KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国
  • 本社
  • 小型
  • 記者
  • 令和
  • 平成
  • ドローン
  • ヘリ
  • 風景
  • 景観

「空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
並び順
  • 新しい順
8,450
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
8,450
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年07月25日
    (5)同済航天城医院が完成湖北省武漢市

    21日、空から見た武漢同済航天城医院の感染症病棟。(小型無人機から)中国の請負工事企業、中建三局工程総承包が建設を請け負った湖北省武漢市の武漢同済航天城医院が21日、完成した。中国で最高レベルに属する「三級甲等医院」で、感染症病床200床と一般病床800床を有する。普段は三級甲等の総合病院として運営されるが、公衆衛生上の問題が発生した場合は、1千床の病床を有する専門病院として使用される。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072506999

  • 2021年07月25日
    (1)康巴高原植物園が開園四川省カンゼ・チベット族自治州

    23日、開園した康巴高原植物園。(小型無人機から)中国四川省カンゼ・チベット族自治州道孚県の康巴高原植物園が23日、開園した。同自治州の郷土植物の保護や品種導入、栽培、普及を中心に、県内の民家建築や庭園、植物などの地域文化要素を集め、科学の研究・普及、文化体験、レジャー観光を融合させた施設となっている。(道孚=新華社記者/劉夢琪)= 配信日: 2021(令和3)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072507003

  • 2021年07月25日
    (7)同済航天城医院が完成湖北省武漢市

    21日、武漢同済航天城医院の感染症病棟。(小型無人機から)中国の請負工事企業、中建三局工程総承包が建設を請け負った湖北省武漢市の武漢同済航天城医院が21日、完成した。中国で最高レベルに属する「三級甲等医院」で、感染症病床200床と一般病床800床を有する。普段は三級甲等の総合病院として運営されるが、公衆衛生上の問題が発生した場合は、1千床の病床を有する専門病院として使用される。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072506981

  • 2021年07月25日
    (4)同済航天城医院が完成湖北省武漢市

    21日、空から見た武漢同済航天城医院。(小型無人機から)中国の請負工事企業、中建三局工程総承包が建設を請け負った湖北省武漢市の武漢同済航天城医院が21日、完成した。中国で最高レベルに属する「三級甲等医院」で、感染症病床200床と一般病床800床を有する。普段は三級甲等の総合病院として運営されるが、公衆衛生上の問題が発生した場合は、1千床の病床を有する専門病院として使用される。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072506975

  • 2021年07月25日
    (9)同済航天城医院が完成湖北省武漢市

    21日、空から見た武漢同済航天城医院。(小型無人機から)中国の請負工事企業、中建三局工程総承包が建設を請け負った湖北省武漢市の武漢同済航天城医院が21日、完成した。中国で最高レベルに属する「三級甲等医院」で、感染症病床200床と一般病床800床を有する。普段は三級甲等の総合病院として運営されるが、公衆衛生上の問題が発生した場合は、1千床の病床を有する専門病院として使用される。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072506996

  • 2021年07月25日
    (1)同済航天城医院が完成湖北省武漢市

    21日、空から見た武漢同済航天城医院。(小型無人機から)中国の請負工事企業、中建三局工程総承包が建設を請け負った湖北省武漢市の武漢同済航天城医院が21日、完成した。中国で最高レベルに属する「三級甲等医院」で、感染症病床200床と一般病床800床を有する。普段は三級甲等の総合病院として運営されるが、公衆衛生上の問題が発生した場合は、1千床の病床を有する専門病院として使用される。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072606599

  • 2021年07月25日
    (6)同済航天城医院が完成湖北省武漢市

    21日、武漢同済航天城医院の一角。(小型無人機から)中国の請負工事企業、中建三局工程総承包が建設を請け負った湖北省武漢市の武漢同済航天城医院が21日、完成した。中国で最高レベルに属する「三級甲等医院」で、感染症病床200床と一般病床800床を有する。普段は三級甲等の総合病院として運営されるが、公衆衛生上の問題が発生した場合は、1千床の病床を有する専門病院として使用される。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072506991

  • 2021年07月23日
    (3)農業専門家が水田で技術支援貴州省麻江県

    19日、貴州省麻江県壩芒プイ族郷楽坪村を学生と共に訪れ、水田管理の指導を行う南京農業大学農学院の専門家。(小型無人機から)水稲栽培において重要な時期となる夏を迎え、中国の南京農業大学と貴州省農業科学院水稲研究所の専門家がこのほど、貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州麻江県の田んぼを訪れた。専門家は稲の生育状況を分析し、病虫害予防や水田管理について技術指導や研修を実施。秋の豊作に向け技術的な支援を提供した。(貴州=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072403209

  • 2021年07月22日
    (2)地盤沈下地域の太陽光発電所、クリーンな電力を供給安徽省

    13日、空から見た水上フロート式太陽光発電所。(小型無人機から)中国安徽省宿州市埇橋(ようきょう)区朱仙荘には、石炭採掘による地盤沈下で生まれた水域が広がっている。太陽光発電企業の中節能太陽能科技が現地で開発・建設した水上フロート式太陽光発電所は、2018年9月30日に電力系統に接続し、フル稼働で発電を開始した。同発電所の設備容量は70メガワットで、21年6月30日までの累計発電量は2億2600万キロワット時に達している。25年の設計寿命によれば、合計で炭素粉じんの排出量44万トン、二酸化炭素(CO2)の排出量162万トンを削減できるとされており、クリーンな電力を供給しながら、採炭により地盤沈下した地域の総合的な環境整備を実現している。(宿州=新華社記者/曹力)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072204585

  • 2021年07月22日
    (6)春塩の収穫、大詰め迎える河北省唐山市

    19日、長蘆大清河塩場で、機械を使って作業をする従業員。(小型無人機から)中国河北省唐山市海港経済開発区の長蘆大清河塩場ではこのところ、海水から作られる「春塩」の収穫が最終段階に入っており、従業員が機械や作業車での収穫作業に追われている。(唐山=新華社配信/李磊)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302914

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月22日
    (6)浙江省、台風6号に厳重警戒緊急対応3級を発動

    21日、浙江省舟山市定海区で早稲を急いで収穫する農業機械協同組合の職員。(小型無人機から)中国浙江省は22日、台風6号「インファ」の沿海部接近に伴い、台風防止緊急対応3級(4段階の上から2番目)を発動し、省内の多くの地域で防災・減災対策が積極的に行われている。(杭州=新華社配信/姚峰)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302973

  • 2021年07月22日
    (5)春塩の収穫、大詰め迎える河北省唐山市

    19日、長蘆大清河塩場で、塩田を走る作業車。(小型無人機から)中国河北省唐山市海港経済開発区の長蘆大清河塩場ではこのところ、海水から作られる「春塩」の収穫が最終段階に入っており、従業員が機械や作業車での収穫作業に追われている。(唐山=新華社配信/李磊)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302966

  • 2021年07月22日
    (3)春塩の収穫、大詰め迎える河北省唐山市

    19日、長蘆大清河塩場で、機械を使って収穫した塩を積み上げる従業員。(小型無人機から)中国河北省唐山市海港経済開発区の長蘆大清河塩場ではこのところ、海水から作られる「春塩」の収穫が最終段階に入っており、従業員が機械や作業車での収穫作業に追われている。(唐山=新華社配信/李磊)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302910

  • 2021年07月22日
    (4)春塩の収穫、大詰め迎える河北省唐山市

    19日、長蘆大清河塩場で、収穫した塩をトラックに積み込むショベルカー。(小型無人機から)中国河北省唐山市海港経済開発区の長蘆大清河塩場ではこのところ、海水から作られる「春塩」の収穫が最終段階に入っており、従業員が機械や作業車での収穫作業に追われている。(唐山=新華社配信/李磊)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302912

  • 2021年07月20日
    (2)地元の人々を豊かにする「子ども服の都」浙江省湖州市

    13日、空から見た織里中国童装城。(小型無人機から)中国浙江省湖州市呉興区の織里鎮は「子ども服の都」として知られる。子ども服のデザイン、加工、販売、生地・副材料の供給および物流倉庫などの産業チェーンを持ち、鎮内には現在、子ども服メーカーが1万4千社、電子商取引(EC)企業が8千社余りある。同鎮の子ども服メーカーは近年、安徽、江蘇、江西、河南などの省で子ども服メーカーを指導、援助、設立するといった方式を採用、各地の子ども服業界に携わる人々に増収をもたらしている。(湖州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072003282

