KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 風景メイン
  • 貧困脱却
  • 田園風景
  • 北海道美瑛町
  • 貧困世帯
  • 日本農業新聞
  • 中国河北省
  • 張家口市
  • ドローン
  • 小型無人機

「ジャガイモ」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
322
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
322
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年02月17日
    (1)中国各地で農作業始まる、二十四節気「雨水」控え

    17日、山東省棗荘市山亭区城頭鎮夏荘村で、ジャガイモの種まきの準備をする農家の人。農作業の準備を始める目安とされる二十四節気の「雨水(うすい)」を翌日に控えた17日、中国各地で農家の人たちが春の種まきや麦畑への肥料やり、農業用ハウスの整備などに励む姿が見られた。(棗荘=新華社配信/劉明祥)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (1)雲南省の貧困地区農民、貧困脱却に成功国家統計局雲南調査総隊

    雲南省昭通市の移住・転居による貧困救済事業の移住者向け居住地、靖安新区にある広場で焼きジャガイモを売る転入住民。(2020年8月8日撮影)中国の国家統計局雲南調査総隊は1月30日、2020年の雲南省貧困地区の農民1人当たり可処分所得が、前年同期比9%増の1万1740元(1元=約16円)に達し、全国平均を2・1ポイント、省内農村住民平均を1・1ポイント、それぞれ上回ったと報告した。(昭通=新華社記者/林碧鋒)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    選果場のロボット 物流止めず、生活守る

    選果場でジャガイモが入った箱をつかみ上げるロボット=北海道士幌町

    撮影: 北海道士幌町

  • 2020年10月21日
    ジャガイモの里に実りの秋寧夏回族自治区

    21日、固原市西吉県将台堡鎮のジャガイモ取引市場でジャガイモを袋詰めする農民。「ジャガイモの里」として知られる中国寧夏回族自治区固原市西吉県は10月に入り、収穫や販売の最盛期を迎えている。同自治区内で唯一、貧困脱却を達成していない西吉県で、ジャガイモ生産は重要な産業となっている。県内では今年、ジャガイモの作付面積が80万ムー(約5万3千ヘクタール)、総生産量が160万トンになると見込まれている。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    ジャガイモの里に実りの秋寧夏回族自治区

    21日、固原市西吉県将台堡鎮のジャガイモ取引市場でジャガイモを袋詰めする農民。「ジャガイモの里」として知られる中国寧夏回族自治区固原市西吉県は10月に入り、収穫や販売の最盛期を迎えている。同自治区内で唯一、貧困脱却を達成していない西吉県で、ジャガイモ生産は重要な産業となっている。県内では今年、ジャガイモの作付面積が80万ムー(約5万3千ヘクタール)、総生産量が160万トンになると見込まれている。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    ジャガイモの里に実りの秋寧夏回族自治区

    21日、ジャガイモを積み、固原市西吉県馬蓮郷のでんぷん工場前で列を成すトラック。(小型無人機から)「ジャガイモの里」として知られる中国寧夏回族自治区固原市西吉県は10月に入り、収穫や販売の最盛期を迎えている。同自治区内で唯一、貧困脱却を達成していない西吉県で、ジャガイモ生産は重要な産業となっている。県内では今年、ジャガイモの作付面積が80万ムー(約5万3千ヘクタール)、総生産量が160万トンになると見込まれている。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    ジャガイモの里に実りの秋寧夏回族自治区

    21日、固原市西吉県将台堡鎮のジャガイモ取引市場でジャガイモを袋詰めする農民。(小型無人機から)「ジャガイモの里」として知られる中国寧夏回族自治区固原市西吉県は10月に入り、収穫や販売の最盛期を迎えている。同自治区内で唯一、貧困脱却を達成していない西吉県で、ジャガイモ生産は重要な産業となっている。県内では今年、ジャガイモの作付面積が80万ムー(約5万3千ヘクタール)、総生産量が160万トンになると見込まれている。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    ジャガイモの里に実りの秋寧夏回族自治区

    21日、固原市西吉県将台堡鎮のジャガイモ取引市場。(小型無人機から)「ジャガイモの里」として知られる中国寧夏回族自治区固原市西吉県は10月に入り、収穫や販売の最盛期を迎えている。同自治区内で唯一、貧困脱却を達成していない西吉県で、ジャガイモ生産は重要な産業となっている。県内では今年、ジャガイモの作付面積が80万ムー(約5万3千ヘクタール)、総生産量が160万トンになると見込まれている。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    ジャガイモの里に実りの秋寧夏回族自治区

    21日、固原市西吉県馬蓮郷のでんぷん工場で、積み荷のジャガイモを降ろすトラック。「ジャガイモの里」として知られる中国寧夏回族自治区固原市西吉県は10月に入り、収穫や販売の最盛期を迎えている。同自治区内で唯一、貧困脱却を達成していない西吉県で、ジャガイモ生産は重要な産業となっている。県内では今年、ジャガイモの作付面積が80万ムー(約5万3千ヘクタール)、総生産量が160万トンになると見込まれている。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    ジャガイモの里に実りの秋寧夏回族自治区

    21日、固原市西吉県馬蓮郷でジャガイモを買い付けるでんぷん工場の関係者。(小型無人機から)「ジャガイモの里」として知られる中国寧夏回族自治区固原市西吉県は10月に入り、収穫や販売の最盛期を迎えている。同自治区内で唯一、貧困脱却を達成していない西吉県で、ジャガイモ生産は重要な産業となっている。県内では今年、ジャガイモの作付面積が80万ムー(約5万3千ヘクタール)、総生産量が160万トンになると見込まれている。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    ジャガイモの里に実りの秋寧夏回族自治区

    21日、固原市西吉県将台堡鎮のジャガイモ取引市場で、袋詰めしたジャガイモを積み上げる農民。「ジャガイモの里」として知られる中国寧夏回族自治区固原市西吉県は10月に入り、収穫や販売の最盛期を迎えている。同自治区内で唯一、貧困脱却を達成していない西吉県で、ジャガイモ生産は重要な産業となっている。県内では今年、ジャガイモの作付面積が80万ムー(約5万3千ヘクタール)、総生産量が160万トンになると見込まれている。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月20日
    農業を高度化、新型ジャガイモ収穫機が登場寧夏回族自治区

