KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • スパイク工夫
  • スパイク靴
  • たんぱく質
  • ウイルス
  • 新型肺炎
  • 日刊工業新聞
  • 臨床試験
  • みずほキャピタル
  • アーキテクチャー
  • キシダ化学

「スパイク」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
34
( 1 34 件を表示)
  • 1
34
( 1 34 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年12月09日
    COVID-19: RECOVERY: Pfizer Vaccines in Israel

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、ファイザー、ロゴマーク-December 9, 2020, Herzliya, Israel: Depicted is the facade of Pfizer Israel in the Herzliya Industrial Zone, a subsidiary of Pfizer Inc. (PFE - NYSE), which has been active in Israel for over 20 years. A first shipment of thousands of Pfizer COVID-19 vaccines arrived today in Israel and will serve for a practice test run in logistics and distribution under the extreme refrigeration requirements. A second shipment with hundreds of thousands of vaccines will arrive tomorrow, 10th December, 2020. Immediately following FDA approval in the US first to be vaccinated will be medical teams in the Coronavirus front lines. Vaccination of the general public expected to begin 20th December, 2020. (Credit Image: © Nir Alon/ZUMA Wire)、クレジット:©Nir Alon/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年12月09日
    COVID-19: RECOVERY: Pfizer Vaccines in Israel

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、ファイザー、ロゴマーク-December 9, 2020, Herzliya, Israel: Depicted is the facade of Pfizer Israel in the Herzliya Industrial Zone, a subsidiary of Pfizer Inc. (PFE - NYSE), which has been active in Israel for over 20 years. A first shipment of thousands of Pfizer COVID-19 vaccines arrived today in Israel and will serve for a practice test run in logistics and distribution under the extreme refrigeration requirements. A second shipment with hundreds of thousands of vaccines will arrive tomorrow, 10th December, 2020. Immediately following FDA approval in the US first to be vaccinated will be medical teams in the Coronavirus front lines. Vaccination of the general public expected to begin 20th December, 2020. (Credit Image: © Nir Alon/ZUMA Wire)、クレジット:©Nir Alon/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年12月09日
    COVID-19: RECOVERY: Pfizer Vaccines in Israel

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、ファイザー、ロゴマーク-December 9, 2020, Herzliya, Israel: Depicted is the facade of Pfizer Israel in the Herzliya Industrial Zone, a subsidiary of Pfizer Inc. (PFE - NYSE), which has been active in Israel for over 20 years. A first shipment of thousands of Pfizer COVID-19 vaccines arrived today in Israel and will serve for a practice test run in logistics and distribution under the extreme refrigeration requirements. A second shipment with hundreds of thousands of vaccines will arrive tomorrow, 10th December, 2020. Immediately following FDA approval in the US first to be vaccinated will be medical teams in the Coronavirus front lines. Vaccination of the general public expected to begin 20th December, 2020. (Credit Image: © Nir Alon/ZUMA Wire)、クレジット:©Nir Alon/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年12月09日
    COVID-19: RECOVERY: Pfizer Vaccines in Israel

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、ファイザー、ロゴマーク-December 9, 2020, Herzliya, Israel: Depicted is the facade of Pfizer Israel in the Herzliya Industrial Zone, a subsidiary of Pfizer Inc. (PFE - NYSE), which has been active in Israel for over 20 years. A first shipment of thousands of Pfizer COVID-19 vaccines arrived today in Israel and will serve for a practice test run in logistics and distribution under the extreme refrigeration requirements. A second shipment with hundreds of thousands of vaccines will arrive tomorrow, 10th December, 2020. Immediately following FDA approval in the US first to be vaccinated will be medical teams in the Coronavirus front lines. Vaccination of the general public expected to begin 20th December, 2020. (Credit Image: © Nir Alon/ZUMA Wire)、クレジット:©Nir Alon/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年12月09日
    COVID-19: RECOVERY: Pfizer Vaccines in Israel

