KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 新型肺炎
  • スタッフ
  • ロボット
  • プラットフォーム
  • スマート
  • インターネット
  • システム
  • 貧困脱却
  • 中国湖南省
  • 中国福建省

「open」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
6,910
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
6,910
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年01月21日
    京東集団傘下企業のアプリ 14億人市場で医療データ

    オンライン診療などの医療サービスを提供している京東集団の傘下の企業が手掛けるアプリ(共同)

  • 00:33.25
    2021年01月21日
    「新華社」馮家江の水質が改善、生物の楽園に広西チワン族自治区北海市

    中国広西チワン族自治区北海市の馮家江は中心市街地を流れる最大の水系で、下流はマングローブ林の広がる金海湾紅樹林保護区に隣接し、生態学的に重要な役割を持っている。この一帯ではかつて、歴史的な理由からエビや魚の養殖池が数多く造られたが、馮家江の汚水直接排出などの問題が深刻になり、流域の生態系は一時期、危機的な状況に陥った。同市は2018年12月、「馮家江湿地水環境対策事業」を開始。水源の管理や汚水の遮断、水再生施設、給水管、生態修復などの整備を行い、流域の排水基準をこれまでの「一級A」から「地表水4類」に引き上げたほか、鳥類などに生息地を提供するため、流域にマングローブを植えた。統計によると、流域の鳥類は17年の136種から171種に、水域の底部に生息する底生生物は66種から89種に増えた。(記者/楊馳、徐海濤) =配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:27.84
    2021年01月21日
    東京、1月感染者3万人超 東京都モニタリング会議

    東京都は21日、新型コロナウイルスの感染者が新たに1471人報告されたと明らかにした。今月の感染者も3万人を超えて3万482人となった。累計も9万人台に達して9万659人となり、今月だけで全体の3分の1を占める。都内は感染拡大に歯止めがかからず、1月は1日当たりの感染者数がほぼ4桁で推移。病床拡充を進める一方、自宅療養中の死亡例なども出ており、医療提供体制の逼迫が深刻化している。<映像内容>開催された東京都のモニタリング会議の様子。会議後に囲み取材に応じる小池百合子東京都知事、撮影日:2021(令和3)年1月21日、撮影場所:東京都新宿区

    撮影: 2021(令和3)年1月21日

  • 2021年01月19日
    (9)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮の工場で、塩漬け肉を加工する丁升平さん(左)。丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮の工場で、塩漬け肉製品を運ぶ丁升平さん。丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮の工場で、塩漬け肉製品を選別する丁升平さん。丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮の工場で、塩漬け肉製品を選別する丁升平さん。丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮にある丁升平さんが経営する食肉加工場。(小型無人機から)丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (8)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮の工場で、ライブ配信を通して塩漬け肉製品をPRする丁升平さん。丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮の工場で、塩漬け肉製品を運ぶ丁升平さん。(小型無人機から)丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮の工場で、塩漬け肉製品を運ぶ丁升平さん。丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.04
    2021年01月15日
    「新華社」中国最北のガソリンスタンド黒竜江省漠河市

    中国黒竜江省漠河市北極村には、中国最北のガソリンスタンドがある。冬が長く、寒さが厳しい北極村は、積雪期間が毎年210日を超え、最低気温は氷点下40度を下回る。ガソリンスタンドの従業員は24時間体制で勤務し、観光客や村民にサービスを提供している。(記者/王鶴、馬暁成、謝剣飛) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.36
    2021年01月15日
    「新華社」最も寒い時期に屋外で「入浴する」魚黒竜江省撫遠市

    中国黒竜江省撫遠(ふえん)市の魚市場、東極魚市で10日、業者が開店前に冷凍魚に「ろう塗り」を行った。冷凍魚を取り出しほうきでさっと汚れを落とした後、準備しておいた冷水に浸して洗浄する。この作業は、まるで魚が入浴しているように見える。水産物業者によると、冷水で洗い流すと魚の表面に薄い氷の層ができ、冷凍魚が乾燥で裂けるのを防ぎ、肉質を新鮮に保つことができるのだという。(記者/張濤) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    銀行間の送金網を開放

    送金網開放のイメージ

  • 2021年01月14日
    銀行間の送金網を開放

    送金網開放のイメージ

  • 2021年01月14日
    (5)中国一寒い町で働く気象局職員黒竜江省呼中区

    10日、呼中国家基本気象観測所で設備の検査とメンテナンスを行う気象局職員。「中国で一番寒い町」として知られる中国黒竜江省大興安嶺地区の呼中区では1月に入り、最低気温が氷点下40度を下回る日が続いている。同区気象局の職員らは極寒の中でも設備メンテナンスや観測業務に励み、正確な気象情報を提供している。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:25.89
    2021年01月14日
    「新華社」独自ECアプリ創設、各地に出荷される貴州省の物産

    中国貴州省では現在、ますます多くの地元の物産が電子商取引(EC)アプリを通じて省外各地に出荷されるようになっており、市場で人気を博している。同省はビッグデータ技術を利用して「一碼貴州」など地方色豊かなECサイトの創設・発展に力を入れ、「クラウド」販売を通じ農業の産業構造の調整を図り、受注生産農業を展開している。「一碼貴州」アプリは生産と販売両サイドから同時に資源を集め、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(WeChat)」ミニプログラム「微信小程序」コード一つに特色ある商品や各種生活サービスを取りまとめることに成功したという。これにより消費者に農産物や卸売・小売商品、宿泊、飲食、文化、観光など幅広い消費サービスを提供している。(記者/楊焱彬、陳嬙)=配信日:2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (1)中国とマレーシアの企業、ワクチン協力協定を締結

    12日、マレーシア・クアラルンプールで、協定書を掲げるファルマニアーガのズルカナイン執行役員(右から2人目)。上のスクリーンは北京で協定書を掲げる北京科興中維生物技術の高強(こう・きょう)総経理(左)。マレーシアの国有製薬大手ファルマニアーガは12日、中国の北京科興中維生物技術と新型コロナウイルスワクチンの協力協定に調印した。北京科興中維生物技術がマレーシアに1400万回分のワクチン半製品を提供し、ファルマニアーガと協力してマレーシアでワクチンの最終生産を行う。(クアラルンプール=新華社記者/朱煒)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (3)中国とマレーシアの企業、ワクチン協力協定を締結

    12日、マレーシア・クアラルンプールで、同国のイスマイル・サブリ・ヤアコブ上級相(治安担当)兼国防相(奥中央)、アダム・ババ保健相(奥右)、カイリー・ジャマルディン科学・技術・イノベーション相(奥左)の立会いの下、協定書に署名するファルマニアーガのズルカナイン執行役員(手前)。マレーシアの国有製薬大手ファルマニアーガは12日、中国の北京科興中維生物技術と新型コロナウイルスワクチンの協力協定に調印した。北京科興中維生物技術がマレーシアに1400万回分のワクチン半製品を提供し、ファルマニアーガと協力してマレーシアでワクチンの最終生産を行う。(クアラルンプール=新華社記者/朱煒)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (2)中国とマレーシアの企業、ワクチン協力協定を締結

