KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 天神空撮
  • 博多駅空撮
  • 夜景空撮
  • 小型無人機
  • ドローン
  • 本社ヘリ
  • 北九州市
  • 福岡市東部
  • 中国河北省
  • 貧困脱却

「空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
7,987
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
7,987
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月21日
    (3)雲南省麗江市、瀘沽湖の保護・管理に尽力

    17日、麗江市寧蒗イ族自治県永寧鎮里格村の湖畔生態ベルトの建設・湿地修復プロジェクト。(小型無人機から)中国四川省と雲南省の境にある瀘沽(ろこ)湖は、両省が共有する省をまたぐ湖で、水質は国家1級を維持している。雲南省麗江市はここ数年、同湖の生態環境を保護するために、湖畔生態ベルトの建設、生態湿地の修復、入江の生態管理などの措置を実施。生態環境を効果的に保護している。(寧蒗=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (4)雲南省麗江市、瀘沽湖の保護・管理に尽力

    17日、麗江市寧蒗イ族自治県永寧鎮里格村の湖畔生態ベルトの建設・湿地修復プロジェクト。(小型無人機から)中国四川省と雲南省の境にある瀘沽(ろこ)湖は、両省が共有する省をまたぐ湖で、水質は国家1級を維持している。雲南省麗江市はここ数年、同湖の生態環境を保護するために、湖畔生態ベルトの建設、生態湿地の修復、入江の生態管理などの措置を実施。生態環境を効果的に保護している。(寧蒗=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (6)春の農村でサクランボ狩り始まる浙江省杭州市

    17日、百江鎮双塢村の道を自転車で駆け抜けるサイクリング愛好者。(小型無人機から)中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県百江鎮の双塢村でこのほど、春のサクランボツアーが始まった。サクランボ狩りやグルメバザール、自転車ツーリングなどの催しを開いて各地からの観光客を迎え入れ、この時期ならではの農村観光イベントを推進している。農業が盛んな同鎮は、水稲、サクランボ、茶葉の栽培面積がそれぞれ4千ムー(約270ヘクタール)、1千ムー(約66・7ヘクタール)、1500ムー(100ヘクタール)に達している。ここ数年、独特で豊かな自然資源や豊富な農産品を活用した特色ある果物狩りツアーを実施。農業と文化観光、スポーツの高度な融合を通じて、農村振興を後押ししている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (2)ドローンを使った病害虫防除を指導貴州省貴陽市

    17日、貴陽市息烽県小寨壩鎮紅岩村で植物保護作業を行うドローン。(小型無人機から)春の病害虫防除の重要な時期に入った中国貴州省貴陽市息烽(そくほう)県のブドウとキウイの栽培拠点では、貴州西南特色農業服務の農業技術員が小型無人機ドローンを使った病害虫防除を指導し、生産効率の向上と農民の収入増を後押ししている。(息烽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (7)ボタン栽培で地域経済の発展を促進安徽省銅陵市

    9日、銅陵市義安区鐘鳴鎮九榔村の油用ボタン栽培基地。(小型無人機から)中国安徽省銅陵市義安区は近年、ボタン産業を継続的に育成、発展させ、油用ボタンの栽培、観賞、加工を一体化した産業構造を構築。地元の経済発展を促進するとともに、農村の振興を後押ししている。現在、同区のボタンの栽培面積は約2万ムー(約1333ヘクタール)、ボタンの加工製品の年間生産額は2億元(1元=約17円)を上回る。(銅陵=新華社配信/詹俊)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (1)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    14日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮で、峡谷の上のつり橋を渡る壺瓶山供電所の作業員たち。(小型無人機から)中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (2)ボタン栽培で地域経済の発展を促進安徽省銅陵市

    15日、銅陵市義安区鳳凰山風景区のボタン園。(小型無人機から)中国安徽省銅陵市義安区は近年、ボタン産業を継続的に育成、発展させ、油用ボタンの栽培、観賞、加工を一体化した産業構造を構築。地元の経済発展を促進するとともに、農村の振興を後押ししている。現在、同区のボタンの栽培面積は約2万ムー(約1333ヘクタール)、ボタンの加工製品の年間生産額は2億元(1元=約17円)を上回る。(銅陵=新華社配信/詹俊)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (1)牧草栽培と乳牛飼育を結び付けた「牛経済」を推進河北省唐山市

    16日、唐山市漢沽管理区の牧草栽培拠点。(小型無人機から)中国河北省唐山市の漢沽管理区はここ数年、現代的な乳牛飼育業の発展に力を入れている。主導企業の育成を手がかりとし、企業が現代的な管理方法を通じて牧草栽培と乳牛飼育を結び付けた循環式発展モデルを作り上げるようけん引。産業チェーンの継続的な改善により、乳牛飼育の質と効率の向上を効果的に推進している。(唐山=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (1)梨の摘花作業が本格化河北省唐山市

    15日、唐山市豊南区黄各荘鎮紅花園村の梨畑で摘花作業を行う農家(小型無人機から)中国河北省唐山市豊南区ではこのところ、梨の花を間引く摘花作業が本格化している。摘花により結実率と品質が向上し、生産量と収入の増加が期待できる。(唐山=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (3)中医薬材料の栽培で農家の増収を促進河北省邢台市

    13日、河北省邢台市経済開発区の鑫旺家庭農場で作業をする農家。(小型無人機から)中国河北省邢台市経済開発区はここ数年、栽培業の構造調整を推進し、間作や森林を活用した林下栽培などのモデルを模索してきた。地域の状況に応じて中医薬材料の栽培を発展させ、農業の産業化や特色化を推進することで、栽培効率を高め、農家の増収を促進している。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (2)中医薬材料の栽培で農家の増収を促進河北省邢台市

    13日、河北省邢台市経済開発区の鑫旺家庭農場で作業をする農家。(小型無人機から)中国河北省邢台市経済開発区はここ数年、栽培業の構造調整を推進し、間作や森林を活用した林下栽培などのモデルを模索してきた。地域の状況に応じて中医薬材料の栽培を発展させ、農業の産業化や特色化を推進することで、栽培効率を高め、農家の増収を促進している。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (6)崖州湾の生態環境修復モデルプロジェクトに成果海南省三亜市

    崖州湾の東鑼島周辺海域で海に投入される大型サンゴ苗床。(2020年11月18日撮影、小型無人機から)中国海南省三亜市で実施されている崖州(がいしゅう)湾生態環境修復モデルプロジェクトは、修復面積が2ムー(約1300平方メートル)に達した。関係部門がこのほど明らかにした。生物多様性の後退に歯止めがかかり、プロジェクトは初期段階の成果を上げた。プロジェクトは、崖州湾で続く海洋生態環境の悪化や自然回復が難しい海洋生態系などの問題を解決する方法を科学的に探求するのが目的で、同省の国家生態文明試験区建設に向けた試験的役割も担っている。三亜サンゴ礁生態研究所が崖州湾東鑼島周辺海域で実施している系統的なサンゴ礁生態修復モデルプロジェクトでは、苗床の設置や苗の補植、監視と保護などを通じて、サンゴ生息環境改善区やサンゴ礁再生区を整備。今ではサンゴの生存率が70%を超え、サンゴ被度も10%増加している。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (4)崖州湾の生態環境修復モデルプロジェクトに成果海南省三亜市

