KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 日刊工業新聞
  • ホールディングス
  • スマートフォン
  • 営業利益
  • 携帯電話
  • 電子商取引
  • 経営統合
  • 持株会社
  • ソフトバンク
  • テレワーク

「Hall」の写真・映像

絞り込み
  • 30日以内
  • 写真
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
87
( 1 87 件を表示)
  • 1
87
( 1 87 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    説明会場に入る学生 対面説明会に学生ら期待

    合同企業説明会で企業の説明会場に入る学生=1日午後、東京・池袋

    撮影: 1日午後、東京・池袋

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    会場に向かう学生ら 対面説明会に学生ら期待

    合同企業説明会の会場に向かう学生ら=1日午前、千葉・幕張メッセ

    撮影: 1日午前、千葉・幕張メッセ  

  • 2021年03月01日
    ZホールディングスとLINEの経営統合会見

    Zホールディングス(HD)とLINEの経営統合が1日、完了した。電子商取引(EC)や広告、金融といった領域を拡充し、海外展開も強化して2023年度に売上高2兆円、営業利益2250億円を目指す。ただインターネット関連分野では米IT大手4社のGAFAをはじめとする海外勢の存在感が大きい。ZHDは差別化に向けて人工知能(AI)に力を注ぐ考えだが、どれだけ早く統合効果を発揮できるか試される。「3年で数千億円上げるのは非常に挑戦的だ」。川辺健太郎ZHD社長は同日の会見で売上高についてこう述べ、23年度の目標は高いと認めた。ZHDの21年3月期売上高見通しは1兆1400億円。LINEの19年12月期売上高は2274億円だった。ポータルサイト「ヤフー」と対話アプリケーション(応用ソフト)「LINE」の相互送客などで利点を見込むが、相乗効果を早く発揮できるかが課題となる。川辺社長が当面の成長株と位置づけるのは国内のEC事業や広告事業だ。例えばECでは、オンライン店舗と実店舗の商品データを連係させて、消費者が自分に合った購入手段を選べるようにする枠組みの強化を図る。また、中長期的にはフィンテック(金融とITの融合)の収益貢献も見込む。スマートフォン決済に関しては22年4月に国内の「LINEペイ」を「ペイペイ」に統合するための協議を開始した。海外向けLINEペイは引き続きアジア主要国での拡充を目指す。ただ世界では、GAFAや、中国IT大手3社のBATが権勢を振るう。川辺ZHD社長はこの点について「我々が優れている点は、グループの守備範囲の広さ。親会社も入れると携帯電話サービスまでやっている」と語った。GAFAは一つの商材に特化して大きくなった会社が多いことが念頭にある。写真は質問に答える、川邊健太郎 代表取締役社長 Co-CEO。=2021(令和3)年3月1日、東京都港区芝公園のザ・プリンスパークタワー東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    ZホールディングスとLINEの経営統合会見

    Zホールディングス(HD)とLINEの経営統合が1日、完了した。電子商取引(EC)や広告、金融といった領域を拡充し、海外展開も強化して2023年度に売上高2兆円、営業利益2250億円を目指す。ただインターネット関連分野では米IT大手4社のGAFAをはじめとする海外勢の存在感が大きい。ZHDは差別化に向けて人工知能(AI)に力を注ぐ考えだが、どれだけ早く統合効果を発揮できるか試される。「3年で数千億円上げるのは非常に挑戦的だ」。川辺健太郎ZHD社長は同日の会見で売上高についてこう述べ、23年度の目標は高いと認めた。ZHDの21年3月期売上高見通しは1兆1400億円。LINEの19年12月期売上高は2274億円だった。ポータルサイト「ヤフー」と対話アプリケーション(応用ソフト)「LINE」の相互送客などで利点を見込むが、相乗効果を早く発揮できるかが課題となる。川辺社長が当面の成長株と位置づけるのは国内のEC事業や広告事業だ。例えばECでは、オンライン店舗と実店舗の商品データを連係させて、消費者が自分に合った購入手段を選べるようにする枠組みの強化を図る。また、中長期的にはフィンテック(金融とITの融合)の収益貢献も見込む。スマートフォン決済に関しては22年4月に国内の「LINEペイ」を「ペイペイ」に統合するための協議を開始した。海外向けLINEペイは引き続きアジア主要国での拡充を目指す。ただ世界では、GAFAや、中国IT大手3社のBATが権勢を振るう。川辺ZHD社長はこの点について「我々が優れている点は、グループの守備範囲の広さ。親会社も入れると携帯電話サービスまでやっている」と語った。GAFAは一つの商材に特化して大きくなった会社が多いことが念頭にある。写真は(左から)川邊健太郎 代表取締役社長 Co-CEOと、出澤剛 代表取締役Co-CEO。=2021(令和3)年3月1日、東京都港区芝公園のザ・プリンスパークタワー東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    ZホールディングスとLINEの経営統合会見

    Zホールディングス(HD)とLINEの経営統合が1日、完了した。電子商取引(EC)や広告、金融といった領域を拡充し、海外展開も強化して2023年度に売上高2兆円、営業利益2250億円を目指す。ただインターネット関連分野では米IT大手4社のGAFAをはじめとする海外勢の存在感が大きい。ZHDは差別化に向けて人工知能(AI)に力を注ぐ考えだが、どれだけ早く統合効果を発揮できるか試される。「3年で数千億円上げるのは非常に挑戦的だ」。川辺健太郎ZHD社長は同日の会見で売上高についてこう述べ、23年度の目標は高いと認めた。ZHDの21年3月期売上高見通しは1兆1400億円。LINEの19年12月期売上高は2274億円だった。ポータルサイト「ヤフー」と対話アプリケーション(応用ソフト)「LINE」の相互送客などで利点を見込むが、相乗効果を早く発揮できるかが課題となる。川辺社長が当面の成長株と位置づけるのは国内のEC事業や広告事業だ。例えばECでは、オンライン店舗と実店舗の商品データを連係させて、消費者が自分に合った購入手段を選べるようにする枠組みの強化を図る。また、中長期的にはフィンテック(金融とITの融合)の収益貢献も見込む。スマートフォン決済に関しては22年4月に国内の「LINEペイ」を「ペイペイ」に統合するための協議を開始した。海外向けLINEペイは引き続きアジア主要国での拡充を目指す。ただ世界では、GAFAや、中国IT大手3社のBATが権勢を振るう。川辺ZHD社長はこの点について「我々が優れている点は、グループの守備範囲の広さ。親会社も入れると携帯電話サービスまでやっている」と語った。GAFAは一つの商材に特化して大きくなった会社が多いことが念頭にある。写真は質問に答える、川邊健太郎 代表取締役社長 Co-CEO。=2021(令和3)年3月1日、東京都港区芝公園のザ・プリンスパークタワー東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    ZホールディングスとLINEの経営統合会見

    Zホールディングス(HD)とLINEの経営統合が1日、完了した。電子商取引(EC)や広告、金融といった領域を拡充し、海外展開も強化して2023年度に売上高2兆円、営業利益2250億円を目指す。ただインターネット関連分野では米IT大手4社のGAFAをはじめとする海外勢の存在感が大きい。ZHDは差別化に向けて人工知能(AI)に力を注ぐ考えだが、どれだけ早く統合効果を発揮できるか試される。「3年で数千億円上げるのは非常に挑戦的だ」。川辺健太郎ZHD社長は同日の会見で売上高についてこう述べ、23年度の目標は高いと認めた。ZHDの21年3月期売上高見通しは1兆1400億円。LINEの19年12月期売上高は2274億円だった。ポータルサイト「ヤフー」と対話アプリケーション(応用ソフト)「LINE」の相互送客などで利点を見込むが、相乗効果を早く発揮できるかが課題となる。川辺社長が当面の成長株と位置づけるのは国内のEC事業や広告事業だ。例えばECでは、オンライン店舗と実店舗の商品データを連係させて、消費者が自分に合った購入手段を選べるようにする枠組みの強化を図る。また、中長期的にはフィンテック(金融とITの融合)の収益貢献も見込む。スマートフォン決済に関しては22年4月に国内の「LINEペイ」を「ペイペイ」に統合するための協議を開始した。海外向けLINEペイは引き続きアジア主要国での拡充を目指す。ただ世界では、GAFAや、中国IT大手3社のBATが権勢を振るう。川辺ZHD社長はこの点について「我々が優れている点は、グループの守備範囲の広さ。親会社も入れると携帯電話サービスまでやっている」と語った。GAFAは一つの商材に特化して大きくなった会社が多いことが念頭にある。写真は質問に答える、川邊健太郎 代表取締役社長 Co-CEO。=2021(令和3)年3月1日、東京都港区芝公園のザ・プリンスパークタワー東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    ZホールディングスとLINEの経営統合会見

