KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 天神空撮
  • 博多駅空撮
  • 夜景空撮
  • 小型無人機
  • ドローン
  • 本社ヘリ
  • 貧困脱却
  • 中国河北省
  • 北九州市
  • 風景メイン

「空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
6,902
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
6,902
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年02月26日
    (5)ザーサイの原料、青菜頭がもたらす豊かな暮らし重慶市

    20日、重慶市涪陵区馬武鎮にあるザーサイ工場の乾燥場に並べられた青菜頭。(小型無人機から)「中国のザーサイの里」と呼ばれる重慶市涪陵(ふりょう)区で、ザーサイの原料となる青菜頭(ちんさいとう)の収穫が最盛期を迎えた。区内の20以上の郷や鎮に計70万ムー(約4万6700ヘクタール)超の青菜頭畑があり、農家らが刈り取り作業に追われている。青菜頭はアブラナ科の野菜で、ザーサイに使われるのは茎の下部にあるコブ状の部分。涪陵ザーサイの製造は重慶市の農村経済において販売規模とブランド知名度、周辺地域への波及能力がいずれもトップに立つ特色ある産業となっている。青菜頭の栽培農家60万人と加工に携わる約2千世帯は収入が増え、豊かな生活を送るようになった。緑色の青菜頭のコブは幸せをもたらす「金のコブ」として、人々の暮らしを支えている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (3)ザーサイの原料、青菜頭がもたらす豊かな暮らし重慶市

    20日、空から見た重慶市涪陵区江北街道の青菜頭畑。(小型無人機から)「中国のザーサイの里」と呼ばれる重慶市涪陵(ふりょう)区で、ザーサイの原料となる青菜頭(ちんさいとう)の収穫が最盛期を迎えた。区内の20以上の郷や鎮に計70万ムー(約4万6700ヘクタール)超の青菜頭畑があり、農家らが刈り取り作業に追われている。青菜頭はアブラナ科の野菜で、ザーサイに使われるのは茎の下部にあるコブ状の部分。涪陵ザーサイの製造は重慶市の農村経済において販売規模とブランド知名度、周辺地域への波及能力がいずれもトップに立つ特色ある産業となっている。青菜頭の栽培農家60万人と加工に携わる約2千世帯は収入が増え、豊かな生活を送るようになった。緑色の青菜頭のコブは幸せをもたらす「金のコブ」として、人々の暮らしを支えている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (1)ザーサイの原料、青菜頭がもたらす豊かな暮らし重慶市

    20日、重慶市涪陵区の江北街道で青菜頭を収穫する地元住民。(小型無人機から)「中国のザーサイの里」と呼ばれる重慶市涪陵(ふりょう)区で、ザーサイの原料となる青菜頭(ちんさいとう)の収穫が最盛期を迎えた。区内の20以上の郷や鎮に計70万ムー(約4万6700ヘクタール)超の青菜頭畑があり、農家らが刈り取り作業に追われている。青菜頭はアブラナ科の野菜で、ザーサイに使われるのは茎の下部にあるコブ状の部分。涪陵ザーサイの製造は重慶市の農村経済において販売規模とブランド知名度、周辺地域への波及能力がいずれもトップに立つ特色ある産業となっている。青菜頭の栽培農家60万人と加工に携わる約2千世帯は収入が増え、豊かな生活を送るようになった。緑色の青菜頭のコブは幸せをもたらす「金のコブ」として、人々の暮らしを支えている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (1)春の菜の花畑に酔う福州市

    23日、福州市閩侯県鴻尾村の菜の花栽培モデル基地。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (3)春の菜の花畑に酔う福州市

    23日、福州市閩侯県鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (2)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパークで茶摘みをする茶農家。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (6)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパーク。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/劉岭逸)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (7)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパーク。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/曹禕銘)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (4)春の菜の花畑に酔う福州市

    23日、福州市閩侯県鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (1)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパークで茶摘みをする茶農家。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (4)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパークで茶摘みをする茶農家。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (5)春めく大地で農作業始まる広西南寧市

    20日、広西チワン族自治区南寧市邕寧(ようねい)区蒲廟鎮に広がる田園風景。(小型無人機から)初春を迎えた中国広西チワン族自治区の各地では、耕作や種まきなどの農作業にいそしむ農家の人たちの姿を見ることができる。美しい田園には、生命の息吹に満ちた風景が広がっている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (8)春めく大地で農作業始まる広西南寧市

    20日、広西チワン族自治区南寧市邕寧(ようねい)区蒲廟鎮の畑で、水やりをする農家の人。(小型無人機から)初春を迎えた中国広西チワン族自治区の各地では、耕作や種まきなどの農作業にいそしむ農家の人たちの姿を見ることができる。美しい田園には、生命の息吹に満ちた風景が広がっている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (7)春めく大地で農作業始まる広西南寧市

    20日、広西チワン族自治区南寧市邕寧(ようねい)区蒲廟鎮に広がる田園風景。(小型無人機から)初春を迎えた中国広西チワン族自治区の各地では、耕作や種まきなどの農作業にいそしむ農家の人たちの姿を見ることができる。美しい田園には、生命の息吹に満ちた風景が広がっている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (1)春めく大地で農作業始まる広西南寧市

    20日、広西チワン族自治区南寧市邕寧(ようねい)区蒲廟鎮の畑で、農作業に励む農家の人。(小型無人機から)初春を迎えた中国広西チワン族自治区の各地では、耕作や種まきなどの農作業にいそしむ農家の人たちの姿を見ることができる。美しい田園には、生命の息吹に満ちた風景が広がっている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (2)春めく大地で農作業始まる広西南寧市

