KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ハルビン
  • 貧困脱却
  • 貧困世帯
  • 小型無人機
  • ドローン
  • 新型肺炎
  • スタッフ
  • 協同組合
  • 大興安嶺
  • 専業合作社

「黒竜江省」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
1,275
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,275
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年02月24日
    (5)ハルビンの映画館が営業再開黒竜江省

    23日、ハルビン市香坊区のカフェでパソコンを使う市民。中国黒竜江省ハルビン市で23日、正式な営業許可を持ち、規定の新型コロナウイルス感染対策を講じた映画館、旅館、カフェが営業を再開した。同市の感染予防・抑制指揮部(対策本部)が明らかにした。(ハルビン=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (4)ハルビンの映画館が営業再開黒竜江省

    23日、ハルビン市香坊区の映画館でチケットを購入する市民。中国黒竜江省ハルビン市で23日、正式な営業許可を持ち、規定の新型コロナウイルス感染対策を講じた映画館、旅館、カフェが営業を再開した。同市の感染予防・抑制指揮部(対策本部)が明らかにした。(ハルビン=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (3)ハルビンの映画館が営業再開黒竜江省

    23日、ハルビン市香坊区のカフェで飲食を楽しむ市民。中国黒竜江省ハルビン市で23日、正式な営業許可を持ち、規定の新型コロナウイルス感染対策を講じた映画館、旅館、カフェが営業を再開した。同市の感染予防・抑制指揮部(対策本部)が明らかにした。(ハルビン=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (2)ハルビンの映画館が営業再開黒竜江省

    23日、ハルビン市香坊区の映画館で、上映後に場内を消毒するスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市で23日、正式な営業許可を持ち、規定の新型コロナウイルス感染対策を講じた映画館、旅館、カフェが営業を再開した。同市の感染予防・抑制指揮部(対策本部)が明らかにした。(ハルビン=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (7)ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (10)ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (6)ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.95
    2021年02月23日
    「新華社」ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(記者/王建威) =配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (16)ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (3)ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (4)ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (14)ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (13)ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.63
    2021年02月23日
    「新華社」春の農作業を前に農業機械の点検を実施黒竜江省克山県

    中国黒竜江省チチハル市の克山県は、農業が盛んな地域として知られる。3月中旬までに全県で春耕作業に必要な各種農業機械・器具3万4800セットの点検・修理を完了するため、同県は機械の点検・修理と農業資材の発注を早めに行うことで、「感染症対策と春耕作業の両立」を実現している。現在、既に点検・修理した各種農業機械の台数は6700台(セット)に上る。(記者/唐鉄富) =配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (1)ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (15)ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (2)黒竜江省、今年の食糧収穫量は7500万トン超が確実に

    黒竜江墾区の七星農場で行われた農業機械無人運転実演会で、稲の収穫作業を行う自動運転のコンバイン。(2020年10月11日撮影)中国黒竜江省の第13期人民代表大会第5回会議が19日開幕し、全国最大の食糧(穀物・豆類・芋類)生産地の同省は今年、高規格農地1010万ムー(約67万3300ヘクタール)を新たに整備し、食糧栽培面積が2億1690万ムー(1446万ヘクタール)に達する見込みであることが明らかになった。これにより食糧収穫量は7500万トン以上が確実とされている。(ハルビン=新華社記者/孫暁宇)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (1)黒竜江省、今年の食糧収穫量は7500万トン超が確実に

    黒竜江省大慶市の生い茂ったトウモロコシ畑。(2020年8月1日撮影)中国黒竜江省の第13期人民代表大会第5回会議が19日開幕し、全国最大の食糧(穀物・豆類・芋類)生産地の同省は今年、高規格農地1010万ムー(約67万3300ヘクタール)を新たに整備し、食糧栽培面積が2億1690万ムー(1446万ヘクタール)に達する見込みであることが明らかになった。これにより食糧収穫量は7500万トン以上が確実とされている。(ハルビン=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (1)春節期間中も最前線で働く人たち

    11日、黒竜江省ハルビン市道外区の集中隔離施設で、ガラス越しに息子の頭をなでる鄭瑩瑩(てい・えいえい)さん。36歳になる鄭さんは同区の人民病院で働く職員。2月1日から15日までの間、区内に設けられた集中隔離施設で勤務し、主に報告書の記入や転院搬送関連の連絡などの業務に当たった。中国では春節(旧正月)期間中、新型コロナウイルス感染症対策や社会機能維持のために、最前線で休まず働く人たちの姿があった。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (6)春節期間中も最前線で働く人たち

    15日、黒竜江省ハルビン市香坊区にあるスーパーマーケットの入り口で警備に当たる于永軍(う・えいぐん)さん。中国では春節(旧正月)期間中、新型コロナウイルス感染症対策や社会機能維持のために、最前線で休まず働く人たちの姿があった。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月17日
    (4)春節期間中も最前線で働く人たち

    15日、黒竜江省ハルビン市香坊区にあるスーパーマーケットの入り口で来店客を案内する于永軍(う・えいぐん)さん(右)。66歳になる于さんはこの店の警備員。今年の春節期間中、24時間交代制で勤務し、主に午前8時から翌日午前8時までの間、スーパーの出入り口で来店客の感染防止対策や案内、防火、盗難防止などに当たった。中国では春節(旧正月)期間中、新型コロナウイルス感染症対策や社会機能維持のために、最前線で休まず働く人たちの姿があった。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (5)春節期間中も最前線で働く人たち

    15日、黒竜江省ハルビン市香坊区にあるスーパーマーケットの入り口で来店客に対応する于永軍(う・えいぐん)さん(左)。中国では春節(旧正月)期間中、新型コロナウイルス感染症対策や社会機能維持のために、最前線で休まず働く人たちの姿があった。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.60
    2021年02月17日
    「新華社」春節期間も持ち場を守る配達員黒竜江省ハルビン市

    中国黒竜江省ハルビン市のスーパーマーケットで配達員をしている劉剛(りゅう・ごう)さんは春節(旧正月)期間中も、顧客が注文した商品の配送に忙しい。劉さんは「今いる場所で春節を過ごそう」という呼び掛けに応じて、春節時期も持ち場を守ることに決めた。春節前後は注文が増加する一方で配達員が少ないため、劉さんの2月に入ってからの配達件数は累計で700件を超えている。(記者/謝剣飛、楊思琪)=配信日:2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:58.65
    2021年02月16日
    「新華社」チベット族の警察官、東北の「今いる場所」で年越し黒竜江省