    20日、寧夏回族自治区固原市原州区中河郷豊堡村で、農家に新型ジャガイモ収穫機について紹介する職員。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区固原市原州区は20日、区内の中河郷豊堡村でジャガイモ栽培の完全機械化の実演・見学会を開催し、地元農家を対象に新型ジャガイモ収穫機の使い方や性能を紹介した。従来の収穫方法では1人が収穫できる量は1日約1トンだが、新型ジャガイモ収穫機では1日約80トンの収穫が可能という。ジャガイモ栽培は同区の特徴的な産業であり、かつ貧困脱却堅塁攻略の主要産業で、約13万5千ムー(9千ヘクタール)の栽培面積を誇る。同区はここ数年、農業の機械化の推進と機械設備の高度化を加速させており、2019年末時点で区内の主要農作物栽培における総合機械化レベルは72%に達している。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月20日
    農業を高度化、新型ジャガイモ収穫機が登場寧夏回族自治区

    20日、寧夏回族自治区固原市原州区中河郷豊堡村で、農家に新型ジャガイモ収穫機について紹介する職員。中国寧夏回族自治区固原市原州区は20日、区内の中河郷豊堡村でジャガイモ栽培の完全機械化の実演・見学会を開催し、地元農家を対象に新型ジャガイモ収穫機の使い方や性能を紹介した。従来の収穫方法では1人が収穫できる量は1日約1トンだが、新型ジャガイモ収穫機では1日約80トンの収穫が可能という。ジャガイモ栽培は同区の特徴的な産業であり、かつ貧困脱却堅塁攻略の主要産業で、約13万5千ムー(9千ヘクタール)の栽培面積を誇る。同区はここ数年、農業の機械化の推進と機械設備の高度化を加速させており、2019年末時点で区内の主要農作物栽培における総合機械化レベルは72%に達している。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月20日
    農業を高度化、新型ジャガイモ収穫機が登場寧夏回族自治区

    20日、寧夏回族自治区固原市原州区中河郷豊堡村で、農家に新型ジャガイモ収穫機について紹介する職員(右)。中国寧夏回族自治区固原市原州区は20日、区内の中河郷豊堡村でジャガイモ栽培の完全機械化の実演・見学会を開催し、地元農家を対象に新型ジャガイモ収穫機の使い方や性能を紹介した。従来の収穫方法では1人が収穫できる量は1日約1トンだが、新型ジャガイモ収穫機では1日約80トンの収穫が可能という。ジャガイモ栽培は同区の特徴的な産業であり、かつ貧困脱却堅塁攻略の主要産業で、約13万5千ムー(9千ヘクタール)の栽培面積を誇る。同区はここ数年、農業の機械化の推進と機械設備の高度化を加速させており、2019年末時点で区内の主要農作物栽培における総合機械化レベルは72%に達している。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月20日
    農業を高度化、新型ジャガイモ収穫機が登場寧夏回族自治区

    20日、寧夏回族自治区固原市原州区中河郷豊堡村で、農家に新型ジャガイモ収穫機について紹介する職員。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区固原市原州区は20日、区内の中河郷豊堡村でジャガイモ栽培の完全機械化の実演・見学会を開催し、地元農家を対象に新型ジャガイモ収穫機の使い方や性能を紹介した。従来の収穫方法では1人が収穫できる量は1日約1トンだが、新型ジャガイモ収穫機では1日約80トンの収穫が可能という。ジャガイモ栽培は同区の特徴的な産業であり、かつ貧困脱却堅塁攻略の主要産業で、約13万5千ムー(9千ヘクタール)の栽培面積を誇る。同区はここ数年、農業の機械化の推進と機械設備の高度化を加速させており、2019年末時点で区内の主要農作物栽培における総合機械化レベルは72%に達している。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月20日
    農業を高度化、新型ジャガイモ収穫機が登場寧夏回族自治区

    20日、寧夏回族自治区固原市原州区中河郷豊堡村で、農家に新型ジャガイモ収穫機について紹介する職員(右)。中国寧夏回族自治区固原市原州区は20日、区内の中河郷豊堡村でジャガイモ栽培の完全機械化の実演・見学会を開催し、地元農家を対象に新型ジャガイモ収穫機の使い方や性能を紹介した。従来の収穫方法では1人が収穫できる量は1日約1トンだが、新型ジャガイモ収穫機では1日約80トンの収穫が可能という。ジャガイモ栽培は同区の特徴的な産業であり、かつ貧困脱却堅塁攻略の主要産業で、約13万5千ムー(9千ヘクタール)の栽培面積を誇る。同区はここ数年、農業の機械化の推進と機械設備の高度化を加速させており、2019年末時点で区内の主要農作物栽培における総合機械化レベルは72%に達している。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月20日
    農業を高度化、新型ジャガイモ収穫機が登場寧夏回族自治区

    20日、寧夏回族自治区固原市原州区中河郷豊堡村で、農家に新型ジャガイモ収穫機について紹介する職員。中国寧夏回族自治区固原市原州区は20日、区内の中河郷豊堡村でジャガイモ栽培の完全機械化の実演・見学会を開催し、地元農家を対象に新型ジャガイモ収穫機の使い方や性能を紹介した。従来の収穫方法では1人が収穫できる量は1日約1トンだが、新型ジャガイモ収穫機では1日約80トンの収穫が可能という。ジャガイモ栽培は同区の特徴的な産業であり、かつ貧困脱却堅塁攻略の主要産業で、約13万5千ムー(9千ヘクタール)の栽培面積を誇る。同区はここ数年、農業の機械化の推進と機械設備の高度化を加速させており、2019年末時点で区内の主要農作物栽培における総合機械化レベルは72%に達している。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    ジャガイモの生産で農家の増収目指す青海省

    10日、青海省海東市互助トゥ族自治県卓扎灘村の畑で、ジャガイモの収穫作業に励む農家の人たち。中国青海省海東市互助トゥ族自治県威遠鎮の卓扎灘村は近年、ジャガイモ産業の発展を推進することで農家の増収を後押ししている。(海東=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    ジャガイモの生産で農家の増収目指す青海省

