KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 貧困世帯
  • 協同組合
  • ドローン
  • 小型無人機
  • 黒竜江省
  • 栽培面積
  • 地元政府
  • 脱却支援
  • 堅塁攻略
  • 貧困扶助

「貧困脱却」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
1,910
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,910
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月21日
    (2)河套地域で肉牛飼育による増収を実現内モンゴル自治区

    14日、バヤンノール市臨河区干召廟鎮東風村で牛に餌を与える謝福德(しゃ・ふくとく)さん。中国内モンゴル自治区の河套地域(中国北西部で黄河上・中流が湾曲して流れる地域)に位置するバヤンノール市臨河区は2016年から、耕種農業が発達し畜産農業が盛んな農業・畜産業上の優位性に着目し、産業振興による貧困扶助の資金を利用して各貧困世帯に9千元(1元=約17円)の補助金を支給してきた。157世帯が支援を受けてシンメンタール種の母牛169頭を購入、貧困から脱却した世帯は肉牛飼育により1年間の平均純収入が2万元を超えた。現在では全世帯が貧困脱却を実現して地元の肉牛産業発展の基礎を築いている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (4)河套地域で肉牛飼育による増収を実現内モンゴル自治区

    14日、バヤンノール市臨河区八一郷新道村で牛に餌を与える康文銀(こう・ぶんぎん)さん。中国内モンゴル自治区の河套地域(中国北西部で黄河上・中流が湾曲して流れる地域)に位置するバヤンノール市臨河区は2016年から、耕種農業が発達し畜産農業が盛んな農業・畜産業上の優位性に着目し、産業振興による貧困扶助の資金を利用して各貧困世帯に9千元(1元=約17円)の補助金を支給してきた。157世帯が支援を受けてシンメンタール種の母牛169頭を購入、貧困から脱却した世帯は肉牛飼育により1年間の平均純収入が2万元を超えた。現在では全世帯が貧困脱却を実現して地元の肉牛産業発展の基礎を築いている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (6)河套地域で肉牛飼育による増収を実現内モンゴル自治区

    14日、バヤンノール市臨河区八一郷新道村で牛に餌を与える康文銀(こう・ぶんぎん)さん。中国内モンゴル自治区の河套地域(中国北西部で黄河上・中流が湾曲して流れる地域)に位置するバヤンノール市臨河区は2016年から、耕種農業が発達し畜産農業が盛んな農業・畜産業上の優位性に着目し、産業振興による貧困扶助の資金を利用して各貧困世帯に9千元(1元=約17円)の補助金を支給してきた。157世帯が支援を受けてシンメンタール種の母牛169頭を購入、貧困から脱却した世帯は肉牛飼育により1年間の平均純収入が2万元を超えた。現在では全世帯が貧困脱却を実現して地元の肉牛産業発展の基礎を築いている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (5)河套地域で肉牛飼育による増収を実現内モンゴル自治区

    14日、バヤンノール市臨河区干召廟鎮東風村で牛に餌を与える謝福德(しゃ・ふくとく)さん。中国内モンゴル自治区の河套地域(中国北西部で黄河上・中流が湾曲して流れる地域)に位置するバヤンノール市臨河区は2016年から、耕種農業が発達し畜産農業が盛んな農業・畜産業上の優位性に着目し、産業振興による貧困扶助の資金を利用して各貧困世帯に9千元(1元=約17円)の補助金を支給してきた。157世帯が支援を受けてシンメンタール種の母牛169頭を購入、貧困から脱却した世帯は肉牛飼育により1年間の平均純収入が2万元を超えた。現在では全世帯が貧困脱却を実現して地元の肉牛産業発展の基礎を築いている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (3)河套地域で肉牛飼育による増収を実現内モンゴル自治区

    14日、バヤンノール市臨河区烏蘭図克鎮前進村で牛に餌を与える袁躍平(えん・やくへい)さん。中国内モンゴル自治区の河套地域(中国北西部で黄河上・中流が湾曲して流れる地域)に位置するバヤンノール市臨河区は2016年から、耕種農業が発達し畜産農業が盛んな農業・畜産業上の優位性に着目し、産業振興による貧困扶助の資金を利用して各貧困世帯に9千元(1元=約17円)の補助金を支給してきた。157世帯が支援を受けてシンメンタール種の母牛169頭を購入、貧困から脱却した世帯は肉牛飼育により1年間の平均純収入が2万元を超えた。現在では全世帯が貧困脱却を実現して地元の肉牛産業発展の基礎を築いている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (1)河套地域で肉牛飼育による増収を実現内モンゴル自治区

    14日、バヤンノール市臨河区烏蘭図克鎮前進村で牛に餌を与える袁躍平(えん・やくへい)さん。中国内モンゴル自治区の河套地域(中国北西部で黄河上・中流が湾曲して流れる地域)に位置するバヤンノール市臨河区は2016年から、耕種農業が発達し畜産農業が盛んな農業・畜産業上の優位性に着目し、産業振興による貧困扶助の資金を利用して各貧困世帯に9千元(1元=約17円)の補助金を支給してきた。157世帯が支援を受けてシンメンタール種の母牛169頭を購入、貧困から脱却した世帯は肉牛飼育により1年間の平均純収入が2万元を超えた。現在では全世帯が貧困脱却を実現して地元の肉牛産業発展の基礎を築いている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (2)農村観光で村に活気が戻り、収入増を実現山西省陵川県

    松廟村の民宿。(3月18日撮影)中国山西省陵川県松廟村は、太行山脈の奥深くに位置し、県城(県政府所在地)からは約30キロ離れている。森林が多く、耕地が少なく、交通の便も悪いため、かつては貧困人口の割合が半分以上を占める貧しい村だった。村の人々は次々と山を出て行き、わずかな高齢者だけが残され、いわゆる「空洞村」に近付いていた。2020年5月、同県は松廟村の健康介護タウン計画を打ち出し、村の農村観光業の発展を支援した。美しく改装されたスタイルの異なる農村家屋がいくつも建てられ、800平方メートル余りの木造生態(エコ)レストランが完成したほか、22軒の高級木造家屋や第1期4戸のモデル民宿のリフォームも完了し、20年8月の開業以来、1日平均千人以上の観光客が訪れている。村の変化とビジネスチャンスを目にした住民は次々と村に戻り、プロジェクトへの参加や農家楽(アグリツーリズム)の開始、民宿での勤務などにより、大幅な収入増と貧困脱却を果たし、新たな仕事も手にするようになった。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (1)農村観光で村に活気が戻り、収入増を実現山西省陵川県

    古民家を改築した民宿。(3月4日撮影)中国山西省陵川県松廟村は、太行山脈の奥深くに位置し、県城(県政府所在地)からは約30キロ離れている。森林が多く、耕地が少なく、交通の便も悪いため、かつては貧困人口の割合が半分以上を占める貧しい村だった。村の人々は次々と山を出て行き、わずかな高齢者だけが残され、いわゆる「空洞村」に近付いていた。2020年5月、同県は松廟村の健康介護タウン計画を打ち出し、村の農村観光業の発展を支援した。美しく改装されたスタイルの異なる農村家屋がいくつも建てられ、800平方メートル余りの木造生態(エコ)レストランが完成したほか、22軒の高級木造家屋や第1期4戸のモデル民宿のリフォームも完了し、20年8月の開業以来、1日平均千人以上の観光客が訪れている。村の変化とビジネスチャンスを目にした住民は次々と村に戻り、プロジェクトへの参加や農家楽(アグリツーリズム)の開始、民宿での勤務などにより、大幅な収入増と貧困脱却を果たし、新たな仕事も手にするようになった。(太原=新華社記者/李紫薇)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (3)アブラツバキ産業のエコ化で増収後押し貴州省玉屏トン族自治県

