KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 貧困世帯
  • 協同組合
  • ドローン
  • 小型無人機
  • 黒竜江省
  • 栽培面積
  • 堅塁攻略
  • 貧困扶助
  • 地元政府
  • 脱却支援

「貧困脱却」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
1,835
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,835
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:45.72
    2021年02月24日
    「新華社」春の日差し浴びて咲くカラミザクラ湖北省南漳県

    中国湖北省襄陽市南漳県城関鎮では、うららかな春の日差しの下、1万ムー(約667ヘクタール)以上にわたり植えられたカラミザクラが咲き誇っている。村は見渡す限り花で覆われ、多くの観光客が花見や写真撮影を楽しんでいる。同県はここ数年、農村振興戦略の実施に力を入れ、カラミザクラ栽培の発展に取り組んできた。サクランボ狩りのイベントや観光による貧困扶助活動を行い、農家の増産・増収と貧困脱却をけん引している。(記者/侯文坤)=配信日:2021(令和3)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (3)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    11日、「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を前に集合写真を撮るミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (8)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    10日、新居の前で旧居の写真を見せるミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (4)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    11日、旧暦の新年を祝うミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (2)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    上:納雍県維新鎮坪子社区の改修前の村道。(2010年11月6日撮影)下:改修された坪子社区の道路。(2021年2月11日撮影)中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (7)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    10日、年越し用品を買うミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (5)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    10日、伝統的な餅菓子「糍粑(ツーバ)」作りの準備をするミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (1)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    11日、新居の前で写真を撮るミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (6)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    11日、「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)の食卓で乾杯するミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (2)貧困を脱却し、新年の喜びをかみしめる甘粛省元古堆村

    5日、甘粛省定西市渭源県元古堆村で開かれた2020年度の分配大会。大会では同村の栽培専業合作社と観光開発企業が村民に配当金を分配した。中国甘粛省定西市渭源(いげん)県元古堆村はかつて、交通の不便と脆弱なインフラのため、貧困発生率が57%に達していた。貧困脱却堅塁攻略の開始後は、交通条件の改善や産業合作社(協同組合)の設立に取り組み、苗木育成や中国医学薬材、太陽光発電、農村観光などの産業発展に注力し、貧困世帯の就業と増収を後押ししてきた。同村は2018年末に村全体の貧困脱却を実現した。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (1)ミャオ族集落が歩んだ貧困脱却の道貴州省畢節市

    3日、貧困脱却事業の移転者向け住宅が集まる化屋村麻窩寨。(小型無人機から)中国貴州省畢節市黔西県新仁ミャオ族郷の化屋村は以前、「崖の下の村」を意味する「化屋基」と呼ばれていた。同村はここ数年、的確な貧困脱却支援の推進によって飛躍的に発展。2017年には貧困からの脱却を果たし、かつて貧困率が66・3%に達していた少数民族の村は、見違えるほど変貌した。化屋村の変化の歴史は、中国の少数民族地域が歩んだ貧困脱却の道の生きた縮図と言える。(黔西=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (3)ミャオ族集落が歩んだ貧困脱却の道貴州省畢節市

    3日、貧困脱却事業の移転者向け住宅が集まる化屋村麻窩寨。(小型無人機から)中国貴州省畢節市黔西県新仁ミャオ族郷の化屋村は以前、「崖の下の村」を意味する「化屋基」と呼ばれていた。同村はここ数年、的確な貧困脱却支援の推進によって飛躍的に発展。2017年には貧困からの脱却を果たし、かつて貧困率が66・3%に達していた少数民族の村は、見違えるほど変貌した。化屋村の変化の歴史は、中国の少数民族地域が歩んだ貧困脱却の道の生きた縮図と言える。(黔西=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (2)ミャオ族集落が歩んだ貧困脱却の道貴州省畢節市

    3日、貧困脱却事業の移転者向け住宅が集まる化屋村麻窩寨。(小型無人機から)中国貴州省畢節市黔西県新仁ミャオ族郷の化屋村は以前、「崖の下の村」を意味する「化屋基」と呼ばれていた。同村はここ数年、的確な貧困脱却支援の推進によって飛躍的に発展。2017年には貧困からの脱却を果たし、かつて貧困率が66・3%に達していた少数民族の村は、見違えるほど変貌した。化屋村の変化の歴史は、中国の少数民族地域が歩んだ貧困脱却の道の生きた縮図と言える。(黔西=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (1)雲南省の貧困地区農民、貧困脱却に成功国家統計局雲南調査総隊

    雲南省昭通市の移住・転居による貧困救済事業の移住者向け居住地、靖安新区にある広場で焼きジャガイモを売る転入住民。(2020年8月8日撮影)中国の国家統計局雲南調査総隊は1月30日、2020年の雲南省貧困地区の農民1人当たり可処分所得が、前年同期比9%増の1万1740元(1元=約16円)に達し、全国平均を2・1ポイント、省内農村住民平均を1・1ポイント、それぞれ上回ったと報告した。(昭通=新華社記者/林碧鋒)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:06.20
    2021年01月09日
    「新華社」アワの栽培で貧困脱却山西省石楼県

    中国山西省呂梁市石楼県は黄土高原に位置し、日照が多く雨量が少ない厳しい気候条件により、かつては貧困に苦しんでいた。同県では2016年、アワの栽培で貧困脱却を後押しする貧困扶助グループが活動を開始。現代的な農業技術を導入し、水不足で収量が上がらない問題を克服した。革新的な農場とセレンを豊富に含む土壌のおかげで高品質のアワが育つようになり、同県は20年に貧困指定から外れた。(記者/李雨沢) =配信日: 2021(平成33)年01月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:47.97
    2021年01月04日
    「新華社」高級肉牛産業で貧困脱却を後押し黒竜江省竜江県

    中国黒竜江省チチハル市竜江県はここ数年、積極的に外資を誘致し、高級肉牛産業集積地としての発展を推進している。地元企業が2012年にニュージーランドなどから種牛を導入し、品種改良を開始した。貧困世帯が基礎雌牛を購入し、企業から凍結精液の提供を受けて繁殖を行う。政府と大手企業の連携による貧困支援モデルの恩恵を受けた貧困家庭は2千世帯を超える。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (9)特色ある伝統産業の発展で貧困脱却を後押し、広西鹿寨県

    鹿寨県平山鎮屯秋村で、収穫したサトウキビの上に寝転ぶ村の人。(1月12日、小型無人機から撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の鹿寨(ろくさい)県は近年、栽培業、林業、畜産業などの特色ある伝統産業の発展に力を入れており、安定的な貧困脱却のための長期的効果のメカニズムを確立し、各郷鎮に現代的な農業モデル区(園)1カ所以上を設置。農村経済に活力を見出し、貧困脱却の成果を固めることで、農村の振興を後押ししている。統計によると、現在、同県の貧困世帯の89%が「貧困脱却産業」の恩恵を受けており、県内の22の貧困村全てが貧困からの脱却を果たした。(鹿寨=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (6)特色ある伝統産業の発展で貧困脱却を後押し、広西鹿寨県

