KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 新型肺炎
  • スタッフ
  • ロボット
  • プラットフォーム
  • スマート
  • インターネット
  • システム
  • 日刊工業新聞
  • 貧困脱却
  • 中国湖南省

「open」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
7,715
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
7,715
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月21日
    (Thierry Breton) ティエリー・ブルトン

    フランス、欧州委員会(EC)委員(域内市場・産業・デジタル単一市場担当)、2021年3月17日撮影(アナトリア通信提供・ゲッティ=共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月21日
    レジ無人店 レジ無人のコンビニ開店

    ファミリーマートのレジ無人店。お客さんが出口の画面を使って代金をはらう=3月、東京都千代田区

    撮影: 3月、東京都千代田区

  • 2021年04月21日
    チャイナモバイル、クラウドサービスの提携パートナーが千社を突破

    19日、「雲上中国行」チャイナモバイルクラウドセンター2021年ニュース取材活動開始式の様子。中国通信大手の中国移動(チャイナモバイル)は19日、江蘇省蘇州市で開催した「雲上中国行」イベントで、同社が提供しているクラウドサービス「移動雲」の提携パートナーがすでに千社以上に達していることを明らかにした。導入している関連商品は2千種余り、累計売上高が100万元(1元=約17円)以上を記録している商品は80種余りを数えるという。(南京=新華社記者/劉巍巍)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:03.36
    2021年04月20日
    「新華社」村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(記者/張格、薛宇舸) =配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (5)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    14日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮で、山の上に住む人たちの生活用品などを背負って山道を進む壺瓶山供電所の作業員たち。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (6)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    15日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮管山村で配電ボックスの検査をする壺瓶山供電所の作業員たち。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (8)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    15日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮管山村で電線を見回る壺瓶山供電所の作業員たち。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (1)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    14日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮で、峡谷の上のつり橋を渡る壺瓶山供電所の作業員たち。(小型無人機から)中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (3)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    15日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮管山村で電線を見回る壺瓶山供電所の作業員たち。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (4)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    15日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮管山村で電線の見回り時に、電柱周囲の雑草を除去する壺瓶山供電所の作業員たち。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (9)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    15日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮管山村で配電ボックスの検査をする壺瓶山供電所の作業員たち。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (10)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    14日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮南坪完小学校で児童たちに安全な電力使用の知識を教える壺瓶山供電所の作業員。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (2)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    14日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮で、山道を進む壺瓶山供電所の作業員たち。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    Emerson Dinoroarus Exhibit To Open At Saint Louis Zoo DINOROARUS

    Dr. Jeffrey P. Bonner, Dana Brown President & CEO of the Saint Louis Zoo, gets a closer look at the Sarcosuchus display at the Saint Louis Zoo on Thursday, April 15, 2021. The new attraction features 16 different groupings of animatronic and stationary dinosaurs. Photo by Bill Greenblatt/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (4)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    12日、海南省海口市の海口湾にある雲洞図書館。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (10)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の雲洞図書館で本を読む観光客。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (7)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の雲洞図書館で本を読む観光客。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (5)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    12日、海南省海口市の海口湾にある雲洞図書館。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (11)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の雲洞図書館でくつろぐ観光客ら。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (12)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の雲洞図書館でくつろぐ観光客ら。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (13)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の海口湾エリアにある雲洞図書館で本を読む観光客。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (14)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の海口湾にある雲洞図書館の内部。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (6)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の雲洞図書館で本を読む観光客。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (9)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の雲洞図書館を利用する観光客ら。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    Exhibition of the Misericórdia Museum in Porto, Portugal - 14 Apr 2020

    April 14, 2021, Porto, Portugal: One of the works seen at the exhibition of the Misericórdia Museum in Porto..Presentation to the press of the exhibition ‘‘Alberto Giacometti - Peter Lindbergh. Capturing the Invisible‘‘ by Artist Alberto Giacometti with photographs by photographer Peter Lindbergh, at the Museu da Misericórdia do Porto, the Presentation was attended by the Provider of Santa Casa Misericórdia do Porto Antonio Tavares, the Curator of the Giacometti Foundation Serena Bucalo-Mussely, the Director of the Peter Lindbergh Foundation, Benjamin Lindbergh and the CEO of Taylors Adrien Bridge. (Credit Image: © Rita Franca/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Rita Franca/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    Exhibition of the Misericórdia Museum in Porto, Portugal - 14 Apr 2020

    April 14, 2021, Porto, Portugal: A man wearing a facemask as a precaution against the spread of covid-19 walks past one of the works seen at the exhibition of the Misericórdia Museum in Porto..Presentation to the press of the exhibition ‘‘Alberto Giacometti - Peter Lindbergh. Capturing the Invisible‘‘ by Artist Alberto Giacometti with photographs by photographer Peter Lindbergh, at the Museu da Misericórdia do Porto, the Presentation was attended by the Provider of Santa Casa Misericórdia do Porto Antonio Tavares, the Curator of the Giacometti Foundation Serena Bucalo-Mussely, the Director of the Peter Lindbergh Foundation, Benjamin Lindbergh and the CEO of Taylors Adrien Bridge. (Credit Image: © Rita Franca/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Rita Franca/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    Exhibition of the Misericórdia Museum in Porto, Portugal - 14 Apr 2020

    April 14, 2021, Porto, Portugal: Curator of the Giacometti Serena Bucalo-Mussely Foundation and the Director of the Peter Lindbergh Foundation Benjamin Lindbergh, take a guided tour of the artists‘ work..Presentation to the press of the exhibition ‘‘Alberto Giacometti - Peter Lindbergh. Capturing the Invisible‘‘ by Artist Alberto Giacometti with photographs by photographer Peter Lindbergh, at the Museu da Misericórdia do Porto, the Presentation was attended by the Provider of Santa Casa Misericórdia do Porto Antonio Tavares, the Curator of the Giacometti Foundation Serena Bucalo-Mussely, the Director of the Peter Lindbergh Foundation, Benjamin Lindbergh and the CEO of Taylors Adrien Bridge. (Credit Image: © Rita Franca/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Rita Franca/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    Exhibition of the Misericórdia Museum in Porto, Portugal - 14 Apr 2020

    April 14, 2021, Porto, Portugal: Curator of the Giacometti Serena Bucalo-Mussely Foundation take a guided tour of the artists‘ work..Presentation to the press of the exhibition ‘‘Alberto Giacometti - Peter Lindbergh. Capturing the Invisible‘‘ by Artist Alberto Giacometti with photographs by photographer Peter Lindbergh, at the Museu da Misericórdia do Porto, the Presentation was attended by the Provider of Santa Casa Misericórdia do Porto Antonio Tavares, the Curator of the Giacometti Foundation Serena Bucalo-Mussely, the Director of the Peter Lindbergh Foundation, Benjamin Lindbergh and the CEO of Taylors Adrien Bridge. (Credit Image: © Rita Franca/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Rita Franca/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    Exhibition of the Misericórdia Museum in Porto, Portugal - 14 Apr 2020

    April 14, 2021, Porto, Portugal: A woman wearing a facemask as a precaution against the spread of covid-19 takes photos with her mobile phone at the exhibition of the Misericórdia Museum in Porto..Presentation to the press of the exhibition ‘‘Alberto Giacometti - Peter Lindbergh. Capturing the Invisible‘‘ by Artist Alberto Giacometti with photographs by photographer Peter Lindbergh, at the Museu da Misericórdia do Porto, the Presentation was attended by the Provider of Santa Casa Misericórdia do Porto Antonio Tavares, the Curator of the Giacometti Foundation Serena Bucalo-Mussely, the Director of the Peter Lindbergh Foundation, Benjamin Lindbergh and the CEO of Taylors Adrien Bridge. (Credit Image: © Rita Franca/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Rita Franca/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    Exhibition of the Misericórdia Museum in Porto, Portugal - 14 Apr 2020

