KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ドローン
  • 本社ヘリ
  • 貧困脱却
  • 自由貿易
  • 新型肺炎
  • 黒竜江省
  • 改革開放
  • 敷地面積
  • 貧困支援
  • 貧困世帯

「open 空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
262
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
262
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月19日
    (1)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    14日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮で、峡谷の上のつり橋を渡る壺瓶山供電所の作業員たち。(小型無人機から)中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月06日
    (4)蘭州水墨丹霞風景区、まもなく一般開放甘粛省

    5日、空から見た蘭州水墨丹霞風景区。(小型無人機から)中国甘粛省の蘭州水墨丹霞風景区で進む建設工事がこのほど、最終段階に入った。風景区の計画面積は400平方キロ、うち第1期プロジェクトのメイン観光エリアは20平方キロとなっている。すでに展望台10カ所が完成しており、観光客は赤い堆積岩から成る丹霞地形が延々と連なる様子や、色とりどりの丘をさまざまな角度から楽しむことができる。風景区は、5月1日からのメーデー連休に一般開放される。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月06日
    (5)蘭州水墨丹霞風景区、まもなく一般開放甘粛省

    5日、空から見た蘭州水墨丹霞風景区。(小型無人機から)中国甘粛省の蘭州水墨丹霞風景区で進む建設工事がこのほど、最終段階に入った。風景区の計画面積は400平方キロ、うち第1期プロジェクトのメイン観光エリアは20平方キロとなっている。すでに展望台10カ所が完成しており、観光客は赤い堆積岩から成る丹霞地形が延々と連なる様子や、色とりどりの丘をさまざまな角度から楽しむことができる。風景区は、5月1日からのメーデー連休に一般開放される。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月06日
    (3)蘭州水墨丹霞風景区、まもなく一般開放甘粛省

    5日、空から見た蘭州水墨丹霞風景区。(小型無人機から)中国甘粛省の蘭州水墨丹霞風景区で進む建設工事がこのほど、最終段階に入った。風景区の計画面積は400平方キロ、うち第1期プロジェクトのメイン観光エリアは20平方キロとなっている。すでに展望台10カ所が完成しており、観光客は赤い堆積岩から成る丹霞地形が延々と連なる様子や、色とりどりの丘をさまざまな角度から楽しむことができる。風景区は、5月1日からのメーデー連休に一般開放される。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月06日
    (1)蘭州水墨丹霞風景区、まもなく一般開放甘粛省

    5日、空から見た蘭州水墨丹霞風景区。(小型無人機から)中国甘粛省の蘭州水墨丹霞風景区で進む建設工事がこのほど、最終段階に入った。風景区の計画面積は400平方キロ、うち第1期プロジェクトのメイン観光エリアは20平方キロとなっている。すでに展望台10カ所が完成しており、観光客は赤い堆積岩から成る丹霞地形が延々と連なる様子や、色とりどりの丘をさまざまな角度から楽しむことができる。風景区は、5月1日からのメーデー連休に一般開放される。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月06日
    (6)蘭州水墨丹霞風景区、まもなく一般開放甘粛省

    5日、空から見た蘭州水墨丹霞風景区。(小型無人機から)中国甘粛省の蘭州水墨丹霞風景区で進む建設工事がこのほど、最終段階に入った。風景区の計画面積は400平方キロ、うち第1期プロジェクトのメイン観光エリアは20平方キロとなっている。すでに展望台10カ所が完成しており、観光客は赤い堆積岩から成る丹霞地形が延々と連なる様子や、色とりどりの丘をさまざまな角度から楽しむことができる。風景区は、5月1日からのメーデー連休に一般開放される。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (4)河北省雄安新区の淡水湖、白洋淀が290平方キロまで回復

    3月31日、河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀の風景。(小型無人機から)中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀は生態系修復などの事業が着々と進み、現在面積が290平方キロまで回復した。以前より「天然の種の博物館」と呼ばれる白洋淀は、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形は野鳥に良好な生息地を提供している。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (1)河北省雄安新区の淡水湖、白洋淀が290平方キロまで回復

    3月31日、河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀の風景。(小型無人機から)中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀は生態系修復などの事業が着々と進み、現在面積が290平方キロまで回復した。以前より「天然の種の博物館」と呼ばれる白洋淀は、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形が野鳥に良好な生息地を提供している。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (2)河北省雄安新区の淡水湖、白洋淀が290平方キロまで回復

    3月31日、河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀の風景。(小型無人機から)中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀は生態系修復などの事業が着々と進み、現在面積が290平方キロまで回復した。以前より「天然の種の博物館」と呼ばれる白洋淀は、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形が野鳥に良好な生息地を提供している。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (3)河北省雄安新区の淡水湖、白洋淀が290平方キロまで回復

    3月31日、河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀の風景。(小型無人機から)中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀は生態系修復などの事業が着々と進み、現在面積が290平方キロまで回復した。以前より「天然の種の博物館」と呼ばれる白洋淀は、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形が野鳥に良好な生息地を提供している。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    (1)海南煉化、エチレン・製油工場の拡張工事が順調に進行海南省

    23日、海南省洋浦経済開発区にある海南煉化のエチレン・製油工場建設現場。(小型無人機から)中国海南省にある海南自由貿易港の重点産業パーク、洋浦経済開発区で現在、中国石化海南煉油化工(海南煉化)の年産100万トンのエチレン・製油工場の拡張事業が順調に進行している。これは同省の重点プロジェクトで、化学工業や製油などの複数の生産設備と4カ所のバースを含むふ頭を新規建設する。現在、各種土木工事やふ頭の建設が行われており、稼働後は、川下企業に合成樹脂や液体化学製品の原料を提供することになっている。(洋浦=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    (2)海南煉化、エチレン・製油工場の拡張工事が順調に進行海南省

    23日、海南省洋浦経済開発区にある海南煉化のエチレン・製油工場建設現場。(小型無人機から)中国海南省にある海南自由貿易港の重点産業パーク、洋浦経済開発区で現在、中国石化海南煉油化工(海南煉化)の年産100万トンのエチレン・製油工場の拡張事業が順調に進行している。これは同省の重点プロジェクトで、化学工業や製油などの複数の生産設備と4カ所のバースを含むふ頭を新規建設する。現在、各種土木工事やふ頭の建設が行われており、稼働後は、川下企業に合成樹脂や液体化学製品の原料を提供することになっている。(洋浦=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    (6)海南煉化、エチレン・製油工場の拡張工事が順調に進行海南省

    23日、海南省洋浦経済開発区にある海南煉化のエチレン・製油工場建設現場。(小型無人機から)中国海南省にある海南自由貿易港の重点産業パーク、洋浦経済開発区で現在、中国石化海南煉油化工(海南煉化)の年産100万トンのエチレン・製油工場の拡張事業が順調に進行している。これは同省の重点プロジェクトで、化学工業や製油などの複数の生産設備と4カ所のバースを含むふ頭を新規建設する。現在、各種土木工事やふ頭の建設が行われており、稼働後は、川下企業に合成樹脂や液体化学製品の原料を提供することになっている。(洋浦=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (3)桜の絶景で農村振興を促進貴州省安順市

    16日、空から見た貴州省安順市西秀区黄臘プイ族ミャオ族郷の桜花園。(小型無人機から)中国貴州省安順市西秀区黄臘プイ族ミャオ族郷の桜花園は今年に入り、同省貴陽市や安順市内などから観光客3万人余りを迎えた。桜の植栽は2011年に始まり、現在は総面積1万ムー(約667ヘクタール)近くに達している。地元では合作社(協同組合)と業者、労働者を一体化する方式で周辺農村の経済発展を後押ししており、桜花園は秩序維持や環境衛生、応急管理など数十の雇用を提供。桜の開花期間を通して1400万元(1元=約17円)超の観光収入が見込まれるなど、農村振興の力強いけん引役となっている。(安順=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (7)桜の絶景で農村振興を促進貴州省安順市

    16日、空から見た貴州省安順市西秀区黄臘プイ族ミャオ族郷の桜花園。(小型無人機から)中国貴州省安順市西秀区黄臘プイ族ミャオ族郷の桜花園は今年に入り、同省貴陽市や安順市内などから観光客3万人余りを迎えた。桜の植栽は2011年に始まり、現在は総面積1万ムー(約667ヘクタール)近くに達している。地元では合作社(協同組合)と業者、労働者を一体化する方式で周辺農村の経済発展を後押ししており、桜花園は秩序維持や環境衛生、応急管理など数十の雇用を提供。桜の開花期間を通して1400万元(1元=約17円)超の観光収入が見込まれるなど、農村振興の力強いけん引役となっている。(安順=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (2)桜の絶景で農村振興を促進貴州省安順市