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、ファイザー、ロゴマーク-December 9, 2020, Herzliya, Israel: Depicted is the facade of Pfizer Israel in the Herzliya Industrial Zone, a subsidiary of Pfizer Inc. (PFE - NYSE), which has been active in Israel for over 20 years. A first shipment of thousands of Pfizer COVID-19 vaccines arrived today in Israel and will serve for a practice test run in logistics and distribution under the extreme refrigeration requirements. A second shipment with hundreds of thousands of vaccines will arrive tomorrow, 10th December, 2020. Immediately following FDA approval in the US first to be vaccinated will be medical teams in the Coronavirus front lines. Vaccination of the general public expected to begin 20th December, 2020. (Credit Image: © Nir Alon/ZUMA Wire)、クレジット:©Nir Alon/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    ペプチドリームの新会社「ペプチエイド」設立に関する説明会

    ペプチドリームは20年11月12日、新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を目的とした新会社設立に関する説明会を開いた。富士通など4社と共同出資会社を設立し、年内には開発候補化合物を一つに絞りたい考え。最短で2021年秋の臨床試験入りを目指す。新会社「ペプチエイド」の資本金は5億9900万円で、ペプチドリームと富士通が各25%、ほかに参加するみずほキャピタル(東京都千代田区)が24・9%、竹中工務店が16・7%、キシダ化学(大阪市中央区)が8・3%となる予定。候補化合物の探索には、富士通が有する計算機アーキテクチャー(設計概念)「デジタルアニーラ」を活用する。デジタルアニーラは、組み合わせ最適化問題を高速で解けるのが特徴。ペプチエイドは、治療薬候補化合物をペプチドリームから譲り受け開発を進める。スピードが求められる感染症の研究開発に対応する。ペプチドリームは新型コロナウイルスがヒト細胞に侵入する際に必須となるスパイクたんぱく質に着目し、創薬を進めている。ウイルスが細胞に接着、融合するのを抑える薬になる予定だという。みずほキャピタル、竹中工務店、キシダ化学は当面は出資のみで関与するが、キシダ化学が材料調達などを支援する構想がある。今後、出資企業が増える可能性もあるという。ペプチエイドの舛屋圭一社長(ペプチドリーム副社長)は「新型コロナウイルスを克服したい、何らかの形で貢献したいという思いは業界を超えた思い。効果を発揮する治療薬を、日本から世界へ届けたい」と話した。新しく設立された会社名の書かれたボードを持つ、ペプチエイド 舛屋圭一 代表取締役社長(ペプチドリーム 取締役副社長)。=2020(令和2)年11月12日、神奈川県川崎市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    ペプチドリームの新会社「ペプチエイド」設立に関する説明会

    ペプチドリームは20年11月12日、新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を目的とした新会社設立に関する説明会を開いた。富士通など4社と共同出資会社を設立し、年内には開発候補化合物を一つに絞りたい考え。最短で2021年秋の臨床試験入りを目指す。新会社「ペプチエイド」の資本金は5億9900万円で、ペプチドリームと富士通が各25%、ほかに参加するみずほキャピタル(東京都千代田区)が24・9%、竹中工務店が16・7%、キシダ化学(大阪市中央区)が8・3%となる予定。候補化合物の探索には、富士通が有する計算機アーキテクチャー(設計概念)「デジタルアニーラ」を活用する。デジタルアニーラは、組み合わせ最適化問題を高速で解けるのが特徴。ペプチエイドは、治療薬候補化合物をペプチドリームから譲り受け開発を進める。スピードが求められる感染症の研究開発に対応する。ペプチドリームは新型コロナウイルスがヒト細胞に侵入する際に必須となるスパイクたんぱく質に着目し、創薬を進めている。ウイルスが細胞に接着、融合するのを抑える薬になる予定だという。みずほキャピタル、竹中工務店、キシダ化学は当面は出資のみで関与するが、キシダ化学が材料調達などを支援する構想がある。今後、出資企業が増える可能性もあるという。ペプチエイドの舛屋圭一社長(ペプチドリーム副社長)は「新型コロナウイルスを克服したい、何らかの形で貢献したいという思いは業界を超えた思い。効果を発揮する治療薬を、日本から世界へ届けたい」と話した。(左から)新合弁会社のペプチエイド 舛屋圭一 代表取締役社長(ペプチドリーム 取締役副社長)、富士通 執行役員常務 長堀泉、みずほキャピタル 大町祐輔 代表取締役社長、竹中工務店 野村信一 常務執行役員、キシダ化学 岸田充弘 代表取締役社長。=2020(令和2)年11月12日、神奈川県川崎市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    ペプチドリームの新会社「ペプチエイド」設立に関する説明会