    April 14, 2021, Porto, Portugal: One of the works seen at the exhibition of the Misericórdia Museum in Porto..Presentation to the press of the exhibition ‘‘Alberto Giacometti - Peter Lindbergh. Capturing the Invisible‘‘ by Artist Alberto Giacometti with photographs by photographer Peter Lindbergh, at the Museu da Misericórdia do Porto, the Presentation was attended by the Provider of Santa Casa Misericórdia do Porto Antonio Tavares, the Curator of the Giacometti Foundation Serena Bucalo-Mussely, the Director of the Peter Lindbergh Foundation, Benjamin Lindbergh and the CEO of Taylors Adrien Bridge. (Credit Image: © Rita Franca/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Rita Franca/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    Exhibition of the Misericórdia Museum in Porto, Portugal - 14 Apr 2020

    April 14, 2021, Porto, Portugal: One of the works seen at the exhibition of the Misericórdia Museum in Porto..Presentation to the press of the exhibition ‘‘Alberto Giacometti - Peter Lindbergh. Capturing the Invisible‘‘ by Artist Alberto Giacometti with photographs by photographer Peter Lindbergh, at the Museu da Misericórdia do Porto, the Presentation was attended by the Provider of Santa Casa Misericórdia do Porto Antonio Tavares, the Curator of the Giacometti Foundation Serena Bucalo-Mussely, the Director of the Peter Lindbergh Foundation, Benjamin Lindbergh and the CEO of Taylors Adrien Bridge. (Credit Image: © Rita Franca/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Rita Franca/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    Exhibition of the Misericórdia Museum in Porto, Portugal - 14 Apr 2020

    April 14, 2021, Porto, Portugal: Director of the Peter Lindbergh Foundation, Benjamin Lindbergh (son of the photographer) seen in front of a work of art..Presentation to the press of the exhibition ‘‘Alberto Giacometti - Peter Lindbergh. Capturing the Invisible‘‘ by Artist Alberto Giacometti with photographs by photographer Peter Lindbergh, at the Museu da Misericórdia do Porto, the Presentation was attended by the Provider of Santa Casa Misericórdia do Porto Antonio Tavares, the Curator of the Giacometti Foundation Serena Bucalo-Mussely, the Director of the Peter Lindbergh Foundation, Benjamin Lindbergh and the CEO of Taylors Adrien Bridge. (Credit Image: © Rita Franca/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Rita Franca/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    Exhibition of the Misericórdia Museum in Porto, Portugal - 14 Apr 2020

    April 14, 2021, Porto, Portugal: Director of the Peter Lindbergh Foundation, Benjamin Lindbergh (son of the photographer) seen in front of a work of art..Presentation to the press of the exhibition ‘‘Alberto Giacometti - Peter Lindbergh. Capturing the Invisible‘‘ by Artist Alberto Giacometti with photographs by photographer Peter Lindbergh, at the Museu da Misericórdia do Porto, the Presentation was attended by the Provider of Santa Casa Misericórdia do Porto Antonio Tavares, the Curator of the Giacometti Foundation Serena Bucalo-Mussely, the Director of the Peter Lindbergh Foundation, Benjamin Lindbergh and the CEO of Taylors Adrien Bridge. (Credit Image: © Rita Franca/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Rita Franca/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    Exhibition of the Misericórdia Museum in Porto, Portugal - 14 Apr 2020

    April 14, 2021, Porto, Portugal: One of the works seen at the exhibition of the Misericórdia Museum in Porto..Presentation to the press of the exhibition ‘‘Alberto Giacometti - Peter Lindbergh. Capturing the Invisible‘‘ by Artist Alberto Giacometti with photographs by photographer Peter Lindbergh, at the Museu da Misericórdia do Porto, the Presentation was attended by the Provider of Santa Casa Misericórdia do Porto Antonio Tavares, the Curator of the Giacometti Foundation Serena Bucalo-Mussely, the Director of the Peter Lindbergh Foundation, Benjamin Lindbergh and the CEO of Taylors Adrien Bridge. (Credit Image: © Rita Franca/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Rita Franca/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    Exhibition of the Misericórdia Museum in Porto, Portugal - 14 Apr 2020

    April 14, 2021, Porto, Portugal: One of the works seen at the exhibition of the Misericórdia Museum in Porto..Presentation to the press of the exhibition ‘‘Alberto Giacometti - Peter Lindbergh. Capturing the Invisible‘‘ by Artist Alberto Giacometti with photographs by photographer Peter Lindbergh, at the Museu da Misericórdia do Porto, the Presentation was attended by the Provider of Santa Casa Misericórdia do Porto Antonio Tavares, the Curator of the Giacometti Foundation Serena Bucalo-Mussely, the Director of the Peter Lindbergh Foundation, Benjamin Lindbergh and the CEO of Taylors Adrien Bridge. (Credit Image: © Rita Franca/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Rita Franca/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    984-Foot Science Exploration Vessel Comes Complete With A ‘‘Science Sphere‘‘ And 22 Onboard Laboratories

    April 13, 2021: VIDEO AVAILABLE. CONTACT INFO@COVERMG.COM TO RECEIVE.**..A 300-metre science exploration vessel packed with green technology, a ââ¬Åscience sphereââ¬Â, and the capacity to hold more than 400 people on board has been revealed...Penned by Iddes Yachts, Earth 300 is described as a vessel ââ¬Åthat will unite science and exploration to confront earthââ¬â¢s greatest challenges,‘‘ by Iddes Yacht founder Ivan Salas Jefferson...The vessel will act as an extreme technology platform for science, exploration and innovation at sea, incorporating robotics, AI and 22 state-of-the-art on board laboratories...ââ¬ÅThe ship will introduce features found on cruise, expedition, research and luxury yachts but she will be none of them,ââ¬Â said Earth 300 chief executive Aaron Olivera...Featuring naval architecture by NED, Earth 300 will be emission-free and powered by Molten Salt Reactors, which provide sustainable, clean energy...Other features include a science city housed inside a huge sphere, an observa...

  • 2021年04月13日
    984-Foot Science Exploration Vessel Comes Complete With A ‘‘Science Sphere‘‘ And 22 Onboard Laboratories

    April 13, 2021: VIDEO AVAILABLE. CONTACT INFO@COVERMG.COM TO RECEIVE.**..A 300-metre science exploration vessel packed with green technology, a ââ¬Åscience sphereââ¬Â, and the capacity to hold more than 400 people on board has been revealed...Penned by Iddes Yachts, Earth 300 is described as a vessel ââ¬Åthat will unite science and exploration to confront earthââ¬â¢s greatest challenges,‘‘ by Iddes Yacht founder Ivan Salas Jefferson...The vessel will act as an extreme technology platform for science, exploration and innovation at sea, incorporating robotics, AI and 22 state-of-the-art on board laboratories...ââ¬ÅThe ship will introduce features found on cruise, expedition, research and luxury yachts but she will be none of them,ââ¬Â said Earth 300 chief executive Aaron Olivera...Featuring naval architecture by NED, Earth 300 will be emission-free and powered by Molten Salt Reactors, which provide sustainable, clean energy...Other features include a science city housed inside a huge sphere, an observa...

  • 2021年04月13日
    984-Foot Science Exploration Vessel Comes Complete With A ‘‘Science Sphere‘‘ And 22 Onboard Laboratories

    April 13, 2021: VIDEO AVAILABLE. CONTACT INFO@COVERMG.COM TO RECEIVE.**..A 300-metre science exploration vessel packed with green technology, a ââ¬Åscience sphereââ¬Â, and the capacity to hold more than 400 people on board has been revealed...Penned by Iddes Yachts, Earth 300 is described as a vessel ââ¬Åthat will unite science and exploration to confront earthââ¬â¢s greatest challenges,‘‘ by Iddes Yacht founder Ivan Salas Jefferson...The vessel will act as an extreme technology platform for science, exploration and innovation at sea, incorporating robotics, AI and 22 state-of-the-art on board laboratories...ââ¬ÅThe ship will introduce features found on cruise, expedition, research and luxury yachts but she will be none of them,ââ¬Â said Earth 300 chief executive Aaron Olivera...Featuring naval architecture by NED, Earth 300 will be emission-free and powered by Molten Salt Reactors, which provide sustainable, clean energy...Other features include a science city housed inside a huge sphere, an observa...