    Zホールディングス(HD)とLINEの経営統合が1日、完了した。電子商取引(EC)や広告、金融といった領域を拡充し、海外展開も強化して2023年度に売上高2兆円、営業利益2250億円を目指す。ただインターネット関連分野では米IT大手4社のGAFAをはじめとする海外勢の存在感が大きい。ZHDは差別化に向けて人工知能(AI)に力を注ぐ考えだが、どれだけ早く統合効果を発揮できるか試される。「3年で数千億円上げるのは非常に挑戦的だ」。川辺健太郎ZHD社長は同日の会見で売上高についてこう述べ、23年度の目標は高いと認めた。ZHDの21年3月期売上高見通しは1兆1400億円。LINEの19年12月期売上高は2274億円だった。ポータルサイト「ヤフー」と対話アプリケーション(応用ソフト)「LINE」の相互送客などで利点を見込むが、相乗効果を早く発揮できるかが課題となる。川辺社長が当面の成長株と位置づけるのは国内のEC事業や広告事業だ。例えばECでは、オンライン店舗と実店舗の商品データを連係させて、消費者が自分に合った購入手段を選べるようにする枠組みの強化を図る。また、中長期的にはフィンテック(金融とITの融合)の収益貢献も見込む。スマートフォン決済に関しては22年4月に国内の「LINEペイ」を「ペイペイ」に統合するための協議を開始した。海外向けLINEペイは引き続きアジア主要国での拡充を目指す。ただ世界では、GAFAや、中国IT大手3社のBATが権勢を振るう。川辺ZHD社長はこの点について「我々が優れている点は、グループの守備範囲の広さ。親会社も入れると携帯電話サービスまでやっている」と語った。GAFAは一つの商材に特化して大きくなった会社が多いことが念頭にある。写真は質問に答える、出澤剛 代表取締役Co-CEO。=2021(令和3)年3月1日、東京都港区芝公園のザ・プリンスパークタワー東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    ZホールディングスとLINEの経営統合会見

    Zホールディングス(HD)とLINEの経営統合が1日、完了した。電子商取引(EC)や広告、金融といった領域を拡充し、海外展開も強化して2023年度に売上高2兆円、営業利益2250億円を目指す。ただインターネット関連分野では米IT大手4社のGAFAをはじめとする海外勢の存在感が大きい。ZHDは差別化に向けて人工知能(AI)に力を注ぐ考えだが、どれだけ早く統合効果を発揮できるか試される。「3年で数千億円上げるのは非常に挑戦的だ」。川辺健太郎ZHD社長は同日の会見で売上高についてこう述べ、23年度の目標は高いと認めた。ZHDの21年3月期売上高見通しは1兆1400億円。LINEの19年12月期売上高は2274億円だった。ポータルサイト「ヤフー」と対話アプリケーション(応用ソフト)「LINE」の相互送客などで利点を見込むが、相乗効果を早く発揮できるかが課題となる。川辺社長が当面の成長株と位置づけるのは国内のEC事業や広告事業だ。例えばECでは、オンライン店舗と実店舗の商品データを連係させて、消費者が自分に合った購入手段を選べるようにする枠組みの強化を図る。また、中長期的にはフィンテック(金融とITの融合)の収益貢献も見込む。スマートフォン決済に関しては22年4月に国内の「LINEペイ」を「ペイペイ」に統合するための協議を開始した。海外向けLINEペイは引き続きアジア主要国での拡充を目指す。ただ世界では、GAFAや、中国IT大手3社のBATが権勢を振るう。川辺ZHD社長はこの点について「我々が優れている点は、グループの守備範囲の広さ。親会社も入れると携帯電話サービスまでやっている」と語った。GAFAは一つの商材に特化して大きくなった会社が多いことが念頭にある。写真は質問に答える、出澤剛 代表取締役Co-CEO。=2021(令和3)年3月1日、東京都港区芝公園のザ・プリンスパークタワー東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    ZホールディングスとLINEの経営統合会見

    Zホールディングス(HD)とLINEの経営統合が1日、完了した。電子商取引(EC)や広告、金融といった領域を拡充し、海外展開も強化して2023年度に売上高2兆円、営業利益2250億円を目指す。ただインターネット関連分野では米IT大手4社のGAFAをはじめとする海外勢の存在感が大きい。ZHDは差別化に向けて人工知能(AI)に力を注ぐ考えだが、どれだけ早く統合効果を発揮できるか試される。「3年で数千億円上げるのは非常に挑戦的だ」。川辺健太郎ZHD社長は同日の会見で売上高についてこう述べ、23年度の目標は高いと認めた。ZHDの21年3月期売上高見通しは1兆1400億円。LINEの19年12月期売上高は2274億円だった。ポータルサイト「ヤフー」と対話アプリケーション(応用ソフト)「LINE」の相互送客などで利点を見込むが、相乗効果を早く発揮できるかが課題となる。川辺社長が当面の成長株と位置づけるのは国内のEC事業や広告事業だ。例えばECでは、オンライン店舗と実店舗の商品データを連係させて、消費者が自分に合った購入手段を選べるようにする枠組みの強化を図る。また、中長期的にはフィンテック(金融とITの融合)の収益貢献も見込む。スマートフォン決済に関しては22年4月に国内の「LINEペイ」を「ペイペイ」に統合するための協議を開始した。海外向けLINEペイは引き続きアジア主要国での拡充を目指す。ただ世界では、GAFAや、中国IT大手3社のBATが権勢を振るう。川辺ZHD社長はこの点について「我々が優れている点は、グループの守備範囲の広さ。親会社も入れると携帯電話サービスまでやっている」と語った。GAFAは一つの商材に特化して大きくなった会社が多いことが念頭にある。写真は(左から)川邊健太郎 代表取締役社長 Co-CEOと、出澤剛 代表取締役Co-CEO。=2021(令和3)年3月1日、東京都港区芝公園のザ・プリンスパークタワー東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    ZホールディングスとLINEの経営統合会見

    Zホールディングス(HD)とLINEの経営統合が1日、完了した。電子商取引(EC)や広告、金融といった領域を拡充し、海外展開も強化して2023年度に売上高2兆円、営業利益2250億円を目指す。ただインターネット関連分野では米IT大手4社のGAFAをはじめとする海外勢の存在感が大きい。ZHDは差別化に向けて人工知能(AI)に力を注ぐ考えだが、どれだけ早く統合効果を発揮できるか試される。「3年で数千億円上げるのは非常に挑戦的だ」。川辺健太郎ZHD社長は同日の会見で売上高についてこう述べ、23年度の目標は高いと認めた。ZHDの21年3月期売上高見通しは1兆1400億円。LINEの19年12月期売上高は2274億円だった。ポータルサイト「ヤフー」と対話アプリケーション(応用ソフト)「LINE」の相互送客などで利点を見込むが、相乗効果を早く発揮できるかが課題となる。川辺社長が当面の成長株と位置づけるのは国内のEC事業や広告事業だ。例えばECでは、オンライン店舗と実店舗の商品データを連係させて、消費者が自分に合った購入手段を選べるようにする枠組みの強化を図る。また、中長期的にはフィンテック(金融とITの融合)の収益貢献も見込む。スマートフォン決済に関しては22年4月に国内の「LINEペイ」を「ペイペイ」に統合するための協議を開始した。海外向けLINEペイは引き続きアジア主要国での拡充を目指す。ただ世界では、GAFAや、中国IT大手3社のBATが権勢を振るう。川辺ZHD社長はこの点について「我々が優れている点は、グループの守備範囲の広さ。親会社も入れると携帯電話サービスまでやっている」と語った。GAFAは一つの商材に特化して大きくなった会社が多いことが念頭にある。写真は出澤剛 代表取締役Co-CEO。=2021(令和3)年3月1日、東京都港区芝公園のザ・プリンスパークタワー東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    ZホールディングスとLINEの経営統合会見

