KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 平成
  • 発展
  • 記者
  • 中国企業
  • 中国茶
  • 人気
  • 市場
  • 従業員
  • 生産量
  • 茶葉

「安徽省霍山県」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
並び順
  • 新しい順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年06月17日
    「直接購入」の新経済モデル、中国の国内消費を牽引

    17日、ライブ配信を通じて農産物を販売する安徽省霍山県但家廟鎮のインフルエンサー、陳来鳳(ちん・らいほう)さん。中国では最近、「直接購入」と呼ばれる新しい消費スタイルを選ぶ消費者が増えている。「直接購入」は中国のEC業界では「CtoM(Customer-to-Manufacturer)」とも呼ばれる。この新しい経済モデルは、消費者とメーカーが直接繋がることで、在庫や卸、販売などの中間部分をなくし、取引コストを削減する。(合肥=新華社配信)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204792

  • 2020年06月17日
    「直接購入」の新経済モデル、中国の国内消費を牽引

    17日、ライブ配信を通じて農産物を販売する安徽省霍山県但家廟鎮のインフルエンサー、陳来鳳(ちん・らいほう)さん。中国では最近、「直接購入」と呼ばれる新しい消費スタイルを選ぶ消費者が増えている。「直接購入」は中国のEC業界では「CtoM(Customer-to-Manufacturer)」とも呼ばれる。この新しい経済モデルは、消費者とメーカーが直接繋がることで、在庫や卸、販売などの中間部分をなくし、取引コストを削減する。(合肥=新華社配信)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204931

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月08日
    高級中国茶「霍山黄大茶」を作る人びと安徽省霍山県

    8日、霍山県の製茶企業、抱児鐘秀茶業で霍山黄大茶を加工する従業員。中国茶で黄茶(きちゃ)とは独特の加熱処理と熟成工程を経た茶葉を指す。生産量が少なく中国茶の中では希少価値が高い。黄茶の中でも大きめの葉を用いたものを「黄大茶」と呼ぶ。中国安徽省六安市霍山県で作られる「霍山黄大茶」はここ数年、恵まれた生育環境と高い品質から市場の人気が高まっている。黄大茶は地元農民に増収をもたらす基幹産業として発展しただけでなく、同県を代表する名産品となった。(霍山=新華社記者/張端)=2018(平成30)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200448

  • 2018年07月08日
    高級中国茶「霍山黄大茶」を作る人びと安徽省霍山県

    8日、霍山県の製茶企業、抱児鐘秀茶業で霍山黄大茶を作る従業員。(小型無人機から)中国茶で黄茶(きちゃ)とは独特の加熱処理と熟成工程を経た茶葉を指す。生産量が少なく中国茶の中では希少価値が高い。黄茶の中でも大きめの葉を用いたものを「黄大茶」と呼ぶ。中国安徽省六安市霍山県で作られる「霍山黄大茶」はここ数年、恵まれた生育環境と高い品質から市場の人気が高まっている。黄大茶は地元農民に増収をもたらす基幹産業として発展しただけでなく、同県を代表する名産品となった。(霍山=新華社記者/張端)=2018(平成30)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200489

  • 2018年07月08日
    高級中国茶「霍山黄大茶」を作る人びと安徽省霍山県

    8日、霍山県の製茶企業、抱児鐘秀茶業で霍山黄大茶を加工する従業員。中国茶で黄茶(きちゃ)とは独特の加熱処理と熟成工程を経た茶葉を指す。生産量が少なく中国茶の中では希少価値が高い。黄茶の中でも大きめの葉を用いたものを「黄大茶」と呼ぶ。中国安徽省六安市霍山県で作られる「霍山黄大茶」はここ数年、恵まれた生育環境と高い品質から市場の人気が高まっている。黄大茶は地元農民に増収をもたらす基幹産業として発展しただけでなく、同県を代表する名産品となった。(霍山=新華社記者/張端)=2018(平成30)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200475

  • 2018年07月08日
    高級中国茶「霍山黄大茶」を作る人びと安徽省霍山県

    8日、霍山県の製茶企業、抱児鐘秀茶業で霍山黄大茶用の茶葉の加工準備をする従業員。中国茶で黄茶(きちゃ)とは独特の加熱処理と熟成工程を経た茶葉を指す。生産量が少なく中国茶の中では希少価値が高い。黄茶の中でも大きめの葉を用いたものを「黄大茶」と呼ぶ。中国安徽省六安市霍山県で作られる「霍山黄大茶」はここ数年、恵まれた生育環境と高い品質から市場の人気が高まっている。黄大茶は地元農民に増収をもたらす基幹産業として発展しただけでなく、同県を代表する名産品となった。(霍山=新華社記者/張端)=2018(平成30)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200490

  • 2018年04月10日
    山奥一面の花畑すばらしい春の景色にうっとり

    10日、夕日に映える美しいランタナ畑(ドローン撮影)。美しい村を建設し、農村観光(アグリツーリズム)を発展させようと、大別山の奥地に位置する中国安徽省霍山県太陽郷の船倉村は地域に合わせた適切な対策を講じ、400ムー(約24ヘクタール)余りの荒れ果てた砂原に、開花期が長く、様々な花の色を持つランタナを植えた。これにより、同地の貧困家庭151世帯に雇用がもたらされた。(霍山=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041300621

  • 2018年04月10日
    山奥一面の花畑すばらしい春の景色にうっとり

    10日、夕日に映える美しいランタナ畑(ドローン撮影)。美しい村を建設し、農村観光(アグリツーリズム)を発展させようと、大別山の奥地に位置する中国安徽省霍山県太陽郷の船倉村は地域に合わせた適切な対策を講じ、400ムー(約24ヘクタール)余りの荒れ果てた砂原に、開花期が長く、様々な花の色を持つランタナを植えた。これにより、同地の貧困家庭151世帯に雇用がもたらされた。(霍山=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041300616

  • 1