KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • オハイオ州
  • コートランド
  • ショナブランド
  • トランプ思考
  • 感染拡大
  • 支持層浸透
  • エースコック
  • オンライン会議
  • カルビー
  • ガトーショコラ

写真・映像

絞り込み
  • 72時間以内
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
130
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
130
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    オンライン会議 養鶏場への指導徹底を要請

    鳥インフルエンザの感染拡大防止に向けたオンライン会議=19日、農水省

    撮影: 19日、農水省

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    ガトーショコラ ネット通販充実、自分用も

    近鉄百貨店本店で販売されているガトーショコラ=19日、大阪市

    撮影: 19日、大阪市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    朝日放送テレビのロゴ 朝日放送、社員を懲戒解雇

    朝日放送テレビのロゴマーク

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    運休知らせるJRの社員 首都圏きょう終電繰り上げ

    新宿駅で終電近くの一部列車の運休を知らせるJR東日本の社員。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、首都圏の大手私鉄なども20日から一斉に終電を早める=19日午前

    撮影: 19日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    記者会見する大橋副会長 経団連「一律賃上げ困難」

    記者会見する経団連の大橋徹二副会長=19日午後、東京都千代田区の経団連会館

    撮影: 19日午後、東京都千代田区の経団連会館

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    鶏のうま味きかせたそば 商品ニュース

    エースコックの「MEGA鶏 濃厚鶏そば」

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    張り紙を指すブランドさん トランプ思考、支持層浸透

    経営する食堂内の入り口に立つショナ・ブランドさん。張り紙には「この店ではマスク着用は義務付けません」と書かれている=2020年12月、米オハイオ州コートランド(共同)

    撮影: 2020年12月、米オハイオ州コートランド

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    ブランドさん トランプ思考、支持層浸透

    経営する食堂で取材に応じるショナ・ブランドさん=2020年12月、米オハイオ州コートランド(共同)

    撮影: 2020年12月、米オハイオ州コートランド

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    福島県知事と経産相 幅広い中小企業に支援を

    福島県の内堀雅雄知事とオンラインで会談する梶山経産相(右)=19日午後、経産省

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    開閉簡単な弁当箱 商品ニュース

    マーナの「楽ランチボックス」

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    ごま油香るポテチ 商品ニュース

    カルビーの「ポテトチップス のりしおとごま油味」

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    林時彦市長 2万円商品券給付を否決

    補正予算案の否決後、報道陣の取材に応じる兵庫県丹波市の林時彦市長=19日午後、丹波市役所

    撮影: 19日午後、丹波市役所

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    会見する河野行革相 ワクチン早期接種に意欲

    オンラインで記者会見する河野行革相=19日午前

    撮影: 19日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    (2)感染症流行で海外留学生の国内就職希望強まる帰国者就職調査

    2020年上海市夏季就職説明会で求人企業を探す求職者。(2020年7月25日撮影)中国の求人サービス大手、智聯招聘とBOSS直聘の2社はこのほど、「2020年中国海外留学帰国者就職調査報告」をそれぞれ発表した。報告によると、例年と比較して、中国の海外留学生の帰国意欲が強かった。国内の新型コロナウイルス感染症予防・抑制対策の効果が良好なことが帰国を選択した理由のトップになっており、また中国の経済発展を確信している人が多いことが明らかになった。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)10万トン級の生産・貯油プラットフォーム「深海1号」が引き渡し

    中国が独自開発した10万トン級深水半潜水式の生産・貯油プラットフォーム「深海1号」エネルギーステーション。(資料写真)中国石油大手、海上石油・天然ガスの調査・開発・生産などを手掛ける中海石油中国傘下の海南分公司はこのほど、中国が独自開発した10万トン級深水半潜水式の生産・貯油プラットフォーム「深海1号」エネルギーステーションが14日に引き渡しを終え、出航したと明らかにした。2月に海南省に到着し、水深1500メートルの深海で開発が進む中国初の自主運営大型ガス田「陵水17-2」の開発に投入される。(海口=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)瀋陽市最大の新型コロナ重点リスク管理区域が封鎖解除遼寧省