    Zホールディングス(HD)とLINEの経営統合が1日、完了した。電子商取引(EC)や広告、金融といった領域を拡充し、海外展開も強化して2023年度に売上高2兆円、営業利益2250億円を目指す。ただインターネット関連分野では米IT大手4社のGAFAをはじめとする海外勢の存在感が大きい。ZHDは差別化に向けて人工知能(AI)に力を注ぐ考えだが、どれだけ早く統合効果を発揮できるか試される。「3年で数千億円上げるのは非常に挑戦的だ」。川辺健太郎ZHD社長は同日の会見で売上高についてこう述べ、23年度の目標は高いと認めた。ZHDの21年3月期売上高見通しは1兆1400億円。LINEの19年12月期売上高は2274億円だった。ポータルサイト「ヤフー」と対話アプリケーション(応用ソフト)「LINE」の相互送客などで利点を見込むが、相乗効果を早く発揮できるかが課題となる。川辺社長が当面の成長株と位置づけるのは国内のEC事業や広告事業だ。例えばECでは、オンライン店舗と実店舗の商品データを連係させて、消費者が自分に合った購入手段を選べるようにする枠組みの強化を図る。また、中長期的にはフィンテック(金融とITの融合)の収益貢献も見込む。スマートフォン決済に関しては22年4月に国内の「LINEペイ」を「ペイペイ」に統合するための協議を開始した。海外向けLINEペイは引き続きアジア主要国での拡充を目指す。ただ世界では、GAFAや、中国IT大手3社のBATが権勢を振るう。川辺ZHD社長はこの点について「我々が優れている点は、グループの守備範囲の広さ。親会社も入れると携帯電話サービスまでやっている」と語った。GAFAは一つの商材に特化して大きくなった会社が多いことが念頭にある。写真は(左から)川邊健太郎 代表取締役社長 Co-CEOと、出澤剛 代表取締役Co-CEO。=2021(令和3)年3月1日、東京都港区芝公園のザ・プリンスパークタワー東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    ZホールディングスとLINEの経営統合会見

    Zホールディングス(HD)とLINEの経営統合が1日、完了した。電子商取引(EC)や広告、金融といった領域を拡充し、海外展開も強化して2023年度に売上高2兆円、営業利益2250億円を目指す。ただインターネット関連分野では米IT大手4社のGAFAをはじめとする海外勢の存在感が大きい。ZHDは差別化に向けて人工知能(AI)に力を注ぐ考えだが、どれだけ早く統合効果を発揮できるか試される。「3年で数千億円上げるのは非常に挑戦的だ」。川辺健太郎ZHD社長は同日の会見で売上高についてこう述べ、23年度の目標は高いと認めた。ZHDの21年3月期売上高見通しは1兆1400億円。LINEの19年12月期売上高は2274億円だった。ポータルサイト「ヤフー」と対話アプリケーション(応用ソフト)「LINE」の相互送客などで利点を見込むが、相乗効果を早く発揮できるかが課題となる。川辺社長が当面の成長株と位置づけるのは国内のEC事業や広告事業だ。例えばECでは、オンライン店舗と実店舗の商品データを連係させて、消費者が自分に合った購入手段を選べるようにする枠組みの強化を図る。また、中長期的にはフィンテック(金融とITの融合)の収益貢献も見込む。スマートフォン決済に関しては22年4月に国内の「LINEペイ」を「ペイペイ」に統合するための協議を開始した。海外向けLINEペイは引き続きアジア主要国での拡充を目指す。ただ世界では、GAFAや、中国IT大手3社のBATが権勢を振るう。川辺ZHD社長はこの点について「我々が優れている点は、グループの守備範囲の広さ。親会社も入れると携帯電話サービスまでやっている」と語った。GAFAは一つの商材に特化して大きくなった会社が多いことが念頭にある。写真は(左から)川邊健太郎 代表取締役社長 Co-CEOと、出澤剛 代表取締役Co-CEO。=2021(令和3)年3月1日、東京都港区芝公園のザ・プリンスパークタワー東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    ZホールディングスとLINEの経営統合会見

    Zホールディングス(HD)とLINEの経営統合が1日、完了した。電子商取引(EC)や広告、金融といった領域を拡充し、海外展開も強化して2023年度に売上高2兆円、営業利益2250億円を目指す。ただインターネット関連分野では米IT大手4社のGAFAをはじめとする海外勢の存在感が大きい。ZHDは差別化に向けて人工知能(AI)に力を注ぐ考えだが、どれだけ早く統合効果を発揮できるか試される。「3年で数千億円上げるのは非常に挑戦的だ」。川辺健太郎ZHD社長は同日の会見で売上高についてこう述べ、23年度の目標は高いと認めた。ZHDの21年3月期売上高見通しは1兆1400億円。LINEの19年12月期売上高は2274億円だった。ポータルサイト「ヤフー」と対話アプリケーション(応用ソフト)「LINE」の相互送客などで利点を見込むが、相乗効果を早く発揮できるかが課題となる。川辺社長が当面の成長株と位置づけるのは国内のEC事業や広告事業だ。例えばECでは、オンライン店舗と実店舗の商品データを連係させて、消費者が自分に合った購入手段を選べるようにする枠組みの強化を図る。また、中長期的にはフィンテック(金融とITの融合)の収益貢献も見込む。スマートフォン決済に関しては22年4月に国内の「LINEペイ」を「ペイペイ」に統合するための協議を開始した。海外向けLINEペイは引き続きアジア主要国での拡充を目指す。ただ世界では、GAFAや、中国IT大手3社のBATが権勢を振るう。川辺ZHD社長はこの点について「我々が優れている点は、グループの守備範囲の広さ。親会社も入れると携帯電話サービスまでやっている」と語った。GAFAは一つの商材に特化して大きくなった会社が多いことが念頭にある。写真は(左から)川邊健太郎 代表取締役社長 Co-CEOと、出澤剛 代表取締役Co-CEO。=2021(令和3)年3月1日、東京都港区芝公園のザ・プリンスパークタワー東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    会場に向かう人たち 就活解禁、コロナ禍で制約

    2022年に卒業する大学生・大学院生の新卒採用の会社説明会に向かう人たち=1日午前、千葉市の幕張メッセ

    撮影: 1日午前、千葉市の幕張メッセ

  • 2021年02月24日
    イオンモール岡崎のホール イオンモール、接種に活用

    新型コロナウイルスのワクチン集団接種会場に活用される「イオンモール岡崎」のホール=24日午後、愛知県岡崎市

  • 2021年02月24日
    除菌脱臭機と伊藤氏 光触媒のコロナ不活化期待

    ワイエイシイホールディングスの除菌脱臭機と伊藤利彦取締役専務執行役員=24日午後、大阪府東大阪市

    撮影: 24日午後、大阪府東大阪市

  • 2021年02月24日
    持ち株会社を設立する前田建設工業

    前田建設工業は24日、連結子会社の前田道路、前田製作所と経営統合すると発表した。3社で共同持ち株会社(ホールディングス=HD)を設立することで基本合意した。3社は9月29日に上場を廃止。10月1日に共同持ち株会社を設立し新規上場する。経営統合により施設やインフラの企画・計画から維持管理・運営まで手がける「総合インフラサービス企業」への転換を目指す。前田建設は2020年3月、敵対的TOB(株式公開買い付け)で前田道路を連結子会社化した。24日の会見で前田建設の前田操治社長は、HD設立について「(TOBの成立当時)は前田道路の企業文化、自主性などを尊重し上場を維持する形で、HDの設立は考えていなかった。ただコロナ禍で取り巻く環境が激変し、今後のグループの在り方を検討した結果、今回の判断に至った」と説明した。HDの取締役は8人で、前田建設出身が2人、前田道路出身が1人、前田製作所出身が1人で残りは社外取締役とする計画。株式移転比率は前田建設の1に対し前田道路が2・28、前田製作所が0・58。(左から)撮影に応じる前田道路の今泉保彦 代表取締役社長、前田建設工業の前田操治 代表取締役社長、前田製作所の塩入正章 代表取締役社長。=2021(令和3)年2月24日、東京都中央区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    持ち株会社を設立する前田建設工業

    前田建設工業は24日、連結子会社の前田道路、前田製作所と経営統合すると発表した。3社で共同持ち株会社(ホールディングス=HD)を設立することで基本合意した。3社は9月29日に上場を廃止。10月1日に共同持ち株会社を設立し新規上場する。経営統合により施設やインフラの企画・計画から維持管理・運営まで手がける「総合インフラサービス企業」への転換を目指す。前田建設は2020年3月、敵対的TOB(株式公開買い付け)で前田道路を連結子会社化した。24日の会見で前田建設の前田操治社長は、HD設立について「(TOBの成立当時)は前田道路の企業文化、自主性などを尊重し上場を維持する形で、HDの設立は考えていなかった。ただコロナ禍で取り巻く環境が激変し、今後のグループの在り方を検討した結果、今回の判断に至った」と説明した。HDの取締役は8人で、前田建設出身が2人、前田道路出身が1人、前田製作所出身が1人で残りは社外取締役とする計画。株式移転比率は前田建設の1に対し前田道路が2・28、前田製作所が0・58。(左から)撮影に応じる前田道路の今泉保彦 代表取締役社長、前田建設工業の前田操治 代表取締役社長、前田製作所の塩入正章 代表取締役社長。=2021(令和3)年2月24日、東京都中央区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    持ち株会社を設立する前田建設工業