    16日、空から見た貴州省安順市西秀区黄臘プイ族ミャオ族郷の桜花園。(小型無人機から)中国貴州省安順市西秀区黄臘プイ族ミャオ族郷の桜花園は今年に入り、同省貴陽市や安順市内などから観光客3万人余りを迎えた。桜の植栽は2011年に始まり、現在は総面積1万ムー(約667ヘクタール)近くに達している。地元では合作社(協同組合)と業者、労働者を一体化する方式で周辺農村の経済発展を後押ししており、桜花園は秩序維持や環境衛生、応急管理など数十の雇用を提供。桜の開花期間を通して1400万元(1元=約17円)超の観光収入が見込まれるなど、農村振興の力強いけん引役となっている。(安順=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月10日
    (1)黄河の水が「砂の郷」を潤す甘粛省武威市

    5日、民勤県内に到達した黄河の水。(小型無人機から)中国甘粛省武威市民勤県はトングリ砂漠とバダインジャラン砂漠の間に位置し、中国西北地域の重要な生態障壁となっている。同省景泰川電力かんがいプロジェクトにより同県のオアシスに向けて輸送された黄河の水が5日、正式に県内に到達した。同県水務局によると、今回の春季の水輸送は5月10日ごろまで続き、総輸送量は4千万立方メートルに達する見込み。同県の生態整備の成果を強固なものとし、農家の春の耕作需要を満たすために十分な水源を提供するという。同プロジェクトは2001年の開始以来、流域を跨いで同県に水の輸送を続けてきた。水の提供を受けた石羊河流域では生態環境悪化の勢いが効果的に抑えられ、生態環境は明らかに改善されている。(民勤=新華社記者/郎兵兵)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月10日
    (4)黄河の水が「砂の郷」を潤す甘粛省武威市

    5日、民勤県内に到達した黄河の水。(小型無人機から)中国甘粛省武威市民勤県はトングリ砂漠とバダインジャラン砂漠の間に位置し、中国西北地域の重要な生態障壁となっている。同省景泰川電力かんがいプロジェクトにより同県のオアシスに向けて輸送された黄河の水が5日、正式に県内に到達した。同県水務局によると、今回の春季の水輸送は5月10日ごろまで続き、総輸送量は4千万立方メートルに達する見込み。同県の生態整備の成果を強固なものとし、農家の春の耕作需要を満たすために十分な水源を提供するという。同プロジェクトは2001年の開始以来、流域を跨いで同県に水の輸送を続けてきた。水の提供を受けた石羊河流域では生態環境悪化の勢いが効果的に抑えられ、生態環境は明らかに改善されている。(民勤=新華社記者/郎兵兵)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (4)新鮮なタケノコが出荷開始浙江省杭州市

    24日、「天目雷笋」が栽培されている太湖源鎮の現代農業パーク。(小型無人機から)中国浙江省杭州市臨安区の太湖源鎮タケノコ取引市場が24日、改装を終えて正式にオープンし、新鮮なタケノコが大量に出荷された。同市場は杭州エリア最大のタケノコ取引市場で、同区の特産品「天目雷笋」は毎年数万トンがここから全国に出荷されている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮にある丁升平さんが経営する食肉加工場。(小型無人機から)丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮の工場で、塩漬け肉製品を運ぶ丁升平さん。(小型無人機から)丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.90
    2021年01月07日
    ●資料映像●東京、初の感染者2千人台 新型コロナウイルス

    東京都内で7日、新型コロナウイルスの新規感染者が初の2千人台に達したことが分かった。6日の1591人を400人以上超え、2日連続で過去最多を大幅に更新。初の4桁となる1337人だった昨年12月31日から1週間で2千人台となった。東京を含む首都圏の感染状況は加速度的に悪化しており、医療提供体制の崩壊が強く懸念される。<映像内容>資料映像、東京都庁外観、スカイツリーなど都内の空撮、撮影日:2021(令和3)年1月7日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年1月7日

  • 2020年12月26日
    (10)織物技術の普及で進める文化継承と増収雲南省普洱市

    20日、普洱市西盟ワ族自治県秧洛村。(小型無人機から)中国雲南省普洱(ふじ)市の西盟ワ族自治県政府はここ数年、地元の無形文化遺産保護を強化し、ワ族の文化や伝統の保存と継承を支援している。西盟印象民族文化などの文化企業も取り組みに参加し、地元の人々に、織物技術を学び、さまざまな手織りの衣料品を販売する機会を提供している。(西盟=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (9)織物技術の普及で進める文化継承と増収雲南省普洱市

    20日、普洱市西盟ワ族自治県秧洛村。(小型無人機から)中国雲南省普洱(ふじ)市の西盟ワ族自治県政府はここ数年、地元の無形文化遺産保護を強化し、ワ族の文化や伝統の保存と継承を支援している。西盟印象民族文化などの文化企業も取り組みに参加し、地元の人々に、織物技術を学び、さまざまな手織りの衣料品を販売する機会を提供している。(西盟=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月23日
    (1)高地で現代的な野菜栽培チベット自治区

    チベット自治区チャムド(昌都)市ゾガン(左貢)県の温室。(5月7日撮影、小型無人機から)標高が高いことから「世界の屋根」と称される中国チベット自治区では、現代的な農業栽培により野菜がもはや珍しいものではなくなった。地元産の野菜は、チベットの食卓によりおいしく栄養価の高い食事を提供している。(ラサ=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    ソフトバンクと双葉電子工業が共同開発したプロトタイプのドローン

    ソフトバンクと双葉電子工業は17日、産業向けの飛行ロボット(ドローン)を共同開発すると発表した。すでにプロトタイプ機(写真)は製作済み。国家安全保障の観点から政府機関などが中国製ドローンを排除する流れを追い風に鉄道や電力、通信、橋梁インフラ、鉄鋼プラントなどの点検需要を狙い、拡販する。空撮画像送信や高精度の位置制御、人工知能(AI)を活用した画像分析、強風下でも安定飛行する技術などで両社の強みを生かす。実サービスは2021年秋ごろになる予定で、それまでプロトタイプ機や改良機で実証実験を続ける。料金もそれまでに詰める。プロトタイプ機は4個のプロペラを持ち、全長・全幅は72センチメートル、可搬重量4キログラムで、風速15メートル以上の強風下でも安定姿勢で飛行、ホバリングができる。「強風下でも安定飛行できるため現場にとどまって、ぶれない画像が撮れるため、インフラ点検に有利」(双葉電子工業)とみている。実サービスでは第5世代通信(5G)やAIの解析技術も使う予定だ。政府機関をはじめ、インフラ系企業への拡販には国産である強みを活用する。プラント点検では位置情報提供なども必要となるため、カスタマイズで差別化する。=2020(令和2)年12月17日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    ソフトバンクと双葉電子工業が共同開発したプロトタイプのドローン

    ソフトバンクと双葉電子工業は17日、産業向けの飛行ロボット(ドローン)を共同開発すると発表した。すでにプロトタイプ機(写真)は製作済み。国家安全保障の観点から政府機関などが中国製ドローンを排除する流れを追い風に鉄道や電力、通信、橋梁インフラ、鉄鋼プラントなどの点検需要を狙い、拡販する。空撮画像送信や高精度の位置制御、人工知能(AI)を活用した画像分析、強風下でも安定飛行する技術などで両社の強みを生かす。実サービスは2021年秋ごろになる予定で、それまでプロトタイプ機や改良機で実証実験を続ける。料金もそれまでに詰める。プロトタイプ機は4個のプロペラを持ち、全長・全幅は72センチメートル、可搬重量4キログラムで、風速15メートル以上の強風下でも安定姿勢で飛行、ホバリングができる。「強風下でも安定飛行できるため現場にとどまって、ぶれない画像が撮れるため、インフラ点検に有利」(双葉電子工業)とみている。実サービスでは第5世代通信(5G)やAIの解析技術も使う予定だ。政府機関をはじめ、インフラ系企業への拡販には国産である強みを活用する。プラント点検では位置情報提供なども必要となるため、カスタマイズで差別化する。=2020(令和2)年12月17日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    ソフトバンクと双葉電子工業が共同開発したプロトタイプのドローン

