KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 抑制活動
  • 新型肺炎
  • 感染予防
  • 新型コロナ
  • アカヒアリ
  • 農業農村部
  • 新疆ウイグル自治区
  • 中国北京市
  • アナフィラキシーショック
  • ウルムチ

「予防抑制活動」の写真・映像

絞り込み
  • 1年以内
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
42
( 1 42 件を表示)
  • 1
42
( 1 42 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:38.88
    2021年05月02日
    「新華社」農業農村部など、アカヒアリの侵入を全力で阻止

    中国でここ数年、アカヒアリの生息域が拡大している。アカヒアリは体長わずか数ミリだが、侵略性が非常に強いため、生態環境や農業の生産を脅かすうえ、人が刺されるとアナフィラキシーショック等の症状を引き起こす可能性もある。国内では現在、12の省・自治区・直轄市の435県・市・区にアカヒアリが分布し、一部の省、自治区ではこの数年、生息地拡大の勢いが増している。そのため3月には、農業農村部など9部門が共同で、アカヒアリの阻止、予防・抑制活動を全国で一斉に開始した。(記者/王安浩維、江文耀) =配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (7)農業農村部など、アカヒアリの侵入を全力で阻止

    4月13日、雲南省昆明市に生息するアカヒアリ。中国でここ数年、アカヒアリの生息域が拡大している。アカヒアリは体長わずか数ミリだが、侵略性が非常に強いため、生態環境や農業の生産を脅かすうえ、人が刺されるとアナフィラキシーショック等の症状を引き起こす可能性もある。国内では現在、12の省・自治区・直轄市の435県・市・区にアカヒアリが分布し、一部の省、自治区ではこの数年、生息地拡大の勢いが増している。そのため3月には、農業農村部など9部門が共同で、アカヒアリの阻止、予防・抑制活動を全国で一斉に開始した。(昆明=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (3)農業農村部など、アカヒアリの侵入を全力で阻止

    4月13日、実験室で保管されているアカヒアリの標本。中国でここ数年、アカヒアリの生息域が拡大している。アカヒアリは体長わずか数ミリだが、侵略性が非常に強いため、生態環境や農業の生産を脅かすうえ、人が刺されるとアナフィラキシーショック等の症状を引き起こす可能性もある。国内では現在、12の省・自治区・直轄市の435県・市・区にアカヒアリが分布し、一部の省、自治区ではこの数年、生息地拡大の勢いが増している。そのため3月には、農業農村部など9部門が共同で、アカヒアリの阻止、予防・抑制活動を全国で一斉に開始した。(昆明=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (8)農業農村部など、アカヒアリの侵入を全力で阻止

    4月13日、雲南省昆明市に生息するアカヒアリ。中国でここ数年、アカヒアリの生息域が拡大している。アカヒアリは体長わずか数ミリだが、侵略性が非常に強いため、生態環境や農業の生産を脅かすうえ、人が刺されるとアナフィラキシーショック等の症状を引き起こす可能性もある。国内では現在、12の省・自治区・直轄市の435県・市・区にアカヒアリが分布し、一部の省、自治区ではこの数年、生息地拡大の勢いが増している。そのため3月には、農業農村部など9部門が共同で、アカヒアリの阻止、予防・抑制活動を全国で一斉に開始した。(昆明=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (1)農業農村部など、アカヒアリの侵入を全力で阻止

    アカヒアリの側面。(資料写真)中国でここ数年、アカヒアリの生息域が拡大している。アカヒアリは体長わずか数ミリだが、侵略性が非常に強いため、生態環境や農業の生産を脅かすうえ、人が刺されるとアナフィラキシーショック等の症状を引き起こす可能性もある。国内では現在、12の省・自治区・直轄市の435県・市・区にアカヒアリが分布し、一部の省、自治区ではこの数年、生息地拡大の勢いが増している。そのため3月には、農業農村部など9部門が共同で、アカヒアリの阻止、予防・抑制活動を全国で一斉に開始した。(昆明=新華社配信/徐正会)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (2)農業農村部など、アカヒアリの侵入を全力で阻止

