KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ジェット機
  • ビジネスジェット
  • 猪苗代湖
  • 福島県猪苗代町
  • 評価向上
  • 場面パネル
  • 桃太郎電鉄
  • 決算シーン
  • 静岡県富士市
  • エンゼルス

写真・映像

絞り込み
  • 48時間以内
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
48
( 1 48 件を表示)
  • 1
48
( 1 48 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月18日
    試合延期のスタジアム エンゼルス、2試合を延期

    新型コロナウイルスの検査などが必要となったため、エンゼルス―ツインズ戦が延期されたエンゼルスタジアム=17日、アナハイム(共同)

    撮影: 17日、アナハイム

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月18日
    (6)農園に漂う芳香、ブンカンカが満開に河北省邱県

    15日、邯鄲市邱県梁二荘鎮の塢頭村にあるブンカンカ農園で、ブンカンカの花を摘み取る農家。中国河北省邯鄲(かんたん)市邱県でこのほど、2万ムー(約1333ヘクタール)余りにわたって植えられたブンカンカ(文冠果)が満開を迎え、県内の農園には生命力あふれる春の風景が一面に広がっている。同県は近年、農業の産業構造を積極的に調整し、農家の人たちが土地の状況に応じた措置を講じて、ブンカンカ栽培を発展へと導いている。また、「企業+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用。ブンカンカ茶など一連の特色ある製品を研究開発し、ブンカンカ産業の発展をさらに推進することで、地元住民の増収を後押ししている。(石家荘=新華社記者/朱旭東)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月18日
    (1)農園に漂う芳香、ブンカンカが満開に河北省邱県

    15日、邯鄲市邱県梁二荘鎮の塢頭村にあるブンカンカ農園で、ブンカンカを撮影する観光客。中国河北省邯鄲(かんたん)市邱県でこのほど、2万ムー(約1333ヘクタール)余りにわたって植えられたブンカンカ(文冠果)が満開を迎え、県内の農園には生命力あふれる春の風景が一面に広がっている。同県は近年、農業の産業構造を積極的に調整し、農家の人たちが土地の状況に応じた措置を講じて、ブンカンカ栽培を発展へと導いている。また、「企業+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用。ブンカンカ茶など一連の特色ある製品を研究開発し、ブンカンカ産業の発展をさらに推進することで、地元住民の増収を後押ししている。(石家荘=新華社記者/朱旭東)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月18日
    (2)牧草栽培と乳牛飼育を結び付けた「牛経済」を推進河北省唐山市

    16日、唐山市漢沽管理区の牧草栽培拠点で稼働するかんがい用スプリンクラー設備。中国河北省唐山市の漢沽管理区はここ数年、現代的な乳牛飼育業の発展に力を入れている。主導企業の育成を手がかりとし、企業が現代的な管理方法を通じて牧草栽培と乳牛飼育を結び付けた循環式発展モデルを作り上げるようけん引。産業チェーンの継続的な改善により、乳牛飼育の質と効率の向上を効果的に推進している。(唐山=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月18日
    (5)タケノコ産業が収入増を促進湖南省桃江県

    15日、益陽市桃江県の馬迹塘鎮で、仕分けしたタケノコを容器に詰めるタケノコ加工企業の従業員。中国湖南省益陽市桃江県ではこのところ、タケノコが収穫期を迎え、収穫・加工、市場への供給が急ピッチで進められている。同県は近年、「企業+合作社(協同組合)+農家」や「合作社+基地+農家」などの発展モデルを採用し、地元住民の就業と収入増を後押ししてきた。2020年には県内のタケノコ産業が約15万人の雇用を生み出し、農民1人当たりのタケノコによる収入は約3800元(1元=約17円)に達したという。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月18日
    (2)タケノコ産業が収入増を促進湖南省桃江県

    15日、益陽市桃江県の馬迹塘鎮で、タケノコの収穫に励む農家の人。中国湖南省益陽市桃江県ではこのところ、タケノコが収穫期を迎え、収穫・加工、市場への供給が急ピッチで進められている。同県は近年、「企業+合作社(協同組合)+農家」や「合作社+基地+農家」などの発展モデルを採用し、地元住民の就業と収入増を後押ししてきた。2020年には県内のタケノコ産業が約15万人の雇用を生み出し、農民1人当たりのタケノコによる収入は約3800元(1元=約17円)に達したという。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月18日
    (1)牧草栽培と乳牛飼育を結び付けた「牛経済」を推進河北省唐山市