    ソフトバンクと双葉電子工業は17日、産業向けの飛行ロボット(ドローン)を共同開発すると発表した。すでにプロトタイプ機(写真)は製作済み。国家安全保障の観点から政府機関などが中国製ドローンを排除する流れを追い風に鉄道や電力、通信、橋梁インフラ、鉄鋼プラントなどの点検需要を狙い、拡販する。空撮画像送信や高精度の位置制御、人工知能(AI)を活用した画像分析、強風下でも安定飛行する技術などで両社の強みを生かす。実サービスは2021年秋ごろになる予定で、それまでプロトタイプ機や改良機で実証実験を続ける。料金もそれまでに詰める。プロトタイプ機は4個のプロペラを持ち、全長・全幅は72センチメートル、可搬重量4キログラムで、風速15メートル以上の強風下でも安定姿勢で飛行、ホバリングができる。「強風下でも安定飛行できるため現場にとどまって、ぶれない画像が撮れるため、インフラ点検に有利」(双葉電子工業)とみている。実サービスでは第5世代通信(5G)やAIの解析技術も使う予定だ。政府機関をはじめ、インフラ系企業への拡販には国産である強みを活用する。プラント点検では位置情報提供なども必要となるため、カスタマイズで差別化する。=2020(令和2)年12月17日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 00:57.16
    2020年12月04日
    「新華社」スマート物流ターミナル輸送網、企業のコスト削減と効率化を支える

    中国浙江省に本拠を置く物流企業、浙江伝化集団が全国展開する物流ターミナルの道路港都市物流センターは現在、安全で安定、整然と組織された輸送網を形成し、多くの都市で感染対策物資や生産と生活に不可欠な物資の中継輸送サービスを提供している。同集団の道路港モデルは、人・車・貨物情報を集約し、運ぶ貨物が見つけにくい、効率が悪いなどの問題を解決することを目的として、2000年にスタートした。同集団傘下、伝化智連の周昇学(しゅう・しょうがく)副総裁によると、同社はサービス産業での事業展開を通じて、過去数年間で基本的に実体としての道路港全国ネットワークとオンラインのスマートなデジタルネットワークを形成したという。最終的には小規模・零細の物流企業、貿易企業、製造業企業にエンドツーエンドの産業ソリューションを提供することが可能になる。輸送ルートやプロセスの最適化などにより、トラックの空車回送率は28%削減され、輸送効率は17%向上した。伝化スマート道路港プロジェクトは現在、業務稼働中が64カ所、構築中が12カ所となっている。2019年末時点で、全国31省・自治区・直轄市で業務を展開、日用品や鉄鋼、家電など40以上の業界で企業数百万社余りにサービスを提供している。(記者/方問禹、宋立峰)<映像内容>道路港都市物流センターの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    高齢者施設を改修、医療・介護連携で質の高いサービス提供江蘇省

    1日、上空から見た斜塘街道の地域高齢者サービスセンター。(小型無人機から)中国江蘇省蘇州市にある斜塘街道(区の下に置かれる行政単位)の地域高齢者サービスセンターがこのほど、2年余りの改修工事を終え、再びお年寄りを迎え入れた。質の高い高齢者サービスのニーズに応えるため、同街道は2018年7月、既存高齢者施設のリニューアル事業を開始。医療と介護を連携させ、機能を完備した専門的な高齢者施設を建設するとともに、専門機関による管理・運営を導入した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    高齢者施設を改修、医療・介護連携で質の高いサービス提供江蘇省

    1日、上空から見た斜塘街道の地域高齢者サービスセンター(白い建物)。(小型無人機から)中国江蘇省蘇州市にある斜塘街道(区の下に置かれる行政単位)の地域高齢者サービスセンターがこのほど、2年余りの改修工事を終え、再びお年寄りを迎え入れた。質の高い高齢者サービスのニーズに応えるため、同街道は2018年7月、既存高齢者施設のリニューアル事業を開始。医療と介護を連携させ、機能を完備した専門的な高齢者施設を建設するとともに、専門機関による管理・運営を導入した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.30
    2020年11月27日
    「新華社」荒れ山が太陽光発電所に変身河北省唐山市

    中国河北省唐山市豊潤区劉家営郷にある山の斜面には、ソーラーパネルが太陽に向いてぎっしり連なり、独特の景色を見せている。同区はここ数年、荒れた山の斜面を活用して、太陽光発電産業の発展を推進してきた。2016年には投資総額2億元(1元=約16円)、面積千ムー(約67ヘクタール)の太陽光発電プロジェクトが完成し、グリッド接続を開始した。同発電所の設備容量は2万キロワットで、年間2800万キロワット時のクリーン電力を提供でき、年間売上高は2400万元余りになっている。(記者/曹国廠)<映像内容>河北省唐山市の山の斜面に並ぶソーラーパネル、管理する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    中日協力の新たな模範青島日本国際ビジネスハブを訪ねて

    20日、青島日本「国際ビジネスハブ」の外観。(小型無人機から)中国青島市は海を隔てて日本と向かい合っており、日本と最も交流の深い中国の都市の一つ。両地間の緊密な人文(人と文化)、経済・交流の往来は、中国の地方都市の対日協力の模範となりつつある。同市と日本とのビジネス交流促進を目的とした施設「青島日本国際ビジネスハブ」のオープニングセレモニーが5月19日、同市西海岸新区で開かれた。オープン以降半年間にわたり、多くの展示会や交流イベントが行われ、すでに多数の日系企業が契約を結んで入居しており、中日の双方が協力を深化するための対外開放の新たなプラットフォームとなりつつある。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:14.84
    2020年11月16日
    「新華社」留学生が企業団地で経済発展の成果を見学河北省滄州市

    中国河北省滄州市で、さまざまな国から来た30人以上の留学生が、滄州職業技術学院が企画した中国・中東欧(滄州)中小企業団地のオープンデーに参加し、中国の経済発展の成果を見学した。案内スタッフの説明を聞いた留学生たちは、飛行機を見て歓声を上げ、体験飛行への期待に胸を高鳴らせた。2018年2月設立の中国・中東欧(滄州)中小企業団地は、河北省のハイテク産業発展を図る戦略的プロジェクトになっている。<映像内容>中国・中東欧(滄州)中小企業団地のオープンデー、参加する留学生の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    市中心部の田んぼで農業体験広東省広州市

    14日、保護者と一緒に広州市の海珠湿地の水田を訪れ、晩稲(おくて)の刈り取りを体験する子どもたち。(小型無人機から)中国広東省広州市の広州海珠国家湿地公園管理処はここ数年、園内の二期作田で「自然と共に歩む」と題した親子教室を開催し、市民が農業に触れる機会を設けている。稲田は湿地の各種生き物に生息地を提供し、良好な生態学上の効果ももたらしている。(広州=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    市中心部の田んぼで農業体験広東省広州市

    14日、保護者と広州市の海珠湿地の水田を訪れ、晩稲(おくて)の刈り取りを体験する子ども。(小型無人機から)中国広東省広州市の広州海珠国家湿地公園管理処はここ数年、園内の二期作田で「自然と共に歩む」と題した親子教室を開催し、市民が農業に触れる機会を設けている。稲田は湿地の各種生き物に生息地を提供し、良好な生態学上の効果ももたらしている。(広州=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    市中心部の田んぼで農業体験広東省広州市

    14日、保護者と広州市の海珠湿地の水田を訪れ、晩稲(おくて)の刈り取りを体験する子どもたち。(小型無人機から)中国広東省広州市の広州海珠国家湿地公園管理処はここ数年、園内の二期作田で「自然と共に歩む」と題した親子教室を開催し、市民が農業に触れる機会を設けている。稲田は湿地の各種生き物に生息地を提供し、良好な生態学上の効果ももたらしている。(広州=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:07.44
    2020年11月03日
    「新華社」長沙市で世界コンピューター大会開幕湖南省

    中国湖南省長沙市で3日、同省政府と工業・情報化部が共催する「2020世界コンピューター大会」が開幕した。国内外のアカデミー会員17人、コンピューター科学分野のノーベル賞とされる「チューリング賞」受賞者1人、政財界の要人100人余りが一堂に会し、産業エコシステム、コンピューターチップ、サイバーセキュリティー、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネットなど関心の高い話題について最新の成果を共有し、最先端技術についても意見を交わした。人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)などの次世代技術とその応用が急速に発展し、量子計算、脳の仕組みを模した「ニューロモーフィック・コンピューティング」など新たな演算技術が相次ぎ登場したことで、世界の演算技術の研究開発と産業発展に新たな進歩の余地が生まれている。演算の技術、能力は国家の最先端の科学技術レベルを測る指標となっている。工業・情報化部の王志軍(おう・しぐん)副部長は「今年は新型コロナウイルスが流行する中で、進んだ演算技術と製品が遠隔医療やオンライン教育、物資調達などのサービスの安定的な提供を力強く支え、感染対策や経済の安定化において重要な役割を担っている」と述べた。中国はコンピューター製造体系を整備し、世界のコンピューター製品の9割以上を供給している。産業規模は着実に拡大し、市場の停滞や新型コロナの流行などマイナスの影響を克服、主要製品の生産量が増加している。マイコン生産量の伸びは2017年が5・9%、18年が2・9%、19年が8・2%となり、今年1~9月は5・6%増の2億6千万台に達した。(記者/姚羽、程済安、丁春雨、杜瑞)<映像内容>「2020世界コンピューター大会」の様子、会場の外観、撮影日:2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月31日
    企業のけん引で貧困脱却を推進新疆ウイグル自治区