    10日、青海省海東市互助トゥ族自治県卓扎灘村の畑で、収穫したジャガイモを袋に入れる農家の人たち。中国青海省海東市互助トゥ族自治県威遠鎮の卓扎灘村は近年、ジャガイモ産業の発展を推進することで農家の増収を後押ししている。(海東=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    ジャガイモの生産で農家の増収目指す青海省

    10日、青海省海東市互助トゥ族自治県卓扎灘村の畑で、ジャガイモの収穫作業に励む農家の人。中国青海省海東市互助トゥ族自治県威遠鎮の卓扎灘村は近年、ジャガイモ産業の発展を推進することで農家の増収を後押ししている。(海東=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    ジャガイモの生産で農家の増収目指す青海省

    10日、青海省海東市互助トゥ族自治県卓扎灘村の畑で、ジャガイモの収穫作業に励む農家の人。中国青海省海東市互助トゥ族自治県威遠鎮の卓扎灘村は近年、ジャガイモ産業の発展を推進することで農家の増収を後押ししている。(海東=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    ジャガイモの生産で農家の増収目指す青海省

    10日、青海省海東市互助トゥ族自治県卓扎灘村の畑で、ジャガイモの収穫作業に励む農家の人たち。(小型無人機から)中国青海省海東市互助トゥ族自治県威遠鎮の卓扎灘村は近年、ジャガイモ産業の発展を推進することで農家の増収を後押ししている。(海東=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    ジャガイモの生産で農家の増収目指す青海省

    10日、青海省海東市互助トゥ族自治県卓扎灘村の畑で、ジャガイモの収穫作業に励む農家の人。中国青海省海東市互助トゥ族自治県威遠鎮の卓扎灘村は近年、ジャガイモ産業の発展を推進することで農家の増収を後押ししている。(海東=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    ジャガイモの生産で農家の増収目指す青海省

    10日、青海省海東市互助トゥ族自治県卓扎灘村の畑で、収穫したジャガイモを荷台に積み込む農家の人たち。中国青海省海東市互助トゥ族自治県威遠鎮の卓扎灘村は近年、ジャガイモ産業の発展を推進することで農家の増収を後押ししている。(海東=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    ジャガイモの生産で農家の増収目指す青海省

    10日、青海省海東市互助トゥ族自治県卓扎灘村の畑で、収穫したジャガイモを荷台に積み込む農家の人たち。中国青海省海東市互助トゥ族自治県威遠鎮の卓扎灘村は近年、ジャガイモ産業の発展を推進することで農家の増収を後押ししている。(海東=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    ジャガイモの生産で農家の増収目指す青海省

    10日、青海省海東市互助トゥ族自治県卓扎灘村の畑で、収穫したジャガイモを荷台に積み込む農家の人たち。中国青海省海東市互助トゥ族自治県威遠鎮の卓扎灘村は近年、ジャガイモ産業の発展を推進することで農家の増収を後押ししている。(海東=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    ジャガイモの生産で農家の増収目指す青海省

    10日、青海省海東市互助トゥ族自治県卓扎灘村の畑で、ジャガイモの収穫作業に励む農家の人。中国青海省海東市互助トゥ族自治県威遠鎮の卓扎灘村は近年、ジャガイモ産業の発展を推進することで農家の増収を後押ししている。(海東=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.40
    2020年08月30日
    「新華社」かつての廃鉱が増収をもたらす農地に再生陝西省楡林市

    中国陝西省楡林市府谷県の西尭溝村は、国家能源集団三道溝炭鉱の付近に位置し、その脆弱な生態環境により国家黄河流域水土流出重点監督区に指定されている。生態系回復のため、同村は鉱区生態修復整備プロジェクトを実施、1万2千ムー(800ヘクタール)の山地を再緑化しただけでなく、整地した2千ムー(約133ヘクタール)余りの土地でリンゴやジャガイモ、マクワウリなどの経済作物を栽培し、地元の村民に増収への新たな道を切り開いている。(記者/李亜楠)<映像内容>陝西省楡林市の農地の風景など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.45
    2020年08月28日
    「新華社」ジャガイモの収穫期迎える黒竜江省克山県

    松嫩平原の奥地に位置する中国黒竜江省チチハル市克山県ではこのところ、6万ムー(4千ヘクタール)に及ぶジャガイモ畑が相次いで収穫期を迎えている。同県はジャガイモ栽培に適した気候条件に恵まれ、「中国のジャガイモの里」と呼ばれる一大産地となっている。市場の需要を見極め、地の利と資源の優位性を生かして関連産業の構造転換と高度化を加速させてきた。今年の生産量は1ムー当たり平均2・5トン以上、純収益は同1200元(1元=約15円)以上に上る。(記者/唐鉄富)<映像内容>収穫期を迎えたジャガイモ畑の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.35
    2020年07月20日
    「新華社」種イモ栽培で農民の貧困脱却と収入増を後押し黒竜江省

    中国黒竜江省チチハル市依安県はここ数年、ジャガイモの種イモ栽培産業を発展させることで農民の貧困脱却と収入増につなげている。県内では春城馬鈴薯専業合作社(協同組合)など大規模な協同組合に委託管理する方法で、登録貧困世帯向けに1世帯当たり1ムー(約667平方メートル)の種イモ栽培を行っている。同県の種イモ代理栽培面積は2019年に1万2千ムーに達し、全ての登録貧困世帯をカバーした。(記者/王建威、梁冬、馬暁成、姜賀軒)<映像内容>ビニールハウスの空撮、ジャガイモの種イモ栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    産業による貧困脱却支援が奏功黒竜江省

    黒竜江省チチハル市依安県新発郷新里村のビニールハウスで、ジャガイモの苗の生育状況を確かめる貧困世帯の村民。(7月16日撮影)中国黒竜江省では収穫の最盛期を迎え、至る所に豊作の喜びがあふれている。同省はここ数年、貧困脱却支援産業の発展に力を入れ、省を挙げて農業の優位性を生かした特色ある産業プロジェクト4千件近くを実行に移した。2017~19年末までに、同省の現行基準で累計61万3千人が貧困から脱却し、貧困発生率は0・07%まで低下。省内の国家級貧困県20県、省級貧困県8県全てが貧困指定から外れ、貧困村1778村全てが貧困脱却を果たし、地域全体の貧困解決を1年前倒しで達成した。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    種イモ栽培で農民の貧困脱却と収入増を後押し黒竜江省