    6日、玉屏トン族自治県の種苗育成基地で、アブラツバキの苗を管理する農家の人。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県は「アブラツバキの里」として知られる。ここ数年は、アブラツバキ産業が貧困脱却の成果を固め、農村振興を進める重要な担い手となっており、荒山や宅地の庭、田畑の脇などでも栽培が行われている。研究機関や大学などと協力した品種育成にも力を入れ、種苗育成基地や研究基地を設立したほか、アブラツバキの加工やエコツーリズムへの取り組みも強化した。地元農家の収入は持続的に増加し、環境的、経済的、社会的効果を上げている。(銅仁=新華社配信/范暉)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (7)アブラツバキ産業のエコ化で増収後押し貴州省玉屏トン族自治県

    6日、玉屏トン族自治県朱家場鎮茅坡村で、アブラツバキの手入れをする農家の人。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県は「アブラツバキの里」として知られる。ここ数年は、アブラツバキ産業が貧困脱却の成果を固め、農村振興を進める重要な担い手となっており、荒山や宅地の庭、田畑の脇などでも栽培が行われている。研究機関や大学などと協力した品種育成にも力を入れ、種苗育成基地や研究基地を設立したほか、アブラツバキの加工やエコツーリズムへの取り組みも強化した。地元農家の収入は持続的に増加し、環境的、経済的、社会的効果を上げている。(銅仁=新華社配信/胡攀学)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (4)農村観光で村に活気が戻り、収入増を実現山西省陵川県

    空から見た松廟村。(2020年7月撮影)中国山西省陵川県松廟村は、太行山脈の奥深くに位置し、県城(県政府所在地)からは約30キロ離れている。森林が多く、耕地が少なく、交通の便も悪いため、かつては貧困人口の割合が半分以上を占める貧しい村だった。村の人々は次々と山を出て行き、わずかな高齢者だけが残され、いわゆる「空洞村」に近付いていた。2020年5月、同県は松廟村の健康介護タウン計画を打ち出し、村の農村観光業の発展を支援した。美しく改装されたスタイルの異なる農村家屋がいくつも建てられ、800平方メートル余りの木造生態(エコ)レストランが完成したほか、22軒の高級木造家屋や第1期4戸のモデル民宿のリフォームも完了し、20年8月の開業以来、1日平均千人以上の観光客が訪れている。村の変化とビジネスチャンスを目にした住民は次々と村に戻り、プロジェクトへの参加や農家楽(アグリツーリズム)の開始、民宿での勤務などにより、大幅な収入増と貧困脱却を果たし、新たな仕事も手にするようになった。(太原=新華社記者/李紫薇)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月07日
    (5)アンズの花で地域の魅力向上新疆ウイグル自治区

    3月31日、新疆ウイグル自治区アクト県タル・タジク族郷巴格艾格孜村のアンズの木に囲まれた農家。(小型無人機から)パミール高原に位置する中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州アクト県タル・タジク族郷は現在、アンズの花が満開を迎え、訪れた大勢の観光客を魅了している。昨年貧困脱却を実現した同県ではインフラ整備が進み、多くの農民や牧畜民が観光に携わることでますます豊かな生活を送れるようになった。(アクト=新華社記者/趙戈)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (2)アブラツバキ産業のエコ化で増収後押し貴州省玉屏トン族自治県

    6日、玉屏トン族自治県の種苗育成基地で、アブラツバキの苗を管理する農家の人。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県は「アブラツバキの里」として知られる。ここ数年は、アブラツバキ産業が貧困脱却の成果を固め、農村振興を進める重要な担い手となっており、荒山や宅地の庭、田畑の脇などでも栽培が行われている。研究機関や大学などと協力した品種育成にも力を入れ、種苗育成基地や研究基地を設立したほか、アブラツバキの加工やエコツーリズムへの取り組みも強化した。地元農家の収入は持続的に増加し、環境的、経済的、社会的効果を上げている。(銅仁=新華社配信/范暉)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (1)アブラツバキ産業のエコ化で増収後押し貴州省玉屏トン族自治県

    6日、玉屏トン族自治県朱家場鎮茅坡村で、アブラツバキの手入れをする農家の人。(小型無人機から)中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県は「アブラツバキの里」として知られる。ここ数年は、アブラツバキ産業が貧困脱却の成果を固め、農村振興を進める重要な担い手となっており、荒山や宅地の庭、田畑の脇などでも栽培が行われている。研究機関や大学などと協力した品種育成にも力を入れ、種苗育成基地や研究基地を設立したほか、アブラツバキの加工やエコツーリズムへの取り組みも強化した。地元農家の収入は持続的に増加し、環境的、経済的、社会的効果を上げている。(銅仁=新華社配信/胡攀学)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (4)アブラツバキ産業のエコ化で増収後押し貴州省玉屏トン族自治県

    6日、玉屏トン族自治県の種苗育成基地で、アブラツバキの苗を管理する農家の人。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県は「アブラツバキの里」として知られる。ここ数年は、アブラツバキ産業が貧困脱却の成果を固め、農村振興を進める重要な担い手となっており、荒山や宅地の庭、田畑の脇などでも栽培が行われている。研究機関や大学などと協力した品種育成にも力を入れ、種苗育成基地や研究基地を設立したほか、アブラツバキの加工やエコツーリズムへの取り組みも強化した。地元農家の収入は持続的に増加し、環境的、経済的、社会的効果を上げている。(銅仁=新華社配信/胡攀学)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (5)アブラツバキ産業のエコ化で増収後押し貴州省玉屏トン族自治県

    6日、玉屏トン族自治県朱家場鎮毛坡村で、アブラツバキの苗木を植える農家の人。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県は「アブラツバキの里」として知られる。ここ数年は、アブラツバキ産業が貧困脱却の成果を固め、農村振興を進める重要な担い手となっており、荒山や宅地の庭、田畑の脇などでも栽培が行われている。研究機関や大学などと協力した品種育成にも力を入れ、種苗育成基地や研究基地を設立したほか、アブラツバキの加工やエコツーリズムへの取り組みも強化した。地元農家の収入は持続的に増加し、環境的、経済的、社会的効果を上げている。(銅仁=新華社配信/范暉)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (6)アブラツバキ産業のエコ化で増収後押し貴州省玉屏トン族自治県

    6日、玉屏トン族自治県朱家場鎮毛坡村で、アブラツバキの手入れをする農家の人。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県は「アブラツバキの里」として知られる。ここ数年は、アブラツバキ産業が貧困脱却の成果を固め、農村振興を進める重要な担い手となっており、荒山や宅地の庭、田畑の脇などでも栽培が行われている。研究機関や大学などと協力した品種育成にも力を入れ、種苗育成基地や研究基地を設立したほか、アブラツバキの加工やエコツーリズムへの取り組みも強化した。地元農家の収入は持続的に増加し、環境的、経済的、社会的効果を上げている。(銅仁=新華社配信/范暉)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (3)農村観光で村に活気が戻り、収入増を実現山西省陵川県