    12日、マレーシア・クアラルンプールで、調印式後の記者会見に出席するカイリー・ジャマルディン科学・技術・イノベーション相(左)とファルマニアーガのズルカナイン執行役員。マレーシアの国有製薬大手ファルマニアーガは12日、中国の北京科興中維生物技術と新型コロナウイルスワクチンの協力協定に調印した。北京科興中維生物技術がマレーシアに1400万回分のワクチン半製品を提供し、ファルマニアーガと協力してマレーシアでワクチンの最終生産を行う。(クアラルンプール=新華社記者/朱煒)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (3)中国一寒い町で働く気象局職員黒竜江省呼中区

    10日、呼中キクラゲ栽培拠点応用気象観測所で設備の検査とメンテナンスを行う気象局職員。「中国で一番寒い町」として知られる中国黒竜江省大興安嶺地区の呼中区では1月に入り、最低気温が氷点下40度を下回る日が続いている。同区気象局の職員らは極寒の中でも設備メンテナンスや観測業務に励み、正確な気象情報を提供している。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (7)中国一寒い町で働く気象局職員黒竜江省呼中区

    10日、呼中区気象局で気象データのモニタリングを行う職員。「中国で一番寒い町」として知られる中国黒竜江省大興安嶺地区の呼中区では1月に入り、最低気温が氷点下40度を下回る日が続いている。同区気象局の職員らは極寒の中でも設備メンテナンスや観測業務に励み、正確な気象情報を提供している。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (8)中国一寒い町で働く気象局職員黒竜江省呼中区

    10日、呼中キクラゲ栽培拠点応用気象観測所で設備の検査とメンテナンスを行う気象局職員。「中国で一番寒い町」として知られる中国黒竜江省大興安嶺地区の呼中区では1月に入り、最低気温が氷点下40度を下回る日が続いている。同区気象局の職員らは極寒の中でも設備メンテナンスや観測業務に励み、正確な気象情報を提供している。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (6)中国一寒い町で働く気象局職員黒竜江省呼中区

    10日、呼中気象観測所で設備の検査とメンテナンスを行う気象局職員。「中国で一番寒い町」として知られる中国黒竜江省大興安嶺地区の呼中区では1月に入り、最低気温が氷点下40度を下回る日が続いている。同区気象局の職員らは極寒の中でも設備メンテナンスや観測業務に励み、正確な気象情報を提供している。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (1)中国一寒い町で働く気象局職員黒竜江省呼中区

    10日、呼中国家基本気象観測所で設備の検査とメンテナンスを行う気象局職員。「中国で一番寒い町」として知られる中国黒竜江省大興安嶺地区の呼中区では1月に入り、最低気温が氷点下40度を下回る日が続いている。同区気象局の職員らは極寒の中でも設備メンテナンスや観測業務に励み、正確な気象情報を提供している。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (2)中国一寒い町で働く気象局職員黒竜江省呼中区

    10日、呼中国家基本気象観測所で設備の検査とメンテナンスを行う気象局職員。「中国で一番寒い町」として知られる中国黒竜江省大興安嶺地区の呼中区では1月に入り、最低気温が氷点下40度を下回る日が続いている。同区気象局の職員らは極寒の中でも設備メンテナンスや観測業務に励み、正確な気象情報を提供している。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (4)中国とマレーシアの企業、ワクチン協力協定を締結

    12日、マレーシア・クアラルンプールで、調印式後の記者会見に出席するカイリー・ジャマルディン科学・技術・イノベーション相(左)とファルマニアーガのズルカナイン執行役員。マレーシアの国有製薬大手ファルマニアーガは12日、中国の北京科興中維生物技術と新型コロナウイルスワクチンの協力協定に調印した。北京科興中維生物技術がマレーシアに1400万回分のワクチン半製品を提供し、ファルマニアーガと協力してマレーシアでワクチンの最終生産を行う。(クアラルンプール=新華社記者/朱煒)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (2)春秋航空日本、22日から成田‐南京線を開設

    春秋航空日本の旅客機。(2019年5月17日撮影)中国の格安航空会社(LCC)春秋航空傘下の春秋航空日本はこのほど、ビジネス客や留学生などの出張や観光、生活のニーズに対応するため、成田‐江蘇省南京線の運航を22日に開始すると発表した。同社の成田と中国を結ぶ路線としては7路線目、中国経済の中心地、華東地域と結ぶ路線としては、成田‐浙江省寧波線、成田‐上海浦東線に次ぐ3路線目となる。また、新型コロナウイルス感染症への対策として、東部機場集団・南京禄口国際空港と全面的に提携し、全ての旅客に安全で安心な空の旅を提供するため、機内や空港などで総合的な感染予防・抑制措置を講じることも明らかにした。その上で、感染状況の変化や各国の出入国制限、検査・検疫政策などの状況に適時対応していくという。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (1)春秋航空日本、22日から成田‐南京線を開設

    春秋航空日本の旅客機。(2019年5月20日撮影)中国の格安航空会社(LCC)春秋航空傘下の春秋航空日本はこのほど、ビジネス客や留学生などの出張や観光、生活のニーズに対応するため、成田‐江蘇省南京線の運航を22日に開始すると発表した。同社の成田と中国を結ぶ路線としては7路線目、中国経済の中心地、華東地域と結ぶ路線としては、成田‐浙江省寧波線、成田‐上海浦東線に次ぐ3路線目となる。また、新型コロナウイルス感染症への対策として、東部機場集団・南京禄口国際空港と全面的に提携し、全ての旅客に安全で安心な空の旅を提供するため、機内や空港などで総合的な感染予防・抑制措置を講じることも明らかにした。その上で、感染状況の変化や各国の出入国制限、検査・検疫政策などの状況に適時対応していくという。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (4)中国一寒い町で働く気象局職員 黒竜江省呼中区

    10日、呼中国家基本気象観測所で設備の検査とメンテナンスを行う気象局職員。「中国で一番寒い町」として知られる中国黒竜江省大興安嶺地区の呼中区では1月に入り、最低気温が氷点下40度を下回る日が続いている。同区気象局の職員らは極寒の中でも設備メンテナンスや観測業務に励み、正確な気象情報を提供している。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月09日
    (1)広西北海市、台湾系企業の発展を支援する措置を発表

    広西チワン族自治区北海市にある台湾系企業、広西北海鮪豊水産の養殖エリア。(2020年7月26日撮影)中国広西チワン族自治区北海市はこのほど、「台湾地区に対する経済文化交流協力のさらなる促進に関する若干の措置」を発表した。同措置は全40カ条で、台湾の同胞が北海市で投資や起業、就労、学習、生活する場合に、地元住民と同等の待遇を受けるための政策的保障を提供する。(北海=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月09日
    (2)広西北海市、台湾系企業の発展を支援する措置を発表

    広西チワン族自治区北海市にある台湾系企業、建興光電科技の生産ライン。(2020年5月14日撮影)中国広西チワン族自治区北海市はこのほど、「台湾地区に対する経済文化交流協力のさらなる促進に関する若干の措置」を発表した。同措置は全40カ条で、台湾の同胞が北海市で投資や起業、就労、学習、生活する場合に、地元住民と同等の待遇を受けるための政策的保障を提供する。(北海=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.36
    2021年01月08日
    「新華社」遼寧省盤錦市、年産10万トンの医用不織布工場がパイロット生産を開始