    10月31日、墨玉県扎瓦鎮にある和田新魯聨程肉鶏養殖の鶏舎。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区カラカシュ(墨玉)県では産業開発を貧困脱却の根本的な解決策として積極的に取り組み、貧困脱却を支援する業界トップ企業の育成を進め、農家の増収の道を広げている。2019年4月、同県は農業産業化を主導する企業、新疆美比特集団を誘致した。同社は技術、ニワトリのひな、飼料、感染予防サービスを提供し、地元貧困家庭が養殖業に参入し、近場で就業できるよう主導。従業員はすでに6千人余りを数え、うち3千人以上が貧困家庭の構成員で、従業員の平均月収は2600元(1元=約16円)以上に達している。(カラカシュ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.96
    2020年10月27日
    「新華社」天津港集団、今年4路線目の「一帯一路」航路を開通

    中国の天津港を運営する天津港集団は27日、今年4路線目となる「一帯一路」航路の運用を始めた。天津港を中心とする国際的な総合交通ハブ「天津北方国際航運ハブ」は、京津冀(北京市、天津市、河北省)地区の海の玄関口で、「一帯一路」建設と陸海双方向の開放を実施する上で重要な拠点となっている。新航路は、天津港から中国沿海部に沿って南下し、シンガポールやスリランカのコロンボなどの港に向かう。天津港から出港したコンテナ船には、京津冀地区や周辺地域で生産された機械設備や医療機器、化学工業品、日用品など計718TEU(20フィートコンテナ換算)が積み込まれた。同集団は今年に入ってから国内・国際合わせて9路線を開通している。国際定期コンテナ航路が6路線で、うちASEAN諸国向けが4路線を占めた。東南アジア地域をカバーするコンテナ航路は30路線を超え、今年1~9月期のコンテナ取扱量は132万TEUに上っている。(記者/李帥)<映像内容>天津港集団が「一帯一路」航路を開通、コンテナを移動する様子、撮影日:2020(令和2)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月16日
    中国の科学技術が安全な送水を実現「南水北調」プロジェクト

    16日、「南水北調」中央ルート鄭州区間の幹線用水路。(小型無人機から)中国の「南水北調」中央ルート工程建設管理局は16~20日、5カ所の支部で2020年度オープンデーを開催し、同プロジェクトが科学的方法に基づいて安全な送水を実現していることを公開した。「南水北調」は中国南部地域の水を北部地域に送り、慢性的な水不足解消を目指すプロジェクトだ。中国水利部が発表した最新データによると、同プロジェクトは2020年度、河南省、河北省、天津市、北京市に83億立方メートルの給水と生態補水を実施、供給量は過去最大となった。(北京=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月16日
    中国の科学技術が安全な送水を実現「南水北調」プロジェクト

    16日、「南水北調」中央ルートの黄河横断プロジェクト。(小型無人機から)中国の「南水北調」中央ルート工程建設管理局は16~20日、5カ所の支部で2020年度オープンデーを開催し、同プロジェクトが科学的方法に基づいて安全な送水を実現していることを公開した。「南水北調」は中国南部地域の水を北部地域に送り、慢性的な水不足解消を目指すプロジェクトだ。中国水利部が発表した最新データによると、同プロジェクトは2020年度、河南省、河北省、天津市、北京市に83億立方メートルの給水と生態補水を実施、供給量は過去最大となった。(北京=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月16日
    中国の科学技術が安全な送水を実現「南水北調」プロジェクト

    16日、黄河南岸にある「南水北調」の黄河横断トンネルの入り口。(小型無人機から)中国の「南水北調」中央ルート工程建設管理局は16~20日、5カ所の支部で2020年度オープンデーを開催し、同プロジェクトが科学的方法に基づいて安全な送水を実現していることを公開した。「南水北調」は中国南部地域の水を北部地域に送り、慢性的な水不足解消を目指すプロジェクトだ。中国水利部が発表した最新データによると、同プロジェクトは2020年度、河南省、河北省、天津市、北京市に83億立方メートルの給水と生態補水を実施、供給量は過去最大となった。(北京=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月16日
    中国の科学技術が安全な送水を実現「南水北調」プロジェクト

    16日、オープンデ―のイベント会場で、水のサンプルを採集する小型無人機(右)と斜面から藻類を除去する多機能車両(左)。(小型無人機から)中国の「南水北調」中央ルート工程建設管理局は16~20日、5カ所の支部で2020年度オープンデーを開催し、同プロジェクトが科学的方法に基づいて安全な送水を実現していることを公開した。「南水北調」は中国南部地域の水を北部地域に送り、慢性的な水不足解消を目指すプロジェクトだ。中国水利部が発表した最新データによると、同プロジェクトは2020年度、河南省、河北省、天津市、北京市に83億立方メートルの給水と生態補水を実施、供給量は過去最大となった。(北京=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月16日
    中国の科学技術が安全な送水を実現「南水北調」プロジェクト

    16日、黄河南岸にある「南水北調」の黄河横断トンネルの入り口。(小型無人機から)中国の「南水北調」中央ルート工程建設管理局は16~20日、5カ所の支部で2020年度オープンデーを開催し、同プロジェクトが科学的方法に基づいて安全な送水を実現していることを公開した。「南水北調」は中国南部地域の水を北部地域に送り、慢性的な水不足解消を目指すプロジェクトだ。中国水利部が発表した最新データによると、同プロジェクトは2020年度、河南省、河北省、天津市、北京市に83億立方メートルの給水と生態補水を実施、供給量は過去最大となった。(北京=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.56
    2020年10月14日
    「新華社」住民に増収もたらすシイタケ栽培基地四川省理塘県

    中国四川省カンゼ・チベット族自治州理塘県の馬岩村にあるシイタケ栽培基地は、地元の人たちの増収と小康(ややゆとりのある)社会への歩みを後押ししている。理塘五粮液シイタケ栽培基地は2018年に建設され、累計151万元(1元=約16円)余りの配当を行い、80余りの就職ポストを提供してきた。貧困家庭の労働者が95パーセント以上を占めており、1人当たりの年収は3万6千元に達している。同県の中心市街地に転居してきた住民は職住近接で働くことができるようになった。理塘県のシイタケはすでに粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)に出荷され、全国各地に向けて販売されている。地元住民は就業と同時に一定の栽培技術も習得している。(記者/尹恒)<映像内容>シイタケの栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.36
    2020年10月11日
    「新華社」自動運転バスの試験運行実施湖南省長沙市

    中国湖南省長沙市で11日、自動運転バスの試験運行が行われた。地元政府が明らかにした。試験運行は信号のある交差点5か所、バス停4か所、ラウンドアバウト1か所がある6キロのコースで行われ、バスは加減速、信号機の認識、バス停での停車を自動的に行った。第5世代移動通信システム(5G)を使用したこのスマートバスは、乗客が乗り降りする時間やバス停のデータをリアルタイムで提供でき、公共交通機関の輸送能力の調整や、路線の設定とバス停配置の最適化を支援する。このバスの自動運転プラットフォームは遠隔操作や監視の機能も備えている。中車時代電動汽車(中車電動)の自律運転技術部の朱田(しゅ・でん)部長によると、毎日のバスの走行データを処理することで、最適な路線案を作ることができるという。(記者/丁春雨)<映像内容>自動運転バスの試験運行の様子、撮影日:2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:29.00
    2020年10月06日
    「新華社」日系企業の生産拡大と中国への投資続く福建省アモイ市

