KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ドローン
  • 小型無人機
  • リピーター
  • 上海ガニ
  • 中国江蘇省
  • 山市巴城
  • 昆山市巴
  • 江蘇省昆
  • 養殖区画
  • 養殖業者

「ブロック 空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 写真
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
9
( 1 9 件を表示)
  • 1
9
( 1 9 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2019年10月04日
    伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田

    4日、紫鵲界棚田で稲刈りをする地元農家。(小型無人機から)中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月04日
    伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田

    4日、紫鵲界棚田で稲刈りをする地元の農家。(小型無人機から)中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月13日
    ナイトエコノミーで都市の活力アップ陝西省西安市

    西安創業珈琲街区の夜景。(2月13日撮影、小型無人機から)中国陝西省西安市はここ数年、豊富な文化観光資源を活用し、大唐不夜城や明城壁南門歴史文化景勝地、西安蓮湖歴史文化街区などのナイトエコノミー区域の整備を進めている。ビジネス環境の向上や治安管理の強化などを通じてナイトエコノミーを発展させることで、都市の活力を高めている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月29日
    「きれいな水が質の高いカニを育てる」上海ガニ養殖業者の物語

    9月29日、江蘇省昆山市巴城鎮の陽澄湖で舟に乗り上海ガニを取る計江さんら。(小型無人機から)今年52歳になる計江(けい・こう)さんは中国江蘇省昆山(こんざん)市巴城(はじょう)鎮の陽澄湖(ようちょうこ)畔で生まれ育った農家で、上海ガニの養殖に携わって15年になる。単なる販売から始め、後に養殖区画を請け負うようになるまで、上海ガニ養殖の経験をたくさん積んできた。高品質な上海ガニの養殖を続けてきた計さんは現地で高く評価され、多くの客がリピーターとなり、さらに新たな顧客を紹介してくれている。(蘇州=新華社記者/李響)=2018(平成30)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月29日
    「きれいな水が質の高いカニを育てる」上海ガニ養殖業者の物語

    9月29日、江蘇省昆山市巴城鎮の陽澄湖で上海ガニを取る計江さんら。(小型無人機から)今年52歳になる計江(けい・こう)さんは中国江蘇省昆山(こんざん)市巴城(はじょう)鎮の陽澄湖(ようちょうこ)畔で生まれ育った農家で、上海ガニの養殖に携わって15年になる。単なる販売から始め、後に養殖区画を請け負うようになるまで、上海ガニ養殖の経験をたくさん積んできた。高品質な上海ガニの養殖を続けてきた計さんは現地で高く評価され、多くの客がリピーターとなり、さらに新たな顧客を紹介してくれている。(蘇州=新華社記者/隋先凱)=2018(平成30)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月29日
    「きれいな水が質の高いカニを育てる」上海ガニ養殖業者の物語

    9月29日、江蘇省昆山市巴城鎮の陽澄湖で舟に乗り上海ガニを取る計江さんら。(小型無人機から)今年52歳になる計江(けい・こう)さんは中国江蘇省昆山(こんざん)市巴城(はじょう)鎮の陽澄湖(ようちょうこ)畔で生まれ育った農家で、上海ガニの養殖に携わって15年になる。単なる販売から始め、後に養殖区画を請け負うようになるまで、上海ガニ養殖の経験をたくさん積んできた。高品質な上海ガニの養殖を続けてきた計さんは現地で高く評価され、多くの客がリピーターとなり、さらに新たな顧客を紹介してくれている。(蘇州=新華社記者/李響)=2018(平成30)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月29日
    「きれいな水が質の高いカニを育てる」上海ガニ養殖業者の物語

    9月29日、江蘇省昆山市巴城鎮の陽澄湖で上海ガニを取る計江さんら。(小型無人機から)今年52歳になる計江(けい・こう)さんは中国江蘇省昆山(こんざん)市巴城(はじょう)鎮の陽澄湖(ようちょうこ)畔で生まれ育った農家で、上海ガニの養殖に携わって15年になる。単なる販売から始め、後に養殖区画を請け負うようになるまで、上海ガニ養殖の経験をたくさん積んできた。高品質な上海ガニの養殖を続けてきた計さんは現地で高く評価され、多くの客がリピーターとなり、さらに新たな顧客を紹介してくれている。(蘇州=新華社記者/李響)=2018(平成30)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月09日
    「ナイトタイムエコノミー」が西安観光の新たなハイライトに

    9日、西安市の「大唐不夜城」に沿ってライトアップされた建物群。(小型無人機で撮影)中国陝西省西安市は今年に入り、「ナイトタイムエコノミー」の発展を突破口とする、都市観光産業連鎖の拡張を進めている。ナイト観光、文化レジャー、ステージ体験、特色ある飲食店、ショッピングエンターテインメントの5大ナイトタイム経済産業の育成に重点的に取り組む。また、特色あるナイトタイム街区を整備して、ナイトシーンを華やかにし、レベルアップするプロジェクトを実施する。そこではさらに多くのテーマのナイト文化ステージ活動を展開し、商店の営業時間延長を支援するなどの施策を通じ、より多くの観光客や市民のニーズを満たし、「西安の夜を楽しむ」ことが古都観光の新たなハイライトになりつつある。(西安=新華社記者/邵瑞)=2018(平成30)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2004年12月01日
    北九州市 ひびきコンテナターミナル

    4月1日に開港するひびきコンテナターミナル。稼働が本格化すれば、駐車場のように仕切られた区画にコンテナが並ぶ=2004(平成16)年12月、北九州市若松区(本社ヘリから)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2004

  • 1