    16日、春城馬鈴薯専業合作社のジャガイモ種イモ栽培拠点で作業を見守る新里村の王海忠(おう・かいちゅう)さん。中国黒竜江省チチハル市依安県はここ数年、ジャガイモの種イモ栽培産業を発展させることで農民の貧困脱却と収入増につなげている。県内では春城馬鈴薯専業合作社(協同組合)など大規模な協同組合に委託管理する方法で、登録貧困世帯向けに1世帯当たり1ムー(約667平方メートル)の種イモ栽培を行っている。同県の種イモ代理栽培面積は2019年に1万2千ムーに達し、全ての登録貧困世帯をカバーした。(チチハル=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    種イモ栽培で農民の貧困脱却と収入増を後押し黒竜江省

    16日、春城馬鈴薯専業合作社のジャガイモ種イモ栽培拠点で作業を手伝う新里村の王海忠(おう・かいちゅう)さん。中国黒竜江省チチハル市依安県はここ数年、ジャガイモの種イモ栽培産業を発展させることで農民の貧困脱却と収入増につなげている。県内では春城馬鈴薯専業合作社(協同組合)など大規模な協同組合に委託管理する方法で、登録貧困世帯向けに1世帯当たり1ムー(約667平方メートル)の種イモ栽培を行っている。同県の種イモ代理栽培面積は2019年に1万2千ムーに達し、全ての登録貧困世帯をカバーした。(チチハル=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    種イモ栽培で農民の貧困脱却と収入増を後押し黒竜江省

    16日、春城馬鈴薯専業合作社のジャガイモ種イモ栽培拠点のネットハウスで作業する人たち。中国黒竜江省チチハル市依安県はここ数年、ジャガイモの種イモ栽培産業を発展させることで農民の貧困脱却と収入増につなげている。県内では春城馬鈴薯専業合作社(協同組合)など大規模な協同組合に委託管理する方法で、登録貧困世帯向けに1世帯当たり1ムー(約667平方メートル)の種イモ栽培を行っている。同県の種イモ代理栽培面積は2019年に1万2千ムーに達し、全ての登録貧困世帯をカバーした。(チチハル=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    種イモ栽培で農民の貧困脱却と収入増を後押し黒竜江省

    16日、春城馬鈴薯専業合作社のジャガイモ種イモ栽培拠点のネットハウスで作業をする人たち。中国黒竜江省チチハル市依安県はここ数年、ジャガイモの種イモ栽培産業を発展させることで農民の貧困脱却と収入増につなげている。県内では春城馬鈴薯専業合作社(協同組合)など大規模な協同組合に委託管理する方法で、登録貧困世帯向けに1世帯当たり1ムー(約667平方メートル)の種イモ栽培を行っている。同県の種イモ代理栽培面積は2019年に1万2千ムーに達し、全ての登録貧困世帯をカバーした。(チチハル=新華社記者/梁冬)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    種イモ栽培で農民の貧困脱却と収入増を後押し黒竜江省

    16日、チチハル市依安県新発郷新里村にある春城馬鈴薯専業合作社のジャガイモ種イモ栽培拠点。(小型無人機から)中国黒竜江省チチハル市依安県はここ数年、ジャガイモの種イモ栽培産業を発展させることで農民の貧困脱却と収入増につなげている。県内では春城馬鈴薯専業合作社(協同組合)など大規模な協同組合に委託管理する方法で、登録貧困世帯向けに1世帯当たり1ムー(約667平方メートル)の種イモ栽培を行っている。同県の種イモ代理栽培面積は2019年に1万2千ムーに達し、全ての登録貧困世帯をカバーした。(チチハル=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    種イモ栽培で農民の貧困脱却と収入増を後押し黒竜江省

    16日、春城馬鈴薯専業合作社のジャガイモ種イモ栽培拠点のネットハウスで作業をする人たち。中国黒竜江省チチハル市依安県はここ数年、ジャガイモの種イモ栽培産業を発展させることで農民の貧困脱却と収入増につなげている。県内では春城馬鈴薯専業合作社(協同組合)など大規模な協同組合に委託管理する方法で、登録貧困世帯向けに1世帯当たり1ムー(約667平方メートル)の種イモ栽培を行っている。同県の種イモ代理栽培面積は2019年に1万2千ムーに達し、全ての登録貧困世帯をカバーした。(チチハル=新華社記者/梁冬)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    種イモ栽培で農民の貧困脱却と収入増を後押し黒竜江省

    16日、春城馬鈴薯専業合作社の栽培拠点で、ジャガイモの成長を確認し笑顔を見せる新里村の王海忠(おう・かいちゅう)さん。中国黒竜江省チチハル市依安県はここ数年、ジャガイモの種イモ栽培産業を発展させることで農民の貧困脱却と収入増につなげている。県内では春城馬鈴薯専業合作社(協同組合)など大規模な協同組合に委託管理する方法で、登録貧困世帯向けに1世帯当たり1ムー(約667平方メートル)の種イモ栽培を行っている。同県の種イモ代理栽培面積は2019年に1万2千ムーに達し、全ての登録貧困世帯をカバーした。(チチハル=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    種イモ栽培で農民の貧困脱却と収入増を後押し黒竜江省

    16日、春城馬鈴薯専業合作社のジャガイモ種イモ栽培拠点のネットハウスで作業をする人たち。中国黒竜江省チチハル市依安県はここ数年、ジャガイモの種イモ栽培産業を発展させることで農民の貧困脱却と収入増につなげている。県内では春城馬鈴薯専業合作社(協同組合)など大規模な協同組合に委託管理する方法で、登録貧困世帯向けに1世帯当たり1ムー(約667平方メートル)の種イモ栽培を行っている。同県の種イモ代理栽培面積は2019年に1万2千ムーに達し、全ての登録貧困世帯をカバーした。(チチハル=新華社記者/梁冬)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    種イモ栽培で農民の貧困脱却と収入増を後押し黒竜江省