    松廟村の民宿の室内。(3月4日撮影)中国山西省陵川県松廟村は、太行山脈の奥深くに位置し、県城(県政府所在地)からは約30キロ離れている。森林が多く、耕地が少なく、交通の便も悪いため、かつては貧困人口の割合が半分以上を占める貧しい村だった。村の人々は次々と山を出て行き、わずかな高齢者だけが残され、いわゆる「空洞村」に近付いていた。2020年5月、同県は松廟村の健康介護タウン計画を打ち出し、村の農村観光業の発展を支援した。美しく改装されたスタイルの異なる農村家屋がいくつも建てられ、800平方メートル余りの木造生態(エコ)レストランが完成したほか、22軒の高級木造家屋や第1期4戸のモデル民宿のリフォームも完了し、20年8月の開業以来、1日平均千人以上の観光客が訪れている。村の変化とビジネスチャンスを目にした住民は次々と村に戻り、プロジェクトへの参加や農家楽(アグリツーリズム)の開始、民宿での勤務などにより、大幅な収入増と貧困脱却を果たし、新たな仕事も手にするようになった。(太原=新華社記者/李紫薇)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月17日
    (2)河北省威県で春の育苗順調

    11日、河北省邢台市威県の育苗拠点で育苗トレーを整理する従業員。中国河北省邢台(けいだい)市威県では現在、青果の育苗が順調に進んでいる。同県はここ数年、地元農業の特色に合わせ、育苗の専門化と経営の産業化に力を入れてきた。市場の需要に応えて種苗の受注栽培を普及させ、住民らの収入増につなげることで、貧困脱却を着実に進めるとともに、農村の振興を後押ししている。(石家荘=新華社記者/朱旭東)= 配信日: 2021(令和3)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月17日
    (1)河北省威県で春の育苗順調

    11日、河北省邢台市威県の育苗拠点で野菜の苗に水をやる従業員。中国河北省邢台(けいだい)市威県では現在、青果の育苗が順調に進んでいる。同県はここ数年、地元農業の特色に合わせ、育苗の専門化と経営の産業化に力を入れてきた。市場の需要に応えて種苗の受注栽培を普及させ、住民らの収入増につなげることで、貧困脱却を着実に進めるとともに、農村の振興を後押ししている。(石家荘=新華社記者/朱旭東)= 配信日: 2021(令和3)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月17日
    (5)河北省威県で春の育苗順調

    11日、河北省邢台市威県の育苗拠点で苗の生育状況を確認する従業員。中国河北省邢台(けいだい)市威県では現在、青果の育苗が順調に進んでいる。同県はここ数年、地元農業の特色に合わせ、育苗の専門化と経営の産業化に力を入れてきた。市場の需要に応えて種苗の受注栽培を普及させ、住民らの収入増につなげることで、貧困脱却を着実に進めるとともに、農村の振興を後押ししている。(石家荘=新華社記者/朱旭東)= 配信日: 2021(令和3)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月17日
    (3)河北省威県で春の育苗順調

    11日、河北省邢台市威県の育苗拠点で苗の生育状況を確認する従業員。中国河北省邢台(けいだい)市威県では現在、青果の育苗が順調に進んでいる。同県はここ数年、地元農業の特色に合わせ、育苗の専門化と経営の産業化に力を入れてきた。市場の需要に応えて種苗の受注栽培を普及させ、住民らの収入増につなげることで、貧困脱却を着実に進めるとともに、農村の振興を後押ししている。(石家荘=新華社記者/朱旭東)= 配信日: 2021(令和3)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月17日
    (4)河北省威県で春の育苗順調

    11日、河北省邢台市威県の育苗拠点で野菜の苗を箱詰めする従業員。中国河北省邢台(けいだい)市威県では現在、青果の育苗が順調に進んでいる。同県はここ数年、地元農業の特色に合わせ、育苗の専門化と経営の産業化に力を入れてきた。市場の需要に応えて種苗の受注栽培を普及させ、住民らの収入増につなげることで、貧困脱却を着実に進めるとともに、農村の振興を後押ししている。(石家荘=新華社記者/朱旭東)= 配信日: 2021(令和3)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月10日
    (3)農村に「美」を提供、就業支援で地元女性が活躍カシュガル市

    5日、新疆ウイグル自治区カシュガル市ネゼルバグ鎮前進村の「靚髪屋」で、メークをしてもらった後に仕上がりを確認する女性。中国新疆ウイグル自治区南部の農村では、女性の起業や就職を支援する貧困脱却プロジェクト「靚髪屋」の支援でオープンした美容サロンやブティックが、地元女性の人気を集めている。プロジェクトの無償研修で手に職を付けた女性たちが、ヘアカットやメーク、フォーマルドレスなどのサービスを提供している。靚髪屋プロジェクトは、同自治区の婦女連合会が南部の約2千の深刻な貧困村で数年かけて展開した後、自治区内の他の地区にも広げ、農村女性が自宅近くで働けるよう支援を続けている。これまでに1万人余りの女性がメークやヘアカットなどの技術研修に参加し、約5千人が技術を生かした仕事に就いている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月10日
    (1)農村に「美」を提供、就業支援で地元女性が活躍カシュガル市

    4日、新疆ウイグル自治区カシュガル市ネゼルバグ鎮前進村の「靚髪屋」で、口紅を塗ってもらうウイグル族の女性。中国新疆ウイグル自治区南部の農村では、女性の起業や就職を支援する貧困脱却プロジェクト「靚髪屋」の支援でオープンした美容サロンやブティックが、地元女性の人気を集めている。プロジェクトの無償研修で手に職を付けた女性たちが、ヘアカットやメーク、フォーマルドレスなどのサービスを提供している。靚髪屋プロジェクトは、同自治区の婦女連合会が南部の約2千の深刻な貧困村で数年かけて展開した後、自治区内の他の地区にも広げ、農村女性が自宅近くで働けるよう支援を続けている。これまでに1万人余りの女性がメークやヘアカットなどの技術研修に参加し、約5千人が技術を生かした仕事に就いている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月10日
    (5)農村に「美」を提供、就業支援で地元女性が活躍カシュガル市

    5日、新疆ウイグル自治区カシュガル市ネゼルバグ鎮群布斯村の「靚髪屋」で、客にドレスを見せる店主の女性。中国新疆ウイグル自治区南部の農村では、女性の起業や就職を支援する貧困脱却プロジェクト「靚髪屋」の支援でオープンした美容サロンやブティックが、地元女性の人気を集めている。プロジェクトの無償研修で手に職を付けた女性たちが、ヘアカットやメーク、フォーマルドレスなどのサービスを提供している。靚髪屋プロジェクトは、同自治区の婦女連合会が南部の約2千の深刻な貧困村で数年かけて展開した後、自治区内の他の地区にも広げ、農村女性が自宅近くで働けるよう支援を続けている。これまでに1万人余りの女性がメークやヘアカットなどの技術研修に参加し、約5千人が技術を生かした仕事に就いている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月10日
    (8)農村に「美」を提供、就業支援で地元女性が活躍カシュガル市

    4日、新疆ウイグル自治区カシュガル市ネゼルバグ鎮前進村の「靚髪屋」で、客の髪を整える美容師の女性。中国新疆ウイグル自治区南部の農村では、女性の起業や就職を支援する貧困脱却プロジェクト「靚髪屋」の支援でオープンした美容サロンやブティックが、地元女性の人気を集めている。プロジェクトの無償研修で手に職を付けた女性たちが、ヘアカットやメーク、フォーマルドレスなどのサービスを提供している。靚髪屋プロジェクトは、同自治区の婦女連合会が南部の約2千の深刻な貧困村で数年かけて展開した後、自治区内の他の地区にも広げ、農村女性が自宅近くで働けるよう支援を続けている。これまでに1万人余りの女性がメークやヘアカットなどの技術研修に参加し、約5千人が技術を生かした仕事に就いている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月10日
    (2)農村に「美」を提供、就業支援で地元女性が活躍カシュガル市

