KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 抑制活動
  • 新型肺炎
  • 感染予防
  • コミュニティー
  • スタッフ
  • 感染対策
  • 営業再開
  • 中国湖南省
  • 湖南省長沙市
  • 中国陝西省

「予防抑制活動」の写真・映像

絞り込み
  • 期間を指定
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
171
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
171
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:38.88
    2021年05月02日
    「新華社」農業農村部など、アカヒアリの侵入を全力で阻止

    中国でここ数年、アカヒアリの生息域が拡大している。アカヒアリは体長わずか数ミリだが、侵略性が非常に強いため、生態環境や農業の生産を脅かすうえ、人が刺されるとアナフィラキシーショック等の症状を引き起こす可能性もある。国内では現在、12の省・自治区・直轄市の435県・市・区にアカヒアリが分布し、一部の省、自治区ではこの数年、生息地拡大の勢いが増している。そのため3月には、農業農村部など9部門が共同で、アカヒアリの阻止、予防・抑制活動を全国で一斉に開始した。(記者/王安浩維、江文耀) =配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (7)農業農村部など、アカヒアリの侵入を全力で阻止

    4月13日、雲南省昆明市に生息するアカヒアリ。中国でここ数年、アカヒアリの生息域が拡大している。アカヒアリは体長わずか数ミリだが、侵略性が非常に強いため、生態環境や農業の生産を脅かすうえ、人が刺されるとアナフィラキシーショック等の症状を引き起こす可能性もある。国内では現在、12の省・自治区・直轄市の435県・市・区にアカヒアリが分布し、一部の省、自治区ではこの数年、生息地拡大の勢いが増している。そのため3月には、農業農村部など9部門が共同で、アカヒアリの阻止、予防・抑制活動を全国で一斉に開始した。(昆明=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (3)農業農村部など、アカヒアリの侵入を全力で阻止

    4月13日、実験室で保管されているアカヒアリの標本。中国でここ数年、アカヒアリの生息域が拡大している。アカヒアリは体長わずか数ミリだが、侵略性が非常に強いため、生態環境や農業の生産を脅かすうえ、人が刺されるとアナフィラキシーショック等の症状を引き起こす可能性もある。国内では現在、12の省・自治区・直轄市の435県・市・区にアカヒアリが分布し、一部の省、自治区ではこの数年、生息地拡大の勢いが増している。そのため3月には、農業農村部など9部門が共同で、アカヒアリの阻止、予防・抑制活動を全国で一斉に開始した。(昆明=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (8)農業農村部など、アカヒアリの侵入を全力で阻止

    4月13日、雲南省昆明市に生息するアカヒアリ。中国でここ数年、アカヒアリの生息域が拡大している。アカヒアリは体長わずか数ミリだが、侵略性が非常に強いため、生態環境や農業の生産を脅かすうえ、人が刺されるとアナフィラキシーショック等の症状を引き起こす可能性もある。国内では現在、12の省・自治区・直轄市の435県・市・区にアカヒアリが分布し、一部の省、自治区ではこの数年、生息地拡大の勢いが増している。そのため3月には、農業農村部など9部門が共同で、アカヒアリの阻止、予防・抑制活動を全国で一斉に開始した。(昆明=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (1)農業農村部など、アカヒアリの侵入を全力で阻止

    アカヒアリの側面。(資料写真)中国でここ数年、アカヒアリの生息域が拡大している。アカヒアリは体長わずか数ミリだが、侵略性が非常に強いため、生態環境や農業の生産を脅かすうえ、人が刺されるとアナフィラキシーショック等の症状を引き起こす可能性もある。国内では現在、12の省・自治区・直轄市の435県・市・区にアカヒアリが分布し、一部の省、自治区ではこの数年、生息地拡大の勢いが増している。そのため3月には、農業農村部など9部門が共同で、アカヒアリの阻止、予防・抑制活動を全国で一斉に開始した。(昆明=新華社配信/徐正会)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (2)農業農村部など、アカヒアリの侵入を全力で阻止

    アカヒアリの背面。(資料写真)中国でここ数年、アカヒアリの生息域が拡大している。アカヒアリは体長わずか数ミリだが、侵略性が非常に強いため、生態環境や農業の生産を脅かすうえ、人が刺されるとアナフィラキシーショック等の症状を引き起こす可能性もある。国内では現在、12の省・自治区・直轄市の435県・市・区にアカヒアリが分布し、一部の省、自治区ではこの数年、生息地拡大の勢いが増している。そのため3月には、農業農村部など9部門が共同で、アカヒアリの阻止、予防・抑制活動を全国で一斉に開始した。(昆明=新華社配信/徐正会)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (5)農業農村部など、アカヒアリの侵入を全力で阻止

    4月13日、雲南省昆明市に生息するアカヒアリの巣。中国でここ数年、アカヒアリの生息域が拡大している。アカヒアリは体長わずか数ミリだが、侵略性が非常に強いため、生態環境や農業の生産を脅かすうえ、人が刺されるとアナフィラキシーショック等の症状を引き起こす可能性もある。国内では現在、12の省・自治区・直轄市の435県・市・区にアカヒアリが分布し、一部の省、自治区ではこの数年、生息地拡大の勢いが増している。そのため3月には、農業農村部など9部門が共同で、アカヒアリの阻止、予防・抑制活動を全国で一斉に開始した。(昆明=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (4)農業農村部など、アカヒアリの侵入を全力で阻止

    4月13日、雲南省昆明市に生息するアカヒアリ。中国でここ数年、アカヒアリの生息域が拡大している。アカヒアリは体長わずか数ミリだが、侵略性が非常に強いため、生態環境や農業の生産を脅かすうえ、人が刺されるとアナフィラキシーショック等の症状を引き起こす可能性もある。国内では現在、12の省・自治区・直轄市の435県・市・区にアカヒアリが分布し、一部の省、自治区ではこの数年、生息地拡大の勢いが増している。そのため3月には、農業農村部など9部門が共同で、アカヒアリの阻止、予防・抑制活動を全国で一斉に開始した。(昆明=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (6)農業農村部など、アカヒアリの侵入を全力で阻止

    4月13日、雲南省昆明市に生息するアカヒアリ。中国でここ数年、アカヒアリの生息域が拡大している。アカヒアリは体長わずか数ミリだが、侵略性が非常に強いため、生態環境や農業の生産を脅かすうえ、人が刺されるとアナフィラキシーショック等の症状を引き起こす可能性もある。国内では現在、12の省・自治区・直轄市の435県・市・区にアカヒアリが分布し、一部の省、自治区ではこの数年、生息地拡大の勢いが増している。そのため3月には、農業農村部など9部門が共同で、アカヒアリの阻止、予防・抑制活動を全国で一斉に開始した。(昆明=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月04日
    (1)農業農村部など、アカヒアリの予防・抑制に関する通知を発表

    アカヒアリの女王アリと卵。(資料写真)中国農業農村部や住宅・都市農村建設部、交通運輸部など9部門はこのほど、アカヒアリの阻止と予防・抑制活動の強化に関する通知を共同で発表した。農業農村部のモニタリングによると、アカヒアリの生息域は現在、12省・自治区・直轄市の435県・市・区に拡大しており、特にここ5年間で新たに発生した県級行政区は191カ所で、2016年の2倍となっている。発生場所は都市の公園や緑地、農地、森林および他の公共地帯となっている。(北京=新華社配信/呂利華)= 配信日: 2021(令和3)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月04日
    (2)農業農村部など、アカヒアリの予防・抑制に関する通知を発表