  • 2021年07月20日
    (1)地元の人々を豊かにする「子ども服の都」浙江省湖州市

    13日、空から見た織里中国童装城。(小型無人機から)中国浙江省湖州市呉興区の織里鎮は「子ども服の都」として知られる。子ども服のデザイン、加工、販売、生地・副材料の供給および物流倉庫などの産業チェーンを持ち、鎮内には現在、子ども服メーカーが1万4千社、電子商取引(EC)企業が8千社余りある。同鎮の子ども服メーカーは近年、安徽、江蘇、江西、河南などの省で子ども服メーカーを指導、援助、設立するといった方式を採用、各地の子ども服業界に携わる人々に増収をもたらしている。(湖州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072003286

  • 2021年07月20日
    (2)ハスの葉の収穫に精出す農家江蘇省宿遷市

    14日、洪沢湖でハスの葉を収穫する宿遷市泗洪県半城鎮穆墩島(ぼくとんとう)村の村民。(小型無人機から)中国江蘇省宿遷市泗洪(しこう)県は2020年下半期(7~12月)、洪沢湖の生態系修復のために、同湖で漁業や養殖業に従事している漁師の転職を促した。同県は漁師らの就業や起業を積極的に支援すると同時に、養殖場だった水域でレンコンやリンジャオ(ヒシの実)、オニバスの実などを栽培している。村には合作社(協同組合)が結成され、元漁師の村民が水生経済作物の管理、収穫、加工販売を行っている。漁業をやめ、作物を栽培することで、洪沢湖の生態環境が改善するとともに、村民の増収にもつながっている。(宿遷=新華社配信/許昌亮)= 配信日: 2021(令和3)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072101879

  • 2021年07月19日
    (5)暑さに負けず農作業、太子参が収穫期に貴州省

    13日、貴州省銅仁市玉屏トン族自治県朱家場鎮謝橋村の太子参栽培基地で、太子参を収穫する農家の人。(小型無人機から)中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県朱家場鎮謝橋村では、中医薬材料となる太子参(たいしじん)が収穫期を迎えている。折しも1年で最も暑い時期とされる「三伏」に当たるが、村民は暑さに負けず収穫や仕分け作業に精を出している。同県はここ数年、栽培構造を調整し、森林を活用した林下栽培や間作などに全力で取り組んでいる。企業、農村集団、合作社(協同組合)、農家を一体化した運営モデルで、太子参4400ムー(約293ヘクタール)以上を栽培した。(玉屏=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072002073

  • 2021年07月19日
    (1)暑さに負けず農作業、太子参が収穫期に貴州省

    13日、貴州省銅仁市玉屏トン族自治県朱家場鎮謝橋村に広がる太子参の栽培基地。(小型無人機から)中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県朱家場鎮謝橋村では、中医薬材料となる太子参(たいしじん)が収穫期を迎えている。折しも1年で最も暑い時期とされる「三伏」に当たるが、村民は暑さに負けず収穫や仕分け作業に精を出している。同県はここ数年、栽培構造を調整し、森林を活用した林下栽培や間作などに全力で取り組んでいる。企業、農村集団、合作社(協同組合)、農家を一体化した運営モデルで、太子参4400ムー(約293ヘクタール)以上を栽培した。(玉屏=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072002068

  • 2021年07月19日
    (2)暑さに負けず農作業、太子参が収穫期に貴州省

    13日、貴州省銅仁市玉屏トン族自治県朱家場鎮謝橋村の太子参栽培基地で、太子参を収穫する農家の人。(小型無人機から)中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県朱家場鎮謝橋村では、中医薬材料となる太子参(たいしじん)が収穫期を迎えている。折しも1年で最も暑い時期とされる「三伏」に当たるが、村民は暑さに負けず収穫や仕分け作業に精を出している。同県はここ数年、栽培構造を調整し、森林を活用した林下栽培や間作などに全力で取り組んでいる。企業、農村集団、合作社(協同組合)、農家を一体化した運営モデルで、太子参4400ムー(約293ヘクタール)以上を栽培した。(玉屏=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072001944

  • 2021年07月19日
    (4)暑さに負けず農作業、太子参が収穫期に貴州省

    13日、貴州省銅仁市玉屏トン族自治県朱家場鎮謝橋村に広がる太子参の栽培基地。(小型無人機から)中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県朱家場鎮謝橋村では、中医薬材料となる太子参(たいしじん)が収穫期を迎えている。折しも1年で最も暑い時期とされる「三伏」に当たるが、村民は暑さに負けず収穫や仕分け作業に精を出している。同県はここ数年、栽培構造を調整し、森林を活用した林下栽培や間作などに全力で取り組んでいる。企業、農村集団、合作社(協同組合)、農家を一体化した運営モデルで、太子参4400ムー(約293ヘクタール)以上を栽培した。(玉屏=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072002062

  • 2021年07月19日
    (3)香港米国商会「香港は国際ビジネスセンターとして極めて重要」

    香港のビクトリア港をパレードする漁船。(7月1日撮影、小型無人機から)香港米国商会は16日、米政府が香港で事業を行う自国企業に対しいわゆる「事業リスク警告」を発したことを受け声明を発表し、香港は国際ビジネスセンターとして極めて重要な役割を持ち、依然として東西間貿易と資金流動の重要かつ活発な推進者だと表明した。(香港=新華社記者/李鋼)= 配信日: 2021(令和3)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071904510

  • 2021年07月18日
    五輪選手村の発熱外来 迫る開幕

    五輪選手村の一画に並ぶ発熱外来棟のプレハブ建物(下)。新型コロナウイルス感染が疑われた選手らはここで陽性判定が行われる=18日午後、東京・晴海(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2021071807176

  • 2021年07月18日
    (6)産業と観光の融合で農村振興を目指す貴州省金沙県

    10日、畢節市金沙県禹謨鎮で、泡木湾醤酢基地を見学する観光客。(小型無人機から)中国貴州省畢節(ひっせつ)市金沙県禹謨(うぼ)鎮は、伝統的な醤油や酢の生産が盛んで、陳酢(長時間熟成した酢)の年産量は2万トン余りに達する。長期にわたる醸造経験を持つ同鎮では、地元独特の環境資源を活用し、100種以上の中医薬材料やふすまを使って麹を作り、地元の良質なコメやトウモロコシを原料として、70以上の工程と屋外で1年以上発酵させる方法で、独特な「醤香酢」を完成させる。この酢作りの技術は2019年、貴州省級無形文化遺産リストに登録された。同鎮は今年に入り、醤油・酢産業と観光業を一体化して発展させ、「泡木湾醤酢基地」を国家3A級風景区として整備。地元住民の増収と富裕化の道を有効に切り開いて、産業と観光を融合させた農村振興の新たな道を歩み始めた。(畢節=新華社配信/韓賢普)= 配信日: 2021(令和3)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071807786

  • 2021年07月18日
    (2)石炭採掘陥没エリアに太陽光発電所を建設内モンゴル自治区

    13日、空から見た天驕緑能50万キロワット太陽光発電所。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区オルドス市エジンホロ旗ウラン・ムルン鎮の天驕緑能50万キロワット太陽光発電所は現在、建設が最終段階に入っている。同発電所は、石炭採掘陥没エリアの生態系を整備して太陽光発電所とするモデルプロジェクトで、敷地面積は約4万2千ムー(2800ヘクタール)、運用開始は年内を見込んでいる。(オルドス=新華社記者/劉磊)= 配信日: 2021(令和3)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071807830

  • 2021年07月18日
    (5)産業と観光の融合で農村振興を目指す貴州省金沙県

    10日、畢節市金沙県禹謨鎮の泡木湾醤酢基地で、酢の発酵具合を確認する従業員。(小型無人機から)中国貴州省畢節(ひっせつ)市金沙県禹謨(うぼ)鎮は、伝統的な酢の生産が盛んで、陳酢の年間生産量は2万トン余りに上る。長期にわたり酢の醸造に取り組んできた同鎮は、地元独特の環境資源を活用。100種以上の中医薬材料やふすまでこうじを作り、地元の良質なコメ、トウモロコシを原料に、70以上の工程と屋外で1年以上発酵させる方法で、独特な「醤香酢」を作り上げた。この酢作りの技法は2019年、貴州省級無形文化遺産リストに登録された。同鎮は今年に入ってから、酢産業と観光業の一体化を進め、「泡木湾醤酢基地」を国家3A級観光地として整備。地元住民の増収と富裕化の道を効果的に広げ、産業と観光を融合させた農村振興の新たな道を歩み始めた。(畢節=新華社配信/范暉)= 配信日: 2021(令和3)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071807837

  • 2021年07月18日
    (1)石炭採掘陥没エリアに太陽光発電所を建設内モンゴル自治区

    13日、天驕緑能50万キロワット太陽光発電所の一部。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区オルドス市エジンホロ旗ウラン・ムルン鎮の天驕緑能50万キロワット太陽光発電所は現在、建設が最終段階に入っている。同発電所は、石炭採掘陥没エリアの生態系を整備して太陽光発電所とするモデルプロジェクトで、敷地面積は約4万2千ムー(2800ヘクタール)、運用開始は年内を見込んでいる。(オルドス=新華社記者/劉磊)= 配信日: 2021(令和3)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071807834