    ペプチドリームは20年11月12日、新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を目的とした新会社設立に関する説明会を開いた。富士通など4社と共同出資会社を設立し、年内には開発候補化合物を一つに絞りたい考え。最短で2021年秋の臨床試験入りを目指す。新会社「ペプチエイド」の資本金は5億9900万円で、ペプチドリームと富士通が各25%、ほかに参加するみずほキャピタル(東京都千代田区)が24・9%、竹中工務店が16・7%、キシダ化学(大阪市中央区)が8・3%となる予定。候補化合物の探索には、富士通が有する計算機アーキテクチャー(設計概念)「デジタルアニーラ」を活用する。デジタルアニーラは、組み合わせ最適化問題を高速で解けるのが特徴。ペプチエイドは、治療薬候補化合物をペプチドリームから譲り受け開発を進める。スピードが求められる感染症の研究開発に対応する。ペプチドリームは新型コロナウイルスがヒト細胞に侵入する際に必須となるスパイクたんぱく質に着目し、創薬を進めている。ウイルスが細胞に接着、融合するのを抑える薬になる予定だという。みずほキャピタル、竹中工務店、キシダ化学は当面は出資のみで関与するが、キシダ化学が材料調達などを支援する構想がある。今後、出資企業が増える可能性もあるという。ペプチエイドの舛屋圭一社長(ペプチドリーム副社長)は「新型コロナウイルスを克服したい、何らかの形で貢献したいという思いは業界を超えた思い。効果を発揮する治療薬を、日本から世界へ届けたい」と話した。会見するペプチドリームの舛屋圭一 副社長(新合弁会社のペプチエイド 代表取締役社長)。=2020(令和2)年11月12日、神奈川県川崎市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    ペプチドリームの新会社「ペプチエイド」設立に関する説明会

    ペプチドリームは20年11月12日、新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を目的とした新会社設立に関する説明会を開いた。富士通など4社と共同出資会社を設立し、年内には開発候補化合物を一つに絞りたい考え。最短で2021年秋の臨床試験入りを目指す。新会社「ペプチエイド」の資本金は5億9900万円で、ペプチドリームと富士通が各25%、ほかに参加するみずほキャピタル(東京都千代田区)が24・9%、竹中工務店が16・7%、キシダ化学(大阪市中央区)が8・3%となる予定。候補化合物の探索には、富士通が有する計算機アーキテクチャー(設計概念)「デジタルアニーラ」を活用する。デジタルアニーラは、組み合わせ最適化問題を高速で解けるのが特徴。ペプチエイドは、治療薬候補化合物をペプチドリームから譲り受け開発を進める。スピードが求められる感染症の研究開発に対応する。ペプチドリームは新型コロナウイルスがヒト細胞に侵入する際に必須となるスパイクたんぱく質に着目し、創薬を進めている。ウイルスが細胞に接着、融合するのを抑える薬になる予定だという。みずほキャピタル、竹中工務店、キシダ化学は当面は出資のみで関与するが、キシダ化学が材料調達などを支援する構想がある。今後、出資企業が増える可能性もあるという。ペプチエイドの舛屋圭一社長(ペプチドリーム副社長)は「新型コロナウイルスを克服したい、何らかの形で貢献したいという思いは業界を超えた思い。効果を発揮する治療薬を、日本から世界へ届けたい」と話した。会見するペプチドリームの舛屋圭一 副社長(新合弁会社のペプチエイド 代表取締役社長)。=2020(令和2)年11月12日、神奈川県川崎市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    ペプチドリームの新会社「ペプチエイド」設立に関する説明会