    アカヒアリのアリ塚の内部。(資料写真)中国農業農村部や住宅・都市農村建設部、交通運輸部など9部門はこのほど、アカヒアリの阻止と予防・抑制活動の強化に関する通知を共同で発表した。農業農村部のモニタリングによると、アカヒアリの生息域は現在、12省・自治区・直轄市の435県・市・区に拡大しており、特にここ5年間で新たに発生した県級行政区は191カ所で、2016年の2倍となっている。発生場所は都市の公園や緑地、農地、森林および他の公共地帯となっている。(北京=新華社配信/呂利華)= 配信日: 2021(令和3)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月04日
    (3)農業農村部など、アカヒアリの予防・抑制に関する通知を発表

    地面に出たアカヒアリのアリ塚。(資料写真)中国農業農村部や住宅・都市農村建設部、交通運輸部など9部門はこのほど、アカヒアリの阻止と予防・抑制活動の強化に関する通知を共同で発表した。農業農村部のモニタリングによると、アカヒアリの生息域は現在、12省・自治区・直轄市の435県・市・区に拡大しており、特にここ5年間で新たに発生した県級行政区は191カ所で、2016年の2倍となっている。発生場所は都市の公園や緑地、農地、森林および他の公共地帯となっている。(北京=新華社配信/呂利華)= 配信日: 2021(令和3)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (2)中国の高齢者、ライフスタイルに変化

    新型コロナウイルス感染症の拡大が深刻な中、感染予防・抑制活動に自ら参加したボランティア。(2月1日撮影)中国の経済・社会の発展に伴い、高齢者のライフスタイルが徐々に変化し、高齢者が自分のために老後の生活を計画するようになった。インターネットで新しい知識などを得ることは若者の特権ではなくなり、高齢者も積極的にオンライン学習を活用している。高齢者向けの遠隔講座を開講する湖南省の「長沙市老幹部大学」は2014年以降、200講座以上を提供。年間視聴者数は延べ30万人以上となっている。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    230万超の核酸検査結果すべて陰性天津市浜海新区

    22日、検査所で検体採取を受ける天津浜海新区の住民。中国天津市浜海新区新型コロナウイルス感染症予防・抑制活動指導グループが23日に発表した情報によると、同区は23日午後3時までに計244万7300件の検体採取を実施し、検体採取作業をほぼ完了した。また、233万4千件の検査を終え、全員が陰性だった。浜海新区は21日午前、区内全住民の大規模な核酸検査を開始した。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    230万超の核酸検査結果すべて陰性天津市浜海新区

    22日、浜海新区の住民宅で検体採取を行う医療関係者。中国天津市浜海新区新型コロナウイルス感染症予防・抑制活動指導グループが23日に発表した情報によると、同区は23日午後3時までに計244万7300件の検体採取を実施し、検体採取作業をほぼ完了した。また、233万4千件の検査を終え、全員が陰性だった。浜海新区は21日午前、区内全住民の大規模な核酸検査を開始した。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月21日
    230万超の核酸検査結果すべて陰性天津市浜海新区

    21日、泰達第二体育館に設置された検査所で検体採取を受ける天津浜海新区の住民。中国天津市浜海新区新型コロナウイルス感染症予防・抑制活動指導グループが23日に発表した情報によると、同区は23日午後3時までに計244万7300件の検体採取を実施し、検体採取作業をほぼ完了した。また、233万4千件の検査を終え、全員が陰性だった。浜海新区は21日午前、区内全住民の大規模な核酸検査を開始した。(天津=新華社記者/趙子碩)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月21日
    230万超の核酸検査結果すべて陰性天津市浜海新区

    21日、検体採取を受ける天津港集団の従業員。中国天津市浜海新区新型コロナウイルス感染症予防・抑制活動指導グループが23日に発表した情報によると、同区は23日午後3時までに計244万7300件の検体採取を実施し、検体採取作業をほぼ完了した。また、233万4千件の検査を終え、全員が陰性だった。浜海新区は21日午前、区内全住民の大規模な核酸検査を開始した。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月21日
    新疆の新型コロナ対策、1万5千人以上のボランティアが活躍

    21日、社区(コミュニティー)に集合するボランティア。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市頭屯河区にある経済技術開発区では、1万5500人以上のボランティアが新型コロナウイルスの感染予防・抑制活動に参加し、日常生活のさまざまな方面から住民をサポートしている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月21日
    新疆の新型コロナ対策、1万5千人以上のボランティアが活躍

    21日、活動参加の記念品である防護バッグを受け取るボランティア。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市頭屯河区にある経済技術開発区では、1万5500人以上のボランティアが新型コロナウイルスの感染予防・抑制活動に参加し、日常生活のさまざまな方面から住民をサポートしている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月21日
    新疆の新型コロナ対策、1万5千人以上のボランティアが活躍

    21日、親指を立てた「いいね」ポーズでボランティアに感謝を表す住民。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市頭屯河区にある経済技術開発区では、1万5500人以上のボランティアが新型コロナウイルスの感染予防・抑制活動に参加し、日常生活のさまざまな方面から住民をサポートしている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月21日
    新疆の新型コロナ対策、1万5千人以上のボランティアが活躍

    21日、活動参加の記念品としてもらった「特別な」防護服を見せるボランティア。防護服には手書きのイラストが施されている。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市頭屯河区にある経済技術開発区では、1万5500人以上のボランティアが新型コロナウイルスの感染予防・抑制活動に参加し、日常生活のさまざまな方面から住民をサポートしている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月21日
    新疆の新型コロナ対策、1万5千人以上のボランティアが活躍

    21日、活動参加の記念品としてもらった「特別な」防護服を見せるボランティア。防護服には手書きのイラストが施されている。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市頭屯河区にある経済技術開発区では、1万5500人以上のボランティアが新型コロナウイルスの感染予防・抑制活動に参加し、日常生活のさまざまな方面から住民をサポートしている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月21日
    新疆の新型コロナ対策、1万5千人以上のボランティアが活躍

    21日、活動参加の記念品としてもらった「特別な」防護服を見せるボランティア。防護服には手書きのイラストが施されている。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市頭屯河区にある経済技術開発区では、1万5500人以上のボランティアが新型コロナウイルスの感染予防・抑制活動に参加し、日常生活のさまざまな方面から住民をサポートしている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月21日
    新疆の新型コロナ対策、1万5千人以上のボランティアが活躍

    21日、活動参加の記念品としてもらった防護バッグを手にするボランティア。バッグには感謝の手紙が添えられている。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市頭屯河区にある経済技術開発区では、1万5500人以上のボランティアが新型コロナウイルスの感染予防・抑制活動に参加し、日常生活のさまざまな方面から住民をサポートしている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月21日
    新疆の新型コロナ対策、1万5千人以上のボランティアが活躍

    21日、親指を立てた「いいね」のポーズで記念撮影に応じるボランティア。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市頭屯河区にある経済技術開発区では、1万5500人以上のボランティアが新型コロナウイルスの感染予防・抑制活動に参加し、日常生活のさまざまな方面から住民をサポートしている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月21日
    新疆の新型コロナ対策、1万5千人以上のボランティアが活躍