  • 2021年07月18日
    (7)石炭採掘陥没エリアに太陽光発電所を建設内モンゴル自治区

    13日、空から見た天驕緑能50万キロワット太陽光発電所の一部。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区オルドス市エジンホロ旗ウラン・ムルン鎮の天驕緑能50万キロワット太陽光発電所は現在、建設が最終段階に入っている。同発電所は、石炭採掘陥没エリアの生態系を整備して太陽光発電所とするモデルプロジェクトで、敷地面積は約4万2千ムー(2800ヘクタール)、運用開始は年内を見込んでいる。(オルドス=新華社記者/劉磊)= 配信日: 2021(令和3)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071807838

  • 2021年07月17日
    (3)夏風になびく稲穂、早稲の刈り取り始まる浙江省楽清市

    14日、楽清市の田んぼで、早稲を収穫をするコンバイン。(小型無人機から)真夏を迎えた中国浙江省楽清市でこのほど、早稲(わせ)の刈り取り作業が始まった。黄金色の稲穂が輝く田んぼでは、農作業にいそしむ農家の人たちの姿が見られた。(楽清=新華社配信/蔡寛元)= 配信日: 2021(令和3)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071803427

  • 2021年07月17日
    (2)夏風になびく稲穂、早稲の刈り取り始まる浙江省楽清市

    14日、楽清市の田んぼで、収穫した早稲の籾(もみ)をトラックの荷台へ移す農家の人。(小型無人機から)真夏を迎えた中国浙江省楽清市でこのほど、早稲(わせ)の刈り取り作業が始まった。黄金色の稲穂が輝く田んぼでは、農作業にいそしむ農家の人たちの姿が見られた。(楽清=新華社配信/蔡寛元)= 配信日: 2021(令和3)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071805687

  • 2021年07月16日
    (11)朝日に輝く緑豊かな段々畑寧夏回族自治区

    13日、寧夏回族自治区固原市彭陽県の青雲湾段々畑公園。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区固原市彭陽県は六盤山の東麓に位置し、100万ムー(約6万7千ヘクタール)近くの段々畑で乾地農業が行われている。日の出の時間にはことの外美しい田園風景が広がる。同県は設立当初から30年以上かけて土壌改良や治水、植樹造林に取り組み、斜面を活用した農地の造成、開墾・放牧・伐採を禁止して森林を育てる「封山育林」などさまざまな措置を実施。森林率を県設立時の3%から30・6%に引き上げた。(固原=新華社記者/唐如峰)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071707514

  • 2021年07月16日
    (10)朝日に輝く緑豊かな段々畑寧夏回族自治区

    14日、寧夏回族自治区固原市彭陽県の青雲湾段々畑公園。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区固原市彭陽県は六盤山の東麓に位置し、100万ムー(約6万7千ヘクタール)近くの段々畑で乾地農業が行われている。日の出の時間にはことのほか美しい田園風景が広がる。同県は設立当初から30年以上かけて土壌改良や治水、植樹造林に取り組み、斜面を活用した農地の造成、新規開墾・放牧・伐採を禁止して森林を育てる「封山育林」などさまざまな措置を実施。森林率を県設立時の3%から30・6%に引き上げた。(固原=新華社記者/唐如峰)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705425

  • 2021年07月16日
    (8)朝日に輝く緑豊かな段々畑寧夏回族自治区

    13日、寧夏回族自治区固原市彭陽県の青雲湾段々畑公園。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区固原市彭陽県は六盤山の東麓に位置し、100万ムー(約6万7千ヘクタール)近くの段々畑で乾地農業が行われている。日の出の時間にはことのほか美しい田園風景が広がる。同県は設立当初から30年以上かけて土壌改良や治水、植樹造林に取り組み、斜面を活用した農地の造成、新規開墾・放牧・伐採を禁止して森林を育てる「封山育林」などさまざまな措置を実施。森林率を県設立時の3%から30・6%に引き上げた。(固原=新華社記者/唐如峰)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705440

  • 2021年07月16日
    (3)朝日に輝く緑豊かな段々畑寧夏回族自治区

    13日、寧夏回族自治区固原市彭陽県の青雲湾段々畑公園。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区固原市彭陽県は六盤山の東麓に位置し、100万ムー(約6万7千ヘクタール)近くの段々畑で乾地農業が行われている。日の出の時間にはことのほか美しい田園風景が広がる。同県は設立当初から30年以上かけて土壌改良や治水、植樹造林に取り組み、斜面を活用した農地の造成、新規開墾・放牧・伐採を禁止して森林を育てる「封山育林」などさまざまな措置を実施。森林率を県設立時の3%から30・6%に引き上げた。(固原=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705395

  • 2021年07月16日
    (1)朝日に輝く緑豊かな段々畑寧夏回族自治区

    13日、寧夏回族自治区固原市彭陽県の青雲湾段々畑公園。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区固原市彭陽県は六盤山の東麓に位置し、100万ムー(約6万7千ヘクタール)近くの段々畑で乾地農業が行われている。日の出の時間にはことのほか美しい田園風景が広がる。同県は設立当初から30年以上かけて土壌改良や治水、植樹造林に取り組み、斜面を活用した農地の造成、新規開墾・放牧・伐採を禁止して森林を育てる「封山育林」などさまざまな措置を実施。森林率を県設立時の3%から30・6%に引き上げた。(固原=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705398

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (2)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6日、句容市天王鎮戴荘村に広がる農地。(小型無人機から)中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、鎮江農業科学研究所の所長だった趙さんは、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けるため日本に赴き、滞在期間中に余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705507

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (13)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6月、句容市天王鎮戴荘村の家族経営の農場で、果樹の生育状況を確認する趙亜夫さん(中央)。(小型無人機から)中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、趙さんは鎮江農業科学研究所の所長として日本に赴き、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けた。滞在期間中には余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705443

  • 2021年07月16日
    (9)朝日に輝く緑豊かな段々畑寧夏回族自治区

    14日、寧夏回族自治区固原市彭陽県の段々畑。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区固原市彭陽県は六盤山の東麓に位置し、100万ムー(約6万7千ヘクタール)近くの段々畑で乾地農業が行われている。日の出の時間にはことのほか美しい田園風景が広がる。同県は設立当初から30年以上かけて土壌改良や治水、植樹造林に取り組み、斜面を活用した農地の造成、新規開墾・放牧・伐採を禁止して森林を育てる「封山育林」などさまざまな措置を実施。森林率を県設立時の3%から30・6%に引き上げた。(固原=新華社記者/唐如峰)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705424

  • 2021年07月16日
    (12)出荷期迎えた高原夏野菜甘粛省定西市

    13日、安定区高峰郷牌坊村の段々畑で栽培される高原夏野菜。(小型無人機から)中国甘粛省定西市安定区は標高が2千メートルを超える。夏の収穫期に入った現在、同区の畑ではキャベツやセロリなどの高原夏野菜が青々と育ち、収穫を待っている。生産地を一望すると、段々畑のうねの連なりが五線譜を描いているように見える。安定区では現在、20種類以上の高原夏野菜を栽培しており、主に広東省や福建省、上海市など、2千キロ以上離れた南東部沿岸地域の市場に販売している。生態環境の改善に加え、人々の収益にもつながることから、地元住民を収入増と豊かさへ導く重要産業の一つとなっている。(定西=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071707517

  • 2021年07月16日
    (5)朝日に輝く緑豊かな段々畑寧夏回族自治区

    13日、寧夏回族自治区固原市彭陽県の青雲湾段々畑公園。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区固原市彭陽県は六盤山の東麓に位置し、100万ムー(約6万7千ヘクタール)近くの段々畑で乾地農業が行われている。日の出の時間にはことのほか美しい田園風景が広がる。同県は設立当初から30年以上かけて土壌改良や治水、植樹造林に取り組み、斜面を活用した農地の造成、新規開墾・放牧・伐採を禁止して森林を育てる「封山育林」などさまざまな措置を実施。森林率を県設立時の3%から30・6%に引き上げた。(固原=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705405

  • 2021年07月16日
    (2)朝日に輝く緑豊かな段々畑寧夏回族自治区

    14日、寧夏回族自治区固原市彭陽県の段々畑。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区固原市彭陽県は六盤山の東麓に位置し、100万ムー(約6万7千ヘクタール)近くの段々畑で乾地農業が行われている。日の出の時間にはことのほか美しい田園風景が広がる。同県は設立当初から30年以上かけて土壌改良や治水、植樹造林に取り組み、斜面を活用した農地の造成、新規開墾・放牧・伐採を禁止して森林を育てる「封山育林」などさまざまな措置を実施。森林率を県設立時の3%から30・6%に引き上げた。(固原=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705410

