KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 新型コロナウイルス
  • 新型肺炎
  • 日本環境
  • 環境衛生
  • オンライン科学
  • カウンセラー
  • カウンセリング
  • センター会長
  • ページビュー
  • ホットライン

「衛生センター」の写真・映像

絞り込み
  • 期間を指定
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
21
( 1 21 件を表示)
  • 1
21
( 1 21 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月06日
    (2)中国製ワクチンは安全で信頼できるジョージア保健相

    5日、ジョージアの首都トビリシで行われた記者会見に出席したチカラゼ保健相(右)とジョージア国立疾病管理公衆衛生センター(NCDC)のガムクレリゼ所長。ジョージア(グルジア)のチカラゼ保健相は5日、首都トビリシで行われた記者会見で、中国医薬集団(シノファーム)製の新型コロナウイルスワクチンは安全で信頼でき、ジョージアの感染対策に重要な役割を果たしていると述べた。また、中国はジョージアに向け、大量の感染対策物資を寄贈し、感染対策業務を強力に促進したと指摘した。(ジョージア=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    24時間ホットラインで心のケアに尽力江蘇省蘇州市

    5日、江蘇省蘇州市の心理衛生センターのホットライン事務室で、電話で話をする心理カウンセラーの権昕(けん・きん)さん。中国江蘇省蘇州市は1月22日、臨床心理学の専門家と心理カウンセラー、心理学専攻のボランティアなどによる心のケアチームを結成、一般の人々を対象に新型コロナウイルスによる肺炎流行下での悩みについて無料カウンセリングを実施している。同チームは24時間のホットラインを開設、2月29日までに983件の電話相談に対応した。心理問題についてのオンライン科学知識普及資料と講座のページビュー数も52万5千に達した。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    24時間ホットラインで心のケアに尽力江蘇省蘇州市

    5日、江蘇省蘇州市の心理衛生センターのホットライン事務室で、人々からの電話相談に対応する心理学専攻のボランティア、皇甫瑞(こうほ・ずい)さん。中国江蘇省蘇州市は1月22日、臨床心理学の専門家と心理カウンセラー、心理学専攻のボランティアなどによる心のケアチームを結成、一般の人々を対象に新型コロナウイルスによる肺炎流行下での悩みについて無料カウンセリングを実施している。同チームは24時間のホットラインを開設、2月29日までに983件の電話相談に対応した。心理問題についてのオンライン科学知識普及資料と講座のページビュー数も52万5千に達した。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    24時間ホットラインで心のケアに尽力江蘇省蘇州市

    5日、江蘇省蘇州市の心理衛生センターのホットライン事務室で、電話をかけてきた人々の相談に乗る時にメモをする皇甫瑞(こうほ・ずい)さん。中国江蘇省蘇州市は1月22日、臨床心理学の専門家と心理カウンセラー、心理学専攻のボランティアなどによる心のケアチームを結成、一般の人々を対象に新型コロナウイルスによる肺炎流行下での悩みについて無料カウンセリングを実施している。同チームは24時間のホットラインを開設、2月29日までに983件の電話相談に対応した。心理問題についてのオンライン科学知識普及資料と講座のページビュー数も52万5千に達した。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    24時間ホットラインで心のケアに尽力江蘇省蘇州市

    5日、江蘇省蘇州市の心理衛生センターのホットライン事務室で、人々からの電話相談に対応する心理学専攻のボランティア、皇甫瑞(こうほ・ずい)さん。中国江蘇省蘇州市は1月22日、臨床心理学の専門家と心理カウンセラー、心理学専攻のボランティアなどによる心のケアチームを結成、一般の人々を対象に新型コロナウイルスによる肺炎流行下での悩みについて無料カウンセリングを実施している。同チームは24時間のホットラインを開設、2月29日までに983件の電話相談に対応した。心理問題についてのオンライン科学知識普及資料と講座のページビュー数も52万5千に達した。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    24時間ホットラインで心のケアに尽力江蘇省蘇州市

    5日、江蘇省蘇州市の心理衛生センターのホットライン事務室で、電話をかけてきた人々の相談に乗る心理カウンセラーの権昕(けん・きん)さん。中国江蘇省蘇州市は1月22日、臨床心理学の専門家と心理カウンセラー、心理学専攻のボランティアなどによる心のケアチームを結成、一般の人々を対象に新型コロナウイルスによる肺炎流行下での悩みについて無料カウンセリングを実施している。同チームは24時間のホットラインを開設、2月29日までに983件の電話相談に対応した。心理問題についてのオンライン科学知識普及資料と講座のページビュー数も52万5千に達した。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    24時間ホットラインで心のケアに尽力江蘇省蘇州市

    5日、江蘇省蘇州市の心理衛生センターのホットライン事務室で、電話をかけてきた人々の相談に乗る心理カウンセラーの権昕(けん・きん)さん。中国江蘇省蘇州市は1月22日、臨床心理学の専門家と心理カウンセラー、心理学専攻のボランティアなどによる心のケアチームを結成、一般の人々を対象に新型コロナウイルスによる肺炎流行下での悩みについて無料カウンセリングを実施している。同チームは24時間のホットラインを開設、2月29日までに983件の電話相談に対応した。心理問題についてのオンライン科学知識普及資料と講座のページビュー数も52万5千に達した。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    24時間ホットラインで心のケアに尽力江蘇省蘇州市