    17日、封鎖が解除されたリスク管理区域から外に出る車両を消毒するスタッフ。中国遼寧省瀋陽市の新型コロナウイルス予防抑制・経済社会発展活動統一推進指揮部(対策本部)は17日、同市皇姑区の塔湾、明廉両地区に設けた重点リスク管理区内の中リスク地域を全て低リスク地域に変更したと発表した。重点リスク管理区内の住民を対象に数回実施した核酸検査の結果が全て陰性だったことも明らかにした。同重点リスク管理区域は同日付で封鎖が解除され、管理措置も撤廃された。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)瀋陽市最大の新型コロナ重点リスク管理区域が封鎖解除遼寧省

    17日、昆山西路塔湾街で、スマートフォンを使って自撮りする市民。中国遼寧省瀋陽市の新型コロナウイルス予防抑制・経済社会発展活動統一推進指揮部(対策本部)は17日、同市皇姑区の塔湾、明廉両地区に設けた重点リスク管理区内の中リスク地域を全て低リスク地域に変更したと発表した。重点リスク管理区内の住民を対象に数回実施した核酸検査の結果が全て陰性だったことも明らかにした。同重点リスク管理区域は同日付で封鎖が解除され、管理措置も撤廃された。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で、捕った魚をクレーンで運ぶ漁場スタッフ。(小型無人機から)中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で、魚を計量するため魚籃(びく)に入れる漁場スタッフ。中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)伝統的製法を続ける金華ハム製造工場を訪ねて浙江省金華市

    15日、新鮮な豚の足を塩漬けする従業員。中国浙江省金華市婺城(ぶじょう)区にある金華美福火腿は30年近い歴史のある、昔からの製法でハムを生産する食肉加工企業。地元で生産される「金華ハム」は伝統的に11月から塩漬けを始め、元日前後に乾燥発酵のピークに入り、半年以上の発酵を経てようやく熟成し市場へ出荷できるようになる。同社のハム工場では、毎年7~8万個のハムを生産している。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)伝統的製法を続ける金華ハム製造工場を訪ねて浙江省金華市

    15日、ハムの発酵具合を確認する従業員。中国浙江省金華市婺城(ぶじょう)区にある金華美福火腿は30年近い歴史のある、昔からの製法でハムを生産する食肉加工企業。地元で生産される「金華ハム」は伝統的に11月から塩漬けを始め、元日前後に乾燥発酵のピークに入り、半年以上の発酵を経てようやく熟成し市場へ出荷できるようになる。同社のハム工場では、毎年7~8万個のハムを生産している。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)対外貿易が好調の「雑貨・日用品の都」浙江省義烏市

    14日、義烏市の「ライブ配信産業パーク」で衣料品の販促活動をするライバー(配信者)。「雑貨・日用品の都」と言われる中国浙江省義烏市は、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、感染拡大予防と経済成長のバランスを上手く取っている。税関の統計によると、同市の2020年1~11月の対外貿易総額は前年同期比6・9%増の2859億9千万元(1元=約16円)に達した。(義烏=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で、漁網を設置する漁場スタッフ。(小型無人機から)中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」で、ベッドを組み立てる作業員。中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (9)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮の工場で、塩漬け肉を加工する丁升平さん(左)。丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)伝統的製法を続ける金華ハム製造工場を訪ねて浙江省金華市

    15日、表面が糸状菌で覆われた発酵中のハム。中国浙江省金華市婺城(ぶじょう)区にある金華美福火腿は30年近い歴史のある、昔からの製法でハムを生産する食肉加工企業。地元で生産される「金華ハム」は伝統的に11月から塩漬けを始め、元日前後に乾燥発酵のピークに入り、半年以上の発酵を経てようやく熟成し市場へ出荷できるようになる。同社のハム工場では、毎年7~8万個のハムを生産している。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)伝統的製法を続ける金華ハム製造工場を訪ねて浙江省金華市

    15日、干し場で日光を浴びるハム。中国浙江省金華市婺城(ぶじょう)区にある金華美福火腿は30年近い歴史のある、昔からの製法でハムを生産する食肉加工企業。地元で生産される「金華ハム」は伝統的に11月から塩漬けを始め、元日前後に乾燥発酵のピークに入り、半年以上の発酵を経てようやく熟成し市場へ出荷できるようになる。同社のハム工場では、毎年7~8万個のハムを生産している。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)伝統的製法を続ける金華ハム製造工場を訪ねて浙江省金華市