  • 2021年07月16日
    (8)出荷期迎えた高原夏野菜甘粛省定西市

    13日、安定区高峰郷牌坊村の段々畑で栽培される高原夏野菜。(小型無人機から)中国甘粛省定西市安定区は標高が2千メートルを超える。夏の収穫期に入った現在、同区の畑ではキャベツやセロリなどの高原夏野菜が青々と育ち、収穫を待っている。生産地を一望すると、段々畑のうねの連なりが五線譜を描いているように見える。安定区では現在、20種類以上の高原夏野菜を栽培しており、主に広東省や福建省、上海市など、2千キロ以上離れた南東部沿岸地域の市場に販売している。生態環境の改善に加え、人々の収益にもつながることから、地元住民を収入増と豊かさへ導く重要産業の一つとなっている。(定西=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705465

  • 2021年07月16日
    (7)朝日に輝く緑豊かな段々畑寧夏回族自治区

    14日、寧夏回族自治区固原市彭陽県の青雲湾段々畑公園。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区固原市彭陽県は六盤山の東麓に位置し、100万ムー(約6万7千ヘクタール)近くの段々畑で乾地農業が行われている。日の出の時間にはことのほか美しい田園風景が広がる。同県は設立当初から30年以上かけて土壌改良や治水、植樹造林に取り組み、斜面を活用した農地の造成、新規開墾・放牧・伐採を禁止して森林を育てる「封山育林」などさまざまな措置を実施。森林率を県設立時の3%から30・6%に引き上げた。(固原=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705407

  • 2021年07月16日
    スリランカ・ハンバントタ港、上半期の貨物取扱量2・8倍

    スリランカのハンバントタ港。(5月6日撮影、小型無人機から)中国とスリランカが共同で運営するハンバントタ国際港湾グループ(HIPG)はこのほど、ハンバントタ港の上半期の貨物取扱量が前年同期の2・8倍以上になったとする速報値を発表した。同港は、新型コロナウイルスの影響を受けつつも、取扱量の大幅増を実現した。(コロンボ=新華社配信/劉鴻儒)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071607155

  • 2021年07月16日
    (4)朝日に輝く緑豊かな段々畑寧夏回族自治区

    13日、寧夏回族自治区固原市彭陽県の青雲湾段々畑公園。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区固原市彭陽県は六盤山の東麓に位置し、100万ムー(約6万7千ヘクタール)近くの段々畑で乾地農業が行われている。日の出の時間にはことのほか美しい田園風景が広がる。同県は設立当初から30年以上かけて土壌改良や治水、植樹造林に取り組み、斜面を活用した農地の造成、新規開墾・放牧・伐採を禁止して森林を育てる「封山育林」などさまざまな措置を実施。森林率を県設立時の3%から30・6%に引き上げた。(固原=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705397

  • 2021年07月16日
    (6)朝日に輝く緑豊かな段々畑寧夏回族自治区

    14日、寧夏回族自治区固原市彭陽県の青雲湾段々畑公園。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区固原市彭陽県は六盤山の東麓に位置し、100万ムー(約6万7千ヘクタール)近くの段々畑で乾地農業が行われている。日の出の時間にはことのほか美しい田園風景が広がる。同県は設立当初から30年以上かけて土壌改良や治水、植樹造林に取り組み、斜面を活用した農地の造成、新規開墾・放牧・伐採を禁止して森林を育てる「封山育林」などさまざまな措置を実施。森林率を県設立時の3%から30・6%に引き上げた。(固原=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705404

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (3)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6日、句容市天王鎮戴荘村で、家族経営農場のオーナーに果樹の管理と手入れに関する知識を伝える趙亜夫さん。(小型無人機から)中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、鎮江農業科学研究所の所長だった趙さんは、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けるため日本に赴き、滞在期間中に余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705509

  • 2021年07月16日
    (5)出荷期迎えた高原夏野菜甘粛省定西市

    13日、安定区高峰郷牌坊村の段々畑で栽培される高原夏野菜。(小型無人機から)中国甘粛省定西市安定区は標高が2千メートルを超える。夏の収穫期に入った現在、同区の畑ではキャベツやセロリなどの高原夏野菜が青々と育ち、収穫を待っている。生産地を一望すると、段々畑のうねの連なりが五線譜を描いているように見える。安定区では現在、20種類以上の高原夏野菜を栽培しており、主に広東省や福建省、上海市など、2千キロ以上離れた南東部沿岸地域の市場に販売している。生態環境の改善に加え、人々の収益にもつながることから、地元住民を収入増と豊かさへ導く重要産業の一つとなっている。(定西=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705447

  • 2021年07月15日
    (1)観光客でにぎわう藤海漁村海南省三亜市

    9日、空から見た海南省三亜市海棠湾の藤海漁村。(小型無人機から)中国海南省三亜市海棠湾の藤海漁村は2018年から美しい農村の建設に力を入れ、恵まれた地理条件を生かして観光やスポーツ、文化産業を一体化し、サーフィンクラブや民宿など特色ある産業を構築してきた。何世代にもわたり漁業で成り立っていた村は現在、サーフィンやダイビング関連を始め、地元ならではの店舗を目当てに訪れる多くの観光客を引き付けている。村の発展は漁業からの転換を後押しし、村民の生活向上にもつながっている。(三亜=新華社記者/張麗蕓)= 配信日: 2021(令和3)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071605368

  • 2021年07月15日
    (4)観光客でにぎわう藤海漁村海南省三亜市

    9日、藤海漁村でサーフィンを楽しむ観光客。(小型無人機から)中国海南省三亜市海棠湾の藤海漁村は2018年から美しい農村の建設に力を入れ、恵まれた地理条件を生かして観光やスポーツ、文化産業を一体化し、サーフィンクラブや民宿など特色ある産業を構築してきた。何世代にもわたり漁業で成り立っていた村は現在、サーフィンやダイビング関連を始め、地元ならではの店舗を目当てに訪れる多くの観光客を引き付けている。村の発展は漁業からの転換を後押しし、村民の生活向上にもつながっている。(三亜=新華社記者/張麗蕓)= 配信日: 2021(令和3)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071605363

  • 2021年07月14日
    (2)かつてのバラック地区が華麗に変身重慶市南川区東街

    8日、重慶市南川区東街を散策する観光客。(小型無人機から)中国重慶市南川区東街はかつて区の中心だったが、都市の発展と拡大に伴い、次第に古い建物がひしめき合うバラック地区となっていった。同区は2019年3月、東街保護開発計画に着手、街が元々持っていた雰囲気を残しつつ、「青年の記憶の町」を基調とした文化観光総合体験プロジェクトを推進した。東街は2021年1月に正式にオープンし、市民や観光客で賑わう人気スポットとなっている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071502739

  • 2021年07月13日
    (4)夏本番、ハスの花托の収穫に追われる農家湖南省湘潭市

    11日、湘潭市雨湖区姜畬鎮聯映村のハス池で、ハスの花托を収穫する農家の人。(小型無人機から)真夏を迎えた中国湖南省湘潭市雨湖(うこ)区姜畬鎮の聯映村にあるハス池では、ハスの花托(かたく)が成熟し、地元農家の人たちが摘み取り作業に追われている。同村はここ数年、「ハスの実経済」の発展を推進。農村振興を後押しする特色ある産業で豊かさへの道を切り開き、村民の増収を促している。(湘潭=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071308733

  • 2021年07月13日
    (4)山東省青島市近海でスジアオノリが大量繁殖

    6日、海上で防御ネットを使ってスジアオノリを回収する船。(小型無人機から)中国山東省青島市の近海でこのところ、スジアオノリが大量繁殖している。同市のスジアオノリによる被害は15年連続だが、今年は過去最大規模となった。青島市は、ノリの動的分布状況に基づき、タイムリーに海上での防御力を調整し、被害を最低限に抑えるよう取り組んでいる。(青島=新華社記者/王凱)= 配信日: 2021(令和3)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071306704

  • 2021年07月13日
    (1)山東省青島市近海でスジアオノリが大量繁殖

    6日、海上で防御ネットを使ってスジアオノリを回収する船。(小型無人機から)中国山東省青島市の近海でこのところ、スジアオノリが大量繁殖している。同市のスジアオノリによる被害は15年連続だが、今年は過去最大規模となった。青島市は、ノリの動的分布状況に基づき、タイムリーに海上での防御力を調整し、被害を最低限に抑えるよう取り組んでいる。(青島=新華社記者/王凱)= 配信日: 2021(令和3)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071306508

