KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ショウガ
  • 中国河北省
  • 広西チワン族自治区
  • 収穫作業
  • 小型無人機
  • バイク帰省
  • 公益活動
  • プロセス
  • 反射ベスト
  • 給油サービス

「ジンジャー」の写真・映像

絞り込み
  • 日付指定なし
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
151
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
151
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年03月31日
    (8)ショウガの植え付け最盛期河北省唐山市

    27日、唐山市豊潤区歓喜荘郷大斉坨村でショウガの植え付け作業に精を出す農家。(小型無人機から)中国河北省唐山市豊潤区では暖かくなるにつれ、農家がショウガの植え付けを急ピッチで進めている。今年、同区のショウガ作付面積は約5万7500ムー(約3833ヘクタール)を見込んでいる。(唐山=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    (6)ショウガの植え付け最盛期河北省唐山市

    27日、唐山市豊潤区歓喜荘郷大斉坨村でショウガの植え付け作業に精を出す農家。中国河北省唐山市豊潤区では暖かくなるにつれ、農家がショウガの植え付けを急ピッチで進めている。今年、同区のショウガ作付面積は約5万7500ムー(約3833ヘクタール)を見込んでいる。(唐山=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    (2)ショウガの植え付け最盛期河北省唐山市

    27日、唐山市豊潤区歓喜荘郷大斉坨村でショウガの植え付け作業に精を出す農家。(小型無人機から)中国河北省唐山市豊潤区では暖かくなるにつれ、農家がショウガの植え付けを急ピッチで進めている。今年、同区のショウガ作付面積は約5万7500ムー(約3833ヘクタール)を見込んでいる。(唐山=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    (7)ショウガの植え付け最盛期河北省唐山市

    27日、唐山市豊潤区歓喜荘郷大斉坨村でショウガの植え付け作業に精を出す農家。中国河北省唐山市豊潤区では暖かくなるにつれ、農家がショウガの植え付けを急ピッチで進めている。今年、同区のショウガ作付面積は約5万7500ムー(約3833ヘクタール)を見込んでいる。(唐山=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    (1)ショウガの植え付け最盛期河北省唐山市

    27日、唐山市豊潤区歓喜荘郷大斉坨村でショウガの植え付け作業に精を出す農家。(小型無人機から)中国河北省唐山市豊潤区では暖かくなるにつれ、農家がショウガの植え付けを急ピッチで進めている。今年、同区のショウガ作付面積は約5万7500ムー(約3833ヘクタール)を見込んでいる。(唐山=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    (4)ショウガの植え付け最盛期河北省唐山市

    27日、唐山市豊潤区歓喜荘郷大斉坨村でショウガの植え付け作業に精を出す農家。中国河北省唐山市豊潤区では暖かくなるにつれ、農家がショウガの植え付けを急ピッチで進めている。今年、同区のショウガ作付面積は約5万7500ムー(約3833ヘクタール)を見込んでいる。(唐山=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は会見にて披露されたユーグレナ素材由来バイオマスプラスチック(パラレジン)を成形したサンプル。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は会見にて披露されたユーグレナ素材由来バイオマスプラスチック(パラレジン)を成形したサンプル。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は会見にて披露されたユーグレナ素材由来バイオマスプラスチック(パラレジン)を成形したサンプル。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は会見にて披露されたユーグレナ素材由来バイオマスプラスチック(パラレジン)を成形したサンプル。ヘリコプターの尾翼の部分がパラレジン。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は会見にて披露されたユーグレナ素材由来バイオマスプラスチック(パラレジン)を成形したサンプル。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は会見にて披露されたユーグレナ素材由来バイオマスプラスチック(パラレジン)を成形したサンプル。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は(左から)会見するユーグレナの出雲充 代表取締役社長、鈴木健吾 執行役員研究担当、セイコーエプソンの瀬木達明 取締役 常務執行役員 サステナビリティ推進室長、日本電気の津村聡一 システムプラットフォーム研究所 所長、東京大学大学院 岩田忠久 農学生命科学研究科 教授。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は(左から)会見するユーグレナの出雲充 代表取締役社長、鈴木健吾 執行役員研究担当、セイコーエプソンの瀬木達明 取締役 常務執行役員 サステナビリティ推進室長、日本電気の津村聡一 システムプラットフォーム研究所 所長、東京大学大学院 岩田忠久 農学生命科学研究科 教授。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は(左から)会見するユーグレナの出雲充 代表取締役社長、鈴木健吾 執行役員研究担当、セイコーエプソンの瀬木達明 取締役 常務執行役員 サステナビリティ推進室長、日本電気の津村聡一 システムプラットフォーム研究所 所長、東京大学大学院 岩田忠久 農学生命科学研究科 教授。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は(右から)会見するセイコーエプソンの瀬木達明 取締役 常務執行役員 サステナビリティ推進室長と、ユーグレナの出雲充 代表取締役社長。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は会見するユーグレナの出雲充 代表取締役社長。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は会見するユーグレナの出雲充 代表取締役社長。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は会見するユーグレナの出雲充 代表取締役社長。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月27日
    ショウガの植え付け最盛期河北省唐山市

    27日、唐山市豊潤区歓喜荘郷大斉坨村で、機械で畑に畝を立て、ショウガの植え付け準備をする農家。(小型無人機から)中国河北省唐山市豊潤区では暖かくなるにつれ、農家がショウガの植え付けを急ピッチで進めている。今年、同区のショウガ作付面積は約5万7500ムー(約3833ヘクタール)を見込んでいる。(唐山=新華社記者/楊世尭)=配信日:2021(令和3)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月27日
    ショウガの植え付け最盛期河北省唐山市

    27日、唐山市豊潤区歓喜荘郷大斉坨村でショウガの植え付け作業に精を出す農家。(小型無人機から)中国河北省唐山市豊潤区では暖かくなるにつれ、農家がショウガの植え付けを急ピッチで進めている。今年、同区のショウガ作付面積は約5万7500ムー(約3833ヘクタール)を見込んでいる。(唐山=新華社記者/楊世尭)=配信日:2021(令和3)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月08日
    温まるショウガのみそ汁 商品ニュース

    ハナマルキの「香り楽しむおみそ汁 あったか生姜5食」

  • 00:57.16
    2020年12月04日
    「新華社」スマート物流ターミナル輸送網、企業のコスト削減と効率化を支える

    中国浙江省に本拠を置く物流企業、浙江伝化集団が全国展開する物流ターミナルの道路港都市物流センターは現在、安全で安定、整然と組織された輸送網を形成し、多くの都市で感染対策物資や生産と生活に不可欠な物資の中継輸送サービスを提供している。同集団の道路港モデルは、人・車・貨物情報を集約し、運ぶ貨物が見つけにくい、効率が悪いなどの問題を解決することを目的として、2000年にスタートした。同集団傘下、伝化智連の周昇学(しゅう・しょうがく)副総裁によると、同社はサービス産業での事業展開を通じて、過去数年間で基本的に実体としての道路港全国ネットワークとオンラインのスマートなデジタルネットワークを形成したという。最終的には小規模・零細の物流企業、貿易企業、製造業企業にエンドツーエンドの産業ソリューションを提供することが可能になる。輸送ルートやプロセスの最適化などにより、トラックの空車回送率は28%削減され、輸送効率は17%向上した。伝化スマート道路港プロジェクトは現在、業務稼働中が64カ所、構築中が12カ所となっている。2019年末時点で、全国31省・自治区・直轄市で業務を展開、日用品や鉄鋼、家電など40以上の業界で企業数百万社余りにサービスを提供している。(記者/方問禹、宋立峰)<映像内容>道路港都市物流センターの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.59
    2020年09月02日
    「新華社」地元グルメを堪能、桂林恭城油茶文化節が開幕広西桂林