    鹿寨県中渡鎮大兆村の風景。(9月27日、小型無人機から撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の鹿寨(ろくさい)県は近年、栽培業、林業、畜産業などの特色ある伝統産業の発展に力を入れており、安定的な貧困脱却のための長期的効果のメカニズムを確立し、各郷鎮に現代的な農業モデル区(園)1カ所以上を設置。農村経済に活力を見出し、貧困脱却の成果を固めることで、農村の振興を後押ししている。統計によると、現在、同県の貧困世帯の89%が「貧困脱却産業」の恩恵を受けており、県内の22の貧困村全てが貧困からの脱却を果たした。(鹿寨=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (8)特色ある伝統産業の発展で貧困脱却を後押し、広西鹿寨県

    鹿寨県四排鎮の果物農園で、かんきつ類の入ったケースを運ぶ従業員。(2月28日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の鹿寨(ろくさい)県は近年、栽培業、林業、畜産業などの特色ある伝統産業の発展に力を入れており、安定的な貧困脱却のための長期的効果のメカニズムを確立し、各郷鎮に現代的な農業モデル区(園)1カ所以上を設置。農村経済に活力を見出し、貧困脱却の成果を固めることで、農村の振興を後押ししている。統計によると、現在、同県の貧困世帯の89%が「貧困脱却産業」の恩恵を受けており、県内の22の貧困村全てが貧困からの脱却を果たした。(鹿寨=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (3)特色ある伝統産業の発展で貧困脱却を後押し、広西鹿寨県

    鹿寨県四排鎮の果樹園で、かんきつ類の収穫作業をする村の人。(2019年12月11日、小型無人機から撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の鹿寨(ろくさい)県は近年、栽培業、林業、畜産業などの特色ある伝統産業の発展に力を入れており、安定的な貧困脱却のための長期的効果のメカニズムを確立し、各郷鎮に現代的な農業モデル区(園)1カ所以上を設置。農村経済に活力を見出し、貧困脱却の成果を固めることで、農村の振興を後押ししている。統計によると、現在、同県の貧困世帯の89%が「貧困脱却産業」の恩恵を受けており、県内の22の貧困村全てが貧困からの脱却を果たした。(鹿寨=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (4)特色ある伝統産業の発展で貧困脱却を後押し、広西鹿寨県

    鹿寨県鹿寨鎮大村村にある中薬材、五加皮(ゴカヒ)の栽培基地で、農作業に励む村の人。(3月9日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の鹿寨(ろくさい)県は近年、栽培業、林業、畜産業などの特色ある伝統産業の発展に力を入れており、安定的な貧困脱却のための長期的効果のメカニズムを確立し、各郷鎮に現代的な農業モデル区(園)1カ所以上を設置。農村経済に活力を見出し、貧困脱却の成果を固めることで、農村の振興を後押ししている。統計によると、現在、同県の貧困世帯の89%が「貧困脱却産業」の恩恵を受けており、県内の22の貧困村全てが貧困からの脱却を果たした。(鹿寨=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (5)特色ある伝統産業の発展で貧困脱却を後押し、広西鹿寨県

    鹿寨県拉溝郷大坪村の杉林で、霊芝(レイシ)の栽培に用いる原木(丸太)を運ぶ村の人たち。(3月29日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の鹿寨(ろくさい)県は近年、栽培業、林業、畜産業などの特色ある伝統産業の発展に力を入れており、安定的な貧困脱却のための長期的効果のメカニズムを確立し、各郷鎮に現代的な農業モデル区(園)1カ所以上を設置。農村経済に活力を見出し、貧困脱却の成果を固めることで、農村の振興を後押ししている。統計によると、現在、同県の貧困世帯の89%が「貧困脱却産業」の恩恵を受けており、県内の22の貧困村全てが貧困からの脱却を果たした。(鹿寨=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (1)特色ある伝統産業の発展で貧困脱却を後押し、広西鹿寨県

    鹿寨県鹿寨鎮に広がるかんきつ類とサトウキビの栽培基地。(1月11日、小型無人機から撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の鹿寨(ろくさい)県は近年、栽培業、林業、畜産業などの特色ある伝統産業の発展に力を入れており、安定的な貧困脱却のための長期的効果のメカニズムを確立し、各郷鎮に現代的な農業モデル区(園)1カ所以上を設置。農村経済に活力を見出し、貧困脱却の成果を固めることで、農村の振興を後押ししている。統計によると、現在、同県の貧困世帯の89%が「貧困脱却産業」の恩恵を受けており、県内の22の貧困村全てが貧困からの脱却を果たした。(鹿寨=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (2)特色ある伝統産業の発展で貧困脱却を後押し、広西鹿寨県

    鹿寨県鹿寨鎮角塘村の果樹園で、収穫した果物を手に笑顔を見せる韋日山(い・じつざん)さん(左)と妻の鄭文英(てい・ぶんえい)さん。(3月8日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の鹿寨(ろくさい)県は近年、栽培業、林業、畜産業などの特色ある伝統産業の発展に力を入れており、安定的な貧困脱却のための長期的効果のメカニズムを確立し、各郷鎮に現代的な農業モデル区(園)1カ所以上を設置。農村経済に活力を見出し、貧困脱却の成果を固めることで、農村の振興を後押ししている。統計によると、現在、同県の貧困世帯の89%が「貧困脱却産業」の恩恵を受けており、県内の22の貧困村全てが貧困からの脱却を果たした。(鹿寨=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (7)特色ある伝統産業の発展で貧困脱却を後押し、広西鹿寨県

    鹿寨県の果物農園で、マンダリンオレンジを箱に詰める従業員。(1月10日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の鹿寨(ろくさい)県は近年、栽培業、林業、畜産業などの特色ある伝統産業の発展に力を入れており、安定的な貧困脱却のための長期的効果のメカニズムを確立し、各郷鎮に現代的な農業モデル区(園)1カ所以上を設置。農村経済に活力を見出し、貧困脱却の成果を固めることで、農村の振興を後押ししている。統計によると、現在、同県の貧困世帯の89%が「貧困脱却産業」の恩恵を受けており、県内の22の貧困村全てが貧困からの脱却を果たした。(鹿寨=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月28日
    貧困者支援工場の設置で雇用創出を推進貴州省畢節市

    11月28日、畢節市黔西県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により開発された移転先住宅地にある貧困者支援工場で、制服の縫製作業をする人たち。中国貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県は、貧困脱却を果たした2018年以降、域内の世帯が再び貧困に陥ることがないよう、52カ所の貧困者支援工場を設置。1800人以上の雇用を創出している。(畢節=新華社配信/范暉)=2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月28日
    貧困者支援工場の設置で雇用創出を推進貴州省畢節市