    16日、チチハル市依安県新発郷新里村にある春城馬鈴薯専業合作社のジャガイモ種イモ栽培拠点。(小型無人機から)中国黒竜江省チチハル市依安県はここ数年、ジャガイモの種イモ栽培産業を発展させることで農民の貧困脱却と収入増につなげている。県内では春城馬鈴薯専業合作社(協同組合)など大規模な協同組合に委託管理する方法で、登録貧困世帯向けに1世帯当たり1ムー(約667平方メートル)の種イモ栽培を行っている。同県の種イモ代理栽培面積は2019年に1万2千ムーに達し、全ての登録貧困世帯をカバーした。(チチハル=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    種イモ栽培で農民の貧困脱却と収入増を後押し黒竜江省

    16日、春城馬鈴薯専業合作社のジャガイモ種イモ栽培拠点のネットハウスで作業をする人たち。中国黒竜江省チチハル市依安県はここ数年、ジャガイモの種イモ栽培産業を発展させることで農民の貧困脱却と収入増につなげている。県内では春城馬鈴薯専業合作社(協同組合)など大規模な協同組合に委託管理する方法で、登録貧困世帯向けに1世帯当たり1ムー(約667平方メートル)の種イモ栽培を行っている。同県の種イモ代理栽培面積は2019年に1万2千ムーに達し、全ての登録貧困世帯をカバーした。(チチハル=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月09日
    現代農業の発展を促進河北省・塞北管理区

    9日、河北省張家口市塞北管理区の畑で作業する作業員。(小型無人機から)中国河北省張家口市の塞北管理区では、地元当局が農地開墾体制の改革を絶えず深め、現代化された農業クラスターの発展を促進している中で、3300ヘクタール以上もの畑にジャガイモ、ニンジン、そして家畜飼料などの農作物が植えられている。(張家口=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月09日
    現代農業の発展を促進河北省・塞北管理区

    9日、河北省張家口市塞北管理区の農地。(小型無人機から)中国河北省張家口市の塞北管理区では、地元当局が農地開墾体制の改革を絶えず深め、現代化された農業クラスターの発展を促進している中で、3300ヘクタール以上もの畑にジャガイモ、ニンジン、そして家畜飼料などの農作物が植えられている。(張家口=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月09日
    現代農業の発展を促進河北省・塞北管理区

    9日、河北省張家口市塞北管理区の農地。(小型無人機から)中国河北省張家口市の塞北管理区では、地元当局が農地開墾体制の改革を絶えず深め、現代化された農業クラスターの発展を促進している中で、3300ヘクタール以上もの畑にジャガイモ、ニンジン、そして家畜飼料などの農作物が植えられている。(張家口=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月09日
    現代農業の発展を促進河北省・塞北管理区

    9日、河北省張家口市塞北管理区の農地。(小型無人機から)中国河北省張家口市の塞北管理区では、地元当局が農地開墾体制の改革を絶えず深め、現代化された農業クラスターの発展を促進している中で、3300ヘクタール以上もの畑にジャガイモ、ニンジン、そして家畜飼料などの農作物が植えられている。(張家口=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月09日
    現代農業の発展を促進河北省・塞北管理区

    9日、河北省張家口市塞北管理区の農地。(小型無人機から)中国河北省張家口市の塞北管理区では、地元当局が農地開墾体制の改革を絶えず深め、現代化された農業クラスターの発展を促進している中で、3300ヘクタール以上もの畑にジャガイモ、ニンジン、そして家畜飼料などの農作物が植えられている。(張家口=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月09日
    現代農業の発展を促進河北省・塞北管理区

    9日、河北省張家口市塞北管理区の農地。(小型無人機から)中国河北省張家口市の塞北管理区では、地元当局が農地開墾体制の改革を絶えず深め、現代化された農業クラスターの発展を促進している中で、3300ヘクタール以上もの畑にジャガイモ、ニンジン、そして家畜飼料などの農作物が植えられている。(張家口=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月09日
    現代農業の発展を促進河北省・塞北管理区

    9日、中国河北省張家口市塞北管理区の農地。(小型無人機から)中国河北省張家口市の塞北管理区では、地元当局が農地開墾体制の改革を絶えず深め、現代化された農業クラスターの発展を促進している中で、3300ヘクタール以上もの畑にジャガイモ、ニンジン、そして家畜飼料などの農作物が植えられている。(張家口=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月09日
    現代農業の発展を促進河北省・塞北管理区

    9日、河北省張家口市塞北管理区の畑で作業する作業員。中国河北省張家口市の塞北管理区では、地元当局が農地開墾体制の改革を絶えず深め、現代化された農業クラスターの発展を促進している中で、3300ヘクタール以上もの畑にジャガイモ、ニンジン、そして家畜飼料などの農作物が植えられている。(張家口=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村の太陽光発電施設で、ソーラーパネルを掃除する村の人。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村に立ち並ぶ住宅。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村に立ち並ぶ住宅。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村の太陽光発電施設で、ソーラーパネルを掃除する村の人。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村のジャガイモのビニールハウスで農作業に励む村の人たち。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村の「農光互補」(農業と太陽光発電の協業)プロジェクトエリアにあるソーラーパネルの下に植えられた薬用植物の生育状況をチェックする村民の徐亜茹(じょ・あじょ)さん。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村に立ち並ぶ住宅。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村の太陽光発電施設。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、自身が経営する「老王微民宿(王さんの小さな民宿)」で、「福」の字が書かれた飾りを整える徳勝村の村民、孫桂英(そん・けいえい)さん(右)。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村の太陽光発電施設で、ソーラーパネルを点検する電力技術者。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、自身が経営する「老王微民宿(王さんの小さな民宿)」のベランダで、シーツを干す徳勝村の村民、孫桂英(そん・けいえい)さん。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村の太陽光発電施設。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村に立ち並ぶ住宅。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村の花畑で働く作業員。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、住宅が立ち並ぶ徳勝村の風景。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    上:かつての徳勝村。(2017年1月24日撮影、小型無人機から)。下:23日、住宅が立ち並ぶ徳勝村。(小型無人機から、組み合わせ写真)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2017(平成29)年1月24日、2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村のジャガイモのビニールハウスで農作業に励む村の人。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村のジャガイモのビニールハウス。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村の花壇で花の手入れをする作業員。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、自宅前の畑に植えた野菜の手入れをする徳勝村の村民。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月07日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    徳勝村にあるジャガイモの種芋の生産・販売を手がける大農種業の無菌培養室で、ビーカー内のジャガイモの苗の生育状況をチェックする技術スタッフ。(5月7日撮影)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月07日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    徳勝村にある民宿旅館。(5月7日撮影)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    故郷で起業の女性、ジャガイモ事業で貧困脱却けん引内モンゴル自治区

