KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • たんぱく質
  • みずほキャピタル
  • アーキテクチャー
  • ウイルス
  • キシダ化学
  • コロナ治療薬
  • デジタルアニーラ
  • バイオベンチャー
  • ヒト細胞
  • ペプチエイド

「スパイク」の写真・映像

絞り込み
  • 1年以内
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
13
( 1 13 件を表示)
  • 1
13
( 1 13 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年12月09日
    COVID-19: RECOVERY: Pfizer Vaccines in Israel

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、ファイザー、ロゴマーク-December 9, 2020, Herzliya, Israel: Depicted is the facade of Pfizer Israel in the Herzliya Industrial Zone, a subsidiary of Pfizer Inc. (PFE - NYSE), which has been active in Israel for over 20 years. A first shipment of thousands of Pfizer COVID-19 vaccines arrived today in Israel and will serve for a practice test run in logistics and distribution under the extreme refrigeration requirements. A second shipment with hundreds of thousands of vaccines will arrive tomorrow, 10th December, 2020. Immediately following FDA approval in the US first to be vaccinated will be medical teams in the Coronavirus front lines. Vaccination of the general public expected to begin 20th December, 2020. (Credit Image: © Nir Alon/ZUMA Wire)、クレジット:©Nir Alon/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121002916

  • 2020年12月09日
    COVID-19: RECOVERY: Pfizer Vaccines in Israel

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、ファイザー、ロゴマーク-December 9, 2020, Herzliya, Israel: Depicted is the facade of Pfizer Israel in the Herzliya Industrial Zone, a subsidiary of Pfizer Inc. (PFE - NYSE), which has been active in Israel for over 20 years. A first shipment of thousands of Pfizer COVID-19 vaccines arrived today in Israel and will serve for a practice test run in logistics and distribution under the extreme refrigeration requirements. A second shipment with hundreds of thousands of vaccines will arrive tomorrow, 10th December, 2020. Immediately following FDA approval in the US first to be vaccinated will be medical teams in the Coronavirus front lines. Vaccination of the general public expected to begin 20th December, 2020. (Credit Image: © Nir Alon/ZUMA Wire)、クレジット:©Nir Alon/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121002919

  • 2020年12月09日
    COVID-19: RECOVERY: Pfizer Vaccines in Israel

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、ファイザー、ロゴマーク-December 9, 2020, Herzliya, Israel: Depicted is the facade of Pfizer Israel in the Herzliya Industrial Zone, a subsidiary of Pfizer Inc. (PFE - NYSE), which has been active in Israel for over 20 years. A first shipment of thousands of Pfizer COVID-19 vaccines arrived today in Israel and will serve for a practice test run in logistics and distribution under the extreme refrigeration requirements. A second shipment with hundreds of thousands of vaccines will arrive tomorrow, 10th December, 2020. Immediately following FDA approval in the US first to be vaccinated will be medical teams in the Coronavirus front lines. Vaccination of the general public expected to begin 20th December, 2020. (Credit Image: © Nir Alon/ZUMA Wire)、クレジット:©Nir Alon/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121002913

  • 2020年12月09日
    COVID-19: RECOVERY: Pfizer Vaccines in Israel

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、ファイザー、ロゴマーク-December 9, 2020, Herzliya, Israel: Depicted is the facade of Pfizer Israel in the Herzliya Industrial Zone, a subsidiary of Pfizer Inc. (PFE - NYSE), which has been active in Israel for over 20 years. A first shipment of thousands of Pfizer COVID-19 vaccines arrived today in Israel and will serve for a practice test run in logistics and distribution under the extreme refrigeration requirements. A second shipment with hundreds of thousands of vaccines will arrive tomorrow, 10th December, 2020. Immediately following FDA approval in the US first to be vaccinated will be medical teams in the Coronavirus front lines. Vaccination of the general public expected to begin 20th December, 2020. (Credit Image: © Nir Alon/ZUMA Wire)、クレジット:©Nir Alon/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121002918