    11月28日、畢節市黔西県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により開発された移転先住宅地にある貧困者支援工場で、制服の縫製作業をする人。中国貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県は、貧困脱却を果たした2018年以降、域内の世帯が再び貧困に陥ることがないよう、52カ所の貧困者支援工場を設置。1800人以上の雇用を創出している。(畢節=新華社配信/范暉)=2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月28日
    貧困者支援工場の設置で雇用創出を推進貴州省畢節市

    11月28日、畢節市黔西県鐘山鎮にある食品加工メーカーの貧困者支援工場で、ソーセージの品質をチェックする人。中国貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県は、貧困脱却を果たした2018年以降、域内の世帯が再び貧困に陥ることがないよう、52カ所の貧困者支援工場を設置。1800人以上の雇用を創出している。(畢節=新華社配信/范暉)=2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.78
    2020年11月27日
    「新華社」農産物のECで貧困脱却実現、山奥の「淘宝村」湖北省鄖西県

    中国湖北省十堰(じゅうえん)市鄖西県の下営村が「淘宝村」(注)の一つで、インターネットで生中継しながら商品を販売するライブコマースが毎日行われており、電子商取引(EC)の交流・研修が毎週行われている。村の「淘宝通り」では各店の入り口にECサイト「淘宝(タオバオ)」のアドレスや大手SNS微信(ウィーチャット)のIDが表示してある。2019年に同村では139世帯700人近くがECに携わった。ネットショップの開設数は500店余りで、村全体の売上高が2億元(1元=約16円)を超え、全国の「淘宝村」に仲間入りした。湖北省北西部の山奥にある同村は、交通の便も悪く、かつては県内に84ある重点貧困村の一つだった。同県は典型的な農業県で、栽培業と養殖業が充実している。同村は「農家がそれぞれ家畜を飼育し加工、ECで統一販売する」方式を採用し、ECプラットフォームを通じて特産品を全国に販売し、農家の増収を促進している。こうした取り組みによって、村は2017年に貧困からの脱却を果たした。注「淘宝村」とは、居住世帯の10%以上がネットショップを運営し、年間取引額が1千万元を超える農村を指す。<映像内容>淘宝村の街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    貧困者支援工場の設置で雇用創出を推進貴州省畢節市

    11月27日、畢節市黔西県鐘山鎮にある食品加工メーカーの貧困者支援工場で働く人たち。中国貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県は、貧困脱却を果たした2018年以降、域内の世帯が再び貧困に陥ることがないよう、52カ所の貧困者支援工場を設置。1800人以上の雇用を創出している。(畢節=新華社配信/范暉)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    貧困者支援工場の設置で雇用創出を推進貴州省畢節市

    11月27日、畢節市黔西県鐘山鎮にある食品加工メーカーの貧困者支援工場で働く人たち。中国貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県は、貧困脱却を果たした2018年以降、域内の世帯が再び貧困に陥ることがないよう、52カ所の貧困者支援工場を設置。1800人以上の雇用を創出している。(畢節=新華社配信/范暉)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    貧困者支援工場の設置で雇用創出を推進貴州省畢節市

    11月27日、畢節市黔西県素朴鎮にある電子部品メーカーの貧困者支援工場で、データケーブルの梱包作業をする人たち。中国貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県は、貧困脱却を果たした2018年以降、域内の世帯が再び貧困に陥ることがないよう、52カ所の貧困者支援工場を設置。1800人以上の雇用を創出している。(畢節=新華社配信/范暉)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    貧困者支援工場の設置で雇用創出を推進貴州省畢節市

    11月27日、畢節市黔西県素朴鎮にある電子部品メーカーの貧困者支援工場で、データケーブルの製造作業をする人。中国貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県は、貧困脱却を果たした2018年以降、域内の世帯が再び貧困に陥ることがないよう、52カ所の貧困者支援工場を設置。1800人以上の雇用を創出している。(畢節=新華社配信/范暉)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:24.28
    2020年11月23日
    「新華社」中国、全ての貧困県が貧困から脱却

    中国貴州省は23日、最後まで残っていた九つの貧困県が貧困から脱却し、貧困リストから除外されたと発表した。これにより中国の貧困県の全てが貧困から脱却した。中国は2015年、2020年までに現行基準に基づく農村貧困人口の貧困脱却を実現し、全ての貧困県を解消することで地域全体の貧困を解決する方針を打ち出した。(記者/胡星、楊焱彬、向定傑)<映像内容>貧困県が貧困脱却、農業の様子や街並みなど風景、撮影日:2020(令和2)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:56.07
    2020年11月20日
    「新華社」黒竜江省海倫市、障害者の就業技能訓練拠点を設立

    中国黒竜江省海倫市障害者連合会はこのほど、障害者などの特殊グループ向け就業訓練拠点を設立した。障害者の就業技能訓練を無償で行い、就業ルートを拡大し、貧困脱却を後押しする。拠点ではコンピューターやライブコマース、芸術パフォーマンス、剪紙(せんし、切り絵)、手工芸品制作など、障害者に合わせたさまざまな実用就業技能訓練を開設。受講者は無料で受講でき、安定した収入増が見込める。同拠点は既に受講者216人の申し込みを受け付けており、拠点内の貧困脱却支援作業場に障害者20人を配属する予定となっている。(記者/孫暁宇)<映像内容>障害者の就業技能訓練拠点の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:07.94
    2020年11月18日
    「新華社」アヒル飼育産業が地域経済をけん引新疆ウイグル自治区ロプ県

    中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、狭い土地に人口が多く、産業構造が単一であることが、経済発展を妨げてきた。同県はここ数年、貧困脱却堅塁攻略の取り組みを進める中で、発達・成熟した市場と整った産業チェーンを持つ食用アヒルの飼育産業を積極的に導入。現在では六つの郷と鎮に八つの合作社(協同組合)と11カ所の飼育基地を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。同県の食品加工会社、利田香農食品は地場産業による貧困支援事業の担い手として、繁殖用アヒルの飼育、ふ化、食肉処理、コールドチェーン物流など各段階の拠点を県内に置いている。北京ダック用アヒル「北京四系鴨」の生産で、中国で2番目に大きい繁殖飼育拠点を建設、今年の処理能力は2千万羽に達している。県内には現在、アヒル飼育用の施設が250棟あり、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資している。アヒル肉加工企業は、地元の貧困世帯308人を含む計574人を雇用している。(記者/丁磊、張鍾凱)<映像内容>アヒル飼育産業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    黒竜江省海倫市、障害者の就業技能訓練拠点を設立

    17日、受講者に電子商取引(EC)に関する研修を行う就業訓練拠点のスタッフ。中国黒竜江省海倫市障害者連合会はこのほど、障害者などの特殊グループ向け就業訓練拠点を設立した。障害者の就業技能訓練を無償で行い、就業ルートを拡大し、貧困脱却を後押しする。(海倫=新華社記者/孫暁宇)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    黒竜江省海倫市、障害者の就業技能訓練拠点を設立