    新型コロナウイルス感染症が再発生している中国遼寧省でこのほど、盤錦市禹王無紡布の年間10万トンの生産能力を持つ第2期医療用不織布工場がパイロット生産を開始、同省の感染対策物資生産に原料面での保障を提供している。2020年3月に着工した同工場の敷地面積は93ムー(約6・2ヘクタール)で、投資総額は3億5千万元(1元=約16円)。世界最先端の設備と技術を導入し、生産技術は中国国内トップレベル。稼働後はポリプロピレン(PP)、メルトブロー(M)、スパンボンド積層不織布(SSMS)、スパンレース不織布など各種製品を生産できる。全面完成・稼働後の年産高は28億元、輸出による年間外貨獲得額は7600万ドル(1ドル=約104円)に達し、新たに550人の雇用を創出できる見通しだという。 =配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:11.83
    2021年01月08日
    「新華社」世界レジャー大会開幕まで100日に北京市平谷区

    中国北京市平谷区で4月15日から21日までの7日間、「北京・平谷世界レジャー大会」(ワールド・レジャー・コングレス)が開催される。メイン会場1カ所、サブ会場4カ所と複数の関連イベントを組み合わせた形での開催となる。期間中、会議は対面とオンラインを組み合わせて行われ、「レジャーは生活の質を高める」をテーマにしたメインフォーラムと、「レジャー教育とレジャー文化」「レジャースポーツとスポーツイベント」など14のサブフォーラムを並行して進めるほか、関連イベントも開催される。世界レジャー大会のメイン会場となる平谷区金海湖鎮は、地理的条件にとりわけ恵まれており、特色ある「金海湖文旅(文化・観光)小鎮」として京津冀(北京市・天津市・河北省)地域全体にサービスを提供していくという。3地域の観光資源を関連付けることでレジャー・観光の協同発展を促進し、北京市の平谷区、天津市の薊州区、宝坻区、河北省の興隆県、遵化市、三河市などの地区に「京東レジャーツーリズムモデルエリア」を構築。同地区のレジャー・観光のハブ機能を発揮させ、金海湖地区を京津冀地域に影響力を持つレジャー観光地に育てていくという。(記者/張驍、馬暁冬) =配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    記者会見の大村愛知県知事 愛知、時短営業要請延長

    愛知県内全域の酒類を提供する飲食店への営業時間短縮要請を延長すると表明した大村秀章知事=7日午後、県庁

    撮影: 7日午後、県庁

  • 01:06.90
    2021年01月07日
    ●資料映像●東京、初の感染者2千人台 新型コロナウイルス

    東京都内で7日、新型コロナウイルスの新規感染者が初の2千人台に達したことが分かった。6日の1591人を400人以上超え、2日連続で過去最多を大幅に更新。初の4桁となる1337人だった昨年12月31日から1週間で2千人台となった。東京を含む首都圏の感染状況は加速度的に悪化しており、医療提供体制の崩壊が強く懸念される。<映像内容>資料映像、東京都庁外観、スカイツリーなど都内の空撮、撮影日:2021(令和3)年1月7日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年1月7日

  • 2021年01月03日
    (3)農業と科学を体験海口熱帯農業科学技術パークがオープン

    2日、海口熱帯農業科学技術パークの水耕栽培施設で撮影した野菜。中国熱帯農業科学院が設立し、管理する海南省海口市の海口熱帯農業科学技術パークが1日、正式にオープンした。「熱帯農業のハイテク技術の展示、熱帯植物に関する知識の普及」をテーマとする同パークでは、植物鑑賞や農業体験、科学体験などを楽しむことができる。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    (2)農業と科学を体験海口熱帯農業科学技術パークがオープン

    2日、海口熱帯農業科学技術パークで撮影したアデニウム・オベスム。中国熱帯農業科学院が設立し、管理する海南省海口市の海口熱帯農業科学技術パークが1日、正式にオープンした。「熱帯農業のハイテク技術の展示、熱帯植物に関する知識の普及」をテーマとする同パークでは、植物鑑賞や農業体験、科学体験などを楽しむことができる。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    (1)農業と科学を体験海口熱帯農業科学技術パークがオープン

    2日、海口熱帯農業科学技術パークで、写真を撮る観光客。中国熱帯農業科学院が設立し、管理する海南省海口市の海口熱帯農業科学技術パークが1日、正式にオープンした。「熱帯農業のハイテク技術の展示、熱帯植物に関する知識の普及」をテーマとする同パークでは、植物鑑賞や農業体験、科学体験などを楽しむことができる。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    (4)農業と科学を体験海口熱帯農業科学技術パークがオープン

    2日、海口熱帯農業科学技術パークで、展示品を見つめる観光客。中国熱帯農業科学院が設立し、管理する海南省海口市の海口熱帯農業科学技術パークが1日、正式にオープンした。「熱帯農業のハイテク技術の展示、熱帯植物に関する知識の普及」をテーマとする同パークでは、植物鑑賞や農業体験、科学体験などを楽しむことができる。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    (5)農業と科学を体験海口熱帯農業科学技術パークがオープン

    2日、海口熱帯農業科学技術パークの一角。中国熱帯農業科学院が設立し、管理する海南省海口市の海口熱帯農業科学技術パークが1日、正式にオープンした。「熱帯農業のハイテク技術の展示、熱帯植物に関する知識の普及」をテーマとする同パークでは、植物鑑賞や農業体験、科学体験などを楽しむことができる。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (3)中国、新型コロナワクチン接種進む

    安徽省肥西県の保健所で新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける女性。(2020年12月29日撮影)中国国務院合同予防・抑制メカニズムは12月31日、中国生物技術(CNBG)が開発した新型コロナウイルス不活化ワクチンが条件付きの販売承認を得たと発表した。今後、全国民に無料で提供する。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (4)中国、新型コロナワクチン接種進む

    安徽省肥西県の保健所で新型コロナウイルスワクチン接種の準備をする医療スタッフ。(2020年12月29日撮影)中国国務院合同予防・抑制メカニズムは12月31日、中国生物技術(CNBG)が開発した新型コロナウイルス不活化ワクチンが条件付きの販売承認を得たと発表した。今後、全国民に無料で提供する。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (1)中国、新型コロナワクチン接種進む

    広東省深圳市のヘルスケアセンターで新型コロナウイルスワクチンの接種を受けるため列に並ぶ人たち。(2020年12月30日撮影)中国国務院合同予防・抑制メカニズムは12月31日、中国生物技術(CNBG)が開発した新型コロナウイルス不活化ワクチンが条件付きの販売承認を得たと発表した。今後、全国民に無料で提供する。(深圳=新華社記者/梁旭)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.94
    2021年01月02日
    「新華社」中国一汽集団の「紅旗」、サウジ向け400台が天津港を出港