    前田建設工業は24日、連結子会社の前田道路、前田製作所と経営統合すると発表した。3社で共同持ち株会社(ホールディングス=HD)を設立することで基本合意した。3社は9月29日に上場を廃止。10月1日に共同持ち株会社を設立し新規上場する。経営統合により施設やインフラの企画・計画から維持管理・運営まで手がける「総合インフラサービス企業」への転換を目指す。前田建設は2020年3月、敵対的TOB(株式公開買い付け)で前田道路を連結子会社化した。24日の会見で前田建設の前田操治社長は、HD設立について「(TOBの成立当時)は前田道路の企業文化、自主性などを尊重し上場を維持する形で、HDの設立は考えていなかった。ただコロナ禍で取り巻く環境が激変し、今後のグループの在り方を検討した結果、今回の判断に至った」と説明した。HDの取締役は8人で、前田建設出身が2人、前田道路出身が1人、前田製作所出身が1人で残りは社外取締役とする計画。株式移転比率は前田建設の1に対し前田道路が2・28、前田製作所が0・58。(左から)撮影に応じる前田道路の今泉保彦 代表取締役社長、前田建設工業の前田操治 代表取締役社長、前田製作所の塩入正章 代表取締役社長。=2021(令和3)年2月24日、東京都中央区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    持ち株会社を設立する前田建設工業

    前田建設工業は24日、連結子会社の前田道路、前田製作所と経営統合すると発表した。3社で共同持ち株会社(ホールディングス=HD)を設立することで基本合意した。3社は9月29日に上場を廃止。10月1日に共同持ち株会社を設立し新規上場する。経営統合により施設やインフラの企画・計画から維持管理・運営まで手がける「総合インフラサービス企業」への転換を目指す。前田建設は2020年3月、敵対的TOB(株式公開買い付け)で前田道路を連結子会社化した。24日の会見で前田建設の前田操治社長は、HD設立について「(TOBの成立当時)は前田道路の企業文化、自主性などを尊重し上場を維持する形で、HDの設立は考えていなかった。ただコロナ禍で取り巻く環境が激変し、今後のグループの在り方を検討した結果、今回の判断に至った」と説明した。HDの取締役は8人で、前田建設出身が2人、前田道路出身が1人、前田製作所出身が1人で残りは社外取締役とする計画。株式移転比率は前田建設の1に対し前田道路が2・28、前田製作所が0・58。会見する前田建設工業の前田操治 代表取締役社長。=2021(令和3)年2月24日、東京都中央区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    持ち株会社を設立する前田建設工業

    前田建設工業は24日、連結子会社の前田道路、前田製作所と経営統合すると発表した。3社で共同持ち株会社(ホールディングス=HD)を設立することで基本合意した。3社は9月29日に上場を廃止。10月1日に共同持ち株会社を設立し新規上場する。経営統合により施設やインフラの企画・計画から維持管理・運営まで手がける「総合インフラサービス企業」への転換を目指す。前田建設は2020年3月、敵対的TOB(株式公開買い付け)で前田道路を連結子会社化した。24日の会見で前田建設の前田操治社長は、HD設立について「(TOBの成立当時)は前田道路の企業文化、自主性などを尊重し上場を維持する形で、HDの設立は考えていなかった。ただコロナ禍で取り巻く環境が激変し、今後のグループの在り方を検討した結果、今回の判断に至った」と説明した。HDの取締役は8人で、前田建設出身が2人、前田道路出身が1人、前田製作所出身が1人で残りは社外取締役とする計画。株式移転比率は前田建設の1に対し前田道路が2・28、前田製作所が0・58。会見する前田建設工業の前田操治 代表取締役社長。=2021(令和3)年2月24日、東京都中央区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    持ち株会社を設立する前田建設工業

    前田建設工業は24日、連結子会社の前田道路、前田製作所と経営統合すると発表した。3社で共同持ち株会社(ホールディングス=HD)を設立することで基本合意した。3社は9月29日に上場を廃止。10月1日に共同持ち株会社を設立し新規上場する。経営統合により施設やインフラの企画・計画から維持管理・運営まで手がける「総合インフラサービス企業」への転換を目指す。前田建設は2020年3月、敵対的TOB(株式公開買い付け)で前田道路を連結子会社化した。24日の会見で前田建設の前田操治社長は、HD設立について「(TOBの成立当時)は前田道路の企業文化、自主性などを尊重し上場を維持する形で、HDの設立は考えていなかった。ただコロナ禍で取り巻く環境が激変し、今後のグループの在り方を検討した結果、今回の判断に至った」と説明した。HDの取締役は8人で、前田建設出身が2人、前田道路出身が1人、前田製作所出身が1人で残りは社外取締役とする計画。株式移転比率は前田建設の1に対し前田道路が2・28、前田製作所が0・58。(左から)会見する前田道路の今泉保彦 代表取締役社長、前田建設工業の前田操治 代表取締役社長、前田製作所の塩入正章 代表取締役社長。=2021(令和3)年2月24日、東京都中央区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    持ち株会社を設立する前田建設工業

    前田建設工業は24日、連結子会社の前田道路、前田製作所と経営統合すると発表した。3社で共同持ち株会社(ホールディングス=HD)を設立することで基本合意した。3社は9月29日に上場を廃止。10月1日に共同持ち株会社を設立し新規上場する。経営統合により施設やインフラの企画・計画から維持管理・運営まで手がける「総合インフラサービス企業」への転換を目指す。前田建設は2020年3月、敵対的TOB(株式公開買い付け)で前田道路を連結子会社化した。24日の会見で前田建設の前田操治社長は、HD設立について「(TOBの成立当時)は前田道路の企業文化、自主性などを尊重し上場を維持する形で、HDの設立は考えていなかった。ただコロナ禍で取り巻く環境が激変し、今後のグループの在り方を検討した結果、今回の判断に至った」と説明した。HDの取締役は8人で、前田建設出身が2人、前田道路出身が1人、前田製作所出身が1人で残りは社外取締役とする計画。株式移転比率は前田建設の1に対し前田道路が2・28、前田製作所が0・58。会見する前田建設工業の前田操治 代表取締役社長。=2021(令和3)年2月24日、東京都中央区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    持ち株会社を設立する前田建設工業

    前田建設工業は24日、連結子会社の前田道路、前田製作所と経営統合すると発表した。3社で共同持ち株会社(ホールディングス=HD)を設立することで基本合意した。3社は9月29日に上場を廃止。10月1日に共同持ち株会社を設立し新規上場する。経営統合により施設やインフラの企画・計画から維持管理・運営まで手がける「総合インフラサービス企業」への転換を目指す。前田建設は2020年3月、敵対的TOB(株式公開買い付け)で前田道路を連結子会社化した。24日の会見で前田建設の前田操治社長は、HD設立について「(TOBの成立当時)は前田道路の企業文化、自主性などを尊重し上場を維持する形で、HDの設立は考えていなかった。ただコロナ禍で取り巻く環境が激変し、今後のグループの在り方を検討した結果、今回の判断に至った」と説明した。HDの取締役は8人で、前田建設出身が2人、前田道路出身が1人、前田製作所出身が1人で残りは社外取締役とする計画。株式移転比率は前田建設の1に対し前田道路が2・28、前田製作所が0・58。(左から)会見する前田道路の今泉保彦 代表取締役社長、前田建設工業の前田操治 代表取締役社長、前田製作所の塩入正章 代表取締役社長。=2021(令和3)年2月24日、東京都中央区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    持ち株会社を設立する前田建設工業

    前田建設工業は24日、連結子会社の前田道路、前田製作所と経営統合すると発表した。3社で共同持ち株会社(ホールディングス=HD)を設立することで基本合意した。3社は9月29日に上場を廃止。10月1日に共同持ち株会社を設立し新規上場する。経営統合により施設やインフラの企画・計画から維持管理・運営まで手がける「総合インフラサービス企業」への転換を目指す。前田建設は2020年3月、敵対的TOB(株式公開買い付け)で前田道路を連結子会社化した。24日の会見で前田建設の前田操治社長は、HD設立について「(TOBの成立当時)は前田道路の企業文化、自主性などを尊重し上場を維持する形で、HDの設立は考えていなかった。ただコロナ禍で取り巻く環境が激変し、今後のグループの在り方を検討した結果、今回の判断に至った」と説明した。HDの取締役は8人で、前田建設出身が2人、前田道路出身が1人、前田製作所出身が1人で残りは社外取締役とする計画。株式移転比率は前田建設の1に対し前田道路が2・28、前田製作所が0・58。会見する前田建設工業の前田操治 代表取締役社長。=2021(令和3)年2月24日、東京都中央区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    20日、黄海北道松林市で始まったワンジェサン芸術団の地方巡回公演=黄海製鉄連合企業所の文化会館