    15日、干し場で天日干しの状態を確認する従業員。中国浙江省金華市婺城(ぶじょう)区にある金華美福火腿は30年近い歴史のある、昔からの製法でハムを生産する食肉加工企業。地元で生産される「金華ハム」は伝統的に11月から塩漬けを始め、元日前後に乾燥発酵のピークに入り、半年以上の発酵を経てようやく熟成し市場へ出荷できるようになる。同社のハム工場では、毎年7~8万個のハムを生産している。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)伝統的製法を続ける金華ハム製造工場を訪ねて浙江省金華市

    15日、ハムの発酵具合を確認する金華美福火腿の責任者。中国浙江省金華市婺城(ぶじょう)区にある金華美福火腿は30年近い歴史のある、昔からの製法でハムを生産する食肉加工企業。地元で生産される「金華ハム」は伝統的に11月から塩漬けを始め、元日前後に乾燥発酵のピークに入り、半年以上の発酵を経てようやく熟成し市場へ出荷できるようになる。同社のハム工場では、毎年7~8万個のハムを生産している。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)対外貿易が好調の「雑貨・日用品の都」浙江省義烏市

    14日、義烏国際商貿城でサウジアラビアの顧客とテレビ電話で連絡を取りながらティーポットを選ぶイエメンの貿易業者。「雑貨・日用品の都」と言われる中国浙江省義烏市は、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、感染拡大予防と経済成長のバランスを上手く取っている。税関の統計によると、同市の2020年1~11月の対外貿易総額は前年同期比6・9%増の2859億9千万元(1元=約16円)に達した。(義烏=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)伝統的製法を続ける金華ハム製造工場を訪ねて浙江省金華市

    15日、塩漬けしたハムを天日干しするため干し場へ運ぶ従業員。中国浙江省金華市婺城(ぶじょう)区にある金華美福火腿は30年近い歴史のある、昔からの製法でハムを生産する食肉加工企業。地元で生産される「金華ハム」は伝統的に11月から塩漬けを始め、元日前後に乾燥発酵のピークに入り、半年以上の発酵を経てようやく熟成し市場へ出荷できるようになる。同社のハム工場では、毎年7~8万個のハムを生産している。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮の工場で、塩漬け肉製品を運ぶ丁升平さん。丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮の工場で、塩漬け肉製品を選別する丁升平さん。丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮の工場で、塩漬け肉製品を選別する丁升平さん。丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮にある丁升平さんが経営する食肉加工場。(小型無人機から)丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)10万トン級の生産・貯油プラットフォーム「深海1号」が引き渡し

    中国が独自開発した10万トン級深水半潜水式の生産・貯油プラットフォーム「深海1号」エネルギーステーション。(資料写真)中国石油大手、海上石油・天然ガスの調査・開発・生産などを手掛ける中海石油中国傘下の海南分公司はこのほど、中国が独自開発した10万トン級深水半潜水式の生産・貯油プラットフォーム「深海1号」エネルギーステーションが14日に引き渡しを終え、出航したと明らかにした。2月に海南省に到着し、水深1500メートルの深海で開発が進む中国初の自主運営大型ガス田「陵水17-2」の開発に投入される。(海口=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    中国一汽と独アウディ、NEVの合弁会社を長春市に設立

    18日、中国一汽とアウディのNEV生産プロジェクトの契約式。中国自動車大手の中国第一汽車集団、独アウディ、吉林省長春市政府は18日、ビデオ方式を通じ三者間契約を締結、中国一汽とアウディの新エネルギー車(NEV)生産プロジェクトの本部を長春に置くと発表した。同プロジェクトでは、高級電気自動車(EV)用プラットフォーム「プレミアム・プラットフォーム・エレクトリック(PPE)」を導入する予定で、最初の工場の投資額は300億元(1元=約16円)を超える見通し。2024年の生産開始を目指す。(長春=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で漁をする漁場スタッフ。中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で、捕った魚を魚籃(びく)に入れる漁場スタッフ。中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で漁をする漁場スタッフ。中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (8)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で、魚の売上を記録する漁場スタッフ。中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)中国最北の「網紅の街」黒竜江省阿木爾鎮

    大興安嶺林業集団阿木爾林業局の網紅創業センターで宅配便の包装をするライブコマース従事者の孫秀麗(そん・しゅうれい)さん。(資料写真)中国最北の森林地帯、黒竜江省大興安嶺地域に住む潘玉成(はん・ぎょくせい)さん(39)は数年前、天然林の商業伐採が全面停止されたのに伴い、伐採業をやめ、妻の沈紅梅(しん・こうばい)さんと雑貨店を開いたが、辺地のため商売は振るわなかった。そこで2016年10月、インターネットでライブ配信による商品販売を試したところ、意外にもずっと続くことになった。魚釣りや山の幸採取、オンドルの上での東北料理付き晩酌など、最北森林地区の生活そのままの生配信は、視聴者を魅了し、潘さんのフォロワーは数人から100万人以上に膨れ上がり、地元で大人気の「網紅(インフルエンサー)」となった。そして、ライブコマースでの売上高は年間200万元(1元=約16円)以上に達した。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)中国最北の「網紅の街」黒竜江省阿木爾鎮