  • 2021年04月13日
    984-Foot Science Exploration Vessel Comes Complete With A ‘‘Science Sphere‘‘ And 22 Onboard Laboratories

    April 13, 2021: VIDEO AVAILABLE. CONTACT INFO@COVERMG.COM TO RECEIVE.**..A 300-metre science exploration vessel packed with green technology, a ââ¬Åscience sphereââ¬Â, and the capacity to hold more than 400 people on board has been revealed...Penned by Iddes Yachts, Earth 300 is described as a vessel ââ¬Åthat will unite science and exploration to confront earthââ¬â¢s greatest challenges,‘‘ by Iddes Yacht founder Ivan Salas Jefferson...The vessel will act as an extreme technology platform for science, exploration and innovation at sea, incorporating robotics, AI and 22 state-of-the-art on board laboratories...ââ¬ÅThe ship will introduce features found on cruise, expedition, research and luxury yachts but she will be none of them,ââ¬Â said Earth 300 chief executive Aaron Olivera...Featuring naval architecture by NED, Earth 300 will be emission-free and powered by Molten Salt Reactors, which provide sustainable, clean energy...Other features include a science city housed inside a huge sphere, an observa...

  • 2021年04月13日
    984-Foot Science Exploration Vessel Comes Complete With A ‘‘Science Sphere‘‘ And 22 Onboard Laboratories

    April 13, 2021: VIDEO AVAILABLE. CONTACT INFO@COVERMG.COM TO RECEIVE.**..A 300-metre science exploration vessel packed with green technology, a ââ¬Åscience sphereââ¬Â, and the capacity to hold more than 400 people on board has been revealed...Penned by Iddes Yachts, Earth 300 is described as a vessel ââ¬Åthat will unite science and exploration to confront earthââ¬â¢s greatest challenges,‘‘ by Iddes Yacht founder Ivan Salas Jefferson...The vessel will act as an extreme technology platform for science, exploration and innovation at sea, incorporating robotics, AI and 22 state-of-the-art on board laboratories...ââ¬ÅThe ship will introduce features found on cruise, expedition, research and luxury yachts but she will be none of them,ââ¬Â said Earth 300 chief executive Aaron Olivera...Featuring naval architecture by NED, Earth 300 will be emission-free and powered by Molten Salt Reactors, which provide sustainable, clean energy...Other features include a science city housed inside a huge sphere, an observa...

  • 2021年04月13日
    984-Foot Science Exploration Vessel Comes Complete With A ‘‘Science Sphere‘‘ And 22 Onboard Laboratories

    April 13, 2021: VIDEO AVAILABLE. CONTACT INFO@COVERMG.COM TO RECEIVE.**..A 300-metre science exploration vessel packed with green technology, a ââ¬Åscience sphereââ¬Â, and the capacity to hold more than 400 people on board has been revealed...Penned by Iddes Yachts, Earth 300 is described as a vessel ââ¬Åthat will unite science and exploration to confront earthââ¬â¢s greatest challenges,‘‘ by Iddes Yacht founder Ivan Salas Jefferson...The vessel will act as an extreme technology platform for science, exploration and innovation at sea, incorporating robotics, AI and 22 state-of-the-art on board laboratories...ââ¬ÅThe ship will introduce features found on cruise, expedition, research and luxury yachts but she will be none of them,ââ¬Â said Earth 300 chief executive Aaron Olivera...Featuring naval architecture by NED, Earth 300 will be emission-free and powered by Molten Salt Reactors, which provide sustainable, clean energy...Other features include a science city housed inside a huge sphere, an observa...

  • 2021年04月13日
    984-Foot Science Exploration Vessel Comes Complete With A ‘‘Science Sphere‘‘ And 22 Onboard Laboratories

    April 13, 2021: VIDEO AVAILABLE. CONTACT INFO@COVERMG.COM TO RECEIVE.**..A 300-metre science exploration vessel packed with green technology, a ââ¬Åscience sphereââ¬Â, and the capacity to hold more than 400 people on board has been revealed...Penned by Iddes Yachts, Earth 300 is described as a vessel ââ¬Åthat will unite science and exploration to confront earthââ¬â¢s greatest challenges,‘‘ by Iddes Yacht founder Ivan Salas Jefferson...The vessel will act as an extreme technology platform for science, exploration and innovation at sea, incorporating robotics, AI and 22 state-of-the-art on board laboratories...ââ¬ÅThe ship will introduce features found on cruise, expedition, research and luxury yachts but she will be none of them,ââ¬Â said Earth 300 chief executive Aaron Olivera...Featuring naval architecture by NED, Earth 300 will be emission-free and powered by Molten Salt Reactors, which provide sustainable, clean energy...Other features include a science city housed inside a huge sphere, an observa...

  • 2021年04月13日
    雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の雲洞図書館で本を読む観光客。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=配信日:2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月12日
    巨大机を組み込む外観 「うなぎパイ」新複合施設

    銘菓「うなぎパイ」を製造・販売する春華堂がオープンした、本社オフィスと店舗やカフェを併設した複合施設「SWEETS BANK」=12日午前、浜松市

    撮影: 12日午前、浜松市

  • 2021年04月12日
    California News - April 12, 2021

    April 12, 2021, Los Angeles, California, USA: Sup. Hilda Solis, Peter Ng, CEO of the Chinatown Service Center, and Ernest Lee, VP of the Chinese Consolidated Benevolent Association, announce the opening of a vaccination center in Los Angelesââ¬â¢ Chinatown during a press conference on Monday, April 12, 2021. Solis and the Chinatown Service Center opened the walk-up and appointment site to make it easier for elders in the community to have access to COVID-19 vaccines. The site is open M-F from 9 am to 3 pm. (Credit Image: © Sarah Reingewirtz/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Sarah Reingewirtz/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out

  • 2021年04月09日
    アサヒビール・スーパードライミュージアムのアンバサダー就任式

    アサヒビールは茨城工場をスーパードライの世界観が体験できる、「スーパードライミュージアム」としてリニューアルした。アンバサダーとして白石麻衣さんを迎え、21年4月9日に「スーパードライミュージアム」オープン記念アンバサダー就任式を開いた。=2021(令和3)年4月9日、茨城県守谷市のスーパードライミュージアム、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月09日
    アサヒビール・スーパードライミュージアムのアンバサダー就任式

    アサヒビールは茨城工場をスーパードライの世界観が体験できる、「スーパードライミュージアム」としてリニューアルした。アンバサダーとして白石麻衣さんを迎え、21年4月9日に「スーパードライミュージアム」オープン記念アンバサダー就任式を開いた。=2021(令和3)年4月9日、茨城県守谷市のスーパードライミュージアム、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月09日
    California News - April 9, 2021

    April 9, 2021, California, USA: Susan Carrier, CEO and Bennie Ortiz, project manager sit in some of the 400 seats in the 100 year old Historic Hemet Theatre as volunteers work to renovate the theater to open by June in Hemet on Friday, April 9, 2021. (Credit Image: © Wayne E Donnelly/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Wayne E Donnelly/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out

  • 2021年04月09日
    BIZ-INFRASTRUCTURE-TAX-AVIATION-HC

    April 8, 2021, USA: Greg Hayes, the CEO of Raytheon Technologies Corp., has criticized President Joe Biden‘s proposed corporate tax increase to fund a $2 trillion infrastructure overhaul. Pictured here is the $330 million widening of I-84 just east of Waterbury‘s mixmaster interchange in 2015. (Credit Image: © TNS via ZUMA Wire)、クレジット:©TNS via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月08日
    高級食パン専門店「め組の庭」パン

    2021年4月9日プレオープン、10日グランドオープンの高級食パン専門店。ニナイテック(本社:恵庭市)が運営。メディア向け内覧会にて=2021(令和3)年4月8日、北海道恵庭市、クレジット:北海道ファンマガジン/共同通信イメージズ

  • 2021年04月08日
    ベーカリープロデューサー岸本拓也氏

    2021年4月9日プレオープン、10日グランドオープンの高級食パン専門店「め組の庭」。ニナイテック(本社:恵庭市)が運営。メディア向け内覧会にて。運営する株式会社ニナイテック代表取締役山田益巳さん(左)ベーカリープロデューサー岸本拓也さん(右)=2021(令和3)年4月8日、北海道恵庭市、クレジット:北海道ファンマガジン/共同通信イメージズ

  • 2021年04月08日
    Open sit-in of TAP journalists against the appointment of the new CEO.

