KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ドローン
  • 小型無人機
  • 新型コロナウイルス
  • 新型肺炎
  • インターチェンジ
  • キャスト道路
  • キャスト部材
  • クレーン
  • スマート化
  • プレキャスト

「感染防止 空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 写真
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
5
( 1 5 件を表示)
  • 1
5
( 1 5 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年05月20日
    相次ぐ規模拡大、日本企業の中国投資意欲に陰りなし

    20日、日本電気硝子の中国法人、電気硝子(アモイ)の全景。(小型無人機から)中国で新型コロナウイルスの感染が速やかに抑制され、企業活動の再開が全面的に進むにつれ、外資系企業の生産と経営も正常化に向かいつつある。福建省アモイ市の日系企業でも感染防止の取り組みが後半戦を迎え、多くの企業が生産を全面的に再開しただけでなく、計画に基づき規模を拡大し、投資を増加させている。対中投資の意欲に陰りは見えない。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月20日
    南京市のプレキャスト道路橋建設、部材製造を再開

    20日、中建安装集団のプレキャスト部材製造基地で作業する作業員。(小型無人機から)中国の中央国有企業、中国建築集団傘下で装備製造大手の中建安装集団(江蘇省南京市)南京分公司などが施工を請け負う国道312号線の南京繞越高速道路棲霞インターチェンジから仙隠北路区間の拡張プロジェクトは、新型コロナウイルス感染拡大で中止していたSG5区間と呼ばれる高架区間の建設を、感染防止に万全を期した上で再開した。プロジェクトは、江蘇省のプレキャスト道路橋建設試行プロジェクトに指定されており、従来の道路の上に国道312号線の本線高架橋などからなる長さ約5キロの空中回廊を建設する。同社のプロジェクト部は現場での工事に先立ち、4カ月かけてスマート化、機械化された15万平方メートルのプレキャスト部材製造基地を建設した。橋台や枕梁、箱桁などの部材を基地内であらかじめまとめて製造し、施工現場に輸送してクレーンで組立・接合するため、施工用地をとらず、騒音や建設廃棄物も減らせる。工期は3割程度短縮でき、今回の橋梁主体工事も今年の完了を見込んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月20日
    南京市のプレキャスト道路橋建設、部材製造を再開

    20日、中建安装集団のプレキャスト部材製造基地。(小型無人機から)中国の中央国有企業、中国建築集団傘下で装備製造大手の中建安装集団(江蘇省南京市)南京分公司などが施工を請け負う国道312号線の南京繞越高速道路棲霞インターチェンジから仙隠北路区間の拡張プロジェクトは、新型コロナウイルス感染拡大で中止していたSG5区間と呼ばれる高架区間の建設を、感染防止に万全を期した上で再開した。プロジェクトは、江蘇省のプレキャスト道路橋建設試行プロジェクトに指定されており、従来の道路の上に国道312号線の本線高架橋などからなる長さ約5キロの空中回廊を建設する。同社のプロジェクト部は現場での工事に先立ち、4カ月かけてスマート化、機械化された15万平方メートルのプレキャスト部材製造基地を建設した。橋台や枕梁、箱桁などの部材を基地内であらかじめまとめて製造し、施工現場に輸送してクレーンで組立・接合するため、施工用地をとらず、騒音や建設廃棄物も減らせる。工期は3割程度短縮でき、今回の橋梁主体工事も今年の完了を見込んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月20日
    南京市のプレキャスト道路橋建設、部材製造を再開

    20日、中建安装集団のプレキャスト部材製造基地。(小型無人機から)中国の中央国有企業、中国建築集団傘下で装備製造大手の中建安装集団(江蘇省南京市)南京分公司などが施工を請け負う国道312号線の南京繞越高速道路棲霞インターチェンジから仙隠北路区間の拡張プロジェクトは、新型コロナウイルス感染拡大で中止していたSG5区間と呼ばれる高架区間の建設を、感染防止に万全を期した上で再開した。プロジェクトは、江蘇省のプレキャスト道路橋建設試行プロジェクトに指定されており、従来の道路の上に国道312号線の本線高架橋などからなる長さ約5キロの空中回廊を建設する。同社のプロジェクト部は現場での工事に先立ち、4カ月かけてスマート化、機械化された15万平方メートルのプレキャスト部材製造基地を建設した。橋台や枕梁、箱桁などの部材を基地内であらかじめまとめて製造し、施工現場に輸送してクレーンで組立・接合するため、施工用地をとらず、騒音や建設廃棄物も減らせる。工期は3割程度短縮でき、今回の橋梁主体工事も今年の完了を見込んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月20日
    南京市のプレキャスト道路橋建設、部材製造を再開

    20日、中建安装集団のプレキャスト部材製造基地。(小型無人機から)中国の中央国有企業、中国建築集団傘下で装備製造大手の中建安装集団(江蘇省南京市)南京分公司などが施工を請け負う国道312号線の南京繞越高速道路棲霞インターチェンジから仙隠北路区間の拡張プロジェクトは、新型コロナウイルス感染拡大で中止していたSG5区間と呼ばれる高架区間の建設を、感染防止に万全を期した上で再開した。プロジェクトは、江蘇省のプレキャスト道路橋建設試行プロジェクトに指定されており、従来の道路の上に国道312号線の本線高架橋などからなる長さ約5キロの空中回廊を建設する。同社のプロジェクト部は現場での工事に先立ち、4カ月かけてスマート化、機械化された15万平方メートルのプレキャスト部材製造基地を建設した。橋台や枕梁、箱桁などの部材を基地内であらかじめまとめて製造し、施工現場に輸送してクレーンで組立・接合するため、施工用地をとらず、騒音や建設廃棄物も減らせる。工期は3割程度短縮でき、今回の橋梁主体工事も今年の完了を見込んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1