    大興安嶺林業集団阿木爾林業局の氷でできた小屋の前で、大きな「紅灯籠(赤いちょうちん)」を紹介する潘玉成さん。(資料写真)中国最北の森林地帯、黒竜江省大興安嶺地域に住む潘玉成(はん・ぎょくせい)さん(39)は数年前、天然林の商業伐採が全面停止されたのに伴い、伐採業をやめ、妻の沈紅梅(しん・こうばい)さんと雑貨店を開いたが、辺地のため商売は振るわなかった。そこで2016年10月、インターネットでライブ配信による商品販売を試したところ、意外にもずっと続くことになった。魚釣りや山の幸採取、オンドルの上での東北料理付き晩酌など、最北森林地区の生活そのままの生配信は、視聴者を魅了し、潘さんのフォロワーは数人から100万人以上に膨れ上がり、地元で大人気の「網紅(インフルエンサー)」となった。そして、ライブコマースでの売上高は年間200万元(1元=約16円)以上に達した。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)歴史あるカキ養殖の郷で収穫がピークに広東省陽西県

    13日、広東省陽江市陽西県程村鎮紅光村でカキを収穫する村民。(小型無人機から)中国広東省陽江市陽西県程村鎮では200年以上前からカキの養殖が行われてきた。真冬のこの時期はカキの収穫がピークを迎える。同県は2020年、程村カキ省級現代農業産業パークの建設を加速させ、カキの養殖面積は4万2千ムー(2800ヘクタール)に達し、年産量は6万8千トン、生産高は約4億6千万元(1元=約16円)に上った。また、産業パーク内の農村住民1人当たりの年間平均実収入は1万8200元に達している。(陽西=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)歴史あるカキ養殖の郷で収穫がピークに広東省陽西県

    13日、広東省陽江市陽西県程村鎮紅光村でカキを収穫する村民。中国広東省陽江市陽西県程村鎮では200年以上前からカキの養殖が行われてきた。真冬のこの時期はカキの収穫がピークを迎える。同県は2020年、程村カキ省級現代農業産業パークの建設を加速させ、カキの養殖面積は4万2千ムー(2800ヘクタール)に達し、年産量は6万8千トン、生産高は約4億6千万元(1元=約16円)に上った。また、産業パーク内の農村住民1人当たりの年間平均実収入は1万8200元に達している。(陽西=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)歴史あるカキ養殖の郷で収穫がピークに広東省陽西県

    13日、広東省陽江市陽西県程村鎮紅光村でカキを仕分けて洗う村民。中国広東省陽江市陽西県程村鎮では200年以上前からカキの養殖が行われてきた。真冬のこの時期はカキの収穫がピークを迎える。同県は2020年、程村カキ省級現代農業産業パークの建設を加速させ、カキの養殖面積は4万2千ムー(2800ヘクタール)に達し、年産量は6万8千トン、生産高は約4億6千万元(1元=約16円)に上った。また、産業パーク内の農村住民1人当たりの年間平均実収入は1万8200元に達している。(陽西=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)歴史あるカキ養殖の郷で収穫がピークに広東省陽西県

    13日、広東省陽江市陽西県程村鎮紅光村のカキ養殖場。(小型無人機から)中国広東省陽江市陽西県程村鎮では200年以上前からカキの養殖が行われてきた。真冬のこの時期はカキの収穫がピークを迎える。同県は2020年、程村カキ省級現代農業産業パークの建設を加速させ、カキの養殖面積は4万2千ムー(2800ヘクタール)に達し、年産量は6万8千トン、生産高は約4億6千万元(1元=約16円)に上った。また、産業パーク内の農村住民1人当たりの年間平均実収入は1万8200元に達している。(陽西=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)歴史あるカキ養殖の郷で収穫がピークに広東省陽西県