    中国広西チワン族自治区桂林市恭城(きょうじょう)ヤオ族自治県の油茶小鎮でこのほど、「天下の油茶、恭城にあり」をテーマにした第10回桂林恭城油茶文化節(祭)が開幕した。「恭城油茶」は、茶葉とショウガなど薬味を炒めて煮出した湯に炒ったコメや落花生を加えたお茶漬け状の食べ物で、2008年に同自治区の無形文化遺産保護プロジェクトに登録された。ヤオ族の人々に愛される「恭城油茶」は、恭城を訪れる人たちにも、一度食べたら忘れられない食べ物として親しまれている。(記者/楊馳、黄慶剛)<映像内容>第10回桂林恭城油茶文化節の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月09日
    奈良公園のシカ 今は待つシカありません⁉

    新型コロナウイルスの感染拡大で、人がまばらな奈良公園。鹿せんべいを販売する70代の女性は「商売にならないけどしょうがない」。シカたちものんびり観光客が戻るのを待つシカない⁉=9日午後、奈良市

    撮影: 9日午後、奈良市

  • 2020年04月09日
    人がまばらな奈良公園 今は待つシカありません⁉

    新型コロナウイルスの感染拡大で、人がまばらな奈良公園。鹿せんべいを販売する70代の女性は「商売にならないけどしょうがない」。シカたちものんびり観光客が戻るのを待つシカない⁉=9日午後、奈良市

    撮影: 9日午後、奈良市

  • 00:59.04
    2020年04月03日
    「新華社」茶畑でライブ配信春茶のオンライン販売を後押し江西省銅鼓県

    中国江西省宜春市銅鼓県大塅(たいだん)鎮公益村の茶畑でこのほど、春茶のライブ配信が行われた。村に駐在する第一書記の李長春(り・ちょうしゅん)さん、茶芸師の鍾雅婷(しょう・がてい)さん、地元インフルエンサーの呉琴(ご・きん)さんらが、村内の貧困脱却産業基地で栽培されている春茶をカメラの前で売り込んだ。銅鼓茶の成長や茶摘み、製造の全過程を紹介するため、ライブ配信チームは機材や道具を山の上にある茶畑に運び、屋外での撮影を決行した。これにより視聴者は、銅鼓茶が生産される自然環境や客家の茶に関する習慣などの魅力を身近に体験できる。4時間にわたるライブ配信では、累計延べ1万人近くのネットユーザーがオンライン視聴し、50キロ以上の春茶が販売された。一部のブランド茶は、500グラム当たり1500元(1元=約15円)で取引された。(記者/閔尊濤、孫楠)<映像内容>春茶のライブ配信の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.55
    2020年03月06日
    「新華社」太行山の段々畑で春の剪定、ボランティアが人手不足の農家を支援

    中国河北省渉(しょう)県太行山の段々畑では、ハナザンショウが春の剪定期を迎えている。段々畑の核心エリアにある王金荘では、作業効率を高め、期日内に剪定を完了させるため、熟練ボランティアを組織し、新型コロナウイルスによる肺炎の流行で出稼ぎに出た働き手が戻って来られない農家、自宅観察中や自由に活動できない農家を支援している。渉県の段々畑は太行山地で最大規模の段々畑群で、2014年に「中国重要農業文化遺産」リストに登録された。ハナザンショウは段々畑農民の主要な収入源の一つで、春の剪定作業が花椒(かしょう)の増産と農民の増収につながる。(記者/岳文婷)<映像内容>段々畑の春の剪定の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月17日
    「新型肺炎に打ち勝つ」中国で奮闘するロシア人妻

    17日、娘の冬休みの宿題を手助けするスベータさん。ロシア・アルタイ地方のノボアルタイスク出身のロシア人女性、スベータさんは、10年ほど前、中国河北省秦皇島市の燕山大学在学中に、現在の夫、邵凱(しょう・がい)さんと知り合い、結婚した。その後「外国人妻」として同市に定住し、愛娘のブカちゃんを授かった。新型コロナウイルスによる肺炎の感染について、スベータさんは平常心を保っている。スベータさんが住む小区(コミュニテ)では、厳格な管理が実施されているため、来訪者は小区の入口で自分の情報を登録し、体温を測定しなければならない。また、小区の敷地内は毎日消毒が行われているので、住民の人々はすべて落ち着いているとスベータさんは語った。(石家荘=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年02月17日
    「新型肺炎に打ち勝つ」中国で奮闘するロシア人妻

    17日、エレベーターの押しボタンを消毒するスベータさん。ロシア・アルタイ地方のノボアルタイスク出身のロシア人女性、スベータさんは、10年ほど前、中国河北省秦皇島市の燕山大学在学中に、現在の夫、邵凱(しょう・がい)さんと知り合い、結婚した。その後「外国人妻」として同市に定住し、愛娘のブカちゃんを授かった。新型コロナウイルスによる肺炎の感染について、スベータさんは平常心を保っている。スベータさんが住む小区(コミュニテ)では、厳格な管理が実施されているため、来訪者は小区の入口で自分の情報を登録し、体温を測定しなければならない。また、小区の敷地内は毎日消毒が行われているので、住民の人々はすべて落ち着いているとスベータさんは語った。(石家荘=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年01月29日
    臼杵市深田 臼杵せんべいとチョコ

    臼杵せんべいとチョコレートを掛け合わせた後藤製菓の新商品「百寿ひとひら 生姜×チョコレート」=2020(令和2)年01月29日、臼杵市深田、クレジット:大分合同新聞社/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月15日
    春節まであとわずか出稼ぎ労働者のバイク帰省始まる福建省

    15日、バイクで帰省する出稼ぎ労働者の第一陣。春節(旧正月、今年は1月25日)で帰省する出稼ぎ労働者の第一陣268人が15日、中国福建省の泉州市、アモイ市、漳州(しょうしゅう)市などの都市から198台のバイクに乗り、故郷に向けて出発した。中国石油天然気集団(CNPC)はこのバイク隊のために便宜を図る公益活動「ぬくもりの道をバイクで帰ろう」を15日から23日まで実施している。今年で9年目になるこの活動では、福建省と江西省のガソリンスタンド35カ所を開放し、バイクで帰省する人々に無料で給油サービスや反射ベスト、ショウガ湯、温かいお茶および地図などを提供するといった一連の思いやりのあるサービスを行っている。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月15日
    春節まであとわずか出稼ぎ労働者のバイク帰省始まる福建省

    15日、ヘルメットのあご紐を整える江西省吉安市出身の陳海平(ちん・かいへい)さん(右)と妻の郭九香(かく・きゅうこう)さん。春節(旧正月、今年は1月25日)で帰省する出稼ぎ労働者の第一陣268人が15日、中国福建省の泉州市、アモイ市、漳州(しょうしゅう)市などの都市から198台のバイクに乗り、故郷に向けて出発した。中国石油天然気集団(CNPC)はこのバイク隊のために便宜を図る公益活動「ぬくもりの道をバイクで帰ろう」を15日から23日まで実施している。今年で9年目になるこの活動では、福建省と江西省のガソリンスタンド35カ所を開放し、バイクで帰省する人々に無料で給油サービスや反射ベスト、ショウガ湯、温かいお茶および地図などを提供するといった一連の思いやりのあるサービスを行っている。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月15日
    春節まであとわずか出稼ぎ労働者のバイク帰省始まる福建省