    アカヒアリの背面。(資料写真)中国でここ数年、アカヒアリの生息域が拡大している。アカヒアリは体長わずか数ミリだが、侵略性が非常に強いため、生態環境や農業の生産を脅かすうえ、人が刺されるとアナフィラキシーショック等の症状を引き起こす可能性もある。国内では現在、12の省・自治区・直轄市の435県・市・区にアカヒアリが分布し、一部の省、自治区ではこの数年、生息地拡大の勢いが増している。そのため3月には、農業農村部など9部門が共同で、アカヒアリの阻止、予防・抑制活動を全国で一斉に開始した。(昆明=新華社配信/徐正会)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (5)農業農村部など、アカヒアリの侵入を全力で阻止

    4月13日、雲南省昆明市に生息するアカヒアリの巣。中国でここ数年、アカヒアリの生息域が拡大している。アカヒアリは体長わずか数ミリだが、侵略性が非常に強いため、生態環境や農業の生産を脅かすうえ、人が刺されるとアナフィラキシーショック等の症状を引き起こす可能性もある。国内では現在、12の省・自治区・直轄市の435県・市・区にアカヒアリが分布し、一部の省、自治区ではこの数年、生息地拡大の勢いが増している。そのため3月には、農業農村部など9部門が共同で、アカヒアリの阻止、予防・抑制活動を全国で一斉に開始した。(昆明=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (4)農業農村部など、アカヒアリの侵入を全力で阻止

    4月13日、雲南省昆明市に生息するアカヒアリ。中国でここ数年、アカヒアリの生息域が拡大している。アカヒアリは体長わずか数ミリだが、侵略性が非常に強いため、生態環境や農業の生産を脅かすうえ、人が刺されるとアナフィラキシーショック等の症状を引き起こす可能性もある。国内では現在、12の省・自治区・直轄市の435県・市・区にアカヒアリが分布し、一部の省、自治区ではこの数年、生息地拡大の勢いが増している。そのため3月には、農業農村部など9部門が共同で、アカヒアリの阻止、予防・抑制活動を全国で一斉に開始した。(昆明=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (6)農業農村部など、アカヒアリの侵入を全力で阻止

    4月13日、雲南省昆明市に生息するアカヒアリ。中国でここ数年、アカヒアリの生息域が拡大している。アカヒアリは体長わずか数ミリだが、侵略性が非常に強いため、生態環境や農業の生産を脅かすうえ、人が刺されるとアナフィラキシーショック等の症状を引き起こす可能性もある。国内では現在、12の省・自治区・直轄市の435県・市・区にアカヒアリが分布し、一部の省、自治区ではこの数年、生息地拡大の勢いが増している。そのため3月には、農業農村部など9部門が共同で、アカヒアリの阻止、予防・抑制活動を全国で一斉に開始した。(昆明=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月04日
    (1)農業農村部など、アカヒアリの予防・抑制に関する通知を発表

    アカヒアリの女王アリと卵。(資料写真)中国農業農村部や住宅・都市農村建設部、交通運輸部など9部門はこのほど、アカヒアリの阻止と予防・抑制活動の強化に関する通知を共同で発表した。農業農村部のモニタリングによると、アカヒアリの生息域は現在、12省・自治区・直轄市の435県・市・区に拡大しており、特にここ5年間で新たに発生した県級行政区は191カ所で、2016年の2倍となっている。発生場所は都市の公園や緑地、農地、森林および他の公共地帯となっている。(北京=新華社配信/呂利華)= 配信日: 2021(令和3)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月04日
    (2)農業農村部など、アカヒアリの予防・抑制に関する通知を発表