    ペプチドリームは20年11月12日、新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を目的とした新会社設立に関する説明会を開いた。富士通など4社と共同出資会社を設立し、年内には開発候補化合物を一つに絞りたい考え。最短で2021年秋の臨床試験入りを目指す。新会社「ペプチエイド」の資本金は5億9900万円で、ペプチドリームと富士通が各25%、ほかに参加するみずほキャピタル(東京都千代田区)が24・9%、竹中工務店が16・7%、キシダ化学(大阪市中央区)が8・3%となる予定。候補化合物の探索には、富士通が有する計算機アーキテクチャー(設計概念)「デジタルアニーラ」を活用する。デジタルアニーラは、組み合わせ最適化問題を高速で解けるのが特徴。ペプチエイドは、治療薬候補化合物をペプチドリームから譲り受け開発を進める。スピードが求められる感染症の研究開発に対応する。ペプチドリームは新型コロナウイルスがヒト細胞に侵入する際に必須となるスパイクたんぱく質に着目し、創薬を進めている。ウイルスが細胞に接着、融合するのを抑える薬になる予定だという。みずほキャピタル、竹中工務店、キシダ化学は当面は出資のみで関与するが、キシダ化学が材料調達などを支援する構想がある。今後、出資企業が増える可能性もあるという。ペプチエイドの舛屋圭一社長(ペプチドリーム副社長)は「新型コロナウイルスを克服したい、何らかの形で貢献したいという思いは業界を超えた思い。効果を発揮する治療薬を、日本から世界へ届けたい」と話した。会見するペプチドリームの舛屋圭一 副社長(新合弁会社のペプチエイド 代表取締役社長)。=2020(令和2)年11月12日、神奈川県川崎市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    ペプチドリームの新会社「ペプチエイド」設立に関する説明会

    ペプチドリームは20年11月12日、新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を目的とした新会社設立に関する説明会を開いた。富士通など4社と共同出資会社を設立し、年内には開発候補化合物を一つに絞りたい考え。最短で2021年秋の臨床試験入りを目指す。新会社「ペプチエイド」の資本金は5億9900万円で、ペプチドリームと富士通が各25%、ほかに参加するみずほキャピタル(東京都千代田区)が24・9%、竹中工務店が16・7%、キシダ化学(大阪市中央区)が8・3%となる予定。候補化合物の探索には、富士通が有する計算機アーキテクチャー(設計概念)「デジタルアニーラ」を活用する。デジタルアニーラは、組み合わせ最適化問題を高速で解けるのが特徴。ペプチエイドは、治療薬候補化合物をペプチドリームから譲り受け開発を進める。スピードが求められる感染症の研究開発に対応する。ペプチドリームは新型コロナウイルスがヒト細胞に侵入する際に必須となるスパイクたんぱく質に着目し、創薬を進めている。ウイルスが細胞に接着、融合するのを抑える薬になる予定だという。みずほキャピタル、竹中工務店、キシダ化学は当面は出資のみで関与するが、キシダ化学が材料調達などを支援する構想がある。今後、出資企業が増える可能性もあるという。ペプチエイドの舛屋圭一社長(ペプチドリーム副社長)は「新型コロナウイルスを克服したい、何らかの形で貢献したいという思いは業界を超えた思い。効果を発揮する治療薬を、日本から世界へ届けたい」と話した。会見するペプチドリームの舛屋圭一 副社長(新合弁会社のペプチエイド 代表取締役社長)。=2020(令和2)年11月12日、神奈川県川崎市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    ペプチドリームの新会社「ペプチエイド」設立に関する説明会