    5日、新疆ウイグル自治区カシュガル市ネゼルバグ鎮前進村の「靚髪屋」で、ヘアカットやカラーなどの順番を待つ女性たち。中国新疆ウイグル自治区南部の農村では、女性の起業や就職を支援する貧困脱却プロジェクト「靚髪屋」の支援でオープンした美容サロンやブティックが、地元女性の人気を集めている。プロジェクトの無償研修で手に職を付けた女性たちが、ヘアカットやメーク、フォーマルドレスなどのサービスを提供している。靚髪屋プロジェクトは、同自治区の婦女連合会が南部の約2千の深刻な貧困村で数年かけて展開した後、自治区内の他の地区にも広げ、農村女性が自宅近くで働けるよう支援を続けている。これまでに1万人余りの女性がメークやヘアカットなどの技術研修に参加し、約5千人が技術を生かした仕事に就いている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月10日
    (6)農村に「美」を提供、就業支援で地元女性が活躍カシュガル市

    4日、新疆ウイグル自治区カシュガル市ネゼルバグ鎮群布斯村の「靚髪屋」で、客にメークをする店主の女性。中国新疆ウイグル自治区南部の農村では、女性の起業や就職を支援する貧困脱却プロジェクト「靚髪屋」の支援でオープンした美容サロンやブティックが、地元女性の人気を集めている。プロジェクトの無償研修で手に職を付けた女性たちが、ヘアカットやメーク、フォーマルドレスなどのサービスを提供している。靚髪屋プロジェクトは、同自治区の婦女連合会が南部の約2千の深刻な貧困村で数年かけて展開した後、自治区内の他の地区にも広げ、農村女性が自宅近くで働けるよう支援を続けている。これまでに1万人余りの女性がメークやヘアカットなどの技術研修に参加し、約5千人が技術を生かした仕事に就いている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月10日
    (4)農村に「美」を提供、就業支援で地元女性が活躍カシュガル市

    5日、新疆ウイグル自治区カシュガル市ネゼルバグ鎮群布斯村の「靚髪屋」で、客にドレスを見せる店主の女性。中国新疆ウイグル自治区南部の農村では、女性の起業や就職を支援する貧困脱却プロジェクト「靚髪屋」の支援でオープンした美容サロンやブティックが、地元女性の人気を集めている。プロジェクトの無償研修で手に職を付けた女性たちが、ヘアカットやメーク、フォーマルドレスなどのサービスを提供している。靚髪屋プロジェクトは、同自治区の婦女連合会が南部の約2千の深刻な貧困村で数年かけて展開した後、自治区内の他の地区にも広げ、農村女性が自宅近くで働けるよう支援を続けている。これまでに1万人余りの女性がメークやヘアカットなどの技術研修に参加し、約5千人が技術を生かした仕事に就いている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月10日
    (7)農村に「美」を提供、就業支援で地元女性が活躍カシュガル市

    5日、新疆ウイグル自治区カシュガル市ネゼルバグ鎮群布斯村の「靚髪屋」で、ウエディングドレスを整える店主の女性。中国新疆ウイグル自治区南部の農村では、女性の起業や就職を支援する貧困脱却プロジェクト「靚髪屋」の支援でオープンした美容サロンやブティックが、地元女性の人気を集めている。プロジェクトの無償研修で手に職を付けた女性たちが、ヘアカットやメーク、フォーマルドレスなどのサービスを提供している。靚髪屋プロジェクトは、同自治区の婦女連合会が南部の約2千の深刻な貧困村で数年かけて展開した後、自治区内の他の地区にも広げ、農村女性が自宅近くで働けるよう支援を続けている。これまでに1万人余りの女性がメークやヘアカットなどの技術研修に参加し、約5千人が技術を生かした仕事に就いている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:57.62
    2021年03月08日
    「新華社」江西省神山村、農村観光業で豊かな暮らしを実現

    中国江西省井岡山(せいこうざん)市は2017年2月、全国各地に先駆けて貧困脱却を実現した。同市の山間に位置する神山村はかつて、市内で最も辺ぴな貧困村の一つだったが、今では美しい休暇村となった。観光客の増加に伴い、同村のさまざまな特産品も人気を集めている。地元政府が貧困削減の効果をさらに向上させる一連の措置を講じたことで、同村では現在、16世帯が「農家楽」(アグリツーリズム)を経営、5世帯が民宿を開業し、村民の80%が農村観光業に携わるようになっている。同村の1人当たり平均年収は3千元(1元=約17円)足らずから2万元超に増加した。(記者/黄和遜、彭菁)=配信日:2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (2)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、四弦胡琴の演奏を披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (6)縫製糸の生産・輸出で貧困脱却支援甘粛省東郷族自治県

    3日、方大麗明紡織の貧困脱却支援作業場にあるポリエステル縫製糸の生産ラインで働く従業員。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県達板鎮にある紡績企業、方大麗明紡織では昨年6月、貧困脱却支援作業場が完成し、生産を開始した。主にポリエステル縫製糸製品を生産しており、これまでに「中亜班列」(中国と中央アジアを結ぶ国際貨物列車)や海運などのルートを通じ、同製品千トン以上をウズベキスタンやエジプト、トルコ、マレーシアなどに輸出している。(東郷=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (6)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、四弦胡琴の演奏を披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (10)縫製糸の生産・輸出で貧困脱却支援甘粛省東郷族自治県

    3日、方大麗明紡織の貧困脱却支援作業場で、ポリエステル縫製糸製品を梱包する従業員。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県達板鎮にある紡績企業、方大麗明紡織では昨年6月、貧困脱却支援作業場が完成し、生産を開始した。主にポリエステル縫製糸製品を生産しており、これまでに「中亜班列」(中国と中央アジアを結ぶ国際貨物列車)や海運などのルートを通じ、同製品千トン以上をウズベキスタンやエジプト、トルコ、マレーシアなどに輸出している。(東郷=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (9)縫製糸の生産・輸出で貧困脱却支援甘粛省東郷族自治県

    3日、方大麗明紡織の貧困脱却支援作業場にあるポリエステル縫製糸の生産ラインで働く従業員。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県達板鎮にある紡績企業、方大麗明紡織では昨年6月、貧困脱却支援作業場が完成し、生産を開始した。主にポリエステル縫製糸製品を生産しており、これまでに「中亜班列」(中国と中央アジアを結ぶ国際貨物列車)や海運などのルートを通じ、同製品千トン以上をウズベキスタンやエジプト、トルコ、マレーシアなどに輸出している。(東郷=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (8)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、四弦胡琴の演奏を披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (2)縫製糸の生産・輸出で貧困脱却支援甘粛省東郷族自治県

    3日、方大麗明紡織の貧困脱却支援作業場で、ポリエステル縫製糸製品を出荷する従業員。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県達板鎮にある紡績企業、方大麗明紡織では昨年6月、貧困脱却支援作業場が完成し、生産を開始した。主にポリエステル縫製糸製品を生産しており、これまでに「中亜班列」(中国と中央アジアを結ぶ国際貨物列車)や海運などのルートを通じ、同製品千トン以上をウズベキスタンやエジプト、トルコ、マレーシアなどに輸出している。(東郷=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (8)縫製糸の生産・輸出で貧困脱却支援甘粛省東郷族自治県