    中国東北部の黒竜江省黒河市ではチベット自治区出身の人民警察官、貢覚次仁(ゴンジョツェリン)さんが春節(旧正月)も帰省せず、新型コロナウイルス感染症予防・抑制のための職務を続けている。貢覚次仁さんのふるさとは、数千キロ離れた同自治区山南市ルンツェ県。2019年4月から黒河市公安局特殊警察支隊の人民警察官として任務に就いている。春節期間中は主に他都市との出入り口で検査業務を担当。1回のシフトで24時間勤務をこなす。勤務が終わった貢覚次仁さんは、同じくチベット族の妻、朱瓊(チュ・チョン)さんが用意したツァンパ(ハダカムギの粉を使った食品)やヤクの干し肉、チベット茶などのチベット料理で春節を祝った。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(平成33)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月08日
    (3)コロナ下の春節に味わう故郷の味遼寧省瀋陽市

    7日、遼寧省瀋陽市の年越し用品市場に並べられた黒竜江省ハルビン市のソーセージ「紅腸」。中国では春節(旧正月)を前に、新型コロナウイルス感染予防・抑制の常態化という背景の下で多くの人々が帰省せず、現在地での年越しを選択した。遼寧省瀋陽市の春節用品市場では、こうした人々が故郷の味を楽しめるよう、各地の味覚を集めて販売している。(瀋陽=新華社記者/李恒)= 配信日: 2021(平成33)年02月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:14.24
    2021年02月05日
    「新華社」感染対策しながら春節準備進める黒竜江省綏化市

    中国黒竜江省綏化市では、新型コロナウイルスの的確な感染対策を進めながら、市民に野菜や果物などの供給を保障することで、春節(旧正月)期間の人々の多様な消費ニーズを満たしている。市内最大の青果卸売市場では、各店舗が慌ただしく作業をしており、市場のニーズに合わせて仕入れ量を調整して商品を補充している。多くの業者は市場の供給を確保するために、休むことなく営業し、販売に力を入れている。市内の大型スーパーでは以前の賑わいが戻っており、市民が秩序を守って買い物をしている。(記者/何山、王建、張濤、侯鳴)=配信日:2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月04日
    (3)ハルビン税関、昨年の通関実績4415万1千トン2・9%増

    中ロ天然ガスパイプライン東ルートの運用状況を確認する税関職員。(2020年4月2日撮影)中国黒竜江省のハルビン税関は、昨年同税関が監督・通関手続きを行った輸出入貨物が前年比2・9%増の4415万1千トンだったと明らかにした。口岸(通関地)では取引環境の合理化が続いており、同省の口岸では昨年、通関所要時間が輸入は69・74%短縮されて17・53時間、輸出は63・0%の短縮で1・11時間になった。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月04日
    (1)ハルビン税関、昨年の通関実績4415万1千トン2・9%増

    中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の迅速な通関業務を行う税関職員。(2020年3月16日撮影)中国黒竜江省のハルビン税関は、昨年同税関が監督・通関手続きを行った輸出入貨物が前年比2・9%増の4415万1千トンだったと明らかにした。口岸(通関地)では取引環境の合理化が続いており、同省の口岸では昨年、通関所要時間が輸入は69・74%短縮されて17・53時間、輸出は63・0%の短縮で1・11時間になった。(ハルビン=新華社配信/高運波)= 配信日: 2021(平成33)年02月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月04日
    (2)ハルビン税関、昨年の通関実績4415万1千トン2・9%増

    輸出される感染対策物資の迅速な通関業務を行う税関職員。(2020年4月2日撮影)中国黒竜江省のハルビン税関は、昨年同税関が監督・通関手続きを行った輸出入貨物が前年比2・9%増の4415万1千トンだったと明らかにした。口岸(通関地)では取引環境の合理化が続いており、同省の口岸では昨年、通関所要時間が輸入は69・74%短縮されて17・53時間、輸出は63・0%の短縮で1・11時間になった。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (3)50年に一度の寒さ黒竜江省漠河市で氷点下49・7度を観測

    1日、送電線の巡回保守を強化する電力部門の職員。中国黒竜江省漠河市阿木爾鎮の気温観測所は1日午前7時18分、氷点下49・7度を観測した。気象部門が過去データと照合し、同市における過去50年間の最低気温と認定した。漠河市は同省西北部、大興安嶺山脈の北麓に位置し、観測史上最低気温は1969年に記録した氷点下52・3度となっている。(ハルビン=新華社配信/王景陽)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.00
    2021年02月02日
    「新華社」50年に一度の寒さ黒竜江省漠河市で氷点下49・7度を観測

    中国黒竜江省漠河市阿木爾鎮の気温観測所は1日午前7時18分、氷点下49・7度を観測した。気象部門が過去データと照合し、同市における過去50年間の最低気温と認定した。漠河市は同省西北部、大興安嶺山脈の北麓に位置し、観測史上最低気温は1969年に記録した氷点下52・3度となっている。(記者/馬暁成) =配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.16
    2021年02月02日
    「新華社」北黒鉄道の改造プロジェクト、厳寒と闘いながら工事継続黒竜江省

    中国黒竜江省黒河市ではこのところ、最低気温が氷点下35度近くに達している。こうした厳しい寒さにもかかわらず、同市北安駅と黒河駅を結ぶ北黒鉄道(竜鎮‐黒河区間)の改造プロジェクトは、順調に進んでいる。プロジェクトは同省トップ100に数えられる事業の1つで、2020年9月21日に着工した。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:03.85
    2021年02月02日
    「新華社」小興凱湖で冬の漁が最盛期に黒竜江省密山市

    中国黒竜江省密山市の凍結した小興凱(しょうこうがい)湖畔で1月30日、年に一度の冬季漁の祭典「冬捕節」が開幕した。新型コロナウイルス感染症の影響で、今年は参加者を地元住民だけに限定した。地元の漁師によると、冬捕節当日の漁獲量は10トンを超え、人々はその場で直接魚を購入し春節(旧正月)に備えた。(記者/張濤、侯鳴) =配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    (2)黒竜江省のEC販売額、20年は12・7%増526億元超