    5日、江蘇省蘇州市の心理衛生センターのホットライン事務室で、スマートフォン上の心理カウンセリングサイトを見せるカウンセラーの権昕(けん・きん)さん。中国江蘇省蘇州市は1月22日、臨床心理学の専門家と心理カウンセラー、心理学専攻のボランティアなどによる心のケアチームを結成、一般の人々を対象に新型コロナウイルスによる肺炎流行下での悩みについて無料カウンセリングを実施している。同チームは24時間のホットラインを開設、2月29日までに983件の電話相談に対応した。心理問題についてのオンライン科学知識普及資料と講座のページビュー数も52万5千に達した。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    24時間ホットラインで心のケアに尽力江蘇省蘇州市

    5日、江蘇省蘇州市の心理衛生センターのホットライン事務室で、人々からの電話相談に対応する心理学専攻のボランティア、皇甫瑞(こうほ・ずい)さん。中国江蘇省蘇州市は1月22日、臨床心理学の専門家と心理カウンセラー、心理学専攻のボランティアなどによる心のケアチームを結成、一般の人々を対象に新型コロナウイルスによる肺炎流行下での悩みについて無料カウンセリングを実施している。同チームは24時間のホットラインを開設、2月29日までに983件の電話相談に対応した。心理問題についてのオンライン科学知識普及資料と講座のページビュー数も52万5千に達した。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:55.26
    2020年02月17日
    「新華社」500床の西安市公共衛生センター10日間で完成、運用開始

    中国陝西省で建設が進められていた西安市公共衛生センターは17日、10日間の突貫工事を経て完成し、ベッド数500床の応急隔離病棟が引き渡された。今後、新型コロナウイルスによる肺炎患者を集中的に収容・治療する。同センターは特殊病室標準設計に基づき、9病棟と集中治療室(ICU)1室を備えており、院内感染を防ぐため病室は全て陰圧室になっている。病棟は清潔区域、準清潔区域、汚染区域に分かれ、医療スタッフと患者は別の通路を使用する。病棟には薬や食べ物の受け渡し用に廊下と病室の両側から開くことができる二重扉構造のパスボックスを設置した。西安市は現時点で、臨床医と看護師475人、医療技術者と事務職員191人の計666人を15の医療機関から同センターに振り向け、受け入れ患者の治療態勢を整えている。(記者/張晨俊)<映像内容>西安市公共衛生センターの応急隔離病棟が完成、撮影日:2020(令和2)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:47.40
    2017年02月01日
    東京五輪 4月からメダル用金属を回収 提供を呼び掛け

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は1日、東京都内で理事会を開き、大会のメダルに活用するリサイクル金属の回収を4月から始める方針を報告した。不要となった携帯電話や小型家電の回収を全国に呼び掛ける。NTTドコモと廃棄物処理などを手掛ける日本環境衛生センターが事業協力者に決まり、近く回収方法など詳細を公表する。〈映像内容〉メダルに「都市鉱山」を活用するプロジェクトについて説明する小野日子スポークスパーソン、谷本歩実理事、室伏広治スポーツ局長、フォトセッションなど、撮影日:2017(平成29)年2月1日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2017(平成29)年2月1日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年04月15日
    頭を下げる渡辺社長 プリンスホテルを厳重注意

    記者会見の冒頭、頭を下げるプリンスホテルの渡辺幸弘社長=15日午後、東京・六本木の港区みなと保健所生活衛生センター

    撮影: 15日午後、東京・六本木の港区みなと保健所生活衛生センター

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1998年12月04日
    ガイド本 パソコン作業の健康ガイド

    全国労働安全衛生センター連絡会議が出版した「心とからだに優しいパソコン活用ガイド」

  • 1980年05月23日
    (ほりこし・ていぞう) 堀越禎三

    経団連副会長、交流協会(自治)会長、勲一等受章、日本環境衛生センター会長=1980(昭和55)年4月24日撮影

  • 1974年03月29日
    (ほりこし・ていぞう) 堀越禎三

    経団連副会長、交流協会(自治)会長、日本環境衛生センター会長、勲一等受章=1973(昭和48)年12月13日撮影

  • 1973年02月22日
    (ほりこし・ていぞう) 堀越禎三

    経団連副会長、交流協会(自治)会長、勲一等受章、日本環境衛生センター会長=1972(昭和47)年12月1日撮影

  • 1969年03月14日
    (ほりこし・ていぞう) 堀越禎三

    経団連副会長、交流協会(自治)会長、日本環境衛生センター会長、勲一等受章=1969(昭和44)年1月24日撮影

  • 1968年07月25日
    (ほりこし・ていぞう) 堀越禎三

    経団連副会長、交流協会(自治)会長、勲一等受章、日本環境衛生センター会長=1968(昭和43)年7月25日出稿

  • 1968年05月24日
    (ほりこし・ていぞう) 堀越禎三

    経団連副会長、交流協会(自治)会長、日本環境衛生センター会長、勲一等受章=1968(昭和43)年5月24日撮影

  • 1966年10月14日
    (ほりこし・ていぞう) 堀越禎三

    経団連副会長、交流協会(自治)会長、日本環境衛生センター会長、勲一等受章=1966(昭和41)年10月14日撮影

  • 1964年05月21日
    (ほりこし・ていぞう) 堀越禎三

    経団連副会長、交流協会(自治)会長、勲一等受章、日本環境衛生センター会長=1964(昭和39)年5月6日撮影

  • 1