    中国自動車大手の中国第一汽車集団はこのほど、傘下の高級車ブランド「紅旗」のスポーツ用多目的車(SUV)など400台が2020年12月30日に天津港で船積みされ、サウジアラビアに向かったことを明らかにした。1回当たりの輸出台数としては過去最大規模。紅旗ブランドにとって、アラブ首長国連邦(UAE)、ノルウェーに次ぐ新たな海外市場となる。今回輸出されたのは、新型高級セダン「H9」、新型C級SUV「HS7」、中型SUV「HS5」、B級セダン「H5」の4車種で、到着まで1カ月程度かかる見込み。同社海外事業部の楊大勇(よう・だいゆう)総経理はサウジアラビアについて、経済が発展し自動車のエコシステムも成熟しており、消費者の目も肥えていると指摘。自動車市場では以前から激しいシェア争奪戦が展開されており、紅旗ブランドの海外戦略にとっても重要な市場との見方を示した。今後の展望については、パートナーとなる販売代理店と緊密に協力し、ニーズに合わせた質の高いカーライフを現地消費者に提供していきたいと語った。紅旗は中国独自の高級自動車ブランドの代表格で、1958年の創設以来、紅旗セダンが国内の重要式典で観閲用車両として使われてきた。現在はブランド復興を加速させる市場化改革を進めており、新戦略や製品の多様化による市場開拓にも取り組んでいる。国内展開を加速させる一方、海外進出にも力を入れ、中東や欧州、東南アジアなどに販売網を拡大。2020年の年間生産・販売台数は先月25日時点でともに20万台を超え、前年の2倍に上っている。(記者/張建) =配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (1)北京市、高齢者サービス業発展の規範化を加速

    北京市大興区にある清城南区社区(コミュニティー)の愛尚暖家高齢者サービスステーションで、高齢者に高齢者向けの食事を提供するスタッフ。(2020年7月24日撮影)中国国務院弁公庁はこのほど、「養老サービス(高齢者サービス)総合監督管理制度を構築、健全化し、高齢者サービスの質の高い発展を促進することに関する意見」を発表した。「意見」は従業員の監督管理を強化し、従業員のサービスの質とレベルの向上を導き、高齢者サービス機関による高齢者へのいじめや虐待など、高齢者の合法的な権益を侵害する行為を法律法規に従って厳しく処罰するよう求めた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (2)中国、新型コロナワクチン接種進む

    広東省深圳市のヘルスケアセンターで新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける男性。(2020年12月30日撮影)中国国務院合同予防・抑制メカニズムは12月31日、中国生物技術(CNBG)が開発した新型コロナウイルス不活化ワクチンが条件付きの販売承認を得たと発表した。今後、全国民に無料で提供する。(深圳=新華社記者/梁旭)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (8)中国初のコロナワクチン、条件付き販売承認全国民に無料提供

    12月25日、新型コロナウイルス不活化ワクチンを積み中国医薬集団中国生物技術の北京生物製品研究所を出発する冷凍トラック。中国は新型コロナウイルス対策で重要な一歩を踏み出した。国務院合同予防・抑制メカニズムは12月31日、中国医薬集団(シノファーム)傘下の中国生物技術が開発した新型コロナウイルス不活化ワクチンが、国家薬品監督管理局から条件付きの販売承認を得たと発表した。ワクチンの保護効果は世界保健機関(WHO)と国家薬品監督管理局の関連基準と要求を満たしており、今後は全国民に無料で提供されるという。中国製新型コロナウイルスワクチンの発売は、世界に感染症への勝利に向けた自信を与え、ワクチンが世界の公共財となるための強力な支えとなる。(北京=新華社記者/張玉薇)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (6)中国初のコロナワクチン、条件付き販売承認全国民に無料提供

    12月25日、中国医薬集団中国生物技術の北京生物製品研究所のワクチン貯蔵庫で、出荷前確認をするスタッフ。中国は新型コロナウイルス対策で重要な一歩を踏み出した。国務院合同予防・抑制メカニズムは12月31日、中国医薬集団(シノファーム)傘下の中国生物技術が開発した新型コロナウイルス不活化ワクチンが、国家薬品監督管理局から条件付きの販売承認を得たと発表した。ワクチンの保護効果は世界保健機関(WHO)と国家薬品監督管理局の関連基準と要求を満たしており、今後は全国民に無料で提供されるという。(北京=新華社記者/張玉薇)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (3)中国初のコロナワクチン、条件付き販売承認全国民に無料提供

    12月25日、中国医薬集団中国生物技術の北京生物製品研究所で、新型コロナウイルス不活化ワクチンの梱包作業をするスタッフ。中国は新型コロナウイルス対策で重要な一歩を踏み出した。国務院合同予防・抑制メカニズムは12月31日、中国医薬集団(シノファーム)傘下の中国生物技術が開発した新型コロナウイルス不活化ワクチンが、国家薬品監督管理局から条件付きの販売承認を得たと発表した。ワクチンの保護効果は世界保健機関(WHO)と国家薬品監督管理局の関連基準と要求を満たしており、今後は全国民に無料で提供されるという。(北京=新華社記者/張玉薇)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (7)中国初のコロナワクチン、条件付き販売承認全国民に無料提供

    12月25日、中国医薬集団中国生物技術の北京生物製品研究所のワクチン貯蔵庫で、出荷前確認をするスタッフ。中国は新型コロナウイルス対策で重要な一歩を踏み出した。国務院合同予防・抑制メカニズムは12月31日、中国医薬集団(シノファーム)傘下の中国生物技術が開発した新型コロナウイルス不活化ワクチンが、国家薬品監督管理局から条件付きの販売承認を得たと発表した。ワクチンの保護効果は世界保健機関(WHO)と国家薬品監督管理局の関連基準と要求を満たしており、今後は全国民に無料で提供されるという。(北京=新華社記者/張玉薇)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (5)中国初のコロナワクチン、条件付き販売承認全国民に無料提供

    12月25日、中国医薬集団中国生物技術の北京生物製品研究所で、新型コロナウイルス不活化ワクチンの梱包作業をするスタッフ。中国は新型コロナウイルス対策で重要な一歩を踏み出した。国務院合同予防・抑制メカニズムは12月31日、中国医薬集団(シノファーム)傘下の中国生物技術が開発した新型コロナウイルス不活化ワクチンが、国家薬品監督管理局から条件付きの販売承認を得たと発表した。ワクチンの保護効果は世界保健機関(WHO)と国家薬品監督管理局の関連基準と要求を満たしており、今後は全国民に無料で提供されるという。(北京=新華社記者/張玉薇)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:44.16
    2020年12月31日
    「新華社」浙江省の裁判所でAI支援システム導入

    中国浙江省杭州市江干区人民法院(地裁)で28日に行われた裁判で、人工知能(AI)プログラムが使用された。裁判は48万元(1元=約16円)の融資返済滞納に関するもので、裁判官がオンライン判決システムを操作し、AIプログラムを使って当事者に質問を行った。必要な審理を終えると、その場で判決が言い渡された。立件から判決まで、わずか5日間だった。同省最高人民法院(高裁)は同日、債権回収分野の裁判支援システム「鳳凰智審バージョン2・0」を、試験運用を経て正式に運用開始したと発表。同省では今後、同分野の裁判でシステムが活用されていく見込み。同システムは浙江省の金融総合サービスプラットフォームにも接続しており、債権回収分野の裁判でのオンライン立件や裁判、法執行をサポートする効率的な解決手段を提供していく。(記者/呉帅帅、宋立峰) =配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    パリの駅に到着したTGV 仏「新幹線」事業開放不発