    農業機械を操作する作業員と今年の春の植え付け状況について話し合う郭晨慧さん(右)。(4月28日撮影)中国内モンゴル自治区ウランチャブ市チャハル右翼後旗の郭晨慧(かく・しんけい)さんは、2015年に北京から故郷に戻って起業し、地元の良質なジャガイモのインターネットを通じた販売を開始した。数年にわたり奮闘を続け、「実店舗+電子商取引(EC)」の経営モデルによるジャガイモの栽培から加工、ネット販売、民宿・観光を一つにした多元的な産業形態を次第に確立していった。業務の拡大に伴い、彼女は貧困世帯のジャガイモ産業参入を積極的に呼び掛け、豊かになる道筋を提供している。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    故郷で起業の女性、ジャガイモ事業で貧困脱却けん引内モンゴル自治区

    アルバイト作業員と一緒に切り終えた種イモを箱に入れる郭晨慧さん。(4月28日撮影)中国内モンゴル自治区ウランチャブ市チャハル右翼後旗の郭晨慧(かく・しんけい)さんは、2015年に北京から故郷に戻って起業し、地元の良質なジャガイモのインターネットを通じた販売を開始した。数年にわたり奮闘を続け、「実店舗+電子商取引(EC)」の経営モデルによるジャガイモの栽培から加工、ネット販売、民宿・観光を一つにした多元的な産業形態を次第に確立していった。業務の拡大に伴い、彼女は貧困世帯のジャガイモ産業参入を積極的に呼び掛け、豊かになる道筋を提供している。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    故郷で起業の女性、ジャガイモ事業で貧困脱却けん引内モンゴル自治区

    地下の貯蔵室でジャガイモの保存状況を確認する郭晨慧さん。(4月28日撮影)中国内モンゴル自治区ウランチャブ市チャハル右翼後旗の郭晨慧(かく・しんけい)さんは、2015年に北京から故郷に戻って起業し、地元の良質なジャガイモのインターネットを通じた販売を開始した。数年にわたり奮闘を続け、「実店舗+電子商取引(EC)」の経営モデルによるジャガイモの栽培から加工、ネット販売、民宿・観光を一つにした多元的な産業形態を次第に確立していった。業務の拡大に伴い、彼女は貧困世帯のジャガイモ産業参入を積極的に呼び掛け、豊かになる道筋を提供している。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月26日
    特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    3月26日、ライブ配信でジャガイモを紹介し、地元貧困戸の農産物販売を支援するウランチャブ市チャハル右翼後旗の若者起業家。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月26日
    故郷で起業の女性、ジャガイモ事業で貧困脱却けん引内モンゴル自治区

    ライブコマースでジャガイモの販促を行う郭晨慧さん。(3月26日撮影)中国内モンゴル自治区ウランチャブ市チャハル右翼後旗の郭晨慧(かく・しんけい)さんは、2015年に北京から故郷に戻って起業し、地元の良質なジャガイモのインターネットを通じた販売を開始した。数年にわたり奮闘を続け、「実店舗+電子商取引(EC)」の経営モデルによるジャガイモの栽培から加工、ネット販売、民宿・観光を一つにした多元的な産業形態を次第に確立していった。業務の拡大に伴い、彼女は貧困世帯のジャガイモ産業参入を積極的に呼び掛け、豊かになる道筋を提供している。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月26日
    特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    3月26日、ライブ配信でジャガイモを紹介し、地元貧困戸の農産物販売を支援するウランチャブ市チャハル右翼後旗の若者起業家。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月20日
    苗栽培に大忙し春分迎えた「ジャガイモの里」寧夏回族自治区

    20日、西吉県の万崖ジャガイモ科学技術モデルパークで、水耕栽培の無毒化苗の手入れをするスタッフ。二十四節気の春分に当たる20日、「ジャガイモの里」と呼ばれる中国寧夏回族自治区固原市西吉県では、モデルパークのスタッフが無毒化したジャガイモの苗の栽培に励んでいた。ジャガイモは同県の特色ある「高品質産業」であり、今年は全県で80万ムー(約5万3千ヘクタール)のジャガイモ栽培が計画されている。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月20日
    苗栽培に大忙し春分迎えた「ジャガイモの里」寧夏回族自治区

    20日、西吉県の万崖ジャガイモ科学技術モデルパークで、缶型容器で育てた無毒化苗を整理するスタッフ。二十四節気の春分に当たる20日、「ジャガイモの里」と呼ばれる中国寧夏回族自治区固原市西吉県では、モデルパークのスタッフが無毒化したジャガイモの苗の栽培に励んでいた。ジャガイモは同県の特色ある「高品質産業」であり、今年は全県で80万ムー(約5万3千ヘクタール)のジャガイモ栽培が計画されている。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月20日
    苗栽培に大忙し春分迎えた「ジャガイモの里」寧夏回族自治区

    20日、西吉県の万崖ジャガイモ科学技術モデルパークで、水耕栽培の無毒化苗の生育状況を確認するスタッフ。二十四節気の春分に当たる20日、「ジャガイモの里」と呼ばれる中国寧夏回族自治区固原市西吉県では、モデルパークのスタッフが無毒化したジャガイモの苗の栽培に励んでいた。ジャガイモは同県の特色ある「高品質産業」であり、今年は全県で80万ムー(約5万3千ヘクタール)のジャガイモ栽培が計画されている。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月20日
    苗栽培に大忙し春分迎えた「ジャガイモの里」寧夏回族自治区

    20日、西吉県の万崖ジャガイモ科学技術モデルパークで、苗の切断作業をしているスタッフ。二十四節気の春分に当たる20日、「ジャガイモの里」と呼ばれる中国寧夏回族自治区固原市西吉県では、モデルパークのスタッフが無毒化したジャガイモの苗の栽培に励んでいた。ジャガイモは同県の特色ある「高品質産業」であり、今年は全県で80万ムー(約5万3千ヘクタール)のジャガイモ栽培が計画されている。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月20日
    苗栽培に大忙し春分迎えた「ジャガイモの里」寧夏回族自治区