    17日、海倫市の特殊グループ向け就業訓練拠点で商品を整理する受講者。中国黒竜江省海倫市障害者連合会はこのほど、障害者などの特殊グループ向け就業訓練拠点を設立した。障害者の就業技能訓練を無償で行い、就業ルートを拡大し、貧困脱却を後押しする。(海倫=新華社記者/孫暁宇)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月16日
    貴州省、貧困からの脱却を発表中国の全貧困県が脱却

    16日、貴州省榕江県平江鎮巴魯村で携帯電話料金の支払い方を村民に教えるスタッフ。中国貴州省政府は23日、省内に残っていた9貧困県が貧困から脱却したと発表した。これにより、中国で貧困県として登録されていた832県全てが貧困脱却を実現した。(貴陽=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    貧困脱却果たした太行山脈麓の県山西省

    14日、山西省晋中市左権県寒王郷里長村に植えられたアンズの木。中国山西省南東部にあり、太行山脈の西側に位置する晋中市左権県は、山地が多く、耕地が少ない。ここ数年、貧困世帯の移転や農村インフラの整備、中医薬材料の栽培、民宿や観光、太陽光発電所などを積極的に進め、昨年、貧困からの脱却と県民の所得増を果たした。昨年の農村部1人当たり平均可処分所得は7182元(1元=約16円)と、前年から18・6%増えている。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    小学生がザボンに絵を描き豊作祝う湖北省宣恩県

    11月13日、ザボンの表面に絵を描く高羅鎮中心小学校の児童たち。中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県高羅鎮はザボンの一大産地で、栽培面積は5万3千ムー(約3500ヘクタール)に達する。高羅鎮中心小学校の児童たちはこのほど、ザボンの表面に絵を描き、今年のザボンの豊作を祝った。的確な貧困救済の基幹産業として、ザボンは同鎮の3740世帯、1万2928人を貧困脱却と増収に導いた。今年、同鎮のザボンの生産量は5万4千トン、生産額は1億800万元(1元=約16円)に達すると見込まれている。(恩施=新華社配信/唐今朝)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    2020中国国際農業機械展覧会、山東省青島市で開幕

    13日、農業機械展を見学する来場者。中国山東省の青島世界博覧城国際展覧センターで13日、「農業の機械化・農村の振興・貧困脱却の難関攻略」をテーマに「2020中国国際農業機械展覧会」が開幕した。今回は展示面積が20万平方メートルで、農業生産の全プロセスを網羅する80種類の各種機械・設備を紹介。イタリアやドイツ、韓国からの参加団体を含め、国内外から1800社以上が出展している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    小学生がザボンに絵を描き豊作祝う湖北省宣恩県

    11月13日、ザボンの表面に絵を描く高羅鎮中心小学校の児童たち。中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県高羅鎮はザボンの一大産地で、栽培面積は5万3千ムー(約3500ヘクタール)に達する。高羅鎮中心小学校の児童たちはこのほど、ザボンの表面に絵を描き、今年のザボンの豊作を祝った。的確な貧困救済の基幹産業として、ザボンは同鎮の3740世帯、1万2928人を貧困脱却と増収に導いた。今年、同鎮のザボンの生産量は5万4千トン、生産額は1億800万元(1元=約16円)に達すると見込まれている。(恩施=新華社配信/唐今朝)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    2020中国国際農業機械展覧会、山東省青島市で開幕

    13日、農業機械展で展示された大型機械。中国山東省の青島世界博覧城国際展覧センターで13日、「農業の機械化・農村の振興・貧困脱却の難関攻略」をテーマに「2020中国国際農業機械展覧会」が開幕した。今回は展示面積が20万平方メートルで、農業生産の全プロセスを網羅する80種類の各種機械・設備を紹介。イタリアやドイツ、韓国からの参加団体を含め、国内外から1800社以上が出展している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    小学生がザボンに絵を描き豊作祝う湖北省宣恩県

    11月13日、ザボンの表面に絵を描く高羅鎮中心小学校の児童たち。中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県高羅鎮はザボンの一大産地で、栽培面積は5万3千ムー(約3500ヘクタール)に達する。高羅鎮中心小学校の児童たちはこのほど、ザボンの表面に絵を描き、今年のザボンの豊作を祝った。的確な貧困救済の基幹産業として、ザボンは同鎮の3740世帯、1万2928人を貧困脱却と増収に導いた。今年、同鎮のザボンの生産量は5万4千トン、生産額は1億800万元(1元=約16円)に達すると見込まれている。(恩施=新華社配信/唐今朝)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    2020中国国際農業機械展覧会、山東省青島市で開幕

    13日、農業機械展で展示された果樹園用自動輸送装置。中国山東省の青島世界博覧城国際展覧センターで13日、「農業の機械化・農村の振興・貧困脱却の難関攻略」をテーマに「2020中国国際農業機械展覧会」が開幕した。今回は展示面積が20万平方メートルで、農業生産の全プロセスを網羅する80種類の各種機械・設備を紹介。イタリアやドイツ、韓国からの参加団体を含め、国内外から1800社以上が出展している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    2020中国国際農業機械展覧会、山東省青島市で開幕

    13日、農業機械展で機械の実演を見学する来場者。中国山東省の青島世界博覧城国際展覧センターで13日、「農業の機械化・農村の振興・貧困脱却の難関攻略」をテーマに「2020中国国際農業機械展覧会」が開幕した。今回は展示面積が20万平方メートルで、農業生産の全プロセスを網羅する80種類の各種機械・設備を紹介。イタリアやドイツ、韓国からの参加団体を含め、国内外から1800社以上が出展している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    小学生がザボンに絵を描き豊作祝う湖北省宣恩県

    11月13日、ザボンの表面に絵を描く高羅鎮中心小学校の児童たち。中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県高羅鎮はザボンの一大産地で、栽培面積は5万3千ムー(約3500ヘクタール)に達する。高羅鎮中心小学校の児童たちはこのほど、ザボンの表面に絵を描き、今年のザボンの豊作を祝った。的確な貧困救済の基幹産業として、ザボンは同鎮の3740世帯、1万2928人を貧困脱却と増収に導いた。今年、同鎮のザボンの生産量は5万4千トン、生産額は1億800万元(1元=約16円)に達すると見込まれている。(恩施=新華社配信/唐今朝)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    小学生がザボンに絵を描き豊作祝う湖北省宣恩県

    11月13日、ザボンの表面に絵を描く高羅鎮中心小学校の児童たち。中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県高羅鎮はザボンの一大産地で、栽培面積は5万3千ムー(約3500ヘクタール)に達する。高羅鎮中心小学校の児童たちはこのほど、ザボンの表面に絵を描き、今年のザボンの豊作を祝った。的確な貧困救済の基幹産業として、ザボンは同鎮の3740世帯、1万2928人を貧困脱却と増収に導いた。今年、同鎮のザボンの生産量は5万4千トン、生産額は1億800万元(1元=約16円)に達すると見込まれている。(恩施=新華社配信/唐今朝)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    2020中国国際農業機械展覧会、山東省青島市で開幕