    13日、広東省陽江市陽西県程村鎮紅光村のカキ養殖場。(小型無人機から)中国広東省陽江市陽西県程村鎮では200年以上前からカキの養殖が行われてきた。真冬のこの時期はカキの収穫がピークを迎える。同県は2020年、程村カキ省級現代農業産業パークの建設を加速させ、カキの養殖面積は4万2千ムー(2800ヘクタール)に達し、年産量は6万8千トン、生産高は約4億6千万元(1元=約16円)に上った。また、産業パーク内の農村住民1人当たりの年間平均実収入は1万8200元に達している。(陽西=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)歴史あるカキ養殖の郷で収穫がピークに広東省陽西県

    13日、広東省陽江市陽西県程村鎮紅光村のカキ養殖場。(小型無人機から)中国広東省陽江市陽西県程村鎮では200年以上前からカキの養殖が行われてきた。真冬のこの時期はカキの収穫がピークを迎える。同県は2020年、程村カキ省級現代農業産業パークの建設を加速させ、カキの養殖面積は4万2千ムー(2800ヘクタール)に達し、年産量は6万8千トン、生産高は約4億6千万元(1元=約16円)に上った。また、産業パーク内の農村住民1人当たりの年間平均実収入は1万8200元に達している。(陽西=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)対外貿易が好調の「雑貨・日用品の都」浙江省義烏市

    14日、義烏国際商貿城で調理器具を選ぶケニアの貿易業者。「雑貨・日用品の都」と言われる中国浙江省義烏市は、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、感染拡大予防と経済成長のバランスを上手く取っている。税関の統計によると、同市の2020年1~11月の対外貿易総額は前年同期比6・9%増の2859億9千万元(1元=約16円)に達した。(義烏=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (8)瀋陽市最大の新型コロナ重点リスク管理区域が封鎖解除遼寧省

    17日、空から見た瀋陽市皇姑区の塔湾、明廉両地区。(小型無人機から)中国遼寧省瀋陽市の新型コロナウイルス予防抑制・経済社会発展活動統一推進指揮部(対策本部)は17日、同市皇姑区の塔湾、明廉両地区に設けた重点リスク管理区内の中リスク地域を全て低リスク地域に変更したと発表した。重点リスク管理区内の住民を対象に数回実施した核酸検査の結果が全て陰性だったことも明らかにした。同重点リスク管理区域は同日付で封鎖が解除され、管理措置も撤廃された。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)中国最北の「網紅の街」黒竜江省阿木爾鎮

    大興安嶺林業集団阿木爾林業局の網紅起業センターで、空き時間を利用しライブコマースを行う幼稚園の先生たち。(2020年12月3日撮影)中国最北の森林地帯、黒竜江省大興安嶺地域に住む潘玉成(はん・ぎょくせい)さん(39)は数年前、天然林の商業伐採が全面停止されたのに伴い、伐採業をやめ、妻の沈紅梅(しん・こうばい)さんと雑貨店を開いたが、辺地のため商売は振るわなかった。そこで2016年10月、インターネットでライブ配信による商品販売を試したところ、意外にもずっと続くことになった。魚釣りや山の幸採取、オンドルの上での東北料理付き晩酌など、最北森林地区の生活そのままの生配信は、視聴者を魅了し、潘さんのフォロワーは数人から100万人以上に膨れ上がり、地元で大人気の「網紅(インフルエンサー)」となった。そして、ライブコマースでの売上高は年間200万元(1元=約16円)以上に達した。(ハルビン=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で、捕った魚をクレーンで運ぶ漁場スタッフ。(小型無人機から)中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (8)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮の工場で、ライブ配信を通して塩漬け肉製品をPRする丁升平さん。丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」で、プレハブハウス周囲の地面にシートを張る作業員。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (9)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (11)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」で、完成したプレハブハウスを清掃する作業員。中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (10)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)瀋陽市最大の新型コロナ重点リスク管理区域が封鎖解除遼寧省

    17日、封鎖が解除されたリスク管理区域から外に出る車両を消毒するスタッフ。中国遼寧省瀋陽市の新型コロナウイルス予防抑制・経済社会発展活動統一推進指揮部(対策本部)は17日、同市皇姑区の塔湾、明廉両地区に設けた重点リスク管理区内の中リスク地域を全て低リスク地域に変更したと発表した。重点リスク管理区内の住民を対象に数回実施した核酸検査の結果が全て陰性だったことも明らかにした。同重点リスク管理区域は同日付で封鎖が解除され、管理措置も撤廃された。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)瀋陽市最大の新型コロナ重点リスク管理区域が封鎖解除遼寧省