    黒竜江省青岡県禎祥鎮で開かれた第35回中国生鮮トウモロコシ急速冷凍青果大会で、黒もちトウモロコシをライブ配信で販売するスタッフ。(2020年9月6日撮影)中国黒竜江省商務庁はこのほど、同省の電子商取引(EC)産業の2020年のオンライン販売額が前年12・7%増の526億3千万元(1元=約16円)だったと明らかにした。同省では昨年、農村部のEC産業が急成長を維持した。取引規模が拡大を続ける中、オンライン販売額は22・7%増の157億9千万元となった。農業発展の現状に立脚した地元優良企業や大手ECプラットフォームとの協力も積極的に進め、農産物のEC販売を後押し。2020年の農産物オンライン販売額は58・2%増の67億4千万元に上った。(ハルビン=新華社記者/徐凱鑫)= 配信日: 2021(平成33)年02月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.20
    2021年02月01日
    「新華社」黒竜江省のEC販売額、20年は12・7%増526億元超

    中国黒竜江省商務庁はこのほど、同省の電子商取引(EC)産業の2020年のオンライン販売額が前年12・7%増の526億3千万元(1元=約16円)だったと明らかにした。同省では昨年、農村部のEC産業が急成長を維持した。取引規模が拡大を続ける中、オンライン販売額は22・7%増の157億9千万元となった。農業発展の現状に立脚した地元優良企業や大手ECプラットフォームとの協力も積極的に進め、農産物のEC販売を後押し。2020年の農産物オンライン販売額は58・2%増の67億4千万元に上った。(記者/劉赫垚、徐凱鑫) =配信日: 2021(平成33)年02月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    (3)黒竜江省のEC販売額、20年は12・7%増526億元超

    黒竜江省青岡県禎祥鎮で開かれた第35回中国生鮮トウモロコシ急速冷凍青果大会で、フルーツコーンをライブ配信で販売するスタッフ。(2020年9月6日撮影)中国黒竜江省商務庁はこのほど、同省の電子商取引(EC)産業の2020年のオンライン販売額が前年12・7%増の526億3千万元(1元=約16円)だったと明らかにした。同省では昨年、農村部のEC産業が急成長を維持した。取引規模が拡大を続ける中、オンライン販売額は22・7%増の157億9千万元となった。農業発展の現状に立脚した地元優良企業や大手ECプラットフォームとの協力も積極的に進め、農産物のEC販売を後押し。2020年の農産物オンライン販売額は58・2%増の67億4千万元に上った。(ハルビン=新華社記者/徐凱鑫)= 配信日: 2021(平成33)年02月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (5)集中隔離観察拠点でスマート体温計を活用黒竜江省綏化市

    29日、黒竜江省綏化市の集中隔離観察拠点で、スマート体温計の検温データをスマートフォンに表示させるスタッフ。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、最近の新型コロナウイルス感染症の拡大により、集中隔離観察する必要がある人が増えているため、スマート体温計1万200個を購入した。隔離者はスマート体温計に付いている「スマート体温パッド」を脇の下に貼ることで、スマートフォンで個人の体温データが取得できる。これにより、隔離者とスタッフの交差感染リスクが大幅に減るだけでなく、隔離者の体温のリアルタイムモニタリングが可能となり、体温の異常にもすぐに気付くようになる。(綏化=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (1)集中隔離観察拠点でスマート体温計を活用黒竜江省綏化市

    29日、黒竜江省綏化市の集中隔離観察拠点で、スマート体温計を見せるスタッフ。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、最近の新型コロナウイルス感染症の拡大により、集中隔離観察する必要がある人が増えているため、スマート体温計1万200個を購入した。隔離者はスマート体温計に付いている「スマート体温パッド」を脇の下に貼ることで、スマートフォンで個人の体温データが取得できる。これにより、隔離者とスタッフの交差感染リスクが大幅に減るだけでなく、隔離者の体温のリアルタイムモニタリングが可能となり、体温の異常にもすぐに気付くようになる。(綏化=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (2)黒竜江省ハルビン市、生活必需品の供給力は十分確保

    30日、ハルビン市香坊区のスーパーで、果物を並べるスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市で29日、市政府新聞(報道)弁公室による新型コロナウイルス感染症対策に関する記者会見が開かれた。同市商務局は会見で、モニタリングデータを分析した結果、現時点で市内の生活必需品の供給力は十分だと説明。種類が豊富にあり、物流もスムーズで、価格もほぼ安定しており、市民の通常の需要に対応できる量を確保できていると述べた。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (12)黒竜江省ハルビン市、生活必需品の供給力は十分確保

    30日、ハルビン市香坊区のスーパーで野菜を選ぶ消費者。中国黒竜江省ハルビン市で29日、市政府新聞(報道)弁公室による新型コロナウイルス感染症対策に関する記者会見が開かれた。同市商務局は会見で、モニタリングデータを分析した結果、現時点で市内の生活必需品の供給力は十分だと説明。種類が豊富にあり、物流もスムーズで、価格もほぼ安定しており、市民の通常の需要に対応できる量を確保できていると述べた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (3)集中隔離観察拠点でスマート体温計を活用黒竜江省綏化市

    29日、黒竜江省綏化市の集中隔離観察拠点で、スマート体温計の使い方を示すスタッフ。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、最近の新型コロナウイルス感染症の拡大により、集中隔離観察する必要がある人が増えているため、スマート体温計1万200個を購入した。隔離者はスマート体温計に付いている「スマート体温パッド」を脇の下に貼ることで、スマートフォンで個人の体温データが取得できる。これにより、隔離者とスタッフの交差感染リスクが大幅に減るだけでなく、隔離者の体温のリアルタイムモニタリングが可能となり、体温の異常にもすぐに気付くようになる。(綏化=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.98
    2021年01月31日
    「新華社」黒竜江省ハルビン市、生活必需品の供給力は十分確保