    パリのリヨン駅に到着したフランス国鉄の高速列車=23日(共同)

    撮影: 23日

  • 2020年12月30日
    フランス国鉄の高速列車 仏「新幹線」事業開放不発

    フランス国鉄の高速列車=23日、パリのリヨン駅(共同)

    撮影: 23日、パリのリヨン駅

  • 2020年12月30日
    (2)中国の高齢者、ライフスタイルに変化

    新型コロナウイルス感染症の拡大が深刻な中、感染予防・抑制活動に自ら参加したボランティア。(2月1日撮影)中国の経済・社会の発展に伴い、高齢者のライフスタイルが徐々に変化し、高齢者が自分のために老後の生活を計画するようになった。インターネットで新しい知識などを得ることは若者の特権ではなくなり、高齢者も積極的にオンライン学習を活用している。高齢者向けの遠隔講座を開講する湖南省の「長沙市老幹部大学」は2014年以降、200講座以上を提供。年間視聴者数は延べ30万人以上となっている。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (3)中国の高齢者、ライフスタイルに変化

    9月、湖南省瀏陽市の老幹部大学で開かれた京劇講座。中国の経済・社会の発展に伴い、高齢者のライフスタイルが徐々に変化し、高齢者が自分のために老後の生活を計画するようになった。インターネットで新しい知識などを得ることは若者の特権ではなくなり、高齢者も積極的にオンライン学習を活用している。高齢者向けの遠隔講座を開講する湖南省の「長沙市老幹部大学」は2014年以降、200講座以上を提供。年間視聴者数は延べ30万人以上となっている。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (2)中国系商店、アルゼンチンの人々に利便性提供

    18日、ブエノスアイレスの中国系商店で、クリスマスの買い物をする市民。アルゼンチンでは12月中旬から、新型コロナウイルス感染症の影響で休止していた長距離移動を伴う旅行が再開された。クリスマスシーズンと重なり、国内は休暇のピークを迎え、多くの店が臨時休業となり、人々の生活は不便を強いられた。そんな中、中国系移民が経営する店の多くは、クリスマス休暇中も営業を続けており、良質で手ごろな価格の中国製品が、アルゼンチンの人々に喜ばれている。(ブエノスアイレス=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (8)中国系商店、アルゼンチンの人々に利便性提供

    18日、ネット通販のプラットフォームを見る中国系商店の店員。アルゼンチンでは12月中旬から、新型コロナウイルス感染症の影響で休止していた長距離移動を伴う旅行が再開された。クリスマスシーズンと重なり、国内は休暇のピークを迎え、多くの店が臨時休業となり、人々の生活は不便を強いられた。そんな中、中国系移民が経営する店の多くは、クリスマス休暇中も営業を続けており、良質で手ごろな価格の中国製品が、アルゼンチンの人々に喜ばれている。(ブエノスアイレス=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:25.36
    2020年12月27日
    「新華社」中国系商店、アルゼンチンの人々に利便性提供

    アルゼンチンでは12月中旬から、新型コロナウイルス感染症の影響で休止していた長距離移動を伴う旅行が再開された。クリスマスシーズンと重なり、国内は休暇のピークを迎え、多くの店が臨時休業となり、人々の生活は不便を強いられた。そんな中、中国系移民が経営する店の多くは、クリスマス休暇中も営業を続けており、良質で手ごろな価格の中国製品が、アルゼンチンの人々に喜ばれている。大まかな統計によると、人口300万人以上の人口を抱える首都ブエノスアイレスには、中国系移民が経営する店が1万軒以上あり、市中心部の繁華街にも中国系の店を見つけることができる。また、国内各都市でも華人による店舗が増え続けている。(記者/倪瑞捷、朱暁光) =配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (4)中国系商店、アルゼンチンの人々に利便性提供

    18日、中国系商店でクリスマスの買い物をする子ども。アルゼンチンでは12月中旬から、新型コロナウイルス感染症の影響で休止していた長距離移動を伴う旅行が再開された。クリスマスシーズンと重なり、国内は休暇のピークを迎え、多くの店が臨時休業となり、人々の生活は不便を強いられた。そんな中、中国系移民が経営する店の多くは、クリスマス休暇中も営業を続けており、良質で手ごろな価格の中国製品が、アルゼンチンの人々に喜ばれている。(ブエノスアイレス=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (1)中国系商店、アルゼンチンの人々に利便性提供

    18日、ブエノスアイレスの中国系商店で、クリスマスの買い物をする市民。アルゼンチンでは12月中旬から、新型コロナウイルス感染症の影響で休止していた長距離移動を伴う旅行が再開された。クリスマスシーズンと重なり、国内は休暇のピークを迎え、多くの店が臨時休業となり、人々の生活は不便を強いられた。そんな中、中国系移民が経営する店の多くは、クリスマス休暇中も営業を続けており、良質で手ごろな価格の中国製品が、アルゼンチンの人々に喜ばれている。(ブエノスアイレス=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (7)中国系商店、アルゼンチンの人々に利便性提供

    18日、クリスマス用品のネット通販コンテンツを撮影する中国系商店の店員。アルゼンチンでは12月中旬から、新型コロナウイルス感染症の影響で休止していた長距離移動を伴う旅行が再開された。クリスマスシーズンと重なり、国内は休暇のピークを迎え、多くの店が臨時休業となり、人々の生活は不便を強いられた。そんな中、中国系移民が経営する店の多くは、クリスマス休暇中も営業を続けており、良質で手ごろな価格の中国製品が、アルゼンチンの人々に喜ばれている。(ブエノスアイレス=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (3)中国系商店、アルゼンチンの人々に利便性提供

    18日、ブエノスアイレスの中国系商店で、クリスマスの買い物をする市民。アルゼンチンでは12月中旬から、新型コロナウイルス感染症の影響で休止していた長距離移動を伴う旅行が再開された。クリスマスシーズンと重なり、国内は休暇のピークを迎え、多くの店が臨時休業となり、人々の生活は不便を強いられた。そんな中、中国系移民が経営する店の多くは、クリスマス休暇中も営業を続けており、良質で手ごろな価格の中国製品が、アルゼンチンの人々に喜ばれている。(ブエノスアイレス=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (6)中国系商店、アルゼンチンの人々に利便性提供

    18日、中国系商店の店内で、クリスマス用品を陳列する店員。アルゼンチンでは12月中旬から、新型コロナウイルス感染症の影響で休止していた長距離移動を伴う旅行が再開された。クリスマスシーズンと重なり、国内は休暇のピークを迎え、多くの店が臨時休業となり、人々の生活は不便を強いられた。そんな中、中国系移民が経営する店の多くは、クリスマス休暇中も営業を続けており、良質で手ごろな価格の中国製品が、アルゼンチンの人々に喜ばれている。(ブエノスアイレス=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (5)中国系商店、アルゼンチンの人々に利便性提供