    ペプチドリームは20年11月12日、新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を目的とした新会社設立に関する説明会を開いた。富士通など4社と共同出資会社を設立し、年内には開発候補化合物を一つに絞りたい考え。最短で2021年秋の臨床試験入りを目指す。新会社「ペプチエイド」の資本金は5億9900万円で、ペプチドリームと富士通が各25%、ほかに参加するみずほキャピタル(東京都千代田区)が24・9%、竹中工務店が16・7%、キシダ化学(大阪市中央区)が8・3%となる予定。候補化合物の探索には、富士通が有する計算機アーキテクチャー(設計概念)「デジタルアニーラ」を活用する。デジタルアニーラは、組み合わせ最適化問題を高速で解けるのが特徴。ペプチエイドは、治療薬候補化合物をペプチドリームから譲り受け開発を進める。スピードが求められる感染症の研究開発に対応する。ペプチドリームは新型コロナウイルスがヒト細胞に侵入する際に必須となるスパイクたんぱく質に着目し、創薬を進めている。ウイルスが細胞に接着、融合するのを抑える薬になる予定だという。みずほキャピタル、竹中工務店、キシダ化学は当面は出資のみで関与するが、キシダ化学が材料調達などを支援する構想がある。今後、出資企業が増える可能性もあるという。ペプチエイドの舛屋圭一社長(ペプチドリーム副社長)は「新型コロナウイルスを克服したい、何らかの形で貢献したいという思いは業界を超えた思い。効果を発揮する治療薬を、日本から世界へ届けたい」と話した。会見するペプチドリームの舛屋圭一 副社長(新合弁会社のペプチエイド 代表取締役社長)。=2020(令和2)年11月12日、神奈川県川崎市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    ペプチドリームの新会社「ペプチエイド」設立に関する説明会

    ペプチドリームは20年11月12日、新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を目的とした新会社設立に関する説明会を開いた。富士通など4社と共同出資会社を設立し、年内には開発候補化合物を一つに絞りたい考え。最短で2021年秋の臨床試験入りを目指す。新会社「ペプチエイド」の資本金は5億9900万円で、ペプチドリームと富士通が各25%、ほかに参加するみずほキャピタル(東京都千代田区)が24・9%、竹中工務店が16・7%、キシダ化学(大阪市中央区)が8・3%となる予定。候補化合物の探索には、富士通が有する計算機アーキテクチャー(設計概念)「デジタルアニーラ」を活用する。デジタルアニーラは、組み合わせ最適化問題を高速で解けるのが特徴。ペプチエイドは、治療薬候補化合物をペプチドリームから譲り受け開発を進める。スピードが求められる感染症の研究開発に対応する。ペプチドリームは新型コロナウイルスがヒト細胞に侵入する際に必須となるスパイクたんぱく質に着目し、創薬を進めている。ウイルスが細胞に接着、融合するのを抑える薬になる予定だという。みずほキャピタル、竹中工務店、キシダ化学は当面は出資のみで関与するが、キシダ化学が材料調達などを支援する構想がある。今後、出資企業が増える可能性もあるという。ペプチエイドの舛屋圭一社長(ペプチドリーム副社長)は「新型コロナウイルスを克服したい、何らかの形で貢献したいという思いは業界を超えた思い。効果を発揮する治療薬を、日本から世界へ届けたい」と話した。会見するペプチドリームの舛屋圭一 副社長(新合弁会社のペプチエイド 代表取締役社長)。=2020(令和2)年11月12日、神奈川県川崎市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年03月04日
    アンジェスらが新型コロナウイルスワクチンを共同開発を発表

    大阪大学発の製薬ベンチャー「アンジェス」は5日、新型コロナウイルスの感染を予防するワクチンの開発を始めたと発表した(写真)。同大学と共同でデオキシリボ核酸(DNA)ワクチンの開発を目指す。早ければ6カ月程度で、人で安全性や有効性を確認する臨床試験に入れる見込みだ。ワクチン製造はタカラバイオが担う。新型コロナウイルスの表面には突起状の「スパイクたんぱく質」が発現している。同たんぱく質を組み込んだDNAワクチンを投与することで、体が同たんぱく質を抗原として認識する。体内に抗体がつくられることで、感染や重症化を抑制する効果が期待できるという。DNAワクチンは病原体を一切使用しないことから、安全で短期間の開発が可能だ。一般的なワクチンは鶏卵でウイルスを増やし、ウイルス分離からワクチン製造まで5―8カ月かかる。今回の手法では、これを6―8週に短縮できる。同日会見した大阪大学大学院の森下竜一教授は「新型コロナウイルスには多くの国民が不安を持っている。早急に治療法と予防法を提供できるのではないか」と述べた。=2020(令和2)年3月4日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2019年04月03日
    踊るロボット レゴでプログラミング学習