    20日、広西チワン族自治区南寧市邕寧(ようねい)区蒲廟鎮に広がる田園風景。(小型無人機から)初春を迎えた中国広西チワン族自治区の各地では、耕作や種まきなどの農作業にいそしむ農家の人たちの姿を見ることができる。美しい田園には、生命の息吹に満ちた風景が広がっている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (3)春めく大地で農作業始まる広西南寧市

    20日、広西チワン族自治区南寧市邕寧(ようねい)区蒲廟鎮に広がる田園風景。(小型無人機から)初春を迎えた中国広西チワン族自治区の各地では、耕作や種まきなどの農作業にいそしむ農家の人たちの姿を見ることができる。美しい田園には、生命の息吹に満ちた風景が広がっている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (1)淡水魚の稚魚養殖が最盛期に浙江省湖州市

    19日、空から見た湖旺水産基地の稚魚養殖場。(小型無人機から)中国浙江省湖州市呉興区東林鎮保健村の養殖企業、湖州湖旺水産基地では、稚魚養殖の正念場となる春を迎えている。総面積120ムー(8ヘクタール)の養殖場には、サーモスタット設備と電子監視制御装置を搭載。毎日稚魚3千万匹以上を卵からかえし、周辺の水産養殖業者に供給している。(湖州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (4)春めく大地で農作業始まる広西南寧市

    20日、広西チワン族自治区南寧市邕寧(ようねい)区蒲廟鎮の畑で、農作業に励む農家の人。(小型無人機から)初春を迎えた中国広西チワン族自治区の各地では、耕作や種まきなどの農作業にいそしむ農家の人たちの姿を見ることができる。美しい田園には、生命の息吹に満ちた風景が広がっている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (9)春めく大地で農作業始まる広西南寧市

    20日、広西チワン族自治区南寧市邕寧(ようねい)区蒲廟鎮の畑で、農作業に励む農家の人。(小型無人機から)初春を迎えた中国広西チワン族自治区の各地では、耕作や種まきなどの農作業にいそしむ農家の人たちの姿を見ることができる。美しい田園には、生命の息吹に満ちた風景が広がっている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (6)春めく大地で農作業始まる広西南寧市

    20日、広西チワン族自治区南寧市邕寧(ようねい)区蒲廟鎮に広がる田園風景。(小型無人機から)初春を迎えた中国広西チワン族自治区の各地では、耕作や種まきなどの農作業にいそしむ農家の人たちの姿を見ることができる。美しい田園には、生命の息吹に満ちた風景が広がっている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (3)春漁準備にいそしむ漁師江蘇省連雲港市

    19日、江蘇省連雲港市の埠頭で網を修理する漁師ら。(小型無人機から)中国江蘇省連雲港市沿岸の漁村や埠頭(ふとう)ではこのところ、漁師たちがまもなく始まる春漁に備え、船や網の修理、燃料や生活用品の補充など各種の準備作業に追われている。(連雲港=新華社配信/王健民)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (3)見頃迎える梅の名所江蘇省無錫市

    17日、空から見た無錫梅園。(小型無人機から)中国江蘇省無錫市の梅の名所、無錫梅園でこのところ、梅の花が色づき始め大勢の観光客を魅了している。同梅園は国家4A級観光地(上から2番目のランク)で、1912年に中国の著名実業家の栄宗敬(えい・そうけい)・徳生(とくせい)兄弟によって建設された。梅園では400種以上の梅が栽培されており、1万本余りがこのところ次々と開花している。ここ数年、梅園で栽培される品種や本数はますます増加している。その多くは中国各地や日本から導入されたもので、国内の他の梅園ではめったに見られない品種も多い。(無錫=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (1)春漁準備にいそしむ漁師江蘇省連雲港市

    19日、江蘇省連雲港市の埠頭に並んだ漁船。(小型無人機から)中国江蘇省連雲港市沿岸の漁村や埠頭(ふとう)ではこのところ、漁師たちがまもなく始まる春漁に備え、船や網の修理、燃料や生活用品の補充など各種の準備作業に追われている。(連雲港=新華社配信/王健民)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (2)見頃迎える梅の名所江蘇省無錫市

    17日、空から見た無錫梅園。(小型無人機から)中国江蘇省無錫市の梅の名所、無錫梅園でこのところ、梅の花が色づき始め大勢の観光客を魅了している。同梅園は国家4A級観光地(上から2番目のランク)で、1912年に中国の著名実業家の栄宗敬(えい・そうけい)・徳生(とくせい)兄弟によって建設された。梅園では400種以上の梅が栽培されており、1万本余りがこのところ次々と開花している。ここ数年、梅園で栽培される品種や本数はますます増加している。その多くは中国各地や日本から導入されたもので、国内の他の梅園ではめったに見られない品種も多い。(無錫=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (7)見頃迎える梅の名所江蘇省無錫市

    17日、空から見た無錫梅園。(小型無人機から)中国江蘇省無錫市の梅の名所、無錫梅園でこのところ、梅の花が色づき始め大勢の観光客を魅了している。同梅園は国家4A級観光地(上から2番目のランク)で、1912年に中国の著名実業家の栄宗敬(えい・そうけい)・徳生(とくせい)兄弟によって建設された。梅園では400種以上の梅が栽培されており、1万本余りがこのところ次々と開花している。ここ数年、梅園で栽培される品種や本数はますます増加している。その多くは中国各地や日本から導入されたもので、国内の他の梅園ではめったに見られない品種も多い。(無錫=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (2)春漁準備にいそしむ漁師江蘇省連雲港市