    21日、活動参加の記念品としてもらった「特別な」防護服を見せるボランティア。防護服には手書きのイラストが施されている。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市頭屯河区にある経済技術開発区では、1万5500人以上のボランティアが新型コロナウイルスの感染予防・抑制活動に参加し、日常生活のさまざまな方面から住民をサポートしている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:16.28
    2020年08月11日
    「新華社」中医薬の優位性を発揮し患者を治療新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市は新型コロナウイルスの感染が拡大して以降、湖北省武漢市などの治療経験をくみ取り、同市が中医薬の分野で持つ優位性を発揮してきた。中医薬と西洋医薬の結合と併用による治療を続け、新型コロナ感染患者の速やかな回復に寄与した。同自治区の新型コロナウイルス感染予防・抑制活動に関する記者会見によると、自治区内での有症状患者の治療における中医薬の使用率は100%に達している。(記者/張嘯誠)<映像内容>中医薬の製造の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:29.08
    2020年08月09日
    「新華社」封鎖式管理で住民の健康守る新疆ウイグル自治区ウルムチ市

    中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市では新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、感染源と感染経路を徹底的に遮断するため、社区(コミュニティー)の封鎖式管理措置を講じた。同市は市民の正常な生活を保障するため、各部門の幹部と職員、社区スタッフ、ボランティアサービスチームなどを組織し、街道と各居住区で検温や消毒などの感染予防・抑制活動を確実に行うとともに、生活サービスの保障業務も着実に実施している。(記者/張嘯誠)<映像内容>新型コロナ対策で新疆ウイグル自治区ウルムチ市が封鎖式管理措置、食料を届ける様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    北京新発地卸売市場、15日より段階的に営業再開へ

    北京新発地卸売市場の新たな中継エリアで積み荷のリンゴを運び出す業者。(8月6日撮影)中国北京市は13日、新型コロナウイルス感染予防・抑制活動に関する記者会見を開き、6月に集団感染が発生した新発地卸売市場が今月15日より段階的に営業を再開すると発表した。営業再開に先立って、同市場では専門的な消毒や改修が行われた。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    北京新発地卸売市場、15日より段階的に営業再開へ

    北京新発地卸売市場の新たな中継エリアで納入される野菜や果物から検体を採取する職員。(8月6日撮影)中国北京市は13日、新型コロナウイルス感染予防・抑制活動に関する記者会見を開き、6月に集団感染が発生した新発地卸売市場が今月15日より段階的に営業を再開すると発表した。営業再開に先立って、同市場では専門的な消毒や改修が行われた。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    北京新発地卸売市場、15日より段階的に営業再開へ

    北京新発地卸売市場の新たな中継エリアで農産物を運ぶ職員。(8月6日撮影)中国北京市は13日、新型コロナウイルス感染予防・抑制活動に関する記者会見を開き、6月に集団感染が発生した新発地卸売市場が今月15日より段階的に営業を再開すると発表した。営業再開に先立って、同市場では専門的な消毒や改修が行われた。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    北京新発地卸売市場、15日より段階的に営業再開へ

    北京新発地卸売市場の新たな中継エリアに入る車両。(8月6日撮影)中国北京市は13日、新型コロナウイルス感染予防・抑制活動に関する記者会見を開き、6月に集団感染が発生した新発地卸売市場が今月15日より段階的に営業を再開すると発表した。営業再開に先立って、同市場では専門的な消毒や改修が行われた。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    北京新発地卸売市場、15日より段階的に営業再開へ

    北京新発地卸売市場の新たな中継エリアで農産物を販売する業者。(8月6日撮影)中国北京市は13日、新型コロナウイルス感染予防・抑制活動に関する記者会見を開き、6月に集団感染が発生した新発地卸売市場が今月15日より段階的に営業を再開すると発表した。営業再開に先立って、同市場では専門的な消毒や改修が行われた。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    北京新発地卸売市場、15日より段階的に営業再開へ

    北京新発地卸売市場の新たな中継エリアに入る車両。(8月6日撮影)中国北京市は13日、新型コロナウイルス感染予防・抑制活動に関する記者会見を開き、6月に集団感染が発生した新発地卸売市場が今月15日より段階的に営業を再開すると発表した。営業再開に先立って、同市場では専門的な消毒や改修が行われた。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    北京新発地卸売市場、15日より段階的に営業再開へ

    北京新発地の市民向け食料品市場で買い物をする市民。(8月6日撮影)中国北京市は13日、新型コロナウイルス感染予防・抑制活動に関する記者会見を開き、6月に集団感染が発生した新発地卸売市場が今月15日より段階的に営業を再開すると発表した。営業再開に先立って、同市場では専門的な消毒や改修が行われた。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    中国の医療専門家チーム、アゼルバイジャンに到着

    4日、アゼルバイジャンの首都バクーに到着した中国の医療専門家チーム。中国のアゼルバイジャン支援医療専門家チームが4日、同国の首都バクーに到着した。同国政府の招きで、現地の新型コロナウイルス感染症の予防・抑制活動を支援する。チームは、四川大学華西医院の流行病学、呼吸と重篤症医学、重症医学などの分野の中堅医療専門家10人で構成されている。中国が同国に寄贈する医療防護物資も同機で到着した。(バクー=新華社配信)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    中国の医療専門家チーム、アゼルバイジャンに到着

    4日、アゼルバイジャンの首都バクーに到着した中国の医療専門家チーム。中国のアゼルバイジャン支援医療専門家チームが4日、同国の首都バクーに到着した。同国政府の招きで、現地の新型コロナウイルス感染症の予防・抑制活動を支援する。チームは、四川大学華西医院の流行病学、呼吸と重篤症医学、重症医学などの分野の中堅医療専門家10人で構成されている。中国が同国に寄贈する医療防護物資も同機で到着した。(バクー=新華社配信)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月05日
    北京市、新型コロナで記者会見

    5日、北京市政府が開いた新型コロナの予防・抑制活動に関する記者会見。中国北京市政府新聞(報道)弁公室は5日、記者会見を開き、同市が進める新型コロナウイルス感染症の予防・抑制活動の状況について説明した。(北京=新華社記者/彭子洋)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月05日
    北京市、新型コロナで記者会見

    5日、北京市政府が開いた新型コロナの予防・抑制活動に関する記者会見。中国北京市政府新聞(報道)弁公室は5日、記者会見を開き、同市が進める新型コロナウイルス感染症の予防・抑制活動の状況について説明した。(北京=新華社記者/彭子洋)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月25日
    中国大使館、タンザニアの小中学校に感染対策物資を寄贈

    25日、タンザニアのダルエスサラームでの寄贈式に出席した中国の王克(おう・こく)駐タンザニア大使(手前右)と同市のローレンス・マランワ代理行政秘書(手前左)。在タンザニア中国大使館は25日、同国の新型コロナウイルス感染予防・抑制活動を後押しするため、小中学校向けに簡易手洗い場やせっけんなどの支援物資を寄贈した。支援物資は同国の最大都市ダルエスサラームにある小中学校100校に順次配布される予定。(ダルエスサラーム=新華社配信)=2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:25.47
    2020年06月16日
    「新華社」アモイ航空、直行便で医療物資16トンをサウジへ福建省

