    江蘇省、2020年の電力消費量が過去最高を更新

    江蘇省にある世界初の水中超高電圧送電トンネル「蘇通GIL共同溝プロジェクト」を検査する国家電網のスタッフ。(2020年7月21日撮影)中国送電大手、国家電網傘下の国網江蘇省電力は15日、2020年の同省の社会全体電力消費量について、新型コロナウイルス感染症が電力需要に影響を与える中、前年比1・75%増の6374億キロワット時に達し、過去最高を更新したと発表した。経済が安定を保ちつつ前進しているという前向きなシグナルを示している。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (2)草果の全ゲノムマップを発表雲南省怒江リス族自治州

    摘み取った草果を籠に詰める雲南省怒江リス族自治州福貢県木加甲村の村民。(2019年10月28日撮影)中国雲南省怒江リス族自治州は13日、華南農業大学や米コーネル大学などの研究機関と共同記者会見を開き、15カ月かけて作成した草果(ソウカ)の全ゲノムマップを発表した。研究成果は草果の品種改良や遺伝子組み換えの推進、関連産業の健全かつ持続可能な発展に重要な意味を持つ。(昆明=新華社配信/楊雪輝)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (1)草果の全ゲノムマップを発表雲南省怒江リス族自治州

    研究チームが作成した草果の全ゲノムマップ。(資料写真)中国雲南省怒江リス族自治州は13日、華南農業大学や米コーネル大学などの研究機関と共同記者会見を開き、15カ月かけて作成した草果(ソウカ)の全ゲノムマップを発表した。研究成果は草果の品種改良や遺伝子組み換えの推進、関連産業の健全かつ持続可能な発展に重要な意味を持つ。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    BELGIAN PUBLIC TRANSPORT MINISTERS AND CEOS MEETING

    MIVB-STIB CEO Brieuc de Meeus and Brussels region Minister of Mobility, Public Works, and Traffic Safety, Social Integration and Health (GGC), Budget, Finance, Well being, Childcare and Urban Policy Elke Van den Brandt pose for the photographer at a meeting of the ministers of mobility of the federal government, Flanders, Brussels and Wallonia and the CEO‘s of the four public transport companties STIB/MIVB, TEC, De Lijn and the NMBS-SNCB, at the STIB site in Haren - Haeren, Brussels, Saturday 16 January 2021. BELGA PHOTO LAURIE DIEFFEMBACQ、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    BELGIAN PUBLIC TRANSPORT MINISTERS AND CEOS MEETING

    Walloon Minister for Climate, Mobility, Infrastructure and Energy Philippe Henry poses for the photographer at a meeting of the ministers of mobility of the federal government, Flanders, Brussels and Wallonia and the CEO‘s of the four public transport companties STIB/MIVB, TEC, De Lijn and the NMBS-SNCB, at the STIB site in Haren - Haeren, Brussels, Saturday 16 January 2021. BELGA PHOTO LAURIE DIEFFEMBACQ、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:02.42
    2021年01月16日
    「新華社」タリム油田、20年の原油・ガス生産量は3千万トン超中国3位

    中国石油大手、中国石油天然気(ペトロチャイナ)が保有する新疆ウイグル自治区南部にあるタリム油田の2020年通期の原油・ガス生産量は3080万トン(原油換算)に上った。長慶油田、大慶油田に次ぐ国内第3の規模となる。同社傘下の中国石油塔里木油田が明らかにした。タリム油田では3年近くにわたって大々的な探査・開発が進められ、地下8千メートルの深層で豊富な石油・天然ガス資源が発見されている。埋蔵量10億トン級のボズ(博孜)・大北ガス田と富満油田が稼働し、原油・ガス生産量は542万トンの純増となった。超深層での複雑な探査・開発技術は世界最先端の水準に達している。このほか、300億立方メートルの大型ガスエリアも開発され、天然ガスの年間生産量は全国の6分の1を占める。「克拉2号」や「迪那2号」など18カ所の大中型ガス田で高品質の天然ガスを産出。西部の天然ガスを東部に輸送するプロジェクト「西気東輸」や新疆南部の各地に供給するガスの輸送量は累計3100億立方メートルを超えている。(記者/宿伝義、顧煜、杜剛) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (1)江蘇省発「中欧班列」、20年は逆境下で本数・金額とも大きな伸び