    3日、方大麗明紡織の貧困脱却支援作業場にあるポリエステル縫製糸の生産ラインで働く従業員。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県達板鎮にある紡績企業、方大麗明紡織では昨年6月、貧困脱却支援作業場が完成し、生産を開始した。主にポリエステル縫製糸製品を生産しており、これまでに「中亜班列」(中国と中央アジアを結ぶ国際貨物列車)や海運などのルートを通じ、同製品千トン以上をウズベキスタンやエジプト、トルコ、マレーシアなどに輸出している。(東郷=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (4)縫製糸の生産・輸出で貧困脱却支援甘粛省東郷族自治県

    3日、方大麗明紡織の貧困脱却支援作業場で、ポリエステル縫製糸製品を検品する従業員。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県達板鎮にある紡績企業、方大麗明紡織では昨年6月、貧困脱却支援作業場が完成し、生産を開始した。主にポリエステル縫製糸製品を生産しており、これまでに「中亜班列」(中国と中央アジアを結ぶ国際貨物列車)や海運などのルートを通じ、同製品千トン以上をウズベキスタンやエジプト、トルコ、マレーシアなどに輸出している。(東郷=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (5)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、ライブ配信で視聴者と交流する包蓮さんと妻の莫日根高娃さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (3)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、モンゴル族に伝わる語り歌いを披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (4)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、ライブ配信で四弦胡琴の演奏を披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (7)縫製糸の生産・輸出で貧困脱却支援甘粛省東郷族自治県

    3日、方大麗明紡織の貧困脱却支援作業場にあるポリエステル縫製糸の生産ラインで働く従業員。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県達板鎮にある紡績企業、方大麗明紡織では昨年6月、貧困脱却支援作業場が完成し、生産を開始した。主にポリエステル縫製糸製品を生産しており、これまでに「中亜班列」(中国と中央アジアを結ぶ国際貨物列車)や海運などのルートを通じ、同製品千トン以上をウズベキスタンやエジプト、トルコ、マレーシアなどに輸出している。(東郷=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (3)縫製糸の生産・輸出で貧困脱却支援甘粛省東郷族自治県

    3日、方大麗明紡織の貧困脱却支援作業場にあるポリエステル縫製糸の生産ラインで働く従業員。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県達板鎮にある紡績企業、方大麗明紡織では昨年6月、貧困脱却支援作業場が完成し、生産を開始した。主にポリエステル縫製糸製品を生産しており、これまでに「中亜班列」(中国と中央アジアを結ぶ国際貨物列車)や海運などのルートを通じ、同製品千トン以上をウズベキスタンやエジプト、トルコ、マレーシアなどに輸出している。(東郷=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (1)縫製糸の生産・輸出で貧困脱却支援甘粛省東郷族自治県

    3日、甘粛省東郷族自治県にある方大麗明紡織の貧困脱却支援作業場で、ポリエステル縫製糸製品をトラックに積み込む従業員。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県達板鎮にある紡績企業、方大麗明紡織では昨年6月、貧困脱却支援作業場が完成し、生産を開始した。主にポリエステル縫製糸製品を生産しており、これまでに「中亜班列」(中国と中央アジアを結ぶ国際貨物列車)や海運などのルートを通じ、同製品千トン以上をウズベキスタンやエジプト、トルコ、マレーシアなどに輸出している。(東郷=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (1)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、自身の新しい胡琴(左)と古い胡琴(右)を掲げる包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (7)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、モンゴル族に伝わる語り歌いを披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (5)縫製糸の生産・輸出で貧困脱却支援甘粛省東郷族自治県

    3日、方大麗明紡織の貧困脱却支援作業場で、ポリエステル縫製糸製品を運ぶ従業員。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県達板鎮にある紡績企業、方大麗明紡織では昨年6月、貧困脱却支援作業場が完成し、生産を開始した。主にポリエステル縫製糸製品を生産しており、これまでに「中亜班列」(中国と中央アジアを結ぶ国際貨物列車)や海運などのルートを通じ、同製品千トン以上をウズベキスタンやエジプト、トルコ、マレーシアなどに輸出している。(東郷=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.30
    2021年03月05日
    「新華社」健康茶「小葉苦丁茶」、10万ムーの収穫始まる貴州省余慶県

    中国貴州省遵義市余慶県は「小葉苦丁茶(しょうようくうていちゃ)の里」と呼ばれ、面積10万ムー(約6670ヘクタール)に及ぶ畑が収穫期を迎えている。小葉苦丁茶は薬用植物のモチノキ科のタラヨウで、健康茶として加工される。昨年の県内生産額は5億元(1元=約17円)に達し、市場需要は6500トンを超えた。同茶の栽培は地元の貧困脱却の難関攻略の成果を強固にし、農村振興を促進する重要産業の一つでもある。(記者/崔暁強) =配信日: 2021(令和3)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    (6)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、地元特産の農作物をライブ配信でPRする「大美同心」ECプラットフォームのキャスター。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    (2)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、元宵節(旧暦1月15日、今年は2月26日)期間中に販売する特産農作物の宣伝活動プランについて会議で話し合う「大美同心」ECプラットフォームのスタッフ。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    (3)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、展示されている地元特産の農作物を整える「大美同心」ECプラットフォームのスタッフ。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/唐如峰)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    (5)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、地元特産の農作物をオンラインで宣伝、販売する「大美同心」ECプラットフォームのスタッフ。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    (1)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、地元特産の農作物をライブ配信でPRする「大美同心」ECプラットフォームのキャスター。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    (4)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、展示されている地元特産製品の在庫を確認する「大美同心」ECプラットフォームのスタッフ。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/唐如峰)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:40.08
    2021年02月27日
    「新華社」中国の貧困削減の秘訣

    新華社中国の貧困削減の秘訣貧困、それは千年以上にわたる世界的難題。2012年、広大な中国の地が抱えていた貧困人口は1億人以上。中国は8年の時をかけて、この数字をゼロにしました。全ての人に唯一無二の物語があります。「私は最初に引っ越しに同意しました。今の生活よりは良くなると思ったからです。」「この心臓の病をとても憎みました。」「私は死んでも子供に学校に通わせます。」「家族のために努力しています。」「貧困から脱却して豊かになることに大きく影響します。私に何かできないでしょうか。」これは中国からの経験です。そして、世界の知恵でもあります。駐中国ヨルダン大使フサーム・アル・フサイニーこれは世界中の何億万人に関する物語です。国際労働機関(ILO)事務局長ガイ・ライダーこれは比類なき成果です。国連事務総長グテーレスこれは歴史上最も偉大な貧困脱却の成果です。新華社制作のドキュメンタリー「中国の貧困削減の秘訣」、ついに公開。 =配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:45.72
    2021年02月24日
    「新華社」春の日差し浴びて咲くカラミザクラ湖北省南漳県