    大型サンゴ苗床を積み崖州湾を航行する船。(2020年11月18日撮影、小型無人機から)中国海南省三亜市で実施されている崖州(がいしゅう)湾生態環境修復モデルプロジェクトは、修復面積が2ムー(約1300平方メートル)に達した。関係部門がこのほど明らかにした。生物多様性の後退に歯止めがかかり、プロジェクトは初期段階の成果を上げた。プロジェクトは、崖州湾で続く海洋生態環境の悪化や自然回復が難しい海洋生態系などの問題を解決する方法を科学的に探求するのが目的で、同省の国家生態文明試験区建設に向けた試験的役割も担っている。三亜サンゴ礁生態研究所が崖州湾東鑼島周辺海域で実施している系統的なサンゴ礁生態修復モデルプロジェクトでは、苗床の設置や苗の補植、監視と保護などを通じて、サンゴ生息環境改善区やサンゴ礁再生区を整備。今ではサンゴの生存率が70%を超え、サンゴ被度も10%増加している。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (5)崖州湾の生態環境修復モデルプロジェクトに成果海南省三亜市

    崖州湾の東鑼島周辺海域で大型サンゴ苗床を海に投入する船。(2020年11月18日撮影、小型無人機から)中国海南省三亜市で実施されている崖州(がいしゅう)湾生態環境修復モデルプロジェクトは、修復面積が2ムー(約1300平方メートル)に達した。関係部門がこのほど明らかにした。生物多様性の後退に歯止めがかかり、プロジェクトは初期段階の成果を上げた。プロジェクトは、崖州湾で続く海洋生態環境の悪化や自然回復が難しい海洋生態系などの問題を解決する方法を科学的に探求するのが目的で、同省の国家生態文明試験区建設に向けた試験的役割も担っている。三亜サンゴ礁生態研究所が崖州湾東鑼島周辺海域で実施している系統的なサンゴ礁生態修復モデルプロジェクトでは、苗床の設置や苗の補植、監視と保護などを通じて、サンゴ生息環境改善区やサンゴ礁再生区を整備。今ではサンゴの生存率が70%を超え、サンゴ被度も10%増加している。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (3)「10年禁漁」開始から1年、鄱陽湖に消えた魚が戻る江西省

    鄱陽湖の都昌水域の風景。(資料写真、小型無人機から)中国江西省にある国内最大の淡水湖、鄱陽(はよう)湖でこのほど、およそ10年ぶりにコイ科の淡水魚「䲘」(Ochetobiuselongatus)が発見された。江西省水産科学研究所の王生辺(おう・せいへん)副主任が同湖の都昌松門山水域で定例モニタリング調査を行っていた際に見つけた。同湖で䲘の個体群が確認できなくなってから、すでに10年近くが経っていた。(南昌=新華社配信/傅建斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (6)「ドイツ的要素」あふれる中国東北部の町吉林省長春市

    長春市にある「アウディ」ブランドのSUV車「Qシリーズ」の専用工場。(小型無人機から、2018年3月29日撮影)中国東北地方の歴史ある工業の町、吉林省長春市では近年、ますます多くの「ドイツ的要素」が人々の生活の中に取り入れられつつある。市街地の南東部にある彩織街でもドイツ料理の店が人気を集めており、「故郷の味」を懐かしむ現地在住のドイツ人だけでなく、地元の人たちも足を運ぶという。ドイツ料理に加え、車もまた、現地在住ドイツ人の中国に対する親近感向上に寄与している。長春の道路では、フォルクスワーゲンやアウディなどのドイツ系メーカーの車を至るところで目にする。1991年、中国自動車大手の中国第一汽車集団はドイツの「車の街」ボルフスブルクのフォルクスワーゲン(VW)と正式に提携し、合弁会社「一汽大衆汽車(一汽VW)」を設立した。中独はそれ以来30年にわたり、経済や文化、スポーツなど多くの分野で交流を深めてきた。長春の「ドイツ的要素」は今後ますます増えていくだろう。(長春=新華社記者/許暢)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    大阪府の空撮 大阪コロナ、初の千人超

    新型コロナウイルスの新規感染者が千人を超えた大阪府=13日午後(共同通信社ヘリから)

    撮影: 13日午後

  • 2021年04月13日
    大阪府の空撮 大阪コロナ、初の千人超

    新型コロナウイルスの新規感染者が千人を超えた大阪府=13日午後(共同通信社ヘリから)

    撮影: 13日午後

  • 2021年04月13日
    (1)現代農業産業地区の建設が本格化貴州省余慶県

    11日、貴州省遵義市余慶県白泥鎮の団結村にある現代農業野菜栽培モデル地区。(小型無人機から)このところ暖かい日が続き、雨量も増えている中国貴州省遵義(じゅんぎ)市余慶県白泥鎮の団結村では、同村の現代農業野菜栽培モデル基地で働く農家の人たちが、春の耕作、植付け、管理といった一連の作業に追われている。同県はここ数年、県内に総面積3万9千ムー(2600ヘクタール)に及ぶ現代農業産業地区22カ所を建設し、土地の使用権譲渡や団体による資金投入などを実施。農村産業発展の内在的な原動力を強化するとともに、さまざまな方法で住民の増収を後押しし、農村の振興を進めている。(余慶=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月13日
    (7)梨農家が授粉作業に農業用ドローンを活用新疆ウイグル自治区

    11日、鉄門関市にある梨農園。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区鉄門関市ではこのところ、梨の花が次々と開花し、授粉の重要な時期を迎えている。地元農家は農業用小型無人機(ドローン)による梨の授粉作業を導入し、増産を促進している。(鉄門関=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月13日
    (11)梨農家が授粉作業に農業用ドローンを活用新疆ウイグル自治区

    11日、鉄門関市の香梨モデル農園で、授粉作業を行う農業用ドローン。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区鉄門関市ではこのところ、梨の花が次々と開花し、授粉の重要な時期を迎えている。地元農家は農業用小型無人機(ドローン)による梨の授粉作業を導入し、増産を促進している。(鉄門関=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    (6)現代農業産業地区の建設が本格化貴州省余慶県

    11日、貴州省遵義市余慶県白泥鎮の団結村にある現代農業野菜栽培モデル地区。(小型無人機から)このところ暖かい日が続き、雨量も増えている中国貴州省遵義(じゅんぎ)市余慶県白泥鎮の団結村では、同村の現代農業野菜栽培モデル基地で働く農家の人たちが、春の耕作、植付け、管理といった一連の作業に追われている。同県はここ数年、県内に総面積3万9千ムー(2600ヘクタール)に及ぶ現代農業産業地区22カ所を建設し、土地の使用権譲渡や団体による資金投入などを実施。農村産業発展の内在的な原動力を強化するとともに、さまざまな方法で住民の増収を後押しし、農村の振興を進めている。(余慶=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    (7)現代農業産業地区の建設が本格化貴州省余慶県

    11日、貴州省遵義市余慶県白泥鎮の団結村にある現代農業野菜栽培モデル地区。(小型無人機から)このところ暖かい日が続き、雨量も増えている中国貴州省遵義(じゅんぎ)市余慶県白泥鎮の団結村では、同村の現代農業野菜栽培モデル基地で働く農家の人たちが、春の耕作、植付け、管理といった一連の作業に追われている。同県はここ数年、県内に総面積3万9千ムー(2600ヘクタール)に及ぶ現代農業産業地区22カ所を建設し、土地の使用権譲渡や団体による資金投入などを実施。農村産業発展の内在的な原動力を強化するとともに、さまざまな方法で住民の増収を後押しし、農村の振興を進めている。(余慶=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月12日
    (4)春迎えた江南、カニ養殖農家大忙し江蘇省泗洪県