    新製品「レゴエデュケーションSPIKE(スパイク)プライム」で製作した踊るロボット=2日、米ニューヨーク(共同)

  • 2018年05月30日
    本田選手ら使用のスパイク 商品ニュース

    ミズノのスパイク「REBULA 2 V1 JAPAN」

  • 2016年08月19日
    八つのスパイクの運動靴 商品ニュース

    アキレスのスポーツシューズ「SYUNSOKU(シュンソク) V8」

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    06:08.53
    2016年07月27日
    ミズノがスラムの子どもにスパイク 日本の国際貢献事業で

    リオデジャネイロ五輪開幕まで10日となった27日、リオデジャネイロ市西部にあるファベーラ(スラム街)のシダジデデウス地区で、子どもの非行防止などを目的にサッカーを教えている警察署に、日本からスパイクや五輪の公式球などが贈呈された。スポーツを通じた日本政府の国際貢献事業「スポーツ・フォー・トゥモロー」の一環。スポーツ用品メーカーのミズノが提供したシューズ100足などが寄贈された。〈映像内容〉式典雑観、君が代演奏、シューズやボール・ビブスの贈呈、シューズを手にして喜ぶ子どもたち、子どもへのインタビュー、記念撮影、練習する様子など。

  • 2015年05月20日
    スパイク工夫した運動靴 商品ニュース

    アキレスが発売した運動靴「瞬足」の新モデル「アシュラブレード」

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年04月21日
    スパイクを放つ岩坂 日韓Vリーグトップマッチ

    久光製薬―IBK企業銀行 第3セット、スパイクを放つ久光製薬・岩坂(右)=ゼビオアリーナ仙台

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年04月21日
    スパイクを放つ石井 日韓Vリーグトップマッチ

    久光製薬―IBK企業銀行 第1セット、スパイクを放つ久光製薬・石井=ゼビオアリーナ仙台

    撮影: ゼビオアリーナ仙台

  • 2013年01月09日
    俊敏な動き助けるスパイク 商品ニュース

    デサントのサッカースパイク「アジリード」

  • 2012年09月26日
    一体感高いスパイク 商品ニュース

    アシックスのサッカー用スパイク「ストリアルサンロクイチ バージョン2」

  • 2011年07月07日
    軽量の野球用スパイク靴 商品ニュース

    アシックスの野球用スパイクシューズ「SPEED TECH QT」

  • 2009年11月24日
    ミズノのサッカースパイク 商品ニュース

    ミズノのサッカースパイク「ウエーブ イグニタス エムディー」

  • 2009年03月17日
    軽くて強いスパイク 商品ニュース

    ミズノのサッカー用スパイクシューズ「エストレーラ エムディー」

  • 2008年06月24日
    長い人工芝対応のスパイク 商品ニュース

    アシックスのサッカー用スパイクシューズ「アリストトップティージー」

  • 2007年12月12日
    横方向に強いスパイク 商品ニュース

    デサントが「アンブロ」ブランドから発売したサッカースパイク「アクセレイターSJ」

  • 2007年11月13日
    ミズノのサッカースパイク 商品ニュース

    ミズノのサッカースパイク「ウエーブブレード II MD」

  • 2006年01月13日
    「モビリオ」改良 商品ニュース

    ホンダが一部改良して発売した小型車「モビリオ スパイク」

  • 2006年01月13日
    「モビリオ」改良 商品ニュース

    ホンダが一部改良して発売した小型車「モビリオ スパイク」

  • 2005年09月12日
    モビリオ特別仕様車 商品ニュース

    モビリオ スパイク Aタイプの「スタイリッシュ エディション」

  • 2003年05月23日
    スパイクに新仕様

    ホンダが発売した小型車「モビリオ スパイク」の新仕様「Lパッケージ2」

  • 2002年09月18日
    荷室が広い小型車

    ホンダが発売する小型車「モビリオ スパイク」

  • 1