    中国湖北省襄陽市南漳県城関鎮では、うららかな春の日差しの下、1万ムー(約667ヘクタール)以上にわたり植えられたカラミザクラが咲き誇っている。村は見渡す限り花で覆われ、多くの観光客が花見や写真撮影を楽しんでいる。同県はここ数年、農村振興戦略の実施に力を入れ、カラミザクラ栽培の発展に取り組んできた。サクランボ狩りのイベントや観光による貧困扶助活動を行い、農家の増産・増収と貧困脱却をけん引している。(記者/侯文坤)=配信日:2021(令和3)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (3)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    11日、「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を前に集合写真を撮るミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (4)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    11日、旧暦の新年を祝うミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (2)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    上:納雍県維新鎮坪子社区の改修前の村道。(2010年11月6日撮影)下:改修された坪子社区の道路。(2021年2月11日撮影)中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (7)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    10日、年越し用品を買うミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (8)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    10日、新居の前で旧居の写真を見せるミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (5)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    10日、伝統的な餅菓子「糍粑(ツーバ)」作りの準備をするミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (1)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    11日、新居の前で写真を撮るミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (6)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    11日、「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)の食卓で乾杯するミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (2)貧困を脱却し、新年の喜びをかみしめる甘粛省元古堆村

    5日、甘粛省定西市渭源県元古堆村で開かれた2020年度の分配大会。大会では同村の栽培専業合作社と観光開発企業が村民に配当金を分配した。中国甘粛省定西市渭源(いげん)県元古堆村はかつて、交通の不便と脆弱なインフラのため、貧困発生率が57%に達していた。貧困脱却堅塁攻略の開始後は、交通条件の改善や産業合作社(協同組合)の設立に取り組み、苗木育成や中国医学薬材、太陽光発電、農村観光などの産業発展に注力し、貧困世帯の就業と増収を後押ししてきた。同村は2018年末に村全体の貧困脱却を実現した。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (3)ミャオ族集落が歩んだ貧困脱却の道貴州省畢節市

    3日、貧困脱却事業の移転者向け住宅が集まる化屋村麻窩寨。(小型無人機から)中国貴州省畢節市黔西県新仁ミャオ族郷の化屋村は以前、「崖の下の村」を意味する「化屋基」と呼ばれていた。同村はここ数年、的確な貧困脱却支援の推進によって飛躍的に発展。2017年には貧困からの脱却を果たし、かつて貧困率が66・3%に達していた少数民族の村は、見違えるほど変貌した。化屋村の変化の歴史は、中国の少数民族地域が歩んだ貧困脱却の道の生きた縮図と言える。(黔西=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (1)ミャオ族集落が歩んだ貧困脱却の道貴州省畢節市

    3日、貧困脱却事業の移転者向け住宅が集まる化屋村麻窩寨。(小型無人機から)中国貴州省畢節市黔西県新仁ミャオ族郷の化屋村は以前、「崖の下の村」を意味する「化屋基」と呼ばれていた。同村はここ数年、的確な貧困脱却支援の推進によって飛躍的に発展。2017年には貧困からの脱却を果たし、かつて貧困率が66・3%に達していた少数民族の村は、見違えるほど変貌した。化屋村の変化の歴史は、中国の少数民族地域が歩んだ貧困脱却の道の生きた縮図と言える。(黔西=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (2)ミャオ族集落が歩んだ貧困脱却の道貴州省畢節市

    3日、貧困脱却事業の移転者向け住宅が集まる化屋村麻窩寨。(小型無人機から)中国貴州省畢節市黔西県新仁ミャオ族郷の化屋村は以前、「崖の下の村」を意味する「化屋基」と呼ばれていた。同村はここ数年、的確な貧困脱却支援の推進によって飛躍的に発展。2017年には貧困からの脱却を果たし、かつて貧困率が66・3%に達していた少数民族の村は、見違えるほど変貌した。化屋村の変化の歴史は、中国の少数民族地域が歩んだ貧困脱却の道の生きた縮図と言える。(黔西=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (1)雲南省の貧困地区農民、貧困脱却に成功国家統計局雲南調査総隊

    雲南省昭通市の移住・転居による貧困救済事業の移住者向け居住地、靖安新区にある広場で焼きジャガイモを売る転入住民。(2020年8月8日撮影)中国の国家統計局雲南調査総隊は1月30日、2020年の雲南省貧困地区の農民1人当たり可処分所得が、前年同期比9%増の1万1740元(1元=約16円)に達し、全国平均を2・1ポイント、省内農村住民平均を1・1ポイント、それぞれ上回ったと報告した。(昭通=新華社記者/林碧鋒)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:06.20
    2021年01月09日
    「新華社」アワの栽培で貧困脱却山西省石楼県

    中国山西省呂梁市石楼県は黄土高原に位置し、日照が多く雨量が少ない厳しい気候条件により、かつては貧困に苦しんでいた。同県では2016年、アワの栽培で貧困脱却を後押しする貧困扶助グループが活動を開始。現代的な農業技術を導入し、水不足で収量が上がらない問題を克服した。革新的な農場とセレンを豊富に含む土壌のおかげで高品質のアワが育つようになり、同県は20年に貧困指定から外れた。(記者/李雨沢) =配信日: 2021(令和3)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:47.97
    2021年01月04日
    「新華社」高級肉牛産業で貧困脱却を後押し黒竜江省竜江県

    中国黒竜江省チチハル市竜江県はここ数年、積極的に外資を誘致し、高級肉牛産業集積地としての発展を推進している。地元企業が2012年にニュージーランドなどから種牛を導入し、品種改良を開始した。貧困世帯が基礎雌牛を購入し、企業から凍結精液の提供を受けて繁殖を行う。政府と大手企業の連携による貧困支援モデルの恩恵を受けた貧困家庭は2千世帯を超える。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(令和3)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (9)特色ある伝統産業の発展で貧困脱却を後押し、広西鹿寨県

    鹿寨県平山鎮屯秋村で、収穫したサトウキビの上に寝転ぶ村の人。(1月12日、小型無人機から撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の鹿寨(ろくさい)県は近年、栽培業、林業、畜産業などの特色ある伝統産業の発展に力を入れており、安定的な貧困脱却のための長期的効果のメカニズムを確立し、各郷鎮に現代的な農業モデル区(園)1カ所以上を設置。農村経済に活力を見出し、貧困脱却の成果を固めることで、農村の振興を後押ししている。統計によると、現在、同県の貧困世帯の89%が「貧困脱却産業」の恩恵を受けており、県内の22の貧困村全てが貧困からの脱却を果たした。(鹿寨=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (6)特色ある伝統産業の発展で貧困脱却を後押し、広西鹿寨県

    鹿寨県中渡鎮大兆村の風景。(9月27日、小型無人機から撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の鹿寨(ろくさい)県は近年、栽培業、林業、畜産業などの特色ある伝統産業の発展に力を入れており、安定的な貧困脱却のための長期的効果のメカニズムを確立し、各郷鎮に現代的な農業モデル区(園)1カ所以上を設置。農村経済に活力を見出し、貧困脱却の成果を固めることで、農村の振興を後押ししている。統計によると、現在、同県の貧困世帯の89%が「貧困脱却産業」の恩恵を受けており、県内の22の貧困村全てが貧困からの脱却を果たした。(鹿寨=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (8)特色ある伝統産業の発展で貧困脱却を後押し、広西鹿寨県

    鹿寨県四排鎮の果物農園で、かんきつ類の入ったケースを運ぶ従業員。(2月28日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の鹿寨(ろくさい)県は近年、栽培業、林業、畜産業などの特色ある伝統産業の発展に力を入れており、安定的な貧困脱却のための長期的効果のメカニズムを確立し、各郷鎮に現代的な農業モデル区(園)1カ所以上を設置。農村経済に活力を見出し、貧困脱却の成果を固めることで、農村の振興を後押ししている。統計によると、現在、同県の貧困世帯の89%が「貧困脱却産業」の恩恵を受けており、県内の22の貧困村全てが貧困からの脱却を果たした。(鹿寨=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (3)特色ある伝統産業の発展で貧困脱却を後押し、広西鹿寨県