    April 8, 2021, Tunis, Tunisia: Kamel Ben Younes was appointed administrator, representative of the State on the Board of Directors of the Tunis Afrique Presse (TAP) agency, replacing Mouna Mtibaâ°,.TAP employees began an open sit-in at the agency‘s headquarters yesterday, protesting the appointment of Kamel Ben Younes as TAP CEO, an appointment described as ‘‘political and partisan‘‘..Journalists, executives and agents of the TAP agency called on the head of government, Hichem Mechichi, to return ‘‘immediately‘‘ to this ‘‘serious‘‘ appointment, demanding ‘‘to keep the agency away from any attempt at enslavement. and political instrumentalisation Ã. photo: Yassine Mahjoub. (Credit Image: © Chokri Mahjoub/ZUMA Wire)、クレジット:©Chokri Mahjoub/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月08日
    高級食パン専門店「め組の庭」

    2021年4月9日プレオープン、10日グランドオープンの高級食パン専門店。ニナイテック(本社:恵庭市)が運営。メディア向け内覧会にて=2021(令和3)年4月8日、北海道恵庭市、クレジット:北海道ファンマガジン/共同通信イメージズ

  • 2021年04月08日
    Open sit-in of TAP journalists against the appointment of the new CEO.

    April 8, 2021, Tunis, Tunisia: Kamel Ben Younes was appointed administrator, representative of the State on the Board of Directors of the Tunis Afrique Presse (TAP) agency, replacing Mouna Mtibaâ°,.TAP employees began an open sit-in at the agency‘s headquarters yesterday, protesting the appointment of Kamel Ben Younes as TAP CEO, an appointment described as ‘‘political and partisan‘‘..Journalists, executives and agents of the TAP agency called on the head of government, Hichem Mechichi, to return ‘‘immediately‘‘ to this ‘‘serious‘‘ appointment, demanding ‘‘to keep the agency away from any attempt at enslavement. and political instrumentalisation Ã. photo: Yassine Mahjoub. (Credit Image: © Chokri Mahjoub/ZUMA Wire)、クレジット:©Chokri Mahjoub/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月08日
    Open sit-in of TAP journalists against the appointment of the new CEO.

    April 8, 2021, Tunis, Tunisia: Kamel Ben Younes was appointed administrator, representative of the State on the Board of Directors of the Tunis Afrique Presse (TAP) agency, replacing Mouna Mtibaâ°,.TAP employees began an open sit-in at the agency‘s headquarters yesterday, protesting the appointment of Kamel Ben Younes as TAP CEO, an appointment described as ‘‘political and partisan‘‘..Journalists, executives and agents of the TAP agency called on the head of government, Hichem Mechichi, to return ‘‘immediately‘‘ to this ‘‘serious‘‘ appointment, demanding ‘‘to keep the agency away from any attempt at enslavement. and political instrumentalisation Ã. photo: Yassine Mahjoub. (Credit Image: © Chokri Mahjoub/ZUMA Wire)、クレジット:©Chokri Mahjoub/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月08日
    Open sit-in of TAP journalists against the appointment of the new CEO.

    April 8, 2021, Tunis, Tunisia: Kamel Ben Younes was appointed administrator, representative of the State on the Board of Directors of the Tunis Afrique Presse (TAP) agency, replacing Mouna Mtibaâ°,.TAP employees began an open sit-in at the agency‘s headquarters yesterday, protesting the appointment of Kamel Ben Younes as TAP CEO, an appointment described as ‘‘political and partisan‘‘..Journalists, executives and agents of the TAP agency called on the head of government, Hichem Mechichi, to return ‘‘immediately‘‘ to this ‘‘serious‘‘ appointment, demanding ‘‘to keep the agency away from any attempt at enslavement. and political instrumentalisation Ã. photo: Yassine Mahjoub. (Credit Image: © Chokri Mahjoub/ZUMA Wire)、クレジット:©Chokri Mahjoub/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月08日
    Open sit-in of TAP journalists against the appointment of the new CEO.

    April 8, 2021, Tunis, Tunisia: Kamel Ben Younes was appointed administrator, representative of the State on the Board of Directors of the Tunis Afrique Presse (TAP) agency, replacing Mouna Mtibaâ°,.TAP employees began an open sit-in at the agency‘s headquarters yesterday, protesting the appointment of Kamel Ben Younes as TAP CEO, an appointment described as ‘‘political and partisan‘‘..Journalists, executives and agents of the TAP agency called on the head of government, Hichem Mechichi, to return ‘‘immediately‘‘ to this ‘‘serious‘‘ appointment, demanding ‘‘to keep the agency away from any attempt at enslavement. and political instrumentalisation Ã. photo: Yassine Mahjoub. (Credit Image: © Chokri Mahjoub/ZUMA Wire)、クレジット:©Chokri Mahjoub/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月08日
    Open sit-in of TAP journalists against the appointment of the new CEO.

    April 8, 2021, Tunis, Tunisia: Kamel Ben Younes was appointed administrator, representative of the State on the Board of Directors of the Tunis Afrique Presse (TAP) agency, replacing Mouna Mtibaâ°,.TAP employees began an open sit-in at the agency‘s headquarters yesterday, protesting the appointment of Kamel Ben Younes as TAP CEO, an appointment described as ‘‘political and partisan‘‘..Journalists, executives and agents of the TAP agency called on the head of government, Hichem Mechichi, to return ‘‘immediately‘‘ to this ‘‘serious‘‘ appointment, demanding ‘‘to keep the agency away from any attempt at enslavement. and political instrumentalisation Ã. photo: Yassine Mahjoub. (Credit Image: © Chokri Mahjoub/ZUMA Wire)、クレジット:©Chokri Mahjoub/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月08日
    Open sit-in of TAP journalists against the appointment of the new CEO.

    April 8, 2021, Tunis, Tunisia: Kamel Ben Younes was appointed administrator, representative of the State on the Board of Directors of the Tunis Afrique Presse (TAP) agency, replacing Mouna Mtibaâ°,.TAP employees began an open sit-in at the agency‘s headquarters yesterday, protesting the appointment of Kamel Ben Younes as TAP CEO, an appointment described as ‘‘political and partisan‘‘..Journalists, executives and agents of the TAP agency called on the head of government, Hichem Mechichi, to return ‘‘immediately‘‘ to this ‘‘serious‘‘ appointment, demanding ‘‘to keep the agency away from any attempt at enslavement. and political instrumentalisation Ã. photo: Yassine Mahjoub. (Credit Image: © Chokri Mahjoub/ZUMA Wire)、クレジット:©Chokri Mahjoub/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    アサヒビールの家庭用生ビールサービス「ドラフターズ」発表会

    アサヒビールは7日、家庭用生ビールサービス「THE DRAFTERS(ドラフターズ)」を5月25日から開始し、会員の募集を始めたと発表した。独自開発のサーバー「本格泡リッチサーバー」を貸し出し、ビール「スーパードライ」の2リットル入りのミニたるを月2回、定期配送。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅時間が増える中、家庭で本格的な生ビールが味わえるサービスを提供する。2021年に会員数3万人を目指す。本格泡リッチサーバーは氷点下の温度帯「エクストラコールド・モード」を備え、好みによって温度帯を変えられる。利用料金はミニたる2本付きで月額7980円。キャンプなどアウトドア需要の高まりを受け、屋外で持ち運びできる専用キャリーケースの販売を計画する。松山一雄専務取締役は「初年度はできるだけシンプルなサービスにするが、次年度以降は会員と一緒に仕組みを作っていく進化形のサービスにしたい」と述べた。写真はドラフターズで会員に貸し出す「本格泡リッチサーバー」。=2021(令和3)年4月7日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    アサヒビールの家庭用生ビールサービス「ドラフターズ」発表会