    18日、中国系商店の店内に並んだクリスマス用品。アルゼンチンでは12月中旬から、新型コロナウイルス感染症の影響で休止していた長距離移動を伴う旅行が再開された。クリスマスシーズンと重なり、国内は休暇のピークを迎え、多くの店が臨時休業となり、人々の生活は不便を強いられた。そんな中、中国系移民が経営する店の多くは、クリスマス休暇中も営業を続けており、良質で手ごろな価格の中国製品が、アルゼンチンの人々に喜ばれている。(ブエノスアイレス=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    鶏卵大手、手持ち資金提供

    アキタフーズを巡る疑惑の構図

  • 2020年12月26日
    鶏卵大手、手持ち資金提供

    アキタフーズを巡る疑惑の構図

  • 2020年12月26日
    鶏卵大手、手持ち資金提供

    アキタフーズを巡る疑惑の構図

  • 2020年12月26日
    鶏卵大手、手持ち資金提供

    アキタフーズを巡る疑惑の構図

  • 2020年12月26日
    医療機関に3割が協力金

    年末年始の医療提供体制 自治体の主な取り組み

  • 2020年12月26日
    医療機関に3割が協力金

    年末年始の医療提供体制 自治体の主な取り組み

  • 2020年12月26日
    医療機関に3割が協力金

    年末年始の医療提供体制 自治体の主な取り組み

  • 2020年12月26日
    医療機関に3割が協力金

    年末年始の医療提供体制 自治体の主な取り組み

  • 2020年12月26日
    吉川貴盛氏 鶏卵大手、手持ち資金提供

    吉川貴盛元農相

  • 2020年12月26日
    (8)織物技術の普及で進める文化継承と増収雲南省普洱市

    20日、普洱市西盟ワ族自治県秧洛村で、自分が作った手織りのバッグを点検する村民。中国雲南省普洱(ふじ)市の西盟ワ族自治県政府はここ数年、地元の無形文化遺産保護を強化し、ワ族の文化や伝統の保存と継承を支援している。西盟印象民族文化などの文化企業も取り組みに参加し、地元の人々に、織物技術を学び、さまざまな手織りの衣料品を販売する機会を提供している。(西盟=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (7)織物技術の普及で進める文化継承と増収雲南省普洱市

    20日、普洱市西盟ワ族自治県秧洛村で布を織りながら話をする村民。中国雲南省普洱(ふじ)市の西盟ワ族自治県政府はここ数年、地元の無形文化遺産保護を強化し、ワ族の文化や伝統の保存と継承を支援している。西盟印象民族文化などの文化企業も取り組みに参加し、地元の人々に、織物技術を学び、さまざまな手織りの衣料品を販売する機会を提供している。(西盟=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (6)織物技術の普及で進める文化継承と増収雲南省普洱市

    20日、普洱市西盟ワ族自治県秧洛村で完成した生地を収納する村民。中国雲南省普洱(ふじ)市の西盟ワ族自治県政府はここ数年、地元の無形文化遺産保護を強化し、ワ族の文化や伝統の保存と継承を支援している。西盟印象民族文化などの文化企業も取り組みに参加し、地元の人々に、織物技術を学び、さまざまな手織りの衣料品を販売する機会を提供している。(西盟=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (3)織物技術の普及で進める文化継承と増収雲南省普洱市

    20日、普洱市西盟ワ族自治県の文化企業、西盟印象民族文化で布を織る秧洛村の村民。中国雲南省普洱(ふじ)市の西盟ワ族自治県政府はここ数年、地元の無形文化遺産保護を強化し、ワ族の文化や伝統の保存と継承を支援している。西盟印象民族文化などの文化企業も取り組みに参加し、地元の人々に、織物技術を学び、さまざまな手織りの衣料品を販売する機会を提供している。(西盟=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (1)織物技術の普及で進める文化継承と増収雲南省普洱市

    20日、普洱市西盟ワ族自治県の文化企業、西盟印象民族文化で布を織る秧洛村の村民。中国雲南省普洱(ふじ)市の西盟ワ族自治県政府はここ数年、地元の無形文化遺産保護を強化し、ワ族の文化や伝統の保存と継承を支援している。西盟印象民族文化などの文化企業も取り組みに参加し、地元の人々に、織物技術を学び、さまざまな手織りの衣料品を販売する機会を提供している。(西盟=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (10)織物技術の普及で進める文化継承と増収雲南省普洱市

    20日、普洱市西盟ワ族自治県秧洛村。(小型無人機から)中国雲南省普洱(ふじ)市の西盟ワ族自治県政府はここ数年、地元の無形文化遺産保護を強化し、ワ族の文化や伝統の保存と継承を支援している。西盟印象民族文化などの文化企業も取り組みに参加し、地元の人々に、織物技術を学び、さまざまな手織りの衣料品を販売する機会を提供している。(西盟=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (2)織物技術の普及で進める文化継承と増収雲南省普洱市

    20日、普洱市西盟ワ族自治県の文化企業、西盟印象民族文化で布を織る秧洛村の村民。中国雲南省普洱(ふじ)市の西盟ワ族自治県政府はここ数年、地元の無形文化遺産保護を強化し、ワ族の文化や伝統の保存と継承を支援している。西盟印象民族文化などの文化企業も取り組みに参加し、地元の人々に、織物技術を学び、さまざまな手織りの衣料品を販売する機会を提供している。(西盟=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (5)織物技術の普及で進める文化継承と増収雲南省普洱市

    20日、普洱市西盟ワ族自治県秧洛村で布を織る村民。中国雲南省普洱(ふじ)市の西盟ワ族自治県政府はここ数年、地元の無形文化遺産保護を強化し、ワ族の文化や伝統の保存と継承を支援している。西盟印象民族文化などの文化企業も取り組みに参加し、地元の人々に、織物技術を学び、さまざまな手織りの衣料品を販売する機会を提供している。(西盟=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (9)織物技術の普及で進める文化継承と増収雲南省普洱市

    20日、普洱市西盟ワ族自治県秧洛村。(小型無人機から)中国雲南省普洱(ふじ)市の西盟ワ族自治県政府はここ数年、地元の無形文化遺産保護を強化し、ワ族の文化や伝統の保存と継承を支援している。西盟印象民族文化などの文化企業も取り組みに参加し、地元の人々に、織物技術を学び、さまざまな手織りの衣料品を販売する機会を提供している。(西盟=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (4)織物技術の普及で進める文化継承と増収雲南省普洱市

    20日、普洱市西盟ワ族自治県の文化企業、西盟印象民族文化で布を織る秧洛村の村民。中国雲南省普洱(ふじ)市の西盟ワ族自治県政府はここ数年、地元の無形文化遺産保護を強化し、ワ族の文化や伝統の保存と継承を支援している。西盟印象民族文化などの文化企業も取り組みに参加し、地元の人々に、織物技術を学び、さまざまな手織りの衣料品を販売する機会を提供している。(西盟=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:05.19
    2020年12月25日
    時短と外出自粛、延長決定 大阪府、要請1月11日まで

