KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国
  • 隔離
  • 令和
  • 記者
  • 医療
  • 肺炎
  • 病棟
  • 患者
  • 医院
  • 病院

「隔離病棟」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
並び順
  • 新しい順
56
( 1 56 件を表示)
  • 1
56
( 1 56 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年06月29日
    北京新発地市場関連の新型コロナ感染で初の退院者

    29日、北京地壇医院で、医療関係者に伴われて隔離病棟を出る何さん。中国北京市で29日午前、新発地卸売市場に関連する新型コロナウイルス感染患者のうち、治療を終えた最初の患者が北京地壇医院を退院した。同日退院したのは同市西城区に住む56歳の男性、何(か)さんで、今月3日に同市場で羊肉を購入し、約20分滞在した。2日後に倦怠感を覚え、12日に発熱。熱は約38度まで上がった。受診した病院での核酸検査でコロナウイルス陽性が確認されたため、13日に新型コロナウイルスによる普通程度の肺炎として地壇医院に入院した。(北京=新華社記者/彭子洋)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070200543

  • 02:25.28
    2020年02月25日
    「新華社」中国医学が新型肺炎の感染対策に貢献浙江省

    新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国浙江省では感染予防・抑制の闘いに中国医学と中医薬を取り入れることを力強く効果的に推進しており、濃厚接触者への予防処方、感染の疑いがある患者への迅速な中医薬の投与、中国医学の医師による隔離病棟治療への全面的関与、回復期の投与という一連の感染予防・治療システムを構築している。杭州市西渓医院は同市の新型肺炎診療指定医療機関で、市内の確定診断された患者や感染が疑われる患者の半数以上がここで隔離治療を受けている。同医院では、中医薬を使用してから、重症・重篤患者の増加幅が明らかに鈍化し、重症化した例は一つもない。浙江省新型肺炎感染予防・抑制指導グループの求めにより、中医薬治療の重点は確定診断患者から感染が疑われる患者に移行しており、確定診断が出る前に中国医学の医師が診察に関与し、患者に中医薬を投与している。省内の感染が疑われる患者の92%以上に対し、中国医学の医師が治療に関与している。浙江省中医薬管理局の統計によると、14日現在、同省で中国医学の医師が治療に関与したのは1127例(95・8%)で、内訳は回復が332例、症状の改善が590例、治療効果観察中が205例となっている。(記者/夏亮、孔令杭)<映像内容>中国医学と中医薬を取り入れた新型肺炎対策、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022603077

  • 2020年02月18日
    隔離病棟で行われる中国医学療法江西省

    18日、江西中医薬大学付属医院の隔離病棟に入る医療スタッフ。中国江西省の江西中医薬大学付属医院では、新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国医学と西洋医学の双方を重視した上で、中医薬が特別な働きをすることに着目し、新型肺炎の治療とケアの全プロセスに中医薬を取り入れていることを推進している。同院では中国医学と西洋医学がそれぞれの長所を発揮し、優位性を相互補完することで、良好な効果が得られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022503902

  • 2020年02月18日
    隔離病棟で行われる中国医学療法江西省

    18日、江西中医薬大学付属医院の隔離病棟で、最新の患者の看護状況と治療状況を記録する医療スタッフ。中国江西省の江西中医薬大学付属医院では、新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国医学と西洋医学の双方を重視した上で、中医薬が特別な働きをすることに着目し、新型肺炎の治療とケアの全プロセスに中医薬を取り入れていることを推進している。同院では中国医学と西洋医学がそれぞれの長所を発揮し、優位性を相互補完することで、良好な効果が得られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022503937

  • 2020年02月18日
    隔離病棟で行われる中国医学療法江西省

    18日、江西中医薬大学付属医院の隔離病棟で、感熱灸による治療を患者に行う医療スタッフ。中国江西省の江西中医薬大学付属医院では、新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国医学と西洋医学の双方を重視した上で、中医薬が特別な働きをすることに着目し、新型肺炎の治療とケアの全プロセスに中医薬を取り入れていることを推進している。同院では中国医学と西洋医学がそれぞれの長所を発揮し、優位性を相互補完することで、良好な効果が得られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022503878

  • 2020年02月18日
    新型肺炎の予防治療に「熱敏灸」が効果を発揮江西省

    江西中医薬大学付属病院の隔離病棟で、患者に漢方薬による足浴療法を行う医療従事者。(2月18日撮影)ヨモギの葉で作ったもぐさの束を燃やし、体の表面から数ミリ上をなでるように当てると、患者はほどなく体内から発する熱ともぐさの熱の「呼応」を体感する。中国江西省では新型コロナウイルスによる肺炎患者の治療に、この「神秘的な」熱敏灸療法を取り入れている。江西中医薬大学付属病院の熱敏灸治療チームは10日までに、新型肺炎患者42人に対し、延べ272回の熱敏灸治療を実施している。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702545