    アカヒアリのアリ塚の内部。(資料写真)中国農業農村部や住宅・都市農村建設部、交通運輸部など9部門はこのほど、アカヒアリの阻止と予防・抑制活動の強化に関する通知を共同で発表した。農業農村部のモニタリングによると、アカヒアリの生息域は現在、12省・自治区・直轄市の435県・市・区に拡大しており、特にここ5年間で新たに発生した県級行政区は191カ所で、2016年の2倍となっている。発生場所は都市の公園や緑地、農地、森林および他の公共地帯となっている。(北京=新華社配信/呂利華)= 配信日: 2021(令和3)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月04日
    (3)農業農村部など、アカヒアリの予防・抑制に関する通知を発表

    地面に出たアカヒアリのアリ塚。(資料写真)中国農業農村部や住宅・都市農村建設部、交通運輸部など9部門はこのほど、アカヒアリの阻止と予防・抑制活動の強化に関する通知を共同で発表した。農業農村部のモニタリングによると、アカヒアリの生息域は現在、12省・自治区・直轄市の435県・市・区に拡大しており、特にここ5年間で新たに発生した県級行政区は191カ所で、2016年の2倍となっている。発生場所は都市の公園や緑地、農地、森林および他の公共地帯となっている。(北京=新華社配信/呂利華)= 配信日: 2021(令和3)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (2)中国の高齢者、ライフスタイルに変化

    新型コロナウイルス感染症の拡大が深刻な中、感染予防・抑制活動に自ら参加したボランティア。(2月1日撮影)中国の経済・社会の発展に伴い、高齢者のライフスタイルが徐々に変化し、高齢者が自分のために老後の生活を計画するようになった。インターネットで新しい知識などを得ることは若者の特権ではなくなり、高齢者も積極的にオンライン学習を活用している。高齢者向けの遠隔講座を開講する湖南省の「長沙市老幹部大学」は2014年以降、200講座以上を提供。年間視聴者数は延べ30万人以上となっている。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    230万超の核酸検査結果すべて陰性天津市浜海新区

    22日、検査所で検体採取を受ける天津浜海新区の住民。中国天津市浜海新区新型コロナウイルス感染症予防・抑制活動指導グループが23日に発表した情報によると、同区は23日午後3時までに計244万7300件の検体採取を実施し、検体採取作業をほぼ完了した。また、233万4千件の検査を終え、全員が陰性だった。浜海新区は21日午前、区内全住民の大規模な核酸検査を開始した。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    230万超の核酸検査結果すべて陰性天津市浜海新区

    22日、浜海新区の住民宅で検体採取を行う医療関係者。中国天津市浜海新区新型コロナウイルス感染症予防・抑制活動指導グループが23日に発表した情報によると、同区は23日午後3時までに計244万7300件の検体採取を実施し、検体採取作業をほぼ完了した。また、233万4千件の検査を終え、全員が陰性だった。浜海新区は21日午前、区内全住民の大規模な核酸検査を開始した。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月21日
    230万超の核酸検査結果すべて陰性天津市浜海新区

    21日、泰達第二体育館に設置された検査所で検体採取を受ける天津浜海新区の住民。中国天津市浜海新区新型コロナウイルス感染症予防・抑制活動指導グループが23日に発表した情報によると、同区は23日午後3時までに計244万7300件の検体採取を実施し、検体採取作業をほぼ完了した。また、233万4千件の検査を終え、全員が陰性だった。浜海新区は21日午前、区内全住民の大規模な核酸検査を開始した。(天津=新華社記者/趙子碩)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月21日
    230万超の核酸検査結果すべて陰性天津市浜海新区

    21日、検体採取を受ける天津港集団の従業員。中国天津市浜海新区新型コロナウイルス感染症予防・抑制活動指導グループが23日に発表した情報によると、同区は23日午後3時までに計244万7300件の検体採取を実施し、検体採取作業をほぼ完了した。また、233万4千件の検査を終え、全員が陰性だった。浜海新区は21日午前、区内全住民の大規模な核酸検査を開始した。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月21日
    新疆の新型コロナ対策、1万5千人以上のボランティアが活躍