    10日、カニ養殖池に水草を植える養殖農家の人。(小型無人機から)中国江蘇省宿遷市泗洪県では、気温と水温の上昇に伴いカニが成長期に入り、カニ養殖農家が養殖池での餌やりや水草の栽培、水質調整に追われている。同県のカニ養殖面積は約20万ムー(約1万3千ヘクタール)。年間2万トン余りのカニを生産しており、地元農民の収入を増やす重要産業の一つとなっている。(宿遷=新華社配信/許昌亮)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月12日
    (1)冷水性魚類の養殖で農家を豊かに貴州省銅仁市

    10日、江口県徳旺郷浄河村のチョウザメ養殖基地で、チョウザメに餌をやる職員。(小型無人機から)中国貴州省銅仁市江口県はここ数年、良質な水資源を活用し、冷水性魚類の養殖を発展させている。繁殖と養殖、科学研究を一体化させた総合産業体系を作り上げ、地元水産業の新たな代名詞へと育てている。(銅仁=新華社配信/尚宇傑)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月12日
    (5)春迎えた江南、カニ養殖農家大忙し江蘇省泗洪県

    10日、泗洪県半城鎮に広がるカニ養殖池。(小型無人機から)中国江蘇省宿遷市泗洪県では、気温と水温の上昇に伴いカニが成長期に入り、カニ養殖農家が養殖池での餌やりや水草の栽培、水質調整に追われている。同県のカニ養殖面積は約20万ムー(約1万3千ヘクタール)。年間2万トン余りのカニを生産しており、地元農民の収入を増やす重要産業の一つとなっている。(宿遷=新華社配信/許昌亮)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    (4)着実に建設工事が進む雄安新区容東エリア河北省

    8日、雄安新区ビジネスサービスセンターの建設現場。(小型無人機から)中国河北省雄安新区管理委員会はこのほど、同区の中でも開発と建設が先行する容東エリアの建設について、予定通り順調に進んでいると明らかにした。雄安新区ビジネスサービスセンターや立ち退き移住者向け住宅などの建設プロジェクトが、品質を保証しつつ工期内の完成を目指して全力で進められている。(雄安=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    (8)着実に建設工事が進む雄安新区容東エリア河北省

    8日、雄安新区容東エリアで建設中の立ち退き移住者向け住宅。(小型無人機から)中国河北省雄安新区管理委員会はこのほど、同区の中でも開発と建設が先行する容東エリアの建設について、予定通り順調に進んでいると明らかにした。雄安新区ビジネスサービスセンターや立ち退き移住者向け住宅などの建設プロジェクトが、品質を保証しつつ工期内の完成を目指して全力で進められている。(雄安=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    (1)着実に建設工事が進む雄安新区容東エリア河北省

    8日、雄安新区容東エリアで建設中の立ち退き移住者向け住宅。(小型無人機から)中国河北省雄安新区管理委員会はこのほど、同区の中でも開発と建設が先行する容東エリアの建設について、予定通り順調に進んでいると明らかにした。雄安新区ビジネスサービスセンターや立ち退き移住者向け住宅などの建設プロジェクトが、品質を保証しつつ工期内の完成を目指して全力で進められている。(雄安=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    (3)着実に建設工事が進む雄安新区容東エリア河北省

    8日、雄安新区ビジネスサービスセンターの建設現場。(小型無人機から)中国河北省雄安新区管理委員会はこのほど、同区の中でも開発と建設が先行する容東エリアの建設について、予定通り順調に進んでいると明らかにした。雄安新区ビジネスサービスセンターや立ち退き移住者向け住宅などの建設プロジェクトが、品質を保証しつつ工期内の完成を目指して全力で進められている。(雄安=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    (2)着実に建設工事が進む雄安新区容東エリア河北省

    8日、雄安新区容東エリアで建設中の立ち退き移住者向け住宅。(小型無人機から)中国河北省雄安新区管理委員会はこのほど、同区の中でも開発と建設が先行する容東エリアの建設について、予定通り順調に進んでいると明らかにした。雄安新区ビジネスサービスセンターや立ち退き移住者向け住宅などの建設プロジェクトが、品質を保証しつつ工期内の完成を目指して全力で進められている。(雄安=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月09日
    (1)2021年揚州世界園芸博覧会が開幕江蘇省

    8日、空から見た揚州世界園芸博覧会の園冶園。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市で8日、2021年揚州世界園芸博覧会が開幕した。「グリーン都市、健康生活」をテーマに緑のある暮らしを提唱、環境に配慮したグリーン成長を目指し、自然との共生のビジョンを描く。会場の総面積は230ヘクタール。北京市や上海市など国内26都市と企業の展示エリアのほか、フランスのオルレアンや日本の奈良など海外25都市と国際機関の展示エリアを含む計64区画の屋外展示エリアがある。(儀徴=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月09日
    (8)2021年揚州世界園芸博覧会が開幕江蘇省

    8日、空から見た揚州世界園芸博覧会の会場。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市で8日、2021年揚州世界園芸博覧会が開幕した。「グリーン都市、健康生活」をテーマに緑のある暮らしを提唱、環境に配慮したグリーン成長を目指し、自然との共生のビジョンを描く。会場の総面積は230ヘクタール。北京市や上海市など国内26都市と企業の展示エリアのほか、フランスのオルレアンや日本の奈良など海外25都市と国際機関の展示エリアを含む計64区画の屋外展示エリアがある。(儀徴=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月09日
    (7)2021年揚州世界園芸博覧会が開幕江蘇省

    8日、空から見た揚州世界園芸博覧会の会場。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市で8日、2021年揚州世界園芸博覧会が開幕した。「グリーン都市、健康生活」をテーマに緑のある暮らしを提唱、環境に配慮したグリーン成長を目指し、自然との共生のビジョンを描く。会場の総面積は230ヘクタール。北京市や上海市など国内26都市と企業の展示エリアのほか、フランスのオルレアンや日本の奈良など海外25都市と国際機関の展示エリアを含む計64区画の屋外展示エリアがある。(儀徴=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月09日
    (2)2021年揚州世界園芸博覧会が開幕江蘇省

    8日、空から見た揚州世界園芸博覧会の会場。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市で8日、2021年揚州世界園芸博覧会が開幕した。「グリーン都市、健康生活」をテーマに緑のある暮らしを提唱、環境に配慮したグリーン成長を目指し、自然との共生のビジョンを描く。会場の総面積は230ヘクタール。北京市や上海市など国内26都市と企業の展示エリアのほか、フランスのオルレアンや日本の奈良など海外25都市と国際機関の展示エリアを含む計64区画の屋外展示エリアがある。(儀徴=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月09日
    (9)2021年揚州世界園芸博覧会が開幕江蘇省

    8日、空から見た揚州世界園芸博覧会の会場。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市で8日、2021年揚州世界園芸博覧会が開幕した。「グリーン都市、健康生活」をテーマに緑のある暮らしを提唱、環境に配慮したグリーン成長を目指し、自然との共生のビジョンを描く。会場の総面積は230ヘクタール。北京市や上海市など国内26都市と企業の展示エリアのほか、フランスのオルレアンや日本の奈良など海外25都市と国際機関の展示エリアを含む計64区画の屋外展示エリアがある。(儀徴=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月09日
    (6)2021年揚州世界園芸博覧会が開幕江蘇省

    8日、空から見た揚州世界園芸博覧会の会場。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市で8日、2021年揚州世界園芸博覧会が開幕した。「グリーン都市、健康生活」をテーマに緑のある暮らしを提唱、環境に配慮したグリーン成長を目指し、自然との共生のビジョンを描く。会場の総面積は230ヘクタール。北京市や上海市など国内26都市と企業の展示エリアのほか、フランスのオルレアンや日本の奈良など海外25都市と国際機関の展示エリアを含む計64区画の屋外展示エリアがある。(儀徴=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月09日
    (10)2021年揚州世界園芸博覧会が開幕江蘇省