    中国福建省アモイ市にある数多くの日系企業はこのところ、新型コロナウイルス感染症の流行や他の要因で引き起こされた需給面での圧力に向き合いながら、全面的に生産を再開すると同時に計画通りの生産規模の拡大と投資の増加を続けており、中国投資への自信は衰えていない。フラットパネルディスプレイ用ガラス大手日本電気硝子の中国法人、電気硝子玻璃(アモイ)の大橋伸夫総経理は、製品の生産には水、電気、ガスの安定的な供給が非常に重要で、発達した港湾物流も必要だが、アモイはこれら全ての面で優れていると述べた。同社は今年、20億元(1元=16円)余りを追加投資して第3期建設工事を実施、完成後の生産規模は現在の1・5倍に拡大するという。NC放電機加工機大手ソディックの中国法人、沙迪克(アモイ)の土屋隆総経理は、中国市場はグループ全体の発展にとって最も重要で、アモイ工場はグループで最も生産効率が高く、優秀な経営をしていると強調。今年の新型コロナ感染症発生当初には、現地政府が同社にマスクなどの防疫物資を提供、生産再開を強力に後押ししたことで、今年の生産は計画通り、もしくはそれ以上になる見込みだという。土屋氏によると、同社は今後もアモイでの生産と投資の拡大を続けるという。現在進んでいる第2期建設工事への投資額は6千万元余りで、生産開始後は年間生産高が2億5千万元増加すると見込んでいる。電動パワーステアリング製造大手ジェイテクトの中国法人、捷太格特転向系統(アモイ)は顧客とサプライチェーンの影響を受け、今年2~3月の生産は計画の3割程度に留まった。しかし、国内の物流がスムーズになると部品の供給は基本的に回復し、生産能力も急速に上昇した。同社の藤井良総経理によると、第3期工場建設が進んでおり、建設面積は2万平方メートル余りで、併設の職員食堂や寮も同時に建設しているという。(記者/陳旺、付敏)<映像内容>アモイ市にある日系企業の生産の様子、アモイ市の風景、日系企業のインタビュー、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月28日
    カナス風景区、観光シーズン迎える新疆ウイグル自治区

    28日、カナス風景区のカナス湖。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)風景区は10月1日から8日までの国慶節(新中国成立記念日、10月1日)連休を前に、観光の最盛期に入っている。同風景区では現在、観光客に行き届いたサービスを提供するため、さまざまな措置を講じている。(カナス=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月28日
    カナス風景区、観光シーズン迎える新疆ウイグル自治区

    28日、カナス風景区の神仙湾。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)風景区は10月1日から8日までの国慶節(新中国成立記念日、10月1日)連休を前に、観光の最盛期に入っている。同風景区では現在、観光客に行き届いたサービスを提供するため、さまざまな措置を講じている。(カナス=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月21日
    農業と太陽光発電の一体化で増収を目指す寧夏銀川市

    21日、寧夏回族自治区銀川市興慶区の月牙湖郷にある宝豊農光一体化産業パークに立ち並ぶソーラーパネル。(小型無人機から)中国石炭採掘大手、寧夏宝豊能源集団(BaofengEnergy)は、2013年から寧夏回族自治区銀川市の黄河東岸にある16万ムー(約1万666ヘクタール)の砂漠化した土地に、生態系に配慮した整備を実施している。植樹造林、アルファルファの栽培、土壌の修復・改良を行った上で、1万ムー(約666ヘクタール)の土地に良質な有機枸杞(クコ)の苗を植え、その上に面積3万ムー(2千ヘクタール)に及ぶ1ギガワットピーク(GWp)の太陽光発電設備を設置。「土地を多目的に利用し、農業と太陽光発電を一体化した」新たなグリーン産業の発展モデルを構築した。同市興慶(こうけい)区月牙湖郷にある宝豊農光(農業・太陽光発電)一体化産業パークは、同市最大の移転者居住区として知られる。同社は現在、年間で延べ約8万人に就業の場を提供。貧困移転者の技術習得と就労を後押ししており、農民の1人当たり年収は約4万元(1元=約15円)に達する。(銀川=新華社記者/劉海)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月21日
    農業と太陽光発電の一体化で増収を目指す寧夏銀川市

    21日、寧夏回族自治区銀川市興慶区の月牙湖郷にある宝豊農光一体化産業パークに立ち並ぶソーラーパネル。(小型無人機から)中国石炭採掘大手、寧夏宝豊能源集団(BaofengEnergy)は、2013年から寧夏回族自治区銀川市の黄河東岸にある16万ムー(約1万666ヘクタール)の砂漠化した土地に、生態系に配慮した整備を実施している。植樹造林、アルファルファの栽培、土壌の修復・改良を行った上で、1万ムー(約666ヘクタール)の土地に良質な有機枸杞(クコ)の苗を植え、その上に面積3万ムー(2千ヘクタール)に及ぶ1ギガワットピーク(GWp)の太陽光発電設備を設置。「土地を多目的に利用し、農業と太陽光発電を一体化した」新たなグリーン産業の発展モデルを構築した。同市興慶(こうけい)区月牙湖郷にある宝豊農光(農業・太陽光発電)一体化産業パークは、同市最大の移転者居住区として知られる。同社は現在、年間で延べ約8万人に就業の場を提供。貧困移転者の技術習得と就労を後押ししており、農民の1人当たり年収は約4万元(1元=約15円)に達する。(銀川=新華社記者/劉海)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月21日
    農業と太陽光発電の一体化で増収を目指す寧夏銀川市

    21日、寧夏回族自治区銀川市興慶区の月牙湖郷にある宝豊農光一体化産業パークに立ち並ぶソーラーパネル。ソーラーパネルの下には牛や羊の飼料としても利用できるアルファルファが植えられている。(小型無人機から)中国石炭採掘大手、寧夏宝豊能源集団(BaofengEnergy)は、2013年から寧夏回族自治区銀川市の黄河東岸にある16万ムー(約1万666ヘクタール)の砂漠化した土地に、生態系に配慮した整備を実施している。植樹造林、アルファルファの栽培、土壌の修復・改良を行った上で、1万ムー(約666ヘクタール)の土地に良質な有機枸杞(クコ)の苗を植え、その上に面積3万ムー(2千ヘクタール)に及ぶ1ギガワットピーク(GWp)の太陽光発電設備を設置。「土地を多目的に利用し、農業と太陽光発電を一体化した」新たなグリーン産業の発展モデルを構築した。同市興慶(こうけい)区月牙湖郷にある宝豊農光(農業・太陽光発電)一体化産業パークは、同市最大の移転者居住区として知られる。同社は現在、年間で延べ約8万人に就業の場を提供。貧困移転者の技術習得と就労を後押ししており、農民の1人当たり年収は約4万元(1元=約15円)に達する。(銀川=新華社記者/劉海)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月09日
    中国最北端の自由貿易試験区を訪ねて黒竜江省

    9日、中国(黒竜江)自由貿易試験区綏芬河エリアの風景。(小型無人機から)中国(黒竜江)自由貿易試験区の綏芬河(すいふんが)エリアは、敷地面積19・99平方キロメートル。現在、中ロの戦略的協力と北東アジアにおける開放協力の重要なプラットフォームの構築に力を入れている。同エリアは1年余りにわたって、互市貿易、クロスボーダー決済、通関サービスなどの分野を中心に、特色あるサービスを展開。革新的な導きを通じて、「百年の歴史を持つ口岸(通関地)」に新たな活力を吹き込み続けている。(綏芬河=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月09日
    中国最北端の自由貿易試験区を訪ねて黒竜江省

    9日、中国(黒竜江)自由貿易試験区綏芬河エリアにある農産品メーカー、綏芬河良運農産品開発。(小型無人機から)中国(黒竜江)自由貿易試験区の綏芬河(すいふんが)エリアは、敷地面積19・99平方キロメートル。現在、中ロの戦略的協力と北東アジアにおける開放協力の重要なプラットフォームの構築に力を入れている。同エリアは1年余りにわたって、互市貿易、クロスボーダー決済、通関サービスなどの分野を中心に、特色あるサービスを展開。革新的な導きを通じて、「百年の歴史を持つ口岸(通関地)」に新たな活力を吹き込み続けている。(綏芬河=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月09日
    中国最北端の自由貿易試験区を訪ねて黒竜江省

    9日、綏芬河駅北場に停車する物資を満載した貨物列車。(小型無人機から)中国(黒竜江)自由貿易試験区の綏芬河(すいふんが)エリアは、敷地面積19・99平方キロメートル。現在、中ロの戦略的協力と北東アジアにおける開放協力の重要なプラットフォームの構築に力を入れている。同エリアは1年余りにわたって、互市貿易、クロスボーダー決済、通関サービスなどの分野を中心に、特色あるサービスを展開。革新的な導きを通じて、「百年の歴史を持つ口岸(通関地)」に新たな活力を吹き込み続けている。(綏芬河=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月09日
    中国最北端の自由貿易試験区を訪ねて黒竜江省

    9日、綏芬河駅北場に停車する物資を満載した貨物列車。(小型無人機から)中国(黒竜江)自由貿易試験区の綏芬河(すいふんが)エリアは、敷地面積19・99平方キロメートル。現在、中ロの戦略的協力と北東アジアにおける開放協力の重要なプラットフォームの構築に力を入れている。同エリアは1年余りにわたって、互市貿易、クロスボーダー決済、通関サービスなどの分野を中心に、特色あるサービスを展開。革新的な導きを通じて、「百年の歴史を持つ口岸(通関地)」に新たな活力を吹き込み続けている。(綏芬河=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月09日
    中国最北端の自由貿易試験区を訪ねて黒竜江省