    中国黒竜江省ハルビン市で29日、市政府新聞(報道)弁公室による新型コロナウイルス感染症対策に関する記者会見が開かれた。同市商務局は会見で、モニタリングデータを分析した結果、現時点で市内の生活必需品の供給力は十分だと説明。種類が豊富にあり、物流もスムーズで、価格もほぼ安定しており、市民の通常の需要に対応できる量を確保できていると述べた。(記者/王建威、謝剣飛) =配信日: 2021(平成33)年01月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (6)黒竜江省ハルビン市、生活必需品の供給力は十分確保

    30日、ハルビン市香坊区のスーパーで白菜を選ぶ消費者。中国黒竜江省ハルビン市で29日、市政府新聞(報道)弁公室による新型コロナウイルス感染症対策に関する記者会見が開かれた。同市商務局は会見で、モニタリングデータを分析した結果、現時点で市内の生活必需品の供給力は十分だと説明。種類が豊富にあり、物流もスムーズで、価格もほぼ安定しており、市民の通常の需要に対応できる量を確保できていると述べた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (4)黒竜江省ハルビン市、生活必需品の供給力は十分確保

    30日、ハルビン市香坊区のスーパーで買い物をする消費者。中国黒竜江省ハルビン市で29日、市政府新聞(報道)弁公室による新型コロナウイルス感染症対策に関する記者会見が開かれた。同市商務局は会見で、モニタリングデータを分析した結果、現時点で市内の生活必需品の供給力は十分だと説明。種類が豊富にあり、物流もスムーズで、価格もほぼ安定しており、市民の通常の需要に対応できる量を確保できていると述べた。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (10)黒竜江省ハルビン市、生活必需品の供給力は十分確保

    30日、ハルビン市香坊区のスーパーで野菜を並べるスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市で29日、市政府新聞(報道)弁公室による新型コロナウイルス感染症対策に関する記者会見が開かれた。同市商務局は会見で、モニタリングデータを分析した結果、現時点で市内の生活必需品の供給力は十分だと説明。種類が豊富にあり、物流もスムーズで、価格もほぼ安定しており、市民の通常の需要に対応できる量を確保できていると述べた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (1)黒竜江省ハルビン市、生活必需品の供給力は十分確保

    30日、ハルビン市香坊区のスーパーに並んだ果物。中国黒竜江省ハルビン市で29日、市政府新聞(報道)弁公室による新型コロナウイルス感染症対策に関する記者会見が開かれた。同市商務局は会見で、モニタリングデータを分析した結果、現時点で市内の生活必需品の供給力は十分だと説明。種類が豊富にあり、物流もスムーズで、価格もほぼ安定しており、市民の通常の需要に対応できる量を確保できていると述べた。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (11)黒竜江省ハルビン市、生活必需品の供給力は十分確保

    30日、ハルビン市香坊区のスーパーで野菜を選ぶ消費者。中国黒竜江省ハルビン市で29日、市政府新聞(報道)弁公室による新型コロナウイルス感染症対策に関する記者会見が開かれた。同市商務局は会見で、モニタリングデータを分析した結果、現時点で市内の生活必需品の供給力は十分だと説明。種類が豊富にあり、物流もスムーズで、価格もほぼ安定しており、市民の通常の需要に対応できる量を確保できていると述べた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (5)黒竜江省ハルビン市、生活必需品の供給力は十分確保

    30日、ハルビン市香坊区のスーパーで卵を選ぶ消費者。中国黒竜江省ハルビン市で29日、市政府新聞(報道)弁公室による新型コロナウイルス感染症対策に関する記者会見が開かれた。同市商務局は会見で、モニタリングデータを分析した結果、現時点で市内の生活必需品の供給力は十分だと説明。種類が豊富にあり、物流もスムーズで、価格もほぼ安定しており、市民の通常の需要に対応できる量を確保できていると述べた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (6)集中隔離観察拠点でスマート体温計を活用黒竜江省綏化市

    29日、黒竜江省綏化市の集中隔離観察拠点で、スマート体温計を見せるスタッフ。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、最近の新型コロナウイルス感染症の拡大により、集中隔離観察する必要がある人が増えているため、スマート体温計1万200個を購入した。隔離者はスマート体温計に付いている「スマート体温パッド」を脇の下に貼ることで、スマートフォンで個人の体温データが取得できる。これにより、隔離者とスタッフの交差感染リスクが大幅に減るだけでなく、隔離者の体温のリアルタイムモニタリングが可能となり、体温の異常にもすぐに気付くようになる。(綏化=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (3)黒竜江省ハルビン市、生活必需品の供給力は十分確保

    30日、ハルビン市香坊区のスーパーで買い物をする消費者。中国黒竜江省ハルビン市で29日、市政府新聞(報道)弁公室による新型コロナウイルス感染症対策に関する記者会見が開かれた。同市商務局は会見で、モニタリングデータを分析した結果、現時点で市内の生活必需品の供給力は十分だと説明。種類が豊富にあり、物流もスムーズで、価格もほぼ安定しており、市民の通常の需要に対応できる量を確保できていると述べた。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (2)集中隔離観察拠点でスマート体温計を活用黒竜江省綏化市

    29日、黒竜江省綏化市の集中隔離観察拠点で使用されているスマート体温計。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、最近の新型コロナウイルス感染症の拡大により、集中隔離観察する必要がある人が増えているため、スマート体温計1万200個を購入した。隔離者はスマート体温計に付いている「スマート体温パッド」を脇の下に貼ることで、スマートフォンで個人の体温データが取得できる。これにより、隔離者とスタッフの交差感染リスクが大幅に減るだけでなく、隔離者の体温のリアルタイムモニタリングが可能となり、体温の異常にもすぐに気付くようになる。(綏化=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (9)黒竜江省ハルビン市、生活必需品の供給力は十分確保

    30日、ハルビン市香坊区のスーパーで米や小麦粉を並べるスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市で29日、市政府新聞(報道)弁公室による新型コロナウイルス感染症対策に関する記者会見が開かれた。同市商務局は会見で、モニタリングデータを分析した結果、現時点で市内の生活必需品の供給力は十分だと説明。種類が豊富にあり、物流もスムーズで、価格もほぼ安定しており、市民の通常の需要に対応できる量を確保できていると述べた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (8)黒竜江省ハルビン市、生活必需品の供給力は十分確保