    中国のアモイ航空のアモイ発リヤド行き直行便の1番機となるMF8873便が16日正午、16トン余りの医療物資を搭載しサウジアラビアの首都リヤドに向け出発した。同便は現時点で同社で最長距離のアジア路線であり、福建省初のサウジ直行路線。医療物資は現地の新型コロナウイルス感染症予防・抑制活動に役立てられる。(記者/林凱、付敏)<映像内容>アモイ発リヤド行き直行便が医療物資を搭載し出発、撮影日:2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:17.06
    2020年06月12日
    「新華社」北京市で新たに2人の感染を確認新型コロナ

    中国北京市豊台区の張婕(ちょう・しょう)副区長は12日の新型コロナウイルス感染予防・抑制活動に関する記者会見で、同区で新たに確認された感染者2人について、いずれも中国肉類食品総合研究センターに勤務する男性で、北京出身だと説明した。(記者/田晨旭)<映像内容>北京市で2人の新型コロナ感染を確認、撮影日:2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月07日
    感染流入を徹底防止、在住外国人も平等に対策措置広東省広州市

    7日、感染予防・抑制活動のため、広州市越秀区鉱泉街瑶台片区城中村の各入り口は、1カ所を残して全て閉鎖された。中国広東省広州市の温国輝(おん・こくき)市長は、12日の記者会見で、同市が「一視同仁(全ての人を差別なく平等に見る)」の原則を堅持し、国内外の人々に対し一律の新型コロナウイルス感染予防・抑制措置を取っていると表明した。同市では12日午前0時時点で、国外からの輸入症例119人、二次感染者13人が報告されている。(広州=新華社記者/周強)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月26日
    中国の新型コロナ予防・抑制ボランティアに励む日本人少女遼寧省大連市

    3月26日、若狭谷理紗さんが受け取った大連市共産党委員会書記からの感謝状。中国遼寧省大連市の高新園区(ハイテク産業開発区)凌水街道燕南社区(コミュニティー)の集合住宅団地、東方聖克拉小区で暮らす日本人の少女、若狭谷理紗さんは、2月16日に18歳の誕生日を迎えた。理紗さんは翌17日から、自発的に団地入り口に立ち、中国各地の社区で実施されている新型コロナウイルス感染予防・抑制活動に携わるボランティアの一員として、団地を出入りする人の確認や登録、検温などを行っている。ボランティア活動への参加は、理紗さんにとって特別な「大人の証」となった。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月17日
    江蘇省、日韓の友好都市と友好交流地域にマスクを寄付

    17日、江蘇省が日本の友好都市に寄付した支援物資の一部。中国江蘇省が新型コロナウイルス対策として日本と韓国に送る医療物資の出発式が17日午後、同省南京市で行われた。同省は日本の愛知、福岡、大阪各府県と韓国の全羅北道、ソウル市、大邱市、全羅南道、忠清南道に対し感染予防・抑制活動に用いる使い捨て医療用外科マスク40万枚を寄付する。同省は友好都市支援のため、企業に対し特別に医療用マスクの生産を委託した。日韓両国への支援物資は現在、友好都市へ向け迅速に輸送されており、現地の赤十字社と医師会により市民に直接支給される。16日には同省無錫市も日韓の友好都市に使い捨て医療用マスク6万枚と医療用防護服1500着を寄付した。これらの物資は日本の神奈川県相模原市、韓国の慶尚南道金海市と蔚山市への発送が既に完了している。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月17日
    江蘇省、日韓の友好都市と友好交流地域にマスクを寄付

    17日、江蘇省が韓国の友好都市に寄付した支援物資の一部。中国江蘇省が新型コロナウイルス対策として日本と韓国に送る医療物資の出発式が17日午後、同省南京市で行われた。同省は日本の愛知、福岡、大阪各府県と韓国の全羅北道、ソウル市、大邱市、全羅南道、忠清南道に対し感染予防・抑制活動に用いる使い捨て医療用外科マスク40万枚を寄付する。同省は友好都市支援のため、企業に対し特別に医療用マスクの生産を委託した。日韓両国への支援物資は現在、友好都市へ向け迅速に輸送されており、現地の赤十字社と医師会により市民に直接支給される。16日には同省無錫市も日韓の友好都市に使い捨て医療用マスク6万枚と医療用防護服1500着を寄付した。これらの物資は日本の神奈川県相模原市、韓国の慶尚南道金海市と蔚山市への発送が既に完了している。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月16日
    江蘇省、日韓の友好都市と友好交流地域にマスクを寄付

    16日、江蘇省無錫市が日本と韓国の友好都市に寄付した支援物資の一部。中国江蘇省が新型コロナウイルス対策として日本と韓国に送る医療物資の出発式が17日午後、同省南京市で行われた。同省は日本の愛知、福岡、大阪各府県と韓国の全羅北道、ソウル市、大邱市、全羅南道、忠清南道に対し感染予防・抑制活動に用いる使い捨て医療用外科マスク40万枚を寄付する。同省は友好都市支援のため、企業に対し特別に医療用マスクの生産を委託した。日韓両国への支援物資は現在、友好都市へ向け迅速に輸送されており、現地の赤十字社と医師会により市民に直接支給される。16日には同省無錫市も日韓の友好都市に使い捨て医療用マスク6万枚と医療用防護服1500着を寄付した。これらの物資は日本の神奈川県相模原市、韓国の慶尚南道金海市と蔚山市への発送が既に完了している。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年03月16日
    馬雲氏設立の公益基金、アフリカ54カ国に防疫物資寄付

    16日、馬雲氏が微博で投稿した、アフリカ54カ国への医療物資寄付を表明したメッセージ。中国電子商取引(EC)大手アリババグループの創業者、馬雲(ジャック・マー)氏は16日夜、微博(ウェイボー)を通じ、同氏が設立した「馬雲公益基金会」と「アリババ公益基金会」がアフリカ54カ国にそれぞれマスク10万枚、防護服1千着、フェースシールド千個、検出試薬2万セットを寄付すると発表した。また、アフリカ各国の医療機関との協力により、新型コロナウイルス感染症の臨床治療に関するオンライン研修資料を提供し、現地の感染予防・抑制活動を支援することも明らかにした。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.72
    2020年03月16日
    「新華社」馬雲氏設立の公益基金、アフリカ54カ国に防疫物資寄付