    20日、黄海北道松林市で始まったワンジェサン芸術団の地方巡回公演=黄海製鉄連合企業所の文化会館(朝鮮中央通信=朝鮮通信)、クレジット:朝鮮通信/共同通信イメージズ

    撮影: 黄海製鉄連合企業所の文化会館

  • 2021年02月23日
    20日、黄海北道松林市で始まったワンジェサン芸術団の地方巡回公演=黄海製鉄連合企業所の文化会館

    20日、黄海北道松林市で始まったワンジェサン芸術団の地方巡回公演=黄海製鉄連合企業所の文化会館(朝鮮中央通信=朝鮮通信)、クレジット:朝鮮通信/共同通信イメージズ

    撮影: 黄海製鉄連合企業所の文化会館

  • 2021年02月22日
    Last day of operations at Terminal 5 of the Capital Airport

    22 February 2021, Brandenburg, Schönefeld: Engelbert Lütke Daldrup, CEO of the airport, stands in the deserted check-in hall on the last day of operation of Terminal 5 of the capital‘s airport BER and talks to an airport chaplain. Following the slump in passenger numbers, the old terminal is to be taken off the grid for a year for cost reasons. Operations at BER will then run exclusively through the newly built Terminal 1. Photo: Wolfgang Kumm/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月19日
    米山久社長 雇用と店舗、最優先で守る

    インタビューに答える、エー・ピーホールディングスの米山久社長

  • 2021年02月19日
    質問に答える米山社長 雇用と店舗、最優先で守る

    インタビューに答える、エー・ピーホールディングスの米山久社長

  • 2021年02月18日
    (7)北京冬季五輪延慶競技エリアで交通特別訓練を実施

    15日、冬季五輪延慶競技エリアで車両を誘導するスタッフ。中国北京市延慶区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピック延慶競技エリアで15日、中心競技エリアと周辺セキュリティーゾーンでの交通特別訓練が実施された。訓練は、新型コロナウイルスの感染予防・抑制が常態化する中での冬季五輪競技実施時の交通運営に基づいて、同エリアを会場とするアルペンスキーやスケルトンなど一連の競技活動の円滑な運営を確保することを目的に行われた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月18日
    (8)北京冬季五輪延慶競技エリアで交通特別訓練を実施

    15日、冬季五輪延慶競技エリアの交通特別訓練で行われた交通事故のシミュレーション。中国北京市延慶区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピック延慶競技エリアで15日、中心競技エリアと周辺セキュリティーゾーンでの交通特別訓練が実施された。訓練は、新型コロナウイルスの感染予防・抑制が常態化する中での冬季五輪競技実施時の交通運営に基づいて、同エリアを会場とするアルペンスキーやスケルトンなど一連の競技活動の円滑な運営を確保することを目的に行われた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月18日
    (2)北京冬季五輪延慶競技エリアで交通特別訓練を実施

    15日、冬季五輪延慶競技エリアの交通特別訓練で、交通事故のシミュレーションで現場対応をする警察官。中国北京市延慶区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピック延慶競技エリアで15日、中心競技エリアと周辺セキュリティーゾーンでの交通特別訓練が実施された。訓練は、新型コロナウイルスの感染予防・抑制が常態化する中での冬季五輪競技実施時の交通運営に基づいて、同エリアを会場とするアルペンスキーやスケルトンなど一連の競技活動の円滑な運営を確保することを目的に行われた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (6)北京冬季五輪延慶競技エリアで交通特別訓練を実施

    15日、冬季五輪延慶競技エリアでけが人搬送の訓練を行うスタッフ。中国北京市延慶区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピック延慶競技エリアで15日、中心競技エリアと周辺セキュリティーゾーンでの交通特別訓練が実施された。訓練は、新型コロナウイルスの感染予防・抑制が常態化する中での冬季五輪競技実施時の交通運営に基づいて、同エリアを会場とするアルペンスキーやスケルトンなど一連の競技活動の円滑な運営を確保することを目的に行われた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (3)北京冬季五輪延慶競技エリアで交通特別訓練を実施

    15日、冬季五輪延慶競技エリアで機器を通して身分確認をする試験スタッフ。中国北京市延慶区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピック延慶競技エリアで15日、中心競技エリアと周辺セキュリティーゾーンでの交通特別訓練が実施された。訓練は、新型コロナウイルスの感染予防・抑制が常態化する中での冬季五輪競技実施時の交通運営に基づいて、同エリアを会場とするアルペンスキーやスケルトンなど一連の競技活動の円滑な運営を確保することを目的に行われた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    手続きをする女性 スマホ申告、武騎手がPR

    職員(左)のサポートを受けながら確定申告の手続きをする女性=16日午前、大阪市北区の合同会場

  • 2021年02月15日
    Italy: New area for anti-Covid vaccination in Rome

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、モデルナ、医療機関、医療従事者、医師、医者、看護師、接種、実物、容器、瓶、パッケージ、注射器、ロゴマーク、イメージ-February 15, 2021, Rome, Italy: A nurse shows the bottle of the Covid-19 vaccine in the new area dedicated to vaccinations in the ‘‘Ennio Morricone‘‘ Auditorium in Rome (Credit Image: © Matteo Nardone/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Matteo Nardone/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月15日
    Italy: New area for anti-Covid vaccination in Rome

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、モデルナ、医療機関、医療従事者、医師、医者、看護師、接種、実物、容器、瓶、パッケージ、注射器、ロゴマーク、イメージ-February 15, 2021, Rome, Italy: A nurse shows the bottle of the Covid-19 vaccine in the new area dedicated to vaccinations in the ‘‘Ennio Morricone‘‘ Auditorium in Rome (Credit Image: © Matteo Nardone/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Matteo Nardone/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月15日
    Italy: New area for anti-Covid vaccination in Rome

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、モデルナ、医療機関、医療従事者、医師、医者、看護師、接種、実物、容器、瓶、パッケージ、注射器、ロゴマーク、イメージ-February 15, 2021, Rome, Italy: A nurse shows the bottle of the Covid-19 vaccine in the new area dedicated to vaccinations in the ‘‘Ennio Morricone‘‘ Auditorium in Rome (Credit Image: © Matteo Nardone/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Matteo Nardone/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月15日
    会場全景 ワクチン対策チーム初会合

    オンラインで開かれた全国知事会ワクチン接種特別対策チームの初会合。モニター右上が飯泉嘉門徳島県知事=15日午前、東京都千代田区

    撮影: 15日午前、東京都千代田区

  • 2021年02月15日
    会場全景 ワクチン対策チーム初会合

    オンラインで開かれた全国知事会ワクチン接種特別対策チームの初会合=15日午前、東京都千代田区

    撮影: 15日午前、東京都千代田区

  • 2021年02月12日
    アサヒグループホールディングスの社長交代会見

    アサヒグループホールディングス(GHD)は12日、3月25日付で勝木敦志専務(60)が社長に昇格し、小路明善社長(69)が代表権のない会長に就く人事を発表した。泉谷直木会長(72)は特別顧問に退く。(右から)撮影に応じる勝木敦志 新社長と、小路明善 現社長。=2021(令和3)年2月12日、東京都千代田区の帝国ホテル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    アサヒグループホールディングスの社長交代会見

    アサヒグループホールディングス(GHD)は12日、3月25日付で勝木敦志専務(60)が社長に昇格し、小路明善社長(69)が代表権のない会長に就く人事を発表した。泉谷直木会長(72)は特別顧問に退く。(右から)撮影に応じる勝木敦志 新社長と、小路明善 現社長。=2021(令和3)年2月12日、東京都千代田区の帝国ホテル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    アサヒグループホールディングスの社長交代会見

    アサヒグループホールディングス(GHD)は12日、3月25日付で勝木敦志専務(60)が社長に昇格し、小路明善社長(69)が代表権のない会長に就く人事を発表した。泉谷直木会長(72)は特別顧問に退く。(右から)撮影に応じる勝木敦志 新社長と、小路明善 現社長。=2021(令和3)年2月12日、東京都千代田区の帝国ホテル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    アサヒグループホールディングスの社長交代会見