    アサヒビールは7日、家庭用生ビールサービス「THE DRAFTERS(ドラフターズ)」を5月25日から開始し、会員の募集を始めたと発表した。独自開発のサーバー「本格泡リッチサーバー」を貸し出し、ビール「スーパードライ」の2リットル入りのミニたるを月2回、定期配送。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅時間が増える中、家庭で本格的な生ビールが味わえるサービスを提供する。2021年に会員数3万人を目指す。本格泡リッチサーバーは氷点下の温度帯「エクストラコールド・モード」を備え、好みによって温度帯を変えられる。利用料金はミニたる2本付きで月額7980円。キャンプなどアウトドア需要の高まりを受け、屋外で持ち運びできる専用キャリーケースの販売を計画する。松山一雄専務取締役は「初年度はできるだけシンプルなサービスにするが、次年度以降は会員と一緒に仕組みを作っていく進化形のサービスにしたい」と述べた。写真はドラフターズで会員に貸し出す「本格泡リッチサーバー」。=2021(令和3)年4月7日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    アサヒビールの家庭用生ビールサービス「ドラフターズ」発表会

    アサヒビールは7日、家庭用生ビールサービス「THE DRAFTERS(ドラフターズ)」を5月25日から開始し、会員の募集を始めたと発表した。独自開発のサーバー「本格泡リッチサーバー」を貸し出し、ビール「スーパードライ」の2リットル入りのミニたるを月2回、定期配送。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅時間が増える中、家庭で本格的な生ビールが味わえるサービスを提供する。2021年に会員数3万人を目指す。本格泡リッチサーバーは氷点下の温度帯「エクストラコールド・モード」を備え、好みによって温度帯を変えられる。利用料金はミニたる2本付きで月額7980円。キャンプなどアウトドア需要の高まりを受け、屋外で持ち運びできる専用キャリーケースの販売を計画する。松山一雄専務取締役は「初年度はできるだけシンプルなサービスにするが、次年度以降は会員と一緒に仕組みを作っていく進化形のサービスにしたい」と述べた。写真はドラフターズで会員に貸し出す「本格泡リッチサーバー」。=2021(令和3)年4月7日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    アサヒビールの家庭用生ビールサービス「ドラフターズ」発表会

    アサヒビールは7日、家庭用生ビールサービス「THE DRAFTERS(ドラフターズ)」を5月25日から開始し、会員の募集を始めたと発表した。独自開発のサーバー「本格泡リッチサーバー」を貸し出し、ビール「スーパードライ」の2リットル入りのミニたるを月2回、定期配送。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅時間が増える中、家庭で本格的な生ビールが味わえるサービスを提供する。2021年に会員数3万人を目指す。本格泡リッチサーバーは氷点下の温度帯「エクストラコールド・モード」を備え、好みによって温度帯を変えられる。利用料金はミニたる2本付きで月額7980円。キャンプなどアウトドア需要の高まりを受け、屋外で持ち運びできる専用キャリーケースの販売を計画する。松山一雄専務取締役は「初年度はできるだけシンプルなサービスにするが、次年度以降は会員と一緒に仕組みを作っていく進化形のサービスにしたい」と述べた。=2021(令和3)年4月7日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    アサヒビールの家庭用生ビールサービス「ドラフターズ」発表会

    アサヒビールは7日、家庭用生ビールサービス「THE DRAFTERS(ドラフターズ)」を5月25日から開始し、会員の募集を始めたと発表した。独自開発のサーバー「本格泡リッチサーバー」を貸し出し、ビール「スーパードライ」の2リットル入りのミニたるを月2回、定期配送。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅時間が増える中、家庭で本格的な生ビールが味わえるサービスを提供する。2021年に会員数3万人を目指す。本格泡リッチサーバーは氷点下の温度帯「エクストラコールド・モード」を備え、好みによって温度帯を変えられる。利用料金はミニたる2本付きで月額7980円。キャンプなどアウトドア需要の高まりを受け、屋外で持ち運びできる専用キャリーケースの販売を計画する。松山一雄専務取締役は「初年度はできるだけシンプルなサービスにするが、次年度以降は会員と一緒に仕組みを作っていく進化形のサービスにしたい」と述べた。写真はドラフターズで会員に貸し出す「本格泡リッチサーバー」。=2021(令和3)年4月7日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    アサヒビールの家庭用生ビールサービス「ドラフターズ」発表会

    アサヒビールは7日、家庭用生ビールサービス「THE DRAFTERS(ドラフターズ)」を5月25日から開始し、会員の募集を始めたと発表した。独自開発のサーバー「本格泡リッチサーバー」を貸し出し、ビール「スーパードライ」の2リットル入りのミニたるを月2回、定期配送。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅時間が増える中、家庭で本格的な生ビールが味わえるサービスを提供する。2021年に会員数3万人を目指す。本格泡リッチサーバーは氷点下の温度帯「エクストラコールド・モード」を備え、好みによって温度帯を変えられる。利用料金はミニたる2本付きで月額7980円。キャンプなどアウトドア需要の高まりを受け、屋外で持ち運びできる専用キャリーケースの販売を計画する。松山一雄専務取締役は「初年度はできるだけシンプルなサービスにするが、次年度以降は会員と一緒に仕組みを作っていく進化形のサービスにしたい」と述べた。写真はフォトセッションの様子。(左から)鹿子由香里 経営創造本部 経営変革室担当課長と、松山一雄 専務取締役 マーケティング本部長。=2021(令和3)年4月7日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    アサヒビールの家庭用生ビールサービス「ドラフターズ」発表会

    アサヒビールは7日、家庭用生ビールサービス「THE DRAFTERS(ドラフターズ)」を5月25日から開始し、会員の募集を始めたと発表した。独自開発のサーバー「本格泡リッチサーバー」を貸し出し、ビール「スーパードライ」の2リットル入りのミニたるを月2回、定期配送。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅時間が増える中、家庭で本格的な生ビールが味わえるサービスを提供する。2021年に会員数3万人を目指す。本格泡リッチサーバーは氷点下の温度帯「エクストラコールド・モード」を備え、好みによって温度帯を変えられる。利用料金はミニたる2本付きで月額7980円。キャンプなどアウトドア需要の高まりを受け、屋外で持ち運びできる専用キャリーケースの販売を計画する。松山一雄専務取締役は「初年度はできるだけシンプルなサービスにするが、次年度以降は会員と一緒に仕組みを作っていく進化形のサービスにしたい」と述べた。写真はフォトセッションの様子。(左から)鹿子由香里 経営創造本部 経営変革室担当課長と、松山一雄 専務取締役 マーケティング本部長。=2021(令和3)年4月7日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    アサヒビールの家庭用生ビールサービス「ドラフターズ」発表会

    アサヒビールは7日、家庭用生ビールサービス「THE DRAFTERS(ドラフターズ)」を5月25日から開始し、会員の募集を始めたと発表した。独自開発のサーバー「本格泡リッチサーバー」を貸し出し、ビール「スーパードライ」の2リットル入りのミニたるを月2回、定期配送。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅時間が増える中、家庭で本格的な生ビールが味わえるサービスを提供する。2021年に会員数3万人を目指す。本格泡リッチサーバーは氷点下の温度帯「エクストラコールド・モード」を備え、好みによって温度帯を変えられる。利用料金はミニたる2本付きで月額7980円。キャンプなどアウトドア需要の高まりを受け、屋外で持ち運びできる専用キャリーケースの販売を計画する。松山一雄専務取締役は「初年度はできるだけシンプルなサービスにするが、次年度以降は会員と一緒に仕組みを作っていく進化形のサービスにしたい」と述べた。会見する鹿子由香里 経営創造本部 経営変革室担当課長。=2021(令和3)年4月7日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    アサヒビールの家庭用生ビールサービス「ドラフターズ」発表会

    アサヒビールは7日、家庭用生ビールサービス「THE DRAFTERS(ドラフターズ)」を5月25日から開始し、会員の募集を始めたと発表した。独自開発のサーバー「本格泡リッチサーバー」を貸し出し、ビール「スーパードライ」の2リットル入りのミニたるを月2回、定期配送。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅時間が増える中、家庭で本格的な生ビールが味わえるサービスを提供する。2021年に会員数3万人を目指す。本格泡リッチサーバーは氷点下の温度帯「エクストラコールド・モード」を備え、好みによって温度帯を変えられる。利用料金はミニたる2本付きで月額7980円。キャンプなどアウトドア需要の高まりを受け、屋外で持ち運びできる専用キャリーケースの販売を計画する。松山一雄専務取締役は「初年度はできるだけシンプルなサービスにするが、次年度以降は会員と一緒に仕組みを作っていく進化形のサービスにしたい」と述べた。会見する鹿子由香里 経営創造本部 経営変革室担当課長。=2021(令和3)年4月7日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    アサヒビールの家庭用生ビールサービス「ドラフターズ」発表会