    13日、農業機械展を見学する来場者。中国山東省の青島世界博覧城国際展覧センターで13日、「農業の機械化・農村の振興・貧困脱却の難関攻略」をテーマに「2020中国国際農業機械展覧会」が開幕した。今回は展示面積が20万平方メートルで、農業生産の全プロセスを網羅する80種類の各種機械・設備を紹介。イタリアやドイツ、韓国からの参加団体を含め、国内外から1800社以上が出展している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    2020中国国際農業機械展覧会、山東省青島市で開幕

    13日、農業機械展で展示された大型機械。中国山東省の青島世界博覧城国際展覧センターで13日、「農業の機械化・農村の振興・貧困脱却の難関攻略」をテーマに「2020中国国際農業機械展覧会」が開幕した。今回は展示面積が20万平方メートルで、農業生産の全プロセスを網羅する80種類の各種機械・設備を紹介。イタリアやドイツ、韓国からの参加団体を含め、国内外から1800社以上が出展している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    虹霓村を通る高速道路(左)と、かつて村につながる唯一の道だった「絶壁の道」。(11月12日、小型無人機から)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    上:かつての虹霓村の景観。(資料写真)下:現在の虹霓村の景観。(11月12日、小型無人機から、組み合わせ写真、太原=新華社記者/曹陽)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    民宿の庭を掃くオーナー。(11月11日撮影)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    空から見た虹霓村。(11月11日、小型無人機から)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.55
    2020年11月11日
    「新華社」収穫期を迎えたナツメ畑新疆ウイグル自治区ホータン地区

    中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置する和田(ホータン)地区では11月に入り、面積89万ムー(約5万9300ヘクタール)の畑に植えられたナツメが収穫期を迎えている。同地区は日照時間が長く、昼夜の寒暖差が大きく、年間を通して降水量が少ないことから、有数のナツメ産地となっている。同地区ではここ数年、ナツメを主とした特色ある果樹農業の発展を農村の産業構造調整における最重要事項とし、企業と合作社(協同組合)と農家を組み合わせた生産・販売モデルを確立して、地元の農牧民の近場での就業や貧困脱却と増収を後押ししている。(記者/丁磊、張鍾凱)<映像内容>ナツメの収穫の様子、選別の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    収穫したゴマを整理する貧困脱却世帯の農家。(11月11日撮影)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    トウモロコシを天日干しする貧困脱却世帯の農家。(11月11日撮影)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    空から見た虹霓村の太陽光発電所。(11月11日、小型無人機から)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    移転で豊かな暮らしを実現福建省寧徳市屏南県

    11日、屏南県路下郷富塘造福新村の木材加工工場で働く貧困脱却を果たした村民の魏万蓮(ぎ・ばんれん)さん。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県は、危険家屋の改築と「易地扶貧搬遷」(立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)を積極的に進め、移転後の産業支援を業務の重点に位置付けている。同県は移転先の周辺地域で野菜、食用キノコなどの栽培業に取り組みながら、産業による貧困脱却扶助の長期的かつ効果的な仕組みの構築を模索し、移転者が貧困から脱却できるよう支援している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    庭の草花に水をやる貧困脱却世帯の村民。危険が指摘された家屋は改修を終えた。(11月11日撮影)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    カキを天日干しする貧困脱却世帯の農家。(11月11日撮影)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    上:かつての虹霓村の景観。(資料写真)下:現在の虹霓村の景観。(11月11日撮影、小型無人機から、組み合わせ写真、太原=新華社記者/曹陽)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    貧困脱却世帯の住民を訪ねた村の幹部、郭原理(かく・げんり)氏(左)。(11月11日撮影)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    移転で豊かな暮らしを実現福建省寧徳市屏南県

    11日、屏南県路下郷富塘造福新村の食用キノコ基地で働く貧困脱却を果たした村民の呉玉秀(ご・ぎょくしゅう)さん。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県は、危険家屋の改築と「易地扶貧搬遷」(立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)を積極的に進め、移転後の産業支援を業務の重点に位置付けている。同県は移転先の周辺地域で野菜、食用キノコなどの栽培業に取り組みながら、産業による貧困脱却扶助の長期的かつ効果的な仕組みの構築を模索し、移転者が貧困から脱却できるよう支援している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    移転で豊かな暮らしを実現福建省寧徳市屏南県

    10日、屏南県双渓鎮禹渓新村の移転者居住区に立ち並ぶ住宅。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県は、危険家屋の改築と「易地扶貧搬遷」(立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)を積極的に進め、移転後の産業支援を業務の重点に位置付けている。同県は移転先の周辺地域で野菜、食用キノコなどの栽培業に取り組みながら、産業による貧困脱却扶助の長期的かつ効果的な仕組みの構築を模索し、移転者が貧困から脱却できるよう支援している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    移転で豊かな暮らしを実現福建省寧徳市屏南県

    10日、屏南県寿山郷白玉新村の移転者居住区に立ち並ぶ住宅。(小型無人機から)中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県は、危険家屋の改築と「易地扶貧搬遷」(立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)を積極的に進め、移転後の産業支援を業務の重点に位置付けている。同県は移転先の周辺地域で野菜、食用キノコなどの栽培業に取り組みながら、産業による貧困脱却扶助の長期的かつ効果的な仕組みの構築を模索し、移転者が貧困から脱却できるよう支援している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    移転で豊かな暮らしを実現福建省寧徳市屏南県

    10日、屏南県寿山郷白玉新村の自宅前で、近所の人と談笑する村民の高紹翠(こう・しょうすい)さん。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県は、危険家屋の改築と「易地扶貧搬遷」(立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)を積極的に進め、移転後の産業支援を業務の重点に位置付けている。同県は移転先の周辺地域で野菜、食用キノコなどの栽培業に取り組みながら、産業による貧困脱却扶助の長期的かつ効果的な仕組みの構築を模索し、移転者が貧困から脱却できるよう支援している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    スイ族の祭りにぎやか、移住先でも貴州省

    6日、スイ族の祭り「端節」で競馬に参加した地元住民。中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州三都スイ族自治県中和鎮では6日、貧困救済事業による移住者が住む雪花湖社区(コミュニティー)にスイ族など少数民族の人々が集まり、貧困脱却後初めてスイ族の祭り「端節」を祝った。(三都=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    スイ族の祭りにぎやか、移住先でも貴州省

    6日、スイ族の「端節」で先祖を祭る儀式に参加した地元住民。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州三都スイ族自治県中和鎮では6日、貧困救済事業による移住者が住む雪花湖社区(コミュニティー)にスイ族など少数民族の人々が集まり、貧困脱却後初めてスイ族の祭り「端節」を祝った。(三都=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    スイ族の祭りにぎやか、移住先でも貴州省

    6日、スイ族の「端節」で先祖を祭る儀式に参加した地元住民。中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州三都スイ族自治県中和鎮では6日、貧困救済事業による移住者が住む雪花湖社区(コミュニティー)にスイ族など少数民族の人々が集まり、貧困脱却後初めてスイ族の祭り「端節」を祝った。(三都=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    スイ族の祭りにぎやか、移住先でも貴州省