  • 2021年07月12日
    (2)ナツメの促成栽培で新たな増収の道を開拓河北省黄驊市

    4日、黄驊市滕荘子郷朱里口村にあるナツメ園の農業用ハウスで、作業する農家の人たち。(小型無人機から)ナツメの栽培が盛んな中国河北省黄驊(こうか)市は、「中国のナツメの里」と呼ばれている。同市滕荘子郷朱里口村の農家、劉建敏(りゅう・けんびん)さん(53)は、2015年に村の農家と共に合作社(協同組合)を設立し、ナツメ栽培を推進。18年からはハウス栽培に取り組み、栽培技術者から指導を受けるなどして努力を重ねた結果、ハウス栽培に適した管理方法を編み出すことに成功した。現在、合作社の敷地面積は140ムー(約9・3ヘクタール)で、農業用ハウス26棟で栽培しているナツメの木には、たくさんの実がついている。同市はナツメのハウス栽培面積が300ムー(20ヘクタール)余りに達し、ナツメの早期収穫を実現。農家の増収への道を広げている。(滄州=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071301804

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月10日
    (6)現代農業生態園が農村振興を後押し浙江省東陽市

    7日、花園村現代農業生態園で観光客を乗せて走るバス。(小型無人機から)中国浙江省東陽市南馬鎮花園村にある現代農業生態園は、同省の農村総合改革集積モデル区建設の試行地区で、レジャー・保養、花見・娯楽、文化・祝賀行事、収穫体験、研究・科学普及を一体化したアグリツーリズムモデルパークとなっている。計画敷地面積は3千ムー(200ヘクタール)、第1期工事ですでに1300ムー(約86・7ヘクタール)が完成している。園内には自動制御システムを備えたガラス温室や連棟型鉄骨ハウスが設置され、スマート管理や水耕栽培などの先進技術を応用した効率的な青果栽培が行われている。花園村の2020年の営業収入は610億元(1元=約17円)、村民1人当たりの平均年収は14万2千元に達した。同村を訪れた観光客は延べ370万人だった。(東陽=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071002806

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月10日
    (4)現代農業生態園が農村振興を後押し浙江省東陽市

    7日、空から見た花園村現代農業生態園。(小型無人機から)中国浙江省東陽市南馬鎮花園村にある現代農業生態園は、同省の農村総合改革集積モデル区建設の試行地区で、レジャー・保養、花見・娯楽、文化・祝賀行事、収穫体験、研究・科学普及を一体化したアグリツーリズムモデルパークとなっている。計画敷地面積は3千ムー(200ヘクタール)、第1期工事ですでに1300ムー(約86・7ヘクタール)が完成している。園内には自動制御システムを備えたガラス温室や連棟型鉄骨ハウスが設置され、スマート管理や水耕栽培などの先進技術を応用した効率的な青果栽培が行われている。花園村の2020年の営業収入は610億元(1元=約17円)、村民1人当たりの平均年収は14万2千元に達した。同村を訪れた観光客は延べ370万人だった。(東陽=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071002787

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月10日
    (5)現代農業生態園が農村振興を後押し浙江省東陽市

    7日、空から見た花園村現代農業生態園。(小型無人機から)中国浙江省東陽市南馬鎮花園村にある現代農業生態園は、同省の農村総合改革集積モデル区建設の試行地区で、レジャー・保養、花見・娯楽、文化・祝賀行事、収穫体験、研究・科学普及を一体化したアグリツーリズムモデルパークとなっている。計画敷地面積は3千ムー(200ヘクタール)、第1期工事ですでに1300ムー(約86・7ヘクタール)が完成している。園内には自動制御システムを備えたガラス温室や連棟型鉄骨ハウスが設置され、スマート管理や水耕栽培などの先進技術を応用した効率的な青果栽培が行われている。花園村の2020年の営業収入は610億元(1元=約17円)、村民1人当たりの平均年収は14万2千元に達した。同村を訪れた観光客は延べ370万人だった。(東陽=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071002741

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月10日
    (1)現代農業生態園が農村振興を後押し浙江省東陽市

    7日、空から見た花園村現代農業生態園。(小型無人機から)中国浙江省東陽市南馬鎮花園村にある現代農業生態園は、同省の農村総合改革集積モデル区建設の試行地区で、レジャー・保養、花見・娯楽、文化・祝賀行事、収穫体験、研究・科学普及を一体化したアグリツーリズムモデルパークとなっている。計画敷地面積は3千ムー(200ヘクタール)、第1期工事ですでに1300ムー(約86・7ヘクタール)が完成している。園内には自動制御システムを備えたガラス温室や連棟型鉄骨ハウスが設置され、スマート管理や水耕栽培などの先進技術を応用した効率的な青果栽培が行われている。花園村の2020年の営業収入は610億元(1元=約17円)、村民1人当たりの平均年収は14万2千元に達した。同村を訪れた観光客は延べ370万人だった。(東陽=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071002795

  • 2021年07月08日
    (3)「小暑」迎え農作業が繁忙期に湖南省瀏陽市

    7日、瀏陽市竜伏鎮で刈り取り機で早稲を収穫する農家の人。(小型無人機から)中国湖南省瀏陽(りゅうよう)市竜伏(りゅうふく)鎮では二十四節気の小暑を迎えた7日、地元の農家が早稲(わせ)の刈り取りや晩稲(おくて)の田植えに精を出す姿が見られた。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(令和3)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070902319

  • 2021年07月08日
    (5)「小暑」迎え農作業が繁忙期に湖南省瀏陽市

    7日、瀏陽市竜伏鎮で刈り取り機で早稲を収穫する農家の人。(小型無人機から)中国湖南省瀏陽(りゅうよう)市竜伏(りゅうふく)鎮では二十四節気の小暑を迎えた7日、地元の農家が早稲(わせ)の刈り取りや晩稲(おくて)の田植えに精を出す姿が見られた。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(令和3)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070902326

  • 2021年07月08日
    (7)「小暑」迎え農作業が繁忙期に湖南省瀏陽市

    7日、瀏陽市竜伏鎮で刈り取り機で早稲を収穫する農家の人。(小型無人機から)中国湖南省瀏陽(りゅうよう)市竜伏(りゅうふく)鎮では二十四節気の小暑を迎えた7日、地元の農家が早稲(わせ)の刈り取りや晩稲(おくて)の田植えに精を出す姿が見られた。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(令和3)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070902327

  • 2021年07月07日
    (6)漁業と観光の融合で漁村振興を後押し福建省霞浦県

    1日、霞浦県渓南鎮七星海域の深水ケージ養殖エリアに並ぶ民宿。(小型無人機から)中国福建省寧徳市霞浦(かほ)県は近年、海洋養殖施設の総合的整備の推進、海洋経済のモデル転換・高度化の促進、海洋環境の継続的な最適化により、地域全体を観光地として発展させる「全域観光」と海洋養殖という二つ「富民産業」の発展に尽力。漁業と観光の融合的な発展を目的とした新たなモデルを模索している。また、沿海部の観光や海、湖などの水辺での撮影、民宿といった文化観光業態の発展を図り、住民が地元資源を利用して経済の発展を促進できるよう支援している。(福州=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070709577

  • 2021年07月07日
    (3)ハスの花托の収穫本格化浙江省温嶺市

    6日、ハス池で花托を収穫する農家の人。(小型無人機から)中国浙江省温嶺市石橋頭鎮土坦新村では、100ムー(約6・67ヘクタール)にわたり栽培されている食用のハスの花托が収穫期を迎えている。(温嶺=新華社配信/徐偉傑)= 配信日: 2021(令和3)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070710747

  • 2021年07月06日
    (3)洪水対策に取り組む大藤峡ダム広西チワン族自治区

    2日、建設中の大藤峡水利中枢プロジェクト。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区桂平市の大藤峡水利中枢プロジェクトは、西江流域の黔江区間にあり、珠江流域の重要な制御性水利中枢となっている。このところ、上流の降水量増加の影響で黔江の水位が上昇しており、同プロジェクトではさまざまな措置を講じて水害対策を強化し、安全上のリスクを取り除くことで、増水期の順調な工事を確保している。(桂平=新華社記者/曹禕銘)= 配信日: 2021(令和3)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070610499

  • 2021年07月06日
    (2)洪水対策に取り組む大藤峡ダム広西チワン族自治区

    2日、建設中の大藤峡水利中枢プロジェクト。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区桂平市の大藤峡水利中枢プロジェクトは、西江流域の黔江区間にあり、珠江流域の重要な制御性水利中枢となっている。このところ、上流の降水量増加の影響で黔江の水位が上昇しており、同プロジェクトではさまざまな措置を講じて水害対策を強化し、安全上のリスクを取り除くことで、増水期の順調な工事を確保している。(桂平=新華社記者/曹禕銘)= 配信日: 2021(令和3)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070610443