    アサヒビールは7日、家庭用生ビールサービス「THE DRAFTERS(ドラフターズ)」を5月25日から開始し、会員の募集を始めたと発表した。独自開発のサーバー「本格泡リッチサーバー」を貸し出し、ビール「スーパードライ」の2リットル入りのミニたるを月2回、定期配送。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅時間が増える中、家庭で本格的な生ビールが味わえるサービスを提供する。2021年に会員数3万人を目指す。本格泡リッチサーバーは氷点下の温度帯「エクストラコールド・モード」を備え、好みによって温度帯を変えられる。利用料金はミニたる2本付きで月額7980円。キャンプなどアウトドア需要の高まりを受け、屋外で持ち運びできる専用キャリーケースの販売を計画する。松山一雄専務取締役は「初年度はできるだけシンプルなサービスにするが、次年度以降は会員と一緒に仕組みを作っていく進化形のサービスにしたい」と述べた。会見する松山一雄 専務取締役 マーケティング本部長。=2021(令和3)年4月7日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    アサヒビールの家庭用生ビールサービス「ドラフターズ」発表会

    アサヒビールは7日、家庭用生ビールサービス「THE DRAFTERS(ドラフターズ)」を5月25日から開始し、会員の募集を始めたと発表した。独自開発のサーバー「本格泡リッチサーバー」を貸し出し、ビール「スーパードライ」の2リットル入りのミニたるを月2回、定期配送。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅時間が増える中、家庭で本格的な生ビールが味わえるサービスを提供する。2021年に会員数3万人を目指す。本格泡リッチサーバーは氷点下の温度帯「エクストラコールド・モード」を備え、好みによって温度帯を変えられる。利用料金はミニたる2本付きで月額7980円。キャンプなどアウトドア需要の高まりを受け、屋外で持ち運びできる専用キャリーケースの販売を計画する。松山一雄専務取締役は「初年度はできるだけシンプルなサービスにするが、次年度以降は会員と一緒に仕組みを作っていく進化形のサービスにしたい」と述べた。会見する松山一雄 専務取締役 マーケティング本部長。=2021(令和3)年4月7日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    アサヒビールの家庭用生ビールサービス「ドラフターズ」発表会

    アサヒビールは7日、家庭用生ビールサービス「THE DRAFTERS(ドラフターズ)」を5月25日から開始し、会員の募集を始めたと発表した。独自開発のサーバー「本格泡リッチサーバー」を貸し出し、ビール「スーパードライ」の2リットル入りのミニたるを月2回、定期配送。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅時間が増える中、家庭で本格的な生ビールが味わえるサービスを提供する。2021年に会員数3万人を目指す。本格泡リッチサーバーは氷点下の温度帯「エクストラコールド・モード」を備え、好みによって温度帯を変えられる。利用料金はミニたる2本付きで月額7980円。キャンプなどアウトドア需要の高まりを受け、屋外で持ち運びできる専用キャリーケースの販売を計画する。松山一雄専務取締役は「初年度はできるだけシンプルなサービスにするが、次年度以降は会員と一緒に仕組みを作っていく進化形のサービスにしたい」と述べた。会見する松山一雄 専務取締役 マーケティング本部長。=2021(令和3)年4月7日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    アサヒビールの家庭用生ビールサービス「ドラフターズ」発表会

    アサヒビールは7日、家庭用生ビールサービス「THE DRAFTERS(ドラフターズ)」を5月25日から開始し、会員の募集を始めたと発表した。独自開発のサーバー「本格泡リッチサーバー」を貸し出し、ビール「スーパードライ」の2リットル入りのミニたるを月2回、定期配送。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅時間が増える中、家庭で本格的な生ビールが味わえるサービスを提供する。2021年に会員数3万人を目指す。本格泡リッチサーバーは氷点下の温度帯「エクストラコールド・モード」を備え、好みによって温度帯を変えられる。利用料金はミニたる2本付きで月額7980円。キャンプなどアウトドア需要の高まりを受け、屋外で持ち運びできる専用キャリーケースの販売を計画する。松山一雄専務取締役は「初年度はできるだけシンプルなサービスにするが、次年度以降は会員と一緒に仕組みを作っていく進化形のサービスにしたい」と述べた。写真はドラフターズで会員に貸し出す「本格泡リッチサーバー」。=2021(令和3)年4月7日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    アサヒビールの家庭用生ビールサービス「ドラフターズ」発表会

    アサヒビールは7日、家庭用生ビールサービス「THE DRAFTERS(ドラフターズ)」を5月25日から開始し、会員の募集を始めたと発表した。独自開発のサーバー「本格泡リッチサーバー」を貸し出し、ビール「スーパードライ」の2リットル入りのミニたるを月2回、定期配送。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅時間が増える中、家庭で本格的な生ビールが味わえるサービスを提供する。2021年に会員数3万人を目指す。本格泡リッチサーバーは氷点下の温度帯「エクストラコールド・モード」を備え、好みによって温度帯を変えられる。利用料金はミニたる2本付きで月額7980円。キャンプなどアウトドア需要の高まりを受け、屋外で持ち運びできる専用キャリーケースの販売を計画する。松山一雄専務取締役は「初年度はできるだけシンプルなサービスにするが、次年度以降は会員と一緒に仕組みを作っていく進化形のサービスにしたい」と述べた。写真はドラフターズで会員に貸し出す「本格泡リッチサーバー」。=2021(令和3)年4月7日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 00:45.44
    2021年04月07日
    「新華社」杭州アジア大会のビーチバレー会場が完成、検収に合格浙江省象山県

    中国浙江省寧波市象山県で建設が進められていた第19回アジア競技大会のビーチバレー会場の建設プロジェクトがこのほど、関係部門による審査を経て竣工後の検収に合格した。同大会のビーチバレー競技エリアは同県の東海半辺山観光リゾート地区に位置し、プロジェクトの計画敷地面積は92・5ムー(約6・17ヘクタール)、総建築面積は2万2243平方メートル、総投資額は約1億2500万元(1元=約17円)。2千人の観客を収容できるC字型をした半開放式のメイン会場と、500人が収容可能なサブ会場のほか、ウオーミングアップ場2カ所とトレーニング場3カ所などを備える。(記者/夏亮、宋立峰)=配信日:2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月06日
    名古屋市立大学の遠隔診療向けカメラ寄付に対する感謝状贈呈式

    名古屋市立大学は6日、バッファローからの遠隔診療向けカメラ寄付に対する感謝状贈呈式を開催した。バッファローは計28台のカメラを無償で提供。新型コロナウイルス感染症拡大で広まる遠隔診療の需要増に貢献する。遠隔診療向けカメラは、医師や看護師の感染予防に貢献。遠隔で患者の状態を確認できるため、コロナ病床に出入りする頻度を低減する。名古屋市大の郡健二郎理事長は「コロナ禍の医療で重要な“接しない”医療に役立つ」とした。バッファローは2月から医療機関向けに情報通信技術(ICT)支援事業を開始。遠隔診療向けカメラの導入や運用、通信環境構築などをサポートしている。写真は名古屋市立大学の郡健二郎理事長・学長(中央右)とメルコグループの松尾民男取締役副社長(中央左)ら。=2021(令和3)年4月6日、愛知県名古屋市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月06日
    (2)蘭州水墨丹霞風景区、まもなく一般開放甘粛省

    5日、蘭州水墨丹霞風景区の入り口。中国甘粛省の蘭州水墨丹霞風景区で進む建設工事がこのほど、最終段階に入った。風景区の計画面積は400平方キロ、うち第1期プロジェクトのメイン観光エリアは20平方キロとなっている。すでに展望台10カ所が完成しており、観光客は赤い堆積岩から成る丹霞地形が延々と連なる様子や、色とりどりの丘をさまざまな角度から楽しむことができる。風景区は、5月1日からのメーデー連休に一般開放される。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月06日
    (4)蘭州水墨丹霞風景区、まもなく一般開放甘粛省