    30日、ハルビン市香坊区のスーパーで野菜を選ぶ消費者。中国黒竜江省ハルビン市で29日、市政府新聞(報道)弁公室による新型コロナウイルス感染症対策に関する記者会見が開かれた。同市商務局は会見で、モニタリングデータを分析した結果、現時点で市内の生活必需品の供給力は十分だと説明。種類が豊富にあり、物流もスムーズで、価格もほぼ安定しており、市民の通常の需要に対応できる量を確保できていると述べた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (4)集中隔離観察拠点でスマート体温計を活用黒竜江省綏化市

    29日、黒竜江省綏化市の集中隔離観察拠点で、スマート体温計を見せるスタッフ。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、最近の新型コロナウイルス感染症の拡大により、集中隔離観察する必要がある人が増えているため、スマート体温計1万200個を購入した。隔離者はスマート体温計に付いている「スマート体温パッド」を脇の下に貼ることで、スマートフォンで個人の体温データが取得できる。これにより、隔離者とスタッフの交差感染リスクが大幅に減るだけでなく、隔離者の体温のリアルタイムモニタリングが可能となり、体温の異常にもすぐに気付くようになる。(綏化=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (7)黒竜江省ハルビン市、生活必需品の供給力は十分確保

    30日、ハルビン市香坊区のスーパーで果物を選ぶ消費者。中国黒竜江省ハルビン市で29日、市政府新聞(報道)弁公室による新型コロナウイルス感染症対策に関する記者会見が開かれた。同市商務局は会見で、モニタリングデータを分析した結果、現時点で市内の生活必需品の供給力は十分だと説明。種類が豊富にあり、物流もスムーズで、価格もほぼ安定しており、市民の通常の需要に対応できる量を確保できていると述べた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (4)化学肥料の輸送急ピッチ黒竜江省綏化市

    28日、黒竜江省綏化駅に積み上げられた化学肥料。(小型無人機から)黒竜江省綏化(すいか)市の中国鉄道ハルビン局集団綏化車両区では、春の農繁期に使用される化学肥料を速やかに輸送するため、従業員が交代で積み降ろし作業を行っている。同市は主要な食料生産地の一つで、毎年春節(旧正月)前は土づくりをする重要な時期に当たり、化学肥料の需要量が40万トン以上に達する。綏化駅は今年に入り、新型コロナウイルスの感染対策を厳格に実施した上で輸送計画を最適化。累計で車両352台分、2万2千トンの化学肥料の積み降ろしを行い、地元の農業に必要な重要物資の輸送を確実に保障している。(綏化=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月30日
    (8)防疫物資を急ピッチで生産、感染対策を支援黒竜江省

    27日、ハルビン市の医療器械メーカーで作業する従業員。中国黒竜江省の綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県やハルビン市などで新型コロナウイルス感染症が発生したことを受け、1月上旬以来、各種防疫物資の需要が急増している。地元の多くの防疫物資生産企業が残業をして、医療用マスクや隔離服、防護服などの生産を急ピッチで進めている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (3)化学肥料の輸送急ピッチ黒竜江省綏化市

    28日、黒竜江省綏化駅で貨物列車から化学肥料を運び出す作業員。黒竜江省綏化(すいか)市の中国鉄道ハルビン局集団綏化車両区では、春の農繁期に使用される化学肥料を速やかに輸送するため、従業員が交代で積み降ろし作業を行っている。同市は主要な食料生産地の一つで、毎年春節(旧正月)前は土づくりをする重要な時期に当たり、化学肥料の需要量が40万トン以上に達する。綏化駅は今年に入り、新型コロナウイルスの感染対策を厳格に実施した上で輸送計画を最適化。累計で車両352台分、2万2千トンの化学肥料の積み降ろしを行い、地元の農業に必要な重要物資の輸送を確実に保障している。(綏化=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (2)化学肥料の輸送急ピッチ黒竜江省綏化市

    28日、黒竜江省綏化駅で貨物列車から化学肥料を運び出す作業員。黒竜江省綏化(すいか)市の中国鉄道ハルビン局集団綏化車両区では、春の農繁期に使用される化学肥料を速やかに輸送するため、従業員が交代で積み降ろし作業を行っている。同市は主要な食料生産地の一つで、毎年春節(旧正月)前は土づくりをする重要な時期に当たり、化学肥料の需要量が40万トン以上に達する。綏化駅は今年に入り、新型コロナウイルスの感染対策を厳格に実施した上で輸送計画を最適化。累計で車両352台分、2万2千トンの化学肥料の積み降ろしを行い、地元の農業に必要な重要物資の輸送を確実に保障している。(綏化=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (4)新型コロナ対策物資の供給を確保黒竜江省綏化市

    28日、綏化市の新型コロナ対策物資備蓄倉庫で医療物資を運ぶ作業員。(小型無人機から)中国黒竜江省綏化(すいか)市は新型コロナウイルス感染症の発生以来、数々の効果的な措置を講じ、各種新型コロナ対策物資の供給を確保している。現在、同市の医療物資調達ルートは滞りなく、備蓄も足りており、当面の感染症予防・抑制に必要な物資は十分に保障されている。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月30日
    (2)防疫物資を急ピッチで生産、感染対策を支援黒竜江省

    27日、ハルビン市の医療器械メーカーで作業する従業員。中国黒竜江省の綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県やハルビン市などで新型コロナウイルス感染症が発生したことを受け、1月上旬以来、各種防疫物資の需要が急増している。地元の多くの防疫物資生産企業が残業をして、医療用マスクや隔離服、防護服などの生産を急ピッチで進めている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (2)温室栽培のスプラウト、収穫期迎える黒竜江省黒河市

    28日、ボランティアの協力を得ながらスプラウトを収穫して袋詰めする農家(左から1、2人目)。中国黒竜江省黒河市にある国有農業企業、黒竜江省北大荒農墾集団傘下の五大連池農場で、温室栽培のスプラウト(発芽野菜)が収穫期を迎えている。現地では成長を早めるための自動制御技術を導入し、季節外れの各種有機野菜を温室で立体栽培することで、地元農家の収入増につなげている。(黒河=新華社配信/陸文祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (9)黒竜江省ハルビン市、重点医療物資の備蓄は十分