  • 2020年02月18日
    新型肺炎の予防治療に「熱敏灸」が効果を発揮江西省

    江西中医薬大学付属病院の隔離病棟で、患者の脈を取る医療従事者。(2月18日撮影)ヨモギの葉で作ったもぐさの束を燃やし、体の表面から数ミリ上をなでるように当てると、患者はほどなく体内から発する熱ともぐさの熱の「呼応」を体感する。中国江西省では新型コロナウイルスによる肺炎患者の治療に、この「神秘的な」熱敏灸療法を取り入れている。江西中医薬大学付属病院の熱敏灸治療チームは10日までに、新型肺炎患者42人に対し、延べ272回の熱敏灸治療を実施している。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702633

  • 2020年02月18日
    隔離病棟で行われる中国医学療法江西省

    18日、江西中医薬大学付属医院の隔離病棟で、つぼを刺激して薬の吸収を促進する中国医学療法を患者に行う医療スタッフ。中国江西省の江西中医薬大学付属医院では、新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国医学と西洋医学の双方を重視した上で、中医薬が特別な働きをすることに着目し、新型肺炎の治療とケアの全プロセスに中医薬を取り入れていることを推進している。同院では中国医学と西洋医学がそれぞれの長所を発揮し、優位性を相互補完することで、良好な効果が得られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022503879

  • 2020年02月18日
    新型肺炎の予防治療に「熱敏灸」が効果を発揮江西省

    江西中医薬大学付属病院の隔離病棟で、患者に漢方薬をツボに貼る特色ある「貼敷療法」を行う医療従事者。(2月18日撮影)ヨモギの葉で作ったもぐさの束を燃やし、体の表面から数ミリ上をなでるように当てると、患者はほどなく体内から発する熱ともぐさの熱の「呼応」を体感する。中国江西省では新型コロナウイルスによる肺炎患者の治療に、この「神秘的な」熱敏灸療法を取り入れている。江西中医薬大学付属病院の熱敏灸治療チームは10日までに、新型肺炎患者42人に対し、延べ272回の熱敏灸治療を実施している。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702507

  • 2020年02月18日
    隔離病棟で行われる中国医学療法江西省

    18日、江西中医薬大学付属医院の隔離病棟で患者を励ます医療スタッフ。中国江西省の江西中医薬大学付属医院では、新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国医学と西洋医学の双方を重視した上で、中医薬が特別な働きをすることに着目し、新型肺炎の治療とケアの全プロセスに中医薬を取り入れていることを推進している。同院では中国医学と西洋医学がそれぞれの長所を発揮し、優位性を相互補完することで、良好な効果が得られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022503919

  • 2020年02月18日
    隔離病棟で行われる中国医学療法江西省

    18日、江西中医薬大学付属医院の隔離病棟で、患者の舌苔(ぜったい)を観察して病状を調べる医療スタッフ。中国江西省の江西中医薬大学付属医院では、新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国医学と西洋医学の双方を重視した上で、中医薬が特別な働きをすることに着目し、新型肺炎の治療とケアの全プロセスに中医薬を取り入れていることを推進している。同院では中国医学と西洋医学がそれぞれの長所を発揮し、優位性を相互補完することで、良好な効果が得られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022503889

  • 2020年02月18日
    隔離病棟で行われる中国医学療法江西省

    18日、江西中医薬大学付属医院の隔離病棟で、感熱灸による治療を患者に行う医療スタッフ。中国江西省の江西中医薬大学付属医院では、新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国医学と西洋医学の双方を重視した上で、中医薬が特別な働きをすることに着目し、新型肺炎の治療とケアの全プロセスに中医薬を取り入れていることを推進している。同院では中国医学と西洋医学がそれぞれの長所を発揮し、優位性を相互補完することで、良好な効果が得られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022503904

  • 2020年02月18日
    隔離病棟で行われる中国医学療法江西省

    18日、江西中医薬大学付属医院の隔離病棟で、病気の予防と治療の効果を高めるため、患者の耳穴を刺激する医療スタッフ。中国江西省の江西中医薬大学付属医院では、新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国医学と西洋医学の双方を重視した上で、中医薬が特別な働きをすることに着目し、新型肺炎の治療とケアの全プロセスに中医薬を取り入れていることを推進している。同院では中国医学と西洋医学がそれぞれの長所を発揮し、優位性を相互補完することで、良好な効果が得られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022503909