    8日、空から見た揚州世界園芸博覧会の会場。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市で8日、2021年揚州世界園芸博覧会が開幕した。「グリーン都市、健康生活」をテーマに緑のある暮らしを提唱、環境に配慮したグリーン成長を目指し、自然との共生のビジョンを描く。会場の総面積は230ヘクタール。北京市や上海市など国内26都市と企業の展示エリアのほか、フランスのオルレアンや日本の奈良など海外25都市と国際機関の展示エリアを含む計64区画の屋外展示エリアがある。(儀徴=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月09日
    (13)2021年揚州世界園芸博覧会が開幕江蘇省

    8日、空から見た揚州世界園芸博覧会の会場。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市で8日、2021年揚州世界園芸博覧会が開幕した。「グリーン都市、健康生活」をテーマに緑のある暮らしを提唱、環境に配慮したグリーン成長を目指し、自然との共生のビジョンを描く。会場の総面積は230ヘクタール。北京市や上海市など国内26都市と企業の展示エリアのほか、フランスのオルレアンや日本の奈良など海外25都市と国際機関の展示エリアを含む計64区画の屋外展示エリアがある。(儀徴=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月09日
    (14)2021年揚州世界園芸博覧会が開幕江蘇省

    8日、空から見た揚州世界園芸博覧会の韓中縁館。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市で8日、2021年揚州世界園芸博覧会が開幕した。「グリーン都市、健康生活」をテーマに緑のある暮らしを提唱、環境に配慮したグリーン成長を目指し、自然との共生のビジョンを描く。会場の総面積は230ヘクタール。北京市や上海市など国内26都市と企業の展示エリアのほか、フランスのオルレアンや日本の奈良など海外25都市と国際機関の展示エリアを含む計64区画の屋外展示エリアがある。(儀徴=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月09日
    (5)2021年揚州世界園芸博覧会が開幕江蘇省

    8日、空から見た揚州世界園芸博覧会の会場。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市で8日、2021年揚州世界園芸博覧会が開幕した。「グリーン都市、健康生活」をテーマに緑のある暮らしを提唱、環境に配慮したグリーン成長を目指し、自然との共生のビジョンを描く。会場の総面積は230ヘクタール。北京市や上海市など国内26都市と企業の展示エリアのほか、フランスのオルレアンや日本の奈良など海外25都市と国際機関の展示エリアを含む計64区画の屋外展示エリアがある。(儀徴=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月09日
    (11)2021年揚州世界園芸博覧会が開幕江蘇省

    8日、空から見た揚州世界園芸博覧会の会場。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市で8日、2021年揚州世界園芸博覧会が開幕した。「グリーン都市、健康生活」をテーマに緑のある暮らしを提唱、環境に配慮したグリーン成長を目指し、自然との共生のビジョンを描く。会場の総面積は230ヘクタール。北京市や上海市など国内26都市と企業の展示エリアのほか、フランスのオルレアンや日本の奈良など海外25都市と国際機関の展示エリアを含む計64区画の屋外展示エリアがある。(儀徴=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月09日
    (4)2021年揚州世界園芸博覧会が開幕江蘇省

    8日、空から見た揚州世界園芸博覧会の会場。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市で8日、2021年揚州世界園芸博覧会が開幕した。「グリーン都市、健康生活」をテーマに緑のある暮らしを提唱、環境に配慮したグリーン成長を目指し、自然との共生のビジョンを描く。会場の総面積は230ヘクタール。北京市や上海市など国内26都市と企業の展示エリアのほか、フランスのオルレアンや日本の奈良など海外25都市と国際機関の展示エリアを含む計64区画の屋外展示エリアがある。(儀徴=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月09日
    (3)2021年揚州世界園芸博覧会が開幕江蘇省

    8日、空から見た揚州世界園芸博覧会の会場。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市で8日、2021年揚州世界園芸博覧会が開幕した。「グリーン都市、健康生活」をテーマに緑のある暮らしを提唱、環境に配慮したグリーン成長を目指し、自然との共生のビジョンを描く。会場の総面積は230ヘクタール。北京市や上海市など国内26都市と企業の展示エリアのほか、フランスのオルレアンや日本の奈良など海外25都市と国際機関の展示エリアを含む計64区画の屋外展示エリアがある。(儀徴=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月08日
    (5)アミガサタケ栽培で地元農家の増収後押し山東省青島市

    7日、青島市即墨区馬家屯村にある生態園で、収穫したアミガサタケを運ぶ農家。(小型無人機から)中国山東省青島市即墨区の馬家屯村ではこのところ、アミガサタケが収穫と販売の最盛期を迎えている。同村はここ数年、農作物の栽培構造を最適化し、農村振興を推進するため、アミガサタケの栽培技術を導入。現在は栽培面積が350ムー(約23ヘクタール)余りに達し、栽培や加工、販売を一体化した産業チェーンを構築している。年間売上高は3千万元(1元=約17円)を上回り、地元農家の収入増を効果的に後押ししている。(青島=新華社配信/梁孝鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月08日
    (2)アミガサタケ栽培で地元農家の増収後押し山東省青島市

    7日、青島市即墨区馬家屯村にある生態園の農業用ハウスで、アミガサタケを収穫する農家。(小型無人機から)中国山東省青島市即墨区の馬家屯村ではこのところ、アミガサタケが収穫と販売の最盛期を迎えている。同村はここ数年、農作物の栽培構造を最適化し、農村振興を推進するため、アミガサタケの栽培技術を導入。現在は栽培面積が350ムー(約23ヘクタール)余りに達し、栽培や加工、販売を一体化した産業チェーンを構築している。年間売上高は3千万元(1元=約17円)を上回り、地元農家の収入増を効果的に後押ししている。(青島=新華社配信/梁孝鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (4)山の果樹園を走る軌道運搬車重慶市奉節県

    3月31日、重慶市奉節県安坪鎮三沱村で、収穫したばかりのネーブルオレンジを軌道運搬車で運ぶ村民。(小型無人機から)中国重慶市奉節県出身の張潤富(ちょう・じゅんふ)さんは、昨年の春節(旧正月)連休中に故郷に帰省した際、地元の果樹農家が肥料や収穫したネーブルオレンジを背負って歩く重労働の様子や不便さを目の当たりにした。長年、自動化の研究に取り組んできた張さんは、1カ月をかけて軌道運搬車の3D画像を作成した。その後、試作車両を組み立て、速度やブレーキなどの性能試験を繰り返し、昨年11月末に軌道運搬車が運用を開始した。張さんによると、この軌道運搬車は山の斜面を2本のレールに沿って走り、高い安全性があり、積載量が大きく、占有面積は小さいという特長を持つ。また、リモートコントロールも可能という。運搬車の試験が成功すると、張さんは地元で会社を登記し、特許を申請。運搬車の研究開発と性能の向上に取り組む専門チームも結成した。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (4)農村観光で村に活気が戻り、収入増を実現山西省陵川県