    19日、江蘇省連雲港市の埠頭に並んだ漁船。(小型無人機から)中国江蘇省連雲港市沿岸の漁村や埠頭(ふとう)ではこのところ、漁師たちがまもなく始まる春漁に備え、船や網の修理、燃料や生活用品の補充など各種の準備作業に追われている。(連雲港=新華社配信/王健民)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    (7)早春の息吹伝える畑の花々福建省福州市

    19日、福州市永泰県長慶鎮の上際村で、一面に咲き誇るスモモの花。(小型無人機から)中国福建省福州市の周辺地域にある畑ではこのところ、菜の花やスモモの花が続々と咲き出し、早春の息吹に満ちあふれている。(福州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.59
    2021年02月16日
    空撮 JRA関係者が不正受給か 賞金減とコロナ給付金

    茨城県美浦村と滋賀県栗東市にある日本中央競馬会(JRA)のトレーニングセンターで働く多数の調教助手や厩務員らが、新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不正受給した疑いがあることが16日、関係者への取材で分かった。担当馬がレースで獲得した賞金に応じて得られる報酬が新型コロナの影響で減少したとして申請していたが、日本調教師会は「中央競馬の中止はなく影響はほぼなかった」と返還を求めている。JRAによると、昨年の実施レース回数は過去最多だった。<映像内容>滋賀県の栗東トレーニングセンターの空撮、撮影日:2021(令和3)年2月16日、撮影場所:滋賀県栗東市

    撮影: 2021(令和3)年2月16日

  • 2021年02月12日
    上野敬幸の菜の花畑 うれしくて寂しい朝

    上野敬幸の菜の花畑。ゴールデンウイークの一般開放に向け、迷路づくりをしていた=2015年、福島県南相馬市(小型無人機から)

    撮影: 2015年、福島県南相馬市

  • 2021年02月10日
    (4)河北省南宮市、12万世帯の住民に「年越しギフト」

    7日、河北省南宮市大高村鎮大高村で、ギフトを運ぶボランティア。(小型無人機から)中国河北省南宮市大高村鎮大高村の各家庭に7日、ずっしりと重い「春節年越しギフト」が届けられた。同市は今年に入ってから新型コロナウイルス感染症が同省に集中して発生した2地域のうちの一つ。感染対策として封鎖措置が取られた。これを受けて邢台市は、県級市の南宮市民が安心して春節を過ごせるよう、都市部・農村部の12万世帯に年越しギフトを用意した。中身は肉や野菜、対聯(春節に入口の両側に貼る縁起の良い対句)などで、即日から9日までに同市の全世帯に順次配達される。(南宮=新華社配信/田暁麗)= 配信日: 2021(平成33)年02月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月10日
    (4)チョウザメ養殖が地元の代名詞に新疆トックズタラ県

    7日、伊河鱘業科技の養殖基地で収穫したチョウザメをウルムチ市に運ぶトラック。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州トックズタラ県の養殖企業、伊河鱘業科技の養殖基地は、春節(旧正月)を前に忙しさを増している。従業員は毎日3トン以上の魚を収穫し、同自治区や内地の市場に供給している。同県はここ数年、良質な水資源を活用し、特色ある水産養殖を発展させている。チョウザメの繁殖や養殖、科学研究を一体化させた産業体系は、地元水産業の新たな代名詞となっている。(トックズタラ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(平成33)年02月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月10日
    (10)チョウザメ養殖が地元の代名詞に新疆トックズタラ県

    7日、伊河鱘業科技の養殖基地で養殖されるチョウザメ。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州トックズタラ県の養殖企業、伊河鱘業科技の養殖基地は、春節(旧正月)を前に忙しさを増している。従業員は毎日3トン以上の魚を収穫し、同自治区や内地の市場に供給している。同県はここ数年、良質な水資源を活用し、特色ある水産養殖を発展させている。チョウザメの繁殖や養殖、科学研究を一体化させた産業体系は、地元水産業の新たな代名詞となっている。(トックズタラ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(平成33)年02月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月10日
    (2)チョウザメ養殖が地元の代名詞に新疆トックズタラ県

    7日、伊河鱘業科技の養殖基地。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州トックズタラ県の養殖企業、伊河鱘業科技の養殖基地は、春節(旧正月)を前に忙しさを増している。従業員は毎日3トン以上の魚を収穫し、同自治区や内地の市場に供給している。同県はここ数年、良質な水資源を活用し、特色ある水産養殖を発展させている。チョウザメの繁殖や養殖、科学研究を一体化させた産業体系は、地元水産業の新たな代名詞となっている。(トックズタラ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(平成33)年02月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月10日
    (1)チョウザメ養殖が地元の代名詞に新疆トックズタラ県

    7日、伊河鱘業科技の養殖基地。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州トックズタラ県の養殖企業、伊河鱘業科技の養殖基地は、春節(旧正月)を前に忙しさを増している。従業員は毎日3トン以上の魚を収穫し、同自治区や内地の市場に供給している。同県はここ数年、良質な水資源を活用し、特色ある水産養殖を発展させている。チョウザメの繁殖や養殖、科学研究を一体化させた産業体系は、地元水産業の新たな代名詞となっている。(トックズタラ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(平成33)年02月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月10日
    (7)河北省南宮市、12万世帯の住民に「年越しギフト」

    7日、青銀高速道路(山東省青島市-寧夏回族自治区銀川市)の南宮出口に到着したギフトを積んだトラック。(小型無人機から)中国河北省南宮市大高村鎮大高村の各家庭に7日、ずっしりと重い「春節年越しギフト」が届けられた。同市は今年に入ってから新型コロナウイルス感染症が同省に集中して発生した2地域のうちの一つ。感染対策として封鎖措置が取られた。これを受けて邢台市は、県級市の南宮市民が安心して春節を過ごせるよう、都市部・農村部の12万世帯に年越しギフトを用意した。中身は肉や野菜、対聯(春節に入口の両側に貼る縁起の良い対句)などで、即日から9日までに同市の全世帯に順次配達される。(南宮=新華社配信/田暁麗)= 配信日: 2021(平成33)年02月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (1)早春の茶摘みが最盛期海南省白沙リー族自治県