    17日、運行が再開された地下鉄塔湾街駅に入る市民。中国遼寧省瀋陽市の新型コロナウイルス予防抑制・経済社会発展活動統一推進指揮部(対策本部)は17日、同市皇姑区の塔湾、明廉両地区に設けた重点リスク管理区内の中リスク地域を全て低リスク地域に変更したと発表した。重点リスク管理区内の住民を対象に数回実施した核酸検査の結果が全て陰性だったことも明らかにした。同重点リスク管理区域は同日付で封鎖が解除され、管理措置も撤廃された。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    (1)感染症流行で海外留学生の国内就職希望強まる帰国者就職調査

    2020年上海市夏季就職説明会で求人企業を探す求職者。(2020年7月25日撮影)中国の求人サービス大手、智聯招聘とBOSS直聘の2社はこのほど、「2020年中国海外留学帰国者就職調査報告」をそれぞれ発表した。報告によると、例年と比較して、中国の海外留学生の帰国意欲が強かった。国内の新型コロナウイルス感染症予防・抑制対策の効果が良好なことが帰国を選択した理由のトップになっており、また中国の経済発展を確信している人が多いことが明らかになった。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    (3)感染症流行で海外留学生の国内就職希望強まる帰国者就職調査

    2020年上海市夏季就職説明会で求職者と交流する求人側スタッフ。(2020年7月25日撮影)中国の求人サービス大手、智聯招聘とBOSS直聘の2社はこのほど、「2020年中国海外留学帰国者就職調査報告」をそれぞれ発表した。報告によると、例年と比較して、中国の海外留学生の帰国意欲が強かった。国内の新型コロナウイルス感染症予防・抑制対策の効果が良好なことが帰国を選択した理由のトップになっており、また中国の経済発展を確信している人が多いことが明らかになった。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)歴史あるカキ養殖の郷で収穫がピークに広東省陽西県

    13日、広東省陽江市陽西県程村鎮紅光村でカキを収穫する村民。中国広東省陽江市陽西県程村鎮では200年以上前からカキの養殖が行われてきた。真冬のこの時期はカキの収穫がピークを迎える。同県は2020年、程村カキ省級現代農業産業パークの建設を加速させ、カキの養殖面積は4万2千ムー(2800ヘクタール)に達し、年産量は6万8千トン、生産高は約4億6千万元(1元=約16円)に上った。また、産業パーク内の農村住民1人当たりの年間平均実収入は1万8200元に達している。(陽西=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)対外貿易が好調の「雑貨・日用品の都」浙江省義烏市

    14日、義烏国際商貿城で調理器具を選ぶケニアの貿易業者(左)。「雑貨・日用品の都」と言われる中国浙江省義烏市は、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、感染拡大予防と経済成長のバランスを上手く取っている。税関の統計によると、同市の2020年1~11月の対外貿易総額は前年同期比6・9%増の2859億9千万元(1元=約16円)に達した。(義烏=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (8)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」で、プレハブハウス周囲の地面にシートを張る作業員。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」で、廊下の清掃をする作業員。中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮の工場で、塩漬け肉製品を運ぶ丁升平さん。(小型無人機から)丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮の工場で、塩漬け肉製品を運ぶ丁升平さん。丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    押収したパソコンなど 仮想通貨で配当と詐取疑い

    岩手県警が「デイリス」から押収したパソコンなど=18日午後、盛岡東署

    撮影: 18日午後、盛岡東署

  • 2021年01月18日
    繁華街入り口の掲示 ハードル高い8%成長

    繁華街の入り口に設置されたスマートフォンの電子健康証明を求める掲示=14日、北京(共同)

    撮影: 14日、北京

  • 2021年01月18日
    国家統計局の記者会見 中国経済、主要国唯一伸び

    中国国家統計局の記者会見=18日、北京(共同)

    撮影: 18日、北京

  • 2021年01月18日
    引き揚げる寧吉哲局長 中国経済、主要国唯一伸び

    記者会見を終え、引き揚げる中国国家統計局の寧吉哲局長(右端)=18日、北京(共同)