  • 2020年02月18日
    新型肺炎の予防治療に「熱敏灸」が効果を発揮江西省

    江西中医薬大学付属病院の隔離病棟で、患者に運動療法を指導する医療従事者。(2月18日撮影)ヨモギの葉で作ったもぐさの束を燃やし、体の表面から数ミリ上をなでるように当てると、患者はほどなく体内から発する熱ともぐさの熱の「呼応」を体感する。中国江西省では新型コロナウイルスによる肺炎患者の治療に、この「神秘的な」熱敏灸療法を取り入れている。江西中医薬大学付属病院の熱敏灸治療チームは10日までに、新型肺炎患者42人に対し、延べ272回の熱敏灸治療を実施している。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702539

  • 2020年02月18日
    新型肺炎の予防治療に「熱敏灸」が効果を発揮江西省

    江西中医薬大学付属病院の隔離病棟で、患者に熱敏灸療法を行う医療従事者。(2月18日撮影)ヨモギの葉で作ったもぐさの束を燃やし、体の表面から数ミリ上をなでるように当てると、患者はほどなく体内から発する熱ともぐさの熱の「呼応」を体感する。中国江西省では新型コロナウイルスによる肺炎患者の治療に、この「神秘的な」熱敏灸療法を取り入れている。江西中医薬大学付属病院の熱敏灸治療チームは10日までに、新型肺炎患者42人に対し、延べ272回の熱敏灸治療を実施している。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702630

  • 2020年02月18日
    隔離病棟で行われる中国医学療法江西省

    18日、江西中医薬大学付属医院の隔離病棟で、患者の気持ちを穏やかにし、体質を強化し、ストレスを緩和するための運動療法を行う医療スタッフ。中国江西省の江西中医薬大学付属医院では、新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国医学と西洋医学の双方を重視した上で、中医薬が特別な働きをすることに着目し、新型肺炎の治療とケアの全プロセスに中医薬を取り入れていることを推進している。同院では中国医学と西洋医学がそれぞれの長所を発揮し、優位性を相互補完することで、良好な効果が得られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022503900

  • 2020年02月18日
    隔離病棟で行われる中国医学療法江西省

    18日、江西中医薬大学付属医院の隔離病棟で、患者の脈を取る医療スタッフ。中国江西省の江西中医薬大学付属医院では、新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国医学と西洋医学の双方を重視した上で、中医薬が特別な働きをすることに着目し、新型肺炎の治療とケアの全プロセスに中医薬を取り入れていることを推進している。同院では中国医学と西洋医学がそれぞれの長所を発揮し、優位性を相互補完することで、良好な効果が得られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022503890

  • 2020年02月18日
    新型肺炎の予防治療に「熱敏灸」が効果を発揮江西省

    江西中医薬大学付属病院の隔離病棟で、患者に熱敏灸療法を行う医療従事者。(2月18日撮影)ヨモギの葉で作ったもぐさの束を燃やし、体の表面から数ミリ上をなでるように当てると、患者はほどなく体内から発する熱ともぐさの熱の「呼応」を体感する。中国江西省では新型コロナウイルスによる肺炎患者の治療に、この「神秘的な」熱敏灸療法を取り入れている。江西中医薬大学付属病院の熱敏灸治療チームは10日までに、新型肺炎患者42人に対し、延べ272回の熱敏灸治療を実施している。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702525

  • 2020年02月18日
    隔離病棟で行われる中国医学療法江西省

    18日、江西中医薬大学付属医院の隔離病棟で、カラードプラ超音波検査を行い、患者の病状を確認する医療スタッフ。中国江西省の江西中医薬大学付属医院では、新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国医学と西洋医学の双方を重視した上で、中医薬が特別な働きをすることに着目し、新型肺炎の治療とケアの全プロセスに中医薬を取り入れていることを推進している。同院では中国医学と西洋医学がそれぞれの長所を発揮し、優位性を相互補完することで、良好な効果が得られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022503899

  • 2020年02月18日
    隔離病棟で行われる中国医学療法江西省

    18日、江西中医薬大学付属医院の隔離病棟で、患者が中医薬の入った足浴をするのを手助けする医療スタッフ。中国江西省の江西中医薬大学付属医院では、新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国医学と西洋医学の双方を重視した上で、中医薬が特別な働きをすることに着目し、新型肺炎の治療とケアの全プロセスに中医薬を取り入れていることを推進している。同院では中国医学と西洋医学がそれぞれの長所を発揮し、優位性を相互補完することで、良好な効果が得られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022503906