    21日、社区(コミュニティー)に集合するボランティア。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市頭屯河区にある経済技術開発区では、1万5500人以上のボランティアが新型コロナウイルスの感染予防・抑制活動に参加し、日常生活のさまざまな方面から住民をサポートしている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月21日
    新疆の新型コロナ対策、1万5千人以上のボランティアが活躍

    21日、活動参加の記念品である防護バッグを受け取るボランティア。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市頭屯河区にある経済技術開発区では、1万5500人以上のボランティアが新型コロナウイルスの感染予防・抑制活動に参加し、日常生活のさまざまな方面から住民をサポートしている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月21日
    新疆の新型コロナ対策、1万5千人以上のボランティアが活躍

    21日、親指を立てた「いいね」ポーズでボランティアに感謝を表す住民。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市頭屯河区にある経済技術開発区では、1万5500人以上のボランティアが新型コロナウイルスの感染予防・抑制活動に参加し、日常生活のさまざまな方面から住民をサポートしている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月21日
    新疆の新型コロナ対策、1万5千人以上のボランティアが活躍

    21日、活動参加の記念品としてもらった「特別な」防護服を見せるボランティア。防護服には手書きのイラストが施されている。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市頭屯河区にある経済技術開発区では、1万5500人以上のボランティアが新型コロナウイルスの感染予防・抑制活動に参加し、日常生活のさまざまな方面から住民をサポートしている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月21日
    新疆の新型コロナ対策、1万5千人以上のボランティアが活躍

    21日、活動参加の記念品としてもらった「特別な」防護服を見せるボランティア。防護服には手書きのイラストが施されている。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市頭屯河区にある経済技術開発区では、1万5500人以上のボランティアが新型コロナウイルスの感染予防・抑制活動に参加し、日常生活のさまざまな方面から住民をサポートしている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月21日
    新疆の新型コロナ対策、1万5千人以上のボランティアが活躍

    21日、活動参加の記念品としてもらった「特別な」防護服を見せるボランティア。防護服には手書きのイラストが施されている。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市頭屯河区にある経済技術開発区では、1万5500人以上のボランティアが新型コロナウイルスの感染予防・抑制活動に参加し、日常生活のさまざまな方面から住民をサポートしている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月21日
    新疆の新型コロナ対策、1万5千人以上のボランティアが活躍

    21日、活動参加の記念品としてもらった防護バッグを手にするボランティア。バッグには感謝の手紙が添えられている。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市頭屯河区にある経済技術開発区では、1万5500人以上のボランティアが新型コロナウイルスの感染予防・抑制活動に参加し、日常生活のさまざまな方面から住民をサポートしている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月21日
    新疆の新型コロナ対策、1万5千人以上のボランティアが活躍

    21日、親指を立てた「いいね」のポーズで記念撮影に応じるボランティア。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市頭屯河区にある経済技術開発区では、1万5500人以上のボランティアが新型コロナウイルスの感染予防・抑制活動に参加し、日常生活のさまざまな方面から住民をサポートしている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月21日
    新疆の新型コロナ対策、1万5千人以上のボランティアが活躍

    21日、活動参加の記念品としてもらった「特別な」防護服を見せるボランティア。防護服には手書きのイラストが施されている。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市頭屯河区にある経済技術開発区では、1万5500人以上のボランティアが新型コロナウイルスの感染予防・抑制活動に参加し、日常生活のさまざまな方面から住民をサポートしている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:16.28
    2020年08月11日
    「新華社」中医薬の優位性を発揮し患者を治療新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市は新型コロナウイルスの感染が拡大して以降、湖北省武漢市などの治療経験をくみ取り、同市が中医薬の分野で持つ優位性を発揮してきた。中医薬と西洋医薬の結合と併用による治療を続け、新型コロナ感染患者の速やかな回復に寄与した。同自治区の新型コロナウイルス感染予防・抑制活動に関する記者会見によると、自治区内での有症状患者の治療における中医薬の使用率は100%に達している。(記者/張嘯誠)<映像内容>中医薬の製造の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:29.08
    2020年08月09日
    「新華社」封鎖式管理で住民の健康守る新疆ウイグル自治区ウルムチ市