    20日、西吉県の万崖ジャガイモ科学技術モデルパークで、スタッフが水耕栽培の無毒化苗の手入れをしている。二十四節気の春分に当たる20日、「ジャガイモの里」と呼ばれる中国寧夏回族自治区固原市西吉県では、モデルパークのスタッフが無毒化したジャガイモの苗の栽培に励んでいた。ジャガイモは同県の特色ある「高品質産業」であり、今年は全県で80万ムー(約5万3千ヘクタール)のジャガイモ栽培が計画されている。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月20日
    苗栽培に大忙し春分迎えた「ジャガイモの里」寧夏回族自治区

    20日、西吉県の万崖ジャガイモ科学技術モデルパークで、村の人が無毒化苗を植え替えている。二十四節気の春分に当たる20日、「ジャガイモの」と呼ばれる中国寧夏回族自治区固原市西吉県では、モデルパークのスタッフが無毒化したジャガイモの苗の栽培に励んでいた。ジャガイモは同県の特色ある「高品質産業」であり、今年は全県で80万ムー(約5万3千ヘクタール)のジャガイモ栽培が計画されている。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月20日
    苗栽培に大忙し春分迎えた「ジャガイモの里」寧夏回族自治区

    20日、西吉県の万崖ジャガイモ科学技術モデルパークで、水耕栽培の無毒化苗の手入れをするスタッフ。二十四節気の春分に当たる20日、「ジャガイモの里」と呼ばれる中国寧夏回族自治区固原市西吉県では、モデルパークのスタッフが無毒化したジャガイモの苗の栽培に励んでいた。ジャガイモは同県の特色ある「高品質産業」であり、今年は全県で80万ムー(約5万3千ヘクタール)のジャガイモ栽培が計画されている。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月20日
    苗栽培に大忙し春分迎えた「ジャガイモの里」寧夏回族自治区

    20日、西吉県の万崖ジャガイモ科学技術モデルパークで、スタッフが水耕栽培の無毒化苗の手入れをしている。二十四節気の春分に当たる20日、「ジャガイモの里」と呼ばれる中国寧夏回族自治区固原市西吉県では、モデルパークのスタッフが無毒化したジャガイモの苗の栽培に励んでいた。ジャガイモは同県の特色ある「高品質産業」であり、今年は全県で80万ムー(約5万3千ヘクタール)のジャガイモ栽培が計画されている。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月20日
    苗栽培に大忙し春分迎えた「ジャガイモの里」寧夏回族自治区

    20日、西吉県の万崖ジャガイモ科学技術モデルパークで、苗の切断作業をするスタッフ。二十四節気の春分に当たる20日、「ジャガイモの里」と呼ばれる中国寧夏回族自治区固原市西吉県では、モデルパークのスタッフが無毒化したジャガイモの苗の栽培に励んでいた。ジャガイモは同県の特色ある「高品質産業」であり、今年は全県で80万ムー(約5万3千ヘクタール)のジャガイモ栽培が計画されている。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月20日
    苗栽培に大忙し春分迎えた「ジャガイモの里」寧夏回族自治区

    20日、無毒化した苗を育てる缶型容器に養液を入れるスタッフ。二十四節気の春分に当たる20日、「ジャガイモの里」と呼ばれる中国寧夏回族自治区固原市西吉県では、モデルパークのスタッフが無毒化したジャガイモの苗の栽培に励んでいた。ジャガイモは同県の特色ある「高品質産業」であり、今年は全県で80万ムー(約5万3千ヘクタール)のジャガイモ栽培が計画されている。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月28日
    China‘s GDP Exceeded 100 Trillion Yuan China‘s GDP Exceeded 100 Trillion Yuan

    A worker at a food factory company produces sweet potato products in a workshop in Zaozhuang City, Shandong Province, China, Feb. 28, 2020. In 2020, China‘s GDP reach 1,015,986 trillion yuan, an increase of 2.3% over the previous year.=2020(令和2)年2月28日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年02月28日
    China‘s GDP Exceeded 100 Trillion Yuan China‘s GDP Exceeded 100 Trillion Yuan

    A worker at a food factory company produces sweet potato products in a workshop in Zaozhuang City, Shandong Province, China, Feb. 28, 2020. In 2020, China‘s GDP reach 1,015,986 trillion yuan, an increase of 2.3% over the previous year.=2020(令和2)年2月28日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年02月28日
    China‘s GDP Exceeded 100 Trillion Yuan China‘s GDP Exceeded 100 Trillion Yuan

    A worker at a food factory company produces sweet potato products in a workshop in Zaozhuang City, Shandong Province, China, Feb. 28, 2020. In 2020, China‘s GDP reach 1,015,986 trillion yuan, an increase of 2.3% over the previous year.=2020(令和2)年2月28日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年02月25日
    春の農作業に取り組む中国各地の農家

    25日、山東省臨沂市平邑県平邑街道の畑でジャガイモを農業用マルチフィルムで覆う農家。(小型無人機から)早春を迎えた中国各地では気温が上がり、各農家が忙しく農作業に励んでいる。(臨沂=新華社配信/武紀全)=2020(令和2)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月24日
    春の農作業に取り組む中国各地の農家

    24日、山東省膠州市膠西街道苑戈荘村でジャガイモを農業用マルチフィルムで覆う農家。(小型無人機から)早春を迎えた中国各地では気温が上がり、各農家が忙しく農作業に励んでいる。(青島=新華社配信/王昭脈)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月22日
    重慶市の貧困県、感染対策と貧困扶助・農作業再開を同時進行

    2月22日、重慶市巫渓(ふけい)県の薯光農業科技開発無病化ジャガイモ栽培センターで、ジャガイモの無病化(ウイルスフリー化)苗の挿し木をする村民。中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地に位置する広域特殊困難地区では、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が効果的に抑制されていることから、春の農作業が相次いで再開されている。地元の農村幹部によると、感染予防・抑制措置をしっかり行うと同時に、農業生産の再開が積極的に推し進めるよう村民らに呼び掛けているという。(重慶=新華社配信/黄偉)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月22日
    重慶市の貧困県、感染対策と貧困扶助・農作業再開を同時進行