    9日、綏芬河駅北場に停車する物資を満載した貨物列車。(小型無人機から)中国(黒竜江)自由貿易試験区の綏芬河(すいふんが)エリアは、敷地面積19・99平方キロメートル。現在、中ロの戦略的協力と北東アジアにおける開放協力の重要なプラットフォームの構築に力を入れている。同エリアは1年余りにわたって、互市貿易、クロスボーダー決済、通関サービスなどの分野を中心に、特色あるサービスを展開。革新的な導きを通じて、「百年の歴史を持つ口岸(通関地)」に新たな活力を吹き込み続けている。(綏芬河=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月09日
    中国最北端の自由貿易試験区を訪ねて黒竜江省

    9日、中国(黒竜江)自由貿易試験区綏芬河エリアの風景。(小型無人機から)中国(黒竜江)自由貿易試験区の綏芬河(すいふんが)エリアは、敷地面積19・99平方キロメートル。現在、中ロの戦略的協力と北東アジアにおける開放協力の重要なプラットフォームの構築に力を入れている。同エリアは1年余りにわたって、互市貿易、クロスボーダー決済、通関サービスなどの分野を中心に、特色あるサービスを展開。革新的な導きを通じて、「百年の歴史を持つ口岸(通関地)」に新たな活力を吹き込み続けている。(綏芬河=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月09日
    中国最北端の自由貿易試験区を訪ねて黒竜江省

    9日、中国(黒竜江)自由貿易試験区綏芬河エリアの風景。(小型無人機から)中国(黒竜江)自由貿易試験区の綏芬河(すいふんが)エリアは、敷地面積19・99平方キロメートル。現在、中ロの戦略的協力と北東アジアにおける開放協力の重要なプラットフォームの構築に力を入れている。同エリアは1年余りにわたって、互市貿易、クロスボーダー決済、通関サービスなどの分野を中心に、特色あるサービスを展開。革新的な導きを通じて、「百年の歴史を持つ口岸(通関地)」に新たな活力を吹き込み続けている。(綏芬河=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:10.80
    2020年09月08日
    「新華社」産業革新をけん引し、内外市場の懸け橋に長江デルタ地域

    中国の国内総生産(GDP)の4分の1を占める長江デルタ地域は、国内市場を主力にしながら、国内市場と海外市場相互の活性化に貢献している。同地域は総面積35万8千平方キロで、上海市と江蘇、浙江、安徽の各省にまたがる。国内で最も人口が多く、最も都市化が進んだ都市群の一つ。同地域には、中国の技術・産業革新をけん引する役割が期待されており、高品質な製品を提供するだけでなく、高水準の技術を提供し、中国の質の高い発展に貢献している。中国は同地域を国際市場と国内市場の重要な懸け橋にするよう尽力している。(記者/曹力、白斌)<映像内容>長江デルタ地域の空撮、製造の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.71
    2020年09月02日
    「新華社」「ミニ営林場」が、農家に長期的増収もたらす黒竜江省海倫市

    中国黒竜江省海倫市の向栄鎮向新村ではこのところ、小川の両側にある800ムー(約53ヘクタール)の「薪炭扶貧(燃料にする低木を育てて貧困を支援する)林」に木々が生い茂っている。林は土壌浸食を防止できるだけでなく、貧困脱却を促進し増収をもたらすことができる。鎮内の貧困世帯は1世帯1ムーの環境に配慮した「薪炭扶貧林」を有する。林には主にケショウヤナギとサリュウ(沙柳)が植えられ、ケショウヤナギは柳編み工芸品作りに使われる。また、サリュウは暖房などエネルギー企業に燃料を提供でき、1ムーにつき約2千元(1元=約15円)の利益を生むと見込まれている。同市は2019年以来、郷・鎮で貧困支援の「ミニ営林場」造営を奨励しており、貧困世帯が林の造営に参加して利益配当の享受と継続的で安定した増収が実現できるよう促している。同市はこの2年間で「ミニ営林場」を1260カ所に建設し、総面積は1万4800ムー(約986ヘクタール)に達し、貧困世帯1万5700世帯を増収に導いている。(記者/唐鉄富)<映像内容>燃料にする低木を育てる様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月01日
    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ

    1日、天津市薊州区にある天津市薊州東方エデン特色小鎮展示センター。(小型無人機から)中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月01日
    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ

    1日、天津市薊州東方エデン特色小鎮の自然教育キャンプ場。(小型無人機から)中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月01日
    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ

    1日、天津市薊州区にある天津市薊州東方エデン特色小鎮展示センター。(小型無人機から)中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.90
    2020年08月27日
    「新華社」ドラゴンフルーツ狩りを観光の目玉に湖南省岳陽市

    中国湖南省岳陽市君山区柳林洲街道の新洲村ではこのところ、ドラゴンフルーツが収穫期を迎えている。地元の果樹栽培農家はドラゴンフルーツ狩りを観光事業に取り入れ、周辺地域からやってくる夏休み中の親子連れに収穫体験を提供している。(記者/程済安、張格)<映像内容>ドラゴンフルーツ狩りの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    ガチョウ飼育で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県

    18日、黒竜江省樺川県蘇蘇村にある飼育場のガチョウ。(小型無人機から)中国黒竜江省ジャムス市樺川県悦来鎮の蘇蘇村は、ガチョウ飼育による貧困支援に力を入れている。高品質なガチョウ飼育場を建設して貧困世帯の雇用を創出すると同時に、ガチョウのひなや飼育技術を提供することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ジャムス=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    ガチョウ飼育で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県

    18日、黒竜江省樺川県蘇蘇村にある飼育場のガチョウ。(小型無人機から)中国黒竜江省ジャムス市樺川県悦来鎮の蘇蘇村は、ガチョウ飼育による貧困支援に力を入れている。高品質なガチョウ飼育場を建設して貧困世帯の雇用を創出すると同時に、ガチョウのひなや飼育技術を提供することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ジャムス=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    公園の屋外型スマートフィットネスクラブが人気広東省深圳市

    13日、深圳市の中心公園にある屋外型スマートフィットネスクラブ。(小型無人機から)中国広東省深圳市の中心公園には、敷地面積約800平方メートルの「スマートフィットネスクラブ」がある。2019年末に一般開放されて以来、毎日千人以上の市民が運動に訪れている。全施設が屋外にあるこのフィットネスクラブには、健康チェック、心肺機能・筋力トレーニング、スマート競技、ウォーミングアップ、リラックスなど六つのエリアが設けられている。市民は機器に表示された二次元バーコードを読み取り、ミニプログラムで運動データを取得する。運動中も随時、消費カロリーなどのリアルタイムデータが確認できる。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:38.36
    2020年08月12日
    「新華社」リーディング企業の誘致で貧困脱却を後押し新疆ウイグル自治区墨玉県

    中国新疆ウイグル自治区南部に位置するホータン(和田)地区墨玉県は、50万人以上の人口を擁するが、劣悪な自然条件により貧困の程度が深刻で、貧困人口も多い。同自治区で脱却が待たれる10の貧困県の一つに含まれる。同県はここ数年、貧困支援産業のリーディング企業の誘致と育成に積極的に取り組み、農民の増収への道を切り開いてきた。今では企業20社余りと300以上の職場が、ますます多くの貧困層に貧困脱却と増収をもたらしている。同県が2019年4月に誘致した農業産業化のリーディング企業、美比特集団は「郷に養殖拠点あり、村に合作社(協同組合)あり、家に鶏舎あり」の開発計画に基づき技術サービスを提供する。ニワトリのひなや飼料を準備し、新型コロナウイルスの感染対策にも配慮しながら、貧困世帯の養鶏をけん引。成鶏の一括購入も行う。現在の従業員5986人のうち、貧困世帯は3064人で、平均月収は2600元(1元=約15円)を超えている。(記者/丁磊)<映像内容>新疆ウイグル自治区墨玉県のリーディング企業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:05.68
    2020年08月04日
    「新華社」かつての貧困村、6年間で290人が大学に進学貴州省新田村

    中国貴州省仁懐(じんかい)市大壩鎮新田村は以前、山中に位置する貧困村だった。同村は近年、教育と貧困支援を結び付け、山間部の子どもたちに良質な教育資源を提供し、より多くの生徒たちが大学進学の夢をかなえられるよう推進してきた。村では2015年からの6年間で290人が大学に合格した。同村は仁懐市で最も辺ぴな山村の一つ。山は険しく、生活条件も非常に苦しい。地元政府は3千万元(1元=約15円)の教育資金を投入し、教育資源の配置を最適化、学校の運営条件を大幅に改善した。教育と貧困支援が基礎的な役割を発揮した結果、2019年に同村の全世帯が貧困脱却を実現した。(記者/劉勤兵)<映像内容>貴州省新田村の風景など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:27.20
    2020年07月23日
    「新華社」緑豊かな「スポンジ都市」の扉を開く広西チワン族自治区南寧市