    鹿寨県四排鎮の果樹園で、かんきつ類の収穫作業をする村の人。(2019年12月11日、小型無人機から撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の鹿寨(ろくさい)県は近年、栽培業、林業、畜産業などの特色ある伝統産業の発展に力を入れており、安定的な貧困脱却のための長期的効果のメカニズムを確立し、各郷鎮に現代的な農業モデル区(園)1カ所以上を設置。農村経済に活力を見出し、貧困脱却の成果を固めることで、農村の振興を後押ししている。統計によると、現在、同県の貧困世帯の89%が「貧困脱却産業」の恩恵を受けており、県内の22の貧困村全てが貧困からの脱却を果たした。(鹿寨=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (4)特色ある伝統産業の発展で貧困脱却を後押し、広西鹿寨県

    鹿寨県鹿寨鎮大村村にある中薬材、五加皮(ゴカヒ)の栽培基地で、農作業に励む村の人。(3月9日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の鹿寨(ろくさい)県は近年、栽培業、林業、畜産業などの特色ある伝統産業の発展に力を入れており、安定的な貧困脱却のための長期的効果のメカニズムを確立し、各郷鎮に現代的な農業モデル区(園)1カ所以上を設置。農村経済に活力を見出し、貧困脱却の成果を固めることで、農村の振興を後押ししている。統計によると、現在、同県の貧困世帯の89%が「貧困脱却産業」の恩恵を受けており、県内の22の貧困村全てが貧困からの脱却を果たした。(鹿寨=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (5)特色ある伝統産業の発展で貧困脱却を後押し、広西鹿寨県

    鹿寨県拉溝郷大坪村の杉林で、霊芝(レイシ)の栽培に用いる原木(丸太)を運ぶ村の人たち。(3月29日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の鹿寨(ろくさい)県は近年、栽培業、林業、畜産業などの特色ある伝統産業の発展に力を入れており、安定的な貧困脱却のための長期的効果のメカニズムを確立し、各郷鎮に現代的な農業モデル区(園)1カ所以上を設置。農村経済に活力を見出し、貧困脱却の成果を固めることで、農村の振興を後押ししている。統計によると、現在、同県の貧困世帯の89%が「貧困脱却産業」の恩恵を受けており、県内の22の貧困村全てが貧困からの脱却を果たした。(鹿寨=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (1)特色ある伝統産業の発展で貧困脱却を後押し、広西鹿寨県

    鹿寨県鹿寨鎮に広がるかんきつ類とサトウキビの栽培基地。(1月11日、小型無人機から撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の鹿寨(ろくさい)県は近年、栽培業、林業、畜産業などの特色ある伝統産業の発展に力を入れており、安定的な貧困脱却のための長期的効果のメカニズムを確立し、各郷鎮に現代的な農業モデル区(園)1カ所以上を設置。農村経済に活力を見出し、貧困脱却の成果を固めることで、農村の振興を後押ししている。統計によると、現在、同県の貧困世帯の89%が「貧困脱却産業」の恩恵を受けており、県内の22の貧困村全てが貧困からの脱却を果たした。(鹿寨=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (2)特色ある伝統産業の発展で貧困脱却を後押し、広西鹿寨県

    鹿寨県鹿寨鎮角塘村の果樹園で、収穫した果物を手に笑顔を見せる韋日山(い・じつざん)さん(左)と妻の鄭文英(てい・ぶんえい)さん。(3月8日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の鹿寨(ろくさい)県は近年、栽培業、林業、畜産業などの特色ある伝統産業の発展に力を入れており、安定的な貧困脱却のための長期的効果のメカニズムを確立し、各郷鎮に現代的な農業モデル区(園)1カ所以上を設置。農村経済に活力を見出し、貧困脱却の成果を固めることで、農村の振興を後押ししている。統計によると、現在、同県の貧困世帯の89%が「貧困脱却産業」の恩恵を受けており、県内の22の貧困村全てが貧困からの脱却を果たした。(鹿寨=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (7)特色ある伝統産業の発展で貧困脱却を後押し、広西鹿寨県

    鹿寨県の果物農園で、マンダリンオレンジを箱に詰める従業員。(1月10日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の鹿寨(ろくさい)県は近年、栽培業、林業、畜産業などの特色ある伝統産業の発展に力を入れており、安定的な貧困脱却のための長期的効果のメカニズムを確立し、各郷鎮に現代的な農業モデル区(園)1カ所以上を設置。農村経済に活力を見出し、貧困脱却の成果を固めることで、農村の振興を後押ししている。統計によると、現在、同県の貧困世帯の89%が「貧困脱却産業」の恩恵を受けており、県内の22の貧困村全てが貧困からの脱却を果たした。(鹿寨=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月03日
    トン族の錦が「織り出す」新しい生活湖南省

    3日、侗錦を織る地元の農家。中国の国家級無形文化遺産に登録されている、トン族の織物技術「侗錦織造」は湖南省、広西チワン族自治区、貴州省の3省・自治区に住む数百万人のトン族の人々が長年受け継いできた、実用性と鑑賞価値を備える民間工芸品製造技術である。湖南省懐化市通道トン族自治県牙屯堡鎮文坡村にある中国侗錦伝承基地では地元のトン族女性が侗錦織造により貧困脱却を果たしただけでなく、関連する機関や団体と提携して文化クリエーティブ製品を開発し、その技術を海外へ広めている。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月28日
    貧困者支援工場の設置で雇用創出を推進貴州省畢節市

    11月28日、畢節市黔西県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により開発された移転先住宅地にある貧困者支援工場で、制服の縫製作業をする人たち。中国貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県は、貧困脱却を果たした2018年以降、域内の世帯が再び貧困に陥ることがないよう、52カ所の貧困者支援工場を設置。1800人以上の雇用を創出している。(畢節=新華社配信/范暉)=2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月28日
    貧困者支援工場の設置で雇用創出を推進貴州省畢節市

    11月28日、畢節市黔西県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により開発された移転先住宅地にある貧困者支援工場で、制服の縫製作業をする人。中国貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県は、貧困脱却を果たした2018年以降、域内の世帯が再び貧困に陥ることがないよう、52カ所の貧困者支援工場を設置。1800人以上の雇用を創出している。(畢節=新華社配信/范暉)=2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月28日
    貧困者支援工場の設置で雇用創出を推進貴州省畢節市

    11月28日、畢節市黔西県鐘山鎮にある食品加工メーカーの貧困者支援工場で、ソーセージの品質をチェックする人。中国貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県は、貧困脱却を果たした2018年以降、域内の世帯が再び貧困に陥ることがないよう、52カ所の貧困者支援工場を設置。1800人以上の雇用を創出している。(畢節=新華社配信/范暉)=2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.78
    2020年11月27日
    「新華社」農産物のECで貧困脱却実現、山奥の「淘宝村」湖北省鄖西県