    大阪府は25日、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、大阪市の一部飲食店に29日まで出している午後9時までの時短営業や休業の要請を来年1月11日まで延長することを決めた。府民に対する不要不急の外出自粛要請も同日まで延長する。 大阪市内の時短要請は、酒類提供や接待を伴う飲食店を対象に、11月27日に北区と中央区でスタート。府の独自基準「大阪モデル」で非常事態を示す「赤信号」を12月3日に点灯させたが、その後も感染拡大が止まらず、16日から要請対象を大阪市全域に広げ、29日まで延長していた。<映像内容>大阪府庁の外観、大阪府新型コロナウイルス対策本部会議冒頭での吉村洋文(よしむら・ひろふみ)知事のあいさつ、会議の雑観、会議終了後の吉村知事の囲みなど、撮影日:2020(令和2)年12月25日、撮影場所:大阪市中央区

    撮影: 2020(令和2)年12月25日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月24日
    戦略的提携した日本郵便と楽天

    日本郵便は24日、楽天と物流事業で提携すると発表した。自社の配送網と楽天の電子商取引(EC)サイト「楽天市場」双方のデータを共有し、配送を効率化する計画。共同での新会社設立も検討する。2021年3月に具体策をまとめる。新型コロナウイルスの影響で宅配需要が今後も拡大し、人手不足が懸念されるため、物流のデジタル変革(DX)で対応する。楽天市場での商品の需要予測や受注データを日本郵便が共有し、事前に配送体制を整えるなどの効果を見込む。便利な受け取り手段も検討する。同日都内で開いた会見で、楽天の三木谷浩史社長(写真左)は「オープンな形でさまざまな事業者に展開したい」と外部開放を示唆した。日本郵便の親会社、日本郵政も交え物流以外での提携も見込む。増田寛也日本郵政社長(同右)は「金融やモバイルでの提携の可能性を協議、検討する」と方向性を示した。金融では、両グループのキャッシュレス決済の連携が考えられる。モバイルでは、郵便局での楽天の携帯電話事業の拡販支援を検討するとみられる。戦略提携について発表した(右から)衣川和秀 日本郵便社長、増田寛也 日本郵政社長、三木谷浩史 楽天会長兼社長、小森紀昭 楽天執行役員 コマースカンパニー ロジスティクス事業 ヴァイスプレジデント。=2020(令和2)年12月24日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月24日
    戦略的提携した日本郵便と楽天

    日本郵便は24日、楽天と物流事業で提携すると発表した。自社の配送網と楽天の電子商取引(EC)サイト「楽天市場」双方のデータを共有し、配送を効率化する計画。共同での新会社設立も検討する。2021年3月に具体策をまとめる。新型コロナウイルスの影響で宅配需要が今後も拡大し、人手不足が懸念されるため、物流のデジタル変革(DX)で対応する。楽天市場での商品の需要予測や受注データを日本郵便が共有し、事前に配送体制を整えるなどの効果を見込む。便利な受け取り手段も検討する。同日都内で開いた会見で、楽天の三木谷浩史社長(写真左)は「オープンな形でさまざまな事業者に展開したい」と外部開放を示唆した。日本郵便の親会社、日本郵政も交え物流以外での提携も見込む。増田寛也日本郵政社長(同右)は「金融やモバイルでの提携の可能性を協議、検討する」と方向性を示した。金融では、両グループのキャッシュレス決済の連携が考えられる。モバイルでは、郵便局での楽天の携帯電話事業の拡販支援を検討するとみられる。写真は戦略提携について発表した増田寛也 日本郵政社長(右)、三木谷浩史 楽天会長兼社長。=2020(令和2)年12月24日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月24日
    戦略的提携した日本郵便と楽天

    日本郵便は24日、楽天と物流事業で提携すると発表した。自社の配送網と楽天の電子商取引(EC)サイト「楽天市場」双方のデータを共有し、配送を効率化する計画。共同での新会社設立も検討する。2021年3月に具体策をまとめる。新型コロナウイルスの影響で宅配需要が今後も拡大し、人手不足が懸念されるため、物流のデジタル変革(DX)で対応する。楽天市場での商品の需要予測や受注データを日本郵便が共有し、事前に配送体制を整えるなどの効果を見込む。便利な受け取り手段も検討する。同日都内で開いた会見で、楽天の三木谷浩史社長(写真左)は「オープンな形でさまざまな事業者に展開したい」と外部開放を示唆した。日本郵便の親会社、日本郵政も交え物流以外での提携も見込む。増田寛也日本郵政社長(同右)は「金融やモバイルでの提携の可能性を協議、検討する」と方向性を示した。金融では、両グループのキャッシュレス決済の連携が考えられる。モバイルでは、郵便局での楽天の携帯電話事業の拡販支援を検討するとみられる。写真は会見する増田寛也 日本郵政社長(右)、三木谷浩史 楽天会長兼社長。=2020(令和2)年12月24日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月24日
    戦略的提携した日本郵便と楽天

    日本郵便は24日、楽天と物流事業で提携すると発表した。自社の配送網と楽天の電子商取引(EC)サイト「楽天市場」双方のデータを共有し、配送を効率化する計画。共同での新会社設立も検討する。2021年3月に具体策をまとめる。新型コロナウイルスの影響で宅配需要が今後も拡大し、人手不足が懸念されるため、物流のデジタル変革(DX)で対応する。楽天市場での商品の需要予測や受注データを日本郵便が共有し、事前に配送体制を整えるなどの効果を見込む。便利な受け取り手段も検討する。同日都内で開いた会見で、楽天の三木谷浩史社長(写真左)は「オープンな形でさまざまな事業者に展開したい」と外部開放を示唆した。日本郵便の親会社、日本郵政も交え物流以外での提携も見込む。増田寛也日本郵政社長(同右)は「金融やモバイルでの提携の可能性を協議、検討する」と方向性を示した。金融では、両グループのキャッシュレス決済の連携が考えられる。モバイルでは、郵便局での楽天の携帯電話事業の拡販支援を検討するとみられる。会見する(右から)衣川和秀 日本郵便社長、増田寛也 日本郵政社長、三木谷浩史 楽天会長兼社長。=2020(令和2)年12月24日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月24日
    戦略的提携した日本郵便と楽天

    日本郵便は24日、楽天と物流事業で提携すると発表した。自社の配送網と楽天の電子商取引(EC)サイト「楽天市場」双方のデータを共有し、配送を効率化する計画。共同での新会社設立も検討する。2021年3月に具体策をまとめる。新型コロナウイルスの影響で宅配需要が今後も拡大し、人手不足が懸念されるため、物流のデジタル変革(DX)で対応する。楽天市場での商品の需要予測や受注データを日本郵便が共有し、事前に配送体制を整えるなどの効果を見込む。便利な受け取り手段も検討する。同日都内で開いた会見で、楽天の三木谷浩史社長(写真左)は「オープンな形でさまざまな事業者に展開したい」と外部開放を示唆した。日本郵便の親会社、日本郵政も交え物流以外での提携も見込む。増田寛也日本郵政社長(同右)は「金融やモバイルでの提携の可能性を協議、検討する」と方向性を示した。金融では、両グループのキャッシュレス決済の連携が考えられる。モバイルでは、郵便局での楽天の携帯電話事業の拡販支援を検討するとみられる。写真は会見する増田寛也 日本郵政社長(右)、三木谷浩史 楽天会長兼社長。=2020(令和2)年12月24日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月24日
    戦略的提携した日本郵便と楽天

