KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • バスケットボール
  • イベントホール
  • サッカー場
  • タジキスタン
  • ドゥシャンベ
  • ドローン
  • メイン講義
  • 一般教室
  • 中国企業
  • 友好学校

「Basketball 空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月10日
    中国最大のイ族居住地区、長きにわたる貧困から脱却四川省

    涼山イ族自治州昭覚県四開郷梭梭拉打村で人民武装警察部隊四川省総隊が建設を支援した幼稚園、屋外バスケットボールコートと産業パーク。(8月10日撮影、小型無人機から)中国四川省人民政府の公式サイトは17日、涼山イ族自治州にある普格、布拖、金陽、昭覚、喜德、越西、美姑の国家級貧困県7県が、貧困県の指定を外れたと発表した。これにより、中国最大のイ族居住地区は長い間苦しんできた絶対的貧困から脱却し、新たな発展段階へと踏み出した。同省南西部に位置する同州は、国内で最も貧しく辺ぴな場所、貧困脱却堅塁攻略が最も難しい地域とされてきた。立ち後れたインフラを整備し、構造転換による発展を推進することで、同自治州の発展は新たな軌道に乗り、駆け足で小康社会(ややゆとりのある社会)を目指している。昨年末には、貧困発生率が4%に低下し、地域の域内総生産(GDP)は1676億3千万元(1元=約16円)と、全国に30ある少数民族自治州の上位に立った。大凉山に最後まで残っていた7貧困県がなくなったことで、四川省に88県存在した貧困県は全て貧困からの脱却を果たした。(成都=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:56.03
    2020年04月29日
    「新華社」貧困脱却を果たしたラフ族最後の女性猟師

    中国雲南省の拉祜(ラフ)族は代々狩猟で生計を立ててきた。ラフ語では「拉」が虎、「祜」が肉を焼くことを意味し、「拉祜族」は虎を捕らえる民族とも呼ばれる。「狩りをしないと、食べるものがなかった」と集落で唯一の女性猟師の娜四(ナス)さんは振り返った。優れた猟師のナスさんでも、何日も獲物が手に入らないこともあった。それにも増して、狩猟には命をおびやかすさまざまな危険がつきもので、何度も危険な目に遭った。雲南省は2016年、貧困脱却堅塁攻略戦を推し進め、ナスさんの集落は極度貧困村・集落堅塁攻略の対象に指定された。貧困救済幹部の指導の下、現在では全戸で18ムー(1・2ヘクタール)の茶畑、4ムー(約0・3ヘクタール)の水田を有し、年間2トン余りのコメが取れるようになった。雲南省は今年初め、ラフ族など九つの「直過民族」(原始社会から直接、社会主義社会に入った民族)と人口が比較的少ない民族全てが貧困を脱却、絶対貧困に歴史的な別れを告げたと発表した。(記者/王安浩維、胡超、龐明広)<映像内容>拉祜族の暮らし、農業、勉強、歌など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月10日
    中国企業が建設支援の学校中国·タジキスタン友情の象徴に

    10日、タジキスタンの首都ドゥシャンベで空撮したドゥシャンベ101学校。中国の変圧器大手、特変電工(TBEA)社が出資し建設を支援したタジキスタンに四つある「中国・タジキスタン友好学校」の一つ、ドゥシャンベ101学校。同校は2015年8月3日に施工を開始し、2016年8月30日に竣工した。総建築面積は1万平方メートル、敷地面積は3万8千平方メートルで、1200人を収容できる。現在タジキスタンで最も先進的で現代的な学校の一つで、メイン講義棟や一般教室、専門科目教室、体育館、大型イベントホール、屋外サッカー場やバスケットボール場などの施設を備えている。敷地は樹木に囲まれ、生徒たちにとって快適な学習環境が整えられている。ドゥシャンベ101学校の建設により、タジキスタンが抱える教育資源、教育の場の深刻な不足という問題が解決され、同校は中国とタジキスタンの友情の象徴となっている。(ドゥシャンベ=新華社記者/呉壮)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月10日
    中国企業が建設支援の学校中国·タジキスタン友情の象徴に

    10日、タジキスタンの首都ドゥシャンベで空撮したドゥシャンベ101学校の建物。中国の変圧器大手、特変電工(TBEA)社が出資し建設を支援したタジキスタンに四つある「中国・タジキスタン友好学校」の一つ、ドゥシャンベ101学校。同校は2015年8月3日に施工を開始し、2016年8月30日に竣工した。総建築面積は1万平方メートル、敷地面積は3万8千平方メートルで、1200人を収容できる。現在タジキスタンで最も先進的で現代的な学校の一つで、メイン講義棟や一般教室、専門科目教室、体育館、大型イベントホール、屋外サッカー場やバスケットボール場などの施設を備えている。敷地は樹木に囲まれ、生徒たちにとって快適な学習環境が整えられている。ドゥシャンベ101学校の建設により、タジキスタンが抱える教育資源、教育の場の深刻な不足という問題が解決され、同校は中国とタジキスタンの友情の象徴となっている。(ドゥシャンベ=新華社記者/呉壮)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1