  • 2021年07月05日
    (5)白雲湖、生態優先で戻った美しい景観山東省済南市

    3日、白雲湖街道蘇碼村のハス池。(小型無人機から)中国山東省済南市章丘区白雲湖街道はここ数年、白雲湖国家湿地公園の建設を通じ、養殖場を湿地に戻すプロジェクトを実施している。すでに漁場1544カ所を整理し、1万6千ムー(約1067ヘクタール)を回収した。湖水エリアの生態が回復するに伴い、同街道は親水観光遊覧エリア、荷香美食民泊エリア、水郷工芸品展示販売エリア、特色農産物収穫体験エリアの四大モデルエリアの建設も指導。村の収入増と人々豊かさを実現している。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070503459

  • 2021年07月05日
    (1)シュリンプペーストの製造現場を訪ねて河北省唐山市

    2日、唐山市曹妃甸区のシュリンプペースト製造企業で天日干し・発酵作業を行う従業員ら。(小型無人機から)中国河北省唐山市曹妃甸(そうひでん)区ではこのところ、シュリンプペースト作りが発酵の重要な段階に入り、製造企業は乾燥や発酵の管理を強化している。同区はここ数年、海産物の漁獲や養殖を発展させ、漁業の産業チェーンを絶えず延伸することで、地元海産物の付加価値を高める加工技術の発展を支援し、漁民の収入増を後押ししている。(唐山=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070600268

  • 2021年07月05日
    (10)白雲湖、生態優先で戻った美しい景観山東省済南市

    3日、済南市章丘区の白雲湖国家湿地公園。(小型無人機から)中国山東省済南市章丘区白雲湖街道はここ数年、白雲湖国家湿地公園の建設を通じ、養殖場を湿地に戻すプロジェクトを実施している。すでに漁場1544カ所を整理し、1万6千ムー(約1067ヘクタール)を回収した。湖水エリアの生態が回復するに伴い、同街道は親水観光遊覧エリア、荷香美食民泊エリア、水郷工芸品展示販売エリア、特色農産物収穫体験エリアの四大モデルエリアの建設も指導。村の収入増と人々豊かさを実現している。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070503267

  • 2021年07月05日
    (2)シュリンプペーストの製造現場を訪ねて河北省唐山市

    2日、唐山市曹妃甸区にあるシュリンプペースト製造企業の天日干し・発酵場。(小型無人機から)中国河北省唐山市曹妃甸(そうひでん)区ではこのところ、シュリンプペースト作りが発酵の重要な段階に入り、製造企業は乾燥や発酵の管理を強化している。同区はここ数年、海産物の漁獲や養殖を発展させ、漁業の産業チェーンを絶えず延伸することで、地元海産物の付加価値を高める加工技術の発展を支援し、漁民の収入増を後押ししている。(唐山=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070600205

  • 2021年07月05日
    (4)タケノコの収穫期到来広西チワン族自治区柳州市

    4日、竹林に囲まれるた柳州市太陽村鎮百楽村。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区柳州市柳南区の太陽村鎮ではこのところ、タケノコが収穫期を迎え、農家が収穫と出荷作業に追われている。同鎮はここ数年、同市の名物料理「タニシビーフン」生産企業とその原料の1次加工企業、農家合作社(協同組合)、基地、農家の五つの要素を組み合わせた運営モデルを採用し、タケノコ栽培を発展させ、タニシビーフンに添える酸筍(タケノコの漬物)の生産基地を建設した。これまでに1万ムー(約667ヘクタール)余りの竹林が整備され、生産したタケノコは地元農家の重要な収入源となっている。(柳州=新華社配信/黎寒池)= 配信日: 2021(令和3)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070513568

  • 2021年07月05日
    (3)シュリンプペーストの製造現場を訪ねて河北省唐山市

    2日、発酵状況を確認するシュリンプペースト製造企業の従業員ら。(小型無人機から)中国河北省唐山市曹妃甸(そうひでん)区ではこのところ、シュリンプペースト作りが発酵の重要な段階に入り、製造企業は乾燥や発酵の管理を強化している。同区はここ数年、海産物の漁獲や養殖を発展させ、漁業の産業チェーンを絶えず延伸することで、地元海産物の付加価値を高める加工技術の発展を支援し、漁民の収入増を後押ししている。(唐山=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070600164

  • 2021年07月05日
    (7)シュリンプペーストの製造現場を訪ねて河北省唐山市

    2日、唐山市曹妃甸区のシュリンプペースト製造企業で天日干し・発酵作業を行う従業員ら。(小型無人機から)中国河北省唐山市曹妃甸(そうひでん)区ではこのところ、シュリンプペースト作りが発酵の重要な段階に入り、製造企業は乾燥や発酵の管理を強化している。同区はここ数年、海産物の漁獲や養殖を発展させ、漁業の産業チェーンを絶えず延伸することで、地元海産物の付加価値を高める加工技術の発展を支援し、漁民の収入増を後押ししている。(唐山=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070513612

  • 2021年07月05日
    (7)白雲湖、生態優先で戻った美しい景観山東省済南市

    3日、白雲湖街道蘇碼村のハス池。(小型無人機から)中国山東省済南市章丘区白雲湖街道はここ数年、白雲湖国家湿地公園の建設を通じ、養殖場を湿地に戻すプロジェクトを実施している。すでに漁場1544カ所を整理し、1万6千ムー(約1067ヘクタール)を回収した。湖水エリアの生態が回復するに伴い、同街道は親水観光遊覧エリア、荷香美食民泊エリア、水郷工芸品展示販売エリア、特色農産物収穫体験エリアの四大モデルエリアの建設も指導。村の収入増と人々豊かさを実現している。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070503237

  • 2021年07月05日
    (6)シュリンプペーストの製造現場を訪ねて河北省唐山市

    2日、発酵状況を確認するシュリンプペースト製造企業の従業員ら。(小型無人機から)中国河北省唐山市曹妃甸(そうひでん)区ではこのところ、シュリンプペースト作りが発酵の重要な段階に入り、製造企業は乾燥や発酵の管理を強化している。同区はここ数年、海産物の漁獲や養殖を発展させ、漁業の産業チェーンを絶えず延伸することで、地元海産物の付加価値を高める加工技術の発展を支援し、漁民の収入増を後押ししている。(唐山=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070600195

  • 2021年07月05日
    (8)白雲湖、生態優先で戻った美しい景観山東省済南市

    3日、済南市章丘区の白雲湖国家湿地公園で満開となったハス。(小型無人機から)中国山東省済南市章丘区白雲湖街道はここ数年、白雲湖国家湿地公園の建設を通じ、養殖場を湿地に戻すプロジェクトを実施している。すでに漁場1544カ所を整理し、1万6千ムー(約1067ヘクタール)を回収した。湖水エリアの生態が回復するに伴い、同街道は親水観光遊覧エリア、荷香美食民泊エリア、水郷工芸品展示販売エリア、特色農産物収穫体験エリアの四大モデルエリアの建設も指導。村の収入増と人々豊かさを実現している。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070503196

  • 2021年07月04日
    (2)農業と観光の融合で収入増を後押し湖南省常寧市

    3日、常寧市勝橋鎮蒼坪村でハスの花を観賞する観光客。(小型無人機から)中国湖南省常寧市ではここ数年、長い歴史を持つハス栽培産業の強みと優れた農業基盤を生かし、生態観光農業や農村観光を積極的に発展させてきた。農業と観光を一体化した施設を多数建設し、特色ある農業とレジャー、観光、ヘルスケアなどの深い融合を推進することで、農家の収入増を後押ししている。(常寧=新華社配信/周秀魚春)= 配信日: 2021(令和3)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070503225

  • 2021年07月04日
    (4)農業と観光の融合で収入増を後押し湖南省常寧市

    3日、常寧市勝橋鎮蒼坪村のハス池で自撮りを楽しむ観光客。(小型無人機から)中国湖南省常寧市ではここ数年、長い歴史を持つハス栽培産業の強みと優れた農業基盤を生かし、生態観光農業や農村観光を積極的に発展させてきた。農業と観光を一体化した施設を多数建設し、特色ある農業とレジャー、観光、ヘルスケアなどの深い融合を推進することで、農家の収入増を後押ししている。(常寧=新華社配信/周秀魚春)= 配信日: 2021(令和3)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070503348

  • 2021年07月04日
    (3)農業と観光の融合で収入増を後押し湖南省常寧市

    3日、常寧市勝橋鎮蒼坪村でハスの花を観賞する観光客。(小型無人機から)中国湖南省常寧市ではここ数年、長い歴史を持つハス栽培産業の強みと優れた農業基盤を生かし、生態観光農業や農村観光を積極的に発展させてきた。農業と観光を一体化した施設を多数建設し、特色ある農業とレジャー、観光、ヘルスケアなどの深い融合を推進することで、農家の収入増を後押ししている。(常寧=新華社配信/周秀魚春)= 配信日: 2021(令和3)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070503359