    アサヒグループホールディングス(GHD)は12日、3月25日付で勝木敦志専務(60)が社長に昇格し、小路明善社長(69)が代表権のない会長に就く人事を発表した。泉谷直木会長(72)は特別顧問に退く。内示を受け、「やる気が出た」と笑顔を見せる勝木敦志 新社長。=2021(令和3)年2月12日、東京都千代田区の帝国ホテル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    アサヒグループホールディングスの社長交代会見

    アサヒグループホールディングス(GHD)は12日、3月25日付で勝木敦志専務(60)が社長に昇格し、小路明善社長(69)が代表権のない会長に就く人事を発表した。泉谷直木会長(72)は特別顧問に退く。会見する勝木敦志 新社長。=2021(令和3)年2月12日、東京都千代田区の帝国ホテル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    アサヒグループホールディングスの社長交代会見

    アサヒグループホールディングス(GHD)は12日、3月25日付で勝木敦志専務(60)が社長に昇格し、小路明善社長(69)が代表権のない会長に就く人事を発表した。泉谷直木会長(72)は特別顧問に退く。会見する勝木敦志 新社長。=2021(令和3)年2月12日、東京都千代田区の帝国ホテル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    アサヒグループホールディングスの社長交代会見

    アサヒグループホールディングス(GHD)は12日、3月25日付で勝木敦志専務(60)が社長に昇格し、小路明善社長(69)が代表権のない会長に就く人事を発表した。泉谷直木会長(72)は特別顧問に退く。(右から)会見する勝木敦志 新社長と、小路明善 現社長。=2021(令和3)年2月12日、東京都千代田区の帝国ホテル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    アサヒグループホールディングスの社長交代会見

    アサヒグループホールディングス(GHD)は12日、3月25日付で勝木敦志専務(60)が社長に昇格し、小路明善社長(69)が代表権のない会長に就く人事を発表した。泉谷直木会長(72)は特別顧問に退く。(右から)会見する勝木敦志 新社長と、小路明善 現社長。=2021(令和3)年2月12日、東京都千代田区の帝国ホテル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    アサヒグループホールディングスの社長交代会見

    アサヒグループホールディングス(GHD)は12日、3月25日付で勝木敦志専務(60)が社長に昇格し、小路明善社長(69)が代表権のない会長に就く人事を発表した。泉谷直木会長(72)は特別顧問に退く。会見する勝木敦志 新社長。=2021(令和3)年2月12日、東京都千代田区の帝国ホテル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    (かつき・あつし) 勝木敦志

    キーワード:勝木敦志、かつきあつし、アサヒグループホールディングス専務、アサヒグループホールディングス社長(21年3月25日就任予定)、Asahi Group Holdingus,Ltd.、アサヒHD、アサヒビール、アサヒ飲料、アサヒグループ食品、持株会社、社長交代、役員人事=2021(令和3)年2月12日、東京都千代田区の帝国ホテル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    加藤会長CEO 秋までに終電繰り上げ実施

    インタビューに答える京阪ホールディングスの加藤好文会長CEO

  • 2021年02月11日
    加藤好文氏 秋までに終電繰り上げ実施

    インタビューに答える京阪ホールディングスの加藤好文会長CEO

  • 2021年02月11日
    加藤好文会長CEO 秋までに終電繰り上げ実施

    インタビューに答える京阪ホールディングスの加藤好文会長CEO

  • 2021年02月09日
    会見する米田社長 KNT、債務超過34億円

    オンラインで記者会見するKNT―CTホールディングスの米田昭正社長=9日

    撮影: 9日

  • 2021年02月07日
    (3)日本の中国人留学生が「オンライン春節パーティー」を開催

    6日、東京の「オンライン春節パーティー」ライブ配信会場で餃子を作る参加者。ライブ配信でまもなく訪れる新年を祝った。全日本中国留学人員友好聯誼会(全日本中国留学生学友会)と東京地区中国留学生学友会が6日夜、「在日留学生オンライン春節パーティー」を開催した。パーティーの様子はライブ配信され、日本国内の中国人留学生や中国国内の関係者ら約5万人が楽しんだ。(東京=新華社記者/杜瀟逸)= 配信日: 2021(平成33)年02月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月07日
    (1)日本の中国人留学生が「オンライン春節パーティー」を開催

    6日、東京で行われた「在日留学生オンライン春節パーティー」のライブ配信会場。全日本中国留学人員友好聯誼会(全日本中国留学生学友会)と東京地区中国留学生学友会が6日夜、「在日留学生オンライン春節パーティー」を開催した。パーティーの様子はライブ配信され、日本国内の中国人留学生や中国国内の関係者ら約5万人が楽しんだ。(東京=新華社記者/杜瀟逸)= 配信日: 2021(平成33)年02月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月07日
    (2)日本の中国人留学生が「オンライン春節パーティー」を開催

    6日、東京で行われた「在日留学生オンライン春節パーティー」のライブ配信会場。新型コロナウイルス感染防止のため、多くの出し物が事前収録された。パソコンの画面は事前収録された合奏の映像。全日本中国留学人員友好聯誼会(全日本中国留学生学友会)と東京地区中国留学生学友会が6日夜、「在日留学生オンライン春節パーティー」を開催した。パーティーの様子はライブ配信され、日本国内の中国人留学生や中国国内の関係者ら約5万人が楽しんだ。(東京=新華社記者/杜瀟逸)= 配信日: 2021(平成33)年02月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月04日
    販売していた教材など 教材販売企業、業務停止

    ワンズウェイと関連会社のU―werkホールディングスが販売していた教材など=4日午後、消費者庁

    撮影: 4日午後、消費者庁

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月04日
    ソフトバンクの21年3月期第3四半期決算説明会

    ソフトバンクが4日発表した2020年4―12月期連結決算(国際会計基準)は、営業利益が前年同期比5・8%増の8415億円だった。個人向け通信事業で端末販売が苦戦したものの、法人事業や、傘下のZホールディングス(HD)が手がける電子商取引(EC)が好調に推移した。21年3月期連結業績見通しはECの拡大などを織り込んで上方修正した。20年4―12月期は法人向け商材がテレワーク需要で伸びた。21年3月期の通期業績予想は、営業利益を期初予想比500億円増の9700億円に改めた。流通事業での大型案件受注や、ZHDのEC取扱高増加などが寄与する。ただ携帯通信市場では値下げ合戦が過熱しており、各社の新料金プラン投入も相次いでいる。宮内謙ソフトバンク社長は今後の事業環境について「非通信が成長ドライバーになる」と述べた。また、第5世代通信(5G)に関しては「消費者向けスマートフォンというよりも、5Gによる企業のデジタル化にどんどん先行投資していきたい」と語った。写真は第3四半期決算を説明する、宮内謙 社長。=2021(令和3)年2月4日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月04日
    ソフトバンクの21年3月期第3四半期決算説明会

    ソフトバンクが4日発表した2020年4―12月期連結決算(国際会計基準)は、営業利益が前年同期比5・8%増の8415億円だった。個人向け通信事業で端末販売が苦戦したものの、法人事業や、傘下のZホールディングス(HD)が手がける電子商取引(EC)が好調に推移した。21年3月期連結業績見通しはECの拡大などを織り込んで上方修正した。20年4―12月期は法人向け商材がテレワーク需要で伸びた。21年3月期の通期業績予想は、営業利益を期初予想比500億円増の9700億円に改めた。流通事業での大型案件受注や、ZHDのEC取扱高増加などが寄与する。ただ携帯通信市場では値下げ合戦が過熱しており、各社の新料金プラン投入も相次いでいる。宮内謙ソフトバンク社長は今後の事業環境について「非通信が成長ドライバーになる」と述べた。また、第5世代通信(5G)に関しては「消費者向けスマートフォンというよりも、5Gによる企業のデジタル化にどんどん先行投資していきたい」と語った。写真は第3四半期決算を説明する、宮内謙 社長。=2021(令和3)年2月4日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月04日
    ソフトバンクの21年3月期第3四半期決算説明会

    ソフトバンクが4日発表した2020年4―12月期連結決算(国際会計基準)は、営業利益が前年同期比5・8%増の8415億円だった。個人向け通信事業で端末販売が苦戦したものの、法人事業や、傘下のZホールディングス(HD)が手がける電子商取引(EC)が好調に推移した。21年3月期連結業績見通しはECの拡大などを織り込んで上方修正した。20年4―12月期は法人向け商材がテレワーク需要で伸びた。21年3月期の通期業績予想は、営業利益を期初予想比500億円増の9700億円に改めた。流通事業での大型案件受注や、ZHDのEC取扱高増加などが寄与する。ただ携帯通信市場では値下げ合戦が過熱しており、各社の新料金プラン投入も相次いでいる。宮内謙ソフトバンク社長は今後の事業環境について「非通信が成長ドライバーになる」と述べた。また、第5世代通信(5G)に関しては「消費者向けスマートフォンというよりも、5Gによる企業のデジタル化にどんどん先行投資していきたい」と語った。写真は第3四半期決算を説明する、宮内謙 社長。=2021(令和3)年2月4日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月04日
    ソフトバンクの21年3月期第3四半期決算説明会