    「中欧班列」の越境電子商取引(EC)貨物の検査を行う蘇州税関の職員。(2020年10月14日撮影)中国江蘇省の南京税関は15日、同省発の中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」12路線の2020年の運行本数が36・4%増の1273本、金額は53・8%増の123億1100万元(1元=約16円)になったことを明らかにした。新型コロナウイルス感染症の世界的流行という逆境下で運行本数、金額共に大幅な増加を実現した。(蘇州=新華社配信/胡蓉榕)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (5)天津市内企業が製造したアイスクリームからコロナ陽性反応

    15日、天津市大橋道食品の店舗を消毒する作業員。中国天津市感染予防・抑制指揮部(対策本部)は14日、同市津南区の天津市大橋道食品が製造したアイスクリームのサンプルから新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたと明らかにした。感染対策のため、同社関連店舗は全て営業を一時停止し、消毒・殺菌作業を実施した。(天津=新華社記者/趙子碩然)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (2)真冬の農業パーク、ハウス栽培で一足先に春浙江省平湖市

    12日、浙江省平湖農業経済開発区の藍城現代植物工場で観賞用植物の手入れをする従業員。中国浙江省の平湖農業経済開発区では、30万平方メートル余りのハウスで栽培されている野菜や草花、果物が順調に成長し、春めいた雰囲気に包まれている。同開発区は中央政府と省政府が提携する農村振興モデル地域の現代農業パークで、総面積は55・8平方キロ。省内初の農業経済開発区として、産業と農村の融合発展を実現し、農業の現代化と農村振興を後押しすることを目的に設立された。(嘉興=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (4)真冬の農業パーク、ハウス栽培で一足先に春浙江省平湖市

    12日、浙江省平湖農業経済開発区内で咲き乱れるコチョウラン。中国浙江省の平湖農業経済開発区では、30万平方メートル余りのハウスで栽培されている野菜や草花、果物が順調に成長し、春めいた雰囲気に包まれている。同開発区は中央政府と省政府が提携する農村振興モデル地域の現代農業パークで、総面積は55・8平方キロ。省内初の農業経済開発区として、産業と農村の融合発展を実現し、農業の現代化と農村振興を後押しすることを目的に設立された。(嘉興=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (6)天津市内企業が製造したアイスクリームからコロナ陽性反応

    15日、天津市大橋道食品の店舗を消毒する作業員。中国天津市感染予防・抑制指揮部(対策本部)は14日、同市津南区の天津市大橋道食品が製造したアイスクリームのサンプルから新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたと明らかにした。感染対策のため、同社関連店舗は全て営業を一時停止し、消毒・殺菌作業を実施した。(天津=新華社記者/趙子碩)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (3)厳寒の線路守る「鉄道ドクター」黒竜江省漠河市

    11日、漠河駅のポイント保守作業を行う楊玉海さん(左)と作業員。中国最北端に位置する黒竜江省漠河市は「神州の北極」と呼ばれている。この地の冬は長く厳しく、年間積雪日数は210日以上になるため、作業現場の気温が氷点下40度を下回ることも多い。中国鉄道ハルビン局集団加格達奇(ジャグダチ)工務部の楊玉海(よう・ぎょくかい)さんは、作業員と共に嫩林線と古洛線の一部駅・線路のポイント保守作業を担当している。鉄道関連の仕事に30年間携わっている楊さんは、その優れた仕事ぶりによって2015年に全国鉄道システム機関車賞を受賞。自らの使命と役割について「列車が安全でスムーズにポイントを通過すること」と述べた。(漠河=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    BELGIAN PUBLIC TRANSPORT MINISTERS AND CEOS MEETING

    MIVB-STIB CEO Brieuc de Meeus and Brussels region Minister of Mobility, Public Works, and Traffic Safety, Social Integration and Health (GGC), Budget, Finance, Well being, Childcare and Urban Policy Elke Van den Brandt pose for the photographer at a meeting of the ministers of mobility of the federal government, Flanders, Brussels and Wallonia and the CEO‘s of the four public transport companties STIB/MIVB, TEC, De Lijn and the NMBS-SNCB, at the STIB site in Haren - Haeren, Brussels, Saturday 16 January 2021. BELGA PHOTO LAURIE DIEFFEMBACQ、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    BELGIAN PUBLIC TRANSPORT MINISTERS AND CEOS MEETING