    6日、スイ族の祭り「端節」で、長テーブルの宴席「長卓宴」に加わる地元住民。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州三都スイ族自治県中和鎮では6日、貧困救済事業による移住者が住む雪花湖社区(コミュニティー)にスイ族など少数民族の人々が集まり、貧困脱却後初めてスイ族の祭り「端節」を祝った。(三都=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:43.65
    2020年11月06日
    「新華社」露天掘り炭鉱が排土場を整備、牧畜民に牧草をプレゼント内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区のホルチン草原では寒い冬を前に、地元の扎哈淖爾(ザハナル)炭鉱、霍林河炭鉱など五つの露天掘り炭鉱が、周辺の牧畜民に贈り物をした。といっても、贈ったのは金銭や石炭ではなく、炭鉱排土場を復元・整備して栽培した牧草。牧畜民が冬季用の飼料を貯蔵するのを支援し、牧畜による貧困脱却と増収を後押しするのが目的。五つの炭鉱は国家電投集団内蒙古能源の傘下で、年間総生産高は8100万トン、同自治区東部と中国東北地区の重要な石炭生産拠点になっている。2018年以来、五つの炭鉱は排土場3万3600ムー(約2240ヘクタール)を完全に復元・整備し、ハマムギやムラサキウマゴヤシなどこの地域での生育に適した牧草を植えている。五つの炭鉱は今年、従業員による刈り取り作業の経費や周辺の牧民に冬の牧草地が不足していることなどを考慮し、ムラサキウマゴヤシやコムギダマシなどの牧草を無料で牧畜民にプレゼントすることにした。草刈りや運搬にかかる人員や機械などは牧畜民が手配する。排土場を復元した牧草地では、牧畜民たちが草刈り機で牧草を刈り取り、束ね、車に積み込む作業を整然と進めている。牧草1束当たり15元(1元=約16円)で計算すると、牧畜民1世帯当たり5万元余りの増収につながるという。(記者/李雲平)<映像内容>牧草を刈り取る様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    スイ族の祭りにぎやか、移住先でも貴州省

    6日、スイ族の「端節」で先祖を祭る儀式に参加した地元住民。中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州三都スイ族自治県中和鎮では6日、貧困救済事業による移住者が住む雪花湖社区(コミュニティー)にスイ族など少数民族の人々が集まり、貧困脱却後初めてスイ族の祭り「端節」を祝った。(三都=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    スイ族の祭りにぎやか、移住先でも貴州省

    6日、スイ族の「端節」で行われた先祖を祭る儀式で太鼓を叩くスイ族の人々。中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州三都スイ族自治県中和鎮では6日、貧困救済事業による移住者が住む雪花湖社区(コミュニティー)にスイ族など少数民族の人々が集まり、貧困脱却後初めてスイ族の祭り「端節」を祝った。(三都=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    スイ族の祭りにぎやか、移住先でも貴州省

    6日、スイ族の祭り「端節」で竜舞を披露する地元住民。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州三都スイ族自治県中和鎮では6日、貧困救済事業による移住者が住む雪花湖社区(コミュニティー)にスイ族など少数民族の人々が集まり、貧困脱却後初めてスイ族の祭り「端節」を祝った。(三都=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    漁業と太陽光発電を一体化、貧困脱却を後押し江蘇省宝応県

    5日、揚州市宝応県射陽湖(しゃようこ)鎮の100メガワット「漁光互補」太陽光発電プロジェクトの現場。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、生態循環農業に大々的に取り組んでいる。荒れた川辺の砂地やくぼ地に手を入れ、漁業と発電を一体化した生態漁業の「漁光互補(漁業と太陽光発電の相互支援)」太陽光発電所を建設、地元の漁業生産量と農家の収入を増加させ、環境に配慮した新エネルギーの開発と農村振興を同時に推進している。地元の電力供給部門によると現在、同県の「漁光互補」太陽光発電所は面積が6万ムー(40平方キロ)余りに達し、17の「漁光互補」プロジェクトがすでに送電を開始しており、接続容量は712メガワットに達しているという。(揚州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    漁業と太陽光発電を一体化、貧困脱却を後押し江蘇省宝応県

    5日、揚州市宝応県射陽湖(しゃようこ)鎮の100メガワット「漁光互補」太陽光発電プロジェクト現場で、巡回点検を行う作業員。中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、生態循環農業に大々的に取り組んでいる。荒れた川辺の砂地やくぼ地に手を入れ、漁業と発電を一体化した生態漁業の「漁光互補(漁業と太陽光発電の相互支援)」太陽光発電所を建設、地元の漁業生産量と農家の収入を増加させ、環境に配慮した新エネルギーの開発と農村振興を同時に推進している。地元の電力供給部門によると現在、同県の「漁光互補」太陽光発電所は面積が6万ムー(40平方キロ)余りに達し、17の「漁光互補」プロジェクトがすでに送電を開始しており、接続容量は712メガワットに達しているという。(揚州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    漁業と太陽光発電を一体化、貧困脱却を後押し江蘇省宝応県

    5日、揚州市宝応県射陽湖(しゃようこ)鎮の100メガワット「漁光互補」太陽光発電プロジェクトの現場。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、生態循環農業に大々的に取り組んでいる。荒れた川辺の砂地やくぼ地に手を入れ、漁業と発電を一体化した生態漁業の「漁光互補(漁業と太陽光発電の相互支援)」太陽光発電所を建設、地元の漁業生産量と農家の収入を増加させ、環境に配慮した新エネルギーの開発と農村振興を同時に推進している。地元の電力供給部門によると現在、同県の「漁光互補」太陽光発電所は面積が6万ムー(40平方キロ)余りに達し、17の「漁光互補」プロジェクトがすでに送電を開始しており、接続容量は712メガワットに達しているという。(揚州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    漁業と太陽光発電を一体化、貧困脱却を後押し江蘇省宝応県

    5日、揚州市宝応県射陽湖(しゃようこ)鎮の100メガワット「漁光互補」太陽光発電プロジェクトの現場。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、生態循環農業に大々的に取り組んでいる。荒れた川辺の砂地やくぼ地に手を入れ、漁業と発電を一体化した生態漁業の「漁光互補(漁業と太陽光発電の相互支援)」太陽光発電所を建設、地元の漁業生産量と農家の収入を増加させ、環境に配慮した新エネルギーの開発と農村振興を同時に推進している。地元の電力供給部門によると現在、同県の「漁光互補」太陽光発電所は面積が6万ムー(40平方キロ)余りに達し、17の「漁光互補」プロジェクトがすでに送電を開始しており、接続容量は712メガワットに達しているという。(揚州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    漁業と太陽光発電を一体化、貧困脱却を後押し江蘇省宝応県