  • 01:55.26
    2020年02月17日
    「新華社」500床の西安市公共衛生センター10日間で完成、運用開始

    中国陝西省で建設が進められていた西安市公共衛生センターは17日、10日間の突貫工事を経て完成し、ベッド数500床の応急隔離病棟が引き渡された。今後、新型コロナウイルスによる肺炎患者を集中的に収容・治療する。同センターは特殊病室標準設計に基づき、9病棟と集中治療室(ICU)1室を備えており、院内感染を防ぐため病室は全て陰圧室になっている。病棟は清潔区域、準清潔区域、汚染区域に分かれ、医療スタッフと患者は別の通路を使用する。病棟には薬や食べ物の受け渡し用に廊下と病室の両側から開くことができる二重扉構造のパスボックスを設置した。西安市は現時点で、臨床医と看護師475人、医療技術者と事務職員191人の計666人を15の医療機関から同センターに振り向け、受け入れ患者の治療態勢を整えている。(記者/張晨俊)<映像内容>西安市公共衛生センターの応急隔離病棟が完成、撮影日:2020(令和2)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021907489

  • 2020年02月11日
    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市

    11日、消毒ロボットの改造、調整を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021409951

  • 2020年02月11日
    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市

    11日、消毒ロボットの改造、調整を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021409865

  • 2020年02月11日
    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市

    11日、消毒ロボットの改造、調整を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021409892

  • 2020年02月11日
    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市

    11日、第2世代消毒ロボットの調整を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021409909

  • 2020年02月11日
    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市

    11日、初代消毒ロボットの改造と改善を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021409915

  • 2020年02月11日
    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市

    11日、消毒ロボットの改造、調整を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021409916

  • 00:37.67
    2020年02月11日
    「新華社」母子ともに無事!新型コロナウイルス感染の妊婦、女児を出産

    中国江西省宜春市で11日、妊娠37週を過ぎた妊婦が発熱を訴え、翌12日の新型コロナウイルス核酸検査で陽性と診断された。宜春市人民医院産婦人科チームは13日、厳格な防護措置を講じて帝王切開を実施。体重3400グラムの女児が無事誕生した。母子はその後、妊産婦用と新生児用の隔離病棟にそれぞれ移され、引き続き看護と診療を受けている。新生児の容体は良好だが、新型コロナウイルスに感染しているかどうかについては実験室でさらに検査する必要があるという。(記者/高皓亮、彭昭之、閔尊涛)<映像内容>新型肺炎患者の妊婦が出産、新生児の様子、撮影日:2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021700145

  • 2020年02月11日
    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市

    11日、第2世代消毒ロボットの調整を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021409898

  • 2020年02月11日
    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市

    11日、第2世代消毒ロボットのテスト調整を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021409934

  • 2020年02月11日
    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市

    11日、消毒ロボットの改造、調整を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021409853

  • 2020年02月11日
    急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市

    11日、第2世代消毒ロボットの調整を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021409855

  • 2020年02月08日
    なぜ彼らはウイルスとの闘いに勝利できたのか回復患者の追跡取材

    隔離病棟を出た後に医療スタッフと記念写真を撮る李霖琳(り・りんりん)さん(仮名、左から3人目)。(2月8日撮影)新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策において、中国中央政府が湖北省で提唱した「収容すべき患者は全て収容し、漏れなく治療する」という徹底的な方針により、全国各地で「予防」と「治療」が両輪となって効果を発揮し、回復患者数が増加し続けている。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030503643

  • 2020年02月07日
    AIが参戦医療ロボット「小白」が武漢の救援に

    7日、武漢市第三病院の重症者病棟で、隔離病室の外から「小白」を通じて室内の様子を確認する医師。中国上海市から湖北省武漢市へ派遣された第3陣の医療チームは7日、上海交通大学医学部呉韜(ご・とう)副学部長率いる研究チームが寄贈した、人工知能(AI)搭載の医療用ロボット「AirFace」2台を受け取った。ロボットは同研究チームが自主開発し、中国国内で特許を取得しており、顔認証や自然言語処理、遠隔操作などの機能を備えている。研究者や医療従事者の間で「小白(シャオバイ)」の愛称で親しまれ、現在、医療チームの派遣先である武漢市第三病院の重症者病棟に「勤務」している。隔離病棟に配属された小白は専門家の「分身」になることが可能。専門家がスマートフォンやタブレット、パソコンからAirFaceのシステムにログインすると、遠隔操作でロボットの前後左右の移動や、頭部にあるカメラレンズの方向を上下に調節したり旋回させることができる。これにより、医療従事者は最大限の視野で、隔離病室にいる患者の観察と診療が可能となり、患者と医療従事者間の交差感染の防止にもつながっている。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021001215