    5日、空から見た蘭州水墨丹霞風景区。(小型無人機から)中国甘粛省の蘭州水墨丹霞風景区で進む建設工事がこのほど、最終段階に入った。風景区の計画面積は400平方キロ、うち第1期プロジェクトのメイン観光エリアは20平方キロとなっている。すでに展望台10カ所が完成しており、観光客は赤い堆積岩から成る丹霞地形が延々と連なる様子や、色とりどりの丘をさまざまな角度から楽しむことができる。風景区は、5月1日からのメーデー連休に一般開放される。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月06日
    (5)蘭州水墨丹霞風景区、まもなく一般開放甘粛省

    5日、空から見た蘭州水墨丹霞風景区。(小型無人機から)中国甘粛省の蘭州水墨丹霞風景区で進む建設工事がこのほど、最終段階に入った。風景区の計画面積は400平方キロ、うち第1期プロジェクトのメイン観光エリアは20平方キロとなっている。すでに展望台10カ所が完成しており、観光客は赤い堆積岩から成る丹霞地形が延々と連なる様子や、色とりどりの丘をさまざまな角度から楽しむことができる。風景区は、5月1日からのメーデー連休に一般開放される。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月06日
    (3)蘭州水墨丹霞風景区、まもなく一般開放甘粛省

    5日、空から見た蘭州水墨丹霞風景区。(小型無人機から)中国甘粛省の蘭州水墨丹霞風景区で進む建設工事がこのほど、最終段階に入った。風景区の計画面積は400平方キロ、うち第1期プロジェクトのメイン観光エリアは20平方キロとなっている。すでに展望台10カ所が完成しており、観光客は赤い堆積岩から成る丹霞地形が延々と連なる様子や、色とりどりの丘をさまざまな角度から楽しむことができる。風景区は、5月1日からのメーデー連休に一般開放される。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月06日
    (1)蘭州水墨丹霞風景区、まもなく一般開放甘粛省

    5日、空から見た蘭州水墨丹霞風景区。(小型無人機から)中国甘粛省の蘭州水墨丹霞風景区で進む建設工事がこのほど、最終段階に入った。風景区の計画面積は400平方キロ、うち第1期プロジェクトのメイン観光エリアは20平方キロとなっている。すでに展望台10カ所が完成しており、観光客は赤い堆積岩から成る丹霞地形が延々と連なる様子や、色とりどりの丘をさまざまな角度から楽しむことができる。風景区は、5月1日からのメーデー連休に一般開放される。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月06日
    (6)蘭州水墨丹霞風景区、まもなく一般開放甘粛省

    5日、空から見た蘭州水墨丹霞風景区。(小型無人機から)中国甘粛省の蘭州水墨丹霞風景区で進む建設工事がこのほど、最終段階に入った。風景区の計画面積は400平方キロ、うち第1期プロジェクトのメイン観光エリアは20平方キロとなっている。すでに展望台10カ所が完成しており、観光客は赤い堆積岩から成る丹霞地形が延々と連なる様子や、色とりどりの丘をさまざまな角度から楽しむことができる。風景区は、5月1日からのメーデー連休に一般開放される。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:54.31
    2021年04月04日
    変異株、情報提供速やかに まん延防止で知事会提言

    全国知事会は4日、新型コロナウイルス対策本部の会合をオンラインで開き、国への緊急提言案を示した。5日から「まん延防止等重点措置」が3府県で初適用されるのを受け、飲食店への営業時間短縮要請に伴う協力金の費用などを全面的に財政支援するよう要求。変異株の全国的な広がりに強い危機感を示し、変異株の感染力に関する専門的な知見や対処方法などを速やかに情報提供するよう求めている。 知事会長の飯泉嘉門徳島県知事は「3度目の緊急事態宣言は何としても避けなければならない」と述べ、感染拡大防止へ国と連携して取り組む考えを強調した。 提言案は、地方での感染拡大とクラスター(感染者集団)の続発を受け「第4波の到来」と分析。まん延防止等重点措置による機動的な対応を求めた。ウイルス検体の分析や保健所の体制強化、PCR検査や積極的疫学調査の拡充に向けた財政支援も訴えた。 <映像内容>全国知事会・新型コロナウイルス対策本部のオンライン会合の様子。知事会長の飯泉嘉門長徳島県知事、宮城県の村井嘉浩知事、東京都の小池百合子知事、大阪府の吉村洋文知事の発言など。会合後に行われた飯泉氏によるオンライン・ブリーフィングなど、撮影日:2021(令和3)年4月4日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2021(令和3)年4月4日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月03日
    トヨタ自動車が実施している岩手県葛巻町での買い物支援

    トヨタ自動車が、地域住民の「困りごと解決」を通じたMaaS(乗り物のサービス化)の事業化を模索している。その一つが、岩手県葛巻町で実施している、過疎地での買い物支援だ。東北の未来に向けて「モビリティーカンパニー」がやるべきことは何か―。過疎地でのビジネスモデル構築と次世代技術の実装、地域課題の解決という難題に挑む。牧場や田畑が広がる葛巻町の小屋瀬地区。電話で事前注文した生鮮品や雑貨などを積んだ配送車が、1軒の住宅に到着した。「移動手段がなく買い物が困難だったので助かった。やり方が分からなかったが、これからお世話になりたい」と、荷物を受け取った高齢女性は笑顔だ。これはトヨタや販売店のネッツトヨタ岩手(盛岡市)などが実施する地域支援活動の一環だ。廃業で商店がなくなった過疎地域に、トヨタの基金を活用してスーパーを開店。毎週土曜日に営業し、実店舗での買い物のほか買い物困難者への配達も行う。高齢化が進み路線バスも1日数本と限られる同地区では、買い物に限らず移動の課題は多い。しかし住民はそれを当たり前と受け止め生活している。一連の取り組みを視察したトヨタの山本圭司執行役員は「不便を許容している部分がある。住民の生の声を聞き、移動やトヨタ生産方式を活用したシステム構築などで、もっと便利なサービスを提供したい」と力を込める。トヨタは水素事業では「人口30万人都市」を一つの目安としている。MaaSでも「過疎地モデル」が構築できれば、他地域への応用も可能だ。岩手での実証には東北の未来を作るとの思いも込める。「震災復興のためにはやり続けることが重要だ」(山本執行役員)。移動の新たな価値提供に向け動きだす。写真はトヨタ自動車やネッツトヨタ岩手などが進める過疎地での買い物支援実証について説明を受ける、トヨタの山本圭司執行役員(左)。=2021(令和3)年4月3日、岩手県葛巻町、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (4)河北省雄安新区の淡水湖、白洋淀が290平方キロまで回復

    3月31日、河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀の風景。(小型無人機から)中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀は生態系修復などの事業が着々と進み、現在面積が290平方キロまで回復した。以前より「天然の種の博物館」と呼ばれる白洋淀は、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形は野鳥に良好な生息地を提供している。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (1)河北省雄安新区の淡水湖、白洋淀が290平方キロまで回復

    3月31日、河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀の風景。(小型無人機から)中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀は生態系修復などの事業が着々と進み、現在面積が290平方キロまで回復した。以前より「天然の種の博物館」と呼ばれる白洋淀は、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形が野鳥に良好な生息地を提供している。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (2)河北省雄安新区の淡水湖、白洋淀が290平方キロまで回復

    3月31日、河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀の風景。(小型無人機から)中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀は生態系修復などの事業が着々と進み、現在面積が290平方キロまで回復した。以前より「天然の種の博物館」と呼ばれる白洋淀は、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形が野鳥に良好な生息地を提供している。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (3)河北省雄安新区の淡水湖、白洋淀が290平方キロまで回復

    3月31日、河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀の風景。(小型無人機から)中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀は生態系修復などの事業が着々と進み、現在面積が290平方キロまで回復した。以前より「天然の種の博物館」と呼ばれる白洋淀は、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形が野鳥に良好な生息地を提供している。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月02日
    (Milva Ekonomi) ミルバ・エコノミ