    15日、中国石油天然気集団の泉州博覧大道スタンドに並んで無料のガソリンカードを受け取る出稼ぎ労働者。春節(旧正月、今年は1月25日)で帰省する出稼ぎ労働者の第一陣268人が15日、中国福建省の泉州市、アモイ市、漳州(しょうしゅう)市などの都市から198台のバイクに乗り、故郷に向けて出発した。中国石油天然気集団(CNPC)はこのバイク隊のために便宜を図る公益活動「ぬくもりの道をバイクで帰ろう」を15日から23日まで実施している。今年で9年目になるこの活動では、福建省と江西省のガソリンスタンド35カ所を開放し、バイクで帰省する人々に無料で給油サービスや反射ベスト、ショウガ湯、温かいお茶および地図などを提供するといった一連の思いやりのあるサービスを行っている。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月15日
    春節まであとわずか出稼ぎ労働者のバイク帰省始まる福建省

    15日、バイクで故郷へ向かう出稼ぎ労働者たち。スマホのナビ機能を使っているという。春節(旧正月、今年は1月25日)で帰省する出稼ぎ労働者の第一陣268人が15日、中国福建省の泉州市、アモイ市、漳州(しょうしゅう)市などの都市から198台のバイクに乗り、故郷に向けて出発した。中国石油天然気集団(CNPC)はこのバイク隊のために便宜を図る公益活動「ぬくもりの道をバイクで帰ろう」を15日から23日まで実施している。今年で9年目になるこの活動では、福建省と江西省のガソリンスタンド35カ所を開放し、バイクで帰省する人々に無料で給油サービスや反射ベスト、ショウガ湯、温かいお茶および地図などを提供するといった一連の思いやりのあるサービスを行っている。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月15日
    春節まであとわずか出稼ぎ労働者のバイク帰省始まる福建省

    15日、バイクで帰省する出稼ぎ労働者のために無料で給油する中国石油天然気集団の若いボランティア。春節(旧正月、今年は1月25日)で帰省する出稼ぎ労働者の第一陣268人が15日、中国福建省の泉州市、アモイ市、漳州(しょうしゅう)市などの都市から198台のバイクに乗り、故郷に向けて出発した。中国石油天然気集団(CNPC)はこのバイク隊のために便宜を図る公益活動「ぬくもりの道をバイクで帰ろう」を15日から23日まで実施している。今年で9年目になるこの活動では、福建省と江西省のガソリンスタンド35カ所を開放し、バイクで帰省する人々に無料で給油サービスや反射ベスト、ショウガ湯、温かいお茶および地図などを提供するといった一連の思いやりのあるサービスを行っている。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月15日
    春節まであとわずか出稼ぎ労働者のバイク帰省始まる福建省

    15日、無料のガソリンカードを掲げて見せる江西省贛州市出身の出稼ぎ労働者、周華明(しゅう・かめい)さん。春節(旧正月、今年は1月25日)で帰省する出稼ぎ労働者の第一陣268人が15日、中国福建省の泉州市、アモイ市、漳州(しょうしゅう)市などの都市から198台のバイクに乗り、故郷に向けて出発した。中国石油天然気集団(CNPC)はこのバイク隊のために便宜を図る公益活動「ぬくもりの道をバイクで帰ろう」を15日から23日まで実施している。今年で9年目になるこの活動では、福建省と江西省のガソリンスタンド35カ所を開放し、バイクで帰省する人々に無料で給油サービスや反射ベスト、ショウガ湯、温かいお茶および地図などを提供するといった一連の思いやりのあるサービスを行っている。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月15日
    春節まであとわずか出稼ぎ労働者のバイク帰省始まる福建省

    15日、バイクで故郷へ向かう出稼ぎ労働者たち。春節(旧正月、今年は1月25日)で帰省する出稼ぎ労働者の第一陣268人が15日、中国福建省の泉州市、アモイ市、漳州(しょうしゅう)市などの都市から198台のバイクに乗り、故郷に向けて出発した。中国石油天然気集団(CNPC)はこのバイク隊のために便宜を図る公益活動「ぬくもりの道をバイクで帰ろう」を15日から23日まで実施している。今年で9年目になるこの活動では、福建省と江西省のガソリンスタンド35カ所を開放し、バイクで帰省する人々に無料で給油サービスや反射ベスト、ショウガ湯、温かいお茶および地図などを提供するといった一連の思いやりのあるサービスを行っている。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月15日
    春節まであとわずか出稼ぎ労働者のバイク帰省始まる福建省

    15日、バイクで故郷へ向かう出稼ぎ労働者。春節(旧正月、今年は1月25日)で帰省する出稼ぎ労働者の第一陣268人が15日、中国福建省の泉州市、アモイ市、漳州(しょうしゅう)市などの都市から198台のバイクに乗り、故郷に向けて出発した。中国石油天然気集団(CNPC)はこのバイク隊のために便宜を図る公益活動「ぬくもりの道をバイクで帰ろう」を15日から23日まで実施している。今年で9年目になるこの活動では、福建省と江西省のガソリンスタンド35カ所を開放し、バイクで帰省する人々に無料で給油サービスや反射ベスト、ショウガ湯、温かいお茶および地図などを提供するといった一連の思いやりのあるサービスを行っている。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月15日
    春節まであとわずか出稼ぎ労働者のバイク帰省始まる福建省

    15日、座席の後ろに荷物をいっぱい詰め込み、バイクで帰省する江西省撫州市出身の出稼ぎ労働者、劉喜竜(りゅう・きりゅう)さん。春節(旧正月、今年は1月25日)で帰省する出稼ぎ労働者の第一陣268人が15日、中国福建省の泉州市、アモイ市、漳州(しょうしゅう)市などの都市から198台のバイクに乗り、故郷に向けて出発した。中国石油天然気集団(CNPC)はこのバイク隊のために便宜を図る公益活動「ぬくもりの道をバイクで帰ろう」を15日から23日まで実施している。今年で9年目になるこの活動では、福建省と江西省のガソリンスタンド35カ所を開放し、バイクで帰省する人々に無料で給油サービスや反射ベスト、ショウガ湯、温かいお茶および地図などを提供するといった一連の思いやりのあるサービスを行っている。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月15日
    春節まであとわずか出稼ぎ労働者のバイク帰省始まる福建省

    15日、中国石油天然気集団の漳州スタンドで、バイクで帰省する「90後」の出稼ぎ労働者、冉曉紅(ぜん・ぎょうこう)さん(左から三番目)。春節(旧正月、今年は1月25日)で帰省する出稼ぎ労働者の第一陣268人が15日、中国福建省の泉州市、アモイ市、漳州(しょうしゅう)市などの都市から198台のバイクに乗り、故郷に向けて出発した。中国石油天然気集団(CNPC)はこのバイク隊のために便宜を図る公益活動「ぬくもりの道をバイクで帰ろう」を15日から23日まで実施している。今年で9年目になるこの活動では、福建省と江西省のガソリンスタンド35カ所を開放し、バイクで帰省する人々に無料で給油サービスや反射ベスト、ショウガ湯、温かいお茶および地図などを提供するといった一連の思いやりのあるサービスを行っている。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月22日
    スパークリングの甘酒 商品ニュース