  • 2020年02月07日
    AIが参戦医療ロボット「小白」が武漢の救援に

    7日、武漢市第三病院の重症者病棟で、「小白」を通じて医療従事者とやりとりする立ち会い診察の専門家。中国上海市から湖北省武漢市へ派遣された第3陣の医療チームは7日、上海交通大学医学部呉韜(ご・とう)副学部長率いる研究チームが寄贈した、人工知能(AI)搭載の医療用ロボット「AirFace」2台を受け取った。ロボットは同研究チームが自主開発し、中国国内で特許を取得しており、顔認証や自然言語処理、遠隔操作などの機能を備えている。研究者や医療従事者の間で「小白(シャオバイ)」の愛称で親しまれ、現在、医療チームの派遣先である武漢市第三病院の重症者病棟に「勤務」している。隔離病棟に配属された小白は専門家の「分身」になることが可能。専門家がスマートフォンやタブレット、パソコンからAirFaceのシステムにログインすると、遠隔操作でロボットの前後左右の移動や、頭部にあるカメラレンズの方向を上下に調節したり旋回させることができる。これにより、医療従事者は最大限の視野で、隔離病室にいる患者の観察と診療が可能となり、患者と医療従事者間の交差感染の防止にもつながっている。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021001218

  • 2020年02月07日
    AIが参戦医療ロボット「小白」が武漢の救援に

    7日、武漢市第三病院の重症者病棟で、「小白」を通じて隔離区域外の様子を確認する隔離病室内の医療従事者。中国上海市から湖北省武漢市へ派遣された第3陣の医療チームは7日、上海交通大学医学部呉韜(ご・とう)副学部長率いる研究チームが寄贈した、人工知能(AI)搭載の医療用ロボット「AirFace」2台を受け取った。ロボットは同研究チームが自主開発し、中国国内で特許を取得しており、顔認証や自然言語処理、遠隔操作などの機能を備えている。研究者や医療従事者の間で「小白(シャオバイ)」の愛称で親しまれ、現在、医療チームの派遣先である武漢市第三病院の重症者病棟に「勤務」している。隔離病棟に配属された小白は専門家の「分身」になることが可能。専門家がスマートフォンやタブレット、パソコンからAirFaceのシステムにログインすると、遠隔操作でロボットの前後左右の移動や、頭部にあるカメラレンズの方向を上下に調節したり旋回させることができる。これにより、医療従事者は最大限の視野で、隔離病室にいる患者の観察と診療が可能となり、患者と医療従事者間の交差感染の防止にもつながっている。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021001133

  • 2020年02月07日
    AIが参戦医療ロボット「小白」が武漢の救援に

    7日、武漢市第三病院の重症者病棟で、「小白」と記念撮影する担当の医療従事者。中国上海市から湖北省武漢市へ派遣された第3陣の医療チームは7日、上海交通大学医学部呉韜(ご・とう)副学部長率いる研究チームが寄贈した、人工知能(AI)搭載の医療用ロボット「AirFace」2台を受け取った。ロボットは同研究チームが自主開発し、中国国内で特許を取得しており、顔認証や自然言語処理、遠隔操作などの機能を備えている。研究者や医療従事者の間で「小白(シャオバイ)」の愛称で親しまれ、現在、医療チームの派遣先である武漢市第三病院の重症者病棟に「勤務」している。隔離病棟に配属された小白は専門家の「分身」になることが可能。専門家がスマートフォンやタブレット、パソコンからAirFaceのシステムにログインすると、遠隔操作でロボットの前後左右の移動や、頭部にあるカメラレンズの方向を上下に調節したり旋回させることができる。これにより、医療従事者は最大限の視野で、隔離病室にいる患者の観察と診療が可能となり、患者と医療従事者間の交差感染の防止にもつながっている。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021001231

  • 2020年02月07日
    AIが参戦医療ロボット「小白」が武漢の救援に

    7日、武漢市第三病院の重症者病棟で、「小白」を通して担当の医療従事者とやりとりする患者。中国上海市から湖北省武漢市へ派遣された第3陣の医療チームは7日、上海交通大学医学部呉韜(ご・とう)副学部長率いる研究チームが寄贈した、人工知能(AI)搭載の医療用ロボット「AirFace」2台を受け取った。ロボットは同研究チームが自主開発し、中国国内で特許を取得しており、顔認証や自然言語処理、遠隔操作などの機能を備えている。研究者や医療従事者の間で「小白(シャオバイ)」の愛称で親しまれ、現在、医療チームの派遣先である武漢市第三病院の重症者病棟に「勤務」している。隔離病棟に配属された小白は専門家の「分身」になることが可能。専門家がスマートフォンやタブレット、パソコンからAirFaceのシステムにログインすると、遠隔操作でロボットの前後左右の移動や、頭部にあるカメラレンズの方向を上下に調節したり旋回させることができる。これにより、医療従事者は最大限の視野で、隔離病室にいる患者の観察と診療が可能となり、患者と医療従事者間の交差感染の防止にもつながっている。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021001136