    16日、唐山市漢沽管理区の牧草栽培拠点。(小型無人機から)中国河北省唐山市の漢沽管理区はここ数年、現代的な乳牛飼育業の発展に力を入れている。主導企業の育成を手がかりとし、企業が現代的な管理方法を通じて牧草栽培と乳牛飼育を結び付けた循環式発展モデルを作り上げるようけん引。産業チェーンの継続的な改善により、乳牛飼育の質と効率の向上を効果的に推進している。(唐山=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月18日
    (7)スマート育苗工場、春の農作業を後押し湖南省

    14日、湖南省益陽市大通湖区の宏碩多機能スマート育苗工場で、大量の苗を栽培する循環式の育苗装置。春の耕作シーズンを迎えた中国湖南省益陽市大通湖区の宏碩(こうせき)多機能スマート育苗工場は、本格的な稼働を開始し、育苗作業を急ピッチで進めている。同工場は集中的かつ大規模な育苗を行うとともに、光、湿度、温度の制御や操作の自動化によって春の寒波のリスクを効果的に避けることで、育苗の効率と成苗率の向上を目指すという。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月18日
    (6)タケノコ産業が収入増を促進湖南省桃江県

    15日、益陽市桃江県の馬迹塘鎮で、タケノコの仕分け作業をするタケノコ加工企業の従業員ら。中国湖南省益陽市桃江県ではこのところ、タケノコが収穫期を迎え、収穫・加工、市場への供給が急ピッチで進められている。同県は近年、「企業+合作社(協同組合)+農家」や「合作社+基地+農家」などの発展モデルを採用し、地元住民の就業と収入増を後押ししてきた。2020年には県内のタケノコ産業が約15万人の雇用を生み出し、農民1人当たりのタケノコによる収入は約3800元(1元=約17円)に達したという。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月18日
    (4)タケノコ産業が収入増を促進湖南省桃江県

    15日、益陽市桃江県の馬迹塘鎮で、タケノコの重さを量るタケノコ加工企業の従業員。中国湖南省益陽市桃江県ではこのところ、タケノコが収穫期を迎え、収穫・加工、市場への供給が急ピッチで進められている。同県は近年、「企業+合作社(協同組合)+農家」や「合作社+基地+農家」などの発展モデルを採用し、地元住民の就業と収入増を後押ししてきた。2020年には県内のタケノコ産業が約15万人の雇用を生み出し、農民1人当たりのタケノコによる収入は約3800元(1元=約17円)に達したという。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月18日
    (1)タケノコ産業が収入増を促進湖南省桃江県

    15日、益陽市桃江県の馬迹塘鎮で、収穫したタケノコの皮をむく農家の人。中国湖南省益陽市桃江県ではこのところ、タケノコが収穫期を迎え、収穫・加工、市場への供給が急ピッチで進められている。同県は近年、「企業+合作社(協同組合)+農家」や「合作社+基地+農家」などの発展モデルを採用し、地元住民の就業と収入増を後押ししてきた。2020年には県内のタケノコ産業が約15万人の雇用を生み出し、農民1人当たりのタケノコによる収入は約3800元(1元=約17円)に達したという。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月18日
    (3)タケノコ産業が収入増を促進湖南省桃江県

    15日、益陽市桃江県の馬迹塘鎮で、タケノコの収穫に励む農家の人。中国湖南省益陽市桃江県ではこのところ、タケノコが収穫期を迎え、収穫・加工、市場への供給が急ピッチで進められている。同県は近年、「企業+合作社(協同組合)+農家」や「合作社+基地+農家」などの発展モデルを採用し、地元住民の就業と収入増を後押ししてきた。2020年には県内のタケノコ産業が約15万人の雇用を生み出し、農民1人当たりのタケノコによる収入は約3800元(1元=約17円)に達したという。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月18日
    (1)中国製ワクチン、ベラルーシの工業パークで接種開始

    16日、ベラルーシ・ミンスク郊外の中国ベラルーシ工業パークで、中国製新型コロナワクチンを接種する医療スタッフ。ベラルーシの首都ミンスクにある中国ベラルーシ工業パークでこのほど、同工業パーク開発企業や管理委員会、一部入居企業の従業員を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。ワクチンは中国がベラルーシに援助した中国医薬集団(シノファーム)製不活性化ワクチンで、2月19日にミンスクに到着した。ミンスク空港の近くに位置する同工業パークは、ベラルーシ最大の投資促進プロジェクトで、中国とベラルーシにおける重要な「一帯一路」協力プロジェクトでもある。(ミンスク=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月18日
    (5)中国製ワクチン、ベラルーシの工業パークで接種開始