  • 2020年12月09日
    COVID-19: RECOVERY: Pfizer Vaccines in Israel

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、ファイザー、ロゴマーク-December 9, 2020, Herzliya, Israel: Depicted is the facade of Pfizer Israel in the Herzliya Industrial Zone, a subsidiary of Pfizer Inc. (PFE - NYSE), which has been active in Israel for over 20 years. A first shipment of thousands of Pfizer COVID-19 vaccines arrived today in Israel and will serve for a practice test run in logistics and distribution under the extreme refrigeration requirements. A second shipment with hundreds of thousands of vaccines will arrive tomorrow, 10th December, 2020. Immediately following FDA approval in the US first to be vaccinated will be medical teams in the Coronavirus front lines. Vaccination of the general public expected to begin 20th December, 2020. (Credit Image: © Nir Alon/ZUMA Wire)、クレジット:©Nir Alon/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121002911

  • 2020年11月12日
    ペプチドリームの新会社「ペプチエイド」設立に関する説明会

    ペプチドリームは20年11月12日、新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を目的とした新会社設立に関する説明会を開いた。富士通など4社と共同出資会社を設立し、年内には開発候補化合物を一つに絞りたい考え。最短で2021年秋の臨床試験入りを目指す。新会社「ペプチエイド」の資本金は5億9900万円で、ペプチドリームと富士通が各25%、ほかに参加するみずほキャピタル(東京都千代田区)が24・9%、竹中工務店が16・7%、キシダ化学(大阪市中央区)が8・3%となる予定。候補化合物の探索には、富士通が有する計算機アーキテクチャー(設計概念)「デジタルアニーラ」を活用する。デジタルアニーラは、組み合わせ最適化問題を高速で解けるのが特徴。ペプチエイドは、治療薬候補化合物をペプチドリームから譲り受け開発を進める。スピードが求められる感染症の研究開発に対応する。ペプチドリームは新型コロナウイルスがヒト細胞に侵入する際に必須となるスパイクたんぱく質に着目し、創薬を進めている。ウイルスが細胞に接着、融合するのを抑える薬になる予定だという。みずほキャピタル、竹中工務店、キシダ化学は当面は出資のみで関与するが、キシダ化学が材料調達などを支援する構想がある。今後、出資企業が増える可能性もあるという。ペプチエイドの舛屋圭一社長(ペプチドリーム副社長)は「新型コロナウイルスを克服したい、何らかの形で貢献したいという思いは業界を超えた思い。効果を発揮する治療薬を、日本から世界へ届けたい」と話した。新しく設立された会社名の書かれたボードを持つ、ペプチエイド 舛屋圭一 代表取締役社長(ペプチドリーム 取締役副社長)。=2020(令和2)年11月12日、神奈川県川崎市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111907380

  • 2020年11月12日
    ペプチドリームの新会社「ペプチエイド」設立に関する説明会

    ペプチドリームは20年11月12日、新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を目的とした新会社設立に関する説明会を開いた。富士通など4社と共同出資会社を設立し、年内には開発候補化合物を一つに絞りたい考え。最短で2021年秋の臨床試験入りを目指す。新会社「ペプチエイド」の資本金は5億9900万円で、ペプチドリームと富士通が各25%、ほかに参加するみずほキャピタル(東京都千代田区)が24・9%、竹中工務店が16・7%、キシダ化学(大阪市中央区)が8・3%となる予定。候補化合物の探索には、富士通が有する計算機アーキテクチャー(設計概念)「デジタルアニーラ」を活用する。デジタルアニーラは、組み合わせ最適化問題を高速で解けるのが特徴。ペプチエイドは、治療薬候補化合物をペプチドリームから譲り受け開発を進める。スピードが求められる感染症の研究開発に対応する。ペプチドリームは新型コロナウイルスがヒト細胞に侵入する際に必須となるスパイクたんぱく質に着目し、創薬を進めている。ウイルスが細胞に接着、融合するのを抑える薬になる予定だという。みずほキャピタル、竹中工務店、キシダ化学は当面は出資のみで関与するが、キシダ化学が材料調達などを支援する構想がある。今後、出資企業が増える可能性もあるという。ペプチエイドの舛屋圭一社長(ペプチドリーム副社長)は「新型コロナウイルスを克服したい、何らかの形で貢献したいという思いは業界を超えた思い。効果を発揮する治療薬を、日本から世界へ届けたい」と話した。(左から)新合弁会社のペプチエイド 舛屋圭一 代表取締役社長(ペプチドリーム 取締役副社長)、富士通 執行役員常務 長堀泉、みずほキャピタル 大町祐輔 代表取締役社長、竹中工務店 野村信一 常務執行役員、キシダ化学 岸田充弘 代表取締役社長。=2020(令和2)年11月12日、神奈川県川崎市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111907219