    7日、白沙リー族自治県の五里路茶葉専業合作社(協同組合)の有機茶園で、茶摘みをする茶農家の人たち。(小型無人機から)中国海南省白沙リー族自治県では、有機茶園の春茶が収穫期を迎え、茶農家が茶摘みと出荷に追われている。(白沙=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (6)早春の茶摘みが最盛期海南省白沙リー族自治県

    7日、白沙リー族自治県の五里路茶葉専業合作社(協同組合)の有機茶園で、茶摘みをする茶農家の人たち。(小型無人機から)中国海南省白沙リー族自治県では、有機茶園の春茶が収穫期を迎え、茶農家が茶摘みと出荷に追われている。(白沙=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (9)早春の茶摘みが最盛期海南省白沙リー族自治県

    7日、白沙リー族自治県の五里路茶葉専業合作社(協同組合)の有機茶園で、茶摘みをする茶農家の人たち。(小型無人機から)中国海南省白沙リー族自治県では、有機茶園の春茶が収穫期を迎え、茶農家が茶摘みと出荷に追われている。(白沙=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (3)早春の茶摘みが最盛期海南省白沙リー族自治県

    7日、白沙リー族自治県の五里路茶葉専業合作社(協同組合)の有機茶園で、茶摘みをする茶農家の人たち。(小型無人機から)中国海南省白沙リー族自治県では、有機茶園の春茶が収穫期を迎え、茶農家が茶摘みと出荷に追われている。(白沙=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月08日
    (6)ハニ棚田で田植えの準備雲南省紅河県

    4日、棚田に囲まれた雲南省紅河県三村郷の村落。(小型無人機から)早春を迎え、中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州紅河県三村郷南哈上寨、中寨などのハニ族の村では棚田に水が引かれ、農民らが田植えの準備作業に精を出している。(紅河=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2021(平成33)年02月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月08日
    (9)ハニ棚田で田植えの準備雲南省紅河県

    4日、雲南省紅河県三村郷の棚田。(小型無人機から)早春を迎え、中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州紅河県三村郷南哈上寨、中寨などのハニ族の村では棚田に水が引かれ、農民らが田植えの準備作業に精を出している。(紅河=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2021(平成33)年02月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月08日
    (1)ハニ棚田で田植えの準備雲南省紅河県

    4日、棚田に囲まれた雲南省紅河県三村郷南哈上寨。(小型無人機から)早春を迎え、中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州紅河県三村郷南哈上寨、中寨などのハニ族の村では棚田に水が引かれ、農民らが田植えの準備作業に精を出している。(紅河=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2021(平成33)年02月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (5)春節間近、きゅうりの出荷に大忙し甘粛省

    4日、きゅうりの取引が行われた甘粛省白銀市靖遠県北湾鎮新坪村の自由市場。(小型無人機から)中国甘粛省白銀市靖遠県北湾鎮新坪村では現在、農家らがきゅうりの箱詰めや出荷に追われている。春節(旧正月)を控え、取引量は増加傾向が続く。同村ではここ数年、野菜のハウス栽培を積極的に推進。温室585棟を建設して科学的栽培による増産、収入増を目指している。(靖遠=新華社記者/張睿)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (1)ミャオ族集落が歩んだ貧困脱却の道貴州省畢節市

    3日、貧困脱却事業の移転者向け住宅が集まる化屋村麻窩寨。(小型無人機から)中国貴州省畢節市黔西県新仁ミャオ族郷の化屋村は以前、「崖の下の村」を意味する「化屋基」と呼ばれていた。同村はここ数年、的確な貧困脱却支援の推進によって飛躍的に発展。2017年には貧困からの脱却を果たし、かつて貧困率が66・3%に達していた少数民族の村は、見違えるほど変貌した。化屋村の変化の歴史は、中国の少数民族地域が歩んだ貧困脱却の道の生きた縮図と言える。(黔西=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (1)春節間近、きゅうりの出荷に大忙し甘粛省

    4日、甘粛省白銀市靖遠県北湾鎮新坪村に並ぶ野菜栽培用ハウス。(小型無人機から)中国甘粛省白銀市靖遠県北湾鎮新坪村では現在、農家らがきゅうりの箱詰めや出荷に追われている。春節(旧正月)を控え、取引量は増加傾向が続く。同村ではここ数年、野菜のハウス栽培を積極的に推進。温室585棟を建設して科学的栽培による増産、収入増を目指している。(靖遠=新華社記者/張睿)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (3)ミャオ族集落が歩んだ貧困脱却の道貴州省畢節市

    3日、貧困脱却事業の移転者向け住宅が集まる化屋村麻窩寨。(小型無人機から)中国貴州省畢節市黔西県新仁ミャオ族郷の化屋村は以前、「崖の下の村」を意味する「化屋基」と呼ばれていた。同村はここ数年、的確な貧困脱却支援の推進によって飛躍的に発展。2017年には貧困からの脱却を果たし、かつて貧困率が66・3%に達していた少数民族の村は、見違えるほど変貌した。化屋村の変化の歴史は、中国の少数民族地域が歩んだ貧困脱却の道の生きた縮図と言える。(黔西=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (2)ミャオ族集落が歩んだ貧困脱却の道貴州省畢節市