    森永製菓の「スパークリング甘酒〈ジンジャー〉」

  • 2019年10月24日
    ショウガが収穫期迎える日本にも輸出山東省乳山市

    24日、乳山市白沙灘鎮の畑でショウガを収穫する農家の人。秋の深まりをみせる中国山東省乳山市ではショウガが収穫期を迎え、ショウガの豊作を喜ぶ農家の人たちが収穫作業に追われていた。ショウガの栽培面積約5万ムー(約3333ヘクタール)を誇る同市は、厳格な管理、法の順守、無公害、安全な輸出という目標に基づき、2008年に「輸出向けショウガの検査免除基地」を設立。そこで生産されたショウガ製品を日本や米国などに輸出している。(威海=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月24日
    ショウガが収穫期迎える日本にも輸出山東省乳山市

    24日、乳山市白沙灘鎮の畑でショウガを収穫する農家の人たち。秋の深まりをみせる中国山東省乳山市ではショウガが収穫期を迎え、ショウガの豊作を喜ぶ農家の人たちが収穫作業に追われていた。ショウガの栽培面積約5万ムー(約3333ヘクタール)を誇る同市は、厳格な管理、法の順守、無公害、安全な輸出という目標に基づき、2008年に「輸出向けショウガの検査免除基地」を設立。そこで生産されたショウガ製品を日本や米国などに輸出している。(威海=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月24日
    ショウガが収穫期迎える日本にも輸出山東省乳山市

    24日、乳山市白沙灘鎮の畑でショウガを収穫する農家の人。秋の深まりをみせる中国山東省乳山市ではショウガが収穫期を迎え、ショウガの豊作を喜ぶ農家の人たちが収穫作業に追われていた。ショウガの栽培面積約5万ムー(約3333ヘクタール)を誇る同市は、厳格な管理、法の順守、無公害、安全な輸出という目標に基づき、2008年に「輸出向けショウガの検査免除基地」を設立。そこで生産されたショウガ製品を日本や米国などに輸出している。(威海=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月24日
    ショウガが収穫期迎える日本にも輸出山東省乳山市

    24日、乳山市白沙灘鎮の畑でショウガを収穫する農家の人たち。秋の深まりをみせる中国山東省乳山市ではショウガが収穫期を迎え、ショウガの豊作を喜ぶ農家の人たちが収穫作業に追われていた。ショウガの栽培面積約5万ムー(約3333ヘクタール)を誇る同市は、厳格な管理、法の順守、無公害、安全な輸出という目標に基づき、2008年に「輸出向けショウガの検査免除基地」を設立。そこで生産されたショウガ製品を日本や米国などに輸出している。(威海=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月24日
    ショウガが収穫期迎える日本にも輸出山東省乳山市

    24日、乳山市白沙灘鎮の畑でショウガを収穫する農家の人たち。秋の深まりをみせる中国山東省乳山市ではショウガが収穫期を迎え、ショウガの豊作を喜ぶ農家の人たちが収穫作業に追われていた。ショウガの栽培面積約5万ムー(約3333ヘクタール)を誇る同市は、厳格な管理、法の順守、無公害、安全な輸出という目標に基づき、2008年に「輸出向けショウガの検査免除基地」を設立。そこで生産されたショウガ製品を日本や米国などに輸出している。(威海=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月24日
    ショウガが収穫期迎える日本にも輸出山東省乳山市

    24日、乳山市白沙灘鎮の畑でショウガを収穫する農家の人。秋の深まりをみせる中国山東省乳山市ではショウガが収穫期を迎え、ショウガの豊作を喜ぶ農家の人たちが収穫作業に追われていた。ショウガの栽培面積約5万ムー(約3333ヘクタール)を誇る同市は、厳格な管理、法の順守、無公害、安全な輸出という目標に基づき、2008年に「輸出向けショウガの検査免除基地」を設立。そこで生産されたショウガ製品を日本や米国などに輸出している。(威海=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月24日
    ショウガが収穫期迎える日本にも輸出山東省乳山市

    24日、乳山市白沙灘鎮の畑でショウガを収穫する農家の人たち。(小型無人機から)秋の深まりをみせる中国山東省乳山市ではショウガが収穫期を迎え、ショウガの豊作を喜ぶ農家の人たちが収穫作業に追われていた。ショウガの栽培面積約5万ムー(約3333ヘクタール)を誇る同市は、厳格な管理、法の順守、無公害、安全な輸出という目標に基づき、2008年に「輸出向けショウガの検査免除基地」を設立。そこで生産されたショウガ製品を日本や米国などに輸出している。(威海=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月24日
    ショウガが収穫期迎える日本にも輸出山東省乳山市

    24日、乳山市白沙灘鎮の畑でショウガを収穫する農家の人たち。(小型無人機から)秋の深まりをみせる中国山東省乳山市ではショウガが収穫期を迎え、ショウガの豊作を喜ぶ農家の人たちが収穫作業に追われていた。ショウガの栽培面積約5万ムー(約3333ヘクタール)を誇る同市は、厳格な管理、法の順守、無公害、安全な輸出という目標に基づき、2008年に「輸出向けショウガの検査免除基地」を設立。そこで生産されたショウガ製品を日本や米国などに輸出している。(威海=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月24日
    ショウガが収穫期迎える日本にも輸出山東省乳山市

    24日、乳山市白沙灘鎮の畑で、豊作のショウガを前に笑顔を見せる農家の人。秋の深まりをみせる中国山東省乳山市ではショウガが収穫期を迎え、ショウガの豊作を喜ぶ農家の人たちが収穫作業に追われていた。ショウガの栽培面積約5万ムー(約3333ヘクタール)を誇る同市は、厳格な管理、法の順守、無公害、安全な輸出という目標に基づき、2008年に「輸出向けショウガの検査免除基地」を設立。そこで生産されたショウガ製品を日本や米国などに輸出している。(威海=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月24日
    ショウガが収穫期迎える日本にも輸出山東省乳山市

    24日、乳山市白沙灘鎮の畑でショウガを収穫する農家の人たち。秋の深まりをみせる中国山東省乳山市ではショウガが収穫期を迎え、ショウガの豊作を喜ぶ農家の人たちが収穫作業に追われていた。ショウガの栽培面積約5万ムー(約3333ヘクタール)を誇る同市は、厳格な管理、法の順守、無公害、安全な輸出という目標に基づき、2008年に「輸出向けショウガの検査免除基地」を設立。そこで生産されたショウガ製品を日本や米国などに輸出している。(威海=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月14日
    唐山市でショウガの収穫が最盛期河北省

    14日、河北省唐山市豊潤区新軍屯鎮山王寨村でショウガの収穫作業をする農家。中国河北省唐山市の豊潤区政府はここ数年、合作社と農家の連携による経営管理方式の導入を農民に促し、利益拡大のためショウガ栽培の大規模化を進めてきた。同区のショウガの栽培面積は約3万8千ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)に達し、農家3千戸以上の収入増が実現した。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月14日
    唐山市でショウガの収穫が最盛期河北省

    14日、河北省唐山市豊潤区新軍屯鎮山王寨村でショウガの収穫作業をする農家。中国河北省唐山市の豊潤区政府はここ数年、合作社と農家の連携による経営管理方式の導入を農民に促し、利益拡大のためショウガ栽培の大規模化を進めてきた。同区のショウガの栽培面積は約3万8千ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)に達し、農家3千戸以上の収入増が実現した。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月14日
    唐山市でショウガの収穫が最盛期河北省