  • 2020年11月12日
    ペプチドリームの新会社「ペプチエイド」設立に関する説明会

    ペプチドリームは20年11月12日、新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を目的とした新会社設立に関する説明会を開いた。富士通など4社と共同出資会社を設立し、年内には開発候補化合物を一つに絞りたい考え。最短で2021年秋の臨床試験入りを目指す。新会社「ペプチエイド」の資本金は5億9900万円で、ペプチドリームと富士通が各25%、ほかに参加するみずほキャピタル(東京都千代田区)が24・9%、竹中工務店が16・7%、キシダ化学(大阪市中央区)が8・3%となる予定。候補化合物の探索には、富士通が有する計算機アーキテクチャー(設計概念)「デジタルアニーラ」を活用する。デジタルアニーラは、組み合わせ最適化問題を高速で解けるのが特徴。ペプチエイドは、治療薬候補化合物をペプチドリームから譲り受け開発を進める。スピードが求められる感染症の研究開発に対応する。ペプチドリームは新型コロナウイルスがヒト細胞に侵入する際に必須となるスパイクたんぱく質に着目し、創薬を進めている。ウイルスが細胞に接着、融合するのを抑える薬になる予定だという。みずほキャピタル、竹中工務店、キシダ化学は当面は出資のみで関与するが、キシダ化学が材料調達などを支援する構想がある。今後、出資企業が増える可能性もあるという。ペプチエイドの舛屋圭一社長(ペプチドリーム副社長)は「新型コロナウイルスを克服したい、何らかの形で貢献したいという思いは業界を超えた思い。効果を発揮する治療薬を、日本から世界へ届けたい」と話した。会見するペプチドリームの舛屋圭一 副社長(新合弁会社のペプチエイド 代表取締役社長)。=2020(令和2)年11月12日、神奈川県川崎市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111907307

  • 2020年11月12日
    ペプチドリームの新会社「ペプチエイド」設立に関する説明会

    ペプチドリームは20年11月12日、新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を目的とした新会社設立に関する説明会を開いた。富士通など4社と共同出資会社を設立し、年内には開発候補化合物を一つに絞りたい考え。最短で2021年秋の臨床試験入りを目指す。新会社「ペプチエイド」の資本金は5億9900万円で、ペプチドリームと富士通が各25%、ほかに参加するみずほキャピタル(東京都千代田区)が24・9%、竹中工務店が16・7%、キシダ化学(大阪市中央区)が8・3%となる予定。候補化合物の探索には、富士通が有する計算機アーキテクチャー(設計概念)「デジタルアニーラ」を活用する。デジタルアニーラは、組み合わせ最適化問題を高速で解けるのが特徴。ペプチエイドは、治療薬候補化合物をペプチドリームから譲り受け開発を進める。スピードが求められる感染症の研究開発に対応する。ペプチドリームは新型コロナウイルスがヒト細胞に侵入する際に必須となるスパイクたんぱく質に着目し、創薬を進めている。ウイルスが細胞に接着、融合するのを抑える薬になる予定だという。みずほキャピタル、竹中工務店、キシダ化学は当面は出資のみで関与するが、キシダ化学が材料調達などを支援する構想がある。今後、出資企業が増える可能性もあるという。ペプチエイドの舛屋圭一社長(ペプチドリーム副社長)は「新型コロナウイルスを克服したい、何らかの形で貢献したいという思いは業界を超えた思い。効果を発揮する治療薬を、日本から世界へ届けたい」と話した。会見するペプチドリームの舛屋圭一 副社長(新合弁会社のペプチエイド 代表取締役社長)。=2020(令和2)年11月12日、神奈川県川崎市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111907254