    3日、貧困脱却事業の移転者向け住宅が集まる化屋村麻窩寨。(小型無人機から)中国貴州省畢節市黔西県新仁ミャオ族郷の化屋村は以前、「崖の下の村」を意味する「化屋基」と呼ばれていた。同村はここ数年、的確な貧困脱却支援の推進によって飛躍的に発展。2017年には貧困からの脱却を果たし、かつて貧困率が66・3%に達していた少数民族の村は、見違えるほど変貌した。化屋村の変化の歴史は、中国の少数民族地域が歩んだ貧困脱却の道の生きた縮図と言える。(黔西=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (2)春節間近、きゅうりの出荷に大忙し甘粛省

    4日、甘粛省白銀市靖遠県北湾鎮新坪村に並ぶ野菜栽培用ハウス。(小型無人機から)中国甘粛省白銀市靖遠県北湾鎮新坪村では現在、農家らがきゅうりの箱詰めや出荷に追われている。春節(旧正月)を控え、取引量は増加傾向が続く。同村ではここ数年、野菜のハウス栽培を積極的に推進。温室585棟を建設して科学的栽培による増産、収入増を目指している。(靖遠=新華社記者/張睿)= 配信日: 2021(平成33)年ct月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月03日
    (6)大連港の自動車移送ドライバー遼寧省

    1月29日、大連港の自動車ふ頭に並ぶ車。(小型無人機から)中国遼寧省大連市では、新型コロナウイルスの感染拡大が収束に向かうにつれ、大連港の自動車ふ頭でもこれまでの忙しい光景が見られるようになった。ここ数日は、毎日多くの自動車運搬船が車の積み込みを行っている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)= 配信日: 2021(平成33)年02月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月03日
    (9)大連港の自動車移送ドライバー遼寧省

    1月29日、大連港で日本の自動車運搬船から搬出される車。(小型無人機から)中国遼寧省大連市では、新型コロナウイルスの感染拡大が収束に向かうにつれ、大連港の自動車ふ頭でもこれまでの忙しい光景が見られるようになった。ここ数日は、毎日多くの自動車運搬船が車の積み込みを行っている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)= 配信日: 2021(平成33)年02月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (7)中国初の民間過半出資の高速鉄道、レール敷設始まる

    1日、杭紹台高速鉄道のレール敷設工事の現場。(小型無人機から)中国初の民間資本が過半出資する高速鉄道プロジェクトとなる杭紹台高速鉄道のレール敷設工事が1日、始まった。浙江省の杭州、紹興、台州市を結ぶ全長約266・9キロで、設計時速は350キロ。プロジェクトは官民連携(PPP)で進められており、中国の複合企業、復星集団(フォースングループ)を中心とする共同企業体が51%を出資。総投資額は448億9千万元(1元=約16円)を見込んでおり、うち資本金が約3割を占める。年内の開通を予定している。(杭州=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (6)中国初の民間過半出資の高速鉄道、レール敷設始まる

    1日、杭紹台高速鉄道のレール敷設工事の現場。(小型無人機から)中国初の民間資本が過半出資する高速鉄道プロジェクトとなる杭紹台高速鉄道のレール敷設工事が1日、始まった。浙江省の杭州、紹興、台州市を結ぶ全長約266・9キロで、設計時速は350キロ。プロジェクトは官民連携(PPP)で進められており、中国の複合企業、復星集団(フォースングループ)を中心とする共同企業体が51%を出資。総投資額は448億9千万元(1元=約16円)を見込んでおり、うち資本金が約3割を占める。年内の開通を予定している。(杭州=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (5)中国初の民間過半出資の高速鉄道、レール敷設始まる

    1日、杭紹台高速鉄道のレール敷設工事の現場。(小型無人機から)中国初の民間資本が過半出資する高速鉄道プロジェクトとなる杭紹台高速鉄道のレール敷設工事が1日、始まった。浙江省の杭州、紹興、台州市を結ぶ全長約266・9キロで、設計時速は350キロ。プロジェクトは官民連携(PPP)で進められており、中国の複合企業、復星集団(フォースングループ)を中心とする共同企業体が51%を出資。総投資額は448億9千万元(1元=約16円)を見込んでおり、うち資本金が約3割を占める。年内の開通を予定している。(杭州=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    (7)スポーツ施設をコロナ回復者向けのリハビリ病院に吉林省通化市

    1月30日、吉林省通化市にあるスポーツ施設を改造した臨時医療施設。(小型無人機から)中国吉林省通化市は、新型コロナウイルス感染症から回復した人が14日間のリハビリ期間を過ごすための臨時医療施設として、市内のスポーツ施設を改造した。延べ床面積は5300平方メートル、病床数は310床となっている。(通化=新華社記者/許暢)= 配信日: 2021(平成33)年02月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    (8)スポーツ施設をコロナ回復者向けのリハビリ病院に吉林省通化市

    1月30日、吉林省通化市にあるスポーツ施設を改造した臨時医療施設の内部。(小型無人機から)中国吉林省通化市は、新型コロナウイルス感染症から回復した人が14日間のリハビリ期間を過ごすための臨時医療施設として、市内のスポーツ施設を改造した。延べ床面積は5300平方メートル、病床数は310床となっている。(通化=新華社記者/許暢)= 配信日: 2021(平成33)年02月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    (1)スポーツ施設をコロナ回復者向けのリハビリ病院に吉林省通化市