    5日、揚州市宝応県射陽湖(しゃようこ)鎮の100メガワット「漁光互補」太陽光発電プロジェクト現場で、巡回点検を行う作業員。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、生態循環農業に大々的に取り組んでいる。荒れた川辺の砂地やくぼ地に手を入れ、漁業と発電を一体化した生態漁業の「漁光互補(漁業と太陽光発電の相互支援)」太陽光発電所を建設、地元の漁業生産量と農家の収入を増加させ、環境に配慮した新エネルギーの開発と農村振興を同時に推進している。地元の電力供給部門によると現在、同県の「漁光互補」太陽光発電所は面積が6万ムー(40平方キロ)余りに達し、17の「漁光互補」プロジェクトがすでに送電を開始しており、接続容量は712メガワットに達しているという。(揚州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    漁業と太陽光発電を一体化、貧困脱却を後押し江蘇省宝応県

    5日、揚州市宝応県射陽湖(しゃようこ)鎮の100メガワット「漁光互補」太陽光発電プロジェクト現場で、巡回点検を行う作業員。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、生態循環農業に大々的に取り組んでいる。荒れた川辺の砂地やくぼ地に手を入れ、漁業と発電を一体化した生態漁業の「漁光互補(漁業と太陽光発電の相互支援)」太陽光発電所を建設、地元の漁業生産量と農家の収入を増加させ、環境に配慮した新エネルギーの開発と農村振興を同時に推進している。地元の電力供給部門によると現在、同県の「漁光互補」太陽光発電所は面積が6万ムー(40平方キロ)余りに達し、17の「漁光互補」プロジェクトがすでに送電を開始しており、接続容量は712メガワットに達しているという。(揚州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    漁業と太陽光発電を一体化、貧困脱却を後押し江蘇省宝応県

    5日、揚州市宝応県射陽湖(しゃようこ)鎮の100メガワット「漁光互補」太陽光発電プロジェクトの現場。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、生態循環農業に大々的に取り組んでいる。荒れた川辺の砂地やくぼ地に手を入れ、漁業と発電を一体化した生態漁業の「漁光互補(漁業と太陽光発電の相互支援)」太陽光発電所を建設、地元の漁業生産量と農家の収入を増加させ、環境に配慮した新エネルギーの開発と農村振興を同時に推進している。地元の電力供給部門によると現在、同県の「漁光互補」太陽光発電所は面積が6万ムー(40平方キロ)余りに達し、17の「漁光互補」プロジェクトがすでに送電を開始しており、接続容量は712メガワットに達しているという。(揚州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    漁業と太陽光発電を一体化、貧困脱却を後押し江蘇省宝応県

    5日、揚州市宝応県射陽湖(しゃようこ)鎮の100メガワット「漁光互補」太陽光発電プロジェクト現場で、巡回点検を行う作業員。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、生態循環農業に大々的に取り組んでいる。荒れた川辺の砂地やくぼ地に手を入れ、漁業と発電を一体化した生態漁業の「漁光互補(漁業と太陽光発電の相互支援)」太陽光発電所を建設、地元の漁業生産量と農家の収入を増加させ、環境に配慮した新エネルギーの開発と農村振興を同時に推進している。地元の電力供給部門によると現在、同県の「漁光互補」太陽光発電所は面積が6万ムー(40平方キロ)余りに達し、17の「漁光互補」プロジェクトがすでに送電を開始しており、接続容量は712メガワットに達しているという。(揚州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月02日
    ウコンカンゾウ産業が貧困脱却を後押し山西省大同市雲州区

    2日、山西省大同市雲州区西坪鎮坊城新村に移転してきた住民の家を訪問した北京外国語大学国際ジャーナリズム専攻の院生。中国山西省大同市雲州区ではここ数年、ウコンカンゾウ(黄花)産業の発展と政策支援により、ウコンカンゾウが重要な輸出商品となっており、今年5月、同区の貧困世帯は全て貧困脱却を果たした。(大同=新華社配信/劉超凡)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月02日
    ウコンカンゾウ産業が貧困脱却を後押し山西省大同市雲州区

    2日、山西省大同市雲州区にある大同三利農産品で、ウコンカンゾウの選別を行う作業員。中国山西省大同市雲州区ではここ数年、ウコンカンゾウ(黄花)産業の発展と政策支援により、ウコンカンゾウが重要な輸出商品となっており、今年5月、同区の貧困世帯は全て貧困脱却を果たした。(大同=新華社配信/劉超凡)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月02日
    ウコンカンゾウ産業が貧困脱却を後押し山西省大同市雲州区

    2日、山西省大同市雲州区で調査・研究を行う北京外国語大学国際ジャーナリズム専攻の院生。中国山西省大同市雲州区ではここ数年、ウコンカンゾウ(黄花)産業の発展と政策支援により、ウコンカンゾウが重要な輸出商品となっており、今年5月、同区の貧困世帯は全て貧困脱却を果たした。(大同=新華社配信/劉超凡)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月02日
    ウコンカンゾウ産業が貧困脱却を後押し山西省大同市雲州区

    2日、山西省大同市雲州区にあるウコンカンゾウ標準化栽培基地。中国山西省大同市雲州区ではここ数年、ウコンカンゾウ(黄花)産業の発展と政策支援により、ウコンカンゾウが重要な輸出商品となっており、今年5月、同区の貧困世帯は全て貧困脱却を果たした。(大同=新華社配信/陸怡雯)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月02日
    ウコンカンゾウ産業が貧困脱却を後押し山西省大同市雲州区

    2日、山西省大同市雲州区で調査・研究を行う北京外国語大学国際ジャーナリズム専攻の院生。中国山西省大同市雲州区ではここ数年、ウコンカンゾウ(黄花)産業の発展と政策支援により、ウコンカンゾウが重要な輸出商品となっており、今年5月、同区の貧困世帯は全て貧困脱却を果たした。(雲州=新華社配信/劉超凡)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月01日
    伝統的な果樹園、オーナー制度導入で産業を振興河北省易県

    1日、リンゴ狩りに訪れ記念撮影する観光客。中国河北省易県ではここ数年、貧困脱却のために継続的に果樹産業を育成・拡大し、農家の増収の一助としてきた。果樹の販売チャネルを拡大するため、同県牛岡郷ではリンゴの木のオーナー制度を開始。これまでに4千本余りがオーナーを得た。実りの季節を迎え、リンゴ狩りや写真撮影を楽しむ人々でにぎわい、まるでリンゴの「テーマパーク」のようになっている。(保定=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月01日
    伝統的な果樹園、オーナー制度導入で産業を振興河北省易県

    1日、収穫期を迎えた太行山地区のリンゴ。中国河北省易県ではここ数年、貧困脱却のために継続的に果樹産業を育成・拡大し、農家の増収の一助としてきた。果樹の販売チャネルを拡大するため、同県牛岡郷ではリンゴの木のオーナー制度を開始。これまでに4千本余りがオーナーを得た。実りの季節を迎え、リンゴ狩りや写真撮影を楽しむ人々でにぎわい、まるでリンゴの「テーマパーク」のようになっている。(保定=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月31日
    企業のけん引で貧困脱却を推進新疆ウイグル自治区