    Illustration picture shows busses of TEC, MIVB/ STIB and De Lijn during a meeting of the ministers of mobility of the federal government, Flanders, Brussels and Wallonia and the CEO‘s of the four public transport companties STIB/MIVB, TEC, De Lijn and the NMBS-SNCB, at the STIB site in Haren - Haeren, Brussels, Saturday 16 January 2021. BELGA PHOTO LAURIE DIEFFEMBACQ、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (2)江蘇省発「中欧班列」、20年は逆境下で本数・金額とも大きな伸び

    「中欧班列」の検査を行う連雲港税関の職員。(2020年1月11日撮影)中国江蘇省の南京税関は15日、同省発の中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」12路線の2020年の運行本数が36・4%増の1273本、金額は53・8%増の123億1100万元(1元=約16円)になったことを明らかにした。新型コロナウイルス感染症の世界的流行という逆境下で運行本数、金額共に大幅な増加を実現した。(連雲港=新華社配信/林軍)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (1)真冬の農業パーク、ハウス栽培で一足先に春浙江省平湖市

    12日、浙江省平湖農業経済開発区の藍城現代植物工場で野菜を収穫する従業員。中国浙江省の平湖農業経済開発区では、30万平方メートル余りのハウスで栽培されている野菜や草花、果物が順調に成長し、春めいた雰囲気に包まれている。同開発区は中央政府と省政府が提携する農村振興モデル地域の現代農業パークで、総面積は55・8平方キロ。省内初の農業経済開発区として、産業と農村の融合発展を実現し、農業の現代化と農村振興を後押しすることを目的に設立された。(嘉興=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (1)天津市内企業が製造したアイスクリームからコロナ陽性反応

    15日、天津市津南区双港鎮にある天津市大橋道食品。中国天津市感染予防・抑制指揮部(対策本部)は14日、同市津南区の天津市大橋道食品が製造したアイスクリームのサンプルから新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたと明らかにした。感染対策のため、同社関連店舗は全て営業を一時停止し、消毒・殺菌作業を実施した。(天津=新華社記者/李然)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    出荷待つ超低温の冷凍庫 1万カ所の起点施設指定へ

    民間企業で出荷を待つ、新型コロナウイルス感染症のワクチンの保管に使用する、超低温の冷凍庫=13日、相模原市

    撮影: 13日、相模原市

  • 2021年01月15日
    出荷を待つ超低温の冷凍庫 1万カ所の起点施設指定へ

    民間企業で出荷を待つ、新型コロナウイルス感染症のワクチンの保管に使用する、超低温の冷凍庫=13日、相模原市

    撮影: 13日、相模原市

  • 2021年01月15日
    米LA、3人に1人感染か

    新型コロナウイルス感染者が多い国・地域(15日現在)

  • 2021年01月15日
    米LA、3人に1人感染か

    新型コロナウイルス感染者が多い国・地域(15日現在)

  • 2021年01月15日
    米LA、3人に1人感染か

    新型コロナウイルス感染者が多い国・地域(15日現在)

  • 2021年01月15日
    米LA、3人に1人感染か

    新型コロナウイルス感染者が多い国・地域(15日現在)

  • 2021年01月15日
    日欧の金融政策に注目

    日経平均株価の動き

  • 2021年01月15日
    21年産、コメ余り続く

    道府県が示した2021年コメ生産量の目安

  • 2021年01月15日
    21年産、コメ余り続く

    道府県が示した2021年コメ生産量の目安

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月15日
    あいさつする鶴岡会長 ベアの統一要求額設定せず

    全トヨタ労働組合連合会の中央委であいさつする鶴岡光行会長=15日午後、名古屋市

    撮影: 15日午後、名古屋市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月15日
    トヨタ労連の中央委 ベアの統一要求額設定せず

    名古屋市で開かれた全トヨタ労働組合連合会の中央委=15日午後

    撮影: 15日午後

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...