    1月30日、吉林省通化市にあるスポーツ施設を改造した臨時医療施設。(小型無人機から)中国吉林省通化市は、新型コロナウイルス感染症から回復した人が14日間のリハビリ期間を過ごすための臨時医療施設として、市内のスポーツ施設を改造した。延べ床面積は5300平方メートル、病床数は310床となっている。(通化=新華社記者/許暢)= 配信日: 2021(平成33)年02月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (4)化学肥料の輸送急ピッチ黒竜江省綏化市

    28日、黒竜江省綏化駅に積み上げられた化学肥料。(小型無人機から)黒竜江省綏化(すいか)市の中国鉄道ハルビン局集団綏化車両区では、春の農繁期に使用される化学肥料を速やかに輸送するため、従業員が交代で積み降ろし作業を行っている。同市は主要な食料生産地の一つで、毎年春節(旧正月)前は土づくりをする重要な時期に当たり、化学肥料の需要量が40万トン以上に達する。綏化駅は今年に入り、新型コロナウイルスの感染対策を厳格に実施した上で輸送計画を最適化。累計で車両352台分、2万2千トンの化学肥料の積み降ろしを行い、地元の農業に必要な重要物資の輸送を確実に保障している。(綏化=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (4)新型コロナ対策物資の供給を確保黒竜江省綏化市

    28日、綏化市の新型コロナ対策物資備蓄倉庫で医療物資を運ぶ作業員。(小型無人機から)中国黒竜江省綏化(すいか)市は新型コロナウイルス感染症の発生以来、数々の効果的な措置を講じ、各種新型コロナ対策物資の供給を確保している。現在、同市の医療物資調達ルートは滞りなく、備蓄も足りており、当面の感染症予防・抑制に必要な物資は十分に保障されている。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (3)臨時医療施設「方艙リハビリ病院」、間もなく稼動吉林省通化市

    29日、吉林省通化市のスポーツ施設「全民健身センター」。(小型無人機から)中国吉林省通化市は29日、新型コロナウイルス感染予防・抑制に関する記者会見で、市内のスポーツ施設「全民健身センター」を利用した延べ床面積5300平方メートルの臨時医療施設「方艙リハビリ病院」が建設されたことを明らかにした。同施設にはリハビリベッド310床が設置され、まもなく稼働する。(通化=新華社記者/許暢)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (4)臨時医療施設「方艙リハビリ病院」、間もなく稼動吉林省通化市

    29日、吉林省通化市のスポーツ施設「全民健身センター」。(小型無人機から)中国吉林省通化市は29日、新型コロナウイルス感染予防・抑制に関する記者会見で、市内のスポーツ施設「全民健身センター」を利用した延べ床面積5300平方メートルの臨時医療施設「方艙リハビリ病院」が建設されたことを明らかにした。同施設にはリハビリベッド310床が設置され、まもなく稼働する。(通化=新華社記者/許暢)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (1)臨時医療施設「方艙リハビリ病院」、間もなく稼動吉林省通化市

    29日、吉林省通化市のスポーツ施設「全民健身センター」。(小型無人機から)中国吉林省通化市は29日、新型コロナウイルス感染予防・抑制に関する記者会見で、市内のスポーツ施設「全民健身センター」を利用した延べ床面積5300平方メートルの臨時医療施設「方艙リハビリ病院」が建設されたことを明らかにした。同施設にはリハビリベッド310床が設置され、まもなく稼働する。(通化=新華社記者/許暢)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (7)化学肥料の輸送急ピッチ黒竜江省綏化市

    28日、黒竜江省綏化駅に積み上げられた化学肥料。(小型無人機から)黒竜江省綏化(すいか)市の中国鉄道ハルビン局集団綏化車両区では、春の農繁期に使用される化学肥料を速やかに輸送するため、従業員が交代で積み降ろし作業を行っている。同市は主要な食料生産地の一つで、毎年春節(旧正月)前は土づくりをする重要な時期に当たり、化学肥料の需要量が40万トン以上に達する。綏化駅は今年に入り、新型コロナウイルスの感染対策を厳格に実施した上で輸送計画を最適化。累計で車両352台分、2万2千トンの化学肥料の積み降ろしを行い、地元の農業に必要な重要物資の輸送を確実に保障している。(綏化=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月29日
    (8)貴州省、森林率60%に

    貴州省遵義市の婁山関。(2020年6月5日撮影、小型無人機から)中国貴州省林業局の発表によると、同省ではここ数年、環境整備「緑水青山プロジェクト」を全面的に実施し、植樹や造林、低効率林の改良、石漠化対策、森林都市建設、生物多様性保護などに取り組んでおり、省内の森林率が60%に達した。(貴陽=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2021(平成33)年01月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月29日
    (4)貴州省、森林率60%に

    貴州省貴安新区の桜花観光園。(2019年3月19日撮影、小型無人機から)中国貴州省林業局の発表によると、同省ではここ数年、環境整備「緑水青山プロジェクト」を全面的に実施し、植樹や造林、低効率林の改良、石漠化対策、森林都市建設、生物多様性保護などに取り組んでおり、省内の森林率が60%に達した。(貴陽=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2021(平成33)年01月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月29日
    (2)イチゴの収穫が最盛期迎える貴州省黔西県

    27日、黔西県錦星鎮白泥社区(コミュニティー)の生態イチゴ栽培拠点。(小型無人機から)中国貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県はここ数年、エコ産業の発展に注力し、地域の状況に合わせ、安全基準を満たした「無公害イチゴ」のハウス栽培を実施している。栽培面積は既に約千ムー(約67ヘクタール)に達しており、春節(旧正月)を控え、イチゴの需要が高まる中、農家らは真っ赤なイチゴの収穫と出荷に励んでいる。(畢節=新華社配信/范暉)= 配信日: 2021(平成33)年01月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月29日
    (5)貴州省、森林率60%に