    14日、河北省唐山市豊潤区新軍屯鎮山王寨村でショウガの収穫作業をする農家。中国河北省唐山市の豊潤区政府はここ数年、合作社と農家の連携による経営管理方式の導入を農民に促し、利益拡大のためショウガ栽培の大規模化を進めてきた。同区のショウガの栽培面積は約3万8千ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)に達し、農家3千戸以上の収入増が実現した。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:54.07
    2019年08月21日
    「新華社」霞浦県の名物海鮮料理「葱油碎螺肉」福建省

    中国福建省東北部に位置する寧徳市霞浦(かほ)県は、長く続く海岸線と多くの島々、港湾を有し、県全体で海水養殖が行われ、豊かな漁獲量を誇る。「葱油碎螺肉」は同県の名物海鮮料理。この地で「苦螺」と呼ばれるイボニシ貝に細切り生姜やトウガラシなどを加えて炒めるもので、塩味でやや辛く、濃厚な醤油の香りで多くの美食家に愛されている。(記者/林凱)<映像内容>イボニシ貝を使った海鮮料理「葱油碎螺肉」、調理の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月25日
    日本水産の商品 中食需要狙い新商品相次ぐ

    日本水産の「食べるスープ和風しょうが」

  • 2019年06月15日
    「同時に油茶を作った最多人数」でギネス世界記録認定広西桂林

    15日、中国広西チワン族自治区の恭城ヤオ族自治県にある恭城油茶小鎮で、踊りを踊ってギネス世界記録認定の喜びを表すヤオ族の人々。中国広西チワン族自治区桂林市の恭城ヤオ族自治県にある恭城油茶小鎮(町)で15日、「同時に恭城油茶を作った最多人数」のギネス世界記録にヤオ族の人々2019人が挑戦し、見事に成功した。「恭城油茶」は同自治県の伝統料理で、茶葉とショウガなど薬味を炒めて煮出した湯に炒ったコメや落花生を加えたお茶漬け状の食品を指す。2019人のヤオ族の人々が同地で、ギネス世界記録公式認定員の現場立ち会いの下、一斉に油茶作りを開始。一連の作業を経て、質・量ともに基準に見合った油茶をその場で作り上げ、「同時に恭城油茶を作った最多人数」でギネス世界記録を打ち立てた。(恭城=新華社記者/周華)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月15日
    「同時に油茶を作った最多人数」でギネス世界記録認定広西桂林

    15日、中国広西チワン族自治区の恭城ヤオ族自治県にある恭城油茶小鎮で、油茶を作るヤオ族の人々。中国広西チワン族自治区桂林市の恭城ヤオ族自治県にある恭城油茶小鎮(町)で15日、「同時に恭城油茶を作った最多人数」のギネス世界記録にヤオ族の人々2019人が挑戦し、見事に成功した。「恭城油茶」は同自治県の伝統料理で、茶葉とショウガなど薬味を炒めて煮出した湯に炒ったコメや落花生を加えたお茶漬け状の食品を指す。2019人のヤオ族の人々が同地で、ギネス世界記録公式認定員の現場立ち会いの下、一斉に油茶作りを開始。一連の作業を経て、質・量ともに基準に見合った油茶をその場で作り上げ、「同時に恭城油茶を作った最多人数」でギネス世界記録を打ち立てた。(恭城=新華社記者/周華)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月15日
    「同時に油茶を作った最多人数」でギネス世界記録認定広西桂林

    15日、中国広西チワン族自治区の恭城ヤオ族自治県にある恭城油茶小鎮で、油茶を作るヤオ族の人々。中国広西チワン族自治区桂林市の恭城ヤオ族自治県にある恭城油茶小鎮(町)で15日、「同時に恭城油茶を作った最多人数」のギネス世界記録にヤオ族の人々2019人が挑戦し、見事に成功した。「恭城油茶」は同自治県の伝統料理で、茶葉とショウガなど薬味を炒めて煮出した湯に炒ったコメや落花生を加えたお茶漬け状の食品を指す。2019人のヤオ族の人々が同地で、ギネス世界記録公式認定員の現場立ち会いの下、一斉に油茶作りを開始。一連の作業を経て、質・量ともに基準に見合った油茶をその場で作り上げ、「同時に恭城油茶を作った最多人数」でギネス世界記録を打ち立てた。(恭城=新華社記者/周華)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月15日
    「同時に油茶を作った最多人数」でギネス世界記録認定広西桂林

    15日、中国広西チワン族自治区の恭城ヤオ族自治県にある恭城油茶小鎮で、油茶を作るヤオ族の人々。中国広西チワン族自治区桂林市の恭城ヤオ族自治県にある恭城油茶小鎮(町)で15日、「同時に恭城油茶を作った最多人数」のギネス世界記録にヤオ族の人々2019人が挑戦し、見事に成功した。「恭城油茶」は同自治県の伝統料理で、茶葉とショウガなど薬味を炒めて煮出した湯に炒ったコメや落花生を加えたお茶漬け状の食品を指す。2019人のヤオ族の人々が同地で、ギネス世界記録公式認定員の現場立ち会いの下、一斉に油茶作りを開始。一連の作業を経て、質・量ともに基準に見合った油茶をその場で作り上げ、「同時に恭城油茶を作った最多人数」でギネス世界記録を打ち立てた。(恭城=新華社記者/周華)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月15日
    「同時に油茶を作った最多人数」でギネス世界記録認定広西桂林

    15日、中国広西チワン族自治区の恭城ヤオ族自治県にある恭城油茶小鎮で、油茶を作るヤオ族の人々。中国広西チワン族自治区桂林市の恭城ヤオ族自治県にある恭城油茶小鎮(町)で15日、「同時に恭城油茶を作った最多人数」のギネス世界記録にヤオ族の人々2019人が挑戦し、見事に成功した。「恭城油茶」は同自治県の伝統料理で、茶葉とショウガなど薬味を炒めて煮出した湯に炒ったコメや落花生を加えたお茶漬け状の食品を指す。2019人のヤオ族の人々が同地で、ギネス世界記録公式認定員の現場立ち会いの下、一斉に油茶作りを開始。一連の作業を経て、質・量ともに基準に見合った油茶をその場で作り上げ、「同時に恭城油茶を作った最多人数」でギネス世界記録を打ち立てた。(恭城=新華社記者/周華)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月15日
    「同時に油茶を作った最多人数」でギネス世界記録認定広西桂林

    15日、「同時に恭城油茶を作った最多人数」のギネス世界記録に挑む2019人のヤオ族の人々。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区桂林市の恭城ヤオ族自治県にある恭城油茶小鎮(町)で15日、「同時に恭城油茶を作った最多人数」のギネス世界記録にヤオ族の人々2019人が挑戦し、見事に成功した。「恭城油茶」は同自治県の伝統料理で、茶葉とショウガなど薬味を炒めて煮出した湯に炒ったコメや落花生を加えたお茶漬け状の食品を指す。2019人のヤオ族の人々が同地で、ギネス世界記録公式認定員の現場立ち会いの下、一斉に油茶作りを開始。一連の作業を経て、質・量ともに基準に見合った油茶をその場で作り上げ、「同時に恭城油茶を作った最多人数」でギネス世界記録を打ち立てた。(恭城=新華社記者/周華)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月15日
    「同時に油茶を作った最多人数」でギネス世界記録認定広西桂林

