KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • レッドリスト
  • 保護動物
  • キショールラオ
  • シェパード
  • トド駆除
  • ユネスコ
  • 世界遺産センター
  • 中国雲南省
  • 事業部長
  • 人工繁殖

「IUCN」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:52.11
    2020年07月11日
    「新華社」自然保護区で希少鳥類ブロンズトキの自然繁殖を確認雲南省

    中国雲南省大理ペー族自治州剣川県の剣湖湿地省級自然保護区にこのほど、希少鳥類のブロンズトキ数羽が姿を現した。研究スタッフによる追跡調査により、ブロンズトキは同湿地で自然繁殖しており、ひな3羽が誕生していたことが分かった。ブロンズトキは主に欧州南部、アフリカ、中米、アジアに分布している。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長期間確認されなかったため、国際自然保護連合(IUCN)の基準に照らし、多くの専門家が中国では絶滅していたと考えていた。剣湖湿地管護局の職員が6月初め、定期巡回中にブロンズトキ8羽の足跡を初めて発見した。研究スタッフの追跡調査と行動観察の結果、同湿地のサギ類繁殖区域でブロンズトキが繁殖していることが確認できた。また、巣の中で幼鳥3羽が見つかった。中国科学院昆明動物研究所鳥類グループの伍和啓(ご・わけい)博士は「雲南省で初めてブロンズトキの自然繁殖に関する情報を得られた。国内では非常に珍しい」とした上で、ブロンズトキの繁殖期は地域ごとに異なるが、一般的に春に集団で巣を作り、一つの巣に3~5個の卵を産むと説明。今回の情報は、ブロンズトキに関する研究・保護事業を展開する上で重要な意義を持つと述べた。(記者/趙珮然)<映像内容>ブロンズトキの自然繁殖、ひなに餌を与える様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:34.36
    2019年07月09日
    「新華社」中国初、「神話の鳥」に衛星発信機を装着浙江省

    中国東部沿岸の小島で繁殖するカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)は、目にすることが難しいことから「神話の鳥」と呼ばれている。浙江省寧波市象山県の韭山列島では、この鳥の24時間連続観測を実施しているが、今回新たな技術が導入され、成鳥に衛星発信機を装着することに成功した。国内で最初の事例となる。象山県韭山列島国家級自然保護区内にある無人島、中鉄墩嶼(ちゅうてつとんしょ)でこのほど、浙江自然博物院の研究者と米国の海鳥専門家が共同で、小型衛星発信機を背負ったヒガシチュウゴクアジサシの成鳥1羽を放した。翌日午前のモニタリングでは、衛星発信機を装着したヒガシチュウゴクアジサシが繁殖誘導地内の巣に戻り、卵をかえしていることがわかった。発信機は1~2年稼働するが、軽量のため、装着しても鳥の生活に目立った影響はないとされる。ヒガシチュウゴクアジサシは中国の国家2級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは絶滅危惧IA類(絶滅寸前種)に分類される。韭山列島国家級自然保護区では2013年から浙江自然博物院、米オレゴン州立大学と共同で、同鳥個体群の人工繁殖誘致と個体群回復事業を実施している。2013年から今年夏にかけて、韭山列島ではヒガシチュウゴクアジサシの幼鳥71羽の繁殖に成功しており、絶滅危機の緩和が見込まれている。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>ヒガシチュウゴクアジサシの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:45.84
    2019年05月22日
    「新華社」2級保護動物のコジャコウネコを保護雲南省金平県

    中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州にある金平ミャオ族ヤオ族ダイ族自治県で22日、自然資源公安局の警察官が県内沙依坡(さいは)郷の農家の裏庭で1匹の小動物を保護した。専門家の鑑定で、国家2級重点保護動物のコジャコウネコの子どもだと判明した。コジャコウネコはワシントン条約の附属書Ⅲと国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに指定されており、同県で保護されるのは今回が初めて。地元の野生動物保護専門家は、コジャコウネコの子どもは生後2カ月ほどで、現時点では自然に返さない方が良いとの認識を示している。自然資源公安局では、しばらく飼育し、野生での生存能力がつくのを待ち自然に帰すとしている。(記者/曽維)<映像内容>保護されたコジャコウネコの子どもの様子、撮影日:2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 07:52.84
    2018年09月02日
    「新華社」ダブリーチョウザメ、3世代目の人工繁殖に成功

    中国の科学研究部門が共同で取り組む「ダブリーチョウザメ(Acipenserdabryanus)の3世代目の繁殖に関する研究」が9月2日、専門家チームの現地での検証を終えた。これにより中国は、同種の全人工繁殖で新たな段階に入り、今後の野生個体群の回復と将来的な保護の点で大きな意味を持つ。湖北省荊州(けいしゅう)市にある中国農業部中華鱘(カラチョウザメ)保育・増殖放流センターでは、専門家チームの調査により、ダブリーチョウザメの3世代目人工繁殖が、厳密な技術、完全な資料、信頼できるデータであると結論付けられた。3世代目の人工繁殖成功は、同種の他の地域での保護と繁殖における画期的な成果であり、持続可能な人工個体群の構築と個体の人工保護の成功を示しており、今後の野生個体群の回復と将来的な保護・活用の基礎となるだろう。ダブリーチョウザメは、中国国家一級重点保護野生動物であり、国際自然保護連合のレッドリスト(絶滅危惧種)に収録されている。20世紀半ば以降、過剰な捕獲などの人間活動の影響で、野生種の数は著しく減少し、現在、絶滅の危機に瀕している。この希少な固有種を危険な状態から救い、保護するため、中国の研究機関は1970年代から野生資源特別調査、人工繁殖、他の地域での繁殖などを開始し、人工繁殖、模倣生態環境での自然繁殖を相次いで成功させてきた。今年4月、中国水産科学研究院長江水産研究所と四川省宜賓珍稀水生動物研究所の共同研究チームが初めて、3世代目の人工繁殖に成功し、その稚魚6万匹余りがふ化した。同長江水産研究所によると、次の段階は、野生のダブリーチョウザメの個体群の回復に重点を置きつつ、「人工繁殖国家重点保護野生水生動物リスト」に収録されるよう働きかけ、大規模な繁殖と合理的な活用をしていくという。(記者/余国慶、王斯班)<映像内容>ダブリーチョウザメ研究の様子、撮影日:2018(平成30)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2010年12月16日
    ジェーン・スマートさん 保全目標実現に行動を

    インタビューに答える国際自然保護連合(IUCN)のジェーン・スマートさん

  • 2008年02月22日
    会見する知床の現地調査団 知床のトド駆除見直し提案

    記者会見するユネスコ世界遺産センターのキショール・ラオ次長(右)と国際自然保護連合のデビッド・シェパード保護地域事業部長=22日午前、北海道斜里町

  • 2008年02月22日
    ダムを視察する調査団 知床のトド駆除見直し提案

    北海道・知床半島の河川ダムを視察するユネスコ世界遺産センターのキショール・ラオ次長(右から2人目)と国際自然保護連合のデビッド・シェパード保護地域事業部長(同3人目)=21日

  • 2003年03月19日
    スタイナー事務局長 ダム建設は選択肢で議論を

    インタビューに答える国際自然保護連合のアキム・スタイナー事務局長

  • 1