  • 2021年07月04日
    (1)農業と観光の融合で収入増を後押し湖南省常寧市

    3日、常寧市勝橋鎮蒼坪村でハスの花を観賞する観光客。(小型無人機から)中国湖南省常寧市ではここ数年、長い歴史を持つハス栽培産業の強みと優れた農業基盤を生かし、生態観光農業や農村観光を積極的に発展させてきた。農業と観光を一体化した施設を多数建設し、特色ある農業とレジャー、観光、ヘルスケアなどの深い融合を推進することで、農家の収入増を後押ししている。(常寧=新華社配信/周秀魚春)= 配信日: 2021(令和3)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070503318

  • 2021年07月02日
    (1)風力発電の設備製造、地域経済の新たな原動力に河北省威県

    6月30日、邢台市威県に設置された風力発電用の大型ブレード。(小型無人機から)中国河北省邢台(けいだい)市威県はここ数年、風力発電設備の製造プロジェクトを誘致し、風力発電設備の製造業を中心とする現代製造業の新たな体系を積極的に構築することで、新エネルギー設備製造の産業チェーンを拡大し、地域経済の質の高い成長に新たな原動力を注ぎ込んでいる。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070209386

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月01日
    (2)江蘇省初のプレキャスト道路橋が開通

    6月30日、国道312号線南京区間の拡張プロジェクトで開通した本線高架橋を走る車。(小型無人機から)中国の国道312号線(上海市-新疆ウイグル自治区)南京区間の拡張プロジェクトで6月30日、本線の高架橋が開通した。中央国有企業、中国建築集団傘下で装備製造大手の中建安装集団などが建設を請け負った。江蘇省初のプレキャスト道路橋で、従来の道路の上に約5キロの「空中回廊」を建設した。同高架橋の開通により南京市中心部の道路網はより一層整備された。南京、鎮江、揚州の一体化を促進する「快速回廊」は、市民の外出をさらに便利にする。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070104726

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月01日
    (7)江蘇省初のプレキャスト道路橋が開通

    6月30日、国道312号線南京区間の拡張プロジェクトで開通した本線高架橋を走る車。(小型無人機から)中国の国道312号線(上海市-新疆ウイグル自治区)南京区間の拡張プロジェクトで6月30日、本線の高架橋が開通した。中央国有企業、中国建築集団傘下で装備製造大手の中建安装集団などが建設を請け負った。江蘇省初のプレキャスト道路橋で、従来の道路の上に約5キロの「空中回廊」を建設した。同高架橋の開通により南京市中心部の道路網はより一層整備された。南京、鎮江、揚州の一体化を促進する「快速回廊」は、市民の外出をさらに便利にする。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070104757

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月01日
    (8)江蘇省初のプレキャスト道路橋が開通

    6月30日、国道312号線南京区間の拡張プロジェクトで開通した本線高架橋。(小型無人機から)中国の国道312号線(上海市-新疆ウイグル自治区)南京区間の拡張プロジェクトで6月30日、本線の高架橋が開通した。中央国有企業、中国建築集団傘下で装備製造大手の中建安装集団などが建設を請け負った。江蘇省初のプレキャスト道路橋で、従来の道路の上に約5キロの「空中回廊」を建設した。同高架橋の開通により南京市中心部の道路網はより一層整備された。南京、鎮江、揚州の一体化を促進する「快速回廊」は、市民の外出をさらに便利にする。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070104758

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月01日
    (1)江蘇省初のプレキャスト道路橋が開通

    6月30日、国道312号線南京区間の拡張プロジェクトで開通した本線高架橋。(小型無人機から)中国の国道312号線(上海市-新疆ウイグル自治区)南京区間の拡張プロジェクトで6月30日、本線の高架橋が開通した。中央国有企業、中国建築集団傘下で装備製造大手の中建安装集団などが建設を請け負った。江蘇省初のプレキャスト道路橋で、従来の道路の上に約5キロの「空中回廊」を建設した。同高架橋の開通により南京市中心部の道路網はより一層整備された。南京、鎮江、揚州の一体化を促進する「快速回廊」は、市民の外出をさらに便利にする。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070104733

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月01日
    (4)江蘇省初のプレキャスト道路橋が開通

    6月30日、国道312号線南京区間の拡張プロジェクトで開通した本線高架橋。(小型無人機から)中国の国道312号線(上海市-新疆ウイグル自治区)南京区間の拡張プロジェクトで6月30日、本線の高架橋が開通した。中央国有企業、中国建築集団傘下で装備製造大手の中建安装集団などが建設を請け負った。江蘇省初のプレキャスト道路橋で、従来の道路の上に約5キロの「空中回廊」を建設した。同高架橋の開通により南京市中心部の道路網はより一層整備された。南京、鎮江、揚州の一体化を促進する「快速回廊」は、市民の外出をさらに便利にする。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070104749

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月01日
    (5)江蘇省初のプレキャスト道路橋が開通

    6月30日、国道312号線南京区間の拡張プロジェクトで開通した本線高架橋。(小型無人機から)中国の国道312号線(上海市-新疆ウイグル自治区)南京区間の拡張プロジェクトで6月30日、本線の高架橋が開通した。中央国有企業、中国建築集団傘下で装備製造大手の中建安装集団などが建設を請け負った。江蘇省初のプレキャスト道路橋で、従来の道路の上に約5キロの「空中回廊」を建設した。同高架橋の開通により南京市中心部の道路網はより一層整備された。南京、鎮江、揚州の一体化を促進する「快速回廊」は、市民の外出をさらに便利にする。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070104755

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月01日
    (3)江蘇省初のプレキャスト道路橋が開通

    6月30日、国道312号線南京区間の拡張プロジェクトで開通した本線高架橋(中央)。(小型無人機から)中国の国道312号線(上海市-新疆ウイグル自治区)南京区間の拡張プロジェクトで6月30日、本線の高架橋が開通した。中央国有企業、中国建築集団傘下で装備製造大手の中建安装集団などが建設を請け負った。江蘇省初のプレキャスト道路橋で、従来の道路の上に約5キロの「空中回廊」を建設した。同高架橋の開通により南京市中心部の道路網はより一層整備された。南京、鎮江、揚州の一体化を促進する「快速回廊」は、市民の外出をさらに便利にする。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070104756

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月01日
    (6)江蘇省初のプレキャスト道路橋が開通

    6月30日、国道312号線南京区間の拡張プロジェクトで開通した本線高架橋。(小型無人機から)中国の国道312号線(上海市-新疆ウイグル自治区)南京区間の拡張プロジェクトで6月30日、本線の高架橋が開通した。中央国有企業、中国建築集団傘下で装備製造大手の中建安装集団などが建設を請け負った。江蘇省初のプレキャスト道路橋で、従来の道路の上に約5キロの「空中回廊」を建設した。同高架橋の開通により南京市中心部の道路網はより一層整備された。南京、鎮江、揚州の一体化を促進する「快速回廊」は、市民の外出をさらに便利にする。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070104759

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月01日
    (9)江蘇省初のプレキャスト道路橋が開通

    6月30日、国道312号線南京区間の拡張プロジェクトで開通した本線高架橋。(小型無人機から)中国の国道312号線(上海市-新疆ウイグル自治区)南京区間の拡張プロジェクトで6月30日、本線の高架橋が開通した。中央国有企業、中国建築集団傘下で装備製造大手の中建安装集団などが建設を請け負った。江蘇省初のプレキャスト道路橋で、従来の道路の上に約5キロの「空中回廊」を建設した。同高架橋の開通により南京市中心部の道路網はより一層整備された。南京、鎮江、揚州の一体化を促進する「快速回廊」は、市民の外出をさらに便利にする。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070104761

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月01日
    (10)江蘇省初のプレキャスト道路橋が開通

    6月30日、国道312号線南京区間の拡張プロジェクトで開通した本線高架橋。(小型無人機から)中国の国道312号線(上海市-新疆ウイグル自治区)南京区間の拡張プロジェクトで6月30日、本線の高架橋が開通した。中央国有企業、中国建築集団傘下で装備製造大手の中建安装集団などが建設を請け負った。江蘇省初のプレキャスト道路橋で、従来の道路の上に約5キロの「空中回廊」を建設した。同高架橋の開通により南京市中心部の道路網はより一層整備された。南京、鎮江、揚州の一体化を促進する「快速回廊」は、市民の外出をさらに便利にする。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070104762