    ソフトバンクが4日発表した2020年4―12月期連結決算(国際会計基準)は、営業利益が前年同期比5・8%増の8415億円だった。個人向け通信事業で端末販売が苦戦したものの、法人事業や、傘下のZホールディングス(HD)が手がける電子商取引(EC)が好調に推移した。21年3月期連結業績見通しはECの拡大などを織り込んで上方修正した。20年4―12月期は法人向け商材がテレワーク需要で伸びた。21年3月期の通期業績予想は、営業利益を期初予想比500億円増の9700億円に改めた。流通事業での大型案件受注や、ZHDのEC取扱高増加などが寄与する。ただ携帯通信市場では値下げ合戦が過熱しており、各社の新料金プラン投入も相次いでいる。宮内謙ソフトバンク社長は今後の事業環境について「非通信が成長ドライバーになる」と述べた。また、第5世代通信(5G)に関しては「消費者向けスマートフォンというよりも、5Gによる企業のデジタル化にどんどん先行投資していきたい」と語った。写真は第3四半期決算を説明する、宮内謙 社長。=2021(令和3)年2月4日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月04日
    ソフトバンクの21年3月期第3四半期決算説明会

    ソフトバンクが4日発表した2020年4―12月期連結決算(国際会計基準)は、営業利益が前年同期比5・8%増の8415億円だった。個人向け通信事業で端末販売が苦戦したものの、法人事業や、傘下のZホールディングス(HD)が手がける電子商取引(EC)が好調に推移した。21年3月期連結業績見通しはECの拡大などを織り込んで上方修正した。20年4―12月期は法人向け商材がテレワーク需要で伸びた。21年3月期の通期業績予想は、営業利益を期初予想比500億円増の9700億円に改めた。流通事業での大型案件受注や、ZHDのEC取扱高増加などが寄与する。ただ携帯通信市場では値下げ合戦が過熱しており、各社の新料金プラン投入も相次いでいる。宮内謙ソフトバンク社長は今後の事業環境について「非通信が成長ドライバーになる」と述べた。また、第5世代通信(5G)に関しては「消費者向けスマートフォンというよりも、5Gによる企業のデジタル化にどんどん先行投資していきたい」と語った。写真は第3四半期決算を説明する、宮内謙 社長。=2021(令和3)年2月4日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月04日
    ソフトバンクの21年3月期第3四半期決算説明会

    ソフトバンクが4日発表した2020年4―12月期連結決算(国際会計基準)は、営業利益が前年同期比5・8%増の8415億円だった。個人向け通信事業で端末販売が苦戦したものの、法人事業や、傘下のZホールディングス(HD)が手がける電子商取引(EC)が好調に推移した。21年3月期連結業績見通しはECの拡大などを織り込んで上方修正した。20年4―12月期は法人向け商材がテレワーク需要で伸びた。21年3月期の通期業績予想は、営業利益を期初予想比500億円増の9700億円に改めた。流通事業での大型案件受注や、ZHDのEC取扱高増加などが寄与する。ただ携帯通信市場では値下げ合戦が過熱しており、各社の新料金プラン投入も相次いでいる。宮内謙ソフトバンク社長は今後の事業環境について「非通信が成長ドライバーになる」と述べた。また、第5世代通信(5G)に関しては「消費者向けスマートフォンというよりも、5Gによる企業のデジタル化にどんどん先行投資していきたい」と語った。写真は第3四半期決算を説明する、宮内謙 社長。=2021(令和3)年2月4日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月04日
    ソフトバンクの21年3月期第3四半期決算説明会

    ソフトバンクが4日発表した2020年4―12月期連結決算(国際会計基準)は、営業利益が前年同期比5・8%増の8415億円だった。個人向け通信事業で端末販売が苦戦したものの、法人事業や、傘下のZホールディングス(HD)が手がける電子商取引(EC)が好調に推移した。21年3月期連結業績見通しはECの拡大などを織り込んで上方修正した。20年4―12月期は法人向け商材がテレワーク需要で伸びた。21年3月期の通期業績予想は、営業利益を期初予想比500億円増の9700億円に改めた。流通事業での大型案件受注や、ZHDのEC取扱高増加などが寄与する。ただ携帯通信市場では値下げ合戦が過熱しており、各社の新料金プラン投入も相次いでいる。宮内謙ソフトバンク社長は今後の事業環境について「非通信が成長ドライバーになる」と述べた。また、第5世代通信(5G)に関しては「消費者向けスマートフォンというよりも、5Gによる企業のデジタル化にどんどん先行投資していきたい」と語った。写真は第3四半期決算を説明する、宮内謙 社長。=2021(令和3)年2月4日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月04日
    ソフトバンクの21年3月期第3四半期決算説明会

    ソフトバンクが4日発表した2020年4―12月期連結決算(国際会計基準)は、営業利益が前年同期比5・8%増の8415億円だった。個人向け通信事業で端末販売が苦戦したものの、法人事業や、傘下のZホールディングス(HD)が手がける電子商取引(EC)が好調に推移した。21年3月期連結業績見通しはECの拡大などを織り込んで上方修正した。20年4―12月期は法人向け商材がテレワーク需要で伸びた。21年3月期の通期業績予想は、営業利益を期初予想比500億円増の9700億円に改めた。流通事業での大型案件受注や、ZHDのEC取扱高増加などが寄与する。ただ携帯通信市場では値下げ合戦が過熱しており、各社の新料金プラン投入も相次いでいる。宮内謙ソフトバンク社長は今後の事業環境について「非通信が成長ドライバーになる」と述べた。また、第5世代通信(5G)に関しては「消費者向けスマートフォンというよりも、5Gによる企業のデジタル化にどんどん先行投資していきたい」と語った。写真は第3四半期決算を説明する、宮内謙 社長。=2021(令和3)年2月4日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月04日
    ソフトバンクの21年3月期第3四半期決算説明会

    ソフトバンクが4日発表した2020年4―12月期連結決算(国際会計基準)は、営業利益が前年同期比5・8%増の8415億円だった。個人向け通信事業で端末販売が苦戦したものの、法人事業や、傘下のZホールディングス(HD)が手がける電子商取引(EC)が好調に推移した。21年3月期連結業績見通しはECの拡大などを織り込んで上方修正した。20年4―12月期は法人向け商材がテレワーク需要で伸びた。21年3月期の通期業績予想は、営業利益を期初予想比500億円増の9700億円に改めた。流通事業での大型案件受注や、ZHDのEC取扱高増加などが寄与する。ただ携帯通信市場では値下げ合戦が過熱しており、各社の新料金プラン投入も相次いでいる。宮内謙ソフトバンク社長は今後の事業環境について「非通信が成長ドライバーになる」と述べた。また、第5世代通信(5G)に関しては「消費者向けスマートフォンというよりも、5Gによる企業のデジタル化にどんどん先行投資していきたい」と語った。写真は第3四半期決算を説明する、宮内謙 社長。=2021(令和3)年2月4日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月04日
    ソフトバンクの21年3月期第3四半期決算説明会

    ソフトバンクが4日発表した2020年4―12月期連結決算(国際会計基準)は、営業利益が前年同期比5・8%増の8415億円だった。個人向け通信事業で端末販売が苦戦したものの、法人事業や、傘下のZホールディングス(HD)が手がける電子商取引(EC)が好調に推移した。21年3月期連結業績見通しはECの拡大などを織り込んで上方修正した。20年4―12月期は法人向け商材がテレワーク需要で伸びた。21年3月期の通期業績予想は、営業利益を期初予想比500億円増の9700億円に改めた。流通事業での大型案件受注や、ZHDのEC取扱高増加などが寄与する。ただ携帯通信市場では値下げ合戦が過熱しており、各社の新料金プラン投入も相次いでいる。宮内謙ソフトバンク社長は今後の事業環境について「非通信が成長ドライバーになる」と述べた。また、第5世代通信(5G)に関しては「消費者向けスマートフォンというよりも、5Gによる企業のデジタル化にどんどん先行投資していきたい」と語った。写真は第3四半期決算を説明する、宮内謙 社長。=2021(令和3)年2月4日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月04日
    ソフトバンクの21年3月期第3四半期決算説明会