  • 2020年02月07日
    AIが参戦医療ロボット「小白」が武漢の救援に

    7日、武漢市第三病院の重症者病棟に登場した「小白」。中国上海市から湖北省武漢市へ派遣された第3陣の医療チームは7日、上海交通大学医学部呉韜(ご・とう)副学部長率いる研究チームが寄贈した、人工知能(AI)搭載の医療用ロボット「AirFace」2台を受け取った。ロボットは同研究チームが自主開発し、中国国内で特許を取得しており、顔認証や自然言語処理、遠隔操作などの機能を備えている。研究者や医療従事者の間で「小白(シャオバイ)」の愛称で親しまれ、現在、医療チームの派遣先である武漢市第三病院の重症者病棟に「勤務」している。隔離病棟に配属された小白は専門家の「分身」になることが可能。専門家がスマートフォンやタブレット、パソコンからAirFaceのシステムにログインすると、遠隔操作でロボットの前後左右の移動や、頭部にあるカメラレンズの方向を上下に調節したり旋回させることができる。これにより、医療従事者は最大限の視野で、隔離病室にいる患者の観察と診療が可能となり、患者と医療従事者間の交差感染の防止にもつながっている。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021001168

  • 2020年02月07日
    AIが参戦医療ロボット「小白」が武漢の救援に

    7日、武漢市第三病院の重症者病棟で、隔離病室の外から「小白」を通じて室内の様子を確認する医師。中国上海市から湖北省武漢市へ派遣された第3陣の医療チームは7日、上海交通大学医学部呉韜(ご・とう)副学部長率いる研究チームが寄贈した、人工知能(AI)搭載の医療用ロボット「AirFace」2台を受け取った。ロボットは同研究チームが自主開発し、中国国内で特許を取得しており、顔認証や自然言語処理、遠隔操作などの機能を備えている。研究者や医療従事者の間で「小白(シャオバイ)」の愛称で親しまれ、現在、医療チームの派遣先である武漢市第三病院の重症者病棟に「勤務」している。隔離病棟に配属された小白は専門家の「分身」になることが可能。専門家がスマートフォンやタブレット、パソコンからAirFaceのシステムにログインすると、遠隔操作でロボットの前後左右の移動や、頭部にあるカメラレンズの方向を上下に調節したり旋回させることができる。これにより、医療従事者は最大限の視野で、隔離病室にいる患者の観察と診療が可能となり、患者と医療従事者間の交差感染の防止にもつながっている。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021001229

  • 2020年02月06日
    新型肺炎と闘う医療スタッフ顔には医療用ゴーグルの跡

    6日、南昌大学第一付属医院象湖院区の隔離病棟のICUで働く看護師、霍瑩瑩(かく・えいえい)さんの顔に残る医療用ゴーグルとマスクで締め付けられた跡。新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者を受け入れる「感染症指定医療機関」の一つ、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区。同医院の隔離病棟のICU(集中治療室)で働く医療スタッフは、毎日「完全武装」して約6時間に及ぶ勤務をこなしており、顔には医療用ゴーグルとマスクの跡がくっきりと残っている。記者はそんな彼らの「美しい跡」をカメラで記録した。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405182

  • 2020年02月06日
    新型肺炎と闘う医療スタッフ顔には医療用ゴーグルの跡

    6日、南昌大学第一付属医院象湖院区の隔離病棟のICUで働く看護師、程姝菡(てい・しゅかん)さんの顔に残る医療用ゴーグルとマスクで締め付けられた跡。新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者を受け入れる「感染症指定医療機関」の一つ、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区。同医院の隔離病棟のICU(集中治療室)で働く医療スタッフは、毎日「完全武装」して約6時間に及ぶ勤務をこなしており、顔には医療用ゴーグルとマスクの跡がくっきりと残っている。記者はそんな彼らの「美しい跡」をカメラで記録した。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405273