  • 2021年06月30日
    (3)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省

    19日、黒竜江省ジャムス市郊区敖其鎮のホーチョ村に立ち並ぶ住宅。(小型無人機から)中国で人口の少ない少数民族の一つ、ホーチョ(赫哲)族は、黒竜江、ウスリー川、松花江の流域に住む。この一帯が中国の東部に当たることから、「太陽を見守る民族」と呼ばれる。新中国成立前は300人余りしかいなかったが、今では黒竜江省同江市の街津口ホーチョ族郷漁業村と八岔ホーチョ族郷八岔村、同省の双鴨山市饒河(じょうが)県四排ホーチョ族郷四排村、ジャムス市郊区敖其鎮ホーチョ村、撫遠(ふえん)市烏蘇鎮抓吉ホーチョ族村の3郷5村に集住し、総人口は5千人を超す。当初住んでいたのは半地下住居、東北地方特有の建築様式である「馬架子」だったが、その後、わらぶきやれんが造りの家になり、さらに2階建てや洋風の家に変わるなど、ホーチョ族の住環境は改善が進んでいる。生業も伝統的な漁業から農業との兼業、さらには現在の観光産業を中心としたさまざまな業種へと飛躍的な発展を遂げてきた。ホーチョ族の人々の暮らしは、時代とともに変わりつつある。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021063005878

  • 2021年06月30日
    (2)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省

    23日、黒竜江省双鴨山市饒河県の四排ホーチョ族郷四排村にあるホーチョ風情園。(小型無人機から)中国で人口の少ない少数民族の一つ、ホーチョ(赫哲)族は、黒竜江、ウスリー川、松花江の流域に住む。この一帯が中国の東部に当たることから、「太陽を見守る民族」と呼ばれる。新中国成立前は300人余りしかいなかったが、今では黒竜江省同江市の街津口ホーチョ族郷漁業村と八岔ホーチョ族郷八岔村、同省の双鴨山市饒河(じょうが)県四排ホーチョ族郷四排村、ジャムス市郊区敖其鎮ホーチョ村、撫遠(ふえん)市烏蘇鎮抓吉ホーチョ族村の3郷5村に集住し、総人口は5千人を超す。当初住んでいたのは半地下住居、東北地方特有の建築様式である「馬架子」だったが、その後、わらぶきやれんが造りの家になり、さらに2階建てや洋風の家に変わるなど、ホーチョ族の住環境は改善が進んでいる。生業も伝統的な漁業から農業との兼業、さらには現在の観光産業を中心としたさまざまな業種へと飛躍的な発展を遂げてきた。ホーチョ族の人々の暮らしは、時代とともに変わりつつある。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021063005868

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月30日
    (3)和若鉄道、レール敷設と治砂が同時進行新疆ウイグル自治区

    22日、和若鉄道沿線で砂の移動を防ぐために設けられたさまざまな障壁。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区で建設中のホータン(和田)市とバインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク(若羌)県を結ぶ和若鉄道は、貨客併用の単線で、設計時速は120キロ。全長約825キロのうち砂漠区間が530キロを超えていることから、砂ぼこりが線路や列車の運行に与える影響が課題となっている。これに対し同鉄道の建設や運営を担う新疆和若鉄路は、点滴かんがいや土壌入れ替えなどの技術を利用して、砂の移動を防ぐ障壁やヨシを使った草方格の設置、砂地に強い苗木の植樹といった対策を講じることで、砂の移動を止めようとしている。現在、これらの治砂作業とレール敷設工事が同時に進められている。(チャルチャン=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021063011198

  • 2021年06月30日
    (1)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省

    24日、黒竜江省撫遠市の烏蘇鎮抓吉ホーチョ族村。(小型無人機から)中国で人口の少ない少数民族の一つ、ホーチョ(赫哲)族は、黒竜江、ウスリー川、松花江の流域に住む。この一帯が中国の東部に当たることから、「太陽を見守る民族」と呼ばれる。新中国成立前は300人余りしかいなかったが、今では黒竜江省同江市の街津口ホーチョ族郷漁業村と八岔ホーチョ族郷八岔村、同省の双鴨山市饒河(じょうが)県四排ホーチョ族郷四排村、ジャムス市郊区敖其鎮ホーチョ村、撫遠(ふえん)市烏蘇鎮抓吉ホーチョ族村の3郷5村に集住し、総人口は5千人を超す。当初住んでいたのは半地下住居、東北地方特有の建築様式である「馬架子」だったが、その後、わらぶきやれんが造りの家になり、さらに2階建てや洋風の家に変わるなど、ホーチョ族の住環境は改善が進んでいる。生業も伝統的な漁業から農業との兼業、さらには現在の観光産業を中心としたさまざまな業種へと飛躍的な発展を遂げてきた。ホーチョ族の人々の暮らしは、時代とともに変わりつつある。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021063005881

  • 2021年06月29日
    (5)海口国家ハイテク産業開発区を訪ねて海南省

    17日、海口国家ハイテク産業開発区の薬谷工業パーク。(小型無人機から)中国海南省で1991年に設置された海口国家ハイテク産業開発区は、同省唯一の国家級ハイテク産業開発区で、海南自由貿易港の11の重点産業パークの一つでもある。全体の計画面積は85・42平方キロメートルで、美安生態科技新城や薬谷(ファルマバレー)工業パーク、獅子嶺工業パーク、雲竜産業パークなど七つのパークからなる。昨年6月の「海南自由貿易港建設全体計画」発表以降、海口国家ハイテク産業開発区では新規プロジェクト57件が始動し、総投資額は118億元(1元=約17円)に上った。うち、2021年に始動したプロジェクトは17件で、総投資額は26億8千万元となる。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062904610

  • 2021年06月29日
    (4)海口国家ハイテク産業開発区を訪ねて海南省

    24日、海口国家ハイテク産業開発区の獅子嶺工業パーク。(小型無人機から)中国海南省で1991年に設置された海口国家ハイテク産業開発区は、同省唯一の国家級ハイテク産業開発区で、海南自由貿易港の11の重点産業パークの一つでもある。全体の計画面積は85・42平方キロメートルで、美安生態科技新城や薬谷(ファルマバレー)工業パーク、獅子嶺工業パーク、雲竜産業パークなど七つのパークからなる。昨年6月の「海南自由貿易港建設全体計画」発表以降、海口国家ハイテク産業開発区では新規プロジェクト57件が始動し、総投資額は118億元(1元=約17円)に上った。うち、2021年に始動したプロジェクトは17件で、総投資額は26億8千万元となる。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062904612

  • 2021年06月29日
    (3)海口国家ハイテク産業開発区を訪ねて海南省

    27日、海口国家ハイテク産業開発区の美安生態科技新城で建設中の新薬開発産業イノベーションパーク。(小型無人機から)中国海南省で1991年に設置された海口国家ハイテク産業開発区は、同省唯一の国家級ハイテク産業開発区で、海南自由貿易港の11の重点産業パークの一つでもある。全体の計画面積は85・42平方キロメートルで、美安生態科技新城や薬谷(ファルマバレー)工業パーク、獅子嶺工業パーク、雲竜産業パークなど七つのパークからなる。昨年6月の「海南自由貿易港建設全体計画」発表以降、海口国家ハイテク産業開発区では新規プロジェクト57件が始動し、総投資額は118億元(1元=約17円)に上った。うち、2021年に始動したプロジェクトは17件で、総投資額は26億8千万元となる。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062904601

  • 2021年06月29日
    (2)海口国家ハイテク産業開発区を訪ねて海南省

    27日、海口国家ハイテク産業開発区の美安生態科技新城で建設中の美安汚水処理場第1期プロジェクト。(小型無人機から)中国海南省で1991年に設置された海口国家ハイテク産業開発区は、同省唯一の国家級ハイテク産業開発区で、海南自由貿易港の11の重点産業パークの一つでもある。全体の計画面積は85・42平方キロメートルで、美安生態科技新城や薬谷(ファルマバレー)工業パーク、獅子嶺工業パーク、雲竜産業パークなど七つのパークからなる。昨年6月の「海南自由貿易港建設全体計画」発表以降、海口国家ハイテク産業開発区では新規プロジェクト57件が始動し、総投資額は118億元(1元=約17円)に上った。うち、2021年に始動したプロジェクトは17件で、総投資額は26億8千万元となる。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062904606

  • 2021年06月29日
    (1)海口国家ハイテク産業開発区を訪ねて海南省

    27日、海口国家ハイテク産業開発区の美安生態科技新城にある電気自動車メーカー、康迪(カンディ)電動汽車の工場。(小型無人機から)中国海南省で1991年に設置された海口国家ハイテク産業開発区は、同省唯一の国家級ハイテク産業開発区で、海南自由貿易港の11の重点産業パークの一つでもある。全体の計画面積は85・42平方キロメートルで、美安生態科技新城や薬谷(ファルマバレー)工業パーク、獅子嶺工業パーク、雲竜産業パークなど七つのパークからなる。昨年6月の「海南自由貿易港建設全体計画」発表以降、海口国家ハイテク産業開発区では新規プロジェクト57件が始動し、総投資額は118億元(1元=約17円)に上った。うち、2021年に始動したプロジェクトは17件で、総投資額は26億8千万元となる。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062904607

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...