    中国電子商取引(EC)大手アリババグループの創業者、馬雲(ジャック・マー)氏は16日夜、微博(ウェイボー)を通じ、同氏が設立した「馬雲公益基金会」と「アリババ公益基金会」がアフリカ54カ国にそれぞれマスク10万枚、防護服1千着、フェースシールド千個、検出試薬2万セットを寄付すると発表した。また、アフリカ各国の医療機関との協力により、新型コロナウイルス感染症の臨床治療に関するオンライン研修資料を提供し、現地の感染予防・抑制活動を支援することも明らかにした。馬氏によると、全ての支援物資はエチオピアの首都アディスアベバに到着後、同国のアビー首相が物流と分配を担当する。馬氏は「アフリカは医療資源が相対的に不足しており、感染が拡大すると大変な結果を招く。今回の災難は想像以上に深刻で長期的なもので、できる限りの準備をしなければならない」と述べた。アフリカでは、エチオピアなど26カ国で新型コロナウイルスによる肺炎の確定診断患者が報告されている。感染の拡大は医療衛生システムが脆弱なアフリカに新たな課題をもたらしている。アビー首相はツイッターで「馬氏がエチオピアと協力し、アフリカ諸国に1〜2万セット検出試薬と10万枚以上のマスクを提供してくれたことに厚く感謝する」と述べ、こうした物資と技術の支援がウイルスの拡散防止に極めて重要との考えを示した。両基金会はこれまで、日本、韓国、イランにそれぞれマスク100万枚を寄付したほか、イタリアやスペインなど感染が深刻な欧州各国にマスク180万枚と検出試薬10万セットを提供。米国にもマスク100万枚と検出試薬50万セットを発送しており、これらの物資は次々と各国に届いている。(記者/殷暁聖、張璇)<映像内容>馬雲公益基金会とアリババ公益基金会がアフリカ54カ国に支援物資を提供、撮影日:2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月16日
    江蘇省、日韓の友好都市と友好交流地域にマスクを寄付

    16日、江蘇省無錫市が神奈川県相模原市に寄付した支援物資の一部。中国江蘇省が新型コロナウイルス対策として日本と韓国に送る医療物資の出発式が17日午後、同省南京市で行われた。同省は日本の愛知、福岡、大阪各府県と韓国の全羅北道、ソウル市、大邱市、全羅南道、忠清南道に対し感染予防・抑制活動に用いる使い捨て医療用外科マスク40万枚を寄付する。同省は友好都市支援のため、企業に対し特別に医療用マスクの生産を委託した。日韓両国への支援物資は現在、友好都市へ向け迅速に輸送されており、現地の赤十字社と医師会により市民に直接支給される。16日には同省無錫市も日韓の友好都市に使い捨て医療用マスク6万枚と医療用防護服1500着を寄付した。これらの物資は日本の神奈川県相模原市、韓国の慶尚南道金海市と蔚山市への発送が既に完了している。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月15日
    馬雲氏設立の公益基金、アフリカ54カ国に防疫物資寄付

    15日、エチオピアのアビー首相がツイッターで投稿した、馬雲氏への感謝を示すメッセージ。中国電子商取引(EC)大手アリババグループの創業者、馬雲(ジャック・マー)氏は16日夜、微博(ウェイボー)を通じ、同氏が設立した「馬雲公益基金会」と「アリババ公益基金会」がアフリカ54カ国にそれぞれマスク10万枚、防護服1千着、フェースシールド千個、検出試薬2万セットを寄付すると発表した。また、アフリカ各国の医療機関との協力により、新型コロナウイルス感染症の臨床治療に関するオンライン研修資料を提供し、現地の感染予防・抑制活動を支援することも明らかにした。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月13日
    馬雲氏設立の公益基金、アフリカ54カ国に防疫物資寄付

    13日、馬雲氏設立した基金会がイタリアに寄贈した支援物資の外装に添えられた、イタリアの作曲家ジャコモ・プッチーニのオペラ「トゥーランドット」の歌詞「夜よ去れ!夜明けと共にわれわれは勝つ!」と楽譜。中国電子商取引(EC)大手アリババグループの創業者、馬雲(ジャック・マー)氏は16日夜、微博(ウェイボー)を通じ、同氏が設立した「馬雲公益基金会」と「アリババ公益基金会」がアフリカ54カ国にそれぞれマスク10万枚、防護服1千着、フェースシールド千個、検出試薬2万セットを寄付すると発表した。また、アフリカ各国の医療機関との協力により、新型コロナウイルス感染症の臨床治療に関するオンライン研修資料を提供し、現地の感染予防・抑制活動を支援することも明らかにした。(ブリュッセル=新華社配信)=2020(令和2)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月12日
    感染抑制活動のなか物流倉庫が業務再開北京市

    12日、北京市順義区の菜鳥物流倉庫で商品を梱包する従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動が行われている中、中国北京市順義区にある菜鳥物流倉庫は業務を再開し、毎日約5万件の注文を取り扱っている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月12日
    感染抑制活動のなか物流倉庫が業務再開北京市

    12日、北京市順義区の菜鳥物流倉庫で従業員の体温を測定するスタッフ(右)。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動が行われている中、中国北京市順義区にある菜鳥物流倉庫は業務を再開し、毎日約5万件の注文を取り扱っている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月12日
    感染抑制活動のなか物流倉庫が業務再開北京市

    12日、北京市順義区の菜鳥物流倉庫で商品を梱包する従業員ら。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動が行われている中、中国北京市順義区にある菜鳥物流倉庫は業務を再開し、毎日約5万件の注文を取り扱っている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月12日
    感染抑制活動のなか物流倉庫が業務再開北京市

    12日、北京市順義区の菜鳥物流倉庫で商品を梱包する従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動が行われている中、中国北京市順義区にある菜鳥物流倉庫は業務を再開し、毎日約5万件の注文を取り扱っている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月12日
    感染抑制活動のなか物流倉庫が業務再開北京市

    12日、北京市順義区の菜鳥物流倉庫で商品を運搬する従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動が行われている中、中国北京市順義区にある菜鳥物流倉庫は業務を再開し、毎日約5万件の注文を取り扱っている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月12日
    感染抑制活動のなか物流倉庫が業務再開北京市

    12日、北京市順義区の菜鳥物流倉庫で商品を運搬する従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動が行われている中、中国北京市順義区にある菜鳥物流倉庫は業務を再開し、毎日約5万件の注文を取り扱っている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月12日
    感染抑制活動のなか物流倉庫が業務再開北京市

    12日、北京市順義区の菜鳥物流倉庫で検温後自分の情報を登録する従業員(左)。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動が行われている中、中国北京市順義区にある菜鳥物流倉庫は業務を再開し、毎日約5万件の注文を取り扱っている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月12日
    感染抑制活動のなか物流倉庫が業務再開北京市

    12日、北京市順義区の菜鳥物流倉庫で商品を運搬する従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動が行われている中、中国北京市順義区にある菜鳥物流倉庫は業務を再開し、毎日約5万件の注文を取り扱っている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月11日
    四川省の医学専門家ら5人がイタリアへ新型肺炎対策支援

    11日、出発に先立ち、四川大学華西医院の前で記念撮影をする専門家と関係者。中国四川省の呼吸器科医ら専門家4人とイタリア語教師1人が11日、イタリアに派遣される中国紅十字(赤十字)会の専門家ボランティアチームに参加することになった。中国紅十字会の関係者と共にイタリアに向かい、現地で新型コロナウイルスの感染予防・抑制活動に協力する。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月11日
    四川省の医学専門家ら5人がイタリアへ新型肺炎対策支援

    11日、出発に先立ち、四川大学華西医院の前で記念撮影をする医学専門家ら。中国四川省の呼吸器科医ら専門家4人とイタリア語教師1人が11日、イタリアに派遣される中国紅十字(赤十字)会の専門家ボランティアチームに参加することになった。中国紅十字会の関係者と共にイタリアに向かい、現地で新型コロナウイルスの感染予防・抑制活動に協力する。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月10日
    習近平氏、武漢市東湖新城社区で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察