  • 2020年02月06日
    新型肺炎と闘う医療スタッフ顔には医療用ゴーグルの跡

    6日、南昌大学第一付属医院象湖院区の隔離病棟のICUで働く医療スタッフの顔に残る医療用ゴーグルとマスクで締め付けられた跡。(組み合わせ写真)新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者を受け入れる「感染症指定医療機関」の一つ、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区。同医院の隔離病棟のICU(集中治療室)で働く医療スタッフは、毎日「完全武装」して約6時間に及ぶ勤務をこなしており、顔には医療用ゴーグルとマスクの跡がくっきりと残っている。記者はそんな彼らの「美しい跡」をカメラで記録した。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405362

  • 2020年02月06日
    新型肺炎と闘う医療スタッフ顔には医療用ゴーグルの跡

    6日、南昌大学第一付属医院重症医学科の看護師長、江榕(こう・よう)さんの顔に残る医療用ゴーグルとマスクで締め付けられた跡。新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者を受け入れる「感染症指定医療機関」の一つ、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区。同医院の隔離病棟のICU(集中治療室)で働く医療スタッフは、毎日「完全武装」して約6時間に及ぶ勤務をこなしており、顔には医療用ゴーグルとマスクの跡がくっきりと残っている。記者はそんな彼らの「美しい跡」をカメラで記録した。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405176

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月06日
    新型肺炎と闘う医療スタッフ顔には医療用ゴーグルの跡

    6日、南昌大学第一付属医院象湖院区の隔離病棟のICUで働く看護師、万飄(ばん・ひょう)さんの顔に残る医療用ゴーグルとマスクで締め付けられた跡。新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者を受け入れる「感染症指定医療機関」の一つ、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区。同医院の隔離病棟のICU(集中治療室)で働く医療スタッフは、毎日「完全武装」して約6時間に及ぶ勤務をこなしており、顔には医療用ゴーグルとマスクの跡がくっきりと残っている。記者はそんな彼らの「美しい跡」をカメラで記録した。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405387

  • 2020年02月06日
    新型肺炎と闘う医療スタッフ顔には医療用ゴーグルの跡

    6日、南昌大学第一付属医院象湖院区の隔離病棟のICUで働く看護師、曹夏華(そう・かか)さんの顔に残る医療用ゴーグルとマスクで締め付けられた跡。新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者を受け入れる「感染症指定医療機関」の一つ、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区。同医院の隔離病棟のICU(集中治療室)で働く医療スタッフは、毎日「完全武装」して約6時間に及ぶ勤務をこなしており、顔には医療用ゴーグルとマスクの跡がくっきりと残っている。記者はそんな彼らの「美しい跡」をカメラで記録した。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405178

  • 2020年02月06日
    新型肺炎と闘う医療スタッフ顔には医療用ゴーグルの跡

    6日、南昌大学第一付属医院象湖院区の隔離病棟のICUで働く看護師、黄麗青(こう・れいせい)さんの顔に残る医療用ゴーグルとマスクで締め付けられた跡。新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者を受け入れる「感染症指定医療機関」の一つ、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区。同医院の隔離病棟のICU(集中治療室)で働く医療スタッフは、毎日「完全武装」して約6時間に及ぶ勤務をこなしており、顔には医療用ゴーグルとマスクの跡がくっきりと残っている。記者はそんな彼らの「美しい跡」をカメラで記録した。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405308

  • 2020年02月06日
    新型肺炎と闘う医療スタッフ顔には医療用ゴーグルの跡

    6日、南昌大学第一付属医院象湖院区の隔離病棟のICUで働く看護師、朱卉(しゅ・き)さんの顔に残る医療用ゴーグルとマスクで締め付けられた跡。新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者を受け入れる「感染症指定医療機関」の一つ、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区。同医院の隔離病棟のICU(集中治療室)で働く医療スタッフは、毎日「完全武装」して約6時間に及ぶ勤務をこなしており、顔には医療用ゴーグルとマスクの跡がくっきりと残っている。記者はそんな彼らの「美しい跡」をカメラで記録した。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405173

  • 2020年02月06日
    新型肺炎と闘う医療スタッフ顔には医療用ゴーグルの跡

    6日、南昌大学第一付属医院象湖院区の隔離病棟のICUで働く看護師、湯凌鵬(とう・りょうほう)さんの顔に残る医療用ゴーグルとマスクで締め付けられた跡。新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者を受け入れる「感染症指定医療機関」の一つ、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区。同医院の隔離病棟のICU(集中治療室)で働く医療スタッフは、毎日「完全武装」して約6時間に及ぶ勤務をこなしており、顔には医療用ゴーグルとマスクの跡がくっきりと残っている。記者はそんな彼らの「美しい跡」をカメラで記録した。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405384