    空から見た松廟村。(2020年7月撮影)中国山西省陵川県松廟村は、太行山脈の奥深くに位置し、県城(県政府所在地)からは約30キロ離れている。森林が多く、耕地が少なく、交通の便も悪いため、かつては貧困人口の割合が半分以上を占める貧しい村だった。村の人々は次々と山を出て行き、わずかな高齢者だけが残され、いわゆる「空洞村」に近付いていた。2020年5月、同県は松廟村の健康介護タウン計画を打ち出し、村の農村観光業の発展を支援した。美しく改装されたスタイルの異なる農村家屋がいくつも建てられ、800平方メートル余りの木造生態(エコ)レストランが完成したほか、22軒の高級木造家屋や第1期4戸のモデル民宿のリフォームも完了し、20年8月の開業以来、1日平均千人以上の観光客が訪れている。村の変化とビジネスチャンスを目にした住民は次々と村に戻り、プロジェクトへの参加や農家楽(アグリツーリズム)の開始、民宿での勤務などにより、大幅な収入増と貧困脱却を果たし、新たな仕事も手にするようになった。(太原=新華社記者/李紫薇)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月07日
    (5)アンズの花で地域の魅力向上新疆ウイグル自治区

    3月31日、新疆ウイグル自治区アクト県タル・タジク族郷巴格艾格孜村のアンズの木に囲まれた農家。(小型無人機から)パミール高原に位置する中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州アクト県タル・タジク族郷は現在、アンズの花が満開を迎え、訪れた大勢の観光客を魅了している。昨年貧困脱却を実現した同県ではインフラ整備が進み、多くの農民や牧畜民が観光に携わることでますます豊かな生活を送れるようになった。(アクト=新華社記者/趙戈)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (1)アブラツバキ産業のエコ化で増収後押し貴州省玉屏トン族自治県

    6日、玉屏トン族自治県朱家場鎮茅坡村で、アブラツバキの手入れをする農家の人。(小型無人機から)中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県は「アブラツバキの里」として知られる。ここ数年は、アブラツバキ産業が貧困脱却の成果を固め、農村振興を進める重要な担い手となっており、荒山や宅地の庭、田畑の脇などでも栽培が行われている。研究機関や大学などと協力した品種育成にも力を入れ、種苗育成基地や研究基地を設立したほか、アブラツバキの加工やエコツーリズムへの取り組みも強化した。地元農家の収入は持続的に増加し、環境的、経済的、社会的効果を上げている。(銅仁=新華社配信/胡攀学)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (6)山の果樹園を走る軌道運搬車重慶市奉節県

    3月31日、重慶市奉節県安坪鎮三沱村で、収穫したばかりのネーブルオレンジを軌道運搬車で運ぶ村民。(小型無人機から)中国重慶市奉節県出身の張潤富(ちょう・じゅんふ)さんは、昨年の春節(旧正月)連休中に故郷に帰省した際、地元の果樹農家が肥料や収穫したネーブルオレンジを背負って歩く重労働の様子や不便さを目の当たりにした。長年、自動化の研究に取り組んできた張さんは、1カ月をかけて軌道運搬車の3D画像を作成した。その後、試作車両を組み立て、速度やブレーキなどの性能試験を繰り返し、昨年11月末に軌道運搬車が運用を開始した。張さんによると、この軌道運搬車は山の斜面を2本のレールに沿って走り、高い安全性があり、積載量が大きく、占有面積は小さいという特長を持つ。また、リモートコントロールも可能という。運搬車の試験が成功すると、張さんは地元で会社を登記し、特許を申請。運搬車の研究開発と性能の向上に取り組む専門チームも結成した。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月06日
    (4)蘭州水墨丹霞風景区、まもなく一般開放甘粛省

    5日、空から見た蘭州水墨丹霞風景区。(小型無人機から)中国甘粛省の蘭州水墨丹霞風景区で進む建設工事がこのほど、最終段階に入った。風景区の計画面積は400平方キロ、うち第1期プロジェクトのメイン観光エリアは20平方キロとなっている。すでに展望台10カ所が完成しており、観光客は赤い堆積岩から成る丹霞地形が延々と連なる様子や、色とりどりの丘をさまざまな角度から楽しむことができる。風景区は、5月1日からのメーデー連休に一般開放される。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月06日
    (5)蘭州水墨丹霞風景区、まもなく一般開放甘粛省

    5日、空から見た蘭州水墨丹霞風景区。(小型無人機から)中国甘粛省の蘭州水墨丹霞風景区で進む建設工事がこのほど、最終段階に入った。風景区の計画面積は400平方キロ、うち第1期プロジェクトのメイン観光エリアは20平方キロとなっている。すでに展望台10カ所が完成しており、観光客は赤い堆積岩から成る丹霞地形が延々と連なる様子や、色とりどりの丘をさまざまな角度から楽しむことができる。風景区は、5月1日からのメーデー連休に一般開放される。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月06日
    (3)蘭州水墨丹霞風景区、まもなく一般開放甘粛省

    5日、空から見た蘭州水墨丹霞風景区。(小型無人機から)中国甘粛省の蘭州水墨丹霞風景区で進む建設工事がこのほど、最終段階に入った。風景区の計画面積は400平方キロ、うち第1期プロジェクトのメイン観光エリアは20平方キロとなっている。すでに展望台10カ所が完成しており、観光客は赤い堆積岩から成る丹霞地形が延々と連なる様子や、色とりどりの丘をさまざまな角度から楽しむことができる。風景区は、5月1日からのメーデー連休に一般開放される。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月06日
    (1)蘭州水墨丹霞風景区、まもなく一般開放甘粛省

    5日、空から見た蘭州水墨丹霞風景区。(小型無人機から)中国甘粛省の蘭州水墨丹霞風景区で進む建設工事がこのほど、最終段階に入った。風景区の計画面積は400平方キロ、うち第1期プロジェクトのメイン観光エリアは20平方キロとなっている。すでに展望台10カ所が完成しており、観光客は赤い堆積岩から成る丹霞地形が延々と連なる様子や、色とりどりの丘をさまざまな角度から楽しむことができる。風景区は、5月1日からのメーデー連休に一般開放される。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月06日
    (6)蘭州水墨丹霞風景区、まもなく一般開放甘粛省

    5日、空から見た蘭州水墨丹霞風景区。(小型無人機から)中国甘粛省の蘭州水墨丹霞風景区で進む建設工事がこのほど、最終段階に入った。風景区の計画面積は400平方キロ、うち第1期プロジェクトのメイン観光エリアは20平方キロとなっている。すでに展望台10カ所が完成しており、観光客は赤い堆積岩から成る丹霞地形が延々と連なる様子や、色とりどりの丘をさまざまな角度から楽しむことができる。風景区は、5月1日からのメーデー連休に一般開放される。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月05日
    (5)中欧班列、「一帯一路」構想の進展を後押し黒竜江省

    3月31日、黒竜江省綏芬河市の綏芬河駅南操車場。(小型無人機から)中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路ハルビン局集団は近年、輸送力の向上や口岸(通関地)のインフラ整備強化、科学的分析に基づく輸送力の配置、通関時間の短縮などにより、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の円滑な運行を確保することで、「一帯一路」構想の進展を後押ししてきた。これまでに中国黒竜江省の綏芬河(すいふんが)駅と内モンゴル自治区の満洲里駅を経由して出入国した中欧班列の累計本数は、1万本を超えた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月05日
    (1)中欧班列、「一帯一路」構想の進展を後押し黒竜江省

    3月31日、黒竜江省綏芬河市の綏芬河駅南操車場。(小型無人機から)中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路ハルビン局集団は近年、輸送力の向上や口岸(通関地)のインフラ整備強化、科学的分析に基づく輸送力の配置、通関時間の短縮などにより、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の円滑な運行を確保することで、「一帯一路」構想の進展を後押ししてきた。これまでに中国黒竜江省の綏芬河(すいふんが)駅と内モンゴル自治区の満洲里駅を経由して出入国した中欧班列の累計本数は、1万本を超えた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月05日
    (2)中欧班列、「一帯一路」構想の進展を後押し黒竜江省