    アルバニア、農業・地方開発大臣、2021年2月24日撮影(アナトリア通信提供・ゲッティ=共同)

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:49.57
    2021年04月02日
    「新華社」三国文化名村、かつての「空洞村」が人気スポットに湖北省嘉魚県

    中国湖北省咸寧(かんねい)市嘉魚県陸渓鎮印山村は、三国時代の呉の名将、丁奉(てい・ほう)の帥印(最高司令官の印綬)が残されたことから「三国文化名村」と呼ばれている。かつては交通が不便で、住民は伝統的な農業で暮らしを支えるしかなかった。やがて都市化の加速とともに、住民の大多数が都市に活路を求めて村を離れるようになった。豊かになるにはまず道を通す必要がある。嘉魚県は手始めに陸渓鎮から印山村までの貧困者支援観光道路を建設。続いて陸渓鎮が地元出身者のUターン促進政策を打ち出した。5年の発展を経て、印山村二組は観光とリゾート、研究学習をテーマとした田園式生態農園を建設した。3月1日に康豊源風景区がオープンすると、約1カ月で延べ3万人の観光客が訪れた。ここ5年で、印山村の集団経済は7500元(1元=約17円)から35万元に発展。約千人がUターン就職・起業し、住民1人当たりの平均収入は1万7千元に達した。かつての「空洞村」は、周辺の都市に暮らす人々の間で人気スポットとなり、農村振興への道を着実に歩んでいる。(記者/梁建強) =配信日: 2021(令和3)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (3)中国の臓器提供者数、3万3千人以上に

    3月31日、南京市で行われた臓器移植ドナーを追悼するイベント。中国紅十字(赤十字)会総会は3月31日、江蘇省南京市で行われた臓器移植ドナーを追悼するイベントで、中国の臓器提供意思登録者が現在、累計315万人以上に達し、これまでに亡くなった3万3千人余りが9万9千件以上の臓器を提供し、約10万人の臓器不全患者の命を救ったと明らかにした。中国各地には献体者やドナーを追悼する場が147カ所建設されている。(南京=新華社記者/沈汝発)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (4)中国の臓器提供者数、3万3千人以上に

    3月31日、南京市にある献体者と臓器移植ドナーを追悼する記念林。中国紅十字(赤十字)会総会は3月31日、江蘇省南京市で行われた臓器移植ドナーを追悼するイベントで、中国の臓器提供意思登録者が現在、累計315万人以上に達し、これまでに亡くなった3万3千人余りが9万9千件以上の臓器を提供し、約10万人の臓器不全患者の命を救ったと明らかにした。中国各地には献体者やドナーを追悼する場が147カ所建設されている。(南京=新華社記者/沈汝発)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    (Adil Karaismailoglu) アディル・カライスマイルオール

    トルコ、運輸・インフラ相、2020年1月8日撮影(アナドル提供・ゲッティ=共同)

  • 2021年03月31日
    (5)地元の特色ある食品で村を豊かに山東省乳山市

    26日、乳山市南黄鎮院后村で、「膠東花餑餑」を見せる村の人。中国山東省乳山(にゅうざん)市南黄鎮は、産業の活性化を促進するため、合作社(協同組合)を通じて「五彩麦花香」農村振興プロジェクトを導入した。同鎮は「膠東花餑餑」(こうとうかほつほつ、練った小麦粉を蒸して飾りつけした伝統菓子)や色付きの「五彩小麦」などの特色ある食品や農産物の利用拡大を推進。村民が資金や労務を提供する形の出資方法などにより生産に参加することで、収入を増やし豊かになれるよう後押ししている。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    (4)地元の特色ある食品で村を豊かに山東省乳山市

    26日、乳山市南黄鎮院后村で、「膠東花餑餑」作りに励む村の人。中国山東省乳山(にゅうざん)市南黄鎮は、産業の活性化を促進するため、合作社(協同組合)を通じて「五彩麦花香」農村振興プロジェクトを導入した。同鎮は「膠東花餑餑」(こうとうかほつほつ、練った小麦粉を蒸して飾りつけした伝統菓子)や色付きの「五彩小麦」などの特色ある食品や農産物の利用拡大を推進。村民が資金や労務を提供する形の出資方法などにより生産に参加することで、収入を増やし豊かになれるよう後押ししている。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    (6)地元の特色ある食品で村を豊かに山東省乳山市

    26日、乳山市南黄鎮院后村で、「膠東花餑餑」を作る村の人。中国山東省乳山(にゅうざん)市南黄鎮は、産業の活性化を促進するため、合作社(協同組合)を通じて「五彩麦花香」農村振興プロジェクトを導入した。同鎮は「膠東花餑餑」(こうとうかほつほつ、練った小麦粉を蒸して飾りつけした伝統菓子)や色付きの「五彩小麦」などの特色ある食品や農産物の利用拡大を推進。村民が資金や労務を提供する形の出資方法などにより生産に参加することで、収入を増やし豊かになれるよう後押ししている。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    (2)地元の特色ある食品で村を豊かに山東省乳山市

    26日、乳山市南黄鎮院后村で、「膠東花餑餑」を見せる村の人。中国山東省乳山(にゅうざん)市南黄鎮は、産業の活性化を促進するため、合作社(協同組合)を通じて「五彩麦花香」農村振興プロジェクトを導入した。同鎮は「膠東花餑餑」(こうとうかほつほつ、練った小麦粉を蒸して飾りつけした伝統菓子)や色付きの「五彩小麦」などの特色ある食品や農産物の利用拡大を推進。村民が資金や労務を提供する形の出資方法などにより生産に参加することで、収入を増やし豊かになれるよう後押ししている。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    (8)地元の特色ある食品で村を豊かに山東省乳山市

    26日、乳山市南黄鎮院后村で、「膠東花餑餑」を発酵器に入れる村の人。中国山東省乳山(にゅうざん)市南黄鎮は、産業の活性化を促進するため、合作社(協同組合)を通じて「五彩麦花香」農村振興プロジェクトを導入した。同鎮は「膠東花餑餑」(こうとうかほつほつ、練った小麦粉を蒸して飾りつけした伝統菓子)や色付きの「五彩小麦」などの特色ある食品や農産物の利用拡大を推進。村民が資金や労務を提供する形の出資方法などにより生産に参加することで、収入を増やし豊かになれるよう後押ししている。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    河北省雄安新区の淡水湖、白洋淀が290平方キロまで回復

    3月31日、河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀の風景。(小型無人機から)中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀は生態系修復などの事業が着々と進み、現在面積が290平方キロまで回復した。以前より「天然の種の博物館」と呼ばれる白洋淀は、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形が野鳥に良好な生息地を提供している。(雄安=新華社記者/邢広利)=配信日:2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    (1)地元の特色ある食品で村を豊かに山東省乳山市

    26日、乳山市南黄鎮院后村で、スマートフォンのビデオチャットで新製品について話し合う村の人たち。中国山東省乳山(にゅうざん)市南黄鎮は、産業の活性化を促進するため、合作社(協同組合)を通じて「五彩麦花香」農村振興プロジェクトを導入した。同鎮は「膠東花餑餑」(こうとうかほつほつ、練った小麦粉を蒸して飾りつけした伝統菓子)や色付きの「五彩小麦」などの特色ある食品や農産物の利用拡大を推進。村民が資金や労務を提供する形の出資方法などにより生産に参加することで、収入を増やし豊かになれるよう後押ししている。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    (10)地元の特色ある食品で村を豊かに山東省乳山市

    26日、乳山市南黄鎮院后村で、成形した「膠東花餑餑」の生地を並べる村の人。中国山東省乳山(にゅうざん)市南黄鎮は、産業の活性化を促進するため、合作社(協同組合)を通じて「五彩麦花香」農村振興プロジェクトを導入した。同鎮は「膠東花餑餑」(こうとうかほつほつ、練った小麦粉を蒸して飾りつけした伝統菓子)や色付きの「五彩小麦」などの特色ある食品や農産物の利用拡大を推進。村民が資金や労務を提供する形の出資方法などにより生産に参加することで、収入を増やし豊かになれるよう後押ししている。(乳山=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...