  • 2020年02月05日
    福清市医院の新感染症病棟、第1期工事が完了

    5日、福清市医院に建設された新しい感染症病棟で、ゴミ箱を消毒する看護スタッフ。中国福建省の福清市医院で6日、新しい感染症病棟を建設するプロジェクトの第1期工事が完了し、診療を開始した。同プロジェクトはわずか7日間の建設工事と3日間の医療機器設置・調整などを経て完成したもので、同市の感染病指定医療機関として利用される。病院関係者によると、同プロジェクトは2期に分けて施工され、第1期は面積1300平方メートルの外来棟と1700平方メートルの隔離病棟の計3000平方メートルで、病床数は45床となっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021000964

  • 2020年02月05日
    福清市医院の新感染症病棟、第1期工事が完了

    5日、福清市医院に建設された新しい感染症病棟の外来棟で、表示札を取り付けるスタッフ。中国福建省の福清市医院で6日、新しい感染症病棟を建設するプロジェクトの第1期工事が完了し、診療を開始した。同プロジェクトはわずか7日間の建設工事と3日間の医療機器設置・調整などを経て完成したもので、同市の感染病指定医療機関として利用される。病院関係者によると、同プロジェクトは2期に分けて施工され、第1期は面積1300平方メートルの外来棟と1700平方メートルの隔離病棟の計3000平方メートルで、病床数は45床となっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021000971

  • 2020年02月05日
    福清市医院の新感染症病棟、第1期工事が完了

    5日、福清市医院に建設された新しい感染症病棟で、消毒・清掃作業を行うスタッフ。中国福建省の福清市医院で6日、新しい感染症病棟を建設するプロジェクトの第1期工事が完了し、診療を開始した。同プロジェクトはわずか7日間の建設工事と3日間の医療機器設置・調整などを経て完成したもので、同市の感染病指定医療機関として利用される。病院関係者によると、同プロジェクトは2期に分けて施工され、第1期は面積1300平方メートルの外来棟と1700平方メートルの隔離病棟の計3000平方メートルで、病床数は45床となっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021000926

  • 2020年02月05日
    福清市医院の新感染症病棟、第1期工事が完了

    5日、福清市医院に建設された新しい感染症病棟の外来棟で、配線工事を行う作業員。中国福建省の福清市医院で6日、新しい感染症病棟を建設するプロジェクトの第1期工事が完了し、診療を開始した。同プロジェクトはわずか7日間の建設工事と3日間の医療機器設置・調整などを経て完成したもので、同市の感染病指定医療機関として利用される。病院関係者によると、同プロジェクトは2期に分けて施工され、第1期は面積1300平方メートルの外来棟と1700平方メートルの隔離病棟の計3000平方メートルで、病床数は45床となっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021000975

  • 2020年02月05日
    福清市医院の新感染症病棟、第1期工事が完了

    5日、福清市医院に建設された新しい感染症病棟の陰圧室。中国福建省の福清市医院で6日、新しい感染症病棟を建設するプロジェクトの第1期工事が完了し、診療を開始した。同プロジェクトはわずか7日間の建設工事と3日間の医療機器設置・調整などを経て完成したもので、同市の感染病指定医療機関として利用される。病院関係者によると、同プロジェクトは2期に分けて施工され、第1期は面積1300平方メートルの外来棟と1700平方メートルの隔離病棟の計3000平方メートルで、病床数は45床となっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021001011

  • 2020年02月05日
    福清市医院の新感染症病棟、第1期工事が完了

    5日、福清市医院に建設された新しい感染症病棟の外来棟で、医療機器を調整するスタッフ。中国福建省の福清市医院で6日、新しい感染症病棟を建設するプロジェクトの第1期工事が完了し、診療を開始した。同プロジェクトはわずか7日間の建設工事と3日間の医療機器設置・調整などを経て完成したもので、同市の感染病指定医療機関として利用される。病院関係者によると、同プロジェクトは2期に分けて施工され、第1期は面積1300平方メートルの外来棟と1700平方メートルの隔離病棟の計3000平方メートルで、病床数は45床となっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021000977

  • 2020年02月05日
    福清市医院の新感染症病棟、第1期工事が完了

    5日、福清市医院に建設された新しい感染症病棟の陰圧室で、シーツと布団を整える看護士。中国福建省の福清市医院で6日、新しい感染症病棟を建設するプロジェクトの第1期工事が完了し、診療を開始した。同プロジェクトはわずか7日間の建設工事と3日間の医療機器設置・調整などを経て完成したもので、同市の感染病指定医療機関として利用される。病院関係者によると、同プロジェクトは2期に分けて施工され、第1期は面積1300平方メートルの外来棟と1700平方メートルの隔離病棟の計3000平方メートルで、病床数は45床となっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021000995

  • 1