    中国湖北省十堰(じゅうえん)市鄖西県の下営村が「淘宝村」(注)の一つで、インターネットで生中継しながら商品を販売するライブコマースが毎日行われており、電子商取引(EC)の交流・研修が毎週行われている。村の「淘宝通り」では各店の入り口にECサイト「淘宝(タオバオ)」のアドレスや大手SNS微信(ウィーチャット)のIDが表示してある。2019年に同村では139世帯700人近くがECに携わった。ネットショップの開設数は500店余りで、村全体の売上高が2億元(1元=約16円)を超え、全国の「淘宝村」に仲間入りした。湖北省北西部の山奥にある同村は、交通の便も悪く、かつては県内に84ある重点貧困村の一つだった。同県は典型的な農業県で、栽培業と養殖業が充実している。同村は「農家がそれぞれ家畜を飼育し加工、ECで統一販売する」方式を採用し、ECプラットフォームを通じて特産品を全国に販売し、農家の増収を促進している。こうした取り組みによって、村は2017年に貧困からの脱却を果たした。注「淘宝村」とは、居住世帯の10%以上がネットショップを運営し、年間取引額が1千万元を超える農村を指す。<映像内容>淘宝村の街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    貧困者支援工場の設置で雇用創出を推進貴州省畢節市

    11月27日、畢節市黔西県鐘山鎮にある食品加工メーカーの貧困者支援工場で働く人たち。中国貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県は、貧困脱却を果たした2018年以降、域内の世帯が再び貧困に陥ることがないよう、52カ所の貧困者支援工場を設置。1800人以上の雇用を創出している。(畢節=新華社配信/范暉)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    貧困者支援工場の設置で雇用創出を推進貴州省畢節市

    11月27日、畢節市黔西県鐘山鎮にある食品加工メーカーの貧困者支援工場で働く人たち。中国貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県は、貧困脱却を果たした2018年以降、域内の世帯が再び貧困に陥ることがないよう、52カ所の貧困者支援工場を設置。1800人以上の雇用を創出している。(畢節=新華社配信/范暉)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    貧困者支援工場の設置で雇用創出を推進貴州省畢節市

    11月27日、畢節市黔西県素朴鎮にある電子部品メーカーの貧困者支援工場で、データケーブルの梱包作業をする人たち。中国貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県は、貧困脱却を果たした2018年以降、域内の世帯が再び貧困に陥ることがないよう、52カ所の貧困者支援工場を設置。1800人以上の雇用を創出している。(畢節=新華社配信/范暉)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    貧困者支援工場の設置で雇用創出を推進貴州省畢節市

    11月27日、畢節市黔西県素朴鎮にある電子部品メーカーの貧困者支援工場で、データケーブルの製造作業をする人。中国貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県は、貧困脱却を果たした2018年以降、域内の世帯が再び貧困に陥ることがないよう、52カ所の貧困者支援工場を設置。1800人以上の雇用を創出している。(畢節=新華社配信/范暉)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:24.28
    2020年11月23日
    「新華社」中国、全ての貧困県が貧困から脱却

    中国貴州省は23日、最後まで残っていた九つの貧困県が貧困から脱却し、貧困リストから除外されたと発表した。これにより中国の貧困県の全てが貧困から脱却した。中国は2015年、2020年までに現行基準に基づく農村貧困人口の貧困脱却を実現し、全ての貧困県を解消することで地域全体の貧困を解決する方針を打ち出した。(記者/胡星、楊焱彬、向定傑)<映像内容>貧困県が貧困脱却、農業の様子や街並みなど風景、撮影日:2020(令和2)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:56.07
    2020年11月20日
    「新華社」黒竜江省海倫市、障害者の就業技能訓練拠点を設立

    中国黒竜江省海倫市障害者連合会はこのほど、障害者などの特殊グループ向け就業訓練拠点を設立した。障害者の就業技能訓練を無償で行い、就業ルートを拡大し、貧困脱却を後押しする。拠点ではコンピューターやライブコマース、芸術パフォーマンス、剪紙(せんし、切り絵)、手工芸品制作など、障害者に合わせたさまざまな実用就業技能訓練を開設。受講者は無料で受講でき、安定した収入増が見込める。同拠点は既に受講者216人の申し込みを受け付けており、拠点内の貧困脱却支援作業場に障害者20人を配属する予定となっている。(記者/孫暁宇)<映像内容>障害者の就業技能訓練拠点の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:07.94
    2020年11月18日
    「新華社」アヒル飼育産業が地域経済をけん引新疆ウイグル自治区ロプ県

    中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、狭い土地に人口が多く、産業構造が単一であることが、経済発展を妨げてきた。同県はここ数年、貧困脱却堅塁攻略の取り組みを進める中で、発達・成熟した市場と整った産業チェーンを持つ食用アヒルの飼育産業を積極的に導入。現在では六つの郷と鎮に八つの合作社(協同組合)と11カ所の飼育基地を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。同県の食品加工会社、利田香農食品は地場産業による貧困支援事業の担い手として、繁殖用アヒルの飼育、ふ化、食肉処理、コールドチェーン物流など各段階の拠点を県内に置いている。北京ダック用アヒル「北京四系鴨」の生産で、中国で2番目に大きい繁殖飼育拠点を建設、今年の処理能力は2千万羽に達している。県内には現在、アヒル飼育用の施設が250棟あり、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資している。アヒル肉加工企業は、地元の貧困世帯308人を含む計574人を雇用している。(記者/丁磊、張鍾凱)<映像内容>アヒル飼育産業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    黒竜江省海倫市、障害者の就業技能訓練拠点を設立

    17日、受講者に電子商取引(EC)に関する研修を行う就業訓練拠点のスタッフ。中国黒竜江省海倫市障害者連合会はこのほど、障害者などの特殊グループ向け就業訓練拠点を設立した。障害者の就業技能訓練を無償で行い、就業ルートを拡大し、貧困脱却を後押しする。(海倫=新華社記者/孫暁宇)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    黒竜江省海倫市、障害者の就業技能訓練拠点を設立

    17日、海倫市の特殊グループ向け就業訓練拠点で商品を整理する受講者。中国黒竜江省海倫市障害者連合会はこのほど、障害者などの特殊グループ向け就業訓練拠点を設立した。障害者の就業技能訓練を無償で行い、就業ルートを拡大し、貧困脱却を後押しする。(海倫=新華社記者/孫暁宇)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月16日
    貴州省、貧困からの脱却を発表中国の全貧困県が脱却

    16日、貴州省榕江県平江鎮巴魯村で携帯電話料金の支払い方を村民に教えるスタッフ。中国貴州省政府は23日、省内に残っていた9貧困県が貧困から脱却したと発表した。これにより、中国で貧困県として登録されていた832県全てが貧困脱却を実現した。(貴陽=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    貧困脱却果たした太行山脈麓の県山西省

    14日、山西省晋中市左権県寒王郷里長村に植えられたアンズの木。中国山西省南東部にあり、太行山脈の西側に位置する晋中市左権県は、山地が多く、耕地が少ない。ここ数年、貧困世帯の移転や農村インフラの整備、中医薬材料の栽培、民宿や観光、太陽光発電所などを積極的に進め、昨年、貧困からの脱却と県民の所得増を果たした。昨年の農村部1人当たり平均可処分所得は7182元(1元=約16円)と、前年から18・6%増えている。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    小学生がザボンに絵を描き豊作祝う湖北省宣恩県

    11月13日、ザボンの表面に絵を描く高羅鎮中心小学校の児童たち。中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県高羅鎮はザボンの一大産地で、栽培面積は5万3千ムー(約3500ヘクタール)に達する。高羅鎮中心小学校の児童たちはこのほど、ザボンの表面に絵を描き、今年のザボンの豊作を祝った。的確な貧困救済の基幹産業として、ザボンは同鎮の3740世帯、1万2928人を貧困脱却と増収に導いた。今年、同鎮のザボンの生産量は5万4千トン、生産額は1億800万元(1元=約16円)に達すると見込まれている。(恩施=新華社配信/唐今朝)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...