    16日、ベラルーシ・ミンスク郊外の中国ベラルーシ工業パークで、新型コロナワクチンを接種する医療スタッフ。ベラルーシの首都ミンスクにある中国ベラルーシ工業パークでこのほど、同工業パーク開発企業や管理委員会、一部入居企業の従業員を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。ワクチンは中国がベラルーシに援助した中国医薬集団(シノファーム)製不活性化ワクチンで、2月19日にミンスクに到着した。ミンスク空港の近くに位置する同工業パークは、ベラルーシ最大の投資促進プロジェクトで、中国とベラルーシにおける重要な「一帯一路」協力プロジェクトでもある。(ミンスク=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月18日
    (4)農園に漂う芳香、ブンカンカが満開に河北省邱県

    15日、邯鄲市邱県梁二荘鎮の塢頭村にあるブンカンカ農園で、ブンカンカの花を摘み取る農家。中国河北省邯鄲(かんたん)市邱県でこのほど、2万ムー(約1333ヘクタール)余りにわたって植えられたブンカンカ(文冠果)が満開を迎え、県内の農園には生命力あふれる春の風景が一面に広がっている。同県は近年、農業の産業構造を積極的に調整し、農家の人たちが土地の状況に応じた措置を講じて、ブンカンカ栽培を発展へと導いている。また、「企業+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用。ブンカンカ茶など一連の特色ある製品を研究開発し、ブンカンカ産業の発展をさらに推進することで、地元住民の増収を後押ししている。(石家荘=新華社記者/朱旭東)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月18日
    (2)中国製ワクチン、ベラルーシの工業パークで接種開始

    16日、ベラルーシ・ミンスク郊外の中国ベラルーシ工業パークで、新型コロナワクチンを接種する医療スタッフ。ベラルーシの首都ミンスクにある中国ベラルーシ工業パークでこのほど、同工業パーク開発企業や管理委員会、一部入居企業の従業員を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。ワクチンは中国がベラルーシに援助した中国医薬集団(シノファーム)製不活性化ワクチンで、2月19日にミンスクに到着した。ミンスク空港の近くに位置する同工業パークは、ベラルーシ最大の投資促進プロジェクトで、中国とベラルーシにおける重要な「一帯一路」協力プロジェクトでもある。(ミンスク=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月18日
    (4)中国製ワクチン、ベラルーシの工業パークで接種開始

    16日、ベラルーシ・ミンスク郊外の中国ベラルーシ工業パークで、中国医薬集団(シノファーム)製新型コロナワクチンを示す医療スタッフ。ベラルーシの首都ミンスクにある中国ベラルーシ工業パークでこのほど、同工業パーク開発企業や管理委員会、一部入居企業の従業員を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。ワクチンは中国がベラルーシに援助した中国医薬集団(シノファーム)製不活性化ワクチンで、2月19日にミンスクに到着した。ミンスク空港の近くに位置する同工業パークは、ベラルーシ最大の投資促進プロジェクトで、中国とベラルーシにおける重要な「一帯一路」協力プロジェクトでもある。(ミンスク=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月18日
    (7)タケノコ産業が収入増を促進湖南省桃江県

    15日、益陽市桃江県の馬迹塘鎮で、皮をむいたタケノコをかごに入れる農家の人。中国湖南省益陽市桃江県ではこのところ、タケノコが収穫期を迎え、収穫・加工、市場への供給が急ピッチで進められている。同県は近年、「企業+合作社(協同組合)+農家」や「合作社+基地+農家」などの発展モデルを採用し、地元住民の就業と収入増を後押ししてきた。2020年には県内のタケノコ産業が約15万人の雇用を生み出し、農民1人当たりのタケノコによる収入は約3800元(1元=約17円)に達したという。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月18日
    (8)タケノコ産業が収入増を促進湖南省桃江県

    15日、益陽市桃江県の馬迹塘鎮で、皮をむかれたタケノコを袋から出す合作社の職員。中国湖南省益陽市桃江県ではこのところ、タケノコが収穫期を迎え、収穫・加工、市場への供給が急ピッチで進められている。同県は近年、「企業+合作社(協同組合)+農家」や「合作社+基地+農家」などの発展モデルを採用し、地元住民の就業と収入増を後押ししてきた。2020年には県内のタケノコ産業が約15万人の雇用を生み出し、農民1人当たりのタケノコによる収入は約3800元(1元=約17円)に達したという。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月18日
    (9)タケノコ産業が収入増を促進湖南省桃江県