  • 2020年11月12日
    ペプチドリームの新会社「ペプチエイド」設立に関する説明会

    ペプチドリームは20年11月12日、新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を目的とした新会社設立に関する説明会を開いた。富士通など4社と共同出資会社を設立し、年内には開発候補化合物を一つに絞りたい考え。最短で2021年秋の臨床試験入りを目指す。新会社「ペプチエイド」の資本金は5億9900万円で、ペプチドリームと富士通が各25%、ほかに参加するみずほキャピタル(東京都千代田区)が24・9%、竹中工務店が16・7%、キシダ化学(大阪市中央区)が8・3%となる予定。候補化合物の探索には、富士通が有する計算機アーキテクチャー(設計概念)「デジタルアニーラ」を活用する。デジタルアニーラは、組み合わせ最適化問題を高速で解けるのが特徴。ペプチエイドは、治療薬候補化合物をペプチドリームから譲り受け開発を進める。スピードが求められる感染症の研究開発に対応する。ペプチドリームは新型コロナウイルスがヒト細胞に侵入する際に必須となるスパイクたんぱく質に着目し、創薬を進めている。ウイルスが細胞に接着、融合するのを抑える薬になる予定だという。みずほキャピタル、竹中工務店、キシダ化学は当面は出資のみで関与するが、キシダ化学が材料調達などを支援する構想がある。今後、出資企業が増える可能性もあるという。ペプチエイドの舛屋圭一社長(ペプチドリーム副社長)は「新型コロナウイルスを克服したい、何らかの形で貢献したいという思いは業界を超えた思い。効果を発揮する治療薬を、日本から世界へ届けたい」と話した。会見するペプチドリームの舛屋圭一 副社長(新合弁会社のペプチエイド 代表取締役社長)。=2020(令和2)年11月12日、神奈川県川崎市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111907370

  • 2020年11月12日
    ペプチドリームの新会社「ペプチエイド」設立に関する説明会

    ペプチドリームは20年11月12日、新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を目的とした新会社設立に関する説明会を開いた。富士通など4社と共同出資会社を設立し、年内には開発候補化合物を一つに絞りたい考え。最短で2021年秋の臨床試験入りを目指す。新会社「ペプチエイド」の資本金は5億9900万円で、ペプチドリームと富士通が各25%、ほかに参加するみずほキャピタル(東京都千代田区)が24・9%、竹中工務店が16・7%、キシダ化学(大阪市中央区)が8・3%となる予定。候補化合物の探索には、富士通が有する計算機アーキテクチャー(設計概念)「デジタルアニーラ」を活用する。デジタルアニーラは、組み合わせ最適化問題を高速で解けるのが特徴。ペプチエイドは、治療薬候補化合物をペプチドリームから譲り受け開発を進める。スピードが求められる感染症の研究開発に対応する。ペプチドリームは新型コロナウイルスがヒト細胞に侵入する際に必須となるスパイクたんぱく質に着目し、創薬を進めている。ウイルスが細胞に接着、融合するのを抑える薬になる予定だという。みずほキャピタル、竹中工務店、キシダ化学は当面は出資のみで関与するが、キシダ化学が材料調達などを支援する構想がある。今後、出資企業が増える可能性もあるという。ペプチエイドの舛屋圭一社長(ペプチドリーム副社長)は「新型コロナウイルスを克服したい、何らかの形で貢献したいという思いは業界を超えた思い。効果を発揮する治療薬を、日本から世界へ届けたい」と話した。会見するペプチドリームの舛屋圭一 副社長(新合弁会社のペプチエイド 代表取締役社長)。=2020(令和2)年11月12日、神奈川県川崎市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111907378