    3月31日、黒竜江省綏芬河市の綏芬河駅南操車場。(小型無人機から)中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路ハルビン局集団は近年、輸送力の向上や口岸(通関地)のインフラ整備強化、科学的分析に基づく輸送力の配置、通関時間の短縮などにより、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の円滑な運行を確保することで、「一帯一路」構想の進展を後押ししてきた。これまでに中国黒竜江省の綏芬河(すいふんが)駅と内モンゴル自治区の満洲里駅を経由して出入国した中欧班列の累計本数は、1万本を超えた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月05日
    (4)中欧班列、「一帯一路」構想の進展を後押し黒竜江省

    3月31日、綏芬河駅北操車場で出発を待つ中欧班列(青色の列車)。(小型無人機から)中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路ハルビン局集団は近年、輸送力の向上や口岸(通関地)のインフラ整備強化、科学的分析に基づく輸送力の配置、通関時間の短縮などにより、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の円滑な運行を確保することで、「一帯一路」構想の進展を後押ししてきた。これまでに中国黒竜江省の綏芬河(すいふんが)駅と内モンゴル自治区の満洲里駅を経由して出入国した中欧班列の累計本数は、1万本を超えた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月05日
    (3)中欧班列、「一帯一路」構想の進展を後押し黒竜江省

    3月31日、黒竜江省綏芬河市の綏芬河駅南操車場。(小型無人機から)中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路ハルビン局集団は近年、輸送力の向上や口岸(通関地)のインフラ整備強化、科学的分析に基づく輸送力の配置、通関時間の短縮などにより、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の円滑な運行を確保することで、「一帯一路」構想の進展を後押ししてきた。これまでに中国黒竜江省の綏芬河(すいふんが)駅と内モンゴル自治区の満洲里駅を経由して出入国した中欧班列の累計本数は、1万本を超えた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (4)河北省雄安新区の淡水湖、白洋淀が290平方キロまで回復

    3月31日、河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀の風景。(小型無人機から)中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀は生態系修復などの事業が着々と進み、現在面積が290平方キロまで回復した。以前より「天然の種の博物館」と呼ばれる白洋淀は、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形は野鳥に良好な生息地を提供している。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (14)多数のプロジェクトが進む雄安新区を空中散歩河北省

    北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅。(3月19日撮影、小型無人機から)大規模な開発・建設の段階を迎えた中国河北省の雄安新区では現在、10万人以上の作業員が建設工事に従事しており、120件余りの重大プロジェクトが同時並行的に進められている。(雄安=新華社記者/金皓原)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (7)多数のプロジェクトが進む雄安新区を空中散歩河北省

    3月31日、建設が進む河北省雄安新区の容東エリア。(小型無人機から)大規模な開発・建設の段階を迎えた中国河北省の雄安新区では現在、10万人以上の作業員が建設工事に従事しており、120件余りの重大プロジェクトが同時並行的に進められている。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (1)河北省雄安新区の淡水湖、白洋淀が290平方キロまで回復

    3月31日、河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀の風景。(小型無人機から)中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀は生態系修復などの事業が着々と進み、現在面積が290平方キロまで回復した。以前より「天然の種の博物館」と呼ばれる白洋淀は、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形が野鳥に良好な生息地を提供している。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (2)河北省雄安新区の淡水湖、白洋淀が290平方キロまで回復

    3月31日、河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀の風景。(小型無人機から)中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀は生態系修復などの事業が着々と進み、現在面積が290平方キロまで回復した。以前より「天然の種の博物館」と呼ばれる白洋淀は、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形が野鳥に良好な生息地を提供している。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (3)河北省雄安新区の淡水湖、白洋淀が290平方キロまで回復

    3月31日、河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀の風景。(小型無人機から)中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀は生態系修復などの事業が着々と進み、現在面積が290平方キロまで回復した。以前より「天然の種の博物館」と呼ばれる白洋淀は、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形が野鳥に良好な生息地を提供している。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (3)唐山港と韓国平沢港結ぶ国際コンテナ定期航路開通河北省

    3月30日、唐山港京唐港区のコンテナふ頭を離れるコンテナ船「華達号」。(小型無人機から)中国河北省唐山市の港湾運営会社、唐山港集団のコンテナ船「華達号」が3月30日、唐山港京唐港区のコンテナふ頭から韓国京畿道の平沢港に向けて出航し、唐山港と平沢港を結ぶ国際コンテナ定期航路が開通した。唐山港集団にとって北東アジアで7番目の国際コンテナ定期直行航路となる。唐山港と国内・国外を結ぶコンテナ航路数は計46航路。今年1~2月の同港のコンテナ取扱量は41万4千TEU(20フィートコンテナ換算)で、前年同期に比べ81・9%増加した。(唐山=新華社記者/楊世堯)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (6)雄安新区の造林面積、2万7300ヘクタールに

    3月31日、雄安新区の営林事業「千年秀林」プロジェクトの現場。(小型無人機から)2020年末現在、中国河北省雄安新区の造林面積は41万ムー(約2万7300ヘクタール)に達した。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (1)雄安新区の造林面積、2万7300ヘクタールに

    3月31日、雄安新区の営林事業「千年秀林」プロジェクトの現場。(小型無人機から)2020年末現在、中国河北省雄安新区の造林面積は41万ムー(約2万7300ヘクタール)に達した。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (6)唐山港と韓国平沢港結ぶ国際コンテナ定期航路開通河北省

    3月30日、唐山港京唐港区のコンテナふ頭を離れるコンテナ船「華達号」。(小型無人機から)中国河北省唐山市の港湾運営会社、唐山港集団のコンテナ船「華達号」が3月30日、唐山港京唐港区のコンテナふ頭から韓国京畿道の平沢港に向けて出航し、唐山港と平沢港を結ぶ国際コンテナ定期航路が開通した。唐山港集団にとって北東アジアで7番目の国際コンテナ定期直行航路となる。唐山港と国内・国外を結ぶコンテナ航路数は計46航路。今年1~2月の同港のコンテナ取扱量は41万4千TEU(20フィートコンテナ換算)で、前年同期に比べ81・9%増加した。(唐山=新華社記者/楊世堯)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (3)雄安新区の造林面積、2万7300ヘクタールに

    3月31日、雄安新区の営林事業「千年秀林」プロジェクトの現場。(小型無人機から)2020年末現在、中国河北省雄安新区の造林面積は41万ムー(約2万7300ヘクタール)に達した。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (4)雄安新区の造林面積、2万7300ヘクタールに

    3月31日、雄安新区の営林事業「千年秀林」プロジェクトの現場。(小型無人機から)2020年末現在、中国河北省雄安新区の造林面積は41万ムー(約2万7300ヘクタール)に達した。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (5)唐山港と韓国平沢港結ぶ国際コンテナ定期航路開通河北省

    3月30日、唐山港京唐港区のコンテナふ頭を離れるコンテナ船「華達号」。(小型無人機から)中国河北省唐山市の港湾運営会社、唐山港集団のコンテナ船「華達号」が3月30日、唐山港京唐港区のコンテナふ頭から韓国京畿道の平沢港に向けて出航し、唐山港と平沢港を結ぶ国際コンテナ定期航路が開通した。唐山港集団にとって北東アジアで7番目の国際コンテナ定期直行航路となる。唐山港と国内・国外を結ぶコンテナ航路数は計46航路。今年1~2月の同港のコンテナ取扱量は41万4千TEU(20フィートコンテナ換算)で、前年同期に比べ81・9%増加した。(唐山=新華社記者/楊世堯)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (8)唐山港と韓国平沢港結ぶ国際コンテナ定期航路開通河北省