    15日、益陽市桃江県の馬迹塘鎮で、タケノコの仕分け作業をするタケノコ加工企業の従業員ら。中国湖南省益陽市桃江県ではこのところ、タケノコが収穫期を迎え、収穫・加工、市場への供給が急ピッチで進められている。同県は近年、「企業+合作社(協同組合)+農家」や「合作社+基地+農家」などの発展モデルを採用し、地元住民の就業と収入増を後押ししてきた。2020年には県内のタケノコ産業が約15万人の雇用を生み出し、農民1人当たりのタケノコによる収入は約3800元(1元=約17円)に達したという。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月18日
    (5)農園に漂う芳香、ブンカンカが満開に河北省邱県

    15日、邯鄲市邱県梁二荘鎮の塢頭村にあるブンカンカ農園で、ブンカンカの花を摘み取る農家。中国河北省邯鄲(かんたん)市邱県でこのほど、2万ムー(約1333ヘクタール)余りにわたって植えられたブンカンカ(文冠果)が満開を迎え、県内の農園には生命力あふれる春の風景が一面に広がっている。同県は近年、農業の産業構造を積極的に調整し、農家の人たちが土地の状況に応じた措置を講じて、ブンカンカ栽培を発展へと導いている。また、「企業+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用。ブンカンカ茶など一連の特色ある製品を研究開発し、ブンカンカ産業の発展をさらに推進することで、地元住民の増収を後押ししている。(石家荘=新華社記者/朱旭東)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月18日
    (3)牧草栽培と乳牛飼育を結び付けた「牛経済」を推進河北省唐山市

    16日、唐山市にある乳牛飼育企業で牛に餌を与えるスタッフ。中国河北省唐山市の漢沽管理区はここ数年、現代的な乳牛飼育業の発展に力を入れている。主導企業の育成を手がかりとし、企業が現代的な管理方法を通じて牧草栽培と乳牛飼育を結び付けた循環式発展モデルを作り上げるようけん引。産業チェーンの継続的な改善により、乳牛飼育の質と効率の向上を効果的に推進している。(唐山=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月18日
    (3)中国製ワクチン、ベラルーシの工業パークで接種開始

    16日、ベラルーシ・ミンスク郊外の中国ベラルーシ工業パークで、中国医薬集団(シノファーム)製新型コロナワクチンを示す医療スタッフ。ベラルーシの首都ミンスクにある中国ベラルーシ工業パークでこのほど、同工業パーク開発企業や管理委員会、一部入居企業の従業員を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。ワクチンは中国がベラルーシに援助した中国医薬集団(シノファーム)製不活性化ワクチンで、2月19日にミンスクに到着した。ミンスク空港の近くに位置する同工業パークは、ベラルーシ最大の投資促進プロジェクトで、中国とベラルーシにおける重要な「一帯一路」協力プロジェクトでもある。(ミンスク=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月17日
    廃船危機の観光船 猪苗代湖の象徴、廃船危機

    事業の継承先が見つからず、猪苗代湖畔の桟橋に係留されたままとなっている観光船=1日、福島県猪苗代町

    撮影: 1日、福島県猪苗代町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月17日
    管理を続ける元船長 猪苗代湖の象徴、廃船危機

    事業の継承先が見つからず、猪苗代湖畔の桟橋に係留されたままとなっている観光船の管理を続ける元船長=6日、福島県猪苗代町

    撮影: 6日、福島県猪苗代町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月17日
    船の管理を続ける元船長 猪苗代湖の象徴、廃船危機

    事業の継承先が見つからず、猪苗代湖畔の桟橋に係留されたままとなっている観光船の管理を続ける元船長=6日、福島県猪苗代町

    撮影: 6日、福島県猪苗代町

  • 01:19.58
    2021年04月17日
    「オリコン」 品川ヒロシ監督、サプライズ発表を本人が忘れる事態発生「え?なんだっけ?」

    お笑いコンビ・品川庄司の品川ヒロシ監督が17日、都内で行われた映画『リスタート』(7月16日公開)沖縄国際映画祭上映イベントに登壇した。撮影日時:2021(令和3)年04月17日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 2021年04月17日
    ビジネスジェットの機内 ビジネスジェット評価向上

    ANAビジネスジェットが手配するジェット機内

  • 2021年04月17日
    ビジネスジェットの座席 ビジネスジェット評価向上

    ANAビジネスジェットが手配するジェット機の座席

  • 2021年04月17日
    ビジネスジェットの座席 ビジネスジェット評価向上

    ANAビジネスジェットが手配するジェット機の座席

  • 2021年04月17日
    在籍出向した立崎衣織さん 異なる仕事、配慮が必要

    「トラストバンク」に在籍出向した立崎衣織さん=3月、東京都渋谷区

    撮影: 3月、東京都渋谷区

  • 2021年04月17日
    中村栄輔氏 ひと

    モスフードサービスの中村栄輔社長

  • 2021年04月17日
    つや

    マレーシア・プトラジャヤでマスクメロンを磨く農家。つやを出しているのでしょうか。(ロイター=共同)