    ソフトバンクが4日発表した2020年4―12月期連結決算(国際会計基準)は、営業利益が前年同期比5・8%増の8415億円だった。個人向け通信事業で端末販売が苦戦したものの、法人事業や、傘下のZホールディングス(HD)が手がける電子商取引(EC)が好調に推移した。21年3月期連結業績見通しはECの拡大などを織り込んで上方修正した。20年4―12月期は法人向け商材がテレワーク需要で伸びた。21年3月期の通期業績予想は、営業利益を期初予想比500億円増の9700億円に改めた。流通事業での大型案件受注や、ZHDのEC取扱高増加などが寄与する。ただ携帯通信市場では値下げ合戦が過熱しており、各社の新料金プラン投入も相次いでいる。宮内謙ソフトバンク社長は今後の事業環境について「非通信が成長ドライバーになる」と述べた。また、第5世代通信(5G)に関しては「消費者向けスマートフォンというよりも、5Gによる企業のデジタル化にどんどん先行投資していきたい」と語った。写真は第3四半期決算を説明する、宮内謙 社長。=2021(令和3)年2月4日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月04日
    ソフトバンクの21年3月期第3四半期決算説明会

    ソフトバンクが4日発表した2020年4―12月期連結決算(国際会計基準)は、営業利益が前年同期比5・8%増の8415億円だった。個人向け通信事業で端末販売が苦戦したものの、法人事業や、傘下のZホールディングス(HD)が手がける電子商取引(EC)が好調に推移した。21年3月期連結業績見通しはECの拡大などを織り込んで上方修正した。20年4―12月期は法人向け商材がテレワーク需要で伸びた。21年3月期の通期業績予想は、営業利益を期初予想比500億円増の9700億円に改めた。流通事業での大型案件受注や、ZHDのEC取扱高増加などが寄与する。ただ携帯通信市場では値下げ合戦が過熱しており、各社の新料金プラン投入も相次いでいる。宮内謙ソフトバンク社長は今後の事業環境について「非通信が成長ドライバーになる」と述べた。また、第5世代通信(5G)に関しては「消費者向けスマートフォンというよりも、5Gによる企業のデジタル化にどんどん先行投資していきたい」と語った。写真は第3四半期決算を説明する、宮内謙 社長。=2021(令和3)年2月4日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月04日
    ソフトバンクの21年3月期第3四半期決算説明会

    ソフトバンクが4日発表した2020年4―12月期連結決算(国際会計基準)は、営業利益が前年同期比5・8%増の8415億円だった。個人向け通信事業で端末販売が苦戦したものの、法人事業や、傘下のZホールディングス(HD)が手がける電子商取引(EC)が好調に推移した。21年3月期連結業績見通しはECの拡大などを織り込んで上方修正した。20年4―12月期は法人向け商材がテレワーク需要で伸びた。21年3月期の通期業績予想は、営業利益を期初予想比500億円増の9700億円に改めた。流通事業での大型案件受注や、ZHDのEC取扱高増加などが寄与する。ただ携帯通信市場では値下げ合戦が過熱しており、各社の新料金プラン投入も相次いでいる。宮内謙ソフトバンク社長は今後の事業環境について「非通信が成長ドライバーになる」と述べた。また、第5世代通信(5G)に関しては「消費者向けスマートフォンというよりも、5Gによる企業のデジタル化にどんどん先行投資していきたい」と語った。写真は第3四半期決算を説明する、宮内謙 社長。=2021(令和3)年2月4日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月04日
    SGHグローバル、網家と越境物流で提携

    越境EC物流で提携する覚書を結んだ網家のセン宏志董事長(セン=膽のつくり)(手前)と佐川急便を中核とするSGホールディングス(HD)傘下で国際貨物事業を手掛けるSGHグローバル・ジャパンの小山彰社長(モニター画面内右)、比比昂の羅薇琳社長(モニター画面内左)=2021(令和3)年2月4日、台湾・台北、クレジット:NNA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    Sputnik V Photo illustration in Barcelona, Spain - 2 Feb 2021

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、スプートニクV 、ロシア、注射器、ロゴマーク、イメージ-February 2, 2021, Spain: In this photo illustration a close up of a hand holding a medical syringe in front of the Sputnik V logo. (Credit Image: © Thiago Prudencio/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Thiago Prudencio/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    World News - February 2, 2021

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、スプートニクV 、ロシア、注射器、ロゴマーク、イメージ-February 2, 2021, Barcelona, Catalonia, Spain: In this photo illustration a close up of a hand holding a medical syringe in front of the Sputnik V logo. (Credit Image: © Thiago Prudencio/DAX via ZUMA Wire)、クレジット:©Thiago Prudencio/DAX via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    World News - February 2, 2021

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、スプートニクV 、ロシア、注射器、ロゴマーク、イメージ-February 2, 2021, Barcelona, Catalonia, Spain: In this photo illustration a close up of a hand holding a medical syringe in front of the Sputnik V logo. (Credit Image: © Thiago Prudencio/DAX via ZUMA Wire)、クレジット:©Thiago Prudencio/DAX via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    World News - February 2, 2021

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、スプートニクV 、ロシア、注射器、ロゴマーク、イメージ-February 2, 2021, Barcelona, Catalonia, Spain: In this photo illustration a close up of a hand holding a medical syringe in front of the Sputnik V logo. (Credit Image: © Thiago Prudencio/DAX via ZUMA Wire)、クレジット:©Thiago Prudencio/DAX via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    県知事と取締役 山梨県とシミックが協定

    新型コロナウイルスのワクチン接種に関し、協定を締結した山梨県の長崎幸太郎知事(左)とシミックホールディングスの中村和男CEO=1日午後、山梨県庁

  • 2021年02月01日
    2月末に開業から29年の歴史に幕をおろす「そごう川口店」

    2月28日に閉店する「そごう川口店」。そごう・西武を傘下に置くセブン&アイ・ホールディングスが、2019年10月に収益悪化のため閉鎖を発表していた。2021年(令和3)年2月1日、埼玉県川口市栄町、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    2月末に開業から29年の歴史に幕をおろす「そごう川口店」

    2月28日に閉店する「そごう川口店」。そごう・西武を傘下に置くセブン&アイ・ホールディングスが、2019年10月に収益悪化のため閉鎖を発表していた。2021年(令和3)年2月1日、埼玉県川口市栄町、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    2月末に開業から29年の歴史に幕をおろす「そごう川口店」

    2月28日に閉店する「そごう川口店」。そごう・西武を傘下に置くセブン&アイ・ホールディングスが、2019年10月に収益悪化のため閉鎖を発表していた。2021年(令和3)年2月1日、埼玉県川口市栄町、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    2月末に開業から29年の歴史に幕をおろす「そごう川口店」

    2月28日に閉店する「そごう川口店」。そごう・西武を傘下に置くセブン&アイ・ホールディングスが、2019年10月に収益悪化のため閉鎖を発表していた。2021年(令和3)年2月1日、埼玉県川口市栄町、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    2月末に開業から29年の歴史に幕をおろす「そごう川口店」

    2月28日に閉店する「そごう川口店」。そごう・西武を傘下に置くセブン&アイ・ホールディングスが、2019年10月に収益悪化のため閉鎖を発表していた。2021年(令和3)年2月1日、埼玉県川口市栄町、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    2月末に開業から29年の歴史に幕をおろす「そごう川口店」

    2月28日に閉店する「そごう川口店」。そごう・西武を傘下に置くセブン&アイ・ホールディングスが、2019年10月に収益悪化のため閉鎖を発表していた。2021年(令和3)年2月1日、埼玉県川口市栄町、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    2月末に開業から29年の歴史に幕をおろす「そごう川口店」

    2月28日に閉店する「そごう川口店」。そごう・西武を傘下に置くセブン&アイ・ホールディングスが、2019年10月に収益悪化のため閉鎖を発表していた。2021年(令和3)年2月1日、埼玉県川口市栄町、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    2月末に開業から29年の歴史に幕をおろす「そごう川口店」

    2月28日に閉店する「そごう川口店」。そごう・西武を傘下に置くセブン&アイ・ホールディングスが、2019年10月に収益悪化のため閉鎖を発表していた。2021年(令和3)年2月1日、埼玉県川口市栄町、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    2月末に開業から29年の歴史に幕をおろす「そごう川口店」

    2月28日に閉店する「そごう川口店」。そごう・西武を傘下に置くセブン&アイ・ホールディングスが、2019年10月に収益悪化のため閉鎖を発表していた。2021年(令和3)年2月1日、埼玉県川口市栄町、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 1