    中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市では新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、感染源と感染経路を徹底的に遮断するため、社区(コミュニティー)の封鎖式管理措置を講じた。同市は市民の正常な生活を保障するため、各部門の幹部と職員、社区スタッフ、ボランティアサービスチームなどを組織し、街道と各居住区で検温や消毒などの感染予防・抑制活動を確実に行うとともに、生活サービスの保障業務も着実に実施している。(記者/張嘯誠)<映像内容>新型コロナ対策で新疆ウイグル自治区ウルムチ市が封鎖式管理措置、食料を届ける様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    北京新発地卸売市場、15日より段階的に営業再開へ

    北京新発地卸売市場の新たな中継エリアで積み荷のリンゴを運び出す業者。(8月6日撮影)中国北京市は13日、新型コロナウイルス感染予防・抑制活動に関する記者会見を開き、6月に集団感染が発生した新発地卸売市場が今月15日より段階的に営業を再開すると発表した。営業再開に先立って、同市場では専門的な消毒や改修が行われた。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    北京新発地卸売市場、15日より段階的に営業再開へ

    北京新発地卸売市場の新たな中継エリアで納入される野菜や果物から検体を採取する職員。(8月6日撮影)中国北京市は13日、新型コロナウイルス感染予防・抑制活動に関する記者会見を開き、6月に集団感染が発生した新発地卸売市場が今月15日より段階的に営業を再開すると発表した。営業再開に先立って、同市場では専門的な消毒や改修が行われた。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    北京新発地卸売市場、15日より段階的に営業再開へ

    北京新発地卸売市場の新たな中継エリアで農産物を運ぶ職員。(8月6日撮影)中国北京市は13日、新型コロナウイルス感染予防・抑制活動に関する記者会見を開き、6月に集団感染が発生した新発地卸売市場が今月15日より段階的に営業を再開すると発表した。営業再開に先立って、同市場では専門的な消毒や改修が行われた。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    北京新発地卸売市場、15日より段階的に営業再開へ

    北京新発地卸売市場の新たな中継エリアに入る車両。(8月6日撮影)中国北京市は13日、新型コロナウイルス感染予防・抑制活動に関する記者会見を開き、6月に集団感染が発生した新発地卸売市場が今月15日より段階的に営業を再開すると発表した。営業再開に先立って、同市場では専門的な消毒や改修が行われた。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    北京新発地卸売市場、15日より段階的に営業再開へ

    北京新発地卸売市場の新たな中継エリアで農産物を販売する業者。(8月6日撮影)中国北京市は13日、新型コロナウイルス感染予防・抑制活動に関する記者会見を開き、6月に集団感染が発生した新発地卸売市場が今月15日より段階的に営業を再開すると発表した。営業再開に先立って、同市場では専門的な消毒や改修が行われた。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    北京新発地卸売市場、15日より段階的に営業再開へ

    北京新発地卸売市場の新たな中継エリアに入る車両。(8月6日撮影)中国北京市は13日、新型コロナウイルス感染予防・抑制活動に関する記者会見を開き、6月に集団感染が発生した新発地卸売市場が今月15日より段階的に営業を再開すると発表した。営業再開に先立って、同市場では専門的な消毒や改修が行われた。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    北京新発地卸売市場、15日より段階的に営業再開へ