  • 2020年11月12日
    ペプチドリームの新会社「ペプチエイド」設立に関する説明会

    ペプチドリームは20年11月12日、新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を目的とした新会社設立に関する説明会を開いた。富士通など4社と共同出資会社を設立し、年内には開発候補化合物を一つに絞りたい考え。最短で2021年秋の臨床試験入りを目指す。新会社「ペプチエイド」の資本金は5億9900万円で、ペプチドリームと富士通が各25%、ほかに参加するみずほキャピタル(東京都千代田区)が24・9%、竹中工務店が16・7%、キシダ化学(大阪市中央区)が8・3%となる予定。候補化合物の探索には、富士通が有する計算機アーキテクチャー(設計概念)「デジタルアニーラ」を活用する。デジタルアニーラは、組み合わせ最適化問題を高速で解けるのが特徴。ペプチエイドは、治療薬候補化合物をペプチドリームから譲り受け開発を進める。スピードが求められる感染症の研究開発に対応する。ペプチドリームは新型コロナウイルスがヒト細胞に侵入する際に必須となるスパイクたんぱく質に着目し、創薬を進めている。ウイルスが細胞に接着、融合するのを抑える薬になる予定だという。みずほキャピタル、竹中工務店、キシダ化学は当面は出資のみで関与するが、キシダ化学が材料調達などを支援する構想がある。今後、出資企業が増える可能性もあるという。ペプチエイドの舛屋圭一社長(ペプチドリーム副社長)は「新型コロナウイルスを克服したい、何らかの形で貢献したいという思いは業界を超えた思い。効果を発揮する治療薬を、日本から世界へ届けたい」と話した。会見するペプチドリームの舛屋圭一 副社長(新合弁会社のペプチエイド 代表取締役社長)。=2020(令和2)年11月12日、神奈川県川崎市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111907252

  • 2020年11月12日
    ペプチドリームの新会社「ペプチエイド」設立に関する説明会

    ペプチドリームは20年11月12日、新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を目的とした新会社設立に関する説明会を開いた。富士通など4社と共同出資会社を設立し、年内には開発候補化合物を一つに絞りたい考え。最短で2021年秋の臨床試験入りを目指す。新会社「ペプチエイド」の資本金は5億9900万円で、ペプチドリームと富士通が各25%、ほかに参加するみずほキャピタル(東京都千代田区)が24・9%、竹中工務店が16・7%、キシダ化学(大阪市中央区)が8・3%となる予定。候補化合物の探索には、富士通が有する計算機アーキテクチャー(設計概念)「デジタルアニーラ」を活用する。デジタルアニーラは、組み合わせ最適化問題を高速で解けるのが特徴。ペプチエイドは、治療薬候補化合物をペプチドリームから譲り受け開発を進める。スピードが求められる感染症の研究開発に対応する。ペプチドリームは新型コロナウイルスがヒト細胞に侵入する際に必須となるスパイクたんぱく質に着目し、創薬を進めている。ウイルスが細胞に接着、融合するのを抑える薬になる予定だという。みずほキャピタル、竹中工務店、キシダ化学は当面は出資のみで関与するが、キシダ化学が材料調達などを支援する構想がある。今後、出資企業が増える可能性もあるという。ペプチエイドの舛屋圭一社長(ペプチドリーム副社長)は「新型コロナウイルスを克服したい、何らかの形で貢献したいという思いは業界を超えた思い。効果を発揮する治療薬を、日本から世界へ届けたい」と話した。会見するペプチドリームの舛屋圭一 副社長(新合弁会社のペプチエイド 代表取締役社長)。=2020(令和2)年11月12日、神奈川県川崎市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111907217

  • 1