    22日、ハルビン市内の小学校で医療物資を運ぶスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市政府は、このほど開いた新型コロナウイルス感染症対策に関する記者会見で、今回の感染拡大以降、同市では市レベルの貯蔵庫と生産企業でそれぞれ備蓄する方法を取り、物資の調達や備蓄、手配の管理を強化していることを明らかにした。同市が備蓄している重点医療物資は現時点で、市レベルの医療機関と医療機関以外の重点機関の90日分の使用量を確保している。医療物資の生産能力や原料供給、物資備蓄は十分足りており、医療機関の需要と市場の安定供給を保障している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (2)黒竜江省ハルビン市、重点医療物資の備蓄は十分

    27日、ハルビン市にある医療機器メーカーの工場で働く従業員。中国黒竜江省ハルビン市政府は、このほど開いた新型コロナウイルス感染症対策に関する記者会見で、今回の感染拡大以降、同市では市レベルの貯蔵庫と生産企業でそれぞれ備蓄する方法を取り、物資の調達や備蓄、手配の管理を強化していることを明らかにした。同市が備蓄している重点医療物資は現時点で、市レベルの医療機関と医療機関以外の重点機関の90日分の使用量を確保している。医療物資の生産能力や原料供給、物資備蓄は十分足りており、医療機関の需要と市場の安定供給を保障している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (5)新型コロナ対策物資の供給を確保黒竜江省綏化市

    28日、綏化市の新型コロナ対策物資備蓄倉庫で医療物資を運ぶ作業員。中国黒竜江省綏化(すいか)市は新型コロナウイルス感染症の発生以来、数々の効果的な措置を講じ、各種新型コロナ対策物資の供給を確保している。現在、同市の医療物資調達ルートは滞りなく、備蓄も足りており、当面の感染症予防・抑制に必要な物資は十分に保障されている。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (3)新型コロナ対策物資の供給を確保黒竜江省綏化市

    28日、綏化市の新型コロナ対策物資備蓄倉庫で医療物資を運ぶ作業員。中国黒竜江省綏化(すいか)市は新型コロナウイルス感染症の発生以来、数々の効果的な措置を講じ、各種新型コロナ対策物資の供給を確保している。現在、同市の医療物資調達ルートは滞りなく、備蓄も足りており、当面の感染症予防・抑制に必要な物資は十分に保障されている。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月30日
    (7)防疫物資を急ピッチで生産、感染対策を支援黒竜江省

    27日、ハルビン市の医療器械メーカーでマスクを生産する従業員。中国黒竜江省の綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県やハルビン市などで新型コロナウイルス感染症が発生したことを受け、1月上旬以来、各種防疫物資の需要が急増している。地元の多くの防疫物資生産企業が残業をして、医療用マスクや隔離服、防護服などの生産を急ピッチで進めている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (5)黒竜江省ハルビン市、重点医療物資の備蓄は十分

    27日、ハルビン市にある医療機器メーカーの工場で医療用シューズカバーを製造する従業員。中国黒竜江省ハルビン市政府は、このほど開いた新型コロナウイルス感染症対策に関する記者会見で、今回の感染拡大以降、同市では市レベルの貯蔵庫と生産企業でそれぞれ備蓄する方法を取り、物資の調達や備蓄、手配の管理を強化していることを明らかにした。同市が備蓄している重点医療物資は現時点で、市レベルの医療機関と医療機関以外の重点機関の90日分の使用量を確保している。医療物資の生産能力や原料供給、物資備蓄は十分足りており、医療機関の需要と市場の安定供給を保障している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    臨時核酸検査施設「火眼」方艙実験室を設置黒竜江省ハルビン市

    1月30日、間もなく運用を開始するエアドーム型「火眼」方艙実験室。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン国際会展中心(コンベンション・エキシビションセンター)に、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設として設置された12のエアドーム型「火眼」方艙実験室がこのほど検収に合格し、間もなく運用が開始される。実験室は2次元バーコード読み取りと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担い、運用開始後は同省の核酸検査能力の質と効率・効果をさらに向上させていく。(ハルビン=新華社記者/王松)=配信日:2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (6)温室栽培のスプラウト、収穫期迎える黒竜江省黒河市

    28日、ボランティアの協力を得ながらスプラウトを収穫して袋詰めする農家(左から1人目)。中国黒竜江省黒河市にある国有農業企業、黒竜江省北大荒農墾集団傘下の五大連池農場で、温室栽培のスプラウト(発芽野菜)が収穫期を迎えている。現地では成長を早めるための自動制御技術を導入し、季節外れの各種有機野菜を温室で立体栽培することで、地元農家の収入増につなげている。(黒河=新華社配信/陸文祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (7)新型コロナ対策物資の供給を確保黒竜江省綏化市

    28日、綏化市の新型コロナ対策物資備蓄倉庫で医療物資を運ぶ作業員。中国黒竜江省綏化(すいか)市は新型コロナウイルス感染症の発生以来、数々の効果的な措置を講じ、各種新型コロナ対策物資の供給を確保している。現在、同市の医療物資調達ルートは滞りなく、備蓄も足りており、当面の感染症予防・抑制に必要な物資は十分に保障されている。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (5)温室栽培のスプラウト、収穫期迎える黒竜江省黒河市

    28日、袋詰めしたスプラウトを見せる農家。中国黒竜江省黒河市にある国有農業企業、黒竜江省北大荒農墾集団傘下の五大連池農場で、温室栽培のスプラウト(発芽野菜)が収穫期を迎えている。現地では成長を早めるための自動制御技術を導入し、季節外れの各種有機野菜を温室で立体栽培することで、地元農家の収入増につなげている。(黒河=新華社配信/陸文祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (1)化学肥料の輸送急ピッチ黒竜江省綏化市

    28日、黒竜江省綏化駅で貨物列車から化学肥料を運び出す作業員。黒竜江省綏化(すいか)市の中国鉄道ハルビン局集団綏化車両区では、春の農繁期に使用される化学肥料を速やかに輸送するため、従業員が交代で積み降ろし作業を行っている。同市は主要な食料生産地の一つで、毎年春節(旧正月)前は土づくりをする重要な時期に当たり、化学肥料の需要量が40万トン以上に達する。綏化駅は今年に入り、新型コロナウイルスの感染対策を厳格に実施した上で輸送計画を最適化。累計で車両352台分、2万2千トンの化学肥料の積み降ろしを行い、地元の農業に必要な重要物資の輸送を確実に保障している。(綏化=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (5)化学肥料の輸送急ピッチ黒竜江省綏化市