    15日、中国広西チワン族自治区の恭城ヤオ族自治県にある恭城油茶小鎮で、でき上った「恭城油茶」を楽しむヤオ族の人々。中国広西チワン族自治区桂林市の恭城ヤオ族自治県にある恭城油茶小鎮(町)で15日、「同時に恭城油茶を作った最多人数」のギネス世界記録にヤオ族の人々2019人が挑戦し、見事に成功した。「恭城油茶」は同自治県の伝統料理で、茶葉とショウガなど薬味を炒めて煮出した湯に炒ったコメや落花生を加えたお茶漬け状の食品を指す。2019人のヤオ族の人々が同地で、ギネス世界記録公式認定員の現場立ち会いの下、一斉に油茶作りを開始。一連の作業を経て、質・量ともに基準に見合った油茶をその場で作り上げ、「同時に恭城油茶を作った最多人数」でギネス世界記録を打ち立てた。(恭城=新華社記者/周華)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月15日
    「同時に油茶を作った最多人数」でギネス世界記録認定広西桂林

    15日、中国広西チワン族自治区の恭城ヤオ族自治県にある恭城油茶小鎮で、踊りを踊ってギネス世界記録認定の喜びを表すヤオ族の人々。中国広西チワン族自治区桂林市の恭城ヤオ族自治県にある恭城油茶小鎮(町)で15日、「同時に恭城油茶を作った最多人数」のギネス世界記録にヤオ族の人々2019人が挑戦し、見事に成功した。「恭城油茶」は同自治県の伝統料理で、茶葉とショウガなど薬味を炒めて煮出した湯に炒ったコメや落花生を加えたお茶漬け状の食品を指す。2019人のヤオ族の人々が同地で、ギネス世界記録公式認定員の現場立ち会いの下、一斉に油茶作りを開始。一連の作業を経て、質・量ともに基準に見合った油茶をその場で作り上げ、「同時に恭城油茶を作った最多人数」でギネス世界記録を打ち立てた。(恭城=新華社記者/周華)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月15日
    「同時に油茶を作った最多人数」でギネス世界記録認定広西桂林

    15日、中国広西チワン族自治区の恭城ヤオ族自治県にある恭城油茶小鎮で、踊りを踊ってギネス世界記録認定の喜びを表すヤオ族の人々。中国広西チワン族自治区桂林市の恭城ヤオ族自治県にある恭城油茶小鎮(町)で15日、「同時に恭城油茶を作った最多人数」のギネス世界記録にヤオ族の人々2019人が挑戦し、見事に成功した。「恭城油茶」は同自治県の伝統料理で、茶葉とショウガなど薬味を炒めて煮出した湯に炒ったコメや落花生を加えたお茶漬け状の食品を指す。2019人のヤオ族の人々が同地で、ギネス世界記録公式認定員の現場立ち会いの下、一斉に油茶作りを開始。一連の作業を経て、質・量ともに基準に見合った油茶をその場で作り上げ、「同時に恭城油茶を作った最多人数」でギネス世界記録を打ち立てた。(恭城=新華社記者/周華)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月15日
    「同時に油茶を作った最多人数」でギネス世界記録認定広西桂林

    15日、ギネス世界記録達成を宣言する公式認定員の呉暁紅(ご・ぎょうこう)さん。中国広西チワン族自治区桂林市の恭城ヤオ族自治県にある恭城油茶小鎮(町)で15日、「同時に恭城油茶を作った最多人数」のギネス世界記録にヤオ族の人々2019人が挑戦し、見事に成功した。「恭城油茶」は同自治県の伝統料理で、茶葉とショウガなど薬味を炒めて煮出した湯に炒ったコメや落花生を加えたお茶漬け状の食品を指す。2019人のヤオ族の人々が同地で、ギネス世界記録公式認定員の現場立ち会いの下、一斉に油茶作りを開始。一連の作業を経て、質・量ともに基準に見合った油茶をその場で作り上げ、「同時に恭城油茶を作った最多人数」でギネス世界記録を打ち立てた。(恭城=新華社記者/周華)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月15日
    「同時に油茶を作った最多人数」でギネス世界記録認定広西桂林

    15日、「同時に恭城油茶を作った最多人数」のギネス世界記録に挑む2019人のヤオ族の人々。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区桂林市の恭城ヤオ族自治県にある恭城油茶小鎮(町)で15日、「同時に恭城油茶を作った最多人数」のギネス世界記録にヤオ族の人々2019人が挑戦し、見事に成功した。「恭城油茶」は同自治県の伝統料理で、茶葉とショウガなど薬味を炒めて煮出した湯に炒ったコメや落花生を加えたお茶漬け状の食品を指す。2019人のヤオ族の人々が同地で、ギネス世界記録公式認定員の現場立ち会いの下、一斉に油茶作りを開始。一連の作業を経て、質・量ともに基準に見合った油茶をその場で作り上げ、「同時に恭城油茶を作った最多人数」でギネス世界記録を打ち立てた。(恭城=新華社記者/周華)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月11日
    岩下食品のコラボ商品 新生姜、枠を超えてコラボ

    「岩下の新生姜」とコラボしたポテトチップスやグッズなどの商品

  • 2019年05月11日
    岩下食品の岩下和了社長 新生姜、枠を超えてコラボ

    異色のコラボを次々と打ち出す「岩下食品」の岩下和了社長=栃木県栃木市

    撮影: 栃木県栃木市

  • 2019年04月23日
    自然由来の消臭スプレー 商品ニュース

    P&Gの「ファブリーズ ナチュリス レモングラス&ジンジャー」

  • 2019年02月13日
    注目集める伝統食品「紅酸湯」貴州省

    13日、黔東南ミャオ族トン族自治州麻江(まこう)県の紅酸湯製造企業で、発酵中の紅酸湯をかき混ぜる従業員。紅酸湯(こうさんとう)は、中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州で長く人々から愛されてきた伝統食品。生のトウガラシ、トマト、ショウガを主な原料とし、洗浄、かめ入れ、発酵などいくつもの工程を経て製造される。近年、地元政府は紅酸湯の伝統的な製造技術の保護、伝承、革新に力を入れ、紅酸湯の量産化、現代化、標準化を進め、外部市場を積極的に開拓しており、製品は消費者から人気を集めている。(黔東南=新華社配信/蔡興文)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月13日
    注目集める伝統食品「紅酸湯」貴州省

    13日、黔東南ミャオ族トン族自治州麻江(まこう)県の紅酸湯製造企業で、紅酸湯の品質を検査する従業員。紅酸湯(こうさんとう)は、中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州で長く人々から愛されてきた伝統食品。生のトウガラシ、トマト、ショウガを主な原料とし、洗浄、かめ入れ、発酵などいくつもの工程を経て製造される。近年、地元政府は紅酸湯の伝統的な製造技術の保護、伝承、革新に力を入れ、紅酸湯の量産化、現代化、標準化を進め、外部市場を積極的に開拓しており、製品は消費者から人気を集めている。(黔東南=新華社配信/蔡興文)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月13日
    注目集める伝統食品「紅酸湯」貴州省