    中国広西チワン族自治区南寧市の南湖公園は、同市が進める「スポンジ都市」建設の重点プロジェクトとして整備された市内最大の公園で、無料開放されており、年間延べ1500万人以上が訪れる。ここ数年は湖畔道路の改修工事などを相次いで行い、雨水を地中に吸収して循環させるスポンジ都市構想の実現と環境改善を積極的に進めてきた。南寧市は2015年から、市内の市街地298・14平方キロの範囲で、住宅地や公共施設、道路や広場、公園緑地、水質汚染対策、配管網総合整備などスポンジ都市建設を全面的に展開。公園緑地327・6ヘクタールを新設し、住民の憩いの場として4・2ヘクタールを整備するなど「山、水、林、水田、湖沼、草地」の環境構築に注力している。(記者/覃広華、麦凌寒)<映像内容>広西チワン族自治区南寧市の公園の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:47.00
    2020年07月10日
    「新華社」林間地を利用した農作物栽培で貧困脱却へ黒竜江省明水県

    中国黒竜江省綏化(すいか)市明水県明水鎮の勤倹村は、貧困世帯に林間地を利用した農作物の栽培を推奨している。同村の林木育種園は、林業を営むと同時に木々の間の土地で野菜などを栽培する複合モデルを採用。貧困世帯に野菜の種を無償提供し、育てた野菜はそのまま貧困世帯が所有する。林木育種園では現在、木々を育てながら、林間地でトウガラシやナス、トマトなど20種類余りの野菜を栽培している。(記者/劉赫垚)<映像内容>農作物の栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.11
    2020年07月09日
    「新華社」農業生態観光園が貧困脱却と増収を後押し黒竜江省

    中国黒竜江省肇東(ちょうとう)市昌五鎮昌盛村の農業生態観光園は現在、収穫期を迎えている。同園の敷地面積は千ムー(約66ヘクタール)余り。農産品の栽培と収穫、民俗工芸品の展示販売、観光などを融合させ、周辺に住む多くの農民に自宅近くの職場を提供した。園内に設置した貧困支援ビニールハウス200棟での生産活動により、200世帯が着実な収入増を実現した。(記者/王建威)<映像内容>ビニールハウスの空撮、農業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月05日
    農業生態観光園が貧困脱却と増収を後押し黒竜江省

    5日、黒竜江省肇東市昌五鎮昌盛村の農業生態観光園にある貧困支援ビニールハウス。(小型無人機から)中国黒竜江省肇東(ちょうとう)市昌五鎮昌盛村の農業生態観光園は現在、収穫期を迎えている。同園の敷地面積は千ムー(約66ヘクタール)余り。農産品の栽培と収穫、民俗工芸品の展示販売、観光などを融合させ、周辺に住む多くの農民に自宅近くの職場を提供した。園内に設置した貧困支援ビニールハウス200棟での生産活動により、200世帯が着実な収入増を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月05日
    農業生態観光園が貧困脱却と増収を後押し黒竜江省

    5日、黒竜江省肇東市昌五鎮昌盛村の農業生態観光園にある貧困支援ビニールハウス。(小型無人機から)中国黒竜江省肇東(ちょうとう)市昌五鎮昌盛村の農業生態観光園は現在、収穫期を迎えている。同園の敷地面積は千ムー(約66ヘクタール)余り。農産品の栽培と収穫、民俗工芸品の展示販売、観光などを融合させ、周辺に住む多くの農民に自宅近くの職場を提供した。園内に設置した貧困支援ビニールハウス200棟での生産活動により、200世帯が着実な収入増を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月03日
    制服の製造で貧困脱却を推進湖南省

    3日、禾庫鎮にある移転者居住区の貧困支援工場で、生地を裁断する従業員。(小型無人機から)中国湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県禾庫鎮の移転者居住区にあるアパレルメーカー、同康民族服飾が設立した貧困支援工場ではこのところ、従業員らが制服の製造作業に追われている。同工場は周辺地域に住む認定貧困者に100余りの職場を提供。1人当たりの平均月収は約3千元(1元=約15円)で、昨年支給した賃金の総額は400万元に達したという。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:07.21
    2020年06月27日
    「新華社」端午節の連休も感染対策を徹底安徽省九華山風景区

    中国安徽省の九華山風景区は伝統的な節句、端午節の連休中(25~27日)、「人数制限、予約制、時差入場」措置を引き続き実施。新型コロナウイルスの感染予防・抑制対策を徹底しながら、観光客に質の高いサービスを提供し、安全で快適な観光環境づくりに努めている。今回は同風景区の屋内スペースが一般公開を再開してから最初の連休に当たる。感染症対策を効果的に行うため、同風景区は観光客の数を厳格に制限。受け入れ人数を最大収容人数の3割までとし、チケット予約はオンラインで記名式を採用している。また、観光客の混雑を避けるため、九華山観光サービスセンターは、風景区内に健康コードスキャン用通路2本を設け、その沿線上にボランティアのサービスステーション10余カ所を設置。ボランティア50人が毎日通路の各ポイントで観光客の健康コードを確認し、スムーズに通行できるように誘導している。(記者/曹力)<映像内容>端午節の九華山風景区、新型コロナ感染対策の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村の太陽光発電施設で、ソーラーパネルを掃除する村の人。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村に立ち並ぶ住宅。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村の太陽光発電施設で、ソーラーパネルを掃除する村の人。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村に立ち並ぶ住宅。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村の太陽光発電施設。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村の太陽光発電施設で、ソーラーパネルを点検する電力技術者。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村に立ち並ぶ住宅。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    上:かつての徳勝村。(2017年1月24日撮影、小型無人機から)。下:23日、住宅が立ち並ぶ徳勝村。(小型無人機から、組み合わせ写真)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2017(平成29)年1月24日、2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村のジャガイモのビニールハウス。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月19日
    山間部で養鶏を手掛ける元教師天津市

    19日、天津東山鵲山鶏養殖専業合作社の養鶏場。(小型無人機から)中国天津市薊州(けいしゅう)区に住む元教師の胡金艶(こ・きんえん)さんは2011年、同区下営鎮東山村の山中にある3千ムー(200ヘクタール)の果樹園を選び、浙江省から導入した良質なニワトリ「鵲山鶏」の養鶏を始めた。従業員を率いる胡さんは、自然の中で放し飼いにする方法で鵲山鶏を飼育。大学の専門家を招いて指導も受けた。胡さんが率いる天津東山鵲山鶏養殖専業合作社では、これまでに約6万羽の鵲山鶏を飼育しており、ニワトリと鶏卵の年間売上高は1200万元以上(1元=約15円)となっている。2017年からは、農家に特別価格でひよこを提供し、技術指導も行っており、周辺農家の富裕化にも尽力している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月16日
    林間地を利用した農作物栽培で貧困脱却へ黒竜江省明水県

    黒竜江省綏化市明水県明水鎮勤倹村の林木育種園。(6月16日撮影、小型無人機から)中国黒竜江省綏化(すいか)市明水県明水鎮の勤倹村は、貧困世帯に林間地を利用した農作物の栽培を推奨している。同村の林木育種園は、林業を営むと同時に木々の間の土地で野菜などを栽培する複合モデルを採用。貧困世帯に野菜の種を無償提供し、育てた野菜はそのまま貧困世帯が所有する。林木育種園では現在、木々を育てながら、林間地でトウガラシやナス、トマトなど20種類余りの野菜を栽培している。(ハルビン=新華社配信/胡楓)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月16日
    林間地を利用した農作物栽培で貧困脱却へ黒竜江省明水県

    黒竜江省綏化市明水県明水鎮勤倹村の林木育種園。(6月16日撮影、小型無人機から)中国黒竜江省綏化(すいか)市明水県明水鎮の勤倹村は、貧困世帯に林間地を利用した農作物の栽培を推奨している。同村の林木育種園は、林業を営むと同時に木々の間の土地で野菜などを栽培する複合モデルを採用。貧困世帯に野菜の種を無償提供し、育てた野菜はそのまま貧困世帯が所有する。林木育種園では現在、木々を育てながら、林間地でトウガラシやナス、トマトなど20種類余りの野菜を栽培している。(ハルビン=新華社配信/胡楓)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月15日
    農民と企業が提携、良質なサツマイモ栽培で増収目指す天津市