    貴陽市の阿哈湖国家湿地公園。(2020年6月2日撮影、小型無人機から)中国貴州省林業局の発表によると、同省ではここ数年、環境整備「緑水青山プロジェクト」を全面的に実施し、植樹や造林、低効率林の改良、石漠化対策、森林都市建設、生物多様性保護などに取り組んでおり、省内の森林率が60%に達した。(貴陽=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2021(平成33)年01月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月29日
    (3)貴州省、森林率60%に

    貴州省の赤水竹海国家森林公園。(2020年6月25日撮影、小型無人機から)中国貴州省林業局の発表によると、同省ではここ数年、環境整備「緑水青山プロジェクト」を全面的に実施し、植樹や造林、低効率林の改良、石漠化対策、森林都市建設、生物多様性保護などに取り組んでおり、省内の森林率が60%に達した。(貴陽=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2021(平成33)年01月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月29日
    (6)貴州省、森林率60%に

    貴州省荔波県の小七孔風景区。(2019年4月30日撮影、小型無人機から)中国貴州省林業局の発表によると、同省ではここ数年、環境整備「緑水青山プロジェクト」を全面的に実施し、植樹や造林、低効率林の改良、石漠化対策、森林都市建設、生物多様性保護などに取り組んでおり、省内の森林率が60%に達した。(貴陽=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2021(平成33)年01月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月29日
    (1)貴州省、森林率60%に

    貴陽市花渓国家城市湿地公園の黄金大道。(2020年10月24日撮影、小型無人機から)中国貴州省林業局の発表によると、同省ではここ数年、環境整備「緑水青山プロジェクト」を全面的に実施し、植樹や造林、低効率林の改良、石漠化対策、森林都市建設、生物多様性保護などに取り組んでおり、省内の森林率が60%に達した。(貴陽=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2021(平成33)年01月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月29日
    (2)貴州省、森林率60%に

    貴州省荔波県の小七孔風景区。(2020年4月10日撮影、小型無人機から)中国貴州省林業局の発表によると、同省ではここ数年、環境整備「緑水青山プロジェクト」を全面的に実施し、植樹や造林、低効率林の改良、石漠化対策、森林都市建設、生物多様性保護などに取り組んでおり、省内の森林率が60%に達した。(貴陽=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2021(平成33)年01月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月28日
    (4)「一企業一施策」で企業の操業再開を後押し河北省沙河市

    25日、河北省沙河市の清掃車メーカーの工場で、消毒作業を行う従業員。(小型無人機から)中国河北省の沙河市はここ数日、企業ごとに対策を考える「一企一策(一企業一施策)」による的確な支援を実施している。企業融資や雇用などの具体的な問題を速やかに解決し、ビジネス環境を最適化し続けることで、企業の操業再開を後押ししている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (4)新鮮なタケノコが出荷開始浙江省杭州市

    24日、「天目雷笋」が栽培されている太湖源鎮の現代農業パーク。(小型無人機から)中国浙江省杭州市臨安区の太湖源鎮タケノコ取引市場が24日、改装を終えて正式にオープンし、新鮮なタケノコが大量に出荷された。同市場は杭州エリア最大のタケノコ取引市場で、同区の特産品「天目雷笋」は毎年数万トンがここから全国に出荷されている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (1)雲南省普洱市で思瀾高速道路が開通

    20日、思瀾高速道路の重要プロジェクトとなる瀾滄江特大橋。(小型無人機から)中国雲南省普洱(ふじ)市の思茅(しぼう)区と瀾滄(らんそう)ラフ族自治県を結ぶ思瀾高速道路が20日、開通した。本線の全長は約125キロで、開通により思茅区から瀾滄ラフ族自治県までの所要時間はこれまでの3時間半から1時間半に短縮される。(普洱=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で、漁網を設置する漁場スタッフ。(小型無人機から)中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で、捕った魚をクレーンで運ぶ漁場スタッフ。(小型無人機から)中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮にある丁升平さんが経営する食肉加工場。(小型無人機から)丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)歴史あるカキ養殖の郷で収穫がピークに広東省陽西県

    13日、広東省陽江市陽西県程村鎮紅光村でカキを収穫する村民。(小型無人機から)中国広東省陽江市陽西県程村鎮では200年以上前からカキの養殖が行われてきた。真冬のこの時期はカキの収穫がピークを迎える。同県は2020年、程村カキ省級現代農業産業パークの建設を加速させ、カキの養殖面積は4万2千ムー(2800ヘクタール)に達し、年産量は6万8千トン、生産高は約4億6千万元(1元=約16円)に上った。また、産業パーク内の農村住民1人当たりの年間平均実収入は1万8200元に達している。(陽西=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (8)瀋陽市最大の新型コロナ重点リスク管理区域が封鎖解除遼寧省

    17日、空から見た瀋陽市皇姑区の塔湾、明廉両地区。(小型無人機から)中国遼寧省瀋陽市の新型コロナウイルス予防抑制・経済社会発展活動統一推進指揮部(対策本部)は17日、同市皇姑区の塔湾、明廉両地区に設けた重点リスク管理区内の中リスク地域を全て低リスク地域に変更したと発表した。重点リスク管理区内の住民を対象に数回実施した核酸検査の結果が全て陰性だったことも明らかにした。同重点リスク管理区域は同日付で封鎖が解除され、管理措置も撤廃された。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」で、プレハブハウス周囲の地面にシートを張る作業員。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (9)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (10)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で、捕った魚をクレーンで運ぶ漁場スタッフ。(小型無人機から)中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)歴史あるカキ養殖の郷で収穫がピークに広東省陽西県