    28日、黒竜江省綏化駅で貨物列車から化学肥料を運び出す作業員。黒竜江省綏化(すいか)市の中国鉄道ハルビン局集団綏化車両区では、春の農繁期に使用される化学肥料を速やかに輸送するため、従業員が交代で積み降ろし作業を行っている。同市は主要な食料生産地の一つで、毎年春節(旧正月)前は土づくりをする重要な時期に当たり、化学肥料の需要量が40万トン以上に達する。綏化駅は今年に入り、新型コロナウイルスの感染対策を厳格に実施した上で輸送計画を最適化。累計で車両352台分、2万2千トンの化学肥料の積み降ろしを行い、地元の農業に必要な重要物資の輸送を確実に保障している。(綏化=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月30日
    (6)防疫物資を急ピッチで生産、感染対策を支援黒竜江省

    27日、ハルビン市の医療器械メーカーでマスクを生産する従業員。中国黒竜江省の綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県やハルビン市などで新型コロナウイルス感染症が発生したことを受け、1月上旬以来、各種防疫物資の需要が急増している。地元の多くの防疫物資生産企業が残業をして、医療用マスクや隔離服、防護服などの生産を急ピッチで進めている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (6)黒竜江省ハルビン市、重点医療物資の備蓄は十分

    27日、ハルビン市にある医療機器メーカーの工場でマスクを製造する従業員。中国黒竜江省ハルビン市政府は、このほど開いた新型コロナウイルス感染症対策に関する記者会見で、今回の感染拡大以降、同市では市レベルの貯蔵庫と生産企業でそれぞれ備蓄する方法を取り、物資の調達や備蓄、手配の管理を強化していることを明らかにした。同市が備蓄している重点医療物資は現時点で、市レベルの医療機関と医療機関以外の重点機関の90日分の使用量を確保している。医療物資の生産能力や原料供給、物資備蓄は十分足りており、医療機関の需要と市場の安定供給を保障している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (1)黒竜江省ハルビン市、重点医療物資の備蓄は十分

    27日、ハルビン市にある医療機器メーカーの工場で働く従業員。中国黒竜江省ハルビン市政府は、このほど開いた新型コロナウイルス感染症対策に関する記者会見で、今回の感染拡大以降、同市では市レベルの貯蔵庫と生産企業でそれぞれ備蓄する方法を取り、物資の調達や備蓄、手配の管理を強化していることを明らかにした。同市が備蓄している重点医療物資は現時点で、市レベルの医療機関と医療機関以外の重点機関の90日分の使用量を確保している。医療物資の生産能力や原料供給、物資備蓄は十分足りており、医療機関の需要と市場の安定供給を保障している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.92
    2021年01月30日
    「新華社」新型コロナ対策物資の供給を確保黒竜江省綏化市

    国黒竜江省綏化(すいか)市は新型コロナウイルス感染症の発生以来、数々の効果的な措置を講じ、各種新型コロナ対策物資の供給を確保している。現在、同市の医療物資調達ルートは滞りなく、備蓄も足りており、当面の感染症予防・抑制に必要な物資は十分に保障されている。(記者/張濤) =配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.17
    2021年01月30日
    「新華社」黒竜江省ハルビン市、重点医療物資の備蓄は十分

    中国黒竜江省ハルビン市政府は、このほど開いた新型コロナウイルス感染症対策に関する記者会見で、今回の感染拡大以降、同市では市レベルの貯蔵庫と生産企業でそれぞれ備蓄する方法を取り、物資の調達や備蓄、手配の管理を強化していることを明らかにした。同市が備蓄している重点医療物資は現時点で、市レベルの医療機関と医療機関以外の重点機関の90日分の使用量を確保している。医療物資の生産能力や原料供給、物資備蓄は十分足りており、医療機関の需要と市場の安定供給を保障している。(記者/謝剣飛) =配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (1)新型コロナ対策物資の供給を確保黒竜江省綏化市

    28日、綏化市の新型コロナ対策物資備蓄倉庫で医療物資を運ぶ作業員。中国黒竜江省綏化(すいか)市は新型コロナウイルス感染症の発生以来、数々の効果的な措置を講じ、各種新型コロナ対策物資の供給を確保している。現在、同市の医療物資調達ルートは滞りなく、備蓄も足りており、当面の感染症予防・抑制に必要な物資は十分に保障されている。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:43.90
    2021年01月30日
    「新華社」防疫物資を急ピッチで生産、感染対策を支援黒竜江省

    中国黒竜江省の綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県やハルビン市などで新型コロナウイルス感染症が発生したことを受け、1月上旬以来、各種防疫物資の需要が急増している。地元の多くの防疫物資生産企業が残業をして、医療用マスクや隔離服、防護服などの生産を急ピッチで進めている。(記者/謝剣飛) =配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.03
    2021年01月30日
    「新華社」化学肥料の輸送急ピッチ黒竜江省綏化市

    黒竜江省綏化(すいか)市の中国鉄道ハルビン局集団綏化車両区では、春の農繁期に使用される化学肥料を速やかに輸送するため、従業員が交代で積み降ろし作業を行っている。同市は主要な食料生産地の一つで、毎年春節(旧正月)前は土づくりをする重要な時期に当たり、化学肥料の需要量が40万トン以上に達する。綏化駅は今年に入り、新型コロナウイルスの感染対策を厳格に実施した上で輸送計画を最適化。累計で車両352台分、2万2千トンの化学肥料の積み降ろしを行い、地元の農業に必要な重要物資の輸送を確実に保障している。(記者/張濤) =配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (4)黒竜江省ハルビン市、重点医療物資の備蓄は十分

    27日、ハルビン市にある医療機器メーカーの工場でマスクを包装する従業員。中国黒竜江省ハルビン市政府は、このほど開いた新型コロナウイルス感染症対策に関する記者会見で、今回の感染拡大以降、同市では市レベルの貯蔵庫と生産企業でそれぞれ備蓄する方法を取り、物資の調達や備蓄、手配の管理を強化していることを明らかにした。同市が備蓄している重点医療物資は現時点で、市レベルの医療機関と医療機関以外の重点機関の90日分の使用量を確保している。医療物資の生産能力や原料供給、物資備蓄は十分足りており、医療機関の需要と市場の安定供給を保障している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (6)化学肥料の輸送急ピッチ黒竜江省綏化市