    10日、武漢市東湖新城社区の生活物資集中配送地点で、米や小麦粉、食用油、新鮮な野菜・果物などの生活物資の調達と供給状況について詳しく尋ねる習近平氏。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが重要な時期を迎える中、習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は10日、湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動を視察した。(武漢=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月10日
    習近平氏、武漢市東湖新城社区で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察

    10日、武漢市東湖新城社区の生活物資集中配送地点で、米や小麦粉、食用油、新鮮な野菜・果物などの生活物資の調達・供給状況について詳しく尋ねる習近平氏。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが重要な時期を迎える中、習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は10日、湖北省武漢市で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察した。(武漢=新華社記者/龐興雷)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月10日
    習近平氏、武漢市東湖新城社区で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察

    10日、武漢市東湖新城社区の生活物資集中配送地点で、米や小麦粉、食用油、新鮮な野菜・果物などの生活物資の調達・供給状況について詳しく尋ねる習近平氏。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが重要な時期を迎える中、習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は10日、湖北省武漢市で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察した。(武漢=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月10日
    中国、新型コロナの時系列記録を公表国際協力の経緯も明らかに

    3月10日、湖北省武漢市の「火神山医院」の指揮センターで、ビデオ通話を通じ、感染対策の最前線で日夜奮闘する医療従事者をねぎらう習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席。習近平氏は当日、同市で新型コロナウイルス感染症の予防・抑制活動を視察した。新華通訊社(新華社)は6日、中国の新型コロナウイルス対策を時系列にまとめた記録を公表し、中国が世界との感染症対策協力でとった行動の事実と措置を明らかにした。同記録はメディア報道や国家衛生健康委員会、科学研究機関などの情報に基づき作成され、感染発生状況に関する情報の速やかな発表や感染の予防・抑制経験の共有、国際交流と協力の推進などでの中国の取り組みを伝えている。(北京=新華社記者/鞠鵬)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    村に残り新型肺炎と闘う外国人教師河北省沙河市

    微信(ウィーチャット)の朋友圈(モーメンツ)で中国の新型肺炎予防・抑制活動にエールを送るパキスタン人教師のアンドラル(Andral)さん。(資料写真)中国河北省沙河市に属する葛村では、休暇で村に帰省した大学生で構成された新型コロナウイルスによる肺炎感染予防・抑制ボランティアチームに混じって活動する外国人の姿をしばしば目にする。英国人のAJさんとフレッドさん、パキスタン人のアンドラルさんは市内の学校で教える外国人教師で、普段は同村の賃貸住宅に住んでいる。彼らは新型肺炎の発生後も村を離れることなく、地元の人々と共に新型肺炎との闘いに参加している。(沙河=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月04日
    大興安嶺で春の森林防火週間スタート黒竜江省

    4日、消火設備を点検する黒竜江省大興安嶺地区呼中林業局の森林防火隊員。中国最北の森林地区、黒竜江省大興安嶺で15日、春の森林防火週間がスタートした。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動の影響を受け、同地区では事前に準備を整え、感染対策と防火活動を同時に行っている。同省は、中国最大の国有林を有し、管轄下の大興安嶺森林区は683万6600ヘクタール、東北の穀倉地帯と華北平原の天然の環境保全の要塞となっている。(ハルビン=新華社配信/馮宏偉)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:18.69
    2020年02月28日
    「新華社」武漢の田舎にとどまる日本人男性、村民と共に新型肺炎乗り切る

    中国湖北省武漢市で既に10年以上暮らしている日本人男性、嶋田孝治さん(72)は新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動に協力し、同市江夏区法泗(ほうし)街聯盟村に滞在している。同村での滞在は26日時点で、1カ月以上に上っている。嶋田さんは2010年から、武漢大学と華中師範大学のそばに庶民的なカレー店を開いている。先週、嶋田さんは中国人従業員に頼んで、カレー店で春節(旧正月)用に備蓄していた食糧や食用油を近所で必要としている人に届けた。今年の春節前に、嶋田さんは店の従業員から、実家で一緒に新年を迎えようと招待を受けていた。嶋田さんが聯盟村へ到着した1月23日、同市は村の封鎖措置を取り公共交通機関の運行を停止した。日本政府は同27日、武漢市からの日本人の退避措置を発表したが、嶋田さんは市内にとどまることを選んだ。嶋田さんは「今は特殊な時期。私は中国政府の感染予防措置に協力し、外出時にはマスクを着用します」と語った。同市の社区(コミュニティー)や村は2月11日に全て封鎖され、商店も相次いで営業を停止したため、嶋田さんは村にそのままとどまることになった。新型肺炎の感染予防・抑制活動は最も困難な時期に突入し、農村の社区では生活物資や感染対策物資が全面的に不足している。村の人々は嶋田さんの話を聞きつけると、次々に支援の手を差し伸べた。嶋田さんは愛煙家だが、村ではタバコを手に入れるのが難しい。そこで数人の村民が嶋田さんのために、遠くまでタバコを買いに行っている。嶋田さんは「私は中国の田舎で元気に過ごしています。村の人たちはとてもよくしてくれます。皆さんお大事にしてください。新型肺炎が終息したら武漢大学へお花見に行きます」と語った。(記者/馮国棟)<映像内容>武漢にとどまる日本人のインタビュー、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:51.95
    2020年02月27日
    「新華社」民間チャーター機で職場復帰

    中国の深圳航空は27日、チャーター機を5便運航し、企業の従業員720人を陝西省西安市や四川省成都市などから広東省深圳市、浙江省台州市へと運び、職場復帰と生産再開を支援した。チャーター機は、労働者を送り出す省と受け入れる省との間に職場に向かう空の通路を作り出した。中国の多くの航空会社が新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制活動を進めるとともに、需要に応じて順調に運航を再開している。(記者/張晨俊)<映像内容>職場復帰する企業の従業員がチャーター機に乗る様子、撮影日:2020(令和2)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月22日
    武漢の田舎にとどまる日本人男性、村民と共に新型肺炎乗り切る

    22日、嶋田孝治さんが滞在している武漢市江夏区法泗街聯盟村。中国湖北省武漢市で既に10年以上暮らしている日本人男性、嶋田孝治さん(72)は新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動に協力し、同市江夏区法泗(ほうし)街聯盟村に滞在している。同村での滞在は26日時点で、1カ月以上に上っている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月22日
    武漢の田舎にとどまる日本人男性、村民と共に新型肺炎乗り切る

    22日、新型肺炎の感染予防・抑制活動に協力し、武漢市江夏区法泗街聯盟村に1カ月以上とどまっている嶋田孝治さん。中国湖北省武漢市で既に10年以上暮らしている日本人男性、嶋田孝治さん(72)は新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動に協力し、同市江夏区法泗(ほうし)街聯盟村に滞在している。同村での滞在は26日時点で、1カ月以上に上っている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月22日
    武漢の田舎にとどまる日本人男性、村民と共に新型肺炎乗り切る

    22日、嶋田孝治さんの店で働く中国人従業員の実家。中国湖北省武漢市で既に10年以上暮らしている日本人男性、嶋田孝治さん(72)は新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動に協力し、同市江夏区法泗(ほうし)街聯盟村に滞在している。同村での滞在は26日時点で、1カ月以上に上っている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月21日
    パトロール騎兵隊、郷村で感染対策支援内モンゴル自治区