  • 2021年01月18日
    林欣吾中部電力社長 再エネと原発再稼働に意欲

    インタビューに答える中部電力の林欣吾社長

  • 2021年01月18日
    中部電力の林欣吾社長 再エネと原発再稼働に意欲

    インタビューに答える中部電力の林欣吾社長

  • 2021年01月18日
    レモン果皮使用のサワー 商品ニュース

    宝酒造の「宝 極上レモンサワー〈爽快レモンチェッロ〉」

  • 2021年01月18日
    衝撃に強いホチキス 商品ニュース

    マックスのホチキス「HD―10G」

  • 2021年01月18日
    公明党の対策本部会合 事業者支援、義務規定に

    公明党が開いた新型コロナウイルス感染症対策に関する会合=18日午後、国会

    撮影: 18日午後、国会

  • 2021年01月18日
    公明党の対策本部会合 事業者支援、義務規定に

    公明党が開いた新型コロナウイルス感染症対策に関する会合=18日午後、国会

    撮影: 18日午後、国会

  • 2021年01月18日
    国家統計局の記者会見 中国の成長率2・3%

    中国のGDP速報値を発表する国家統計局の記者会見=18日、北京(共同)

    撮影: 18日、北京

  • 2021年01月18日
    東善明氏 日銀仙台支店長に大山氏

    日銀新潟支店長に就任した東善明氏

  • 2021年01月18日
    大山慎介氏 日銀仙台支店長に大山氏

    日銀仙台支店長に就任した大山慎介氏

  • 2021年01月18日
    資料を受け取る報道関係者 中国の成長率2・3%

    中国国家統計局のGDP速報値に関する資料を受け取る報道関係者ら=18日、北京(共同)

    撮影: 18日、北京

  • 2021年01月18日
    資料配布を待つ報道関係者 中国の成長率2・3%

    中国国家統計局のGDP速報値に関する資料の配布を待つ報道関係者ら=18日、北京(共同)

    撮影: 18日、北京

  • 2021年01月18日
    資料配布を待つ報道関係者 中国の成長率2・3%

    中国国家統計局のGDP速報値に関する資料の配布を待つ報道関係者ら=18日、北京(共同)

    撮影: 18日、北京

  • 2021年01月18日
    People‘s daily life and China‘s GDP in Fuyang, China - 17,18 Jan 2021

    January 18, 2021, Fuyang, Anhui, China: A man wearing a facemask buy daily necessities at hejiahuan supermarket..China‘s economy grew by 2.3 percent in 2020, the National Bureau of Statistics said on Monday. The country‘s annual GDP (Gross domestic product) came in at 101.59 trillion yuan ($15.68 trillion) in 2020, surpassing the 100 trillion yuan threshold, the NBS (National Bureau of Statistics of China) said. (Credit Image: © Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    People‘s daily life and China‘s GDP in Fuyang, China - 17,18 Jan 2021

    January 18, 2021, Fuyang, Anhui, China: A woman wearing a facemask buy instant noodles at Hejiahuan supermarket..China‘s economy grew by 2.3 percent in 2020, the National Bureau of Statistics said on Monday. The country‘s annual GDP (Gross domestic product) came in at 101.59 trillion yuan ($15.68 trillion) in 2020, surpassing the 100 trillion yuan threshold, the NBS (National Bureau of Statistics of China) said. (Credit Image: © Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    People‘s daily life and China‘s GDP in Fuyang, China - 17,18 Jan 2021

    January 18, 2021, Fuyang, Anhui, China: A woman wearing a facemask buy fruits at Hejiahuan supermarket..China‘s economy grew by 2.3 percent in 2020, the National Bureau of Statistics said on Monday. The country‘s annual GDP (Gross domestic product) came in at 101.59 trillion yuan ($15.68 trillion) in 2020, surpassing the 100 trillion yuan threshold, the NBS (National Bureau of Statistics of China) said. (Credit Image: © Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    People‘s daily life and China‘s GDP in Fuyang, China - 17,18 Jan 2021

    January 18, 2021, Fuyang, Anhui, China: A woman wearing a facemask buy fruits at Hejiahuan supermarket..China‘s economy grew by 2.3 percent in 2020, the National Bureau of Statistics said on Monday. The country‘s annual GDP (Gross domestic product) came in at 101.59 trillion yuan ($15.68 trillion) in 2020, surpassing the 100 trillion yuan threshold, the NBS (National Bureau of Statistics of China) said. (Credit Image: © Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    People‘s daily life and China‘s GDP in Fuyang, China - 17,18 Jan 2021