    28日、黒竜江省綏化駅で貨物列車から化学肥料を運び出す作業員。黒竜江省綏化(すいか)市の中国鉄道ハルビン局集団綏化車両区では、春の農繁期に使用される化学肥料を速やかに輸送するため、従業員が交代で積み降ろし作業を行っている。同市は主要な食料生産地の一つで、毎年春節(旧正月)前は土づくりをする重要な時期に当たり、化学肥料の需要量が40万トン以上に達する。綏化駅は今年に入り、新型コロナウイルスの感染対策を厳格に実施した上で輸送計画を最適化。累計で車両352台分、2万2千トンの化学肥料の積み降ろしを行い、地元の農業に必要な重要物資の輸送を確実に保障している。(綏化=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月30日
    (1)防疫物資を急ピッチで生産、感染対策を支援黒竜江省

    27日、ハルビン市の医療器械メーカーで作業する従業員。中国黒竜江省の綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県やハルビン市などで新型コロナウイルス感染症が発生したことを受け、1月上旬以来、各種防疫物資の需要が急増している。地元の多くの防疫物資生産企業が残業をして、医療用マスクや隔離服、防護服などの生産を急ピッチで進めている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月30日
    (4)防疫物資を急ピッチで生産、感染対策を支援黒竜江省

    27日、ハルビン市の医療器械メーカーで作業する従業員。中国黒竜江省の綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県やハルビン市などで新型コロナウイルス感染症が発生したことを受け、1月上旬以来、各種防疫物資の需要が急増している。地元の多くの防疫物資生産企業が残業をして、医療用マスクや隔離服、防護服などの生産を急ピッチで進めている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月30日
    (3)防疫物資を急ピッチで生産、感染対策を支援黒竜江省

    27日、ハルビン市の医療器械メーカーでマスクを生産する従業員。中国黒竜江省の綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県やハルビン市などで新型コロナウイルス感染症が発生したことを受け、1月上旬以来、各種防疫物資の需要が急増している。地元の多くの防疫物資生産企業が残業をして、医療用マスクや隔離服、防護服などの生産を急ピッチで進めている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (2)新型コロナ対策物資の供給を確保黒竜江省綏化市

    28日、綏化市の新型コロナ対策物資備蓄倉庫で医療物資を運ぶ作業員。中国黒竜江省綏化(すいか)市は新型コロナウイルス感染症の発生以来、数々の効果的な措置を講じ、各種新型コロナ対策物資の供給を確保している。現在、同市の医療物資調達ルートは滞りなく、備蓄も足りており、当面の感染症予防・抑制に必要な物資は十分に保障されている。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (1)温室栽培のスプラウト、収穫期迎える黒竜江省黒河市

    28日、五大連池農場の温室で野菜の苗に水やりをする農家。中国黒竜江省黒河市にある国有農業企業、黒竜江省北大荒農墾集団傘下の五大連池農場で、温室栽培のスプラウト(発芽野菜)が収穫期を迎えている。現地では成長を早めるための自動制御技術を導入し、季節外れの各種有機野菜を温室で立体栽培することで、地元農家の収入増につなげている。(黒河=新華社配信/陸文祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (6)新型コロナ対策物資の供給を確保黒竜江省綏化市

    28日、綏化市の新型コロナ対策物資備蓄倉庫で医療物資を運ぶ作業員。中国黒竜江省綏化(すいか)市は新型コロナウイルス感染症の発生以来、数々の効果的な措置を講じ、各種新型コロナ対策物資の供給を確保している。現在、同市の医療物資調達ルートは滞りなく、備蓄も足りており、当面の感染症予防・抑制に必要な物資は十分に保障されている。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (3)黒竜江省ハルビン市、重点医療物資の備蓄は十分

    27日、ハルビン市にある医療機器メーカーの工場で働く従業員。中国黒竜江省ハルビン市政府は、このほど開いた新型コロナウイルス感染症対策に関する記者会見で、今回の感染拡大以降、同市では市レベルの貯蔵庫と生産企業でそれぞれ備蓄する方法を取り、物資の調達や備蓄、手配の管理を強化していることを明らかにした。同市が備蓄している重点医療物資は現時点で、市レベルの医療機関と医療機関以外の重点機関の90日分の使用量を確保している。医療物資の生産能力や原料供給、物資備蓄は十分足りており、医療機関の需要と市場の安定供給を保障している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    臨時核酸検査施設「火眼」方艙実験室を設置黒竜江省ハルビン市

    1月30日、間もなく運用を開始するエアドーム型「火眼」方艙実験室。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン国際会展中心(コンベンション・エキシビションセンター)に、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設として設置された12のエアドーム型「火眼」方艙実験室がこのほど検収に合格し、間もなく運用が開始される。実験室は2次元バーコード読み取りと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担い、運用開始後は同省の核酸検査能力の質と効率・効果をさらに向上させていく。(ハルビン=新華社記者/王松)=配信日:2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (8)新型コロナ対策物資の供給を確保黒竜江省綏化市

    28日、綏化市の新型コロナ対策物資備蓄倉庫で、出庫した医療物資を集計する作業員。中国黒竜江省綏化(すいか)市は新型コロナウイルス感染症の発生以来、数々の効果的な措置を講じ、各種新型コロナ対策物資の供給を確保している。現在、同市の医療物資調達ルートは滞りなく、備蓄も足りており、当面の感染症予防・抑制に必要な物資は十分に保障されている。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (3)温室栽培のスプラウト、収穫期迎える黒竜江省黒河市

    28日、ボランティアの協力を得ながらスプラウトを収穫して袋詰めする農家(左から1人目)。中国黒竜江省黒河市にある国有農業企業、黒竜江省北大荒農墾集団傘下の五大連池農場で、温室栽培のスプラウト(発芽野菜)が収穫期を迎えている。現地では成長を早めるための自動制御技術を導入し、季節外れの各種有機野菜を温室で立体栽培することで、地元農家の収入増につなげている。(黒河=新華社配信/陸文祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...