    21日、整列したパトロール騎兵隊隊員。中国内モンゴル自治区フフホト市トゥムド左旗敕勒川鎮の三卜樹村では、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制巡回パトロール騎兵隊が活躍している。同騎兵隊は24人の隊員で構成され、村での予防・抑制活動の最前線で、三班に分かれて毎日12回のパトロールを行っている。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月21日
    パトロール騎兵隊、郷村で感染対策支援内モンゴル自治区

    21日、勤務を交代する騎兵隊の隊員。中国内モンゴル自治区フフホト市トゥムド左旗敕勒川鎮の三卜樹村では、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制巡回パトロール騎兵隊が活躍している。同騎兵隊は24人の隊員で構成され、村での予防・抑制活動の最前線で、三班に分かれて毎日12回のパトロールを行っている。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月21日
    パトロール騎兵隊、郷村で感染対策支援内モンゴル自治区

    21日、村を見回るパトロール騎兵隊の隊員。中国内モンゴル自治区フフホト市トゥムド左旗敕勒川鎮の三卜樹村では、新型コロナウイルスによる肺炎の予防抑制巡回パトロール騎兵隊が活躍している。同騎兵隊は24人の隊員で構成され、村での予防・抑制活動の最前線で、三班に分かれて毎日12回のパトロールを行っている。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月21日
    パトロール騎兵隊、郷村で感染対策支援内モンゴル自治区

    21日、村を見回るパトロール騎兵隊。中国内モンゴル自治区フフホト市トゥムド左旗敕勒川鎮の三卜樹村では、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制巡回パトロール騎兵隊が活躍している。同騎兵隊は24人の隊員で構成され、村での予防・抑制活動の最前線で、三班に分かれて毎日12回のパトロールを行っている。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月21日
    パトロール騎兵隊、郷村で感染対策支援内モンゴル自治区

    21日、日常の見回りの準備をするパトロール騎兵隊の隊員。中国内モンゴル自治区フフホト市トゥムド左旗敕勒川鎮の三卜樹村では、新型コロナウイルスによる肺炎の予防抑制巡回パトロール騎兵隊が活躍している。同騎兵隊は24人の隊員で構成され、村での予防・抑制活動の最前線で、三班に分かれて毎日12回のパトロールを行っている。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月21日
    パトロール騎兵隊、郷村で感染対策支援内モンゴル自治区

    21日、馬小屋で餌をやるパトロール騎兵隊の隊員。中国内モンゴル自治区フフホト市トゥムド左旗敕勒川鎮の三卜樹村では、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制巡回パトロール騎兵隊が活躍している。同騎兵隊は24人の隊員で構成され、村での予防・抑制活動の最前線で、三班に分かれて毎日12回のパトロールを行っている。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月21日
    パトロール騎兵隊、郷村で感染対策支援内モンゴル自治区

    21日、村を見回るパトロール騎兵隊の隊員。中国内モンゴル自治区フフホト市トゥムド左旗敕勒川鎮の三卜樹村では、新型コロナウイルスによる肺炎の予防抑制巡回パトロール騎兵隊が活躍している。同騎兵隊は24人の隊員で構成され、村での予防・抑制活動の最前線で、三班に分かれて毎日12回のパトロールを行っている。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月21日
    パトロール騎兵隊、郷村で感染対策支援内モンゴル自治区

    21日、村を見回るパトロール騎兵隊。中国内モンゴル自治区フフホト市トゥムド左旗敕勒川鎮の三卜樹村では、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制巡回パトロール騎兵隊が活躍している。同騎兵隊は24人の隊員で構成され、村での予防・抑制活動の最前線で、三班に分かれて毎日12回のパトロールを行っている。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月21日
    パトロール騎兵隊、郷村で感染対策支援内モンゴル自治区

    21日、馬にまたがりパトロールする女性隊員の張宇霞(ちょう・うか)さん(右)と郝麗娟(かく・れいけん)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市トゥムド左旗敕勒川鎮の三卜樹村では、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制巡回パトロール騎兵隊が活躍している。同騎兵隊は24人の隊員で構成され、郷村での予防・抑制活動の最前線で、三班に分かれて毎日12回のパトロールを行っている。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月21日
    パトロール騎兵隊、郷村で感染対策支援内モンゴル自治区

    21日、郷村を見回るパトロール騎兵隊。中国内モンゴル自治区フフホト市トゥムド左旗敕勒川鎮の三卜樹村では、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制巡回パトロール騎兵隊が活躍している。同騎兵隊は24人の隊員で構成され、郷村での予防・抑制活動の最前線で、三班に分かれて毎日12回のパトロールを行っている。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月20日
    農村のEC企業、生産・操業を再開陝西省武功県

    20日、陝西省武功県の電子商取引(EC)企業で果物を詰める従業員。中国陝西省咸陽市武功県ではこのほど、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動を徹底するという前提の下、生産・操業再開の指導チームを発足させた。電子商取引(EC)や物流企業の人材募集や輸送、販売などの問題の解決をサポートし、企業が秩序よく生産・操業を再開するよう指導する。同県は中国北西部にあり、ECが盛んな県として知られる。関連産業の従事者は4万人を超える。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月20日
    農村のEC企業、生産・操業を再開陝西省武功県

    20日、陝西省武功県の宅配会社で配達物を仕分けする従業員。中国陝西省咸陽市武功県ではこのほど、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動を徹底するという前提の下、生産・操業再開の指導チームを発足させた。電子商取引(EC)や物流企業の人材募集や輸送、販売などの問題の解決をサポートし、企業が秩序よく生産・操業を再開するよう指導する。同県は中国北西部にあり、ECが盛んな県として知られる。関連産業の従事者は4万人を超える。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月20日
    農村のEC企業、生産・操業を再開陝西省武功県

    20日、陝西省武功県の電子商取引(EC)企業で果物を詰める従業員。中国陝西省咸陽市武功県ではこのほど、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動を徹底するという前提の下、生産・操業再開の指導チームを発足させた。電子商取引(EC)や物流企業の人材募集や輸送、販売などの問題の解決をサポートし、企業が秩序よく生産・操業を再開するよう指導する。同県は中国北西部にあり、ECが盛んな県として知られる。関連産業の従事者は4万人を超える。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月20日
    農村のEC企業、生産・操業を再開陝西省武功県

    20日、陝西省武功県の電子商取引(EC)企業で商品を運ぶ従業員。中国陝西省咸陽市武功県ではこのほど、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動を徹底するという前提の下、生産・操業再開の指導チームを発足させた。電子商取引(EC)や物流企業の人材募集や輸送、販売などの問題の解決をサポートし、企業が秩序よく生産・操業を再開するよう指導する。同県は中国北西部にあり、ECが盛んな県として知られる。関連産業の従事者は4万人を超える。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月20日
    農村のEC企業、生産・操業を再開陝西省武功県

    20日、陝西省武功県の宅配会社で貨物を積み込む従業員。中国陝西省咸陽市武功県ではこのほど、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動を徹底するという前提の下、生産・操業再開の指導チームを発足させた。電子商取引(EC)や物流企業の人材募集や輸送、販売などの問題の解決をサポートし、企業が秩序よく生産・操業を再開するよう指導する。同県は中国北西部にあり、ECが盛んな県として知られる。関連産業の従事者は4万人を超える。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月20日
    農村のEC企業、生産・操業を再開陝西省武功県