    January 18, 2021, Fuyang, Anhui, China: People wearing masks buy fruits at Hejiahuan supermarket..China‘s economy grew by 2.3 percent in 2020, the National Bureau of Statistics said on Monday. The country‘s annual GDP (Gross domestic product) came in at 101.59 trillion yuan ($15.68 trillion) in 2020, surpassing the 100 trillion yuan threshold, the NBS (National Bureau of Statistics of China) said. (Credit Image: © Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    People‘s daily life and China‘s GDP in Fuyang, China - 17,18 Jan 2021

    January 18, 2021, Fuyang, Anhui, China: People wearing masks buy vegetables at Hejiahuan supermarket..China‘s economy grew by 2.3 percent in 2020, the National Bureau of Statistics said on Monday. The country‘s annual GDP (Gross domestic product) came in at 101.59 trillion yuan ($15.68 trillion) in 2020, surpassing the 100 trillion yuan threshold, the NBS (National Bureau of Statistics of China) said. (Credit Image: © Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    People‘s daily life and China‘s GDP in Fuyang, China - 17,18 Jan 2021

    January 18, 2021, Fuyang, Anhui, China: Vegetable seen at Hejiahuan supermarket..China‘s economy grew by 2.3 percent in 2020, the National Bureau of Statistics said on Monday. The country‘s annual GDP (Gross domestic product) came in at 101.59 trillion yuan ($15.68 trillion) in 2020, surpassing the 100 trillion yuan threshold, the NBS (National Bureau of Statistics of China) said. (Credit Image: © Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    People‘s daily life and China‘s GDP in Fuyang, China - 17,18 Jan 2021

    January 18, 2021, Fuyang, Anhui, China: Vegetable seen at Hejiahuan supermarket..China‘s economy grew by 2.3 percent in 2020, the National Bureau of Statistics said on Monday. The country‘s annual GDP (Gross domestic product) came in at 101.59 trillion yuan ($15.68 trillion) in 2020, surpassing the 100 trillion yuan threshold, the NBS (National Bureau of Statistics of China) said. (Credit Image: © Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    People‘s daily life and China‘s GDP in Fuyang, China - 17,18 Jan 2021

    January 18, 2021, Fuyang, Anhui, China: A woman wearing a facemask buy nuts at Hejiahuan supermarket..China‘s economy grew by 2.3 percent in 2020, the National Bureau of Statistics said on Monday. The country‘s annual GDP (Gross domestic product) came in at 101.59 trillion yuan ($15.68 trillion) in 2020, surpassing the 100 trillion yuan threshold, the NBS (National Bureau of Statistics of China) said. (Credit Image: © Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    People‘s daily life and China‘s GDP in Fuyang, China - 17,18 Jan 2021

    January 18, 2021, Fuyang, Anhui, China: A woman wearing a facemask buy nuts at Hejiahuan supermarket..China‘s economy grew by 2.3 percent in 2020, the National Bureau of Statistics said on Monday. The country‘s annual GDP (Gross domestic product) came in at 101.59 trillion yuan ($15.68 trillion) in 2020, surpassing the 100 trillion yuan threshold, the NBS (National Bureau of Statistics of China) said. (Credit Image: © Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    (3)イチゴ・ブルーベリー産業で増収を後押し黒竜江省孫呉県

    9日、黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークで、ブルーベリーの生育状況を確認する同パークの責任者、趙軍(ちょう・ぐん)さん。中国黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークにある温室内では現在、間もなく成熟するブルーベリーとイチゴが出荷を待っている。同パークにある温室では、スマート温度制御や点滴かんがい、リアルタイムモニタリングや液体肥料が一体化したスマート保温システムを利用し、無土壌栽培を採用。パークは毎年、周辺に住む労働者40人余りの増収を後押ししており、1人当たりの平均年収は1万元(1元=約16円)余りに上っている。(黒河=新華社配信/孫美玲)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    (2)イチゴ・ブルーベリー産業で増収を後押し黒竜江省孫呉県

    9日、黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークで栽培されているブルーベリーの木。中国黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークにある温室内では現在、間もなく成熟するブルーベリーとイチゴが出荷を待っている。同パークにある温室では、スマート温度制御や点滴かんがい、リアルタイムモニタリングや液体肥料が一体化したスマート保温システムを利用し、無土壌栽培を採用。パークは毎年、周辺に住む労働者40人余りの増収を後押ししており、1人当たりの平均年収は1万元(1元=約16円)余りに上っている。(黒河=新華社配信/孫美玲)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2