    日本郵便は24日、楽天と物流事業で提携すると発表した。自社の配送網と楽天の電子商取引(EC)サイト「楽天市場」双方のデータを共有し、配送を効率化する計画。共同での新会社設立も検討する。2021年3月に具体策をまとめる。新型コロナウイルスの影響で宅配需要が今後も拡大し、人手不足が懸念されるため、物流のデジタル変革(DX)で対応する。楽天市場での商品の需要予測や受注データを日本郵便が共有し、事前に配送体制を整えるなどの効果を見込む。便利な受け取り手段も検討する。同日都内で開いた会見で、楽天の三木谷浩史社長(写真左)は「オープンな形でさまざまな事業者に展開したい」と外部開放を示唆した。日本郵便の親会社、日本郵政も交え物流以外での提携も見込む。増田寛也日本郵政社長(同右)は「金融やモバイルでの提携の可能性を協議、検討する」と方向性を示した。金融では、両グループのキャッシュレス決済の連携が考えられる。モバイルでは、郵便局での楽天の携帯電話事業の拡販支援を検討するとみられる。会見する増田寛也 日本郵政社長。=2020(令和2)年12月24日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月24日
    戦略的提携した日本郵便と楽天

    日本郵便は24日、楽天と物流事業で提携すると発表した。自社の配送網と楽天の電子商取引(EC)サイト「楽天市場」双方のデータを共有し、配送を効率化する計画。共同での新会社設立も検討する。2021年3月に具体策をまとめる。新型コロナウイルスの影響で宅配需要が今後も拡大し、人手不足が懸念されるため、物流のデジタル変革(DX)で対応する。楽天市場での商品の需要予測や受注データを日本郵便が共有し、事前に配送体制を整えるなどの効果を見込む。便利な受け取り手段も検討する。同日都内で開いた会見で、楽天の三木谷浩史社長(写真左)は「オープンな形でさまざまな事業者に展開したい」と外部開放を示唆した。日本郵便の親会社、日本郵政も交え物流以外での提携も見込む。増田寛也日本郵政社長(同右)は「金融やモバイルでの提携の可能性を協議、検討する」と方向性を示した。金融では、両グループのキャッシュレス決済の連携が考えられる。モバイルでは、郵便局での楽天の携帯電話事業の拡販支援を検討するとみられる。会見する三木谷浩史 楽天会長兼社長。=2020(令和2)年12月24日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    (4)青果市場のデジタル化、コロナの影響で加速江蘇省南京市

    15日、南京市のスマート青果市場「好隣里恵民野菜市場」の検査室。生鮮食品や副食品の残留農薬検査など、安全性に関する検査を無料で実施している。中国江蘇省南京市の好隣里恵民野菜市場は2019年6月、同市初の「スマート青果市場」としてオープンした。利用者は購入した食料品をすぐに持ち帰れない場合、スマート保冷ロッカーに預けられる。また、レシートの2次元バーコードを読み取り、購入時の計量の様子や、生産履歴を確認したりすることもできる。新型コロナウイルスの影響によるデジタル化の加速に伴い、中国各地の自由市場は「デジタル化」「スマート化」の方向に変化している。(南京=新華社記者/潘曄)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    (3)青果市場のデジタル化、コロナの影響で加速江蘇省南京市

    15日、南京市にあるスマート青果市場「好隣里恵民野菜市場」のデジタル化された売り場。「クラウド野菜購入」の横断幕が掛けられている。中国江蘇省南京市の好隣里恵民野菜市場は2019年6月、同市初の「スマート青果市場」としてオープンした。利用者は購入した食料品をすぐに持ち帰れない場合、スマート保冷ロッカーに預けられる。また、レシートの2次元バーコードを読み取り、購入時の計量の様子や、生産履歴を確認したりすることもできる。新型コロナウイルスの影響によるデジタル化の加速に伴い、中国各地の自由市場は「デジタル化」「スマート化」の方向に変化している。(南京=新華社記者/潘曄)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    (2)青果市場のデジタル化、コロナの影響で加速江蘇省南京市

    15日、南京市のスマート青果市場「好隣里恵民野菜市場」に設置されたスマート保冷ロッカー。品物の種類に合わせて温度調整し、品質を保ちながら15日間保管することができる。中国江蘇省南京市の好隣里恵民野菜市場は2019年6月、同市初の「スマート青果市場」としてオープンした。利用者は購入した食料品をすぐに持ち帰れない場合、スマート保冷ロッカーに預けられる。また、レシートの2次元バーコードを読み取り、購入時の計量の様子や、生産履歴を確認したりすることもできる。新型コロナウイルスの影響によるデジタル化の加速に伴い、中国各地の自由市場は「デジタル化」「スマート化」の方向に変化している。(南京=新華社記者/潘曄)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    (1)青果市場のデジタル化、コロナの影響で加速江蘇省南京市

    15日、南京市のスマート青果市場「好隣里恵民野菜市場」で発行されたレシート。2次元バーコードを読み取ると、計量時の写真や単価、生産履歴を確認できる。中国江蘇省南京市の好隣里恵民野菜市場は2019年6月、同市初の「スマート青果市場」としてオープンした。利用者は購入した食料品をすぐに持ち帰れない場合、スマート保冷ロッカーに預けられる。また、レシートの2次元バーコードを読み取り、購入時の計量の様子や、生産履歴を確認したりすることもできる。新型コロナウイルスの影響によるデジタル化の加速に伴い、中国各地の自由市場は「デジタル化」「スマート化」の方向に変化している。(南京=新華社記者/潘曄)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月23日
    (4)高地で現代的な野菜栽培チベット自治区

    チベット自治区ニンティ(林芝)市の温室で、ナスの苗木に肥料をやる農家。(3月22日撮影)標高が高いことから「世界の屋根」と称される中国チベット自治区では、現代的な農業栽培により野菜がもはや珍しいものではなくなった。地元産の野菜は、チベットの食卓によりおいしく栄養価の高い食事を提供している。(ラサ=新華社記者/張汝峰)= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月23日
    (1)高地で現代的な野菜栽培チベット自治区

    チベット自治区チャムド(昌都)市ゾガン(左貢)県の温室。(5月7日撮影、小型無人機から)標高が高いことから「世界の屋根」と称される中国チベット自治区では、現代的な農業栽培により野菜がもはや珍しいものではなくなった。地元産の野菜は、チベットの食卓によりおいしく栄養価の高い食事を提供している。(ラサ=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月23日
    (2)高地で現代的な野菜栽培チベット自治区

    チベット自治区チャムド(昌都)市テンチェン(丁青)県の農産物市場で野菜を並べる販売業者。(9月18日撮影)標高が高いことから「世界の屋根」と称される中国チベット自治区では、現代的な農業栽培により野菜がもはや珍しいものではなくなった。地元産の野菜は、チベットの食卓によりおいしく栄養価の高い食事を提供している。(ラサ=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...