    北京新発地の市民向け食料品市場で買い物をする市民。(8月6日撮影)中国北京市は13日、新型コロナウイルス感染予防・抑制活動に関する記者会見を開き、6月に集団感染が発生した新発地卸売市場が今月15日より段階的に営業を再開すると発表した。営業再開に先立って、同市場では専門的な消毒や改修が行われた。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    中国の医療専門家チーム、アゼルバイジャンに到着

    4日、アゼルバイジャンの首都バクーに到着した中国の医療専門家チーム。中国のアゼルバイジャン支援医療専門家チームが4日、同国の首都バクーに到着した。同国政府の招きで、現地の新型コロナウイルス感染症の予防・抑制活動を支援する。チームは、四川大学華西医院の流行病学、呼吸と重篤症医学、重症医学などの分野の中堅医療専門家10人で構成されている。中国が同国に寄贈する医療防護物資も同機で到着した。(バクー=新華社配信)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    中国の医療専門家チーム、アゼルバイジャンに到着

    4日、アゼルバイジャンの首都バクーに到着した中国の医療専門家チーム。中国のアゼルバイジャン支援医療専門家チームが4日、同国の首都バクーに到着した。同国政府の招きで、現地の新型コロナウイルス感染症の予防・抑制活動を支援する。チームは、四川大学華西医院の流行病学、呼吸と重篤症医学、重症医学などの分野の中堅医療専門家10人で構成されている。中国が同国に寄贈する医療防護物資も同機で到着した。(バクー=新華社配信)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月05日
    北京市、新型コロナで記者会見

    5日、北京市政府が開いた新型コロナの予防・抑制活動に関する記者会見。中国北京市政府新聞(報道)弁公室は5日、記者会見を開き、同市が進める新型コロナウイルス感染症の予防・抑制活動の状況について説明した。(北京=新華社記者/彭子洋)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月05日
    北京市、新型コロナで記者会見

    5日、北京市政府が開いた新型コロナの予防・抑制活動に関する記者会見。中国北京市政府新聞(報道)弁公室は5日、記者会見を開き、同市が進める新型コロナウイルス感染症の予防・抑制活動の状況について説明した。(北京=新華社記者/彭子洋)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月25日
    中国大使館、タンザニアの小中学校に感染対策物資を寄贈

    25日、タンザニアのダルエスサラームでの寄贈式に出席した中国の王克(おう・こく)駐タンザニア大使(手前右)と同市のローレンス・マランワ代理行政秘書(手前左)。在タンザニア中国大使館は25日、同国の新型コロナウイルス感染予防・抑制活動を後押しするため、小中学校向けに簡易手洗い場やせっけんなどの支援物資を寄贈した。支援物資は同国の最大都市ダルエスサラームにある小中学校100校に順次配布される予定。(ダルエスサラーム=新華社配信)=2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:25.47
    2020年06月16日
    「新華社」アモイ航空、直行便で医療物資16トンをサウジへ福建省

    中国のアモイ航空のアモイ発リヤド行き直行便の1番機となるMF8873便が16日正午、16トン余りの医療物資を搭載しサウジアラビアの首都リヤドに向け出発した。同便は現時点で同社で最長距離のアジア路線であり、福建省初のサウジ直行路線。医療物資は現地の新型コロナウイルス感染症予防・抑制活動に役立てられる。(記者/林凱、付敏)<映像内容>アモイ発リヤド行き直行便が医療物資を搭載し出発、撮影日:2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:17.06
    2020年06月12日
    「新華社」北京市で新たに2人の感染を確認新型コロナ

    中国北京市豊台区の張婕(ちょう・しょう)副区長は12日の新型コロナウイルス感染予防・抑制活動に関する記者会見で、同区で新たに確認された感染者2人について、いずれも中国肉類食品総合研究センターに勤務する男性で、北京出身だと説明した。(記者/田晨旭)<映像内容>北京市で2人の新型コロナ感染を確認、撮影日:2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1