    13日、黔東南ミャオ族トン族自治州麻江(まこう)県の紅酸湯製造企業で、発酵中の紅酸湯をかき混ぜる従業員。(小型無人機から)紅酸湯(こうさんとう)は、中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州で長く人々から愛されてきた伝統食品。生のトウガラシ、トマト、ショウガを主な原料とし、洗浄、かめ入れ、発酵などいくつもの工程を経て製造される。近年、地元政府は紅酸湯の伝統的な製造技術の保護、伝承、革新に力を入れ、紅酸湯の量産化、現代化、標準化を進め、外部市場を積極的に開拓しており、製品は消費者から人気を集めている。(黔東南=新華社配信/蔡興文)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月13日
    注目集める伝統食品「紅酸湯」貴州省

    13日、黔東南ミャオ族トン族自治州麻江(まこう)県の紅酸湯製造企業で、発酵中の紅酸湯を見せる従業員。紅酸湯(こうさんとう)は、中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州で長く人々から愛されてきた伝統食品。生のトウガラシ、トマト、ショウガを主な原料とし、洗浄、かめ入れ、発酵などいくつもの工程を経て製造される。近年、地元政府は紅酸湯の伝統的な製造技術の保護、伝承、革新に力を入れ、紅酸湯の量産化、現代化、標準化を進め、外部市場を積極的に開拓しており、製品は消費者から人気を集めている。(黔東南=新華社配信/蔡興文)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月13日
    注目集める伝統食品「紅酸湯」貴州省

    13日、黔東南ミャオ族トン族自治州麻江(まこう)県の紅酸湯製造企業で、発酵中の紅酸湯をかき混ぜる従業員。(小型無人機から)紅酸湯(こうさんとう)は、中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州で長く人々から愛されてきた伝統食品。生のトウガラシ、トマト、ショウガを主な原料とし、洗浄、かめ入れ、発酵などいくつもの工程を経て製造される。近年、地元政府は紅酸湯の伝統的な製造技術の保護、伝承、革新に力を入れ、紅酸湯の量産化、現代化、標準化を進め、外部市場を積極的に開拓しており、製品は消費者から人気を集めている。(黔東南=新華社配信/蔡興文)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月13日
    注目集める伝統食品「紅酸湯」貴州省

    13日、黔東南ミャオ族トン族自治州麻江(まこう)県の紅酸湯製造企業で、発酵中の紅酸湯をかき混ぜる従業員。紅酸湯(こうさんとう)は、中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州で長く人々から愛されてきた伝統食品。生のトウガラシ、トマト、ショウガを主な原料とし、洗浄、かめ入れ、発酵などいくつもの工程を経て製造される。近年、地元政府は紅酸湯の伝統的な製造技術の保護、伝承、革新に力を入れ、紅酸湯の量産化、現代化、標準化を進め、外部市場を積極的に開拓しており、製品は消費者から人気を集めている。(黔東南=新華社配信/蔡興文)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月13日
    注目集める伝統食品「紅酸湯」貴州省

    13日、黔東南ミャオ族トン族自治州麻江(まこう)県の紅酸湯製造企業で、発酵中の紅酸湯を確認する従業員。紅酸湯(こうさんとう)は、中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州で長く人々から愛されてきた伝統食品。生のトウガラシ、トマト、ショウガを主な原料とし、洗浄、かめ入れ、発酵などいくつもの工程を経て製造される。近年、地元政府は紅酸湯の伝統的な製造技術の保護、伝承、革新に力を入れ、紅酸湯の量産化、現代化、標準化を進め、外部市場を積極的に開拓しており、製品は消費者から人気を集めている。(黔東南=新華社配信/蔡興文)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月21日
    出稼ぎ労働者の長距離バイク帰省始まる福建省泉州市

    21日、サービスステーションで提供された暖かいショウガ茶を飲む江西省出身の出稼ぎ労働者。2019年の「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)が21日、正式に幕を開けた。中国福建省の泉州市、アモイ市、福州市、漳州市などの都市からは、出稼ぎ労働者500人以上がバイク428台に分乗し、長い帰省の途に就いた。福建省の他に、江西省、湖北省、湖南省、広西チワン族自治区、浙江省、貴州省の6省でもバイクによる帰省がスタートした。沿線の7省121カ所の中国石油天然気集団(CNPC)のガソリンスタンドでは、無料給油などさまざまなサービスを提供している。同集団によるこうした公益活動は今年で8年目になるという。(泉州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月03日
    ショウガ入りレモンサワー 商品ニュース

    宝酒造の「宝 極上レモンサワー〈しょうがレモン〉」

  • 2018年11月14日
    レモン使った栄養調整食品 商品ニュース

    アサヒグループ食品の「クリーム玄米ブラン レモンジンジャー」

  • 2018年11月07日
    紅しょうが天味の揚げ煎餅 商品ニュース

    ぼんちの「ぼんち揚 紅しょうが天味」

  • 01:03.14
    2018年11月05日
    「新華社」独ケルンでビーガン·イノベーション·アワード発表

    ドイツ・ケルンで開催されていた完全菜食主義「ビーガン」展示会「Veganfach2018」が3日に閉幕し、今年度のビーガン・イノベーション・アワードが発表された。食品カテゴリで受賞したのは、ケルンのアイスクリームメーカー。同社が生産するNOMOOシリーズのアイスクリームは動物性バターを使用せず、天然植物原料のみを用いている。ドリンクカテゴリはドイツのメーカーが製造するジンジャー・レモンティーが受賞した。同製品には人工着色料や防腐剤が含まれていない。イタリア企業が生産する靴やレディースバッグはライフカテゴリでアワードを受賞。いずれも動物を搾取しないというビーガニズムに従った材料で作られているが、外観は動物性皮革と非常に似ている。Veganfachは、ヨーロッパ最大の国際ビーガン・ベジタリアン貿易展示会で、ケルンメッセが年一回主催している。今年は13の国と地域から約120社が出展し、食品・飲料、機能性食品、健康食品、ペットフードなど6大カテゴリの製品を展示した。<映像内容>Veganfach2018の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月19日
    鶏肉の甘酢あん炒め 商品ニュース

    カゴメの「鶏肉のしょうが甘酢あん炒め」

  • 2018年10月09日
    良質無公害ショウガ栽培で増収河北省秦皇島市

    9日、河北省秦皇島市撫寧区留守営鎮桑園村で収穫したショウガを見せる農民。中国河北省秦皇島(しんこうとう)市撫寧(ふねい)区は近年、農業の構造調整を行う中で、地元の農民が良質な無公害(農薬の量が少ない)ショウガを栽培するのを奨励し、農業技術員が定期的に畑に出て農民に標準化管理を指導するよう手配している。同区の今年のショウガ作付面積は1万ムー(約667ヘクタール)余りで、生産量は5万トンに、栽培農家の1ムー当たりの純収入は1万元(1元=約16円)余りになる見込みだ。(秦皇島=新華社記者/楊世堯)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月09日
    良質無公害ショウガ栽培で増収河北省秦皇島市

    9日、河北省秦皇島市撫寧区留守営鎮桑園村でショウガを収穫する農民。中国河北省秦皇島(しんこうとう)市撫寧(ふねい)区は近年、農業の構造調整を行う中で、地元の農民が良質な無公害(農薬の量が少ない)ショウガを栽培するのを奨励し、農業技術員が定期的に畑に出て農民に標準化管理を指導するよう手配している。同区の今年のショウガ作付面積は1万ムー(約667ヘクタール)余りで、生産量は5万トンに、栽培農家の1ムー当たりの純収入は1万元(1元=約16円)余りになる見込みだ。(秦皇島=新華社記者/楊世堯)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月09日
    良質無公害ショウガ栽培で増収河北省秦皇島市