    13日、広東省陽江市陽西県程村鎮紅光村のカキ養殖場。(小型無人機から)中国広東省陽江市陽西県程村鎮では200年以上前からカキの養殖が行われてきた。真冬のこの時期はカキの収穫がピークを迎える。同県は2020年、程村カキ省級現代農業産業パークの建設を加速させ、カキの養殖面積は4万2千ムー(2800ヘクタール)に達し、年産量は6万8千トン、生産高は約4億6千万元(1元=約16円)に上った。また、産業パーク内の農村住民1人当たりの年間平均実収入は1万8200元に達している。(陽西=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)歴史あるカキ養殖の郷で収穫がピークに広東省陽西県

    13日、広東省陽江市陽西県程村鎮紅光村のカキ養殖場。(小型無人機から)中国広東省陽江市陽西県程村鎮では200年以上前からカキの養殖が行われてきた。真冬のこの時期はカキの収穫がピークを迎える。同県は2020年、程村カキ省級現代農業産業パークの建設を加速させ、カキの養殖面積は4万2千ムー(2800ヘクタール)に達し、年産量は6万8千トン、生産高は約4億6千万元(1元=約16円)に上った。また、産業パーク内の農村住民1人当たりの年間平均実収入は1万8200元に達している。(陽西=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)歴史あるカキ養殖の郷で収穫がピークに広東省陽西県

    13日、広東省陽江市陽西県程村鎮紅光村のカキ養殖場。(小型無人機から)中国広東省陽江市陽西県程村鎮では200年以上前からカキの養殖が行われてきた。真冬のこの時期はカキの収穫がピークを迎える。同県は2020年、程村カキ省級現代農業産業パークの建設を加速させ、カキの養殖面積は4万2千ムー(2800ヘクタール)に達し、年産量は6万8千トン、生産高は約4億6千万元(1元=約16円)に上った。また、産業パーク内の農村住民1人当たりの年間平均実収入は1万8200元に達している。(陽西=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (8)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」で、プレハブハウス周囲の地面にシートを張る作業員。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮の工場で、塩漬け肉製品を運ぶ丁升平さん。(小型無人機から)丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (3)真冬の農業パーク、ハウス栽培で一足先に春浙江省平湖市

    12日、浙江省平湖農業経済開発区の藍城現代植物工場で観賞用植物の手入れをする従業員。(小型無人機から)中国浙江省の平湖農業経済開発区では、30万平方メートル余りのハウスで栽培されている野菜や草花、果物が順調に成長し、春めいた雰囲気に包まれている。同開発区は中央政府と省政府が提携する農村振興モデル地域の現代農業パークで、総面積は55・8平方キロ。省内初の農業経済開発区として、産業と農村の融合発展を実現し、農業の現代化と農村振興を後押しすることを目的に設立された。(嘉興=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (8)真冬の農業パーク、ハウス栽培で一足先に春浙江省平湖市

    12日、上空から見た国際科技農業協力モデル区。(小型無人機から)中国浙江省の平湖農業経済開発区では、30万平方メートル余りのビニールハウスで栽培されている野菜や草花、果物が順調に成長し、春めいた雰囲気に包まれている。同開発区は中央政府と省政府が提携する農村振興モデル地域の現代農業パークで、総面積は55・8平方キロ。省内初の農業経済開発区として、産業と農村の融合発展を実現し、農業の近代化と農村振興を後押しすることを目的に設立された。(嘉興=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (6)真冬の農業パーク、ハウス栽培で一足先に春浙江省平湖市

    12日、浙江省平湖農業経済開発区にある魚と野菜の同時育成システム「アクアポニックス」モデルパークで、養殖しているスズキを捕まえる従業員。(小型無人機から)中国浙江省の平湖農業経済開発区では、30万平方メートル余りのハウスで栽培されている野菜や草花、果物が順調に成長し、春めいた雰囲気に包まれている。同開発区は中央政府と省政府が提携する農村振興モデル地域の現代農業パークで、総面積は55・8平方キロ。省内初の農業経済開発区として、産業と農村の融合発展を実現し、農業の現代化と農村振興を後押しすることを目的に設立された。(嘉興=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    気仙沼湾横断橋 公共事業、復権果たす

    三陸沿岸道路の一部で、宮城県気仙沼市の気仙沼湾に架かる横断橋(手前)=2020年12月(共同通信社ヘリから)

  • 2021年01月15日
    三陸沿岸道路の空撮 公共事業、復権果たす

    宮城県気仙沼市の海沿いを走る三陸沿岸道路(右下から奥)=2020年12月(共同通信社ヘリから)

  • 2021年01月15日
    三陸沿岸道路 公共事業、復権果たす

    宮城県気仙沼市の海沿いを走る三陸沿岸道路(右下から左奥)=2020年12月(小型無人機から)

  • 2021年01月15日
    気仙沼湾横断橋 公共事業、復権果たす

    三陸沿岸道路の一部で、宮城県気仙沼市の気仙沼湾に架かる横断橋=2020年12月(小型無人機から)

    撮影: 2020年12月

  • 2021年01月15日
    (1)漢江で建設進むカスケード式水力発電所陝西省旬陽県

    8日、旬陽水力発電所プロジェクト全景。(小型無人機から)中国陝西省安康市旬陽(しゅんよう)県にある旬陽水力発電所は、漢江上流の主流域に計画された5カ所目のカスケード式水力発電所となっている。プロジェクト総投資額は40億7900万元(1元=約16円)、総発電設備容量32万キロワットで、2018年4月に着工した。竣工は2022年6月を予定しており、全面稼働後は年間8億4千万ワット時のクリーン電力の供給が可能となる。(安康=新華社記者/邵瑞)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...