    3月30日、唐山港京唐港区のコンテナふ頭を離れるコンテナ船「華達号」。(小型無人機から)中国河北省唐山市の港湾運営会社、唐山港集団のコンテナ船「華達号」が3月30日、唐山港京唐港区のコンテナふ頭から韓国京畿道の平沢港に向けて出航し、唐山港と平沢港を結ぶ国際コンテナ定期航路が開通した。唐山港集団にとって北東アジアで7番目の国際コンテナ定期直行航路となる。唐山港と国内・国外を結ぶコンテナ航路数は計46航路。今年1~2月の同港のコンテナ取扱量は41万4千TEU(20フィートコンテナ換算)で、前年同期に比べ81・9%増加した。(唐山=新華社記者/楊世堯)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (2)雄安新区の造林面積、2万7300ヘクタールに

    3月31日、雄安新区の営林事業「千年秀林」プロジェクトの現場。(小型無人機から)2020年末現在、中国河北省雄安新区の造林面積は41万ムー(約2万7300ヘクタール)に達した。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (7)雄安新区の造林面積、2万7300ヘクタールに

    3月31日、雄安新区の営林事業「千年秀林」プロジェクトの現場。(小型無人機から)2020年末現在、中国河北省雄安新区の造林面積は41万ムー(約2万7300ヘクタール)に達した。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (5)雄安新区の造林面積、2万7300ヘクタールに

    3月31日、雄安新区の営林事業「千年秀林」プロジェクトの現場。(小型無人機から)2020年末現在、中国河北省雄安新区の造林面積は41万ムー(約2万7300ヘクタール)に達した。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (4)唐山港と韓国平沢港結ぶ国際コンテナ定期航路開通河北省

    3月30日、唐山港京唐港区のコンテナふ頭を離れるコンテナ船「華達号」。(小型無人機から)中国河北省唐山市の港湾運営会社、唐山港集団のコンテナ船「華達号」が3月30日、唐山港京唐港区のコンテナふ頭から韓国京畿道の平沢港に向けて出航し、唐山港と平沢港を結ぶ国際コンテナ定期航路が開通した。唐山港集団にとって北東アジアで7番目の国際コンテナ定期直行航路となる。唐山港と国内・国外を結ぶコンテナ航路数は計46航路。今年1~2月の同港のコンテナ取扱量は41万4千TEU(20フィートコンテナ換算)で、前年同期に比べ81・9%増加した。(唐山=新華社記者/楊世堯)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (7)唐山港と韓国平沢港結ぶ国際コンテナ定期航路開通河北省

    3月30日、唐山港京唐港区のコンテナふ頭を離れるコンテナ船「華達号」。(小型無人機から)中国河北省唐山市の港湾運営会社、唐山港集団のコンテナ船「華達号」が3月30日、唐山港京唐港区のコンテナふ頭から韓国京畿道の平沢港に向けて出航し、唐山港と平沢港を結ぶ国際コンテナ定期航路が開通した。唐山港集団にとって北東アジアで7番目の国際コンテナ定期直行航路となる。唐山港と国内・国外を結ぶコンテナ航路数は計46航路。今年1~2月の同港のコンテナ取扱量は41万4千TEU(20フィートコンテナ換算)で、前年同期に比べ81・9%増加した。(唐山=新華社記者/楊世堯)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    (8)ショウガの植え付け最盛期河北省唐山市

    27日、唐山市豊潤区歓喜荘郷大斉坨村でショウガの植え付け作業に精を出す農家。(小型無人機から)中国河北省唐山市豊潤区では暖かくなるにつれ、農家がショウガの植え付けを急ピッチで進めている。今年、同区のショウガ作付面積は約5万7500ムー(約3833ヘクタール)を見込んでいる。(唐山=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    (2)ショウガの植え付け最盛期河北省唐山市

    27日、唐山市豊潤区歓喜荘郷大斉坨村でショウガの植え付け作業に精を出す農家。(小型無人機から)中国河北省唐山市豊潤区では暖かくなるにつれ、農家がショウガの植え付けを急ピッチで進めている。今年、同区のショウガ作付面積は約5万7500ムー(約3833ヘクタール)を見込んでいる。(唐山=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    (1)ショウガの植え付け最盛期河北省唐山市

    27日、唐山市豊潤区歓喜荘郷大斉坨村でショウガの植え付け作業に精を出す農家。(小型無人機から)中国河北省唐山市豊潤区では暖かくなるにつれ、農家がショウガの植え付けを急ピッチで進めている。今年、同区のショウガ作付面積は約5万7500ムー(約3833ヘクタール)を見込んでいる。(唐山=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月30日
    (2)河北省邢台市で「アースアワー」キャンペーン

    27日、前楼下社区の住民がキャンドルで描いた「アースアワー」のロゴマーク。(小型無人機から)中国河北省邢台市経済開発区の前楼下社区(コミュニティー)の住民が27日、「アースアワー」に参加した。「アースアワー」は世界自然保護基金(WWF)が2007年に開始した、地球温暖化防止を呼びかける世界的な環境キャンペーン。個人やコミュニティー、企業、政府に対し、地球温暖化防止の意思表明として、指定した1時間、不必要な電源を切るよう呼びかけている。(邢台=新華社配信/田暁麗)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月30日
    (1)河北省邢台市で「アースアワー」キャンペーン

    27日、前楼下社区の住民がキャンドルで描いた「アースアワー」のロゴマーク。(小型無人機から)中国河北省邢台市経済開発区の前楼下社区(コミュニティー)の住民が27日、「アースアワー」に参加した。「アースアワー」は世界自然保護基金(WWF)が2007年に開始した、地球温暖化防止を呼びかける世界的な環境キャンペーン。個人やコミュニティー、企業、政府に対し、地球温暖化防止の意思表明として、指定した1時間、不必要な電源を切るよう呼びかけている。(邢台=新華社配信/田暁麗)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    (6)山海高速道路が全線開通海南省

    26日、海南省の山海高速道路。(小型無人機から)中国海南省で26日、山海高速道路が正式に全線開通した。同高速道路建設プロジェクトは同省五指山市通什鎮から三亜市海棠区に至る全長55・865キロ。同省中央部の生態学的に敏感な地区を通るため、建設業者は使用する資源を最大限に集約・節約し、環境負荷を減らした。(五指山=新華社記者/郭程)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    (8)曹妃甸区のフグ産業、養殖と輸出で中国一河北省唐山市

    曹妃甸区の十里海河豚小鎮。(3月10日撮影、小型無人機から)中国河北省唐山市の曹妃甸(そうひでん)区はここ数年、フグの養殖産業の発展に力を入れており、2020年のフグ関連産業の総生産額は1億6200万元(1元=約17円)となった。同区のフグ養殖面積は1万9千ムー(約1267ヘクタール)で安定して推移しており、良質なフグ製品を年間600トン以上日本へ輸出する中国最大のフグ養殖・輸出基地となっている。(石家荘=新華社記者/高博)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    (15)曹妃甸区のフグ産業、養殖と輸出で中国一河北省唐山市