    15日、天津豊華裕隆農業発展のサツマイモ産業科学技術モデルパーク。(小型無人機から)中国天津市宝坻(ほうてい)区西部にある史各荘鎮では以前、経済的付加価値の低いトウモロコシや小麦を主に栽培していた。ここ数年、サツマイモ生産・販売大手、天津豊華裕隆農業発展のけん引と指導、とりわけ地元貧困村への支援と農業の構造調整により、多くの農家が良質なサツマイモを栽培するようになった。「大手企業+特色ある産業基地+貧困村+農家」という支援モデルがおおむね形成され、農家の収入増をけん引している。同社は昨年、同鎮や周辺地域の農家との間で、作付面積2570ムー(約171ヘクタール)余りに及ぶサツマイモ長期栽培契約を結んだ。契約によると、農作業での雇用人員だけでも年間延べ3万人以上、農家に300万元(1元=約15円)以上の収入をもたらす。さらに、京津冀(北京市、天津市、河北省)地域の合作社(協同組合)に対し、ウイルスフリー培養苗6千万本、金額にして900万元相当を提供する。収穫されたサツマイモは市場の2・5倍の価格で買い付け、サツマイモ栽培の普及促進を図るという。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月15日
    農民と企業が提携、良質なサツマイモ栽培で増収目指す天津市

    15日、天津豊華裕隆農業発展のサツマイモ産業科学技術モデルパーク。(小型無人機から)中国天津市宝坻(ほうてい)区西部にある史各荘鎮では以前、経済的付加価値の低いトウモロコシや小麦を主に栽培していた。ここ数年、サツマイモ生産・販売大手、天津豊華裕隆農業発展のけん引と指導、とりわけ地元貧困村への支援と農業の構造調整により、多くの農家が良質なサツマイモを栽培するようになった。「大手企業+特色ある産業基地+貧困村+農家」という支援モデルがおおむね形成され、農家の収入増をけん引している。同社は昨年、同鎮や周辺地域の農家との間で、作付面積2570ムー(約171ヘクタール)余りに及ぶサツマイモ長期栽培契約を結んだ。契約によると、農作業での雇用人員だけでも年間延べ3万人以上、農家に300万元(1元=約15円)以上の収入をもたらす。さらに、京津冀(北京市、天津市、河北省)地域の合作社(協同組合)に対し、ウイルスフリー培養苗6千万本、金額にして900万元相当を提供する。収穫されたサツマイモは市場の2・5倍の価格で買い付け、サツマイモ栽培の普及促進を図るという。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:36.52
    2020年06月11日
    「新華社」瀋撫改革イノベーションモデル区が正式発足遼寧省

    中国遼寧省の瀋撫(瀋陽・撫順)改革イノベーションモデル区でこのほど、同モデル区工作委員会と遼寧省同モデル区管理委員会によるプレート除幕式が開催された。同区は中央機構編成委員会弁公室の承認により設立された、国家級改革イノベーションモデル区として正式に発足した。モデル区は、中国東北地域における改革開放の先駆的エリア、投資・ビジネス環境を最適化するためのベンチマークエリア、イノベーション駆動型発展のリーディングエリア、および同省振興発展の新たなエンジンの創出を目指す。現在、八つの分野で約40項目の改革・イノベーションの取り組みを進めている。デジタル経済、IT(情報技術)の応用と設備、人工知能(AI)とスマート製造および新素材、生命と健康、新エネルギー(水素エネルギー)、現代サービス業の六つを主導的な産業として掲げている。(記者/姜兆臣)<映像内容>瀋撫改革イノベーションモデル区のプレート除幕式、街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:01.07
    2020年06月04日
    「新華社」特産の塩で広げる豊かさへの道青海省都蘭河村

    中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県都蘭河村はかつて、農業の他には特に産業のない貧しい村だった。2018年から、同村は地元のチャカ塩湖で産出する「チャカ青塩」の薬用および観賞用の価値を足掛かりに、国からの補助金50万元(1元=約15円)と浙江省から青海省へのペアリング支援資金100万元を活用し、村に塩彫刻加工工場を建設。人々が増収により豊かになるための道を広げた。村は1企業1郷村の連携振興策と結び付け、サポーター企業が塩や電子レンジなど原材料や加工設備を提供し、農家の塩彫刻制作に対する参加意欲を喚起している。工場は「合作社(協同組合)+小規模工場+村民」の発展モデルを採用、生産拠点の構築を通じて分散していた農家を結集し、労働契約を締結することで、農家の収入を保障している。(記者/趙玉和、韓方方)<映像内容>塩彫刻加工工場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.26
    2020年06月03日
    「新華社」五台山風景名勝区、寺院の一般開放を再開山西省

    中国山西省北部に位置する五台山風景名勝区の管理委員会によると、新型コロナウイルスの影響により一時非公開となっていた風景区内の寺院は3日に一般開放を再開した。時間は毎日午前8時から午後6時まで。同風景区は今回の開放再開後、オンラインとオフラインでの記名式による入場券の予約受け付けや入場制限などの対策を引き続き実施していく。観光客は健康状態を示す2次元バーコード「健康コード」と個人の行動を追跡するアプリ「通信ビッグデータ行程カード」を取得し、マスクを着用して入場する。また、スタッフによる検温や情報登録などにも積極的に協力することが求められる。五台山は中国国内で唯一、漢伝仏教とチベット仏教が共存する仏教名山。80余りの寺院があり、2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(記者/馬志異)<映像内容>五台山風景名勝区の風景、撮影日:2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:17.29
    2020年05月27日
    「新華社」河北省の清東陵、一般開放再開へ人数制限し30日から

    中国河北省遵化市の清東陵風景区は、30日から一般開放を再開する。現在は職員が環境整備を行っており、開放再開に先立つ準備作業に取り組んでいる。清東陵は、現存する帝王陵墓の中で最も規模が大きく、体系が整い、格式に合わせて配置されていることで知られる。同風景区は感染対策と安全で秩序ある開放再開を統一的に進めるため、チケットを記名式に改め、時間帯を分けたオンライン事前予約を実施する。1日当たりの予約受付人数は4千人以内に制限するという。今回は主に孝陵の主神路(参道)や西太后(慈禧太后)の定東陵など屋外エリアが開放される。(記者/王昆)<映像内容>清東陵の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:18.41
    2020年05月21日
    「新華社」企業の資金調達問題解決に、「金融顧問」提携システム導入河北省邯鄲市

    中国河北省邯鄲(かんたん)市の金融各部門は共同で今年2月初め、「金融顧問」包括提携システムを立ち上げ、新型コロナウイルスの影響で市場活動、資金繰り、生産工程などに困難が生じた多くの中小・零細企業の資金調達を支援している。銀行、保険、証券などの分野から選抜された168人の「金融顧問」が全面的に支援し、一企業一戦略のサービスを提供、企業の資金調達問題を解決している。医薬品メーカーの邯鄲製薬で財務を担当する宋麗平(そう・れいへい)氏は、資金繰りが厳しい時期に「金融顧問」が積極的に資金調達に問い合わせてくれ、銀行との間で2100万元(1元=約15円)の信用貸付に合意したと説明。同市はこれまでに、2003社の企業について融資の更新や期限延長で合計2200件の業務を担当し、433億元の返済期日を延長し、中小零細企業の資金調達問題を効果的に緩和している。(記者/岳文婷)<映像内容>企業の資金調達を支援する「金融顧問」提携システムを導入、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    農村住宅改良事業で農村を刷新江蘇省淮安市

    11日、江蘇省淮安市金湖県呂良鎮湖畔旺屯の農民集住地付近で河川の整備をする作業員。(小型無人機から)中国江蘇省淮安市金湖県はここ数年、需要を見越したサービスの提供や各種プロジェクトの集中的な着工などにより、農村住宅改良事業を着実に進め、農村振興戦略を実行している。同県呂良鎮湖畔旺屯の農民集住地では住宅の設計を「新中国式」の建築様式で統一し、居住環境を改善した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    農村住宅改良事業で農村を刷新江蘇省淮安市

    11日、江蘇省淮安市金湖県呂良鎮湖畔旺屯の農民集住地付近で河川の整備をする作業員。(小型無人機から)中国江蘇省淮安市金湖県はここ数年、需要を見越したサービスの提供や各種プロジェクトの集中的な着工などにより、農村住宅改良事業を着実に進め、農村振興戦略を実行している。同県呂良鎮湖畔旺屯の農民集住地では住宅の設計を「新中国式」の建築様式で統一し、居住環境を改善した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    農村住宅改良事業で農村を刷新江蘇省淮安市

    11日、江蘇省淮安市金湖県呂良鎮湖畔旺屯の農民集住地。(小型無人機から)中国江蘇省淮安市金湖県はここ数年、需要を見越したサービスの提供や各種プロジェクトの集中的な着工などにより、農村住宅改良事業を着実に進め、農村振興戦略を実行している。同県呂良鎮湖畔旺屯の農民集住地では住宅の設計を「新中国式」の建築様式で統一し、居住環境を改善した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3