    9日、河北省秦皇島市撫寧区留守営鎮桑園村でショウガを収穫する農民。(小型無人機から)中国河北省秦皇島(しんこうとう)市撫寧(ふねい)区は近年、農業の構造調整を行う中で、地元の農民が良質な無公害(農薬の量が少ない)ショウガを栽培するのを奨励し、農業技術員が定期的に畑に出て農民に標準化管理を指導するよう手配している。同区の今年のショウガ作付面積は1万ムー(約667ヘクタール)余りで、生産量は5万トンに、栽培農家の1ムー当たりの純収入は1万元(1元=約16円)余りになる見込みだ。(秦皇島=新華社記者/楊世堯)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月09日
    良質無公害ショウガ栽培で増収河北省秦皇島市

    9日、河北省秦皇島市撫寧区留守営鎮桑園村でショウガを収穫する農民。中国河北省秦皇島(しんこうとう)市撫寧(ふねい)区は近年、農業の構造調整を行う中で、地元の農民が良質な無公害(農薬の量が少ない)ショウガを栽培するのを奨励し、農業技術員が定期的に畑に出て農民に標準化管理を指導するよう手配している。同区の今年のショウガ作付面積は1万ムー(約667ヘクタール)余りで、生産量は5万トンに、栽培農家の1ムー当たりの純収入は1万元(1元=約16円)余りになる見込みだ。(秦皇島=新華社記者/楊世堯)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月02日
    黄金色に輝く秋の稲田風景河北省渉県

    2日、邯鄲市渉県を流れる清漳河の河畔に広がる黄金色の稲田。(小型無人機から)中国河北省邯鄲(かんたん)市渉県清漳河(せいしょうが)の河畔に広がる水稲が、このほど収穫時期を迎えた。黄金色に輝く稲田が、同地で絵のような美しい光景を見せている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月02日
    黄金色に輝く秋の稲田風景河北省渉県

    2日、邯鄲市渉県を流れる清漳河の河畔に広がる黄金色の稲田。(小型無人機から)中国河北省邯鄲(かんたん)市渉県清漳河(せいしょうが)の河畔に広がる水稲が、このほど収穫時期を迎えた。黄金色に輝く稲田が、同地で絵のような美しい光景を見せている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月02日
    黄金色に輝く秋の稲田風景河北省渉県

    2日、邯鄲市渉県を流れる清漳河の河畔に広がる黄金色の稲田。(小型無人機から)中国河北省邯鄲(かんたん)市渉県清漳河(せいしょうが)の河畔に広がる水稲が、このほど収穫時期を迎えた。黄金色に輝く稲田が、同地で絵のような美しい光景を見せている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月02日
    黄金色に輝く秋の稲田風景河北省渉県

    2日、邯鄲市渉県を流れる清漳河の河畔に広がる黄金色の稲田。(小型無人機から)中国河北省邯鄲(かんたん)市渉県清漳河(せいしょうが)の河畔に広がる水稲が、このほど収穫時期を迎えた。黄金色に輝く稲田が、同地で絵のような美しい光景を見せている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年08月06日
    新ショウガ味のどあめ 商品ニュース

    パインの「岩下の新生姜のど飴」

  • 2018年07月30日
    ジンジャーエール味のグミ 商品ニュース

    明治のグミ「ジンジャーエールアップ」

  • 2018年02月01日
    いざ、バイクで! 遠く離れた故郷へ帰省

    1日、福建省石獅路エリアを風を切って走るバイク帰省者の一団。【新華社福州】1日、40日間にわたる2018年の春運(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)が本格的に始まった。春節(中国の旧正月)を故郷で過ごすバイク帰省者の一団が、朝早くから中国石油天然ガス集団(中石油)福建省泉州市荊山のガソリンスタンドで給油し、長い長い帰省の旅に出た。彼らの便宜を図るため、中石油は7年間続いている公益活動「バイク帰省者に温かいぬくもりを」をスタートさせ、福建省、江西省、湖北省、湖南省、広西チワン族自治区の5省区にある約100カ所のガソリンスタンドで「バイク帰省者」のために無料の給油サービスを行い、反射ベスト、ジンジャーティー、地図などを提供し、彼らに温かいぬくもりを届けている。(新華社記者/魏培全) =2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年02月01日
    いざ、バイクで! 遠く離れた故郷へ帰省

    1日、中国石油天然ガス集団(中石油)福建省泉州市荊山のガソリンスタンドで、奥さんとともにバイクで帰省する黄振春(左1)さんが、反射ベストとマフラー、地図を無料で提供するサービスを受けている。【新華社福州】1日、40日間にわたる2018年の春運(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)が本格的に始まった。春節(中国の旧正月)を故郷で過ごすバイク帰省者の一団が、朝早くから中国石油天然ガス集団(中石油)福建省泉州市荊山のガソリンスタンドで給油し、長い長い帰省の旅に出た。彼らの便宜を図るため、中石油は7年間続いている公益活動「バイク帰省者に温かいぬくもりを」をスタートさせ、福建省、江西省、湖北省、湖南省、広西チワン族自治区の5省区にある約100カ所のガソリンスタンドで「バイク帰省者」のために無料の給油サービスを行い、反射ベスト、ジンジャーティー、地図などを提供し、彼らに温かいぬくもりを届けている。(新華社記者/魏培全) =2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年02月01日
    いざ、バイクで! 遠く離れた故郷へ帰省

    1日、帰省する出稼ぎ労働者に無料で給油サービスを行う中国石油天然ガス集団(中石油)の若いボランティア。【新華社福州】1日、40日間にわたる2018年の春運(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)が本格的に始まった。春節(中国の旧正月)を故郷で過ごすバイク帰省者の一団が、朝早くから中国石油天然ガス集団(中石油)福建省泉州市荊山のガソリンスタンドで給油し、長い長い帰省の旅に出た。彼らの便宜を図るため、中石油は7年間続いている公益活動「バイク帰省者に温かいぬくもりを」をスタートさせ、福建省、江西省、湖北省、湖南省、広西チワン族自治区の5省区にある約100カ所のガソリンスタンドで「バイク帰省者」のために無料の給油サービスを行い、反射ベスト、ジンジャーティー、地図などを提供し、彼らに温かいぬくもりを届けている。(新華社記者/魏培全) =2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年02月01日
    いざ、バイクで! 遠く離れた故郷へ帰省

    1日、まだ暗いうちに家路につくバイク帰省者の一団。【新華社福州】1日、40日間にわたる2018年の春運(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)が本格的に始まった。春節(中国の旧正月)を故郷で過ごすバイク帰省者の一団が、朝早くから中国石油天然ガス集団(中石油)福建省泉州市荊山のガソリンスタンドで給油し、長い長い帰省の旅に出た。彼らの便宜を図るため、中石油は7年間続いている公益活動「バイク帰省者に温かいぬくもりを」をスタートさせ、福建省、江西省、湖北省、湖南省、広西チワン族自治区の5省区にある約100カ所のガソリンスタンドで「バイク帰省者」のために無料の給油サービスを行い、反射ベスト、ジンジャーティー、地図などを提供し、彼らに温かいぬくもりを届けている。(新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2017年12月21日
    しょうが湯作れるあめ 商品ニュース

    パインの「生姜湯飴」

  • 2017年08月17日
    ショウガのパスタソース 商品ニュース

    エスビー食品の「まぜるだけのスパゲッティソース あら切りジンジャー コク旨ツナ仕立て」

  • 1
  • 2