    曹妃甸区のフグ養殖基地。(3月10日撮影、小型無人機から)中国河北省唐山市の曹妃甸(そうひでん)区はここ数年、フグの養殖産業の発展に力を入れており、2020年のフグ関連産業の総生産額は1億6200万元(1元=約17円)となった。同区のフグ養殖面積は1万9千ムー(約1267ヘクタール)で安定して推移しており、良質なフグ製品を年間600トン以上日本へ輸出する中国最大のフグ養殖・輸出基地となっている。(石家荘=新華社記者/杜一方)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    (1)海南煉化、エチレン・製油工場の拡張工事が順調に進行海南省

    23日、海南省洋浦経済開発区にある海南煉化のエチレン・製油工場建設現場。(小型無人機から)中国海南省にある海南自由貿易港の重点産業パーク、洋浦経済開発区で現在、中国石化海南煉油化工(海南煉化)の年産100万トンのエチレン・製油工場の拡張事業が順調に進行している。これは同省の重点プロジェクトで、化学工業や製油などの複数の生産設備と4カ所のバースを含むふ頭を新規建設する。現在、各種土木工事やふ頭の建設が行われており、稼働後は、川下企業に合成樹脂や液体化学製品の原料を提供することになっている。(洋浦=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    (2)海南煉化、エチレン・製油工場の拡張工事が順調に進行海南省

    23日、海南省洋浦経済開発区にある海南煉化のエチレン・製油工場建設現場。(小型無人機から)中国海南省にある海南自由貿易港の重点産業パーク、洋浦経済開発区で現在、中国石化海南煉油化工(海南煉化)の年産100万トンのエチレン・製油工場の拡張事業が順調に進行している。これは同省の重点プロジェクトで、化学工業や製油などの複数の生産設備と4カ所のバースを含むふ頭を新規建設する。現在、各種土木工事やふ頭の建設が行われており、稼働後は、川下企業に合成樹脂や液体化学製品の原料を提供することになっている。(洋浦=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    (13)曹妃甸区のフグ産業、養殖と輸出で中国一河北省唐山市

    曹妃甸区のフグ養殖基地。(3月10日撮影、小型無人機から)中国河北省唐山市の曹妃甸(そうひでん)区はここ数年、フグの養殖産業の発展に力を入れており、2020年のフグ関連産業の総生産額は1億6200万元(1元=約17円)となった。同区のフグ養殖面積は1万9千ムー(約1267ヘクタール)で安定して推移しており、良質なフグ製品を年間600トン以上日本へ輸出する中国最大のフグ養殖・輸出基地となっている。(石家荘=新華社記者/杜一方)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    (6)海南煉化、エチレン・製油工場の拡張工事が順調に進行海南省

    23日、海南省洋浦経済開発区にある海南煉化のエチレン・製油工場建設現場。(小型無人機から)中国海南省にある海南自由貿易港の重点産業パーク、洋浦経済開発区で現在、中国石化海南煉油化工(海南煉化)の年産100万トンのエチレン・製油工場の拡張事業が順調に進行している。これは同省の重点プロジェクトで、化学工業や製油などの複数の生産設備と4カ所のバースを含むふ頭を新規建設する。現在、各種土木工事やふ頭の建設が行われており、稼働後は、川下企業に合成樹脂や液体化学製品の原料を提供することになっている。(洋浦=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月24日
    (5)西湖竜井茶の摘み取り本格化浙江省杭州市

    23日、杭州市梅家塢村の茶畑。(小型無人機から)中国浙江省杭州市の西湖竜井茶1級保護区にある梅家塢村、竜井村、翁家山村などでは好天と気温の上昇に伴い、清明節(二十四節気の一つで今年は4月4日)前に摘む新芽の茶「明前茶」の収穫が本格化している。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月24日
    (3)西湖竜井茶の摘み取り本格化浙江省杭州市

    23日、杭州市梅家塢村の茶畑。(小型無人機から)中国浙江省杭州市の西湖竜井茶1級保護区にある梅家塢村、竜井村、翁家山村などでは好天と気温の上昇に伴い、清明節(二十四節気の一つで今年は4月4日)前に摘む新芽の茶「明前茶」の収穫が本格化している。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月24日
    (4)西湖竜井茶の摘み取り本格化浙江省杭州市

    23日、杭州市梅家塢村の茶畑。(小型無人機から)中国浙江省杭州市の西湖竜井茶1級保護区にある梅家塢村、竜井村、翁家山村などでは好天と気温の上昇に伴い、清明節(二十四節気の一つで今年は4月4日)前に摘む新芽の茶「明前茶」の収穫が本格化している。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月23日
    (6)雄安新区容東エリアの立ち退き移住者向け住宅、建設進む

    17日、河北省雄安新区容東エリアで建設が進む立ち退き移住者向け住宅。(小型無人機から)中国河北省雄安新区管理委員会によると、同区容東エリアで進行中の立ち退き移住者向け住宅の建設プロジェクトは16日までに、833棟が棟上げを終え、外装・内装工事や仕上げ工事も同時進行しているという。(雄安=新華社記者/金皓原)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月23日
    (1)雄安新区容東エリアの立ち退き移住者向け住宅、建設進む

    17日、河北省雄安新区容東エリアで建設が進む立ち退き移住者向け住宅。(小型無人機から)中国河北省雄安新区管理委員会によると、同区容東エリアで進行中の立ち退き移住者向け住宅の建設プロジェクトは16日までに、833棟が棟上げを終え、外装・内装工事や仕上げ工事も同時進行しているという。(雄安=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月23日
    (1)深海科学技術研究発展の舞台、着々と建設進む海南省三亜市

    19日、中国海南省三亜市の崖州湾科技城に建設中の深海科技イノベーション公共プラットフォームプロジェクト。(小型無人機から)中国海南省三亜市の崖州湾科技城の深海科技イノベーション公共プラットフォームプロジェクトは現在、整然と建設が進んでいる。同プロジェクトは中国建築第六工程局が請け負っており、完成後は深海関連の科学技術と科学教育の研究開発産業の発展に焦点を当て、海洋関連大学の科学技術研究開発や科学技術成果実用化などの公共ニーズに応え、深海科学技術のハイレベル人材が集まる産業、学術、研究の集積地形成を目指す。(三亜=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:02.06
    2021年03月23日
    公示地価6年ぶりマイナス 銀座山野楽器と福岡・熊本空撮

    国土交通省が23日発表した公示地価(1月1日時点)は全用途の全国平均が前年比マイナス0・5%で、6年ぶりに下落した。前年上昇率と今回下落率との差は1・9ポイントで、リーマン・ショック後の2009年以来の下落幅。新型コロナウイルス感染症による土地需要減退が大都市の商業地を直撃した。 <映像内容>15年連続最高価格の東京都中央区「山野楽器銀座本店」周辺の雑観(14日撮影)下落率1位の熊本県人吉市(相良町7の20周辺)空撮(19日撮影)上昇率が福岡市1位で全国2位の福岡市中央区清川2の4の19のウインステージ天神南周辺の空撮(19日撮影)九州沖縄最高値の福岡市中央区天神1丁目「天神コアビル」跡地の空撮、撮影日:2021(令和3)年3月23日、撮影場所:東京都中央区

    撮影: 2021(令和3)年3月23日

  • 2021年03月23日
    (2)雄安新区容東エリアの立ち退き移住者向け住宅、建設進む

    17日、河北省雄安新区容東エリアで建設が進む立ち退き移住者向け住宅。(小型無人機から)中国河北省雄安新区管理委員会によると、同区容東エリアで進行中の立ち退き移住者向け住宅の建設プロジェクトは16日までに、833棟が棟上げを終え、外装・内装工事や仕上げ工事も同時進行しているという。(雄安=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...