    20日、陝西省武功県の電子商取引(EC)企業で果物を詰める従業員。中国陝西省咸陽市武功県ではこのほど、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動を徹底するという前提の下、生産・操業再開の指導チームを発足させた。電子商取引(EC)や物流企業の人材募集や輸送、販売などの問題の解決をサポートし、企業が秩序よく生産・操業を再開するよう指導する。同県は中国北西部にあり、ECが盛んな県として知られる。関連産業の従事者は4万人を超える。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月20日
    農村のEC企業、生産・操業を再開陝西省武功県

    20日、陝西省武功県の電子商取引(EC)企業で倉庫を消毒する従業員。中国陝西省咸陽市武功県ではこのほど、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動を徹底するという前提の下、生産・操業再開の指導チームを発足させた。電子商取引(EC)や物流企業の人材募集や輸送、販売などの問題の解決をサポートし、企業が秩序よく生産・操業を再開するよう指導する。同県は中国北西部にあり、ECが盛んな県として知られる。関連産業の従事者は4万人を超える。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月20日
    農村のEC企業、生産・操業を再開陝西省武功県

    20日、陝西省武功県の電子商取引(EC)企業で果物を詰める従業員。中国陝西省咸陽市武功県ではこのほど、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動を徹底するという前提の下、生産・操業再開の指導チームを発足させた。電子商取引(EC)や物流企業の人材募集や輸送、販売などの問題の解決をサポートし、企業が秩序よく生産・操業を再開するよう指導する。同県は中国北西部にあり、ECが盛んな県として知られる。関連産業の従事者は4万人を超える。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月20日
    農村のEC企業、生産・操業を再開陝西省武功県

    20日、陝西省武功県の電子商取引(EC)企業で果物を詰める従業員。中国陝西省咸陽市武功県ではこのほど、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動を徹底するという前提の下、生産・操業再開の指導チームを発足させた。電子商取引(EC)や物流企業の人材募集や輸送、販売などの問題の解決をサポートし、企業が秩序よく生産・操業を再開するよう指導する。同県は中国北西部にあり、ECが盛んな県として知られる。関連産業の従事者は4万人を超える。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月19日
    日本の企業、天津の病院にマスク5万枚を寄贈

    19日、鈴与が天津港口医院に寄贈したマスク。中国の新型コロナウイルスによる肺炎感染の予防・抑制活動を支援するため、日本の企業がこのほど天津港口医院に5万400枚のマスクを寄贈した。同院に支援物資が届いたのは、今回が初めてのケースとなった。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月19日
    日本の企業、天津の病院にマスク5万枚を寄贈

    19日、天津市紅十字会(赤十字社)から天津港口医院に引き渡される支援物資。中国の新型コロナウイルスによる肺炎感染の予防・抑制活動を支援するため、日本の企業がこのほど天津港口医院に5万400枚のマスクを寄贈した。同院に支援物資が届いたのは、今回が初めてのケースとなった。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:32.16
    2020年02月13日
    「新華社」イラン人ビジネスマン、感染予防・抑制ボランティアに参加浙江省義烏市

    中国浙江省義烏市にある鶏鳴山社区(コミュニティー)には74の国と地域から来た1388人のビジネスマンが生活しており、義烏の「国連社区」とも呼ばれている。毎年、この地にとどまって中国の春節(旧正月)を過ごす海外の友人も多く、同社区では十数人の外国人ボランティアが新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動のチームに加わっている。イラン出身のハミさんは義烏で長年にわたり商売をし、中国人の奥さんと暮らしている。突然の新型肺炎の感染拡大に直面し、進んでボランティアとして感染予防・抑制活動に参加したハミさんは、主に午後4時から午前0時まで社区のゲートに立ち、出入りする人の確認や体温チェックなどに当たっている。(記者/殷暁聖)<映像内容>外国人ボランティアの新型肺炎感染予防活動の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.83
    2020年02月12日
    「新華社」新型肺炎感染の予防・抑制活動支援に、新型ロボット導入福建省莆田市

    中国福建省莆田市の病院がこのほど、新型のロボットを導入した。院内感染の予防、発熱外来のスクリーニング、隔離病室の消毒などに用いる。消毒ロボットは、超微粒ドライミストの消毒液を噴射し、空気と周囲の物を全面的に消毒する。無人の環境下で、消毒液に強い紫外線を照射し、消毒液の分解を加速することが可能になっている。また、周囲の物や空気に対して自律移動しより多くの位置取りで消毒できるだけでなく、医療スタッフに代わり隔離エリアでの消毒作業もできる。今回導入されたロボットは、病院での消毒や感染予防に加えて、発熱外来の体温セルフ測定、予備検査やトリアージ、感染の疑いのある患者の報告や個人防護対策の教育・普及を行うことができる。(記者/林善伝)<映像内容>新型肺炎の予防対策にロボットを導入、消毒する様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月12日
    有名レストランがデリバリーで営業再開湖南省長沙市

    12日、湖南省長沙市にある「文和友」化竜池店で、「出前安心カード」に商品の製造・配送情報を記入するスタッフ。中国湖南省長沙市にある有名レストラン「文和友」は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて、店内での飲食提供を中止し、宅配サービスに力を入れている。営業を再開した企業が抱える食事問題を解決するため、企業向けケータリングサービスを開始した他、最前線で働く医療スタッフや社区(コミュニティー)の職員の一部に弁当を無料で提供し、感染予防・抑制活動を支援している。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月12日
    有名レストランがデリバリーで営業再開湖南省長沙市

    12日、湖南省長沙市にある「文和友」化竜池店で、出前を取りに来た配達員の体温を測るスタッフ。中国湖南省長沙市にある有名レストラン「文和友」は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて、店内での飲食提供を中止し、宅配サービスに力を入れている。営業を再開した企業が抱える食事問題を解決するため、企業向けケータリングサービスを開始した他、最前線で働く医療スタッフや社区(コミュニティー)の職員の一部に弁当を無料で提供し、感染予防・抑制活動を支援している。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月12日
    有名レストランがデリバリーで営業再開湖南省長沙市

    12日、湖南省長沙市にある「文和友」化竜池店で、料理を作る調理人。中国湖南省長沙市にある有名レストラン「文和友」は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて、店内での飲食提供を中止し、宅配サービスに力を入れている。営業を再開した企業が抱える食事問題を解決するため、企業向けケータリングサービスを開始した他、最前線で働く医療スタッフや社区(コミュニティー)の職員の一部に弁当を無料で提供し、感染予防・抑制活動を支援している。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月12日
    有名レストランがデリバリーで営業再開湖南省長沙市

    12日、湖南省長沙市にある「文和友」化竜池店で、出前を取りに来た配達員の手を消毒するスタッフ。中国湖南省長沙市にある有名レストラン「文和友」は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて、店内での飲食提供を中止し、宅配サービスに力を入れている。営業を再開した企業が抱える食事問題を解決するため、企業向けケータリングサービスを開始した他、最前線で働く医療スタッフや社区(コミュニティー)の職員の一部に弁当を無料で提供し、感染予防・抑制活動を支援している。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2