  • 2021年04月17日
    ゲーム画面とパネル 「桃鉄」場面パネルで再現

    「桃太郎電鉄」の決算シーンを再現したパネル(奥)とゲーム画面=16日、静岡県富士市

  • 2021年04月17日
    「決算」画面のパネル 「桃鉄」場面パネルで再現

    「桃太郎電鉄」の決算シーンを再現したパネル=16日、静岡県富士市

  • 2021年04月17日
    Formula 1 Championship - Formula 1 Pirelli Gran Premio del Made in Italy e dell‘Emilia Romagna 2021, imola

    April 17, 2021, Imola, Roma, Italy: CAREY Chase (usa), Chairman and CEO Formula One Group FOG, portrait during the Formula 1 Pirelli Gran Premio Del Made In Italy E Dell Emilia Romagna 2021 from April 16 to 18, 2021 on the Autodromo Internazionale Enzo e Dino Ferrari, in Imola, Italy - Photo Florent Gooden / DPPI / LiveMedia (Credit Image: © Dppi/LPS via ZUMA Press)、クレジット:©Dppi/LPS via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※China, France, Germany, Hungary, Italy And Spain Rights Out

  • 2021年04月17日
    Formula 1 Championship - Formula 1 Pirelli Gran Premio del Made in Italy e dell‘Emilia Romagna 2021, imola

    April 17, 2021, Imola, Roma, Italy: CAREY Chase (usa), Chairman and CEO Formula One Group FOG, portrait during the Formula 1 Pirelli Gran Premio Del Made In Italy E Dell Emilia Romagna 2021 from April 16 to 18, 2021 on the Autodromo Internazionale Enzo e Dino Ferrari, in Imola, Italy - Photo Florent Gooden / DPPI / LiveMedia (Credit Image: © Dppi/LPS via ZUMA Press)、クレジット:©Dppi/LPS via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※China, France, Germany, Hungary, Italy And Spain Rights Out

  • 2021年04月17日
    劉鶴氏、新中国航空事業発展70周年座談会に出席

    中国北京市で16日、新中国航空事業発展70周年座談会が開かれた。劉鶴(りゅう・かく)中国共産党中央政治局委員・国務院副総理が出席し、演説した。(北京=新華社記者/殷博古)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    米金融大手3社が最高益

    米金融大手の21年1~3月期決算

  • 2021年04月16日
    米金融大手3社が最高益

    米金融大手の21年1~3月期決算

  • 2021年04月16日
    電源開発の菅野等取締役 山口の石炭火力計画断念

    記者会見する電源開発の菅野等取締役=16日午後、東京都千代田区

    撮影: 16日午後、東京都千代田区

  • 2021年04月16日
    物言う株主と関係改善急ぐ

    東芝の株主構成

  • 2021年04月16日
    謝罪する小林広幸社長 経営陣の違法放置が原因

    記者会見で謝罪する小林化工の小林広幸社長(右)=16日午後、福井県あわら市

  • 2021年04月16日
    調査委員会のメンバー 経営陣の違法放置が原因

    爪水虫などの治療薬に睡眠導入剤成分を混入させた問題で、報告書の内容を説明する調査委員会のメンバー=16日午後、福井県あわら市

    撮影: 16日午後、福井県あわら市

  • 2021年04月16日
    開かれた対策本部会合 まん延防止、10都府県に

    首相官邸で開かれた新型コロナウイルス感染症対策本部会合。埼玉、千葉、神奈川、愛知の4県に「まん延防止等重点措置」の適用追加が決まった=16日午後

    撮影: 16日午後

  • 2021年04月16日
    上海の展示会 原材料高騰、経営を圧迫

    中国・上海で開かれた冷蔵・空調システムや生産設備の展示会=7日(共同)

    撮影: 7日

  • 2021年04月16日
    閑散とする成田空港 水際強化、苦境の航空業界

    閑散とする成田空港第1ターミナル出発ロビー=14日、成田空港

    撮影: 14日、成田空港

  • 2021年04月16日
    閑散とする成田空港 水際強化、苦境の航空業界

    閑散とする成田空港第1ターミナル出発ロビー=14日、成田空港

    撮影: 14日、成田空港

  • 1