    2月22日、重慶市巫渓(ふけい)県の薯光農業科技開発無病化ジャガイモ栽培センターで、ジャガイモの無病化(ウイルスフリー化)苗の生育状況を確認するスタッフ。中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地に位置する広域特殊困難地区では、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が効果的に抑制されていることから、春の農作業が相次いで再開されている。地元の農村幹部によると、感染予防・抑制措置をしっかり行うと同時に、農業生産の再開が積極的に推し進めるよう村民らに呼び掛けているという。(重慶=新華社配信/黄偉)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月22日
    重慶市の貧困県、感染対策と貧困扶助・農作業再開を同時進行

    2月22日、重慶市巫渓(ふけい)県の薯光農業科技開発無病化ジャガイモ栽培センターで、ジャガイモの無病化(ウイルスフリー化)苗の挿し木をする村民。中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地に位置する広域特殊困難地区では、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が効果的に抑制されていることから、春の農作業が相次いで再開されている。地元の農村幹部によると、感染予防・抑制措置をしっかり行うと同時に、農業生産の再開が積極的に推し進めるよう村民らに呼び掛けているという。(重慶=新華社配信/黄偉)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月16日
    農作業にいそしむ中国各地の農家

    16日、畑のジャガイモを確認する四川省彭州市葛仙山鎮楠新村の農家。早春を迎えた中国各地で、農家が新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制に取り組みながら、時期を見て農作業を進めている。農地では忙しく働く人々の姿をそこかしこに見ることができる。(彭州=新華社配信/羅国楊)=2020(令和2)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:42.39
    2020年02月11日
    「新華社」内モンゴル自治区、湖北省支援で生活物資600トンを発送

    600トンの生活物資を積んだ貨物機とトラックが11日午後、中国内モンゴル自治区から1500キロ離れた湖北省へ向け出発した。新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、同自治区は住民たちの力を結集し、これまで医療チームと紅十字会(赤十字社)救援チームをそれぞれ2組ずつ派遣したほか、列車でジャガイモを大量に送るなど全力で湖北省を支援してきた。今回は同自治区の党委員会と政府が緊急支援として決定した、羊肉200トン、牛肉100トン、豚肉100トン、牛乳200トンを送った。これら物資は政府の関係部門がそれぞれ、シリンゴル盟、フルンボイル市、赤峰市と、中国の乳業大手の伊利グループ、蒙牛グループから調達した。湖北省に運ばれた後、荊州市と天門市に届けられる予定となっている。(記者/葉紫嫣、鄒倹朴)<映像内容>湖北省支援で生活物資を発送する様子、撮影日:2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月07日
    野菜の安定供給で庶民の食生活を守る湖南省長沙市

    7日、長沙市の大河西農産品物流センターでジャガイモを袋詰めする業者。中国湖南省長沙市の大河西農産品物流センターでは、新型コロナウイルスによる肺炎が拡大する中でも十分な野菜の供給が確保されている。種類も多く、価格も平年並みで、中国で「菜籃子(買い物かご)」と呼ばれる庶民の副食品需要を支えている。市政府も感染拡大を受け「菜籃子供給保証緊急対応プラン」を策定。指導チームを立ち上げ、農産品を納品する車両の取引手数料の減免、合理的な野菜調達システム構築などの措置を講じるとともに、卸売業者に対し早めの商品確保を奨励し、野菜の安定供給を維持している。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:45.21
    2019年11月11日
    「新華社」クブチ砂漠で進む環境配慮型の農業基地建設内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区農牧業庁などの部門によると、最新の砂漠化対策技術の利用普及が進むのにつれて、以前は風じんや砂じんが猛威を振るっていたクブチ(庫布其)砂漠の奥地にスマート農業が発展しており、栽培基地には「稲穂が風に揺れる」豊かな実りの風景が広がっているという。中国で7番目に大きい砂漠であるクブチ砂漠は総面積1万8600平方キロ。首都北京市に最も近い砂漠で、かつては「死の海」と呼ばれていた。長年にわたる砂漠化対策によって、6千平方キロ余りが緑化され、エコロジー経済が地元経済の成長ポイントになりつつある。30年余り前、クブチ砂漠の中心に近い一帯は高い砂丘の上を砂嵐が吹きすさぶ、訪れる人もまれな、稲作など考えもつかない場所だった。地元ではここ数年、クブチ砂漠奥地に緑化や甘草の植栽、生物学的土壌改良剤の研究開発など一連の事業を進め、生物学と科学技術に基づく手法を駆使した生態管理によって砂漠を耕作可能な土地に変えている。また、環境汚染の問題がなく、太陽光線が強く、昼夜の温度差が大きいという砂漠の自然的優位性を生かし、米やジャガイモ、有機野菜や果物などの作物栽培にも成功している。現在では、クブチ砂漠のグリーン(環境配慮型)農業栽培面積は5万ムー(約3300ヘクタール)に達しており、さらなる砂漠の緑化拡大と企業の業務効率化、資源の価値向上の実現を目指している。(記者/李雲平)<映像内容>クブチ砂漠の奥地でスマート農業が発展、収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:20.12
    2019年11月08日
    「新華社」「天空の城」で栽培された「極地の野菜」四川省理塘県

    「天空の城」と呼ばれる中国四川省カンゼ・チベット族自治州理塘(りとう)県にある濯桑(たくそう)現代生態農業パークでは、ダイコンやミニトマト、キュウリなど「極地の野菜」が栽培されている。同園は2017年3月9日に開園。康蔵陽光現代生態農業双創センターや瑪吉阿米花園農場、下木拉馬岩村シイタケ・キクラゲ栽培などの経営主体を誘致し、農業生産、科学技術開発、レジャー・観光を一体化した現代生態農業パークを形成している。園内で栽培した野菜は地元住民の食卓に上るだけでなく、中国香港やマカオでも販売されている。新しい野菜栽培技術が普及するまで、同県は高い標高や悪い土地条件、低い技術レベルのために、ハダカムギやジャガイモ以外の作物を栽培することがほぼできなかった。「極地の野菜」は南極、北極に次ぐ世界の「第三の極地」である青海チベット高原で生育した有機野菜のことで、同高原にある理塘県で栽培された「極地の野菜」は高原での深刻な野菜不足の歴史を一変させた。現在、同園では貧困世帯など400人以上の雇用を生み出している。(記者/楊進)<映像内容>濯桑現代生態農業パークの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4