    10月31日、新疆美比特集団の工場で包装作業をする従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区カラカシュ(墨玉)県では産業開発を貧困脱却の根本的な解決策として積極的に取り組み、貧困脱却を支援する業界トップ企業の育成を進め、農家の増収の道を広げている。2019年4月、同県は農業産業化を主導する企業、新疆美比特集団を誘致した。同社は技術、ニワトリのひな、飼料、感染予防サービスを提供し、地元貧困家庭が養殖業に参入し、近場で就業できるよう主導。従業員はすでに6千人余りを数え、うち3千人以上が貧困家庭の構成員で、従業員の平均月収は2600元(1元=約16円)以上に達している。(カラカシュ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月31日
    企業のけん引で貧困脱却を推進新疆ウイグル自治区

    10月31日、新疆美比特集団の工場で焼き鳥の串打ち作業をする従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区カラカシュ(墨玉)県では産業開発を貧困脱却の根本的な解決策として積極的に取り組み、貧困脱却を支援する業界トップ企業の育成を進め、農家の増収の道を広げている。2019年4月、同県は農業産業化を主導する企業、新疆美比特集団を誘致した。同社は技術、ニワトリのひな、飼料、感染予防サービスを提供し、地元貧困家庭が養殖業に参入し、近場で就業できるよう主導。従業員はすでに6千人余りを数え、うち3千人以上が貧困家庭の構成員で、従業員の平均月収は2600元(1元=約16円)以上に達している。(カラカシュ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月31日
    企業のけん引で貧困脱却を推進新疆ウイグル自治区

    10月31日、墨玉県にある和田新魯聨程肉鶏養殖で飼育されているニワトリのひな。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区カラカシュ(墨玉)県では産業開発を貧困脱却の根本的な解決策として積極的に取り組み、貧困脱却を支援する業界トップ企業の育成を進め、農家の増収の道を広げている。2019年4月、同県は農業産業化を主導する企業、新疆美比特集団を誘致した。同社は技術、ニワトリのひな、飼料、感染予防サービスを提供し、地元貧困家庭が養殖業に参入し、近場で就業できるよう主導。従業員はすでに6千人余りを数え、うち3千人以上が貧困家庭の構成員で、従業員の平均月収は2600元(1元=約16円)以上に達している。(カラカシュ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月31日
    企業のけん引で貧困脱却を推進新疆ウイグル自治区

    10月31日、墨玉県扎瓦鎮にある新疆美比特集団のキッチンカーで忙しく働く貧困家庭の従業員。同社はすでに500台のキッチンカーを同県で営業、就業問題の解決を支援している。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区カラカシュ(墨玉)県では産業開発を貧困脱却の根本的な解決策として積極的に取り組み、貧困脱却を支援する業界トップ企業の育成を進め、農家の増収の道を広げている。2019年4月、同県は農業産業化を主導する企業、新疆美比特集団を誘致した。同社は技術、ニワトリのひな、飼料、感染予防サービスを提供し、地元貧困家庭が養殖業に参入し、近場で就業できるよう主導。従業員はすでに6千人余りを数え、うち3千人以上が貧困家庭の構成員で、従業員の平均月収は2600元(1元=約16円)以上に達している。(カラカシュ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月31日
    企業のけん引で貧困脱却を推進新疆ウイグル自治区

    10月31日、新疆美比特集団の工場で焼き鳥の串打ち作業をする従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区カラカシュ(墨玉)県では産業開発を貧困脱却の根本的な解決策として積極的に取り組み、貧困脱却を支援する業界トップ企業の育成を進め、農家の増収の道を広げている。2019年4月、同県は農業産業化を主導する企業、新疆美比特集団を誘致した。同社は技術、ニワトリのひな、飼料、感染予防サービスを提供し、地元貧困家庭が養殖業に参入し、近場で就業できるよう主導。従業員はすでに6千人余りを数え、うち3千人以上が貧困家庭の構成員で、従業員の平均月収は2600元(1元=約16円)以上に達している。(カラカシュ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月31日
    企業のけん引で貧困脱却を推進新疆ウイグル自治区

    10月31日、墨玉県扎瓦鎮にある和田新魯聨程肉鶏養殖の鶏舎。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区カラカシュ(墨玉)県では産業開発を貧困脱却の根本的な解決策として積極的に取り組み、貧困脱却を支援する業界トップ企業の育成を進め、農家の増収の道を広げている。2019年4月、同県は農業産業化を主導する企業、新疆美比特集団を誘致した。同社は技術、ニワトリのひな、飼料、感染予防サービスを提供し、地元貧困家庭が養殖業に参入し、近場で就業できるよう主導。従業員はすでに6千人余りを数え、うち3千人以上が貧困家庭の構成員で、従業員の平均月収は2600元(1元=約16円)以上に達している。(カラカシュ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月31日
    企業のけん引で貧困脱却を推進新疆ウイグル自治区

    10月31日、新疆美比特集団の工場で焼き鳥の串打ち作業をする従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区カラカシュ(墨玉)県では産業開発を貧困脱却の根本的な解決策として積極的に取り組み、貧困脱却を支援する業界トップ企業の育成を進め、農家の増収の道を広げている。2019年4月、同県は農業産業化を主導する企業、新疆美比特集団を誘致した。同社は技術、ニワトリのひな、飼料、感染予防サービスを提供し、地元貧困家庭が養殖業に参入し、近場で就業できるよう主導。従業員はすでに6千人余りを数え、うち3千人以上が貧困家庭の構成員で、従業員の平均月収は2600元(1元=約16円)以上に達している。(カラカシュ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月31日
    企業のけん引で貧困脱却を推進新疆ウイグル自治区

    10月31日、新疆美比特集団の工場でソーセージの加熱処理をする従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区カラカシュ(墨玉)県では産業開発を貧困脱却の根本的な解決策として積極的に取り組み、貧困脱却を支援する業界トップ企業の育成を進め、農家の増収の道を広げている。2019年4月、同県は農業産業化を主導する企業、新疆美比特集団を誘致した。同社は技術、ニワトリのひな、飼料、感染予防サービスを提供し、地元貧困家庭が養殖業に参入し、近場で就業できるよう主導。従業員はすでに6千人余りを数え、うち3千人以上が貧困家庭の構成員で、従業員の平均月収は2600元(1元=約16円)以上に達している。(カラカシュ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月31日
    企業のけん引で貧困脱却を推進新疆ウイグル自治区

    10月31日、新疆美比特集団の工場で焼き鳥の串打ち作業をする従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区カラカシュ(墨玉)県では産業開発を貧困脱却の根本的な解決策として積極的に取り組み、貧困脱却を支援する業界トップ企業の育成を進め、農家の増収の道を広げている。2019年4月、同県は農業産業化を主導する企業、新疆美比特集団を誘致した。同社は技術、ニワトリのひな、飼料、感染予防サービスを提供し、地元貧困家庭が養殖業に参入し、近場で就業できるよう主導。従業員はすでに6千人余りを数え、うち3千人以上が貧困家庭の構成員で、従業員の平均月収は2600元(1元=約16円)以上に達している。(カラカシュ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...